「キアヌ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: キアヌとは

2018-12-17

anond:20181217134628

どれも見てないが、最近

47RONINハリウッド映画オリキャラキアヌリーブス)主人公って時点でオリジナル色強そうだし

ラストナイツハリウッド映画かつ忠臣蔵モチーフってだけでほぼ別物みたいだし

忠臣蔵の恋も四十七士の一人の恋人女性実在人物だが無名だしほぼオリキャラだろう)が主人公オリジナル色強そうだし

古舘トーキングヒストリーあくまバラエティだし

決算忠臣蔵金銭面に焦点当てたコメディっぽい作品殿、利息でござる!監督らしい)みたいだし

どれもスタンダード忠臣蔵ではないみたい

流石にそれは飽きられたとみなされているのか

ハリウッドの二作品はともかく、他はスタンダード忠臣蔵を知っている上で楽しむ作品、って感じっぽいけどどうなんだろ

2018-10-22

anond:20181022170006

キアヌリーヴスならボサボサの髪とヒゲ、黒く薄汚れたダウンジャケットにヨレヨレのシャツジーンズでも

清潔感ないどころか恰好いい扱いだもんな

2018-01-08

[]映画ジョンウィック

面白かった

復讐物といえばアニメガンソとかあるけどやっぱりウジウジせずに徹頭徹尾復讐に徹するのは面白い

見てて難しいこと考えなくてもいいし

キアヌが頬こけてるシルエットが役所広司に見えた

アップだと中井貴一にも見えた

序盤の静かな演出から後半の怒濤ドンパチのギャップすごかった

映画館でみたら気持ちよかっただろうなこれ

キアヌ超人すぎる感じはしたけども

あと敵のボスちょっとジャンレノに似てた

2017-10-10

もう高校2年の秋になってしまった

ナンテコッタイ

今年が私の精神的に一番成長できた年であろうことは間違いない。他の年に比べて色んなことを経験したし得られたとも思う。

でもなんだかなあ…私が中学生の時に思い描いていた高校2年生とか16歳じゃないっていうか…岡崎京子マンガサガン小説に出てくるようなもっと大人っぽくてカッコイ女の子になってる予定だったんだけど。

この前も風と共に去りぬを読み始めるもスカーレット・オハラが同い歳だったので、なんだかいたたまれなくなって読むのをやめてしまった。3ヶ月行った留学先の女の子たちは美人ばっかりでとても歳下には見えなかったし、彼女達もそう思えたみたいで1つ上だよって言ったらメチャクチャ驚いてた。

こんな事を考えるのは全然恋愛が充実していないからか?ちょうど2年前の今頃から彼氏はいないし、好きな人もいない。ここで何か凄くいい人(若い時のキアヌダニエル・クレイグルトガー・ハウアーに似ているとなお良い 映画と本好きであって欲しい)がパーッと出てこないかなー!!

2017-09-18

anond:20070314103851

この記事を書いてから10年が経過した。

今の自分が何をやってきたのかと言われれば・・国立現代美術研究機関仕事をしている。

そこで何の仕事をしているのかと言われれば、ネット美術作品に関するWebサイト制作

システムサーバ管理作業ベンダー企業と打ち合わせを行いながら、世間情報を発信している仕事だ。

プログラムこそ書けないが、PremiumPro、AfterEffects、Photosho、IllustratorDreamweaverを使いな

がら画像加工や映像制作写真撮影、簡単コーディングJavascriptシェルスクリプトゴリゴリ書いて

仕事している。自分では何でも屋と呼んでいる。これがクリエイティブと言われればどうかはわからないが・・・


あれから10年を振り返ってみよう。

アーティストとかデザイナーが嫌いですと言っていた自分ではあるが、知らない人間がそう言う世界の事を

言うのも失礼だと考え、正社員をやめてデザイナーになるため、まずは安いWeb制作スクールに通ってみた。

短期間だがサイトの作り方とAdobeツールの使い方を教わった。


ところが自分にはWebコーディングデザイン考え方は理解できたが、デザインセンスや色彩感覚に欠けていた。

スクールへ通った後、派遣会社へ「Web制作がしたい」と登録したが、ポートフォリオを見せた途端にボロクソに言われ、不採用が続いた。

そんな中、あるWeb制作会社で「君、サーバ管理の方がいいかも」と言われてしまったがデザイナーになりたいとしと考えて断った。

その言葉きっかけに「デザイン能力がないなら」せめてサーバ管理でもと考えて、Linuxスクールに通った

(その間は派遣で時給は安いがWeb制作会社簡単コーディング作業画像修正作業印刷会社でのDTP業務をして凌いだ)。



Linux勉強はすればするほど面白くなり、そちらの知識にのめり込んだ。サーバを学とネットワークの仕組みも知りたくなる。

最後にはネット知識自作PCを組み上げてLinuxインストールしてWebサーバメールサーバを構築した。

ただ、自宅でWebサーバを構築すると言っても外部への公開はリスクが高すぎるので勉強機としてdebian系やredhati系OSなど

デュアルブートさせたり、HDDRAIDを組み上げたりして遊んだ。そのうちにレンタルサーバドメインを取得、CMS個人

ブログを立ち上げるも自分ポカミスからクラッキングあいサイバー犯罪課の取り調べを受ける経験もした。


Web制作デザイン仕事はなかったが、浅いネットワーク知識が幸いしてか、データセンター映像サーバを扱う仕事に就き、

NagiosやらCisco機器RAIDVMセキュリティ知識IPデジタル映像知識映像機器編集知識を得ることができた。

映像と言っても映画なのでDCPやKDP、3D映像知識会社で二週間研修させられた。仕事によっては夜中の仕事AKB48ライブ

の収録に立会ったり、キアヌ・リーブス舞台挨拶で生キアヌと打ち合わせしたりもしながらも、この日記を思い出しながら

「俺、デザイナークリエイターじゃないな」と考えていた。


それ以降は大企業の子会社でのWeb制作部門で勤務したり、IT資格もいくつか取得した。また途中で大学にも通い、好きだった

美術史写真史、表現を学び、論文をいくつも書いた。その途中で亡くなった親父がフィルムカメラをくれたので、フィルム

メラにハマり出し、父親形見の中判フィルム撮影フィルム現像プリント額装して、個展までするようになった。

好奇心からきたここまでの道は、もう40過ぎだった。



結果、あれから10年後の自分仕事・・・

給料こそ高くはないが上記の研究機関で「何でも屋」で仕事をしている。

元々現代アートが幼少期から父親が集めていたアート関連の書籍を読んで、ドナルド・ジャドやフランク・ステラなどのハード

エッジアートに興味があったこと、簡単システム保守サポートができること、フィルム現像写真撮影ができること、ライ

ティング(照明)ができることが幸いして、作品の保管からシステムベンダーとの打ち合わせまでを任される仕事採用され

ることになった。かなりの倍率だったようだが自分のように多く経験してきた方や知識現代アートへの興味がある人は少なか

ったのでというのが採用理由だったようだ。


「オリも混ぜてくれよう。

実際には作ったりしないけど見るのは好きだおう

アートには理解があるつもりだおう

なのになんでオリを混ぜてくれないんだおう

お高く止まっちゃってさ!フン!もうこねぇよ!バーヤバーヤ!!!


こうは書かれたものの、この気持ちもあって、それを理解するために色々と仕事制作仕事をしながら

勉強をしてきた(つもり)だけど、やってよかったと思う。


10年前の自分デザイナーアーティストクリエイターという選民思想を持って「普通会社員」を見下して

いるという、ルサンチマンに囚われていた。でも、仕事の業種に関わらずどんな仕事だって「創り出す」こと

必要なのであって、それはどんな職種であっても創意工夫は必要であり皆がクリエイターである

創り出すことが華やかに見えるのは一部だけであって、世の中にはもっと沢山のものが作り出されている。

たまーにWebデザイン写真作品制作することがあっても自分は「デザイナー」や「アーティスト

とは言わない、それを言ってしまうと自分創造可能性を広げられなくなりそうで怖いから。もちろん周囲に

デザイナーライターアーティストの知人・友人はぐんと増えたが今はそれらの人を僻むことも今はしない。

しかし、あの日記を匿名日記を書けたことは自分人生における仕事を大きく変えたと思うし、過去自分

そういう思いから出発しているから、どんな職業の人でも会う時には、まずは首を垂れて尊敬することか始めている。


それとこの言葉も気にしながら。

未来に先回りして点と点をつなげることはできない。君たちにできるのは過去を振り返ってつなげることだけなんだ。だから点と点がいつか何らかのかたちでつながると信じなければならない。自分根性運命人生カルマ、何でもいいから、とにかく信じるのです。歩む道のどこかで点と点がつながると信じれば、自信を持って思うままに生きることができます。たとえ人と違う道を歩んでも、信じることが全てを変えてくれるのです」

2017-01-22

無料で公開されてるクソ雑魚絵本より、

キアヌリーブスの書いた「Ode to Happiness」て絵本の方が読みたい。

Amazon中古33,635円か…買えないことないな…。

2016-07-07

舞台化はもう勘弁してつかぁさい…。

どうにもならないけど、イラッとするからチラシの裏書くわ。

 

自分三次元萌え殆ど感じない。若い時のキアヌクラスでないと、美男と思えない。

自分の好きな作品実写化されると冒涜と感じる。

思い入れがあればあるほど許しがたい。

ハリウッドクラスならまだしも、低予算で配役ごり押し日本でのTVドラマ化・映画化唾棄すべきものだ。

全然似てないやんけ。

大体、原作が既に非の打ち所なく美しいのに、それより劣る三次元人間再現する必要はあるのか?と思っている。

当然、再現度の低いコスプレには興味ない。

 

困るのが、昨今流行舞台化というヤツである

周囲には実写化は嫌がる人間結構多いのに、舞台というと別物のように喜ぶ。

何でや。似てないのは一緒だろ。ファンだったら、あれがこれになったら腹立つだろ。

だがそうならない。

演劇は私も好きだ。あの一体感はとても楽しい

だが、これはそういうんじゃないだろう…。そういうんで誤魔化して良いもんでもないだろう…。

 

言っておくが「見たくないものは見ない」という最低限の自衛はしている。

フォロワーが流してきても絶対クリックせず、画像からは目を逸らし、「絶対見ない…私には関係ない…」と唱える。

こういうのが好きな人最初からフォローしない。途中から多くなったらミュートする。

しかし、公式から流れてくる宣伝は如何ともしがたい。

公式twitterアカウントから更新情報重要だし、どうしても見ないわけにいかない。

当然目に入ってくる。

勿論同様に目を逸らし、心を落ち着けようと懸命に「企業である以上、お金儲けたいから仕方が無いんだ…金くれるなら使用許可出すのも当然だ…」と自分に言い聞かせる。

俳優さんだって仕事だしなとか、俳優さんのファン自体は悪くないとか、もう色々無理矢理自分を納得させる。

しかしとても疲れる。

舞台化を喜ぶ人間舞台を見て「格好良かった!」という人間に軽くイラッとする。

お前のように三次元を喜ぶ人間がいなければ、こんなことにはならんのや…!的な気持ちになる。

一日も早く、この女性受けした作品舞台化する傾向が廃れないかなあと祈る日々である

2016-05-22

[]2016/05/22

久しぶりに中古エロゲショップ巡りをした

古本とかと併設してエロゲも売ってるタイプの店

知らない間に出た新作とか、見たこともないようなどマイナーなやつが捨て値で売られてるのを見るのがめっちゃ楽しい

今日水月の続編がいつの間にか出てたことを知ったのと、コンシューマ移植までされてるのを知ったのと、

こなたよりかなたまでが2が出てたってのを見つけたのが収穫だったな

何も買ってないよ

ちょっとでも安かったら買いたいなって思うものに限って無駄に高かったから、何も買わなかった

なんつーかエロゲウィンドウショッピングすることで、情報を消費した一日だったなあという感じ

懐かしいエロゲがたくさんあった

言い換えれば新作はほとんどなかった

しかし古いビデオカモフラージュ申し訳程度に売ってる店って、どうして必ずキアヌの陽だまりグラウンドがおいてあるんだろ

2014-12-01

映画47RONIN』がぶっ飛んでいる件

ハリウッドが作る日本モノは例外なく面白い

どんなに内容がくだらなくても(実際くだらないのだが)、ツッコミどころ満載で笑えるからだ。

中国や、どこの国か分からないけど何となくオリエントな要素がごちゃ混ぜになっていたり、突然忍者が出てきたり、坊さんのように意味もなく合掌したり。

メリケン人に『時代考証』の概念はないようだ。

批判を予期してか、本作は赤穂浪士モチーフにしたファンタジーフィクションと銘打たれている。予防線を張っているわけだ。

しかしいくら『ファンタジー』と断りがあっても、『ラストサムライ』がまともに見えるほど本作はぶっ飛んでいる。

まず冒頭、モンハンに出てきそうなバッファロー然としたモンスターが現れる。

オッコトヌシ様みたいな化け物ではなく、地球外生命体みたいなやつだ。

監督の"殺る気"を感じる。

ちなみにこのモンスターストーリーの本筋とは関係がない。完全に『この作品ファンタジーなんですよ!』という監督エクスキューズである

おかしなところを挙げればキリがない。以下、ひときわ突き抜けている点だけを挙げていきたい。

まずキアヌ・リーブス演じる主人公カイ(オランダでもポルトガルでもなく英国人とのハーフという設定だが特に意味はない)

なんとなく才能がありそうだからという理由赤穂藩浅野氏に可愛がられるのだが、召し抱えられるわけでもなく身分不明なまま。

ベンチでぼぉ~っとしているキアヌみたいに、訳の分からない小屋暮らしている。足軽くらいにでもさせてやれよ。

で、なぜか徳川綱吉が赤穂に来る。んなことあるわけないだろ。

赤穂にはもう一人珍客が来る。赤穂の"隣国"長門(?)の吉良だ。……う、うん。

そして真剣を使った赤穂 VS 長門の1対1ガチ真剣バトルが将軍様面前で始まる。……う、うん(2回目)

そのバトルにキアヌが闖入し、「身元不明なキミがバトっちゃダメよ」と将軍がキレ、浅野氏は詰め腹を切らされる(物理) 気の毒だ。

キアヌは「俺は悪くない。悪いのは妖怪なんだ」とアニメみたいな言い訳をし、お取り潰しの憂き目にあった赤穂浪士たちはその言を信じる。

浪士たちは散り散りになるが、なぜか大石蔵助だけ「危険から」という理由で吉良によって1年近く投獄され、その後なんのお咎めもナシに釈放される。

晴れて自由の身となった大石キアヌ、そしてかつての仲間を集める。

ちなみにキアヌは「ゴロツキで溢れかえる出島」でファイト・クラブの真似事をしているところを大石に拾われる。私の知っている出島と違う。

仇討ちを決意する浪士たち。しかし「刀が無い」というよく分からない理由キアヌふるさとである天狗のすみか(!!)へ行く。

天狗のすみかへ行くと、スター・ウォーズヨーダチベット僧侶を足して2で割ったような生物キアヌを迎える。どうやらこの生物天狗らしい。

キアヌ天狗とちょっぴりバトルし、怪しげな妖刀を47本くらい手に入れる。ちなみに妖刀である設定は英国人なみにどうでも良く、のちの展開には全く影響しない。

赤穂藩併合した"長門"の吉良は、赤穂藩の城で妖女(狐になったり竜になったり髪がメデューサみたいになったりとキャラが定まらない)と暮らしている。

吉良を討ち取るべく赤穂に向かう浪士たちは道すがら、かつて浅野氏に召し抱えられていた臣下たちに出くわす。

   大石内蔵助「47人じゃ勝ち目ないからさ、協力してくんない?」

   元臣下たち「……はい(パイセンに言われちゃ断れないよな……)」

巻き沿いにするな。

"大勢赤穂浪士"はノリと勢いで討ち入りし、吉良と妖女を倒す。

最後、浪士たち(47人のみ)は切腹を命じられるのだが、大石の息子(赤西仁)だけは「お前、許してあげる」と将軍に言われて助かる。事務所圧力だろうか。

以上がストーリーの概略だ。

この作品、一番の被害者キアヌだろう。

2013-08-10

http://anond.hatelabo.jp/20130810013901

わかんないwwww

ビートたけし20年位前にキアヌリーブスとハリウッド映画に出たとき撮影中の逸話として言ってたってだけwwwww

おれのアメリカ情報wwwww

あと大リーグ中継で大リーガーたちが試合中に飲み物を飲んでる紙コップをそこらにポイポイ捨ててるからそんなもんなんだろうなーと思っただけwwwww

2009-02-09

http://anond.hatelabo.jp/20090207145718

他のハリウッド映画みたらやっぱり「コニチワ」とかキアヌリーブスが言わされてたよ。

なんでわざわざ日本語出てくるんだよ。まじ流行り?

しかも、「コンニチワ」だっていってんだろうが、あんちくしょーめ。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん