「あの手この手」を含む日記 RSS

はてなキーワード: あの手この手とは

2019-04-22

職場メンヘラさん

職場メンヘラ♀さんがめんどくさい。

この際メンヘラなのか更年期障害なのかはどうでもいい。

とにかくその人がめんどくさい。

「〇〇さんの席で ムカツク って言ってたのなに?」←言ってない

「そうだよね増田さんはそうやっていつも否定するよね」←いつも言ってないからね

「でも言ってたじゃん。なんなの?」←言ってない

うはwwwwwめんwどwっwくwwっwせえええwwwww

まれる度に「言ってないよ。強いて言えば目の前でエラー吐いてるコピー機にムカついててすごく寿司食いたい(プンスコ☆」と斜め上に受け流してるけど本当にめんどくさい

どんな場面でも斜め上に受け流していたら職場天然キャラ扱いされだしたのも含めてめんどくさい。

同じような内容で上司に絡み同僚に絡み後輩に絡み、育ちのいい優しい先輩♂に依存気味。

定期的に通勤手段が被るのでその度に絡まれいたことに加えそれが原因でついに次の予定へ遅刻したので今後は毎回テキトー理由つけて一緒しないことに決めた。

病気母親と二人暮らし?大変だね。テキトー息抜きしろ自分裁量だよ。

アラフォー彼氏なし?知らんがな。優しい先輩♂は婚約なんや飲み会帰りに荷物♂抱え込んで困らせてんじゃねえ。

「なんかもう私最悪だよ。明日からはまともになる。誓うよ」→翌日「もう我慢できないから言うわ。影でコソコソ言うのやめてくれる?」←言ってなry

「ほぼ異動のない職場だし増田は定年までこんな私に付き合うんだよ!あきらめなよ!」←いやどす

もーどうして欲しいの。

職場の子ありママさんたち(メンヘラと同世代)に泣きついてヨシヨシしてもらい、

上長上長に異動したいと直談判したあとに「あそこ(地獄部署)にトバされたらどうしようここのほうがマシかな」と日和り(これはまあ別にいい)

なんとか盛り上げようとピエロった自分が温めた飲み会の席を「それよりさあ」で葬式にする。

上司てめえ「あれよろしくね(通勤いっしょになるでしょ」とか言って投げてくんじゃねえ。

自分メモ対策

なるべくメンヘラ特攻される場面を作らない(ぼっちになる作業メンヘラが忙しいタイミングに)

通勤ご一緒をあの手この手回避

「それよりさあ」が始まったら無視して隣のひとと勝手に盛り上がる

それでも特攻されたら「寿司食いたい」で受け流す

それでも続いたらわざと主語を取り違えて話を斜め上に流す

かにどうしたらいいんだ。

仕事も手伝った。

ママさんとメンヘラ自分の3人でカフェで甘いもの食べながら愚痴も聞いた。

ふたり仕事帰りにふかふかのパンケーキも食べに行った。

他人としては出来る限りを尽くした。

他人にこれ以上のことはしたくないし背負う気は毛頭ない。

もう疲れた。できればもう寿司の話もしたくない。寿司が汚れる。

2019-04-21

anond:20190421143606

君の行動パターンは大体分かった

君の行動パターン相手を「差別主義認定」することに終始している。

このとき相手が実際に差別主義であるかは重要ではない。

相手差別主義者でなければ都合が悪いから、逆説的に相手差別主義者でなければならない。

なぜ都合が悪いか差別主義認定する以外の論法を持ち合わせていないからだ。

相手がなかなか差別主義者らしさを見せないときはどうするか?

「現状はお前のせいだ」という無茶な自己認識を使ってでも差別主義認定を強行する。

まず第一段階としては根拠なく差別主義認定する。

根拠を出せば隙になるから根拠なしにレッテルを貼るのがもっとも望ましいのだろう。

相手差別主義者だと認めるまでは執拗差別主義認定を繰り返す。

差別主義者と認める以外の発言は「話題そらし」「言葉遊び」などとして無視する。

理屈ではなく根気で押し通そうとするスタイルなのはなぜか?

おそらく根負けした相手が「ハイハイ私は差別主義者ですよ」とでも言うことを狙っているのだろう。

なかなか差別主義認定成功しない場合、第二段階に移行する。強攻策だ。

あの手この手で無理にでも差別主義者というレッテルを貼ろうとする。

例えば相手差別主義者という前提で話を進めようとするパターンだ。

また発言のすべてを差別主義認定に結び付けようとするパターンもある。

質問を装って相手を陥れようとすることもある。

差別主義である」前提での質問からそもそも質問としてなりたっていない。

質問するとき共通認識を前提としなければならない。

結局は差別主義認定することがゴールだから理屈は深く考えていないのだろう。だから話が荒唐無稽にもなる。

差別主義認定できそうだと思えば「感情を抹消せよ」「人間をやめろ」などと言う極論を持ち出すことに疑問を持たない。

差別認定するにしても、そのための理屈がいい加減だからKKOにとって実りある話に繋がっていかない。

相対する個人差別主義認定することにすべての力を注いでいるから次の段階へ進めない。

定義次第ではすべての人間差別されていることになるし定義次第ではすべての人間差別主義者になる。

からこそ確かな定義必要なのに主観的自分定義で強行しようとすれば通らないのも当たり前。

結局、君のしたことは「KKOに触れると差別主義認定される」という論に説得力を与えただけ。

anond:20190421114157

いいえ?

言葉遊びが好きみたいですけど、「差別をする」という考えを変えないことが差別なので。

私は「差別をやめろ」としか言ってないのに、君は差別継続あの手この手言葉遊びで認めさせようとしてるだけ

わかりあうつもりはございません。

正当性とか、科学的にとか、そんなことして逮捕されるぐらいなら空想で済ますとか、どうでもいいんです。

いいですか?わたし男性が憎い、だから科学的根拠がなくてもアニメ見てたりゲームしてれば性犯罪者認定します。

わたしはめんどくさいです。だからあの手この手男性危害を加えたいんです。

苦しんでください。あなたたちキモ・オタの子供部屋おじさんか、社会的地位もつわたし達か、どちらが強いかはその少ない脳みそでも理解できますよね?

2019-04-18

コンビニアルバイトを始めてあと数日で一年経つけどもう辞める。

勤めてるコンビニ本部からコンビニの事をネットに書き込むの禁止というお達しが来たので、バイト日記を書くのをしばらく辞めていたのだけど、今回書くのはコンビニ本部には関係ない話だと思うので、まあいっかなと思って。

辞めるといっても、今勤めてる店を辞めるというだけで、もうしばらくコンビニアルバイター自体は続けたい。

私が今の店を辞めようと思った理由は結局人間関係なんだけど、人間関係ときで一々辞めてたらいくら転職してもキリがないんだよなぁ、と想うんだけど、これ以上私が勤めててもお店にとっても損だし、私にとっても辛いだけだし、辛抱して勤め続けても馬齢をかさねるだけでいよいよ潰しが効かなくなるのでいけないな、と思ったので、思いきって辞めることにした。

半年から、一人の相棒と組んで仕事をしていたのだが、相棒おかしくなった。組み始めた頃の相棒はただの愚痴の多いオバサンだったのだが、今は私と争うようにして仕事をしている、積極的に私の邪魔をしてくる。それがお店にもお客様にもマイナスを与えている。

・私に特定仕事やらせたくなくて、記録票を私の手に届かない所に隠してしまう。

お客様レジに来たので私が対応しようとした所へ相棒自分仕事を放り出してまで「あたしがやる」と割り込んで来るので、お客様に対して失礼をしてしまうし時間無駄にかかる。

商品販売期限の時間に売り場から商品撤去する作業を私にやらせたくなくて、二十分以上前商品撤去してしまう→売れる筈の商品が売れないで廃棄になる

・私がホットスナック調理をするのを阻止する為に、欠品が多いのに今夜はホットスナックはもう終わりでいいと言い張る→売上が下がる。

・私にホットスナックの廃棄をするか否かを判断させたくなくて、残り物の廃棄を妨害する

・私がドリンクお菓子の品出しをしていると「それは夜勤仕事からやらなくていい」「忙しい時にそんな事するな」(レジに人が並んでいる時ならともかく、店内に客が何人もいても、ピーク時に欠品があると売れるものも売れなくなるなるので、商品の補充は大急ぎでやらなければならないのだが)と言い張ってきかない。→夜勤の人からクレームついた。売上も低下。

・私が上司に言いつけられてしている仕事(全員やるべき仕事)を「そんな事はやらなくていい」と言ってサボる

とにかく、すべては私に対してマウントを取る為だった。

コンビニ仕事、とくに今勤めてる店の場合、勤務中はバイト同士たった二人で連携して仕事を回していかなきゃならなくて、どちらが主でどちらが従とかないし、そんな事をやってる場合ではないのだけれど、相棒は私を下僕にしておく為にあの手この手を尽くすことばかりに熱心で、真面目に仕事をしなくなった。

私は、相棒の興味の範疇外の仕事掃除とか)は一手に引き受けざるを得なくなってしまっている。が、実は私がマメ掃除をすることが上司達に評価されてしまっていて、相棒からすれば、私は全てを取り上げられた筈なのに、何故か評価を下げられない人なのだ相棒の私への当たりは余計キツくなった。

上司達は、私の事を悪くないと言うし、働きぶりをそれでいいと言うのだが、考えてみたら結局は「私さえいなければ」それに尽きるような気が私はしてしまった。

私と同じ時間帯で私がいない日に勤務する人が、相棒から同じように色々邪魔されているのかどうかは知らない。会う機会がないから。でも、彼らはまだ二十歳前後若いので、相棒攻撃対象にはなっていないのではないかと思う。普段相棒言動から推察すると。

子供にはマウントを取る必要がない。大人同士だと優位に立ちたくなる。そういう事なのかな。

上司相談したけど、結局私が我慢すれば丸く収まる話なので、何も解決しなかった。


店を変えても同じ事はまた起こるかもしれないなと思う。けど、やっぱり経営者にすればバイトたかバイトなのか?守ってはくれないので、私は自分を守る為にフットワーク軽く華麗おさらばして次の島を探すことにした。

幸い、近くのコンビニバイト募集していて面接してくれる事になったので、受かるといいなぁ。

1ヶ月以内に次の仕事をゲットすると決めたのだ。

バイバイ、今の職場

バイバイイケメン正社員氏!(職場いちばん仲良かった)

2019-04-12

anond:20190412013543

っていうか本気で表現したい、伝えたいのなら、同人誌自費出版)で規制をかけない表現いくらでもできる(お金もそのほうが儲かる)のだから

雑誌という「権力」が気に食わなくて「戦争」したいだけだって結構広い範囲から見透かされるよね。

子供タバコをいいものとして見せたくないってごく普通の親の願いだよ。

その少女漫画雑誌でなければいけない理由は? LALAやフラワーズなどの成年むけ漫画雑誌じゃだめなんですか?と。

シンデレラを改変してもいいけど、シンデレラ原典は低年齢層に支持されるから勝ち続ける。作品のものの力だ。

漫画童話大人からみたら嘘だけど、嘘は嘘として提供されてていい。

棲み分けからならいくらでも大人理屈をふりかざせばいいのに

わざわざ少女マンガ誌にきて棲み分けをぶっとばすって一般読者からみてもへん。

タバコをいいものとして少女誌で描きたがるのは

ガチエロ妊娠プレイをそれがリアリティからという理由少年誌に載せたがるのとおなじくらいに歪んでいるよ。

でもまあ、ほっといてもこんな横車推しはとおらないよ、

漫画家が勝ってもその少女マンガ誌が出版規制対象になる結末しかみえねえし。

男性漫画家があの手この手でやってる規制突破規制いたちごっこ

とうとう女性意味を考えもせず真似した

もっと悪いことにそのとき差別ジェンダー特権として使おうとした)という悲しい結末。

 

おやおや、フェミ嫌いはフェミ作品規制されるとき表現規制反対って大騒ぎするんじゃなかったですかね?

少女誌にタバコを載せてさしあげろとかいってもっと反社会的活動につきすすむんじゃないのかwww

混乱して黙ってしまったようですけどねwww

2019-03-28

キレる≒自分見積もりの甘さを認めようとしない

これで999%間違いないんだよ。

10人が「いいやそれは違うね」とあの手この手論破しようとしたところでその全てをはねのけて正しさを証明できるほどの正しさ

2019-03-24

anond:20190324172017

あの手この手で脅しつけて反抗しなくなったら合意とみていいって判決あったね

2019-03-22

Evilが多すぎる

ひとつひとつは大したことではないけれど、積み上げると大したものになるような小さなEvilの氾濫がすごい。

先日スマホを変えたら、解約時の一時金として色んな費目でちょこちょこと計上され、それらの金額は事前に説明あったかと聞くと、「約款に書いてあるでしょ」と、とりつくしまもなさげ

さら

「2年縛りで割引してたんだから解約するなら解約月は割引がありません」

と言われ解約料に数千円の上乗せ。

「いや解約月も2年内に入ってるわけだし、日割りできないって言うから結局解約月も満額払うのに、それで割り引かれないって理屈に合わなくない?」

と言うと、またもや

「約款に書いてあるので」

「それ私に言われてもしょうがないんで、もういいですか?」

と言うばかりで聞く耳持たず、早く説明を終えて電話を切らせろの圧がすごかった。

結局押し問答しても何も変わりそうにないので諦めて受け入れた結果、妻との2回線分で解約時の一時金が万の位に乗ってしまった。

「{親キャリア}に移行するならそれ全部チャラでいいんですけど、{親キャリア}にしません?」

と言われて某犬のキャリアを進められたけどこんな対応されてその上でこんな会社契約したいわけがない。

そして乗り換え先のキャリアでは手続き最中ずっと様々な付帯サービスあの手この手で進められる。

iPad契約してくれれば初期費用&月額を割引できます。そのうえ端末の割賦の頭金をカットします。月額料金は少し上がりますが、iPadが手に入ると考えれば長い目で見たらプラスですよ」

dポイントゴールドカードに加入してくれたら同じく〜云々」

執拗に食い下がり、契約を終えるのに4時間以上かかった。しか契約する部屋は地下で窓一つ無い状況で、そこで数時間説明を聞き続けると、冷静な判断力が段々削られていくのがわかって、最後のほうはもう損得あまり考えず、とにかくノーとちゃんということに終始してしまった。これ、年配の方が一人とかで来てたらたぶん途中で折れて、ああもういいから全部つけてさっさと終わってくれって言うと思う。

しか上記の例で出たiPadはその数日後に新作が発表された。これ契約してたらなんか寂しい感じなってたと思う。

いくつかのサービス契約時に初月無料ですぐに解約していいからと言われておとなしくそのままにして、後日ネットから解約しようとしたところ解約の手順のUIがおそろしく分かりづらかった。

その無料サービスを解約することで他のサービスも同時に解約してしまうような誤解を招く書き方になっていたり、同時契約した他のサービスの割引がなくなるように誤解させるものとなっていたり(結局それらは関連しあわず普通に進めるとそのサービスだけちゃんと解約できる)なんとか少しでも解約をさせない、または遅らせる仕組みになっている。

そういう例としてもうひとつ

僕は少し前まで某巨大IT企業に潜り込んで働いてたんだけど、そこでマネタイズの基本となっていたのは以下の二点だった。

・寝かせ

・レ点

寝かせとは、月額契約をさせた上でそれをユーザーから忘れてもらえるように仕向け、いかに月額料金を払っていることを悟られずにうまくお金を巻き上げ続けるか、という概念

レ点とは本来チェックボックスに入れるチェックのことで、転じてなにかの契約の決定ボタン付近に別の契約デフォルトチェックを入れて用意しておいて、一緒に契約させてしま手法いかユーザー意識させずに契約させるかを重要視する概念。(今は直接的にはできなくなってるけど、それでもある程度それに近いUI設計をさせられる)

要は両方共、契約してもらうけどあまり使わず意識させず、お金だけを巻き上げ続けるにはどうしたらよいかを重視しており、某社の花形ではないサービス企画職たちの間には、そのノウハウがどろどろと渦巻いている。

某社ほどになると月額百円程度でも積もり積もれば莫大な売上になるので、企画職はどれだけよいサービスを作るかよりも、上記2点をどれだけうまくやるかのほうに注力することが多い。そのあたりを上手くやれる人がいい企画の人、という評価一般的だった。

って感じでこういうのもう枚挙にいとまがない感じだけど、要はいかに小金の口数を多くして「このくらいならいいか」の母数を増やすしか考えてないビジネスがすごく増えた。それも大手になればなるほどそればっかり一生懸命やってる印象が強い。

G社のDon't be evilという社是は有名だけど、G社自体微妙に守れてない感じになってきて、世の中汚れてんなあと思う。

お金を儲けるってことは汚いことなのかなあ。

そればっかりじゃないと思いたいんだけど、でもそれが現実なのかな。

2019-03-13

コカインというドラッグについて

ピエール瀧逮捕で少し思うことがあったので書く。詳しい解説や裏話ではないので興味ない人はスルーしてくれ。

まずピエール瀧コカイン逮捕されたというニュースを見て自分は少し驚いた。

ピエール瀧逮捕」されたことではなくて「コカイン逮捕」という部分に。

薬中ガチ勢の人がネットインタビューで「コカインシャンパン」と言っていたのを読んで上手い表現だなと思った。

というのも自分も同じように芸能人お金持ちが使うようなドラッグという認識があったから。

ただしこれはアメリカでの話であって日本でのことではない。

日本逮捕される芸能人ほとんどが覚醒剤大麻MDMAエクスタシーであるのはご存じの通り。

ドラッグには「役割」があってどれを使ってもいいというわけではない。見境無く手を出す人もいるが、どれか一つしかやらないという人間も多い。

例えば、覚醒剤快楽(薬自体と性行為の両方)、大麻カルチャーMDMAパーティドラッグとして使われている。

それぞれ逮捕された人を思う浮かべれば分かるんだが、覚醒剤清原小向美奈子ASKAなど必ず男女が一緒だったり性行為と結びついてる。

大麻ラッパーレゲエ、他にはそんな雰囲気若者が圧倒的に多い。

MDMA芸能人では押尾学ぐらいしか知らんけど基本的には踊る方のクラブで主に使われている。

この辺りの違いは一般的には知られていないと思うが重要な点である

ドラッグ経験者はこの手のニュースを見たときは「何のドラッグ逮捕されたか」を必ずチェックしている。

ドラッグ役割をよく理解しているので、種類を知ればどんな背景があるか想像できるからだ。

そして、今回のコカインはこの中には無い。理由はおそらく流通量が他と比べて少ないからだと思われる。

流通量が少ないというのは個人的経験からも言える。自分は15年ほど前の若い頃にドラッグを使っていた経験がある。

主にナチュラル系で中毒になっていなかったとは思うが、ドラッグをやるためにわざわざ海外に行くぐらいは好きだった。

当然、友達も同じような人間が集まるわけで、みんな上に挙げたようなドラッグの他にアヘンや当時合法だったマジックマッシュルームをやっていた。

中には逮捕されるような知人もいたが、コカインを使ったことあるという話は一度も聞いたことがなかった。

アメリカ映画には良く出てくるので存在自体は知っていたし、南米に行けば容易に手に入ることも知ってはいた。

ただ、日本で使ったことがあるという人は見たことがなかった。これが15年ぐらい前の話だ。

話が飛んでしまったが今の話に戻す。

コカイン日本流通してないという話をしたばかりだが実は最近コカイン逮捕される人が増えてきている。

高部あいというタレントコカイン逮捕された。

自分はこの子存在を知らなかったが、ニュースを聞いたときの驚きはピエール瀧以上だった。

まさか20代前半の売れないアイドルコカインを手に入れられるとは思わなかったからだ。

興味を持ったのでネットニュースをいくつか読んだら六本木とか西麻布?とかの金持ちが集まるようなグループに出入りしてたようなので

そういうツテがあったんだろうと想像した。ここでもやはり派手にお金を持ってる人達が出てきたのでイメージ通りだった。

他にも無名ではあるが君島カレンというGOGOダンサー若い子もコカイン逮捕されている。AV女優麻生希もコカインの所持で逮捕されている。

この3人は何の関係もないが、なぜか若くて可愛い女性が多いと思わないだろうか?

コカインは高価で流通量が少ないために持っている人は限られている。金回りが良くて派手なグループ人間だろう。

そういうところには当然ながら美女必要だし、あの手この手で仲間に取り込みドラッグを使わせているのは想像に難くない。

オレオレ詐欺などの犯罪で稼いでいる人間ビジネスで若くして財をなした人間、怪しいビジネスで荒稼ぎしてる人間のようなグループ流行していると思われる。

2019-03-05

自己肯定感を高めるには、SNSログインパスワードを控えること

劣等感を刺激してくる奴と離れる。以上。

これに尽きるよな。

対人関係は難しいけど、ネットはできなくもない。

SNSって自己肯定感を削るヤバいツールだよな。

承認欲求を満たす為にあの手この手を尽くしてるけど、それ見てるときっついだろ。

キラキラももちろん、鬱々としたのも、自分が同じ投稿したらとんでもない差がつくのが想像つくじゃんな。

ついつい見ちゃうのよーくわかる。

ログアウトしろ

ログアウトしろ

大切なことだしもう一回言うけど、ログアウトしろ

見ちゃわない状況を作れ。復帰のためにログインのパスワード控えろ。

必要ないなら見るのやめとけ。増田しろ

おじちゃんと戯れようぜ。

2019-03-03

通り一遍形ばかり、

平凡でつまんない感想って???

じゃ熱烈なの書いたら、嗤うでしょうに。

そういう人なのもう知ってるもの

恐ろしい恐ろしい

馬鹿にしたくて、あの手この手なのね。

いい加減にしてほしいな。

JKが好きなくせに。

2019-02-25

ギャン泣きする子供

昨日、ちょうど飛行機ギャン泣きする子供がいた。

時間ぐらいギャン泣きしていた。

着陸態勢に入っているのに、ちっともおさまらず、

母親はもちろん、パーサーさんたちも困っていた。

あの手この手で収めようとしているが、まったく効果がない。

なんでギャン泣きしているのかまったくわからない状態のようであった。

当の俺は、ギャン泣きチルドレンはまったく気にならないタイプで、映画見てたし

「元気があっていいなー」ぐらいの感覚である

当のチルドレンももはや自分でもなんでギャン泣きしているのか

からない状態であろう。

ああなってしまったら、嵐が収まるまで放っておくしかない。

なので、別に周囲に謝る必要なんてまったくないし

ギャン泣きチルドレンズペアレンツもそこまで気にする必要がないのである

あーだこーだ言うヤツがバカさかもと未明とか。

2019-02-24

anond:20190223180505

美人に対する嫉妬ってやっぱりすごいんだなと再認識した

あの手この手で「いか増田美人じゃなさそうか」を指摘する努力には目を瞠るものがある

2019-02-22

インターネット政治的に関わると居場所がなくなる

まとめサイトから、足を洗ったタイプで今はその反動なのか、日常生活の知人と政治的な話をする程ではないにせよ、俺は政権には批判的なポジションである

でも少し前、インドア趣味で先人と尊敬してツイッターフォローしてる人が趣味とは関係なしに政権擁護的なツイートをして、俺のタイムラインに流れてきた。

というか、つい最近野党が2分の遅刻を大きく責め立てたという件を批判したもので、野党全否定し強い口調で罵ったものだった。

正直、それを見て俺は戸惑った。確かにあの件は野党が悪いのだとは思う。でも、俺は「統計改ざんへの関与」とか列挙すれば長くなるであろう多くの政権への疑惑に対しても不安がある。政治とか経済には詳しくないから誰かに説明してもらわなきゃよく分からんのです。

これまでも、多くの政権支持野党批判を見てきたけど、疑惑に対しあの手この手政権が直接指示したわけではない。とは言っても起こった悪事とその後始末で不安をさっぱり掃除してくれるような言説は政権支持野党批判者はしてくれなかった。

政権批判立ち位置にいる間は政権が倒れない以上今の問題解決のすることはないから、俺はすがりつける言説がない限りずっと不安を抱えたまま過ごすことになる。

から、俺は疑惑を晴らすことのできない政権をのさばらせて野党を倒す人たちに普段からどういったニュースを読めば、不安を持つ必要がないのだとわかるのか聞きたい。

そして、ある特定トピックに対して牽引してるのだと、尊敬される立場にあるのだと、そういう自負がある人には、トピック以外の(特に政治的な)話題ツイッターに流すと、フォロワーに負荷をかけるかもしれないって事を言いたい。もう、趣味に関する情報収集のはずのツイッターでいつ政治的な内容で不安を煽られたくない…

2019-02-21

ジャニーズVtuberデビューについて

最初Vtuberという流行に乗っかってるだけの企画で「ジャニーズ事務所もこの先生のこるために大変だな」と思ってたけど、Vtuberや(Vtuberから話が変わるが)二次元アイドル声優に関する疑念が割と解消されるのでは?と思った。

中の人事務所が分かる安心感

もはや中の人など気にせずに動画を楽しんでいるけれど、それでもどこか隠し事が常に付きまとってる感じは正直否めなかった。

別に声優を知ったところで余計に入れ込むことも無いし、むしろ声優や同声優が演じたキャラでいじる風潮(テラ子安とか別キャラ名前で呼ぶあれ)も嫌いだし、それに巻き込まれるくらいだったら未発表で構わないのだが、隠し方に対して気持ち悪さを感じる部分があった。

あとは未発表かつ最初から所属してた事務所が見えないところであの手この手使ってそうな疑念もあるし、それだったら先に所属事務所を発表してそこからデビューしてるVtuberの方が潔いので。

からこれがジャニーズ事務所というのを伏せての企画でのちに判明したら滅茶苦茶悪口書いてただろうし、折に触れては恨み節呟いてたと思う。

あと正体が分かってるが故にメタネタ使えるのは強そう。

声優に歌とダンスバラエティ耐性課せられてるのを見るのが苦手

Vtuberと離れる話になるが、声優キャラクターとして歌とダンス披露するライブが実は得意ではない。

ライブ感想で「キャラが目の前にいた!」というのを見かけるし公式もそのように推してくるが、個人的にはキャラを演じた声優しか目に映らないのでその辺りと温度差がある。

またゲームアニメ内にラジオ生放送ネタ逆輸入するのも元ネタをそこまで見ないし聞かないので白けてしまうところがあるし、声を演じるのがメインの職業の人にバラエティ的な面白さを強要しているオタクを見ると辛く思ってしまう。

もし今後このジャニーズVtuberが曲をリリースしたりゲームアプリを発表することになり、かつVtuberとしてではなく生身としてライブに出なければならない時に、普段通りに歌って踊ってバラエティ対応すれば良いのだからその辺りの齟齬解決するのではないかと思っている。

中の人が数人いるのが苦手

Vtuberなら普段の動きも声優本人がやってるが、ダンスや何かしら特殊な動きを披露するモーションとなるとさすがにダンサーがモーションをつける事になる。

またアイドルゲームアイドルアニメ場合は確実にモーション班がいるが、どうしても「皆でキャラを作り上げている」のではなく「キャラというガワに何人もの人間が入れ替わり立ち代りしている」ように思えてしまう。着ぐるみを着回してるような感覚があるのだ。

それが先程も述べたように可能な限り一人に収束していって、キャラ=その役者のものになるのは違和感がないのは良いと思う。

と、ここまで好意的に書いたが、見た限りあの素人っぽさは脱却しないと厳しいだろうし、事務所流行りに乗っかるだけのスタンスなら一企画だけで終わってしまいそう。長期化を視野に入れ腰を据えてやるならVtuber界の刺激になるのでは。

あとやるなら新キャラを作り出すのではなく、本人自体二次元にした方がよりキャラ演者に対するズレが減るのでは?とは思った。

それなら本人がYouTuberになった方が早いかもしれんが、やはり二次元が好きな層、三次元アイドルが好きな層、声優が好きな層は相容れないと思うのでそこのうまい潤滑油になれたと思う。

中の人の交代や2代目とか3代目が出てくる布石かもしれんが。

2019-02-18

納得いかない

国民年金国民健康保険に納得がいかない。

お金は無いわけじゃないから払える。けど、払いたくない。その選択をする権利こちらにないことがすごく納得がいかない。

健康保険は、利用する場面は確実にあるしその状況によっては莫大な治療費が発生することもあるので仕組みとしては必要だと思うし、ちゃんと欠かさず払っている。けど、ここ10年くらいで、保険適用で支払いが軽減された額と実際に納付した額を比較すると、実際全く割が合わない。

それが「保険」たるものである、というのが基本的言い訳だと思うんだけど、いざというとき大金を支払うリスク回避する意味での保険だとするなら、現状そのリスク自分で負うからその保険をかけるかどうかの選択権をこちらにほしい。

また保険は、大勢お金を出し合ってリスク分散するものでもあって、それは確率的な機会が均等であることが前提になるべきだと思うんだけど、国民健康保険場合はそれが無条件に老齢の方々の治療費負担することに流れているのも、仕組みとしてどうかと思ってしまう。若い人が老人を支えるという思想はそれ自体はとても尊いものだと思うけど、それを社会構造として若い人に押し付けるのは、ちょっと無責任な気がする。

そしてこれ実際には国民健康保険「税」であり、払わないと脱税ということになるし、督促もそれ相応に厳しい。それが納得いかない。

これらに財源が必要なら、それはそれでちゃんと整理して徴収すればいい。「保険」を名乗らないでほしい。

そして本当に納得がいかないのが国民年金

そもそもこれも、積立ではないか配当金が必ず保証されるるたぐいのものではないというのが国の言い分で、そうなるとこれは保険でさえない。そしてこれまたこちらに一方的に支払い義務がある。

なのに当初契約?時のお約束一方的劣化更新され、支給開始年齢はどんどん伸び、支給額も少なくなる見込みで、そもそも財源が足りてないから将来的に足りなくなるのはどう試算しても明らかであるのに、色々と屁理屈をこね、こちらに譲歩を強いて「最終的はまあなんとかなるんじゃない」的なニュアンスで、無造作に金を請求してくる。

徴収した資金運用や、個々人の情報管理は呆れるほどずさんで、それが何度か公になっているにも関わらず、この仕組を是正する動きはどこからも起きない。変じゃない?これ。

そして、国民健康保険と違ってこちらは払わないことに実は具体的なデメリットが無い。

代わりに鬼のような催促はあり、催告状、最終催告状、そして外部委託による電話、最終的には督促状へとエスカレートしていき、それを無視し続けると危険という情報ネットには溢れかえっているが、体験や周りの方との情報を共有した限りではそれらのほとんどは脅し目的に近く、自分観測範囲に限っての話だけど、実際に強制執行された人を僕は現実存在として見たことがない。

僕は自営業なので周りには国民年金の方々がたくさんいるが、みんなあの手この手でかわして、実際に完璧に払っている人は少ない。中には自営業になったときに切り替えをしなかったらそのままなんの催促もなく、もう十数年なんのお咎めもなく払ってないというツワモノもいる。

別の知人から直に聞いた話では、納付を拒否して催告状、特別催告状、督促状、と段階が上がっても実際に強制執行になることはなく、最後まで粘ったのは電話による督促だそうだ。知人は途中で就職して厚生年金に切り替わったので、そこまでの未納分を催促期限切れとなる2年後の時点までしつこく電話をかけてきたらしい。

最初普通にかけてきて、適当にいなしてそのままにしていると、やがて月イチでかけてくるようになり、出ないようにすると留守電を残すようになり、しかも、その留守電無言電話で、本当に薄気味悪かったそうだ。最後は週1、週2ペースになり、最後の未納分の2年後がすぎると、パタッと止んだらしい。

なので、ネットアフィリエイト目的根拠のない言説に惑わされず、かつ執拗電話攻撃に耐える精神的な強さがあれば、年金は払わなくてもやり過ごせるという現実はある。

払わなければ将来自分年金支給を受けられないけど、実際それがどのくらいの確度で保証されるものなのか、現時点では誰にもわからない。資産的はもう確実に詰んでいるし、それに代わる財源や仕組みも色々と議論はされているけれど、現在政治システムを回している層の人達がそこにメスを入れて何らかの改革をしてくれるとは考えにくい。

その程度のものに、月一万数千円を60歳まで、今後の変更によってはそれ以上延々搾り取られるということが、理屈の上で本当に受け入れがたい。

でも僕は、それらの催促に耐えうるメンタルが無いから結局払ってしまう。実際これから、少しの間滞納していた分の納付に行く。

気持ちよく払えるものではないなと思いつつ、でもどこかである日滞納した金額強制執行されてしまうとそのときに困るから金額が小さいうちに、少し余裕があるときにまとめて払うという選択をしてしまう。

でも、年金機構適当にやってる破綻した仕組みに僕らが汗水たらして稼いだ金を貢ぐことにはやっぱり納得はいかない。

いや、国の仕組みだから、払わないやつらのほうがおかしいから、ってのが正論ってのはわかってる。わかってるから匿名で書くわけで。

でも納得はやっぱりしないもんだよ。

これから納付すんだけど、どっかに愚痴りたくて書いた。

あーほんと、むかつく。

2019-02-05

女があの手この手で男から権利を奪い苦しめようとしてくるから俺たちは戦っている

戦士のみなさんおはようございます

2019-01-29

2019年アニメ1話ほぼ全部観たか感想書く その1

 こないだ「宇宙よりも遠い場所」いしづかあつこ監督のインタビュー記事内で「ファンにできることはありませんか」という質問に「「このアニメが好き」って、一言発信していただくだけで、すごくうれしくなりますね。」と答えていたのを読んでふと「案外こういう怪文書でも巡り巡って彼らの活動支援になったりするのかなぁ」なんてことを思ったので感想を書くことにした。ちゃんと見てから感想書きたい気もするけれど、以前よりもいの完走レビュー書いたときは1ヶ月費やしたので時間の制約上1〜3話程度の感想になっている。

 それっぽく並べてあるけど、作品の優劣は付けてない。容赦して。

2019年冬アニメ1話ほぼ全部観たから感想書く その2

2019年冬アニメ1話ほぼ全部観たから感想書く その3

2019年冬アニメ1話ほぼ全部観たから感想書く その4

配信情報について

 ~独占…対象サービスしか配信してない

 ~のみ見放題…対象サービスでのみ全話見放題。その他のサービスでは有料配信

 ~のみ最新話無料対象サービスでのみ最新話見放題。その他のサービスでは有料配信

 言及なし…複数サービスで全話見放題/最新話無料

 

 私はTVアニメを観ない(BS見れないし、TOKYOMXもAT-Xも受信できないし)ので、配信情報はこれ以外の手段について書いている。

感想(上の作品ほどモチベ高め)

かぐや様は告らせたい

 恋のデスノート。やっぱりA-1 Picturesラブコメ面白いラブコメの中では圧倒的にセリフ量の多い会話劇。

 テーマとして恋愛頭脳戦を掲げているので、メインの二人が「表情に出さないけど思考フルスロットルさせ、頭の中がカオスになっている」っていう様子を面白おかしく絵にする難しさがあるんだけど、あの手この手で彼らのジェットコースターみたいな心情変化を演出している。

 BGMアレンジといい「恋愛頭脳戦とかいう新しいことをやってるみたいでその実、思春期真っ只中な高校生男女なんやで」っていうベタな部分を昭和チックなラブストーリー調に演出するとこが非常に良くて、あくまで二人が大マジで恋愛を繰り広げているからこその面白さ(大マジだからこそ面白いっていうのは「月間少女野崎くん」もそうだよね)にちゃんフォーカスしている。不意にときめいた瞬間を「ラブ・ストーリーが突然に始まりそうな曲」で笑わせてくるところとか最高だった。どういうオーダーしたらあの曲になるんだろう。

 そして青山穣によるイケボ解説が最高。最近良かったナレーションだと「ティラミス」の大塚明夫陰毛役)、「プラネットウィズ」の小山力也おっぱいのくだり)、「ダグ&キリル」の上田燿司(本作のノリはコレに近い)とか。淡々としているようで、ちょくちょく感情を見せてくる生きたナレーションが全体的なテンポ感を規定している感じがあるので、冒頭のあれは毎話必須な気がする。

 「かぐや」はともかく「御行」「藤原」っていう独特なネーミングは竹取物語登場人物元ネタなのね。そのメイン3人のキャラデザについて。原作者インタビュー記事に「まつげを『女性漫画家の書くまつげ』っぽくしてほしいってお願いした」みたいなこと書いてたけど、確かにかぐやと御行の目元が非常に艶っぽくて、ラブコメしからぬ奥ゆかしさを印象づけてる。個人的畠山監督作品の「静かに視線を伏せる男性キャラ」が好きなんだけど(「昭和元禄落語心中」の菊比古師匠ことなんだけどね)、本作の御行も単に目つきが悪いっていうだけではなく、見栄っ張りでありながら動揺しやす性格ちゃんと表情に現れててすごく好き。一方のかぐや様も御行ほどではないにしろ目つきが悪い(やや吊目ぎみ)のに表情が豊かで、しかベクトルが「侮蔑」「焦燥」「優越」「失望」「失意」とか、そっち!?な方向。それでいて、ときめいた瞬間のかぐや様めちゃくちゃ可愛いっていう。

 作者天才かよって思うのが「頭脳戦ゆえ落とし所が難しい話の流れをジョーカーこと藤原千花のサーキットブレーカーというかインターセプトが鮮やかにキマって、ちゃんと短い尺の中でオチがつく」という構成藤原キャラクターとしての自由度が高いのもあって毎回不意打ちを食らっちゃう。また藤原はメイン二人と比べて柔らかい線で構成されたキャラデザなので、メイン二人のきつい目が交互に映る緊張感からの、柔らかい線で描かれた千花の目が映ることで緊張→緩和の流れが出来てるので、どうあっても笑ってしまう。そういえば御行の急な行動→かぐや様がときめくっていう流れのときも、かぐや様は全体的に柔らかい線になるよね。かわいい。そういう部分も含めて緊張と緩和の流れが完璧なので、何度でも観て笑える。1話もう20回位観たかも。早く3話観たいな。

 話題OP水野良樹作曲。すっかり「いきものがかりの人」からアニソンの人」になりつつある。

 

ブギーポップは笑わない

 「濃いアニメを作るスタジオ」ことマッドハウスの新作(監督含む主要なスタッフ的にはワンパンマンとかACCA13区の布陣)。20年くらい前に書かれたライトノベル原作現代舞台にしたSF(少し不思議サスペンス会話劇。

 クオリティが高いというのもあるけれど、作りが完全に映画のそれ。各シーンをぶつ切りしていく演出とか、その中で登校シーンみたいなリフレインを入れて時間経過を表現してたり、ブギーポップとの会話で変化する主人公感情日常生活の行動を切り取る形で淡々表現してたり、凄く尖った演出になってる。写実的な背景(背景:アトリエ・ムサ)も気合いが入ってて、屋上のシーンで敢えて遠景のカットが多い。リアリティの強い世界観を持った作品

 あと劇伴が印象的。本作の劇伴は「聲の形」「DEVILMAN」でおなじみ牛尾憲輔。穏やかなのに心がざわざわする美しくて豊かな音楽聲の形っぽさを感じるんだけど、不穏な空気シンセの重低音で表現してたり、カットの切り替わりで音楽をぶつ切りして、直後の無音で緊張感を演出する等、映画劇伴で使う手法地上波アニメでやってる感じがある。あの音ってスマホで出せるのかな。サントラ欲しい。

 その会話も、ブギーポップという非日常存在に、学校という日常空間(会話する場所は必ず校舎の屋上)の中で会うっていう、ブギーポップ実存性(不確実なはずなのに、確かそこに存在しているっていう感じ)が凄く不思議。そういえばそんな話を二人もしてたっけ(多重人格についてのくだり)。あと同級生との、少し距離感を感じさせる会話なんかすごく小説っぽい。

 会話劇として「あの作品っぽいなぁ」みたいな作品をいくつも思い出すけど、(このライトノベル刊行された時期的に)私がこれまで触れてきた多くのライトノベル作品が「ブギーポップは笑わない」の下流存在しているわけで、非常に感慨深い。

 それにしても、ブギーポップを演じる悠木碧すっげー。中性的な声を持つ声優さんって貴重だけど、その中でも特に、声に含みがありすぎる感じ(本人もよく「私の演技は情報を詰めすぎてしまう傾向がある」と言ってる)がたまらない。あと宮下藤花も悠木碧が演じてるってことに最初気づかなかった。

 EDは「やがて君になる」のOP曲でおなじみ安月名莉子xボンジュール鈴木。すき。

 

荒野のコトブキ飛行隊

 水島努x横手美智子の新作。空飛ぶ用心棒日常アニメ。またバンダイナムコからスマホゲーム配信予定。

 水島努監督作品ガールズ&パンツァー」が「清く正しく美しい戦車の可愛さを描く、女の子が中心の世界」なのに対し、本作は「ならず者のはびこる男社会の空を、プロペラ機で逞しく生きる女の子の話」なので、決してやさしいせかいではない。戦闘シーンが両方共ガチなのは共通

 アニメーション制作をGEMBA(CG)、ワオワールド作画)が行っており、主要キャラ(コトブキ飛行隊、飛行機)が基本的3DCG。対してモブ作画キャラなので、3DCGキャラ作画キャラが同じ絵の中にいる不思議アニメに。3DCGキャラの利点として、細かい作業を行うときマジでかい作業)の手元がちゃんとしているところと、飛行中の機体を引きで見たときの良さが際立ってる(実際、作画モブキャラは飛行中、引きの絵が無い)。あとトゥーンレンダリング調のキャラに対して飛行機写実的。なんか3Dゲームに出てくる飛行機みたい。年季の入った感じとか、個性のあるペイントとか。

 相変わらずミリタリー関係演出ヤバイ。まず怒涛の専門用語による会話から始まる戦闘。何言ってるか全然わかんない。艦橋で交わされる、ウィットに飛んだテンポの良い会話はさすが横手美智子って感じ。そしてほぼ完全再現?される出撃前儀式。いやその計器を指差し確認されてもわからんし。燃料とか油圧とか確認してるんだろうけど。機体は既存飛行機が今後も登場する模様。1話は隼、紫電零戦。その後敵機とドッグファイト突入するけど、ガルパンでもあった「回転する砲塔視点」みたいな視点結構使われてて、機銃視点で天地がくるくる回り、敵機と追いかけっこしながら銃弾が飛び交うシーンが続く。攻撃側の狙う場所が(アニメ的には飛行機の胴体を攻撃するのが絵的にわかやすいんだろうけど)羽根の付け根部分を射撃→燃料タンクに着弾→燃料が漏れる→引火→爆発っていう描き方がガチ過ぎて笑った。着弾した場所ちゃんと弾痕あるし。他にも、相手の後ろに取り付いて攻撃するっていうパターンが徹底されている上に「後ろに取り付いてきた敵機に対して、急制動による捻り込みで背後を奪う」からの「エース機と思しき敵機に捻り込みを使って背後を取ろうとするも、裏をかかれて被弾」とか。主人公を追い詰めた敵機がとどめを刺そうとしたタイミングタイムリミットになり引き返すシーンも、一瞬だけ燃料メーターを映して「燃料が帰還分しか残ってないよ」って演出したり。機体をフラフラさせて煽るシーンは笑った。どんだけ描写を練ってるんだ。同じ空戦でも「ガーリー・エアフォース」とかなりベクトルの違う魅せ方なのが素敵。

 で、音がブッチギリヤバイ空間的な変化を丁寧に反映した音響はさすがとしか言えない。大音量ヘッドフォンか、部屋が震えるくらい大音量スピーカーで視聴推奨。出撃前後で言うと、出撃前はエンジンのドコドコ音が響いていて、滑走路を走行エンジン音が徐々に変化してるのに加えてタイヤのガタガタ音が重なり、空中に出た瞬間、空間的な広がりを感じるエンジン音と風切り音に。風切り音も通常飛行と雲の中を進むときとで音違うし。縦に旋回する時、機体がギシギシ軋む音は感動した。機銃の音も、発砲する機体が映ってるとき発砲音は乾いた音(パパパン)が聞こえるが、撃たれる側が映ってるとき、遠くで鳴ってるような残響(ボボボン)になってるとことか。命中した音も、近くだとキキンッっていう軽い音と弾丸の風切り音が混ざってるが、引きだとガガンッっていう重い音に変わってたり。

 音楽ガルパンに引き続き浜口史郎戦闘シーンの音楽めっちゃかっこいい。ミリタリーストリングスの相性って抜群だよね。

 ちなみに戦闘シーンはガルパン以上に説明的な会話が無いので、ニコニコ動画ミリタリーに詳しい人たちと一緒に観たほうが良いかも。私も全然わかんない人なのでニコニコ動画コメント付きで観ようかな(音のクオリティ的に、ニコニコ動画品質妥協しづらい…)。「解説つけなくても視聴者は付いてきてくれるはず」という水島努監督の強いメッセージを感じた。ちなみに毎週更新公式webラジオレシプロ機の詳しい解説を見ることができたり、できなかったりする。

 

盾の勇者の成り上がり

 「メイドインアビス」のキネマシトラスによる不条理文学。2クールかけて主人公が成長する姿を描く。原作はなろう系小説1話は1時間スペシャル

 最近よくアニメになってる異世界転生(転移?)モノだけど、オバロとか転スラのようなヒロイズムと大きな距離がある。こういう作品共通した性質としてゲームライクな世界観というものがあって(本作のゲームライクな演出は「デスマーチから始まる異世界狂想曲」に近く、絵としてのGUI結構練られている)、主人公がただの村人Aではないこと(異端というか特別)の記号になってるんだけど、本作の主人公俗物的で、上記のようなヒロイズムに対するポストヒロイズムみたいな感じ。勇者D(X人目)。転生によってアドバンテージを得た勇者が転生先で成功するお話に対し、本作は転生によってディスアドバンテージを得た主人公が、転生先でそれに抗う、あるいは異世界人のように逞しく生きながらえるお話

 王前で主人公慟哭するシーンは、異世界生モノの持つ「現実世界において「自分社会から不当に虐げられている」という漠然とした不満のようなものを持っている人たち」というメッセージを強く表現してる。なんとなく「風と共に去りぬ」を思い出した。風と共に去りぬ南北戦争を描いた小説で、差別不条理と戦う女性お話、だっけ。本作における「剥がしたり消したりすることのできない盾」は彼が例の勇者であり、同時に排斥対象であることを知らしめるレッテルになっていて、彼が戦っているあらゆる不条理がこの「盾」に集約されている。そういう意味では、最初に仲間になったのが奴隷っていうのも大きな意味があるよね。

 面白いのは「1ヶ月後にやってくる敵の襲来」というイベント。彼が勇者である以上逃れる術はないので実質的に盾と同じ不条理象徴ではある(特に2話は、「襲来を乗り切って生き残るんだ」というセリフが何度も登場する)んだけど、同時に彼がただの大罪人ではなく世界一利用価値がある人間であることの担保になっていて、ワンチャンあらゆる不条理を打ち負かす可能性を秘めていること(世界に借りを作ることができる)。タイトルはそういう意味なのかな。

2019-01-14

anond:20190114203506

それは確かにそうだな

結局企業政治力から

割とクリーンイメージのある(あった)Googleあの手この手のし上がったんやろなあ

2019-01-11

映画とかアニメみてると感動する

こういったコンテンツあの手この手でどれだけ頑張ってウソつけるかの激しいレースをしていて

ああ、頑張ってんなぁと感慨に耽ることが出来る

2019-01-03

創価学会を辞めました

誰に話していいのかわからず、悶々としている間に10年も経ってしまったがようやく心の整理ができたので書き記しておこうと思います

表題通り私は、創価学会を辞めました。

ネットを調べると辞め方というのがあったんですけど、住所を記入して送ることや彼らと再び関わりを持ってしまうことが怖くて提出することができませんでした。

もう一切信じてはいないし、誰も自宅に尋ねては来なくなったので籍が残ってしまっているのは癪だけど辞めたということにします。

ちょっと前向きに描きたいので退職エントリ風に書きます(笑)

どんな人物なのか

私は創価学会員の二世でした。生まれた時から親が勝手に入会させており学会員です。(酷くありませんかw)

母は熱心な学会員でした。父は特に信じてはいませんでしたが、学会員になっていました。

下の兄弟創価学会二世でした。弟は生まれながらに知的障害者で途中から大学中退してしまいました。その頃からなぜか創価学会を盲信し始め、私はなぜか今も嫌われています

裕福な家庭ではないことは物心ついた瞬間から理解した。

生い立ち

物心ついた時から創価学会自分のすぐ近くにありました。

学会」「勤行会」「勝利」「池田先生」などの文字が並んだ新聞を読まされ、家には仏壇がありなぜか母親は毎朝毎晩何かをつぶやき祈っていました。

私はこれが普通のことだと思っていました。

新年には必ず新年勤行会という行事に行き初詣には中学まで行ったこともその文化があることも知りませんでした。

私は体が弱く、学校休みがちでした。しかし、勉強人一倍でき、小学校の頃から特に苦もなく高得点を取り続けました。

得点の高い友達はそれだけ御本尊様に祈りを捧げたんだと信じていました。

しかし、小学校の高学年になり創価学会信者である自分マイノリティーだと知りました。そして宗教のことを口にすることはよくないのだと思いました。

中学になると少し勉強自分でしないと上位に上がれなくなった。部活を始めたが、なかなか難しかった。

勉強しつつ部活をやりつつ祈りを捧げると成績は良くなるのだと信じていました。しかし、ある日気づいた。「この時間勉強部活をしたほうがいいな。」と

親になぜ祈りを捧げるのか聞いても意味全然からず、なぜ信じているのか不思議でした。

でもきっと理由があるのだと思っていました。これだけパワーを注いで時間を割いているもの意味を私は知りたかった。

任用試験という試験があるらしいことを知った。今はあまり覚えていないが、創価学会検定みたいなもんで上の位を受理されていると教えることができる資格っぽかった。

あっさり試験に受かってしまった。

でも全くわからなかった。

なぜ時間を割いて勉強したのかもわからなかった。それくらい当時の自分にとって理解不能で単純なテストだった。

私は可愛くない子供だった。

クラスメイトが信じている朝の占い大人たちが適当にそれっぽいことを書いているため信じなかった(今だに12星座がわからない)。

人造人間18号はなぜ後継機なのに16号に劣るのか理解不能だった。

でっち上げられた歴史教科書パチモンみたいなので勉強させられた。

要するに、創価学会を盲信し続ければ幸福になるということがあの手この手で書かれているらしかった(詳しく覚えていない)

私は「なぜ信じるのか」を知りたかっただけなのに誰も知らないらしいことに愕然としてしまった。

それから創価学会は親との付き合いのためだけに仕方なく行くことになった。

親をがっかりさせたくなかった。常に良い子でありたかった。

私を創価学会二世にした親は何の疑いもなく登録して何の疑いもなく、幸福になることを望んだのだから裏切ってはいけない。

創価二世はつらい「誰が生めと頼んだ! 誰が造ってくれと願った!」というミュウツーセリフが心に沁みた

なぜやめるのか

努力価値を知った
不信感が湧いた

努力価値の話

創価学会はだいたい謳い文句が決まっている。

要約すると「○○さん大勝利勝利の裏には1日○時間唱題をしていた!」ということがあの手この手で毎度出てくる。

ちょっと待って冷静に考えてほしい。

「その時間別のことやったらもっとすごい成果が得られるのではないか

目的に向かう努力をした方がいい。

唱題(御本尊に向かって題目を唱えること)の時間も半端じゃない!一日10時間

ちょっと待て!と普通なら思う

創価学会努力をあまりできない人が努力した気になるシステムがある。

題目という祈りだ。

時間が長ければ努力したとカウントされる。失敗しても責任自分にはないので楽なのだ

本気で努力する必要がない。

そこで得られる報酬や結果の理由は「題目をたくさんあげたから」となる。

私は中学の頃テスト100点をとった。親はこう褒めるのである「よく頑張ってお題目たくさんあげたね。次も頑張ろうね」

この100点は自分努力をした結果なので素直に褒めて欲しかった。

子供にとって親に自分努力が褒められないことほど悲しいことはないと思う。

そこから私は猛烈に努力した。自分努力証明たかった。

部活も、勉強も猛烈に頑張った。

高校は猛烈に勉強県内トップ3に入る高校に行った。

部活全国大会に行き大学国立大の行きたい学科合格した。

裕福な家庭ではなかったので学費バイトで稼いだ。

祈っている時間は1秒もなかった。祈りに屈する自分も悔しかった。

仕事もめちゃくちゃ頑張って同世代の平均年収を抜いた。

特にお金のことを心配しなくても一人で生きていけるようになっていた。

不信感の話
不信感1

創価学会員はなぜか引越し後の住所を知っている。

ある日見知らぬ人間が知り合いのような口ぶりで尋ねて来るのだ。

そこまで冷酷ではないので口ぶり合わせて軽くあしらっていた。

大学の頃アパートの1階に住んでいたんだけどなぜか窓から間取りややっていることを見られていた。

現場は見ていないけども、訪問時見られているとしか思えないような話をよくされた。

見知らぬ土地自分が知らない人が自分生活を見ているのだとしたら怖すぎる。

不信感2

選挙の前親から毎回電話が来る。

公明党をひたすら勧めて来る。

他党と比較して何がいいのか教えてくれない。なぜいいのかも説明してくれない。

とにかく勧めて来る。謎

勧め方が露骨すぎやしないだろうかと毎回笑ってしまった

「なぜ信じているのか説明できない信者」と「わかりやすい組織の利益」わかりやすくて大変よろしい

そんなこんなで努力して自分目標を見つけることが大事なんだなぁとか普通によくわからないという感想が出てきて自分には必要なくなっていった。

これから

でも創価学会を一概に悪だと言えないことも最近気づいてきた。

人間努力して努力してどうにもならないときどうするのかというと、祈ります(笑)

神社に行ったり、神棚に祈ったり、そのとき信じるもの祈ります

宗教ってこのためにあるんだなって思ったりしました。

今私は世界中を飛び回り、いろんな国の人と話して物を作る仕事をしています

いろんな価値観の人がいます

宗教もいろんな人がいて、そういう人の境遇や想いを理解してあげるのは大切なんだと思いました。

人生何があるのかわからないので、今後私も宗教に入ることがあるのかもしれません。

でも大切なのは事実自分で見極めて、自分で納得することだと思います

悩み続けた信者生活でしたが、常に自分がどうあるべきかを考えさせられ勉強になりました。

これからどうするのか何も決めていません。結婚もどうしていいのやら

でも正しいことは自分で見極めてしかるべき努力を重ねていきたいと思います

幸せってなんだろうって思うことも多々あります

親は創価を盲信するあまり認知症の初期症状っぽいの幻覚ならぬ幻臭を感じているようです。

それを聖教新聞で抑えられるみたいなことを言い始めていますが私は元気です

みなさん幸せですか?私は初期ステータスの割にはそこそこ幸せです。

2018-12-30

anond:20181230090501

北朝鮮天国」のイメージ脳内から抜けてなさそうな。

いわば幼児向けの「世界のみんなでお手手つないで仲良くなりマショウ!」「日本人という鬼が暴れたので世界(というか連合国)が成敗しました!あなた日本を叩いてヒーローになりましょ!」を丸暗記したまま。学習能力もなくズに乗ってるだけ。国際感覚無さすぎ。

あちらは狡猾慰安婦像だの裏でコソコソ撒いたりといろいろ研究してあの手この手日本国に挑戦してきている。日本はどんな手を使われても悪鬼だから手足を縛られているべき、と。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん