「身の回り」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 身の回りとは

2017-07-18

https://anond.hatelabo.jp/20170717145213

言ってることは分かるな。

良いに越したことはないけど、それより名前に込めた気持ち意味の方が重要だと思う。

自分場合だけど、身の回り字画判断がどうのこうのと言う大人はほぼ居なかった。

大きくなってネット字画判断をしてみたけど、「あーそうなんだ」くらいにしか感じなかった。

それより、自分名前字面意味の方が、意識するな。

俺の名前は古臭いけどカッコイイと思っているw

2017-07-14

善玉サイコパス

身の回り家族も含め善玉サイコパス自己愛性人格障害だとおぼしき人が何人かい

彼らの共通項として自己愛性が高く、共感能力が低いのだが

知能が低ければ自己愛性人格障害的な症状が出て、知能が高ければサイコパス的な症状が出るのではないかと思ってる

自己愛性人格障害自分からボロを出すため、洗脳されてる人以外から見ればどう見てもクズであることがザラだが

サイコパスの方は一見アスペっぽいけど無害な人に見えるので対処が遅れ、自己中な行動に振り回されることになる

いろいろ試して効果があったのはサイコパスの得意分野で彼らの鼻を折ることである

例えば知り合いの善玉サイコパス議論が得意で何かと自分意見ゴリ押ししてくる

話しの内容はくだらないことばかりだが無駄に頭の回転が速いのでついていくのもめんどくさく普段は聞き流していたのだが、

あるときこちらも機嫌が悪く議論に食らいついてみたらそれ以来サイコパスの方からある程度の距離を置いてくれるようになった

こう書くとサイコパスのことを嫌っているように思われるかもしれないが相性が悪いだけで嫌っているわけではない

彼らは衝動に突き動かされやすいだけで明確な悪意をもっているわけではないからだ(ただし善玉に限る)

それに彼らは仕事においては有能で間接的に社会利益をもたらしていることが多いのではないかと思う

知り合いのサイコパスはその(戦闘本能と)交渉術が重宝され、某海外企業で数千万稼いでる

ちなみに類は友を呼ぶで彼女のまわりは自己愛の強い人間ばかりである

それで衝突するかと思いきや意外にも楽しそうにやっててこれがまた興味深い

2017-07-11

となりのサイコパス

つい先日、ある人物Apple Watchを紛失されるという事件がありました。

その人物は当初、失くした責任を感じたかのように振舞っていたのですが、鉄道会社への連絡もタクシーサービスセンターへの連絡もうまいこと転がされてぼくがしていることに気づき、そのことを指摘したところ音信不通となり、行方くらましました。

演技派、罪悪感を持たない、人を動かす、という行動に、ある単語が脳裏をかすめました。

サイコパス」です。

http://www.psy-nd.info

私たちはどんな悪人も少しくらいは良心を持っているだろうと信じていると思います

しかし、世の中にはそんな考え方が全く通用しない「サイコパス」と呼ばれる人間存在しているということを知っておいてください。』

今までの彼女言動をもとに、サイコパスチェックを行ってみると、果たして「疑いあり」となりました。

高い授業料となりましたが、結果的にその人物との縁が切れて今はほっとしています

http://www.psy-nd.info/analysis/ratio.html

人口に対するサイコパス割合、言い変えれば「サイコパスの発生率」は、決して低いものではありません。

彼らと深く関わるかどうかを別とすれば、恐らく一生のうちに一度もサイコパス出会わない人の方が少数派でしょう。』

リンク先によると、日本でのサイコパスの発生率は1/250。個人的に実害はなかったものの、過去に身近で同様の事例があったことを考えると、遭遇率は決して低いものではなさそうです。

サイコパスあなた身の回りにもきっといます。どうぞお気をつけくださいませ。

2017-07-08

健全オタクでごめんなさい。

*[アイドルオタク]

私には好きで好きでたまらないアイドルがいる。彼を見ている時が、人生で1番幸せ楽しい。何物にも代え難いものを、アイドルの彼から貰っている。彼がいるからこそ私はつまらない毎日を頑張ることができる。

けれど、自分オタクとしてのスタイルが不健全ものだということに気付いてしまった。今まで気付かないように必死に目を背けていたけれど、もう戻れないところまで来てしまった。

そもそもアイドルの彼を好きになったきっかけは失恋だ。人生で2人目の彼氏仮名:次郎)にフラれた。彼が別れを切り出す言葉は、「他の彼女ができた」だった。

ごめん、知ってた。

次郎と私が付き合っていることを知らない後輩が、「次郎さん彼女できたらしいっすよ!」と、"他の彼女"と次郎がデートしている写真を見せてくれた。"他の彼女"は私も知っている人だった。それはそれは可愛くて、こりゃあ仕方ないなと思った。次郎は背の高いイケメンであり、私のようなデブでブスな女と付き合っているのがそもそもおかしかった。周りにあまり言ってなかったことから、彼もおかしい・恥ずかしいと思っていたんだろう。可愛い女の子を手に入れた喜びは今まで我慢してきた分大きかったと思う。誰もが見られる公共インターネットにアップするくらいだから

仕方ないとは言え、私はすっかり元気を無くした。そんな時、ある動画出会う。アイドルの彼が歌っている動画だ。アイドルの彼はどことなく、姿形が次郎に似ていた。私は彼に夢中になった。

正当な対価を払って見なければと思った私はすぐにそのDVDを買った。人生で初めてアイドルDVDを買った。

アイドルの彼はどんなことをしていてもカッコよかった。彼は非常にできたアイドルであり、それから一瞬たりとも私をガッカリさせることはなかった。アイドル仕事なのだから、素の顔や裏の顔があって当たり前のものだと思う。彼らも人間からしかし、彼はそれを微塵も感じさせず、徹頭徹尾アイドルだった。

もっと彼を応援したい、彼に会いたい、彼に時間お金も使いたい。そう思うのに時間はかからなかった。私は掛け持ちのバイトを増やした。

DVDも買ったしCDも沢山買った。私はそれに満足していた。コンサートチケットが当たらなければ、定価の何倍でも出した。とにかく、とにかく彼を見ていたかった。

バイトのしすぎで、初めて単位を落とした。寝る間も惜しんで働いていたので、テスト期間、勉強するより寝たかった。

この時点でもう全く健全ではないが、私はそこから目を背けていた。

ところで、私がアイドルに対して仮想恋愛をするにあたって非常に安心していたことが1つある。それは、体を差しさなくていいことだ。

次郎の前に付き合っていた男性との交際を振り返ると、私はただ単に家事機能付きのダッチワイフだった。交際を申し込まれた時、初めて彼氏ができるという現象に舞い上がってしまった私は、特に好きというわけではなかったその男性との交際を始めた。これを逃したら彼氏ができることはないかもしれないと思ったからだ。それからは、彼に頼まれたことは一切断らず、彼を自分の部屋で寝泊まりさせ、身の回りの世話をやき、彼がしたいと言えばセックスした。初彼氏に浮かれる期間が終わってから苦痛しかなかった。でも、こんな自分を愛してくれてる人間なんだと思うと、逆らうことができなくて、別れるまでに随分時間がかかってしまった。

アイドルを好きでいることに、体の提供必要がなかった。ただ単に好きでいられた。これが、私にとっては本当に嬉しかった。彼は私だけに向けて「好き」と言ってくれることはないけれど、彼の「好き」という言葉性的な代償は必要なかった。

アイドルに熱を上げるまでは、他に時間お金のかかる趣味を持っていた。けれど、もうそちらとはほぼ縁が切れてしまった。屋外でやることも多いその趣味は、少しでも綺麗になりたい私にとって敵になった。日焼けをしたくないからだ。

サークルにも顔を出さなくなった。サークル恋愛市場で売れ残っている自分が惨めだった。一年生が入ってくるごとに誰が可愛いだとか、誰がイケメンだとか、誰と誰が付き合い始めたとか、そういうことにうんざりしてしまった。メインの活動の裏で結局はそういった出会いの場になってしましかないサークルという団体が嫌になった。サークル活動飲み会時間お金を使うなら、アイドルに使いたかった。

私はアイドルの彼に依存している。

「彼のファンとして綺麗でありたい」というファンは世の中に沢山いる。いわゆる美容垢をTwitterで持っている人も沢山いる。私は自分に自信がないことと、頭が悪いことが原因でそれらにあてられてしまった。

私も彼のファンとして綺麗にならなきゃと思った。メイクにも服にも髪型にも人一倍お金をかけなくちゃいけない。だって、ブスでデブからダイエットしたり、おしゃれの研究をしたりしたけれど、満足できなくて私は整形した。より一層、元々いたコミュニティに居づらくなった。

ここまで書いてきたけれど、アイドルアイドルでいることは何も悪いことではない。私は彼にずっとアイドルでいて欲しい。彼のファンのことも好きだ。みんな、女の子としてとても頑張り屋さんで尊敬している。

ただ単に、私に自信がないことと、私の頭が悪いのがいけないのだ。アイドル依存するしかない、弱い私が悪い。

整形も、一度すればどんどん気になるところが出てきた。彼への出費も止まらない。いよいよ普通バイトじゃやっていけなくなった。来週から、私はあまり胸を張って言うことのできないバイトを始める。結局、アイドルの彼に対しても間接的にではあるが、体を差し出す形になってしまうのだと思う。その前に、こんな下らない、誰にも言えない話を誰かに聞いて欲しかった。

ファンでいること、オタクでいることは楽しい。でも、依存して自分生活を壊してしまえば元も子もない。好きな相手から貰った元気や幸せで、頑張るベクトルを間違えちゃいけない。私は間違った。ここまできて、漸く自分いかに愚かな人間か分かった。ここまできてやっと自分の不健全さをまっすぐ見ることができた。でも、止まることができない。やめようと思えない。

みんな、楽しくアイドルファンをやってね。

健全オタクでごめんなさい。

2017-07-07

https://anond.hatelabo.jp/20170706222437

ネトウヨ」をいわゆる在日特権存在するとの主張ないしかかる主張を行う者と定義するならば(第一意味での「ネトウヨ」)、私が「ネトウヨ文化に触れたのはかなり遅い。明確にその存在意識していなかった期間が相当あるため正確には分からないが、成人はしていたと思うし、おそらくは大学卒業していたのではないかと思う。私は、第一意味での「ネトウヨ文化にかぶれたことはないし、また遅くとも13歳以降に、こうした文化肯定的に受容することはなかっただろうと断言できる。

しかし、「ネトウヨ」をいわゆる反「サヨク」的な主張ないしかかる主張を行う者と定義するならば(第二の意味での「ネトウヨ」)、私(というよりも私と同世代の多くの者)が「ネトウヨ文化に触れたのはきわめて早期ということになろう。第二の意味での「ネトウヨ」は、実のところ独り「サヨク」のみを嘲るのではなく、第一意味での「ネトウヨ」をも含むきわめて広範な物事を冷笑し相対化する。いわばポストモダンの腐ったような人間ということだ。第二の意味での「ネトウヨ文化身の回りにあふれすぎており、物心つく前からこれに接していたといって差し支えないだろう。今ふり返るに、中でも最も私に影響を与えたのは漫画雑誌であった。私は、遅くとも13歳ごろには第二の意味での「ネトウヨ文化にかぶれていたと思う。

すでに述べたとおり、第二の意味での「ネトウヨ文化身の回りにあふれていたから、私と同世代人間がこれにかぶれないことは難しかっただろう。実際、私の同級生ほとんど皆、程度の差こそあれ第二の意味での「ネトウヨ文化にかぶれていたと思う。そのような中で、私が第二の意味での「ネトウヨ文化から脱することができたのは、学問、具体的には憲法学を中心とする法学の影響が大きい。月並み表現だが、人権理論や多くの裁判例に接することでお題目としてではない基本的人権重要性を実感することができた。また、これは私にとっていっそう根本的だったのだが、法制度という社会を営む装置の一端に触れることで、斜に構えて賢しらぶる子どもじみた態度を捨て、自らが責任をもって社会に参画する、社会を作るのだという心構えが、多少なりともできてきたようにも思う。私が第二の意味での「ネトウヨ文化から脱することができたのは法学のおかげであると言ってよい。そして私はもともと法学に興味があったわけではなく、これを学ぶようになったのはめぐりあわせ以外の何物でもない。今でもたまに「ネトウヨ頭が悪い」といった類の言説を見かけるが、第二の意味での「ネトウヨ」に関する限り、これは正しくない(私の中学高校はかなりの進学校だった)。第二の意味での「ネトウヨ文化から脱するための知識学問(私の場合には法学であったがそれ以外の契機もありうるだろう)にめぐりあえなかったというだけだ。頭ではなく、運が悪いのである

怒れない

年をとるごとに怒りを覚えることがなくなっていった。

何か不都合なことがあっても怒りよりも無力感と哀しみと怯えしか出てこない。

怒るのには相当なエネルギーがいる。

身の回りの怒れる人達を見ていると、怒りは満ち溢れているエネルギーの余波であって、その有り余るエネルギー自分他人を動かしていってるんだなあと感じる。

それが幸か不幸かはともかく、ときどき羨ましい。

同じように全然怒れない人はいるだろうか。

怒れる人は怒れる自分に満足しているんだろうか。

未知との遭遇 ファイナルカットみてるけど

未確認飛行物体に取りつかれた男の身の回り生活と本人の変容の描写長すぎだろ

2017-07-01

加計学園問題について思うこと

安倍総理が全国に獣医学部新設を認めるとの発言をした。それについてネット上で様々な意見が見られるが、多くは今まで新設されていないことがおかしい、既得権益だ、動物病院の料金が下がるなら歓迎だ、といった意見が多いようである。私は小動物臨床獣医師であり、利害関係者の意見と一括りにされてしまうかもしれないが、モヤモヤしていたので匿名で吐き出したい。

1獣医学部(学科)の数は多いのか少ないのか

外国と比べて、既存獣医学科の数が極端に少ないということはないようである

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/koutou/037/gijiroku/__icsFiles/afieldfile/2010/08/18/1296025_1.pdf

2獣医師会の主張は何か

獣医師の数を絶対やすなということは言っていない(大阪府立大学獣医学科の定員数の増加要請をしている)。

既存獣医学科の規模が小さすぎで必要教官スタッフが足りない。従って統廃合が必要。統廃合は地方自治体の反対により難しかったため共同獣医学科という形で取り組んでいる。

獣医学部を新設するとなると既存大学から引き抜いて来ざるを得ず、これまでの獣医学教育改善の流れに反するのでやめてほしい。

3獣医学部の新設がされないことは既得権益か?

既存大学から観点と、小動物臨床獣医師から観点があると思うが、ここでは小動物臨床獣医師観点から述べる。

獣医学部新設がない状態であっても小動物獣医師数及び動物病院数は増えている。犬と猫の数もこの間増えているが、その伸びは獣医師数、動物病院数の増加率より低い。緩い競争なのかもしれないが、全く競争がないようなイメージを持たれているように思う。少なくとも私の身の回り先生たちは全員、小動物臨床が既得権益であるかのような言われ方に首を傾げている。

http://plaza.umin.ac.jp/~vetedu/files/2013kyouryoku09-01-1-.pdf

(平成10年から22年までの12年間に小動物臨床獣医師の数は8369人⇨13271人へと増えている。動物病院の数は9257⇨16200へと増えている。犬と猫の飼育頭数は1659万⇨2147万と増えている。)

4動物病院の数が増えたら料金は下がるか

まず、普通に考えれば動物病院の数が増えれば一病院あたりの来院数が減るわけで、それを補うために1頭あたりの料金は上げざるを得ないはずである。ではどこが上がるか?誰がやってもほぼ同じであるフィラリア予防やワクチンについては値下げせざるを得ないかもしれない。しかし、トラブルリスクがあり技量の良し悪しが結果に直結する手術の費用は上がると思われる。(例として、過当競争と言われる歯科業界で、自由診療であるインプラント価格は激安でしょうか?違いますよね、、、?)。手術の費用が上がれば欧米のように安楽死も増えるのかもしれない。それが結果的に良いことかどうかはなんとも言えない。

個人的意見を言うと、

獣医師の数が増えても良いと思うけれど、

Fラン大学増やして補助金をそちらに流すなら既存獣医学科に使って欲しい。

政治力使うなら統廃合すすめるほうで発揮して欲しい。

皆さんが思うほど獣医師はい仕事じゃないよ。

獣医師が過度に増えても仕事無いよ、大丈夫

6年かけて大学行って国試落ちて関係ない職業に就くのって本人、親、納税者、誰にとっても特じゃないと思うよ。(大学関係者留年ビジネスできて得かもね)

ちょっとスッキリしました。

2017-06-30

結局ネット言論みたいのが限界ってことでしょう

みんな差別主義者のクソだから無限に譲歩しろみたいな頭のおかしい話にしかならない

みんながネットなんてやめて身の回りの誰かに親切にしたほうが世の中はよくなる

2017-06-29

人のどこが好きかって言語しづらいんだ

と、今日ふと気づいた。

結婚して3年目の旦那と、最近毎晩のように喧嘩してしまう。(旦那から言わせると、喧嘩ではなく一方的に私がブチ切れてるだけらしいが)

今日日中、そのことについて考えていて、もしかしたら私は旦那のことが嫌いなのかもしれないと考えた。

どこが嫌いか書き出すと、出るわ出るわ、具体的に言葉でどんどん出てくる。自分でも「うわ、嫌いなところだらけかよ…」ってドン引きするレベル

試しに旦那以外の身の回り人間全てに対しても書き出してみたら、大好きなはずの友達ですらノート半分くらい具体的に嫌いなところがあり、自分もびっくりした。

でも、逆のことをやってみたら何も書けないんだよなぁ。

全員が「でもなんかやっぱり好き」って感じ。

好きに理由がないってことなのか、自分性格が恐ろしく悪いのか、自分では答えが出ないけど前者のほうで信じたい。

だって本当に嫌いなら、今日旦那の大好きな煮込み料理を作って美味しいって言ってもらいたいな~って普通に考えてるわけないもん。

いいことに気付いたね今日は。

わざわざ増田で言うことでもないかと思うけど、私には目からウロコだったんだ~!

2017-06-25

キラキラネーム

キラキラネーム子供につける親は

どういう気持ちでつけているんだろう

キラキラネームって増えてるのかな。

身の回りにいますか?

光宙(ぴかちゅう)

闘女(きゅあ)

信じられない。

基本的には一生背負うものなのに、かわいそうだと思わないんだろうか

珍しい名前をつけたいだけなんだろうか

2017-06-22

男と女は欲しがるものが違うからマッチングしない

男が欲しがるのはプリンセスではなくて、相棒なんだよね。

相棒ターナーとフーチ。スタスキーハッチキャッスルベケット。虎徹とバーナビー。JとK。右京さんと亀山くん。

まり自分の欠けたものを補う存在。二人は一緒にいることで完璧になる。

一方で、女が欲しがるのは伴侶(パートナー)や片割れではなくて、他人が持っていないもの

言い換えれば、他人が羨むもの

高価なブランドのバッグ。ネックレス地位。そしてもちろん、お金

なんで男と女ニーズマッチしないかというと、この2つの価値観がズレているから。

男の場合過去自分と今の自分比較した時に、それでも欠けているものを埋める人を好きになる。

比べるのは隣の人くらいで、大体は自分過去と比べて相対的にどうか、という判断を下す。

割れ鍋に綴じ蓋ってやつね。

女の場合、まずマウンティングありきの選択をする。

マウンティング範囲があり、世界レベルだと流石に頂点はグレイス・ケリーから底辺途上国物乞いまで広すぎるので、

自分身の回りの、例えば職場学校、近所の中で一番になりたい。誰にも侮られたくない。自分の認めない誰かの下なんて耐えられない。

このフィールドの中で、自分が誰より下で、誰より上なのか。その確認作業を血眼で繰り返すことがすべての人生

男は相対的自分と噛み合う相手が欲しいし、

女は誰からも羨ましがられる相手が欲しい。

かつては男が欠けているもの出産だけではなく、家事や畑仕事など多岐にわたっていた。

しかし、今は出産以外は機械がやってくれるし、いや出産ですら代理母から引き取ればよくなり、日本女は基本的にいらなくなった。

一方で女の欲は尽きることがない。独身では埋められないのだ。もっともっと欲しい。もっと羨ましがってほしい。

しかし、給料袋はそれを許さない。上昇婚をしたくても、ハイクラス男はハイクラスの女しか相手にしない。

そして歳を食う。だけど一度上げたハードルは下げられない。

やがて「白人精子を買ってシングルで育てる」だの「独身と集まって暮らす」だの言い出す。

歳を食った卵子ではなかなか着床はせず、独身と集まっても、抜け駆けをされて一人になる。夢は叶わない。

気の狂った年女は過激思想に走るか…途上国の男に入れ込んだりする。

恐ろしいのは、これが少数ではなくなる社会がやってくる、ということだ。

多様性時代とは言っても、これが健全状態ではないのは誰でも分かる。はっきり言ってこんな未来しかない今の日本は異常だ。

少子化解決するのは、所得を倍増して女がぶら下がれるより大きな木を用意することじゃない。

途上国から代理母を連れてくることでもない。救うのは価値観革新だ。

問題は女にある…いや、女が悪いわけではなく、女の持つマウンティング気質だ。

マウンティング、この見栄張りポーカーをなんとかしないことには、この国の生き辛さは解決しない。

2017-06-21

オタクから○○

オタクから犯罪を起こしやすいとか、そういう偏見Twitterなんかに出ると反論がワーッときTogetterとかにまとめられたりするよね。

俺もそれを頷きながら読んでる感じだったんだけど、ふとある日に身の回りにいるオタクのことを考えてみた。

あくまでも感覚から間違ってるのだろうけど感覚としては「やたら正義感を振り回す」か「めちゃくちゃ性格悪い」か、だった。

特に性格悪いオタクは、どうしたらそんなに他人にひねくれたことを言えるのか分からいくらいひねくれているように思う。

これは俺の観測範囲が狭いせいか、あるいは単に感覚事実がずれているのか、またはそういう目立つ性格人間けが可視化されるのか。

それはわからない。

でもオタクじゃないやつでそこまで性格ねじれているやつを見たことがないもので、気になってしまったんだ。

実際のところはどうなんだろうね。

2017-06-18

お金で買える欲しいもの全然ない

ボーナスがそこそこ入ったので

気分転換に何か買い物でもしようかと、通販サイトを色々と見て回った

綺麗な服やアクセサリー、便利家電、素敵な家具や美味しそうなお取り寄せ旅行ツアー

いつもふらふらと見に行くサイトで、いいなと思っていた物が、いざ買おうとすると全然欲しくなくなっていた

元々それほど物に執着もなければ、収集する癖もない

年代女友達は、流行の服とか、ブランドバッグとか、ちょっといい値段のするアクセサリーとか、海外旅行とか

欲しいものやしたいことをあげるとキリがない、と言って、いつも新しい物を身につけて色んな所へ遊びに行っている

私は家で本を読んだり映画を見るのが好きだし

1度気に入った物があれば壊れるまでずっと使い続けるたちで

装飾品など身の回りのものは、もう買い換える必要性を感じない

それは良いことのように思えていたけれど、欲しいものが何もない、となると少し違う気がする

貯金をするのは将来のために大事だと思う

少しずつ増えていく数字を見るのは楽しい

でも消費する先を失ったお金は、なんだか虚しく思えた

何かを買うことで少しでも楽しいとか幸せとか、そういう感情を消費したい

何か欲しいもの、と考えて考えて

親友が欲しい、と思った

一緒に楽しさを消費してくれる、私のことを一番大事と言ってくれる親友

ももう二十代半ば、この年になってそんな関係性を誰かと築くことができるのだろうか

2017-06-16

「ごめんなさい」が言えない人

「ごめんなさい」が言えない人って身の回りにいるよね。

その5文字が言えないだけでほんとに人として損してると思う。

2017-06-15

https://anond.hatelabo.jp/20170615000056

色々なシチュエーションで、君みたいな男をわかっていて身の回りに置くタイプ

君は、就活用のその男ポジションだっただけ。

弄ばれてる。やめとけ。

2017-06-14

そうあなたはどれだけ高い徳をお持ちで人々から絶大な信頼を得ているのか知りませんが

私のところに警察指導が来たらどんなに理不尽な内容でも私に味方してくれる人は身の回りに誰もいないと思います

それが現実でしょう

2017-06-07

自分が酷い目あったからって適当知識撒き散らしてその上不安煽んなボケ

http://anond.hatelabo.jp/20170607123727

ただテメェが治安の悪いところにいたか、運悪く泥棒体質の奴に拾われただけだろ(というかお前はスられたのか?)

見つけた人が良心的な人なら紛失モードではメッセージ送れて安全保護してもらえる可能性高いし、アラーム機能基本的自分身の回りにあると思われるときに使われるものだし、必要そうなら普通に鳴らせばいいだろ

そもそもガチ泥棒は手に入れた時点ですぐにオフラインにするだろ、なんだテメェはパスコードもつけずにiphone使って盗まれたのか?

ただただなんともないiphoneが置いてあったところで普通の人は気づいてもスルーする可能性は高いし、泥棒積極的に持ってくぞ

日本はそんな治安が悪くないし、ただ置き忘れたにしろスられたのにしろ基本的にはお前が阿呆だったんだろ、スタンダード対処して無理なら素直に諦めろ

普通に普通の使い方すれば大体問題なく戻ってくるわ

自分がクソな目にあったからって適当知識HACKした気になってデマ垂れ流してんじゃねぇぞ

別に私もこの辺の知識堪能じゃないし私も適当知識書いてて多少は間違いあるだろうが、テメェが存分に有害なな事言ってるぐらいわかるわボケ

というかなんか盗人前提でお前は語ってるが盗人と追いかけっこする前提で喋ってんのか?マジ?

今日地下鉄

今日地下鉄でこんなことがあった。


ラッシュの終わりかけで、ちらほら立っている人がいるくらいの混み具合。

私は車両の中ほど座席の前に、隣に70歳くらいのおばさんがいる形で立っていた。

都心の駅で停車するうちに私の真ん前に座っていた人が降車。私は特に座る必要もないので立っていた。

すると、隣のおばさんが、私に対して腕を斜め下に出して、どうぞ、といったような素振りをする。

もともと座る意図もないので、どう反応していいのかもわからずそのままにしていたら、おばさんが席に座った。


といった出来事なんだが、いったいこのおばさんは何がしたかったのだろうと思った。


おばさんがもともと座りたかったのなら、私が立っている段階でそのまま座ればいいと思うし、丁寧にしたいのなら、私に声をかけて座ればいい。

もし、私が席をすすめる素振りに反応して座ったら、特に障害者でもない人に年長者が席をすすめるというよくわからないシチュエーションになる。

考えるに、このおばさんは、私が断ることを予想して席をすすめ、その上で大義名分を得て座ろうとしたのだろう。

まあよくある、払う気もないのに私が払いますという例のあれなんだろうけど、不特定人間にもそれが通用すると思っていることに対しては愚鈍さと姑息さを感じてしまう。


この電車での話は笑い話で済みそうだけどそうじゃないパターンもある。

田舎でよく経験するけど、70過ぎのおばさん(というかおばあさん)が運転する軽自動車は、頭を下げればなんでもできると思っているところがあって、歩行者優先義務を丁寧に無視したりする。明らかにルールより身の回り1メートル感覚他人も共有している前提で運転していて危険しょうがない。


こういうおばさんの感覚昭和だよなぁと勝手昭和生まれの私も思ったりするんだが、別の見方もあったりするんだろうか。よかったら教えて。

2017-06-04

アラサーのあるべき姿

もうすぐ28歳の誕生日を迎える。

私はキャラ物の雑貨が好きで、身の回りの小物にはほぼキャラクターが付いているんだが、最近、周りの人に

アラサーなのにキャラ物使っていて痛い女」と、思われてるんだろうかと不安になってきた。

試しにスマホケースを、キャラクターを型取ったシリコンのものから、真っ黒の物に変えてみたが、コレジャナイ感がすごい。

自分趣味を貫く」って大人でもやって良いんだろうか。

年相応ってなんだ。

2017-06-03

痴漢冤罪をはじめとするインターネット世論

痴漢を憎むのではなく、身の回りで起きてもいない痴漢冤罪勝手妄想して「男には自衛手段がない」「女はクソクソクソクソ」みたいなことを言っている人が多いインターネット世論が怖い。

悪意をもって痴漢冤罪風に女性を追い込むソーシャルハックも可能そうに感じる(実際には難しいかもしれないが、風潮の話として)

そうなってくると、なにがおきるか。

実際には冤罪の何倍も(何百倍も?)発生しているであろう痴漢が発生したときに、そういう風潮がノイズになって真実がわかりにくくなることがある。

念の為に言っておくが、数が少ないか冤罪が起きても良いという話をしているのではない。

冤罪はなくなるべきであり、痴漢冤罪男性を陥れるような奴らが活動しにくくなるのは良いこととだ。

その副作用としての「冤罪言いたいだけ」みたいなワナビー社会ノイズになるという話。

2017-06-02

Google検索

知識のないものにとってはGoogleでの検索は難しい。知恵袋みたいなところで質問したほうが答えがえられる」みたいな記事ブクマされてる。

身の回り検索できない人をみて思うんだけど、検索が浅いよね。

とりあえず知ってる語彙で検索 → そのジャンルの語彙が増える → 良さそうなワードを加えて検索 → そのジャンルの語彙が増える

自分はこのループを繰り返してるだけだけど、自分より情報収集能力が低い人はいっぱいいるから、こんな簡単なことをできない人が多いんだろうな。

2017-05-29

http://anond.hatelabo.jp/20170529162514

精神年齢は割とどうでもいい。

就職できれば良い。最低2年続けば良い。

その後も転職などあったとしても、なんだかなんだ働き続けられればそれで良い。やりがい生き甲斐クリエティティ必要ない。

身なりが臭かったり汚かったりしなければ良い。母親に丸投げではなく、母親が居なくても自分で最低限の家事が出来て健康を保てれば人として充分。

考えていることが大人びているかどうかは本当にどうでもいい。自分身の回りのことが出来れば良い。

能力と行動がすべて。

大学の授業が薄っぺらすぎる

東大とかみたいにレベル高いところに通っているわけではないし、言ってしまうとMERCH以下の偏差値しか無い大学に居るので「お前が馬鹿からそう思うだけ」と言われたら説得力のある返しができないのだけれど、それでも大学の授業が薄っぺらいと主張したい。

今年で大学生活も3年目に入り、順当に行けば後期には単位の取得が完了するペースなのだが、得たものが一切ないといえるほど大学での授業内容が頭に残っていないのだ。

単位取得はしているけれど成績という観点から見ればC評価が多く、ギリギリ赤点を避けている現状なので授業内容が頭に入ってないんだろうとも考えられる。

けれども単位取得の肝を担っている学期末テストの内容が『授業中に再生した動画言及した企業マーケティング戦略は何だったか?』というのはひどすぎるのではないだろうか。

自慢ではないがマーケティングについては当大学内で比較した場合に限るけれど、ある程度の知識を私は持っていると自負しているが、流石に特定企業が行っていたマーケティング戦略なんて動画を見ていなかった私に解けるわけがない。

せめて、商品販売個数を計測する戦略とか書いてくれれば何となく当たりをつけることは出来るが一切とっかかりになる情報がないので授業出席者しか解けないのだ。

授業に出席しないものは、いかなる知識保有していようとも単位は上げませんと言っているようなものである

そもそもの話私が大学に行かないのは、授業時間90分のうち、教授雑談が半分以上を超えていてどのタイミングで本旨に触れるかわからいかである

教授ゼミ生と一緒に福岡に行った時に食べた食事がとても美味しかった話など、至極どうでもいいのでとっとと必要な話をして終わらせてほしいというのはおそらく講堂にいる生徒全員が等しく思っていることだろう。

適当面白みのない授業を展開する教授ばかりではないのはだが、どちらが多いかと言われれば上記のようなゴミ教授ばかりである

こうやって教授批判するかの言葉を連ねると「彼らは有名大学を出ていて高知能、その話を楽しめないキミは低知能」とマウントを取られる。

しか東大を出ているとか、有名大学の院を出ているとか私からすればどうでもよいことなのだ。授業がつまらないという事実は私の中で変わることはないのだから

やっていることは市販されている本(自著であることが多い)を朗読しているだけで、自宅で必要な部分は覚えられる。そんな「教授いる?」と感じるような講義内容でどこに「教授は頭いいなぁ」と感じる要素があるのか。私が異端なだけで世の中の人資格肩書だけで知能を判断する、判断基準が外部にしかない人ばかりなのだろうか。

つまるところ大学というのは教育ビジネスであり、肩書を得られるのを対価に金を払って、脳死しながら授業を消化し続ける場所なのだ

私が声を大にして言いたいのは「大多数の人間にとって大学は一切必要ない」ということ。

企業大卒要求していて、大卒給料が高いかしょうがないので大学に行って卒業しようと考えているだけで、そこで何を学べるかはどうでもいいのだ。

しかし私はそこまで割り切ることができず、大学を学ぶ場所と考えてしまったいたからこうして不満が爆発しているのだと思う。

私は運がいいことに文系大学に進学しているが、小さい頃にパソコン祖父から貰い、そして2つ上のいとこがネット関係に非常に強かったため影響を受けIT関係に強くなった。

そして大学ではこれまた運がいいことにビジネス精通した人間たちと仲が良くなり、今後の希望を得た。

情報量を多くする気はないのでこれを読んだ奇特な人は「騙された人間」と私を罵るかもしれないが、それはどうでもいいことだろう。

私の周りは大学に通うことを強く勧めたが、結局それは私に合わず、彼らに合わなければ日々鬱屈とした思いを抱えながら、ただ授業を消化する人生を歩んでいた。

アドバイスに従った結果、得られたのは大学と私が合っていなかったという知見だけである

このことからアドバイスと称して意見をぶつける人間は、個人を見ていない」というのが判明する。

彼ら助言をする人間最大公約数的な、大体の人間にとってベストではないがベター程度にはなるはずという意見をぶつけることで自身人生正当化をしつつ、悦に入ってるだけなのだ

確かに最終的に選択をしたのは私であるが、どれだけの人間が周りの人全てが自分と反対の意見を述べている中、自分の考えを押し通すことが出来るのか。

私は大学生になり人に恵まれたおかげで、本当の考えを通せたのであって、高校生の頃であれば貫くことはできないだろう。

結局、大学の授業が薄っぺらいというのはこの「多様性を認めず一般論を勧める人間」が大学への進学を勧めているかなのだ

から教育という存在はまるで利権を貪る団体のように怠惰でありながら肥大してしまった。

大学というのはそもそも専門性の高い話を学び、その専門的技術社会のために使うのを目的とした教育機関だ。

特に能のない私のような人間大学に行ったところで卒業したという事実を抱えて企業に入り、一切学んだことを使わないで終わるのが関の山である

学歴社会は確かにフィルターとして有効な部分もあるが、その企業学歴フィルターをかけているのが世間にバレればまるで現在検索エンジンがハックされるようにそこに向けて最適化されてしまう。

まり大学進学するものは優秀で専門性の高い人間から採用するというのが前提にあって学歴フィルター機能していたのに、そこがハックされてしまったがためにバツグンな効果を発揮するとはならなくなった。

ハックされていない採用基準意図した人材を取得できるため優秀であるが、認知されてしまえばそこに注力できる人間採用する弱い基準となってしまう。意図しない人材を確保することになる。

起業家の話を聞いてみると「東大生のほうが統計的に話がわかる」と語る。

まり学歴フィルター大卒区別するのでなく、東大生などの超難関校とそれ以外で区別するようにしたほうが建設的だ。(給料も含め)

そうすれば無駄大学に通う人間も減るし、ビジネス大学も少なくなる。大卒枠を争って貧困に悩む人間も減る。

私が問題提起したいのは以下の2点。

・何も考えずに一般論で「大学はいったほうが良いよ」と個人を見ずに語るやつは口を閉じよう

企業大卒学歴フィルタリングしても効果が薄いので、給料から難関大学基準はMERCHかそれ以上?ここはわからない)とそれ以外で分けるべき。もしくは意図した人材採用できてかつハックされていない新しい採用基準を見つける。

こうして大学が少数精鋭になれば教育者も生き残りをかけて力を尽くし、怠惰で肥えた教授も減ることだろう。

私はとにかく薄っぺらくて意味のない授業が大学から消滅してほしいので、教育機関こそ激戦のビジネス社会のように苦しみながら競争して欲しいと思っている。

確かに科学の力というのは重要だとは思うが、現在私の身の回り生活に欠かせないと思うものを作っているのは企業であり大学で教鞭をとる人ではない。私が知らないだけで企業にその教授も協力しているのかもしれないが、それなら大学ではなく企業研究させてもらえばいい。

まり「安定してるー」とアホ面下げて年に数回、偉そうにゴミみたいな本を書きながら教壇に立つ輩は荒波にも稀ながら淀んだ精神を磨き上げるべきだということ。

そもそも大学はいま腐るほどあるわけだけれど、その全てが科学において必要ではないだろう。それならばなおのこと競争化させて精鋭化させなければいけない、なぜ「研究」という話になった途端嫌儲精神が発作的にでてくるのか。

何度も書いている気がするけれど、その大学競争化をする上で最も邪魔なのは一般論を振りかざして大学に行かせようとする無能な働き者と大卒フィルタリングする企業だ。

個人を見ないで、自分人生訓を元にとりあえず精神アドバイスするやつは総じて糞だし、対してその人を案じているわけではない。

こうした一般論で武装した人間に対して、正論に感じようが自分感性と考えを元に対抗できるように成長することが、幸福につながるだろうしひいてはこの薄っぺら大学の授業の減少につながる。


以上が大学の授業が薄っぺらいと感じたことから私が考えたことでした。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん