「洋楽」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 洋楽とは

2018-06-19

日本人なのに英語の曲出してる奴wwwww

ハイスタとか流行ってたよね。今はよくわからんがわざわざ英語で曲出してるゴミバンドいるんでしょ。マジで意味不明カタカナ発音で聞くに耐えない。

あと、洋楽メロディラインを数年遅れでパクってる邦楽漏れなくダサい。JPOPは馴染みのあのメロディでいいんだよ。パクらなくても十分よい音楽を作ることができるのに。

2018-06-17

邦楽はクソなのだから存在する必要がない

と思っている

音楽レベルが低すぎるし

そもそも日本語音楽に向いていない

日本特有音楽もない

ロック流行ればそれを真似し、ヒップホップ流行れば、ヴォコーダー流行れば……

そもそも日本人の精神()とか言われている演歌シャンソンパクリだし

よって耳のいい日本人は洋楽を聞くだけで良いのである

日本音楽はなぜクソなのだろうか

洋楽邦楽を聞いたことがあれば、

よほどのバカでない限り邦楽がお遊戯レベルだということに気づくだろう

問題はなぜこんなクソな音楽蔓延することが許されるのか、だ

「上手ではない」というレベルではなく、完全にドヘタであり、素人カラオケを聞かされている気分である

どんな三流国の音楽でも、日本の歌以下ではないだろう

2018-06-11

オタク】と【サブカル】の関係を無理矢理に図式化してみた

洋楽好きを「オタク」と表現するのは腑に落ちない。下の図式だと【サブカル】の側だろう。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

           【オタク】=五体投地         【サブカル】=つま先立ち(背伸び)

・[目覚める時期]  幼年期~少年期(ローティーン)     少年期(ミドルティーン)~青年期(ハイティーン)

・[価値観]     「生活保守主義?         「従属」は恥、「反抗」は善の《不良文化》? ※古くは映画館ジャズ喫茶

・[住環境]     実家暮らし?             独立志向一人暮らし、共同生活同棲)?

・[趣味と性体験]  童貞処女かは「不問」        童貞処女は「恥」

・[傾向性]     「ネット交流」で平均(没個性)化?  個性化、(他者との)差異化・差別化を重視・優先する「厨二病」?

・[ポリシー?]   オナニースイーツ集団アイドル?? Sex・Drugs・Rock'nRoll??

・[社会的認知]   非公認、未公認?           団塊世代が「数の力」で『若者文化』として「社会的椅子(地位)」を獲得?

・[服、下着]    母親が選ぶ(買う)           自分で選ぶ

・[兄弟姉妹では]  弟、妹の趣味             お兄さん、お姉さんの趣味

・[趣味対象と国]  自国モノに愛着国内志向)?     外国モノを崇拝(海外志向出羽守タイプ)?

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2018-06-09

anond:20180609114041

6,70年代?のアメリカ上げがすごかったから長期的に見て単なる揺り戻しだと思う。

70年代まれ自分子供の頃、大人はやたらアメリカ好きだった。

当時は子供番組でも洋楽を使うのがオシャレな感じ。

今のEテレ音楽や画面作りも和風テイスト推してくるなあと感じる。

2018-06-03

anond:20180603002757

ジョージ・ルーカスとかって黒澤明の「七人の侍」に影響受けたんじゃなかったっけ?

若い頃に見て大人になって影響した作品を作る

自分達とは異なる文明のものって、最初最先端人達が導入するけど

まだ大衆には浸透しないのでメジャーになるまでに相当のタイムラグがある

日本アニメテーマソング聞いても、最先端のも無くはないけど

今の製作者が若い頃に聞いた80年代90年代洋楽の影響があるなと思うし

2018-06-01

anond:20180601125843

中二病って、背伸びして洋楽とか聞いて自分クラスの連中とは違うとか思ってたりするような心理状態のことを言うんでしょ?

ジャップとか言ってる連中って、中二病的に「おれはそこらの意識の低い日本人とは違うから」とか思ってそうだな。

2018-05-29

Apple Musicアルバムバラバラなっちゃ問題

洋楽で顕著だけど、

一度加えたアルバムが、突然曲単位で同名の曲が収録されている別なアルバムに振り分けられちゃうの。

経験してるの俺だけじゃないよね?

一向に無くならないんだけど、システム上の仕様なんかね。

2018-05-27

洋楽

空っぽにして聴けるからいい

邦楽だと歌詞拾いながら聞く羽目になるから疲れる

2018-05-21

ここでいうコアな音楽ってそもそもなんだ?

日本で普及してる洋楽世界的には売れてる物がほとんどだから別にコアじゃないよな

だとするとメタルとかノイズとか現代音楽とかそういうの?

メタルあたりはビジュアル系の影響とかで女多いと思うけど

ファン言動見てるとそれって広義にはやっぱ男の影響じゃね?って気がする

2018-05-18

中高生くらいで洋楽パクリじゃ~んとか浅い事考え始めるけど

大人になるとやっぱりB'zそのものが良かったんじゃ~んwってなるから凄い

2018-05-16

曲(正確にはアルバム)を探しています

Welcome to the jungleが1曲目のアルバムを探してます

所謂「思い出のCD」というやつなんですが、幼い頃聴いてたCDで今行方不明のやつがあるんです。

僕が7歳くらいの頃にはあったと思うので、発売は一番遅かったとしても2003年。全部洋楽で、僕はどれもそれほど好きじゃなかったんだけど、Welcome to the jungle ともう一曲だけは好きでそればっかり聴いていました。

なんで好きじゃなかったのに聴いてたのかっていうと、まあそのCD好きな人家族にいたんですね。その人はもういないのでなんのCDだったのか聞くことはできないですし、でも僕はずっと気になってるんです。

サビのメロディはなんとなく覚えていて、

ててれてーれーてーれー てーれてれてーれてーれーてーれー

って曲が4曲目くらいに入っていたと思います。それでもってWelcome to the jungle一曲目にあったと思うんです。

心当たりのある方がいたら教えていただきたいです。どうかよろしくお願いいたします。

2018-04-30

歌詞I love you, I want you, I need youがセットで入っているダサイ曲

挙げていけ

洋楽邦楽わず

2018-04-26

日本好き外国人

日本好きの外国人チヤホヤされがちな今日この頃であるが、逆に外国大好きな日本人を日本は輩出できているのだろうか。

昔の漫画ドラマにはアメリカかぶれのお爺ちゃんとかフランスかぶれのおばあちゃんとか良く出てきた気がする。

と思ったけど今でも韓流ブームとか洋楽かぶれとかいるか。

2018-04-24

野間オタク差別全盛期の差別当事者

される側のね。


1.苛烈オタク差別に直面した野間世代

そもそも野間がイキってる写真とか見るとわかる人にはわかる。

あれは不良のセンスではない。

しろオタクセンスに近い。

野間自分より一回り以上上の世代だが、あの世代のオタク独特の臭いが強くする。

エヴァ放映時に30過ぎだった世代エヴァに最も発狂的反応を示してた世代)だ。


あの世代の人達メインストリームから外れることに多大な勇気必要だった。

メインストリームで生きづらい人の大変さが今と比べても強かった。

いま30代後半の自分達は思春期にかろうじてその空気尻尾を感じた。

あれの空気本体思春期に重なったた世代はさぞ苦しかったと思う。


差別に直面し苦闘したオタクたちは色々とヘンテコリン自意識を生み出した。

いまギャグとして消費されてる「イキリオタク」はライト病理から誰にでも笑える(理解出来る)。

20代の小汚いオカマ氏が「要するに未充足、飢餓」とまとめてたが、それは多かれ少なかれ誰にでもあるものだ。


野間世代当時のオタク自意識とそこから生み出されるファッション自己演出は広く笑えるものではなかった。

オタク同士だと辛うじて痛々しさを理解できて笑えるようなものだった。

今よりはるか過酷環境下での切実な防衛のための自意識で、

情報入手手段も乏しく、「大人」になった先輩もまだおらず、

オタクとして見習える穏当なロールモデルがまだない。

みんなオタクとして社会に抗するためのスタイルを手探りで自己開発してたから。


その中の一派として、オタクでありながら不良っぽくイキるオタクが居た。


2.自意識武装するオタク

もう名前出しちゃうと有名どころでは大張正己とかだ。

当時スターアニメーターとしてメディア露出してた大張は袖の無いジーンズなんかを着てバンダナ巻いてた気がする。

「大張アニキ」って書かれてた。

ちょっと欧米パンクイメージも混ざりこんだ、オタク想像する精一杯のタフガイ

申し訳ないけど、当然ながら似合ってなくてすごく痛々しかった。


あとメタル音楽に傾倒するオタク

有名どころでは萩原一至とかだ。

あの世代には変に洋楽好き・メタル好きをアピールするオタクがやたら居た。

黒い服を着て怖いルックス外国人音楽聴くオタク発見した精一杯のタフガイ


みんなぶっちゃけ同じオタク気質の持ち主で、

でも当時馬鹿にされていじめられる対象として知れきってた「オタクであることを肯定できずに

メインストリームじゃないけど得体の知れないもの

メインストリームじゃないけど別の権威のあるもの

で身を固めてた。


バンダナとか指貫きグローブを装備するオタクが本当に居た時代の話。

彼等は普通になれない自分世間説明する為に「タフガイ武装をしてた。

それが見当外れで更に外面を異様にするものであっても。


いま野間説明しようとしたら大張・萩原という名前自然ポンポンと出てきたけど、

調べてみたら見事に同い年や同世代だった。(野間大張が1966年まれ萩原1963年まれ。)

勘で喋ってるけど大きくは外れてないんじゃないかという自信を得た。

野間は明かに大張や萩原のようなあの世代のオタク臭いが濃厚にする。

オタク気質でありながら自分オタクと率直に認められない。

タフガイを装備して自分説明しようとした。


3・サブカルというもう一つの(逃げ)道

オタクでありながら差別のせいでオタク自分を認められない人間

当人なりのタフガイ属性を装備した変なオタクになっていたという話をした。

しかしそういうオタク気質・強い自意識の持ち主の為のもう1つのパスが当時あった。

サブカルだ。

(ここで言うのはテクニカルタームであって、一般的意味サブカルチャーではない。)


サブカルとは何かを説明するのは難しい。

端的には「音楽映画についてマニアックなところ(最初から売れないマイナーなところ)に取り組み、

しかオタクではないことを強く自己規定する人達」とかになる。

この人達に無理があったのは、どうしようもなく存在意義他所依拠していたところだ。

メインカルチャーとは違うんだ、オタクとは違うんだ、という所だけで成り立ってた。

から非常にオタク意識オタクに執着してオタク蔑視して攻撃してたのもサブカルだった。

近縁種でありながら自分達ほど自意識が高くないオタクにつきまとって蔑視することで自己肯定感を得ていたから。


結果論から言ってサブカルは滅びオタクは栄えた。

オタクが堂々と自称できる世間になってしまった。


オタク自意識戦場から本格的に去ってしまった後はサブカルは空回りするしかなくなった。

そしてわりと自由創作や消費をし続けていたオタクの影響力経済力に勝てなくなった。

自意識問答にあまりに長い時間を割く人間は結局は敗れ去る種だったのだ。


これは後世の人間による傲慢歴史的結果論だが、

オタク丸出しでオタクをやれてたオタクや、バンダナ程度の武装自己肯定出来てたオタクは、

アニメを捨て馬鹿にされないための映画音楽に走ってカルト度外れ度を競うという

自意識の強さゆえに終始無理してるサブカルより強かった。


4.自意識から卒業できなかった方のオタク

もう結論が見えてきただろうか。

野間オタク差別全盛時代差別の脅威をヒシヒシと感じて育ったオタクで、

メインストリームでは生きられない自分の精一杯の防備を固めるためにサブカルオタク蔑視することで差別される弱者位置から逃れようとする生き方)に走り

サブカルをやってたせいでオタクにもたらされた開放に立ち会えずに

未だに自意識の檻に囚われ続けているオタクだ。


野間差別に強い関心があるのもオタクに強い執着があるのも理由が分かるだろう。

ずっと被差別感を持っていて、オタク蔑視する時にそこから逃れてきたのだ。

典型的差別被害者差別主義者だ。

今更そこは責めない。

まして彼等より安穏な時代を生きる世代断罪していいものと思えない。


ただし野間を長年苛んだ差別は明かに在日差別のようなソリッドでトラッド差別ではない。

80年代の「ネクラ」「ダサい」のようないじめ空気だ。

そのいじめ空気と格闘し続けて中年になったのはそれはそれで面白い人で、

そこを率直に出すことでメディアや論壇に居場所の確保が出来たと思う。


しか野間はまたしても自分肯定できなかった。

そんなことにクヨクヨと悩んできた自分を認められなかったのだ。

またもサブカル特有自意識の強さであり、あっさり被差別者としての言論を確保したオタクとは対照的だ。

サブカルオタクよりも弱い人達だった。

当人の心性も、結果的に追い込まれ立場も。


オタクが開放されて去ってしまサブカルとしての今後に行き詰まりを感じた野間

在日差別反対」という明かに当人が長年取り組んできたミッションとは違うものを掲げてしまった。

そして当人なりの精一杯のタフガイあの世代にとってのそれは不良)として革ジャンを着て釘バットを持ち中指を立てた。


差別反対を標榜すること、やけに暴力性をアピールすること、オタクに強い執着を持って追いすがり繰り返し侮蔑すること、

傍目にはヘンテコちぐはぐな彼の行動が、成分を分析すればいたって自然帰着なのだ


大張や萩原はとっくの昔に武装を脱ぎ捨てて普通のおじさんになった。

野間を追い込み続けるのは自分肯定出来ない弱さとその逃げ道としての自己欺瞞だ。


5.野間という人

プライドが高い野間には許せない。

世間空気いじめられて悩み続けてきた自分を。

あっさりと「いじめられた」と認めて被差別言論を獲得するオタクどもを。


野間は決して頭悪くはない。

抽象的な議論が出来ない方ではない。

なんたってオタクから。悩み続けてきた人だから

定期的にめちゃくちゃな暴論をぶつのはそれがタフガイ仕種から

「乱雑で悩みなんか持たない自分」を世間に表明する必要が定期的に生じる。

それは精神的な発作だと思う。


からおそらく、自分サブカル経歴が見る人から見たら弱点バレバレなのもたぶん自覚してる。

いま野間wikipediaを見たら、なんと前半生がまるまる削除されていた。サブカル時代の経歴の全てが。

45歳時点からまりそれ以前について触れないwikipedia人物記事って地味に異様だ。

もともと野間雑誌編集者とかギタリストとか紹介されてたはず。

学生時代から参加してるバンドサブカル界隈ではそれなりに有名で、

ミュージック・マガジン』なんていう典型的サブカル誌の編集者でもあった。


いったい誰の手の者が人の前半生をこんな風に抹殺したんだろう。

野間否定的な者ではあるまい。

野間肯定的な者でもあるまい。

このサブカル活動文脈理解できて、その裡のみじめな自意識の懊悩を理解できるオタク教養のある者、

そしてこの経歴にすら強い羞恥心を感じて肯定できなくなった者に違いない。


調べてみると近年の野間は「サブカル」を批判対象へのレッテルとして結構連呼しているらしい。

脱オタクしてサブカル立場オタク侮蔑し、

サブカルして活動家の立場サブカル侮蔑し、

まりいつまでも自分自身を肯定することが出来ない。


6.まとめ

一部にみられたこういうのがあまりにも見当はずれな分析なのでひとこと言いたくなりました。

野間氏は不良ではなくオタクです。

2018-04-05

https://anond.hatelabo.jp/20180403170904

歌は下手じゃないんだけど、カラオケに向かない曲(洋楽メタルハイトーンの女性歌手)ばかり好んで聴くから困る。

カラオケのために興味のない歌を聴き込むってことをずっとやってて苦痛

2018-03-26

鼻歌で曲を当ててくれるアプリ

っていうのがあるんだけど、昨日飲食店でいい感じの洋楽が流れてたので「お、この曲ええやん!」っておもってヒットチャートみても出てこないしで困り果てて、鼻歌で曲を当ててくれるアプリを入れて3時間ぐらいアプリにむかって鼻歌をいれてたの。

まぁ出てこないでてこない。全く出てこない。

自分音痴なのもあるけど、かすりすらしない。アップテンションな曲だったのになぜかしんみりした曲しか出てこない。

それをTwitterで「なんか昨日飲食店で「タッタラッター」みたいな曲流れてたので鼻歌検索するアプリいれたけど全然でなくて草」ってつぶやいたら、「もしかしてこれ?」といって

https://www.youtube.com/watch?v=OPf0YbXqDm0

を貼ってきた。

 

ドンピシャだった。

 

からYahoo知恵袋みたいなサービスは神なんだなって。

2018-03-24

モチベが足りないと詳しく成れないのを「洋楽現象」って呼ぶことにした

洋楽好きだよ

でも調べて聞くほどでもないし

歌詞意味を覚えるほどでもない

でも洋楽好きだよ

有名どころは好きだよ

でもタイトル知らないよ

 

というような現象

どのジャンルでもあると思う

2018-03-22

anond:20180322221024

同じく洋楽に分類されるかわからないけど、私はタイの曲をよく聴きます

Room39というユニットキャッチーな曲が多くておすすめです!

anond:20180322221024

洋楽に分類されるかわからんが、インドの曲やたらテンポ良くていい感じ。バーフバリの影響もある。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん