「PV」を含む日記 RSS

はてなキーワード: PVとは

2019-01-20

小説日記8日目

今日は予定通り、午前に17話、午後に18話を投稿した。

先日、アドバイスをくれた人ありがとう

  

現状は2000文字書くのに1時間使っているのでもう少し

早く書けるようになりたいと思っている。

そして慣れてきたら1話で4000文字にしたいと考えている。

多分最低でも100話くらいまで頑張らないとその域にはなれないと思うけど。

  

書く前の3点プロットは役に立っているのだけれど、書いている最中

突然いい発想が思いつくことがあって、少し変更したときがあったけれど

自分的にはそっちのほうが面白くなったので十分だ。

  

あとは昨日、30話で章区切りと言ってたけれど、20話で変更になるかもしれない。

文章量的には30がいいと思うけれど話の区切り20話のほうが良さそうなので。

  

一応週間PV数を載せておく。多分特に目を引くことはないと思うので

1日のPV200くらいでだらだらとやっていけたらいい感じかな。

01/13(日) 100

01/14(月) 133

01/15(火) 275

01/16(水) 201

01/17(木) 249

01/18(金) 155

01/19(土) 275

2019-01-19

これまで外れなかった予測ってないんじゃ?必ず外すって結構難しいと思うよ。

https://anond.hatelabo.jp/20190119102651 の続き

今日のプロブロガー(2019-01-13)(8) | MechaAG

高知移住して1年ぐらいしたときかな。それまでは高知観光名所レポートとか書いてたんだけどね。

んでそのアフィがよっぽど儲かったんでしょうな。もちろん今の儲けに比べれば少ないだろうけど、当時のイケダハヤトにとっては。そこから金儲けに邁進しだした。農業とかもやってない。時々「僕はちゃん農業やってますよ」というアピールのために、なんかやってただけ。

からそれじゃやっていけなかったんだってば。収益的に。アフィに特化しないと。まあ高知移住した直後(つまり金儲け一辺倒ではなかったころ)でも、ブロガーとしては収入があった方だと思う。だから細々と生活することはできただろうけどね。もし当時の路線イケダハヤトが「質で勝負」のブログを書き続けてたとすれば、今頃ネタが枯渇して行き詰ってたはず。

からもしイケダハヤトがまじめにブログを書き続けていたら「ブログ成功者」にはなれなかった。成功者でなければイケダハヤトが発信する主張にも説得力が伴わず、結局は上記のようなムーブメントにはつながらなかったはず。要はどうやっても無理なんですよ

https://mechaag.tumblr.com/post/181994383177/%E4%BB%8A%E6%97%A5%E3%81%AE%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%AC%E3%83%BC2019-01-139

まあPVが1年で1/4に落ちればそりゃ見捨てたくなるよね。

イケダハヤトってこれまで外れなかった予測ってないんじゃ?必ず外すって結構難しいと思うよ。まさに「逆神」ですな

今日のプロブロガー(2019-01-13)(12) | MechaAG

イケダハヤト音楽とかアートとかあるいはジャーナリズムでもいいし、趣味の何か、温泉巡りでも登山でもいい、そういうもの世間から評価されていて、そのうえで「自分ビジネスは考えない」というなら、まあそれはそれで立派だと思う。

ところがイケダハヤト評価されてる点って何かと言えば「ブログマネタイズ成功したこと」だよね。つまりイケダハヤトの唯一の評価ポイントが金儲けの才能なわけで、それなのに「ビジネスなんて考えません、顧客なんて無視します」と言えば、そういうイケダハヤトをよく知っていて心底心配してる人からすれば、おいおい、自分自分死刑執行書にサインしてるぞ、早まるな、となる。もしイケダハヤトが儲けてなければ、「僕もイケダハヤトさんのようになりたいです」という人はいないでしょ

まあポイントは客を客扱いしない態度を貫いても、今まで通り儲けられるかだよね

今日のプロブロガー(2019-01-13)(13) | MechaAG

正田圭も内心「イケダハヤトさん、もうすこし上手くやって、俺にとってはビジネスなんだから」と思ってたんじゃないですかね

今日のプロブロガー(2019-01-13)(14) | MechaAG

フリーランスになって収入が増えたという人がいるけど、よく聞いてみると、仕事をしてる期間だけを計算していて、仕事がない期間も含め1年を通じてみた場合収入は、それほど増えていないことが多い。

まああとはも記事にあるように、会社サラリーマンが直接受け取る金額以上にいろいろなもの負担してるわけで、それをフリーランスには全額払ってるから、額面は高くなるだけ

2019-01-17

anond:20190117215901

少しずつ増えてるよ。

pv数は初日が100、2日目が137、3日目以降は200ちょっとになっている。

ユニーク数は徐々に増えてる感じ。

2019-01-15

女の人はこれに怒らないの?

コラム】「全国美人の産地」調査から見えてしまった、男目線“ブス”の産地トップ5

https://sirabee.com/2014/06/16/243/

しらべぇとかいゴミクズバイラルのクソ連載(本人公認)だけど、「ブス」という主観的評価での無意味ランキング付けに土地差別女性軽視全開のゴミクズ記事だけどええんか?

しかし週刊SPA!の一件ではこんな記事を書いているんだよなぁ。PV重視で自身立ち位置なんて無いゴミクズバイラルらしいっちゃらしいけど。

遠野なぎこ女子大生性的ランク付け」にありえない発言 「信じられない…」

https://master.sirabee.com/2019/01/10/20161956755/

イケダハヤトYoutuber計画だけど、ぶっちゃけ詰んでね?

https://twitter.com/IHayato/status/1082555949909401601

・5分でできる毎日瞑想

肩こり解消10ストレッチ

金融マン地方移住した理由

シュレディンガーの猫と二重スリット実験

売春大麻合法オランダ

経験者が語るうつ病リアル

バレンタインまでに知りたいチョコレート歴史


イケダハヤト、あっという間に月間PV130万だぞとどやってるけど。

ぶっちゃけこれから先、不祥事でも起こさない限り頑張っても月間200万PV頭打ちすると思いますわ。


そう思う根拠も書いとこか。

よくよく見たらイケダハヤトって、毎日毎日休まず一日あたり6本くらい投稿してて、だいたいは3000~5000pvくらいなんだよね。

よーするに、作ってツイッター投稿して信者に見せて。

そういうので頑張って1日20000~30000PVくらいずつ増やしてる。

こういうPVが90万PVくらいか

あとは関連動画見てくれる人がいたり、たまにヒットするのがあるから上乗せで5割増し、と。

5万PV越える動画ほとんどない。

まりイケダハヤトさん、なんか工夫しないとこれ以降大してPV伸びねえぞ。

ブログオワコンといっておきながら、結局やり方はブログと同じ。

PV頭打ちの地点も同じ。

よく考えたら当たり前だよな。

イケダハヤトというコンテンツを見る層は媒体がどうなろうがたいして変わらんのだから

その上で、ブログのほうがアフィしやすいのに対してYoutubePVで稼がないといかん。

機械からどんな質が低くてもPVかせげりゃいいのかもしれないけど、逆に言えばPVごまかしはきかない。

130万PVだとか150万PVってどのくらい儲かるのかと思ったら10万ちょいらしいわ。

毎日頑張って6つも動画撮って。

人よりもたくさんたくさんの時間Youtube撮らないといけなくて。

月収10万。

それもう完全にYoutube畜じゃねえか。

勝ち組スメルが全くしない。

社畜したくでイケダハヤト信者になった人は

毎日時間ひたすらYoutube撮るために時間費やして手取り10万になるための方法

5000円払ったり30万の合宿代払って教えてもらうわけか。

しかもこれ、イケダハヤト知名度があってようやくかのうになることであって

今の時点でフォロワー数1万以下の人間は同じ事やってもたぶん1円も儲からない。

引退したはてなアイドルイケダハヤトを真似してYoutubeはじめたけど動画PV100。

どう考えてもブログやってるほうがまし! なにもしないで断食して生活費浮かせるほうがまし!

さて養分のみなさん、それでもイケダハヤトを信じてついていきますか?

6年でアマゾンアフィだけで1億稼いでたきんどうのお仕事やったほうが絶対いいぞ

朗報2019年アニメ、見るの多すぎて死ぬ

1話見た 視聴確定 期待大

 

モブサイコ

原作既読、あの独特な絵柄でグリグリ動くの面白い

 

賭けグル

原作既読、え、塔は?塔がみたいの!

 

えんどろ〜!

三ツ星カラーズごちうさゆゆ式ミルキィホームズ)÷4って感じ

なもり+かおり=勝ったなガハハ

 

私に天使が舞い降りた

うざメイド系かと思ったら、まさかコミック百合姫、つまりガチ恋である(あ、うざメイドも一応ガチ恋か)

それが吉と出るか凶と出るか(個人的には緩めのが好きだが・・)

グリッドマンアカネのその後とか言われててワロタニコ動で見ると面白い

追記:2話もすごく良かった、これはすごく良い(語彙力)

 

上野さんは不器用

変態 vs サイコパスかな?

上野さんヤベーと思ったら、田中の方がヤバいだろこれ

そういうとこが好きー

 

かぐや様は告らせたい

「クスッ、お可愛いこと」

アホアニメだったw

ポンコツっぽくて好き

暫定ダークホースPVと実際の差)

 

約束のネバーランド

2話まで見た

ストレートな設定だ。すげー緊張感で震える

 

1話見た たぶん視聴する(でも未だ正確に判断できない)

 

ケムリクサ

たつきはとにかく廃墟少女が好きなんだなw

俺も好きだよ

 

江古田ちゃん

3分アニメ化と思ったら30分枠だった、と思ったら3分アニメだった

原作既読

 

どろろ

すごくいい感じだったので極力見たい

MAPPAの勢いが止まらないな

原作は知らない、いろんな創作物元ネタになってそうなあたりも面白い

 

ブギーポップは笑わない

1期アニメ小説と断念してきたので、自分には合わないと思ったんだが

2話まで見て「ひょっとして面白いかも」みたいに思えた

既読者には賛否あるらしいが、俺はこのくらいでいいと思うよ

ニコ厨コメント解説有りで2周したほうが良いかも?

でも面白くても原作は読まないと思う

 

1話見た 保留 未だ判断できない

盾の勇者

なろう系アニメ

ゲーム世界攻略するタイプ作品から多分好きだと思うんだけど

1話の周りのキャラちょっと説明的過ぎた感じがする、4話までは見る

 

五等分の花嫁

設定は面白いんだけど、なんかキャラ台詞回しとかに違和感ある

(こういうのよく当たる)

3話までは見る

→2話で安定したので視聴決定

 

同居人はひざ

流し見しよう

猫しゃべると思わなかった

→断念しそう

 

バーチャルさん

流し見かな?見るの多くて断念しそう。すでに断念しかけてる。

→ほぼ断念

 

ぱすてるメモリーズ

どうすんだこれw

完全にニコ動向け

 

断念(復帰の可能微レ存

 

リムノーツ

ゲーム原作はやっぱ設定が並列かつ膨大だからアニメにすると説明しきれない傾向があると思う

 

エガオノダイ

2話まで見た。なんか、普通だった。

 

荒野のコトブキ

ちょっと苦手なタイプかも

会話のテンポはいいんだけど、テンポ良すぎて

ガルパンはいふりは好きなんだけど

 

1話見る予定だけど未だ見てない(随時更新

ハーリー・エアフォース
マリアナフレンズ
revisions
魔法少女特殊戦あすか
CIRCLET PRINCESS

 

所感:2019/01/15

普段もっと7割くらい切る事が多いんだけど、今期の生き残り率高すぎる

 

所感:2019/01/20

関係ないけど、異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術イッキ見した

面白かった、ちょうどいいね

anond:20190115092756

上級国民反社会に属する人以外であれが続けられる理由ってなんだろな

知り合いでPV稼ぎに煽り動画煽りサイト確信犯的にやっていた人がいるが

熱心なサイト動画ヘイターウンザリしていて(利害無視で熱心に批判を書きに来る)

また現実社会で実績として発表できない事に意欲を削られまくって

結局、やめたよ

2019-01-12

不気味な映像PVない?

例えが古いけどリング呪いビデオみたいな、なんだかよくわかんないけど「嫌なものを見た」って感じになるようなPV

有名なのは直接グロいのが多くて探してるのとは違くて、マリリン・マンソン様式美って感じで、ああいうのじゃない。

aphex twinのcome to daddyやrubber johnny面白すぎて微妙イメージが違うけど、ああいう感じで不気味で怖くなるようなPVが見たい。

ブギーポップは口笛を吹かない」あるいは「木村明雄の消失

アニメブギーポップは笑わない」1〜3話および原作ライトノベルブギーポップは笑わない』の内容に触れています

TVアニメブギーポップは笑わない」が放送中だ。ほぼ20年前にスタートしたラノベ原作であり、アニメ自体は二作目だが、原作の内容に沿ったアニメ化は今回が初めてとなる。

さて、そんなアニメブギーポップの「ブギーポップは笑わない」(原作シリーズ一作目)編が、最新の第三話で完結となった。平均的なラノベアニメ化としては、原作1巻を3話で消化というのは、極端に速いペースというわけでもない。それでも、もともとが5話で構成された原作を3話に再構成する上で、大小さまざまな省略・変更が発生することは避けられなかった。

そのうち、特に目についた二つの変更点について、思うところを少し書いてみる。

「君と星空を」&木村明雄

上で述べたように、原作ブギーポップは笑わない』は5つのエピソード構成された物語となっている。一話にそれぞれ主人公視点人物)が設定されており、一つの事件複数人間の目から見ることで立体的な世界が立ち上がってくる、といったような、今となっては(当時でも?)さほど珍しくはない仕掛けだ。

原作構成及び各話の主人公はこうなっている。

ブギーポップは笑わない/上遠野浩平(電撃文庫) - カクヨム


これがアニメでは、

ねこういう形に変換されている。話数単位で大雑把に見れば、各パートの分量はともかく原作の流れを大枠では引き継いだ構成と言えるだろう。

ただひとつ原作第四話がその主人公存在ごと抜け落ちている点を除いて。

原作第四話は、木村明雄という男子高校卒業後(事件から二年後)に、当時「失踪」した紙木城直子と過ごした日々のことを回想する、という内容になっている。

木村は、紙木城の交際相手の一人(アニメでははっきりと描かれないが原作の紙木城は木村田中を含めて複数の男と付き合っている)であり、事件にはあくま彼女を通して間接的にしか関与していない。紙木城から保護したエコーズについての話も聞くことになるが、何かのたとえ話だとばかり思っていた。

紙木城の失踪後、色々あったもの普通高校卒業普通大学生として普通生活していた彼の元に一通の手紙が届くことで高校時代記憶が蘇り……という、1話竹田と同じかそれ以上に青春小説的な色合いが濃く、いわゆる「一般人」の目線から見た章となっている。

アニメ化にあたって、章はともかく仮にも原作主人公の一人を丸ごとカットするのはあまり乱暴に思えるが、ここには一応それなりに納得できる理由がある。

第一に、事件の真の姿あるいはその存在すら知らないまま全てが終わってしまっていた、という木村明雄の立場は、程度の違いこそあれ竹田啓司(一話)や末真和子(二話)と重複している。一人一人に見える現実には限りがあるというテーマを示すためには、この二話だけで既に必要最低限のノルマは達成していると言えなくもない。

第二に、竹田と末真は以後の巻でも登場している(末真は準レギュラーに近い)が、二人と違って木村明雄は今のところ少なくともブギーポップシリーズ内では再登場しておらず、カットしても今後の展開に特に影響がない。

第三。エコーズの素性に関する情報は、原作では第四話で木村が紙木城から話を聞くという形で最初に明かされる。物語の本筋との関係においては四話の存在価値と言ってもよい部分だが、アニメでは2話後半、紙木城と凪の会話でほぼ同じ内容が補完されている。これは、原作でもそのようなやり取りがあったと事件後に凪の口から語られていたものであり(木村自分にだけ話してくれたと思い込んでいたが)、オリジナル展開というより変則的原作再現に近い。木村カットしてもそういう軽度の改変で済む部分なのだ

驚くべきことに原作『笑わない』には、凪と紙木城が親友であるという情報こそあるが、二人が直接会話するシーンは存在しない。にもかかわらず、読者にはちゃん彼女らが親友同士に感じられていたというのは小説マジックというほかないが、ともあれ、今アニメで凪と紙木城の会話が追加されたこ自体ファンにとって喜ばしくさえある。

これらの理由から、『笑わない』をTVアニメ3話分に収めるために章と主人公をどうしても一つ削らなければならないとすれば、やはり第四話と木村妥当ということになるだろう。アニメスタッフ判断は間違っていない。

間違ってはいないのだが。

口笛

原作において、ブギーポップというキャラクターはいくつかの記号によって構成されている(もちろんその全てが記号還元され得るというわけではない)

都市伝説死神世界の敵の敵、黒い帽子と黒いマントと黒いルージュ、ワイヤー、そして口笛。

ブギーポップは、常にというわけではないが誰かの前に姿を現す時、特に世界の敵と向かい合う瞬間には、なぜか「ニュルンベルクのマイスタージンガー第一幕への前奏曲を口笛で吹きながら登場する、ということになっている。

過去メディア展開でも、多くの場合はこの口笛が再現されてきた。

実写映画はあらすじの時点で「口笛を吹く死神」と紹介されているし、旧アニメファントム)ではブギーポップ登場時の口笛はもちろん、次回予告のBGMとしてオリジナルアレンジマイスタージンガーが毎回使われ、最終回ではテルミンバージョン???)すら流れるという充実ぶり。

メインの使用キャラクターではなくサポートキャラとしての出演に過ぎない、格闘ゲーム電撃文庫 FIGHTING CLIMAX」でさえ、ブギーポップはやはり口笛を吹いて登場している(実際にプレイしているわけではないので又聞きだが、そのせいで攻撃判定の発生が遅いとかなんとか)

このように、「マイスタージンガー」「口笛」はこれまで原作の内外で、ブギーポップというキャラクター作品象徴する、代名詞と言ってもいい扱いをされてきた。

原作『笑わない』では、ブギーポップは二度口笛を吹いている。一度目は、一話の竹田屋上で会話をしている時。

第一話 浪漫の騎士 4 - ブギーポップは笑わない/上遠野浩平(電撃文庫) - カクヨム

ブギーポップが口笛を吹き始めた。明るく、アップテンポな曲で、しかも呼吸に緩急があってすっごく上手だったが、しかし口笛なので、やっぱりそれはどこか寂しげだった。

 そして、藤花は口笛が吹けないことを思い出した。

うまいんだな。なんて曲だい?」

「〝ニュルンベルクのマイスタージンガー第一幕への前奏曲さ」

「なんだいそれ」

ワーグナーって大昔のやかましロマンチストがつくった、一番派手な曲だよ」

二度目は五話終盤、早乙女を失って荒れ狂うマンティコアに追われる新刻の前に姿を現す時。

第五話 ハートブレイカー 4 - ブギーポップは笑わない/上遠野浩平(電撃文庫) - カクヨム

 恐怖のあまり、私はついにおかしくなった、と思った。

 幻聴が聞こえだしたのだ。

 現実にはあり得ないほど不自然な曲が、目の前の並木の植え込みから聞こえてきたのだ。

 それは口笛であった。

 しかも、口笛にはまるで似合わない曲、ワーグナーの〝ニュルンベルクのマイスタージンガーなのだった。

いずれも、古くからの読者には印象深いシーンだろう。

しかし、今アニメの「笑わない」編ではこれらの口笛演奏存在しない。ブギーポップは、一度も口笛を吹かなかったのだ。

これも木村同様に尺の都合なのだろうか?

マイスタージンガーといえば、あの、ふぁーふぁーふぁふぁーという力強いイントロが印象的な曲だ。口笛でいうと、ぴーひょーろろーとなる。最低限この、ぴーひょーろろーさえ吹いてくれれば、少なくとも原作読者には「あの口笛」だと一発で分かるし、初見視聴者にも、ブギーポップというのは口笛を吹くキャラらしいということだけはなんとなく伝わっていただろう。

前回のアニメや電撃FC使用された口笛バージョンマイスタージンガーで、ぴーひょーろろーの部分の所要時間確認してみると、せいぜい2〜3秒というところだった。2、3秒。もちろん1秒24コマで動くアニメ世界での2、3秒は、日常的な感覚のそれよりも遥かに長い時間ではあるのだろう。だが本当に、今回のアニメ「笑わない」編は、ぴーひょーろろーを挿入するだけの余裕が一切存在しないほどに緊密な内容だったのだろうか。

どうしても時間が足りないなら、いっそセリフを喋りながら同時に口笛を吹かせてもよかったのではないかブギーポップというのは、そのぐらいの物理法則を超えた無茶も読者視聴者笑って許してもらえるような、良くも悪くも異質なキャラだったはずなのだが。口笛のためにそこまで冒険するほどの価値はない、と判断されたのか。

これが、今回のアニメではブギーポップは口笛を吹かない存在として設定されているということなのか、それともあくまで「笑わない」編だけの変更なのかはまだ分からない。次回からの「VSイマジネーター」編ではしれっとぴーひょろ吹き始めたりする可能性もある。しかし仮にそうなるとしても、「笑わない」で口笛を吹かなかったという事実は、もはや取り返しがつかないのだ。

原作未読者の中には、口笛が無いとなにか物語の展開に支障が出るのか?という疑問を持った人もいるかもしれない。たしかに、どうしても口笛が無ければ成立しないという場面は、原作にもほとんどない。もちろん口笛自体に、特殊振動波か何かで敵の脳に直接揺さぶりをかける、などという実用的な効果存在するわけもない。はっきり言ってしまえば、口笛は基本的雰囲気づくりの賑やかしでしかないということになる。

その意味では、削る必要はないが削ったところでどうということはない要素だったのだ、とも言える。

言えるのだが。

昔語り+α

ここで唐突に昔の話をする。

ブギーポップがちょうど一度目のアニメ化や実写映画化をしていた頃のこと。とある個人サイトにて、「実写映画になるっていうから読んでみたけど単なる化け物退治の話だった」というような『笑わない』の感想を見かけた。当時の自分シリーズ純粋ファンだったので、そのあまりにも大雑把なまとめ方に、大雑把にまとめてんじゃねーわよ!と素朴に憤慨したものだ。

しかし、今にして思えばあの感想示唆である複数視点による眩惑を取り払った一本の話として『笑わない』の本筋だけを眺めてみれば、それはたしかに「単なる化け物退治」の話でしかないのだ。

では、自分を含めた多くの読者に『笑わない』を「単なる化け物退治」ではないと感じさせた、「本筋」以外の部分とはなんだったのか。それは、自分の進路について語る竹田とそれを半ば無責任肯定してくれるブギーポップであり、

第一話 浪漫の騎士 4 - ブギーポップは笑わない/上遠野浩平(電撃文庫) - カクヨム

「へえ、君は受験しないのかい

「うん。親父の知り合いでデザイン事務所をやってる人がいて、ずっとバイトしてたんだけど、その人が〝おまえは見込みがある。センスを感じる〟とか褒めてくれてさ、大学なんか行かずに俺のところに来いって言うんで」

「すごいじゃないか親方に見込まれ職人ってヤツだな」

“対決”を望んで走る末真であり、

第二話 炎の魔女、帰る 3 - ブギーポップは笑わない/上遠野浩平(電撃文庫) - カクヨム

(そうよ──中途半端はもううんざりよ!)

 霧間凪はほんとうに魔女なのかも知れない。でも、それこそ望むところだった。

「No One Lives Forever」を口ずさむ早乙女であり、

第三話 世に永遠に生くる者なし 5 - ブギーポップは笑わない/上遠野浩平(電撃文庫) - カクヨム

「……誰も、誰も、誰も、誰も、誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も………」

新刻の意志の強さを賞賛するブギーポップであり、

第五話 ハートブレイカー 4 - ブギーポップは笑わない/上遠野浩平(電撃文庫) - カクヨム

しかし、新刻敬──君の意志の強さは見事だ。君のような人がいるから、世界はかろうじてマシなレベルを保っている。世界に代わって感謝するよ」

そして、木村であり口笛であり、そういった一見取るに足りない枝葉こそが作品の印象を形成していたのではないか

枝葉とは言うものの、ひたすら枝と葉を切り落として純化していった先にあるのは、ただ一本の幹だけがまっすぐ天を突く寒々しい樹の姿だ。口笛や木村が本筋に不必要だというなら、ブギーポップあんな格好をしている必要別にない。『笑わない』のプロトタイプとなる作品には早乙女存在していなかったともいうし、この巻に限って言えばブギーポップだって無くても成立しそうな内容だ(シリーズ全体で見てもブギーポップ世界設定の中で異物として浮き続けていている)。必要不要物差し物語を測れば究極的には、そもそもアニメ化する“必要”とは……?原作が書かれる“必要”はあったのか……?という不毛なところにまで踏み込みかねない。

ブギーポップというシリーズは、ことに『笑わない』は、この「剪定」の影響を大きく受けやす作品であるように思う。本筋に関わらない細部が、作品本質とは思いがけなく深く結びついてるかもしれない、という面倒くささがある。アニメ側にとっては、原作の味を再現するためにどこを切ってどこを残すべきなのか、という判断が非常に難しい題材だったのではないか

いや、ブギーポップに限らずどんな作品であっても、ファンアニメ化や映画化などのメディア展開のたびに、アレがないと○○本来の良さが失われてしまう!と感じてはいるのだろうけど。

まとめ

木村明雄の省略に関しては、大きな変更ではあるし非常に残念ではあるが、三話という尺を考えれば致し方ない(そもそも『笑わない』を三話でというタイト過ぎる構成の是非はともかく)

口笛に関しては、小さい部分かもしれないが逆にそんな小さいところを敢えて削る意味が分からないし、監督でもシリーズ構成でもプロデューサーでもいいので早めに誰かに何らかの説明をしてもらいたい。

ということになる。

原作から変えること自体は、いい。メディアの違いに加えて、予算時間など様々な制約もある以上、どうしたって変えざるを得ないところは出てくるだろう。だが、その変更に意図というか大げさに言うと「思想」があまり感じられないのはちょっと困る。原作から変えてまで実現したかたこととは何なのか。

前回のアニメ、「ブギーポップは笑わない Boogiepop Phantom」は、初アニメ化にもかかわらず『笑わない』のオリジナル後日談という暴挙とすら言える内容となっており、それだけにとどまらず「霧間凪一人称が『オレ』じゃない」など、原作からの変更点がいくつか存在した。当然、原作ファンから評価も当時はあまり良くないものが多かった。

しかし、ファントムというアニメからは、これが作りたい、こうした方が面白いはずだ、という意志は強く感じられた。原作からの変更点自体に納得できるかどうかはともかく、そういう姿勢を打ち出されればこちらも、へぇ……あなた達はこういう画面も話も異常に暗いアニメがカッコイイと思ってるんだ?「オレ」女はリアルじゃないって?へーえええええ……?と正面から受けて立つことができるというものだ(こめかみに血管浮き上がらせつつ)

今のところ、今回のアニメブギーポップは、原作読者の目から見ても決して悪い出来ではない。悪くはないのだが、どうも、どこに芯があるのか分かりにくいアニメ化となっているように見える。

公式が「アクションファンタジー」と銘打っているということは、「笑わない」編では終盤に集中して存在する程度だったアクション部分が徐々に増えていく、これからエピソードが本番ということなのかもしれない。たしかに、最初に公開されたPVでもアクション描写はひときわ光っていた。

次の4話からは、原作では上下巻の大がかりなエピソード「VSイマジネーター」編が始まる。そこでは、このアニメと思いきりVSできることを願っている。

追記

”『笑わない』のプロトタイプとなる作品には早乙女が存在していなかったともいうし” へえ  それどこ情報? - maturiのコメント / はてなブックマーク

”『笑わない』のプロトタイプとなる作品には早乙女存在していなかったともいうし” へえ  それどこ情報

電子版『笑わない』新規書き下ろし「後書き」。プロト版のタイトルは、「エコーズ──人喰いの谺」だって

2019-01-11

はてなブックマーカーって本当に存在するの?

はてな系のサービス使ってるとちょいちょいブックマーカー存在認識できるんだけど

俺がやってるWordpressブログにはほとんどブックマークつかないんだが

ガジェットレビューを中心にライフハックとか旅行記とかなんでも書くブログで、固定の読者はほぼ居ないっぽいんだけど検索流入はまあまああるっぽくて、1~2年くらいかけて数万PVくらい行く記事もあるんだけど(すごいのかどうかはよくわからない どうなの?)何年経ってもはてなブックマークがつかないんだが

ブックマーカーって本当に実在するのか?

なんで俺のブログにはブックマークつけてくれないんだ?トータルで50万PVくらいはあると思うんだけど50万くらいだとそんなもんなのか?

はてなブックマークって、卑下する人もいるけど、ヤフコメTwitterなんかと比べれば格段に知的レベル高いと思うし、俺はお前らが好きだから検索流入でどうでもいいやつに見てもらうよりはできればおまえらに対してバズってほしいんだが、そもそもお前らは本当に実在するのか?

2019-01-09

MADで先に知ってしまうと

本来PVアニメよりそっちのほうがビデオ音楽があってると頭の中で洗脳されてしま

2019-01-08

はてなってマルチブラウザでの挙動確認とかしてねえの?/社員macで開発してねえの?

はてなブログsafariじゃもはや読み込まれねえんだけど、

[Error] [Report Only] Blocked mixed content http://b.hatena.ne.jp/js/widget.js because 'block-all-mixed-content' appears in the Content Security Policy.

こういうのが山ほど出てる。当然白画面。

いまだにはてな社員は気づいてないのか? 多分去年くらいか特定はてなブログは全部そうやぞ。

PVガチ落ちになってると思うんだが、対策とか(https配信すりゃいいだけだが)まったくやらんのか。

というか、こういうの出す時点で相当アレな気がするんだが…

2019-01-06

最近お絵かきめっちゃ楽しい

た〜のし〜〜〜〜!

上手くならなきゃって自分を追い込むのもうやめた!

練習するのもやめた!

PV数もいいね数も気にしねえ!

自分はただ可愛い女の子を可愛く描きたかっただけだったんだああ

2019-01-05

けもフレ2のPVみた

何で中途半端に寄せてきてるんだ

まるで別物になるなら見ようかと思ったが、流石に無理だわ・・・すまんな

2019-01-04

anond:20190104074723

既知とするってやつだな

Webでは記事が長くてもはてブバカバカだと言ってはてブからPVもらって喜んでる三方一両得の人以外には怒られたりしないか

だらだら展開したりハイパーリンクで飛んだりできる

PVブクマも減ったのは、呆れられてるのと飽きられてるから

有料noteが売れないのは、あなた文章お金を払う価値が無いか

感想妄想とか嘘とか書かれるのは、あなた特別で貴重な体験がつまらいか

身バレしたのは、ろくでもない人間だと周りに思われてるから

魚拓を取られてるのは、あなたを嫌いな人間いるか

ツイッターで呟かれてないのは、有名人ではないか

口論になったとき相手から反論がなくなったのは、論破したのではなく反論する気力が失せるくらいしょうもないから

レーダー照射云々見て思ったこ

日本韓国一般人巻き込んで罵り合いしなきゃならないほど落ちぶれてんだなぁ、って事。

そしてPV乞食広告から小銭恵んでもらうために躍起になって煽ってる。

2019-01-02

anond:20190102095555

だってお前みたいなのを腹立たせたり、曲解や極論でPV集めるのが目的だし

2018-12-28

なんでpolitics関係ないネタにまでpolitical correctnessとか言うの?

ねぇなんで?PV乞食の為?

2018-12-27

anond:20181227113055

嫌われてるなら何でPV取れてんの?

人気あって大手からこそアンチも多い、ってのが事実だろ

人気ないならアンチすら存在しないか

anond:20181227112130

PVあるネタを出してるんだろうし、そのPVが取れるネタアニメと女叩き、ってなら

アニメと女叩きが好きな層が見てるんだろ

anond:20181227112020

それなりのPVとやらでオタクの何割が見てるのか具体的に言えるんでしょうかね

anond:20181227111927

未だ有名サイトとして生き残ってる=それなりのPVがある=人気、って事なんだが…

本当に人気ないならとっくに消えてるよ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん