「チート」を含む日記 RSS

はてなキーワード: チートとは

2022-06-26

婚約破棄されたループ7回目の転生悪役令嬢が実はチート聖女で溺愛される

小説家になろうっていうサイトで連載予定だからよろしくな!

私たち根本的には闘争する存在である

それは何故かと言えば生命歴史の中で直接的な意味でも間接的な意味でも闘争によって自然淘汰の圧から生き延びてきたのが地球上に存在する全生命デフォルトからだ。

根本的に闘争をする存在でなければならないしその闘争に生き残らなければ現世まで続く生命種としてありえないかである

生命としての活動をするの次ぐらいに生命定義として闘争することは前提条件となっていることなである

そういった前提条件は深く我々の中に本能として影響を及ぼしている。

すなわち敵を見つけることとその敵を滅ぼすことを業として背負っているのが我々である

しかし、ここで異常状態が発生する。

我々人類頭脳を発達させるというチートによって人類発生からしばらくすると「敵」をほぼ制圧してしまったのだ。

その結果、我々は闘争必要性というものを失ってしまった。

だが必要性がなくなったからといってすぐに闘争本能が消えるわけではない。

我々は依然として豊富闘争本能を消費するべく直接的な意味でも比喩的意味でも闘争を求めるあまり存在するわけもない敵を創造しその敵をぶち殺すべく今日邁進するである

そういう状況であるからコミニティの敵のようなものが出現したときには嬉々として闘争へと馳せ参じるわけである

これは昨今の国際情勢を見てもらえば容易に納得できることだと思う。

そして海外に目を向けなくても我々自身、いや私自身が常に人生における直接的あるいは間接的もしくは比喩的闘争を求め続けているのは言うまでもない。

からこそ。

闘うことは止めなければならない。

居もしない敵をつくりあげて闘争することはやめなければならない。

そしてチンチンを舐めてと言ったらすぐに舐めれる人間になって欲しい。

フェラはしない、とかそういう意識高いのは人が闘争を求めるがゆえの本能なのです。

わかってください。そして世界平和を…。

2022-06-25

anond:20220624185311

ほんとこれだよなぁ。

前に女の婚活ブログ読んで「いい人に会いたいなら、週末に1日3件、土日で6件のペースでこなしていくのが大事」みたいなこと書いてたので、まねしようとしたらおごりの金が月に10万越えとかになることが分かって諦めた。

会いまくる戦略は女の婚活しか無理。ほとんどチートだわ。

政府婚活男性に金を支給する必要がある。

anond:20220624174335

主人公チートモノも似たような感じだけど、同じ世界で転生する作品もたまにみかけるかな

アニメ化した『失格紋の最強賢者』とかは最強の賢者が数百年後に転生するタイプ

2022-06-23

YouTubeで流れた

恐らくなろう漫画であろうCM

『突然ゲーム世界に…〜圧倒的レベル差でまさにチートベルフェ〇〇さん(タイトルらしきもの)』

レベル差なら仕様でしょ?

なろう小説おすすめを知りたい

日間ランキングを読んでいたら疲れてしまった。

なかなか良い作品が見つからない。

日間ランキング経由で最近 白の平民魔法使い を読み始めたけれど、書籍化って書いているし結構知られているんだろうか?

過去に読んだ有名な作品は、テンプレすぎて今思えば苦手なもの結構あるなーと思っていた。でも日間ランキングから適当に読んだ後に有名作品を読むと、やっぱり読みやすい。読み進めるのが苦痛じゃない。文章がしっかりしている。

昔はラノベを更に崩した感じだなーと思っていたけれど、全然ちゃんとしてる。

そんなわけで、文章ちゃんとしているなろう小説は無いだろうか?

とりあえず自分の読んだものおすすめを書いておく。似たような傾向で面白い作品はないものか。

本好きの下剋上

殿堂入り王道ファンタジー。よくあるなろう系ではなくハリーポッターみたいなファンタジー観。こんな普通ファンタジー小説になろうテンプレをうまくミックスできることある

異世界転生で知識チートで小さい頃に魔力を鍛えたチート成り上がりモノ。それなのになろう系とは言いたくないほどちゃんファンタジーしている。世界観文章力も素晴らしい。

伝説のシャベル

読んだのが昔過ぎてあんまり覚えてないんだけど、サバイバルファンタジー?あっさり読めてすっきり完結。独特の世界観が良かった。

LV999の村人

いかにもありきたりななろう系、チートモノで村人が魔王を倒す話。と思いきや…。なろうテンプレを別のテンプレで上書きする、その構成が良かった。なろうテンプレおすすめならコレ。サラリーマンの不死戯なダンジョンとか、そういう閉鎖空間的なやつ?いや違うか。

アビス・コーリング〜元廃課金ゲーマーが最低最悪のソシャゲ異世界に召喚されたら〜

ゲーム転移モノ。この作者は堕落の王とか嘆きの亡霊は引退したいとか、だいたい全部面白い。その中でもノリが軽くメタ的なアビスコーリングが一番好き。綺麗に完結してオチも付くので読後感がすっきりする。

玉葱とクラリオン

コメディーとシリアスの落差よ。コメディーとシリアスと言えば猫耳猫だけれども、それをもっと長く真面目に丁寧にやった感じ。

不死者(ノスフェラトウ)に愛の手を!

更新停止中。ブクマを読み返していると、ゾンビもの(?)や不死系(?)が結構好きみたいだ。単に見飽きてないだけかもしれない。こってりしたなろう系を摂取しすぎると、ダークな世界観とか読みたくなるからね。

ンディアナガル殲記

グロい。ちょっと人にはオススメしづらい。ひたすら強く不幸になっていく物語。そしてグロい。R18まではいかないレベルなのでちょうどいいグロさ(?)。こんな強さと不幸さが正比例するの!?っていう何とも言えない作品セカイ系


他にはリゼロとか無職転生とか転スラとか、セーブロード宿屋とかくまクマベアーとか蜘蛛子とか、異世界料理道とかリアデイルとか勇者、或いは化物と呼ばれた少女 とか、定番のやつ。

変わらぬモノとかシャバの「普通」は難しいとか魔法少女を助けたいとかキョーハク少女とか、ちょっと変わったやつ。

田中アトリエのような人に言えないやつ。

まのわとかマギクラフトマイスターとか軍オタ転生とかはぐるまどらいぶ。とか長いやつは途中まで読んでたはず。

僕と彼女実弾兵器、星間国家悪徳領主みたいなのも読んでる。

塔の管理をしてみよう とか 金色文字使いとか昔読んでいたものは今読むとテンプレなろう系すぎて読みづらい。

定番テンプレチートちょっと外したやつ、メタ的なやつ、ダークなやつ、ループもの、そういうなろう小説は何か無いだろうか。

2022-06-22

anond:20220622131108

そうなんだよなぁ

百歩譲って、「私たちがその分儲けてたわけではない、非課税であることを見越しての安い価格で請けていた。」を認めるとしても

"価格競争力"というチート恩恵は受けていたわけで、

インボイス制度で立ち行かなくなるのなら、それはもともと事業として成り立ってなかっただけだよな。

独自設定に後付で独自設定を被せるときつい

ワンピース悪魔の実覇気関係が一番わかり易いと思う

あれは、めちゃくちゃ強い連中の中に悪魔の実っていうチートアイテムが紛れていることが面白さにつながっていたんだけど、10数年前くらいか悪魔の実インフレに対抗する措置として覇気がでてきた。これは一般人にも体得可能なんだが、これがあるおかげで悪魔の実チート感が薄れ、結局覇気でなんとかすればいいという感じになっていく。初期に存在したように悪魔の実特性に応じた対処法が全然描かれない。せっかく能力共通の海という弱点ですら全く登場しなくなった。

それに加えて悪魔の実覇気を組み合わせることが当たり前になりすぎている。

カードゲームでよくあることだが「強力なメタカードを出したらそのメタカード環境デッキが全部採用してしまった」という状況だ

何の面白みもない

悪魔の実自体は決して新規性はないものの海に弱いという絶対的な弱点と能力者ごとの特性があるから楽しめた。それがなくなっているのはマジで駄目なインフレなんだよね。

ジョジョで言うなら、スタンドに岩人間がでてきたのもそう。スタンド同士の戦いというシンプルな構図でいいのに、岩人間という別のスキルを導入して話がブレブレになっていってしまった。

自転車レースだと思っていたら超能力者が出現していつのまにかみんながその超能力に目覚めるとか、そういうの。最初のバトルがみたかったのに超能力はやめろと。

あとは主人公けが持っている能力が実はみんなが持っていたましたとかもね。風呂敷広がると他のもの比較しないといけなくなって面白さが逃げる。

気持ち的には、百合の間に格闘家が割り込んできた気分だ

2022-06-21

anond:20220621220840

セックスしなくても付き合えるだろッピねぇ

3歳児でも彼氏彼女いるから年齢はチートだッピ

anond:20220621220620

男も女も若者チート相手を選ばなければ幾らでも交際できるのでその定義おかしいと思ってるッピねぇ

男の場合性的に興奮しない相手と付き合っても勃起しないので物理的にセックス不能だし興味ないのが相手にもバレバレなんですよね

anond:20220621220222

男も女も若者チート相手を選ばなければ幾らでも交際できるのでその定義おかしいと思ってるッピねぇ

絶対付き合わない奴は男女共に恋愛に興味無いかトラウマだと思うッピ(偏見

2022-06-20

ファンタジーならOK

じゃあ異世界チート物にジェンダーとかLGBT沢山盛り込んでフェミ発狂させようぜ。

ゲートはその辺結構やりたい放題だったけど、実際日本人拉致奴隷にされても遺憾で終わりそう。

anond:20220619181934

天才ってすぐ死にたがる、人生ピーク時に死にたがるけど

天才人達っていわばリアル異世界チートみたいな能力から生きててつまんないと思うんだよね。若さ衝動で死のうってなるのも仕方ないかも知れない

2022-06-17

こういう使い方する人をどうにかできないんだろうか

https://togetter.com/li/1902938

この問題

普通の使い方だとしない使い方を意図的にしてる

こういうのがいるか特別対応をしないといけなくなる

簡単な隠し機能管理モードに入れないと、スタッフが使うときだって管理モード簡単に出せなくなって手間が増えるわけだ

こういう事する人らがいなければ偶然操作できて入れてしまうケースなんて年に数回あればいいほうだろう

その程度なら個別対応でどうにかなるから機能として無効化などは要らない

こういう迷惑行為するひとのせいで開発費やら操作の手間やらでお金が追加でかかるんだし、こういう行為ウェブサービスへの攻撃とかゲームチートみたいなのと同じように罰せるお金取れるようにしたほうがいいと思う

anond:20220617000159

そもそも異世界チート系の話には「深く考えることをやめちゃう登場人物が多すぎるんだよな

結局、深く考えてなかったのは作者自身で、合わなくなった辻褄を強引に合わせにいった結果が「登場人物バカ化させる」なんだろうけど

2022-06-16

人はどういうタイミング北海道に憧れるのか?

北海道旅行いいなあ! と人生で一度も思ったことはない。

札幌風俗いいなーとか、函館のビジホいいなーとかはあるが、

富良野ソフトクリームいいなあとか、知床とか礼文島とか、いやいやいや別に…となる。

自転車バイクで一周とか、もうとんでもない。一瞬も考えたことはない。

多分、これまでに見たテレビ雑誌ネットの影響が強いと思う。

でも観光政策なんて、そういうイメージ先行させるチート事業だと言えるし、

観光客も満足するのであればウィン・ウィンでまったく問題ない。

2022-06-15

anond:20220615120100

フィクションにおいては言ってしまえば全ては作者から与えられてるチートなわけだけど

それをどれだけそう感じさせずに描写できるかの問題やで

anond:20220615120100

違うんだよな

俺にとっての努力能力を得るっていうのは元々持っていないもの習得するということであって

多くの少年漫画ありがちな「もともとチート級の才能を持っていてあとはい覚醒するかだけの話」は「もともとチート級の能力を発動している話」とそう変わらんと思っているってだけ

大企業就職して一生懸命働いて稼いだ1億と、生まれつき1億を相続する権利を持っていてその権利を獲得するために努力はしたからもらえた1億は俺にとっては同じ扱いではないってこと

anond:20220615114828

10歳以上で入学できる貴族院に入らなければ習得できない能力を「たまたま幼いころから習得していて」死にかけはしたけど「たまたま耐えられる身体を持っていたので」、魔力がどんどん高まりました

は「たまたま魔力めっちゃ高かったです」と大して変わらないという指摘は別に間違ってないだろ

 

俺はハンターハンタードラゴンボールナルトブリーチチートものだと思ってるし

anond:20220615114828

努力で身につけたという設定に説得力があるかどうかの問題

説得力がなければそれは「努力で身につけたという設定のチートですよね」って言われる

anond:20220615113951

努力で身につけた能力チートではないだろうと言いたかったが、全く伝わらなくて無念だ

anond:20220615113000

拙者、赤ん坊のころからの無茶な努力で激烈能力をみにつけたチート大好き侍

 

一手、お相手仕る

anond:20220615113000

からそのギミックいらないという話だろ

話変わるが幼女戦記も「知識」と「個人戦闘力」の2段チートなので、これ知識だけで無双した方が面白かったよねって思ってる

若干のネタバレになるが

本好きの下剋上マインが、先天的に貰ったチート前世知識だけ。

魔力については「強大な魔力を持って生まれた」というわけではない。

資質としては、作中のディルクより下ぐらい。

ただ貴族が魔力を増やす技術の中に「圧縮」というのがあって、体内にある魔力を精神力で抑え込むと、器が広がって最大MPが増える、というもの

危険が伴う技術なので、貴族10歳以上で入学する貴族院で習う。

これをマインは幼少時代から死にかけながら強制的にやっていたことによってどんどん魔力量が増えていったというわけ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん