「つぶやく」を含む日記 RSS

はてなキーワード: つぶやくとは

2018-12-12

5行でまとめてみた。

https://www.qhapaq.org/imakita/

Summary of the Document

JK美容垢が尊い

最近女子中学生女子高生美容垢を覗くことにハマっている。

知らない人向けに説明すると、「美容垢」とは、コスメダイエットに関する情報を主に発信するツイッターアカウント総称で、化粧品レビューメイクテクニックを中心につぶやくコスメ垢」や、整形したい・した人の「整形垢」、ダイエットの経過を報告する「ダイエット垢」などがその内訳として存在する。

その中でも、アラサーOLの私がハマっているのはJCJK女の子たちがつぶやいているアカウントである

こんな目的で閲覧されているなんて彼女たちも気持ち悪いと思うので、フォローもせず、こっそり覗いている。

JK美容垢が尊い

 最近女子中学生女子高生美容垢を覗くことにハマっている。知らない人向けに説明すると、「美容垢」とは、コスメダイエットに関する情報を主に発信するツイッターアカウント総称で、化粧品レビューメイクテクニックを中心につぶやくコスメ垢」や、整形したい・した人の「整形垢」、ダイエットの経過を報告する「ダイエット垢」などがその内訳として存在する。

 その中でも、アラサーOLの私がハマっているのはJCJK女の子たちがつぶやいているアカウントである。たいていK-POPアイドルか、乃木坂女の子たちが憧れで、プチプラコスメ校則にひっかからないギリギリメイク方法特に涙袋の錬成に命かけてる)や、シースルー前髪の作り方などを画像にまとめている。彼女たちにキーワードは「透明感」「消えてなくなりそうなほど儚い」など、とにかくなんか白飛びした画像みたくなりたいらしい。強めの囲み目メイクが最高にイケてた女子高生時代を生きていた当方としては時代の変化を感じざるを得ない。

 で、正直こちとら化粧し続けて10年以上のキャリアがあり、課金顔面を強化し続けてきた身としては、そのメイクテク特に参考になるものはない。むしろ医学的根拠のないダイエット方法RTしたり、アイプチやりすぎの目元を晒したりしているのを見ると「おいおいやめとけって」みたいな老婆心がムクムクと湧いてしまう。

 なのにどうして目が離せないのかというと、そこにはもう私には手に入らない「尊さ」が存在するのである

 ギトギトの性欲と食欲に支配されている(偏見オブ偏見ですすいません)二次性徴期の男の子果たして気づいてくれるのかはわからないけど。

 こんな目的で閲覧されているなんて彼女たちも気持ち悪いと思うので、フォローもせず、こっそり覗いている。年増のBBAマウンティングと思われてもしかたない。でも、明日会議資料だとか、来月のカードの支払いとか、子供を生んでも働けんのかなとか、働いても働いても埋まらない男女のもろもろの差とか、そんなことはまだ考えなくていい女の子たちの顔は、彼女たちの夢とか憧れとか嫉妬とか劣等感とかがぎゅうぎゅうに詰まった小宇宙なんだと思う。その小さなさな努力はどこまでも輝いていて、本当に尊い願わくば彼女たちが少しでも自分の顔を好きになれますように。そのまつげのくるんとしたカールが、いつもより調子の良いアイプチが、あなたの大好きな人に気づいてもらえますように。

2018-11-29

フェミがたまトレって言い出したやつ

それ思春期くらいには女性は一回はだれでも妄想することなんだよね。

フェミに限らず、酷い性犯罪とかの実在を知ったあたりで。

あと大人になってからも夫が育児に非協力的だったりすると

自分の息子だけはこんなわけのわからない生き物にしたくないなとか思うだろう。

 

しろ男性ってそういう対処法を

社会構成する大人になるころまで一回も考えてないで

すまされてるところが

フェミさんにスタート地点周回遅れだったんだろうなと。

それでヒマな無職とかニートになってネット世間勉強してるとき

驚いていちいちあげつらうんだろうと思うんだよね。

 

男性だって戦争なくすにはどこよりも強い核兵器があれば・・とか

いやいや知略で、そうだ今の技術力があれば昔の戦争など・・とか

考えるから異世界転生ラノベが隆盛なんでしょ。

 

タマトレも表現タネだし実際そっちのネタ漫画にして売れてる本たくさんあるし。

(○奥、テ○○ストなど)

今更この手のトークで驚かれてもなー???

流行りの本読んでないのかーって感じ。

 

追記

ブクマ※について

・「生理生理ってうるさいんだよ!そんなに嫌なら子宮取れよ!」→ 実際生理痛が子宮内膜症とわかったら子宮まるごと取っちゃう手術あるよ。健康になった報告読んだことあるよ。という流れからすると何がいいたいのかわからん。現状での輸精管結紮術と対応してるね。岡田斗司夫さんの手術レポも読んだなあ。そのあと仕事発注を餌にセクハラしてたことがバレて仕事干されてたなあ。

・「「ハイエースしたい」と同様に、どちらも公共の場で表明したら通報ものだろう。 」 → 公共かなあ?SNSつぶやく場でしょ。人格としてこいつあぶねーやつだ付き合いを考えよう、くらいの判断材料にはなるだろうけど犯罪のものの予告ではないじゃん。男女とも、現実化しそうで気になるツイート本当にあったなら通報して判断を託せばいいのでは? その先は運営警察が公平に判断することになる。

・私は妄想しなかった→まあたしかに、自衛のためとはいえ性犯罪者の記録を読み耽る女性はあまり多くない。夕ご飯が食べられなくなる程度には胸糞悪いからね。一時期wiki事件ページなどが流行ってたけど、読まないで済ませられると思えるなら一生読まないほうがよい。

2018-11-04

幸せになりたい

常々死にたいと思っていた。死にたいんじゃなくて幸せになりたいんじゃないの、的な話をネットで読んだ時、ああそうかもと思った。

それからはただぼんやり幸せになりたいと思うのだけど、具体的にどうなりたいのかわからないので、具体的にどう行動すればいいのかもわからない。

結局のところつぶやく言葉死にたいから幸せになりたいに変わっただけで、死にたいのか幸せになりたいのか、自分でもよくわからないが、ともかく、そういう実の感情は何も変わってない。

幸せってなんなんだろう。俺はどうなりたいんだろう。みんなの幸せを教えてくれ。

2018-10-26

安田氏行為リスクベネフィット評価する事が、私にはできない

タイトルで落ちてるのだけれど、モヤモヤしているので書く。

シリア長期間拘束されていた安田純平氏が解放帰国した件について、彼の行為を無謀だとか迷惑だとかと批判する意見を見る。
発言が気に入らない・整合性がない、という批判はわかる。納得するかどうかは別として、筋はあるからだ。
ただ、彼の行為が無謀・迷惑とそんなに簡単批判できるのか、が分からない。

無謀、という批判について、彼の行為登山に例えた例を見た。
無謀な登山とは、思うに、登山者の技術と準備が必要なそれに全く追いついてない、ということだろう。
まり技術的な評価であるから批判するには知識技術経験必要になる。

私は安田氏がしようとしたことに対して必要技術と準備がどういったものか、全く知らない。これでは評価しようがない。
シリア内戦知識すら十分じゃない。まして、どう潜入するのか、どのように安全確保するのか、それが氏のしようとした事に対して十分なものであったか
なんて、どうやって評価すればいいんだ。少なくとも私には絶望的に無理だ。途方に暮れる。

かに日本政府危険だと警告していたわけで、技術も準備もなく素人観光で行くのは無謀だろう。
だが、それを基準批判するなら、8,000m級の山に登山するすべての登山者は無謀だ(それはそれで一理あるかもしれないが)。

迷惑、に関してもよく分からない。一個人リスクが今回の件でどれくらい上がったのか、正直評価する知識がない。
国とか世界に対しての迷惑というなら、リスクベネフィット評価する必要が出てきてしまう。

ジャーナリストしろ戦場カメラマンしろ、彼らがもたらすベネフィットを事前に評価することは
ほぼ不可能だろう、なにしろ「分からない」からこそ行くのであるから
となれば、素人からすれば、ある科学の基礎研究が巨大な実利を生むかどうかを事前評価するのとどっちが難しいんだか、というレベルである

評価不能とばかり言って馬鹿じゃないのかお前はと思われそうだが、これが私の正直な現状だ。
常識で考えればわかるだろう」と言われそうだが、そもそも常識」が通用する話なのか分からない。
前提となる「常識」も定義されていない。そもそも私に多分「常識」が足りない。
批判しようにも擁護しようにも、全く知識がない、という事実が明らかになるばかりだだ。全く情けない話である

となれば、専門家の知見を頼るしかない。実際、彼の行為が無謀で無意味な、ベネフィットがなく多大なリスクしかないものなら、
まっさきに同業者の方が批判している、とも思うのだ。風当たりが強くなって迷惑なのは彼ら彼女らなんだから
こんなふうな捏造じゃなくしっかりした批判が、いずれ専門家から出てくるかもしれない(すでにあれば知りたい)。

そんなわけだから安易に彼の行為を褒める事も批判する事もできない私に今できることは、「まずは、生きててよかったねえ」とつぶやくことぐらいなのだった。
今後の識者・同業者評価と、なにより安田氏自身アウトプットを待ちたい。

自分自身の哀しいほどの無知に関しては、ぼちぼち何とかしていきたいので、
良書があれば教えていただけるとうれしい。読む時間をひねり出す方法を考えるのが先な気はするが。

2018-10-24

anond:20181024103220

別に我々にあっちの自由剥奪するような権力があるわけでもないし、ただ感情論で嫌いだなーとつぶやくだけじゃないか

その結果あっちが何しようがあっちの自主的判断なんだから、こっちは何の関係もない

フェミと同じだよ

2018-10-22

ドリフェス!ファンになれなかったオタクの話

 10/21、日本武道館

 ドリフェスが終わってしまった。

 私がドリフェスを知ったのはアニメからだ。そのあと、これが「若手俳優を使ったアイドルコンテンツであることを認識した瞬間、「あ、近寄らんとこ」と思った。

 私は特撮が好きで、でも俳優のものは好きにはなれないタイプオタクだった。漫画も好きだけど、2.5次元舞台ミュージカル的なものもどうしても好きになれなかった。そしてもうひとつ、私はとあるジャニーズアイドルの、Jrからファンだった。男アイドルを下積み時代から追っかけていた。

 これらの経験が、私にとって「どうしても5次元(2.5次元)アイドルコンテンツであるドリフェスを好きになれない理由」だった。そしては私は、それは好みだからしょうがない、と、ドリフェスを好きになれないことを自分に許した。だからドリフェスファンの仲間入りが出来なくて、すぐにドリフェスから距離を置こうとした。

 そんな時に、TwitterAGFでのドリフェスツイートがいくつかRTされてきた。どれも楽しそうで、でも私はもうドリフェスから離れる覚悟を決めていたので、他人事のようにそれを眺めていられた。2016年秋、ドリフェス出会ってたった数週間目のことだった。

 その時に流れてきたRTひとつで、私は石原くんに興味を持った。俳優活動まで追いかける気はさらさらなかったけれど、それでも、三次元ドリフェスまでなら応援してもいいかな、と思えるくらいには彼はアイドルとして魅力的だった。

 それからはずっと葛藤しかなかった。

 二次元三次元は別物として好きで、俳優(ここでは敢えて俳優と言おう)をキャラとしては見れなかった。TwitterのTLで「三次元みてないファン嫌い」とか「五次元分かってない」とか「三次元二次元で見れないひと可哀想」って言われる度に自分のことだと感じてしまって、ドリフェスのこと呟くのやめた。確かに私はドリフェスを好きだったのに、そういう目線で、他の人と同じように好きにはなれなくて、他の人と同じ好きではないことを非難されるのが辛くて、結局は逃げた。それでも私は確かにドリフェスが好きだった。人とは違う好きかもしれない。そういうファンは受け入れられない、認められないかもしれない。それでも私はドリフェスが好きで、公式の言う「ドリフェスファンの皆様」になりたかった。いつか、なれるんじゃないかって希望と夢をもって、円盤買ったり、アプリ課金したり、グッズ買ったりした。1人でライブ行って、1人でコラボカフェ通って、1人でシーパラダイスに行った。(1人で水族館行ったwww)

 武道館2days、本当は1人で行く気だった。

 仲間にされたくなかった。誰かに勝手に、私の想いを、キラキラした綺麗事で飾り立てて欲しくなかった。

 20日

 私は二次元は主に慎くんのファンで、でも三次元は慎くんに見れないから、たったの一度も慎くんのドリカ飛ばしたことは無かった。でも最後からと思って、青いパンツに青いアクセサリーつけて、慎くんのドリカを用意した。一番好きなURホーリーナイトと、SRシュガーリーカルーセル三次元匂いがしないものを選んだ。

 ライブに、慎くんはいたのか、と言われればやっぱり居なかったと思う。溝口くんは溝口くんで、及川慎くんを演じた素晴らしいキャストさんだった。慎くんそのものは、やっぱり私には見えなかった。

 三次元が嫌いなわけじゃない。大好きなキャラクターを真剣に演じてくれて感謝しかない。それでも、私はアイドル及川慎のステージを見ることなく終わった。別に後悔はなかった。楽しかった。そして、それでいいと思っていた。

 この日のラスト石原くんは「ドリフェスはまだ終わらない」と言った。言い回しは明確には覚えてないけど、たしかに終わらないと言った。

 私は嬉しくなってしまって、その日その足でレターセットを買って、次の夢を書いた。中国アプリが出るから、次は中国ツアー行きたいです。その次はヨーロッパ、そして全米デビューだ!その時わたしは本気でそう思っていたし、ドリフェスというものそれから先も続いていくのだと思っていた。そういう意味でその言葉を受け取ってしまった。

 翌朝、恥ずかしくなってホテル手紙を置いたまま九段下の駅へ向かった。その手紙未来永劫、私の本棚眠ることになるだろう。

 21日、アリーナ

 一日目のような驚きは無かったけど、やっぱり楽しかった。ペンラを振るのも、ドリカを選ぶのも、昨日見演出も、見なかった演出も、すべて楽しかった。でも、時間が経つにつれて、この次がこの曲で、これがあって、そしたらアンコールがあって、終わる。そういう気持ち強迫観念のようにのしかかってきて、上手くペンラを振れなくなっていった。それでもアンコールが終わるまで、全力で楽しんだと思う。ファンになりきれなかった残念な私は、その時必死ファンを取り繕っていた。

 最後挨拶石原くんは、ドリフェスが終わると言った。昨日は終わらない、と言ったのに、今日は終わる、と言った。

 そして、ライブ楽しい100%だと言った。わかる。私もそう思う。ライブはいつも楽しいアプリも楽しかったし、アニメも大好きだ。グッズも沢山買って家に置いてある。楽しかったし、大好きだった。

 ドリフェスという作品が、こんなに大きな舞台気持ちよく終わる。それはすごいことだと思う。でも、それでも、私はその時まだドリフェスファンになっていなくて、ファンを名乗る自信もなくて、そして同時に私はドリフェスファンになることが夢で、明日にはドリフェスファンなれるかもしれないって思っていて、素直にすべてを受け入れて好きだ!って叫べるようになるまでドリフェスに終わってもらうわけにはいかなくて、最後を受け入れられなくて、挨拶の間ずっと唇かんで俯いてた。

 昨日、「まだ終わらない」と言った石原くんは、今度は「明日も(ドリフェスなくても)いけるっしょ!」って言った。

 感情的には「無理っしょ!」って感じだった。絶対むり。無理っしょ!

 それから直ぐに、一話の奏と純哉くんのシーンを思い出した。

 無理っしょ!無理っしょ!言ってた純哉くんが、奏に「無理っしょ」って言われて、「イケるっしょ」って返したあのシーン。無理だった。どうしても無理だった。でも私は、全力で「いけるっしょ!」って叫んでいた。

 叫んだあと、ショックで椅子に座った。

 言ってしまった、ドリフェスがない明日を「いけるっしょ!」って言ってしまった。まだドリフェスファンになってないのに。まだ何にも始まってない、まだ何にもなれてない、何も出来てない、なれなかった、辿り着けなかった、ドリフェスは勝ったかもしれないけど、私は負けた。1度も勝てずに負けた。ドリフェスファンの皆様にも、ライバルにもおじいちゃんおばあちゃんにもなれずに、負けた。無力感でいっぱいだった。

 そのあと、2度目のアンコールが起こった。

 私はもう言えなかった。「明日も(ドリフェスなくても)いけるっしょ!」って言ったのに、ここでもう一度ドリフェスを見たいなんて言えなかった。2度目のアンコール、1度も「いけるっしょ!」って言えなかった。何がいけるのか、分かんなかった。7色に変化するドリカペンライトを見つめて、座ってることしか出来なかった。

 石原くんが、あの時、いろんな感情渦巻いた武道館ファンを、問答無用で、終わらせた。しかも、ファン自らの手でドリフェスを終わらせるように、させた。

 あの時、いけるっしょ!って言えなかった人も、きっといるんだと思う。そういう人は強いなと思う。私は、無理だった。「いけるっしょ!」って言われたら、「いけるっしょ!」って返すファンになりたくて自分を取り繕っていたから、本音を叫べなかった。だから、私はその時、自分意思で、声で、ドリフェスを終わらせた。ドリフェスを好きになって初めて、自分感情に嘘をついた。私は自分感情に反した意思で、本当に、ドリフェスを終わらせてしまった。ファンにもなれず、夢も希望も何もかもあの瞬間に自分で終わらせた。



 私、別に珍しいタイプオタクじゃないと思うんですよ。

 私みたいに、三次元から二次元を感じ取れない、取りたいとも思わない人っていたと思う。キャラが好きだからこそ、キャストに対してどうしても厳しくなってしまう人も、当然いたと思う。

 ドリフェス追っかけている過程で、私はそれがすごくしんどかった。三次元ライブ行ったあと、二次元キャラクターが「ライブに来てくれてありがとう」と呟くのが、耐えられなかった。私はどう頑張っても二次元ライブに行くことは出来ないことを実感した。他にも色んなことがあった。他の人たちにもあっただろうし、お互い理解できないところで苦しんでいたこともあっただろう。

 その声はどんなに隠しても確実にキャストスタッフに届いてしまっていたと思う。それが嫌で、Twitterつぶやくことをやめた。不満怨み恨み、そんなものを感じるのも、口に出すのも嫌だった。それでも、確実に、キャスト達は知っていた。

 ドリフェス完璧コンテンツじゃなかった。人にすすめるのを躊躇うくらい、不完全で不愉快コンテンツだった。少なくとも、私にとってはそうだった。これを読んでいる人達の中にも、いるかも知れない。凡そ、少なくない人数がドリフェスに複雑な感情を抱いていたことだろう。

 ドリフェスに関わった人達すべての心に感情があって、それはドリフェスが嫌い、憎い、というのも含まれてて、それ含めドリフェスだった。

 そうキャストに言われた瞬間、本当に無力感が私を襲った。

 こんな言葉を言わせてしまった、こんな言葉を言わせるまで追いかけなきゃ良かった。不満があるなら離れれば良かった。バレていた。こういうのがあるから相手認知されるのは苦手なんだ。

 私はただの一度も胸を張ってファンです、と言えたことは無い。終わってしまった今、未来永劫言える機会を失してしまった。しかも、自ら終わらせてしまった。

 ドリフェスを好きなフォロワーさんも居たけど、ただの一度も会えなかった。

 行ってない、会えない、現場はいない、と嘘をついた。現場で知り合ったファンの人からTwitterアカウントを聞かれても、一度も教えることは出来なかった。いつきのぬいぐるみを抱えたお姉さん、1月空の中上着ロッカーに入れた私を心配してくれた純哉推しのお姉さん、推し被りして慎様の方ですと訳の分からない言い訳をしてしまった溝口くん推しのお姉さん、クロスエコーを模したドレスお召になられたプリンセス、他にもお話してくれた色んな人。twitterで楽しそうにドリフェスを楽しんでいた皆さん。ごめんなさい、私は仲間にはなれなかった。それでもご一緒させてもらった時間は楽しかったように思う。それも多分、ドリフェスだったのだろう。私は負けた。ドリフェスに負けた。ドリフェスの求めるファンになりきれないまま、終わってしまった。終わらせてしまった。

 これからドリフェスにハマる人もいるかもしれない。それだけのコンテンツ力を持ってると、私は思う。アニメ見て、ライブDVD見て、楽しんで欲しい。

 それで、武道館DVD石原くんが言った「渦巻いてるいろんな感情」には、私みたいな薄暗い、苦しい、醜い感情も含まれていること、ドリフェスキレイなだけのコンテンツじゃなかったこと、それでも一切の妥協をせずに走り抜いたこと、知って欲しいな、と、少しだけ思った。

 消えるべき存在だった私が、自分ファンと名乗ることを許せなかった私が、どうしようもなく、ドリフェスの一部になってしまっていたこと、知って欲しいような、絶対にバレたくないような、複雑な気持ちで今、あの日々の明日にいる。

2018-10-19

二次創作で嫌な相手ブロックした

ツイッター二次創作アカウントで、地雷つぶやく人をブロ解で相互フォローが外れた状態にした

それでも頻繁にリプを飛ばしてくるから、とうとうブロックしてしまった

お前の考えたオリキャラ原作キャラを踏みにじって活躍する、メアリースーもどきのしょうもない小説リプライ飛ばしてくんじゃねーよ!!

しかもそのオリキャラが痛い目に合わせる相手が、ほぼ私の推しキャラ

どういうつもりでリプしてきてたんだろう

サブ垢で覗いたら「ブロックされてつらい」みたいなことツイートしてて、 読む人によっては私がブロックしたことバレるだろうけどもう知らん

私の好きなキャラクターが、お前の考えた最強のオリキャラ()ボコボコに殴られたり、水虫になったりしてお前のオリキャラからバカにされるような話なんてもう二度と見たくないです

これで中学生ならまだ苦笑いで済むけど、アラサーから引くわ

2018-10-17

ツイッター女性芸能人を『さん』づけでつぶやく

万一本人がみてくれたときに印象良くしようとか思ってるんだろ!!浅ましいぞ!!

2018-10-16

ミリオンライブかい声優ゴリ押しコンテンツと化したアイマス

ミリオンライブかい声優ゴリ押しコンテンツと化したアイマスお荷物

とりあえずこういうタイトルにしとけばアイマス信者は釣られてくれるよね(笑)

 アイドルマスターミリオンライブ誕生して5年、後継アプリである音ゲーもどきことミリシタが実装されて早一年アイマスP(笑)の皆さま如何お過ごしでしょうか。

ミリth、詩花イベ、シアターブースト(笑)など、相変わらずやらかしを重ねてまともなファンは離れ、残るはアイマス信者とクソ害悪声豚ばかりとなり、同じアイマス系譜であるデレやMのファンから名指しで批判されるまでになり、アニメ化なんて夢のまた夢、アイマスにおける不良債権としてかつてない盛り上がり(n回目)(笑)を見せるミリオンライブ。私もついこの間まで「田中琴葉担当です(キリッ」などと薄ら寒いセリフを吐き、スマホクラッシュすればあっという間に吹き飛ぶ画像データに何十万と金をつぎ込んで「爆死芸」だの「これが担当の意地」だのというパチンカスもびっくりなクソ浪費を繰り返してきましたが、タイトルにもあるとおり私が5年もの歳月年収数年分の金額をつぎ込んで愛してきた「田中琴葉」というキャラクターに対する運営や声豚どもの扱いを見て現実に引き戻され、すべてのアプリを消去、グッズの類も処分しました。ぺーらしい言葉を使えば「引退」ってやつです。

 そして相変わらずやらかし事案を繰り返し、開き直りを続ける運営を前にようやく目が覚めたのか昨日まで「アイマス最高!ミリオンライブはこれから!」などとほざいてた友人たちも引退し、周年イベを過ぎてミリシタに飽きた声豚たちが次の餌場を求めて移動している今、ふと思ったわけです。

ミリシタから入ったぺーはミリオンライブアイドルプロデュースするゲームと本気で勘違いしている人が大半なのではないか。」

ミリオンライブのいいところしか見えてないのではないか

それは可哀そうだ、何も知らないでこんなところにいたらあれよあれよという間に時間金も吸い取られてしまう。

早くミリオンライブ真実を教えて上げてもっとまともなコンテンツに逃げたほうがいいと警鐘を鳴らさなければいけない。

 というわけで今回はミリオンライブが如何に(色々な意味で)ひどいものであるかをミリシタから入った人間にもわかりやすい「田中琴葉の件」を通して伝えていきたいと思う。

 まず、田中琴葉の件の概要説明する前に声を大にして伝えておきたい。

ミリオンライブ声優ゴリ押しコンテンツである。」

 ミリオンライブはとにもかくにも声優が命であり、声優の追っかけをしている声豚から金を搾り取るためにあると言っても過言ではない。

39プロジェクトだかなんだか知らんが、ミリオンライブに登場するアイドルAS以外は全て声優を担ぐための神輿、いや、踏み台レベルかも知れない。

とにかく声優の都合で性格がブレブレ、キャラ崩壊など日常茶飯事、声優のためならなんとでもなる、最悪いなくてもいい存在としてしか見ていない。

劇場版アイドルマスターのそれが良い例であろう。

からさまな声優事務所の力関係が反映されたキャラクター選抜、出番、セリフ役回りAS中心の物語を作るためのほぼ別人レベルキャラ崩壊(可奈と志保特に酷かった)

765の後輩という設定が完全に裏目に出ている。

そうでなくてもキャラクターの出番の格差や、キャラの作り込みの甘さ、ゲーム自体のつまらなさは同期のシンデレラガールズと比べても酷い物であり、声優ありきで作っているとしか思えない場面が多々あった。

ライブに足を運べば害悪、厄介、キチガイの声豚ばかり。誰もキャラクターに興味などなく、ペー独自文化としてキャラグッズを身につけているが口を開けば出てくるのは声優の話ばかり。

ライブでもキャラ名ではなく声優名を呼んでクソコールオタ芸で悦に浸る者がほとんどだ。

 (アイマスPはどこにでも湧いてくる上に自分たちに都合の悪いことは隠蔽したり声高に叩く傾向にあるが「アイマス ライブ 厄介」で検索してみてほしい。某スクールアイドルファンの方がよっぽどまともに見える行為がぼろぼろ出てくる)

 

 

 そんな奴らが「田中琴葉」に何をしたか、これから話していこう。

きっかけは2016年9月1日担当声優である種田梨沙が謎の病気により、活動休止を発表したことに始まる。

種田梨沙が参加していた他のコンテンツが次々に同氏の降板、代役の起用を発表する中、アイドルマスターは「種田梨沙の復帰を待つ。」という決断を下した。

当時私は愚かに英断だと感じてしまった。琴葉の声を演じられるのは種田さんしかいない、いつかまた声が聞けることを信じてその日を静かに待とう、そう考えていた。

しかし、異変はすぐに訪れた。

 The@ter Activities投票で決まっていた「普通の子」役を降板して可奈に譲ったことを皮切りに、運営は極力琴葉の話題を避けるようになった。

ラジオや各種広告ではもちろん、本家ゲームイベントでも琴葉に対する言及が減ったどころか、カードにも登場する機会が減り始めた。

はいささか疑問だった。声優さんの事情と琴葉は全く関係ないのに、声優さんがいなかろうが、声が変わろうがミリオンライブ世界観に全く関係ない。なぜそんな雰囲気になるのか。

漠然と疑問を持っていたが、それを口にすることはできなかった。

 そして迎えた4thライブミリオンスターズにおいて最大の目標であり、ひとつの終着点、武道館でのライブ、その3日目。

私は現地で参戦した。人生においてトップ3に入るレベルの胸糞悪い一日だった。

現地における名刺交換、私が名刺差し出して「琴葉担当です」と名乗ると相手は必ず「あっ.....」と言って伏し目がちになった。

そして口々にこう言った。

「残念でしたね。」

「きっと琴葉も見てくれてますよ。」

「琴葉はいないけどその分頑張って応援しましょう」

「49人での武道館ですけど、楽しみましょう」

 腸が煮えくり返るとはこのことを言うのだろう。危うく怒りで前が見えなくなりそうだった。殴り倒してやりたかった。

ふざけるな、いないのは種田梨沙であって琴葉ではない。なぜ事情も知らない、知る気もない奴にそのようなことを言われなければいけない?

せめて同じ琴葉担当であれば気持ちはわかると思いたかった。

だが、私が名刺交換をした琴葉担当集団はお通夜だった。

比喩ではない、文字通りお通夜のような雰囲気の中上記セリフをうわごとのようにつぶやくのみだ

担当名乗っている人間が「琴葉だってここに来てます。」「俺が連れてきてるから」「奇跡はあります」その一言すら言えないのか。

お前たちが見ているのは結局種田梨沙であって琴葉ではないじゃないか

もう最早ライブどころではなかったが、チケットの金は払ってしまった。時間になれば武道館に入場し、会場を迎えていた。

案の定、まともに楽しむことができなかった。応援なんてとてもじゃないができない。

それでも、それでも最後希望だけは捨てていなかった。

きっと何か、琴葉もここにいるという意思表示パフォーマンスで示してくれるはずだ。そう信じていた。

だが、その期待は最悪の形で裏切られることになった。

ライブ後半、最後の曲

初日乙女ストーム、2日目はクレッシェンドブルーのFLOODING、圧倒的エモさを爆発させていた枠だった。

流れたのは「ジレハートに火をつけて」琴葉がセンターを務める、灼熱少女の曲だった。

琴葉以外のメンバー4人が迫真の表情で歌う中、琴葉がいるはずのセンターポッカリと空いていて、スポットライトけが煌々と照らされていた。

ふざけるな、ふざけるな。

運営お前もか。お前まで琴葉の存在否定しにかかるのか。

ジレハじゃなくたって他にもシメを飾る曲はいくらでもあるじゃないか。他に演出の仕方はいくらでもあるじゃないか

なぜ敢えてそれを選んだ!?なぜそれを選んだ?

なぜ敢えて琴葉の不在を強調させるような曲、演出を選んだのか。

鎮魂歌のつもりか?公開処刑も甚だしい。

ここで私は悟った、気づいてしまった。

運営種田梨沙の復活を待つつもりはない、田中琴葉というアイドルミリオンライブから消し去るつもりだったのだ。

今だからこそ言えるが、もうすでにこの時点でグリマスの終了、ミリシタへの移行は確定していたと見られる。

から運営ミリオンライブの展開についていけなくなった種田梨沙グリマスの終了に伴って琴葉ごと切り捨てようとしていたのだ。

 悪夢はなおも続いた。最後挨拶総合プロデューサーは「ミリオンライブは一歩一歩着実に前に進んでいきます。」という旨の発言をした。

しかしその直後、シアターデイズの発表である

手のひら返しというか、ダブルスタンダードというか。もう呆れて言葉も出なかった。

 一歩一歩着実に前に進んでいくなら種田さんが復帰するのを待って100%状態リリースするのが筋ではないのか?

それとも歩みについていけない者は遠慮なく切り捨てるからついていくも降りるもお前次第だとでも言いたいのだろうか。

私はサイリウムを投げ捨て、最後Thank youを聞くことなく会場を後にした。

やってられないなんてものではない。あそこで最後Thank youのあの演出を見たところで冷める一方だったと思う。

とりあえずキャラ出しとけばお茶を濁せるとでも思ったのだろうか。

後述するが運営対応は全てのメッセージが後手でちぐはぐ、声優種田梨沙自分達に火の粉がかからないためのものであり、要するに自己保身だ。

田中琴葉というキャラクターや、琴葉本人を好きで追いかけてきたPやファン気持ちをことごとく踏みにじるものだった。

 いつだったか引退したとあるPがちょうどこのブログだったかアイマス宗教である。」と言っていた。

まったくもってその通りである。下手すりゃ宗教よりタチが悪い。

あんなに堂々とアイドル存在否定しておいて、最後にちょろっとお涙ちょうだい演出をすれば大の大人が泣き喚きながら「ありがとう」アイマス最高」と狂ったように連呼するのである

気持ち悪い、宗教と言わずしてなんだというのだろう。

あの演出を持って「琴葉はいた。」「4th最高だった。」と言っているペーは田中琴葉担当ではなく種田梨沙信仰する信者であり、所詮種田梨沙しか見ていないにわか声豚である

少し話がそれてしまった。

あのライブの後、私はあらゆる窓口でバンナムグリークレームを入れた。

あれを肯定されては琴葉があまりにも浮かばれない。可哀想なんて言葉では表しきれない程に不憫だった。

だがいずれも返答が返ってきた事はなかった。

その後も琴葉の存在無視され続けた。

ミリシタに琴葉の存在確認できない、グリマス終了時も琴葉のボイスだけ追加予定はなしとされた。

田中琴葉は合流が遅れています。」などという取ってつけたような白々しい文章が踊っていた。

なぜ?琴葉自身に何かあったか?ないよな?

グリマスの方はともかく、4thの時点で3Dモデルを用意できたのならミリシタに実装するくらいわけもないはずだ。

種田梨沙はいなくても田中琴葉はここにいる。」と主張するのなら、たとえ無言でもミリシタに琴葉のモデルだけでも実装し、メイン画面で歩き回ったり、劇場メンバーと会話するモーションを用意することができたはずだ。

たとえ声がつかなくてもユニット曲で歌って踊る琴葉を見ていずれ戻ってくる種田梨沙に思いを馳せることができるならまだ前述の言葉にも説得力があった。

しかし、現実劇場で琴葉の存在確認することはできず、琴葉がここに居るという実感は皆無、そのくせTBなど中途半端タイミング中途半端に顔見せするから案の定ミリシタから入ったぺーは「誰?」状態だったわけだし、それどころか「こんな実装されてないキャラに参加権認めるのか」という不要ヘイトを貯めることになったわけだ。

 そして、今年二月、どうも違和感のある中途半端タイミングでようやく琴葉がミリシタに実装された。

完全に引退していたがようやく思いが届いた、これまでのことは水に流して改めてミリオンライブを始めよう。

そう呑気に思っていた私の心はすぐに打ち砕かれることになる。

 ツイッターに溢れかえる「琴葉おかえり」の文字

 どうして声豚はいつもこう私をイラつかせるのだろうか。

あのさあ............

おかえりと言うべき相手は琴葉じゃなくて種田梨沙だろうが!!

琴葉はずっと劇場にいたんだからお帰りもクソもねえよ!!バカか!!

 ただ、本当に怖いのはここからだった。

どういったわけか、琴葉の存在がまるで悲劇のヒロインであるかのように扱われ始めたのだ。

そして運営はここぞとばかりに琴葉のことを猛プッシュし始めた。

まるで今までの遅れを取り戻すように。

 思い出して欲しい、数行前の流れを

田中琴葉存在種田梨沙の不在を理由否定したのはどこのどいつだ?

お前らじゃないか!!

勝手存在を殺しておいていざ復活したら悲劇のヒロインか?

ちゃんちゃらおかしいとはこのことだ。

 何も言われなかったらミリシタに実装する気すらなかったくせに

反論があまりにも大きくて金になると嗅ぎつけたのか、復活した途端にこの扱い

復活したら、あからさまなゴリ押し

 この手のひら返し種田梨沙信者はここぞとばかりに絶賛の嵐

「琴葉おかえり」「ありがとうミリオンライブ

信仰というのはここまでも人間盲目にするのかともう、哀れみともつかぬ感情けが胸を支配していた。

 そして、私は本来であれは5thにも参加することなく、さっさとアイマスから足を洗うつもりだった。

でも、どういったわけか、ミリオンライブを昔布教してしまった後輩の声豚に無理やり連れられ、5th2日目を見させられた。

 正直言って、まあ酷い、白々しい演出だった。

あれはミリオン5thという名の「種田梨沙お帰りライブ」だった。

白々しいセトリ、4thでは見られなかった景色を完全再現、琴葉はここにいるでしょ?完全復活したでしょ?嬉しいでしょ?ほら泣けよ

と言わんばかりのサムイ演出

それ以外は前日に徹夜で組んだのかと思えるレベルのテキトーっぷり

 そんなことをするなら島原エレナにSTANDING ALIVEを歌わせてあげたほうがよっぽどよかった。

 

 そしてそれに泣き崩れ、泣き喚くキモオタの群れを見て吐きそうになった。

 もうやめてあげてくれ 田中琴葉がただただ可愛そうだ。

 何もしていないのに、声を失ったか存在否定され、忘れられ、かと思えば声優の都合で再び表舞台に引きずり出され

別に何もしたわけではないのに悲劇のヒロイン扱いされる。

そして1周年迎えたら未来ちゃを差し置いてミリオンのセンターですか。

なんの努力もしないでセンターに持ち上げられてしまう琴葉の表情はきっと散々なものだろう。

それで持ち上げられたが故に何も知らない別のキモオタに叩かれ、デレと比べられ、見下され.....

こんなボロボロセンターを見てもあなた脳死で「アイマス最高」「ありがとうミリオンライブ」と唱え続けるのだろうか。

 さて、話が長くなってしまったが、ここまで読んでくれたということは私の話に少しでも賛同する意思がある人か、俺を論破したくて仕方ないクソ気持ち悪いマウント取りオタクのどちらかだろう。

もうもはやキモオタにつける薬などない、正直声豚は死んでも治らないからもう何も言うまい

奴らは反省も後悔もしない、さも当たり前のようにコンテンツを食い潰し、飽きたらまた次のコンテンツに移動するだけだ。

まぁシンデレラガールズ然り、SideMしかり、どこに行っても声優の都合でキャラクターの扱いが決まり、荒れていない場所を探す方が難しい現状を見る限り、もはやアイマスというコンテンツのもの声優ゴリ押しコンテンツになってしまった今、大多数のアイマスペー(笑)に何を言っても無駄なのかもしれない。

でも、それでも、俺はやめねえからな。

俺の想いが少しでも多くのオタクに届くまで、ミリオンライブが、ひいてはアイマスが潰れるまで何度でも、形を変えてでも言い続けるからな。この真実を。

ミリオンライブと声豚ども呪い殺すまでやめないからな。この文章投稿し続けることを

琴葉の存在を殺したお前らを、今も真実に見て見ぬ振りしてるお前らを絶対に許さないからな。

この文章半笑いで見てるお前だよ、達観した気になってクソみたいなマウント取ろうとするお前のことだよ。

2018-10-12

もうすぐ定時

両手を組んで前に伸ばしながら「ゲル・ギム・ガン・ゴー・グフォ」と心の中でつぶやく今日も頑張った気になる

情報発信がしたい

でも情報発信したらNDAとか機密情報管理の壁にぶち当たる

でも自分にはそういう類のことしかないそういう仕事しかしてこなかったし趣味も無い

そういうの気にしないでバカッターとかでつぶやく阿呆もいるけど考えられない

どうしたらええんや

2018-10-11

Twitter 初段

エビデンスがどうしたとか

専門家としてとか


Twitterときつぶやくのにうるさいわ。

Twitterつぶやきにそこまで求めとらん。


そうやって「専門家専門家学者学者エビデンスエビデンス」とうるさい奴ら。

おまえだよ。

当然、Twitter初段ぐらい取ってるんだろうな。


Twitter初段ぐらい取ってないんだったら、とっととお母ちゃんの元に戻りナ。

2018-10-09

知り合いが亡くなった、らしい。

…らしい、というのは、なんとなくのTwitterタイムラインの様子から知ったというかリプなどからもしかして…?と思ったからで。

初めましてがどこだかがわからなくて、なんとなくたぶん人づてで知り合ってて会えば話す、みたいな感じの人で。

考えてみたらどういう方なのかということが話した内容くらいしかなくて、詳しいことはなんにも知らないふわっとした知り合いだった。

オタク界隈ではこういう、知り合い、よりは友達寄りだけど考えてみたらなんにも知らない、みたいな人が多い。

Twitterフォローしていなかった、知り合いでも友達でも、なんとなくフォローしてない人って一定数いたし。

でもそのことで、つい先月話して一緒に写真撮って今ハマってるジャンルの話とかして笑ってた人が亡くなったのかもしれないということに確証がもてないなんて思ってもみなかった。

鍵かかっていて、ご遺族の方がたぶんツイートしたこと?がわからなくて、現実味がないしわからない。

なぜ?若いのに?そういえば年齢知らないけどたぶんわたしより歳は下だったと思うけれど、そこも詳しくは知らないけれど。

突然なくなるという点で、親戚の伯父さんが亡くなったことが前にあったのだけど、まぁそういうこともあるかもしれないよね病気もしてたしでもまだそこまでの歳でもなかったよね、と思ったことはあった。

でもなんというか、それと比べても現実味がなさすぎて、詳細もわからいからなぜ???しかない。

ひとときでも関わりがあった、親しくはなかったかもしれないけれど同じ趣味を持ってお話ししていた彼女が、幸せ人生であったと思えていたのならいいな、と願うことしかできない。

全編にわたって幸せきわまりないなんてことはないと思うしなによりまだこの先順当にいったら長いし心残りゼロなんてながくいきてもなかなかないだろうけどそれでも、幸せな部分の分量が多かったら良いなと、そうであってほしいと祈るような気持ちで。

そんなことを思いつつ、おもしろいことがあったらつい笑ってしまうし、人生はむなしくもあり楽しくもあり、たぶんこのまま続いていっていつかは終わるのだなとか。

しかしたら明日にでも突然終わって、私のスマホから家族がなにか生前の云々みたいなことをつぶやくかもしれないのだな、とか。

ここがつながっていない友達なり知り合いにはきっと伝わらないのだな、まぁそれは私自身ならまぁいいか、とか。

でも仲良くしてた人なり知り合いなりがこの世からいなくなったことを知れないのはなかなかじわっとしたよくわからないダメージがあるものだな、とか。

そんなことをつらつら考えてしまって吐き出したかった。

Twitterだとなんかいろいろアレなので。

冥福をお祈りいたします。

全部勘違いだったらいいと思う。

2018-10-08

anond:20181008011224

いつも思うけどお前らって直接殺す仲介してやったほうがいいんじゃねえの

いつも他人のように言ってるけど

死んでくれればいいのに、ってつぶやくだけで萎えるわ

2018-09-24

絵描き愚痴

絵を描く速度が遅くてつらい。ふぁぼも少なくてつらい。

自分twitterを見たらゲームスクショ飯テロ写真:自分が描いた絵=10:1くらいの割合

たまたま撮れたアプリゲーのバグ動画以外rt写真も絵も0。絵についたふぁぼは10くらい。

有名な絵師相互さんはrkgkでも頻繁にあげて、しっかりとふぁぼを稼げててすごい。

しかも私よりフォロワーが少ない(私が500、その人は300)のに。

相手の絵は正直同等のうまさ、少なくともいわゆる神絵師とか「この人うまいな」って

関心するような感じじゃない。私の審美眼が曇ってなければ。

やはり更新頻度=絵を描く速度は大事なのだろうか。

ちなみにどうでもいいがpixiv不祥事イライラしているため閲覧・資料収集アカウントしか持っていない。

とりあえずもっとふぁぼられたい。

つぶやき自体の頻度も問題か?私は最近忙しくて暇があったらソシャゲしたくなってしまうし

飽き性なものデジタル絵に関しては下書き段階で筆が止まっているデータがちらほらある。

外でつぶやくにもtwitterはかなりのデータ通信料を食うからうそう開いてられないし、

生存確認ともいえるつぶやきが多くの人の目に触れられなければ正直ふぁぼの増加につながらない

という(自分でもあとでトンデモ理論だなと思える)考えがよぎってちらっとTLをみるだけに終わることも多い。

twitterをやめた方がいいのは確かかもしれないが、今のところフリーダムに使えている

pawooが主流になってからtwitterをやめるつもりだ。そしてそんな日はtwitter倒産でも

しない限り訪れないであろう。

2018-09-22

喫煙者日記つぶやく

https://www.sankei.com/life/news/180808/lif1808080041-n1.html

たばこの総損失2兆円超 関連介護費は2600億 火災による被害も推計 厚労省研究

なんか肩身の狭くなる記事

でもさ、自動車経済的損失(交通事故交通渋滞排ガスなど)なんかどうなんだよ。

アルコール経済的損失(飲酒運転による事故肝臓疾患、盛り場での暴力事件など)なんかどうよ。

タバコを狙い撃ちにするなんて偏向意図を感じる。

2018-09-20

[]プーと大人になった僕

プーと大人になった僕』を見てきたので感想。いつものごとくネタバレ気にしてないのでそういうの嫌な人は回避推奨。あらすじ解説とかもやる気ないので見た人向け。

総評

これは100点っすな。点数の基準は「上映時間映画料金を払ったコストに対して満足であるなら100点」なので、この100点は大傑作という意味ではない(300点とかありえる)んだけど、ごちそうさまでした、わしゃぁあ満足です。という意味で良作だというのはたしか。損しません。

まあ、家族向けとかカップル向けかと言えば、実はそんなことはなくて、一人で見に行けよおい、しか社会人がいけよ、っていうのはあるので万民向けとはいい難いんすけどね。この映画は、だって学生にはわからなさすぎでしょ。

ざっくりいうと「おとなになって社会人となり企業戦士として毎日ブラック労働をしているクリストファー・ロビン仕事家族の間で板挟み。人生迷子なっちゃったプーさんといっしょに正しい人生を探そう」みたいなあらすじ&テーマであって、それは予想通りだったし、そして予想を満たして十分以上な脚本完成度です。テーマ物語性(増田はここを中心として映画を見ちゃうタイプです。趣味合わない人は申し訳ない)でいえば、非常に満足でした。

がー。そのてんに関してはー。満足だったのでー、逆に満足であったがゆえにー。脇へうっちゃっておいてー。この映画のー。感想についてはー。別の部分をー。述べたいとー。おもいまーす。

ショタクリストファー・ロビンクリストファー・ロビンすぎてやばい

映画冒頭部分では、まだ「100エーカーの森」でくまのぷーさんと遊んでいた頃のクリストファー・ロビンショタ)が登場するんですが、もうね、これがね、非常にこうファビュラスっていうか尊いわけですよ。華奢な白人少年が四分丈の(日本で言う半ズボンよりは少し長いけど膝上の)ズボンから、少し筋張ったくらいの細っい脚をね。伸ばしてね。みどり豊かな森の中をバスケットを持って歩く姿がね。素晴らしいわけです。

わかりますか。美少年なんでございます

シーンはクリストファー・ロビンが寄宿学校へ向かうその直前。楽しく美しく永遠だと思われていた「森でのプーさんとの日々」が終わるちょうどその時。作中では「お別れをいう日(Day to say goodbye)」と描かれるその日なわけですよ。

クリストファー・ロビン楽しい田舎暮らしから、厳しく抑圧的な寄宿学校へ入らなきゃいけない。それは大人への第一歩で、もう今までのように日々をただ日々として楽しく過ごせる時間は終わってしまった。それをクリストファー・ロビン本人もわかってるんですよ。もう自分はゆったり時間を過ごせない、これから時間に追われて毎日何かをしなきゃいけない、大人になるからもう仕方ないんだって諦観してるんですよ。

その「子供としての最後の日」。100エーカーの森で、プーさんピグレットティーガーたち森の仲間でパーティーをして楽しく過ごしたその後、森を見下ろす高台丸太ベンチに座ったクリストファー・ロビンプーさんの二人は、こてんと肩を寄せ合い夕日に向かってずっと座ってるんですよ。

そこで「ぼくのことをわすれちゃうの?」と鼻にかかった声で尋ねるプーにたいして、ショタ大事なのでもう一度いう)美少年クリストファー・ロビンが、優しくて、それでいて困ったような表情で「プーのおばかさん」って言うんですよ。

ほんと。

尊い

わかるか人民どもこの尊さが? 「おばかさん」ですよ。もうね、水銀灯の牙城にいちどの跳躍で飛び込む偉大なシーンですよ。もちろん画面は映画でありフルカラーなわけですけれど、この夕暮れは追憶郷愁の甘さを伴ってセピアにさえ見えるわけですよ。つまり何がいいたいかって言うとクリストファー・ロビン尊い

イケオジクリストファー・ロビンクリストファー・ロビンすぎてやばい

あっという間に幼少期、少年期、青年期を過ごしたクリストファー・ロビン。寄宿学校で父の訃報に接して、社会に出て、将来妻になるべき女性イヴリン出会い求愛して結婚し、子供を作り、出兵(たぶん第二次世界大戦)して、なんとかロンドンに帰ってきて、就職して仕事に打ち込む中年になってるんですよ。

大企業カバン製造部門責任者となったクリストファー・ロビンは、会社上層部からこの部門効率化(予算削減)を求められていて、その要求は−20%。リストラ待ったなしの状況で、大事な部下を切り捨てるかどうかの瀬戸際の日々を送り、その結果として休日家族との時間も奪われているわけですよ。妻からは「もう何年も笑顔を見ていない」と言われ大事な娘のマデリから失望されて、でも、家族を守るために部門を守るために、家族旅行への参加をキャンセルしてまで働かなきゃならんわけです。

予定されてた旅行イヴリンとマデリンの妻子を送り出して、週末も缶詰仕事しなきゃと追い詰められたロンドンのアパルトメントのクリストファー・ロビンのもとになぜかプーさんが現れて助けを求める、というのがこの映画の第二の開幕です。

懐かしい友プー出会ったクリストファー・ロビンは彼の頼み(行方不明になってしまった仲間たちを探してほしい)を叶えるために(どっちかっていうと大都会ロンドンにおいては厄介なお荷物プーさんを森に帰すために)、郊外の美しい故郷に戻ろうとします。そこでプーさんクリストファー・ロビンは一緒に旅をするわけですけれど、相変わらずふわふわ夢みたいなことを言う(まあぬいぐるみなので当たり前だけど)プーさん脳天気っぷりに、時間黄金よりも貴重になってしまったブラックカンパニーソルジャーマシーンクリストファー・ロビンはいらつくわけですよ。プーさんベタベタはちみつで汚してしまった廊下掃除している間にも、刻一刻とリストラタイム期限が迫ってるわけで。「なにもしないをすればいい」とか「ゆっくりすればいい」とかいプーさん言動癪に障るのは、まあ、仕方ないです。

送り届けた「100エーカーの森」で、とうとうクリストファー・ロビンは切れちゃうわけっすね。

「ぼくはもう昔のぼくとは違う」とプーに突きつけてしまう。その時の表情がね、もうね、良い。

良いよね。

良い。

失意のぷーさんは「従業員を捨てなきゃならない(リストラ)」というクリストファー・ロビンに「もしかしてぼくも捨てたの?」と聞いちゃうわけです。

それに対してクリストファー・ロビンは「捨てたんだよ」と答える。

この時の表情も、良いのです。

「ソレ」をいっちゃったら相手が傷つく以上に自分も傷ついちゃうのを自覚していて、それでも言ってしまったクリストファー・ロビンの、ナイーヴな表情が尊いわけです。おっさんのくせに。イケオジつぇえな。

この時クリストファー・ロビンは「いいやプー特別友達から捨てるわけないじゃないか」と適当に言うこともできたわけです。でも、それは事実じゃないわけですよ。現実として30年以上プーさんを忘れていたわけだし、放置していたし、それは客観的にって捨てたと言われても当然なわけですよ。そういう現実を糊塗して「捨てるわけない」とクリストファー・ロビンは言えなかった。特別友達からこそ、そこで嘘はつけず、自分相手も傷つけるのなんてわかっていたけれど、「捨てたんだよ」と答えるしかなかったわけですよ。

40代になったクリストファー・ロビンはもうおっさんなわけですけれど、ロンドン紳士然としたイケオジなんですね。その彼がいろんな現実言葉を飲み込んで、意地っ張りにも露悪的な「捨てたんだ」って告げるそれが、もうね。

ほんと。

尊い

わかるか人民どもこの尊さが? 「捨てたんだ」ですよ。そんでもってさらに終盤になってね、途方に暮れて懺悔をするようにつぶやく「ぼく迷子なっちゃった」ですよ。いつも迷子になったプーさんを探しては連れ帰る、森の英雄だったショタロビンが、社会人になって人生迷子なっちゃったわけです。大事大事で何よりも大事な娘を守るために頑張ってるはずなのに当の娘にがっかりさせて心配させて、もう何が正しいんだかよくわからなくなっちゃったわけですよ。大人になったクリストファー・ロビンにこそぬいぐるみプー必要なわけです。

まり何がいいたいかって言うとクリストファー・ロビン尊い

結論

クリストファー・ロビン尊い

2018-09-13

anond:20180913163528

ラノベの表紙見て批判してる人に対してオタクヒステリック過剰反応してるようにしか見えないけど。

ラノベの表紙きもいってのは、本屋に行ってちらっとその場所を見れば多くの人が思うことで、それをつぶやくのも別にしたことじゃない。

その大したことじゃないことで、オタク被害者意識防衛本能が超発動しちゃうんだろうなあ。

毎回のことだけど哀れに思う。

2018-09-11

松屋吉野家カウンターで対面に座られてしま

牛丼店だと、カウンター席があってある程度の床面積だとUの字型になっている。

店員がUの字の中を動いて対応するんだよな。

Uの字の形式だと混んでいれば譲り合って使ったり、真向かいに人がいるのは、仕方がない。分かる。

なんだけどさ、結構、空いている時間帯なのに、他にも席が空いていてカウンターには自分を含めて2, 3人って時でも真向かいの正面にオッサンが或いはアンチャンが座ってくる。なんでだー。

ふつう、避けないか

俺って存在感がないのか?って思い、相手の目を見ようとすると、やや気がついたようで視線を逸らす。。(注文来る前に、だったら移動しておいて欲しいなー、俺なら横に一つづれるけどな、と心の中でつぶやく

もっとこう、周りを見てから、座れよー。別に俺はスナイパーでもないし、結婚式場ビデオカメラマンの配線の補助をしている訳ではないから、そういう気配を消すスキルはいらないんだけどさー。なんでだー。

  

まー、時間にして5分か10分ぐらいだが、ゆっくりして飯が食いたい。それだけ。

2018-08-21

子供の事をつぶやくお母さんに聞きたい

SNStwitter子供の事をつぶやいたり、画像アップするお父さん、お母さんがいるけれど、

あと数十年後、SNStwitterがあったとして、自分の子供が大きくなり、

やがて、独立して家を出ると思うのだけど、大人になった子供の事をつぶやくのかな?

5,60代のお母さんの世間話を聞いたりすると、大人になったわが子の事を愚痴っていたりするのを聞くんだけど、

同じようにtwitterつぶやくものなんだろうか?

現役のお父さんお母さんに聞いてみたい。

子供結婚式写真とか晒すつもりか、晒さないつもりかも教えてほしい。

なんとなく気になっちゃったので。

2018-08-20

SEXしたい

SEXしたいとSNSに100万回つぶやくより

SEXしたい相手に1万回その思いをぶつけたほうがSEXができる確率が上がる

だけどそれをしないのは相手に拒絶されるのが怖いからだ

たぶんにすべてのオスがその恐怖に怯えてる

それは歴史上の王様が拒絶されることがこわくて王女王妃のいいなりになっていることからもわかる

拒絶されることに腹を立てて殺せばいいのにしない(殺すケースもあるだろうが)

ということで拒絶は最大にして最高の武器である

ところが近年その武器を使いすぎたために

拒絶されるくらいなら最初から挑まないという手法をとる人間が増えた

草食化現象だ

これは男性にだけとは限らないだろう

これはまずい状況とわかってはいるけどその流れが止まったり逆転する気配はない

どんどん他者を異性を拒絶して遮断する方向に突き進んでいる

そして人類は拒絶により緩やかに滅んでいく

SEXしたい

作ったものを公開できない問題

こんなのあったらおもろいなーと思ってwebアプリ?みたいなやつ作ってたんだけど全然公開できない。

【公開までの見積もり甘すぎ問題

8割はできたって所から公開しようって状態まで持っていくの大変すぎ。

感覚的には8割から先がそれまでの2倍の負担はある。

デザインめんどくさすぎ問題

デザインなんてどうでもいーと思いつつも触りだしたら「せっかくだから」と触り出しちゃう

さすがに最低限それっぽくしたくなっちゃう。

CSSフレームワーク使ってみたら結局上書きしまくりで使い物にならない。

もうさ、本当になんでもいいんだよ。レスポンシブとかどうでもいいんだよ。

けどそれくらい対応してないとダサいみたいな空気感ちゃう

なんでsassの使い方なんて調べてるんやー

compassってなんや

lessってどうなったんやー

サーバー準備めんどくさすぎ問題

どのサーバーを使えばいいかわからん

VPSherokuAWS

こんなものを公開するのにサーバー代を払う事を想像すると手がすくむ。

AWSは便利みたいな風潮なんなの普通に構築大変なんだけど。何のサービスあるかよく分からないし。高いし。

heroku操作がないと止まるらしいし。

操作ってなに?デプロイWEBアクセスでもいいの?定期的にリクエスト投げておけば止まらない?

cloneとか使えるの?nginxの設定いじったりとかできる?apache

使ったこと無くてわからない。

得体が知れなくて怖い。

結局VPS借りたよもう!

【話が大きくなっていく問題

最初は1つの機能だったのが深夜のテンションであれしたいこれしたいってどんどん出てくる。

超人サービスになって超有名人になってインタビューに答える姿まで想像ちゃう

ブツブツ独り言言いながら予行練習もしてる。

最低限作る機能がどんどん増えていく。

【みんなに知ってもらえない問題

ある程度有名人ならTwitterとかでつぶやくだけで認知してもらえるだろうけどさ。

全く有名でもない自分が、作りました〜って言って誰が見てくれるのさ。

最初の広めるハードル高すぎない?

意外と誰かが見つけてくれるものなの?

白馬王子様を待っていればいいの?

お金払えばいいの?誰に払えばいい?

作ってる時は超人サービスになる事を想像してムフムフやってたけど、いざ公開しようという段階まで来ると「どうせ誰にも見てくれない」とか考えてどんどん自信がなくなってゆく。

カッコいい事言ってるけど、作ったサービスが全くウケなくて誰にも使われなかったら..とか、失敗した自分想像して動けなくなってるんだと思う。

あーーー寝る前にスマホで1時間掛けて書いた。

何を書きたいのかもよく分からなくなってきた。

書くってこんなに時間かかる?

自分だけ?

文章書くの大変すぎ問題...

もういい!寝る!

のび太さんのエッチ

2018-08-14

オタク向け作品ありがちなわけのわからない演出

増田くんのバカ! もう知らない!」

 泣きながら走り去っていくヒロイン。手を伸ばすも「あ……」とつぶやくとか「お、おい!」と声をかけるだけで何もできない主人公。それを見た女の仲間が「なにしてんの! 追いかけなさいよ!」と説教し、男の仲間がにやにやしながら「行ってこいよ」などとかっこつけて忠告主人公は「みんな……。わかった! 行ってくる!」などといって追いかけ、ヒロインに謝って話をする、あるいは敵に襲われてるとかなんかそんな感じのシチュエーション

あれはなんなんだろうか。どうせヒロインを追いかけてそこで話するならヒロインが逃げた意味がない。なんで仲間たちも追いかけろと忠告するんだろう。わざわざ主人公の前から逃げたんだから逃がしておいたほうがいいんじゃないか。主人公が追いかけちゃ逃げた意味がないのでは。ヒロイン主人公のほうが足が速いことは知っているわけで(ヒロインのほうが足が速いとギャグ漫画になる)。「逃げる」=「追いかけて捕まえて」という愛の呪文なのか? あるいは演出面で場面というか場所を切り替える都合があったのか?

女と喧嘩して、女が走って逃げることなんかある? 「増田バカ! 今すぐ死ね!」って言って二重の極みしてくることはあっても、すたこらさっさと逃げられたことはさすがにないのだけど。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん