「掻き立てる」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 掻き立てるとは

2021-04-25

出産時に痛みを感じるのが正常と

言ってるのは別にいい。ほとんどの人は痛みに苦しんでいるのは間違いないだろう。千差万別のようだが。

だけど、痛みを感じないのはビビりだから脳が何か出してるとか、どこで聞いたのか書いてわざわざ嘲ってくる人はそうとう嫌な奴だよね…(ビビりだから脳が解決しようとするとか、興味深いがそんなに上手くいくものだろうか。面白いけど。調べる。)

しかも怒りの対象自分にだけ嘲りをぶつけるのではなくて、引き合いに知り合いを出してきて知り合いごと嘲ってるのが気持ち悪い。

その知り合いが相当に嫌いで全く関係ない場所馬鹿にするのを我慢できないか関係ない場所からこそ突然ぶっこんできてるのか。

求められてない自分語りを最悪のタイミングと、そういう空気の読め無さが絶対悪みたいな場所でやってしまい怒りに触れた。良くなかった。

あと、自分自身悔いている私が良くなかったことは、その場所に集まった人たちには特に品性の無い卑しい事だと嫌われるだろう事を書いてしまった事。それへ意趣返しのようなことが(気のせいの可能性もある)時間差で書かれていて、直接非難されるよりも、その人には論外なことだったんだなとわかった。良くなかった。

 

陣痛がなかったこと、リアルでは特に人に言わない方がよさそうだな。

陣痛が無かったからって、妊娠中何もなかった訳じゃないし、みなそれぞれ違うだけだけど、憎悪掻き立てるきっかけに飢えてるような人のおもちゃになる。

2021-04-09

anond:20210409005230

個人としては、これは性衝動とその後の賢者モードが大きい要素だと思う。

毎日の習慣のようなマスターベーションの他に、数カ月に一度とか、もっと大きい波だと何年かに一度、

ものすごく性衝動高まる。これはわりと辛くて、禁煙経験のある僕からすると禁断症状みたいな感じ。禁煙よりもきつい。

多分、アルコール中毒とか薬物中毒とかはこんななのかなって想像する。

後頭部頭蓋骨の裏側にずっと違和感があって、焦燥感掻き立てるような、自分ではどうしょうもないと感じる日々が数日続く。

黙って耐えるときもあれば、性風俗を利用するときもある。このときの罪悪感や賢者モードが、結構辛いもんなんだ。

性風俗の利用ってすごく僕的にはきつくて、自分本音と建前とがすごく衝突する。

「僕の汚い欲求を処理させてしまってもうしわけない」「ドブスは勘弁」「すべての人格手段としてのみ用いられてはならない」「若くて可愛い子がいいな」「ルッキズム批判賛同していた昨日の俺は」

みたいなぐちゃぐちゃ。なので、最中ですらいろんな感情で中折れしそうになるし、終わったあとは最悪。わりと本気で死にたくなる瞬間もある。

こういうのに対して、性的パートナー存在はでかい自分の性欲の存在が同時に相手利益にもなる、少なくともそう感じても関係性的には大きな間違いではないだろうと感じられる

間柄は、心理的安定にすごく大きい役割になる。自分の性欲の存在が、性欲に囚われてしまっている自分肯定される時間空間存在することが喜びであり、不在は不安につながる。

この話は「つまりセフレとかでもいいの?」と言われればそうなんだろう(そんなのいたことないけど)。

でもとりあえず、「友達じゃだめなの?」に対しては僕なりの回答にはなるかと。

2021-03-27

anond:20210327154139

当時のゲーム薄っぺら考察もなにもないんだよなあ。そもそも当時のゲームを知らん増田が偉そうに薄っぺらいという時点で話にならんでしょこれ。娯楽の少ないあの頃からすれば想像掻き立てるゲームは少なくなかったわけだけどね。

2020-11-04

もう男から五感を奪いとるしか道は無い

視覚

性的まなざしの根源。男は何を見ても性的妄想を抱く生き物なので視覚を奪うしかあなた安全保障する方法はありません。

嗅覚

あなたお気に入りシャンプー香りも、男にとっては性的興奮を掻き立てる興奮剤にしかなりません。今すぐ全ての男の鼻の穴を塞ぐ必要があります

聴覚

声優彼氏が発覚した時「耳に精子がかかる」と発言したオタクが居ました。女性の声それ自体性的に受け取られてしまうのです。男は耳が聞こえないようにすべきでは?

触覚

痴漢が後を絶たないのだから言わずもがな。触覚を持った男が自由に街をうろつくなんて信じられない。自分の胸か尻に両手を接着してしまえ。

味覚

ハイヒール舐めて興奮するんですよ信じられない。舌を抜けばいいとおもう。

  

あぁ、これで安心して街を歩ける。

男だけど

タイツを履くな。

性癖ドストライクです。

靴下を履くな。

エロい目で眺めるよ。

ピチっとして体のラインを見せる服を着るな。

それだけで裸を想起させる。

スケスケの服を着るな。

中がどうなってるのか気になる。

胸や尻を強調する服を着るな。

触りたくなる。

ひらひらした服を着るな。

可憐な感じが支配欲を掻き立てる

化粧をするな。

綺麗な顔に欲情する。

上ずった声を出すな。

俺に気があるんだろ?

男に近づくな。

匂い嗅ぐぞ。

タイツ話題しつこいんだよ。

タイツ性的消費というなら上記も気を付けてくれ!

他にもいろいろあるが全部書くのも面倒だ。

でもさ~。

ぶっちゃけこんなこといちいち気にしてたらもう女として生きていけないと思うけど?

2020-10-30

フェミニズムお金にならない理由

フェミニズム関連の書籍で大ヒットしたものがあっただろうか。少なくとも私はそれに該当するものを聞いたことがない。一方でフェミニストに叩かれた宇崎ちゃんアニメの2期の制作が決まるくらい大ヒットした。

なぜフェミニズムお金にならないのだろうか。理由簡単フェミニズムは「政治」だからだ。政治は金にならない。

消費者はモノを買う時品質や値段を重視しその商品政治意図ほとんど見ない。

2000年代反日デモが盛んにおこなわれた中国であっても結局優れた日本製製品中国製品は勝てなかった。(今は品質が向上しているが)

かに政治的に煽ることで多少購買意欲を掻き立てることはできるが、それはそもそも商品に魅力がない時に苦肉の策でやるものだ。

フェミニズム配慮することは商品の売上にはほとんど関係がない。優れたもの政治的に正しくなくても売れる。

創作に携わる時には政治という雑音に惑わされてはいけない。

2020-10-23

無職中年男が若くてきれいな女性失望した話に反論してみたい

anond:20201021210748

こんなに反論掻き立てる増田釣り才能に嫉妬するものの、素直に反論を書いてみたい。

できれば元増田から回答もらえたらとても嬉しい。

〈約3300文字/約6.6分で読了

価値観非対称性をわかっていない

発言その1

 ところがである指名回数が数回を数えた頃、みゆさんから唖然とするような言葉が出てきた。

みゆ増田さんなら工場労働ならできるよ!」

 私はうつ病になる前はある専門職だったのだが、まだ以前の職に戻ることは諦めていなかった。その職では第一線で活躍していたわけではないが、そこそこの功績があることはみゆさんも知っていた。

 なのにこの発言である。これは、私はもう以前の職には戻れないという意味なのか? しかもそれだけではなく、工場労働のような3K非正規仕事しか就けないと言っているのか? いや、工場労働に就いている人は大変ご苦労様で立派だと思う。しかし私は痩せ型で体力がないし、運動音痴だし、オタク気質でおとなしい文化系で、ブルーワーカーと話が合うとは思えない。工場労働自分に向いているとは思えなかった。

無職であることの地位を不当なまでに低く見積もっている人、そういう価値観をもった人は多く見かける。みゆさんの発言から無職というステータスに対して、非常にネガティブな印象を持っていることが、増田の書いた文章から明確に見て取れる。それに対して、増田自身自分ステータスに対しては全く違う見方をしていることもまた明確だ。「無職あくま仮の姿であり、本来自分ではないのだ」という自己認識だろう。しか面白いことに、お互いの価値基準が異なっていることに、お互いが気づいていないのだ。でもそれはそのはず。年齢も全然違えば、お互いが同じ未来を目指しているわけでもなんでもないから、すり合うはずも、ズレている事に気づくはずもないのだ。

から

みゆ「今まで出会った、よく社会生活が送れてるな、と思うような人に工場労働者が多かったから、増田さんにも出来ると思った」

この発言も、現状の地位ステータスに最重要価値を置いているみゆさんから見ると増田ステップアップの話になり、職業の貴賤を軸に自分が属する職を考える増田から見るとステップダウンの話になるのだ。

なので、「困惑していること」を伝えても全く意味がないのだ。

情報の非対称性に気づいてない

発言その2

 工場労働の話に関連して、私が病気のために体力がないということを伝えるため、こういう話をした。

増田動く歩道自分けが立ち止まっている。他の人はみんな歩いている。お年寄りさえ自分を追い抜いていく。自分はお年寄りより体力がない」

 するとみゆさんはこう言う。

みゆ「他の人は出歩いた距離が短くて元気が余ってるのかもしれない」

このコミュニケーション齟齬から工場労働に対して持っている情報(印象)は全く異なるものであることが見て取れる。

増田工場に対する印象を簡潔に3Kだと、しかし明確に捉えている。しかし一方で、みゆさんも同じように3kだと思っていたのだろうか。20そこそこの小娘に、はたして、工場労働ハイパーメディアクリエイター仕事の中身の業務の違いが想像できるだろうか。もっというと、工場労働に対するイメージは、年齢が近いであろう私と増田とでさえ、どれ程一致するだろうか。

このような、前提知識が大きくズレている話題にあって、さらに歩く歩道の話で婉曲的な体力の話をしても、彼女にとってはもはや工場労働の話とは全く結びついていない別の話であり関連しつつも違う話題だと捉えられていた可能性が高い。

これも発言1と同様に、お互いがズレた話をしていることに、お互いが気づいていない。

相手への理解の無さ

発言その3

 これが一番こたえた。

増田「知り合いの50代~の女性は奥手な自分によく話しかけてくれるんだけど、なぜ若い女性は話しかけてくれないんだろう?」(冗談っぽい口調)

みゆ自分からしかけずに相手からしかけて欲しいなんて、都合が良すぎるよ!」

 そんなこと言ってないのに~~~

 なんで年代で態度が変わるんだろう? って言ってるのに~

期待していた答えは「えー、なんでだろー、増田さんかっこ悪くないのにねー不思議ー」とかなのだろうか。

年齢で態度が変わる、ということを伝えるには、

若い女性を主体として

若い女性⇔50代男性

若い女性⇔若い男性 

を例示するべきだったかもしれない。そうすれば、求めた答えを手に入れられただろう。「増田さんいい人なのにねー」とかね。

けど、増田はこのように伝えた。

増田主体として、

増田⇔50代女性

増田若い女性 

これでは焦点は増田に集まり、頭に浮かぶ答えは1つ「え?お前がオッサンからだろ?」でしかない。

しか彼女は頭に浮かんだその答えをちゃんと飲み込み、あなたへ応援に変換して伝えている。

満点ではないにしろ、厳しさある言葉の中にも「自分からしかければ女性から否定されるわけじゃないよ」というニュアンスをなんとか含ませた高得点の返答ではないだろうか。

 

さて、こういったやり取りの中でのズレは、増田みゆさんだから起こった事ではない。

この程度の認識の違いから生まれ齟齬は多くの人のコミュニケーションにおいて、日常茶飯事だ。

そして、皆ズレたことに気づいた段階で、「確認修正する」か「受け流す」かを選択している。それが通常のコミュニケーションだ。

ところが今回、せっかくのズレに気づいた増田は違う反応をしている。

相手に「期待し」「察する」ことを求めたあげく、勝手に「失望」しているのだ。

そこに根本的な問題がある。

 

なぜ「期待しすぎ」たのか。それはあなた彼女商品だとみなしているから。

お金を払って会っている自分は、それに見合う対価を得る権利がある」という思いが根底にあるのだろう。

しかしそうだとしたら、自分の期待に添わないリアクションが返ってきた場合相手評価すればいいだけなのだ

アマゾンのレビューを書くように相手に伝えるなり、減額要請するなり、別の女性に替えるなり。

しかあなたは、それをせず、期待を続け、そのたびに失望している。それは明らかに商品に対する失望ではなく、人として失望しているのだ。

それ、矛盾していないか商品として期待したのに、人として失望してまっては出口のない闇だぞ。

もちろん相手も悪いかもしれない。客のあなたに、人として答えているシーンが多いのだろう。

あなたきれいな女性に対して自分偏見を持っていた事には気付けたものの、残念ながら偏見を取り去ることはできていない。

彼女は、完璧女性を演じれるわけではなく、オッサンが嫌いな普通若い女性としてのボロが出ているのだ。

それはそのはず。しょせんは20そこそこの小娘なのだからしかあなたはなかなか偏見を振り払えず、期待を続けてしまうのだ…

あなたが、今回気付けた事は、本当に1つの前進だと思う。今後、そこから迷宮に迷い込まず、偏見を拭い去れることを切に祈る。

勝手に同士と思っているKKOより

2020-08-29

消毒用アルコール

品薄になって、その後すこし値下がりしたタイミングで、今だ!って10本くらい買った。

実家自分の家と5本ずつ置いたけど、どちらも一本開けてそれの1/3くらいしか使ってない。

冷静になったら家なら普通に石鹸で手を洗えばいいだけだしな。

液体せっけんも5本くらい買ったけど、まだ一本も使い切ってないし。

なぜ品薄という状況はこうも人の買い物衝動掻き立てるんだろう。

2020-06-30

クラスカースト最下位だった時に受けた嫌がらせの話

これは何年も前の話だ。私がカースト下位の女子高生をやっていた頃の話だ。最初に断っておくが、これから吐き出す話は事実に則ってはいものフェイクが混ざっている。そして物凄く長いのでこれを読むのはとてつもなく暇な人だと思う。

カースト下位の女子高生だった、と言ったが、学生をやっていた時に一度だけクラス最下位いたことがある。可愛くもなけりゃ勉強もできない女なのでまあそんなこともある。うちの高校バカ校ではなく、いわゆる自称進学校程度に勉強ができるヤツが集まっていたので、クラスカースト最下位でもこっぴどい嫌がらせを受けることはなかった。せいぜい最後の数ヶ月、クラス女子から存在無視される程度である

ところで前述の通り私は可愛くないし可愛げもないしついでにこの頃はコミュ障のケもあったので異性とは滅多に話さなかった。そんな中で女子から無視をされるというのはつまりクラスから孤立するということである

さて、私には友人がいた。幸いなことに仲の良い友人はほとんど別のクラスであった。私は休み時間のたびに彼女らのいる教室避難して孤独を避けていた。昼休みはひとりで過ごすにはちょっとばかし長過ぎるのである

そして、ここからが本題だ。

私には友人がいた。そのうちの1人は、当時同じクラスだった。女子から無視攻撃という名のちょっとした嫌がらせを受け始める前は彼女と昼休みを過ごしていたのだ。この友人、仮にAとするが、Aは友人達の中で一番とは言わずとも二番か三番目くらいには仲が良かった。

Aは可愛かった。メイクをしていたわけではないが、クラスカーストの一番上にいた派手な女子(仮にMとしよう)に気に入られる程度に顔が良かった。ついでにモテた。庇護欲を掻き立てるような小柄で可愛らしい女子高生想像してもらいたい。それがAだ。

〜〜〜

ここまでの登場人物は、

私=クラスカースト最下位女子高生

A=二番か三番目くらいに仲の良かった顔の良い友人

M=クラスカースト最上位を気取る派手な女子

でお送りしています

〜〜〜

おそらくMは私が好きではなかったのだろう。というか邪魔だったのだろう。彼女はAを取り込みたかったのだ。マウントを取りたがるタイプ女子自分タイプの違う可愛い女子自分の傘下に入れたがる。というのは偏見かもしれないが。

そしてMにとっては幸いなことに、私には大した人望がなかった。庇ってくれそうなA以外の友人は別のクラスにいた。Mは他の女子と共にAを取り込みにかかった。

私にとっては運が悪いことに、修学旅行というものがあり、私の宿泊部屋はAとM、それからMの取り巻き女子と同室だった。Mは学校側には禁止されていたメイク道具とヘアアイロンを使ってAを飾り立て始めた。

「わー、やっぱり可愛い!Aちゃんメイク映えすると思った!」とかなんとかMに言われてAも満更ではなさそうだった。その間私はそばメイクされるAを眺めていたが、あからさまにMにはスルーされた。この頃から嫌がらせの片鱗はあったな、と今は思うが当時はなんとなく居場所がなく居づらいと感じるだけだった。

この日、一晩中何も喋らないのも気まずいので適当にMに話しかけたりもしてみたが、とてつもなくどうでも良さそうな受け応えしかされなかったのですぐやめた。Mは自分にとってどうでも良い人間から言葉はヨイショするものしか興味を示さなかった。私も別にMのことをヨイショする気にはなれなかったので、会話がなくなるのは当然の帰結だった。

修学旅行が終わり、教室に帰ってきた。MのAへの構いっぷりは勢いを増した。昼休みはAと弁当を食べる私を押し除け、前のめりでAに話しかける。とても邪魔だった。しかし、Mにとって邪魔なのは私だ。

うっすらと、クラス女子圧力がかかり始めたのがわかった。それは、Aも例外ではなかった。私のことを無視しろと、そういう圧力だった。

AがMのことをどう思っていたのかは知らない。メイクには乗り気だったが、人間としてはたぶんそんなに好きじゃなかったのだろう。しかし、カースト最上位の女子には逆らいにくかったらしい。しかも、Mは特にAに対する圧が強かった。よほど取り込みたかったのか。Aが私と話し続けたら次のターゲットはAになるという雰囲気すらあった。Aはその圧力に負け、私を無視するようになった。

そうして私は、教室から場所を失った。私もクラスでAと行動するのをやめた。若干裏切られたような気もしたが、それ以上にクラス中の女子から無視されるということに疲れてしまっていたので、Aにこだわる気力はなかった。

教室の外で目が合うAは、どこか気まずそうだった。Mの目が無いところでも、彼女が私に話しかけることはなくなった。私もAに自分からしかけるのは気が進まなかった。私何も悪くないじゃん、という拗ねたような気持ちもあった。ただ、共通の友人達の前でだけ、私達は関わるようになった。

私は学生時代、クラスの絆とやらを感じたことがない。趣味性格もばらばらの人間を3〜40人かき集めたところで絆なんぞ生まれたまるか。しかし、そう思ってはいてもクラスの枠組みというのは高校生にとっては大きくて、抗い難い。

私はあの数ヶ月間、クラス女子からからさまに避けられ、教室に居場所を失くし、確かに孤独だった。毎日嫌だなあしんどいなあ、と思いながら登校していた。勉強もできないので授業の時間すら楽しくなかった。昼休みに隣のクラス馬鹿な話をすることだけが救いだった。本当に、あの友人達がいなければ私は高校中退していたかもしれない。ありがたいことだ。

この話はこれで終わりだ。中途半端申し訳ない。これは私が昔受けた嫌がらせを、時折思い出してムシャクシャするので吐き出して忘れてしまたかたから書いただけの思い出話だ。

ただ、これだけでは何か味気ないのでもう少しだけ、後日談を語ろうと思う。

当時、二番か三番目に仲が良かったAだが、高校の友人達の中では卒業後に一番よくサシで遊んでいる友人である

結局、嫌がらせは年度が切り替わり、クラスが変わった時点で終わった。教師陣は一切直接の介入はして来なかったが、Mやその取り巻きは全員私とは違うクラスになっていた。

同じクラスになった女子はAだけだった。そして、その年のクラスには、共通の友人1人を除いて私にもAにも親しい女子がいなかった。必然的に、共通の友人を含めた3人で行動することが増えたのである

結果として、うやむやのまま私とAの仲は元に戻った。それどころか以前より距離は近付いた。私が近付けたわけではない。Aが以前より近付いてきたのだ。

最初微妙気持ちだった。が、私は基本的に来るもの拒まず、である。そして、Aは可愛い顔をしているが根暗である。根っこのテンションが非常に私と近い。残った心のしこりを無視してしまえば、彼女と過ごすのは楽だった。結局卒業旅行までふたりで行った。事情を知っている母親には意味がわからないという顔をされた。私もそう思う。

久しぶりにあの時のモヤモヤを思い出したのは、たぶんAから久しぶりに連絡を貰ったからだと思う。コロナ禍が世間を襲っている間はすっかり連絡を怠っていたが、自粛解除に伴い再び連絡が来た。今度ふたりで遊びに行こう、という内容の連絡だった。私は「もちろん!夏休みが決まったら連絡するね」と返して、当然彼女と遊びに行くつもりである

Aは今でも私と連絡を取っている。そして、AはMとはもう連絡を取っていない。

MにとってAは同じクラスにいたから取り込みたかった程度の人間なのだろう。そこまでの執着心はない。わかっている。

わかってはいるが、私は「勝ったな」と思うことにして、溜飲を下げているのである

2020-06-18

被害者は、誰?

昨今、どうにもフェミニストとやらが「女性性的搾取ガー!」とか「クソオス死すべし慈悲はない」とか騒いでおられるが、

ふと疑問に思ったのだ。本当に女性けが被害」にあっていたのか?

男性は「被害」にあっていなかったのか?

例えば、献血ルームコラボした「宇崎ちゃん」その巨乳っぷりが「奇形」「奇乳」だとして糾弾されていたが、では男性は?

女性乳房あれば、男性に陰茎あり。陰茎を題材にした漫画がこれまで全く無かった訳ではないだろう。

それに我々は「宇崎ちゃん」よりもずっと前から男性象徴たる「もっこり」をギャグもっと言えば、"お決まりの流れ"の起点)として見ているはずだ。  

そう、つい昨年に新作映画が公開された「シティーハンター」の主人公冴羽獠だ。

黙っていればクールな裏世界No.1の"掃除屋"にして、比類なきスケベ男。依頼人女性に手を出そうとしては相棒の槇村香に天誅を食らっている……

その"天誅"の起点にあるのは、彼の人間離れした性欲から来る「もっこり」であったはずだ。  

また、インターネット上では「ガチムチパンツレスリング」や「やらないか」「真夏の夜の淫夢」といった、

(雑に言ってしまえば)男性の性欲がネタとして笑いのタネとなっていたはずだ。それも、誰から糾弾されることなく。

かたやオッパイ。かたやチンポ。揉んだり揉まれたり、時には盛り上がったり潰れたりと、性の対象ギャグ化しているのは、30年も前から変わらないのではないか?  

(なお、「宇崎ちゃん自体彼女の胸をギャグ扱いした漫画ではなく、主人公と宇崎の日常がメインとなっている漫画であるということを、念のため追記しておく。)

例えばグラビアレースクイーン、成人向け雑誌といった具合に、自らの肢体を見せつける仕事

グラビアについては撮影対象男性でも女性向け雑誌においては女性撮影したそれと変わらない(むしろ、もう少し生々しく過激なのでは?と感じさせるような)もの掲載され、

しかもそれらは、なにもコンビニの限られた狭いスペースなんかではなく、むしろもっと堂々と棚に(文字通り)陳列されているではないか

レースクイーンのような、男性の肉体を使った仕事は、探せばそれこそ男性風俗店やゴーゴーボーイといったものもあるが、

我々はレース会場でもナイトクラブでもない、むしろもっと公共電波男性の肉体を見て、それも笑っていたはずだ。

小島よしおとにかく明るい安村アキラ100%。いわゆる「裸芸人」だ。お笑いにおいてこれほど「裸」が笑われるのも男性くらいなものだろう。

もちろん彼らはその芸を仕事にすることを選んでいるし、我々もその芸を見て笑っているのは、「それ」が彼らの仕事である理解しているからだろうが、

これがもし「男性しかできない仕事」としてピックアップされたらどうなるだろうか。

かたや華やかな衣装を着て商品PRイベント応援役。かたや己が身(と競パン)ひとつで笑いを取る者。その役割は、果たして替えが効く(効いた)のだろうか?

成人向け雑誌の件については先の男性グラビアと似た話になるし、最初漫画の話とも被る話になるが……

昨今世間を賑わせている、男たちが激しく乱れ、愛し愛される漫画……いわゆる、ボーイズラブ漫画についてだが相当するだろうか。

まずタイトルだ。そもそもタイトルの時点で「セックス」という単語伏字無しで堂々と並ぶのはこのジャンルくらいだろう。もしこれが女性主人公にした漫画であれば間違いなくカーテンの向こう側においてあるに違いない。

しかしこのジャンル漫画は、カーテンの向こうには置かれていない。少女漫画などが並ぶ棚の近くのワンスペース、ならまだしも、書架をまるまる1連以上を占拠している店舗もある。

もちろん購入の際に年齢確認なども要らない。バレなければ小学生でも買えると言ってもいい。

そして肝心の中身だが、これまた過激な濡れ場が登場する。表紙と数枚の目次、扉をめくったらすぐに濡れ場を見た、という読者もいるかもしれない。

構図などで上手く隠されているとは言え、ヤっていることは紛れもない性行為である。それはカーテンの向こうの本と変わらないはずだ。

たま~~~~~~に見る反論に「ボーイズラブ漫画には愛がある!ただのエロ漫画には無い!」というものがあるが、

それならば愛もへったくれも無い時期、漫画にすれば第1話の時点で主人公レイプされる部類のボーイズラブ漫画はどうするのだろうか。

ひとくちにボーイズラブ漫画と言っても、濡れ場の無い、いわゆる純愛を描いた作品が多いのも事実ではあるが、

そうした作品の横にはカーテンの向こう側と大差無いような過激作品存在しているのも事実だ。

これが男性を「性的搾取」していないとするならば何なのか、誰か教えてはくれないか

それが必要不可欠な表現だとして擁護されるのであれば、カーテンの向こう側の漫画だって必要不可欠な表現で描かれたものでは無いのか?

よくフェミニストの言う「性的搾取」の論の中で聞こえてくるのが、「露出の多い服を着ていると男性性的目線で見られる」とあるが、

では男性露出の多い服(おおかた、タンクトップハーフパンツスニーカーサンダルといったところだろうか?)を着て歩いていたらどうだろうか。

そしてその袖から筋骨隆々の肢体が惜しげもなく陽に当たっていて、少し日に焼けて汗ばんだ肌がまるでキラキラと輝いて見え―――

といった具合の光景がもし広がっていたとして、果たして世の女性その男性に「性的魅力」を全く、それはもう全く、全くもって魅力の無い存在だと切って捨てることが出来るのか?

あるいは電車の中、それも日光の届かない地下鉄の車内で、シンプルな半袖ジャケットケミカルウォッシュジーンズクラッチバッグ、少し高価そうなネックレスを身に着けている笑顔と白い歯の眩しい青年を見て、

少しも、ほんの僅かにも、目もくれず歯牙にもかけずスマホに夢中になってしまうのか?俺だったらスマホ見ながらどっちもガン見するけど

だが、もしも、もしも、だ。彼女たちが「着ている服のせいで」性的視線を浴びるのであれば。

「何を着ていても」性的視線を「女性から」という理由で浴びせられるのであれば、

もっと言えば、「性的視線」を「女性から」という理由だけで「耐えられないほど」「浴び続けている」と彼女たちが主張するならば、

それはもう家から外に出て社会生活などしている場合では無いのでは?

というよりも、そもそも「着たい服を着たい!」と言っておきながら露出の多い服を着て「見るな!」というのはあまりにも矛盾しているし、

そもそもで見られていることに勘づいている時点で相当な自意識過剰では?

と、一介の男は思うのだ。

残念なことに、俺は男だ。クソオスだ。

だが、俺は俺のことを性的に見ている男がいることを知っているし、

もっと言えばその事実性的に興奮することもままある。

俺が変なフェチを拗らせただけなんだけど。

とまあそんなわけで(どんなわけだよ)、性的目線で見られること自体については、一般的男性よりは理解があると自負はしている。

もっとも、日常的に性的視線を浴びているわけでは無いから、自分理解しているのは彼女たちの苦痛のうち、ほんの氷山の一角なのだろうけど。

だんだんまらなくなってきたな。はやく筆を折って神棚に置きたい気持ちでいっぱいなので〆に入る。

要は、女性けが性的風体の中生きているわけでは無いだろう?ということだ。

女性だって男性性的に見ることがあるはずだし、あなた母親だってあなた父親性的魅力を感じたかセックスをしたんだろう。

そのあたりの家庭事情は分かりませんけど。

片一方だけをあげつらい、自分たちが正義であるとセッ、錯覚している様子は、

から見ていると隣国が繰り返す軍事行為のようで、それは幼稚園児どうしの喧嘩と何ら変わらないように思えるのだ。

「あの子が先にぶったから!」「違うもんこの子が私のこといじめたもん!」

そんな喧嘩三十路もとっくに過ぎたミソジニー拗らせた大人がしているって、恥ずかしくないんだろうか。

何が彼女たちを闘争掻き立てるのか。

クソオスの俺には何一つ分からないのだ。

だって俺は性的な目で見られたって別に構わないし、性的コンテンツだってちゃんと弁えたうえで付き合ってるし。

からフェミニストという名の幼稚園児たちよ、一体何が気に入らないのか、もう少し落ち着いて話してくれないか

頼むよ。なあ。

割と好き放題、頭に浮かんだことを☆PON☆っと出しただけの増田なので、

破綻しているところだらけなのは、まあその、許せサスケ

anond:20200618094140

匿名の場では共感よりも反感の方が言及欲を掻き立てるのか

反感などのマイナスエネルギーを溜めてるやつが匿名の場に多いのか

同人感想増田を見て思う事

匿名の場では共感よりも反感の方が言及欲を掻き立てる

からこそ匿名ダイアリーには本心を吐き出すよりも仮想敵擬態した文章を書いてぶっ叩かせる方がストレス解消という一面では正解なんだろうな

2020-05-14

スチームボーイ』がめちゃくちゃ面白かったぞ

AbemaTV無料配信している(残り3日)

https://abema.tv/video/episode/420-28_s0_p1

見てない人は見たほうがいい。とても面白いハリウッド作並みの大迫力アクション連続。出てくるキャラが敵でも味方でもあり、皆どこか憎めない面白いキャラばかり。

ハチャメチャアクションでうおおおおおおっもっとやれえええええって思ってると唐突現実に引き戻されスカーレットお嬢様と同じように「これは戦争なんだ」とショックも受ける。

後日談もっとセリフ説明があっても良かったが、終わり方は成長したレイスカーレット混沌とした世界で何を成し遂げるのか、想像掻き立てるものになっている。

この映画、非常に良作なのだが、今でもあまり話題にならずに「制作費回収できなかったw」と茶化されるばかりなのは、ほんとうに見る目がない。

思うに、最近よく話題になってる「オタクによる『辛口アニメ批評」で潰されたケースの一つであろう。適当同調意識作品ディスれば批評になってオタク受けすると思ってるような批評が昔は多く、実際受けていた。

そういうのに潰されてちゃんとした作品考察ネットに埋もれてしまってるのは心底残念。

2020-05-07

anond:20200505133956

今季は「球詠」のOPを見るんだ。

足の筋肉と肩幅がすばらしい。

本編だと腹筋もみれるぞ!

名作OPEDはたくさんある

単純に映像が素晴らしいのもあるけど、それだけじゃなくて、いろいろな切り口で名作たりうるので、リストとして上げていくのは難しい。

たとえば、プリキュアEDCGダンス)は好きな人がたくさんいる。プリキュアEDCGダンス評価されるのは単純にその映像のもの(もちろんすばらしい!)だけでなく、プリキュアシリーズとしてCGダンスを描き続けて、進化をしてきた結果でもある。

単体でみるのではなくプリキュアというシリーズ一気通貫にみることができるからこその評価という側面もある。

これはプリキュアにかぎらずジャンルとして、ロボットものとか、きらら系とか、アクションものとか、それぞれにそれぞれの文法があって、その中(あるいは外)で評価される。

歴代プリキュアEDダンスTVシリーズ劇場)をチェックするだけで一日充実した時間を得られるだろう。

あるいは前クールバンドリ3期のEDやプリチャン(プリパラ)のEDのように本編を補完(あるいはもっとつの妄想掻き立てるイラスト構成されたEDもある。

アニメとしての)映像としてみればものたりない。なんせ動かないしバンドリに至ってはイラスト一枚だ。しかEDとしてだめなのかいうと当然そうではない。

1枚(ないし数枚)のイラスト構成されたEDの名作は数々あって、有名なのは神無月の巫女」だろう。(当然上記2つも)


梅津泰臣映像が好きなのであれば、本編とはまた違った魅力を表現してくれるOPEDがある。

この方向だとよく知られているのは鈴木典光で、主にボンズED担当している。

鈴木典光で有名なのは、なんといっても「ちょこッとSister」がある。

本編とは違ったテイストEDが描かれることはままあって、最近では「アイカツシリーズ」が当てはまる(本編とは作風の違うイラストオンリーCGでのチャレンジと両方あって興味深い)。

まとまりはないが、何が言いたいのかというと、名作OPEDはたくさんあるから、発掘する価値があるということだ。

2020-02-23

ニュースラジオだけでいい

ネットテレビニュースを見ると

浅薄コメント、仰々しいナレーション、膨大な広告広告で本当に疲れる

テレビはいからか見なくなってたんだけど、

今年に入ってからネットニュースを見るのをやめた

うっかりするとはてブを見ていてイラついたりしてたけど

ブックマーク消して、ブラウザで閲覧できないように登録したら

2週間位で見なくても大丈夫になっていた

1日のうちに何しようかなと考える時間が増えて

本を読んだりゲームしたり散歩したりイラつく時間がほぼ消えたように感じる

とはいえコロナウィルスの話を聞いて

完全に情勢を遮断しているのも不安になってきて

思案してラジオを聞いている

多少偏向気味な人もたまにいるけど

声は感情が乗りやすいからなのか

報道に関しては抑制の利いた喋りで精神的にいい

芸能ニュース揚げ足取り比較的少ないのもいい

個人的見解を述べる段になると個人的見解を喋る時の抑揚になるのもいい

広告も多いけど音声のみという性質上、想像力掻き立てるような作りにしてるのもいいか

なんかこれからはこれでいけそう

2020-02-11

黄金マリオ像と「悪の組織初心会」と任天堂エンタテインメントの話 ※追記有り

 黄金マリオ像、というものを知っているだろうか? 1990年代の子供たちの憧れであり、ゲーム屋の怨念掻き立てるアレのことだ。

 任天堂が始めた「任天堂エンタテインメント」というフランチャイズシステムがある。任天堂の卸を担当している初心会に金を払うことで、大作ソフトが多数回してもらえるようになるのだ。通常はゼルダの伝説20しか入らないのに、これに入会していると400本入ってくるというわけのわからないシステムだ。かわりに敷地が何畳以上とか、保証金が最低百万だとか、それなりにリスクも追うわけだが。で、入会すると貰えた店用販促物がこの黄金マリオ像だ。これがおいてある店は結構子供心に輝いて見えたものだ。店主からしたら忌々しさもあったものだろう。

 今ではなぜか初心会がかつてゲーム業界を牛耳っていた悪の大組織に扱われ、その象徴としてこのマリオ像がやり玉に挙がることもあるのだが、もうちょっと詳しくここらの事情を書き残すことにする。おっと、私は決して業界内の人間でないので、そんな人間でもわかる範囲内のことと、想像できるものの話ししかしないぞ。


 昭和時代ファミコンというものが生まれおもちゃ市場は一気に変わっていった。玩具なかにデジタルデバイスが入り込み、子供たちは夢中でファミコンゲームを買い漁った。マリオドラクエロックマンスターソルジャー……いろんなゲームが生まれ飛ぶように売れていった。するとどうなるか。街にファミコンショップというものがどんどん増えていった。

 任天堂おもちゃ流通として使っていた初心会を利用してファミコンソフトを全国に出荷した。この初心会とはようするに任天堂と付き合いのあったおもちゃ卸業の親睦会だ。もともとそんな大それた組織というわけではない。

 もちろん昭和時代からすべての小売店初心会問屋取引しているわけではないし、おもちゃ卸業の会社の大多数が初心会に入っているわけではない。そのため初心会に非参加の二次問屋も多数いた。その二次問屋を通ってファミコンソフト仕入れ小売店もまた非常に多かった。ファミコンが売れると嗅ぎつけた奴らはこぞって店を立ち上げ、夢中でソフト仕入れ売りさばいた。ゲーム市場がどんどん大きくなり、セガNEC独自流通をつかってゲーム市場に乗り込んできた(一部セガ初心会を使ったりもしていたそうだが)。


 ファミコンからスーパーファミコンへとプラットフォームを移した頃、いよいよ任天堂初心会に難題が降り掛かってきた。「小売店が多すぎる」問題だ。

スーパーマリオコレクションを例にあげようか。どうやっても200万本は売れるゲームソフトだ。工場もそれを見込んで確保する。ところが小売店からの注文を吸い上げた初心会への注文は、それを遥かに超える500万本になる。

 なぜこのようなことが起きるのか? 小売店が欲しい数をそのまま問屋に注文するからだ。その地方にすむ子供の数を見込んで小売店は注文する。しかし近隣のライバル店も同じ数だけ発注しているのだ。品切れを恐れた小売店の注文は初心会でまとめられたところで重複に重複を重ねた数字になってしまう。

ではそのまま工場をフル生産して500万本作るべきだろうか? 論外だ。そんなことをしたら小売店には大量の売れ残ったマリオコレクションが棚を締めることになるだろう。その結果はどうなるか。値崩れだ。そしてアタリショックの二の舞になってしまう。

 よく「クソゲーの氾濫でアタリショックが起きた」といわれるが、事実はまたもうちょっと違う。クソゲーの氾濫の他に「価格崩壊」もあげられる。小売店は売れなかったクソゲーを値引きする。値引きしたソフト消費者は買う。そうすると正規価格ではそもそも見向きがされなくなる。そのため正規価格が守られなくなりどんどん値下げに走り、撤退倒産したメーカー放出した在庫さら市場に流れ、価格さらに落ち込み……というデス・スパイラルが、アタリショックだ。任天堂絶対にこの現象を起こしてはならなかった。

 適正量を見極め適正量の製品を出荷する。その結果は「儲けさせる小売と、そうではない小売とを選別する」必要に強いられる。すべての店に平等マリオを出荷すべきだろうか? いや、そうではない。不人気ソフトでも買い取ってくれる、不良在庫を引き取ってくれる小売店初心会優遇しようと考えた。人気ソフトしか買わない小売店は卸からしたら不要なのだ。そんな店なら上得意の店に回したほうがマシだ、というわけだ。

 それまで抱き合わせ販売をして初心会小売店を選別してきたが、さすがにいよいよ無理がでてきた。この状況を打破するための小売店選別システム。それが上記任天堂エンタテインメントであり、黄金マリオなのだ。なんなら小売が卸を担当してマージン取って他の小売店にまわしてもよい(まあこれは表向きはNGということになっていたが)。なお、「敷地面積○畳以上」という条件を満たせなかったプレハブのようなファミコンショップも当時は結構あった。

 ところがこのシステムスーパーファミコン末期には崩壊する。任天堂エンタテインメントに参入する小売自体が増えすぎてきたのだ。さらにはその地方に一店も任天堂エンタテインメントに参入していないような状況だとむしろ在庫拮抗して小売店にとっては不都合がなくなる。そうなると「誰も参入せずに困らない地方」と「全員参入してしまって困っている地方」とが生まれてくる。最終的に「入れば儲かる商材が大量に仕入れられる」から「入らないとそもそも入荷しない」にまで悪化する地方すら生まれたという。小売の選定にも限界が来てしまった。


 そうした状況がプレイステーションによって完全に破壊された。ソニー独自流通で直接小売店に卸たのだ。問屋不要になった。問屋は今まで選定する立場にいたが、以降は選定される側に回った。初心会内で吸収合併が続き、数をどんどんと減らしていった。初心会外の問屋も潰れるか、吸収されるかになっていった。初心会はいくつかの改革を行ってきたものの、結局プレイステーションの攻勢に太刀打ちできず解散した。解散後も任天堂意向を汲んだり任天堂意見をいったりとしてそれなりに機能していたが、岩田社長へと社長交代が行われたあたりでその動きもだいぶ削がれていった。

 なおソニー流通でもいくつかのごたごたがあり、最終的にはゲームメーカーが自社独自流通を持ち直接小売店に卸すようになった。これがPS1後期。今では大手ゲームメーカー自主流通に、中小サードがぶら下がる形でゲーム流通されている。みんな大好き日本ファルコムコナミ流通担当しているぞ。

 

 初心会は決して業界を牛耳っていた悪の組織ではない。アタリショックの幻影に怯えそれを阻止しようと尽力し、結果滅んでいった(厳密にいえば滅びてはいないんだが……)清濁併せ呑む存在だ。黄金マリオ像は小売からしてみたら忌々しさを覚える象徴だろう。しか初心会からしてみたら、それなりに自己正義というものがあったんじゃないだろうか。






追記

 こんなつまらない日記ブックマークしていただけて感謝。すごく嬉しい。いくつかブコメに返信する

従事

 多数指摘をいただき大変申し訳無い。何分脳が8bit故許してもらいたい

任天堂を絶賛するやつってこの話題絶対触れないよな。これのせいでメガドライブPCエンジンソフトがどれだけ買いづらかったか(入荷数が極端に少ないという意味

 これは因果が逆なのではないかな、と思っている。

 たしかに小売に対して問屋が「他の所とは取引するなよ」と圧力をかけたという証言はあるのだけれど、じゃあ実際どうだったかというとNECPCエンジンCD-ROM2ユニットを売り出したときには至るところから寄越せ寄越せの大合唱になったということもあるんで、「上手いこと小売もやっていた」んじゃないかと思う。もしくは問屋自分のところを経由する形なら文句言わなかったとかかな。

 PCエンジンメガドライブはただただ出荷量が少なかった。めちゃくちゃ売れたイース1・2やソニック・ザ・ヘッジホッグで30万本くらいだ。同時期のスーパーファミコンミリオンソフトがずらりと並んでいる。小売は当然売れる商材を中心に揃えるわけだから、圧されてしまうのは仕方ないんじゃなかろうか。

 そうして売れる商材を揃えている初心会からこそ、横暴なことをやっても小売は耐えてきたわけだ。単純に販路が弱いっていうのもあるはずだ。スーパーファミコン初心会とそれに非参加の二次問屋を巻き込んで在庫のやり取りをしていたので品切れをしてもリピートの確保ができた。PCエンジンメガドライブはそこに余裕がなかったので即メーカー発注になり、そこにも在庫がなければリピート待ちだ。


権力もってる人間がオトモダチ優遇したりグレーな事やってたりするのを悪の組織と呼ぶべきではないかって言うと・・・

 オトモダチ優遇なんて話しじゃないよ。単純なビジネス上の付き合い。ドラクエマリオしか欲しくない小売は多かっただろうけれど、そんな小売は問屋からしたら何の魅力もない取引だってことだね。


ゴールドマリオ像懐かしいな/最近任天堂絶賛派はこの件を知らないか、知ってても「流石山内組長は商売上手!」みたいに言うのではなかろうか

 山内社長から出た案ではないと思う。というか任天堂発案ではないんじゃないかな。マリオ像も販促物も初心会名義だったので、集まった金は初心会管理していたのだろう。任天堂からしたらどこの小売に儲けさせるか云々はさすがに範囲外だからね。


>当時はリピートもめちゃくちゃ時間がかかったんでね

 これに関しても面白い証言があった。確かにROMリピートに二ヶ月以上かかり、CD-ROMは3週間ほどで生産できたというんだが、「在庫がなくても問屋にある。問屋になくてもメーカーにある。メーカーになかったらいよいよリピート待ちになるが、3週間後でも二ヶ月後でも結局熱が覚めてしまうから同じことだ」というものプレイステーション問屋メーカーが一体化していたから、初心会内でやりくりしていた任天堂比較して在庫の数という面では不利になったかもしれない。ファイナルファンタジーみたいなリピート待ち必須超人ソフトはさすがに恩恵があっただろうね。

 続きを希望されてて嬉しい。実はネタはあるから、気長に待っていて欲しい。初心会から開放された小売がどうなったかというと、あんまり明るい話題じゃないんだけどね。

2020-02-10

地味な女の子がすげぇ気になる。

183cm運動神経は悪いが志尊淳に似てると言われる。MARCH在学中。出身はど田舎。こないだ地元に戻ったときに所要で○A行ったんです、○A。んで、受付にいた地味でメガネ女性に、なんというか目覚めてしまった。俺こういう人としたい!みたいな。今まで付き合った経験は2人あるけど、同年代一般的かわいいといわれるような子と付き合ってんです。○Aの受付にいるような地味なこはタイプじゃないと思ってたんです。でも違った。こんなふうに思ったことは今までなくって。ツレに言ったらどうしちゃったよ?みたいに言われそうだけど、そう思ってしまったらしょうがない。これはただの好奇心なのか、それともタイプが変わったのか。なんか妄想掻き立てるんだよなぁ…。明日帰るけど、どうにかできないかな。

2020-02-02

テレビ出演する女性はゆらぎ荘以上の有害表現

ハイヒール纏足となんら変わらない。

しかし,纏足をした姿を美しいと思う現代はいないだろうが,ハイヒールを履いた姿を美しいと思う人は多い。

テレビに出る女性はあたかも当然であるかのようにハイヒールを履いている。

それを見た視聴者はどう思うだろうか。

女性ハイヒールを履いて平然としていることが普通である視聴者は思うのではないか

これはゆらぎ荘以上の有害表現だ。

ゆらぎ荘は虚構だが,ハイヒールを履いてテレビ出演する女性実在している。

ハイヒールを履いてテレビ出演する女性苦痛に悶えているべきである

ハイヒールを履くことと,ハイヒールが好きなことは異常である視聴者認識させるべきだ。

もっと言えば,テレビ局は出演女性ハイヒール着用を禁止すべきだ。

創作物でもハイヒールの購買欲を掻き立てるもの問題だ。

女子児童向けのコンテンツ(例えばセーラームーン)を見てハイヒールを格好良いと思う人がいる。

創作物ハイヒールを履いたキャラクターを登場させるなら,ハイヒールに恨みを抱く描写を入れるべきだ。

上野千鶴子ハイヒールは野蛮だと主張している。

私もそれに全面的同意する。

https://twitter.com/ueno_wan/status/1175777727942516736

2019-12-28

何で人間活動寿命ってこんな短いんだろうな…

35歳位までにはある程度道を決めないと生きることが難しくなる。

それまでに稼ぎに稼いで余裕がある人なら良いと思う。

良くある、一流企業で勤めてから脱サラの話とか。

脱サラの後は知らんけど。)

ただ、右往曲折しながら頑張ったけど、不意にちょっと疲れちゃった人は詰む。

もちろん、その一瞬のために全てを賭けるっていう考え方もわかる。

ただ、35って言うマジックナンバーがいろんな意味で焦りを掻き立てる

せめて、人間若さが60歳…せめて40歳位まで続いてくれれば一度は思いきれたことが出来るんだろうな。

まあ、伸ばせば良いってわけでもないし、

先延ばしな考えだから何も解決しない。

人間ももう良いやってなったら、プツンと電源が切れれば楽なのにな…。

2019-11-24

anond:20191124223910

君も文系素養を身につければ、「それ」が何か分かるようになるよ

何が彼らをあそこまで掻き立てるのか

文系日本を滅ぼす

彼らは人の役に立つものを何も生み出さないくせして、最近の例を挙げるだけでも

ワクチンを中止に追い込む

献血広報妨害

国会では被災地そっちのけでくだらない追求

などの弱者に実害を及ぼすことにはせっせと精を出す。

それに対して、中国人差別と取られかねない発言があったとはいえ本来なら左巻きの人らが好きなはずの)表現の自由範疇であり、何ら上記のような実害は及ぼしてない研究者を、職を追われるまで追い詰めるかのような魔女狩りで嬉々として破滅させようとする。

歴史雑学」の指摘で痛いところを突かれて発狂したのかもしれないが、何が彼らをあそこまで掻き立てるのか不気味でしかない。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん