「俯瞰」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 俯瞰とは

2018-01-20

ショッピングカートを押してはてしない大平原を全力疾走する蒼井優をすごい高いところから俯瞰で見てる夢を見た。快晴だった。

2018-01-19

けんちん・F氏の文章面白い その1

けんちん・Fさんという人物がいまして。

彼はmixiを中心に、様々な映画作品の論評を投稿しており、

その切り口は身内同士でズブズブになっている九州福岡演劇界をバッサリと斬るものが多く、たまに面白く拝見していたのですが、

どうにもここ最近、彼の文章の質が変わってきたというかちょっと見るに堪えないものになってきました。


彼がどのくらい影響力があるのかはちょっとからないのですが、このまま福岡演劇界ご意見番ヅラしてるのもちょっといかがなものだろうかと思いまして、

ここに、記述させていただこうと思います


<はじめに>

私は、市原幹也氏を知りませんが、様々な記事などを見る限り今後、演劇には関わって欲しくないと思います

但し、彼が演劇をやりたいと言う気持ち、思いを禁じる権利は私にはないと思います。(何故なら知らない人だから)  というスタンスです。

人を裁けるのは司法、又はその直接の被害を受けた人だけ。というスタンスです。そうじゃなきゃ私刑だよ。


目的

1.昨今のけんちん・F氏の文章論理的でない事を広く知っていただくこと

2.九州演劇界に対するレッテル張りが少しなくなること

3.彼の文章が今後理論的になり、もとのキレのよい論評をしていただく事

達成できるかどうかは別ですが、この3つを目的に書いていきたいと思います


引用文章

①あの市原幹也がセクハラ! ……って、誰?

http://open.mixi.jp/user/1846031/diary/1964252256

あなたが本当に「演劇人」なら、市原幹也を救おうとはしないはずである

http://open.mixi.jp/user/1846031/diary/1964295122

③今そこにいる、一万人の市原幹也

http://open.mixi.jp/user/1846031/diary/1964416782

セクハラパワハラは本当に止められるのか

http://open.mixi.jp/user/1846031/diary/1964577327

演劇センターFの解散市原幹也の雲隠れ

http://open.mixi.jp/user/1846031/diary/1964600688

不透明さを増す市原幹也と、藤原から野村政之らの卑劣印象操作

http://open.mixi.jp/user/1846031/diary/1964756079

記事数は多いですが、出来れば正確さのためにきちんと目を通していただければ、と思います


問題点

さて、早速問題点ですがけんちん・F氏の文章、大まかに分類すると3つの問題点があると思います

1.事実と推論を分けておらず、非常に読みにくく、推論を事実すり替えさら理論を展開する

2.主語を大きくすることで、拡大解釈レッテル張りを行う

3.自論に対して反論する人に対し「擁護するから反論している」とレッテル張りを行い間違いを認めない

それぞれ見て行こうと思います


問題点1:推論と事実すり替え

対象者の悪い印象ありきで文章が書かれており、

「AということはBなのではないか、BということはCなのではないか、Cは問題からAは非常に問題だ!」という推論に推論が重なった故の結論が、ソース不在の論理性に欠けるものが多い。


例ア

文章①より引用

一応と言うか、市原氏は、2013年をもって、アイアンシアターの芸術監督を解任されてはいる。のこされ劇場≡の活動もそこで中断し、実質、解散状態にあるようだ。

当時はその理由不透明だったが、こうした事件が発覚してみると、「そこでも何かやらかしたんだろうな」と判断せざるを得ない。劇団員に手を付けたか

ワークショップ参加者に手を付けたか、そんなところだろう。彼の不始末のせいで、枝光演劇フェスティバルが開催不能になり、枝光から演劇の火が消えてしまたことは残念だが、

事情事情なら仕方がない。 でももし本当に私の憶測が正しければ、枝光商店街はその時点で、彼の解任理由をきちんと発表すべきだっただろう。そうすれば、その後、

新たな犠牲者が出ることを防げたかもしれないのだから

<以上引用

要約するとこうなります

2013年アイアンシアターの芸術監督を解任、のこされ劇場≡もそこで実質解散状態事実

「そこでなにかやらかしたんだろうな」と判断せざるを得ない(推論)

劇団員ワークショップに手をつけたのだろう(推論)

彼の不始末のせいで枝光演劇フェスティバルが開催不能になったのは残念(事実のように記述だがソースなし)

憶測が正しければ、枝光商店街が解任理由をはっきりさせれば犠牲者は防げたかもしれない(推論)

2013年の解任と解散事実だが、そこの理由ははっきりしていない。にも関わらず、枝光演劇フェスティバルの中止を彼が原因かのように記述

そしてその後の被害発生の責任枝光商店街に一部求めている。

有名な言葉がここにあります。「なんかそういうデータあるんですか?」

枝光演劇フェスティバル市原氏の不始末で開催不能になった」

推論を並べ立ててもいいけど、そこに至った経緯、又は根拠を示さないと説得力ないよ、けんちん氏。


例イ

文章①より引用

自主的引退してくれるのが一番マシではあろうが、どこぞの議員みたいに、どこかにずっと居座り続けそうだよね。周囲もそれを許してしまいそうな気がする。

まりそれだけ日本演劇界がユルい社会であるということだ。それも日本演劇レベルが沈滞し続けている原因の一つかもしれない。

<以上引用

市原って居座り続けそうだよね(推論)

周囲も許しそうだよね(推論)

それだけ日本演劇界はユルい社会で、演劇レベルが沈滞する原因かもしれない(推論)

はっきり言ってウケる脳内妄想垂れ流してもいいけど経緯又は根拠を示さないと説得力がねえよ。


例ウ

文章②より引用

逆に言えば、なぜ市原幹也は別の道を選ばず、また彼の仲間もそれを勧めないのか、ということなのだ。市原だけでなく、彼の周囲の人間も、演劇を愛してはいない。

演劇に対する愛があったのなら、とっくの昔に、彼を制止していたはずだ。

<以上引用

市原演劇をやめなかった(事実

それは周囲の人間が別の道を勧めなかったから(推論)

それは周囲の人間演劇を愛してないから(推論)

データと経緯がないのは先の例と一緒。さらに、さも自分部外者かのようにけんちん氏は記述しているが、それ以前の文章に「悪い噂は流れてはいたようだ」とか書いてんだから

同じ論法だとアンタも周囲の人間に一人に入っちゃうよ。ブーメランだよ。

あと、文章③において

引用

彼は、市原舞台に出演していた当時、既に、「ウワサ」は聞いていたようである。けれども、面倒ごとに関わるのは嫌だと、市原意見することを控えてしまった。

そのことが、次の被害者を生んでしまったと気づいて、今、深く責任を感じてしまっているのだ。いじめ現場を目撃していながら見て見ぬふりをして、その結果、被害者自殺をしてしまった、

そのことを悔いるような心境になっているのだろう。もともと心が弱い方であるから、このショックは相当にキツかったと思われる。

<以上引用

一個前の論理で行くとこの人完全に「別の道を勧めなかった周囲の人間」に入るわけで「演劇を愛してはいない人」になるわけですけど。

知人と分かった瞬間この手のひら返し。まごう事なきダブルスタンダードです。


例エ

文章③より引用

 野村氏は、市原電話で「死ぬな」と言ったとか書いているが、はっきり言って芝居がかっていてかえって白ける。電話でどのような会話をしたのかを

公的な報告」として記すのなら、本来は今後の対応をどうしていくかについて書くべきで、こんなプライベートな心情吐露を垂れ流してはいけない。まるで、泣きを誘って、

市原の方が被害者的な立場に見えるように、話を粉飾しているようにすら見える。 野村氏もここですっかり忘れてしまっているよ、被害者女の子たちなんだって! 

死にたい」と思った女の子たちが、今も「沈黙」するしかない被害者たちが、いったいどれだけいるのか、それを認識していたら、

たとえ本当にそのような会話をしたのだとしても、申し訳なくて公表なんかできないって。 野村氏もまた、人間として最低な部類に属するのである

<以上引用

この文章には山ほどの問題点があるのだけれど、とりあえず推論のすり替えについて言えば

野村氏は、市原電話で「死ぬな」と言ったとか書いた(嘘だけどここでは事実しましょう)

まるで、泣きを誘って、市原の方が被害者的な立場に見えるように、話を粉飾しているようにすら見える。(推論・感想

野村氏もここですっかり忘れてしまっているよ、被害者女の子たちなんだって!(事実のように記述

野村氏もまた、人間として最低な部類に属するのである。(結論

ものすごいとんだ論法。あと、後述するけど「死ぬな」って言ってないしね。「死ぬな」の意味合いも違うしね。


例オ

文章⑥より引用

 いつでもどこででも、これだけ派手にやらかし続けていれば、福岡演劇人が、あるいは市原関係があった人々が、「知らなかった」人間ばかりのはずはない。

なのに彼らの殆どが、自分セクハラ行為とは無関係だと強調するか、全くの沈黙を守り続けるかのどちらかしかしないのがどうにも解せないのだ。

前回の日記にも書いたように、市原セクハラを知りつつ看過したことを恥じて自らを責めたのは、私の知人一人だけである

他の「知ってたやつら」は、今どこで、何をしてるんだよ。 中には、市原が誘ったか誘われたかで、一緒にセクハラ行為に及んだ演劇関係者もいるはずなのだ

市原はその人物名前を明かしてはいないし、本人が名乗り出て謝罪する気配もない。市原同様の行為に及んでいながら、今ものうのうと「演劇人」の仮面を被り続けている人物が、

福岡演劇界に居残り続けている可能性を否定できないのである

<以上引用

市原関係があった人が知らなかったばかりのはずがない(推論)

何故なら看過して自ら責めたのは一人だけだから根拠

中には、市原が誘ったか誘われたかで、一緒にセクハラ行為に及んだ演劇関係者もいるはず(とんでもない推論)

ものうのうと「演劇人」の仮面を被り続けている人物が、福岡演劇界に居残り続けている可能性を否定できないのである。 (結論

一緒に及んだ人がいる根拠を示せ根拠を。バックデータのない論理はただの言いがかりだぞ。

とりあえず、問題点1.に関してはここまでと致します。



問題点2:主語を大きくすることで、拡大解釈レッテル張りを行う>

彼の文章はよく「個人問題」が「福岡九州演劇問題」に主語が大きくなっているように感じます感想

福岡九州演劇界は腐ってる!」という意識根底根付いているのでしょうか(推論)


例カ

文章①より引用

自主的引退してくれるのが一番マシではあろうが、どこぞの議員みたいに、どこかにずっと居座り続けそうだよね。周囲もそれを許してしまいそうな気がする。

まりそれだけ日本演劇界がユルい社会であるということだ。それも日本演劇レベルが沈滞し続けている原因の一つかもしれない。

<以上引用

さっきも出てきた文章ですね。引退しない、が周囲が許しそう、の周囲の話になり、日本演劇会の話にどんどん主語が拡大していく。しかも推測なのに。

一泡沫演出者の話を日本演劇界に持ってくんなよ。日本演劇界迷惑でしょうよ。それなら一連の騒動が大物の米映画女優の話からはじまってんだから、「米映画界はクソだ」くらい言ってもいいんだよ?


例キ

文章③より引用

それどころか、事件発覚から十日余りが過ぎて、事態は早くも風化しつつあるような印象である。 いやホント、Twitterをずっと追いかけてみても、九州演劇人の間でも、ろくに話題なっちゃいないのである

2ちゃんねるちょっと取り上げられて、あと何人かがブログで「市原擁護」としか取れないような文章を書いている程度。何だよ、それ。 ジャーナリスト江川紹子さんが、セクハラ告発が相次ぐ世界の情勢を俯瞰しながら、

市原についても触れた文章を綴っているのは非常に貴重だが、それくらいだ。

<以上引用

個人個人発言しない事がいつの間にか九州演劇人全体の問題に。え、だって市原のこと知らない人も結構いるよ?

身近に被害者もいない九州演劇人はどういう声明出せばいいんだろう?もしも、具体的に声明を発表して欲しいのにしてない人がいるならその人に言いな。

自分が知ってる演劇人発言しないからって、責任演劇界演劇人全員に持ってこないでくれる?


例ク

文章③より引用

九州演劇人たちが、沈黙するか、あるいは市原擁護に回った理由はそこにあるのだろう。 やはり「同じ穴の狢」を追及することができないでいるのだ。

指導と称して、セクハラパワハラが当たり前の世界に堕してしまっているのだ。もしかしたら、九州演劇界だけでなく、全国的に。

<以上引用

目の肥えた読者さんなら「あ、推論が置き換わってる」と感じ取れたかと思います

さらにいつの間にか全国の話になってますね。おお怖い怖い。

さら引用

 どの世界にも、同様の問題はあるだろう。けれども演劇界特に腐っている。仮に日本演劇人が全部で二万人いるとしよう。

そのうちの半分が加害者で、半分が被害者になる。そう考えてもらった方がいいくらい、どいつもこいつも腐っているのだ。

<以上引用

「なんかそういうデータあるんですか?」

君の知ってる演劇人に腐ってるやつが多いのかもしれないけどその井の中のレベル日本演劇界の話に拡大しないでくれるかな。ちゃんと統計取った?

主語の拡大はもう少し散見されるのですが、周囲はどこまで責任を持つべきか、というのには正解が出しにくいため

個人的に「明らかにデカすぎない?」と思うもののみ掲載しました。そのほかは是非皆さんで探してみてください。


その2に続きます

2018-01-14

anond:20180114152627

補足も含めとにかく語り口が左脳先行というか分析言語極振りのいわゆる「男性型」だなあという印象

その感じでもって男に接するから、いわゆる女性型のコミュニケーションスタイルに合わせる能力経験のない「そっち系の男」が、

この人なら俺の全てを理解してくれるかもしれない的な幻想を抱いて突進してくる感じなのかもと邪推

これだけエモーショナル共感殺到してるのに、それに対する喜びみたいな表現がきっちり隠されている(喜ぶべきとか表現すべきという意味ではない)上に、

俯瞰、状況分析立場を崩さない、あるいは崩せないから、一部の感情先行型の人には偉そう、いけすかないという印象も持たれそう。

からまあ、男に生まれたかったのというのは妥当かも。その思考スタイルだと男だったらさぞ楽だったろうと思う。

2018-01-12

なぜ日本お笑い界は哲学から逃れるのだろう?

もう手あかがつくほど報道されてるガキ使黒塗り報道だが

彼らの行ったコントの是非や、その笑いの本質に付いて批評しているのは、

もっぱらジャーナリストブロガーばかりだ

 

肝心の芸人たちは何一つ肯定否定もせず

ただ火の粉が降りかからないようにするか

いつもどおり先輩ヨイショしているだけ

ああも自らの業界俯瞰して分析しようとする人間

いない業界はそうそうないと思う

最近ウーマン村本も過激発言をしているが

実のところ社会問題について語るのみで、自らの業界についての論評はほとんどない

せいぜい一番組審査員ケチ付ける程度である

  

自動車産業なら、出羽守にせよ自国の車ホルホルにせよ

それなりに分析して経営者も口に出すのをためらわない

水素水が来る!とか電気自動車が来る!とかね

 

おなじく、ややこしい芸術界の範疇として、漫画アニメ業界を見ても

中国興隆ネットフリックスとのビジネス

漫画アニメ本質を探る論評も十分に出来る土壌がある

アニメーター労働問題など、自分たちにとって耳の痛い論評も聞く余裕がある

 

だがお笑いはまるで、

自ら分析することをタブー視しているかのようだ

先輩芸人の言うことが全てで

中堅、下っ端に発言権は無い

オリラジ田中が干された件も記憶に新しい

 

元来お笑い政治風刺の成分も含んでいたはずの

表現の自由を究極的に突き詰めた世界

ところが日本お笑い界の場合表現の自由とはあまりにかけ離れた丁稚奉公世界に成り下がってる

そこで「表現の自由を突き詰めた」と自称する黒塗り表現が出てくる

このいびつさは存分に自評する価値があると思うのだが・・・

2018-01-10

シェルブールの雨傘は、ね。

俯瞰で、雨傘画像が良かった。

カメラ撮り方が、フランス映画って違うんだなーって思い知らされたよね。。

2018-01-08

2017個人的ベストマンガ

すでに8日ですが書きます

・最も繰り返し読んだマンガ

「あたらしいひふ」 高野

本当に繰り返し読んだ。購入直後に何回も読んで、しばらくたってからもまた読んだ。「新刊面白いのないなー」と思ったときキンドルリストからクリックするのはコレだった。

高野雀は「さよならガールフレンドからわりとずっと好きで、出てるものは一通り買ってるかんじ。

It’s your (new) ID.」の構成楽しい統一されたテーマを持ちつつ独立して展開する作品の間にインタールードぽく入ってくるしーちゃんとゆみちゃん。そして最後のやり取り。

冒頭も説明的にならずにテーマ説明していたり、ホントよくできてるよなあと思う。何度読んでも楽しい

「あたらしいひふ」の後書きにあった「くそおしゃれ」って評価は当てはまっていないと思う。この人の作品はたぶん「気が利いている」んだと思う。少なくとも自分にはそう見える。

それが波長が合わない人には「おしゃれ」に見えるんだと思う。

この人の作品全般に、日常+もう一歩ぐらいのサックリした踏み込み具合に見える。深い何かを求めて読んだ人の辛口レビューをたまに見かけるけど、たぶん楽しみ方を間違えていると思う。

少し踏み込んだあたりで、面白い/新鮮な言い回し表現して見せてる感じ。

画も好き。顔、人体、背景、どれもうまい統一された世界構成していると思う。

会話とモノローグで引っ張るところが多いのでバストアップが増えがちだけど、全身とかも多くて楽しい。構図が実写っぽい気がする。

もっと評価されて良い作品だと思うし、作家だと思う。


・最も引っかかったマンガ

「スペクトラルウィザード」模造クリスタル

以前読んだ「ビーンク&ロサ」がちょっとひっかかっていたので読んだんだけど、良かった。

荒さやチープさもあり、ややダルイ話もあるんだけど、それでもグッとくる作品だった。

世界のあり様について「そういえばそうか。。」と思わせられた。

世界はあるレイヤではウィザードたちを排除し、しかしその外部レイヤでは彼女らを包含し続けているという、言われてみれば当たり前なんだけど、言われないと意識しない世界のあり様を見せられてハッとさせられる。

そしてその世界の在り方は、その中で生きるウィザードたちは俯瞰することができず(クリスタルには見えていたが)、そのためガーゴは誤った範囲世界を壊しかけ、スペクトラは世界に背を向けようとする。

スペクトラとガーゴは世界を見誤ろうとしていたが、彼女らを直接的に取り巻く世界からすれば無理もないわけで、それがまたやるせなく切ない。

結果として世界破滅を免れるが、ウィザードたちにとってそれは希望なのか徒労なのかはわからない。俯瞰してしまえばクリスタルの言う「変化」の一言に回収されてしまうんだろうけど、スペクトラやガーゴの目にはどのように映るのか。

それが作者の意図だとは思わないけれど、どうしても現在人類世界にあてはめたくなる。

画は(たぶん意図的に)チープではあるけれど、上手いと思う。作品世界効果的に見せているように思う。


・2017発売じゃないけど

「ホブゴブリン 魔女と二人」つばな

2015の発売。見落としてました。面白い。ここ何年かで最も面白いファンタジー

ずいぶん前の発売だけど、それでも取り上げたいと思わせる作品

つばならしい荒唐無稽世界正統派ファンタジー完璧マッチしてて凄い。

現代世界舞台にするよりずっとよくマッチしてると思う。完璧すぎる。

全体におかしみやかわいげがあって読みやすく、世界に入りやすい。説明的にならずに世界表現しつつ、話のテンポも良くて自然に入って行ける。

テンポよく、しかし丁寧に世界を描きつつ話を展開させているんだけど、中盤以降は畳み込みのスピードとパワーが素晴らしい。

マンガ以外のメディアも含めて、これだけ良質なファンタジーはなかなか無いと思う。

作品サイズのわりに製作は長くかかったみたいだけど、展開が完璧構成されているのが凄い。

画も良い。第七女子会彷徨はやや引いた画が多いかなという印象だったけど、この作品ではその辺のバランスが良い。

人も背景もすごく良い。背景密度高い。森とか鳥足の家が最高。




リスペクト枠ではない

チンプイ藤子・F・不二雄

F作品今日的な視点評価した場合、「エスパー魔美」が挙げられることが多いが、個人的には「チンプイ」のほうが面白いと思う。

ドラえもん上位互換だと思う。

ドラえもんと比べて、話の強引な展開を上手く(面白く)消化できてる。

チンプイドラえもんゲス面白いところをさらに洗練させてる。

のび太カワイイ女の子に置き換えるというアイディアが凄く今日的。

友達連中はまんまドラえもん踏襲だけど、宇宙人取り巻きキャラ面白い

画も良い。スタッフがたくさんいたのかもしれないけど、全コマ手抜きなし。

人の正面アップが連続したりしない。舞台的な感じの見せ方が多くて、今見るとけっこう斬新。

ページあたりのコマが多くて一コマコマが狭いんだけど、適切なバランスに畳み込んでて凄い。

コマが狭いので人の等身が低いんだけど、自然に見える。状況でもう少し高く描いているところも多いけど、統一感を失うことが無い。

ほとんどのコマで全身描いてる。(ページあたりのコマが少ないうえに正面バストアップばっかりの作家は見習ってほしい。)

2017に読んでも普通に面白い

2018-01-05

anond:20180102130531

琥珀さんルートや桜ルートが好きで、かつFGOシナリオがそれと同様に面白い」という人です。

当方PLUS-DISCからなので元増田氏の言う古参寄りではあると思うのですが、琥珀さんと桜の物語が好きで、当時回りに全く理解されなかった事もとてもよくわかります。また「ガチャ」やカジュアルソーシャル的消費要素には否定的であり、その部分がゲームの主軸ではない(特にマルチプレイや対人などバトル要素)事で続けているプレイヤーでもあります

以下、FGOや各作品ネタバレにある程度触れている部分があります

HFの呪縛と「その先」の模索

数々のインタビューを見ると、奈須きのこ氏はHFがユーザーの多数に受け入れられなかった事を失敗だと思っている節があります(劇場版パンフでも話を変えようという話題があったはず) それがCCCでの桜の復権を目指したテーマ性と描かれ方(別の悪を提示したのは賛否あると思いますが)であり、FGOでのマシュ・キリエライトに繋がる要素の一つでもあるように思うのです。また、彼女Fate無印でのセイバーと対になるプロットのあった没サーヴァントであり、DEEN版のアニメ化で設定が固まったなど、Fateと共に歩んできた裏のキャラクターでもあります

そこから見た場合FGOのマシュの立ち位置は、ある種HFのリベンジとも言えるものです。彼女は魔術の名家によって実験体となるべく作られたデザインベビーであり、教えられた目的のために生きる事が全てとして成長しました。そして、オムニバス的な物語が進む中、やがてゆっくり人間性を獲得し、物語終盤では「人の生きる意味」を自問し、迷い、答えを出す所まで到達します(その真骨頂奈須きのこ氏が直接書き下ろし第一部6章~終章です)

彼女と対になるのは主人公ではなく、物語ナビゲーターであるロマニ・アーキマンです。彼もマシュ同様特異な生まれ人生選択権を持たなかったものの、「既にその問題を克服した」人物であり(結果として他の問題を抱え込みましたが)、その意味でマシュを導く鏡のような先達であり、テーマ性におけるナビゲーターでもあります

これらは明らかに"ロボット"である衛宮士郎や、間桐桜喪失と救済の物語など、HF(及び重ね合わせとしてのhollow)のリバイバルリベンジと言えるデザインですが、そこに新しい要素が入り込みます。それが「主人公(プレイヤー)」です。主人公マスターという価値担保されているものの、(空の境界黒桐幹也やEXTRAの岸波白野にも全くキャラクター性で敵わないほど)個性の弱い傍観者です。善性の象徴としてマシュとの絆を育み心の支えにはなっても、プレイヤー選択肢が彼らの生き方を変化させる事も無く(ストーリー分岐が無いので)、傍観者であり第三者、という位置付けのまま物語は進みます

そして物語最後第一部の結末では、hollowにおけるスパイラルラダーとブロードブリッジの再演の中、主人公を残し彼らは生きる意味の答えを獲得して死亡します。ですが、物語はそこで終わりません。彼らの人生、生きる意味の獲得をずっと見てきた主人公(プレイヤー)が、彼らに"続き"を託されるのです。彼らから貰った「命の答え」を声高に叫ぶ選択肢と共に。それはHFと重ね合わされながら別の物語として成った結末…「遊んでいるあなた」にその先を託す、「あなたは、彼らの人生肯定して良いのだ」という、かつてHFを支持しながらも「評判」にかき消された、私たちへの救済のようにも感じられました。

完成した物語俯瞰して答えを出すという行為は、hollowアンリマユのような「主人公」の形でもあり、バゼット・フラガ・マクレミッツが前に進んだ源泉でもあります。かつて主人公プレイヤーを重ね合わせる事ができず、数多のプレイヤー登場人物を「理解できなかった」とされたまま完結していた作品は、形を変えたその先で別の答えを模索したのだ、と、そう思いました。

…また、CCCでも結末において「キャラクター人生肯定する」選択ができる構造にもなっており、FGOはその表現さらに詰めた形である、とも考えています

連載型ゲームソーシャルゲーム

ここからは余談です。

奈須きのこ氏らはいわゆるソーシャルゲームについて、一般的な対戦や収集を軸としたバトルゲームではなく、リアルタイム性を重視した連載型ゲームとして語っている部分が多く見られます。かつてのWEB連載版空の境界さらに戻ると氏がノート小説を書いていた原体験に繋がるのでは、とも思いますが、2016年年末ツイッターが盛り上がっていたのは完全にその手法の先にあるものであり、インタビューなどで何度も言及されている「漫画雑誌のような」「今追いかけている人にフォーカスした」展開方法の、その最終回の見せ方に他ならない作りでした。それは「見せ方も物語体験に入る」という考え方、「Fate」においてUBWとHFが段階的にプレイする方式になっていた考え方の先でもあるのでしょう。

このリアルタイム演出手法過去エイプリルフールでも定期的に模索されていた効果の高い方法であると同時に、追いついていない・時間の合わない層を強く失望させる作りでもあります。そこに複数ライターによる(プレイヤーの受け取り方も含めた)シナリオの当たりハズレ、新たな更新を待つ期間、そしてこの作品の見せ方に本当に必要だったのか今では疑問とも思える(3分縛りの話を見るに何も考えずに入れてそうな)ガチャ要素も含めると、一概に物語を取り巻く環境全てを肯定しにくい作品とも言えます

はいえ、この連載型ノベルRPGとも言えるシステムが非常に希少であるのは確かで、バトルゲーム主体ソーシャルゲーム文化の中で個々のユーザーがそれをどう受け取るかが、このゲーム価値付けになっていくのだと思っています

二十七祖と言えば

4章でプライミッツ・マーダーの話が出てきた時はまさかと思いましたが、本当に出てくるとは…

2018-01-02

anond:20180102110012

瞑想もやっていたのですね。

>『とにかく「何をやってもダメ」という感覚けが独り歩きしている。』

それと。エピメニデスの自己言及パラドックスクレタ人のパラドックスについて、一回wikiとかで読んでみて、自分の考えを紙に書いて客観視してみては、どうでしょうか。

矛盾無く批判し続けることを、どこかで、止めないことには。上手く行かない。

上手く行かない、上手く行かない、、というのを『上手く行かないんだなー』と流すか、「上手く出来ていない、と感じている自分がいる」と俯瞰して受けとめるのか。

そこ辺り、専門家の方からも、既に聞かされているのかも知れませんね。

  

2017-12-19

anond:20171218231443

俺は最後ジェダイ見て面白かったタイプの人。

だけど、話が酷かったのは否めない。

今回の反乱軍組織として無能&無能すぎて、ライアン・ジョンソン意図的反乱軍を追い込むような脚本にするためだけにバカばかりを並べたようにしか見えない。

レイカイロ・レン、フィン、ローズルークなどの個々の活躍、個々のストーリーは立ってるんだけど、銀河戦争から俯瞰してみると、全員が何も考えてなく動いているようにしか見えない。全体を俯瞰して見ると、真っ当に戦争をしているのがハックス将軍しかいないという状態

それが脚本にあらわれていて、そこの粗さが気に食わない人がいっぱいいるのは理解できる。最後ジェダイ特に好きな俺でもこの粗さはまずいと思うレベル

でも結局、続き物だからエピソード9があって初めて8が評価されると思うので、エピソード9でしっかり締めてくれれば問題ないと感じてる。それまでは良いも悪いもないかな。

ただ、楽しめるかどうかで言ったら楽しめる映画だと思う。

2017-12-17

[]2017/12/16

朝飯くってさっきまで朝寝してたときに見た夢2つ

どっちも胸糞悪い自分の糞さが露呈した嫌な夢だった

1つ目

なんか犯罪してマイクロバス犯罪者集団のいち員として逃げる話

夜0時前になったから怪しまれる前に宿とろうってなってホテルに入って他のやつが飯だか温泉かに行くすきをみはからって自分は逃げようと思ってたけど今いる場所が家からいかマイクロバスの鍵をパクろうとしてたところに、どっか言ってた仲間が戻ってきて自分が逃げようとしてたことがバレてうわあああああああああみたいな

結局それからどうしたか覚えてない

2つ目

バイオ7の地下みたいなところをゲームっぽく俯瞰で見ててでも実際は自分がそこにいる感じの

マリオヘイポーみたいなやつがいて、そいつら神出鬼没だけどちょっとでも触れられてしまうと変なところに飛ばされてしまうよ

って教えてくれた、先にいたプレイヤーの先輩みたいな人がいた

でもその人が中にいるのに自分は鍵をしめてその人を閉じ込めたままゲームリセットしてしまった

そんで何回かプレイしようとしてたけど自分が悪いことしてその人を閉じ込めてしまった意識はあったから毎回鍵閉めて、その人が出てきて自分が責められることがないようにしてたつもりだったのに、

あるとき自分プレイ中に変な物音がして、あっそういえばさっき鍵閉め忘れたからあの人が出てきてしまったのかも、と思って、

自分のうかつさとそもそもそんなこと最初にした自分がクソだっていうことに挟まれてほんとに絶望してすんごい寝汗かい

付き合う前にヤりたい

自分にとってセックス恋人を選ぶ要素の中でかなり大事だ。

一緒に食事をしたり、動物園を周りながら互いの幼少期の話をしてみたり、旅行に行ってあらゆる価値観の違いを見つけてみたり、それと同レベルで大切、いやそれよりともっともっと大切にしたい行為で、この『相手に触りたい欲』が合わないとどうにも長続きしない。

しかも性欲の強さや相性って付き合ってみないと分からない。色気が出てて、直感で『彼としてみたい』と思って恋人になって身体関係になってみても、結局彼が一番好きなのが自分で、目の前の相手身体に触れたい気持ちよりも、自分気持ちよくなりたい欲の方が大きかったりして、うまくいかなかったりすることがしばしばある。

触りたさは同じくらいが絶対にいい。恋人同士の、抱きたい抱かれたいの比重は同じくらいがいい。それがセックスの相性と言われるものの一部であると思っている。

付き合う先に結婚視野に入れていたりすると、『相手に執着しすぎないこと』も自分の中で相手選びのチェックポイントになるのだが、性的魅力のある相手には他所の人にいってほしくないと嫉妬してしま精神衛生上良くないし、逆に、そこまで執着していないそこそこの心の距離感恋人セックスしていると、時折、最中自分俯瞰視してしまい、必死に腰を振る相手自分に対して滑稽に感じてしまい没頭できない、没入感のないセックスほど虚しいものはない。虚しさを感じて気持ちに穴が開く。こんなに大切な心の結びつきの行為なのに。

普通に恋人を作ろうとすると、当たり前だが貞操観念は重視され、少しずつ互いを信頼してからお付き合いしてセックスをする。きちんと段階を踏まないと信用してもらえない。

当然だ。私もいきなり段階すっとばしてセックスしよ!って言われたら怖いからやだ…と思う。いや、雰囲気とか誘い方にもよるけど。ただ結婚視野に入れてたらきちんと段階を踏むにしたことはない。でも、先にセックスして、相手愛着が湧いて、身体を密着した心地よさを感じてから付き合いたい。猛烈なジレンマだ。

2017-12-16

文章≒う〇こである


こんばんは。

はてな匿名ダイアリーって、

日記のような、ブログのような、掲示板のような、面白い(変な)サービスですね。

どんな風に使えばいいのか分からないので、どんなノリで書けばいいのかも分かりません。

なんで書いているのか、自分でもよくわからないんですけど、

何となく、どこかに考えを吐き出したいのだと思います

こういうことが、ここ数年よくあります

そういえば

先日、Twitterの呟きに、

自分にとって、ゲーム食事のようなもの創作活動うんこ

というようなものを見かけました。

どなたの呟きだっかは、失念しました。

どなたか知りませんが、私はこの考えに同意です。

創作活動って、誰かが書いた本やアニメ、または日常出来事自分の中に蓄積して、消化して、自分の「うんこ」にして出すって感じがします。

創作物うんこから、人に見せるのはすごく恥ずかしいです。

それに、うんこを見せると、何を食べてどんなコンディションなのか、相手に分かっちゃうこともあるので、うんこを通して自分を見透かされてしまう気がするのです。

たまに、「これ、うんこじゃなくて吐瀉物だろ?」という作品もあったりします。変なもん食べた?消化できてないよ?みたいな。

でも、自分創作物うんこなのに、他人創作物うんこに見えないか不思議です。「純金でも食べた?」ってくらい立派なんです。羨ましい。

そのへん、うんこ創作物の違いですよね。うんこは誰のうんこでも汚いですから

しかしたら、鶏や牛のうんこはよい肥料になるので、わたし他人の立派な純金うんこ肥料に、伸びようとしている雑草なのかもしれません。



創作活動とは少し違いますが、ここから日記について書きます

人は文章を書くとか、話すとか、そういったアウトプットを定期的にする必要がある気がします。

心や感情にも、便秘ってあると思うんですよ。

特に、内気で自分を外に出せない人ほど、便秘がちだと思います

そういう人は、他者の話や意見を聞いてばかり(インプット多め)です。

から入れてばかりで下から出ないのは、非常にまずい状態です。

どんどん食べ物(なお、美味しいとは限らないし、好きで食べているとは限らない)が体内へ入るのに、下からうんこが出ないとどうなるか知っていますでしょうか。

まず、便が宿便(水分が抜けて固くなった便)になります。固いので、肛門から出る際に肛門を傷つけます。これが原因で、最悪痔になりますしかし、出ればいい方です。そもそも、1度溜まり始めると出ません。

また、宿便になると、思うように便意がこなくなります

1-2週間便意がなく、四六時中腹部膨張感が気になります。出したいのに出ません。もやもやします。

それでも、お腹が空くので、仕方なくご飯を食べ続けます

すると、どんどん腸に便が溜まります。ちなみに、便は有機物なので、体内で腐ることもあります放屁すると、よろしくない香りします。

最終的に、ある程度便が溜まると、今度は吐き気と腹痛に襲われます

しかし、詰まっているので、簡単には出ません。内側から皮膚が圧迫されるわ、肛門は太い針で突き刺されたような感じがするわで、滅茶苦茶痛いです。産みの苦しみって、こういうことなんでしょうね(適当)

私はあまりの痛さに失神&失禁しました。このことは流石に、リアルの知人には話していません。

それでも、ここには書けちゃう。そう、はてな匿名ダイアリーならね。

さて、途中から私の便秘体験記になってしまいました。

便秘がどれほど大変か、おわかりいただけたでしょうか。

なお、ご存知の方もいらっしゃるしょうが便秘死ぬことだってあるのです。

すぐ死ぬものではないからといって、侮らず、注意したいですね。

いつも人の話ばかり聞いて、自分の言いたいことを言えない方、たまには日記文章を書くとすっきりしていいと思いますよ。

実際、溜め込むと死んでしまう人がいるのは、心とて同じですからね。

また、溜め込む前に日頃からメンテナンスしましょう。便秘予防にりんごヨーグルト毎日食べるように、心の便秘にも人それぞれ予防法があるはずです。

しかし、便と文章には違うところがあります

それは、便は力めば出るし出せばスッキリするけれど、文章は考えなくては出ません。何も考えず文章を書いて少しスッキリしても、根本的な解決にはなりません。

日記などに文章を書く時、ぜひ自分客観的に見つめ直し、考えを整理してみましょう。それも、できるだけ「論理的に」です。

例えば、「なぜか不安で仕方が無い」のであれば、

「なぜ私は不安なのか?」

仕事がうまくいかいか

「なぜ仕事がうまくいかないのか?」

→…から

というように、「なぜ?」を意識していくことで、自分のことを分析することができるはずです。

そうすることで、どうすれば自分もっと良くなれるのかがわかるかもしれません。

また、のちのち読み返して「この時は〇〇と思い込んでいたけれど、今考えてみるとこの論理おかしいな。冷静じゃないな」など、反省してみることもおすすめです。

大事なのは、「論理的に」「客観的に」自分俯瞰することです。

便器に出たうんこを、上から見下ろしますよね。それで、「今日は軟便だな、胃腸が疲れているから、消化にいいものを食べよう」と考えることと、似ていると思います。そんな感じです。

やっぱり、文章を書くってことは、大事だと思うんです(要旨)

まぁ、あまりに好き勝手書くとトラブルの元になり、むしろストレスが溜まります

それでは元も子もないので、

「どんなに相手が悪くても人を傷付けることは書かない」とか、最低限の倫理観を持った上で、はてな匿名ダイアリーを楽しみましょう!


たか古参のように締めてみたけれど、はてな匿名ダイアリーを使うのは今回がはじめてでした。新参

こんなクソお節介日記を読んで時間を使ってしまった方がいたら、申し訳ないな〜(あまり申し訳ないと思っていない)

最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。

2017-12-15

心を鎮めるのです…

街に出ると少し怒りっぽく、気の急いている人が目に余ります

心を鎮めるのです…

一度燃え上がってしまった怒りの炎は中々鎮火することができません。

火が付く前に、燻った気持ちを抑えるのです…

最初気持ちコントロールするのは難しいかもしれません。

そんな時は自分俯瞰してみるのです…

あなたが今どのような感情を抱いているのか、外側から覗き込んでみて下さい。

案外取るに足らないことであると気づくことができるはずです…

私は今、あなたの靴のかかとを後ろから踏みまくっています

あなたは怒りますか?もう怒らないでしょう?

あなたがその気持ちを忘れないために、私は靴のかかとを踏み続けます

心を鎮めるのです…

2017-12-14

僕の知ってる増田の特徴😇👉

20代後半〜40代の人々

ちょっとひねくれてる

俯瞰だいすき

批判だいすき

・ふざけるの大好き

2017-11-26

[]2017/11/25

東京都庁みたいなでっかいビル俯瞰っぽく見てる

その建物死ぬ前に自分が一番幸せだった時間追体験できる施設

つえをついたおじいさんがその建物に入っていく

そんで追体験開始

そこから自分がおじいさんになった感じの視点になる

若返ったじーさんが戻ったのは、大江戸からくり横丁みたいなフィクションっぽい感じの長屋時代

そんときじーさんには本当の家族はいなかったけど、家族同様に同じ家に住んでた双子っぽい兄弟とかあとなんやかんやがいて、かなり幸せだった

そんでいろいろあって、最後はまた現実に戻ってきて、冒頭の施設を使いに来た大勢のうちの一人として、施設入り口から幸せそうな顔をして出ていくのを、俯瞰でまた見ている

視聴者的には、中盤の過去に戻ってからの内容が濃すぎて、

そういえば過去追体験できる施設の話だったってことを忘れてたってくらい、中盤が面白かった

これ起きてパクったら絶対ヒットすると思ったけど今こうやって書くと肝心の中盤部分ほとんど忘れてるし、ショートショートにも到底及ばないありがちな設定だな・・・

なんてことないじーさんも過去はすげえ輝いてたって面白さと、それですら大勢のうちの一人の人生にすぎないっていうギャップが出てる映画を見てる感じですげー面白かったんだけど

2017-11-24

ノートを上手に取ることも、大切なスキル

知的な分野で仕事したいと考えていたが。

練習帳のようなノートの使い方では、いまいちで、知見を溜めるための視覚を利用して、

状況を俯瞰するようなノート

教科書文章を読み解くための、訓練を積むためのノートも大切だ。

  

2017-11-22

anond:20170718140907

これすごくよくわかるんだけど、俺はこれちょっと前の過去の話になっていることに気づいた。

インターネット助長している節はあると思うけど、人類の叡智の蓄積を享受してきた人間(例えば、図書館に通う人)は昔から誰でも至った境地であり、つまり程度問題であり、そしてコミュニティに発散しないで世代収束する一過性問題、いわば中年病なんじゃないかな。

元増田しんどいだろうけど、俺はこの気持ちを止めないでもっともっとこじらせた先にあるものを見に行く方が良いと思うよ。

人類の叡智の大部分ってさ、「〇〇しちゃいけない」っていう禁止事項だと思うのね。

でもこれってポジショントークも多くて、その辺考えないでフラットに取り込むと、自分は何にもなっちゃいけない、何もできない巨大なものになるわけ。

そして同時に、これって絶対的な真理というよりは、提唱した人の趣味問題だったりするわけ。

趣味みたいな話に圧倒されて自分が押し殺されるなんてばかばかしくない?

情報量に圧倒されるのに慣れたら、それぞれの情報の重みを観察してみるとおもしろいよ。

川でたとえるなら、流れには強いところ弱いところのムラがあるんだ。

強さと弱さをどのように選ぶか、その選択自分個性が端的に現れるんだよ。

あと人間って、残念ながら現時点では蓄積された叡智にいつでも誰でもアクセスできるわけじゃないのね。

たとえ過去に誰かが発した冴えたアイディアであっても、大した理由もなく埋没して、運が悪ければこの世から消えてしまう。

本屋に行くとそれがよくわかる。できれば自分の書いた本が並んでいる方が実感しやすいんだけど、どれか1冊を自分が書いたと仮定してネット上の体験から執筆出版の間の具体的な苦労を想像するんでもいいかな。

自分が1冊書くんでもそうとうな思い入れと苦労があったのに、そういう本が本棚に数百倍、数千倍並んでいて、それでいて絶望なのは本棚に並んでる本の大部分は自分には興味が無いものなんだよ!

自分の本はすごく価値があると思うのに、なんかくだらない理由とかで埋没して人類には届かないかもしれない。クッソーくやしいな〜。

っていうことはさ、他に並んでる本ももしかしてそうなのかも、良い内容であってもみんなが絶対知ってるなんてことはなくて、折々拾い上げないと行く行くは人類の損失になるのかもしれないよね。

メタ的に情報俯瞰できる人は、その構造を知ってアクセスできる権利を与えられた人なんだと思うよ。他人のフンドシな情報でまったくけっこう、自分をただのメディアとして情報を厳選し再発信するだけでも自己投影されるよ。あなたが良いと思えた言葉を、メッセージボトルに入れてあてもなく流すのを趣味的にやってみたらどうかな。

2017-11-21

anond:20171121143606

子供の頃から上から目線で見るな としつけられた子供達が成長して大人になったんだから

そりゃ俯瞰でみることなんて無理だろう。

物事俯瞰して見られない人

自分が今どういう状態なのか、例えるなら幽体離脱をしたような状態自分を上から俯瞰するような分析が出来ない人が多いと感じている。何故そういう見方が出来ないのか不思議でならない。何故ならば自分は出来るから。以上です。

2017-11-20

物事俯瞰してみることが出来ない

最近寒い

鼻で空気を吸うとツンとする。冬なのだろうか。

ワインで酔っている中で思うことがある。

自分小説だったり、どんなものでも神の視点というのか俯瞰してみることが出来ない。

今の自分の低い身分から見てしまう。

主人公が王になる話なら、自分農奴なのだろうなという気持ちで見る。

とても心苦しくなる。

よく、ビジネス書のような自己啓発的なものも苦手だ。

搾取される側から視点で見てしまう。

父親が読めとうるさいが、いかにも成功者は威勢の良いことを言っているが結局は運良く搾取出来ただけとしか思えないのだ。

自分はどこまでも下から視点でいきていくのだろう。

2017-11-18

これから時代商業よりも政治なのかもしれない

これから時代商業よりも政治なのではないかと何時も感じる。

最近父親からビジネス書を読んでくれとうるさい。

しかし、どうも読む気になれない。

所詮成功者の話でしかなくて、運が良かっただけだったりする。

成功者が自信を概念化しているものを読む価値があるのか。

それよりは、俯瞰したルポータージュのほうが好きだ。

結局、正反対ロシア革命の様子を記した『世界を揺るがした十日間』を買った。

これから時代は、商業よりも政治時代になるのではないかと感じる。

格差があまりにも開きすぎている。

年収300万円の人がいる一方で、年収1300万円の人間がいる。

それはまだマシだとしても、年間配当で数十億円受け取る人間すら出ている。

年収300万円人間年収1300万円になる方法はあったとしても、数十億円の配当を受け取る人間になることは限りなくないはずだ。

技術革新においても、今はいかに人を減らして利益率を上げるかが基本となっているようだ。

そして、個人的に思うがあまり技術進化している感覚もない。

どこまでも数十年前に考案されたもの永遠と引き伸ばしている感がある。

恐らく、既存商業体制をひっくり返すような技術革新は暫く起きないだろう。

そう考えると、もはや商業時代というよりは政治でどうにかしなければいけない時代なのだろう。

しかし、政治というのは余りにも一人ひとりのインセンティブが低い。

商業なら金持ちになれるかもしれないが、政治というのは理念快楽を感じなければいけないものだ。

そう思うと、やはり人々は商業に目を向けるのだろう。

しかし、そんな商業は勝ち目なんかない地獄だったりする。

まぁ、政治もそうだろう。

格差ますます開くはずだ。

2017-11-17

*[サバゲー]【S&T三八式歩兵銃記念】旧日本陸軍下士官兵軍装に関する備忘録サバゲーでの運用考察

長らく日本人サバゲーマーでは羨望のアイテムだった?三八式歩兵銃のエアガン海外メーカーの雄、S&Tから比較的手ごろな価格

発売され大いに盛り上がっていますが、その一方で旧日本軍についてあまり詳しくない人からは「『輜重部隊兵隊ならば 蝶々トンボも鳥のうち』 などと言って補給を軽視していた」だとか

日本刀を振るっている精神主義固執した軍隊だった」「巻脚絆がダサい」等々誤解が未だに蔓延っているのも事実なのでそうした誤解を解消する一助になれば……と思いこうして

筆を起こしてみました。

※調べていない点もあるので下士官兵に限定した内容です。将校准士官は除外されるものと思ってください。

※古い時期では下士官兵を「下士卒」と呼称しますが「下士官兵」に統一します。

徒歩本分者と乗馬本分者

当時の旧日本軍(恐らく同時期の各国軍も)歩兵代表される徒歩移動が主の「徒歩本分者」と騎兵等の「乗馬本分者」に分かれており

下士官兵はそれぞれ適した被服が与えられました。

すなわち

・徒歩本分者→「銃剣」「長袴」(九八式では短袴に統一)「巻脚絆」「編上靴

乗馬本分者→「軍刀」「短袴」「長靴」または「官給型革脚絆と編上靴

となります

また、騎兵であれば二等兵でも三十二年式軍刀(甲)を、それ以外の兵科では刀身の短い三十二年式軍刀(乙)後年では九五式軍刀を装備します。

……あれ?同じ日本軍の同じ兵隊でも乗馬本分者の方が軍刀を帯びてブーツを履くのでとても「カッコいい」スタイルですね(偏見

※いや巻脚絆の効能は知っていますが……

本部下士官では例外なく乗馬本分者扱いのようで将校准士官と同じ革脚絆を巻き、軍刀を帯びるようです。

平時は上記のような塩梅でしたが戦争の推移で末期戦の悲哀からか、小銃不足で軍刀配備率が上がって末期では伍長でも軍刀を携えていたみたいです。

また、大雑把に区分すると

歩兵……徒歩本分者

騎兵……乗馬本分者

砲兵……徒歩本分者、乗馬本分者(※徒歩移動と乗馬移動双方がある為、但し一定の者(本部下士官?)以外は乗馬本分者でも軍刀に変えて銃剣を携行する模様)

工兵……徒歩本分者

輜重兵……乗馬本分者

憲兵……乗馬本分者(※徒歩移動がある場合は徒歩本分者と同じく巻脚絆と編上靴を用いる模様)

……という風になります

……あれ、輜重兵の方がかっこよくない?(偏見

昭和期になると機械化、自動車化による改変で装備が変わった可能性(馬に乗らなくなくなる)があるのであくまで目安。

※徒歩本分者/乗馬本分者以外にも帯剣本分者とか執銃本分者とか帯刀本分者とか色々用語があるらしいけど、流石にネットだけじゃ調べ上げるのは無理だった……

輜重兵と輜重輸卒

冒頭に上げた『輜重部隊兵隊ならば 蝶々トンボも鳥のうち』は正しく言うと「輜重輸卒が兵隊ならば 蝶々トンボも鳥のうち」で

実は輜重兵と輜重輸卒は別物だったのです!

具体的に言うと

輜重輸卒→専ら荷役や輸送作業等に従事(当時は人力が主)銃は持たず銃剣のみ装備。

輜重兵→輜重輸卒を統率し管理する。(なので二等兵でも乗馬しながら輸卒に指示を出したりする必要があった)騎銃と軍刀を装備。

……なので「輜重輸卒が兵隊ならば 蝶々トンボも鳥のうち」は正しく解釈すると「銃も持ってない奴が兵隊ならば、蝶々トンボも鳥のうち」ということになります

そして輜重兵は歩兵と違って騎兵とほぼ同一のカッコいいスタイルなんだ!?偏見

こうして俯瞰すると旧日本軍における軍刀ポジションが見えて来ましたね。

まり乗馬戦闘で用いる役割と指揮棒的な役割と見栄えを整える役割が有ったんだけど、

丁度過渡期な戦争日中戦争太平洋戦争で「前時代的な刀を振り回す日本軍」と後世に脚色されて伝わったんでしょうかね~?

※ただ、かつての武士を重ねていたという要素はあるかと思います

本題の三八式歩兵銃を用いる装備

さて、(サバゲー的な見地による)三八式歩兵銃を用いる兵科となると以外に少なく

歩兵工兵(一部)しか該当しないようです。

騎兵は四四式騎銃、その他の兵科は三八式騎銃を主に用います

(※九九式小銃、短小銃登場後は九九式短小銃事実上統一されました)

また弾薬盒はレプリカでお馴染みの前盒二つと後盒一つのもの使用しますが、

工兵場合前盒一つだけの模様。また任務の状況などで弾薬盒を減らしたりして臨機に対応するようです。

※一時期後盒が廃止され前盒だけの時期もあった模様。

騎銃は弾薬盒は専用のもの一つを使用します。

余談ですが騎銃用の弾薬盒は乗馬本分者用と徒歩本分者用で別れていて乗馬本分者用は専用の負い革ベルトが付属するようです。

サバゲー日本軍恰好をするには?

三八式歩兵銃を基幹にするとして

ヘッドギア→軍帽(四五式軍帽)または略帽と鉄帽

軍服上下→四五式、昭五式、九八式……と様々あるので徽章類の組み合わせに注意しつつ好みをチョイス

※個々の解説については膨大なので省略

※とりあえず歩兵無難そう

・腰回り→革帯、弾薬盒、剣差、銃剣サバゲー主体ならば危ないので銃剣は無くてもよい)

・靴→編上靴茶色で踝に膨らみが無いスエード調の物、なるべく鳩目が五つのものを探す)巻脚絆(カーキ、国防色

・その他→雑嚢(なるべく軍服年代を合わせる事)、水筒(昭五式とか九四式と言われるタイプ明治三十年採用の徳利水筒

……ここまで揃えれば『うるさ型』な軍装マニアもニッコリ???(逆に今度は「背嚢も買おうよ~」とか勧誘が激しくなりそう)

サバゲーで勝つにはどうしよう……?

どう足掻いても電動ガンには勝てないので頭を使うこと。

いくらなんでもバンザイ突撃ごっこばかりじゃツマラナイ

一、味方チームと連携を保ちつつ前進すること。

二、軽機班(フルオートができれば89式でもM4でもなんでもいい)を編成して共闘できれば当時の雰囲気が出て盛り上がりそう。

三、侵攻予想地点に待ち伏せして影から狙撃する戦法に徹する。

[]よくある質問

真面目に答えず、出来る限り嘘と虚構を織り交ぜて答えていきたい。

Q.お腹の中の赤ん坊が蹴ってきたとき、蹴り返すにはどうすればいいですか。

手っ取り早いのは酒を飲むことだな。

いい感じに体が柔らかくなって、自分の腹に蹴りを入れられるようになる。

ウォッカオレンジスクリュードライバーが至高。

忘己利他

Q.3万円と、3万円分の石は同じ価値ではないと以前に回答していましたが、同じ価値にする方法はありますか。

この手の質問よく来るな……。

答えはNOだ。

それを同価値だとするには、“3万円の分の石”で3万円を交換できないといけないし、“3万円の分の石”を3万円払って欲しいものかという条件もいる。

だが一応、例外というか、“3万円分の石”を同価値として扱う方法はある。

そもそも金という貨幣のものが交換のための道具だが、この“3万円分の石を貨幣として扱う”とするならばどうだろう。

現代貨幣で様々なものが買えるというのも、ある意味で“社会というゲーム”に参加しているようなものだ。

それに参加した以上その石が貨幣、同価値だと了承しているというわけだ。

当然これは運営、つまり社会における強者の決めたルールしかない。

だが社会における強者の決めたルールに従うのは、電子ゲームでも同じことさ。

ジェットコースターと同じ、乗った人間は笑って振り回されるしかない。

弱者はそれを享受するか、或いは・・・・・・。

まあ自由参加なだけ、現代社会よりはマシなんじゃないかな。

自由だと無秩序になりやすいという意見もあるが、そんなこと私は知らんよ。

流水行雲。

Q.ワンタンメンはカツカレーになれますか。

なれるわけがないだろ。

何を言っているんだ君は。

脳みそ発酵しているのか?

Q.『飲む、打つ、買う』の人が精神的に未熟であるならば、そうじゃない人は精神的に強いことになりますか。

現代的な話で例えようか。

ゲームで欲しいキャラがいるとして、それをガチャ課金で手に入れるとしよう。

この時に「もう手に入れること前提で課金する」、「○円払っても出なかったら諦めよう」、「そもそも課金しない」、「というかゲームプレイしない」には決定的な違いがある。

俯瞰して見てどれが良いかというのはともかく、少なくともこの中で最も耐え忍んでいるのは、理屈の上では「○円払っても出なかったら諦めよう」の人ということになる。

そもそも酒を飲まない人間を、「我慢強い」とは言わないからだ。

耐え忍ぶというのは、酒を飲みすぎないことをいうんだ。

「酒は飲んでも飲まれるな」、つまり“飲むな”とは言っていないわけである

本当の意味我慢強い人間とは、飲まない人間ではなく、飲んでも飲まれない人間だということだ。

臭い言葉ではあるが先人から学べることは未だ多い。

……「分かっちゃいるけどやめられない?」

学ぶ対象は選びたまえ。

子虚烏有。

2017-11-02

素人の良い小説

Twitterで知った、「春野海」って人の小説を読んだ。全然プロじゃなくて、アマチュアミュージシャンらしいんだけど。

なんだかすごい若いなーって思った。俺とそう年離れてないんだけど、文章だと冷静に読めてしまうからか、なんか偉そうな俯瞰した態度になってしまった。

俺のいつもの悩みだって思考だってちょっと離れて眺めてみれば青いんだろうなって気になる。

でも当人からすると必死で、先も予想できないから恐怖で…。でも期待も捨てれなくて。

なんかそんな事を考えさせられた。

http://harunoumi.hatenadiary.jp

2017-10-26

いつから

天道様が見守っていた世界

嘘を嘘と見抜けないと難しいネット世界に作り変えられた

しかし壺中の住人たちも歳を取り

随分お日様の当たる場所にやってきたかと思えば

ダークウェブなるどんな日の光も届かない場所がまた観測された

リテラシーのない大人が右も左もネットde真実を声高に叫べば

それを醒めた目で見つめる若者スマートフォンの中の世界に消費され続けている

それを俯瞰した気になっている自分もまた

どうしようもなく世界に飲み込まれたと思い

加齢とともに世界から取り残されたと思いふさぎ込んでいくのだろう

そんな私達をお天道様は今日も見守っている

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん