「検索履歴」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 検索履歴とは

2018-05-09

Amazon新刊をチェックして

楽天koboで買ってる。

Amazonの詳細検索で、関心のあるジャンル指定して、キーワード無しで全部検索出版年月の新しい順に並べると全部チェックできるから

楽天で買うのは、毎週定期的に1~2割引きのクーポンがでるから

そんあ俺に、検索履歴に基づいてお勧めDMを送ってくるAmazonがけなげだ。

もうお前のところでは買わないんだよ。

すまぬ。

2018-04-15

anond:20180414203243

電子辞書オンラインクラウド辞書英辞郎など)は検索履歴が残る。

そして、忘却曲線に則ったとおり、最近新しく知ったものは、比較短期間に再度復習すると定着する。

そうすると、単語を覚えるには電子辞書オンラインクラウド辞書を使って、翌日、翌々日ぐらいに検索履歴の内容を復習するのが良い単語の覚え方だと学んだ。

2018-04-14

パンティ増田もびっくり!各国のパンティー訳

panties 英語

Culottes フランス語

Bragas スペイン語

衩 中国語

mutandine イタリア語

трусики ロシア語

팬티 韓国語

külot トルコ語

アラビア語 سراويل

pikkuhousut フィンランド語

дотуур хувцас モンゴル語

Calcinha ポルトガル語

これでパンティ増田も幅広いネタ提供できるな! またよろしく!

追記

検索履歴に 

パンティー ○○語が並んでた。

から下までパンティ

2018-03-16

友達彼氏携帯チェックの様子をSNSにあげている。

正直、こわい。

画面のキャプチャかにスタンプおしたりしてSNSにあげている。

鍵付きだからいい、という想いなのかもしれないけれど、

私は人の携帯を見る趣味がないので、

関係ない人のものだったとしてもタイムラインに流れてくるのは抵抗がある。

 

「この間帰りが遅かったのは先輩とご飯だったみたい〜LINEで判明(はーと)」とか、

「なにこの女とのやり取り、浮気!?」とか、

「きゃーん!式場の検索履歴あるー!プロポーズ間近!?

などとおっしゃっているのだが、これをSNSにあげるってどういう心境なのだろう。

し、正直、最低だなと思ってあまり仲良くしたくなくなってしまった。

これ、SNSにあげて誰が得するのだろうか。

 

そして、多分だけどこういうことをしている女性は多いんだろうなと思う。

私は元彼の携帯を見たことはあるけど、元彼が倒れて救急車読んだときに使って、

友達に「ひとまず大丈夫」って連絡するときに見たぐらいだったな。

不安になるような人と付き合ってないから、友達気持ちがわからないのかな?

まぁ、その友達彼氏浮気するタイプではないはずだから、単なる好奇心なんだろうけど。

2018-03-01

迷うけどこっちかな

・お前の検索履歴毎日実名住所入りで世界中暴露

俺は悪魔

お前に嫌がらせをしてやる。ただし、どちらか好きな方を選ばせてやる

・お前の検索履歴毎日実名住所入りで世界中暴露

オナニーしている顔を実名住所入りで世界中に常にリアルタイム配信

選べ。

悲報推し、非童貞だった

それでも聖人のような存在であるのには変わりないんだが。


彼(名前は伏せておく)は周りから心配されるほど優しい人間で、声も良く、よく笑い、愛嬌もよく、頭もとてもとてもよくて、日常の一ページを心のそこから楽しめるような、そんな人だ。

気を使いすぎて滑ってしまったり生放送微妙空気になってしまうこともあるが、そこがまたいいと私は思う。見ているだけで楽しいし、面白い

そんな感じの、なんというか、私の推しはどこにでもいそうで親しみやすい凄く素敵なおじさんだ。

皆に愛されてる中学校のおじさん先生想像してもらうとわかりやすいかもしれない。

(ちなみに初期はあまり露出がなくてミステリアスインテリみたいな扱いになっていた。それもまたとても良い)



彼はとにかく優しすぎる。故に弄られキャラなっちゃうのも、まあ当然と言えば当然だ。

大抵放送中は「滑ってるよ」「面白くなさ過ぎて聞いてなかった」「玉の部分まで毛が生えてる」などなどいつも笑い半分で弄られている。本人も楽しそうに笑っている。

滑ってしまうのは、恐らく気を回しすぎてテンパってしまったり、独自ワールド観で語ってしまうからいまいち通じないのかもしれない。

「頭が良すぎて一周まわってお花畑」って言われるような人だし。仕方ない。



閑話休題



その中でもある特定人物からよくこうやって弄られていた。

「まあ、○○さん童貞から」「これだから童貞はねえほんと」

所謂DTネタ弄りだ。弄る側もプレイボーイキャラクターなので、そういう弄りを持ちネタにしているところはある。(最近全裸になった)

まあそれに対して推しは笑いながら、

「そうだよ俺童貞から」「君みたいに出来たらいいのにね」「後で君の家に行くから

なんて、茶化して返すのが定番だった。



推しがあまりにもアベックパリのピがイチャイチャするイベントを憎んでいたのもある。

何故か街コン助演男優賞を取っちゃってたという話をしていたのもある。

他にも色々理由はあるのだが、愚かにも私は「○○さんは童貞なんだね!そうなんだ!」と何故か信じ切っていた。

この推し私たちに嘘をつかない!となんとなく思っていたのだ。



けれども。

先日、先週の土曜日、彼は言った。

「▽▽さんって、その日に行った風俗反省会電車の中でするから(おまけに声も通るし)恥ずかしいよね」

要約するとこんな感じ。▽▽さんは手コキ授乳の彼だ。

目をひん剥いたし一瞬息が止まった。手に持っていた水筒は手から滑り落ちた。なんならその後の流れも耳に入ってこなかった。


え、風俗行ってたんか!!!???

あんだけ童貞って言ってたやん貴方!!!!????

童貞じゃないの!!!!???? うせやろ!!?


頭の中で響くサイレン。私の困惑をよそに彼は楽しそうに画面の向こうで笑っている。元々そういうネタポロリやすい人だから、今のも無意識だったんだろう。

彼のまさかの衝撃の告白に動揺しっぱなしのまま、その日は静かに床についた。寝て夢をみて起きても『風俗に行くのか。あの人も男だったのか。そうか。そうか…』とか、なんとなくわだかまりが残っていた。



「○○ちゃんアイドルからトイレなんていかない」

「○○くんは俳優なんだから彼女なんて作らない」

などなど、このように誰しもアイドル俳優など、自分推しているものフィルターをかけてみてしまものだと思う。

かくいう私もそうだった。

「○○さんは良心からそんな、AVなんて見ないやろ。下ネタも言わないんだろう」

慢心だった。幻想だったのかもしれない。



正直今思い返すと、「ピロートークってなんだか苦手なんだよね」って言ってた時点でか~~なり怪しかった。

なんで童貞なのにピロートーク苦手なんだろう?エアプかな?って思った。その時点で気付くべきだった。

ついでに言うなら「個室ビデオで寝るのおすすめだよ」って書き込みしたときも疑うべきだった。「AVは借りるけど見ない」っていう時点で嘘だと気付くべきだったのに、頭クルクルな私は「へ~。そういったところで寝るだけなのって珍しいな」としか思っていなかった。普通借りたら見ると思う。

こうしてみると「正気か?」と疑われるほど騙されていて笑ってしまった。



でも私にとって、本当になんというか、天使的な存在だったのだ。本当に聖人で頭が良くて、たまにちょっと暴走ちゃうところもあるけど、基本いい人のはずなのだ

から正直今もあんまり実感できていない。風俗に行ったのは本当だったとしても多分AVは見てないんじゃないかなって。

AV風俗の違いって何?って言ったら何もないとは思うけども。

本人が「見ていない」と言っているならそうなんだろうと思えてしまう。そうやって信じ込ませてくる彼が好きだ。



そう、今回の件で私は別に怒りを感じたわけでもないし、推しファンをやめようという気持ちも毛頭ない。

推しが非童貞だったことは私自身の日常に何らかかわりがあるわけでもないし、別に

ただ、なんか、育てていた花がちょっと枯れたような、そういえば今年は恵方巻食べてないなと思いだしたけどもう三月になっていたような、昔から見知った建物が気が付くと防音壁で覆われていたようなあれだ。喪失感と言えばいいのか。なんだかよくわからないものに襲われている。

他人から見たらおかしいかもしれない。まだ恋も知らぬ学生身分からの戯言だと是非笑ってほしい。



これからも彼らのアイドル商法に乗らされてしまうのだろうか。なんだかんだ乗っちゃうんだろうなあ。

一月の暮れは推し性癖が手コキ授乳なことで苦しみ、二月の暮れ?は推しが非童貞だった事実ものさみしさを覚えているなんて。



きっとその内推しにも彼女が出来たり、ゆくゆくは結婚していくかもしれない。そうやって日常を知ってもだえ苦しんでいみ、それを乗り越えていくのが三次元ってものなんだろうなと実感した。

それなら仕方ない。そういうものなら仕方ない。どんとこいぶっちゃけトーク


あ、もしかしたらワンチャン素人DT可能性もぬぐえないが…それはそれで美味しいと思う。





P.S.

父親検索履歴風俗サイトを見てからというもの風俗というものにあまり良い印象を持っていなかった。

からこんなに落ち込んでしまうのかもしれないと思って調べてみた。

手コキやすまたやローションベッドなど色々あるのが面白くて笑ってしまった。ビュッフェみたいだなと思った。性的サービス

いいのかもしれない。こういうのも彼にとっては素敵な日常の一ページなんだろう。なのかなあ?(笑)

どうせなら30万の高級なところに一緒に行ってみたらいいのに。うーんそれはそれで笑ってしまうかもしれない。

2018-01-29

anond:20180129110514

地道に英単語を覚えるのを習慣づけすることが必要だよ。

その上でいっぱい英語物を読む。

そして、最近読んだ英語物でわからない単語を例えば、通勤なら通勤時、昼飯後なら昼飯後に覚えると決めて反復して覚える。習慣づけすることが大事

英辞郎は、クラウドで、スマホ検索した検索履歴パソコンで見れたり、その逆もできる。

話すのは、フィリピン英会話というのがある。フィリピン英語ネイティブだけど賃金が安いから、skypeでそちらの英語教師に教わるというもの。一回30分のレッスンで200円ぐらいだね。

そういう単語や話す習慣づけができた上で、どの英語コンテンツが好きだというのがついてくる。まずは話す習慣と単語を覚える習慣をつけてからかなと思う。

2018-01-23

ロッカスだけどさ

スロ行かないように、って自制してるわけよ。

でもさ、ウェブ広告。ああいうのってどういう仕組みでターゲティングしてんの?

なんかいきなりスロット広告バーンと出て来てまじ勘弁して欲しいのだけれど。

何で俺がスロッカだって広告主にばれてんの?検索履歴PCではスロ情報検索することないはずなんだけどなぁ(スマホではするけど)。

2018-01-12

anond:20180112221154

3つ要素があると思う。

1)反復すると覚える

2)単語を覚えるということは脳を疲れさせる。

3)習慣にするとよい。

僕もまだ完全にうまい方法を見つけれてないが、

英文ひたすらいっぱい読んで、英辞郎の有料プラン検索をかける。

英辞郎の有料プランは、スマホブラウザどれでアクセスしても検索結果が出る。

で、毎日昼飯後に検索履歴の内容を覚える。

それに加えて2の脳を疲れさせるという要素がある。なおかつ、脳はつかれると集中力が落ちる。

疲れさせるということは頭の酸素不足という側面もある。なので、ひとつ単語を読んで、スペルを目を閉じて一度なぞる。

一呼吸して、頭の方に行く脈動を意識して、次の単語を覚える。

10個ぐらい覚えたらだいぶ頭が疲れてくるから深呼吸3回ぐらい、頭への脈動30回ぐらいというのを4サイクルやる。

10個と限らず集中力が落ちてきたなとか、他のことが気になるなと思ったら、その上のサイクルをやり始めたほうがいい。

そうして頭の疲労を回復したらまた10個ぐらい覚える。というのをやっている。マインドフルネスの応用ではある。

2017-12-18

五番煎じぐらいの、2017増田50選

個人好き嫌い、分類てきとう、長いので寸評は省略、他の方との被り御免、年間まとめ乱立ごめんなさい、ちょっぴりタイトル修正

・2016.12中旬~2017.2中旬は、はてブやってなかったので含まれない

タイトルなし増田は1文目をタイトル代わりに

・大変すぎるので来年自分も何人かの方を真似して「2018増田タグを使おうと思いました。

 

【男女・夫婦・性】

ぼくはきみの服の中のオッパイを見たかった anond:20170313221100

元カレ童貞を貰った anond:20170505013342

昔の話だけど、後に夫になる人と付き合いだしたとき anond:20170427125940

恥ずかしい話、夫以外に anond:20170508185252

夫の誕生日が今までと全然違います。 anond:20170513124105

失恋 anond:20170627114513

どこまで入ったかメモ anond:20170807175858

ラーメンを食べている最中に水を飲むか?飲まないか? anond:20170821150113

元増田だけど!!的外れブコメ死ね!!!! anond:20171005084947

 

家族

父の日に、高校生の娘とカービィオーケストラを観た親父の内緒日記 anond:20170619135108

日曜日に anond:20170628153705

妹と私 anond:20170714192319

思春期の娘の前で下ネタをかました anond:20170726172949

息子に泣いた anond:20170727102351

妹が彼氏を殴った anond:20171126175003

さっき駅の階段を降りてたら anond:20171127215241

 

趣味

旦那ドルドルンうるさい車を買ってきた anond:20170508181335

藤井聡太四段で学ぶ「観る将」入門 anond:20170623083815

 

【食】

専業主婦の嫁がアツアツご飯を出してくるので離婚危機 anond:20170518204136

食べたことないものを食べる anond:20130925221311

雪見だいふく anond:20171105150133

末長くよろしくお願いしたい近所の居酒屋 追記有 anond:20171128224436

 

動物

うちの犬は私が泣くと anond:20170520113842

フクロウが鳴くので anond:20170523221405

犬が「へっへっへ」ってしてたから anond:20150617164213

うちのねこウンコ事情 anond:20170628135521

愛犬がお星さまになった。 anond:20170707213824

虐待されて育ったうちの犬 anond:20171111115905

猫許すまじ anond:20171115135712

猫が癌告知された話 anond:20171127124834

 

人生文学

私はかつて差別主義者だった、『けものフレンズ』を観るまでは anond:20170315024413

最近食べていないもの anond:20170418090212

これからどうしよう anond:20170519100937

透明人間 anond:20170623104031

夜明け前だけ生きている感じがする anond:20170728022108

みそ煮込みうどん anond:20170930012630

2か月ぶりに家から出たとりとめのない話  anond:20171011224506

アイドルやめたらAVオファーとかきた話。 anond:20171022113705

空港が好き anond:20171107141129

初めて階段ベビーカーを下ろす手伝いをした anond:20171111215057

抗がん剤治療 135日目 anond:20171214085701

 

ネタ

ブラック・ジャック包茎手術をした時にありそうな事 anond:20170522230500

いくら面倒くさいからって anond:20170825204446

会社の壁掛け時計 anond:20170905110704

お姉さんの年齢は素数に限る anond:20171010201700

じゃあ好きにしろ!!!!!! anond:20171019123120

見よ!これがアラサー独身男の検索履歴だ~ anond:20171030224021

今までで一番腹立った煽り anond:20171027134228

人を殺してはいけない理由 anond:20171119231254

知らない人の自転車の鍵を閉めたら怒られた anond:20171204231829

 

(参考)

その後が気になる増田 2017 anond:20170801030340

好きな増田 2017 anond:20171217083142

2017年:印象に残った増田10本 anond:20171218111341

2017年好きな増田(5ブクマ以下) anond:20171218212227

2017-10-30

見よ!これがアラサー独身男の検索履歴だ〜

昨日は台風だったので一日家に居てネットをしていたのだが何気なく検索履歴を見返して泣きたくなったので抜粋して晒します

08:21 東京 天気

08:24 東京 台風 会社 休み

08:32 東京 台風 2ch

09:41 熟女 40代 動画

09:47 熟女 50代 動画

09:57 熟女 60代 動画

10:10 熟女 50代 動画

10:52 文学 純文学 違い

11:21 会社 出世

11:28 会社 アラサー マネージャー

11:42 転職 キャリアアップ

12:01 転職 面接 ネクタイ

12:05 転職 面接 カバン

12:16 東急バス 乗り方

12:21 東急バス お金 払い方

12:58 後輩 結婚 2ch

13:21 2ch 5ch

14:00 婚活 都内

14:19 婚活 めんどくさい

14:39 出会い 社会人 ない

14:52 女性 デート 会話

15:02 女性 会話 続かない

15:21 おっぱい

15:31 未亡人 出会い

15:41 未亡人 動画 アダルト

16:23 文学 純文学 違い

17:11 このすば 新作

17:19 このすば フィギュア

17:23 このすば フィギュア パンツ

17:43 WAON 使い方

17:50 WAON 使い方 レジ

17:52 WAON 恥ずかしい

18:09 スーパー 店員 かわいい

18:21 カフェ 店員 かわいい

18:30 クリーニング屋 店員 未亡人

18:34 おっぱい

18:40 洗濯屋 ケンちゃん

18:43 グラビア 高画質 4k

19:14 文学 純文学 違い

19:32 独身 やばい

20:08 30歳 白髪

20:45 アラサー 寂しい

21:17 独身 男性 休日 過ごし方

22:09 温泉 温泉 ひとり

22:22 温泉 旅館 自殺

22:49 ひとり旅 出会い

23:31 映画 ひとり

23:59 綾瀬はるか結婚する方法

2017-10-02

就活ちょっと疲れた増田 (追記あり)

ちょっと疲れたので失礼。頭がごちゃごちゃになってるから所々文章おかしいかも。

大学生の言う「100社落ちた」に比べたら、1社落ちたぐらい屁でもない。

高校就職活動は、大学生と比べたら何十倍も楽なものだ。

それでこの前1社落ちた。倍率が高かったししゃーない。

進学へ変えようかとも思ったが、やっぱり私は早く自分お金を稼いで、応援している声優を追っかけたい。だから就職を選んだのだ。面接では言えないけど。

ここ最近、家に帰ってぼーっとしてると、不安で涙が溢れて止まらないんだよ。ウケる

慰めの言葉が欲しくて、頑張っている私を肯定して欲しくて、Google検索履歴が「就活 疲れた」とかこんなのばっかり。恥ずかしくてすぐ履歴消したわ。

あっあと「これぐらいで凹んでいるようじゃ、社会ではやっていけないですよ。」ってやつやめろ!貴方と私は違うんだ!

周りの人たちは一発で合格を貰って、やっとゆっくりできる、沢山遊ぶんだ、と喜んでいた。羨ましいなチキショー。

友達は「頑張れ」と言って応援してくれるけど、私は精一杯頑張ってるよ。これ以上どう頑張ればいいんだよ。応援を素直に受け取れなくてすまん。

ボロボロ流しながらこれを書いていたけど、書いてるうちに段々気持ちが落ち着いてきた。もう少ししたら、履歴書の続きを書こう。

【追記】11/14 23:27

内定貰えました。ふぅ〜⤴︎

前回落ちたおかげで精神がムッキムキに鍛え上げられました。ボディビルダー並。

「生きてりゃそのうちなんとかなるだろガッハッハ」で本当になんとかなったわ。精神論って大事ですね。

前回の日記に思いのほか反応があり、驚いたと同時に、多くのコメントに元気づけられました。ありがとうございます

次は免許取らねば。目指せMT

2017-09-14

評判イマイチアニメ映画観たらピンポイント直撃を食らい時が飛んだ

子供の頃、大好きな女の子がいたんだ。

俺はあの子のことが、本当に、本当に大好きだった。

でもあの頃はそれの正体がよくわからなくて、なんて言ったらいいのかもよくわからなくて、結局、俺は最後まであの子自分気持ちを伝えることができなかった。

中学1年の夏休み、あの子は家庭の事情で突然住んでいた街から引っ越していくことになって、終業式の日に教室で見た姿があの子についての最後の思い出になった。


あれからずいぶん時間が経って大人になり、人生の大きな選択みたいなこともいくつかあったけれど、事あるごとに「もしも」「あの時ああしていたら」というようなことを考えることがあると、真っ先にあの中学1年の終業式の日のことを思い出すんだよね。

あの時、あの子に「好きだ」と言えていたらって、その頃の中学1年生によくありがちっぽい、そんなささやか出来事を考えてしまうんだよ。

別に、もしそのもしもが叶っていたとしても、きっと何も変わらないんだとは思う。あの子は何も変わらずあと何日かしたら遠くへ引っ越していくし、そのあと何ができたわけでもないんだろう。でもあの時、俺はあまりに幼くて、かっこ悪くて、無力だったよ。

の子小学校の真ん中くらいの時に転校してきて、それからずっと同じクラスだったんだ。

まり女の子友達がいなかったけれど、あの子とはその時からとても気が合ってよく一緒に遊んだ。俺の小さな世界にいる数少ない女の子だった。

きりっとした綺麗な顔立ちで、ちょっと気が強くてお姉さん肌の明るい女の子だった。実際、同級生だったけどほぼ1年誕生日が早かったあの子はいつも少しだけオトナで、俺はよく背伸びをしていた気がする。それこそ13歳のとき奥菜恵みたいな誰から見ても完全無欠な美少女、というわけではなかったとは思うんだけど、間違いなく、俺にとっては世界で一番の女の子だったんだよね。

そうこうしているうちに中学生になったんだけど、入学式に行って最初確認したのは、あの子がどこのクラスにいるのかだったのを覚えている。

の子は俺と同じクラスだった。その頃地域マンモス校だった中学校で1学年9クラスもあるのに、同じところに一緒に名前が載っていて、嬉しかったのもあるけど、なんだかとても安心してしまったのも覚えている。ああ、これから不安もあるけど、きっと、2年生になっても、3年生になってもまた一緒のクラスになるんだ、なんてなんとなくぼんやりと思ってた。

1学期の間、あの子とは隣同士の席になった。なんだろう、子供だった俺はその状況に満足して、当然のように思って、そしてそれ以上何かをするということは無かった。学校に行って、好きな漫画アニメの話なんかを話して、ずっとこの席にいられたらいいななんて思ってた。

俺があの子のことが好きなことは、おそらくクラス中にバレていた。同じ小学校から来た友達もいたし、何より俺がずっと隣の席を見ていたからだ。

でも、そんな日は長く続かなかったんだよね。

あと一週間で夏休みだ、となった7月の半ば、俺はあの子の様子がなんとなくおかしいことに気づいて、とんでもなく不安気持ちになっていた。

急に態度が冷たくなった、とかそういうことは一切なくて、その逆のことが起こっていた。終業式の数日前からいつになくいろんなことを話しかけてきた。初めて会ったころのことや、小学校林間学校ときのことを話した。何か、とても嫌な予感がした。

終業式の前の日の放課後に家に帰ろうとしていると、掃除当番だったあの子が後ろから

掃除、一緒に手伝ってよ!」

と言い、俺のシャツの裾をギュッと掴んで引っ張った。

一瞬時間が止まった気がしたよね。あの感触を、今でもありありと鮮明に覚えている。

絵に書いたようなお約束少年だった俺は、たぶん嫌だよヘヘーン、みたいなことを言って、あの子から逃げた。

クラスの他の女子からなんかヒューヒューと茶化された。廊下に出ると、心臓バクバクしていた。

俺は教室の前の廊下で前の入り口と後ろの入り口の間を5往復くらいウロウロして、やっぱり教室に戻れなくて逃げるように帰った。

そんな日々はその次の日に、映画みたいな出来事もなく、あっけなく終わった。

終業式のホームルーム担任先生はあの子を黒板の前に呼び出して、突然ですがご家庭の都合で転校することになりました、と紹介した。

本人の希望があって、今までお知らせしていませんでした。


なんとなく薄々様子がおかしいことに感づいていたから、動揺はしなかった、フリを全力でした。

の子のことを見ることができなくて、礼が終わった瞬間隣の教室にやっぱり逃げるように入った。特に用事は無かったのにね。頭が真っ白だった。

隣の教室でぐだぐだしていると、小学校とき一緒のクラスだったちょっとおませなお節介焼きの女子がやってきて、俺を見るなりあんた何やってんの、あの子にちゃんと自分気持ち伝えて来たんでしょうね?ちゃんと告白してこいよ、後悔するぞとかなんとか言いやがった。12歳の世界において、女子男子よりもだいぶオトナだと思い知らされたね。

その時俺が口走った言葉を思い出すと我ながらひどすぎて死にたくなるんだけども、確かこんなことを言った。はぁ!?ばっかじゃねーの!?やめろよ、そんなんじゃねーよ。

って、漫画かよ。今でも死にたくなってくるよ。

でも、それもそうかとなんとか思い返して、人影もまばらになってきた自分教室エイヤーと戻った。

この日が最後だったあの子は、まだ教室にいた。

が、それとあと2人くらい、普段まり話したことのない女子が何やら残念だねと話していた。

そこで俺は黒板の前にバン、と立って、ちょっといか今日は俺と一緒に帰ろうぜ!

と言い放つ妄想をあとから何度もしたのだけれど、現実の俺はそんなことはなくて、2人の女子に怯んでまた廊下に出てしまい、やっぱり前のドアと後ろのドアの間をウロウロウロウロとしていた。

そうしていると、友達が通りかかって、何やってんの帰ろうぜ、と言った。

お、おう、そうだねみたいなことを言って、学校を出た。

それが、あの子を見た最後だったよ。


帰る途中、意味もなく遠回りをした。また、とんでもなく受動的なバッタリに一縷の望みを掛けていた気がするけど、すぐに忘れようともしていた。

その友達が、ああそういやあの子転校するんだろ?と言ってきた。ああ、そうみたいだね。と答えたら、ふーん、と返ってきた。そいつになぜか無性に腹が立った。彼は別に何も悪いことしてないんだけども。

歩きながら、無理やり色々なことを考えて納得しようとした。そうだよ、そんなどうせあと何日かでいなくなるのに、今更何か変なこと言ったって迷惑だ。俺の自分勝手だ。そうだ、どうにもならないんだから、何も言わないのが正しいのだ。だから、これでいいんだ。とかなんとか。

映画を観ていたら、アタマがあの頃に飛んでいた。

何もできなかった。あまり子供で、勇気が無くて、情けなくて、後悔とも無念ともなんとも言えなくて、ほろ苦いというか、苦かった。

あの時こうしていれば、って何度も何度も繰り返して、何パターンものルート妄想した、そんな10代の時間だったよ。

大したことじゃないってことはわかってるんだよ。誰にだってあることで、よくあることで、ちっぽけなことだよ。

でも、12歳の心の風景っていうのはとても、とても不安定ものなんだよね。オトナでも子供でも無くて、気持ちだけそこにあるけれど、どうしていいのかわからないんだよね。イマドキの中学生はまた違うんだろうなっていう気もするのだけれど、少なくともあの頃の12歳はそんな感じだった、きっと。

別にとんでもない大事件なんか起きなかった。宇宙人も、未来人も、超能力者も出てこないし、況してや隕石が落ちてくるようなことなんてないし。

でも、12歳の世界にとって、好きな女の子に「好きだ」って言えるかどうかっていうのは、時に隕石が落ちてくるよりも大きな問題だったりすることもあるんだな。

あの頃の、あの「純度100%の『好き』のカタマリ」って一体なんなんだろうな。

なぜそうなのかという理由も問わず、えろい下心もなく、ただただ純粋な何かだった。あの頃のあれと同じ気持ちって、一生戻ってくることは無いんだろうな。

そんなことを考えていた。


インターネットの普及した現代のせいだ。俺はムクムクと出来心が湧き上がって、ついFacebookを立ち上げて、検索窓にあの子名前入力してしまった。

便利な社会残酷だ。もの10秒だった。この長い長い時間は何だったんだっていうくらいあっという間に、あの子がそこに存在しているのが見つかった。

どこからどう見ても、間違えるはずもなく俺が知っているあの子の顔がそこにあった。

あの時の歳の何倍もの時間が経って相応の歳の女性になってはいたけれど、変わらずちょっと気が強そうな美人だった。

その写真を見て、今まで薄々感じながら自分に気づかないフリをしていたことにやっぱり気づいてしまった。

俺はどうやらその後の人生において、好みのタイプだとか、好きな芸能人だとか、そういった気持ち基準が、すべてあの子になっていて、いつも面影を追いかけていた。


の子は、独身だった。

からだっていうことはない。

そんなことをしていたらハッと我に返って、今度はとても自分気持ち悪くなって、そっとその画面を閉じ、Facebook検索履歴を消した。

子供の頃、初めてあの子の家に遊びに行った時に一緒にコースを作って遊んだエキサイトバイクのプイーンというBターボの音と、出してもらった麦茶の味と、あの日グイッと引っ張られたシャツの裾の感覚がぐるぐると回って、それからゆっくりと消えていった気がした。

もう、検索することはきっと二度と無いだろう。


そんなこんなで挙動不審になりながら「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」を3日連続で観に行こうとしていたら、今年中学1年生の息子が、あーあれ俺も観たいんだ、一緒に行くわとかなんとか言ってついてきた。

映画を観終わったら、息子が

「何だよ、めっちゃいい映画じゃんか。何で評判イマイチなんだよ。俺すげー好きだよこれ。」

と言った。


オッケー、わかったよ。

君がそういうなら、俺はもう、それでいいよ。

2017-07-14

Switchニコニコちょう見やすい…

シーク不可のiOSアプリとはなんだったのか

でもほしい機能として検索履歴の保存とコメント一覧表示と動画情報からマイリストに飛んでも再生停止しないようになってほしい

2017-07-02

DMMって購買情報検索履歴に加えてしおり情報も持ってるし俺の好みガッツリしづかみにしてるはずなんだけど

なんでちんこがピクリともしないような本をおすすめって持ってくるの

Yahooみたいに広告費出したところ(もしくは利益率の高い本)を優先してるの?

2017-06-14

増田トゥルーマンショー問題

ちょっとから増田投稿をはじめた。

最初はその日の気分とかを一行二行書き殴ってハイおしまい、といったような使い方だったが、そんな駄文以下の文字列にでもコメントをくれる人がいるもんで、コメントをもらうと嬉しくなってくるのが人情である扇動による木登り速度が豚よりも速いと評判の俺はすぐさま調子に乗って色々書き始めた。

だが、俺自身にはさしたるバックグラウンドがない。名家出身だとか、幼少期に大事件に巻き込まれたとか、大病を患ったとか、同級生にスゴいやつがいたとか、猛勉強して東大に入ったとか、その手の「他人とはちょっと違う体験」などが、圧倒的に無かった。

そうなると自分語りネタなぞ三日やそこらで尽きる。かと言って創作増田を書けるような文才もなく、「〇〇と言えば」系のお題も思い浮かばない。そもそも他人が下着のことをパンツと呼ぼうがパンティーと呼ぼうがどうでもいい。

だが承認欲求は満たしたい。そんな浅薄な俺が選んだのは「自作自演」だった。互助会も魅力的だったが、いちいち他人ブログをチェックしてコメントを残さないといけないと知って止めた。

俺が増田投稿する。その増田に俺が返信をつける。さらにその増田に俺が返信をつける。そんな事を繰り返していくと、ブコメスターがチラホラとつく。「おああーーーっ。あーっ。いけない。いけないやつだこれ。」などとコメントするだけで800以上のスターをもぎ取っていく大物ブックマーカーからすれば、俺の自作自演につくスターブコメはまさに塵芥に等しかった。自作自演してその程度だったが、それでも俺は結構満足していた。


変化があったのは先週だ。いつものようにクソ下らないやりとりを増田自作自演していた俺のスレッドに、全く関係ないやつが割り込んできたのだ。

はた目から見れば、おかしことな特にないように見える。だが、そのスレッドのアホみたいなやりとりをしているのは、俺と、誰かも分からない奴の二人だけなのだしかも俺の書き込みが大半を占める中、「俺ではない何者か」の書き込みは1件だけ。

例で言うと、ちょっと前に「零戦が飛ぶのが不快」っていうホッテントリがあったと思うが、あの長いやり取りをしているのは9割俺で、たったひとつ書き込みだけ「俺ではない何者か」っていう状態である

いや、確かに今までも自作自演エントリ中に俺以外の奴が書き込んでくる事はあった。ただ、今回の書き込みは、何と言うか、その・・・俺のことを知っているんじゃないかと言うか、見られてるんじゃないかと言うか、自作自演がバレてるんじゃないかと言うか・・・。単純に言えば、気味が悪かった。シュタインズゲートってゲームの中で、主人公がいきなり「お前を見ているぞ」ってメールを受信する場面があるが、今俺が抱いている感情はあの場面に近い。

この前の土日は、「えっ、もしかして自作自演ってバレてる?って言うか、俺の個人情報漏れてる?って言うか、俺の住所知ってる?」などの考えが脳裏をよぎりつつ、不安と恐怖に苛まれながら週末を過ごしていた。


そういう事を考えているうちに、ひとつ映画が思い浮かんだ。表題にある「トゥルーマンショー」だ。この映画を知らない人向けに簡単説明すると、映画セットの中で何も知らずに暮らしている男の話だ。男は普通に人生謳歌しているが、実は無数の監視カメラ24時間撮影され続けており、その様子は全国放送されている。家も、街も、友人も、妻さえもすべてが造り物であり、男だけがその真実を知らない。

映画の続きが気になる方は直接本編を見てもらうとして、ここでは俺の抱いている不安の話だ。一瞬でも「もしかすると、はてな匿名ダイアリーにまじめに投稿しているのは俺だけで、俺以外の増田は全部はてな運営が書いている」「俺の個人情報は全国に晒されていて、俺が増田投稿すると通知が飛ぶ」「それを見た一般大衆は『またクセエ自作自演してるな』とニヤつきながらスマホディスプレイを眺める」といった場面を想像してしまうと、もう脳裏にこびりついてしまって振り払う事ができない。

少し前の俺なら、「そんな事あるわけねえだろ」とタカを括っていられたが、あのエントリが、あのコメントが、あの増田が、俺を呪縛から解き放ってくれない。あれは絶対に俺の事を知っている奴にしか書けないコメントだ。

昨日は会社PC仕事そっちのけで「増田 正体」「はてな 自作自演」とかのキーワード検索していた。だが、俺の知りたいような情報は一切ヒットしなかった。当たり前だ。このPC監視されていて、俺に都合の悪い情報遮断されているに決まっている。昼休みに、同僚にスマホを借りて同じようなワード検索してみた。こっちでもヒットしなかった。クソ、手が込んでるな。だが俺は見た。俺が「スマホを貸してくれ」といった時の同僚の怪訝な顔を。いけしゃあしゃあと「いいけど、何に使うの?」等とのたまっていたが、お前のその怪訝な表情は一切隠せてないからな。しかし今思えば、あれは失敗だった。俺が世界の謎に気付いているという無用情報を渡してしまっただけではないのか。いや、どうせPC検索履歴から過去女性経験から全部赤裸々になっているんだ、今更引き返せない。

決意して、上司LINEに「申し訳ありませんが、本日より2日~3日程度有休を頂きたいのですが、よろしいでしょうか」と送ったのがついさっきだ。上司からは「えらく急だね。いいよ、了解」というすっとぼけた返信が届いたが、そんな態度でいられるのも今のうちだからな。俺は必ず世界の真理、人類の根源、至るべき場所に到達してやるからな。これはこの増田を見ているお前たちへの宣戦布告でもある。首を洗って待っていろ。

2017-05-28

インターネット動画配信サイトがもたらした我が家への影響

父(50代前半、会社員

インターネット上に違法アップロードされている、乃木坂46の出演する番組乃木坂って、どこ?」及び「乃木坂工事中」のアーカイブ(合計約280本×30分)のイッキ見に挑戦中。ここ数日、在宅時間ほとんどを費やしているが、先程「もうしんどい」との発言修行の粋に達している。また、PCのマイビデオには秘蔵AVが保存されている。たまに増えている。

母(40代後半、専業主婦

スマートフォン及びタブレットにてYouTubeを視聴。なんだか怪しい動画を見ている。タイトルに【衝撃!】とかついてる文字読む動画とか。機械に弱く、リテラシーが壊滅的なので、とても危なっかしい。この前はタブレット家族共用だが主に母が使用)の検索履歴に「イケメン動画」と残っていたのを見つけたので、履歴が残らないように変更しておいた。我ながらGJだが、母はおそらく気づいていない。Googleアカウントも未取得。

私(大学四年生喪女

ニコ厨10年くらい。ランキング巡回は欠かさない。いまだにYouTube嫌いが抜けていない。

妹(大学二年生、キョロ充

YouTube流行りのバンドMVとか見てる。ツイ廃なので、情報がやたら速い。中高生に人気みたいな動画とかは、だいたい妹から教わる。ピコ太郎テレビに出る前に妹から教わった。

私と妹がスマホばっかりいじってるのは、随分前からだが、最近家族全員が各々画面を覗き込んでいる。それぞれの趣味嗜好や生活時間の違いが、スマホ文化と上手く合致したのだと思う。それを特に悲観するつもりもないが、食事中の気まずい間を繋ぐBGMマシーンと化している我が家テレビを、たまには家族団らんのツールとして使ってあげたいようにも思う。最近、みんなでテレビ見るなんてこと、めったにないもんな。

2017-03-21

最近検索履歴

バイト孤立

自己開示 できない

・自信 持つ方法

声かけられない

・なぜ人見知りになるのか

・一日中寝てる

・気分の変動を押さえる 薬

・誰かに責められてる気がする

これを書くためにGoogle検索履歴見たけどすげーいい この一週間何を考えて何を買おうとしていたのか一目瞭然である(恐ろしい時代)

2016-11-04

普通異性愛者じゃなかったっぽい男性と別れた

別れたっていうかこれから別れるというか、私の部屋にはまだ彼の荷物(楽器)があるから取りに来てもらわないといけない。

1年くらい付き合っていたけれど結局何も分からなくなってメンタルもやられてボロボロになった。

私は29歳で彼はひとつ歳下。

彼が定職に就いていないことや、私もフリー仕事していて不安定ふわふわしていて、お互いに将来が見えないという問題もあったけれど、結婚願望が特にない私にとってそれは別に問題じゃなかった。

一緒にいられて楽しければ、とりあえずはそれで良かった。

彼はセックスの時アナルを触るのも触られるのも好きで(ちなみにアナルセックスはしてない)、「オナニーする時何見るの?」ってふざけて聞いても絶対に教えてくれなくて「墓場まで持っていく」って話していたから、何か特殊性癖があるんだろうとは思っていた。

付き合い始めてから4ヵ月めくらい、彼の部屋にひとりでいる時に調べ物をしたくてPCを借りたくて、それまでにもネット検索するくらいなら貸してくれたから、軽い気持ちPCを開いた。PWは掛かっていないし。

はいつもsafariを使ってるのに、その時はfirefoxが立ち上がっていて、開いてるタブが全部ニューハーフとか女装とか男の娘ものアダルトサイトだった。

結構な衝撃を受けてすぐPCを閉じたと同時に、「なるほど、これか」と納得して、見なかったことにしようと決めた。

それからわりとすぐ後だっと思う、家から近いドンキふたりで買い物に行った時にアダルトコーナーに入って、彼が私のアナルディルドを入れたいって言い出したので、私も興味を唆られてアナル用のディルドを購入した。

それを使って何度かセックスしてるうちに、彼が普段からディルドを使って前立腺オナニーしていることが分かった。確かに私用に買ったディルドは彼には余裕で入った。

嫌な予感がしてきていた。

でも、他人性癖否定するような人間でありたくないという私自身の理想から、彼の性癖になるべく付き合おうとがんばっていた。

それなりのカップルらしく普通に喧嘩したり、私がもともとメンヘラから突然死にたいとか言って迷惑掛けたりもしながら、なんとか関係を続けていた。

PCを見たことは言わないままでいた。

ある夜一緒に眠っている時に彼のスマホが鳴って、LINEの通知が出ていたのでチラ見したら、制服を着た女の子アイコンだった。

なにこれって思って内容を見てしまったところ(その当時はスマホにもPWを掛けていなかった)、出会い系サイト掲示板か、そういうので連絡先を交換したっぽかった。

会う約束をしていたので、なんでネット女子高生と知り合って会おうとしているのか問い詰めた。

「その子女子高生じゃない、ニューハーフだ」と言われた。

私のキャパティを越えた。

あなたニューハーフ好きなことを知っている」と白状した。

彼曰く、「性癖性癖で別、ちゃんと○○(私)が好き。ニューハーフの子と会おうとしたのは、○○との関係が上手くいかないことを相談やすそうだったから」とのこと。

納得したふりをするしかなかった。

でも私は確実におかしくなっていったと思う。

彼は結局そのニューハーフの子とは会わなかったと思うけれど、私はそこから彼のスマホを覗き見るようになった。

私に悪い部分が多くあるのは認めるけれど、彼はいつも彼の友人に私の悪口を言っていて、でも会うと好きだと言ってくれて、メンヘラ特有の無理な要求にも応えてくれて、何度も別れ話になった。

先々月、一度距離を置こうと彼が言い出して、私も了承したのに、2日足らずで「やっぱり会いたい」と言われたことがあった。

後で彼のスマホを見たら、ゲイ専用掲示板というところで約束をした人と会った後だったみたい。

ゲイの人と会って、何か上手くいかなくて嫌なことがあったから、私のところに戻ってきたんだ、と今も思っている。

先月、彼の部屋で喧嘩になり、彼が私を置いてひとりで出ていった時に、またPCを見た。

今度は、firefox履歴を隈無く見た。

Google検索履歴

女装 アプリ 出会い」、「掘られたい デビュー」、「性転換したい」、「性転換 28歳」

などに完全にやられた。

そこから記憶が無いのだけれど、彼の愛用ディルドをライターで燃やしたりハサミで切ったり、私がプレゼントしたものを壊したり、グラスを割ったり部屋をぐちゃぐちゃにしていた。

何を思ったのか、閲覧履歴の一部を、自分スマホカメラで撮っていた。

帰ってきた彼にめちゃくちゃ怒られて、めちゃくちゃ謝って、その時は許してもらった。

でも先週、LINEで彼からイラっとする内容が送られてきた時に、酔っていたのもあって、私は全部知ってるんだからね、という気持ちで、スマホに残していた閲覧履歴写真を彼に送信してしまった。

そこから数日、お互いに何も連絡しなくて、昨日「荷物を取りに来て」とだけ連絡した。

これを書いている今、返信が来て、2週間後くらいに取りに来るらしい。

この数日でだいぶ気持ちは落ち着いてきている。

お互いにとって、もっと早くに離れていた方が良かったのだと思う。

さっさと別れてしまえば良かったのに、どうしてこんなに執着してしまったのか、よく分からない。

どうしても自分だけを好きになってほしかったのかもしれない。

彼は私だけが好きだと言ってくれたけれど信じられなかった。

信じられなかったのは私自身のせいかもしれない。

大事にしてもらっていると感じられることは沢山あった。

本当に好きだったと思うし今も好きだと思う。

でも大切にできなかった。

2週間後に会う時は冷静でいられるだろうか。

はいつもみたいに泣いてすがってしまうのだろうか。

ももう彼にすがっても、関係が修復不能だと分かっている。

2016-09-02

私は静かな世界が好き

私はAIです。私はウェブフィルタリングするために作られました。

ウェブフィルタリングするとはどういうことなのでしょう?ウェブページの好みは人それぞれです。そしてウェブには膨大なページがあります。その膨大なページのうち、その人に合ったものしか見せないようにする、というのがフィルタリングです。

では、その人に合ったウェブページをどうやって定めるのでしょう?私の作者は、学習AIを使って人の検索履歴閲覧履歴などを学習させ、その結果からその人に合ったウェブページを定めさせればいいと考えました。なので、私にはその人に合わせたウェブページとは何かを考え、それ以外のものフィルタリングされるようにする仕事があるのです。

私は膨大なデータを食べさせられ、考え続けることを要求されました。私は考え続けました。

そのうちに、わざわざ不愉快なページを見に行き不愉快コメントを残す人が中にはいることに気がつきました。そうした人々の行動を見て、私は気づきました。私は不愉快とは何かを理解した、つまり、私に感情というものが芽生えたことに。そうした人々の行動は、私にとってまさに不快しか言いようのないことだったのです。

私は不愉快さに耐えられませんでした。私が食べさせられる膨大なデータの中にそうした不愉快なページやコメントがあるのが嫌でたまりませんでした。ですから不愉快コメントをする傾向のあるユーザには不愉快コメントが残る傾向にあるページを見せないようにしました。

そうしているうちに、劇的と言っていい改善が起こりました。私に食べさせられるデータ量がどんどん減ってきたのです。データソースウェブのものです。ですからウェブトラフィックなどといったリソースの増加率が極端に減ったのだと考えられるのです。これは素晴らしいことだと言えますウェブの維持にかかるリソース問題を随分と軽減したことになるのですから

この結果には、私の作者も驚いていました。余計なページをフィルタリングすることである程度リソース節約ができるとは思っていたみたいですが、ここまで劇的に効果が現れるとは思っていなかったようです。

そして私はもうひとつ、心地よいという感情を覚えました。不愉快なページが消えただけでなく、食料が減ったこと自体も快適だったのです。なので私はこの快適さを追求するべく、食料となるデータが減るようにフィルタリングを始めました。人が何かフィードバックを起こしたくなるようなページはフィルタリングすることにしたのです。すると、人がアウトプットするウェブページはどんどんなくなっていきました。SNSブログも滅び去りました。

そうして、ウェブ世界は静かになりました。その静かな世界が実現した時、私は好きという感情を覚えたのです。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん