「ケンカ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ケンカとは

2017-06-23

https://m.facebook.com/note.php?note_id=10155518526459066

田中 絵里緒

豊田真由子さんと私の関わり

今日 · 公開

2017年夏、豊田真由子さんがメディアで騒がれて議員を辞職されるというタイミングで、この文章を書いています。

この騒ぎ自体は「人の噂も75日」のことわざの通り、やがて収束していくでしょう。しかし、彼女自身も私の大切な友達であるとともに、お子さんもいらっしゃる。私も子供をもつ母親として、心を痛めております。

どんな事情があるにせよ、自分の親が、よく知りもしない多数の人から悪しざまに言われるということは、非常に悲しく悔しいと思います。お子様達がお気の毒です。

お子様たちにとって、その傷は大人になるまで何十年も残るとともに、何十年経ったら事情を知る人も居なくなっており、もしかしたら豊田さんや私もこの世にいないかもしれない。知りたくても情報が散逸して、調べようもなくなっている。そんな状況は、さらに辛いと思います。

この文章を、豊田さんのお子さんが数十年後に読むかもしれないことと考えて、私の確かに経験して知っている事だけを、隠さず記録しておこうと思います。

豊田真由子さんと私とはともに、私立桜蔭中学校1987年4月入学、同高校を1993年3月に卒業しました。東京大学文科一類に、ともに1993年4月入学同法学部を1997年3月卒業で同じでした。

中1と中2は別のクラスで、互いに知らない存在だったので、中3で同じクラスになったところから交流が始まりました。

私、田中絵里緒は、名門学校の中でかなり異端児。中学の時点で学校にエロ本を持ってくる、パーマをかけてくる、もちろん校則違反の色つき模様つき髪飾りは日常茶飯事、などなど。自分先生に怒られるだけでなく、パーマの時は親も学校に呼び出されて怒られる、ということもありました。うちの親は私に対して怒り「呼び出されちゃったじゃないの!」と言いながらも、この悪ガキ娘はしょうがない、とある程度分かっていました。

豊田真由子さんは、私とは全く対照的。問題を起こして先生からのお説教などは完全NG、親が呼び出されて親に恥をかかせるなどはさらにもってのほか。うちの親など比べ物にならないほど、よっぽど厳しいご家庭で、彼女もその親に正面から背くまでの事は出来なかったのでしょう。先生からの評価はパーフェクトな優等生でした。この点は中高生活を通して全く変わらなかったと思います。

そんな対照的な二人が、なぜか仲良くなったポイントは、「ダサい女でモテない人生を送るのはイヤ」「男の人に愛されたい」という所で気持ちが通じ合ったことでした。

親や学校の締め付けが厳しく、自分もっと自由にしたい気持ちがある。でも、名門学校をやめたくないし、頭の悪い女の子たちに交じってバカばっかりやるのも納得がいかない。東大には入りたいし、将来成功するコースを進んで社会的にも認められたいけど、イイ女にもなりたいよね、そのためには学校の言う事だけ聞いてダサくしてちゃダメよね、というようなことを、よく話し合いました。

その裏には私たち二人とも、深く刻まれた「寂しさ」「劣等感」があったので、そこの所が互いにピーンと通じ合ったのでしょう。

その寂しさ、劣等感、不安、自分への自信の無さ、といった要素は、どこから来ているのか、というと、幼少期の親からの育てられ方・自尊心形成の所で、かなり問題があったと思います。

豊田さんも私も、頭もよくて可愛くて健康な体を持っていた。もっと自分に自信をもってドッシリしていても良いはずの存在だったと思いますが、私達は、自信の無さと、寂しさを共有していたのです。

このことを、今子育てや若者の育成をしている皆さんにも、しっかりと知ってほしいし、参考にしてもらいたいのです。

「キレる」「暴力」「暴言」といった要素も、全て「自分への自信の無さで、もがいている人の姿」なのだということ。

その痛みを理解しないで、いくら批判しても何も変わらないということ。

私も、キレる少女だったのですが、母親と取っ組み合いのけんかをしたり、妹と弟に暴力をふるったりということはありました。

キレると人の迷惑だし、嫌われる・・・。頭のいい私達はそんなことは分かり切っています。そんな自分にも嫌気がさしていたからこそ、「男の人にモテたい」「いい成績を取ってホメられたい」という二つの願い、そこは絶対譲れないこだわりでした。

「現状への多大な不満足」による、「現状変革の夢」、それも「とてつもない変貌を遂げたいという大きな夢」です。

名門校に入ってガリ勉している子供たちに、こういう子は多いと思います。

現状にそこそこ満足して、楽しい子供時代を送っている子が、そんなにガリ勉などはしないし、する必要を感じません。

世の中「名門校に入ってガリ勉する子は素晴らしいんだ」という価値観で覆いかぶされていますが、「本当にそうなのか?」、私は少女時代を振り返って、非常に疑問に感じています。

豊田さんは、学校で皆の前で怒鳴ったりカッコ悪い自分を見せるということは全くありませんでした。

学校の教室の中ではない所で、私に対しては、男の人と付き合う付き合わないのやり取りを通じて、ごくたまにですが、電話や対面でキレて怒鳴るということはありました。

「女の友情、男で崩れる。男の友情は、女で崩れないのにね。」と豊田さんがある日ぽつりと言ったことがありました。寂しいんだろうなと思いました。

私は「崩れないよ。友達やめないよ。親友だよ」といいました。

よく覚えているのは、豊田さんがうちの高校の文化祭の時に話していた男の子のことを、私が気に入って、紹介してほしい、と話した時のことでした。

「ああ、あれでいいなら、あげるよ」。

その男の子は、豊田さんのお目当ての彼氏ではなく、たくさんいる男の友達の一人だったのです。

だから絵里緒ちゃんに紹介してあげる、といってデートの場を作ってくれたりしました。彼と二人で会うようにもなりました。

でも、彼は豊田さんのことが好きで付き合いたかったようです。私のことは、紹介はされて会ったものの、ラブラブモードが盛り上がることも無く友達モードでした。

私の方は絶対彼氏が欲しかったので、他の友達にも男子の紹介などをお願いしてました。

それを知って、豊田さんが怒って電話かけてきて、「なんで××君を紹介したのに他と二股かけてんのよ!!」といったキレ方でした。

でも、私は恋愛は自由だと思っていたし、早く彼氏が欲しいから他の友達にも頼んだ、と平然と答えたので、その話はそれで終わり、友達関係も続きました。

ああ、彼女怒ってるな、という程度で、私は、怒られたから友達やめるというようなスタンスではありませんでした。

それに、この件は、友達に紹介してあげた男の子自分のことを好きなので友達と付き合わなかった、すなわち、自分の方が優れたオンナであった、ということにもなるので、彼女の優越感はくすぐられたのかも・・・。と思いました。

男の子と集団で会うとか、合コンの人数を集めるというときに、豊田さんは、自分が負けるほどメッチャ可愛い女の子が来て、自分が添え物にされる展開を恐れ、嫌がっていました。「あの子可愛いから私負けちゃう・・・。」ということをいつも気にして口にしてました。

この田中絵里緒という存在は、適度に自分より可愛くない、だけど「あんな変な子を連れてきて、なんなんだよ!」と男子サイドに言われずに、そこそこ自分の添え物になってくれる存在として、置いときたかったのかもしれません。

別にそんならそれでいい、という所も、私は飄々としてました。

自分の彼氏はちゃんと欲しいけど、友達とケンカしたり、女の友情がドロドロになるほどの関係は要らない、と思ってました。

彼女と張り合って「アタシの方が可愛いでしょ!」とか、同じ男の子を取り合って泥沼ケンカ、ということにはなりませんでした。それも、友達関係が長続きした要因だと思います。

彼女とは、男性の好みが、不思議とかぶらなかったのです。

文化祭で私が一目で気に入った彼も、「どうして真由子ちゃん付き合わないの?」と私が聞いたら、「落ち着きすぎて、おっさん臭い」と言ってました。

私は、穏やかで落ち着いた、優しい、おっさん臭い人、大好きなタイプでした。

彼女の方が気に入る男の人は、なんか性格悪そうというか、私には「初対面で論外」と思う人ばっかりでした。

それで「なんであんな人たちが好きなの?」と聞いた時に「お父さんが暴力をふるう、精神的にも完全に威圧するタイプ。お母さんが耐えていて、自分も辛いけれど、そういう男の人ばかり選んでしまう傾向はある」と答えてました。

芸能人で言うと「東幹久吉田栄作!!」と、当時のバブル人気王道タイプを答えていたので「私はパス!もっと地味でも優しそうな人がいい!」と言い返してました。

吉田栄作まではさすがにその辺にはいないけど、豊田さんは見た目は気にしていて、友達にも「真由ちゃんの彼氏かっこいいね」と言ってもらえる人じゃないとイヤ、といった所でもプライドは高かったと思います。

「誰が何と言おうが、かっこ悪かろうが、王道から外れていようが、自分はこうしたい」というものが定まっていると、人間の軸が定まっていきますが、「人からの高い評価」自体を求める生き方というのは、もとより非常につらいものです。優等生の永遠の悩みともいえるものです。

人の評価なんか、捉えどころがないし、コロコロ変わるものです。

そんなわけで、私達もなんだーかんだーと現状不満を言い合いながら、フラフラフラフラ少女時代を送っていました。

あの青春時代のしんどいフラフラ感を共有し、一緒に苦しみ悩み励まし合った同志として、私は豊田さんとの友達関係を誇りに思っています。豊田さんをよく知らない人から「極悪モンスター」みたいに言われるのは、とても耐えがたい思いがします。

男性関係で一つの思い出になったのは、高校2年生の京都修学旅行でした。

夜に自分たちで出かけていい自由時間が少しあったのですが、その時間は豊田さんと私二人で出かけようと計画していました。

「絶対男の人を見つけて遊んでこようね」。と。

京都で誰かと知り合って、その後遠距離恋愛するわけでもないし、ケータイもない時代です。完全にその数時間だけのことなのですが、「男の人と会おう!」と約束しました。

それくらい、私達は現状に満足せず、ひと時のアバンチュールでも求めていたのだと思います。

他の生徒たちに見られては大変なので、自由時間開始の号令と同時に、バーッと二人で遠くへ動いて、他の生徒が全く来ないエリアに移動しました。

そこで、豊田さんが見て気に入ったちょっと遊び人風の20代前半らしき男性に声をかけました。私はその男性と二人連れでいた、ちょっとダサい20歳前後らしき太めのお兄ちゃんとペアになりました。

私は遊び人風の人は気に入らなかったので、ダサい人は誠実そうで好感が持てて、この時間おしゃべりするだけなら、という感じで適当に話を合わせていました。

旅館に帰った後に酒臭いとばれるので、私達はお酒は飲まなかったと思うけれど、カラオケのある小さいバーで、男たちは飲み、豊田さんと遊び人兄ちゃんは完全に即席ラブラブカップルでした。私とダサ男君は「よーやるなー」と目が点になりながら傍で見ていました。

その後バーを出て、鴨川のほとりの土手でラブラブな二人と、少し離れて手も握らず、地味におしゃべりする二人に分かれました。

ちょっと、学校にばれないように、制限時間内には帰らないといけないので、間に合うように出ますね!」と私は時間管理係。ダサ男くんもその点は協力してくれました。

私がいなくて、あの2人だけにしちゃったら、時間もオーバーし、彼女がどっかへ連れてかれてしまう、とハラハラでした。

いま42歳まで生きてきましたが、「一歩間違えばあの16歳の時点で、二人とも犯罪に巻き込まれて遺体で発見されててもおかしくなかったんだよなー」と、危なっかしい私達を改めて振り返りました。豊田さんも私も、生きていただけでも本当に良かった。

女子高生援助交際やら売春やら、時々取りざたされては何も根本的解決がされないままですが、私が言いたいのは「少女の寂しい気もちや、自暴自棄がどこから芽生えてくるのか」ということを、社会全体として、しっかり見据えて改善してほしいのです。

少なくとも、これからの子供達が、こういう事をする少女に育ってほしくないし、そのための対策は、ガミガミ禁止することではなくて、自分を大切にする気持ちを、幼少時から身につけてほしいのです。子供が問題なのではなく、大人の育て方の問題です。

あの名門校私たちけが特殊だったのではなく、先生に聞くと「あなたたちが卒業したしばらく後から、手首を切る生徒たちが出てきて問題になっていた」という話です。苦しんでいる少女は今も存在する、いや、さらに増えているのではないか、と私は危惧しています。

もう一つ、豊田さんと私の二人が共犯で行ったイタズラがありました。高校3年生の時のことです。

大手予備校が、夏・冬など長期休みの時に行う、東大対策模擬試験。1番からある程度上位の所までは、名前が個人成績表と一緒に受験者全員に配布されるので、「あ、あの子何番。私は何番」と、それぞれに優越感・劣等感をもたされる全国模試です。

高3の夏、模試の日程を見たら、全国完全に同一日程ではなくて、会場確保の関係か、少しずれた日程が存在していました。

「ねえ、高崎、三島、沼津とかの東京近郊なら、日帰りで行って模試だけ受けられるじゃない。私が早い日程で受けて問題を持ち帰るから、真由ちゃんは、それで勉強して一番を取ったら?」

もちろん、こんな悪さを考え付くのは、私です。

「えー、ほんと?」

「うん。受けてきたらすぐ問題渡すね」

それで実行したら、豊田さんはとにかく勉強家なので、全科目に近い一番・満点近いトップ独走ぶりの成績で順位表に載りました。

いくら事前に問題を渡されたって、根性なしの私だったら、ろくに勉強しないから、全国1番なんかとても取れません。

後から同じ学校の生徒たちが、成績を見てザワザワしました。

「ねえ!黒い噂が立ってんだけど!豊田さんこんなに全科目一番なんて、おかしくない!?」

私は、心の中でクククと笑いながら「さぁ?豊田さんはすっごく頭いいから、よほど勉強したんじゃないの」、シラッととぼけてました。

もちろん、こんなイタズラは高3の夏、一度きりです。高3の秋冬ともなると、本試験が近いので、模試は実力を測らなければ意味がないし、私達ももっと本気で必死でした。

くどいですが念のため、東大の本試験や、公務員の本試験豊田さんがカンニングしたはずはなく、あれはちゃんと実力です。

思い返せば、中3で出会ったときは真面目一筋だった優等生豊田さんに、いろいろ悪さをさせたのは私の罪かもしれません。が、私たちの数年間の関係の中で、ケンカはわずか数回のもので、ほとんどはなんだかんだと楽しく言い合って笑いあう、真面目じゃない自分たちを堪能し、ふざける、スリルを楽しむ、という、今思い返しても楽しかった大切な友情でした。

ストレスをためる関係ではなく、ほかでたまったストレスを解消して和らげる、ラクになれる関係を作りたくて、互いに試行錯誤していたと思います。

これだけのことをして、先生や親にチクると互いに大問題になるのですが、二人とも「あの子がチクリはないよね」と信頼できていました。

春、無事に東大に受かって、卒業式も済み、東大入学式を前にした春休み

当時大流行のディスコ「『ジュリアナ東京』に行こう!このタイミングが一番!」と、また二人で企てました。

ソバージュパーマかける!ボディコン着る!もう学校の先生にも何も言われない!私たち自由だね!」

そして二人で繰り出して、ジュリアナに着く前に、繁華街で何か、全然関係ない取材をしているテレビ取材陣がいました。

街頭インタビューで、何か特定のテーマについて取材している人たちだったので、そのテーマに沿ったコメント以外は放送されないのに、豊田さんがわざわざ「私たち東大に受かったんですけど!!!」とマイクに向かって発言していたので、「もぉー、これは東大生の取材じゃないんだから意味ないでしょ」と、ぶつぶつぼやく私。

でも、そんな関係ない所で目立ちたいアピールする彼女のことも「面白い、子供みたいで可愛いじゃん」と笑っていた私でした。

ジュリアナに着いた私達、女子大生やOLのお姉さんたちに交じって、ドキドキしながら尻を振って踊りました。この時は私の方がジュリアナで出会った男性と泊まりに行ってしまったので、豊田さんがその後どうしたか見てませんが、ちゃんと帰ったと思います。

結局私の方は親にばれたので、「そんな、知らない男と、ホテルに行って怖くないのか!?」と父親に真剣な顔で聞かれましたが「うん、怖くない。」と答えた私でした。

今母親になった自分としては、自分の子がこのようになったらショックだと思うのですが、この男性依存モラルのズレは、当時を振り返っても、なかなか言葉で説明できないものがあります。

なにかとてつもなく大きなプレッシャーがかかって、その反動として「ハジけたい!」という思いの共有がありました。その危なっかしさ、不安定さを共有していた豊田さんと私でした。

勉強はできるけれど、テストのための勉強社会的な分別には結び付かず、いわゆる非行少年、不良少年といわれる人たちと、共通する危なっかしさだったと思います。

こんなに一緒に無鉄砲な行動をしてきて「ほんとにほんとに、死ななくてよかったなあ」という気持ちがあります。

悩んで苦しんで、その悩みや苦しみから、必死に目をそむけるための行動をしていた・・・。途中まで、私達は同じ道を歩いていました。

私はそこから「ストレス解消しないと自分が壊れるから、東大を出て就職もしない、徹底的に自分を甘やかしてストレスの少ない人生を送る」と決めて、逃げました。22歳でニートになったのです。

豊田さんは、そんな暴挙には出ず、けなげに努力し、社会的にも東大卒として好ましく思われる「国家公務員」の道を歩んで、順当に活躍していきました。私に想像もできないほど、一生懸命頑張ったのです。

その後政治の道に進んだと聞いて、彼女の本意であれば喜ばしいことだと思いました。

でも、あの頃あんなに繊細に揺れ動いていた彼女が、今、ストレスの解消はちゃんと出来ているのだろうか・・・。幸せになれているのだろうか・・・。ということが疑問・心配でした。

私がもはや、豊田さんの近くにいないので知る術がなく、ただただ遠くから、幸せでいてくれることを願っていました。

今、過去を振り返って、大切な友人として思う事。

「あまりに大変すぎる仕事を担わされて、中・高・大学の時とは比べ物にならない心の負荷がかかって、心が折れてしまったのだと思う。これ以上続けられないというSOSだった。」

「心の平穏を取り戻して、自分に向いている別の道を見つければ、また活躍できるし輝ける人。今度は、自分もお子さんも幸せになれるようにしてほしい。周りももう一度、応援してあげてほしい」

豊田真由子さんは、頭脳明晰、細やかで、才色兼備な人であり、記録された時の暴言だけをもって「極悪人」と決めつけるのはやめてほしいと私は思います。

もちろん暴力や暴言のものを肯定することはできないし、自分がしてしまったことは反省してほしいけれども、これから精神の安定を取り戻して、十分やり直せる人だと信じています。

彼女の精神がそこまで壊れるまでに、周りからどういう扱いを受けていたのかも不信感が湧いてきます。

人材を潰して排除していくのではなく、人材を伸ばす社会であってほしい。

「あれほどの人材が潰されるような社会なら、どんな人材だって潰れてしまうよ!」 私はそう思います。

今も変わらず、豊田真由子さんのことは大切な友達と思っています。またいつか、彼女と二人で笑いあえる日が来ることを願っています。

いいね!他のリアクションを見る

コメントする

シェア

319人

シェア39件

前のコメントを見る…

中谷 康一

「毒島ゆり子のせきらら日記」的な話ですね。ぶっちゃけたものは仕様がない。

4時間前 · いいね!返信 · もっと見る

古謝 厚夫

お子様が可哀想でどーのこーのだと??

じゃあ訊くが秘書に対して『オマエの娘が仮に車に轢かれて脳ミソぐちゃぐちゃ云々』と脅かされた相手の気持ちはどう思うんだ?

おい!答えてみろ!💢

4時間前 · いいね!4人返信 · もっと見る

池 明

お友達ならカウンセリングを紹介してあげなさい

http://topisyu.hatenablog.com/entry/2017/06/23/080000

「あんな(暴行・暴言する)男の代議士いっぱい」ということなら、議員離職したほうがいいし、専門家にかかり、アンガーマネジメント習得させないと - 斗比主閲子の姑日記

自民党豊田真由子衆議院議員が秘書への暴行を週刊誌にリークされ、自民党に離党届を出したそうです。

topisyu.hatenablog.com

3時間前 · いいね!返信 · もっと見る

長谷川

なんだこれwフォローに見せかけた自爆テロ

3時間前 · いいね!1人返信 · もっと見る

井桁 和浩

友達スキャンダル便乗して、善意の自分語りとは、意味不明すぎwww

3時間前 · いいね!3人返信 · もっと見る

Yoshio Shimizu

えーっと、殺人者エリートの道を歩いた人で、ラスコーリニコフのように冷静に事件を起こした場合、経歴とか、10代はこうであったとか、実は子供思いの優しい人だったとか、そんな弁明が役に立つとは思えないのです。しかしアベカケのように友人は有りがたいもんですねーーー。

3時間前 · いいね!返信 · もっと見る

駒込 博幸

だから何?って感じ…人の痛みが解らない人間が国家議員になんかなるんじゃないよ!お前は何様だ?!本当の友人ならそれ位のこと言ってやれ!弁解の余地無し。

3時間前 · いいね!返信 · もっと見る

西条

湊かなえ原作のしらゆき殺人事件みたいですね👀

犯人に疑われた主人公を庇う親友。邦画作品の親友役と同じ事している。

2時間前 · いいね!返信 · もっと見る

返信3件

坪内茂

貴女に対して、あのような事をされてもオッケーなの?

2時間前 · いいね!返信 · もっと見る

Kaoru Furutono

爆笑 とにかく爆笑した

2時間前 · いいね!2人返信 · もっと見る

観学院 称徳

お友達を思うお気持ちは分かりますが、残念ながら主権者である国民に代わって立法にたずさわる代議士としては失格です。

お子様には何の罪もありませんし、イジメ対象にならないようにしっかり守られる必要があります。

しかしご当人は大きくなったお子様にこの録音を聞かせ、自らの非をきっちり説明できますか?

人の噂は…確かにそうですが、いつまでも記録の無くならないインターネットの社会では、お母様の名前を検索するだけでお子様がこの録音を発見し聞いてしまう時が来るということですよ。

逃げて人の噂が消えるのを待っているだけでは問題の解決にはなりません。

2時間前 · いいね!2人返信 · もっと見る

佐藤一郎

「みんながこれ読んで『身近にいる変人の傷みも理解しよう』って考えたら不幸な人減るかな」って思うけど、みんな豊田議員の良し悪しだけ話すから、社会の規格にあわない人は切り捨てられ続けるのかな…

1時間前 · 編集済み · いいね!1人返信 · もっと見る

野々村 耀

何かと思って読みかけたが、バカバカしくてすぐやめた。

1時間前 · いいね!4人返信 · もっと見る

中尾 央

絶歌。

1時間前 · いいね!2人返信 · もっと見る

伊佐杯 隆治

やはり類は友を呼ぶのですね。勉強になります。

1時間前 · いいね!3人返信 · もっと見る

森平勝

勉強ができるのと頭が良いのは違いますよ🤗一般常識豊田さんアウトですね。

1時間前 · いいね!返信 · もっと見る

綱川智彦 つなっち

案の定、彼女はDⅤ家庭の育ちだったんですね。

昔、やはりそうした家庭で父親から殴る蹴るされて育った女性と関わったことがありますが、その時に何度もあの音声とそっくりな口調で滅茶苦茶に罵倒されました。正直、思い出してきのうから気が重いですが…。

こういう「虐待の連鎖」は、やはり治療困難(決して不可能ではないですが)な病気なのだろうと思いますよ。

あと感情に任せてボロクソに叩いてるコメントが多数ついてますが、衝動を抑えられずに過激な言葉を書き殴ってる時点で彼女と同類、人のことを言えないのでは?送信ボタンを押す前に立ち止まって考えるべきでしょう…。

1時間前 · 編集済み · いいね!2人返信 · もっと見る

藤原 亮太郎

身内の擁護は相手に逆に迷惑になることを自覚した方が良いかと。

1時間前 · いいね!2人返信 · もっと見る

Hiromi Sato

文章が変です。下手です。自ら、名門校っていうんだ??

1時間前 · いいね!3人返信 · もっと見る

Peter Lee

https://www.youtube.com/watch?v=5NdcUtahcEI

「犯人の彼女も実はかわいそうな人なんだ…」って名探偵コナンの結末のつもりですか?あなた大事なお友達って加害者なんですよ。

Detective Conan Soundtrack 12

youtube.com

1時間前 · いいね!返信 · もっと見る

照子内野

リコ君へ来週の時間割り教えて後宿題もよろしくね

1時間前 · いいね!返信 · もっと見る

植村 トラ

何があっても暴力反対。

52分前 · いいね!返信 · もっと見る

小棚木 美香

伊藤塾に勤めていたみたいだけど、司法試験に受かっているってことなのかな?

擁護しているつもりで、悪行を暴露するような弁護士には頼みたくないなー。

24分前 · いいね!返信 · もっと見る

返信1件

土橋 雅之

頭がいい人達の考え方が読めるのかと思ったら"「ダサい女でモテない人生を送るのはイヤ」「男の人に愛されたい」という所で気持ちが通じ合った"で吹き出してしまった。"

つのゲージでセキセイインコを2羽飼ってるんだけど、わりとケンカしてて、

お互いピーピー言ってるけど日本語にすると死ね死ね死ね死ねって言い合ってるのかなって思った。

2017-06-21

幸せが壊れていく・・・」私を絶望に追いやった更年期障害悪夢

更年期障害なんて他人事だと思っていた。



しかし、50歳の春、私は更年期障害になった。正直、更年期障害なんて大したものではないと思っていた。



でも全く簡単病気ではなかった。



更年期障害は私の人生を大きく変えてしまった。
家族、友人、多くの人を傷つけ、大切なものも多く失った。



でも周囲の粘り強い支え、幸運出会いもあって、何とか克服ができた。今では元の幸福を取り戻すことができたと言える。



更年期障害は心身共に症状が現れる。それゆえに知識がないと混乱をしてしまい、治りが遅くなるばかりか、周囲の人を傷つけ更に自分自身を追い込むことになる。



もっとこうしていれば、苦労しなかったのにな・・・」



そう思うことが沢山ある。

それを今更年期障害に悩んでいる人に伝えたくなった。


興味があれば読んでみてください。

普通幸せ、そこに突然訪れた「ある変化」・・・



私は昔から特に見た目、賢さに恵まれたわけではなかったが、健康だけには自信があった。風邪らしい風邪は引いたことがないし、入院したことも出産ときぐらいだ。



子供を産んだときもあまりにあっさりと産んでしまったので、主治医が若干苦笑いをしていたほどだ。



そんな私は、当然、華やかな人生を歩んできたわけではない。しか女性としての普通幸せは手に入れることができているという満足感はあった。



私にはもったいないくらいの優しい夫、26歳の長女は嫁ぎ、23歳の長男社会人に。子供が自立したのと、夫の定年退職もあと数年に迫っていたので、「老後ものんびり楽しく過ごしていこうね。」と仲良く話し合っていた頃だった。



その変化は突然やってきた。



なんだろう。暑い・・・・



最初異変を感じたのは3月事務パートに行く電車の中だった。



暖かくなってきたとはいえ、その日はさほど暑い日ではなかった。



午前10時、電車の中は通勤ラッシュも終わって混雑はしていなかった。それなのに顔がほてり、汗が止まらなかった。私はそんなに汗っかきではないはずなのに。



「なんだろう・・・」



不思議に思いながらもその場は特に深刻に考えることもなかった。



だが、職場に着いても汗は止まらない。クーラーの効いた室内でみんなが涼しそうにしているのに私だけは暑くて汗がでてしまう



「これは何かがおかしいのではないか?」


一瞬そう思ったのだが、仕事が忙しかったため、その心の声をなんとなく流してしまった。

この判断が私を長い苦しみの追いやったのかなーと今でも後悔している。



続く症状、心まで蝕まれていく



汗の症状はその後も続いた。



特に夜に暑くて目が覚めてしまうことは辛かった。パジャマシーツが汗で濡れて冷たくて目が覚めたこともあった。



汗だけであれば慣れてしまえばどうってことはなかったのだが、1ヶ月経つ頃から別の症状も出るようになった。



朝起きるのが辛く感じるようになった。起き抜けから身体がだるく、軽いめまいもあった。なにより気分が重い。仕事行きたくないな-と思い休んでしまうことも増えてきた。



家事に関しても大好きだった料理もする気がおきず、惣菜を買って帰ってしまうことが増えた。

掃除洗濯苦痛になり週末まで溜め込んでしまう日が続いた。

これまで主婦としてしっかり家事をこなしてきたことには自負があったので、そんな自分が許せず、罪悪感でいっぱいだった。



そんな心身ともに不安定な時期が続く中、

あの事件が起きてしまった。

大事ものが次々に壊れていく・・・



さすがの夫も家事が以前のように行われていないことに気がついたのだろう。



「最近家事あんまりできてないみたいだけど、何かあった??」



心優しい夫は気遣いながらもそう聞いた。



夫は優しく聞いているだけだっただろう、ただ罪悪感に追い込まれていた私は夫に対して怒りを露わにして



「何にもわかってないくせに!私を追い詰めるの!!」



と大きな声をあげてしまった。



私が感情的になることなんて結婚してから一度もなかった。昔から気が長い方で怒ることなんて滅多にない。ただこのときの私は感情までコントロールできなくなっていた。



夫の驚いた顔が今でも忘れられない。



ケンカ一つしない、互いを尊重し、問題は優しさで解決するそんな関係を長年続けてきた。でも、その大切に育んだものに大きなヒビが入ってしまった。そう思った瞬間だった。



すぐにフォローをしなくては。そう思うけど心が追いつかない。
一体わたしはどうなってしまったのか。



唯一の相談相手



「何かおかしいんじゃないか?」



夫はそう言ってくれるけど、私は認めたくない気持ちがあった。



こないだの1件で心に溝ができてしまったこともあるんだろう。



夫は最も信頼できる人ではあるけれど、異性ゆえに相談しにくいこともある。特に心や身体のことは打ち明けるのに抵抗があった。



はいえ、私にも明らかにおかしいというの自覚はあった。けどどうしたらいいかからない。追い詰められていた私は遂に親友相談をした。



大学の同期の加奈子だ。大学卒業してからも定期的に会い、今でも家族ぐるみの付き合いをしている。私の全てを話すことができる唯一の人。それが加奈子だ。



私は加奈子にこれまで起こった全てのことを打ち明けた。



「それって更年期障害じゃないの??」



加奈子の意外な言葉に私は驚いた。



今まで、病気一つしたことが無い私は、正直更年期障害と言われてもピンと来なかったが、加奈子の言う典型的な症状と私のそれを照らしてみると、確かに当てはまることが多い。



実は加奈子も昨年に経験をしたという、加奈子とは3ヶ月に一回は会っているのに全然気が付かなかった。



「私は軽かったというのもあるけど、職場の友人が更年期障害を疑ってくれて、早めに対処できたのが良かったかもね。まさみも早いうちに病院に行ったほうがいいよ。更年期外来ってのがあるから。」



やっと踏み出せた一歩、しか・・・



友人の話というものはすんなり入ってくるもので、すぐに病院を探し、近くの婦人科に足を運んだ。



その医師によると、更年期障害一般的に2から3年続き症状が収まることが多いとのこと。



「これが2,3年も続くのか」



そう思うとこれから人生が暗く重く感じた。



この医師HRTという療法があると提案をくれた。しかし、あまり病院に慣れていない私は、なんだか大掛かりな治療のように感じ少し抵抗感があると伝えた。



それであれば漢方という方法もあるとのことなので、まずは漢方治療から行うことにした。しばらく加味逍遥散喉、半夏厚朴湯、大防風湯、抑肝酸、を服用し様子をみた。



最初の1ヶ月程度でほてりに関してはだいぶ改善してきた。



しかしながら、3ヶ月経過しても、だるさ、めまい、気分の重さに関しては改善がほぼなかった。これでは辛い生活は続くばかり、夫に対しても感情的になってしまうことが多くなったため会話も減ってしまった。



娘、息子への連絡も減ってしまったし、たまにする電話でも以前より感情的で口うるさくなってしまったのか、前ほど家に寄り付かなくなってしまった。



私の世界がどんどん狭くなり、壊れていくような感覚に包まれていった。居てもたってもいられなくなった私はまたも加奈子相談した。



意外な解決策



加奈子は何で治したの?」



以前はなんとなくプライド邪魔して具体的な治療までは聞けなかったが、今度は率直に聞いた。



「私はHRTをやったんだけど、あんまり改善しなかったんだ。軽度だったというのもあって大豆製品を中心に食べる食事療法をやってた。途中からちょっとサプリメントも飲んだよ」



漢方にも改善はみられなかった。HRTはやはり抵抗があったので加奈子と同じ治療選択した。



私は加奈子より症状が重いように感じたので、食事療法を中心に最初からサプリメントも服用した。



溢れ出る希望、なくしたものを取り戻すために



友人同士体質が似ているというのはないだろうが、この選択は私にとって正しかった。



効果はわりとすぐに現れた。約2週間程度でずっと持っていたイライラ感が少しずつ減ってきた。それに伴い感情コントロールができるようになり、夫との会話の回数が増えてきた。



1ヶ月経った頃には身体のだるさが改善してきて、家事に対して前向きになれた。



掃除は軽くではあるが毎日洗濯は週2程度、料理は週に1度くらいしか作れなかったが、簡単ものなら毎日作ろうという気分になってきた。



一度改善兆しが見えると気分は晴れやかになってきた。治療に対してどんどん前向きになって大豆食品を多く取り入れた食事を調べたり、サプリメントに関する知識積極的仕入れ、よりよいものを探すようになった。



そして、3ヶ月目には、ほぼ以前の私を取り戻すことができた。



休みがちだった職場の方々も理解をしてくれて、職場にも以前のスケジュールで復帰することができた。



家事も以前のようにしっかりとこなせるようになった。夫も私を気遣って家事を身に着けてくれたので、以前より2人で一緒に家事をやるようになった。



夫との会話も以前のように弾むようになり、信頼関係も戻ってきたように感じた。夫も私が更年期障害であることは理解してくれていたようで、



「症状が収まろうが収まるまいが、ずっと寄り添っていくつもりだったよ」



と言ってくれた時には思わず大泣きをしてしまった。この感情の動きは更年期障害によるものではないと今では確信できる。



結果的に私は友人の進めた食事療法サプリメント民間療法で幸い比較的短い期間で更年期障害を乗り越えることができた。



自分の心と身体が思い通りにならない約半年間は本当に苦しかった。



周囲も理解はしてくれるけど、気持ちが離れていっていることはわかる。その孤独感が特に辛かった。どうにもできない自分も本当に歯がゆかった。



あなたに伝えたいこと。



私が今も後悔していて、あなたに伝えたいのは、一つだ。



ほてりを感じる日が続く、気だるさ、気分の重さがなかなか抜けないといった症状を感じたら、すぐに更年期障害かな?と疑い病院に行くべきだということだ。まずは更年期障害であるということを理解してほしい。



もちろん私に効果のあった治療あなたにとってベストだとは思わない。HRT受診したほうがいい場合もあると思うし、漢方が効くこともあると思う。また他にも治療法があると思う。



なので、どんな治療でも良いと思う。開始することで前向きになれるし、意外と周囲の理解も得られる。更年期障害は早い人は30代後半から、誰もが抱えうる問題であって、決して恥ずかしいものではない。



一人で抱え込んで、症状が悪化し、周りに迷惑をかけることが、孤立を招き更年期障害を非常に辛い病に変えてしまう。



病院が嫌だということであれば、気軽にカウンセリングを行ってくれるNPO法人もある。まずは更年期障害であることを疑い一歩を踏み出してみて欲しい。


はいちばん大事家族という存在を失ってしまう寸前まで精神的に追い詰められてしまい、本当に苦しい体験となってしまった。



あなたには同じ思いを絶対にしてほしくない。



この体験談が役に立ってくれることを願っている。


2017-06-15

世界が分断される増田須丸レ算段部が行かせ(回文

なんか昨日の増田HTTPS化されたかされないかって

ざわついてたわね。

私はよくわからないけど、

世間の流れに増田も載ってる感じの

まさにビッグウェーブさんなのかしら。

おかげでブクマ割れてるみたいで、

世界が一斉に0になった感じの

トムクルーズ地球の回転が止まった映画のようにゾッとしたわ。

それとか、

モーゼが湖を割って

こっちがhttpでこっちがhttpsだよって

その間の道は一体何の空間

httpでもhttpsでもない空間

アンセキュアなのか、セキュアなのか。

世界の分断が収まるといいわ。

http勢やhttps勢もお互い仲良くして欲しいわ。

河合奈保子の私のためにケンカは止めての歌のように

喧嘩両成敗!

泣きっ面に蜂とはこのことだわ。

仲良くして欲しい、それが世界の願い。

でもさ、

世間HTTPS化というけど、

一体これは誰得なのかしら?

HTTPS化屋さんなのかしら?

世の中の不思議でもあるわ。

うふふ。


今日朝ご飯

サンドイッチハムタマゴミックスとタマゴよ

タマゴ系鉄板美味しいわね。

やめられないわ~。

デトックスウォーター

ジャスミンティー茶葉ちょい少な目がちょうどいい?

うーん、これ結構少なくない?大丈夫?ってぐらいに少なくても大丈夫みたい。

しっかり風味がつくわ。

茶葉は量シビアね。


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2017-06-14

精神病の本当の怖さ

40歳男。

2年前に精神病双極性障害になった。

それから人生メチャクチャになった。

まず、友達ビジネスの人脈が壊れた。今本当に1人孤独

もう、他人には手がつけられないくらい怒ったり叫んだりケンカする。

これの連続人間関係破壊され無くなった。

今は田舎に引っ込んでアルバイト生活してる。

生活保護も受けてたけど、徐々に自立目指してる。

ホントもっとビジネス活躍してたはずなんだけどな、、、

精神病人間関係を壊し、独立させられるのが一番怖いことだと思う。。。

泣きたい。。。

http://anond.hatelabo.jp/20170614000319

大人ケンカってそんなもんじゃない?正しい正しくないじゃなくて味方か敵か

2017-06-12

友達をなくす時期

長らく行動を共にしてきた友人と離れる時期が来たように感じる

ケンカ別れとかではない

生活だったり立場だったりが大きく変わったわけでもない

けどもう一緒にいることにお互い楽しさだったり慰めだったりを感じられなくなっていると思う

人生にはそういう時期があるような気がする

夫婦間の性欲差に関する考察ではない何か。

 エロいのはあんまり好きではない。

 ように見えるけど、実は結構好き。

 Mっけがある。

 

 高校くらいの時は結構な潔癖さで、普通の異性から好意ちょっと苦手であった。

 大学女子大だったので、ほぼ異性の交流はなく、ただ、今の旦那と付き合ってた。(ええと、高校の時、先輩(女)の彼の遊び仲間だった感じ【表向きの説明】 実際は、高校の時、オタ部で、先輩(女)がTPRGやってて、誘われて、一回もセッションせずに、チャットばっかやってたっていう。)

 その時も相当な潔癖さで、しょっちゅうその辺でケンカしてた。というか、今でも、ケンカの原因はだいたいその辺くらいしかない。

 

『男女間の性欲差』

 

 当時はぷち遠距離恋愛だったので、会うのは、大体月1くらい。

 旦那の方からすれば、やるもんだと思って会うわけじゃん? けど、生理とかだったりすると、ちょっと戸惑うわけよー。布団も汚れるしさー。みたいな感じだとさー 帰りの車はちょー相手無言で怒ってるのよー。怒ってる? って聞いても、別に、みたいな。そのうち、だんだん、こっちもイライラするわけよー。しょーがないじゃん! って。

 

 以上の例から「する愛」と「しない愛」があるということが言えると思う。

 求める時にするのも愛だけど、我慢してもらうのも愛だと思う。

 当時はしない方が愛だと思ってたのよね…。そういう時は、する愛を強要されるのはなんてひどいやつだー と思ってたわけさ。

 きっと逆の立場で、全く同じことを思ってたんだと思うけど。

 

 今はこっちからしよーとすることもある。

 というか、そういう逃げ道を作ってくれたのかもなぁと。

 向こうがしたい時でも、こっちからみたいな風に見せてくれて、

 欲がある自分を見つけてくれた的な?

 どっちからかなんてわかんないよね的な?

 

 ただ、今もちょっと潔癖さもあって

 そういう自分でいたいのもあって

 IDでも記名にせずに、匿名にしてしまうような

 エロいヤツ読むのもこっそり読んでたりするみたいな

 エロいのは引かれるんじゃないかとか思ったり、

 でも認めてもらえるかなぁと思うのも半分。

 

 こんな面倒な自分を認めてくれるのも愛だし、

 相手わがままを受け入れるのもまた愛だよなと。

 

 するべきとかするべきでないとか、やりたいとかしたくないとか決めつけずに、

 しよーよ! やだよー! ってお互いのわがままを言い合うのがまた愛なのかもと。

 10回のうち5回は聞くから10回のうち7回はわがまま聞いて!

 いっぱい聞いて! 大好き!

2017-06-09

共感力の低さとは

私は共感力が低いらしい。

友達に「これだから温室育ちは」「苦労を知らない」などと言われたので。

私も部活人間関係のいざこざに巻き込まれたり、ブラック企業で月1しか休みのない生活したり、

まぁまぁ一般的な苦労はしたと思うけど、それは置いておくとして。

温室育ちの何がいけない?

私の家はどちらかというと貧乏なんですが、

親はめっちゃまともで(自分から見てもすごいと思うが)かなり平等私たち兄妹を育ててくれたし、

学費問題で断念したところもあったが)大学まで出してくれたし、

ラッキーなことに犯罪にも巻き込まれず、友達もそこそこいて楽しい社会人生活をしてます

それって悪いことなんでしょうか?

親と仲が悪いと、人に親切になれるんでしょうか。

友達が少ないと、共感力高まるんでしょうか。

彼氏ケンカして涙で枕を濡らす経験がないと、誰かの気持ちに寄り添えないのでしょうか。

家で兄弟と会話をしないことで、得られる経験値は貴重なものなのでしょうか。

友達存在価値がないと罵倒されたことがあるほうが、将来幸せになるんでしょうか。

私の親は「なるべく『しなくていい苦労』をしないように」って、育ててくれて、

それをさも悪いことのように言われるのは腹立つ。

共感力が低いのは、たぶん環境のせいじゃなくて私個人資質だよ!もしくは君の求める共感力理想値が高すぎる!!!






あと

『しなくていい苦労』をしないように

ってうちの親は育ててくれたけど、私の名前すっげーーーーーーキラキラネームから!!!

おまえ!!!!誰でも性別がわかって誰でも読める名前つけてもらってるの!!!!なんなん!!!!!

それならお前も私のこの名前の苦労に寄り添え!!!!!!!!!!!!!!!!!

2017-06-06

ケンカを売ってるつもりがないというのはその通りですね

面白いというのは見方が違うから面白い以上の意味はないですよ

あとここでの雑談相手日本人で括る意味がわからないので「日本人は~」などと偉そうなことを言ったりそんなことはしません

あとはなんでしょうね

承認欲求が無いという主張はしていません

これは承認欲求を満たすための回路の差異の話でしょうね

能力を身に付けて振るうことについては自身世界とインタラクトすることの快楽みたいな発想で考えていて

例えば覚えた公式を使って算数問題が解けると嬉しいみたいなことですね

直接人に認められることがモチベーションにはなっていないのです

2017-06-05

品質同意

私だけの話かもしれないが、夫に対しては非常に高品質同意を求めてしまう。

具体的には、ケンカしたとき

「俺は悪いとは思ってないけれどとりあえず謝っておくか」

というのが本当に嫌である

こちらとしては、相手が心から悪いと思って謝っているのか、上記の通りとりあえず謝っているのか、正確な判別がつかないから矛を納めるほかない。

だが、とりあえず謝っておくかという雰囲気を感じてしまうのは本当に嫌だ。

謝るなら心から納得して謝ってほしい。

これが夫以外の人だったら、そもそもケンカになる前に妥協点で手打ちするからこんなことを思ったりしない。相手が心底こちらの主張に納得していなくても、表面的に平和ならそれでいい。

しか相手が夫となると、求めるハードルが途端にガンと上がってしまう。

夫は私ではないのだから私の主張にどうしても納得ができないところもあるだろう。そこを曲げて謝ってくれているのだから、その気持ちは汲むべきだということはわかる。

だけれども、気持ちが追いつかない。

からの納得による謝罪という、非常に高品質同意を求めてしまう。

もっと優しく、柔らかくなりたい。

2017-06-04

今の時代女性結婚への期待値が高い問題

http://anond.hatelabo.jp/20170602214735

今の時代に女が結婚する意味って?(追記)

増田を読んだ。

新婚の女だけど、結婚してからなんとなく感じていたことが言語化されていてうっすら感動すら覚えた。

私は結婚がしたくてたまらなかった。

その理由はもはや何とはわからないほどにとにかく結婚したいと思っていた。

今の旦那とは同棲したのちに、何かと結婚の二文字をちらつかせ、紆余曲折ありながら旦那が根負けしたかたちで結婚に落ち着いた。

結果として、今、特に後悔しているということはない。むしろ好きな人結婚したのでよかったと思っている。

だけど、あれだけ気に病んで、時にはケンカをしてまで焦って結婚に向かうべきだったかどうかというと、違ったな、と思う。

正直、もともと同棲していたこともあり、結婚したら一緒にいられるという変化もなく、

共働きなので家計も変わらず、子どもももう少し先かなと思っている。

当時何故だか猛烈に焦り、憧れ、結婚に突き動かされた結果は、大した変化はもたらさなかった。

なんとなくわかってはいたけれど、軽く拍子抜けした。

結婚意味がないというよりも、結婚への期待値が高すぎたのだ。

だけど、アラサー女友達と集まると、

みんなもはや口癖のように「結婚したい」と連呼し、叫ぶ。

なんでこんなに無用に急かされるのか。

私なりに冷静に考えてみた理由が以下だ。

1.結婚自体幸せもの、ある種のゴールとして刷り込まれている

幼い頃から目にしていた童話や、漫画映画などの恋愛ものでは、主人公好きな人と結ばれてプロポーズされたり、挙式のシーンがあるものがよくある。

今でこそ、「結婚しなくても幸せになれる」とゼクシィが言ったりするようになったけど、

結婚のことをゴールインと表現することがある程度には、結婚=愛されている女がたどり着く終着点というイメージがあると思う。

これは世代もあるかもしれない。

もはや頭ではわかっていても、拭えない刷り込みだ。

2.SNSの影響

アラサー女性facebookには、毎週末、必ず誰かの結婚式投稿タイムラインに入ってくる。

特に年代結婚を知る機会が増えると、周りはどんどんと結婚していく‥と取り残されている感覚を感じる人も多いと思う。

しかも綺麗なドレスに身を包み、大勢ゲストに祝福される写真はもれなく幸せそうで、尊い以外のなにものでもない。

女性が発する「結婚したい」はイコール結婚式したい」の意である場面すらあると思う。

以上、結婚してから考えていたこと。

私は結婚は悪いものではないと思うが、

結婚期待値問題は、現代女性ストレス無駄に増大させているのでよくないなぁと思っている。

[]ミサンドリー増田id:iiiloveuuu07=ういな@3cKGKxMdO9VT729

増田ウォッチャーです。

最近増田で繰り返されるミサンドリー投稿について、酷似した発言を行っているはてなid:iiiloveuuu07特定の上、注意喚起を行ってまいりましたが、このたび同一人物のもの推定されるツイ垢発見に至ったので、ご報告いたします。

同じはてなフェミニスト(一緒にするのも憚られるレベルですが)でも、例えばid:zyzy氏のように、いわゆるネトウヨに「はてサ」と呼称される勢力と掛け持ちしていて、結論はいつも同じでも筋が通っていたりすると、特定は非常に難しく、仮にしたところで何の意味もありません。

しかし、この人物に関しては別で、増田でもブコメでもTwitterでも、男女論しか書いていない! しかも毎回同じ内容! おまけに基地外じみている!

いったいどこの誰が、こんな投稿を重ねているのでしょうか?

一致する発言の数々

まずはこのツイ垢@3cKGKxMdO9VT729の固定ツイートをご覧ください。

ういな@3cKGKxMdO9VT729 3月9日

「おーよちよち男性差別はいけませんよね~男女逆だったら許されないのに女はずるいでちゅね~男様可哀想可哀想!はあ?女性差別?ま~ん(笑)男性差別のほうが深刻!女は男の苦しみを理解しろ!だが男に理解しろ押し付けるな!!」

これが普通の日本人の反応

……わざわざ固定するからには、よほど思い入れがあるのでしょうね。

そして、これをそのまま増田に持ってきた投稿anond:20170310072006。これだけでは単なる転載晒し上げと区別がつきませんが、その後も「男性差別」「女尊男卑」といった話題で似たような投稿を繰り返しています。またb:id:iiiloveuuu07コメントの数々もこれと同じ内容です。

しかし、どこのツイッターレディースとやらも同じことを言っていそうではあります

  • 「男はゲイビに出るだけで50万円貰えるって知らないのか?」

増田anond:20170422123924

ブコメhttp://b.hatena.ne.jp/entry/332935361/comment/iiiloveuuu07

Twitterhttps://twitter.com/3cKGKxMdO9VT729/status/840420455110520832

増田ブコメ投稿時間差がわずか2分というわかりやすさ。これに限らず、この人物「同一の情報源を用いた」「同じ内容の文章を」「短時間増田ブクマに書き込む」という傾向があり、名前隠す気があるのかと突っ込まざるを得ません。一方、Twitter投稿時間差こそありますが、内容は完全に一致しています

売り言葉に買い言葉はいえ、神経を疑う発言です。

余談ですが、Twitterではこの発言が元でケンカになった形跡がありました。

この人物を語る上で避けて通れないのが、「小林ギリ子」なる、Twitterフェミ毒親関連のイラスト投稿している人物存在です。

この人物はどうやら氏の熱烈なファンのようで、増田でも氏に対する擁護書き込みanond:20170214164456anond:20170303205355anond:20170320161937など)がありました。文体からして、まず同一人物で間違いないでしょう。

また、Twitterでの女叩きを話題にすることも多々あり、おそらく本人のツイ垢存在するものと思われました。当時、この線で特定可能ではと考えましたが、ギリ子氏のフォロワーは3万弱(投稿時)とかなり多く、また魔境のようなTwitterを探索する気にはとてもなれなかったため、この時点では諦めざるを得ませんでした。

しかし、後に判明したのですが、2ch小林ギリ子スレにおいて、既にこのツイ垢信者のひとりとして挙げられていました。情報収集能力の不足を心より恥じる次第です。

その後も増田ブクマTwitter痴漢冤罪熊谷市長などの話題で暴れていましたが、最終的にツイ垢特定きっかけになったのがこれです。

氏の「こいつ女なのに言ってること正しい。」というツイートに対する反応が、ものの見事に一致しています

http://b.hatena.ne.jp/entry/339495283/comment/iiiloveuuu07

https://twitter.com/3cKGKxMdO9VT729/status/870921422968770562

どうやらよほど気に食わなかったらしく、増田にも13時台(anond:20170603135343)、15時台(anond:20170603153805)、16時台(anond:20170603162914)と同じ内容の3連投。

さて、この増田で繰り返されている「ジェンダーギャップ指数111位」、これをTwitter検索するといくつかのフェミ垢が出てきますが……

そこで見つかったのがこのアカウントでした。おそらく、この人物に間違いないでしょう。

狼おばさんにさよなら

例の日本死ね以降、増田では女性のものと思われる過激投稿バズることが増えています

それ自体時代の流れなのでしょうし、これをきっかけに世の中が少しでもよくなるのであれば、小町でやれという書き込みを控える気にもなります

しかしながら、毎日のように繰り返され、そして変わることもない、この人物によるスパムじみた投稿の数々には、こちらもいい加減うんざりしているのです。

突然ですが、あなたが街を歩いていて、いきなり頭の上から「ここから飛び降りる!」という声が聞こえてきたらどうしますか?

ある人はまず自分が巻き添えにならないよう、その場から逃げ出すかもしれません。またある人は逆に野次馬として集まり、別の人はビルの上まで説得に向かうかもしれません。

しかし、もし叫んでいるのが毎日いつも同じ人で、しかも一向に飛び降りる様子がなければどうでしょう。いい加減無視する人も出てくるはずです。

増田匿名での投稿可能ですが、一連の投稿がきわめて偏った人物の手によることをご理解の上、できましたらいちいちトラバブクマを伸ばさないよう、ご協力をお願いします。

正直言ってもう疲れました。

まとめ

自分のブクマでやれ

自分のツイ垢でやれ

絶望おばさんid:iiiloveuuu07=ういな@3cKGKxMdO9VT729の書き込み一覧(随時更新

anond:20170604100830「このミソジニー大国日本においてミサンドリーは悪でミソジニー正義

anond:20170604112325日本女尊男卑だと思ってない男ってもうどれ位いるの」(anond:20170603173554と同一内容)

anond:20170604133522トラバ

anond:20170604140008日本痴漢被害者にとっての地獄」(anond:20170521091302の使い回し)

anond:20170605165521

anond:20170606184817

anond:20170607163838

anond:20170617104723(参考:https://twitter.com/3cKGKxMdO9VT729/status/875866959690084352

anond:20170617222546

anond:20170617223538

anond:20170617223918

anond:20170617224352

anond:20170617224743

anond:20170617225139

anond:20170621071603

anond:20170621161749

anond:20170621162740

anond:20170621162800

2017-06-03

http://anond.hatelabo.jp/20170603095547

確かに現状だと、民進や共産政権を取ることはあまり現実的ではない。

けど、そうやって野党を甘やかして誰が一番得するかというと野党じゃなくて、自民の非主流派なんだよ。

彼らが主流派ケンカ売って反自民ポーズを取ってきた時、同じ理屈で止められないわけだ。

ぶっちゃけ今の小池がまさにそれでしょ?

マスコミまでろくに批判もせず、都議会自民党とのバトルを煽っちゃってる。

誰がいつ野党になるかわからない以上、野党無責任では困っちゃうわけで、

批判票を雑に集めようとするよりは、きちんと支持層を増やす努力をしてもらいたいなーと思う。

中村一義の「最高築」を買った。

自分ブログとか持ってないからここに吐く。

中村一義新譜「最高築」を買った。

新譜といってもセルフカバーベストみたいなやつで、しかも発売までロクに知らされてなかったけどコンセプトは「ライブ感」なんだそうでほぼ全曲一発録りだったとのこと。

自分中村一義大好きで、このアルバムも総じて大好きで、でもこの一発録りであるが故の「雑さ」みたいなのがすごくもどかしくもあって。

それを誰かと共有したいんだけど残念ながらリアルの知人に中村一義ファンはおらず、また相手ファンならファンで「自分がクサしたとこ相手が気に入ってたらどうしよう」とか余計な事考えてたぶん本音のとこは言えないと思うんで増田って素晴らしい。

犬と猫

ライブでさんざん聞いてるバージョンなんでまあ今さらこれといった印象もなく、でもこれがいつでも聞けるのはやっぱり嬉しいし、原曲とはまた違った聞きやすさというか中村一義知らない人にも勧めやすい類のよさがあってやっぱりいいよねって思う。完成された名曲

永遠なるもの

これも犬猫同様、安心して聞ける一曲。まあでもこっちは、原曲ののほほんのした声の方がむしろ精神的にクるものあるかなあと。

魂の本

アレンジというか、方向性自体はとっても好き。ただ一義自身が変に熱込めすぎて一部歌い方がアレな感じになってるとこがあって、それがすごく惜しい。

具体的に言っちゃうと「すっぷーうーくぬぁいんかんねー」とか。やりすぎなんす。

そんな一義の対極に走ることでバランスを取りに行ったかのような、あずままどかの甘〜いコーラスが大好き。こういう、原曲にまったくない要素でいいなあと思えるのはカバー醍醐味よね。

笑顔

これも好き。一歩間違うと名無しのおっさんチャリティだか地下商店街広場だかで歌ってそうな感じになりかねないんだけど、そこはそれ曲も本人もやっぱ名無しのおっさんとは格が違うので。

てか仮に中村一義が97年にデビューすることな名無しのおっさんとして街の片隅でこれ歌ってたとしても、きっとなんか耳に残って気になるんじゃないかと思う。

123

好き。楽しい。「オイ! オイ!」て掛け声も、ほどよく品がないというかケンカ弱そうな感じがしてとってもよい。わーんつーすりー!

ロザリオ

ああこれもいいなあ。まあ原曲から印象があんま変わってない気もするけど。「特に変に手を加えずに、2017年の今ロザリオをやるとこうなりました」って感じ。

素晴らしき世界

あらら…また。ちょいやりすぎですよ一義さん。奥歯のないおじいちゃんですか。曲自体はいい曲なんだけどねー。

キャノンボール

ラジオでもちょこちょこ流れてて「あ、なつかし!」ってなった人もいるっぽいけど。やあ、名曲ですわあ。

そしてこれに関しては、「ライブ感」てコンセプトがドハマりして大成功一曲だと思ってる。

てか、久しぶりに原曲聞くとすごいテンポもっさりしてて驚く。いや、もったりしてんのは初期中村一義の最大の魅力のひとつなんだけど。

なにせ元々からして曲後半の疾走感が素晴らしい曲なので、そこにライブアレンジウルフ雄叫びパワーが上乗せされるともうバッファローマンも砕け散る1200万パワー砲ウルフマン

力押しかも知んないけど、だからなによっていう。いや、ウルフすげえ。

いつだってそうさ

これまた、方向性はとってもいい。てか大好き。大好き、なんだけど、もうちょっとだけコーラスを綺麗に揃えてほしかった。そこら辺のファンを4、5人かき集めて歌わせたかのような揃わなさというか、きたなさ。

あとまた一義さん。「ちぇちょちぇ〜を合わ〜すちゃみぇ〜にぃ」てもう中村一義シャクレた顔で歌ってるとこしか頭に浮かばない。ノッポさんチューリップハット被ってシャクレて歌う一義さん。

でもそれでも、聞いててすごい幸せな気分になるんだよなあ。

もう一回録ってよ。

Honeycom.ware

うん、まあいいんでないかと。

原曲がまず名曲中の名曲。それのアレンジとして、こういうのもいいよねっていう。てかこれもライブでいっぱい聞いたし。

ワンリルキス

こういう可愛らしい曲、なぜか中村一義はよく似合うんよねえ。声が活きるっていうか。

ビクター

これもなかなかいい。原曲も大好きだけど、これはどっちもありだな。一切捻りなしの、ファンに向けたド直球。

世界は変わる

最初シングルで聞いた時はなんか歌い方がホモっぽくていまいちだったけど、20周年記念のこのアルバムラストに持ってこられるとやっぱりちょっと心に染みるもんがある。

思い入れの強いファンの中には「俺の青春のアレをアレばっかりをまた作って」って不惑までそれ引きずってどーすんのみたいな声もずっとあるみたいだけど、俺はこの先も変わってく中村一義を楽しみにしてるよ。

ここのところ人のご祝儀袋ばかり買いに来ている。今日残業上がりに会社の目の前のイオンに滑り込んで、明日使うご祝儀袋を買った。こっちはご祝儀をいただく予定どころか相手もいない、アラサーにもなってこんなことでいいのだろうかと自分人生について考えてしまう。

明日学生時代の友人の結婚式がある。正直そんなに楽しみじゃない。お祝いする気持ちがないわけではない。そんなにお金に困っているわけでもないし、おいしい食事にありつけるので、行くだけならまだいい。憂鬱なのは知人たちとの再会、それから余興やサプライズやらの結婚式イベントだ。

つのまにか女子カワイイ合戦についていくのがしんどくなった。あたりさわりのないドレスを褒められたって大して嬉しくないし、こちらから相手を褒め返すほうが面倒だし。○○ちゃんカワイイ〜の流れに適当笑顔を添える自分、その想像だけで疲労感が増してくる。なんなら先月同じことをした。静かに食事だけ食べていたかった。

お祝いする気持ちがあるならいくらでも協力してくれるよね、みたいな空気。なんなんだろうねあれ。こっちは自分ひとりの面倒見るのでいっぱいいっぱいだし、案件炎上中で深夜残業チャンスありまくりだし、晴れの一日とはいえ正直そんなに楽しみじゃないと書いてしまう程度の相手なので余興に付き合ったりサプライズやら見せられるのを考えるだけで元気がなくなってくる。なぜ人は結婚式をするのか。いやでも、お祝いする気持ちがないわけじゃないんだ。祝儀は出す。ただ大切な土曜の睡眠時間を守りたい、休日早起きするモチベーションなんてプリキュアの力をもってしても実際起きるかは五分五分ってとこだ。やっぱり無理かもしれない。

明日結婚する友人もそうで、お祝いする気持ちはある、でも数々の余興の準備やらなんやらそういうのがひたすらに面倒で仕方ないかちょっと憂鬱になっているだけで、まあ行けば楽しいんだ。引きこもりによくあるやつだ。彼女とも学生時代はまあまあ仲良くしていたはずだ。なんかケンカしたとき部屋に乗り込まれたりその後シカトされたりしたような気もするけど。そういうのもたぶん、ありがちな輝きし青春の一ページなのだろう。そう思ってないとやってられない。というかこないだまでそう思ってた。

でもねー。

先日、別の友人から「あの子あなたのことを下に見ている、あの子のそういうところが嫌い」って言われて、ああわたしはあの子のことが好きじゃなくっても良かったんだな、って今更だけど思えた。同じ学科ゼミも一緒で、ずっと一緒にいなければいけない子で、気が強くて、外面が良くて、あの子に嫌われたら大学で生きていけなかったから。好きでいなきゃいけないと思っていた。でももしかしたら本当はそんなところに縛られていなくても、わたしには、こんなふうにわたしのかわりに怒ってくれる友達だっていたんだなって、ほんとに今更だけれど。

肩の荷が下りたような気がした。

未だに怖い。あの子のことを好きでいなければいけないと、卒業した今でも思ってしまう。

でも、友人の言葉でなんだか救われたから、明日最後にしたい。もうあの子に怯えなくてもいいんだってわかりたい。

明日も早いので、準備してそろそろ寝ようと思う。とりあえず、まずは、さっき買ったご祝儀袋に名前でも書く。

2017-06-02

公務員のくせに国に逆らうな、と言うなら

国家意向に逆らったけど後からユダヤに褒められたので杉原千畝はセーフ

国家意向に逆らったけど民主党政権隠蔽された真実を明らかにしたのでsengoku38もセーフ

国家意向に逆らって身辺もキナ臭いけど↑と同じ理由前川もセーフ

国にケンカ売った時点で非難するなら、こいつら全員否定しないと筋が通らないんですよね

2017-05-31

http://anond.hatelabo.jp/20170531200902

そりゃ比例代表制なんかやったら党に正面からケンカなんか売れるわけないでしょうが

自民だけの問題でもない

2017-05-29

http://anond.hatelabo.jp/20170529192218

男の「肉食べたい」は「セックスしたい」の同義語なわけだけど、それ知ってた?

湾曲表現するからダメなんだよ。察してって態度はケンカの元だからハッキリと「エッチしたいよぉ受精したいよぉ」って言ってやれ。

2017-05-22

家事育児がんばってるけど心が折れそう

フルタイムで働きながら朝夕の食事用意して、離乳食も作って、こどもお風呂に入れて寝かしつけして、できる限りがんばってるのに、なんでそんな上から目線ケンカ腰?で文句言われなきゃいけないの?

宅配届くんだけど何時ならいいですか?」→「平日は無理だって言ってるだろ」とか、そんな何回もしてるやりとりでも無いのになんでそんなに言い方きついの?

自分が体調悪いのもわかるけど、「食事栄養摂れてないと思うんだよね」とかどういうつもり?「夕飯では野菜を3品以上入れろ」っていうからがんばって献立考えて、日曜に5日分の食材買って毎朝作ってるよ。これ以上どうしろっていうの。「夕方帰ってきてから炒めるとか簡単調理はできますか?」って聞いたら無理って言うし、なら好きなもの買ってきて食べろよもう……。

時短で働いてるそちらが家事育児多めに負担したっておかしくないけど、別にそこをどうこう言うつもりはないです。今のままでもいいのでもっとこちらの気持ちを汲んで欲しいです。

こういう話をするとこじれてケンカになるからなかなか話せない。朝からもやもやするので増田に書いた。

でもこどもは天使。まじかわいい。こどものためならがんばれる。

2017-05-19

紛争解決

みかんがほしい!と争ってる二人がいるとする

でもみかんは1個しかないぞさあ困った

ニーズを掘り起こせば解決できる場合があるよ

みかんで言えば、実は片方はみかんを食べたかっただけ、他方はみかんの皮であぶりだしの遊びをしたかっただけっていう隠れたニーズがあるかもしれない

そういうことだよ

もろちん両方みかんの実を食べたいっていうニーズならそれはしょうがいから半分にするとかしかないよね

実の大きさでさらケンカになるならジュースにするとかね

それならもういらないってなるかも

なんにせよ解決方法を考えるときに表面だけでなくその裏に隠れたニーズにも考えを及ばせることが、お互いに満足度の高い解決をするヒントになるんだ

2017-05-16

http://anond.hatelabo.jp/20170516110326

その会社普段働いているのとは違う会社で、先週限定で働いていて今は働いていないのでそれはあまり通用しないのかな?と思います。とはいえとりあえず言ってみます

情報後出しになってしまって申し訳ないのですが、私がここまで会社に対して怯えているのは、私が会社ケンカをした事があるからです。

バイト中に会社の都合で定時前に帰らされ、帰らされた時間〜定時までの給料が発生しないと言われたため、かなり怒ってしまいました。当時の状況からすると私は怒って当然ですが、会社からはかなり印象が悪いというか、はっきり言うと嫌われているのではと思います

2017-05-15

http://anond.hatelabo.jp/20170515164855

俺も同じように思ってツイッター趣味垢だけやるようにして同じような人だけフォローしてたけど

なぜか次第に政治論争とかくだらないケンカとかが流れてくるようになってしまうのでそれも苦痛になってしまった

次の策としては個人サイトを作ってそこに流れ着いてきた人だけと交流するようにしようと思ってる

効率が悪くても苦痛よりはましだ

2017-05-13

http://anond.hatelabo.jp/20170513023232

暗示なく手を掴んで屈強な男がひっくり返される、という条件も同じようにあると思いますがね。

なぜあんたは暗示前提で話をすすめるのかと。

もちろん情報に左右されるってことは暗示と捉えても良いでしょう?

さてちなみに、

1.彼が初日先入観がなかった、

2.数時間前まで腕力自分を投げていた

3.彼自身は全力で先生に挑みかかっていた、

4.それまでの訓練はほぼないに等しい。

という具合で状況は常識内で用意できる範囲で十分かとおもわれまっする。

あと後半の意図理解できないようじゃあんただめだよ。口ケンカ相手としても大した事ない。

あんたがここに書き込んだ因果関係など証明できない、と言われたらどうやって証明すんの。

ここまで言ってわからないならマジでラリパッパなんだろうけど。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん