「嫌われ者」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 嫌われ者とは

2020-05-26

3年以上続けたTwitter放置垢を消そうかなって話

私、絵を描くオタク腐女子アカウント移動してそろそろ一年くらいの放置垢がある。

そのアカウント結構運用当時はフォロワーが多くて、最大で5000フォローくらいいった。ジャンルの勢いもあって、楽しいイベントも沢山で、毎日が楽しかった。描くもの描くもの全部が伸びて、ちっぽけだと思ってた自分に初めて自信が持てた。沢山の下駄を履かせてもらって、普通じゃ話せないような絵の上手いプロオタク、遠くにいる話題が合うオタク交流もできていた。

でも、じわじわと嫌なことも増えてきた。作品の内容を叩かれたり、とくに心当たりもなくフォロワーに避けられたり、ブロック解除をされたりすることが多くなった。仲が良いと思っていた人に匿名悪口を言われ、何を信じて良いのかわからなくなった。

から特に前触れもなく、5000人のフォロワーを捨てた。名残惜しくて、すぐにはアカウントは消せなかった。大好きな作家と、お知らせでついてきてくれたごく少数のフォロワーだけで、この一年間細々とやっていた。

絵だけのアカウントも作った。そこは、フォローは一切せず、日常も喋らない。自分の絵だけを淡々と上げるアカウントだ。1000人くらいはついてきてくれたけど、もう何を描いても、本当にたまにバズったとき以外は、常連さんしか見ていないような、そんなアカウントになった。

今日、久々に気が向いたので、昔のアカウントを覗いてみた。フォロワー数は4700人。もう一年更新してないのに、たった300人しか減ってないことに、驚いた。

あのころ、叩かれて憔悴しきってた私は、アカウント移動したら自分価値ゼロになると思ってた。5000人全員に嫌われて、みんなが指差して笑っていると思ってた。でも、違った。多分本当に私を嫌っていたのなんかごく少数の人間で、その他4700人にとっては、私は嫌いではない。もしくはいてもいなくても何の支障もないどうでもいい人間だったということだ。

フォローは、50人くらい減っていた。フォロワー数の減少に比べると、割合は多い。これは新アカフォローしたあとこちらを外した人数も含むから、仕方ないと思う。でも、今でもこのアカウントフォローしてくれている相互殆ど最初にお知らせしたときについてきてくれた人ばかりだ。そういう人たちに動かないアカウントフォローしてもらってるのもなんだか申し訳ないな、と、しゅんとしてしまった。ついてきてくれた人は、約300人。減った人数とほぼほぼ一緒だ。

ふと、世界の人の心の動きをわかりやすく伝える定説を思い出した。5パーセントの人は、私が何をしていても好いてくれるけど、5パーセントの人は、私が何をしていても嫌う。

残り90パーセントの人たちはそれ以外。私のことなんか、どうでもいいんだ。

何人フォロワーがいても、私のことをどうでもいいと思う人数なんて変わらない。いかに私を好きだと思う人を大切に思うかが重要か、なんとなく思い知らされた瞬間だった。

そういえば最近、絵で仕事を貰えるようになった。5000人フォロワーがいてもみんなに嫌われて評価されないと思ってた私は、今ではちゃんと、世の中に必要とされている。Twitterフォロワー数は二桁だけど、私の絵は、たぶんどこかで沢山の人に見てもらってる。(評価されてるかどうかは、ダイレクトには伝わってこないけど)

来月からは、世界中で大人気のコンテンツに、一スタッフとして加わる。

あれだけ自分目標とする対象評価されずに泣いて泣いて、愚痴を言っても誰にも聞いてもらえずに一人で寂しい想いをしていた私が、日本人じゃなくて、世界相手に、評価される土台に上る。

たぶん、あのころ私を嫌っていた日本人作家は、日本評価されないか世界に行ったのかよwwwって笑うんだろう。

でも、いいんだ。だから私は小さな世界固執するのをやめた。外国語勉強して、読み書きを出来るようにした。どんなに難しいビジネス文章が来ても大丈夫。それはフォロワーの数よりずっと、大きな私の自信になった。

5000人に嫌われてるって泣いてた私、頑張れ。世界は広いよ。今は10億人が相手だ。5000人全員に嫌われても、それ以上の人が私を見てる。だから大丈夫

からもう、このアカウントは消してもいいかな。

そう、思うんだ。

少し話題がずれるけど、最近、たった数十人のアンチによって、心を病んだ女の子自殺してしまったニュースを見た。

の子は、かつての私かもしれない。

自分価値アンチコメント一つで揺るがないと今では知ってるからこそ、悔しい。

からこそ、私は今の想いを言葉にしてみようと思った。ただのいちゃもんに負ける人が一人でも減るように、数の呪いに惑わされないように。

フォロワー数は諸刃の剣だ。自分好意的な人数でもないし、敵対心を向ける人数でもないのに、自分の心のありかた一つで、王様にもなれるし、世界一の嫌われ者にもなれてしまう。

アンチコメントに苛つくのも勿論だけど、私たちが知るべきなのはアンチコメントへの対処法でも、心の守り方でもない。

私を常に評価して、好きになってくれる人を探す。その人のために、誠実に生きる。

本当のネットリテラシーって、そういうことなんだと思う。

数は強さでもなんでもなく、ただの数だ。その向こう側にいる人間を想えるかどうかのほうが、重要だ。

バズることが金になる。権力にもなるし評価にもなる。

こういう時代からこそ、大切なのは数より一つのコメントより、心のありかたなんだよって、どうやったら呪いに囚われて苦しんでる人に伝えることができるのかな。

悔しくて、涙が止まらない。もう、命は絶対に戻ってこない。

アカウントなんか消してもいいんだよ。何人に悪口を言われても、好きに生きてもいいんだよ。

世界にはもっと沢山の人がいて、見に行く努力をするだけで、悪口まみれの狭い世界は、あっという間に過去のものになるんだよ。

死にたい人ほど、虚栄心を捨ててみてほしい。評価を手放して、数から解き放たれてみてほしい。

そんな狭い世界で、自分を値踏みしなくてもいい。

ありのまま自分必要とする人を見つけにいく。

必要努力なんて、いつだってそれだけだ。

私はそう思います

2020-05-19

anond:20200519224932

まぁ、プログラマーといえばおじさんのころは、なんというか

賤業とまではいわないが、キモオタというかパソコンオタクがやるもの

んー 嫌われ者同士とはいわんが

まぁ、嫌われ者同士(おれもふくむ)

2020-05-01

anond:20200430012531

中途半端下流開発にいるより、むしろ技術のいらないPMOとかも手じゃない?

まぁ技術のないPMOなんて無茶と文句言うだけの嫌われ者だけどな

2020-04-24

anond:20200424120853

自分弱者で少数派でクラス嫌われ者トイレ掃除押し付けられるのが分かっているなら、

沖縄米軍基地が集中してる理由だな。民意無視した自公政権の横暴と批判する向きもあるが、米軍基地日本にいて欲しいが自分の近所(本土)にはいて欲しくないので沖縄押し付けるってのが日本国民の民意から現状がこうなっている。沖縄県民の民意基地反対の知事を選んでも無駄。決めるのは日本国民の民意から米軍基地を追い出したいなら日本から独立するしかない。

投票したやつに政権批判する資格は無い

選挙投票した者に安倍政権批判する資格は無い。投票しなかった者は自由政権批判できる。

投票した者は、選挙多数派になった党が政府運営する日本の政治制度同意して投票したのだから投票したこと安倍政権正当性を与えている。

たとえ自民党投票しなかったとしても、「結果として自民党多数派になった選挙」を正しいものとして受け入れて投票した。安倍政権を選んだのはお前だ。安倍政権を生んだ選挙投票した己の過ちを恥じて黙って口を閉じて反省しろ

一方、投票しなかった者はと言えば、これはそもそも選挙同意していないのだから自由政権制度批判できる。

選挙も代議制民主主義も認めない。共産党一党独裁こそが正しい。人民軍組織して実力で日本政府排除革命政権樹立する」などという主張も全く恥じることなくできる。無敵だ。

選挙同意して投票したにも関わらず結果が安倍政権から認めないというのは、小学校クラス掃除当番を投票で決めることに同意して投票したにも関わらず自分トイレ掃除担当に選ばれたからと後になって文句を言うのと同じだ。

自分弱者で少数派でクラス嫌われ者トイレ掃除押し付けられるのが分かっているなら、「このようなアンフェア投票は認めない」「投票結果を俺に押し付けるなら、お前らの頭をホウキの柄で殴ってやる」と掃除道具をひっくり返して抵抗するべきだ。絶対投票するな!

投票してないやつが政権批判する資格ある?

anond:20200424095145

2020-04-19

星野源嫌われ者”だった!? 安倍首相への嫌味で炎上「ノリがキモい

https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12156-635474/

芸能人安倍総理の支持以外市内のよくわかるわ

ブルーベリーフランペチーノ隊が安倍の敵に総攻撃を仕掛てくる

忖度忖度忖度忖度

偉大なる阿部大元帥に対しては賛美以外許されない

2020-04-17

anond:20200416194506

不良ぶりたがる、協調性がない、からかい半分に他人挑発する、という過去自分への評価は、ネトウヨ嫌われ者と言うより、自分他人とは違う特別人間に見せたがるごく普通若者のごく普通特質な気がする。

ほんの数年前の自分をそこまで冷静に客観視出来るようになったのは文中にあるようにお兄さんの説教が効いたからなんだろうけど、正論を言い吉本西部を読んでるお兄さんやお父さんってネトウヨがとても嫌いそうな相手なのに、素直にいうこと聞くあたり、増田はお兄さん実は大好きなのでは。

いまの関係は書いてないが、仲良く楽しくお父さんとお兄さんとおしゃべり出来るようになっていることを祈る。

2020-04-16

ネトウヨだったけど今は政治民族日本もどうでもよくなってダラダラ平和に生きてる

そんな俺が当時なんでネトウヨになったのか自分なりに振り返ってみようと思う。

きっかけは高校2年生の時に出会ったゴーマニズム宣言

普段、夕食後にナイター中継見ながら「吉本隆明がどうたら」「西部邁がどうたら」そんなことばかり雑談してる父親と兄が、「ゴーマニズム宣言はあれヤベえよ……」と苦笑いしているのが耳に入ってその存在を知った。

なぜか興味を抱いた俺はそれがどんな本なのか訊いてみたら、二人ともしまったとでも言いたげな顔で言葉を濁し、「いや、お前が読んだら絶対に訳も分からずハマるから教えたくない」と逃げられた。

そんなふうに言われたらむしろ興味が強くなる。

早速、学校の帰りに大型書店に立ち寄った。残念ながらゴーマニズム宣言は置いてなくて(記憶が確かならとっくに絶版になってたからだったと思う)、仕方なく「戦争論」のほうを購入した。

家族予言通り俺はドハマりしてしまった。

一応、書いておくと俺はそこらへんのアホ高校に通う勉強なんてしたことないバカ学生だったから、歴史公民ともに全く知識がなかった。

戦争論に書かれている刺激的な言論にやられて、人が変わったように昭和史勉強を始めたとかい事実も一切ない。

それにもかかわらず俺が戦争論にハマったのは、悪役として据えられてるキャラアメリカ護憲論者?)を主人公日本小林よしのり?)がボッコボッコにやっつけて、徹底的にディスるのが気持ちよかったから。スカッジャパン見て留飲下げてる人と全く同じ心理

正直言って、本の内容は全然理解できてなかった。大人になった今ですら戦争論で何をどういう論点で掘り下げていたのか全く思い出せない。そして、今もう一回読んでも無学ゆえに理解できないだろう。

で、なんで当時の俺にそういうスカッポルノ物語が響いたのか?もうこれは俺が嫌われ者だったからとしか言えない。

見た目はオタクのくせに不良ぶりたがる、一周回った可愛げもなくとにかく協調性がなく、からかい半分に相手挑発することをニヤニヤ言う。

そんな俺はまあとにかくクラスから嫌われていた。男女問わず嫌われていた。

疎外されるのも自業自得なんだけど、そのくせ俺は周りに嫌われてる事実に傷つき、挙句、「人生彼女ができない。童貞捨てられない」的悩みも同時に抱えてとにかくイライラしていた。

自業自得なのに人生や世の中や周りを人間を恨んでいた。

そんな人間スカッジャパン出会ったらそりゃハマるよなあと今となっては思う。

逆恨み由来で膨れ上がったはち切れんばかりの攻撃性をあの本が代わりに解消してくれたような感じだ。

兄が俺をゴー宣に触れさせないよう慌てていたのは、俺の人間性に大問題があってなおかつクラス嫌われ者であることを察していたからな気がする。

「(あの本にハマるのはまさにこういう奴だろう)」、そんな危機意識があったのではないかと。

そこから先はお定まりルート

俺は韓国韓国人、在日朝鮮人戦後民主主義左翼を忌み嫌うようになった。

「お前そんなこと言っていいわけないだろう。理屈もなにもねえよ」というような蔑称ヘイトにキャッキャキャッキャと歓喜し、瀬戸弘幸桜井誠天才思想家として崇め奉った。

そして俺にとってスターといえばイチローでもダルビッシュでもなく、自民党タカ派議員だった。

2chに差別書き込みをした回数は1000じゃまったくきかないと思う。

夕食後、父親と兄との雑談に俺が混ざるようになったのもちょうどこのころだった。

学校で起こった楽しい話なんてないもんだから、なんの脈略もなく「韓国がさあ~w」「中国がさあ~w」という調子で読んだばかりのヘイト本の内容を面白おかしくニヤニヤと披露する。

そのたびに父親は決まってウンザリしたような顔で「お前、そんな差別的な話を俺は家で聞きたくないよ。もっと楽しい話してくれよ」と露骨に眉をひそめ、軽蔑したような冷めた顔でそのやり取りを見守っていた兄が痺れを切らして「おめえいい加減にしろよ、黙れよ」と一喝する。

そんな流れが毎日だった。

ただ、このときの俺がとにかく恐れていたことが一つだけある。

それは「愛国心を盾にした差別はよくない」という至極まっとうな意見世間常識となることだった。

厳密に言うと、当時も今もそういう社会常識は当然みんなに共有されているということになっている。

学校会社ネトウヨ言論をかまそうものなら普通に窘められ、あいつは頭がおかしいということになるだろう。

ただ、当時はネトウヨネトウヨ言論もまだまだ隠れた存在で(ネトウヨというスラング自体は耳にしたことある人はもう多かったと思うが)、「変な人のことだとは思うけど、実際になにがどうなってんのかは知らない」程度にしか一般的認知されていなかったと思う。だから、2chで俺を含む差別的な連中がどんだけ跋扈しようが見つからなかった。

世間には「差別は許されない」という当然の常識が共有されている一方で、ネットアングラ部分ではネトウヨ思想がすごい勢いで盛り上がるという対照的状態が続いていた。

「もしもネットネトウヨブーム世間の人に気付かれたら彼らの良心によって潰されるだろう。そしたら俺のフラストレーションの解消の場がなくなってしまう」

そんなふうに俺は恐れていた。

俺の嫌な予感は当たった。

やがて、ネトウヨ存在一般的認知され始め、密教から顕教に変わっていった。

ただ、予想外だったこともある。

ネトウヨはやっぱり「あいつらとんでもねえ」とバッシングされはしたんだけど、それと同時に「あんなのはごく一部。差別者なんて実際はほぼいない。広まってもいないネトウヨ思想危機感を抱くのは未熟者だからはい、この話終わり」とでも言いたげな耳を塞ぐ態度を頑なに守り続ける勢力も相当いたことだった。

はてなでよく見る「観測範囲問題」という指摘と同じ。


これに俺は凄く救われた。こういう逆張りというか、冷めたポーズを取ってくれる連中がいてくれれば俺の、俺たちネトウヨの居場所は守られる!と安堵した。

ネトウヨ思想が広まりかねない。危険だ」という意見ネトウヨでもないネットから「そんな奴みたことないんだけど?よっぽどレベルの低いコミュニティにいるんだね~」みたいなレトリックでよく小馬鹿にされていたのを覚えている。

ネトウヨ本が書店平積みされ飛ぶように売れ、ヘイトスピーチなんてのが社会問題になって、身元隠してないTwitterアカウント主婦社会人ネトウヨ思想を全開にしている、そんな現在を考えると、ネトウヨ思想流行という当時の懸念は正しく、そして、冷めた態度で小馬鹿にする勢力ネトウヨ追い風になったのは当たってたなあと思う。

ネトウヨ時代の俺も日本がここまでなるとは当時想像だにしなかったから。

政治とか右翼だとか左翼だとか韓国とかそういうの一切合切に俺が興味なくなったのは大学入学とほぼ同時だった。

大学合格後に兄に部屋まで呼び出され相当真剣に将来を案じることを言われ続けたからだ。

要約すると、「偏見を捨てろ。周りに親切にしろ。心を入れ替えろ。ていうか今の人間性のままだとお前人生終わるよ」、そんなことをマジのマジのマジのテンションこんこんと聞かされた。

「親父もお袋も相当心配してるぞ。お前結局友達いなかったろ」、特にこれが半べそかくほど効いた。

自分が好かれるわけがない、擁護しようのない人間だという自覚は深いところで抱いていたので、大学では心を入れ替えて普通に友達作って楽しく過ごそうと思って大学生活をスタートさせた。

まもなく、普通に友達が何人かできて、一緒に遊ぶようになって、まるで憑き物が落ちたかのように俺のなかから世の中や人に対する攻撃性が萎んでいった。

気付いたら政治とかどうでもよくなっていた。ていうか在学中に在日友達もできた。彼女はできなかった。

今は普通にのほほんと生きている。

選挙にはあんまり行ってない。

2020-04-11

anond:20200411080637

ワイはここで嫌われ者として人気やから死んだらみんなむしろ喜ぶやで

死ぬときはグエー死んだンゴを最後に書き込むやで

2020-03-14

自分世界一嫌われ者だったらどうする

自分世界一嫌われ者であると想定する。仲間は一人もいない。そのような状況で何できるか考える。この思考実験は対人関係勉強になる。

2020-03-11

anond:20200311130045

老化して頭が衰えても若いころと同様に人を見下し続け嫌われ者の老人になり孤独に死んでいく人間

anond:20200311125931

老化して頭が衰えても若いころと同様に人を見下し続け嫌われ者の老人になり孤独に死んでいく人間

anond:20200311125751

老化して頭が衰えても若いころと同様に人を見下し続け嫌われ者の老人になり孤独に死んでいく人間

anond:20200311125346

老化して頭が衰えても若いころと同様に人を見下し続け嫌われ者の老人になり孤独に死んでいく人間

anond:20200311125129

老化して頭が衰えても若いころと同様に人を見下し続け嫌われ者の老人になり孤独に死んでいく人間

2020-02-24

anond:20200223122336

増田もそのタイプなんだろうけど、

若いいじめられた経験しかない30overのオタクの中には

すぐ口を酸っぱくしてオタク嫌われ者なんだから裏でコソコソするべきだと言い出すやつも多い。

だが、嫌われているのはオタクと言うよりも、オタクコンテンツをとにかく政治と結びつけて評論の場に立たせようとする

論客気取りのオタクなんだ。そのことに老人オタクは早く気づいてくれ!

2020-02-23

anond:20200223122336

こいつ、「オタク」じゃねぇんだよ

精神性としては、政治系のサブカル畑で

そういうのに関わる「イケてる自分」を一段高く自己評価していて

他人を見下してる

ただアニメゲームが好きで、自分が語れる場がそこにしかなかった奴


昔よくいた、クソだ

オタク老害じゃない

ただのクソ


今はどうか知らんが、昔はサブカル畑の奴がオタク顔して活動してたんだよな

批評とか論考とかやっちゃってさ

時代とか語っちゃう

ゼロ年代とか、セカイ系とか、馬鹿かと


なんでそんな感じかというと、当時のエロゲ業界の影響な

普通には食えない作家が、エロ畑なら好きなことをできるってんで

シナリオライターとして活動してたんだよ

その後、ラノベやなろうみたいなのが台頭して、好きに発表できるようになったのと

ブームの衰退もありいなくなるんだが

エロゲ泣きゲと呼ばれて、泣けないのは駄作みたいな時代だった


んで、ファンが急増して「エロ邪魔」とまで言われて

「俺はエロ目的じゃない」みたいな厨房(年齢ではなく精神性)が増えて

掲示板なんかが華やかに栄えたのだが

サブカルの連中には丁度いい自分語りの場だったんだろうな

ラノベの台頭、エヴァ社会現象化、そういうのを経て

語っちゃうバカが増えて、界隈が有難がったんだよ

なにせ「エロ目的じゃない」のだからww


んじゃ、オフ会とかではどうかというと

そういう、「作品を語らず自分語りするやつ」ってのは、昔っから嫌われてた

だって、みんな語りたいのは、キャラ萌え作品への愛であって

政治思想じゃないんだよ

でも、気付かないんだよな

自分語りしかしないか

コミュ障コミュ障なりに、他人に気を使うんだよ

から、その場では誰も何も言わない

だってコミュ障もの無為軋轢なんて誰も好まない

裏で呼ばれなくなるだけ

そいつが参加すると、二次会別に用意されるだけ

他人が何話してようが、自分土俵で、ウエメセで語るから

今になって老害になったのじゃない

昔っから嫌われ者だったんだよ

2020-02-12

宇予くん@公益社団法人日本青年会議所ってまだ残ってるんだ

更新はないけど今も

中国韓国自分たちを棚に上げて、日本だけに文句を言って来てるど。一言で言うとバカだど。中国世界嫌われ者韓国中国の舎弟。日本はこのバカ二国と国交断絶、もしくはミサイル爆撃したほうがいいど。

みたいなツイートは残ってるけどリテラシー確立とか言ってるこのタイミングでまだ残しておくのってまずいのでは

2020-02-04

anond:20200204201014

限りなくADHDの疑いが強いワイやが、プログラマーだけかろうじて向いてたわ

人付き合いダメバイト転々としてどこでも役立たずの無能嫌われ者

生きていくの向いてないわと思ってたけど、プログラマーは何とかできた

ポカミスが多い、思い込みが激しい、残業できないなど欠点もあるが、

人よりロジック理解力が高い、平均よりは数学できるしアレルギーがない、

バグフィックスに天性の勘がある。とか優れてる部分もあって、総合的には向いてて有能な方になれたわ

得意なことあって良かったまじで

2020-01-08

anond:20200108142702

エロ漫画だけじゃなくAV害悪だと思うけど

そうした男性向けフィクション知識他人を扱うというのと

加えて男性同士のコミュニティが密だから

男性同士のコミュニティ嘲笑されない行動にこだわった結果

彼女大事にしないというのもあると思う

友達彼女をブスと言ったら一緒になってブスと罵り始めるみたいな

彼女の目の前で男友達に媚びるというか

男性コミュニティ嫌われ者にならないための行動を重視する

anond:20200108132105

え?連れ込まないよ?なにいってんの?どんだけ嫌われ者だと思ってんの?

2019-12-22

ヨッピーotuneの件

あれ、ネットの人は比較ヨッピーが好きでotuneが嫌いで(というかおもしろライターは人気でウォッチャー嫌われ者で、というのは普通のことだと思うけど)、だからその方向でまとめたヨッピーは狡いな、と思った。

純粋にムカついてるのか計算なのかわからないけど、「感情」を全面に押し出すことでネット世論を味方につけようとしてる感じ。

こないだのtogetter最初から最後まで読んだけど、otuneの主張は一貫してて、ヨッピー必死に話を逸らしてたじゃん。otuneはただ以前の「タイトルPR】有無騒動」の経緯をまとめて、その時はヨッピーは今と違う考えだったよね、そこぼかすのは人に誤解を与えるよね、ということを言ってて

ヨッピーはとにかくそれに触れてほしくなくて「あんたの彼女が」「あんたの身内が」「あんたの方こそ」「じゃあ〇〇はどうなんだ」「ブクマどうこう、スターどうこう」って話を散らかしてた印象。

ブクマの方もotune過去醜聞持ってきたり、単に「ウォッチャー嫌い」で乗っかったりしてたけど、でも今回otuneは間違ったこと言ってなかったと思うよ。

ネットの反応はパッと見、「ヨッピーは単純で純粋感情的な反応をしちゃって、主張は散らかってるけど憎めない」みたいな雰囲気になってたけど、非常に「広告屋的」で「本質に触れさせず煙に巻いた」感じがあったよ。

2019-12-12

催眠エロゲが終わった日

先日からFANZA(旧DMM.R18)で『催眠』と検索しても一作もヒットしなくなった。

どうやら作品名から催眠』という単語が一括置換され、なおかつカテゴリとしても削除するという改修が行われたようだ。

DLsiteでも似たような改修が行われており、警察指導なのかオリンピックへ向けた配慮なのかはわからないがとにかくエロゲ同人誌販売プラットフォーム倫理規程の大幅改定が行われたようだ。

自分子供の頃から催眠術が好きだった。

エロ概念なんて知る前の幼い頃に子供向けのバラエティ番組催眠術師に翻弄されて自分名前を思い出せなくなる女性タレントのお姉さんの姿にやたらドキドキしていたのをやたら覚えているし、ドラゴンボールGTビーデルが敵に洗脳され娘を裏切る回は理由もわからず何度も何度も繰り返し見た。

今考えるとゲイの人が生まれ持って男の人を好きだったみたいに、自分も生まれ持って催眠術が好きだったんだと思う。

世の中に催眠フェチシズムなんて概念があると知ったのは自分PCを買ってもらった後だった。

初めて遊んだエロゲBLACKRAINBOW催眠学園だった。

クラス嫌われ者主人公村越進太が催眠導入機を手に入れてクラスのマドンナや生意気女子を手にかけていく様は凄まじいほど興奮した。

前半は「ドラえもんの道具を手に入れたらどうする?」みたいなリアルで生々しい男の妄想をそのまま描き、後半は企画者のAVのような笑えるほどシュールシチュエーションを描くそ作品を遊んでから俺は催眠術に更にハマっていった。

社会人になってから学術的にも催眠術を勉強し、催眠とつく商業作品ほとんど手を出すようになった。

女にもモテずとりわけ友達と呼べる存在もいなかった自分にとって催眠エロゲの新作を遊ぶことは唯一の生きがいですらあった。

最近は『催眠』とタイトルにつく作品がやたら多くなったと思う。

これはぶっちゃけジャンル規制や締め付けが厳しくなったからその隠れ蓑エロ方向に展開を転がす便利アイテムとして催眠術が利用されて発展したような経緯もあったりからガチもんの催眠フェチコミュニティで受け入れられるような作品は割と少なかったりするが、最近愛上陸みたいな超画力の人も参戦してきて、ようやく本格的に盛り上がりだしたなという段階だった。

ただ、もう先日を持って催眠エロは終わった。

検索上ここまで露骨迫害されるということは売上にも大きく関わってくる、商売でやっている人達は方向転換を余儀なくされるのだろう。

露骨な陵辱物が倫理規定改定エロゲ市場から姿を消したように、催眠というジャンル市場からひっそり姿を消していくのだろう。

どこかが裏で糸を引いているとしたらもう既にソフ倫あたりにも働きかけているのかもしれない。

愛上陸催眠指導シリーズの新作も、催眠学園を作り上げたNATORI烏賊氏の新作も、ファンタジーとしての催眠術のみだけではなくリアリティも追求したおくとぱす氏の新作も、もう自分は遊ぶことができないのだろう。

ゲイの人は生まれ持って男が好きで、彼らは『正しさ』によってパートナーと愛し合うことを認められた。

俺のよう生まれ持って催眠術が好きなだけな惨めで哀れでモテない男はたかが絵を見ながらオナニーする権利すら『正しさ』によって奪われる。

なんて正しさなんてご都合主義で歪で勝手ものなんだろう。

こんなに簡単に1つのジャンルが潰されるのかと心底悲しいと思った。

ひっそり使う人のオナネタケチつける奴なんて政治家だろうとフェミニストだろうと米国だろうとオリンピックだろうとみんなくたばっちまえ。

恥を知れDMM。ふぁっきゅー正しさ。

こんな世の中でいいのか?俺は絶対に嫌だぞ。

すべてのエロ漫画家やエロゲ製作者に幸あれ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん