「経済圏」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 経済圏とは

2018-04-11

anond:20180411172835

3、40代以下とそれ以上の世代は、経済圏社会保障やカネの流れを完全分離するぐらいの強気に出ないとね

親の世代も育てられた子供も「子供が大きくなったら親に楽させるのが当たり前」だと思っている世代

90代の親の介護し続けて、死んだら何もできない60歳の独身が残った。自分世代介護する子供もなし。がこれから普通

法律規制するぐらいしないと、人口減どころか壊滅だ


田舎はそれしか選択肢がなくなってきている

2018-03-26

楽天で本を売ってる業者ってどういう気持ちなんだろう

楽天で書名で検索すると本を売ってる店がいくつかでてくるけど、送料なしの楽天ブックスにはぜったいかなわないよな。

楽天経済圏にとりまれてると、ポイントもたくさんつくし

あと毎週10%引きとかのクーポン配ってるし。

2018-02-15

SNS商店街

俺は子供の頃からイラスト書いてたんだけど、SNSにアップしてたら

似顔絵とかトップ画の依頼が来るようになった

んで、金になるんだと思うと俄然やる気が出てきて、検索から集客したくなった

そしたら、フォローさんに格好良いデザインサイト作れる人が、いたかお金だして作って貰ったら

もっとたくさん依頼が来るように

おんなじことやりたいって人に、サイト作り出来る人を紹介してたらその人から紹介料も貰えるようになった

さらに、今まで買ってきたイラスト技術系の本とかがかさ張り始めたから、まとめて売りに行こうと思ったら

フォロワー古本の買い取りやってる人がいて、その人に売ったらブックオフの3倍の値段で買い取ってくれた

こっちもまとめ売りで高く買い取って貰えたことをSNSで報告してたら、自分も売りたいって人が、現れてこっちでも紹介料が入る

3年やってるうちに、そういうのが5つくらいに増えて収入本業の2倍になってしまった

まりSNS商店街みたいなもんでお互いに仕事を回す経済圏みたいなものを作ってしまえば

そこで生きていけてしまうということだ

良い世の中になったもんだな

2018-02-12

お互いに、資源ない、技術のし上がるしかない、中露米に囲まれている、からお隣の国と協力して経済圏を作って周りと戦った方が良かったのでは?と思うけど、トップこちらに絡むことで国をまとめられるというスキームからこうなってしまうのだろうか。

70年、もっとやりようがあったのだろうけどもう無理だよね。

今も向こうはどっちつかずでフラフラしてるし…どこかで変わっていればなぁ。

2018-02-03

anond:20180203002756

ごめんね。先祖代々とか苦手なんだよね。

前より先を見たいタイプなんで。

伝統の淘汰はあり得ると思うし、今まで何万と淘汰されてきてるだろうしね。

から経済圏ってのも自分は淘汰されて最適化されていくものだとは思ってるんだ。

からTPPとか整理の一環としてはいいと思うし、軽自動車必要なくなるかもだしね。

ちがうかな??

2018-01-25

anond:20180125170758

法的にはそうだろうね。

でも、小規模ならともかく、大規模にそれを実現するには相当な金が必要な訳で、そこに派生する経済圏やら労働雇用やらがある以上、社会的責任が発生する訳でして。

社会的責任を待つ存在には、特定人種性別・その他特性を待つ人を排除してはならないってのが

今まで反差別運動の基本である訳で。

女性だけの街がそれなりの規模になれば、

その差別性は私有地クローズしようと問題になるよ。

女性だけの島だったとして、その住人が男の子を身籠ったらどうすんのだろう

殺す、排除するいずれも私有地にだけの話では済まない

2018-01-20

ポジティブシェアすることで金になる

逆にネガティブシェアすることで金を失う

リアル垢ではポジティブなことシェアしまくってるとバンバン仕事が舞い込むし、廻りも景気の良いやつばかり

ポジティブな奴らで独自の景気の良い経済圏を作ってる感じ

逆にネガティブシェアしてる匿名垢では同種の仕事募集してもさっぱり仕事が来ない

ネガティブな繋がりってのは、自己満足共感してもらいたいだけの誰の役にもたとうとしない連中ばかりらしい

ポジティブな方では打算も当然絡むが、ここで仕事を振っておけば今度自分の客にもなってくれるかもしれない

自分必要とする時に新しい客を連れて来てくれるかもしれないと期待も込めて仕事をを依頼したりされたりが生まれ

ポジティブ活動ってのはそれだけで生産性がある

ネガティブ活動っていうのは、あり得る可能性まで奪う形で人の貢献とその繋がりを奪い去る

これだけの違いがあるのにまだネット批判活動続けますか?

それともポジティブに動いて貧乏やめますか?

2017-11-26

本当に自分政治思想が正しいと思うなら

まずは独自通貨発行しろ

昔は、土地と人がいなきゃ国はできなかったが、今はもう人と独自通貨圏さえ持ってれば国と同じ機能を備えた世界観を構築できる時代

どういう生き方、どういう政治・経済理念念頭お金を分配するのか

そういう柱を信用にした独自通貨を発行して、それが本当だと思わせることができたら、日本円に縛られることなくどんどんその通貨価値は上がる

もし、その政治思想が正しいと本当に思ってる人たちがいるなら、絶対価値暴落したりしない

お金ってそういう性質のものだってのは暗号通貨をみてもわかるだろ

信用がないか価値が大きく変動する

絶対的な信用を元に発行される通貨は参加する人が多くなればなるほど価値は大きくなり、それがまた確固たる信用になる

はてなはいつも自分の考えが正しい

国のやり方はいつも間違ってるって人が多いじゃん

どっちが信用に足るのか勝負できる技術がいま当に目の前にある

チャレンジしてみろよ

ハウステンボスかいう一企業仮想通貨作る時代だぞ。一企業の信用だけで独自経済圏を作ることができる時代なんだよ

お前らが大事にしてるポリティカルコレクトネス人権平等

本当にそれを絶対だと信じてるなら絶対価値が下がらない通貨が出来上がる。そういってる人たちの真意可視化できるのが暗号通貨だ。

人の本性を浮き彫りにできる。本当は、どう思ってるのか?それが可視化される。

さあやってみろ!

2017-11-25

anond:20171125154405

横だけど、ヒトラーは「東方生存圏構想」を掲げ、東欧グルジア一帯へ侵攻し、経済圏の拡大を目指したよね。

結果的に失敗し、戦後ドイツアメリカから経済援助で経済を立て直したけど。

今は何だろう、アフリカ進出宇宙開発かな。

2017-11-16

anond:20171116200315

資産海外に移して日本には納税しません」「ガードマン付きのマンションに住んでお前らとは接触しません」「子供私立教育機関に通わせるので公的教育には協力しません」「お前らのことは雇いません」「政治ロビー活動で参加して自分たちに有利な法制を通しますし、労働者権利可能限り縮小してゆきます」「株式相互持ち合いを通して身内以外の一般消費者の立ち入れない経済圏を目指します」――なんてのはおそらく富裕層側の暴力で、それくらいの反撃は当然覚悟済みで殴ってるのか? って話なんだよね。

2017-11-08

朝鮮半島台湾だけで我慢しとけばよかった

そうすれば第二次世界大戦も起こらず、日本語話者も今より何千万人も多くいか日本語経済圏になって、失業者も少なく、仕事もいっぱい夢いっぱい。そんで今の私達の生活ももっと楽になってたのに。

2017-08-16

アイマスについて考えた

はじめに

自分にとっては、これから生きていく上で大事存在だとも言えるのが765プロアイドルである

先日にライブを終えた346プロの面々も、さわりくらいなら知ってはいるが、どうにも馴染めないクチである

キャラの魅力としては、より最近風でバリエーションにも富んでいて、知らない人が見比べれば「765プロアイドルは地味」という人もいるかもしれない。

しかしながら、自分にとっては何よりも765プロアイドルが一番であり、たぶんそういう人が他にもいると思う。

お盆に休暇を取ったもののヒマなので、いろいろ観たり聞いたりしながら、こうなったらと幅を広げて「アイマス」について考えた。


スター」について

今年の高校野球は、清宮というスーパースター選手がいた。彼はのちのちプロになり、輝かしい成績を残すのだと思う。

野球に限らず、あらゆる人気スポーツには「スター」と呼べる一握りのプレーヤーが必ず存在する。

競技のことをよく知らない人間を、まるでまんがかドラマかのような力で惹きつけ、人間を呼び集めることができる人間である

彼らは自然とそのような状態を作り、本人はただ勝っているだけなのだが、それはひとつ経済圏を生み出す。

渦巻くファン層に商売人が目をつけて、そこに広告をブチ込んでさらに大きな渦を作る。そしてカネを飛び交わせる。

いわゆるひとつバブル現象であり、今年の清宮などはこれの好例であったと言えよう(主に商売人側で盛り上がっていた気がするが)。


彼らのようなスター選手の中にも、2種類のタイプがいると思う。純粋暴力的な力でドラマを作る者と、あともうひとつである

前者は若い選手に多い。藤井四段も現在のところはこれである。彼らはただそこに在り、勝負に勝つだけで人を惹きつける。

ただ、それは得てして一過性のものである。何かのきっかけで敗北を喫すれば、ドラマはそこで終わってしまうからだ。

競技自体に興味のない、バブル層のなかで最も分厚い層を作る「競技を知らない」人々は、確実にここで去っていく。

藤井四段も、清宮も、あるいは自分が知らない間に大活躍したスター選手も、きっとみんな「あ~あの子ね」と言うと思う。

夏でもあるし、ここでは「花火型」とでも呼ぼうと思う。


後者で伏せていたもうひとつタイプは、自分自身生き様ドラマを作る者だ。

必然的に、これは歳を重ねた選手の方が多くなる。羽生善治王位も、たとえばイチロー、EVOで優勝したときどはこれにあてはまる。

彼らは自らの人生ドラマチックに生きてきた。ウメハラはたくさんの自著を持っていて、その大半が「人生観」についてである

瞬間最大風速は前者に劣るかもしれないが、継続性は後者が圧倒的に上だろう。

彼らが自分の信念に基づいて生き、たとえ負けが込んだとしても、いつか諦めずに優勝すれば前者よりも強く輝くはずだ。

イチローときどに魅入られたファンたちは、自分人生のお手本として信じ続け、彼らのことをずっと忘れない。

一見地味であっても、より強く歴史にその名前を刻むことになるのは後者人間である

こちらは「劇場型」とでも呼ぼうと思う。


765プロアイドルは「劇場スター

そろそろ765プロに話を戻そうと思う。

つまるところ、自分にとって天海春香如月千早は「後者」、「生き様で語る」アイドルなのだ

彼女らは空想上に作られた存在かもしれないが、物語というのは、事実でなくとも真実であるということに変わりはない。

物語が持つ真実の力を、現実のものと遜色ない力強さで手にしている、自分にとっては稀有存在だ。


天海春香のように、まっすぐキラキラ自分目標に向かって生きることは、どこか気恥ずかしいことだと思っていた。

如月千早のように、周囲に与することなく孤高の存在であり、自らが持つ力だけを持って世の中と戦うのはカッコいいことだと思っていた。

星井美希のように、自分にできることを程々にやり、何かひとつのことに一生懸命になることなどせずに生きるのは賢いことと思っていた。

けど現実はだいたい違っていて、自分の夢にアツい人は全員すげーと思うし、一人では限界がすぐに来てしまうし、飽きっぽい性格では何も面白くない。

765プロアイドル出会っていなければ、こういった当たり前のことに気づくのが遅かったかもしれないし、下手したら死んでいたかもしれない。


アイドルというのは「偶像」であって、それは「非現実的可愛い」だとか「彼女らが頑張るのを自分が支える(崇拝)」対象では決してない。

偶像=神の教えと言葉に従い、崇め奉るだけでは単なる「信仰」だけで完結してしまい、それはいつか「狂信」となるか「飽き」を迎えてしまう。

彼女らがファンに向けて送っているメッセージは、「私も頑張っているから、あなたも頑張って!」である自分は思っている。

ライブ課金ゲーム時間を使うという行為は、そのエネルギーや「言葉にしにくい真実」を交換しあう行為だと考える。

神というのはそもそも人間が生み出した概念であり、アイドルも同じで、決して向こう側から「与えてくれる」だけの存在ではない。

理想ドラマチックな生き方」をアイドルという「偶像」に依拠して、それを体現する者に自分から価値あるもの」を供出する。

そうしたプロセスを踏んでこそ、アイドルという存在がこの世に、人々にとって魅力的な存在であり続けることができる。


日本神様はどこにでもいて、誰からも忘れられたときにひっそりと消えるという。そのためにお祈りやお供え必要なのだ

昔の人にとっては、自分たちの食料となるもの、貴重なものを神に奉納するという行為があった。それくらい大事なことだからだ。

純粋に「異界の神」の存在を信じた人々もいたかもしれないが、それは「狂信」だと言ってよく、たびたび「非人道的な間違い」を起こす。

本質は、「自分たちを見守る存在」=「理想的生き方を守る存在」に「価値あるもの」を奉納し、その価値を高めるということにある。

自分たちの願い(神様偶像)がそこに結実していると確かめるための行為なのだ


10年代の「ソーシャル型」アイドル

要は、自分にとって理想アイドルは「劇場型」であり、「花火型」ではアイドルたりえないという話をしたかったのである

765プロアイドル以外は認めないのか」と問われれば、イエスと答える気がする。346プロも、ミリオンアイドルも今のところではそうだ。

自分としては、彼女らのように息が長く、大勢プロデューサー必要とされ、様々な歴史を与えられた彼女らに勝るアイドルはいないと言い切れる。

他のプロデューサー自分とでは、彼女らに求めているものが違うという実感はある。こういう話をして納得してもらえた経験がまったくないゆえだ。

自分自身羽海野チカ先生が言うように、「大事なことは全部、漫画アニメ(=フィクション)に教わったんだ!」という感じが近いからというのもある。


老害いたことを言うが、最近の新しいコンテンツキャラクターの薄利多売ぶりがすさまじいと思う。

これはデレマスミリマス、空前の大ブームであるソシャゲ全般を主として言えることで、あまりにもキャラが多い。

そして、全員が全員似たようなことを言う。誰も彼も個性などあまりあったものでなく、先に挙げた765プロアイドルのように、強い物語性と動機などはない。

つまるところ、彼らのようなキャラクターに「劇場型」のようなドラマは生まれないのであるキャラクター自体存在は極めて薄いものなのだ

自分にとっては大変味気ないものであるキャラクターが大量にいるという前提もあり、どうにも(言葉は酷いが)「粗製乱造」といった印象が拭えない。


しかし、そこを補完しているのが「ソーシャル性・社会性」である。「大量のユーザー集合的無意識を共有している」という前提があるからこそ成立するキャラなのだ

ツイッターでの同好の士との、友人間でのグッズのための遠征ライブツアー同人作家の持ち上げなど、これらはすべて「社会性のもたらす快楽」が下支えしている活動だ。

如月千早のところで言ったように、人というのは一人では何もかもにすぐ限度が来てしまう。何かを面白がるにも、一人では見える範囲のことしかからず、すぐ飽きてしまう。

だが、誰かと共有することで可能領域は倍増し、それはたまらなく面白いことだと気づく。リア充だろうがオタクだろうが、誰かと会って話すのが人間は一番楽しいことなのだ。

ゆえに、キャラクターは「浅く広く」の方が都合はいいのだ。オタク的に深い造詣と知識がなければ弾かれるのなら、新規はやってこないしヘタなことは言い出せない。

大きなコミュニティを作り出し、まるで文化祭前夜がずっと続いているかのような熱狂の渦を保つには、共有対象簡素かつ魅力的であればあるほど好都合なのだ


自分は、彼女らのようなアイドルを「ソーシャルアイドル」とこっそり呼んでいた。

765プロアイドルのような「劇場アイドル」も初期は「ソーシャル型」だったのかもしれない。

ただ、いくらなんでも数が多すぎやしないだろうかという風に自分は捉えがちである

結果的にどれにも入れ込むことができない、自分のようなぼっちが前提のオタクにはつらいなぁという印象だ。


劇場型」と「ソーシャル型」

時代の移り変わりとともに、アイマスも形を変えたのだなというところに思考が落ち着いた。

掲示板にでも出入りしなければ「お一人様」性が強かったネットからスマホによるネット人口爆発や、ツイッターが台頭した環境変化に対応したと。

アイドルとの距離もより身近になり、春香の「後ろの席までみんな見えてるからね!」にありがたみを感じにくいご時世になったこともある。

自分にとってソシャゲアイドルはとっつきにくいものだが、彼女らについて(上辺だけでも)深く考えることができ、より765アイドルが好きになれた。


AV女優云々で騒いでいたのは、決して職業差別宣伝への嫌悪とかでなく、純粋に「社会」が乱されることへの強い拒絶反応であることもなんとなくわかる。

ソーシャル型」アイドル世代は、決してアイドルの一存ですべてが成立しないのだろう。自分たちで「デレマス社会」を守っていこうという意識が強いのだなと思える。

デレステ運営公式アカウントへの過度な許容もその現れだし、ライブが頻繁に行われていたり、声優さんが大量に現実いるからこそというのもあるはずだ。

旧型ぼっち重視オタクである自分には、深く考えるまでは「奇妙」の二文字で片付けていたが、しっかり考えるとなんとなく頷くことができる(自分とは違うのだなーと)。


自分はここまでで、「劇場型」と「ソーシャル型」を分けて考え、前者が自分には合っていてそれは765アイドルであるとしていた。

ただ、「花火型」とほぼイコールであるソーシャル型」アイドルも、中心にいる人々からすれば「劇場型」と捉えているのかもしれないとも思う。

自分が望むような「二次元でほぼすべてが完結できる」劇場型ではなく、「リアルツイッターゲームライブ声優」、それぞれをすべて同列に考えられる基準を持っているのだろう。

自分にとってそのような考え方は無理があることだし、それができるのは正直うらやましいことだ。きっと違う楽しみがあるに違いない。


おわりに

文字数文章としてのまとまり、書く時間制限をつけなかったので、たいそうバラバラ文章になったと思う。

自分としては、モヤモヤと考えていて喉元でつっかかっていたことがスッキリしたのでよかった。これぞ匿名ダイアリーパワー。


何かとレジェンド扱いされる天海春香さんだが、単に新しい展開が少なくなってしまったというだけである

基本的運営を信頼しているので、天海春香らしい新しいエピソード新曲、展開があるといいなといつも期待してはいる。

ミリシタは…………………………ログインボーナス継続中ですが………………音ゲー無理で……。据え置きで新作出いかなーと希望を。


上にも書いたように、自分には正直なところソシャゲアイマス系列にはどうしても馴染めないところがある。

大量のキャラを常に見回したり(自分にとっては全員が全員魅力的なのですよ)、リアル体験との併用が前提とされているような構造はすこしキツい。

しかしながら、アイマス全体を支えているのは間違いなく彼女らであり、そういった意味では応援している。アニメは観たし、CDもとりあえず買っている。

いまやソシャゲアイマスあってこその765プロアイドルである。いつか揺り戻しがあり、強いアイドル必要になったとき、また765のようなアイドルが観られればそれでいい。


いわゆるデレマス界隈は、人を多く集めまくったリスクとしていろんなトラブルがあったりするんだろうなと思う。

けど、大した問題にもなっていないようなので、すごいと思う(ぼっちゆえコミュニティの仕組みはわからない)。

自分にとってパリピめいて盛り上がるリア充なんだかオタクなんだかわからないPたちは正直無理である

が、デレマスアイマスを好きだという気持ちはたぶん同じなので、遠いところから同士よ! と応援している。


なんかすげー長く書けた。自分用のメモにしてもよかったんだけど、経験則的に、誰かに見てもらうって前提で文章を書いた方がわかりやすくなるのだ。

ということで投稿しつつ、ローカルに保存しつつ。よかったらなんかコメントとかくれると楽しいです。てーかここまで読む人おらなんだ。

読んでくださった方、ありがとうございます


2017-07-13

不景気とは何なのか

考えたら頭痛くなってきた

経済分からん

 

経済というのが、お金価値の交換であって

その交換が多いほど景気が良いと考える

停滞しているほど不景気となる

 

価値というのは、労働力、物、資源付加価値権利などなど、売買できるものならなんでも

価値金額というのは相場が有り、需要供給法則や、大数の法則の影響下にある

商売では安くしないと売れないので、同価値金額を安くしようと努力する

同時に、より儲けたいので数を捌くか、価値を上げるように努力する

 

1.同じ金額価値を上げる

2.同じ価値金額を下げる

3.より多く売ろうとする

 

これらはある程度の時間が立つと、簡単に平衡状態に至る

平衡状態になると

 

1.価値を上げることが難しくなる (ここで価値というのはあくまで客が決める。スペックではない)

2.金額を下げることが難しくなる (儲けの限界、下手したら儲からなくても耐えられる限界、あるいは耐えられなくなり崩壊する限界

3.売るのが難しくなる      (普及しきる、相手が居ない)

 

平衡状態でも経済活動が止まるわけではない

物は壊れるし、消耗品もあるし、一回きりのサービスも有る

 

ある程度の平衡状態に陥ってから、頑張ってそれでも前進した時の成長率が本質的な成長率(通常状態

平衡状態まで駆け上がる間が好景気となる

この好景気

・何かしら技術的なブレイクスルーがあり平衡状態がズレた時

・売る相手が増えた

・売る相手の単価が上がった

などの時に起こるが、平衡状態がズレたと思わせる詐欺的な状態でも起こる

詐欺的な状態で起こると、当たり前だがその後揺り戻しが来る

その状態が本当の不景気となる

 

これらはやや巨視的に見た時の話だが、小さい視点で見ればさざ波のような好景気不景気(平衡状態を行ったり来たり)は存在する

景気を回復するには、技術的なブレイクスルーを起こすか、経済圏を大きくする方法がある

ただし経済圏を大きくするというのも、あくまで平衡状態に達するまでの一過性のものなので、早々に限界は来る

 

もう一つ回復する方法に、無理やり金を流すと言うの方法があるが

これは平衡状態無視することになるので揺り戻しは必ずある

しかしそれまでにブレイクスルーがあれば借金を帳消しにできるかもしれない

 

わざと不景気にする方法では、無理やり金を使わずプールする方法があり

これは上記とは違い救いがないと考えられる

揺り戻しはあるだろうが、ブレイクスルーが減るので思ったより伸びない

 

というところまで考えた

2017-07-08

如何にしてプロデューサーアイドルから離れたか

それらがまだ、モバマスと呼ばれていた頃、わたしプロデューサーだった。

あってないようなストーリーイベントはひたすら連打連打連打の絵に描いたようなポチポチゲー、しかし綿密に設定されたプロフィールから描き出される彼女たちは確かにアイドルであり、そこに可能性を見た。

しかしわたしは結局、よきプロデューサーにはなれなかった。

緑の悪魔

いわゆるコンプガチャ規制後も、名物の月末ガチャ地獄様相だった。

不毛なことは分かっていたのでたまの10連1回以上は手を出さないようにしていたが、精神的に辛いことが有った際に(担当アイドルではなかったが)ストレス解消も兼ねて出るまで回したところ15万少しかかってやっとSR1枚。ボイスがつき始めた頃だったのでそれはそれは満足度は高かったが、冷静に考えればこんなのは狂気しかない。わたしの心はほんの少し傷ついた。

そして来てしまった約束の時、担当アイドルSRならばそこに撤退文字はない。

しかし40万ほどかかって他のSR複数枚出ても肝心の1枚は出ず、撤退文字を見ることになった。フリトレで入手した1枚と自力で引いた1枚、それは同じ電子データかもしれないがプロデューサーにとってはやはり違うのだ。わたしの心はまた少し傷ついた。

地獄イベント

月末ガチャ爆死の副産物として大量のドリンク(いわゆる課金アイテム)が来たこともあり、担当アイドルSRが上位報酬イベントを一度走ろうとしたことがある。が、濡れ手で掴んだ泡程度のドリンク貯蔵では上位報酬なんて夢のまた夢でしかなかった。

イベントを走っているプロデューサー配信動画を見たことがあるが、ブラウザモバマスを開きひたすらクリック蛇口から流れる湯水の如くドリンク消費を延々としていく狂気映像だった。もちろん理論上はこうするしか上位にいく方法は無いことぐらいわかっている。が、理解していも知りたくは無かった。

後日の話になるが、モバマスイベントを「軽く」走った人が「今回は安く上がったので出費は差し引き8万ぐらい」と言っていてガチャでもないのにそこまで掛かるのかと思うと同時に、むしろ10万未満で確実に取れるならむしろ安いのでは?と気付いてしまい、やはり狂気世界だと知った。わたしの心はより深く傷ついた。

地獄モバマス経済圏

多くのプロデューサーは言う、モバマスとは経済であると。

上記のように、たまのガチャを回して爆死したりイベントを走れず報酬取れなかったりするのはこれを理解していないからだ。

たとえば強いカード、新しいカードほど人気で高価だと思われがちだが実際には相場確定までには波がある。

またイベント特効がつくカードイベント中は人気だがイベントが終了すれば人気が落ちる。

まりいずれも、安いとき仕入れ高いときに売れば差益を得ることができる。実に商売の基本と言える。

そしてガチプロデューサーは同僚とのドリンク/カード融資・交換を存分に活用してイベントを走るので上位ほど実際の出費は多くない(※仮想通貨アイテムアイドルを"資産"と呼ぶ界隈の感覚であることに注意)。

わたしの心はやはり傷ついた。

約束された勝利(だったはず)のアニメ

レアニは株主総会

しかし、スーパーポエム大戦が見たいとは言ってない。わたしの心は微妙に傷ついた。

悪ノリ運営

正直、それまでにもちょっと「ん???」と思うことは幾つかあったのだが、美嘉とみりあの絡みネタ声優から逆輸入ネタだと知ったとき、全てに納得がいったと同時に全てに引いた(アイマス界隈では声優から逆輸入は珍しくないらしいがそういう問題ではない)。

なるほど、作っている側がこういう感性から新田美波シングルドラマパート執拗に「ラクロス連呼させたり、みくにゃんのファンやめますネタをぶっ込んできたりするわけだ。わたしの心はひどく傷ついた。

さようならシンデレラ

あれからアイドル達は大きく成長し、コンテンツとしてもすっかり一級品になってしまった。

結局のところアイドルコンテンツというのは、自分応援している実感がモチベーションになるのだろう。

もう、わたしの出る幕もなければ支えたかったアイドル遠くへ行ってしまった。わたしの心はすこし晴れやかになった。

2017-05-27

🔴IT業界の奴らは 楽天凄さをしらない

Googleだの

Microsoftだの

Amazonだの

Appleのしか言ってないIT業界(笑)の奴らは、

日本社会に根差している楽天経済圏凄さを、

まったく

わかっちゃあ

いない。

ちなみに

俺も

楽天凄さをしらない

2017-05-19

遠足おやつ300円の増田根拠金庫出す間ノン絵003艶億村絵(回文

遠足おやつ300円って

何が根拠なのかしらと思っちゃったわ。

私が実践してナイスだと我ながら思った作戦は、

チロルチョコ当時10円だったので、

30個買って、

友だちのおやつと交換するの。

そうすると元本をはるかに超える利回りだから

交換したおやつの総額が余裕で300円を超えちゃうのよね。

結構遠足おやつライフはかなり充実したものだったわ。

まあ、でも今思うと

おやつ300円の根拠って何だったのかしらね

クールビズエアコンの温度が28℃で根拠無かったように。

でも、

子どもながらに、

まりお菓子に興味が無かった渋い性格だったので、

もっぱら母ちゃんは果物とか持たせてくれてたわよ。

例のチート技。

果物は300円の枠に入らないから、

私の使わなかった300円の枠を取引するの。

先生に見つかったら怒られるから

もちろん、私が300円分買ったと言うことにしておくの。

子どもながらにこういうなんか分からないけど、

変な経済活動みたいなことってあるわよね。

牛乳のフタやシャーペンの芯が教室通貨になったり。

今思ったら特殊経済圏域ね。

うふふ。


今日朝ご飯

今日今日とてごろっとタマサンド

小林稔侍ばりに「具がデカイ」って言っちゃいそうな

ゆで玉子の具のデカさなんだけど、

こぼれないように上手に食べるのが難しいわ。

でも美味しいの。

デトックスウォーター

1個のレモンを6~8に縦に切って凍らしておく

清水冷凍レモンウォーター

使う前に皮をおろし金でこすって香りを少し出したり、

なかなかいいわよ。

冷凍レモン


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2017-02-27

このゲーム住み分けできてなくね?

FPSとかTPSとか格闘ゲームってランクごとに住み分けしてるよね?

でもなんで現実世界って住み分けできてないの?

 

金持ち金持ち同士、エリートエリート同士でバトルしてろよ

なんで弱者の対戦相手金持ちエリートなんだよ

経済圏にしたって金持ち金持ち専用の金持ちしかいない市場でバトルしてりゃいいじゃん

弱者と同じ通貨を使ってゴチャゴチャにして境目をなくしてるからおかしくなる

ちゃんと金持ちは金持ち用の通貨を使って弱者通貨を使おうとするな

経済っていうゲームは対戦ゲームなのに住み分けが全くできてない

絶対参加しないといけないのに敵が金持ちにされて何度も負けさせられる

これがゲームなら確実にクソゲー扱いされてる

ちゃんと住み分けしろ

2016-11-05

子供の命とポケモンGO

子供の命が事故で失われることと、ポケモンGO規制することのどちらが大切か、というのは論争になっているのを見ても分かる通り、それほど簡単問題では無い。ここで命かゲームか?という対立は完全に間違っており、自明計算可能な命の損失か、計算しにくいがある程度推測可能な命の損失、という対立が実は正しい。何故、直接子供に害を与えた自動車禁止されないか?という問いへの一つの回答として、功利主義的な説明がある。つまり、最大多数への効用鑑みると、年間いくらかの自動車事故による死は仕方がない、という判断だ。簡単に言えば、自家用車禁止すれば回らなくなる経済があり、経済が回らないことで死ぬ人が生じ、生まれてこれたのに金が無かったので生まれてこれなかった人が出てくる。その潜在的な死者と実質の死者のトレードのレートにおいて、実は自動車は許されている。さて、ここでポケモンGOであるポケモンGOもすでに莫大なリソースが巡る経済圏を作っている。ゲームからバーチャルから遊びだから、ということは全く関係無い。その経済圏で飯を食う人々が沢山いる。自動車と同じで基本的には人々のQOLを向上させることで社会的には役に立っているといえるし、基本的自動車の速度域でゲーム内容に制限がかかるなど、その機能が死なない程度のリミットを(社会的要請を受けて)かけている。こうした観点からみると単にゲームから、という理由である産業にだけ厳しい制限をかけるのは割と差別的であるし、倫理的でも論理的でも無いことが分かる。ただし、多くの人はこれを直感的には受け入れられない。経済と言われても、ゲームと同じくバーチャルもので、人の命の方が大事、という主張をするだろう。車を買ったり、怪我の治療をするときに支払う貨幣という存在基本的にはバーチャルなはずなのだが、体感的に分からんもの分からん、という人が多いので仕方ないかもしれない。

2016-08-15

経済合理性しか頭にないアホが嫌い

だいたいドヤ顔社会変革を唱える奴って経済合理性しか考えてないよね

一番ヒドイのは地方再生否定して東京一極集中を唱えてるアホ

そりゃシムシティかなんかならそっちの方がいいに決まってるけど

現実問題として地方に住む人はいるんだしそこに経済圏もあるんだから

強制移住でもさせない限り地方再生しないとどうしようもないのは何十年も前から分かりきったこと

結局それが上手くいってないのは確かだから方法論を探る議論は大いに結構だけど

地方見殺しにして東京集中させればいいとか真顔で言ってる奴はゲーム脳甚だしいわ

2016-07-10

リベラルだけど琉球フクシマ人間が嫌い

結局、あいつらはカネが欲しいだけじゃねぇか。

ゴネてゴネて、最後はカネで手打ちする。

霞が関役人沖縄原発立地自治体馬鹿にしているけど、そりゃ馬鹿にするでしょ。

こんなこと書くとヤマトンチュや東京のもんに何が分かるんだって反発されると思う。

まぁ、反発する気持ちは分かる。

でも、カネで解決している事実はあるし、それが健全対応でないことくらい余所者にも分かるよ。

いい加減にしろよ。

東京人間が曲がりなりにも国益・省益考えて行動しているのに、あいつらは今を生きる自分利益しか考えていない。

郷土さえ眼中にない。

将来、基地原発がどれほど地元を損なうかなんてどうでもいいと思っている。

基地原発地域自立的経済圏の発達を拒むとか、放射性物質汚染されれば半永久的に住めなくなるとか、譲っちゃいけないラインがあるだろ?

プライドはないのか?

津波さらっていった土地に街を再建すれば、お前は心安らかに生きていけるだろう。

だけど子や孫はまた海に飲まれるかもしれないんだぞ? いいのか? 自分さえ良ければいいのか? 答えてくれよ。

2016-06-21

音楽家はもうちょっと大人になるべき

http://b.hatena.ne.jp/entry/togetter.com/li/989697

このネタ、定期的にやってくるね。見るたびにほんとクソだなって思う、こういうこと平気で言うアーティストって。

結局、世の中の事象を表面的にしか捉えられない極めて残念な頭脳の持ち主だってのが露見するからこういうのはできるだけ見たくない。

CCCDレーベルゲートCD(以下CCCD統一)は、別に必要が無いのに突然作られたわけじゃない。ビジネスとしてそれが必要だと判断されたから作られた。それが成功か失敗かに関わらず、産業を護るための1つの手法として作られた。

当時、音楽世界を猛烈な勢いで襲ってきたのは、「印刷技術陳腐化」と、「それに伴う経済圏破壊」だ。

音楽が、中世パトロン音楽家が養われていた時代から先に進めたのは「印刷」の技術のおかげだ。楽譜印刷し、アナログレコード印刷し、そしてCD印刷することで音楽お金に変えることに成功した。1つのマスターを大量に印刷し複製すること、その「印刷」が特別技術であったからこそ、そこに金銭的な価値が生まれ音楽を金に変えることに成功した。

マネタイズが上手くいった場合恩恵などいまさら語ることではないと思うが、その金がさらなる設備投資を生み、最高峰音楽スタジオを作っただけでなく、作品多様性文化としての多様性をも生んだ。1作品の売上で1度失敗したらすべてが終わる世界ではなく、大衆に広く伝わる音楽から、極めてマニアックでありながらしかし深く深く誰かの胸に突き刺さるような、採算を考えたら許されるはずのない作品さえも許容できる余裕が生まれた。80年代90年代音楽を見ればそれは一目瞭然であり、多様性こそが文化としての豊かさだというのは誰の目にも明らかだ。それもこれも、マネタイズが上手くいっていたか可能になったことだ。

この辺の「ありがたみ」を、元記事音楽家などはきっと理解していないんだろうと思う。もっとも恵まれ時代活動し、勝手に思うがままにできていた世代特有傲慢さ。プラットフォームを築き上げることがどれだけ大変で、それを維持することがどれだけ重要なことか、まったく理解していないんだろう。いい歳こいてるくせに。

それらの恵まれた状況をもっとも大きく変えたのは、「家庭用パソコンCD-ROMドライブが搭載されるようになった」ことに他ならない。その時点で「印刷」の専売特許が失われ、「印刷」が家庭レベルに落ちた。誰でも印刷ができるようになってしまった。ここでいう印刷とは、CD-Rに焼く行為のみならず、HDDデータを取り込む、そのデータコピーする、これらすべてがつまるところ「印刷」だ。誰でも自由印刷ができるようになった時点で、そこに金銭的な価値を維持できるような専売性は無くなった。

それをいち早く察知したのは、アップルグーグルだ。彼らはしきりに「おまえの持っているCDパソコンに取り込め」とけしかけた。とにかく入れろ入れろとしきりに促した。同時に「その取り込んだデータをどうするかはおまえ次第だから知らないけどな」と、極めて狡猾な態度をとり続けた。スティーブジョブズが本当に音楽家を救いたかったのだとしたら、やるべきことは人々にCDパソコンに入れさせコピーさせることでは無いことは彼も気付いていたはずだ。気付いていながら彼は巧みにポジショントークを繰り返し、自社製品を売り、むしろ自社製品音楽を救うとまで言ってのけた。そして、それに音楽家たちはまんまと騙された。

音楽パソコンにさえ入れさせれば、後はユーザー勝手コピーするなり、ネットにアップするなり、金も法も関係なく勝手にやり始めることを彼らは知っていて、それを積極的に促した。

なぜ彼らはそれができたかといったら、それは「彼らは音楽投資をしていなかったから」に他ならない。制作費やスタジオ設備に一銭も出していないからだ。音楽CDプラットフォームを作ると同時に音楽制作も始めたソニーには、ビジネスを通じて音楽文化を育てる気概があった。対してアップル音楽制作には一切触れようとしない。彼らは単に、はちゃめちゃコピーマシンと、投資はせずに回収だけするプラットフォームを作り上げただけだ。

そうやって彼らが「パソコンにじゃんじゃんCDを入れちゃって~」とやり始めた時、当然、それに抗わなくてはならなかったことを想像もできないようなら、もう一度中学生からやり直した方がいい。

コピーコントロールCDという名前が表すように、コピーコントロール、つまり印刷」をコントロールする必要があった。そうしないと、音楽を育むための全ての経済圏破壊されてしまうからだ。指を咥えて待っているわけにはいかない。対策を講じなければならない。

明らかに不利な立場だった。何もしないと責め立てられ、やろうとすると「考えが古い」と叱責される。アップルグーグルが上手かったのは、いかにも「先進的で素晴らしいパラダイスを目指している」ようなイメージアーティストたちへも擦りこむことに成功していたことだ。その先に実際には何もなくても、イメージさせてしまえば勝ちだ。あの頃のみんなに「10年後、音楽アイドル大人ホストサーカスしか残ってないよ」と教えたらどんな顔をするだろうか。

実際にはCCCD技術はあまり褒められるようなものではなかったし、それは作った側も認めている。技術アイデアが足りなかったのだとは思う。しかし同時に、何もしないわけにはいかなかったこともちょっと理解してやったらどうだ。いい大人なんだから

当時、全てのレーベルCCCDを出していたわけではない。人を「犬」呼ばわりするほどCCCDが嫌なのだったら、違うレーベルからリリースすればよかったではないか契約などのせいでリリースせざるを得なかったのだったら、裁判でもやって争えばよかったではないか制作費をしこたま出して貰って、ワガママもできるだけ聞いてもらいながら制作をしていた人間が、気分でボロクソに言うのって本当に程度が低いと思う。

CCCD正式にはコンパクトディスクでは無い。redbookのCD-DA規格に準拠していないからだ。つまり厳密なことを言えば、CCCD対応していないCDプレーヤーCCCDをぶち込むのは、CDドライブにフロップーディスクをぶち込むのと大して変わらない。

ここで「だからプレーヤーが壊れたのは自己責任」などとは言いたくないし、その辺りは確かにソニーエイベックスのやり方や啓蒙の仕方、技術には問題があった。 だが、何かしらの対策をしないといけないのは明白で、それに対して失敗したからといって上から目線でボロクソに言うのはまったく関心しない。

実際、あれからCCCDは多くの非難を浴びた。ほぼ同時期に、アップルiTunesにまったくもってクソみたいに使いにくいDRMを自ら導入し「ほら、使い辛いでしょ?」とお決まりポジションで言ってのける演出をし、そして業界全体が「コピー禁止DRMはやってはいけない」という風潮になり、まんまとIT屋の餌食になった。 すぐ近所でゲーム映画DVDは「私的複製許可するけど、鍵は外したら怒るよ」というクレバーなやり方を開発し、一定の効果を上げコントロールできているというのに、音楽だけは「複製は許さなくてはならない」という空気に飲み込まれた。そんな馬鹿な話はない。それもこれもアップルグーグルの熱心な啓蒙のおかげだ。

そしてレーベルアーティスト制作費が出せなくなった。 自宅で制作したような貧乏臭い音のショボイ作品しか作れず、過去遺産にしがみつくしかなくなった。若いアーティストたちはどんなに才能があろうと、お金を掛けた制作をさせてもらえずバイトをやめることができなくなった。毎晩、叙々苑弁当を食わせてもらってた上の世代がこぞって「音楽をタダで聞かせればファンが増えてもっとカネになる!」とかいうアホみたいなIT屋の理論鵜呑みにし業界をその方向へ誘ったがために、明らかに業界は縮小し、文化は萎縮し、これから先の若い才能は音楽などやらなくなってしまった。

おまえが良識のある音楽家たちを「犬」呼ばわりするなら、おまえはあいつらのポジショントークセールストークを無邪気に信じこんでお花畑を目指してたIT「犬」だろうが。    mn3

2016-06-12

http://anond.hatelabo.jp/20160612110155

リニアがなんで不要なのかわからん

あれができたら大阪までが東京経済圏はいから日本経済強くなるじゃない。

もはや地方進出営業所がいらなくなる。

2016-06-09

http://anond.hatelabo.jp/20160608235630

金だけならそうだけど地方は今まで人材と物を都会に出してきたのに、地方は何も貢献してないみたいに言うじゃん。

吸い上げるだけ吸い上げて地方疲弊して吸い上げるものがなくなったら切り捨てますってそれで納得出来ると思うのかって話

効率重視で都会に集約してその利益を人、物を吸い上げた地方にも分配するってのが今までの日本の仕組みだったのを止めたい止めたいわけだろ?

それだったら都会に集約する仕組みも止めて、都会は都会とその周辺部地方地方の中核都市を中心に経済圏を作り直してそれぞれでやっていくというのが筋でしょ。

でも都会に集約することによるメリットは手放したくないか地方だけ死ね、じゃ地方人間が怒らない訳がない。

まあ一票の格差とか是正されたらどうせ地方人間は都会の人間の言うなりになるしかなくなるんだろうけど。

せめて例え本音が「地方死ね」だったとしても口先だけでも説得する努力くらいはして欲しいな。

今は都会の人間視点正論だけ言ってれば地方人間がへへーってひれ伏すと思ってるんじゃないかって気がしてならない。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん