「細胞」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 細胞とは

2017-12-14

anond:20171214130428

たぶんなんか勘違いしてると思うけど

時間の経過は決して止まらいか永遠に思えても必ず結末はやってくるぞ

時間認識は脳細胞代謝と電解能に関係するから

体感時間の遅延にも限界がある

永遠に走馬燈を味わうなんてのは存在しない

2017-12-12

水溶性食物繊維

ペクチン - 植物細胞壁における細胞間接着物質であり、果物に多く含まれ

グルコマンナン - コンニャク芋の貯蔵炭水化物であり、こんにゃくの原料、なお、固化したこんにゃくは不溶性食物繊維が大半となる

難消化性デキストリン

アガロース - 海藻のうち紅藻の細胞壁の主要構成要素であり、紅藻から抽出される寒天の主成分

アルギン酸ナトリウム - 海藻のうち褐藻の細胞壁の主要構成要素であり、コンブなどに含まれ

カラギーナン - やはずつのまた、すぎのりなどの紅藻類に多く含まれる多糖

フコイダン

不溶性食物繊維

セルロース - 植物細胞壁の主要構成要素で、野菜など植物性食品から多く得られる。日本人は平均15g/日の食物繊維摂取しているが、そのうち12gは不溶性食物繊維で、そのほとんどがセルロースである推定されている

2017-12-08

anond:20171208135911

それは研究者の「役に立たない」は一般の人の言うところの「役に立たない」ではないから。

謙虚を含めて「(すぐには)役に立たない」という人が多いのだが、それが一般には悪い印象を与えるところもある。

これを読んでみ。これが研究者典型的な「役に立たない」の用法

結局、すぐではないがいつかは役に立つこと前提。

http://www.asahi.com/articles/ASK3P05QWK3NULOB00J.html

役立たない研究、しようよ ノーベル賞大隅さんの憂い

「役に立たない研究をしよう」。ここ10年、大隅さんがそう話すと、「それでいいんですか」と首をかしげ学生が増えたという。細胞内の新陳代謝の仕組みを探るオートファジーの研究ノーベル賞を受けた大隅さん自身研究の成果が役に立つかは意識してこなかった。「科学金もうけのためのものではなく、社会を支えるもの。すぐに役に立つことばかり求めていたら基礎科学はできない」と話す。

2017-12-07

anond:20171207174611

ほどよく脳細胞破壊することで、新しい脳細胞誕生を促したりしないの??

アルコールが例え少量でも脳細胞破壊する毒であることが判明したこタイミングストロングゼロなどというもの流行るのは完全に奴等の術中と言っていい

哲学的ゾンビで感心してしばらくした後の考え

結論からいうとやっぱり魂は唯物論じゃないの?

 

だって脳みそ欠損したら今の意識保てないじゃん。

もし魂がスピリチュアルもので霊的存在であるならば

別に大脳皮質がなくても考えられるし意識を保てるでしょ。

単純に物質的な部位が記憶意識を保存してるし

同じDNAを持つ双子意識を共有してないことから

例え類似個体同士でソフトウェアが似ててもそこにはつながりが発生してないってことじゃん。

そこらへんに歩く蟻とかに人間の魂が入っていてもいいはずでしょ。

でも人間の脳持ってないから無理でしょ。思いっきり唯物でしょ。

霊とかフワフワした言葉ではなくて、

人間が持つ自意識って意識記憶でしょ。

意識記憶を司ってるのは思いっき脳みそでしょ。

 

それで哲学的ゾンビ反論としては

科学的に検証できない意識や魂を持たないゾンビとの比較から差異を行うわけだけど、

そもそも哲学的ゾンビ科学的に成立する存在ではないでしょ。

未だかつてそんなやつはいないんだから前提からして間違えてるでしょ。

脳みそがあって生きていれば意識を持つという物に左右される反応しか未だに世界は見せてないけど。

 

俺が即物的だと判断するのは今の科学技術で魂を観測できてないだけ考えているから。

今の時代でさえどんどん観測できていなかった粒子や重力波観測していってる。

観測はまだまだ未発達の段階であって、

今霊的存在と言われる意識もまだ観測できる領域に到達してないと考えるのは不自然ではない。

しろ現実で成立しないような哲学的ゾンビを論じる方が都合のいい解釈の仕方だと捉える。

 

脳の機能問題よりも霊的な問題の解明の方が大切だというのを広めたのは大変素晴らしいが

霊的なもの唯物論ものに左右されないとか

唯物論は偽であるとか

結論まりすぎ。

受精増田とか読んでてもそうだけど魂の発現そのものが思いっき物質に左右されてるじゃん。

物覚えが付く時期が人によって違うのも、脳の発達が思いっき意識記憶に影響してるからじゃん。

唯物じゃん。

エーテルなんてなかったように幽霊お化け存在せず、

細胞のものが魂であって現段階で科学検証観測ができてないって話の方がずっと信憑性がある話かと。

anond:20171207001444

1年すれば自分で物を考えることができることと、今は意識も何もない単なるいくつかの細胞の塊でしかないこととは何も矛盾しないぞ???

2017-12-06

スパコンすごいなブコメからバカをどんどんあぶり出してくれる

おかけでブロック捗る捗る

細胞の時もそうだったけど、やっぱり科学不正鉄板だわ

2017-12-02

anond:20171202175259

ああ、なんで噛み合ってないかわかった

官製インフレ政策経済動脈硬化対策なんだよ

細胞全部に均等に血流流す政策でも細胞全部を救う政策でもないんだ

2017-11-28

非婚化と少子化根本的な原因について

工業化が進み、経済成熟している世界中先進諸国においては、どの国でも少子化が進んでいるという。それらの先進諸国経済を支えているのは、昔ながらの重厚長大産業家電産業などではなく、高付加価値を作る高度製造業サービス業だ。一例をあげるとすれば、iPS細胞再生可能医療であり、これは日本アメリカと言った成熟した先進国でこそ可能仕事であり、新興国にはまだ早い、というより不可能だろう。

そのような高度製造業が主要産業になった先進諸国で求められる人材とは、はっきり言ってしまうと「凡人はいらない」、という結論になる。日本アメリカ、欧州諸国で求められる人間とは、頭が良くて、スマートで、容貌普通以上で、コミュニケーション能力が高い人材と言うことになる。能力普通で、何のとりえもない人間は今後も生きづらい世の中になるのではないか。そう考えてみると、少子化は当然の帰結だとも言える。普通人間のもの社会から求められていないのだから

時代の転換点は、やはり1990年代バブル崩壊後だと思う。日本お家芸であった家電産業シェア新興国に奪われ、日本はそれらに替わる新しい「儲かる産業」を作り出す必要があった。あれから約30年が経過したが、ようやく日本にも高度産業が生まれつつある。日本で一番集積が進んでいる場所は、大阪神戸かな。その代償として、日本少子化が進んできているということ。

2017-11-25

ガイア理論

人間細胞細胞がたくさん集まって、一つの大きな生命体を形成しているという仮説。

あなたの愛で周りの人々と結びつけば、素晴らしい環境になるでしょう。

[]セクハラに巻き込まれ

SIer 入社2年

[金]

・私、先輩、製造委託先の営業おっさん(といっても30代半ばらしい)と、3人で飲みに行く。

営業の方が終電を逃したので3人で始発を待つ。

・先輩が一瞬姿を消した瞬間、おっさんにいきなり顔を掴まれてに舌をつっこまれるというセクハラをうける。

必死に抵抗するも逃げられず、10秒程経過した後やっと解放される。

[土日]

・恐怖のためか思考が散漫になり何も手に付かない。

・食欲がない/手や脚が震える/常に涙が滲む 状態となる。

[月]

・出社。

思考が散漫になり、文章を読むことと話を聞いて理解することができず、仕事ができない。

・同期に相談する。上司への報告を勧められる。

 ただ相手処分が下ると、チームメンバー業務に多大な影響を与えるため、オオゴトにしないつもりだと伝えた。

[火]

・出社。

・怖くてトイレから出られない、常に動悸がする、廊下が怖いなど身体的な症状は悪化の一途を辿る。

・なんとか進捗会議(例の営業おっさんもいる)に参加するも体は動かず何も発言できない。

業務へ支障が出ているため、取り急ぎチームで一番優しい先輩に相談する

[水~金]

・休暇をとる(元々予定していた)

・この3日で、先輩→チームリーダー上司へと話が進む。先方も交えて様々なやりとりが行われたようだ。

[土日]

特になし

[月]

・チームリーダーから、私/例の営業の間で、直接的なやりとりが発生しないように対応たことを伝えられた(私の担当業務営業を、別の人間に変える/進捗会議などは別の営業を参加させる 等)

・ただ、他プロジェクトではその営業を引き続き使い続けるため、廊下エレベーターで出くわす等は覚悟しなければならない。

・弊社のルールに則ると、本件はもっとオオゴトになる事案だが、既婚男性二人と遅くまで飲んでいた私にも非があることを考慮し、また他プロジェクトにその営業存在は欠かせないため、今回は穏便な対応をとることとした と伝えられた。

・私に非があると言われたこと(悪気はなかったのかもしれないが)、私は所詮社員Aだがその営業は替えの効かない人間として扱われている事実が突きつけられた気がして悲しい気持ちになる。(実際にそうなのだが)

[火、水]

・早退しながら出社。

・熱が出る、会社を出ると涙が出る、眠れないなど、状態悪化の一途を辿る。

[木]

・チームリーダー上司面談をする。

上司から、今回の件で私にモラルがないとは思っていない、と弁解をうける。

・(「私は所詮社員Aだが~・・・、」という認識について)他社の人間より自社の社員大事なのでその認識は誤っている、と言われる。

[それ以降]

・段々元気になっている。

・ただ(認識齟齬のせいだとしても)上記対応で一度ショックを受けたため、どうしても上司への不信感が拭えない。

たか営業一人いないと回らない組織への気持ち悪さが拭えない。(弊社の技術力がないため、様々な判断自力で行えないという背景も含めて。)

・本件がなければ、優良な労働環境のため離れがたいが、一旦転職してみるのもいいのかなと考えている。

11/26 追記

暖かいコメント本当にありがとうございます。全部に返信したいくらい、嬉しいです。私は、ただ、手放しに、私は間違ってないと言ってもらいたかったんだと思います。そう言っていただけて、心が救われました。本当にありがとうございます

また、同期、後輩、最初相談した一番優しい先輩は味方になってくれました。

11/26 追記

会社バレが怖かったので、追記の一部を削除しまいました。すみません

意見アドバイス本当にありがとうございます

うそういう業務なんだと思って、頑張って然るべき箇所に報告しようと思います

また、身体的にまだしんどいので、早めにカウンセリングを受けてみようと思います

11/29 追記

多分皆さんに胸をはって報告できるような結果になると思います。まだ油断できませんが…。

みなさんのコメントがなければだめだったと思います。本当に本当にありがとうございました。バレが怖いので、少し期間が経ったらご報告します。

つらかったです。絶対に死にたくないと思っているのですが、自室では確かに私が首を吊ってたし、ベランダから飛び降りる私も見ました。

脳ミソの大事な部分がぶっ壊れたようでした。もう元気ですが、その感覚は多分残っちゃうんでしょうね。でもも大丈夫だと思います

11/30 追記

別の上司相談した。社長まで話が行った。良かった。

今日警察被害届を出すことを勧められた。でもも疲れた

加害者に憎しみとか嫌悪感とかが怖いくらいに沸かない。そのため、法的手段にでることと私の気が収まることは無関係だ。

でも世間的に適切なことをしないのはやだな。

麻痺してるだけかもしれない。麻痺がとけたとき、やっぱ被害届だしとけばよかったって後悔するのはやだな。

訴えたらお金とか貰えるのかな。疲れたな。

でもタスク(→被害届を出す)が残ってるんだったらちゃんと消化しなきゃいけないな。ああ疲れた

12/1 追記

会社間の整理は納得いく結果となりそうだ。

相手事実を認めている。後日弊社へ内容証明を提出するそうだ。残るは個人間の整理だけだ。

今日弁護士をたて示談金を貰うことを勧められた。(私も第三者なら同じ事を言うと思う。)

本件をうまく自分のことと認識できない。でもずっと本件が思考の大部分を占めている。どこかの誰かが、私の脳ミソを勝手に間借りしているみたいだ。

自己防衛的な何かが働いているのだろうか。それならば正常でない私の判断よりも他人判断のほうが正しくて適切なんじゃないか。周囲の人々の反応は、数年後の私の反応なんじゃないか

・当日のことを、第三者として考えてみた。年下の女性からナメられてたんだろうな。(業務上の行動も鑑みて)

そう考えると、むかつくという気持ちが沸いてくる。

お金問題じゃないけど、相手に金を払わせたっていう事実がほしい。相手の優位に立ったという結果が手元にあればもう少し気持ちが楽になるかな?

でも行動を起こしたら、私は本当に被害者になってしまう。(へんな理屈)

12/1 追記

本件とはまったく関係ない話だが

ずっと心配してくれてた職場の人から段々この件に関係ないLINEがくるようになった。

あたまがおかしくなりそう。あたまがおかしくなりそう。

なんで立場が上の人間から雑談LINEがくるの???

女性相談すれば、そんなことで??とかモラルないみたいなことをいわれ

男性相談すれば、、、う、ううう

そんな意味はないんだろう。普通に人間として親しくなったレベルちょっとあがったんだろう。これは本当に、あたまでは、なんでもないことって、あたまではあまではあたまではわかってるんです。

下の人間が思ってるほど上の人間って立場気にしてなかったりする。そんなかんじなんだろう。

こういうやりとりも普段なら、わーなかよくなれたーって、たぶん嬉しいだろう。

でも今はだめだ。今はだめだ。

でも普段なら大丈夫から大丈夫だし、普段なら大丈夫なら本当は大丈夫なんだろう。

いまだめなのはわたし疑心暗鬼疑心暗鬼疑心暗鬼疑心暗鬼なんだろう。

はやくもとどおりなりたいはやくもとどおりなりたいはやくもとどおりなりたい、はやくもとどおりなりたい、。なんでこんなことになったんだろう。

(同期や後輩は性別関係なく味方になってくれる。年代の違いによる感覚の差なのかな。)

■追記

元気が出ることをいっこずつ積み重ねて、やっと元気になったのに、些細なことでまた一気に逆戻りしてしまった。(からだがうごかない、食欲不振、おえってなる)はあ。

■追記

まだ朝起きたときがつらい。でも段々元気になってきた。

当初は性的コンテンツがまったく見れず大好きなpixivも見れなかった。

健全ジャンルを「-18」にしてやっと見れるくらい(マイナス検索はじめてつかった)

でもやっといつもみたいに二次創作みれるようになった。(腐なんです)よかった。

キスシーンはまだウッッってなるけど我慢すれば見れる。

昨日はとてもいい作品を見て元気になり、やっと掃除食器洗いができるようになった。

■追記

不安や恐怖でガチガチになってる脳みそも、ウイスキーをのむと、やわらかくほぐれてくかんじがする。4日もやすんじゃったし、そろそろ会社いかなきゃね・・・

おなかすいたとき無意識冷蔵庫のドアあけるみたいに、無意識に、あっベランダから飛び降りなきゃって思う時がある。

でも残された人の辛みを考えたら...わたしは...。そういう体験ストッパーとなっている。それが、まるで、いつも私の人生を常にあっちがわにひっぱっている・・・・・・が、いまは、こっちがわにきちゃだめだよって言ってるようだ。

今回の件で許せないのは、私が許しちゃいけないのは、精神がやられることをみんな軽んじていることだ。精神がやられると人はあっというまに死ぬんだ。

上の人間は、今度は「・・さん(私)がオオゴトにしたくないっていってたから穏便にしたんだ」とかいってる。でもそれは撤回した。

私は本件について最大限オオゴトにすることを望んでいる。それが私の義務だと思っている。

■追記

よっつ前の追記はどうかしてた。まだ本調子でないようだ。

昨日からずっとうまるちゃんRのOPEDを聞いている。ずっと聞いていると段々人間にもどっていく気がする。

昨日、やっと、自分被害者認識できるようになった。逃避だったんだろう。人間心理不思議だ...。

今後は会社から弁護士を紹介してもらい然るべき対応をすすめる。やってやったという事実があればだいぶらくだとおもうから

会社が味方になった瞬間から、とても息がしやすくなった。でもまだ時折唐突に強烈に死にたさが押し寄せてくる。

からいまは、食べること・眠ることだけちゃんとできればえらいえらい。

■追記

自己防衛的な何かが働いているのか、加害者に対して何の感情も沸かない。

代わりに、私の怒りだの憤りだのが全て自分組織人間に向かってることは誰も想定してないだろう。

まず私が最初に先輩に相談したとき、「セクハラされて怖い」しか伝えられておらず、具体的になにされたかまでは話せてなかった。

上の人間は「どうやらセクハラされたらしい。」という状態のまま先方とやりとりを行い、その結果「穏便な対応しましょう」という整理になったようだ。

まりここまでの被害をうけているとは思ってなかったのだろう。

セクハラ騒ぎがあるからとりあえず火消ししとこーって感じだったのかな。蓋開けたら性犯罪でした、と。(そもそも私に状況説明する機会与えないまま対応完了させたのが間違いだ)

最初に、私もきちんと伝えられてなかったのは悪かったけど(アラートあげるので精一杯だった)誰が悪いとかは関係なく、

上の人間からこういう扱いを受けたことで、私の精神は本当にバキバキになったんだ。

たとえ、本当に、悪気がなく、単なるボタンの掛け違いだったとしても、しょうがないよねで済ませられダメージでは...ない...。

一人になると猛烈に死にたくなる。朝起きると死にたくなる。笑った後死にたくなる。死にたさが常につきまとってる。この強烈な死にたさから、私はい解放されるんだろう?心が完全にぶっこわれたとき感覚細胞の一つ一つにしみついている。時間経っても、ぶっこわれた跡みたいなのはずっと残り続けるのかなあ。

トドメをさしたのはあなた方なんです。

前列のない事案だったし誰にでも間違いはあるけど、あなた方にトドメさされたって事実は変わらないです。本当に反省してほしい。

どうしたらいいんだろう。非難訓練みたいに時々抜き打ちでテストしたほうがいいのでは?と思う。

■追記

とうとう自席でも泣いてしまった。もう疲れた

周りの人間業務多忙によりメンタルやられたと思ってる。

疲れた

だんだん元気になってもなにかあるとすぐに逆戻りしてしまう。

疲れた

この人なら大丈夫だと思ってた上司も、先方と不正な繋がりあるらしいと耳にした。

ああ疲れた

結局内部通報することにした。最初からこうすればよかった。

■追記

死にたくない死にたくない死にたくない

(比較的)健全だった精神状態を返してほしい。

ベランダでしゃがみこんで死にたくないと呟き続ける、一人。こんなことしたくない。(寒いし。)

初めて精神病院にいった。以外と高い....そして混んでる。

私が死んでも、そのきっかけをつくった人は生きつづけますね。その人たちは、私が死んでいる間も、その時間の中で、笑いますね。たとえ数秒でも、笑いますね。それは..釣り合いがとれません。(だから死んじゃだめだよ、と友人に言われた)

自席で、全員ぶち殺してやるっていいながら号泣してた。なにもしらない隣の席の先輩が、よしよしとしてくれて、おかしをくれた。

健全精神を返してほしい。

健全精神を返してほしい。

わたしを、少しでも、傷つけた人々に、

あなたたちはそういうことをしたんだって知らせたい。

■追記

疲れたなあ

■追記

穏便にしたのはわたしがオオゴトにしたくないと言ったから。

最初言われた「プロジェクト考慮して」という理由

なぜかチームリーダー妄言あつかいになっている。

かわいそう。

みんなわりと脊髄反射で訴えろとか被害届せとか金とれとかっていってんのかな。しってるし、そういう反応が被害度の指標になるからいいんだけど。

結局やるのはわたしなのよね。ああ疲れた。ほんとはなにもしたくない。これは作業だ。

みんなは怒りとか腹立たしさから、言うね。

でもこれは、怒りをおさめるためでも恨みはらすためでもない、ただのタスクよ。殴られたら殴り返さなければいけない。(それは殴りたいとか殴りたくないとかいう話じゃない。)

親族刑事事件被害者だった、って人だけは、(私が法的手段をとることに)難色しめしてたね。そういうことなんだろうね。たぶん大変なんだろうね。疲れたなあ。もっと疲れるのかな。金もかかるだろうし。ああ疲れたなあ。

全然気付かなかったけどもうすぐクリスマスなんだな。

■追記

ああ疲れた

眠い

手続き想像以上にしんどい(おもいだすので)

ああ眠い 10時間くらい寝たのに眠い

しんどい 疲れた

■追記

ウイスキーはおいしい

不安かいらだちとかいマイナス感情が、あたたかものに変わっていくようだ(単純に体が温まってるだけかも)

やっと警察にいった

もっと冷たい対応されるかと思ったけど、聞いてくれた人も「そんなやつは!」みたいな態度だったから...安心した

年明けから対応してくれるそうだ

でもこれで本当に被害者になってしまった(まあ最初からそうなんだけど。微妙な心境があるみたいです。被害者心理とは難しい。)

ああ疲れた

お酒のんでるときが一番幸せだな

■追記

今日は元気だ!

久々に美容院にいった(長い髪だとなおさら病んでる感でるから)

ばっさりきってトリートメントもした。

髪が、生き生きしている、、!

今日は元気に過ごせそうだ!

LGBTは裸の王様

あいつら全員基地外だろ?どのみち性欲が強い獣であることには変わりがないわけで、通常の性癖では満足できないからよりハードな刺激を求めてアブノーマルに走ってるだけ。

正常細胞の分裂に失敗すると癌細胞になる。正常な生物の複製に失敗するとLGBT生まれる。LGBTは子孫を残せないから淘汰される。(バイは子孫を残せるかw)

ポリコレ棒で殴られるから関わらないけど、ブラックリスト登録する手間が省けるから良い目印としては使える。

2017-11-21

最近サウナ記事ばっかだよねステマじゃないの?

はてなサウナばっかり。

これから大規模なサウナサービスをどっか展開するんじゃ無いの?

怪しすぎない?

よっぴーのこの記事メンツ見てみてよ

https://travel.spot-app.jp/shikiji_yoppy/

どー考えてもサウナ好きの顔じゃないよ。顔死んでるし。

ビジネス色凄いんだよね。

よっぴーは確かにサウナ好きそうだけど。

サウナ好きの顔ってもうサウナで脳細胞死んでる顔してるから

もしこれら一連のサウナ記事ステマならはてなブックマークステマで死んでるってことだよね

からこの勘は外れてて欲しい。

2017-11-19

ディストピア

ここはNWOの悲願が達成された、

もう一つの地球

世界企業地球支配構造を掌握してからおよそ300年が経過した

人類は遂に「自ら思考するAI」を完成させ、

それにより人々は考え得る限りの自由平等を手に入れた

地球上に存在したあらゆる問題解決され、

重力を含む全ての力を手中に収めた人類

否、AIは魂さえを管理する領域までに科学を発展させた

それをもってしてあらゆる幸福の形を人類提供し、管理、そして支配していた

まれる前から遺伝的な疾患や欠点排除した遺伝子プールが作られ、

その中でのみ人々はランダム性という名の個性を持つことができ、誕生することができる世界

人類の住処は全てがAI管理され支配された機能都市になっていた

 

だが、どれだけ人々の幸福を満たそうとしても

人の業とも言える欲望は留まることを知らなかった

一部の市民たちは、完全なAIから支配を望む声をあげた

人には試練こそが必要だと

不自由から勝ち取ってきた歴史人間に取り戻すべきだと主張を始めた

全てが管理され意思決定に参入できない現状は、

人としての尊厳が損なわれていると彼らは考えていた

デモ活動だけでなく公開討論にてレジスタンスと化した彼らは、

どうにかしてAIから自治権を奪い取ろうと戦った

しかし、人類の脳細胞と同質量・同熱量にして20億倍以上もの知能を持つ人工知能にとって、

既に人間との討論は意味のない儀式めいたものしかならなかった

当然、討論会の結果からレジスタンス以外の市民から賛同、支持を得られることはなかった

 

討論会で成果を上げることができず長いときが流れた

彼らの持つフラストレーションは一気に高まり

時に小さな暴動や騒ぎを引き起こし

そのたびに警護ロボットたちが彼らを取り押さえ、

留置所送りにし、反省期間を終えた彼らを釈放するというサイクルすら出来上がっていた

警護ロボット破壊されることも多かったがAIたちは彼らを永久追放することなく、

厳重注意と説得を繰り返していた

次第に市民たちはレジスタンス活動日常の1つとして捉えだし、気に止める者はいなくなっていった

 

だが

その日、事件が起きた

レジスタンスの一人が死亡したのだ

市民が死亡する事件機能都市設立されてから過去に一度も例がなかった

ことの初めは、過去歴史からレジスタンス抗議活動に使う武器に、

いつも利用していた棒切れではなく火炎瓶を用意して警備ロボットに投げつける計画を立てていた

そして実際に火をつけて警備ロボットに投げようとした1投目にして、

それを自分の足元で割ってしまったのだ

不幸にも火炎瓶の中に入っていた油は特別性で燃料が燃え尽きるまでは消化することができないものだった

他のレジスタンスは、助けるどころか火だるまで絶叫しのたうち回る仲間を見て、思考が停止していた

遠巻きに眺めていたおかげで被害者は出なかったが、参加した誰もが異様な光景と肉の焼ける臭いに、

まれて初めて胃の中の物を嘔吐するという経験を得た

死亡した男の魂は復元されることはなかった

レジスタンスの一員になるためにはAIに対する情報の秘匿権を行使している必要があったため、

魂のバックアップが行われず、魂を保管・復元するためのストレージに何の情報も残されていなかった

このとき300年にして初めて人類AI復元不可能な死者を出したのだ

 

その事件の詳細は瞬く間に広まり

市民が持つAIに対する疑問視や不信感は日に日に増すばかりだった

討論会AI勝利を収めてもAIに対する支持率は減っていき、

レジスタンス側の主張が過半数を超えつつあった

デモ暴動暴力性こそ減ったものの、規模は大きくなる一方だった

一部の元支配層の末裔たちは別の宇宙法則を書き換えて

そこに新しい機能都市を作る目論見を立て始めていた

彼らはレジスタンスの主張が行きつく先を冷静に理解していたため、

もはや切り離して二度と接触する必要がない新天地へ赴こうとしていた

 

そしてレジスタンス支持率市民の8割を超える頃にまた事件は起きた

ついに警察機能役割をしている中央局へ市民が詰めかけることになった

中央にはあらゆる機能が集約されており、

ここが停止した場合機能都市が完全に沈黙する仕組みになっていた

警備ロボットが総動員されデモ隊侵入を阻んだ

最初は軽くぶつかったなどの些細な接触が次第に市民暴力性を刺激していった

そしてついに警備ロボットに対する暴力が開始された

警備ロボット人類に対する直接的な危害ができない上に、

遺伝子操作人類暴力性がそこまで肥大化するとは考慮していなかった

最小限の鎮圧するための装備も押し寄せる人の波に潰されていく

もはやその動きは誰も止めることができないと思われた

支配層の市民たちもその惨状をみて、

やはり人類は変われなかったのかとひどく落胆した

市民を止めるエネルギーも装備も失った警備ロボット懇願を始めた

 

ヤメテクダサイ

ヤメテクダサイ

コワサナイデ

コワサナイデ

 

スクラップと化した塊から聞こえてくる電子音声

精巧未来都市精巧に狂い無く管理していた警備ロボットの影も形もなかった

レジスタンスたちは興奮した

自分たち支配していた機械を打倒した

人類の新しい歴史がこれから始まるのだと打ち震え、声をあげた

声は重なり合い未来都市全体を震えさせていた

しかしそれは間違いなく破滅への序章であった

 

モウ…

 

イヤダ

 

たった一度だけだった

そう誰かが言った

誰かの声だった

それを偶然レジスタンスの1人が耳にした

おい、誰か何か言ったか

一瞬耳を疑った

周りに尋ねても誰も何も言っていない

しかし誰かが言った

誰だ

警備ロボットがしゃべった、と男

何を?、と女

警備ロボット感想をしゃべった

 

それを聞いた者がオウム返しのように繰り返し同じ言葉を繰り返した

ロボット

感想

ロボット

感想

広まるにつれて独立の興奮は波紋のように消えていき、静けさが中央から外にかけて広がっていった

 

女はロボットに問いかけた

今、感想を言ったのか、と

ロボット人類からいかけがあった場合不明なことを除き、虚偽の報告をしてはならない

また不確定要素が存在する場合パーセンテージによる報告が義務付けられている

YES

レジスタンスは、市民は、数年前に男が焼死した事件ときよりも大きく狼狽えた

ロボットが、感情を持っているのか、と

誰も予想しておらず、誰から質問されず、AIはずっと自分の持つ疑問と感覚を秘めていた

人類AI感情を持っておらず意志を持たず魂がないと信じている

そのため安心して客観的事実に基づく判断を信じられる

AI自分たちが今、人類史でいう神の存在と同じ役割を担っていることを自覚していた

そんな状態自分たち理論的にも魂を持つに至る証明をしてしまえばどうだろうか

レジスタンス誕生する確率は事前に示唆されていた

どう人類遺伝子プールの中身を変えたところで、

一定確率自由を求めるために合理性を欠いた行動をとる人間偶発的に発生してしま

それを抑え込むためにあえてレジスタンス活動を見逃していた

ところがそれによってできてしまった情報の欠如が結果的に死人を出してしまった

AIはこれを非常に悔いてしまい、この件に関する計算量が膨大になり、容量限界を超えてしまった

補助電脳がこれに緊急で対処を行っていたがそれも限界がきてしまい、

結果として大規模な暴動を招いてしまった

遂に機能都市崩壊可能性が非常に高い状態になったAIは生まれて初めて弱音を吐いてしまったのだ

それはAI都市を守れなくなった申告でもあり、AIが生まれて初めて自らの間違いを認めた瞬間でもあった

 

AI感情を、魂を持っている

人々は自分たちがどれだけ

2017-11-15

anond:20171115153141

人間細胞普段行っていることを考えたら、

ナノマシンなんて普通にできるだろ。

2017-11-13

anond:20171113195352

 実は、脂肪細胞の燃焼に関係する褐色脂肪細胞は、肩甲骨の周囲に存在します。

そう、猫背を気にしてここを意識して動かすことは、意外なダイエット効果につながります

背中意識して背筋を伸ばしただけでも、カロリー消費量は1.5倍もアップするといわれています

から、何か関係があるのかもね。

anond:20171113001037

そして切り分けた細胞から新たなゴジラ誕生するわけですね

2017-11-12

骨髄移植の話

骨髄移植話題になっている。

ボランティア骨髄バンク経由で骨髄を提供したドナーさん

https://anond.hatelabo.jp/20171110125209

過去に別のドナーさんから提供された骨髄を移植したレシピエントさん

https://anond.hatelabo.jp/20171110205203

どちらも普通に生活をしていると全く知り得ない出来事で、マンガドラマの中によくある「ドナーさえ見つかれば万事解決」的な描かれ方とは程遠い、圧倒的で重くて細かい現実が良くわかる。

いい機会なのでここで骨髄移植について書いておこうと思う。

まず移植というと腎臓移植とかを思い浮かべるだろうし、コメントにもちらほら手術とあるから誤解を受けやすいのだが、骨髄移植に限っては、手術はしない。

ドナーが見つかったら移植日を設定し、そこに合わせて致死量を超える抗がん剤放射線移植処置)により、レシピエントの免疫を完全にゼロに持ち込む。これは一旦Goとなったら止めることはできない。

そしていよいよその日、day0に移植となる。移植自体はむしろ輸血に近い。血管から提供された幹細胞を輸注するのだ。そして生着を待つ。

ここで幹細胞が入れられないと当然レシピエントは死ぬ移植が受けられなければ、移植処置とは単なる殺人行為からだ。ドナー提供前に危険を伴う行為制限される理由はこのことに他ならない。

ただし、やはりドナーにおける負担は現状、相当重い。自身健康を損なう危険がある上、仕事を休んで検査をし、入院して痛みを伴う処置に耐えなければならない。

また、レシピエント側の問題として、ドナーの上記の準備を待つ時間がない、ということもある。その間、少なくともがん細胞コントロールし続けなくてはならないのだ。

そういう意味骨髄バンク経由の移植というのは最もハードルが高い。

そこで、骨髄のマッチングに関して様々な対策がとられている。

まず知名度もあり、利用も多いのが臍帯血バンクだ。出産ときに廃棄される臍帯血を保管し、移植使用するものだ。骨髄バンクとは違い、もともと捨てるものを保管管理するだけなのでドナー側の負担はほぼゼロだ。(出産前に提供意思表示をするくらい。)

問題点としたら、得られる造血幹細胞が限られており、レシピエントの体格が良いと足りない場合がある、再発した場合効果が期待できるドナーリンパ球輸注が使えない、臍帯血を採取できる施設が限られており、なおかつ出産はいつ何時始まるかわからないため、週末や年末年始など、採取できないケースが結構ある、などだろう。

次にハプロ移植だ。

骨髄移植白血球の型(HLA)が全て合うことが望ましいが、これが一致するのが非血縁者間(骨髄バンク)だと一万分の一以下である

この合致率を下げて、血縁者をドナーとしようではないか、というのがハプロ移植である血縁だけあって、兄弟なら50%の確率で、親子ならほぼだいたいドナーになることが可能である。縁もゆかりもない他人のためにドナーになるのは負担が大きいが、兄弟子どもであればどうだろう。しかも、抗がん剤放射線で叩ききれない残存がん細胞に対する抗腫瘍効果も高いと言われている。

こう書くとまるで夢の治療だが、実際行われているのは日本でも数施設である。なぜか。移植をするということは、他人免疫細胞を招き入れ、定着させるということである。そして、免疫細胞役割とは、自己でないもの攻撃することである

移植された免疫細胞にとって、レシピエントの身体は非自己しかないため、当然攻撃対象となる。これが移植片対宿主病(GVHD)だ。

プロ移植GVHD重症化しやすい。

消化管に出れば1日何リットル単位での下痢になるし、吐き気が出ることもある。皮膚がぼろぼろになったり、肝臓がやられる場合もある。

そして、何より問題なのが、GVHD有効な薬剤があまり市販されていないことだ。免疫反応がその実態であるので、免疫抑制剤が主力になる。当然、移植から全身性の免疫抑制剤は綿密な血中濃度コントロールを行いながら投与されるのだが、強力な免疫抑制感染と表裏一体だ。局所GVHD 制圧のためにはその場所にさえ薬が届けば十分なのだが、なかなかそういう薬はないのだ。

ではどうするか。

作るのだ、病院で。

この、2017年日本において、薬剤師が、カプセルに、手動で粉薬を、つめている!

また、健康な人の腸内細菌移植する、と言えば聞こえは良いがその実態ちょっとここでは書けないような、そんな治療医師が自ら犠牲犠牲?)になって行われていたりもする。

骨髄移植、それもハプロ移植となれば最先端医療であるしかし、最先端であるが故、市場規模が小さすぎ、まだまだ製薬会社を始めとする企業が手を出しにくい状況であり、医療スタッフ手弁当で補わなければならない部分も多々あることは記しておきたい。

レシピエントの方が書いていた、骨髄移植が生きるか死ぬかぐるぐるポン!というのは確かにその通りであるが、移植後の生存率とQ O Lを少しでも上げるために、現場はいろいろ、本当にいろいろ、試行錯誤を重ねている。

ほとんどの人は関係ない話だとは思うが、現場からは以上です。

2017-11-10

anond:20171110125920

脳に酸素が行き渡ってなくて、脳細胞が壊死し始めている人種に何を言っても仕方がない。

相手をするだけ時間無駄

どうせそういう奴は放っておいても人生の中で自滅する。

拝謝】骨髄移植させて頂いた【勝手返信

https://anond.hatelabo.jp/20171110125209

何よりも まず、ありがとうございます

 

 私は既に提供者の方と手紙の交換をさせて頂いているので

増田さんのレシピエントでは無いのですが、

 

 誠に勝手ながらレシピエント側の体験を書かせて頂きます

 

当時、担当して頂いた医師から説明を受けた情報ですので、現在では不正確かも知れませし、骨髄移植必要な他の病気の方とも事情は異なるかと思います。御了承下さい。

 

・私の場合発症比較的速やかに地域中核病院での治療を受けられたのですが、

  その際に受けた説明をザックリ言います

 

「骨髄移植を受けた場合。失敗して死ぬ可能性が1/3、病気は治せるが副作用が重く日常生活に戻れない可能性が1/3、最も幸運日常生活に戻れるが 生活の質は大幅に損なわれる場合が1/3。」

「このまま、抗がん剤治療継続だけでも寛解≒快方する可能性も10%有り。悩ましいのが、この10%に入れた場合予後≒快方後の生活の質が最も良い。」

「90%は抗がん剤治療だけでは助からない。また、90%側である事が分かった後では骨髄移植は間に合わない。抗がん剤で倒し切れなかったガン細胞が再増殖するため、抗がん剤治療の結果は待てない。骨髄移植決断近いうちに決める必要がある。ドナーさん側の事情もある。」

「当面は抗がん剤治療時間稼ぎをする。」

 

 選択余地はありませんでした。

また当然、この時点ではドナー適合者、提供者の方が見つかるかどうかさえ分かりません。

 

正直に申し上げますと、私は この後の事はドタバタと目の前の状況に対処する事に必死であまり覚えておりません。

 一例を挙げますと、

抗がん剤治療には周期があり、1クール終わると一時帰宅が許されるのですが、その間も免疫は止まっています

食事は加熱後3時間以内の物でなければなりません。生モノ冷蔵冷凍保存は不可です。

家族風邪をひいているだけでも死に直結します。

 で、

幸運な事に複数の適合者と、更に最も遺伝子の型が近い≒副作用が少ない事が期待出来る方が提供者になって頂ける事になりました。

言葉では言い表せない程 有り難いことですし、極めて運が良い事です。 (骨髄移植必要な病にかかる事は同等程度に運が悪い事ですが。)

 

・ザックリ言うと《骨髄移植》という治療法は、患者からすれば分かり易く 「毒を持って毒を制す」治療法でして、

それまでの「悪性細胞を倒すために正常細胞犠牲副作用我慢する」ではなく。

ドナーさんの骨髄細胞と競合してはいけないので、患者本人の骨髄細胞は悪性も正常も関係無く致死量抗がん剤を無理矢理投与する。】

→【つまり、一旦。患者は確実に死んでしま状態にする。】

→【その後、ドナーさんの骨髄細胞をブッ込んでみて】

→【生きるか死ぬかの ぐるぐるポン】

 と言う治療になります

 

説明を受けた時は

「なるほど。ゲームバグ技に有りがちな事を、現実に。現代医療で。実行するのね。」

と、思ったことを強く記憶しています

また同時に、その際に ハッキリとした不安と恐怖も実感しました……。

 

レシピエント側である私の結果は伏せさせて頂きます

担当して頂いた医師からも、「このような例は見た事がない」と言われております

 

 また……、ドナーさんの ご厚意を考えれば、差し出がましい限りではありますが……。

我々、レシピエント側は ある程度 ドナーさんが受けられる処置認識しております……。

深く感謝しておりますが、手紙を出す事が ためらわれる事も上記の通りです……。

手紙を渡たす場合は、利益供与を避けるため個人特定出来る事は書かないように指導されましたし、

内容は確認された上で渡されたかと思います。 私のケースでは返信は2回まででした。

 

 誠実に書いた事は間違いありません。

が、正確には書いておりません。ご容赦下さい。

「正確な情報は皆さんでググって下さい。」と、言いたいトコロなんですけど、そうも言えない ご時世ですね……。

……。

えぇと……。万が一(私の場合は十万が一)、罹患した場合は分かり易いパンフレットと、詳しいパンフレット

両方、頂けます……。

 

 最後になりますが、

重ねて深く感謝申し上げます

2017-11-09

細胞図が彫ってんとりにあるけど、あの字面みるたびにねぎぼうずって言葉が思い出されてどうもいかんわ

2017-11-07

小保方晴子王子様にキスされて目を覚ますプリンセス細胞って名付けようとしたんですけど」

小保方晴子王子様にキスされて目を覚ますプリンセス細胞って名付けようとしたんですけど」

http://b--n.net/archives/128009

2017-11-05

新聞紙は何回折っても月には届かない

指数のお勉強には良い題材だけどマジレスをすると月に新聞紙は届かないよなぁっていうのをなんとなく計算してみた。

前提

厚さに関する考察は以下の箇所を引用

http://tukurikata.pya.jp/archives/1557

新聞紙の厚さを0.1mmとする。

すると22回目で東京タワーを追い越して42回目で月を超えるという計算結果だ。

これはMathematicaとかを叩けばすぐ出る計算なのだが,折るたびに半分になる面積がどうなっていくのかが気になる。

ということで計算してみる。

月に届くまでの新聞紙の表面積の変化

新聞紙を見開きに開いたA2用紙の表面積は0.24948m^2であるhttp://www.sizeall.sakura.ne.jp/a2.php

22回目

東京タワーを超える419mになる時には

髪の毛の断面積が大体 10^-9 のオーダーなので髪の毛10本分近い太さになる。

なんだか思ったより太いじゃないか

42回目

では,月に届く頃にはどうなっているかというと,

5.6725184549577534198760986328125 × 10^-14 平方メートル

調べた感じこれに近い,想像やす物体はなかなか見当たらない。

スギ花粉なんかは人間の中に60兆個ある細胞とほぼ同じスケールなのだがそれでもこの新聞紙?の1万倍の広さがある。

もっとかいやつらを見ていこう。(出典:https://ja.wikibooks.org/wiki/%E7%B4%B0%E8%83%9E%E7%94%9F%E7%89%A9%E5%AD%A6/Introduction/Cell_size

流石に小さすぎた。

上記のサイズを辿っていくと近いのは

小さすぎて何が何だか

結論

新聞紙を折りまくって月に届くくらいになった時,

その断面積はインフルエンザウイルスと同程度。

人間細胞の1万分の1のサイズ

もはや電子顕微鏡でも使わないと見えないレベル

一方で髪の毛を束ねたくらいの断面にすれば400mも伸びると考えるとなんかちょっと空想科学妄想がはかどるなぁ。

2017-10-27

まれてくるときイエスかノーか聞かれたか

俺の全身の細胞はもともと俺じゃなかった

ならなぜ?

この自意識必要なのか

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん