「新参」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 新参とは

2022-05-19

anond:20220519123631

オタクは今更YouTube蔓延ってるゆっくり動画は嫌いかマイルド嫌悪感抱いてる感じだろ

ニコ動カルチャーを引っ張り出して大衆晒し動画収益のために使ってんじゃねーよという感じの

ゆっくり動画消費してんのは東方って何?ってレベルキッズ00年代ネットやってなかったレイトマジョリティ(スマホ新参勢)が主体であってオタク層とは被らない

2022-05-07

半年ROMってろ」≒「ここは腐敗が進行しているので来ないほうが良いですよ」

なんだよね。

「ここは俺たちの考えた素晴らしいルールのもと運営されているんだ。古参はここでは新参より格上なんだ」って意味だと勘違いしてるアホが稀にいるから困るんだけどさ。

独自ルール蔓延っていて、それにやたら固執するキチガイノイジーマイノリティっぷりに配慮しないと成立しなくなった場なんて本当はもうとっとと捨て去りたいんだよね。

ただ他にもっと適した場所がないから仕方なくて使っているだけで、造語症と俺ルール拗らせた糖質相手新規にまでさせたくないから「客観的に見てどう思いますか?」と尋ねる意味で「半年ROMれ」と言ってきたわけで。

イヤホン島どこのコミュニティもこんな感じで腐っていくのはどうにかしてほしいわ

2022-05-03

新参古参とか言いだすやつはどこにいても寒い

anond:20220503162714

触れてもいいけど「こいつはずっといていつも同じ事かいてるやつ」だと分かってなさげなのは新参だよな

anond:20220503161751

ワイは古参やが新参のふりをして書き込むやで

anond:20220503161416

高学歴増田マジレスしてるのが出てるけどやっぱ連休で暇な新参が来てんのかな

anond:20220503090721

それ初期から指摘されてて最近になってIDコールというのが消えたんだけど新参かな

2022-04-22

anond:20220422090919

ここ数日の「女が先にやらかしたのを認識しろ」って言ってる人って、多少口調や主張が違っても

板住人が入れ替わることを一切考慮してないし女オタクを全員腐女子だと思ってる所が共通しててずっと気になってる

歴史を語るくらいだから単純に学生就職したとか以外の理由で離れるような騒ぎが何度もあったり

新参が入ってくるのを何度も見てるはずなんだけど

anond:20220422124753

増田新参かよ

番付にも載ってたパリコレやぞ彼は

ランカーは普通の人とは精神構造が違うからどうこうできると思わん方がいい

2022-04-20

anond:20220420125737

元々の2ch雰囲気もわかってないような新参にごちゃごちゃいわれたかないよな。

anond:20220419194036

うげー

初心者半年ROMってろと言われるのなんて日常茶飯事だったし女言葉で書き込むだけでROMってろと言われる状態だったのにROMってろと言われる人間が百人から千人いた〜〜中には女もいたかも〜〜なんて曖昧証言が女叩きの原因だったことになるとか馬鹿すぎない

てか3年ROMってろってなんだよ

基本は半年だよ半年

特定違反には3年ROMらせるローカルルールがあったのかな?と思って調べたらそんなもんないし衛門のルール新参は3年ROMれだったわ、あまりにも臭い

2ちゃんねることなんてろくに知らないクソにわか知ったかぶりして女に罪被せようとしてて寒気するわ

インターネット女性ユーザー

2ちゃんねるで女叩きがあったことは筆者自身見て知っているが、なぜそのような空気感が醸成されたのか?についてはニコニコ動画登場以降にインターネット新規参入した筆者にはわからない

https://anond.hatelabo.jp/20220420074936

便乗して、現時点で四十台の人間視点からインターネット文化の変遷について書く。

インターネット黎明期参加者

ごく普通の家庭からインターネット接続するようになったのは 2000 年を過ぎた頃のことで、それ以前のインターネット参加者は限られていた。

あたりが主。

まり全体としては知識階級ということだ。

費用ハードル

インターネットを利用するにあたって費用ハードルがどれくらいだったのか。

1990 年台の中頃では平均的なパソコンの値段が 30 万円前後くらいで、ガチユーザなら 80 万~ 120 万円くらい (周辺機器を含む) は出してた。

回線ダイアルアップだったりするのでそれだけでも通話と同じ料金 (最低で三分十円、アクセスポイントまでの距離次第でもっと高額) がかかる。

インターネット接続料も従量課金普通

月に数万程度は出費の覚悟必要だった。

バブル経済残滓がまだ残っている時代ではあったが、普通の家庭でそれだけの額を出そうという人はそんなに多くなかっただろう。

テレホーダイサービスが始まってもそれが全国的サービスとして提供されるまで少し時間がかかった。

インターネットの急成長

2000 年を過ぎた頃にインターネットが急成長しはじめた。

この頃には田舎でも DSL 回線がまあまあ利用できるようになった。

女性が増えたというよりはインターネット人口のものが爆発的に増えた。

私にとって「インターネット黎明期」とは 2000 年より前のことを指す。

(私の文章ではこの定義に基づいて「黎明期」と述べていると解していただきたい。)

私が用語定義するなら 2000 年から 2010 年あたりを (日本における) インターネット成長期とでも呼ぶだろう。

新しい参加者

個人経験で言うなら、このインターネット急成長前にも女性ユーザはいたが特に厄介だったという記憶はない。

インターネット急成長以後の新参インターネット参加者は男女関係なくリアル感覚インターネットに持ち込んでいた。

ただ、元々の「リアル感覚」が女性は「話題」ではなく「人」で分けがちなんだと思う。

話したい人には何でも話してあまり話したくない人とはやりとり自体をひかえ、場所ごとに違う話題を取り上げるという感覚希薄なように見える。

あるスレに馴染んだらそこの人と仲良くなった気分になって別の話題でもよいと思ってしまったんだろう。

ある意味では女オタクもわきまえてはいた。

そこの人たちと仲良くなろうという意識はあったし、仲良くなるまでは何でも話そうという感じでもなかった。

ただもうルールを浸透させるまでにとにかく次から次へと人が増えていった時期だったことがよくなかった。

2022-03-27

anond:20220327182315

はなれていくホロライブ

企業規模とコンプライアンス

さらに言えば前項のような現実の醜さで片付けられるものだけでなく

Vtuberやその事務所が法的・道義的問題のあることをおこし、ネット上で炎上することが増えてきている。

 例1:ホロライブの桃鈴ねねが他者イラストトレースした絵をグッズとして販売していた https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2203/03/news163.html
 例2:ホロライブの潤羽るしあが企業情報故意漏洩契約解除 https://trendview.info/news/uruharusia2022why/
 例3:にじさんじのローレン・イロアスAV違法DLしていた https://www.menuguildsystem.com/nijisanji-laureniroas-av/
 例4:にじさんじ販売予定だったグッズが他企業デザイン酷似していた https://trendview.info/news/nizisanji2022maisondefleur/

以上の4件は2022年の3カ月のうちに2社で起きた事をピックアップしたものであり、

全体で言えば更に多くの炎上が起きている。

 

これらの問題からは、

企業規模やリスナー総数が多くなり注目度が上がっているにもかかわらず、

起業したての頃の意識が変わってないようなコンプライアンス意識の低さが見え隠れする。

 

ホロライブにじさんじは、サービス開始から4年で売り上げ数十億、従業員100人を超える大企業となる急成長を遂げた。

その急成長に企業コンプライアンス教育の整備が間に合っていないのかもしれない。

 

これから更に成長していくにしたがって、そう言った問題はきっと解消されていくだろう。

 

しかし即座に解決できる問題ではなく、また注目度の高さから、しばらく炎上が当たり前のようになる可能性も高い。

炎上するほどに界隈が批判され、Vtuberを楽しんでいたはずのリスナー疲弊していくことになる。

特にディスコードやtwitterなどの同好のコミュニティですら批判が見られるようになっていき、

そうのうちに界隈以外の人間や、詳しく知らない新参を敵視していき排他的雰囲気が生まれていく。

 

次第次第とリスナー間の心も離れていき、

熱狂的な一部の信者と冷めて離れていく元ファン二極化が進んでいくことが懸念される。

 

 

■今後の変化と展望

しかしこのような炎上を繰り返しながらも、

ホロライブにじさんじと言った大手Vtuber事務所チャンネル登録者数や売り上げを衰えることなく伸ばしている。

なぜなのか。

 

それは恐らくは、質が良く膨大な動画コンテンツを既に充分に作り上げることが出来たからだろう。

炎上をしても、それに興味を持った人々が動画を見始めてリスナーとなっていく。

そして例え今いる一部のリスナー応援しなくなっても、企業案件をすることで知名度を増やし、

広告を出すことで離れていく人数よりも多くの新規リスナーを獲得し続け、企業利益が上がるようになって来ている。

 

もっと言えば、今ホロライブにじさんじが獲得しているのは「リスナー」ではないのかもしれない。

企業案件に登場し、配信される歌を聴き、グッズを見かけて好きになった「ファン」は「生配信」を見ていないかもしれない。

 

今後、案件やグッズ展開が進んでいくにつれて、それは加速していくことになるだろう。

その段階では「Vtuberファンリスナー」ではなくなって、リスナーファンの中の一部でしかなる。、

今後リスナーは、握手会に行くアイドルファンのように、

配信まで見に行く一部の熱狂的なファン」という立ち位置になるかもしれない。

 

事実、今現在ですら生配信を見ずに、

「切り抜き(長時間の生配信の一部を切り取って数分の動画にしたもの)」を見るだけというファンも多くなっている。

これからVtuberキャラクター活用が進んでいけば

Vtuber配信者ではなくなり、更にリスナーから離れていく。

 

しかし、恐らくは、その結果として更にVtuberは売れていき、巨大化していくだろう。

それは「会いに行けるアイドル」として売れていったAKB48が、

次第と巨大化してテレビ出演などが増えて、一人当たりの公演が少なくなっていっても、

例え遠くで眺める存在になっても、

しろ人気となって売れていったようにだ。

 

一般層においては多大な時間をつぎ込んで追いかけるコンテンツは避けられる。

より多くのファンを獲得したいなら、「表層をちょっと撫でただけでも楽しめる」ことが求められていく。

 

Vtuberたちは一緒に時間を過ごして共に楽しんでいた存在から

羨望して眺めあげ、そして崇拝していく存在へと移り変わっていく。

それはオタクたちがどれほど泣き叫んで縋りつこうとも、

彼らや彼女たちは構わずに離れていくことだろう。

 

いや離れていくことしかできないのだ。

 

なぜならば、そこまで有名になったタレントファンと言うものは、

ある種巨大な怪物のようなものからだ。

ファン個人個人の力や発言は弱くても、その数はあまりにも多くなり、

それが一斉に少し近づくだけでも、そして発言するだけでも、大きな力となりタレントを傷つけかねない。

 

Vtuberタレントのような「たった一人の存在」と、巨大な規模となったファンは一緒はいれないのだ。

お互いが傷つけあわない「適切な距離へと離れて行かなくてはいけない」。

それはTVタレントであろうとVtuberであろうと同じことだろう。

今までが「近すぎた」だけだ。

 

Vtuber動画配信サイトという新しいメディア媒体で、

新しい芸術の発展をしていくのではなく、

最終的に既存タレントたちと同じ売り方に収斂していくことだろう。

 

2022-03-26

anond:20220326024434

何か勘違いしてると思うけど、社会科学新参人文科学は人文ではない。それに自然科学は"natural Science"であって、対象が人工のものではない自然に対してのものからからある伝統的な科学のこと。

順番が違う。

2022-03-19

anond:20220318221855

我々先人が苦労して作り上げた環境に土足で踏み入る雑魚新参など必要ない

我々は洗礼を受けてきたんだ、煽られ初心者狩りされ晒され面倒なことを覚えて苦労した

なのに雑魚新参はそれを嫌がる、俺達が経験したものを嫌がるんだ

そんな奴の居場所はない、新参などいらん、洗練された界隈として先細り結構

これから排斥していくから

2022-03-17

anond:20220317162647

せやろか

そいつはワイよりも新参やけどそいつが来てからよくなったことなんか一個もないやで

コストに見合ってへんから改廃を考えるべきやろ

anond:20220317130051

10年ぶりに増田に書き込んだ増田古参兵だったらどうするんだよ。おまえみたいな新参は捻り潰されるぞ。

2022-02-24

ヒビ割れすら透明な

Hello world!

久々にWORLDにログインし直すと、いつも見る言葉が視界に映る。

普段ログインしっぱなしのWORLDだけど、最近調子が悪いのでログインしなおしたのだ。

そして知り合いに会いにいく。

しかけるのだが、全く相手が私に気づかない。

昨日からWORLDはこんな感じで、他の人たちは普通に話してるのに、boardでもroomでも私の会話には気づいてもらえないのが続いている。roomでは姿にすら気づいてもらえていないらしい。

全く見知らぬ人と話すのも同様だ。

からログインし直したのだけど、直らないようだ。

これはもしかしたら、シャドウバンされているのかも知れない。

この世界、WORLDはVRSNSであるバーチャル空間の中に自分他人アバターがいて、コミュニケーションを取ることができるサービスだ。

主にboardとroomというシステムがある。boardは近況などを読み書きするシステムで、フレンドの近況なんかも見ることができる。これはバーチャル空間の中にいるならいつでも参照することができる。

一方roomはチャット専用の場所で、roomに集まったアバター同士でチャットをすることができる。趣味のroomや出会いを求める人のroomもあるが、私はまだ学生なので主にクラスメイトたちが集まるroomに入り浸っている。

このWORLDにはブロックという機能がある。

ブロックした相手の姿は見えなくなるし、声も聞こえなくなる。

これだけなら知り合いにブロックされたのかも知れないし、正直心当たりもある。

だが、全く知らない人に話しかけてもまるで聴こえていないし見えていない対応をされるのだ。WORLDの全員からブロックされたのと同等の状態になっている様に思える。

これは多分シャドウバン状態だ。

噂でしかいたことは無かったけれど、本当にあったとは。

とりあえず、私はサポートAIを呼び出した。自分が置かれている状況について把握しなければ。

「お待たせしました。ご質問をどうぞ」

呼び出してから秒もしないうちに現れたサポートAIアバターはそんなことを言った。

昔、システムサポート人間がやっていた頃はサポートにすぐに繋がらないのが普通で、その頃の名残りらしい。

私はシャドウバンされてるの?」

サポートに率直に聞いてみた。

「そのご質問にはお答えできません」

男性にも女性にも見えるAIアバターがそう答える。

これは質問の仕方が悪かった。質問し直す。

「私の姿や声が他の人に見えないし聞こえないみたいだけど、システムの異常?」

「いいえ、異常ではありません。お客さまのその状態は、あと5日ほど続きます

AIの答えに私は合点する。

この状態になったのが昨日からから、だいたい一週間のシャドウバンらしい。

しかしこんな状態にされるなんて腹が立つ。

私はその苛立ちをAIにぶつける。

「このWORLDは既にコミュニケーションインフラと化しているのに、他の人と話せないのがどれだけの不利益か分かってるの?」

AI申し訳なさそうな顔をする。

しかしながら、お客さまには利用規約の第5条、他の方とのコミュニケーションについての規約違反確認されました。ご了承願います

「具体的に私のどんな言動規約違反だったの?」

「その質問にはお答えできません」

AIが苦しげな表情のまま言う。

サポートAIアバターにこういう表情を変える機能が付いてるのは、その方がクレームが収まりやすいかららしい。

私も腹が立っていたが、このサポートAIに怒り続ける気はだんだんと失せてきた。

「まあ、分かった。行っていいよ」

私はサポートAIにそう言った。

まぁ、正直規約違反扱いされたことについての心当たりはなくもない。ムカつく話だが。

それに、こういった話は具体的な基準ユーザーに悟らせないために、こうした画一的対応をするのがセオリーになっている。

このまま話を続けても無駄だろう。

サポートAIが立ち去ったあとに、このサポート内容を評価するように促すウィンドウが表示されたが、適当に星1評価にしておいた。

さて、ここで自分規約違反を考える。

心当たりはある。

最近クラスカーストトップのクソアマ喧嘩したのだ。

最近、そのクソアマバーチャルアイドルのナンにハマったらしく、クラスメイトが集まるroomで大声で雑語りをしていたのだが、その内容が間違いばかりで聞くに堪えなかった。

私はナンデビューからいかけているガチ勢から新参が大きな顔をしてナンについて語っているのが許せなかった。

そこでナンについての間違いをいちいち訂正していたら、ウザがられて大げんか、結果総すかんを食らったのだ。

WORLDで知り合いに無視され始めたのもこの件が原因だと思ってあまり気にしてなかったのだが、初対面の人とも話せないシャドウバンになってしまうとまでは思ってなかった。

あのクソアマはきっと私をブロックするだけでは飽き足りず、取り巻きを使って通報までさせたのだろう。

それで1週間のシャドウバンになるのは正直納得がいかない。だが、サポートAIの返答はさっきの通りだ。

とりあえず、あのクソアマがどうしてるのか気になるのでクラスメイトが集まるroomに向かってみた。

そこには、わたしが何に怒ったのか全く理解した様子のないクソアマが、あいも変わらず取り巻きに囲まれて、ナンについての雑語りを続けていた。

他にもクラスメイトはいたが、みんな思い思いに話をしていて、私がいなくなったことに全く気づいていない様子だった。

もちろん、私の姿に気づくそぶりを見せる人もいない。

私がこのroomで見えなくなってからもう二日目のはずだ。

普段話す友達のところで会話に聞き耳を立てても、私のことを心配した様子もない。

シャドウバンにまで至ったからには多分クラスメイトほぼ全員があのクソアマの話を聞いて私を通報したと予想できる。

だが、それを後ろめたくも思っていなさそうな様子で明るく話をしている。

他のクラスメイトも皆そうだった。

まるで透明人間になったかの様だった。

透明な存在。昔なんかの大きな事件で語られたキーワードだ。

それにいざ自分がなってみると、何とも言えない気持ちになった。

自分存在に気づいてもらえない寂しさと怒りが混ざり合った感情だ。

から、思い知らせなければと思った。

私がここにいるということを知らしめなければ。

WORLDにはスクリプト機能がある。自分がWORLD上で行うルーチンワークプログラミングして自動化する機能だ。

私はそれを使ってアバター用のアクセサリー3Dモデル指数関数的に複製するスクリプトを書いた。

これでroomの負荷が上がり、このroomは強制的に落とされることになる。

これはちょっとした爆弾みたいなものだ。

これを実行することは当然規約違反だ。

だが、既にシャドウバンされてる身だ。そんなのは怖くない。

それよりも、自分がいないものとして扱われている現状が嫌だった。

から、皆を巻き込んでroomをぶち壊して思い知らせてやりたい。

この爆弾スクリプトを実行すれば、このroom内のユーザーは皆自分アバター操作不能になって、強制ログアウトさせられるはずだ。

そうすれば、嫌でも皆思い知るはずだ。ここに見えていなくても私がいたということを。

もちろん私も巻き込まれるが、それでいい。

私は爆弾スクリプトを実行した。

思った通りに強制ログアウトをさせられて、ゴーグルの中で目を覚ます

OSの基本画面の隅に、メッセージが届いていた。

WORLDの利用資格を無くした通知だった。

まり永久バンだ。

だが、それでよかった。

クラスメイトたちに一矢報いることができたのだから

今ごろ皆混乱しているはずだ。

私はクラスメイトメッセージ犯行声明を送りつけた。

君たちが強制ログアウトさせられたのは罰なのだ、と。

殆どクラスメイトはそのメッセージすら無視したけれど、1人だけ、仲の良かったクラスメイトからメッセージが返ってきた。

強制ログアウトって何のこと?と。

それで私は悟った。

おそらくではあるが、シャドウバンさせられた私が訪れたroomは本当のroomじゃなくて、コピーされ隔離されたroomだったのだ。

私が爆弾スクリプトを実行したroomにいたクラスメイトたちは、本当のroomからコピーされて映っていた影法師しかなかった。

からあのスクリプトの影響を受けず、ログアウトさせられることもなかった。

私は激しい怒りを覚えた。

私はWORLDでどこまでも透明にさせられた。

誰も私に気づかないし、誰も私を気にしてないし、誰も私が起こした事件にすら気づかなかった。

どうして、寂しい、許せない。

そして、WORLDを永バンにまでなった。私はもうこれ以上WORLDに関われない。透明人間どころではなくなってしまった。

もし、爆弾スクリプト効果と引き換えだったらそれでも良かった。

でも、WORLDの片隅のroomを壊す爆弾スクリプトすら意味のないものに、透明にさせられていた。これでは全く帳尻が合わない。

全て、この世界のせいだ。

私はこの世界にいないことになっている。

から、私は私の存在を取り戻すために、もっと確実でもっと大きな何かをやらなければと思った。

誰もが私を無視できなくなるような何かを。

私が透明ではなくなるための何かを。

そう思って、ゴーグルを外して玄関を出た。

2022-02-18

スーパーカップは定着してるのに爽は定着してない

たぶん新発売から

10年以上経ってるのにまだまだ新参なのか

何事も新規参入して認められるのは難しいのかもな

2022-02-14

ゆゆ式かいう本当の意味時間ループしている日常系作品

多くの日常系では同じ1年間を繰り返してしており3月の次にはもう一度同じ4月がやってくる、しか記憶人間関係を引き継いだ状態いわゆる”強くてニューゲーム状態時間が巻き戻るのに対して、ゆゆ式では「2度めの4月ではなく1度目の4月の別のシーンに戻る」という構造を取っているのが特徴の一つ。

例えば「2年生の5月に仲良くなる新キャラ」がいるとして、普通の歳を取らない系だとループした後の4月に「仲良くなった状態での新キャラ」が普通存在している。つまり2周目の4月の新キャラは登場してから11か月目の新キャラということになる。次の4月には23か月目の新キャラになっており、その次の4月には35か月目の新キャラになる。

これは名探偵コナンなんかを見るとよくわかるんだけど、灰原や赤井安室はかなり巻が進んでから登場した「新参キャラだけど、いつの間にか「同じ1年間」のオールシーズンを通じて登場するキャラになっているし、季節が進むごとにどんどん関係値が高まっていっている。決して季節が一周したからと言って関係値がリセットされたりはしない。

同じ1年を過ごしているかのように見えて螺旋のように関係はどんどん前に進んでいっている。

それに対してゆゆ式は「2年生の5月に仲良くなる新キャラ」は「次の2年生の4月」には登場していない。これに関しては作者も「5月までは仲良くなってないから出せない」と明言しており、ゆゆ式時空では「関係値の引継ぎは行わない」という明確な意思が見て取れる。また特定の月を跨ぐか跨がないかで「キャラ呼び方が変化」したり、備品状態がかわったりとかなり厳格な時間管理が行われている

まりゆゆ式に関しては本当の意味で「時間ループしている」作品なのだ

ゆゆ式は2年生の3月の次には2年生の4月に戻るが、4月になると必ず状態リセットされる。

サブキャラである岡ちーやふみおは登場しなくなり、部室のロッカーシールはなくなり、唯の胸は縮む。そしてそこからもう一度時が進む中で岡ちーやふみおが登場し、ふみおの呼び方がふみちゃんに変わり、部室のロッカーシールが増え、唯の胸がデカくなっていく。

そうして3月が過ぎるとまた2年生の4月がやってきて、すべては元に戻る。

だがゆゆ式の中ではたびたび3年生になって卒業していくことに対する不安希望が語られる。

いつかは終わっていく関係示唆しながらも、何度も同じ1年の違うシーンがリフレインする。

1度しかない高校2年生の1年間を大切にするゆゆ式が俺は好きだ。

ゆゆ式はいいぞ。心が豊かになる。

2022-01-20

お前らが絶対FIREできない理由

最近FIREのかたるところはだいたいこんな感じ。

1億円を米国株インデックスにつっこめば400万円の不労所得が得られるから、それで生活費まかなえるよね?ということ。1億円ってデカいけど、こつこつ積立ててれば思ったより早く達成できる。大丈夫複利のちからを信じよう!とにかく米国株インデックスは平均4%/年のリターンがあるからね!とまあ、こういった具合だ。

4%の年利は過去のS&P500の実績から信頼できる数値といわれている。過去を振り返ればなんとなくいけそうな気がしてくる。

都合のいい過去を振り返ってこの波に乗ずれば勝てるだろうという希望的観測は、10倍株をあのとき買っていればいまごろ億万長者だったのに!というのとあまりかわらない。

もちろんインデックスファンド個別投資とくらべてリスクが少なく利回りは安定しており、テンバガーを狙うよりも投資の難度は桁違いに低い。その上、リーマンショックコロナショックも乗り越えこうした経済ショックにも不屈の強さを見せた。新参の長期投資家も「ほら下げもあとから振り返れば一時的。そのうち回復するもんだ」と思い、安心しているんだろう。しかしこれらは非常に短い間に起こった経済ショックで、長期投資家にとってはそもそも全く恐れるべき恐慌ではなかったといえる。

我々が恐るべきリスク破滅的な恐慌、もう少し具体的に言うとヒトの寿命の中では解決できないような経済崩壊だ。身近な例でいうと、日本株投資がそれだ。日本経済現在も続く失われた30年のあい日経平均を超えられていない。当時好景気だった日本市場に長期投資していたら、いまごろその高値づかみが影響しマイナスの結果となって定年を迎えているというシナリオも十分に考えられる。多くのFIRE論者は米国株をすすめている。なぜFIRE論者が日本株でもなく欧州株でもなく米国株問答無用にすすめるのか。それはアメリカ現在経済的に世界を牛耳っているからだ。グローバル企業がこぞってニューヨーク市場に上場するため、経済成長を続ける。ここへの投資世界経済への期待そのものだというのがFIRE論者の論理だ。ここで気にすべきは世界的なゲームチェンジが起こり、アメリカ覇権時代終焉するとどうなるかということだ。

今、アメリカ経済世界で最強の市場であるしかしこの先もずっと最強でいられるのだろうか。

米ドルに目をむけてみよう。ニクソンショック以前は米ドルのみがゴールドと兌換可能通貨であった。ゴールド価値を裏打ちさせた通貨である点で、絶対的な信頼を獲得していたわけだ。現代ではゴールドとの交換も変動相場となってしまい、世界最強の米ドルさえも現代では軍事力に裏打ちされた銀行券になりさがってしまい、絶対的な優位性はほとんどなくなってしまっている。

他方、ニューヨーク市場のほうはどうだろうか。古来、一般から資金調達株式市場への上場という形で行われてきた。またこれは市場へのブランディングという大きな意義をもつしか暗号資産ブロックチェーンの登場により、ファイナンスはよりデジタル化されている。実は企業が多くの資金調達する場合、すでに暗号資産で得る方法確立されつつある。逐一証券取引所に依頼し、煩雑監査や処理を行う必要がなくなってきたのだ。このようにもはや証券取引所というもの自体レガシーものになりつつある状況で、「未来への投資であるインデックスファンドに金をつっこむのは果たして意味のある行為なのだろうか。


結局、近視眼的に過去を振り返り、言われるがまま投資しても、結局は全員が先行者の餌食になるだけだ。そしてこれが頭でわかっていても投資戦略自分で考えることができない。それがお前らが絶対FIREできない理由だ。

2022-01-19

anond:20220119185456

マイメロアニメおねがいマイメロディキャラクターとしてのマイメロもあるってころがわかってない??

アニメのおねメロはマイメロの中では新参かつ、現代マイメロの中では既に懐かし枠

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん