「ジュニア」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ジュニアとは

2017-10-16

anond:20171016161809

養子簡単になればいいだろ。在学中の子養子に出すが基本になればOK。今の段階ジュニアも育ての親になれるし、仕事しながら毎週毎月子どもに触れることで子育て実態を知ることができる。

出産経験したら出産上限年齢も上がるし、中イキしやすくなるし、いい事だらけ。

2017-10-15

ブラジャーて何であんな変な柄ばっかなの?

あのレースの柄。ぶっちゃけババ臭くない?

あんなのよりジュニアブラ系のほうが可愛いくてデザインが良いの揃ってるよね?

何でおとなになるとみんなレース柄の変なブラ付けるようになるの?

2017-10-14

anond:20171014112854

ブラジリアオープンショーツ Gストリング プリントパンティ ひもパン ブラジリアリオカット マイクロヒップサニタリー ボーイレッグ パンティローライズ ジュニアショーツ Tバック シースルーショーツ ボーイレッ グ スーパーハイレグ タンオープンショーツ サスペンダーショーツ Gストリング オープンショーツ ソング マイクロヒップパンティホールショーツ ローライズ ローレグ Cストリング パン ティブラジリアオープンショーツ ボーイレッグ リオカット Gストリング ハイレグ サスペンダーショーツ ハイレグ サニタリー ブラジリアリオカット Tサニタリー サニタリー Tフロント ボーイレッグ マイクロヒップスーパーハイレグ ハーネス タンCスト リング ホールショーツ ローレグ ローライズ ボーイレッグ マイクロヒップTバック パンティTフロント Cストリング ジュニアショーツ パンティひもパン ローライズ リオカット ジュニアショーツ マイクロヒップソング ローライズ Tバック ローライズ サニタ リー シースルーショーツ C ストリング ハイレグ ブラジリアローレグ シースルーショーツ ソング ソング オープンショーツ ローライズ サニタリー ハーネス Gストリング ジュニアショーツ ハイレグ Tフロント Tジュニアショーツ ジュニアショーツ Tバック スーパーハイレグ ソング タンGストリング

2017-10-13

anond:20171013205530

Tフロント サスペンダーショー ツ ローライズ ホールショーツ Gストリング ソング ジュニアショーツ ひもパン Cストリング タンスーパーハイレグ Tバック スキャンティオープンショーツ シースルーショーツ ジュニアショ ーツ プリントパンティ ソング ローライズ スキャンティオープンショーツ マイクロヒップパンティTバック Gストリング Gストリング Gストリング オープンショーツ サニタリー プリントパンティ Tフロント ホールショーツ ボーイレッグ Tフロント ハーネス ローライズ サニタリー リオカット ソング ソング ホールショーツ Gストリング ボーイレッグ オープンショーツ Cストリング ひもパン ジュニアショーツ ホールショーツ Gストリング サスペンダーショーツ オープンショーツ シースルーショーツ パンティパンティリオカット ローライズ マイクロヒップブラジリアブラジリアオープンショーツ ハイレグ ジュニアショーツ ブラジリアローライズ タンブラジリアパンティパンティTバック スキャンティパンティハーネス オープンショーツ ジュニアショーツ パンティローレグ ホールショーツ ローライズ Cブラジリアハイレグ Tバック タンTバック ジュニアショーツ ハーネス プリントパンティ プリントパンティ Cストリング サスペンダーショーツ リオカット ソング ハイレグ スキャンティ

2017-10-12

プリントパンティ ローライズ プリントパンティ プリントパンティ ハイレグ Cストリンボーイレッグ シースルーショーツ リオカット ソング マイクロヒップブ ラジリアン ハーネス Cハイレグ Cストリング スキャンティスキャンティハイレグ ホールショーツ Cストリング ソング サスペンダーショーツ Tフロント ソング ジュニアショーツ ローライズ マイクロヒップパンティローレグ プリントパンティ ジュニアショーツ Cストリング ホールショーツ パンティTフロント スーパーハイレグ ブラジリアサニタリー タンハイレグ ひもパン マイクロヒップリオカット プリントパンティ サニタリー ハイレグ ホールショーツ Tフロント ハーネス ひもパン マイクロヒップシースルーショーツ スキャンティブラジリアローレグ サニタリー スーパーハイレグ プリントパンティ リオカット Gストリング タンスキャンティハイレグ Tフロント Cローレグ Cストリング サスペンダーショーツ ハーネス プリントパンティ Cストリング Cストリング マイクロヒップマイクロヒップタンローライズ オープンショーツ サスペンダーショーツ サニタリー シースルーショーツ スーパーハイレグ スキャンティスキャンティリオカット ひもパン Tフロント ジュニアショーツ ひもパン ボーイレッグ シースルーショーツ ハイレグ リオカット ハイレグ Tバッ ク リオカット プリントパンティ

シースルーショーツ ローレグ ハイレグ マイクロヒップシースルーショーツ ハイレグ オープンショーツ G ストリング タンハイレグ ハーネス Cストリング Tフロント シースルーショーツ ひもパン ローライズ ボーイレッグ パンティハーネス スーパーハイレ グ オープンショーツ パンティGストリング スーパー ハイレグ リオカット スーパーハイレグ リオカット リオカット ハーネス オープンショーツ Tフロント Tフロント ジュニアショーツ ホールショーツ サスペンダーショーツ ひもパン サスペンダーショーツ ひもパン ローライズ タンリオカット ソング マイクロヒップボーイレッ グ ローライズ サスペンダーショーツ ブラジリアボーイレッグ シースルーショーツ Cストリング タンオープンショーツ パンティマイクロヒッププリントパンティ ハイレグ マイクロヒップオープンショーツ サニタリー ボーイレッグ ハーネス リオカット シースル ーショーツ サスペンダーショーツ ハイレグ スキャンティGストリング Gストリング ホールショーツ スキャンティサニタリー サニタリー タンローレグ ローライズ ローレグ サニタリー ローレグ ローライズ プリ ントパンティ サスペンダーショーツ ローライズ ハイレグ ひもパン Tバック スーパーハイレグ タンシースルーショーツ ハイレグ Gストリング オープンショーツ Tフロント

ブラジリアマイクロヒップスキャンティボーイレッグ パンティGストリング ホールショーツ ソング ローライズ ブラジリアボーイレッグ シースルーショーツ Tフロント Cスト リング サスペンダーショーツ Cストリング ブラジリアホールショーツ タンGストリング ローレグ シースルーショーツ ローレグ Cスト リング リオカット パンティジュニアショーツ ボーイレッグ パンティシースルーショーツ サスペンダーショーツ サスペンダーショーツ シースルーショーツ スーパーハイレグ Gストリング タンタンCストリング リオカット ブラジリアソング マイクロヒップボーイレッグ ハイレグ サスペンダーショーツ ボーイレッグ Cストリング パンティCストリング オープンショーツ シースルーショーツ パンティハイレグ スーパーハイレグ Tフロント ローレグ Gストリング ハーネス ジュニアショーツ スーパーハイレグ ひもパン ボーイレッグ ひもパン ホールショーツ シースルーショーツ ローライズ ホールショーツ タンタンスーパーハイレグ Gストリング Tバック Tフロント プリントパンティ ホールショーツ ホールショーツ ローライズ ブラジリアハーネス ローレグ ジュニアショーツ プリントパンティ ローライズ ローライズ ハーネス タンリ オカット ローレグ ジュニアショーツ ひもパン Cストリ ング ブラジリアTフロンスキャンティローライズ

Gストリング プリントパンティ ひもパン ジュニアショーツ サニタリー サニタリー タンホールショーツ Tフロント ボーイレッグ スキャンティGスキャンティスーパーハイレグ スキャンティローレグ パンティTバック Gストリング マイクロヒップTフロント ひもパン ローライズ Cストリング スーパーハイレグ スーパーハイレグ マイクロヒップソング ローライズ タンホールショーツ ホールショーツ マイクロヒップパンティソング プリントパンティ Tバック ソング シースルーショーツ タンリオカット Cストリング スキャンティCストリング Tバック サニタリー サニタリー ひもパン スーパーハイレグ スキャンティローレグ ひもパン リオカット スキャンティリオカット シースルーショーツ マイクロヒップホールショーツ リオカット Tフロント サ スペンダーショーツ オープンショーツ Tフロント Cソング シースルーショーツ Cストリング ブラジリアボーイレッグ サスペンダーショーツ タンTフ ロント サスペンダーショーツ シースルーショーツ Tフロント オープンショーツ スーパーハイレグ Tフロント Tバック サスペンダーショーツ ボーイレッグ ソング Gストリング タンプリントパンティ リオカット シースルーショーツ タンソング

スーパーハイレグ タンハイレグ マイクロヒップCストリング Cストリング ホールショーツ TタンパンティTフロント ローレグ オープンショーツ ハイレグ プリントパンティ ボーイレッグ ローライズ Gストリング スキャンティローライズ ソング シースルーショーツ ハイレグ オープンショーツ マイクロヒップスキャンティリオカット リオカット スーパーハイレグ プリントパンティ マイクロヒップオープンショーツ オープンショーツ ハイレグ Tフロント Tフロント ボーイレッグ サスペンダーショーツ ローレグ サニタリー マイクロヒップパンティハーネス Cストリング ハーネス Tバック ジュニアショーツ Tフロント スキャンティハイレグ ジュニアショーツ ハイレグ リオカット ブラジリアGストリング ひもパン オー プンショーツ シースルーショーツ ブラジリアハーネス ローレグ マイクロヒップソング スーパーハイレグ リオカット Tフロント ローレグ タンローレグ シースルーショーツ パンティローレグ ローライズ Tバック ソング ひもパン タ ンガ スキャンティオープンショーツ ホールショーツ Gストリング パンティCストリング シースルーショーツ ホールショーツ ソング パンティスキャンティプリントパンティ タンCストリング スキャンティプリントパンティ

2017-10-10

ジャニオタに出戻りして

最近ジャニオタになった人間が書く。

別にジャニオタになる前にも思っていたことだけど、ルールを破る人が優遇される。

ここで全く関係ないことだとは思うが書いておく。

私は昔AKB48(現NGT48)の北原里英ちゃんが大好きだった。

サプライズの頃からAKBを好きになり、最初から北原里英ちゃんが好きだった。

その頃はりえちゃんは次世代エースと呼ばれていて指原とよくりのりえで雑誌に出たりしていた。

指原と言えばみなさんご存知の文春スキャンダルHKT左遷させられた。

その時私の熱はAKB48から少し遠ざかっていたのでこの話題に関してそこまで興味はなかった。

そのスキャンダルで指原は一気に有名になり今ではAKBグループの顔。

指原がどんどんテレビに出てスキャンダルをいじられながらもバラエティーなどに出ているとき私は里英ちゃんと指原が二人で出ていたさんま御殿を思い出した。

私たち永遠次世代エースなんですよ」なんて自虐を話しながら。

別に指原が特別嫌いなわけではない。

このスキャンダルでどんどん上に上がっていった指原を見て私はアイドルとしてのルールを破っていた指原がこうして世間で注目されて有名になっているのにルールを守っていた里英ちゃんや他のメンバー優遇されないの?と理不尽に思った。

スキャンダルされた人が全員こんな風に成功できるわけではないし、指原はそのスキャンダルで得たテレビ出演のチャンスを逃さないように上手く振る舞っていたポテンシャルもあるかもしれない。

だが、私には納得できなかった。

世間ではスキャンダルがあるアイドルがその事をいじられて話す方がおもしろいということなんだろうけど、アイドルとしての正解は里英ちゃんや他のメンバーの方だ。

真面目に我慢してきた人間がなぜ報われないんだろうと

ここでジャニオタに話は戻るが、私はいわゆる出戻りのような形で最近ジャニオタになった。

ジャニオタだった頃はいわゆる茶の間と呼ばれるオタでアイドル雑誌を買ったり少年倶楽部を見たりコンサートには行きたいー!と常に口に出してはいたが、地方しま中学生お金もないし行けないと言って行かなかった。

茶の間だった頃の私のコミュニティはもっぱらアメブロだった。

アメブロでいろんなジャニオタ交流したりして、現場に行かない分知識ネットで拾っていた。

その時私の担当デビューしていたのでジュニアのことは少クラに出ているメンバーは知っていたが、アメブロ界隈でも自分担当の界隈の人たちとしか付き合いはなかったのでジュニアのオタとの繋がりはなかったので「出待ち」とか「オリキ」とかの存在を全く知らなかった。(自分茶の間だった分そんなこととは全く無縁だと思っていた)

そしてまたジャニオタに出戻ったときに私はジュニア担になった。

昔とは環境も変わって現場にもいきやすくなった。

そこでジャニーズにも出待ち文化があることを知る。初めて知った私はどの世界にもこのような事はあるんだと思った。

それまでの私はジャニーズだけはどこか特別でそんなことはないと思い込んでいた。

ヤラカシって言葉は知っていたけど、オリキについては全く知らなかった。

たまに増田を見たりしているとオリキについて書いてある記事を見かける。

担当認知された」「担当に干された」

出待ちルール違反行為のはずなのに、そういう行為をしている人の方が優遇されているのだと思ってしまう。

ならば自分オリキになれば?って思うかも知れないがそんな時間お金もない。

なにより自分がずるいと思っている人たちと同じようになりたくない。

でも、やっぱりファンサをもらったり話したりできるのは正直死ぬほどうらやましい。

チケしろなんにしろジャニーズお金時間をかけた人が勝つ。

周りを見ながらジャニオタをするのはしんどい

2017-10-03

anond:20171003223710

ジュニアはなー

けっこうあっさり辞めていくんだよなー

人気がそこそこあったりしても、あっさり退所してるんだよね、何の前触れもなかったりしてさ

自分推し彼女SNSラブラブ写真のせまくりやがって、退所したよ

つらいよなー元気だせー

2017-10-01

ハイレグ ハイレグ ローライズ スーパーハイレグ Tフロント Tバック パンティローライズ スキャンティホールショーツ シースルーショーツ ソング Gストリング シースルーショーツ マイクロヒップひもパン シースルーショーツ Tスーパーハイレグ パンティオープンショーツ リオカット ローライズ シースルーショーツ ホールショーツ パンティソング Gストリング Cストリング ハイレグ シースルーショーツ ひもパン オープンショーツ ホールショーツ マイクロヒップマイクロヒップサニタリー サニタリー タンパンティハイレグ ホールショーツ Gストリング ホールショーツ オープンショーツ Cストリング ひもパン Tフロント ローライズ スーパーハイレグ スキャンティサニタリー ボーイレッグ タンマイクロヒップサニタリー ボーイレッグ Tバック マイクロヒップスキャンティサスペンダーショーツ ローライズ Cストリング ジュニアショーツ ホールショーツ ジュニアショーツ パンティプリントパンティ マイクロヒップブラジリアTフロント スキャンティTフロント Cストリング サスペンダーショーツ Gストリング Cストリング スーパーハイレグ ホールショーツ シースルーショーツ リオカット サスペンダーショーツ ハーネス ソング リオカット スキャンティボーイレッグ ブラジリアブラジリアブラジリアタンボーイレッグ

2017-09-29

anond:20170929075625

ローレグ ボーイレッグ ひもパン タンローレグ ひもパン リオカット ジュニアショーツ ハイレグ ハイレグ マイクロヒップハーネス パンティ ジュニアショーツ Cストリング ハイレグ タンジュニ アショーツ パンティホールショーツ ソング Tフロンホールショーツ ハーネス リオカット Cストリング プリントパンティ ブラジリアCストリング ホールショーツ Tバック リオカット ジュニアショーツ ハーネス スキャンティGストリング Tバック Cストリング ブラジリアハーネス ジュニアショーツ プリントパンティ リオカット タンスキャンティシースルーショーツ ローレグ ジュニアショーツ ソング Gストリング ハーネス パンティTバック ハイレグ ローライズ スーパーハイレグ タンボーイレッグ ブラジリアリオカット マイクロヒップひもパン ローレグ リオカット ハーネス リオカット ジュニアショーツ ひもパン ソング ハイレグ ひもパン Tバック ハイレグ サニタリー ハイレグ シースルーショーツ Cストリング マイクロヒップブラジリアオープンショーツ リオカット リオカット ジュニアショーツ ハイレグ Tフロント オープンショーツ ホールショーツ Cストリング ソング ホールショーツ サニタリー Cストリング ブラジリア

2017-09-24

狂人の真似とて大路を走らば、即ち狂人なり

武装難民殺すぐらい良いじゃない。

実習生という名の奴隷ぐらい良いじゃない。

だって日本国民バブル崩壊以降ずっとどんどん殺されてるし、ずっとどんどん奴隷にされているんだから平等だよ。みんなみんな殺してみんなみんな奴隷になるんだよ。

殺されたどころか生まれることのできなかった団塊ジュニアジュニアも考えたらもう相当凄い人数が命をなくしてるんだから、海の外から来るのなんて何十万人か銃で撃ったって同じだよ。

財務省が緊縮で人を殺すのは良くて、自衛隊が銃で人を殺すのは悪いのかい

どんどん殺そうよ。両方でどんどん殺そうよ。消費税増税でまた何人死ぬかな。あはっ楽しみだね!ほんのちょっと、3%ぐらいインフレなら死なないのにね!中国日本調子乗ってた頃の8%成長を何としても続けようと頑張ってどんどん良くなってるのにね!出生率いつ1切るのかな?あははっはっはははははは

2017-09-23

ジャニーズ出待ちの思い出

高校から大学にかけてジャニーズのおっかけをやっていた。

やたら括弧書きが多くなってしまったがせっかくなので投稿する。

自分も初めはコンサート舞台に行くだけのファンだったがある時、自担自分担当女性アイドルでいう推し)が辞めるという噂を聞いた。

自担デビューしていないジュニアだった。今では辞めたジュニア芸能活動を再開するのは当たり前のようになっているけれど、当時は辞めたジュニアがまた芸能活動を始めるのは珍しく私は自担が辞めてしまったらもう会えなくなる!と焦った。

ジャニオタの間では自担が出演する現場に行くことを会いにいくと表現することが多い)(これがすでに痛い)

どうせ会えなくなるなら最後に本人をもっと近くでみたい!と考え舞台出待ち現場に長い手紙を書いてもっていった。

舞台関係者用出口にいくと女の人がずらっと並んでいた。その中で仕切りと呼ばれる出待ちをするファン通称オリキ)のトップの人に

自担の列の場所を聞いた。一応、出待ちにもルールがありファンごとに列が形成され通行人邪魔にならないようにはじに寄せられていた。

その日は平日で代表受けだった。はじめて来た私は10人前後自担ファン代表にされて手紙わたした。(代表受けはその日来ているファンの中で代表を決めみんなが書いてきた手紙代表で渡す。舞台期間に一度も代表をしていない人から優先される。初日じゃんけんなどで決める)

代表はお疲れさまです。などの一言を直接、担当に伝えられる。でも個人的な事や(今日誕生日です!など)質問禁止だった。みんなの代表なので一人が会話をするのを防ぐためらしい。ちなみに代表以外は座っている状況でめちゃくちゃ緊張した。渡しおわると自担ちょっとした話をしてくれた。演説といわれる出待ちでの話の長さは人によって違うのだけれど自担はすごく短かった。それでも今まで舞台の上に立っていた自担が目の前に私服でいて話てくれる。しかも帰り際には一人一人の目を見ながら手を振ってくれるという対応に舞い上がってしまった。よくオリキ現場に入らないないのに美味しい思いをすると言われて嫌われていたが、確かにこの体験はおいしいものだった。しかし、担当が来るまでと帰った後の待ち時間は大変だった。その現場は帰るジュニアオリキが遭遇しないように出演者するジュニア出待ち対応を終えて帰らないと自分たちも帰れなかったのだ。(ちなみに22時までに担当が来なければ解散で待っても会えない時もある)

しかも、待ち時間に仕切りにネット出待ちのことを書かないなどのルール説明をされて、自分名前を聞かれた。これがすごく怖かったのだけど出待ちをしているうちに、仕切りがその時の代表名前とその日並んでいた人数をファミクラジャニファンクラブ運営)に毎回伝えていることがわかった。人数が少ないと事務所に人気がないと思われてしまうのでまた来てね。と言われたりする。ヤラカシストーカー的な厄介行為をするオタ)にまで並ぶのを頼む人もいる。

それで怖いけれどすっかりはまってしまった自分はこの舞台間中出待ちをすることになる。そうすると今度は個人受けの日にあたった。個人受けでは担当の列に並んでいるオタ一人づつが手紙も渡せて個人的な会話をできるのだ。ここで色々話して担当が笑ってくれると嬉しくてまたはまった。しだいに入り待ち出待ちもほぼいるオタクになっていった。舞台期間はほぼ一ヶ月で、自担は並んでいる人数が10人いればいいほうなので毎日いれば顔認知簡単だった。(ジャニオタの中で認知基準が色々あり自分の周りは名前と顔を覚えているのが認知、顔だけが認知

本当に人が少ない所だとオンリー(並んでいる人が一人)や毎日個人受けの所もありジュニア認知されている人というのは世間が思っているより多い。認知個人ファンサは勘違いと思われている事が多いがジュニア担当の中では本当にあることであった。

出待ちできる現場舞台だけではなく予想より多く、会える機会が多いことにますますはまっていった。非公開と呼ばれているスケジュールが公になっていない現場にいった時は塩対応だったけれどそれでもたまに優しくされるだけで良かった。オリキ友達もできて毎日しかった。

でも、認知されると今度は干される(ファンサをくれない、無視される)のがつらくなってきた。最前列で視界にも入れてもらえなった時は泣いた。

そのうち、大学課題就活出待ち現場にいけなくなり自然卒業できたがあのまま続けていたら確実に病んでいたと思う。担当は辞める噂はなんだったのか未だにジュニアを続けている。

あの時の仕切りはまだ毎日現場にいると思うと人のことは言えないがすこしぞっとする。

当時の思い出に関連して出待ちするようになってからファミクラにたいして不満に思っていることがある。

仕切りたちが歌番組番組協力で手伝いをしていたり、握手会のはがしをするなどの仕事をしているが、その代わりにチケットをもらっている。

また、ごくまれにだがオリキけが終演後ロビーに入れられてハイタッチ回をしていたこともある。これは並んでいる全員とやる時もあるが仕切り達だけできる場合もあり不公平に思っていた。(当時バックについていたデビュー組みによる指示と噂がまわったが真相不明

デビューすると出待ちできることが少なくなるが、出待ち文化を隠すわりにジャニーズオリキ優遇しすぎだ。今も有楽町でたくさんのジャニオタが並んでいるようだがこの文化はいつまで続くのだろうか。

2017-09-14

昨日のかりそめ天国

畑めいが出て、ガンプラ天才とか言われてたけど、あれ半分は親父だぞ

TV見て本人の実力だと分かった!とか言ってる知恵遅れが呟いていたけど、こういう時だけTV信じるんだな

子供自由研究と一緒だから、ああい大会ジュニア部門とかゴミしかない

まだ、フィギュアとかの演技系の方が納得できる

2017-08-31

https://anond.hatelabo.jp/20170831091827

自分中学生ときに同じような経験をしたことがある。

自分場合は、絵だった。

美術の授業で描いた風景画が、名のあるコンクールジュニア部門で入選したのだ。

親に話すと、大変喜び、将来は絵の仕事でもするのかなとはやし立てられた。

高揚した気分で、入賞した作品たちが並べられている展示会にでかけたのだが、そこに展示されている自分の絵を見て、直感的に「自分の絵ではない」と感じてしまった。

風景画なので、大きくは変えられていない。ただ、端々のタッチや空や草の表現など、微妙ではあるが絵のニュアンスを伝える大切な部分にことごとく手を入れられていた。

あとで聞いたところ、コンクールに出す絵については、美術先生がすべての作品に手直しを入れていたそうだ。おとなになった今邪推するのは、コンクールに入選する作品が多いほど、美術先生評価が高まったのだろうということだ。

自分の絵ではないものが、自分作品として評価されている居心地の悪さは、今でも覚えている。

2017-08-26

https://anond.hatelabo.jp/20170826113417

ソング ローライズ ローラ イズ ローライズ マイクロヒップリオカット リオカット タンマイクロヒップオープンショーツ ジュニアショーツ Tフロント ローレグ ホールショーツ ハーネス ひもパン リオカット スーパーハイレグ リオカット スキャンティスキャンティスーパーハイレグ ホールショーツ リオカット ホールショーツ サニタリー リオカット サニタリー パンティハイレグ ブラジリアTバック ソング ひもパン ソング ハイレグ スーパーハイレグ プリントパンティ ホールショーツ プリントパンティ ホールショーツ ホールショーツ サスペンダーショーツ リオカット リオカット サニタリー パンティホールショーツ ハーネス スキャンティスキャンティパンティオープンショーツ ブラジリアプリントパンティ スーパーハイレグ ボーイレッグ ひもパン オープンショーツ シースルーショーツ プリントパンティ ハイレグ Gローライズ ブラジリアGストリング スキャンティひもパン プリントパンティ Gストリング ボーイレッグ ジュニアショーツ スキャンティソング ハイレグ ジュニアショーツ Cストリング タンスキャンティプリントパンティ Cストリング Tバック サスペンダーショーツ ハイレグ ボーイレッグ ホールショーツ Cストリング Tスキャンティオープンショーツ ホールショーツ サニタリー パンティ

2017-08-19

ジャニーズを好きじゃなくなったら、私は誰なのか

20代前半女性人生の半分以上ジャニーズを追いかけてきた。

別に本気で好きになって、繋がりたいとか、付き合いたいとか、そんなこと思ったことは一度だって無かった。

アイドル」として、ジャニーズが好きで、好きで仕方なかった。

大袈裟なんかじゃなく、ジャニーズを好きになってからの、短い人生の全てにジャニーズが染み付いてる。

小学生の頃、友達に教えられて「シーサイド・バイバイ」歌った。初めてジャニーズに触れた。

ジャニーズ画像の送り合いをして、パケット通信量をオーバーして、こっぴどく怒れた。

リリースされた曲を聞くだけで、その時仲良くしてた友達や好きだった人、悩んでたことを思い出す。

中にはその時の空気まで思い出す曲もある。

まだ自分で稼ぎがあるわけじゃ無かったから、年に数回行けるコンサートが本当に本当に楽しみだった。

受験に失敗して悲しい時に、久しぶりにテレビジャニーズを見たら笑顔になれた。

世界の全部がジャニーズ中心に回ってたと思う。

ジャニーズがいたから、私にとってある意味「救い」のような存在があったから、普通に学校に行って、恋愛ができて、働けてた。

ジャニーズを好きじゃなくなったら、自分じゃなくなる気がするよね〜」

そんな事を友達大人になっても話した。

半分冗談、半分本気だった。

ある日突然、ジャニーズを好きじゃなくなった。

使い続けてきた気持ちにも限界があった。

気持ちも結局はダムみたいなものだった。

きっかけを話せば長くなるから、ここには書いたりしない。

私は今ジャニーズと同じく、アイドルを追いかけてる。

地下アイドルではなく、大きな事務所所属していて、安定している。

楽しい楽しい楽しい

小学生の時、初めてジャニーズ出会った時と同じ気持ち毎日過ごしている。

変わったのはあの時の何十倍お金があって、我慢ができなくなったことだけかな。

アレヨアレヨと言う間に、ジャニーズのことを追わなくなった。持ってたチケットも全部譲った。

あんなに大切だったのに、すぐに代替品が出来た。

ジャニーズの中で担当にした人は2人。

ちょっと前まではジュニアの子が好きだった。

の子が辞めたわけではなく、寧ろ追い風が吹いてるみたいに仕事がある。

けど、もういい。

今でもジャニーズを好きじゃなくなったのが寂しくなる。

ほぼ全グループコンサートに行き尽くして、上から下まで好きになったのに、こんなに簡単に興味を無くすなんて。

ジャニーズを好きじゃなくなっても、私が私のままだなんて。

世代ギャップと怒り

俺はもう40代半ばで、学生だった時間よりも社会で働いてきた時間の方が長くなっている。

から、いまさら学歴なんてこだわりたくない。そう理性では思っている。

しかし、昨今のTVクイズ番組とかで芸能人出身大学が強調されたり、「いまは大学全入時代

とか言われて、大卒当たり前で、非大卒非人間のように扱われる風潮に対して、正直、怒り狂う。

俺の世代は、いわゆる段階ジュニア世代で、就職氷河期世代

俺も高校までなら、一応偏差値60より上の高校には行った。だが、いろいろあって大学には行かなかった。

俺の就職する時代は、年々就職環境が厳しさを増していた時代だった。下手に大学に行ったら、それこそ

就職する先がなかったかもしれない。

俺と同世代には、非正規労働者として苦労している者も多い。俺は幸運にも、それなりに安定した働き口が

あって、そこにいままで務めてこられた。

それでも、俺は非大卒だ。卑屈な学歴コンプレックスだとはわかっている。

俺はこれからも、この負の感情を持ったまま生きていくだろう。

学歴価値とかそういうものは、世代によってまるで違うというのに。

俺は静かに怒り狂う。

2017-08-06

anond:20170806180031

望結ちゃんは女優として華があると思う

リンクの上でも華があるけど

お姉ちゃんには叶わない気がする

真凛ジュニアの頃からスケオタから有望視されていた逸材だから

最初からスケーターとしては遅れてたか

2017-07-29

ハイレグ リオカット ハーネス Tフロント ローライズ プリントパンティ Gストリング ひもパン マイクロヒップブラジリアブラジリアローライズ Cスト リング Gストリング Cストリング ローレグ Gストリング サスペンダーショーツ ローライズ Gストリング Cストリング サスペンダーショーツ ひもパン オープンショーツ ブラジリアプリントパンティ スキャンティスーパーハイレグ ホールショーツ シースルーショーツ Tフロント Tフロント リオカット Cストリング Cオープンショーツ プリントパンティ スキャンティリオカット ローライズ シースルーショーツ ローレグ リオカット スーパーハイレグ Gストリング ボーイレッグ タンTバック スーパーハイレグ Tバック ひもパン ホールショーツ プリントパンティ Gストリング ハーネス ブラジリアブラジリアスーパーハイレグ スキャン ティサスペンダーショーツ サニタリー ハイレグ ローライズ タンホールショーツ ハイレグ タンオープンショーツ サニタリー スーパーハイレグ サニタリー Gストリング オープンショーツ ソング サニタリー シースルーショーツ スキャンティGストリング スーパーハイレグ スーパーハイレグ ローレグ スキャンティTバック Gストリング シースルーショーツ リオカット ハーネス

2017-07-27

30

30才になってしまった。

つくづく思う。若さがもたらすエネルギーはすごい。10代の頃を思い返すと、とても正気だったとは思えない。

誕生日の記念に自分人生ざっと振り返ってみたい。長くなるか、すぐに終るか、それは書いてみないとわからない。

2年前からイーストヴィレッジセントマークスで仲間達とバーをやっている。大抵はヒップホップがかかっている。客層は黒人日本人ヒスパニック

日本酒がメインのバーにするはずだったが、すぐにうやむやになってしまった。夏はフレンチスタイルのパナシェがよく売れる。地元の人がこれを読んだら、もう場所特定できてしまうと思う。

大儲けとはいえないが、店はそれなりに繁盛している。僕はほぼ毎日カウンターDJブースにいる。ちなみに趣味ボディビルで、アマチュア大会で2回ほど入賞したことがある。

まさか自分がこんな生活を送るようになるとは思わなかった。中学生の頃は、江戸川乱歩京極夏彦に傾倒していた。将来は図書館司書になるつもりだった。顔は青白く、ひどい猫背だった。ある女性との出会いが僕を大きく変えた。

そうだ、あの子について書こう。

最初彼女と遭遇したのは、高校に入ってまもない頃だった。校庭と校舎をつなぐ階段の途中ですれ違った。彼女ジャージ姿だった。背が高く、涼しげな目が印象的だった。かっこいい人だと思った。一瞬だけ目が合い、僕はあわてて逸らした。

当時の僕は最低だった。勉強も出来ないし、スポーツも苦手。しかクラスではパシリだった。どういう経緯でパシリになったのか、まったく思い出せない。梅雨の訪れのように自然な成り行きだった。

僕をパシリに任命したのはNというクラスメートで、彼は教室内の権力を一手に握っていた。髪を金色に染め、足首に蛇のタトゥーをいれていた。15才の僕にとって、蛇のタトゥーはかなりの脅威だった。

休みになると、僕はNを含む数人分のパンジュースを買いに行かされた。金を渡され、学校の近くのコンビニまで走らされる。帰りが遅かったり、品切れだったりすると怒鳴られる。そういう時はヘラヘラ笑いながら謝った。歯向かう勇気はなかった。そんなことをすればさらに面倒なことになるのは目に見えていた。

いじめられていないだけマシだ、パシリに甘んじてるのもひとつ戦略だ、そう自分に言い聞かせていた。

ある日、いつものようにパンジュースを買って裏門から教室に戻ろうとした時、また彼女とすれ違った。相変わらずクールな表情。今度は制服姿だ。ジャージの時より断然かっこいい。ネクタイをゆるく結び、黒いチョーカーをつけていた。目が合う。すぐに逸らす。前と同じだ。

僕はすっかり彼女に魅了されてしまった。教室に戻るのが遅れて、Nに尻を蹴られた。いつも通りヘラヘラ笑いながら謝った。

それから広場廊下で何度か彼女を見かけた。一人だったり、何人かと一緒だったりした。彼女は常にクールだった。それにどんどん美しくなっていくようだった。どうしても視線が吸い寄せられてしまう。そのくせ目が合いそうになると、僕はすぐに逸らした。

彼女のことをもっと知りたいと思った。気を抜くとすぐに彼女のことが頭に浮かんだ。できれば話してみたい。でも僕ごときにそんな資格は無い。きっと冷たくあしらわれて終わりだろう。遠くから眺めているのがちょうどいい気がした。

なんだか出来損ないの私小説みたいになってきた。こんなことが書きたかったんだっけ? まぁいいか。もう少し続けてみよう。

30才になった今、少年時代気持ちを思い返すのはとてもむずかしい。あの頃は恋と憧れの区別もついていなかった。おまけに僕は根っからの小心者だった。彼女の目を見つめ返す勇気もなかった。世界は恐怖に満ちていた。蛇のタトゥーが恐怖のシンボルだった。

1学期の最後の日に転機が訪れた。大げさじゃなく、あれが人生の転機だった。

よく晴れた日の朝。バスターミナルに夏の光が溢れていた。まぶしくて時刻表文字が見えなかった。僕はいものように通学のために市営バスに乗り、2人掛けのシートに座った。本当は電車の方が早いのだが、僕は満員電車が嫌いだった。それにバスなら座れるし、仮眠も取れる。僕は窓に頭をあずけて目を閉じた。

発車する寸前に誰かが隣に座った。僕は目を閉じたまま腰をずらしてスペースを空けた。香水匂いが鼻をくすぐった。

ふと隣を見ると、彼女が座っていた。目が合った。今度は逸らすことができなかった。彼女がにっこり微笑んだのだ。彼女は気さくに話しかけてきた。

校内でよく僕のことを見かけると彼女は言った。その時の驚きをどう表現すればいいだろう。うまく言葉にできない

さら彼女は僕の頭を指して「髪切ればいいのに」と言った。たしかに僕の髪は無造作だった。でもそんなに長いわけでもなかった。わけがからなかった。彼女が僕の髪型を気にかけるなんて。

彼女ひとつ上の2年生だった。ふだんは電車で通学しているが、初めてバスに乗ってみたという。色々なことを話した。幸福なひとときだった。なぜだろう、初めて喋るのに僕はとてもリラックスしていた。きっと彼女のおかげだと思う。人を安心させる力があるのだ。

車窓から見える景色がいつもと違った。こんなにきれいな街並みは見たことが無かった。行き先を間違えたのだろうか。ふたりであてのない旅に出るのか。落ち着け。そんなはずはない。もういちど景色確認してみる。いつもの道だ。たまに彼女の肘が僕の脇腹に触れた。スカートから伸びるすらりとした足が目の前にあった。目眩がした。

特に印象に残っているのは、彼女小学生の時に"あること"で日本一になったという話だ。でもそれが何なのか、頑なに言おうとしないのだ。絶対に笑うから教えたくないという。それでも僕が粘り続けると、ようやく白状した。それは「一輪車」だった。

一輪車駅伝全国大会というものがあり、彼女ジュニアの部で最終走者を務めた。その時に日本一になったらしい。僕はそんな競技があることすら知らなかった。

まり想定外だったので、どう反応すればいいかからなかった。でもこれだけは言える。彼女が恥ずかしそうに「一輪車」とつぶやき、はにかんだ瞬間、僕は本当に恋に落ちた。

彼女一輪車燃え尽きて、中学から一切スポーツをやらなくなった。部活に入らないのも体育を休みがちなのも、すべて「一輪車燃え尽きたから」。ずいぶん勝手理屈だ。なんだか笑えた。そんなことを真顔で語る彼女がたまらなくチャーミングに見えた。だいぶイメージが変わった。

会話が途切れると彼女はバッグからイヤホンを取り出して、片方を自分の耳に差し、もう片方を僕の耳に差した。ヒップホップが流れてきた。ジェイZだった。いちばん好きなアーティストだと教えてくれた。

僕はジェイZを知らなかった。そもそもヒップホップをあまりいたことがなかった。素晴らしいと思った。リリックなんてひとつもわからなかったが、極上のラブソングだった。本当はドラッグの売人についてラップしていたのかもしれない。でも僕にとってはラブソングだった。

あの日バスは僕を新しい世界へと導く特別な乗り物だった。バスを降りて、校門で彼女と手を振って別れた瞬間から、あらゆる景色が違って見えた。すべてが輝いていた。空は広くなり、緑は深さを増していた。

次に彼女と目が合った時は必ず微笑み返そう。蛇のタトゥーはただのファッションだ。この世界はちっとも怖い場所じゃない。

新しい世界の始まりは、夏休みの始まりでもあった。僕は16才になった。(14年前の今日だ!)人生が一気に加速した。そう、書きたかったのはここから先の話だ。ようやく佳境に入れそうだ。やっと辿り着いた。

僕は髪を切った。坊主にした。そして体を鍛え始めた。近所の区民センタートレーニングルーム筋トレに励んだ。それから英語勉強に没頭した。図書館自習室で閉館まで英語と格闘した。単語熟語文法、構文、長文読解。最初暗号のように見えていた文字の羅列が、だんだん意味を紡ぐようになっていった。

英語筋トレ。なぜこの2つに邁進したのか。理由は至ってシンプルだ。ジェイZになろうと思ったのだ。彼女いちばん好きなジェイZだ。

①僕がジェイZになる

彼女は僕に夢中になる

ふたりはつきあい始める。

完璧シナリオだ。僕はこの計画に一片の疑いも抱かなかった。

できれば夏休みの間にジェイZに変身したかったが、さすがにそれは現実的では無かった。でもとにかくやれるところまでやろうと思った。僕は筋トレ英語に励み、ジェイZの曲を聴きまくり、真似しまくった。日差しの強い日には近所の川べりで体を焼いた。

夏休みが終わった時、僕の見た目はジェイZにはほど遠かった。当然だ。そう簡単に変われるわけがない。日焼けして、少しだけ健康的になっただけだった。でも内面は違った。ヒップホップマインド根付いていた。誇りがあり、野心があった。闘争心に溢れていた。

僕はパシリを断った。特に勇気を振り絞ったという感覚もない。単純に時間がもったいなかった。昼休み英文リーディングに充てたかった。誰かのパンジュースを買いに行ってる暇はない。

パシリを断ると、彼らは一瞬どよめいた。こいつマジかよ、という顔をした。Nが笑いながら尻を蹴ってきたので、笑いながら蹴り返した。教室全体がざわついた。Nはそこで引き下がった。

それからしばらくの間、 嫌がらせが続いた。机や椅子が倒された。黒板には僕を揶揄する言葉が書かれた。でも相手にしている暇はなかった。早くジェイZにならなければ。僕は黙って机を立て直し、Nをにらみつけながら微笑んで見せた。Nの表情にわずかな怯えが走るのを僕は見逃さなかった。

筋トレ英語ラップ筋トレ英語ラップ。その繰り返しだった。僕は少しずつ、でも着実に変わっていった。あの日からいちども彼女と会っていなかった。校内でも見かけなかった。でも焦ってはいけない。どうせ会うなら完全にジェイZになってからの方が良い。

そんなある日、柔道の授業でNと乱取りをすることになった。たまたま順番が当たってしまったのだ。組み合ってすぐにわかった。こいつは全然強くない。いつも余裕ぶった笑みを浮かべてるが、体はペラペラだ。とんだハッタリ野郎だ。絶対に勝てる。

Nが薄ら笑いを浮かべながら、足でドンと床を踏んで挑発してきた。腹の底から猛烈な怒りがこみ上げてきた。なぜこんなやつのパシリをしていたのだろう。さっさとぶちのめすべきではなかったのか?

僕はNを払い腰で倒して、裸締めにした。Nはすぐにタップしたらしいが、僕はまるで気付かなかった。先生があわてて引き離した。Nは気絶しかけていた。僕は先生にこっぴどく叱られたが、その日から誰も嫌がらせをしなくなった。勝ったのだ。

でも連戦連勝というわけにはいかない。ヒップホップ神様残酷だ。僕は恋に敗れた。いや、勝負すら出来なかった。なんと彼女夏休みの間に引っ越していたのだ。僕はそれをずいぶんあとになってから知った。

彼女とは二度と会えなかった。筋肉英語ヒップホップけが残った。なんのための努力だったんだろう。せっかく坊主にして、体つきも変わってきたというのに。仮装パーティーで会場を間違えた男みたいだ。マヌケ過ぎる。しかし、そんなマヌケ彷徨の果てに今の僕がいる。

高校卒業して、さら英語を極めるために外語大に入った。それからNY留学して、今の仕事仲間と知り合い、色々あって現在に至る。仲間達はみんなヒップホップを愛している。それだけが共通点だ。すべてのスタートあの日バスの中にある。

ずいぶん長くなってしまった。まさかこんな長文になるとは思わなかった。そろそろ止めよう。

僕は今でも週に3回は筋トレをしている。当時よりずっと効果的なトレーニング方法も身に付けた。知識も格段に増えた。でも本当に必要なのは、あの頃のような闇雲な熱意だ。

30才になってしまった。

つくづく思う。若さがもたらすエネルギーはすごい。10代の頃を思い返すと、とても正気だったとは思えない。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん