「ぼやき」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ぼやきとは

2020-07-15

社会人オタク学生側のぼやき

 ここ最近オタクの色んな話が流れてきて、大学生オタク私はなんとなく色んな記憶が掘り返されてしんどくなってきたのでここでぼやく。愚痴と、昨今の話題で気が滅入っている社会人オタクへの一言だ。

 私はとあるマイナーソシャゲが主ジャンル絵描き・字書き・感想書きオタクであり、大学生であるフットワークの軽いタイプなので勧められたものはとりあえず見るし、主ジャンル以外に好きなジャンルはたくさんある。主ジャンルマイナージャンルなので自カプ界隈の人口も少なく、支部検索すると私以外の投稿者(以下A)の作品は一つしかない。

 2年弱ほど前、Aさんの作品Twitterで見かけて、作品を追い、RT後に感想ツイートを呟いていると何度目かで話しかけられ、それがきっかけで繋がった。Aさんは社会人であり、当時高校生だった私は一人の創作者として、そして年上として敬意を払っていた。向こうも「私さんの感想いつもありがたいです!」と言ってくれていたし、私もそれで嬉しくなって作品ツイートされるごとに感想を送っていた。しかし、サブジャンル①のCD写真をあげると「①嫌いなジャンルからミューワードすり抜けられると…🤮」と空リプされたり、当時新しかったサブジャンル②の話をすると「新規メジャージャンルに手出すオタクって蛍光灯に群がる虫みたいでなんかなあw」とツイートされたり、「なんか嫌われてるんかな?」と思っていたところでゲームの解析情報を流してきたり、主人公(※自カプ以外の推しカプの片割れ)の善性を「気味悪い」とdisツイートしてきたのでブロックした。半年ほどの付き合いだったと思う。お題箱に外野か本人か不明だがその件について投函されて、好奇心から覗きに行ってみると「大好きだったのに!」「直してほしい所あるなら言ってよ!直すよ?!」と愚痴られていて「嫌いじゃないならあの空リプはなんだったの!?」と動揺した。今でもブロックしているし、もう関わりたくないのでその後の動向は一切知らない。思い返してみると、サブジャンル①の話を他の人がしていても全然気にした様子のツイートをしていなかったので、学生からと舐められて居たんじゃないか

 お題箱の件から粘着が怖くて私の相互以外のAの相互(こちらのツイートを探るリプを交わしていた人と自カプ界隈のオタクだけ)を一時期ブロックしていた事もあり、自カプ繋がりの相互は数人しか居ない。その数人もここ数ヶ月めっきり自カプの話をしなくなり、自カプのパブサをすると私しか出てこない状態だ。今年に入って自カプ界隈のオタクとは一切関わっていない。外界をあまり見ないようにしているので、主ジャンル界隈も同様である

 主ジャンルは自カプ以外もよく描くので、今のフォロワーは主ジャンルの絵を見てフォローしてきた人が殆どだ。相互は一度垢移動をしているのでその時からの付き合いの人たち、リア友、元々ツイートや絵柄が好きでフォローしていたらフォロバされた人たち、一次創作タグからの人たちが殆どだ。片思いフォロイーは垢作成当時ROM専垢として作っていたので、その名残でフォローしたままの人たちが大半だ。ジャンル一貫性もない。ROM専垢だったアカウントは、人間性ツイート傾向から「合わないな」と判断したアカウントTwitterからpixivフォローに移行したりしたので、今のTLは増田note炎上マロがよく回ってくる。今のホットワードタイトルにもあるような「感想」「同人女人間関係」「社会人の恥」だろうか。感想屋(増田の方)の話題を見た時は自分自身が気軽に感想を呟いたりマロに送ったりするので肝が冷えた。

 それと、社会人年代の離れた学生相互になることについて。この件に関しては年齢にそぐわない発言がどうこうというのが本筋だが、社会人と話す学生側の心情をここに書いておく。今の相互は大半が年上なので、個人ブログが主流だった時代話題がよくあがったり、古いジャンルの話がわっと出てきたりする。その流れで話題になったジャンルを履修するが、面白い作品を一気見出来るのはなかなか楽しいし、新鮮な感想から聞き手も盛り上がってくれるのでなかなか楽しいライフハックもありがたいし、好きな服やコスメを買った話は「社会人って素敵だな!」と思ったりする。飾る用の服を買ったという年上相互の話を聞くのも楽しかった。ただ、やっぱり年代の差というか、価値観のズレが出てくるのはちょっとしんどい。前述のように変なつっかかり方をしてくる人間はどの年代にも居るのだが、こちらが年下だからと急にタメ口リプを送ってくる人も居る。 社会人学生と友人関係を結ぶのは別にいいと思うけど、学生も一人の人間なので、ちゃんと敬意を持って接してくださいね、とうっすら思う。

2020-07-14

Twitterリムーブを気にしすぎるのをやめたい

私は二次創作界隈の人間でありしがないお絵かきマンだ。

本当に別になんの面白味もないぼやきなので軽く読み流して頂きたい。

文章もあまり前後に繋がりがなくて支離滅裂で読みにくい。申し訳ない。

大方タイトルの通りの話になるが、相互フォロー関係を切られるのは実はそんなに気にならない。

私が気になってしまうのは「私を片道フォローしてくれていた、同じジャンル同じCP二次創作をしているフォロワーに数ヶ月後リムーブをされること」である

私は流れの速いタイムラインを追いかけるのが得意ではないのでフォローをするのは本当に最小限だ。

好きな作品を作る方であっても、普段ツイート量が多かったり、自身が得意ではないCPも嗜んでいたりするとフォローができない(もちろんミュートやRT非表示等で基本対策はしているが、公式アプリ使用者である私は公式ガバ落とし穴に嵌り苦手と直面してしまう機会も少なくない)。

からフォローをしていなくてもその方が生み出す推しカプ作品ファンだったりするのは私にとっては珍しいことではない。

フォローして直接好きを伝えられたら一番良いのだが、フォロー自分にとってはあまり気軽にできるものではないし、フォローしてもいない外野が突然直接伝えに行くのもおかしいかと思い、匿名ツールを設置している方にはいつもそちら宛に感想を送ったりなどしている。)

リムーブをする理由は本当に色々あるだろうと思う。

単純に私のことを嫌いになったひともいるのだろうし、

私が他の部分で苦手があるためにフォローできないのと同じように、私のツイート内容に対してフォローしている意味を感じなくなった(作品は他の人間RTで回ってくるから自分フォローしておく必要は無い)とか、作品は好きだけどツイートは苦手とか、諸々。

そんなに深い理由がないひとももちろんいるというのは理解している。

頭では理解しているのだが、どうにもめんどくさい性分のためリムーブされていることに気がついた時、いつもつい「また私はなにかやってしまったのだろうか」と思ってしまうのだ。

別に万人に好かれる必要などないし、離れた人のことを気にするより好いてくれる人を大事にするべきというのもわかるし出来ればそうしたい。

だがどうしてもあのひとにとってなにがいけなかったのかなどとうじうじ考えてしまう。情けない。

多分根本に(自分が好きだと思う作品を作る方に)嫌われたくないという自分勝手なわがままがあるためにそのような気持ちになるのだろうと思う。それがまた腹立たしい。なにを高望みしてんだこのタコと思う。思うがなかなかそう簡単には変わらないのが悲しいかな私という人間なのだ

内心で気にしているだけでTwitterなどでまたリムーブされた、なんでだろう、などと言ったことは一度もないし言う気も全くない。二次創作においては基本的淡々作品をあげるか妄想ツイートをするか、たまに日常ツイートが混ざるくらいだ。めんどくさい部分は見られたくない、かっこつけたがりの見栄っ張りなのでそんなことは言わない。

だが、言っていなくてもそういうのが周囲に漏れ出ている気すらする

そういう気に仕方をする自分気持ち悪いと思っている。もっと簡単に考えることはできないのか。

己の本質とこうありたいという理想が余りにも対極で最早自分の中で面白コンテンツになりつつあるのだが、どうにかこの感情といつか折り合いをつけたいとは思っていて、今それを模索している最中だ。

普通にただただTwitterが向いてないからやめた方がいいという気もする。

Twitter、いちいちリムーブなど気にせずもっと気軽な感じでやりたい。

2020-07-10

これからもずっと独身かもしれん

20代後半いままで彼氏なし。

そもそも恋愛をした事がないので恋愛感情がどういうものかわからない。

恋愛漫画も読むしドラマも見るけど自分に当てはめることができない。

小学生ときに一度だけかっこいいなと思ってる男の子がいて好きかもしれんと思ったことがあるが、結局それは恋愛感情ではなくアイドル的なかっこいいなーだった。

一応何度かは男性好意を持たれたこともあった。けど自分普通にいい人だなあとか、ただ親しくなった人ってだけだったのでいきなり恋愛感情を向けられるのが正直気持ち悪くて泣きそうになった。

もしかして高校生の時に学校帰りの道で痴漢されたことがあるからそれが原因で男が嫌いになったのかと思ったけど、別にAVとかエロ漫画とか見れるしテレビで男みても普通だしなんかよくわからなくなった。

もしかしてレズなのか?とも思ったこともあった。

かわいい女の子好きだったし、将来は女の子結婚してえ〜みたいな気持ちになったりした。(家にかわいい女の子いたら最高!みたいな気持ちで)

レズものでも抜けるしもしかしてと思ったけど、現実で性行為できるかってなるとうーん?となるしただ性癖にかすっただけかもしれんと思った。

なんだかんだ性欲はあるけど恋愛のことになるとよくわからん。誰かとエッチしたいとかそういう欲求がない。

それのせいでこのままずっと独身なのかもしれんという気持ちになってきた。

親には結婚だの何だの催促されるし友達もそういう話をすると私ヤバいのか?と思うけどやっぱりいまいち恋愛だの結婚だのがピンとこない。

もう籍とかいれてただ一緒に暮らすだけの仲いいパートナーがほしいなと思う。

でもそういう人はなかなかいないんだろうな。

追記

一応誰かと一緒に過ごしたいなという欲はあるしイチャイチャするくらいはしたいなとも思う。でも性行為がくっついてくると自分は応えられないなと思ってしまうのでなかなか難しいなーと思う。

別に解決したいわけではないがこのまま周りから外れていってしまうんだろうかと思ったぼやき

Redux って地獄では?

この日記は、元々バックエンドエンジニアをしていて、フロントエンドを触り始めた者のぼやきです。

参画したプロジェクトフロントエンドで Redux が使われていたのでキャッチアップしているのですが、率直に言って、Redux は地獄では?

なんというか、全てがグローバル変数になっているような印象を持っている。見た目の単位である程度は抽象化されている...と思いきや、結局のところ、シングルトンの store に依存している。

Reducer でしか値は変更されないから。。。というのは分かるけど。。。

これは慣れなのだろうか。。。

フロントエンドはどういうライブラリを使うのが正解なの?

2020-07-02

不妊様のぼやき

Instagramではよく妊活に関するエッセイコミックを書く人がいる。

私も子供が欲しいから、そういった投稿を見て共感したり、ときには一緒に哀しんだり喜んだりしている。

でも、そうやって共感できるのは

同じステージにいる仲間に対してだけなのかもしれないなぁと思った。

5年余り、原因不明不妊治療をしていて、少し前から体外受精も始めている。

長く子供ができなくて踏ん切りがつかないので、最終段階まで進んだ形だ。

そんな中、

「ずっと子供が欲しかった」というInstagram(&ブログ)の投稿を見た。

そのインスタグラマーには元々好感を持っていたし、他の妊活コミックエッセイを読むのと同じ気持ちで読み進めていった。

その中で、自分でも予想外だった苛立ちを感じてしまったのだ。

その人は「妊活」といっても、

結婚して数年もたたない頃の自然妊娠だったんだ。

その程度の期間で、

「ずっと子供が欲しかった」?

きっと、そんなタイトルでなければ

私の心はこんなに波たたなかっただろう。

その人が結婚から子供が欲しかったとしても、

だってそうだけれども?

妊活漫画と言うけれども、産婦人科に行って人工授精ですらやってない程度。

そりゃあ、子供が欲しい人にとっては

毎度生理が来るたび悲しい思いをするんだから、その悲しみにチャレンジ期間の長短やステップ関係ないよね。

その時辛かった気持ちは、本物だよね。

それは、わかっている。

だけど、妊活している人の一定数は

何年も何年も治療しても、

いくらお金をつぎ込んでも、

あなたが得ている子宝にはたどり着けていないんだよ。

あなたは、自分幸福理解しているんでしょうか?

その幸福を得られていない私たち気持ちを、考えたことはあるんでしょうか。

考えていたら、そんなタイトルつけないよね。

そのブログコメント欄を見ると

「わかりますー!私も妊娠するまで、泣いて過ごしてました…」

といった妊活成功者メッセージばかりが並んでいる。

勝手想像ではあるけれど、

私を含め妊活中の人は、このエッセイには好感を持てず、コメントする気にはなれないんだと思う。

たいした苦労もせず、自分が求めて止まないものを得た人が

大きな声で「辛かったんです」と言っているのだ。

私は正直、読まなきゃよかったと思ったよ。

自分と同じように苦労して、

ようやくたどり着いた妊娠出産なら、微笑ましい気持ちで読めたと思う。

タイトルが、そういった苦節を感じられるようなものだったんだもの

でも実際は想定と異なり、私は苦い思いを抱えてしまっている。

妊活に関する嫉妬やら何やらは、

乗り越えてきたと思ったんだけどな…

まさか妊活期間の違い・ステップの違いで、自分の中でこんな反発が生まれるとは思っていなかったよ。

ただ、今回こういった地雷原を

自分が抱えていると言うことを知れたのは、不幸中の幸いだったね。

今後は、こういった地雷を踏まないようにSNS活用していくわ。

母になった人たちに対する醜い感情は乗り越えたと伝えていた夫には言いたくないし、

当然親にも、友人にも、

吐き出せないから、この場でぼやかせて頂きました。

こんな感情を抱えている女だから

子供が来てくれないんだと言われたら、ほんとそれまでだよね…

2020-06-28

新人ぼやき

4月から社会人になった。若干古臭いけど多分ホワイト職場。そして同僚や上司が優しい…今のところは。

当然だけど、自分には上司がいる。めちゃくちゃ偉い人からまぁまぁ偉い人まで何人もいる。

その中の1人、Aさんは別の部署の偉い人だ。部署が違うので自分からしかけに行くことはほとんどないが、同期とセットで時々向こうから声をかけてもらっている。「今日暑いね」とか「分からないことある?遠慮なく聞けよ。」とか、そういう感じ。Aさんは明るくて若い子とお酒が大好きなおじさんで、若手の、特に女性社員を中心として、色々な人にあれこれ声をかけている姿をよく目にする。

(自分研修中なので)Aさんの仕事ぶりは全く知らないが、コミュニケーションノミニュケーション大事にしていて明るい上司

ある人がこう言っていた。「Aさんって良い人だよね」と。

本当にそうなのだろうか?

Aさんは入社3ヶ月の自分から見てもハッキリと分かるくらい露骨に、何人かの「お気に入り」がいる。もちろん「お気に入り以外」に対して露骨に冷たく当たったり、意地悪をしたりすることはない。だが、「お気に入り」がいる以上は当然「お気に入り以外」が生まれるわけだ。そして「お気に入り以外」から見るAさんは、「自分お気に入りを作って囲う人」だ。(ここで言う「お気に入り以外」は自分のこと。なんとなく「お気に入り以外」というより、同期も含めて「研修中に辞められると困るから今は気を使っておこう枠」な気もするが…。)

人間誰しも好き嫌いがあるのは当たり前。お気に入りもいれば気に入らないやつもいるし、何の興味もわかない人もいる。自分だってそうだ。

でも、ここは職場なのに。職場なのに、「お気に入り」を作って、それを隠しもしなくて、多分みんな知ってて、そんな人が「良い人」なのかなぁ。

正直ストレートにムカつく上司も、何となく関わりづらい上司も、怖い上司いるから、そういう人に比べたら断然Aさんは「良い人」なんだと思うけど…。

それとも、自分が「お気に入り」じゃないか嫉妬してるだけなんだろうか。

一応付け加えておくが、自分はAさんのことが嫌いなわけではない。好きでもないけど。それはあの陽キャオーラが苦手なだけで、決して性格問題ではないとここに明記しておこう。

2020-06-21

アイドルマスターミリオンライブ!について

ミリシタ3周年企画としてライブ一挙放送して今月はとんでもないミリオンライブ月間になっていますが、

ライブ映像を見すぎて逆に精神が辛くなってきた限界オタクは居ますでしょうか?

ここに一人居ます。なのでとりあえず一度全部ここに吐き出しておきますね。

とにかく、楽しみだった7thが無くなったことがこんなにも辛いなんてという感じですね。

まぁこの辛さは実際に企画していた側はこんなもんじゃないんだろうなと

準備をして動いていた側の…JUNGOの気持ちを察しても、筆舌に尽くしがたいものがあるだろうと…。

で、なんというか、まぁ自分が目にしてる範囲レベルなんですが、

1st~3rdの方がセトリは良かったなぁという感じの感想が多いというか、どうなんだよお前ら本当にっていう感じなのです。

ついでにグリマス時代の人たちのぼやきも出てくる始末で、本当にもうどうなんだよっていう感じなのです。

他人の考えなんてどうでもいいはずが、お前ら今更何を言い出してるんだよという感じなのです。

私は6thSSAセトリで怒りのお便りを送ったけど、お前らはどうだったんだよという感じなのです。

この気持ちをすべて吹き飛ばせる可能性のあった7thは本当にどこいっちゃったんだよという感じなのです。

しまいにはGoogleからミリシタについてクソみたいな記事オススメされる始末で、同意してる奴もいるしどうなんだよという感じなのです。

内輪向けとか本当にどの口から出ているんだよという話なのです。

シャニマスがやりたければシャニマスをやって居てくれという感じなのです。

ユニット追加されてVも手を出し始めたシャニマス、今が一番面白いんだからシャニマスを遊んでくれればいいと思うのです。

本当お前ら全員張った押すぞ!という感じなのです。

単純にお前が飽きたならそれでいいだろという感じなのです。

まぁでもミリシタで3年、グリーからで7年もやってれば飽きるのは当然で、仕方ないかなと思うので何かテコ入れは欲しいけど。

とにかくもう7thで最高のミリオンライブ!を見て、今のミリオンライブ!が最高なんだよ!って殴り倒したいのです。

でも、それができないのが、SSAで終わっちまってるのが、本当に辛いし悲しいし悔しいしこんなんで全く終われないし未来を見せてくれっていう感じなのです。

っていうか私みたいな人居ないんですかね?居ないみたいですね。異常ですね。みんなもっと気が狂っていてほしいです。

私は正気だ!

グリマス時代ミリシタ時代という時代の分かれ目があるミリオンライブ

グリマス時代は明確に目標としてあった武道館

では、ミリシタでは?

39プロジェクトは一体どこへ行くのか?

そもそもそういった目的があること自体が珍しい気がしますが、やっぱり無いのは辛い。

つの間にやら3年目。

インコミュはセンター公演の話が延々と続くのみ。

かに少しずつ劇場関係が変わっていっているのは読み取れるが、目指している位置がわからない。

イベントで毎月曲が増えるのは嬉しいし、コミュ表現がどんどん良くなってきてるが、

目的が無いのは辛い。

あと曲も最近微妙に刺さらない。えいちP帰ってきてくれ。

でもチュパカブラはかなり良かった。glow mapは周年で聴きこみたいのでまだ全然聴いてない。超楽しみ。

まぁ別にミリシタで見たいものが見れてないわけではなく、

少なくとも自分担当については見たいものは見れている。

セトリはクソ!と言いたいところだった6thだがそれはそれとして見たいものは完全に見れた。

自分グリマス時代3rd終わった後ぐらいから入ってるので、

まり今ほどの思い入れを入れていなかったというのもあって、

正直グリマス時代のほうがよかったとは口が裂けても言えないんですが。

人もミリシタになって下手すると10倍ぐらいにはアクティブ増えているわけですし。

ミリオンライブ!は一度明確に終わっており、

1st~4thの流れをもう一度改めて見てる中でグリマス時代にとらわれている人も多く、

いっそ全員成仏してくれという感じなのですが、

ここら辺の線引きがもはや曖昧でよくわからないという感じなのです。

それにしてもミリシタが来てから毎年本当に楽しみだった3周年の秋葉コラボもなくなってしまい、残念…。

ただ、手作りの39配信はやってくれて本当に本当に嬉しかった。よくわからんぐらい泣いた。

3周年、どうなるのかな。何かあると嬉しいな。

この気持ちを吹っ飛ばせる日は来るのかな。ライブはいつできるようになるのかな…。

ここまで書いてもうなんもかんもコロナが悪い。

本当に許せねぇよ。

といっても一人ぐらい演者亡くなってしまうんじゃないかぐらいの

危機感あったので今のところ全員生きているのでとりあえずは本当に良かったなと思います

まだ全然過ぎ去ってないけど。

この世はクソ!

2020-06-19

普通の、異性愛者のぼやき

最近異性愛者の肩身が狭い。

何を言っているんだと思うかもしれない。

だがWEB広告書店に並ぶ本のラインナップ、深夜アニメで取り上げられる作品をいくつか思い返してほしい。

一昔前に比べて随分と同性愛を取り扱う作品がぐっと増えたのではないだろうか。

それこそ一般的を超え、もはや過半数凌駕するのではないかと思えるほどには。

その一方で異性愛を取り扱う作品はどうだ。

たいていハーレムではないだろうか。ついでにチートまでついてきてはいないだろうか。

異性愛異性愛かもしれないが、それは少しいびつなのではないだろうか。そう感じざるを得ない状況だ。


同性愛を描く作品が増えたことについては、そう悪いことではないと思っている。

まりそれは商業で売れるもの判断されたか販路に乗るわけで、そこが一昔前とは大きく変わった部分なのだろう。

だが、そこに付随する厄介オタクたちについては本当に曲者だ。

呼んでもいないのに勝手にしゃしゃり出てきて、公式でもないくせに世界観を語り、自分自身の主張が正しいと突然わめきだし、異を唱える者を集団で叩き潰そうと牙を剥く。

何で某ゲームとか設定に異性の兄弟を匂わせただけでぶっ叩かれたんだろう?

なんで?

どうして?

お前ら木の股からまれてきたのかよ。

それともキャベツ畑で収穫されたの?

男がいれば女はいるし、女がいれば男はいる。そうやってみんな生まれてきたはずなのに。

なーんで自分たちの好きなBLGLCPのみが大正義だなんて盲目的に信じ込めるのかな。

いやそれを信じること自体はいいよ。別に迷惑をかけているわけでもないし。

だけど同性愛に関してあんまり興味がないみたいな反応した人見かけた瞬間、差別主義者だ!囲め!!ってポリコレ棒で叩き始めるのやめてくんない?

誰かがNLの話してるところにシュバってきて気持ち悪いとか聞きたくないとかクソだとか一方的批判するのもやめてくんない?

もうNLの話できないじゃん。

あーあ、滅茶苦茶だよ。

ここ数年、本当にそんな感じ。結構しんどい


自分弱者だって主張しながら人を殴るのって気持ちいいんだろうね。

殴られた側はうんざりするけど。

黒人デモ白人反論し始めたよね。

報復になりそうだけど。

そういう風にならないことを祈っているよ。


ごめんでももう一回だけ言わせて。

厄介オタクマジキモイ

2020-06-10

ツイステが好きでも嫌いでもない私の所感

前置き

 初めまして。

 先日ふとした出来心ツイステッドワンダーランドに関するお気持ちブログを読んでしまい、それ以来色々と考えてしまっている別ジャンル腐女子(いい歳)です。

 

 まずはじめに、私のスタンスとこの文章で何が言いたいかという結論だけ先に書いておきます

 

 私はツイステのことを特別好きでも嫌いでもないし、作品自体になんらかの罪があるとは思っていません。(そのうち気が向いたらやってみたいなと思っています

 その上で、

 

 「この作品コンテンツとして公式供給されているものだし、それを楽しむことは何も悪くない。しか作品性質上、苦手な人にとっては極めて苦手なものになると思うので、楽しんでいる人もちょっとだけ、苦手な人に配慮してあげたらいいんじゃないか」

 

 と思っています

 ツイステファンの皆様がこれからも楽しく遊べたら、そしてツイステが苦手だと言う方の毎日が少しでも楽なものになればと願っています

 

 私が言いたいことは以上なので、ここで引き返していただいて全く構わないのですが、色々と考えたので以下に雑考も置いておきます

 どうしてそういう思いに至ったか、が気になる人はどうぞ。長いです。

 

ツイステについて思ったこ

 私自身は特別ディズニー作品思い入れの深い人間ではないのですが、ツイステが発表された時は、それでもかなり驚きました。

 理由は大きく分けて二つあります

(1)従来のディズニーアニメ作品とのギャップに対する驚き

 ディズニーアニメといえば、「おとぎばなし」、「メインキャラクター可愛い動物プリンセス」、「海外アニメ特有の絵柄」といったイメージが強く、実際にこれまで公式に配給されるコンテンツはその大枠を出ないものであったと思います

 これに対し、ツイステはそうした従来のディズニーアニメ作品イメージをよくも悪くも覆すものでした。

 (※ディズニー作品でも実写映画はもうちょっとダーク&アダルティ雰囲気のものも多いと思うので、ここではツイステと、ツイステの中でモチーフとして使用されているディズニーアニメ作品のみに絞って考えています。)

 ディズニーアニメとは、「大人子どもも楽しめて、教養ユーモアに富み、映像は美しいか、または可愛らしい。血が出ない。グロくない。一般的感覚ではエロくもない。子供をメインターゲットとしつつ大人の鑑賞にも堪える全年齢作品」だと思っていましたので、「そうした作品群を原作モチーフ)とした、サブカル的な作品が、公式コンテンツとして配信された」というのは素直に驚きです。

 

(2)ディズニーって二次創作に厳しいんじゃなかったっけ?という驚き

 ひと昔前、ディズニーには「著作権にめちゃくちゃ厳しい」というイメージがありました。

 近年はディズニーに限らず、版権元がファンアートに寛容な雰囲気が広がっており、ここ数年の間にはディズニー関係ファンアートを目にする機会が大幅に増えた(体感)と感じています

 ですが「ディズニー作品は手を出してはいけない聖域あるいはハザードゾーン」というのが暗黙の了解、もとい暗黙の常識だった時代は確かにありました。なので、いかにも女性オタクに受けそうな(というと語弊がありそうですが、私自身女オタク別にオタク蔑視はしておりません)、二次創作が盛り上がりそうな毛色の作品を、あのディズニーが、公式コンテンツとして出してきたのは驚きを通り越して衝撃です。

 

 

 こうした驚きを経て、私が次に思ったのは「この作品面白そうだけどヤバそう」でした。

 なぜそう思ったのか、というと、居並ぶ美麗なイケメンたちを見て「これエロ同人とか描く人が出てくるよね?」と咄嗟に思ったからです。

 エロ同人が悪いとは言っていません。好きです。

 ただ、「ディズニーエロ同人がまかりとおる時代になる」なんて一昔前なら考えられないことでしたから、エロ同人もたしなむ年代物の腐女子として、素直に「ヤバくね!?」と思ったのです。

 

 そして、ディズニーはそういう日本オタク文化をも許容するのだろうかと驚き、首を傾げ、同時に「この作品蛇蝎の如く嫌う人も出てくるだろうな」と感じました。

 

なぜ、嫌だと感じる人が発生するのか

 以前拝読した「お気持ちブログで、「ツイステはキャラクター性的搾取」という文言を目にしました。

 その意見の正誤、公式コンテンツ性的かどうかはさておき、あたりを見回してみると現に「ツイステキャラに性的な目を向けている人」が少なからずいるということは間違いではありません。

 

 もちろん、すべてのツイステファンの方がそうではないと思いますが、事実としてツイッターのTLには「●●くん、えっち」「R18同人誌買いたい」という声が、ごく普通に流れてくるようになりました。

 

 元々そういうTLですので、それ自体に驚きはありません。

 公式はそれすら意識して売り出していると思いますし、「そりゃそうなるよね」という感想です。

 あんな美麗なキャラ達を並べ立てられて、ストーリーもよいという評判。

 それを受けて、このサブカル大国で世のオタク達が何をし始めるのか、天下のディズニーが想定していないわけがない。

 個人的には、ツイステを発表したことで、ディズニーはツイステに関して「多少のことは許容する」という方針なのだ解釈しています

 ですから二次創作してる人を白い目で見ることもないですし、楽しみたいように楽しめばいいと思う。

 

 でも一方で、「従来のディズニー作品が好きだった、ツイステは受け入れられない」人の気持ちを考えると、辛い気持ちになります

 (※従来のディズニー作品が好きで、ツイステも好きになれる人は今一点の曇りもなくハッピーだと思いますので、ここでは考慮していません。)

 

 

辛い気持ちもわかる。でも、楽しんでる人が悪いわけじゃない。

 子供の頃から慣れ親しんだ大好きなキャラクター、をモチーフとしているキャラクターがいる。

 そこまでは多分許容範囲でしょう。でも、それを「えっちだ」と言ってはばからない人がいる。

 中には「原作は知らないけど」と言っている人もいるかもしれません。

 

 「原作もツイステも好きで楽しんでる人」にとっては問題いかもしれませんが、「原作は好きだがツイステは苦手な人」にとっては、その状況は辛いだろうなと思います

 「AはBをモチーフとしたキャラ」と、「BはAのモチーフになったキャラ」では主体が違いますよね。

 元々Bが好きな人からしたら、なんでこんなことに、となるのは、自然感情かなと思います

 さらにAが有名になって一人歩きし始めて、AもBも知らない人にAの情報けが残る、ということにもなり得る。それは悲しいし、悔しいですよね。

 

 でも、公式という一次ソース提供しているもの消費者が消費して楽しむことは何も悪くないのです。

 では怒っている人は何に怒っているのだろうと考えると、私は、「ツイステを公式のものとして送り出した公式」に腹を立ててる人が多いんじゃないかなあと予想しています

 

 拝読したブログ文章からは、激しい怒りと辛さを感じました。

 与えられたコンテンツを楽しんでる人たちが悪いわけでないとしても、作った公式が、それに乗っかる世の中が、悲しくてしんどくて、結果的に多少的外れ言論になったとしても、吐き出したくてしょうがなかったんだろうなと思います

 

思い入れが深すぎて、傷ついてしまうのはもう仕方ない。

 私は、とある作品子どものころから大好きです。

 ディズニーアニメ同様、「子供をメインターゲットとしつつ大人の鑑賞にも堪える全年齢作品」にカテゴライズされるだろう作品です。

 オタクになっても、腐女子になっても、その作品は私にとって特別存在であり続けました。

 キャラクター擬人化(美形化)した二次創作を読んでみたこともあるし、それはそれで楽しんでいました。

 

 でもそれには「二次創作だったから」楽しめていたという側面があります

 なぜなら、「原作者は絶対にそんなことをしないはず」と(勝手に)信じているからで、私も私の好きなジャンル公式がツイステのようなコンテンツを出してきたら恐らく発狂します。

 (ネタギャグの一環で片付けられるジャンルであれば別かもしれません。)

 

 言葉が悪くなってしまますが、「ツイステでディズニー作品が汚されてしまった」と感じる人は、「ディズニー公式コンテンツとしてこういうものはありえない」と(勝手に)信じていたのだと思います

 今まで「ありえない」と思っていたものが、公式的には「(実は)アリだった」というのがここへ来て明らかになった。「勝手に信じて勝手に裏切られただけ」という人もいるとは思いますが、私個人的には、ディズニーはそう信じさせるムーブをしてきたと思っています。ですから裏切られたと感じる人がいても無理はないと思うし、そういう人達にはお気の毒と言うより他にありません。

 

 公式が敵に回ると本当にひたすら辛いんですよね……だって、どんなに嫌でも公式なんだもの

 二次創作だったら「二次創作から」で目を瞑れることも、公式にされたらしんどい。逃げ場がない。

 そういう気持ちは分かります

 

じゃあ、どうしたらいいんだろう。

 そういうモヤモヤを抱えて、でもどうすることもできない人達がいるということを頭の片隅に置いてみませんか。

 「みんな住み分けるべきだ!」とは言いません。ただ、「住み分けたい人が自主的住み分けられるように、手伝ってあげられませんか」と申し上げたい。

 

 フォロワーさんたちがどんどんハマっていった結果、TLがツイステ関連ワードで溢れ、本来探したい情報が埋もれるという現象は私のTLでも既に起こっております

 今はワードミュートしていますが、他の方が指摘されていたとおり、タグ作品名の表記なしで回ってくるファンアートは防ぎようがないのです。

 

 私はツイステが特別好きでも嫌いでもないので、周ってきたら「最近本当多いな…(アカウントごとミュート)」で済みますが、ツイステが苦手な人にとっては、それらを一瞬目にすることさえ苦しいと思うのです。

 「勝手に苦しんでいるだけ」「嫌なら見るな」と思う人もいると思います。その言い分も、分かります

 でも、楽しんでいる側は特に困っていないのですから、「嫌な人には届かないようにしてあげる」くらいの配慮はしてあげてもいいと思うのです。大した手間ではないし、タグをつけておけば探す側にとっても容易で一挙両得ですよね。

 

 ちなみに外野的には、ファンアートの投稿時にはキャラ名だけでなく作品名も一緒に入れてほしいなと思います

 (キャラが多いうえ、あだ名で呼んでいる人もいたりすると、ワードミュートでは拾い切れないのです。)

 

 最後にもう一度、ツイステファンの皆様がこれからも楽しく遊べたら、そしてツイステが苦手だと言う方の毎日が少しでも楽なものになればと願っています

 








ぼやき

 なんでこんな自分にとって毒にも薬にもならないことをとくとくと考えてしまたかというと、昨年、大好きだったとある作品のとんでもない続編が発売され、「公式がこれを公式コンテンツとして出してくるのか」と憤怒と憎悪を滾らせてしまった自分気持ちを思い出して、「ツイステが苦手な人」に共感しすぎてしまったのです。

 辛いうえに、気持ちを吐き出したら反対意見がどっと押し寄せて、なおさら辛くなったよね。そう思ったらますますしんどくて、その気持ちもわかるよ、そう思っちゃっても仕方ないよって、聞こえなくても言いたかった。

 そのブログによって傷ついたツイステファンの人もいるでしょうから、どっちが悪いとかいうことではないんですが、吐き出さずにはおれなかった人の気持ちもわかるんです。

 ミュート徹底してもトレンドに上がってたら防げないし。でもツイッターやめられるわけでもないし。自分問題しかないけど、辛いもの辛いですよね。

 ツイッターさんトレンドまで含めてミュートできるようにするか、トレンド非表示機能ください。

2020-06-08

緋色弾丸延期が正直うれしい

うれしいと思う自分がすごく嫌だ。

呪詛に近いので読んでも楽しくないです。ただどっかで吐き出したかっただけだから許してほしい。金ロを楽しめるオタクは読まない方がいい。

あと純黒とか本編とかのネタバレしれっとあるかもしれないからそこも注意かもしれない。

チョコエッグを食べながら「あ~緋色弾丸楽しみだけど正直公開してほしくない、滅茶苦茶見たいけど公開してほしくない。公開したとしても金ロで流さないでほしい。」とかちょうどお昼ぐらいに考えてた。

ツイッタートレンドみたら載っててビビった。開いたら来年延期になっててパンヨッシャした。うれしすぎて今すっごい目キラキラしてる。ただ来年まで処刑が伸ばされたともいえるのでなんとも言えない気持ちもある。

こんなこと思う自分が悪いのはわかってるんだけど、映画でチュウ吉にオタクが一瞬でもつくのが怖い。むしろ一瞬だけつくのが怖い。辛い。

本編での扱いとかより、公式関係悪ノリオタクおもちゃにされるのがすごく怖い。チュウ吉顔も声帯も良いしさ。

あかあむ尊い!とか叫んでる腐女子が寄りつくことも、映画見てから京極さんカッコイイ!とか言ってる夢女子羽田には近づいてほしくないんだ私は。

赤安キャッキャ、(園子いるのに)京極女子!とかやってるTwitterがキツすぎて辛かった。原作テレビアニメで出てもそんな話題にしないくせに映画になったとたん一気に増えるオタクくんが私は嫌いだ。

純黒すごい好きだった。キュラソーが好きだった。だからあかあむあかあむ叫ぶオタクが流れてくるツイッターが辛すぎて金ロのときトレンドとかタグとか見ないようにしてた。

キュラソー少年探偵団との関係とか最後観覧車とか本当に辛かった。でも好きだった。だから赤安ばっか注目されて「キュラソー?あー赤安の映画にいたよね!」みたいな扱いが辛い。

これ打ってて思い出して泣いてるんやが情けないぜ助けてくれ純黒のこと考えると涙出てくる。マジで好き。

自分は腐夢どっちも嗜んできた人間からそういう楽しみ方に対して理解はあるつもりだ。しかしそういう目で見ることを理解できないジャンルだってある。

だってそういうジャンルはあると思う。私のそれがコナンだっただけ。

腐夢みたいな楽しみ方する人が一概に悪いとは思わない。でも、多数派がそっちのように見えるインターネットがやっぱ辛い。

ちっちゃいころから読んでる漫画からこそ、腐夢視点で見てるオタク公式がそっちよりな言動するのが辛いんだろうなと思う。

先日ツイステに対するお気持ちがいっぱい出たとき、こういう感情持ってる人もやっぱいるんだなって少し安心した。

幸い本垢相互に金ロはしゃぎオタクがいないから、公開前後地上波前後あたりは検索を控えるようにしようと思ってる。

グッズがいっぱい出るうれしさや、ファンアートがいっぱい作られるうれしさがこの感情に勝てる日が来たらいいなと思ってる。

長々とぼやき失礼しました。

2020-05-30

最近はてブオープンチャット様相

去年の夏頃に存在が知られたはてブオープンチャットだが、去年増田で周知されてから何も発信されず、オープンチャット内で起きている事についてどころか、その存在すら忘れられていそうなので、ここに現時点の様子を残しておこうと思う。

去年、はてぶオープンチャットについて書かれていた増田こちら→ anond:20190826180719

あれからどうなっているか

上記増田が伸び、ホットエントリーにまで登っていたときには参加者1000人超えの大手であったが、それからは熱が冷めていくように徐々に減っていき、だいたい500人前後に落ち着いた。1000人のときには1日に未読数600件超えになっているほどの盛り上がりであったが、今では100~300件程度。それも常に同じような人が会話しており、会話の参加者だけだと100人居ない気がする。そんな感じである治安はすこぶる良く、まれに「ブクマお願いします」と互助会の使いが来るが即座にキックされている。

主な会話の内容について

これについてはわかりやすく、食事5割、ぼやき3割、はてブ関連2割である。もちろんこれは体感である。それぞれ簡単に書いていく。

まず食事。このオープンチャットはてブの名がついておきながら話されている内容の半分がこの食事である自炊やお店で食べる料理写真が昼から夜にかけて結構な頻度で投下される。とにかく食への関心が強い。都内住みのユーザは共同で美味しい店マップなんてものも作ってたりする。他に特筆すべき点といえばある料理だけ人気が異常であることだが、これについては後述する。とにかく、このオープンチャットのメインは飯であり、ブクマカ飯オープンチャットといっても過言ではない。

次にぼやき。これは単純に「暑い!溶けそう」みたいな鳴き声に近いテキストのこと。誰に向けていってるか謎で、またどこからか返事が帰ってくるのも謎である。朝方やお昼時に多く、未読数をかさ増しする存在でもある。鳴き声という意味では時折書き込まれる「ちくわ大明神」も含まれるかもしれない。特に書くこともないので省略。

一番大事なとこ、はてブ関連。主にホットエントリーの記事についてや面白いブコメ炎上して上がってくるつぶやきについての会話が多い。参加者はてブユーザしかいないので全員が同じ話題を知っているためか結構会話が進む。この空気については後述する。

形成された文化のようなもの

他のオープンチャット所属していないため比較は出来ないが、ここならではの文化のようなものがいくつかあるので紹介したい。

まずはビリヤニについて。このオープンチャットビリヤニは深い関係があるが、その影響か、頻繁にビリヤニについての話題写真が投下される。ここまでビリヤニ好きのコミュニティある?ってレベル認知されており、このチャット空間でだけカレーハンバーグと同列の扱いとなっている。オープンチャット初期に現れたビリヤニ警察はもはや崇拝対象。本当に何者なのか。

次に議論がしやす空気について。何か議題がホットエントリーにあったら、それについての建設的な議論自然と進んでいく環境があり、今日までそれが続いているように思える。お気持ち長文を書き込んでも煙たがられたりはしない。これは良いことだと思う。とはいえチャットなので議論の始まりは突発的だし、勝手に終わる。印象的な議論といえば、宇崎ちゃん献血ポスター問題についてで、この話題についてはチャット管理者もふもふ社長も参加し、長いこと議論していたように思う。彼が当時書いた増田( anond:20191018190306 )もオープンチャットで共有された。議論と称しているが、所詮チャットなので限界があって、議論かと思ったら各自お気持ちを書き続ける学級会だったりする事もある。

あとははてブユーザであるが故なのか、賛同するときに星の絵文字を返信したりする文化がある。これは誰かが呼びかけたりすることな勝手に定着した。でっかい星とか流れ星かいろいろあるけど、使い分けはされていない。

他に、面白かったことといえば、入室時の名前を使った手斧投げがある。手斧手斧!という割にそんなものが飛ばない当オープンチャットであるが、一時期、入室時の名前使用して手斧を投げるユーザが出現し騒然となった。具体的にどんなのかというと、システムメッセージ

「お前らいっつも同じメンバーで話してんな が参加しました」

みたいなのが流れるユーザ名がそれなので、誰のメッセージなのか、同一犯なのか等わからずじまいだった。これは最近は見ていない気がする。

このオープンチャットで起きた最近の変化について書こうと思っていたが、思いの外前置きが長くなってしまったのでそれについてはまた今度。

2020-05-22

グッズ厨のぼやき

シリーズコンプリートに取り組むわたし

モブ「そんなに集めてどうするの?グッズとか使えないじゃん」

推しをたくさん集めるわたし

別の日モブ「なんでそんなに同じもの集めるの?1つでよくない」

グッズのダブりがひどいので交換募集するわたし

またまた別の日のモブ「(作品の)ファンなのに○○は要らないの?それはファンじゃなくない?」

わたし「は???

ほんとモブきらい。

2020-05-10

All Right, All Right

バイト先の「ふぃよるど」というノルウェー料理店がコロナの影響で閉店することになって、全員で乃木坂まで閉店作業を手伝いに行った。全員といってもおれ自身を含めてバイト学生の3人だけだったが、小さな店の厨房設備什器を回収業者トラックに運び込むにはその人数で十分だった。

夕方には作業が終わって、最後に3人でご飯でも行こうかということになり、平林の車に乗って南青山六本木方面に行ったはいいが、どこも営業自粛中で閉まっている。

「どうする?」とおれが訊くと、「どこでもいいよ、ラーメン屋でもなんでも。ちょっと調べてみる」とディキンソンがiPhoneを取り出す。ディキンソンは女子大英米文学科に行っていて、本名別にあるのだが、エミリー・ディキンソンかい詩人について卒論を書くつもりらしい。理工学部平林経済学部のおれはその方面に全く無知だったので、詩人名前の響きだけで衝撃を受け、以来店では彼女をディキンソンというあだ名で呼んでいた。

車内では爆音日本語の歌がかかっている。バブル期ぐらいの日本音楽を集めるのは平林趣味で、とくにアイドル音源偏愛していた。高校まで競技水泳をやっていた平林運転席でイカリ肩を揺らしながら酒井法子?の歌に合わせて All Right, All Right と裏声で歌う。


All Right, All Right

恋を失くした

友達にこれしか言えないの

悔しいけど


「あった、開いてるとこ。オメガラーメン麻布十番。どう?」ディキンソンが後ろの席から画面を差し出す。青山霊園を走る車の中で、平林は相変わらず All Right, All Right と裏声で歌う。「ちょっと、うるさい」とディキンソンが平林の頭を押さえつける。おれは助手席からiPhoneの画面を覗き込む。「いんじゃないかな。あとは車停める所か、探してみる」

オメガラーメンは空いていた。というか客はおれたちしかいなかった。カウンター6席ほどの店で、3人並んで座るとけっこう密だったが、今日いっぱい密だったので、いまさらどうしようもないよなと話しながら座った。

「えいらっしゃい」と店主らしき人がカウンターごしにメニューを置くが、オメガラーメンと一行書いてあるだけだ。3人ともオメガラーメンを頼んだ。

出てきたのは真黒なラーメンで、独特のぬめりがあるスープから肉の塊らしきもの突き出している。ビーフカレーのようにも見えるが、中央に配置された白髪ねぎ小山ラーメンらしい外観をかろうじて保っていた。

味はなんというか、微妙だった。3人とも無言で平らげて店を出た。

代々木上原に住むディキンソンを途中で降してから赤羽実家がある平林田端に住むおれは北へ向かった。

「また3人でこうやって会うこと、あるのかな」

ぼやきに近いおれの問いかけに、平林は一瞬黙ってから答えた。

「どうかな。まあ、あるんじゃないかな。当面、全員日本にいることになりそうだし」

「どういうこと?」

「咲は、あ、ディキンソンは、秋からアメリカ大学留学が決まってたんだけど、話が流れちゃったらしい。コロナのせいで先行きがわからいからって。それでけっこうがっかりしてたんだ」

「そうなのか」としか言えなかった。

なぜおれは知らないのか。なぜ平林は知っているのか。なぜディキンソンの下の名前を言ってからディキンソンと言い直したのか。

坂下交差点で降してもらい、セブンイレブンに寄ってからアパートへ向かうあいだ、胸に覚えのない異物感を感じ続けていた。それは甘すぎたオメガラーメンによる胸焼けなのか、ディキンソンにこれまで自分が何かを感じていたことにたいする動揺なのか、わからなかった。

2020-05-09

実録ウェブ漫画を描いている旦那離婚した

一年上前に「旦那が実録ウェブ漫画を描いている 」を書いた者です。

https://anond.hatelabo.jp/20181214131654

かなり前の日記ですが、そこには

旦那が実録漫画を書いていて私も登場しているが脚色されすぎている」

ということを書きました。


以前の日記を書いたあとも何度も訴えたけど、

結局旦那は変わらず離婚となりました。

またぼやきたくなったのでダラダラ書きます


離婚の主な原因は

ウェブ漫画の脚色、捏造が続いていること

子どもが欲しいけど生まれたら漫画に描くと宣言されたこ

あーもうこれ将来もずっと変わらないんだな、

全部ネタにされるし漫画自分が1番かわいいんだろうなと思ったら

別れる決意ができた。


しか旦那がとんでもないことを言い出した。

「別れても漫画の中で妻(私)は登場し続けるから

とのこと。箇条書きにすると

・別れたことを報告するのは世間体が悪いので現状維持をしたい

・だから漫画の中では結婚したままで妻をそのまま出したい

・今までも妻のキャラは脚色していたので描く分には問題ない

・いきなりクレヨンしんちゃんにみさえが出なくなったらおかしいでしょ?だからそれと同じで妻も出続ける

だそうだ。

いやそういうことじゃないだろうと説得しても聞く耳持たず。

怒りとか悲しみとか唖然かいろんな感情があったけど、

もう別れよう、ここから離れようという覚悟ができた。


というわけで旦那漫画は続いている。

からしたら恐怖だ。漫画の中の妻がいなくても平気っていうのは

どういう感情なんだろう。まあ自分が1番好きってことだろう。

しかしこれからYouTubeもやっていきたいとか

それこそ育児エッセイも描きたいとか言ってたけど

どうすんだろ。別の女ができたらそれを妻として描くのかな。

どうでもいいけど。


他のウェブ漫画がどうかはしらないけど、

漫画安易に信じない方がいいよ。

これ嘘じゃない?と思う感性大事にしてほしいというか。

でも他人の家庭なんか関係いかネットに発表されたことが全てだ。

でもでも私は真実大事にしたい。

捏造は不幸を生むと思うし、嘘の報いがあってほしい。

2020-04-27

深夜ラジオミュージカルも好き

ミュージカル(広義)巻き込んでごめんなさい

※双方において「一般的」「平均的」「代表的ファンではない自覚はあります

大学ときはこの2つとプロレスを好きなものとして並べると

「君変わってるね〜〜〜」と言われて嬉しかったり煩わしかったりした。

舞台趣味に挙げると「ミュージカルってなんかいきなり歌うよね笑」

「なんか女の人の趣味って感じ」「なんか無理なんだわ」と

聞いてもいないのに全拒絶されることがあるのですが

深夜ラジオも同じくらい全拒絶されやすジャンルだと思っています

俳優アーティストでさえ下ネタを言うのが粋という世界深夜ラジオなので。

モテとか考えるなら正直どちらも挙げないのが正解。

ラジオは主に中高生受験勉強のお供でお世話になり、今はミュージカルに全振りしています

今日日本ミュージカル界の豪華メンバーによる動画投稿されて

その界隈は大いに湧いていたのですが、

私は「自分応援してる人いねえ・・」「人気者の集まり・・そうですか・・」と

ひねくれたおしていたので同志がいないかと探しに行ったのですが

もれなくそこで岡村さんがボコスカにやられていました。

ミュージカルでは立場の弱いひとや権利平等を取り上げることが

非常に多いので、今回の発言に関して怒る人が多いのは当たり前です。

岡村さんの発言配慮に欠けていたし、

そう考えてしまう発想、口に出しちゃう判断

それがたとえ「コロナ風俗に行けないのでダッチワイフを買うか真剣に悩んでいる」

というリスナーへの回答だったとしてもアウトだったと思います

そっかー、そうだよなーと思いながら

そういえばミュージカル(広義)でも

露骨な「オカマ描写、頻発する「頭がいかれてる」「精神病なんだ」

ブラックフェイス白人の描くアジア人、女の添え物感

あと舞台系だと生理の扱いもなんかもにょった奴があったな・・

とかポツポツ思い出す。

でもそこを批判されたら「わかるけど、いやそれはね・・」って

言いたくなると思うんですよ。

「それでもあの作品に、あの存在に、あの世界に救われた」

で、本当に一緒にするの申し訳ないんだけど

あの薄汚い番組とあの薄汚いおっさんに救われる瞬間も確かにあるんですよ。

(今回の発言に救われるひとはいないと思いますマジで

劇場という特別空間で非日常に触れて幸せになったり

テーマが重くて引きずったりして、でも見れてよかったなと帰路についたことも

なんか辛くて寝れなくて25時にひっそりラジオ立ち上げてしょうもない話を聞いて

低俗ネタゲラゲラ笑って、いつもと変わらない放送安心して眠りについた夜もある。

そして冒頭に戻ります

「なんか歌い出すのがさ〜」という外野

よくてFNS歌謡祭のメドレーぐらいしか見ていないので

「とりあえず劇場に行って観劇して!それから言え!」と思うし

ラジオについて「なんか燃えてたよね笑」という外野

大概切り取られた文字起こししか見ていないので

「とりあえず全部聞いて!それから言え!」と思うし

それでもやっぱり無理という人は必ず出てくる分野であり

その人を克服させることはほぼ不可能なので

まあ無理して見なくていいので放っといてください・・と思うのです。

漫画アニメで定期的に上る乳がうんたら女キャラうんたらの議論ときにも

思うんですけど、何も知らない外野からジャンルごと石を投げられるのって

一番きついのでそれが今日とにかくしんどい

今回の発言、是非は確実に非です。

それでもジャンルまるごと、リスナーまるごと、これまでの放送まるごと

外野から石を投げられるのって結構しんどいなあ。

あの番組に世話になった身としてしんどいなあ、という特殊ぼやきでした。

2020-04-10

【続】「ぼやき酒屋」はもう古典落語として扱われていいのでは

「六代目神田伯山真打昇進披露興行」の新宿末廣亭(10日目)千穐楽ゲスト桂文枝(六代目)だったのだが、その日の

楽屋桂竹丸三遊亭笑遊が遊びに来ている(桂文治に「(今日は用も無いのに)何しに来たの?」と不思議がられている)

後に目的は「この日のゲストである桂文枝挨拶して『落語を教えて貰う』=伝授して貰う」事だと判明するのだが、その

際のやり取りがとても興味深い。

https://www.youtube.com/watch?v=DT9EIEO96qU&t=376s

 

桂竹丸「あの師匠、恐れ入ります。あの~落語を教えていただきたいんですけれども」

桂文枝「あーいえいえ、なるほどなるほど…」

桂竹丸「(三遊亭笑遊と)この二人で、「ぼやき居酒屋」を…」

桂文枝「あー、どうぞどうぞ…じゃ、お二人に、送らして…書いた物と…家から送らしていただきます…」

桂竹丸「あーありがとうございます…」

桂文枝「(付き人マネージャーに)じゃあ(お二人の宛先)きいといて」

 

三遊亭笑遊師匠、「ぼけてたまるか」の枕を、使わせてもらっても」

桂文枝「あーもちろんもちろんもちろん、どうぞどうぞ、どんな枕でした?」

三遊亭笑遊老人ホームの…」

桂文枝「え?」

三遊亭笑遊病院の…」

桂文枝「あー病院のね…わかりました(どうぞどうぞ)」

 

※「ぼけてたまるか」…難聴になった父親家族認知症にもなったのではないかと疑い、長男病院検査に連れて行く噺

枕で「最近耳が遠くなりまして、耳は近くにあるのですが、聞こえ難くなりまして・・・。」みたいな掴みがある。

元増田の「直々に稽古」キットなるもの100%妄想で書いたけれども、結構当たらずとも遠からずな感じがしている。のだが。

動画をよく見ると、竹丸・笑遊が共に「桂文枝」の名刺を手に持っているのが確認出来る。「ちゃん文枝師匠挨拶を交わした」

という証拠物証()という訳だ。

このやり取りが必要世界だという事は何となくわかる「人の創作落語を作者の同意なしに何勝手に口演してるんだ?」という

批判を封じておくに越したことはない。業界として、プロとして最低限の筋の通し方だと思う。

anond:20200405152245

2020-04-05

ぼやき酒屋」はもう古典落語として扱われていいのでは

ぼやき酒屋」は桂文枝(六代目)が桂三枝だった頃に演じていた創作落語である

噺の内容を知っている人は多分分かると思うが、内容は明らかに上方落語の一つである「上燗屋」を現代的にリファインしたものになっている。

「上燗屋」は酔客があの手この手の口八丁手八丁でもって只酒只飯にありつこうとするというのが笑いの肝であるのに対し、ぼやき酒屋の方は

お題通り酔客の「ほやき」そのものが笑いの肝である。ぼやく内容に楽屋ネタを織り込んでもいいし時事ネタも大いに使える。演者にとっても

客にとっても言わば「勝手の良い」ネタである個人的には思っている。

この「ぼやき酒屋」桂文枝(六代目)の創作落語である事は周知の事実であるので、文枝以外の噺家が演じるには、たとえどんな大師匠だろうと

桂文枝直々に稽古を付けて貰う」つまり伝授してもらう事が絶対条件としてあるらしい。これは上方落語だろうと江戸落語だろうと、どの

団体所属だろうと一切無関係である。「直々に稽古」と言っても内容は至って形式的で、

 

一、文枝師匠に直接会って御挨拶

二、文枝師匠に直接会って頭を下げて「直々に稽古」を付けて貰う事の許しを得る。

三、文枝師匠から快諾を受けて「直々に稽古」キットを授かる(大抵の場合、後日郵送でと思うけど、中身は口演DVDとか文枝の銘が入った公式台本、そして手拭い、みたいな感じだろう。)

四、文枝師匠に御礼状をしたためる。

 

以上の儀式を通過した噺家けがぼやき酒屋」の口演を許されている。これは桂文枝(六代目)が生存している限り継続される筈の、現在プロ落語家全てに課せられているしきたりである

 

妄想です。

2020-03-29

気がついたら、悪魔を育てていた

最近、色々と自身の行動について振り返ることがあった。

これまでの私の行動の結果、不幸な結末を招来しているのだが、結局、自分の中で悪魔を育てていたことが原因だっていうことが分かって絶望した。

悪魔とは、

である

天邪鬼

本来自分のあり方とは別のあり方について良いとする。

良い子でいようとする。

自分本来生き方ではない生き方直感に従った生き方でもよいとする。

もともと優等生であろうとした私に自然に芽生えたものかもしれない。

あるいは、厨二病のこじらせである

自己憐憫

これがあると最悪である

わざと他人の関心を引こうと、不幸せ選択をする。

もともとそんなになかったんだと思うけれども、某元北海道地方ローカルバラエティ番組に影響を受けて形成されてきたんだと思う。

タレントがD陣のひどい仕打ち等に対してぼやく。

それを真似してしまって、これがウケるものから取り入れてしまった。

かに人生つらいときはある。それを笑いに変えるのは天性の才能だと思う。

しかし、それをわざわざ自分人生に取り入れて悲観することはない。

これについては、院生時代の不遇な時期に、取り入れてしまたこぼやきを、人に披露することで育ててきてしまったんだと思う。

怠惰

勤勉は美徳である

小人閑居して不善を為す。

バイトをしなかった結果、生活リズム必然的に乱れ、自分で何かを成すこともなくなる。

金を稼いでいないから、自己肯定感も育たない。

種銭があれば殖やそうとも思うのだろうが、ないから諦める。チャンスを逃す。

自分への約束も果たさないか自己肯定感も下がってくる。

ベストを尽くそうとしない。

悪徳以外の何物でもない。

これらの悪魔に水をやり、食糧をやり、としてやってきた結果、30代の今がある。

手元には何もない。

転職できるだけのスキルもなければ実績もないし自信もない。配偶者もない。孤独不安感のみがある。

自分で金を稼ぐだけのスキルもない。

さて、どうしたものか。

詰んだな。

最近ようやく気づいたんだけど、自分人生自己責任なんだよなぁ。

2020-03-18

テレワークコピー機離れが進む

今回のテレワークでみんな不要なことに気付かされたんじゃないのかな。

紙保存してるとデータアクセスできないし、テレビ会議してれば資料プリントアウトもいらないし。

馬鹿高いコピー機なんてオフィスには必要ないのよ。ほんとに。

コピー機開発者ぼやき

2020-03-13

マッチングアプリ彼女ができなかった32歳素人童貞の頑張ったこと(2)

anond:20200313074600

内なるインセル、あるいはミソジニーとの戦い

求めている対象が手に入らない苦しさから、それをとうとう憎んでしまうようになってしま心理というのは珍しくない。自分もまた、そういう誘惑に何度屈しそうになったか知れない。はてブでもツイッターでも、どうして僕が暗黒面に堕ちなかったのかをいぶかしく思っている人も多かった。ここでは、毒を吐きたくなったときにどのように抑えたかを共有したい。

一般的に、結果が出ないときには次のようなことを意識している。頑張れば結果が出るとは限らないと認識する。過程のものを楽しむ。女性がいなくても楽しめる趣味をたくさん持つ。それから家族や友人を大事にする。友人からアドバイスとは時として的外れで、かえって傷口を広げてしまうこともあるけれど、そういうとき失恋のことは伏せていて、普通に遊んでいればいい。それだけでも気が晴れる。

さて、女性問題に特化したものだと、次の点を心掛けている。

一つ目。自分相手から好かれなくて悲しく、悔しいのだと直視する。とてもつらいが、この感情無視しようとすると、悲しみは怒りへと変わってしまう。怒りが二次的な感情だといわれる所以だ。悲しみとは何かを失ったというサインで、怒りは相手が期待に添わなかったとサインとされる(1)。この段階で対処しないと、怒りは憎しみになってしまう。憎しみとは厄介な感情で、無駄精神リソースを食う。

二つ目論理的に考えるように心がける。「女性はいつも自分を嫌う」というのは実は正しくない。「今回この女性には恋人としては受け入れてもらえなかった。次の女性場合はどうなるかわからない」というのがより現実に近い。こういう「全か無か思考」は「認知の歪み」の一つであり、うつ病の原因の一つといわれている。うつ病にならないとしても、必要以上に自分の機嫌を悪くする行為だ。対処法は(2)に載っている。簡潔に言うと、自分の不合理な考えに一つ一つ反証していくことだ。面倒だが、やってみると楽しい

三つ目。自分男性だというだけの理由で受けた仕打ちや、不快な思いのことを考える。例えば、電車で隣になっただけで警戒されるような目つきでにらまれとき。あるいは、攻撃的なフェミニストが、男性の失礼な態度だけではなく、男性女性のことを「かわいいな。素敵だな」と思う感情のもの否定するような発言をしたとき。そういうミザンドリーに満ちた文章を読んだ時にどう感じたか。ぐさり、と胸に冷たいものが突き刺されたような気がしなかっただろうか。ここで自分が、公共の場女性を叩く発言をしたら、見ず知らずの女性が同じ思いをする。そんなことを僕は望むだろうか。

僕はフェミニズムがいけないのだといっているのではない。むしろ大賛成だ。女性選挙権セクハラを受けない権利(3)、功績をあげているのに忘れられている女性にきちんとスポットライトを当てること、その取り組みはすべて立派だと思うし、心から応援している。まだこの世には性別による不平等偏見がいっぱいあり、これをみんなでなくしていくことこそが、僕らや次の世代幸せへとつながっていくはずだ。僕も自分の中の偏見と闘っていくつもりだ。ただし、言葉を選ばないと両性の間に分断を無意味に生んでしまう。誰にだって怒る権利はある。間違ったことがあるときには怒ったっていい。時には厳しい表現を選ばないといけないことも当然ある。でも、不公正を公衆に訴えて世の中を改善していくことと、自分の不機嫌を見ず知らずの人間通り魔的にぶつける暴力とは、厳然たる区別があるはずだ。少なくとも自分は、公共の場他人を口汚くののしるような真似はしたくない。

少々熱く語ってしまった。本題に戻ろう。

四つ目。公共の場女性馬鹿にする発言をすることは、自分にとてもよくしてくれた母、祖母姉妹馬鹿にすることになる。同時に、未来に付き合い、結婚することになる女性それからまれる娘や孫たちに対する侮辱である自分はまだ出会っていない家族のことを馬鹿にしたくない。

それに、自分尊敬する文筆家や科学者の多くが女性だ。女性馬鹿であるという謬見に対する、強烈な反証だ。

五つ目。すべての女性から好かれようとしなくてもいい。

インターネット上には様々な声があふれている。ある女性は「なんでもきちんと話し合いで解決したい」という。別の女性は「なんでもかんでも気持ちを察してほしい」という。ある人は「男性から性的まなざしに耐えられないと」訴え、別の女性は「異性として意識されなくて悔しい」とぼやく。そういう意見総合していくと、矛盾の塊というかキメラが発生する。こちらを立てればあちらが立たずだ。さらに「どうしたらいいのですか」と尋ねても、「私はあなたママじゃないか自分で考えてください」といわれる。そこで困ってしまう。一生懸命行動しても、誰かからは怒られるのだ。ある種のダブルバインドである

そういう時に思い出したいのは、結婚できるのはたった一人、という事実だ。自分が一番好きな人幸せを一番に考えて、ほかの人の意見スルーする。それでいいではないか相手こちらの面倒を見ないし、自分赤の他人の機嫌を取る必要はない。

最後に。誰かに復讐してやる、という気持ちの時には、じっとしているのがいい。他人を憎んでいる心理状態はとてもつらく、幸せからは程遠い。人を呪わば穴二つ、である。そんなときは、家でゆっくり休むといい。肉体が健康でないと、精神健康もおぼつかない。

相手八つ当たりしない自信があるのなら、風俗も決して悪い選択肢ではない。ハグしてもらうだけでも怒りは収まることがある。相手から優しく触れてもらえる時には、言外の「あなた男性として尊敬しています」のメッセージを受けている気がする。たとえそれが作りものだとしても、触覚や嗅覚はどんな言葉よりも雄弁だ。もちろん、人によっては空しさが増えてしまうかもしれないので、諸刃の剣だ。利用の際はよく考えてほしい。

こういう人に会いたいなというメモ

あくま理想なので、すべてを満たすことは難しいかもしれないが、希望はこういう形だ。

問題は、自分の好みが良く笑うタイプ女性か、研究者タイプ女性か、よくわからないことだ。とはいえ、これは実際に会ってみないことにはどうしようもないのだろう。

自分の実力を知る

様々な手段を取ってみて、挫折を繰り返してきた。

しかった。悔しかった。けれども、これでいいのだと思う。自分はこの方法ではうまくいかないのだ、そしてモテないのだと直視することができた。自分の実力がこの程度だと理解したことで、やっと素直に結婚相談所に向かうことができる気がしている。

もしもいきなり相談所に直行していたら、将来浮気したくなり、結婚生活破壊してしまたかもしれない。恋愛はすごく疲れる、ということを体感したことで、落ち着いた生活へのあこがれも強まった。仕事でもそうだが、自分はこのくらいのことはできるが、これ以上はだめだ、という理解が、体調管理には必須なのだ

最後

今回も長くなってしまった。モテないことのぼやきならいくらでも書けるだろうが、ここで切り上げたい。

読んでくれてありがとう

(1) 水島広子 大人のための「困った感情」のトリセツ

(2) デビッド・D・バーンズ いやな気分よ、さようなら

(3) 僕も女性からセクハラを受けたことがあるので、そういう屈辱感を相手に与えるなんて真似はしたくない。もっと異性同士が、もちろんいろんなマイノリティを含めて、尊敬しあう世の中になってほしい。

2020-02-20

みかんポスターについての個人的ぼやき

制服の素材って重くて厚みがあるししっかりしてるものからあんなにシワにならないという点で股間のシワに違和感があるけど(ゆうたら上着の袖あたりのシワもきになる)

性的か?って言われると まあ性的…でないとはいわないけど?性的???って感じで

不快か?って言われると あのシワとったほうが絵としてはいいんじゃない…?って感じで

明確な返答が出せない。

絵のなかの女性を無下に扱ってはいけない…まあ、人の目に触れるものからしかそうかもしれないけど

なんかもう炎上するためにわざとやってるようにも思えてきたし!

沼津みかん!覚えた!!

みかん食べたいね

2020-01-22

[] 94 ぼやき

 35人目。居酒屋コース食べて終了。このパターン、美味しいとこだと2人で5桁いっちゃう。高いが、満足度は高い。

久々にかわいい子でこっちに好意もあってだいたいぱーふぇくとなんだが、外国人なんだよな。

内面曝け出すのって、書くのも読むのも疲れるし、普通に人と話すくらいのテンションで書いていいのかもしれない。

現状は、忙しすぎて家でゲームしたり内省的になる暇がない。

ちょっと前にはストリートで声をかけたかった気がするのだが、

アプリ無料いいねやその月のいいねをポツポツやってたら、マッチングしてやり取りはじまって時間エネルギーが溶ける。

ジムに行く頻度も週一になってしまっている。

アプリをはじめる前はある程度友達と遊んでいたのが、友達ほとんど声をかけなくなってしまった。

彼女ができたらやめたいが、自分がいいなと思う人と自分が同じ気持ちなことは、まだないからな。

ガチャを回し続けるような人間関係しかないのって、どうなんだろうね。

友達を作るのも並行してやった方がいいかもしれない。

でも、一緒に仕事したとか何か共通体験がない友達って、どうなんだろう。

やりたいことから考えるのが良いのだとしたら、俺がやりたいことなんて、せっくすくらいしかないよ。

おもしろ仕事したいけど、実力ないから。

誰も相手してくんねぇ。

うんこうんこ、クソクソのクソ。

この世は生きる価値ないです。

2020-01-18

anond:20200116222707

ぼやき川柳とかは読むより聞くのが面白い

日本語の音声は高度な話には向かない、漢字想像できないと難しいし同音異義語もある

2020-01-10

映像研には手を出すな

面白かったし、すごい作品だと思ったけど、主役の女の子3人中2人が見た目も声も男みたいで可愛いくないので全面的に好きとは言えない。

いっそ男の子だったらハマれたんだけどなという腐女子ぼやき

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん