「洋楽」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 洋楽とは

2019-04-18

邪気眼中二病

anond:20190418154040

これに限らないけど、中二病邪気眼混同されてるのって損失だよね。

正反対と言っていいほど違いがあって、どちらもかわいいのに。

  

中二病

米国の横暴や宗教戦争、そしてそれへの周囲の無関心に心を痛めながら眠れない午前二時に洋楽を聞きブラックコーヒーを飲む。

二宮飛鳥

  

邪気眼

右腕の聖痕スティグマ)に封じられた魔の力が暴走し周囲の人を傷付けてしまうがそれも我が身に科せられた業(カルマ)。

神崎蘭子

男性アイドル万感録 (心情変化の過程とその考察)

かつての私は、黄色い声援と共に男性アイドルに目を輝かせていた同級生が嫌いだった。

見た目もたいしてカッコよくもない(と思っていた)し、当時聴いていたマイケル・ジャクソンクイーンをはじめとした洋楽のように、私にワクワクを与えないと思っていた。当時の記憶から類推するに、彼らの容姿や歌が嫌悪とともに目に映っていたのは、"色恋を絡めた男性性をアイドルに求めるファン"というフィルターがあったからだったように思う。

要するに「男性アイドル恋愛性を持った夢を抱くファンが大多数を占めるコンテンツキモっ」ということである

そんな私が、ファン気持ち悪いという理由から嫌煙していた男性アイドルというコンテンツに目覚めたのは、ごくごく最近のことである

(気持ち悪さについての考察は後日書ければと思う)

きっかけはYouTubeであった。

YouTubeプロモーションの一環として、某大手事務所デビュー前のグループが豪華なPVを引っさげて鮮烈に登場したのである。煌びやかで美しい楽曲PVプロモーションCM中に見せる溌剌とした笑顔とは対照的な凛としたパフォーマンスデビュー前にも関わらず華のあるそのグループに興味を持ってから、その"沼"に沈むまで、さほど時間はかからなかったように思う。

2018年3月からYouTubeチャンネルを開設し、ネットでの活動を解禁した5つのグループはそれぞれに素晴らしさも放つ輝きも異なり、企画の多くは彼らアイドルを身近なキャラクターとして認識させ、その一喜一憂に私は心踊らせた。どのグループ個性的面白く、日々更新される動画は心の癒しとなっていった。

その中でも、一際私の心を掴んで離さなかったのは5つのグループの中で最も平均年齢の高い、所謂お兄さんグループであった。

落ち着いたビジュアルながら、歌、ダンスアクロバット舞台と様々なジャンルで高いレベルを維持し、キレのあるパフォーマンスは数多の先輩からも高い評価を得ているという職人のような6人グループキャラも濃く、個人でも多方面活躍し、YouTube企画内でもほぼ全員がMCなどをそつなくこなす安定感ある彼ら。すぐさま過去動画を含め、すべての動画を視聴した。

すべてのパフォーマンスは、5グループの中で最も長い結成期間が培った強い絆と固い結束に基づいた"6人だからこそ"の唯一無二の輝きがあった。

6人で掴み取る夢のデビューはもちろんの事ながら、メディア露出ライブ舞台など、彼らの活躍に期待し、また、気付けば様々な形で応援をしていた矢先。

2019年1月17日のことである

突然の増員が発表されたのである

"6人だからこそ"の夢は一瞬にして崩れ去ったように思えた。増員発表以降、気持ちの整理がつけられず、YouTubeを見るのをやめた。Twitterニュースサイトなどで集めていた最新情報も見なくなった。本人達からの、本心でのコメントが欲しくて、渇きで死んでしまうのではないかと思うほど、心が枯渇した。増員メンバーは3名おり、みな年下で、最年少は15歳という事も、私が胸ときめかせた"6人だからこそ"のパフォーマンスに影響するのでは...と不安になった。何日経っても「彼らの気持ちは?」「彼らが望んだのか?」「あの6人の作り上げる世界はもう見れないの?」「強みであったアクロバットクオリティはどうなるの?」「なんで?なんでなの?」といった焦りに似た混乱がこびりついて離れなかった。

それほどまでに、"6人"が作り出す世界は私を魅了していた。

単独ライブ映画舞台情報も増員とともに解禁され、日に日に露出が増える彼らが恋しくて堪らないけれど、急激な変化に心がついていけない日々が続いた。

幾つかある彼らのオリジナル曲の中でも、特に好きな曲があった。以前に行われた単独ライブパフォーマンス映像で心惹かれた楽曲であった。迫力あるアクロバット、キレと安定感のあるダンス男前歌声振り付けに込められた7人目の意味...魅力をあげればキリがないパフォーマンスの素晴らしさ。何度見ても飽きない彼らのイキイキとした姿がフラッシュバックし始めるようになった。

そして、彼らの輝きを拝めない日々に、ついに私は根を上げた。この飢えは辛すぎる。6人が頑張ってきた積み重ねの先にある今を見逃し続けることは出来なかった。

9人体制になってからの未視聴動画や購入したものの読めていなかった雑誌ファンクラブ限定ブログ地上波出演の録画映像を貪るように摂取した。新しく加わった3人の過去活躍や魅力も調べ、出来うる限りの手段で"9人になった彼ら"を受け止めようとした。

この時になって、『6人だった時点で彼らは完成していた』と思い込んでいた事に気がついた。長い下積みを経験し、後輩のデビューを幾度となく見送ってきた6人は、高いスキルとパワー、その愚直なまでの努力で彼らの世界を完成させたのだと信じていた。完成したパッケージで、満を持して世に出るものだと信じて止まなかった。増員メンバーはその世界を壊す存在で、元々いた6人は今まで作り上げてきた世界を壊されてしまったのだと思っていた。

結論から言うと、そんなことは全くなかった。

増員メンバー3人は強い個性と6人が持っていなかった輝きを持っていた。あるメンバーメリハリあるトーク、圧倒的な親しみやすさ、メンバーみんなに対する熱烈な愛情を感じる言動グループの見せ場を増大させていた。また別のメンバーモデル経験豊富スマート高身長イケメンながら、可愛げのある天然炸裂のキャラクタークールに見えて笑いも作り、今までのグループには無い独特の雰囲気を醸し出している。弱冠15歳の最年少メンバー子供っぽい溌剌さがあり、落ち着いた雰囲気だったグループに新たな風邪を吹き込んだ。年上のお兄ちゃんに寵愛される息子のようなキャラながら、グループレベルを僕のために下げさせないとまで言っていた。

そして、私自身が何より驚いたのは、増員によって元々いた6人がより魅力的に映るようになったことだった。

底抜けに明るい彼は濃いキャラクターを引っさげた切り込み隊長としてパワーアップし、知的な彼は年下が増えたことで賢いお兄さんポジション確立し、顔が良いリードボーカルの彼は人数が増えたことで美しい歌声がより目立ち魅力的に見えるようになり、ロイヤルな彼はメンバートークスキルが拡充されたことでセクシーボイスで繰り出すお茶目な一面をより見せるようになり、一見すると無骨エースの彼はグループレベル指標となる存在として圧倒的な存在感を見せるようになり、元々の可愛らしい性格とのギャップを強く引き立たせ、3枚目キャラで最年長の彼はMCなどのまとめ役での優しさ溢れる進行が目立つようになり、時折見せる恥ずかしさを微塵も感じさせずにやり切る突き抜けたリアクションも他の追随を許していない。

こんなに魅力に溢れた6人だったのか、と増員後に気付かされたのであった。

9人体制では初めての単独ライブや、その後のアイドル番組で行ったパフォーマンスも勿論チェックした。語彙が吹き飛ぶほど心が震えた。とにかく最高だった。"あんなに好きだった6人"を軽く飛び越えて"9人だからこそ"の世界が色鮮やかに広がった。元々いた6人をもっともっと好きになった。増員メンバー3人も大好きになった。こんな化学反応が起きるとは想像もできなかった。

この時になってやっと、増員発表後の『凄まじい不安感』について思い返すことが出来た。

あの不安感は、『大切な思い出を無かったことにされてしまうんじゃないか』という気持ちだったように思う。それは、増員によって"変わってしまった存在"が今までと同じグループ名を冠して、これまで6人が築き上げてきた歴史を上塗りしてしまうのではないか、これまでの6人の努力をなかったことにしないで!という気持ちからくる不安や悲しみだった。

だが、事実想像と大きく異なり、6人の歴史努力尊重された上で、「9人で乗り越えてみろ、君たちならできるだろう?」と言わんばかりの高いハードルが用意された"だけ"であった。過去からの延長線上の現在に用意されたそのハードルは、今まで数多くの高いハードルや立ち塞がる障害を乗り越えてきた6人と新たに加わったパワフルな3人に対する絶大な期待の表れであり、『立ち止まるな』という激励なのだろうと思った。

そして、私の抱いていた『綺麗な思い出のまま壊れないで存在し続けて欲しい』という思いは、大好きな6人に立ち止まることを求め、進化や飛躍を拒絶し、彼らの成長を信用してない姿勢だったのだと気付かされた。

増員発表から3ヶ月が過ぎた。

高いハードルに臆すること無く、凄まじいスピードで走り続けている彼らからは、想像もできない世界の広がりを日々与えられている。

今はまだ荒削りのチームワークやパフォーマンスは、見る度にその精度を高めている。

結成8年目を迎えようとしているグループが、新鮮な感動を生み出し続けている。

彼らはこんなに強かったのか、と都度驚かされる。

未来活躍に期待は膨らむ。もっと色とりどりの世界を彼らなら見せてくれるはずだと、心から信じられる。

彼らに出会えて、本当によかった。

ありがとうSnowMan

2019-03-31

Billie Eilish(ビリーアイリッシュ)のアルバム海外音楽ファンに不評

・AOTY

Billie Eilish WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?

ユーザースコア:66点

2019 Ratings: #162

・Rateyourmusic

When We All Fall Asleep, Where Do We Go?

ユーザースコア:2.75

977 ratings

ジャップ洋楽評価する能力に欠けてる

2019-03-21

anond:20190320174947

一番影響力のある洋画洋楽をどんどん登用して、EDMだのROCKだのHIPHOPだのが国内だけじゃなくて世界中で登用されまくってる。

JPOPもテレビアイドルソングアニソンもすべて洋楽ROCK発症ですべてアメリカイギリススタイルであって。

そういう意味検討したのはジャンプ漫画だけど、ゲームもほぼ買い取られてるし、ゲーム発症ほとんどアメリカの盗用です。

ほとんど全部じゃん

2019-03-18

コカインドーピングではない

薬物の化学的な効果アートを生み出す力を高めるのではない。

違法薬物を買うという社会的経済的行為アートを生み出す力のあり方を変えてしまう。

コカインを買うことである組織金銭的な投票を行い、自らのソーシャル立ち位置を変えることで世界見方世界における自らの立場を変化させ、それがアートへの向かい方に影響を与えるのだ。

コカインを買うとは殺人レイプヒューマントラフィッキング汚職移民搾取少数民族弾圧健全市場破壊、あらゆる差別への賛同をまとめて行うことなのだ(コカインを使ったら、ではなく買うだけでこうなることに注意)。

そうすると脳はコカイン購入者基本セットをダウンロードした状態になり、これまでとは違った作品が作れるようになる。

これを否定する松本人志洋楽洋画の大半にアウトと言っているに等しいというあるブコメの指摘は正しいし、別のブコメにあるドラッグ中毒者は中毒だった時期に悪い作品しか使っていないという指摘が同時に正しいのもこのことによる。

内田裕也忌野清志郎矢沢永吉

なんかずっとジャパニーズロック象徴みたいな扱いだけど、

具体的に何が凄いのかさっぱり知らんよな。

唯一聞いたことあるデイドリームビリーバー洋楽カバーだし。

まだB'zのほうが影響力あるだろ。

2019-03-17

面白くないリスト

ゲーム

面白くない。手ごろに出来て簡単世界ナンバーワンになれるゲームならやりたい。

  

マンガ

面白くない。かっこいい主人公がでてきて面白ドラゴンボールみたいな漫画がない。

  

アニメ

面白くない。デジモンアドベンチャーとか勇者シリーズとか面白アニメがやってない。

  

ドラマ

面白くない。王様のレストランとか堂本剛時代金田一少年の事件簿くらい面白ドラマがない。

  

スポーツ

面白くない。自分でやってもつまらないし、観戦しても雑魚選手しかいなくてつまらない。

  

音楽

面白くない。ブルーハーツもボーイもハイスタ全然活動しないし。洋楽全然感動しない。

  

小説

面白くない。内田康夫の贄門島最後全然感動ができなくなった。

  

映画

面白くない。実際に人が死ぬような映画なら見たいと思うけどないようなのでつまらなくなった。

  

観光

面白くない。遠出は時間がかかりすぎる。その割に得るものは多くないのでつまらなくなった。

  

飲食

面白くない。美味しい物といってもある程度まで行くと大して差を感じられないのでつまらなくなった。

  

料理

面白くない。美味しい物を作りたいという願望がほとんどないのでつまらない。

  

エロ

面白くない。性欲自体はあるものの、それを満たしてもただすっきりしただけでつまらなくなった。

  

ネット

面白くない。今のネットには自由がない。おとなしい書き込みばかりになってつまらなくなった。

  

動物

面白くない。眺めていてもまったく癒されない。

  

・車

面白くない。維持費がかかりすぎるし、運転しても気分がよくなったりしない。

  

飲酒

面白くない。何も楽しい気分にならない。

  

煙草

面白くない。煙が臭すぎる。アイコスも同じ。

  

アイドル

面白くない。どうせ年取ると思うと愛着なんてわかない。二次元もいつか飽きるだろうし。

  

自身が一番面白くない人間だというのは自覚している。

俺は、いつの間にかこうなってしまった。

仕事をして家に帰ってきて飯を食ってニュースとか見て風呂入って寝てまた仕事してとか

そういうのを繰り返していたらこうなってしまった。

年齢は30半ば。年収は450万円。貯金は350万円。仕事はほぼ毎日19時~20帰宅。一応完全週休二日制

年齢が上の連中からあれをやれこれをやれと色々言われてやってきたりもしたが

のめり込むものなど一切なかった。大して面白いと感じられない。

何もやる気が出てこない。何をやっても満たされない。

毎日ほぼ同じことが繰り返されるだけなのが耐えられない。面白そうと思えることもなくて何にも楽しくない。

子供の頃は、大人になったらドラゴン背中に乗って大冒険するんだなんて思っていたが

そんな夢なんて潰えている。

あぁ、俺はもしかして鬱病なんだろうか?

2019-03-15

ピエール瀧さんのこと

とにかく悲しくてショックで仕方がない。

最初ニュースを見たときは、ああ、被害者のいない犯罪から、と自分を慰めてたんだけど、

じわじわとショックが大きくなっていって、今ではかなりの精神ダメージを受けている。

私は洋楽聴くのだけど、

海外には麻薬中毒ミュージシャンなんて山のようにいて、

彼らの曲は平気で聴いているし彼らが薬で捕まったところでさほどショックは受けないだろうに、

どうしてこんなに悲しいのか自分でもうまく整理できない。

失礼なことを言うけどこれが卓球だったら、

でも卓球音楽は最高だから、って思えたのかもしれないけど、

電気でのピエール瀧立ち位置って彼のキャラクターと不可分なところがあるからまり割り切って考えられないのかもしれない。

色々な意見立場があるから出演作品の放映中止や音源の回収の是非そのものについてはおいといて、

今の日本ではそうなってしまうのは仕方がないことだと思う。

それだけのことをしたのは彼本人だ。ファンからって擁護もしないし「いい奴だから」だなんて思えない。

なんてことをしてくれたのだろうと思う。CDも買えない、ライブもやれない、電気自体もどうなるかわからない。ただひたすら悲しい。

20代の頃からずっとやってたって報道が出てる。そうなると、もう彼のキャラクターパフォーマンスフラットな目で見られなくなってしまう。

私はもう結婚して子どもがいるので何年もライブなんて行ってないんだけど、

いつだっけ、ピエールが頭に富士山被って歌って、富士山被った小さい子がたくさん出てくるのでめっちゃ笑ったな、とか

いつかのライジングサン夜明けに聴いた虹は最高だったな、とかそういう思い出もきれいな思い出に出来なくなってしまう。

いつもiPodランダム再生しながら家事してるんだけど、今日たまたま「虹」が流れて泣いてしまった。

瀧がしたこと音楽価値毀損されないよ、それはわかってる、でもやっぱり悲しいよ。何だよ、何でだよ、って思うよ。

電気、なくなっちゃうかな。

それとも何年も経ってほとぼりがさめた頃に細々とライブやったり音源出せたりする日が来るのかな。

でも、今までのようなパフォーマンスが出来るのかな。私はそれを温かい気持ちで受け入れられるのかな。

更生の道を断っちゃ行けないっていう意味で彼の戻ってくる場所を残しておきたいけど彼自身は戻ってきたいのかな。

色々考えて、いまだに心の整理が出来ない。

とにかく、彼が薬物中毒から抜け出して更生してくれることを、心の底から望みます

あと、卓球は何も悪くないか卓球自由活動させてあげて。

2019-03-14

We are the world方式の曲

We are the world的なオールスターリレー方式の曲が好きなんだけど一押しあったら教えてほしい。

洋楽邦楽わず。でも邦楽の隠れた名曲みたいの知れたら嬉しい。

邦楽で好きなのは

春の歌 マッキーラスボス

Feel コカコーラのやつ。最後の笑い声がみんな全然仲良くなさそうで笑う

Get Up And Dance 昔YouTubeに誰かが作ったポンキッキーズの掛け声が入ったバージョンがあって好きだったのに消えてしまった…

こねっとは皆で歌うユニゾンのサビパートがあればよかったのにと思っている。

2019-03-12

anond:20190312155006

Spotify

自分音楽聴くスタイルに合ってた。

ジャンルでまとまった洋楽インスト曲を適当に部屋に流してたい)

ATOK

iPhoneキーボードアプリiPhoneデフォキーボードが使いづらくてATOKにした。

フラワー入力が慣れると楽。(だからたまにデフォキーボード使うと途端にもたもたするけど)

2019-03-05

anond:20190305184304

字幕映画見たり洋楽とか聞いてて知ってる単語が聞き取れるとそれだけでちょっと嬉しい気持ちになるんだよね。

勉強しようという気持ちでいると、多分俺も元増田みたいに疲れてしまうんだろうなぁ。

2019-02-26

洋楽音楽の全てみたいな物言いする文化圏の人いるけど

商用音楽というか洋物バンドだけってこと多い

あと、一定年代以上のイメージ

2019-02-21

802の朝のタクティ洋楽解説が毎回楽しみ

輸入されてくる過程外人アーティストの才能だけが光り輝いてるように見えちゃうけど

実際は売れるために作ったとか周りが作り上げたとかプロデューサーが頑張ったおかげとか一発屋でその後は自国に引きこもったとか

そういうの世界の音楽シーンも全然かわらんのだなって毎回発見があって楽しい

町山智浩の本当はこんな歌』 15曲目はマリリン・マンソンの『ビューティフル・ピープル』

https://weekly.ascii.jp/elem/000/000/077/77345/

 意味も知らずに口ずさんでいた有名の洋楽の本当の意味を、映画評論家町山智浩さんが紹介していく週アスの人気連載。

 木を見て森を見ない、という『ビューティフル・ピープル』の歌詞のとおり、美しい人々が本当にそうなのかは、視点によるところが大きいわけです。

 そんな偽善者たちが“美しさ”を求め続けた結果がどうなるのか。ヒットナンバー『ビューティフル・ピープル』と『ザ・ファイトソング』とともに、町山さんが解説しています

THE FIGHT SONG(Marylin Manson)和訳

http://blog.livedoor.jp/isreal/blog-entry-62.html

マリリン・マンソンの”The Fight Song”を訳してみたよ…

And when we were good

You just closed you eyes

俺たちがまともだったとき

お前らは目を閉じてた

良いフレーズだな。

2019-02-20

宇多田ヒカルに衝撃を受けた人って

あんまし洋楽、とりわけクラブ系を聞いてなかった人?

でも小室哲哉をもってしても「俺の時代は終わった」と言わしめるのだからもっと違うなにかがあるのだろうけど、分からない。

宇多田より前にDOUBLEMISIAもいたじゃん。

あれか?矢野顕子的な歌のうまさと、キャッチーヒップホップがみんなには新鮮だったわけ?

まり若さも相まっての結果だったのか?

2019-02-11

anond:20180830212442

音楽を好む、よく聞く、詳しい って言って古い洋楽を並べられると

ああ〜って思う

2019-02-06

ポプテピピック最終話海外の人の反応っていう動画をみた

デスクリムゾンとかの部分でなにかわかっていないのに「いやおもしろいよ 何かのパロディなんだろう」と言ってる人が居て、

昔、洋楽を聞いて「この曲はイギリスめっちゃ流行ってるよ」という紹介をして、すごさをわかっていないのに語ってる自分を見てるようで胸が痛んだ。

2019-02-02

洋楽のヒットソングってさ

超有名なビートルズだって音楽の授業でやらなきゃ忘れられていくだろ。そんなビートルズクイーンといった伝説的なのを除けば、その時代を生きた奴らだけが知ってる曲ばっかりじゃねえのか。

エミネムとかビョークとかシンディローパーとかマドンナとか、人の名前は知ってるよ。でもどんな曲があったかはまるで知らん。わざわざ調べなければ一生聞かないままだろう。

なのにさあ、おっさんたちは、「こんな有名な曲も知らないの?」的なマウントをとってくる。うざい。

洋楽ヒット曲ってのはその時代と寝た曲にすぎないんじゃねえのか。そんなもん知って何になるよ。いばるなよ。

2019-01-21

その人が持っている才能や持ち物全てに

理由が有ると考え出したら止まらない

洋楽CDももしかしたら異性と話を合わせる為だったのかも知れないし

得意の水泳も誰かに良いところを見せたかたからかも知れない

2019-01-18

韓流ファン日本アイドル特にジャニーズ)を馬鹿にするのは何なの?

いまの韓流アイドルって立ち位置としては「洋楽」に近くて、

「歌もダンスも本格的で欧米に認められている」といったところをファンセールスポイントとして挙げる。

その上で「歌もダンスも下手でガラパゴスジャニーズ」を何かと引き合いに出して馬鹿にしている。

洋楽ファンJ-POP嘲笑していたのは彼らがマイノリティであるが故に「中二病のイキリ」で済まされたけど、

それをマジョリティたる現在若者たちが最悪のかたちでリプレイしているという印象がある。

2019-01-16

anond:20190114120119

好きなアーティストさんがよく聴いてる洋楽から入った

逆にそれ以外あんまり聴いてないな

2019-01-15

anond:20190114120119

洋楽ってなんだろう。

いわゆるポピュラー音楽は和洋中関わらず聞かない。

自分好きな音楽ジャンルならどこの国とかあまり気にせずに聞く。

anond:20190114120119

洋楽を聞き始めたきっかけは、とあるエロ動画サイト

サイト名は、「エロ動画道場」とかそんなの。

 

いまから約15年ほど前、自分17,8歳頃のことだったかとと思う。

自慰音楽が、とびきり気持ちよかった時期だった。

 

件のサイトでは5~10分程度のAVサンプル動画毎日のようにアップされていた。

自宅がISDNだったので、外付けHDD(20GB)をネカフェに持ち込んで、動画収集するのが楽しみだった。

 

さて、そのサイトには、メインのエロコンテンツの他に、管理人が一押しする洋楽邦楽アルバムレビューがあった。

記憶を頼りに列挙すると、

Ok ComputerNevermindといったロック名盤や、その頃に流行っていたLet go (Avril Lavigne)、

それから、Deathrace King (The Crown)、狂気ピンク・フロイド)、危機Yes)なんかもレビューされてた。

あ、Dizzy Mizz Lizzyなんかもあったな(←いちばん好き)

邦だと、少年ナイフ椎名林檎

 

レビューの内容までは覚えてないけど、とにかく影響されまくって聞きまくった。

気持ちよかったな。

管理人さん、ありがとう

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん