「Youtuber」を含む日記 RSS

はてなキーワード: Youtuberとは

2018-09-22

ナイナイ岡村子供芸能人でだれが好きって聞いたらみんなYoutuberのわけわからん名前を出す

時代の流れを感じたわ…」

2018-09-21

不憫な俺の推しバーチャルYouTuber

俺はバーチャルYouTuberに関しては人並みと言うか、キズナアイにじさんじ、たまにぽんぽことピーナッツ君ぐらいで個人の奴は見てないんだが、

例外に一人だけ追ってる奴がいる。

名前はヴェネッサと言って、女なのか男なのかはっきりしない声の奴だ。

教祖らしい。正直教祖らしいことしてるの見たことないから知らん。

乳だけはでかいからエロいファンアートちょっとある。

Mtgというカードゲームのことに詳しくて、それでいて厨二臭くない奴がこいつしか居なかったか何となく配信をたまに見てた。

コメントは一度だけ挨拶を打って、それ以降したことない。

つの間にかこいつは面白いことをし始めた。

バーチャルYouTuberを集めてオリジナルカードゲームを作るとかいものだ。

普通こんなもん挫折するもんだが、なんと作りきった。

200枚以上、つまり200人以上のバーチャルYouTuberを集めて。

ノートの切れ端で遊戯王カードオリジナルカード作ったことある奴は多々いると思うが、ルールから全部作り上げるのは正直無理だ。

これを一人でやり遂げたのだ。しかも対戦できるレベルバランスを保ってだ。

ブシロードとサイゲは見習って欲しい。

ここまでならただ凄いなぁで良かった。ただしここから先が個人勢のバーチャルYouTuberの闇になる。

こいつのチャンネル登録者が余りにも少ない。

200人以上のカードを作ったんなら、そのカード化された参加者宣伝をしてしかるべきなのに。

現在は400人ぐらいだったが、参加者がまともに宣伝して1人につき3人ほどファンを連れてきてりゃとっくに1000人は越えてる。

どうもYouTuberは1000人からしかYouTubeから金は貰えないらしい。

ヒカキンはじめしゃちょーイメージがあったからやれば儲かると思ってた。

しかもぼちぼち見れるラジオ企画を毎週やってる。

まぁ見てる俺もゲスト個人勢で誰かわからんのでふーんという感じだが、

カードで見たことあるなこいつとかそんな感じ。

まりカードゲームに参加して宣伝効果恩恵を受けながら自分宣伝しないクソ野郎が大量にいるということだ。

それどころか匿名アンチが付いてるらしい。

どうも内容的に個人勢のVtuberだとか。

あんまりかよ。

ヴェネッサにもその界隈での都合はあるんだろうが、新しい完成オリジナルカードゲーム作成するなり、

また配信Mtgの話を聞かせて欲しい。

正直バーチャルやってなきゃもっと伸びた奴だが、バーチャルYouTuberやるなら俺はそれを応援してる。

2018-09-20

とあるYoutuber動画を見ていると、コメ欄に某芸人のなりきりが湧いてくるんだけど、

やっぱそういうとこまで浸透してるとコイツラしばらく安泰だよなと思う

輝夜月がもう気持ち悪く感じるようになってしまった

中の人が判明して一気に冷めた

何が冷めたって、結局普通ユーチューバー

オフパコだのなんだの承認欲求見たいしたい女と変わらないんだなって思ってさーっと冷めて

気持ち悪いって思うようになっちゃった

いやVtuberの人みんなほとんどそうなのかもしれないけどさ

やってることがクリエイティブVtuberは好きだけどYoutuberと変わらない(女生主みたいなのと変わらない)人はやっぱ無理だ

2018-09-19

ニンテンドーラボ話題のなくなり方すごすぎたな

発表当時はTwitterとかで大絶賛され話題になり

 Youtuber自分発明したトイコン動画がたくさん出る

 発明したトイコン設計図が配布されるのが流行

 コロコロなどの雑誌付録としてトイコンつけられる

みたいなラボの輝かしい未来予想図が語られた

多くの人がミリオン軽く超えて大ヒットになるだろうと語った

そして実際の発売されると

発売後数日はラーメンタイマーとかしょうもないものでも数万リツイートされてた

それが一週間もすると誰かがこんなの作りましたといって上げても100もリツイートされなくなってた

Youtuberも作ってるシーンを早送りで終わらせて(ヒカキンはおそらく他の人に作ってもらってる)適当に遊んで感想言ってそれで終わり

誰もトイコン設計図を配布したりしなかった

雑誌付録になんか当然ならず

5日前に ニンテンドーラボ 03 が発売されたけど誰も話題にせず、売れ行きもよくない

最初大絶賛してた奴らは今の状況をどう思ってるんだろ?

2018-09-18

小児性愛ロリコン)だけど辛さを分かってほしい

俺は小学校中学年・高学年(3年~6年)が一番ストライクゾーンだ。女性として一番魅力的に感じる。

もちろんこれは外見的な話で、普通に話したりするなら同い年の女性が良い。

大人の女性相手にされないかロリコンになる』と信じ込んでる人もいるが、俺は逆だ。

子供とは付き合えないか20代の成人女性と付き合っている。はっきりいって妥協だ。

外見的魅力は大人の女性より女子高生が良いし、女子高生より中学生が良いし、中学生より小学生が良い。

小学生の頃、同じ学年の女の子を好きになった。中学生になっても高校生になっても小学生恋愛感情を抱き続けた。

俺はどれだけ努力しても自分の一番好みの女性を手に入れることはできないし、性欲も満たすことができない。他人に打ち明けることすらできない。

同性愛者の人権個性として保護されるのに、熟女好きも認められてるのに、小児性愛だけは病気扱いされ、なにもしてなくても犯罪者扱いされる。

俺は児童虐待は一度もしたことがない。仕事子どもと関わることは多いけど我慢している。

せいぜい、YouTube小学生YouTuberや小学生が写ってる動画を観るくらい。特にダンス陸上大会動画が好き。あとは漫画欲望を満たす。

もし漫画児童ポルノ規制対象になったら、俺はどうやって生きていけば良いのだろう。

まだ20代。あと何年、この苦しさを抱えて生きていけば良いのだろう。

anond:20180918150031

なるほど、そろばん塾の先生か。

それならそれで、今度はそろばん先生っていうレアキャラ性を生かしてyoutuberデビューとかしてタレント性で稼ぐ方に移行してみたらどうだ。

(もうすこしどの業種なのか情報欲しい所だが)

2018-09-17

anond:20180917175838

有名Youtuberものすごくお金持ちだけれど

いまだに続けてるのなんでだろう

2018-09-15

有象無象の売れないvtuber輝夜ちゃんから学べ

有象無象vtuberVR界の革命児こと、輝夜ちゃんからvtuberとは何かを学んだほうがいい。

キャラデザ可愛いから

圧倒的に面白いから

声が独特だから

バーチャルyoutuber輝夜月が最かわで天才ハムなのは周知の事実ではあるが、彼女が圧倒的に違うのはそこではない。

彼女は、VR界で唯一、「本物の個性」を持つキャラクターだということだ。

彼女個性は、現実世界にあるわけではない。

あくまでもバーチャル空間、"Beyond the moon"にで生きている輝夜月の中にあると、そう錯覚させる。

多くのvtuberが売れない理由は、ここからわかる。

vtuber定義が間違っているのだ。

アニメは、それぞれオリジナル世界観・シナリオある。

その中で暮らすキャラクターがいる。

そのキャラクターの色を鮮やかにする声優がいる。

アニメの中ではキャラクターは表情豊かに動き、声優アテレコすることで、彼女たちはより立体的になる。

独自世界観、そこで生まれキャラクター個性、その個性を引き立たせる声優陣の演技が上手くハマることで、

僕たちはアニメを単なる創作とではなく、1つの世界として捉え、のめり込み、笑ったり、悲しんだり、感動したりもする。

声優声優であり、主役はその世界にいる住人。

そして、彼女たちは、それぞれの個性を持ち、間違いなく、生きている。

話を戻そう。

多くのvtuberが売れていない理由はここにある。

vtuber定義自己定義が間違っているのだ。

vtuberとは、VR上で活躍するyoutuberのこと。

そして、VR上で活躍するyoutuberもといキャラクターは、アニメのそれと同じように、個性を持っていなければいけない。

自分自身キャラクター見立てはいけない。

それだと、アバターを操るのと変わらない。

醜い容姿を隠すためだけで、vtuberである必要がない。

からと言って演じ過ぎてはいけない。

アニメと違って、世界観もシナリオもない中で演じることは、難しく、中の人を感じさせ違和感が生まれからだ。

キャラクター個性想像し、創造しなければならない。

その中で、自分キャラクター個性を上手に馴染ませ、新たな個性を生み出すのだ。

そうすると、演じている違和感が薄れ、キャラクター確立するのだ。


輝夜ちゃんを見ていると、違和感がまったくない。

僕たちと同様に個性を持った女の子が、生まれてくるところを間違えて、VR世界にそのまま出現したようだ。

だけどやっぱり僕たちと違い、アニメ登場人物のような、可愛さや癒やしがそこにある。

輝夜月の個性と、中の人個性が上手く溶け合って、元気に表現されている。

はじめはイロモノを見るように興味本位動画を見ていた。

いくつか見ていくうちにアニメの好きなキャラクターに抱くような感覚を覚えた。

そして、夢中に動画を見漁り、虜になっていた。

2次元には3次元では叶えられない美しさや理想がある。

そして、vtuberは始まったばかりだ。

自分キャラクターを上手くマッチさせ、最かわアイドル輝夜ちゃんのような、「本物の個性」を持つ第2のvtuber誕生することを祈ってる。

anond:20180915123427

中にジジイが入ってる女の子って、ギャップ萌えで一山当てれるかも

そうだ左翼よ、YouTuberになれ

2018-09-14

ガチャピン黒歴史

ガチャピンスポーツ万能、数々のチェレンジをしてきたことで有名だ

ネットにも明るくブロガーとしても有名である

ホームであったポンキッキポンキッキーズは終了

その後YouTuberとしてデビューし、今後のガチャピン活躍YouTubeうつるかと思われた

だかネット番組ガチャムクという冠番組が放映されることになった

その中で、ガチャピン自身黒歴史とも言える

「たべちゃうぞ」という曲を唄っている。

トリビアの泉で紹介されていたので知っている人も多いと思う

ぜひ聞いてほしい

TVer

ガチャムク

https://tver.jp/episode/48680872

これからガチャピン活躍を期待している

anond:20180914180730

YouTuberと違って、Vtuber3Dモデルモーションキャプチャ必要から最初期に参入したのは企業系ばっかりだってれいちばん言われてるでしょ。

anond:20180914135028

チャンネル登録者数1万人。

Twitterフォロワー5000人。

後発としては十分では?

YoutuberVtuber現実アイドルも含め、

これ以下の数字活動してる奴なんていくらでもいるでしょ。

こっから楽曲出して、

コラボ企画とかやって、

ゲームと絡めるのかは分からんが、

全体で元を取ってけばいいでしょ。

最低でも自社製品とのコラボやればいいし。

anond:20180914011810

そういうあなたはどうしてその本を手にとったんですかね…女としての美しさを追求する子が登場する本なんだ!と思って買ったんですかね…それなら女性ファッション誌とか美容YouTuberおすすめときますね…

2018-09-13

私生活を切り売りしてるYouTuberとかブロガーはしねよ

ハウスメーカーに行って事前審査を通して見事に通ったのに嫁が「やっぱり家いらない」と言い出した : 鬼女速

http://kijosoku.com/archives/54127208.html

YouTuberが大好きな友人が「浮気相手の子供を妊娠した」とドッキリしかけてきたから縁切りした : 鬼女速

http://kijosoku.com/archives/54098129.html

悲劇過ぎて笑いもでねぇ。

身内ネタにしたり私生活ネタにして何が面白いんだか。

anond:20180913205156

youtuberのような、顔出してコンテンツで食べているような人以外はそんな馬鹿は放っておけば良いと思いますSNS匿名掲示板ブロック機能NG機能はそのためにあるのではないでしょうか

2018-09-12

anond:20180912225345

まあ、グルメ系の漫画アニメには食べてるシーン以外の筋立てが面白かったり、食べてる図をエロく見せて面白くみせたり(俺は好きじゃないが)という要素はある。

Youtuberはよく知らんが、仮にただ何も言わず食べているだけの動画みたいなものだとしても、Youtuber自身に魅力があるので視聴者(ファン)の主目的はそっちにあると思われる。

突き詰めていくと、ゲーム実況動画を見て何が面白いんだっていうのと同じだろう。

ゲーム実況はその動画で繰り広げられるゲーム展開が未知のものであるのでまだ面白さを理解されやすいが、

食べ物場合はその食べているモノが既知であることが多く興味をそそられない、というだけの違いだと思う。

役割を求められる事と作ること

職場知識があるという理由だけで雑用みたいなもの係にされ、誰もやりたがらないからという理由雑用を受け続けていた。

私はその雑用がただ知識があるから、やり遂げようとするからという理由で任命されたことについて非常に憤っていたし、その雑用を誰もやりたがらない事についても憤りながらも仕方なく率先してやり続けていた。

誰もやらないから

でも、誰かがやらないとならないから。

先程、とあるYouTuber配信を観ていた時にそれは違うのではないか、と思い知らされた。

その配信では視聴者参加型ゲーム配信をやっていて、1ゲーム毎に参加者を募るタイプだった。

多くは配信者が自分の声で次のゲーム開始のアナウンスと入場手続きを案内するものだ。

そして、その配信でもそれは行われていたのだけど、特定リスナーが率先してその案内をテキストチャットで行なっていた。

私はそれを見て、「わざわざ、そんな事しなくてもいいのに。配信者がやってるし、配信者の仕事じゃん。」と思ってしまった。

恐らくそれは私の仕事に対しても同じ事が言える。

私が雑用みたいなものであるから雑用はしなくてはならない。でも、誰かに振ってもいい。振った後は、私はそれに関わらなくて良い。それをするなら、それはただのお節介

しかしたら、もしかしなくても、他の人にはただのお節介焼きにしか見えなかったのかもしれない。

私が配信者の取り巻きをそのように評価してしまったように。

雑用みたいなもの係は最後には誰もやってくれない、他の人に雑用振ってもやってくれない状態になったので今は雑用みたいなものから遠ざかっているが、無理にでも介入してしまいそうになるところを見ると、取り敢えず離れて正解だと思っている。

ただ、同時に、今の雑用みたいなもの係の人達仕事が満足いくものでないように見えて仕方がない。

飯を食ってるだけのコンテンツ

孤独のグルメとか、いろいろなものを美味しそうに食べてるだけのYouTuberとか、そういう「飯を食ってるだけのコンテンツ」がウケているみたいだけれど、私はそれに全く関心が持てない。だって、ただ食べてるだけなんだもの。それを見て何が楽しいの?

作り方を教えてくれるわけでもないし、なぜそれが美味しいのかを教えてくれるわけでもない。ただ食べてるだけ。もう一度言う。ただ食べてるだけだぞ。それを見て何が楽しいって言うんだ。

仮説としては、ミラーニューロン機能して見ているだけで食べた気になれるっていうのがあるかと思う。

みんなは「飯を食ってるだけのコンテンツ」を見て楽しいと思う? 思うとしたらなぜ?

俺がVtuverを受け入れられない理由

Vtuberが受け入れられない。はっきり言えば嫌いだ。

この前も、とあるVtuberブロックした。

別に否定する気はない。盛り上がるのはいい事だ。

それが誰かの日々の楽しみだったり、誰かに力や笑顔を与えたり、誰かの生きる糧だったりもしているのだろう。

詳しくは知らないのだが、投げ銭というシステムがある事も知っている。経済も回っているのだろう。

素晴らしい事だ。新しい技術コンテンツ誕生だ。人間は、科学はまた一つ進歩したのだろう。最高だ。

ただ、俺は嫌いだ。彼ら/彼女らの事がどうしても受け入れる事ができない。

ずっともやもやしていたこの気持を抱いていたのだが、ほんの少しだけ自分の中で整理が出来、ある程度は結論が出たので伝えたい。

俺がvtuverが嫌いな理由、それは

『彼ら/彼女らは現実否定している』

という一点に尽きた。

彼らは現実YouTuberではなく、バーチャルYouTuberだ。

故に彼らはあくまで、現実はいない者として、自らの存在定義している。

もちろん、それはいいと思う。そういうキャラ付けは新しいと思う。

一時期、それが面白いと思っていた自分がいたのも確かだ。

ただ、そうなると、彼ら/彼女らの目的や、やりたいこと、が途端にわからなくなるのだ。

どういう風に普段動画を見て、応援すればいいのか、それが俺にはさっぱりわからない。

だって現実存在しないなら、現実でどれだけ人気がでようか、ファンアートを描かれようが、すべて無意味じゃないか

俺はそんな疑問を抱いたのだが、Vtuverでそこを触れてる奴を、俺は見た事がない。

みんなそこをスルーして『登録者○万人ありがとー!!』『みんなのコメント、とってもうれしいよ!!』などと言っている。

そしてそれが、どうにも気持ち悪い。

先程YouTubeに言ったら、Vtuverが激辛ペヤングを食うとか言う動画があった。

もはや意味がわからない。

それ、Vtuverでやる意味、ある? と素で思う。

そして、無意味コラボ動画の数々も、意味不明だ。

積み重ねてきた歴史経験もなく、ただただ目新しさだけ同士の者がコラボして、一体なにがすごいのだろう。

最近Vtuberリアルイベント流行っているらしい。

はぁ?

現実住民じゃないのに、現実イベントに出るのかよ。

いや、別にそこはいいけど、それでお前の定義はどうなるんだよと思う。

大体、その道は初音ミクが10年前に通ってきた道だ。

ネット世界歌姫現実世界に現れるというインパクトがあった、斬新だった。

ただ、それは10年も前の出来事だ。

から、俺にはどうしてもVtuverのリアルイベント二番煎じしか感じる事が出来ない。

ついでに言えば、VRchat勢も嫌いだ。

たまに彼らの記事ツイートが流れてくる。

現実は面倒だ』と『肉体はいらない』と。

かに分かる。現実は面倒だ。肉体はいらない。

ただ、それはあくま冗談の上で済ませておくべきだ。そういう事をおおっぴらに言ってしまえる彼らが嫌いだ。

本当に現実が面倒ならば、VRchatなどという面倒くさい事はやるな。肉体がいらないのなら、さっさとこの世から消え失せてしまえばいいだろう(さすがにこれは言い過ぎかもだが、あえていう)。

俺たちは現実に生きている。

どれだけ頭の中で否定しようとも、それだけは動かせない事実だ。

現実で生きているのは、すごく面倒くさい事だ。

仲のいい友達だって引っ越しやら仕事事情で縁が切れてしまうことだってザラだし、好きなバンド解散するし、今日テレビは暗いニュースを垂れ流す。

アイドル声優だって結婚する。大好きなアニメ漫画も売れなければ容赦なく打ち切られる。

それでも現実で生きている以上、幻想にのめり込むのではなく、現実否定するのではなく、現実肯定するべきだ。

幻想物語存在しないキャラクター達の熱いセリフ、かっこいい姿。

それに憧れて、現実を生きる、現実を変える。

俺が昔好きだった漫画アニメは、そういう思いをくれていたと思う。

だが、Vtuber現実否定している。

そしてそれだけで、他にはなにもない。

それがどうしても俺には、受け入れる事ができない。

故に俺は、Vtuverが嫌いだ。

現実の疲れを癒やすだけでなく、現実に立ち向かう勇気をくれるVtuberが現れてくれるのを願っている。

2018-09-09

ソーシャルゲーム公式放送におけるガチャ費用

ガチャ要素を持つソーシャルゲーム公式放送で、出演者連続ガチャを引かせることがある。

あのガチャ費用は、どこから出ているのだろう?

いくつか考えてみたけど、漏れや誤認が色々ありそう。

ログインボーナス詫び石などの、配布ゲーム通貨

コンプライアンス法律上、税務上、いずれも問題は無い。

ただ出演者がそれなりにアクティブユーザーだと、貯めた配布ゲーム通貨なぞ放送前に使い切ってしまうのではないか

出演者の自腹

他の出演者視聴者ガチャ引けと煽った結果、出演者が自腹を匂わせながら連続ガチャを引く公式放送を見た覚えがある。

あれっていじめ強要パワハラのような、コンプライアンス上の問題にはならないのだろうか?

ノルマを達成するための自爆営業とは少し違うか。

出演者の経費

出演者が自腹を切るが、後で経費として確定申告すれば税制面での控除が効く。

YouTuberによる非公式放送ではありそうだけど、公式放送でもやるのかなあ。

運営企業によるゲーム通貨操作

運営企業による、ゲーム通貨操作もしくはガチャ操作

バレると、視聴者不公平感、裏切られた気分を感じてしまうためか炎上案件になりうる。

考えられるのはこんなところだろうか。

(1)通常より遥かに少ない対価で、ガチャを引ける設定にする

(2)ゲーム通貨が無くても、ガチャを引ける設定にする

(3)予めガチャ必要ゲーム通貨を、運営企業から出演者に送る

オーブ一個ガチャ」でWeb検索すれば、(1)が疑われて炎上した事例が出てくる。

(2)が疑われる公式放送も見たことがあるが、ユーザ数が少なかったからかゲーム外までは炎上せず自然鎮火していた。

(3)は後述。

運営企業による現物支給

運営企業から出演者に対して、ゲーム通貨出演者に事前に支給する。

ゲーム通貨は通常の通貨と異なり、さらガチャ代になるので、実質的現物支給となる。

この現物支給労働基準法24条に適合しているかが疑問。

賃金は、通貨で、直接労働者に、その全額を支払わなければならない。」

この条文の後、但し書きで通貨以外のもので支払って良い場合が書かれている。

例えば労働組合労働者代表と、現物支給に関する協定を結んでいれば良いのだが、

ゲーム通貨ガチャ結果を現物支給として認めるような協定を結んでいる企業はどれだけあるのだろうか。

運営企業による費用支給

ゲーム通貨相当費用を出演料に上乗せして、運営企業出演者に支払う。

使用用途ゲーム通貨としてガチャ代に限定される以上、その費用現物支給に近いのでは?

2018-09-08

つかれた

今、ポケモンカード全国的ブームになっている。ポケモンセンターカードショップなんかを覗くとポケモンカードをしている人を見ないことがない。数年前までは考えられなかった現象だ。

自分は2、3年前までは長く本格的にポケモンカードをやっていた。それこそ世界大会出場の権利をとるために大型大会の時期になれば必ず遠征もしたし、世界大会にも行った。そのころは販売ペースは今みたいな月1ペースではなく3か月に1度かそれぐらいのペースだったし、シングルに関してもレアリティにこだわらなければデッキは1万円ぐらいで環境に合ったデッキがすぐ組めてお釣りも返ってきた。心に引っかかるものがなく楽しかたかもしれない。今となっては本当に楽しかたかからないけれど。

自分がやっていたころにも転売はいたけれどそこまで気にはならなかったし、なんなら自分も小遣い稼ぎ感覚で時々やっていたこともある。けれど、今は度が過ぎていると思う。自分がやっていたことを他人がやっているだけと言われればそれまでだが、とりわけ傍から見てもひどいと思う。メルカリサービスを開始してからは昔にはなかったオリパ(オリジナルパックの略。お祭りやブッ○オフとかでカードを数枚の束にして売ってるアレ)を個人販売する輩が現れる始末だ。

ポケモンカードは「ポケモン」というキャラクター世界観が元のカードゲームであるデュエルマスターズマジック・ザ・ギャザリング遊戯王とは違いカードゲームあっての世界観ではない。その性質上小さな子供やその親、今では昔アニメを見ていたりゲームをやっていた層もメインターゲットである。そういった層は今までカードゲームを触ったことがない人も少なくなく、ヤフオクメルカリ蔓延転売厨のいいカモでしかない。

最近話題になった「リーリエ」のSR相場1万円超も彼らの影響が大きい。カードショップ買取価格ネット相場を参考につけている為、転売屋が値段を吊り上げればカードショップもそれに応じざるを得なくなる。リーリエは効果もそこそこ強い上にイラストも人気である。それが故起きてしまった事象であるリーリエだけではない。ほかのカードも軒並値段が上がっている。

それを語るうえで「Youtuber」の存在無視できない。これを見ている人の中にもYoutuberきっかけで始めた人がいるかもしれない。自分記憶している限りでは「はじめしゃちょー」が始めた辺りから爆発的にユーザーが増えたと認識している。そのころに「GXスタートデッキ」が発売され始める敷居が大きく下がった。が、一つ誤算があった。それは公式がここまでユーザーが増えると想定しておらずスタートデッキだけでなく各種パックまでもが品薄になり、とうとうポケモンセンターにも商品が無い状態になってしまった。その為、どうしてもすぐ遊びたい人はどうにかこうにかしてカードを買い揃える。そして手放さない。そして市場カードが出回らず普段ではそこまで値段のつかないカードにも高額な値段がつく。これが今起きていることである。まるで株のようだ。そしてこのバブル状態はそう長く続かない。もう時期に人気だったパックの再販が始まる。そうすれば終わりを告げるだろう。売るなら今のうちだ。売って売って売りまくれ。

自分はもう疲れた。正直最近始めた人の声が大きすぎる。尊師言葉を借りるなら、

「君たちはステージが低い。君たちと話をしていると君たちのカルマが私の中に入って来て私が苦しくなる」

まさにこの状態だ。半年ROMるという言葉流行ったのはいつのことか。今はカードをするよりカードを一緒に遊んでいた人たちとお酒を飲んでいるほうがよっぽど楽しく感じる。

2018-09-06

自分に刺さるコンテンツ」が年々なくなってく原因って?

自分に刺さるコンテンツ」が年々なくなっていく問題

https://anond.hatelabo.jp/20180829224019

増田が元記事消したからこっちも転載する。それはそれとして、やらおんはくたばったらいいと思うよ。

http://yaraon-blog.com/archives/134772

まったくもって同意できずに、色々あるだろ!と思って噛み付くコメントしてたら、元増田の人はいつの間にか書き込みを全部消してしまったので中途半端気持ちになった。

そんな中で、同じ記事言及たこブログを見て少し腑に落ちた。

自分に刺さるコンテンツ」が年々なくなっていく問題 | 私の対処

https://www.orangeitems.com/entry/2018/09/05/070000?amp=1&__twitter_impression=true


いろいろ「刺さる」テキストがある。

これら引用

『とてもよくわかる話です。私が40代だというのもあるんでしょうね。VRも手を出しているもののなかなか刺さるまでは至っておりません。いろんなことに対して、ちょっと手を出しては終わり、ということが続くようになってきました。むしろ手すら出さなくなる傾向です。

私も危機感を感じていて、対処している最中なのでまとめておきます。』

『どうも年齢の進行に基づいて、だんだん要求レベルは高くなり、つまらなくて放り出すまでの時間はより短くなり、それを繰り返すことで新しいコンテンツ絶望して手すら出さなくなるという循環を自分の中に発見しています。』

最近は、対処法というか、反省も兼ねてコンテンツに手を出すときは放り出さないように「面白くなくても一定時間つきあう」ということをやっています。』

この記事最後はこう締められている。

『多分コンテンツは毎年あって、自分が変わっていく問題

ここ最近結論は、新しいコンテンツが変質したのではなく、自分が変質してしまうという問題だということです。そして、変質したことさえわかれば、変質しないように努力することも必要だということも導かれます自分に刺さるようにするためには、忍耐力が必要です。忍耐力が年齢の経過で日々失われていくのではないかという仮説を持っています

2018年現在は、新規コンテンツの量は過去の数倍あるので、もはや全部楽しみ尽くすのは無理です。これだと思って手を出したものは、諦めて数時間、数日、数ヶ月逃げない覚悟が求められていると思います。』




もともとの増田記事や、消されたコメントを見ると、娯楽に対して自然とのめり込みたい、というようなものが多かった気がするけれど、もう読めないしどうでもいい。

自分に刺さるコンテンツ」が年々なくなっているのかもしれない…と思うことは加齢によって、多かれ少なかれ遅かれ早かれ、あるのだと思う。

「もう自分に刺さるコンテンツがないのかもしれない」と思ったときに、どうやって対処するか、それを各々考えるだけな話だと思った。

俺は元増田文章を読んで、無性に腹が立って書き込んでしまったのも、「嘆くだけでなんにもしてない」「その上、最近コンテンツも昔のコンテンツも見てないくせにくさしまくってる」「原因は内外の両面にあるとか言っといて自分のことは棚に上げてる」と思ってムカムカ来てしまったんだと思う。

わざわざ書き込むためにはてな登録しちゃったし、これだって初めて書いた匿名ダイアリーだよ。



自分に刺さるコンテンツが年々なくなってくる問題

無きゃ無い、ハマれないで他人からしたら知ったことじゃないんだけど、リアルタイムでそのハマれないものに刺さってる人はたくさんいるんだよね。

俺も元増田と同じく、youtuberまったくわからないんだけど、これまで会った人で、ヒカキン馬鹿にするとマジで怒る20代若い人が多くてびっくりしたよ。

ところがアラフィフの知り合いで感性若いんだろうな(もしくは暇なんだろうな)って知り合いに、ヒカキン動画ちゃんとしてるっていう人、何人かいるんだよね。年末年始ヒカキンセイキン動画を見て過ごしたって言われたよ。50代の独身男性に。

なんかすごいなぁ、そうなんだ、と思いながらヒカキン動画は見てない。おすすめはされたけど他に興味あることあるし…。


でもこの動画だけはなかなか思うものがあった。

https://youtu.be/k1AHaW3Ir6I

ヒカキン握手会動画

めっちゃ泣いてる若い子とか、好きすぎて近づけない子供とか、なんかリアルタイムで刺さってる人が山程いるんだよね。ヒカキン人気あるんだなぁ。あと動画編集、他と比べると上手いね



元増田感情的に、挑発的にやりあった結果、「オタク評論家になりたいわけではない」「だいたいのジャンルはもうどれくらいの面白さか想像はつく(からやらない)」という言葉を賜った。

感情的なやり取りだし、元増田も消してたから、何か葛藤はあるんだと思うけど。

かにハマれなくて嘆いてるまま、自分以外の何かが悪いって感情だけを高めていったら、なんにでも文句を言う、誰からも嫌われる老害になってしまうんじゃないかな。

ヒカキンにはハマってないし、ヒカキン動画ちゃんと見てないけど、ヒカキン握手会で泣くほど感動してるキッズとその親御さんの姿を見ちゃうと、なかなかdisれない。(その親が自分より若いの、独身だと凹むよね)

でもノレないものはノレない。しょうがないよね。文句disりも好きなようにやればいいんだけどさ。

自分理解できない新しいコンテンツと、それにハマる人をdisるのは老害で間違ってないと思うよ。


人間生きていれば、年々、初体験って減っていくし。嫌いなものは嫌いなままにしておくようになるよね。

自分はこの「老害化」の対処法の一つとして、嫌いな食べ物の克服とか、食べたことのない食べ物積極的に食べたりしてる。

数年前にパクチーが食べられるようになった。パクチー美味いな。アラフィフ突入した今年はホヤが食べられるようになった。ホヤ美味いね

こんなもん一生食える必要なんてないんだけどさ。


新しい発見とか、偏見先入観を無くすとか、良いところを探して見つけるとか。

そういう機会を無理やり増やして脳の老化、感性の老化に抗ってる。っていうか怖い。老害になるのが。

楽しめなくなるのが心底怖い。

適切に幸せ老いたいもんだけどなかなかよくわからん



追記

ツイッターリンクを貼っていただいたので。

老害という発言言葉が強すぎた。申し訳ない。撤回します。

ただ、ツイッターアカウントを流し見した上で言うけど、仕事がきちんとあって、投資みたいな副業にも少し時間を割いて?体調管理にも余念がない。気力もあって自信もある30代。そこそこに楽しめる趣味もある。

30代。同年代友達結婚して話題家族子供人生設計ことなどが増えてくる年代だよな。趣味友達と遊ぶ時間とか、そもそも会う時間すら減る年齢だよな。

そんな状態で刺さるコンテンツ、いる?いい大人だよ?地下アイドル熱狂して何十万、何百万と貢いでるおっさんいるけど、刺さるコンテンツガチで刺さった人ってあんなだよ?ソシャゲに数百万。コンテンツに刺さりまくりだよ!?友達同士と、ツイッターででもなんでも、語りまくりだよ?その状態うらまやしいか?ほんとに?

そんな状態じゃないことに嘆く必要、ある?自分の親御さんとかそんな感じでなにかに刺さってた?30代って世間はい大人だよ?


退屈が娯楽を生むらしいよ。退屈だと楽しいこと探すらしいから。

なんにもない部屋に紙とペンだけ置いて人間監禁したら創作はじめるらしいからね。退屈に耐えられなくなるみたいで。


そこまで時間余ってないでしょ?

ちょっと退屈なくらいなんじゃないの?

嘆いただけとあったけど、本当にただの感傷だよ。共感してほしかったんだろうけど、さんざんいろんなジャンルをあげては、やってない、つまらん、想像がつく、興味ない、オタクと言われて、共感はできないよ。きっちり見ていないくせにって。

キューブリック語りながら、いまさら実写版寄生獣銀魂がってどうこう言いつつコンテンツが刺さらないって、映画きっちり見てる人からしたら、バカにしてる以外のなにものでもないからね。

そこには共感同意もできない。

いい大人になったんだから、刺さるコンテンツが無いとか言ってないでさ。必要ないんだからゆるく卒業したらいいんじゃん。目に入ったそんなに面白くないもの適当に楽しんでさ。刺さるのに当たるまでの時間コストなんかいさら捻出できないから。仕事で成果出すほうが楽しくない?

友達は30超えて自転車ガチ勢になっちゃったけど、自転車中心の遠い世界に行ってしまったよ。


結婚子供、とさんざん他の増田が書いてるけど。

自分に刺さるコンテンツ」が無くなってきた問題コンテンツ不感症になったんならいよいよ、自分以外の他人を喜ばせたり、仕事活躍してお客さん喜ばせたり、そういう時間に入ったってことなんじゃないか

結婚考えられないなら犬でも猫でも飼ったらいいよ。不感症になった心がものすごくウキウキするぞ。もう飼ってるならごめんな。

それでも、この年代からさらに刺さりに行くために貪欲になって鈍っていく感性を磨いて知識を蓄積する人もいるし、クリエイターになる人もいる。大事な人を作って結婚する人もいるだろうし。

俺は仕事絡みでコンテンツもどっぷりだし、仕事相手との話といえばコンテンツの話。新しいコンテンツの良さがわからなくなったら仕事として終わりだから転職か社内で閑職に回される。

立場なんてみんな違うし、共感なんかされなくても構わないよ。想像しても実像なんかわかりっこないんだし、書いたことの本当か嘘もよくわかんないんだから

でも、餓鬼みたいにとにかく刺さるもの楽しいもの趣味に没頭する時間がないと気が狂う、それこそが生きがい、みたいな意味コンテンツに相対してる人もいる。



ちょっと拡散されて、さんざん知らない人から好き勝手言われまくって元増田ものすごくストレスが溜まってるだろうし、それに関してはとても同情するし、マジでまとめサイト死なねえかなって思うけど。野球まとめは好きで見てるからまり厳しく言えない。

ただ増田はそんなにいうほど「刺さるコンテンツ」が年々なくなることに対して危機感があるわけじゃなくて、ただちょっと退屈で、少し寂しくて、昔みたいに盛り上がって燃えられたら退屈がまぎれるんじゃないかな?くらいの気持ちしかないんじゃないか

増田はそんなに刺さるコンテンツが今の人生にそこまで必要ないけど、無きゃないで少し切ないくらいの気持ちなんじゃないか

自分に刺さるコンテンツが年々なくなる問題」は、それでも「刺さるコンテンツ」を探しに行くのか、それは卒業する時期が来てしまったんだということもあると思う。

巷で大ヒットしてるものアンテナが反応しない、やっても楽しくないなら、もうコンテンツ時間かけるコストなんかよりは犬猫飼ったり結婚するほうがよっぽど効率がいいと思うぞ。

おれは自分以外の生き物と心を通わすのは本当に楽しいし、嬉しい。

追記追記

あと、個人的増田についてどうこうではなくて、年々面白作品がなくなっていく、と言うような人に興味があったので、反応が返ってくるように感情的挑発的な書き方を敢えてしました。

その点に関して、あえて決めつけたり失礼な物言いをして、大変申し訳ありませんでした。

【更に追記

自分に刺さるコンテンツ」がなくなったっていいじゃないか - シロクマの屑籠 https://t.co/i1MVi8OIWt

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん