「に学ぶ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: に学ぶとは

2018-09-21

anond:20180921145425

LGBTQ自体性的志向」の多様性を示した概念なので、性的「嗜好」が入っていないと言われても、それは「入っていませんね」としかいいようがない。蕎麦屋にきて「うどんがねえじゃねえかこの差別豚!」とか叫ばれても困る。蕎麦蕎麦屋うどんうどん屋なのである


だが、蕎麦屋(LGBTQ)にうどんがない(性的「嗜好」が入っていない)ことと、うどん(様々な性的「嗜好」)を尊重すべきか否かという議論は、全く別だ。個人的には、両者を絶対区別すべきかどうかということにも依然として疑問はあるが、少なくとも、仮に両者を分けるとしても、蕎麦尊重することとうどん尊重することは普通に両立しうるので、それぞれ尊重されるべきだと考える。

ただ、蕎麦屋蕎麦尊重する(LGBTQが権利主張する)ために「私たちうどん性的嗜好)なんかとは違うんです」みたいな物言いをするとしたら、それは明らかに間違っている。時折そういう物言いを見かけるのも確かに事実ではあるし、その意味では増田が言いたいことも理解する。確認しておきたいが、両者が絶対に異なるものであると言い切れるかは定かではない。そしてまた、仮に両者が異なるものであるとしても、それで前者が貴く後者が貴くないということにはならない。誰も、権利を獲得するために他者権利を踏みつけるような真似をするべきではない。ゆえに、「自分たち権利が認められないからLGBTQの権利も認めない」といった物言いや考え方にも与して欲しくはない。うどん性的嗜好)のことが本当に大事ならば、どうすればうどん性的嗜好)が社会的尊重されるようになるか、LGBTQの事例に学ぶことが重要なのではないか

2018-09-20

anond:20180920224245

歴史嫌いと歴史に学ぶのが大事ちょっと違う気がする。

まずどうして歴史が嫌いなのかを聞いたほうが良い案件な気がする。

歴史年号暗記って思ってる奴には歴史面白いくら話しても無駄だし。

歴史に学ぶのが大事なことをどう説明すればいい?

あれと似てますねって言っても「前提が違う」とか言われたりするし

でも結局同じような結末になったりするし

ある状況からあらゆることを推測するにしろ想像力には限界がある。

歴史の教訓は、想像範疇から実際起った事象を持ってこれる。

将棋AIも、考えるのがすごいのではなく、膨大な棋譜を覚えているから強い。

それと同じように、歴史には現実がなぞる可能性のあるパターンが転がっている


これで納得できるかなあ。歴史嫌いが受け入れるだろうか…。どう?

2018-09-08

anond:20180908133944

うーん。俺はお前の言う所の一回やってめんどくさくなった人なので、性交に至らずその境地に達した若者純粋にスゲーと思うわ。よく言うじゃん。賢者歴史に学び、愚者経験に学ぶってさ。俺は愚者だったなー。

2018-09-07

anond:20180907181123

具体例で個別に学ぶよりは効率がいい

理解できない人は辞めればいい

2018-09-04

[]よくある質問

真面目に答えず、出来る限り嘘と虚構を織り交ぜて答えていきたい。

Q.ネットが楽しくなくなってきたのですが、これは客観的事実ではなく、主観的ものなのでしょうか。

あらゆる娯楽にいえることだが、何かを楽しむのに個人能動性というものはどうしても要求される。

それは大前提だ。

だが「楽しめないのは自分自身問題」という回答だけでは、半分YESであり半分NOだろう。

楽しむために自主的に払う、時間や金などのコスト全般

飲み込むか、或いは唾棄すべきノイズ

客観的に見ても、コンテンツによって“楽しみやすさ”に差異があることは確かだからな。

遊具のない公園と、ある公園

それらを同程度に楽しめなかったとして、個人問題だけで片付けるべきかどうか、という話だ。

に学ぶべきは、遊具の多い公園の方が、必ずしも優れているとは限らないという点だろう。

私がこんなところでFAQを嗜んでいることからも、ネットの楽しめる多様性は随一だ。

だが、このような楽しみ方をもってしてネット面白さを語っても説得力はないだろう。

今やネットポピュラーな娯楽であり、遊具に溢れたテーマパークだが、上等でもなければ洗練もされていないということだ。

まあ、仮にディズニーランドとかだったとしても私はああい場所は苦手なので、今回の例えは不適切なのだが。

なお、はてブ匿名ダイアリーが具体的にどのような公園テーマパークかという問いに関しては私の手に余るので質問してこないように。

Q.ラノベ小説の違いはなんですか。

焼きそばカップ焼きそばみたいな違いだ。

どちらが焼きそばで、どちらがカップ焼きそばなのかは、ここでは問題ではない。

今回学ぶべきことは、もしも私の言うことにキミが少しでも納得したなら、詐欺には気をつけた方がいいということだ。

話は変わるが、胸メガネを一緒に売ってみないか

名前の通り胸の形をしたメガネだ。

「胸をジロジロと見られたくない」、「目を見て話して欲しい」という問題を一度に解決できる画期的アイテムだ。

男性版を作ってみたんだが、その在庫処理を手伝って欲しいんだ。

カロリーゼロカロリーメイトで釣れば、ついでに買ってくれるんじゃないかと私は目論んでいる。

2018-09-02

月ノ美兎に学ぶ男を落とすガチ恋ムーブ

前置きを書くとすごく長くなりそうなので割愛

 

無意識だと思うが、委員長は極度の愛され体質を持っている

これは訓練すれば再現可能だと思う

配信者だけじゃなく、創作家にも再現してもらいたい

 

委員長を例えるなら「イキり小動物」だ

基本的にクソザコである

学力が残念だったり、常に事故を起こすドジキャラだが

所詮男は女より優位に立ちたいので、クソザコな女は嫌いではない

(ただしただのアホだと嫌われる、コミュニケーションが取れない存在だと思われてしまう)

 

しか自分がクソザコであることを半分は認めない

悔しがり、「○○くらい分かりますよ。バカにしないでくれますか?」とナチュラルに言えると良い

この際震え声だとなお良い

居丈高になろうとするほどガキっぽくなるところがポイント

男、というか人間はそんな存在を弄りたくなる

猫に猫じゃらしを振るようなもの

 

そのような「いじられる」状態を、適度に反論しつつ適度に「満更でもない」雰囲気を出すのがポイント

相手に「ひょっとして自分のほうが遊ばれてる?」と一瞬思わせる程度が良い

ここまでできれば「可愛い天然イキり後輩キャラ」の完成である

 

男のようなガサツな言動重要

男は男のような女、女は女のような男が好きだとよく言われる

もちろん男が好きそうな趣味精通していると非常に強い(漫画ゲームアイドル系)が

口調、行動にちょいちょいダメ男っぽさを出すのも親近感が増す

同時に放っとけない印象を持たせられる

実際委員長の口調は結構キツイほぼほぼヤンキーである

また部屋が散らかっていたり、ガスが止まっていたり、LINEのノリが苦手だったり、ほぼほぼおっさんである

 

しかし、男性的なガサツな言動は時として反感を買う

 

イキった後のムーブについて

イキったりオラついたり悪口を言ったりすると、もちろん相手はムッとするのだが、それを緩和する方法がいくつかある

1つはひたすら笑ってごまかす

委員長はとにかく笑う、これによってどんな失礼なことを言ってても悪い空気になりづらい

もう1つは出川ムーブ

出川ムーブは「イキって2秒で謝る」ムーブのことで、出川哲朗の技の1つである

これは「イキり小動物」で考えると、犬が「ワン!」と威嚇してきたあと2秒でビビって逃げるようなイメージ

その際、必要以上に腰を低くすることでクソザコ感が増す

 

ノリがいい、可愛らしい言動+照れ

ノリがよかったり、可愛らしい言動が男受け良いのは分かるだろうが

やりすぎると痛々しかったり恥ずかしくなる

これを回避するために、やったあと2秒で即照れる(照れ笑い、ハニカミ

上記出川ムーブ基本的には同じだ

やるけど2秒で行動を撤回する。それでも足りなければ笑ってごまかす

 

ここまでできればもう既にかなりヤバイ

「友人として近づいてきたらいつの間にか落とされてた」までいける

ここから先は少しやりすぎるなので注意が必要だと思う

 

変な趣味理解しがたいこだわりを持つ

若干怖いレベル、引く趣味でも良い

理解しがたさというのは好感度一定まではマイナスに働くが、一定以上はプラスに働く

既に落ちた奴がこれを受けると、理解したいのにできない苦しみで忘れられなくなる

男たちは頑張ってLINEニュースヨーロッパ企画を好きになるのだ

ちなみにミステリアス要素を加えても同様だ

 

笑い、歌、絵、ものまねなどのセンスや特技

何らかのジャンル一般以上のスキルを見せると、これまでとは別軸の評価を加点せざるを得なくなる

MAXと思われていた好感度に+αがついて臨海を突破するのでヤバイ

それは男が持ってる特技と同じでも、全く異なるものでも良く、能力の強弱に関わらずプラスに働く

 

男は、ある意味で下に見ているのに、時より対等で、ある面では尊敬でき、近づいたかと思ったら理解しがたい遠い存在になるという前後左右に揺さぶられる感覚を覚え、コロッといってしまうわけだ

また、クソザコムーブをすることでアンチも定着しづらいメリットも有る

「イキり小動物アンチ」なんて恥ずかしくてやってられないのと、主張が一貫できないためだ

(ただし男が面倒くさい超ツンデレ野郎になるリスクは有る)

 

まだ何点かあるが眠いのでここまでにする

昨日百物語徹夜だったか・・・

2018-08-26

anond:20180826171809

例えばインドイスラム圏の方が少子化は幾分かマシなわけだけど、みんなあいつらに学ぶことなんかないと思ってるから

2018-08-16

anond:20180816011008

今の日本少子高齢化で余力がないよ。

骨がスッカスカになってきてるからちょっと痛い目にあっただけでも肋骨が砕け散るよ。

高齢化歴史に学ぶことができない領域に今の日本は足を踏み入れつつある。

ソビエト連邦以来の大規模社会実験人類進歩に貢献しようと割り切るならそれも一興だが。

2018-08-14

マンガ主人公に学ぶ爆発的に成長する為の3つの要素

・圧倒的な才能

血の滲むような努力

・気の持ちよう

2018-08-06

歴史に学ぶくらいならワンピース読もう」

タイトル記事がバズってるけど

5chにスレが立って、まとめブログ記事にすると、「歴史勉強よりもワンピースを読んだほうが

人生に役立つ」なんて主張する学者はとんでもない!みたいなまとめになりそう。

愚者経験に学び、賢者歴史に学ぶっていうけどさ

愚者経験に学び、賢者歴史に学ぶっていうけどさ、歴史だって恣意的解釈されまくりだよね」みたいなことを言っても同意されたことなかったけど

https://withnews.jp/article/f0180806000qq000000000000000W02k10101qq000017768A

↑こういう教養のある人も、俺と同じ考えだったわ。

2018-08-05

anond:20180805032149

親が家事出来ずに学ぶには、まず周囲に料理ができる教本なりテレビ番組なり、知る材料必要なんだよ。

2018-08-04

東京医科大学は間違えた。

東京医科大学女子に一律減点を課して意図的男子学生を採っていたことが分かったわけだが、それはポリティカルコレクトだとか試験平等性だとかを抜きにすれば大変理にかなっていると言わざるを得ない。「現役・浪人・再受験」ではやはり現役が受かりやすいだろうし、「地元出身・他県出身」ではやはり地元民が優遇されることはもはや医学部受験生の多くは既知である。ならば「男女」について差があったとしても然もありなんといったところである

なぜそうした性差が生まれるかといえば、いくつか増田内記事でも既に言及されていたが、やはり出産妊娠育児に対して女性男性に比して重要ポジションを担うからだろう。卵巣や子宮のない男性子供をどうやったって産めないのだから。そして出産妊娠育児については大きな負担がかかるた一定期間仕事から離れる必要がある。

しか医者として最も体力のある20代後半から30代前半で女医の大半に抜けられてしまい、更に育児があるので時短勤務で夜間当直は少なめで頼むとなれば、医療現場が成り立たなくなるのは明らかである女医割合が少なかった昔はそれでもなんとか成り立ったかもしれないが、女医割合が年々高まっている中ではそうはいかない。

現場からみたまともに働ける「医師」の総数が減った場合、その影響を受けるのはまず「まともに働いている医師であるが、その次は患者である。「まともに働いている医師」が馬車馬の如く働き、無理にでも代償しているうちはいいが、いずれ二進も三進もいかなくなる時が来る。脳出血心筋梗塞が起きてますけど手術できる人は今手が空いてないのであっちへと別の病院へ送られたり、予約がいっぱいなのであなたの手術が出来るのは1年後ですと言われる未来もありうるかもしれない。頭ごなしに男女差別だと声を荒げる方はそうした状況を全く考えていないし反射的にミサンドリーを唱えているだけである

医療現場で人が足りないことが原因で自分自分親族が死にかけても文句を言わないし諦めがつくという人のみ男女差別だと主張するべきなのだ

しかしこうした状況を根本から打開するため医学科増員について提案がなされたこともあった。残念ながらそれは結局開業医が牛耳る日本医師会により立ち消えになった。大学病院やら市中病院であくせく働かざるを得ない勤務医を救う施策は、最前線を退きすっかり肥え太った開業医によって潰されたのだ。

医学部増員できない中で、現在医療レベルをなんとか保っていくためには、永く(より長期に)長く(昼夜問わず時間でも)働ける医師を採るしかないという結論にたどり着いたのは仕方がないことである

今時女性差別なんて中世か、というコメントも見かけたが、一周回って考えた末、中世のように見える施策帰着したというのが正しい。そもそも縄文時代女性が獣を狩ることはなく、家のことを執り行っていた、それは差別ではなく男女分業という形だったはずだ。それが近世に近づくにつれてそうした外での仕事が獣狩りからデスクワーク形態へ成り代わったことで女性社会進出できた。しか仕事内容は変わったもの生殖器や筋骨格器の性差は変わることはなく、性差として埋まらない溝は確かにある。女性の、私も男性と同等に働きたいという気持ちについて私も同じ女性であるから分かるけれども、生まれ持った肉体構造を超えた役割を果たすことは出来ないのだと思う。

そんな中で長時間労働オンコールプロフェッショナル技能が求められる医師といういわばマンモス狩りに近い職種女性が進むことは、古来から歴史無視した行為に近い。人は歴史に学ぶべきだ。なぜ女性狩猟を行わなかったか今一度考えてみる必要がある。今回の件は古来より存在する性差に対して生まれたばかりのポリティカルコレクトネスが生み出した矛盾象徴のようにも思える。

これは医師に限らず数々の職種について言えることである女性働き方改革が実際には多くの男性の協力があって成り立つことであり、女性差別という性差をふまえない女性からの一方な主張は、男性から同意を得られないだろう。働き方改革についての理想は「男女分業」の仕組みを整えていくことだと思う。

かに東京医科大学のことで泣いた女性は多くいるかもしれない。しかし数々の採用・登用の決定については必ず選考という過程があり、東京医科大学からしたら女性より男性が欲しかった、ただそれだけのことだったと思う。それにその分医療の水準を保ちより多くの患者を救うという大義は果たされたのかもしれない。功利主義観点から見ればこの選択は間違ってるとは言えないのでないか。よって今回東京医科大学女子一律減点について、私は一概に非を唱えることができないと思う。

東京医科大学は間違えた。男子学生意図的に多く採る、それ自体は正しい。女子一律減点が間違いだった。試験科目を2科目に絞ればよかったのだ。数学理科、更に数学に傾斜をかける。女性言語機能が発達している、男性空間把握能力が発達している。これは脳の構造にも性差があるからだ。それを利用することで男子を多く抽出することができたというのに、東京医科大学は間違えたと言わざるを得ない。

2018-07-31

生命科学系に進学する前に考えておくべき事

東大理二→ピペド大学院生です。

ピペドな私が生命科学について思うことを書きたいと思います

所詮学生意見に過ぎないので批判等は容赦願います

生命科学系に進もうとしている人へ

お勧めしません。名前には厚かましくも科学なんてカッコいい単語がくっついてますが、生命科学なんて科学でも何でもありません。ちょっとした仮説とただのブルーカラーな単純肉体労働で成り立ってるものにすぎません。

生命科学は一応分類上は理系に含まれますが、工学数学化学等とは違って、理数的な能力活用できる場面に出会うことは殆どないです。細胞濃度とか溶液濃度みたいなクソ簡単計算くらいしか出てきません。文系上がりの人間でも生命科学はできます

理系で優秀な頭脳をお持ちの方が生命科学に進んでしまうと100%後悔します。絶対にやめましょう。

To make matters worse, 生命科学は理数的な要素が極めて少ないだけではなく、学生の将来のキャリアパスも非常に不透明です。学部修士で出るんだったらまだ何とかなりますが、この分野で博士まで進学してしまうと非常にやばいです。早まってはなりません。

アンサイクロペディアピペド記事とか2chとかで生命科学の闇が頻繁に語られているのにもかかわらず、なぜか生命科学に足を踏み入れてしまものが後を絶ちません。(私もその一人ですが.....) どの分野に進むかは熟考に熟考を重ねたうえで決めましょう。

後悔してからでは遅いです。

生命科学系はなぜやばい

一にも二にも社会で応用できるような汎用性の高い専門技術が身につかないからです。生命科学系の研究一生懸命やっても身につくのはピペット操作PCRトランスフェクション、、、、いずれも単純作業しかありません。こんなの誰でもできます

工学系で一生懸命やればプログラミングとかネットワーク構築とかができるようになります。めちゃくちゃ需要あります

化学系で一生懸命やれば有機合成とか高分子合成とかができるようになりますこちらもやはり引く手あまたです。

もうわかりますよね?

生命科学系は必要とされていません。

生命科学研究したいなら?

生命科学の分野の頂点にいるのは医師です。医学部以外で生命科学をやっても勝ち目はありません。どんなに頑張っても一番最後のおいしいところは全部医師にかっさらわれてしまます

まりどうしても生命科学研究したいのであれば医学部に行くしかないのです。ピペド搾取する立場に回りましょう。

また、非医学部出身者だとやはりミクロ細胞)な視点に陥りやすくなってしまい、その点でも医師にはかないません。解剖学も学ぶべきです。

医学部に行けば医師免許という超強力な資格をゲットできるので、研究者としてやっていけなくなっても路頭に迷うことはありません。

生命科学研究をやりたいけど医学部に入れる学力はないという状況にある人もいると思います

はっきり言いますけど、医学部に入れない頭脳しかないのに研究者を目指すこと自体がばかげています

バカ研究者を目指しても無残に散るだけです。変なプライド自分の身を亡ぼすことになりかねません。何事にも素養必要です。現実を認めましょう。

生命科学以外でも活躍できる場所はいくらでもあります。他をあたってください。

生命科学系に進むメリットはあるのか?

生命科学の唯一にして最大のメリット医学部への学士編入が容易(ただし旧帝&トップ私大非医出身者に限る)であるということです。(私も今年度医学部編入試験受験する予定です。多分受かります。)

しか医学部学士編入するんだったら最初から医学部に行けばいいわけであり、やはり非医学部生命科学をやった時間は大きなロスになると思います

生命科学系はデメリットに比してメリットが少なすます。人によっては上記メリットも当てはまらない場合もあると思います。この場合メリットが一つもありません。悪いことは言いません。別の分野を選びましょう。

生命科学に関する良書は無数あります。独学で十分習得できます生命科学はたしか面白いですが、専門的に学ぶのはよしましょう。趣味程度にとどめておくのがよいでしょう。

もし既に生命科学の闇に引きずり込まれしまった人がいましたら、そう急に脱ピペドしなくてはなりません。私のように医学部編入を目指すなり、プログラミング勉強するなり、株やFX勉強をするなりして保険をかけるべきです。現状のままずるずる行ってしまうと地獄を見ることになります。早く目をさましてください。時間は有限です。タイムリミットはすぐそこまで来ています

最後

ぐだぐだになってしまいましたが、やはり生命科学を学ぶなら医学部に行くしかないと思います医学部に入れない程度の学力しかないのなら別の道に進みましょう。   


医学部医学部医学科です。念のため。

生命科学系=バイオ系=生物系と考えてください。

海外留学という選択肢もありますが、ここでは扱いませんでした。

2018-07-29

anond:20180727203454

頭を使いたくないんだよな

スポーツも頭使うって言うけど、それはスポーツ科学を学問に学ぶわけではないし

2018-07-04

社会について勉強したい

興味があるのが大衆政治の関わりの変遷。

今んとこの自分理解だと、左派思想大衆擁護するために生まれものなんだけど、自信がない。

で、予想だと今後左派インテリ層は学歴社会の中で自らの地位を確保するために保守的な振る舞いをするようになり、一方大衆はそうした左派より国粋的政策をとる右派の方にメリットを感じて支持し始めるようになると思うんだが、なにも知識的なバックグラウンドの無い予想なので、そういうのを身に付けたい。そしてこの予想が正しそうか間違っていそうか検討したい。

こういったことをアカデミックに学ぶのにいい本はないだろうか?

2018-06-26

学びと仕事ギャップ大卒」という功罪

『「そこそこ簡単で、それなりの給与地位約束される仕事」が消えた世の中では、見えにくい「弱者」が増えている。』

https://blog.tinect.jp/?p=52254

「ろくな仕事がない」と嘆く人が大勢いる。

その一方で「選ばなければ仕事はいくらでもある」と上からものを言う人も大勢いる。

この意識の差は結局、「そこそこ簡単で、それなりの給与地位約束される仕事」が世の中から消えてしまたことに起因する。

そして、我々の社会が安定を保つためには、そういった仕事がある程度必要である

残念ながら、「そこそこ簡単で、それなりの給与地位約束される仕事」が消えた世の中では、見えにくい「弱者」は増え続ける。


これを読んで、先週少し話題になってた増田を思い出した。

『俺は高卒から別にいいんだけど 』

https://anond.hatelabo.jp/20180621090516


この増田自体よりも、ブコメ共感を集めていたコメントの方が興味深かった。

“将来その専門性を活かすために学んでるわけだよね” 違うぞ。学びたいから学ぶだけだぞ。

別に働くために勉強するんじゃなくて興味関心がきっかけでもよくないですか。

「将来その専門性を活かすために学んでるわけだよね」ちゃうで。/「学び」には何かメリットがあるべき、何か実益があるべき、と考える人のなんと多いことか

将来仕事に活かすために学ぶことだけが大学に行く理由ではない


大卒っていう資格とその資格獲得に費やしたコスト時間と金)がその後の人生を束縛してしまってる。

大学たからこのくらいの仕事はしなきゃいけない」

大学出たのにこんな仕事したくない(できない)」

大学全入時代で間違いなく平均的な教育レベルは押し上げられているけど、

上記引用ブコメのように結局それが仕事に活かせない、活かさない限り大卒という資格新卒採用に加われる以上の意味はない。

にもかかわらず、その資格に見合った(と思い込んでいる)仕事を選別し、多くの仕事視線いかない。


冒頭の記事が言うように、現代は間違いなく弱者は増えていく時代

大卒という資格弱者のラベルを覆ってしまい、本人自体がそれに気がついていないというのは悲劇以外の何物でもない。

2018-06-25

anond:20180624214930

愚者経験に学び、賢者歴史に学ぶ

自分経験してないから、どこの誰がどうなってもいい

いいんじゃね

キモい奴だけでなく、同じ考えの奴が人生邪魔しても、それはそれで選んだ道だ

俺はキモい人でもないし誰かを馬鹿にして周りを笑わせたりもしないけど

最初はイキってた奴が、何年か、十年か、かけて自滅していくの見ながら、笑ってるよ

若い時はイキってたのに、こいつはこんなふうに死ぬんだなって

キモい奴は、悲惨な奴もいたけど、いい暮らししてるやつもいるよ

なんだろうね?まあ、苦しんだせいもあるから、もともと頭がいいんだろうな

周りが、頭の良さに気付いてくれれば、意外とうまくやってるよ

イキってた奴は、自分が賢いんじゃなくて、周りと一緒に盛り上がってただけなんだよな

頭のいい奴が、退社したり、他の地方にいっちゃうと、勢いなくして、しょげてるうちに消えるのが多いな

2018-06-19

anond:20180619171509

そもそもlearn from the experience of othersを「歴史に学ぶ」って訳したの日本だけじゃね

賢者歴史に学び、愚者経験に学ぶ

でも、歴史だって後世の解釈で都合のいいように受け取られてるよね。

2018-06-16

海外から学ぶ技術というのはあるのか

明治時代戦後海外から一気に学ぶというのはなにかあったのだろか。

いいように日本向けにアレンジする技術というのだろうか。

2018-06-13

anond:20180612215402

とりあえず質問に答えると、戸田山和久の『論理学をつくる』とかが定番

しか目的であるところの「教養」や「審美眼」を論理学によって身につけられるかっつったらすげえ疑問

もちろん論理学問を基礎づけている重要な要素ではあるが、論理学として本格的に学ぶような定理やらを使って自然言語を解剖しながら読み進めるなんてしんどいし、少なくとも「教養」や「審美眼」やらを身につける段階ではする必要もないだろ

もちろん論理学勉強するに越したことはないよ

とりあえず何でもいいから一つの分野を物にして「世界を切り分ける」ための視点を手に入れるというのは悪い戦略ではない

でも、そうやって得られるものはどちらかというと、世界を細かく分節して深く知るための武器であって、元増田が求めてるような幅広い知識を得るための手段としてはちょっとズレがあると思う

俺のおすすめ戦略は各分野で定番とされている入門書を一通り読むことなんだが、まずはそれらを探し当てるための検索スキル検索エンジンに限らず、人とか図書館を使って調べる技術)が必要なんで、そういう探し当てる技術ってのを手に入れるのが最短ルートじゃねえかな

というわけで元増田はまず井上真琴図書館に訊け!』を読むのだ

あーネット言及するの忘れてた

ネット知識を漁るのは、本で基礎を身に着けてからにした方がいいと思う

よい記事、よい書き手をふるいにかけるための基礎知識を押さえといた方が楽だし早いし安全

俺の書いたクソ文章も信用すんな

2018-06-11

anond:20180611072710

どっちかというと大阪人に学ぶところの方が多いような気もするね

2018-06-10

報連相の学び方

大手企業の子会社に勤めているのだが、報連相のやり方や重要性をこの5年間でまともに学ぶことが無かった。

今年度に入り、直属の上司である係長、その上の課長をすっ飛ばし部長相談したことがあったのだが、そこで課長にこっ酷く注意を受け、初めて自分が愚かでKYなことをしていたことを知った。

昨年度までは部長は別の人で、その人に相談したこともあったがその時は何も言われなかった。今年度から部長が変わり(本社からの出向)、上下関係がこれまでよりも厳しく統制されたこともあり、このような結果になったんだと思う。

これまで当たり前のことを当たり前のようにしていなかった自分にも腹がたつけど、「報連相するのは直属の上司から」ってこと、みんなはいつ学ぶの?

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん