「音程」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 音程とは

2020-07-24

ハロコン2020大阪公演の感想メモ

ハロコン2020大阪公演の感想メモ


全体的な感想

  • 全員「聴ける」レベル歌唱からこそ成り立つ企画だと思った
  • もちろん中で上手い下手はあるし,プロ歌唱として「この人の歌を聴きたい」いうレベルの人は限られると思うが,52人全員障りなく聴けるレベルというのは相当なものでは
  • バンドではなくもちろんカラオケだが,(たぶん52曲全ての)トラック既製品ではなく,このコンサート用に独自に作ったものだと思われる
    • さすがに全トラックを生楽器で作ったとは思えないので,打ち込みが大半だとは思うが,それにしてもかなりの手間ヒマはかかってると思う
  • 個人的な好みでは B > C > A (好みであって上手い順ではない)
  • 選曲的には「適合型」と「挑戦型」の2タイプに大きく分けられるように思う
    • 前者は歌唱者に合った曲を,後者は(スキル表現の幅を広げるために)あえて歌唱者のスキルタイプからは外れる曲を選ぶもの
    • 挑戦型の場合,歌い方等が合わないケースはともかく,声質に合わない曲を歌うことになると割とつらい印象
    • 本当に上手い人はそういうの関係なく歌を掌中に収めて自分の歌として昇華させていたように思う

表記は以下:

  1. 歌唱者名: 『曲名

Aチーム:0718昼,0719夜

  1. 譜久村聖: 『僕は君に恋をする
  2. 松永里愛: 『ただ泣きたくなるの
  3. 船木結: 『大阪で生まれた女』
    • これはぴったり;もちろん上手い;MCでの「プチ千秋楽」に拍手
    • 船木さんの年齢でこの曲の哀切さを出せるのが意味不明で,人生何周目?という感じ
  4. 羽賀朱音: 『もしもピアノが弾けたなら』
    • ネットの評判に反して普通に上手かった;けど哀愁が足りない気が(年齢的に厳しいのでしかたないとは思う)
    • 素っ気ない感じが哀愁の足りなさの原因?
  5. 川村文乃: 『未来へ』
    • 伴奏ピアノのみなので難しいはずだが,上手い
    • 初回より(さらに)情感がこもっていたように思う;その分少し行き過ぎてしまった部分もあったように思うが,個人的にはこの回の方が良かった
  6. 新沼希空: 『会いたくて 会いたくて』
    • 新沼さん上手いし曲にも合ってて良かった
    • この人がグループで歌割り少ない理由がわからない;声が特徴的すぎるのだろうか?
  7. 加賀楓: 『楓』
    • この回のNo.1大サビ感動したし,曲は相当難しいはずなのに(特にサビから降りていくところ)ちゃんと歌えてた
    • Bメロ少し声が弱いかと思ったら,サビは力強かったので,サビとの強弱を付けるためにあえて弱くしたのかもしれない
  8. 高瀬くるみ: 『Time goes by
    • 上手いし情感も込められてて良かった
    • 加賀さんと並んでこの回のNo.1;安定して上手いのだが,個人的にはスキル面より感情を乗せる部分で初回より良く感じた
  9. 西田汐里: 『PRIDE
    • 悪くないけど何か違和感
    • 曲に対して声が絶望にのどかなのが辛いのかもしれない
  10. 秋山眞緒: 『春なのに』
  11. 石田亜祐美: 『なごり雪
    • 本人も言っていたがたぶん苦手な曲調なのでは;『ふるさとの夢』を連想した
    • 情感は出てたと思うが,声が震えてしまっている箇所がけっこうあった
  12. 江口紗耶: 『Lemon』
    • すごく上手いわけではないがこれはこれで個人的にはかなり良かった
    • この曲難しいのでところどころミスはあったが,曲意はつかんでたと思う
  13. 井上玲音: 『糸』
    • 非常に良かった;中低音はほんとに強い;高音曲も聴いてみたい
    • 中低音の豊かなので,同じ「糸」でも彼女の織り成す布は柔らかい布,という印象
  14. 段原瑠々: 『見上げてごらん夜の星を
  15. 小片リサ: 『明日へ手紙
    • 悪くはなかったが,上手いと言われているほどではなかったように思う
    • ほぼ全曲ファルセットなので,初回の評価は多少厳し過ぎたかもしれない
  16. 小林萌花: 『私はピアノ
  17. 岡村まれ: 『M』
    • 悪くはなかったが,オリジナルがかなり強いので,それに寄ってしまうとどうしても比べてしまって評価が厳しくなる
    • 歌えてはいると思うが,この歌を歌うには声が絶望的に幼い

Cチーム:0718夜,0719昼

  1. 横山玲奈: 『ひまわりの約束
    • 悪くはないが普通過ぎた気がする
    • 出だし声が震えてたような;曲に対して声質が甘過ぎるのかも
  2. 植村あかり: 『駅』
    • 悪くはなかったが,正直これは植村さんには厳しい曲だと思った
    • 出だし良かったがその後が少し平板になってしまう感じ
  3. 岸本ゆめの: 『やさしいキスをして』
  4. 工藤由愛: 『さよなら好きな人
    • 上手かったが,さらっと流れすぎている気がした
    • 1回目より高音の情感が出てた気がして良かった;足開き気味で棒立ち歌唱するの何でだろう?
  5. 宮本佳林: 『オリビアを聴きながら
  6. 笠原桃奈: 『あなたに逢いたくて~Missing You~』
  7. 清野桃々姫: 『香水
    • ビックリするくらい上手かった;この曲相当難しいはずなのに,ほぼ完全に歌いこなしていたように思う
    • 本当に上手い;リズムだけじゃなくグルーヴがあるのが凄い
  8. 一岡伶奈: 『TOMORROW
  9. 牧野真莉愛: 『夢をあきらめないで』
  10. 岡村美波: 『あなたに会えてよかった』
    • 悪くなかったが曲のイメージに合ってないような
    • 原曲と比べて声が可愛過ぎるのがイメージに会わない原因かも
  11. 山崎夢羽: 『愛唄』
  12. 浅倉樹々: 『カブトムシ
  13. 小田さくら: 『もののけ姫』
    • 上手い;一ヶ所だけ「ん?」と感じたところがあったが,この難曲をそれ以外ノーミスで歌いきったのはさすが;しかキーを上げてるとか凄い;ただこの曲技術は示せても情感の表現はないので,なぜこの選曲という疑問はある
    • 今回はノーミスだったように思う;足開き気味で棒立ちで歌うのはなぜ?
  14. 橋迫鈴: 『セーラー服と機関銃
  15. 竹内朱莉: 『雪の華
    • 岸本さんと並んでこの回のNo.1岸本さんと違い,オリジナルからは離れた竹内朱莉の歌になっていた
    • やはり優勝;斜め立ちなのなぜ?;初回もそうだが1か所「し」が「ち」に聴こえた
  16. 山崎愛生: 『手紙拝啓 十五の君へ~』
    • 悪くはないが,上手いという評判だったので思ったよりは「?」だったような…
    • 曲調が数分の曲の中で目まぐるしく変化するので難度は高い;声が少し裏返ってしまパートが実は一番良く感じた
  17. 谷本安美: 『打上花火

Bチーム:0719朝

  1. 平井美葉: 『海の声
    • 普通に上手いし,曲と声質が非常に合っていて良かった
  2. 島倉りか: 『スローモーション
    • さすがと思わせる上手さ;曲を完全に掌中に入れていて,随所にオリジナリティを感じた
  3. 稲場愛香: 『明日への扉』
    • 上手いが声が可愛過ぎて曲と合っていない感……
  4. 前田こころ: 『366日』
  5. 小野田沙栞: 『プラネタリウム
  6. 高木さゆき: 『ワインレッドの心』
  7. 小野瑞歩: 『I LOVE YOU
    • 上手い;この曲は声量がないと囁くように歌うところが(逆に)ダメになると思うのだが,ちゃんとできていた;原曲尾崎豊込みで強すぎるため,独自表現に振ってきた感じだったが,それが成立していた;この回のNo.2かも
  8. 佐藤優樹: 『ひこうき雲
    • 低音にやや課題がある感じだが,上手い
  9. 佐々木莉佳子: 『ハナミズキ
  10. 森戸知沙希: 『会いたい』
    • 高音ちょっと苦しそうだったが,基本良かった
  11. 上國料萌衣: 『さよなら
  12. 野中美希: 『Hello, Again ~昔からある場所~』
  13. 山岸理子: 『想い出がいっぱい』
    • 音域が合っていないのか,ところどころ音程しかった印象
  14. 里吉うたの: 『赤い風船
  15. 金澤朋子: 『Jupiter
    • 低音が凄い;完璧に近い;高音も伸びよく出ていた;ただ金澤さん割とファニー・ヴォイスで,それが曲のイメージと少し合ってなかった気はする
  16. 北川莉央: 『ありがとう
    • 上手かったと思うが,なぜか印象が薄い
  17. 生田絵里奈: 『キミを忘れないよ』
    • 外しているというほどではないけれど,ところどころフラット気味に感じた
  18. 伊勢鈴蘭: 『三日月

2020-07-20

ハロプロは手を出さたのに虹プロには手を出さない。

クラシック畑育ちの私がハロプロ存在意識するようになったのは、一昨年の夏だった。Twitterでロッキンのモーニング女。のステージ話題になった時。炎天下の中、汗で前髪がしめりきっても、激しく歌い踊り続ける彼女達に圧倒されたのである

それからYouTube違法アップロードされているLive動画オーディションの様子等を見るようになった。(いけない事だし、彼女達の為にならないから今はしてません。ごめんなさい。)

何より驚いたのは、彼女達の歌唱力の高さである。好きな歌手でも、Mステ紅白などLiveだと音程が安定しないのが嫌であまり聴くことがないのだが、ハロプロのみんなは音程を外す事が殆ど無い。その上でパワフルに歌い、更にはダンスまで見事にこなすのである

彼女達は、全員がもともと歌が上手だった訳では無い。(もちろん圧倒的歌唱力をもって加入したメンバーもいるが)オーディションではあまり歌が上手かったメンバーが、卒業する頃には歌割が増えたり、卒業コンサートで1人で堂々と歌う姿には励まされる。しかし残念な事に、私がハマった人の殆ど卒業してるのである

随分前に芸能界引退された、あややこと松浦亜弥さんや、TVをあまり見ない私でも知っていたももちさん、そしてももちさんが所属していたBuono。どれも過去の栄光であり、今は活動されてないので応援しても彼女達にあまり貢献できない。

話は変わる。世間で今1番話題となってるアイドルは虹プロだろう。1万人のオーディションから選ばれた女の子達が、合宿等を通し更に磨きをかけ、その合宿メンバーから更に絞りデビューするらしい(あってるかな?)

まさに今から時代を駆け抜けるアイドルなのだ。今ハマれば彼女達に貢ぐ事ができる。厳しいオーディションから勝ち抜いた女の子達、自分が好きになる要素しかない。

しかし私は虹プロに手を出さないでいるのである

周りの子はみんな虹プロにハマっている。私も手を出さばいいのに。リアルタイムで楽しめる喜びは今しかないのに。とっても惜しい事をしているのはわかっている。しかし私は「今は」虹プロに手を出すことはできないのだ。

2020-07-19

anond:20200718203059

作品だとまではいかないけど録音されたものを聴いて面白いのはわかる

音程リズム、本物に近づいたかオリジナリティが出たかとか

録音されてないのがもったいないという気持ちもわかる

2020-06-28

バンドリの新バンド『モルフォニカ』が叩かれる理由についての私なりの見解

私はバンドをやっているわけでも、バンドリの初期からファンでもない。

アニメ2期から入り、過去のことはネットで聞きかじった程度の情報しかない。

からこれから書くことも推論と感想しかないことは、初めに断っておきたい。

また、誹謗中傷がいけないことは百も承知だ。

誹謗中傷擁護するのではなく、批判を受けるに至った理由を私なりに考えてみた、というだけだ。

バンドリ』というコンテンツは、もともと戸山香澄役の愛美さんをギターボーカルとして起用するためだけに立ち上げられたプロジェクトと言って過言ではないだろう。

彼女ありきで『ガールズバンド』というコンセプトが決められ、他の楽器担当でき声優を務められる人が集められた。

元々楽器をやっていて声優だった人、楽器はやっていたけれど声優ではなかった人、楽器自体やったことはなかった人と様々ではあるものの、5人集めて、バンド形式ライブを行っている。

今や武道館を埋めるだけの集客力があるのだからプロジェクトとしては大成功だろう。

愛美さんを擁するポッピンパーティー以外にも、リアルライブの有無はあれど複数バンドが結成され、そのどれもにファンがついている。

バンドごとのストーリーキャラクターの人気はもちろんだが、それぞれのバンドの特徴が表れた楽曲存在もまた、その人気を確たるものにしている。

バンドから曲を好きになる人もいれば、曲からバンドを好きになる人もいるだろう。

オリジナル楽曲はそのどれもが、演奏するバンドカラーを強く反映している。

ポピパらしさ、Roseliaらしさ、Aftergrowらしさ、パスパレらしさ、ハロハピらしさ。

リアルライブでお披露目され、アニメ先行登場だったRASも、RASらしいと感じる楽曲だった。

キャラクターストーリーを反映し、それぞれのボーカルが活きる楽曲であると言えるだろう。

モルフォニカはそうではなかったということが、批判される原因ではないだろうか。

新しいものが元々のコンテンツファン全員に受け入れられるとは思わない。

それまでの世界を壊されたくないという人もいる。

しか批判の声の多くは、新バンド モルフォニカに対してではなく、その歌声にのみ向けられている。

「モルフォニカ」と検索窓に入力すると、サジェストには「下手」というネガティブ言葉が出てくる。

モルフォニカの「Daylight -デイライト-」MV公式からYoutubeでも公開されているが、公開時にはまあまあの衝撃を受けた。

衣装ビジュアルや曲調、イントロバイオリンから歌声既存バンドで言えばRoselia系統の声が来るんだろうと想像した。

それが歌いだしてみれば、細く不安定な鼻にかかった声で、曲調にマッチしているとは言い難いものだった。

声質に意外性があろうと、安定して聴けるなら「そういうもの」と割り切れたろうが、音楽に造詣も知識もない私ですら音程が気になる箇所がある。

顕著なのはAメロの「無垢な想いは」の部分だろう。音が下がりきれずに伴奏から浮いてしまっている。

歌声ボリュームも安定しない。

初めて聴いたとき、こういうのって機械修正できるんじゃないの? と疑問に思ったレベルだ。

デビュー曲であり、今後も代表曲として歌い続けるであろう曲だ。

ボーカルの声質に合わせた曲調や音域で書くことはできなかったのか。

カバー曲を聴く限り、もう少し上の音域ならそれほど外していないように思える。

曲が先に完成していたとしても、せめてキーをいくつか上げればもう少し歌いやすかったろうに、そうできなかったのは何故か。

キーを上げると、バイオリンの音が高くなりすぎて受け入れられにくくなるからではないだろうか。

バイオリンを最も活かす音域で曲を用意した結果、ボーカルには歌いづらい音域になってしまったのではないだろうか。

バンドリで先陣を切ってやってきたポッピンパーティーは、愛美さんありきで考案されたバンドである以上、楽曲愛美さんが歌うこと前提で作成されたはずだ。

不得意な音域があればレッスンしただろう。

出来る状態にしてから収録され、世に出されてきた。

ピアノ経験者ですらない人間キーボード担当採用したことからも、レッスンを受けさせれば可能だという算段があったのだろう。

彼女たちは声優だ。

経験だって楽器で行きていくと決めた人間ではないのだから不足はあっただろうし、繰り返しレッスンを受けてようやく客を集めライブを開催するに至った。

そうするだけのノウハウも、資金もあるはずだ。

それができないのは、新たに採用したボーカルが15歳の現役中学生で、仕事ばかりに時間を割けないからだろう。

「15歳、中学生女の子声優を務めます!」という言葉で客を引くのなら、採用時点で15歳とは思えないだけの歌唱力必要だったのではないか

擁護の声は、その多くが「まだ15歳なんだからこれからよくなるはずだ」「演じている倉田ましろの“歌が得意ではない”という設定を反映している」「倉田ましろの成長にあわせ、歌唱レベルも上がるのではないか」といったものだ。

まり擁護する人たちですら“歌が上手くない”こと自体否定していない。

“今は上手くない”という現実を認めたうえで、それを受け入れた人たちが希望的観測肯定的言葉を述べているに過ぎない。

批判するならお前が歌ってみろよ」などという反論は、むしろボーカルに失礼ではないか

仮にも仕事として歌ったはずの彼女に、「素人よりは上手だよ! 良かったね!」とでも言うのだろうか。

演技や歌が向上してから発表すれば、批判の声も少なかっただろう。

しかしそれは一朝一夕に出来ることではない。

出来るようになるのを待っていては、「15歳の中学生声優デビュー!」「15歳にして人気コンテンツのメインボーカル!」というような売出し文句は使えなかった。

高校生から声優を続けている人は、多くはないもの前例はそれなりにある。

若さだけで注目を集めるには、なんとしても中学生であるうちにデビューさせなくてはならなかった。

たとえ未完成であろうと、出してしまえば実績にはなる。

運営には「若い」「かわいい」とチラホヤされる未来しか見えなかったのだろうか。

「15歳」というワードで興味を引くことは出来ただろうが、注目を集めた分だけ忌避の声も多くなっている。

進藤あまねさんを中心にしたいのなら、彼女の声質を活かした曲調と得意な音域の楽曲を書いたうえで、レッスンを重ねてあげるべきだった。

バイオリンを入れたバンドを作りたいのなら、バイオリンを中心にした曲選びと、それに合ったボーカルを起用するべきだった。

両立させようとして、どちらも中途半端になってしまったと言わざるをえない。

刺し身と生クリームが好きだからといって、2つを盛り合わせにしても倍売れるわけではない。

しろ避けられるだけだろう。

それだけのことだと思う。

(刺し身と生クリームを一緒に食べたことはないから、やってみて意外といけてしまうこともあるかもしれないけれど)

バイオリンを入れたこ自体個人的にとても好感が持てる出来事だった。

いつかカバー曲で『Roselia×瑠唯』なんてものが出たら、バイオリンも真価を発揮できるかもしれないな、などと期待を寄せている。

2020-06-09

anond:20200609091259

関西電気保安協会って東京ローカルなのか?多分違うだろ?何いってんだかよく分からん

俺の地域ローカルCMで例えれば「だんぶつだんぶつだんぶつだんぶつだんだんだんだんだだーん」を音程つけずに読んでみ?と言ってるようなもん

これに音程つけずに読めるやついるの?

かんさいーでんきほーあんきょーかい

おぶつーだんーのはまやー

2020-06-01

非ジャニオタが在宅勤務の2か月間だけジャニーズ追った感想

4月5月の丸二か月間がコロナ対応で在宅勤務だったんだけど、

部下は固定回線が無いだの、上司パソコンが壊れただので全然仕事が進まず、

通常の4分の1から3分の1くらいしか仕事がなく、自宅待機状態が続き…

ジャニーズ公式チャンネルYouTube動画を延々観て2か月過ごしてしまった。

6月1日からまた通勤が始まりYouTubeで延々暇つぶしする期間もこれにて終了なので、

これまでジャニーズ知識ゼロだった28歳女が2か月間ジャニーズ強化月間をやった記念に雑感を書いておく。

 

Snow Man

人狼シリーズ旅行動画面白く、一番応援したくなったグループ

メンバー深澤辰哉くんが28歳とタメ(学年は彼が一個下)で、

グループのノリがキャピキャピしすぎず親近感ある。

Snow World」を練習していたらなんやかんやで振り付け完コピしてしまった。オタクか?

Crazy F-R-E-S-H Beat岩本くん、Make It Hotで佐久間くん、Cry out向井くん大勝利してるし、みんな実力がある。

センターラウールくんも華があるし、16歳と聞いて驚いたくらい肝が据わっててしっかりしてて賢い。

ラウールくん、Snow Manに入ったばかりの頃のルックスシンプル子供しか見えなかったのに、短期間で大化けしたな。

岩本くんのパフォーマンスが一番好きなので謹慎から戻ってきて欲しいなと思う。

阿部くんや向井くんがピンでもテレビ結構出ているようなので、これからも見かけたらおお~!頑張ってる!ってなると思う。

無料でいっぱい動画観たのでお布施として唯一CD買った(特典映像の視聴期限が終わってて草)。

渡辺くん歌うめえ~!上手いだけじゃなく魅力がある!

もうズブズブに時間費やしたり重課金したりはしないだろうけど、薄く長く応援していきたい。

 

SixTONES

中高生の頃に意味不明なノリで謎に爆笑してた頃を思い出すグループ

ゲームや何かに挑戦する企画がなく、ただ集まって喋ってるだけで笑わせてくれる。

ジェシーの謎発言で何回声出して笑っただろう…。この意味不明なのにファーーーーwwwwwってなる笑いがマジ中高生のノリの記憶

パフォーマンスワイルド系なのかな?ジェシー歌声音程の安定感が好きで、抜け感のあるダンスもかっこよい。

ただ私の好みの問題ワイルド系、重厚感のある音作り、ロックバラードがあまり好きではない。

Snow Manは全員のことがそれぞれにそれなりに好きな箱推し的な感じなんだけど、SixTONESだとジェシー単推しかな。

 

Travis Japan

ダンスうま。は??やば。Lock Lockの定点動画は度肝抜かれた。

オリジナル曲のノリはSnow ManSixTONESよりも好き、一番好きかも。グルーヴィーでエンタメやるぜ感がよい。(?)

宮近くんえげつなくダンス上手い。川島くんも上手いし、全員当たり前みたいに怖いほど上手いが。

ダンスのやばさの割に、トークが弱いグループな気がする。

川島くんと松倉くんが頑張っているけど、全体を見るとややグダった感じになりがちなような。

 

HiHi Jets

好みの問題ローラースケートが刺さらなかったけど、

パフォーマンスについては猪狩蒼弥くんのラップうまい

オラオラ系が好きというわけでもない人間にも刺さるスキル、圧や熱、強さだと思う。

猪狩くんと井上瑞稀くんはキャラ立ってると思った。

年齢が近い、リアル中高生に人気が出そうな感じ。

 

美少年

顔面が整っている。元々持っていたジャニーズイメージに一番近い。

内容がグダってて1本も最後まで視聴できなかった。

 

7 MEN 侍

中高生の頃に意味不明なノリで謎に爆笑してた頃を思い出すグループパート2。

矢花くんのキャラテレビバラエティ番組に見つかりますように!

パフォーマンス動画が無い。あんまり事務所に注力されてないのかな。

バラエティキャラしかからいかパフォーマンスも観たかった。

面白かったか応援したいけどこのままYouTube観なくなって印象薄れちゃうような気もしないでもない…。

矢花くんは推せる。

2020-05-24

anond:20200524154140

”クソカバー”はよく聞くな。Don't Look Back In Angerの日本語クソカバーみたいな、ダサダサ打ち込みアレンジ凡庸歌詞ニコニコ歌い手歌唱で酷すぎて笑えないやつもある。まあこれは原曲の素晴らしさあってのクソだから意味が変わってくるか。

最低限リズム音程破綻していなければ視聴する人間不快にならないのかも

真実っぽいな。クソカバーも、原曲知らなきゃどうでもいい有象無象だし。

クソ曲ってある?【追記あり

※ほぼ主観です。具体的なソースは出さない点、申し訳ないです

クソゲー、クソ映画、クソ漫画、クソアニメ

広く流通しているエンタメコンテンツ各種の中で、

音楽楽曲一般的上記のような表現酷評されるのは稀、というかほぼ見ない気がする。

もちろん、某アイドルグループ楽曲とかが定期的に炎上したりしているけれど、それは楽曲とりまコンテキスト含めての評価であって、

楽曲自体ひとつ創作物としてみたとき芸術的価値はさておき、その造形の完成度の水準で貶される状況は、

既存楽曲に似ている/盗作である

ボーカル歌唱力が低い

くらいのモノサシくらいしか思いつかない。前者については、ちょっとこれもコンテキスト領域評価で、造形そのものの完成度の評価とはやや次元が異なる。

歌唱力については、マスタリング過程リズム音程ともに補正できちゃうのでそもそも問題になることは特に近年は稀に思える。

自分の知る範囲でクソ曲としてよく挙げられるのは

The Beatlesのオブラディオブラダである、というのは何となく知っているけれど、

イギリスはじめ海外はいざ知らず、日本において本曲がクソ曲として扱われるということはなく、

しろかなり人気のある部類だろう。イントロピアノはさすがにどうかと思うけど……。

(もちろん英国本国でも批評家のぞき一般的には人気がある可能性もあるけど)

日本でも宇多田以降、一時は「小室ファミリー」的なる状況が邦楽音楽の水準を下げた、あるいは多様性を失わせたみたいな言説があったように思うけど、ある楽曲単体の出来の巧拙の具体的な評論評価があったかは思い出せず。

映画ゲームが、コンテキスト抜きでパッケージングされた創作物としての評価

カジュアルに「クソ」の烙印を押される一方で、少なくとも日本においては楽曲がそれらの評価から自由なのはなぜだろう。

いくつか仮説を考えてみた。

コンテンツ価格が各種エンタメの中で低く、拘束時間も短いため、損を感じにくい

音楽言語と相性が悪く、そもそも評論と不向きであるコンテキスト抜きでの楽曲評価の知見が不足しているか広く共有されていない

コンテンツに関わる人数が比較的少なく、クオリティコントロールが容易

●最低限リズム音程破綻していなければ視聴する人間不快にならないのかも

視覚的な表現に対して、聴覚依存する表現リテラシーが低い(というか生体的な感覚器の精度が視覚と比べてやや大雑把な可能性)

●「ヘタウマ」という言葉がある通り、実は表現巧拙はそこまで重要じゃない(この辺、おとなりの国と結構対照的な気がする)

●「実験作だから」と言えば何でも許されるスキームがある

と、何となく考えたところで、日本において(ある程度名の知れたアーティストリリースした)クソ曲って存在するもの

また、楽典とか音楽の専門的教育を受けた人からすれば、実は楽曲の造形的なよしあしって明確に見えてたりするものですか?

(展開/フレーズ効果のあるなし/要素の相互関係など)

====

【以下追記】5/25 0:50

予想外に伸びててびっくりした汗

読み返したら超読みづらい上に誤字脱字多く恥ずかし…

トラバブコメ感謝です。めちゃ勉強になりました。ありがとうございます

もう事実上活動していないあるバンドのある楽曲がめちゃくちゃ好きで、

というかひとつ作品としてものすごく美しさや言っちゃえば聖的なものさえ感じるのだけど

自分にはそれを言語化することが一切できなくてずっとモヤモヤしてて。

ボーカル音程危ういし抜けが悪いし、サビらしいサビもなく(10分ほどある曲のうち多分半分もメロディーラインがないのでは)

個人的にはすげー好きな展開も冗長といえば冗長かもしれずで(天国への階段いかも)

多分何てつまらない曲なんだと感じる人がほとんどだろうなーとも思うわけです。

5月末の何日だかがそのバンドボーカルギターの命日だもんで

毎年この時期になるとその曲の凄みみたいなものを何かしら言語化できないもんかなと思いつつ、

やっぱ無理ね、となるのです。

楽曲言語で評するって難しいなーと思うと同時に、

じゃあ明らかに作品として不出来と評されている楽曲って流通してるもんかな(自分は知らないので)と疑問に思い

増田投稿した次第でした。

ただクソ曲っていう強く不快ワードしたこと反省してます…。

特に音楽業界の方申し訳ないです。

2020-05-23

anond:20200523203902

あ、ごめん。まじでごめん。シラすたみたら、エッジボイス理解した。確かに鼻孔を使った発声。ただ、エッジボイスは半音高くしないとちゃんとした音程で出ない。エッジボイスしないで、鼻孔だけを使っているとさっき言ってた裏声でた。エッジボイスはその部分を使って、さら半音上。そうするとちゃん音程にのるみたい。さらに一歩進んだ。むしろ感謝

2020-05-22

anond:20200522100923

伝わってなさそ。

おれがプログラミングの最低レベルが高い環境にいたように、絵や音楽の最低レベルが高い環境にいるんじゃないのかと言っている。

両方ともバイアスがかかっている状態で話をしていませんか?という指摘。

もっと言うと、プログラミング芸術スキル分布のテールの人口一定数いて、その数を比べたら同じぐらいじゃないか、と言っている。

おれはCSVファイルが分からないレベルで絵が描けないし、音楽を聴いても本当によくわからない。音程狂ってるとか聴いただけで言えるのは特殊技能だと思う。

2020-03-23

( ・3・) クラシック好きの上司ディランを聴きたいと言いだして 2

https://anond.hatelabo.jp/20200322025040

第二スタン


They walked along by the old canal

A little confused, I remember well

And stopped into a strange hotel

With a neon burnin’ bright

He felt the heat of the night

Hit him like a freight train

Moving with a simple twist of fate [2]


――では、第二スタンザに進みます。どうぞ。

( ・3・) ふたりは古い運河に沿って歩いた。少しまごついていたのをわたしはよく覚えている。そしてふたりネオンの輝く奇妙なホテルに入った。

――「奇妙なホテル」とは?

( ・3・) ホールフランク・ザッパ蝋人形でも飾ってあったんじゃないか? ああ、この strange というのは unfamiliar ということだな。――ネオンの輝く見知らぬホテルに入った。彼は夜の熱気に打たれるのを感じた。まるで運命のひとひねりと共に走る貨物列車がぶつかってきたようだった。

――はいどうでしょう

( ・3・) 夕暮れの公園にいたふたりが歩きだす。ネオンが光っているから、あたりはもうすっかり暗くなったんだろうな。「わたし」の記憶によると、少しまごついていたようだが……。

――「わたし」が出てきましたね。

( ・3・) ふたりの背後に忍びよる謎の人物……。落ち着かない心の内までお見通しとは、たいした観察力だ。

――……。

( ・3・) いや、分かってるよ。賢明なる読者諸氏ならば、「わたし」の正体は説明せずともお分かりになるはずだ、ってことだろ? 分からないとおかしい。ナボコフの『   』を読んで、「   」と「   」とが同一人物だと気づかないようなものだ。

――『   』は読んでいないのですが……。

( ・3・) だから少しは本を読めって。ただしまともな本だぞ。『死にたくなければラ・モンテ・ヤングを聴きなさい』みたいなのは読書カウントされないからな。

――話を元に戻しましょう。

( ・3・) 三人称物語だったはずなのに、一人称の「わたし」がぱっと現れて、さっと消える。聴き手は混乱するんだけど、何事もなかったかのように、彼と彼女との物語が続いていく。

――はい。人称の問題は後で見直すとして、脚韻についてはどうでしょう

( ・3・) 1行目と2行目、canal と well母音が合っていないんじゃないか

――子音しか合っていません。脚韻は、強勢の置かれた母音以降の音が一致しないといけないので、この箇所は韻を外していることになります。そのうえ、1行目と2行目とでは旋律も違います

( ・3・) 違ったっけ。

――違うんです。第一タンザでは、1行目・2行目・3行目はきれいに韻を踏んで、旋律も同じかたちでした。ところが、第二スタンザでは、1行目・2行目で母音が揃わず、canal は上昇する旋律、well は下降する旋律です。というか、"I remember well" のところは、はっきりした音程がありません。そこだけ語りのようになっています

( ・3・) 例の「わたし」が出てくるところだな。ひょっとしたら、わざと韻を外して、旋律も外して、「わたし」に対する違和感を際立たせようとしているんじゃないか

――わざとかどうかは分かりませんが、定型から逸脱することで、聴き手の注意を喚起する効果はあると思います

( ・3・) となると、韻を踏まないことにも意味がありうるわけだ――あれ、6行目と7行目、trainfate も韻を踏んでいないぞ。

――6行目は train ではなく freight train の freight が脚韻にあたります

( ・3・) まず列車概念があって、それからより具体的には貨物列車、という思考の流れではないんだな。まずフェイトという音の響きがあって、その響きが無意識言葉の渦からフレイトをひっぱり出してくる。それから列車概念フレイトにくっついてやってくる。意味が音を追いかけているみたいで面白いな。

第三スタン


A saxophone someplace far off played

As she was walkin’ by the arcade

As the light bust through a beat-up shade

Where he was wakin’ up

She dropped a coin into the cup

Of a blind man at the gate

And forgot about a simple twist of fate


( ・3・) どこか遠くでサックスを吹いている人がいた。――これは順番をひっくり返さないとうまくいかないな。――彼女がアーケイドを歩いていると、どこか遠くからサックスが聞こえてきた。くたびれた日よけから光が差し込み、彼は目を覚ました。

――まだ覚ましてはいません。

( ・3・) ――彼は目を覚ましつつあった。彼女は門のところで盲人のカップコインを入れた。そして運命のひとひねりのことは忘れてしまった。

――はいどうでしょう

( ・3・) 夜から朝になった。どこか遠くでサックスを吹いている人がいる。時を同じくして、彼女はどこかへ歩いていく。そしてまた時を同じくして、夢うつつで横になった彼の部屋に光が差す。一行ごとに場面が切り替わって、映画みたいだ。

――as が場面転換の役割果たしてます

( ・3・) どこかへ歩いていく彼女は、そのまま消えてしまう。盲人のカップコインを入れる、というのが何か象徴的な行為なんだな、きっと。運命、盲人、テイレシアス、と連想が働くせいでそう感じるのかもしれないが。

――何を象徴しているんですか?

( ・3・) 何かをだよ。メルヴィル白鯨は何を象徴しているんだ?

――何かをですね。

( ・3・) そう。ある行為対象が何を意味するのか一義的に定まらないとき、その行為対象象徴性を帯びるんだ。ひとつ賢くなったな。

――とはいえ、門のところの盲人は運命を告げるわけではなく――

( ・3・) それどころか、彼女運命のひとひねりなんて気にしてないんだな、ちっとも。

――強い。

( ・3・) 強い。運命抗う者は悲劇的な最期を遂げるが、運命に関わらない者はいつまでも幸せに暮らすんだ。――じゃあ、ありがたい教訓も得られたことだし、次に進もうか。

――その前にひとつだけ。わたし面白いと思うのは、彼女が去っていくのを誰も見ていない点なんです。まず、どこか遠くのサックス奏者は物語に関与しない。

( ・3・) 音だけの出演。

――部屋では彼はまだ寝ている。そして門のところの盲人には――

( ・3・) 彼女は見えない。なるほど、興味深い指摘だ。きみ、名前は?

――……。

( ・3・) 名前は?

――アルトゥーロ・ベネデッティミケランジェリです。

( ・3・) アルトゥーロ、ありがとう。そんなところにも彼女の強さというか、優位性が表れているのかもしれないな。

第四スタン


He woke up, the room was bare

He didn’t see her anywhere

He told himself he didn’t care

Pushed the window open wide

Felt an emptiness inside

To which he just could not relate

Brought on by a simple twist of fate


――ハーモニカの間奏を挟んで、ここからは後半です。彼と彼女とがいっしょにいる、あるいは少なくとも近くにいるのが前半でしたが、ディラン先生ハーモニカを聴いている間に、彼女のいた世界彼女のいなくなった世界に変わってしまいました。――では、どうぞ。

( ・3・) 彼が目を覚ますと、部屋は熊だった。

――クマ

( ・3・) 「かすみの間」「うぐいすの間」みたいに、「グリズリーの間」だったんだよ。泊まった部屋の名前が。

――真面目にやりましょう。

( ・3・) 彼が目を覚ますと、部屋は空っぽだった。彼女はどこにもいなかった。どうってことはないと自分に言い聞かせ、彼は窓を大きく押し開いた。心の内に虚しさを――

――虚しさを?

( ・3・) 虚しさを感じた。で、その虚しさというのは、彼がどうしてもリレイトできない――

――He just could not relate to an emptiness inside ということです。

( ・3・) どうしても関わることのできない虚しさ?

――辞書を引きますか?

( ・3・) おまえが引きたいというのなら。

――ランダムハウスにちょうどいい例文が載っています。I can’t relate to the new music of Miles Davis. マイルス・デイヴィスの新しい音楽わたしにはしっくりこない。――1972年に『オン・ザ・コーナー』を聴いた人はそう感じたかもしれません。そもそも1967年の『ソーサラーからして、もう調性は不

( ・3・) 自分自身の虚しさとうまくつきあっていけない、と考えればいいのか。――どうしてもなじむことのできない虚しさを感じた。運命のひとひねりによってもたらされた虚しさを。

――はいどうでしょう

( ・3・) さっき "he was wakin' up" のところで「まだ目を覚ましてはいない」って添削が入ったのは、このスタンザの "He woke up" が念頭にあったからなんだな。

――そうです。ここではっきりと目を覚ます

( ・3・) 彼女はいなくなっている。大丈夫だと自分に言い聞かせるってことは、大丈夫ではないわけだ。窓を開けたら心の内に虚しさを感じた、のくだりはなんだか分かる気がするな、感情の流れが。ぐっときたぜ。

――まず部屋が空っぽだという状況が語られる。でも本当に言わんとしているのは、彼の内面空っぽになったことです。開いた窓のところに立って外と内とを画定することで、内面という言葉自然に導かれています

( ・3・) きみ、名前は?

第五スタン


He hears the ticking of the clocks

And walks along with a parrot that talks

Hunts her down by the waterfront docks

Where the sailors all come in

Maybe shell pick him out again

How long must he wait

Once more for a simple twist of fate


( ・3・) 時計がチクタクいうのが聞こえる。言葉を話すオウムを連れて歩く。水夫たちがやってくる港で彼女を捜す。また彼女が彼を見つけてくれるかもしれない。どれだけ待たなければならないのか。もう一度、運命のひとひねりが生じるのを。

――はいどうでしょう

( ・3・) 時計の音が聞こえてくるのにあわせて、時制が現在形になった。ここからは彼にとってまだ過去出来事ではないんだな。

――彼女のいない現実が、一秒ごとに動かしがたいものになっていく。コンクリートが固まるみたいに。

( ・3・) 「言葉を話すオウムを連れて歩く」は何を意味するんだ? アメリカ文学で鳥がしゃべるといったら、ポウの「ザ・レイヴン」だな。死に別れた恋人天国で再会できるだろうかと訊くと、鳥は「二度とない」と予言するんだ。

――このオウム実在するんでしょうか? どこからともなく現れましたが。

( ・3・) そこを疑うの? 「昔々、あるところにおじいさんとおばあさんがいました」「エヴィデンスは?」みたいなものじゃないか

――いえ、そうではなく、おそらく肩の上、耳元でオウムが話しているわけですよね、彼女を捜して歩いている間ずっと。それは暗喩ではないかと思うのですが。

( ・3・) おじいさんは暗喩としての山へ暗喩としての柴刈りに行きました。

――「周囲の人たちの話が、オウム言葉のように空疎に聞こえてしまう」を暗喩的に言い換えると「言葉を話すオウムを連れて歩く」になりませんか?

( ・3・) 心ここにあらずだから、「よう、調子はどうだい?」と声をかけられても、「ヨウ、チョウシハドウダイ」と聞こえるわけか。まあ、そうかもしれないな。

――次は最後のスタンザです。

第六スタン


People tell me it’s a sin

To know and feel too much within

I still believe she was my twin

But I lost the ring

She was born in spring

But I was born too late

Blame it on a simple twist of fate


( ・3・) 内面を知りすぎてはいけない、感じすぎてはいけないと人は言う。わたしは今でも信じている。彼女わたし双子だったと。しかしわたしは指輪をなくしてしまった。彼女は春に生まれたが、わたしは生まれるのが遅すぎた。運命のひとひねりのせいで。

――はいどうでしょう

( ・3・) 「わたし」が出てきたな。二番目のスタンザでは存在をちらっと匂わせる程度だったが、ようやく正体を現した。

――もう自分が誰であるかを隠すことはない。

( ・3・) そう。三人称過去のかたちで物語が始まり彼女がいなくなって時計の秒針が意識に上ったときから三人称現在になる。そして今、一人称現在で「わたし」=「彼」が胸の内を明かしている。

――すべて過去形で書くこともできたし、すべて三人称、あるいは一人称で書くこともできたと思うんですが、どうしてそうしなかったんでしょう?

( ・3・) なんだか「学習の手引き」みたいになってきたな。時制が変わるのは、彼女の不在が彼にとって現在出来事でありつづけているから。人称が変わるのは――そうだな、最後のスタンザの心情は、客観的に、距離をおいて語れないんじゃないか。まだ傷が生々しくて。

――第四スタンザの「部屋は空っぽだった」から「窓を大きく押し開いた」のあたりはハードボイルド流儀で、あまり感傷的にはなるまいという抑制が働いているんですが、最後のスタンザになると――

( ・3・) 抑制が外れて、ついでに三人称仮面も外れる。他人物語であるかのように体裁を保っていたのが、保てなくなる。こういう効果を生むためには、人称の変化が必要だったんだな。

小休止

( ・3・) はっさく匂いは猫たちには不評だな。

2020-03-06

リモコンが買えなかった話

俺が先月まで赴任していたB-37世界では、言葉音程と長さだけで成り立っていた

そのおかげか毎日ミーティングに3時間は平気でかかっていたが、それでも6時間で全員定時退社しており、なかなかカルチャーショックを覚えたものである

世界全体がそれでうまく回っているため、変えるつもりもないらしい

文字文化もないのだが、種族として記憶力が良いのか、こっそりメモを取っているのを遊んでいると思われて、よく咎められたもの

日常会話は使いやすく短い音で成り立っているのだが、専門性が増すにつれより音域は広がり時間も長くなっていく

俺は結局リモコンが高すぎて発音できず、三か月間ずっとクーラーなしで過ごすはめになってしまった

2020-03-01

morohaの曲聞いてて不満に思う部分

ポエトリーラッパーのmorohaの曲全部好きで、ニワカだけど一言一句全部好きなんだけど 不満というか、聞いてて「はうぁ?」ってなってしまう所がある。

morohaはギターがカッコよくて、ギター弾いてる人もカッコよくて、MCも声の音程の取り方と歌詞と、それに感情めっちゃ乗せるのが上手くて

CMの声でも使われているんだけど

①「豚は死ね、狼は生きろ、おおかみよなんて言わねぇ」

「してはくれない、紅に燃える」っていうフレーズに通じるものがあって、ここら辺のmorohaのオヤジギャグ言葉遊びあんま好きじゃない部分も含めて俗っぽくて好きなんだけど

「豚は死ね」はぶたさんがかわいそうだし、感情籠ってる分めっちゃ豚に憎しみ感じる。キラキラ輝いた目で、めっちゃ憎しみ込めて歌うんだ。

オオカミは生きろ」といいつつ「おお神よなんて言わない」の所で中途半端に無理やり意味繋げようとした感と

ちょっと無理矢理感があるし、狼の語源が神っていう説もあって、狼を肯定しつつ神を否定するのにもやっとするし、まぁ特に無理やりつなげてる部分がちょっと笑ってしまう。

狼というフレーズ書いた後に、「おおかみよ」なんて安易言葉でつなげてドヤ顔してるMCアフロの顔が浮かんでしまうんだ。でもこれが無かったらなんか腑抜け歌詞になるからあってもいいと思う。

②「ドリームカムしてtrueにならず、ドリームはDOUしてtrueにしていく」

ドリカムは興味ないけど、ドリカムも思ってないところでDISられてるだろうなぁって思うし

「DO」あたりの自信満々の発音が腹立つ。AKBとかジャニーズに不満持ちつつ、「どう見ても俺が挑戦者」って言っていたMCアフロが……って気分になる。

そもそもCOMEって来るって意味じゃなくて、makeOCみたいな、OがCになるみたいに「何何に成る」って意味に使われてるだろ。夢は叶うんじゃなくて叶えるんだ、俺はその為に頑張っているってのは伝わるんだけどさ。

そういうちょっと無理やりな所も好きだけどさ、MCアフロがその歌詞が浮かんだ時のドヤ顔が頭に浮かんでしまう。目を見開いて前見つつ、額に汗かきながらちょっと口締めてニヤってするんだろうな。

2020-02-21

anond:20200221185712

まあズルじゃないとして、左手ばっかり意識が行ってる風な演奏はどうなの?

それこそ見て音程取ってるとしたら、なおさらバイオリン演奏左手が主で右手は従ですか?逆じゃね?って感じなんだけど。

そのせいか全然リラックスして弾いているように見えないどころか、無酸素運動で駆け抜けてるみたいな人多くね?

それ表現としていいの?って思う。

ズルって言わねーの?

youtubeバイオリン演奏動画を見るのがマイブームなんだけど、男も女も老いも若きも、揃いも揃ってなんで左手ガン見して弾いてるの?

チェロでもギターでもそんなことしてないし、もちろん管楽器だってありえない。

からもしバイオリンだけ左手見て音程取ってるなら、ぶっちゃけセコいというか、ある意味ズルじゃねーの?

それから管楽器の命が息とタンギングなのと同様、バイオリン含む弦楽器の命って右手コントロールでしょ?

だとすればズルじゃないとしても、そんな左手ばっか睨んでたら意識が全部左手に集中しちゃって、逆に弾いてて苦しいんじゃねーかと思うんだけど違うの?

それとも何かのおまじない

2020-02-16

音感についてまとめてみたのでφ(..)メモメモしておく

絶対音感 ある音の高さを他の音と比較せずに識別する能力

相対音感 ある音の高さを他の音との関係において識別する能力

出典:デジタル大辞泉小学館

国語辞典には載っていますが、楽典には音感は載っていません。

識別方法音楽の分野では心理学の分野だからです。

ヒトには音の高さを感じる能力があります内耳蝸牛聴覚細胞が並んでいて、周波数によって興奮して信号を発する部位が違っています。これが脳の聴覚野で処理されて音の高さとして認識される。

長さに例えると長短は比較できますが「ものさし」がありません。何㎝と分かるには、単位を決めて物差しを作らないといけません。作成したものさしを基準点に合わせて長さを測ります

音の高さはラ=440Hzの基準を決めます周波数が2倍の880Hzの音を人間は「同じ音」に感じます。この音程・音の高さの間隔を1オクターブといいます。合成された波形の周期が元の周期と一致します。音の高さには「トーハイト」と「トーンクロマ」という2つの考え方があり、トーハイトオクターブ単位で違う音はトーンクロマが同じと感じられます

返信を取り消す

周波数が2:3の音程は美しく響き合うと感じられます。合成された波形が単純な繰り返しになります音楽ではこの音程を完全五度と名付けています

2:3の関係で音の高さを決め、1オクターブ範囲を超えたら周波数を半分にして折り返します。こうしてできる12音の音列を半音階といいます。この方法ピタゴラス音律と呼びますピタゴラス音律では13音目が最初のラと「ほぼ同じ」なのですが、このために和音の響きが濁ります不快な「うなり」が発生します。この音程の誤差をピタゴラスコンマと呼びます

これを補正するために、様々な音律半音階の周波数比が考案されてきました。ピタゴラスコンマ分散させています

ピタゴラスコンマを均等に割り振ったのが平均律。きんとうに和声が濁ります

これで、音の高さのものさしが完成しました。

ラ=440Hz と 平均律音程 を 覚えて、半音階上位置を判定します。これが相対音感。ラの周波数は可変です。半音階の音高に「音名」をつけます。が、ドレミファソラシは7音・全音階に命名されていて、半音階は♯♭をつけて表されます

絶対音感は訓練によって、半音階の音の高さを記憶して、絶対的ものさしとして使います記憶には短期間で忘却する短期記憶長期間保持し続けることのできる長期記憶があります短期記憶を繰り返すことで、長期記憶として定着すると考えられています絶対音感・音の高さの長期記憶は、幼児期でないとできないとされています。脳の発達により能力が失われる。相対的な音の高さを思考できるようになると、単純な記憶をする訓練が妨げられる。諸説あります

色覚はたくさんの色を認識することができます。これは光の周波数・波長を感じています日本の文化では、赤橙黄緑青藍紫が波長の順に命名されています

絶対色覚……という用語はありません。緑と青の間にも無数の色があり、これを明確に区別することができないから。

絶対音感は、ドレミファソラシの周波数を固定的に記憶しています

ドとド♯の間の音は「わからない」 精度が低ければ近い方に誤認します。ドに近い・ド♯に近いと分かるために、相対音感で補間をします。

赤~紫の光は、赤・緑・青の3つの合成で作ることができます。0~256の強さで表すと256*256*256の色を表現できます

音には1秒間の振動数で表すHzという単位の他に、音楽では1オクターブを1200分割して1セントとする単位があります

可視光を7分割するのは、日本の文化文化によって色名の数は異なります

半音階12音の音程感を覚えて、相対音感習得しましょう。

絶対音感があると、音がすべて「ドレミに聞こえる」という誤解があります音感があると音の高さが「ドレミで分かる」だけです。もし「ドレミファソラシ~♪」という音声が聞こえていたら、それは脳が作り出したもの生活に支障があるならばそれは「幻聴」という病気

絶対音感記憶している半音階に拘りがありすぎると、強迫性障害発症します。長さが1cm刻みぴったりでないと許せないと言い出したら病気ですね。

人には聴覚から入ってくる情報を取捨選択して無視できる能力が備わっています。これを「カクテルパーティー効果」といいます言語の音声を多数同時に処理できるほうが稀な能力ですし。雑踏の話し声がすべて頭に流れ込んでくるとか、どこからか話し声が聞こえてくるとか言い出したら病院

音感があっても複数パートを同時に処理し記憶することは容易ではありません。そのような優れた音感記憶力は「絶対音感」と誤解されていますが、音感の種類である絶対・相対とは関係ありません。

2020-02-05

映画CATS観たけど、猫人間気持ち悪さとかの問題じゃないんだよ!

舞台(劇団四季)のCATSを観た上で映画を観た。

人間別にいいよ。すぐに慣れる。

CG処理していることによってダンスの良さがいまいち伝わりにくいのはもったいないなぁとは思うけど、まぁ許せない程ではない。

じゃあ何がダメかっていうと、歌の盛り上がりが全然無いこと。

CATSストーリーなんか無いし、期待してないから、歌を盛り上げることだけに集中して欲しかった。

個人的に残念だったのは、

・ガスの歌ショボすぎ。

舞台の時はもっとしっかり歌ってた。

映画のは語りみたいで、かつ音程不安定にするような演出で見応え無し。

映画にするなら、ガスの全盛期の回想とか入れてくれればアガルのに。

グロールタイガーショボすぎ。

舞台では、ガスが演じてる架空の役であり、その中ではきちんと威厳があるが、

映画ではグロールタイガー実在してて、マキャビティのショボい手下扱い。

グロールタイガー実在させると、どうしてもマキャビティと比べちゃうことになって、どっちが格が上なのかとかの話になってしまう。

ミストフェリー気弱すぎ。

歌う前に覚悟を決めるシーンでも入れてハッタリでいいから軽やかにやれ。

何回も失敗しすぎ。いい加減ウザくなってきて、最後成功も盛り上がりに欠けてた。

・グリザベラ泣きすぎ

これも、歌う前に覚悟を決めるシーンでも入れて歌はしっかり歌え。

歌い泣きが長くてだれる。

・マキャビティコート脱ぐな

コート来てる時はなかなか威厳があったが、脱ぐとなんかショボい。


良かったところをあげるなら、

ミストフェリーズのシーンの雰囲気は良い

場面変化があって映像がきれいタップダンスはアガル

でも「濃いめ!」が俺は聞きたかった。

これって劇団四季演出なのかな?

映画なんだから、各猫で全部場面変化があった方が良かったなって思った。

そうすれば次は何かなってずっとワクワクできたのに。

2020-01-21

ミュージックビデオの内容と歌の歌詞が一致しているカラオケって、どれだけあるのかな。

カラオケで、読解力を要求される歌詞ってあるんだなと。

言わずと知れた湘南乃風純恋歌を例にすると「美味しいパスタ作ったオマエ」の関係性もそうだけど、読解力が要求される。そのくせミュージックビデオの内容は、男女のカップル結婚前の匂わせるもの

スキマスイッチの奏なんかも、どこまで情景が繋がっているのか不明

長いと10秒前の情景描写なんて忘れちゃうから、難しいもんだなと。

「改札の前繋ぐ手と手」から「突然不意に鳴り響くベルの音」これが、駅のベルの音だったってまでは、分かるけど。続いて「ほどける手」とか「焦る僕」とか。何となく別れのシーンだったのかと。

カラオケで歌う時って、歌詞音程意識が向いているから、歌詞まで味わってなかったよ。

  

その点、ゴールデンボンバーの「女々しくて」やら「水商売をやめてくれないか」は、ミュージックビデオの内容と歌の歌詞と、出演者がだいたい一致していて分かりやすい。

  

歌なんて、ノリの方が大事なんだろうけど。何年か、ヒトカラしておきながら、歌詞まで吟味してなかったよ。。

2020-01-16

古事記日本書紀を暗唱できなければ処刑

歴代天皇全部いえるかな?言えなければ処刑

君が代歌えるかな?音程を外したら処刑

ネトウヨにもこういうガチ愛国心を見せてもらいたいもの

左翼には暗唱できるべき教典ってある?

2019-12-28

月組 LV I am from Austria

美園さんと珠城さんの作画が違う。作画?役作り。オーストリア出身といえどハリウッド女性と、ずっとオーストリアで育った人だから、という範囲を超えているような。2人だけの場面はなんだかテンポが悪くて疲れるというかハゲそうというか。

歌い方も、たまきちがフラットなのに対して、美園さんは濃い。笑えるぐらい濃い。胸を上下させて。それもハリウッドオーストリア感?

美園さんは娘役っぽくない発声だった。太い。なんならたまきちより男らしい声。でも高音域になると声質が全然変わるから、そこはもうちょっとフラットにしていただきたい。

まりは、たまきちと美園さんって相性が悪いというか、それ以前にあんまり話し合って芝居作れてなさそうというか、仲悪そう。デュエットダンスもリフトもなんだか汚かった。これは私の先入観でそう見えただけだろうか。

歌も、珠城さん(テイスト)に合わせる気が、美園さんには全くないようだ。まあ、そうだよな、合わせてたらのっぺりなるだけだものね。悩ましいところである。真彩さんが彩風さんに合わせる気がなかったのは全然よかったのだけど(?) むしろなんかたまきちが、美園さんに、合わせろよ!みたいな。「さくらが私より歌がうまいなんてことはないし、私がさくらについていく必要はない」みたいに不感症かよという勢いで素知らぬ顔でフラットしやがって。咲妃さんとちぎさんの場合どんなだったんだろう…。

たまきちは相変わらず糞詰まりみたいな歌だし、演技もなんか糞詰まってる。もっと表情とか声色とかはじけられないものなのか。どこまでも珠城りょうである。認められない。ピガールの先行画像は美しかったけど、期待して良いのだろうか。そういえば松本理事出るのね!楽しみだ。

冒頭のコーラスシーンで、あー、ってなった。なんじゃこりゃーってなった。下手くそやなあこれがてるみんさんの言ってたことかと。なんで見に来てしまったんだろうこれは金返せと思ってしまパターンやんと思った。

コーラスシーンとか、歌のシーンがいまひとつだったのは、生徒もだけど、なんつーか、オケも悪いような。なんか全然雰囲気出てないような。ノリというか。

鳳月さんはイケオジだった。出てくると目が落ち着いた。歌もよかった。高音もいい感じだったけど、序盤でファルセットをひどく外してた。あれ正しい音程はなんだったのかすらさっぱり予想がつかないレベルだった。時空が歪んだ。とてもよかった(ズコボエフリー視点で)。

月城さんのタンゴの場面で、やっとあー見に来てよかったなと思えた。でもまあ全体通して、半額分ぐらいかなあ。んー、フィナーレ退団者の挨拶入れて、元とれたかな。しかしやはりこれはやや苦しい。苦しいと言っている人の気持ちがよくわかった。しかし月城ウォッチは引き続きがんばろう。

月城さんはショースターとしてもいい感じだ。もう彼女トップでよい。男役群舞最後の暁さん鳳月さん月城さんの歌い継ぎはすばらしかった。たまきち、いらんかった。いや、よく引き立ってた。

終演後の2回目ぐらいの挨拶オケがすごいことになってた。主題歌がなんかすごい不協和ってた。ヤケクソなの?

なんでアルゼンチンサッカー選手?そのつながりでタンゴはいいとして(でもリチャードがタンゴである必要はないけど)

千海さんはもう少しカッコいい衣装でいてくれてもよかった。振り切れてた。ハードロックカフェTシャツGパンにイン!

95期コンビ輝月さん月城さんのシーンは安心して見られた。

というかほんとうにトップコンビ2人だけのシーンのみ、ハラハラした。ハゲた。

風間さんの歌、敢えてそんなにうまくも歌わないという高等技術見せてきた。組曲虐殺音楽劇パターン恐ろしい子

エマジョージに惹かれる理由全然わかんなかった。逆もそうだけど。その後もあまり好き合ってる感じが伝わってこなかった。これも先入観のせいなのか…。

エマはもうむしろリチャードとくっついてくれた方が納得できたレベルだった。

作画的には美園さんより海乃さんのほうがたまきちには合ってたんじゃないかとも思った。歌はさー、なんだかんだ言って美園さんもそれほどでもなかったと思ったけど、海乃さんだったら事故っちゃってたのかなあ。

珠城さんはいいとこがひとつもない、と思うけど、実はひとつ心当たりがある。カンパニーでの青柳さんの「前に進もうにも、どっちが前で後ろなのかわからないんだ」(ニュアンス)というセリフは、宝塚ウォッチャーもうすぐ研3の私史上で、なんならいちばん印象に残っているセリフだ。原作には無かったと思うのだが、なんか心打たれたというか、なるほどねそうだよねそういうことあるよねと思って少し泣けた。普通人間の悩みを、ストレートにまっすぐに(フラットなだけに)珠城さんが言葉として発した時に何か力を持つのかもしれない。今日も一瞬そのことを思い出したシーンがあったのだけど、結局特に印象に残ったセリフは無く終わった。

もう月城さんがトップでよいと言ったけど、二番手時代は長いほうがよいので、まあたまきちでなくてもいいんだけど、まあたまきちでいくのであれば、もうちょっとなんとかなってほしいなと思い。

追記

たまきちと美園さんのハモリはきれいだと思えるところもあった。たまきちの歌もよいなと思ったときもあった

追記2

珠城さんスタイルはやっぱいい。足長い。なんか目が寄ってる?あとそういえば男役感があまりない。自然に男?

2019-12-23

歌手へ告ぐ アレンジすな

なんで歌手の人って段々と自分の持ち曲を原曲通りでなく、アレンジして歌うようになるの?かっこいいと思ってるなら、素敵だと思ってるなら、それは大きな間違いです!原曲以上に素晴らしいものなんてないから!変にテンポをずらしたり、変に音程を変えてみたり、変な拍で歌ってみたり、それ改悪だよ!改悪

頼む!頼むよ!往年の歌手たち!そして新進気鋭の歌手たち!この先頼むからアレンジして歌を歌ってくれるな。元の通り、元のままに歌ってくれ。それが1番美しく、綺麗な状態から

2019-12-12

いちばん音程の高い音がある歌、低い音がある歌ってなんだろ?

候補:

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん