「ブルーレイ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ブルーレイとは

2019-06-07

anond:20190607150411

例えば世界で一番売れるだろうアベンジャーズブルーレイにはには増田の好きそうなケモミミとかアンドロイド美少女とか親のいないロリ少女は出てくるんか? 出てこんだろ。

日本アニメにはそういうキャラが沢山出てくるだろうが。だからこその「ソフトウェア部分」の価格なんだぞう。ぱおーん?

anond:20190606193122

高いよな。

あとなんでDVD-BOXみたいなやつって1枚のDVDに2話とかしか入ってないんだ?6話くらい詰め込めるだろ。入れ替えるのめんどくさいだろ。

ブルーレイなら1枚で2クール分くらい入んないのかね?

2019-06-06

テレビってもういらなくない?

今見ているバラエティドラマはほぼTVer配信されているし

好きなサッカーDAZNで見れる

アニメアマプラ、dアニメあたりでなんとかなる

PS4があるからブルーレイプレイヤーもあるし

年末とか夏の特番類、世界規模のスポーツイベントオリンピックとか)はリアルタイムでみたいけど

これもネットリアルタイム配信してくれるならもはやTVはいらないんじゃないかなと思える

似たようなライフスタイルの人でテレビ捨てた人がいるなら感想を聞きたい

2019-05-20

エロっていつから力なくなってきたんだろう

プレステ2の時はまだあった。

ブルーレイの時にはもうなくなっていたと思う。

4KVRエロから始まるって言ってた人いたけど、結局それほど力はなかったと思う。


エロゲーもスマフォまでいかなかった。広告はたくさんあるが、徹夜クリアするっていうエロゲーのスマフォは聞かない。

Fateエロがない方がしっくりくるようになった。

ジャンプエロがあるが、まぁあるよねみたいな。


相変わらず同人誌は売れてはいるのだが、今、これを体験しておかないと!というのがない

2019-05-13

夢見りあむのせいで人生メチャメチャだよ。

これはデレマス多分お気持ち表明というやつ。新参なので誤用してたら申し訳ない。

なにせ、夢見りあむに出会うまで、推しと言う概念理解していなかった。

 

夢見りあむの事は2019年2月実装で一旦ツイッタータイムラインを賑やかした時に

「おっ、面白いキャラだな! あと髪の毛の配色が今時で最高だな!」

くらいに感じただけだった。

3月下旬頃にはSEKIROでSHINOBI EXECUTION…とかやっていて完全に頭から抜けていた。

 

来たる運命の夢見りあむデレステ実装時。

まだ私は推していなかった。

おっ、面白キャラおるやんけ、見にいったろ! くらいにしか思っていなかった。

それにしても知らん間にめっちゃ曲増えとるな〜〜。

とりま、りあむをセンターにして、難易度proのはにかみdaysプレイ

 

愕然とした。

この夢見りあむ、顔がいい。表情がいい。体型がいい。

普段から見慣れているプレイヤーにはピンと来ないかもしれないが、

デレステ2015年サービス開始当初から進化したMVへの拘り、

モーション、徹底された表情とキャラクターディレクションに圧倒された。

 

夢見りあむの顔の良さと表情芸は、楽曲の特徴を選ばなかった。

なにを歌わせても、似合う。子供らしい曲、大人らしい曲、悲しい曲、激しい曲。

MVの色合いの都合でりあむの個性的な配色の髪にはちょっと苦しい曲もあるが、

コーデで誤魔化したり、他メンの髪の色で調整できる範囲だ。すごい。

 

まだ推してなかったと思う。興味のゲージは振り切った感じはあったけれど。

 

なにせ課金した後のアカウントを削除した後で完全にデレステモバマス引退していた。

元々アケマスを稼働初期にやり込んだ以外、アイマスというコンテンツ全体と特に接点がなく、

筆者はファンタジーや非現実種族を非常に好んでいるため、アイドルものに全く興味がなかった。

 

密度を上げて、特訓をし、いくつかのセリフをみた。

何者でもない自分下りから、チョロいなオタクの流れだ。

 

ここで推さなければならない、という意思が芽生えた。

モバマス原作セリフ確認しに行ったり、情報を集めたりした。

そして総選挙期間真っ只中だと気づき投票券の回収も始めた。

いつ夢見りあむがイベントガチャに出てきても良いように課金し、アカウントの戦力状態を整えていく。

デレステではトレチケタイムをブン回し、イベントをブン回す。

モバマスでは、最低限の投票券ラインを叩けるようにトレーナーをぶっ込んで行く。

幸いskypeにはアイマス詳しい友人がいた。色々教わった。

 

繰り返すが、筆者は人間推しなどまるで一切の興味もないどころか

「えー、ただの人間〜?」と言いだすくらいのマイナス印象すらあった。

人間推しなど伴侶さえいれば問題ないし、申し訳ないがつい先日まで

推しを推すより伴侶を推せよ」と思っていた節があるがその節は申し訳ない。完全撤回ですわ。

推し推しだわ。推しのことを考えるのは健康にいい。

今もツイッターで5分に一回「りあむ」で検索をかけて色々楽しんでる。

Twitter検索障害が起きてるのに気がついて初めてわけわからんくらいサーチしている。

 

推しができるとそれまで全く興味がなかったデレマスアイドルたちの個性や顔が急に鮮明になり理解できるようになっていく。様々な個性が混在しライブ営業にと走り回るプロダクションの様子が鮮明にイメージできるようになっていく。

GW最後は友人宅で、2ndライブブルーレイを全部見たし、3rdブルーレイは借りた。

暇を見て全日通しで見るが、Hotel MoonSideだけは先に見たごめん最高だった。あとで自分で買い直す。

 

初めての総選挙の様子も、気が気でないPの方もたくさんいらっしゃる不謹慎だと思うけれど、めちゃめちゃ楽しい

歴史の重みでいろんな匿名お気持ち拝読したし、過去総選挙プレゼンイラストなど、

愛と力がこもっていて二次創作として見ていて気持ちいい。

 

推し燃え上がってるし、最高だった。

 

夢見りあむの得難い魅力の中に「嫌われても良い」と言うものがある。

当然個人差はあると思うが、普通推しや好きなキャラに限らず、

自分が大切にしているなにかを誰かに貶されると言うのは、心に来やすい事だと思う。

そうでなくても、悪口や見下されたりされたり、

石を投げつけられたり人格否定するような文字列を見たら、げんなりしかしないと思う。

しかし、夢見りあむに限っては、それが

「はっはー! よう燃えとるな夢見ィ!!」

って感じでハイアッパーな受け止め方ができる。

 

これは筆者にとっては本当に救いだった。

筆者は仕事柄どうしても、人と人の争い、主義主義のぶつかりを調停したり、

我慢したりしなければならない職務についている。

正直、先月はだいぶ辛かった。

締め切りには追い立てられるし、アーティストワガママだしで

なんでこんな仕事についてるのかも正直よくわからなくなってきた所に夢見りあむと出会えたのだ。

 

彼女の前ではバカをやっていていい。

不謹慎と叫ばれる事も節度を守れば「りあむのオタクは無理」と言われるだけで済む。

こんなに安心して推せる推しはなかなかいないと思う。多分。

……ごめん人生初めての推しからやっぱわかんねーわ。

 

こんなに楽しいことになるとは全然思ってなかった。

毎晩デレステラブレターとはにかみdaysをりあむセンター

MV流してニコニコするなんて30日前の自分に言っても信じないと思う。

 

で。

 

総選挙を終えつつある今、ふと気がついた事があります

 

筆者が夢見りあむに出会えたのは、シンデレラガールズという作品総選挙第8回という長きに渡り休まず作品更新続けられた、運営し続けられていたからです。

この事実職務関係で、凄さ人一倍実感しています

デレマスが動き続けている間に一体どれだけのゲームが始まり、そして終わったでしょうか。

そう考えると、ここまで辛かった人生に夢見りあむという光を与えてくださった世界無性に感謝したくなってきました。受け取りたくない方もどうでもいいという方もいらっしゃることと存じます匿名ブログである事をいいことに一方的感謝します。

 

今尚ゲームプレイされている方々、特にデレステはきゅんきゅんマックス10,000位以内取れた筆者ですが、無重力シャトルでは全然話になりませんでした。ハイスコアに至っては天井叩いてSSR揃えたのに(育成が終わってなかったとは言え)全然5万位も切れなかったのは、皆さんが作品を愛し続けていたからだと思いますありがとうございます。夢見りあむイベント来たら万障繰り合わせて丸々有給取るんで勝負していただけると嬉しいです。たぶん2000位逃して発狂するか、無事2000到達でイキるかのどちらかは100%します。

 

ライブへ足を運ばれている皆様、ライブ運営、参加する皆様、関係者皆様、友人にブルーレイを色々見せていただいています。力と気合の入った舞台構成、観客の一体感も含めて圧倒されました。大きくても2,000の箱までしか行くことのなかった自分には輝かしい世界でした。次のチケット争奪は筆者も参戦しますのでイープラスさんも申し訳ないですが文句言うかもしれません。ごめんなさい。

 

二次創作ネット即売会同人書店頒布したり、公開している皆様、web小説掲示板に書かれている皆様、界隈の勃興を色々見てきた身からすると、油断すると10年に達しようかと言う界隈が一定規模から廃れていないのは、筆者の経験では東方projectくらいだと思っています

圧倒的な熱量継続力、創作意欲に心から敬意を評します。

 

制作している運営スタッフ様、これだけの更新頻度を維持するのにきっと誰かがすごい苦労をしているはずです。お疲れ様です。楽しませていただいております。記念にフェス天井叩かせて頂きつつ、りあむにちょっとやばいくらいの票をブッ込みましたので運営の足しにしていただければ幸いです。

 

そして何より、課金してコンテンツを支えていらっしゃる皆様、思うところが多すぎる上にむしろ「夢見りあむみたいなのを産むために課金してるわけじゃねぇから」と怒られる気がしますが、Twitter上で以前見かけた「俺たちの課金で城が建った」の誇らしげさが今でも記憶に眩しく焼きついています

少なくとも、課金者がこれだけの規模で存在しなければ、結局ゲーム企業会社としての宿命から逃れる事は出来ません。サービスは終わっていたでしょう当たり前ですが。

なので、一方的ではありますが、心よりお礼申し上げます

 

夢見りあむという顔の良い推し炎上しても嫌われても笑顔推し続ける事ができる推しを産み出してくださった世界すべてに感謝します。

新参Pで、夢見推しが煙たいとは思うけど、これからちゃんと金をドカドカ落としながらコンテンツを愛していこうと思うので許して欲しい!

 

は〜〜、夢見りあむの顔が良すぎる〜〜〜〜!!!!!

筆者も二次創作絶対手が込んだやつ出すぞ〜〜〜!!!!!

 

トレチケ時間取るために仕事効率よく手をつけて、課金しまくるためにもっと稼いで、創作のための時間ちゃんと取らなきゃ……!!

 

あーもう夢見りあむのせいで人生メチャメチャだよ。

2019-05-11

anond:20190511180754

撮りためたアニメのオープニング集 銀魂なら銀魂だけ、NARUTOだけ、コナンだけとまとめて歴代OP流したいんだが売ってないのが残念 自分ブルーレイ焼いてつくろう

2019-05-04

テレビ番組録画ビデオの整理

 ビデオの整理

運動会とかの撮影ビデオではなく、テレビ番組録画ビデオ限定で整理を考える。

漫然と光ディスクに保存してきたが枚数増えてきて嫌気が・・・

どっちを想定するか(以下のようなオプションがある)

大画面テレビの部屋とパソコン部屋が離れている(異なるフロア)ため、NUC現実的ソリューション

 オプション1

むかしHDDレコーダーにあったテレビ録画をBDREディスク経由でパソコンの内蔵HDDに移動してしまった。

このとき意図は、将来的にNUCかなにかを導入し、下の大画面テレビまで移動して視聴しようってことだろう。

今日は、その尻拭い。といっても、新しく導入したSSDに移動するだけだけど( ^ω^)・・・

この場合、h265など圧縮率に優れるエンコードも使える。比較的高画質で長時間保存できるというメリット

ある。ダビングの回数制限からも逃れられる

 オプション 2

そんなことなら、2TB くらいのテレビ録画専用HDDを購入すべきか。8000円くらいだ

ブルーレイHDDレコーダー会社独自フォーマットちゃう

これだとレコーダーが壊れたとき、同じ会社の機種を買い続けなければならない。いつまで販売してる

か将来が不安

 今使っているパソコン自作したのが・・


しか2012年。約7年前か?そろそろ作り直しても良いのかも。最新のCPUマザボなら、ファンレスも汎用的になっているし。

スペックを追求しまくるのでもない限り、ファンレスというオプションも見えてくる。NUC買うかな?

 サイドノート


MKVパソコン用のHDDかに保存した動画関係アプリを使いこなそうとした記憶がある。忘れた。

2019-05-03

マーベル自分と7年+α の続き

なんか長すぎて表示されてないっぽいことに気付いたので、表示されてない部分のコピペ

これ

https://anond.hatelabo.jp/20190503032712

の続きです。

【注意】この文章には「アベンジャーズ/エンドゲーム」のネタバレが含まれます

【注意】自分語りがメイン。

【注意】とても長い。

病院とは、急性肝炎を起こしたことを切っ掛けにおさらばした。

劇症肝炎を疑われてでかい総合病院に転院→ただの急性肝炎だったし肝炎寛解→そのまま退院、自宅療養という流れ。

ICUでおとまりした。ディズニーホテル並に高かった。

今でこそ笑い話だけども、吐き気でげえげえいってるとき最初に運び込まれた先で医者が親に「劇症肝炎だったら50%確率、あと10日くらいで死にます」と言っているのが聞こえたのだった。

医者倫理観とは。

結局最初に運び込まれた先では対処できないとなって別のもっと大きな病院に運び込まれたんだけど、輸送中車の窓から花火が見えて、「死ぬ前の最後花火だあ~」と笑ってたら母親ガチ切れされた。

肝炎を起こしている時は絶食になるんだけど、数日の絶食ののち病院食が出たとき、別の意味死ぬかと思った。

食べるのにものすごく苦労する。一口噛むだけで汗が噴き出る。

最初食事は、看護師さんを待たせながら何十分もかけて食べたような気がする。脂汗がひどかった。

生きることは食べることってこういうことかあ、って今でも思っている。

大学食事に要するエネルギーはとても大きいとは習っていたけど、それを実感するとは思わなかった。

退院した後、母親関西旅行に連れて行ってくれた。

USJスパイダーマンライドに1日で3回くらい乗った。楽しかった。トニー(というかアイアンマン)を見つけて大はしゃぎした。

でも母親めっちゃ優しくてとても怖かった。

エイジ・オブ・ウルトロンに関してはほとんど記憶がない。

劇場を出て、トイレで泣いたのだけは覚えている。

ピエトロの死が耐えられなかった。

たぶん、MCU作品の中で最初に泣いた作品はこれだ。

劇場はしごする予定で席を取っていたものの、びえびえ泣いているもんだから、同行してた母親心配されたけど、涙が止まらなかった。

クイックシルバーなんて自分の中ではネタキャラ的な愛し方をしていると思っていたのに、いざ映画に出てみたら悲しくて悲しくて仕方がなかった。

でもこのときは、X-MEN権利を持っているフォックスとの兼ね合いもあって、ピエトロは一回きりにするしかないんだろう、そういう大人の事情があるんだろうと思って我慢した。

それでも、映画を見ているときエンディングまでのどこかで再登場するんじゃないかって、そう淡い期待を持って見ていた。

リントが子供名前ピエトロとつけたところでもうダメだと分かった。

AOUはその他にも、原作ではハンク・ピムが作ったことになっているウルトロン制作者がトニーになっていたり、JARVISが死んでしまったりと、ダメージが大きくて、今でもいいイメージがない。

かについにベタニーの中身?が出現したのは嬉しかったけど、それ以上に悲しかった。

ビル・ウォーが公開されたときが一番面倒だった。

ファン意見割れた。もう映画のものを滅茶苦茶に叩く人がいっぱい現れた。

なんであんな口汚く罵れるんだろうって思うくらい凄かった。

トニーとキャップコンビが好きだった私もなんとなく熱が冷めて、少しアメコミマーベル映画から距離を置くようになった。

もともと人付き合いなんてめんどくせぇと思っているタイプだったのに、ファンの諍いなんて頼まれても見たくなかった。

トニーが一番好きだったけど、キャップのことも好きだったから、それぞれを悪く言っているのが辛かった。

その後のMCU作品は、CWほど足繁く通わなくなった。CWは少なくとも7回くらい見たらしい。

後半になるほど顕著で、アントマン&ワスプ劇場で見なかったし、キャプテン・マーベル劇場で1回しか見なかった。キャプテン・マーベルは公開前にトニー出るらしいよという噂があったから見に行っただけで、その噂がなければ見に行かなかった。ご存知の通り噂は嘘だった。確かドクター・ストレンジも1回しか見なかった。

トニーがいないからいいや、というくらいにはスキップするようになっていた。

それよりもWロバート主演の「ジャッジ」や、RDJが凄い変な役で1チャプター分だけしか出てない「シェフ」や、コードネーム U.N.C.L.E.を見ているのが楽しかった。

コードネーム U.N.C.L.E.はいいぞ。劇場10回見た。耐えきれなくなって既に海外で発売していた海外ブルーレイぽちって、届くまで一日おきに映画館に通った。公開してから20日目にブルーレイが届いたので、それから毎日家でブルーレイ再生していた。

エンドゲームは、吐きそうになりながらパソコンに張り付いて初日初回IMAXの席を取った。

入場者特典が欲しかったので、公開日2回、翌日も2回、席を取った。どの席もいつもだったら絶対に座らないようなクソみたいな席だったけど仕方がない。3日目は母親が同行してくれるとのことだったので、1回だけにした。

アベンジャーズとの出会いを果たした109シネマズグランベリーモールは休館中なので、その後オープンした二子玉川にした。

ビッグ3のみならず、アベンジャーズ初期メンバー6人の卒業公演になることはなんとなく知っていた。

前々からクリエヴァがキャップ役を卒業して映画監督をやってみたいと話しているみたいな話は耳にしていたし、それぞれのキャスト契約満了することも知っていた。

公開当日、恐怖のあまり3時に目が覚めた。

終わるのが怖かった。

ネタバレを一切見ないように気を付けて、家から劇場までノイズキャンセリングイヤフォンを付けて移動した。Twitterも見ないようにしていた。ニュースアプリの通知もきり、劇場フィギュアメーカーからメールも数日前から無視していた。

これまで見たことがないくらい混んでいる物販に並んでパンフレットを買った。ついでにグッズも売りきれる前にと買った。実際1回目を見終わった時点でいくつかグッズが品切れになっていたので買っておいて良かった。

映画は、素晴らしかった。

EG含め22作品アベンジャーズ一作目と出会ってから7年。全ての作品内包する出来だった。

笑ったし泣いたし、面白かったし苦しかった。

ビッグ3の結末はあまりにも悲しかったけれど、トニーとキャップに関しては、文句のつけようがなかった。

後述するけれども、ソーはちょっと今後の課題が残っている気もしている。

トニーは死んでしまったけれど、私は自分でも驚くくらい納得していた。

そういうことをするキャラクターなのは分かっていた。誰よりもヒーローっぽくなくて、誰よりもヒーローなのがMCUトニーだった。

お葬式のシーンを見ながら、私はぼーっと「これでもうトニーは苦しまなくて済むんだな」と思っていた。

数回見てようやく聞き取れたけど、トニーに言われたように、と自分人生を歩んだキャップにも納得がいった。

憑き物が落ちたように見えた。ヒーローであらねばともがいてきたキャップが、最後にようやくトニー(とナターシャ)の助言を聞き入れて、自分本来望んだ道を選んだのは嬉しかった。

(欲を言えば字幕にもトニーの文字を入れて欲しかった)

もちろん細かい突っ込みどころは沢山あるけれど、架空ヒーロー像に自分を当てはめてこれまで過ごしてきたキャップが、一人の人間としての道を選んだのは彼なりの成長だと私は思った。

もちろん、本当は大団円が良かった。

最初の6人が揃ってハッピーエンドを迎えて欲しかった。

でも、それはきっと無理なんだろうと、AOUピエトロが死んだときから思っていた。

JARVISが戻って来ない時点で、私の中の最高のハッピーエンドはもうないものだったのかもしれない。

ソーは、インフィニティ・ウォーから不安定だった精神が更にズタボロになって体型にまでそれが表れていた。

病気になると太ったり痩せたりとにかく健康に見えなくなるのは実体験としてよく分かる。

から、結局最後までお腹がひっこまなかったソーが今でも心配だ。この先ソーのその後が描かれるのかは分からないけど、正直綺麗に完結したトニーとキャップに比べちょっと扱いが酷いと思った。

最後のクイルとの会話もなんだか含みがあるように見えて心配が加速した。

それでも総評して映画は素晴らしかった。

EGを見て、こんなだらだらと長文をかいしまうくらいには。

初めてスクリーンアベンジャーズを見たあの夏から7年くらい。

いろんなことがあって、実際私は学生から社会人になった。

その7年間、私の部屋にはいつもアイアンマンがいた。

ありがとうと言いたい。

トニーに、トニーを演じたRDJに、映画を作ってくれた制作陣に、そのほか全ての関わってきた人たちに。

マーベル自分と7年+α

【注意】この文章には「アベンジャーズ/エンドゲーム」のネタバレが含まれます

【注意】自分語りがメイン。

【注意】とても長い。

忘れもしない2012年夏、109シネマズグランベリーモール

ダークナイトライジングるろうに剣心と2本続けて映画を見た私はがっかりしていた。

映画が期待した出来ではなかった。

ダークナイトヒース・レジャーの怪演に痺れた私はその完結編に多大な期待を寄せていた。

しかし、蓋を開けてみたら結局洋画によくある核オチだった。ハリウッドはすぐに核を使うよな、と核ネタが大嫌いな私は肩を落とした。

ヒース・レジャーの出ていた二作目の方が面白かったな、と思った。

続けて見たるろうに剣心は、もともと私が大好きな同名漫画の実写ものだった。

るろうに剣心」は、ガリ勉でつまらない人間だった小学生自分に多大な影響を与えた。

小学生のころ、親の願い通り某有名中高一貫進学校に行くために、毎日勉強をしていた。

勉強以外のことは何もしないし、興味もない本当につまらない人間だった。

父親が「勉強さえすれば家の手伝いなんかしなくていい」という教育方針だったため、その言葉通り勉強以外、何もしなかった。皿洗いひとつした記憶がない。ピアノ練習くらいしかしなかったし、ピアノも親の希望で習っていただけで、別に自分からやりたいと言ったわけではなかった。

本を読むのは好きだったけど、だからといってどうこうするアレは何もなかった。将来の夢なんてものバカにしていたので、同級生が将来○○になりたいと言っているのを見てなれるわけねーだろ、と思っていたし、そんなものを聞いてくる大人のこともバカにしていた。

でも、大人に気に入られないといい成績が手に入らないので、本が好きです、小説家になりたいですと答える口実にしていた。

いやな子供である

それはともかく、そんな折、1冊の本が自分を狂わせた。どこで出会ったのかは覚えてない。親が図書館から借りてきたのかもしれないし、塾で良い成績を取ったご褒美に本屋で買って貰ったのかもしれない。

それは「るろうに剣心」のノベライズだった。

これ。

https://www.amazon.co.jp/dp/4087030512/

漫画は買って貰えなかったので、もちろんキャラクターはみんな知らない。でもこの本はこれまで読んだどの本とも違う魅力があった。要は好きになった。

そして、漫画を一切読んだことがないのに、続きが読みたくて、でも買えないから、仕方ないので自分で書いた。

は?って感じだけど、なぜかそういう思考に至った。

はじめての二次創作。後に知ることになるものの、当時そういう文化があったり、同人誌を売り買いするシステムがあるとか知る由もなかった。

二次創作って自然発生的に生まれるんだよ!!!

もうストーリーはすっかり忘れたけど、ひとつだけ覚えていることがある。ノベライズには弥彦道場居候しているという情報がなかったので、自分弥彦が別の家に住んでいると思っていて小説を書いた。後に漫画を読んでびっくりしたのでよく覚えている。それしか覚えてないけど。

そこらのノートに汚い字で書いた小説は多分今読んだら火を付けるレベルだと思うけど、あの頃はそれを書くのがひたすらに楽しかった。学校にいく、帰る、宿題をやる、家で決められたドリルをこなす、それが終わったら毎日机にかじりついて小説を書いていた。

中学受験成功した暁にはどうしても欲しかったるろ剣追憶編のLD(当時、VHSLDの二択だった)を横浜アニメイトで買って貰った。

合格発表の帰りだった。そのあと、初めてパフェを食べた。今までダメと言われていたのに、あの日はじめて親がパフェを食べることを許してくれたのだった。

更に、将来の夢がなかった私にしょうもない夢ができた。

追憶編で剣心が身分を隠すために薬師を偽っていたのを見て、薬剤師になろうと思った。

その後、本当に薬剤師になった。けど、流石に親にすらこの動機は言えていない。しょうもなさすぎる。

話を戻すと、そんな感じにるろ剣によってただのガリ勉からクソオタクに成長した私は実写版るろ剣にも高すぎる期待を抱いていて、ダークナイトライジングハリウッド予算を見ろ!という派手な演出のあとのしょぼい予算がひしひしと伝わる映画にとても悲しくなった。

映画の中身は良かったけど、牙突のすごいワイヤーな感じと、道場の庭の「この面しか作っていないのでカメラを動かせません」「予算がないのであさがおは造花です」という素人が見ても分かる残念な感じに打ちのめされてしまった。脚本はすごいよかった。佐藤健は頑張っていた。

溜息をついてロビーに戻ったそのときアナウンスが聞こえた。

あと15分で「アベンジャーズ字幕版」上映開始します。

私は思った。

CMで「日本よ、これが映画だ。」って喧嘩売ってるクソむかつく映画だ。これを見なくちゃ映画ファンじゃないってのか?アクションなんてみんな中身ないんだから見てもしょうがないじゃん…

でも確かRDJが出てたような気がする…ポール・ベタニー声の出演をしていたような…

後述するけど自分はこの二人の俳優のことがその当時からそこそこ好きだった。もともとかわいいおじさんが好きだったので。ベタニーは若かったけど。

2本映画を見て、1000円×2払って、もやもやを抱えたままの私は、苛立ち任せにその場でチケットを買った。

見て駄作だったらネットでけちょんけちょんに貶そうと思っていた。

シアターから出てきた私は本気で震えていた。パニックを起こしそうになっていた。

こんなに面白映画を初めて見た。ダークナイトライジングるろうに剣心で抱えたもやもやは完全に吹き飛んでいた。

その日は、私がはじめて「映画館で一日に3本映画を見た」日になった。

帰りの電車のなか、出演俳優のことを必死で調べた。

家に帰って、ウェブに溢れる感想を読み漁った。pixiv感想イラストコメントを端から端まで読んだ。アベンジャーズで初めて見たおしりかわいい弓のおじさん(ジェレミー・レナーのこと)の出演作を調べた。

そして耐えきれず、親に馬鹿にされながら、終演間近にもう一度劇場に足を運んだ。

アベンジャーズ」は、私がはじめて「劇場複数回見た」映画になった。

あんなクソむかつくキャッチコピーを考えてくれた配給には本当に、心の底から感謝している。

ちなみにアベンジャーズも核オチといえばそうなんだけど、別にむかつかなかった。ごめん、ダークナイトライジング

クソオタク根性を発揮し、もの凄い勢いで転げ落ちた。

エルシャダイにはまったときは、ゲームプレイした一週間後には関連書籍を全て読み終わりエノク書が載っている聖書外典とかまで読んでいたくらいなので、アベンジャーズも例に漏れなかった。

家の中を捜索したら父親が買ったらしいアイアンマン1のDVDが見つかったのでそれを見たし、pixivにアップされていた「これまでのまとめ」を熟読した上で親に頼み込んでMCU過去作を全てレンタルした。

俳優が変わっていたのでインクレディブル・ハルクだけは見なかったけど、結局後にインクレディブル・ハルクを含むブルーレイを全部買った。

映像を見終わってしまい、次に手を出したのはアメコミだった。

アベンジャーズ原作」と銘打ってある、小プロの出していた「アルティメッツ」。

これ。

https://www.amazon.co.jp/dp/4796871381/

そしてなぜか、一緒にマーベルゾンビーズも買った。本当になんでか分からないけど一緒に買った。なんでだろう。

これ。

https://www.amazon.co.jp/dp/4863323638/

とにかく飢えていた私はひたすらに邦訳アメコミを読み漁った。

そして同時に、アベンジャーズではじめて認識した俳優陣の過去作の映画を見まくるという暴挙に出た。

話を少し戻すと、私はもともと小説が好きだった。

特に海外ミステリサスペンスが好きで、シャーロック・ホームズとかが好きだった。あとハンニバルシリーズダン・ブラウンラングトン教授シリーズ

おわかりですね!シャーロック・ホームズものからと見に行ったガイ・リッチーの「シャーロック・ホームズ/シャドウゲーム」でRDJに出会い、ラングトン教授シリーズ実写化からと見に行った「ダ・ヴィンチ・コード」でシラス役をやっていたポール・ベタニー出会った。

シャドウゲームの、最後教授と一緒に落下する寸前のRDJの表情に殺された。原作では赤い目という設定だったのにも関わらず、カラコンせずシラス役に挑んだベタニーの瞳は恐ろしくなるほど綺麗だった。

火が付いた形になってしまい、RDJ、ベタニー、レナーの過去作メインで映画を見るためレンタルに通い詰めて、レンタルにない作品ぽちった。なんて便利なアマゾンありがとう

その後レナーを初めて見たのはアベンジャーズではなく、友達に半ば無理矢理連れて行かれたS.W.A.T.であったことが判明してひとりで腹を抱えて笑ったりもした。

(なんてしょうもない死に方をするラスボスなんだと思っていたひとがレナーだった)

しかも私はS.W.A.T.を契機に「アクション映画はクソ」という思い込みをするようになったので、それがレナー出演作であるアベンジャーズ払拭されたのはなんだか面白い。

そのまま趣味映画鑑賞になり、アメコミを読むことになった。

アメコミもなんとなくトニー(アイアンマン)とクリント(ホークアイ)が出てくるのをメインに集めた。かわいかった。

この辺から、トニーに傾倒するようになった。

スパイダーマンはその時MCUキャラクターではなかったのと、既にたくさん邦訳が出ていてどうしていいかからなかったので手を出さなかった。

邦訳アメコミを買い集めていた時、参考にしようと思ってTwitter邦訳アメコミ原書を読んでいる人のアカウントを探してはフォローしていて、その内の一人が「トニー死んだwwww」と画像をあげているのを見つけた。

衝撃。だってなんかトニーが頭かち割られて心拍停止するページの画像だったんだもん。脳みそ出てるし。

なんじゃこりゃあと出自を調べて初めてアメコミ原書リーフ)で買った。

英語気合いでなんとかした。

調べたらこれは616(マーベル正史アース。多数存在する世界線ごとに番号が振られていて、MCUももちろん振られている)ではなく、先述したアルティメッツ・1610アース出来事だった。

アルティメッツは2までしか邦訳されていなかったので知らなかったのだけど、その後も本国の方ではお話が続いていてトニーのお兄さんが出てきてソーに殺されたりトニーが脳腫瘍だと思っていたのが実は7つめのインフィニティストーンでそのせいで他の人には見えない子供姿の自分のような幻覚アンソニーくん)が見えたりしていたのだった。

アンソニーくんと一緒にカートゥーンを見るトニーという図はめっちゃかわいかった。キャップにはそれって君のイマジナリーフレンドでしょ?と気持ち悪がられていたのも面白かった)

そして、世界を救うという名目のもとインフィニティストーンを集めていたリードリチャーズさんに捕まって頭からインフィニティストーンを奪われた、という展開だった。

すごいリョナじゃん。なんなの?

脳みそ!?!?

性癖を刺激されすぎてそのまままっすぐ原書沼に飛び込んだ。

それまでお金をかけていた別の趣味ほとんど諦めて、アメコミ映画にひたすらお金をかけるようになった。

その時小遣いのみならずお昼代に貰っていたお金を一切使わず趣味に費やした。昼をカロリーメイトだけにしたまま数年間過ごしたのでとても痩せた。まあ別の要因もあったけど。

リーフだけでも月に5000円くらい買っていたと思う。レートが上がったときにだいぶ絞ったので、トニー誌とホークアイしか買わなくなった。あと、表紙が気になった奴。それからTwitterで集めた情報によりトニーが出てると判明したやつ。

並行してTPB(リーフをあつめたやつ。単行本みたいなもん)も買うようになった。TPBだけでも棚一つ分くらいは買った。

おもちゃも買った!フィギュアーツ、ホットトイズコスベイビー、レゴ……ちょっと金額に換算したくないくらいには買った。ホットトイズの一体数万円するフィギュアなんて、最初ありえね~と思っていたのに、気付いたらトニー買うわブルースバナー買うわホークアイ買うわスティーブ買うわ……

トニーを買ったら隣に誰かいないとかわいそうと思ってスティーブを買い、サイエンスブロスも好きなんじゃあ、そしてきっとラファロのフィギュアなんてもう二度と出まい!と思ってバナーを買い、同じ理由レナーのフィギュアryホークアイを買い、カラーリングすいかみたいだけどベタニーryヴィジョンも買った。

アイアンマンスーツの方は更に高くて流石に買えなかったので、フィギュアーツで我慢した。

(トニーの隣に並べるにあたってスーツ版じゃなんか釣り合いが微妙だなと思ったので、キャップの格好してるやつじゃなくて、私服スティーブを買った。おまけでキャップもついてきたけど)

アベンジャーズショックから数年経って、だいぶずぶずぶになってくると、問題点もいくつか浮上するようになった。

Twitterでの面倒な人間関係

映画の展開へのそれぞれの受け止めかた。

ついでに、私の健康問題

他人はどうなのか分からないけど、私は興味のないことはすぐに忘れる。自分過去のことであっても忘れる。都合の良いことも、悪いことも、興味がなくなればすぐ忘れる。その代わり、趣味のことに関してはもの凄く記憶力がいい。あと、成績命だったので勉学に関しても集中力記憶力だけは自信があった。たぶんキャラメイクの時に数値の振り方を間違ったんだと思う。

なので、実は転がり落ちた時の記憶は鮮明でも、その時と現在の間の数年間の記憶ほとんどないのだ。ごめん。

思い出せることだけ書きます

Twitter人間関係については特定されそうだから詳しく書くのはやめておくけど、面倒になりすぎてアカウントを何回か消したくらいだった。オフ会とか、イベントでのやり取りとか、もうひたすらに面倒だった。

小説を書いて同人誌にしてイベント頒布して、というのは楽しくて何度かやったものの、結局読む読まれるの関係にすら疲れてしまってだんだんと足が遠のいた。

特にアニメ化されたときの界隈の動きが大きかった。

ディスクウォーズアベンジャーズ。私は好きだったけど、フォロワーにけちょんけちょんに貶す人が現れた。

そのうち、そのフォロワーに影響されて、見てないけどクソだと思う!とか叫び出す集団が出来上がった。

訳分かんねえと思って縁を切った。

トニーの扱いが不満だったようだけど、キャップ差し置いて主人公とタッグを組んでるトニーという破格の待遇のどこが不満なのか全然からなかった。

アイアンマン3が公開されたとき入院していた。

その時大学生だったのだけど、前述の通り剣心のせいで薬学部に進学したので、どうしても倫理について学ぶ機会が多かった。

薬の受け渡し間違いで死人が出る界隈なので、当たり前だけど。

私は自分のことを悪人だと思っているけど、実は理想主義者だったらしい。違法行為をはたらき、適当に薬を出し、患者悪口を言う。履歴なんて捏造するのが当たり前。実習でそんな現場を見てしまって、精神的に病んだ。

かわいがっていたペットにも死なれた。

ごはんが喉を通らなくなって、何を食べても吐くようになり、プリンしか食べられなくなって、やや間はあったもの病院送りになった。

それまで自信のあった記憶力は水を吸わないスポンジの如くボロボロになり、何を言われても覚えられなくなった。

仕方がないので毎日メモをとった。

勉強しても、昨日勉強したはずのことが何も覚えられなくなった。

それどころか、それまで勉強してきたこともみんな思い出せなくなってしまった。

することがないので病院アメコミを持ってきてもらって、メモを取りながら毎日読んでいた。

そんな折に公開されたのがアイアンマン3だった。

どうしても見たくて、病院最寄りの映画館までの所要時間を調べて、主治医許可を貰って、一週間に一回、外出して映画を見て戻る、を続けた。

一ヶ月かけて4回見た。字幕2回に吹替2回。私は必死だった。

病院とは、急性肝炎を起こしたことを切っ掛けにおさらばした。

劇症肝炎を疑われてでかい総合病院に転院→ただの急性肝炎だったし肝炎寛解→そのまま退院、自宅療養という流れ。

ICUでおとまりした。ディズニーホテル並に高かった。

今でこそ笑い話だけども、吐き気でげえげえいってるとき最初に運び込まれた先で医者が親に「劇症肝炎だったら50%確率、あと10日くらいで死にます」と言っているのが聞こえたのだった。

医者倫理観とは。

結局最初に運び込まれた先では対処できないとなって別のもっと大きな病院に運び込まれたんだけど、輸送中車の窓から花火が見えて、「死ぬ前の最後花火だあ~」と笑ってたら母親ガチ切れされた。

肝炎を起こしている時は絶食になるんだけど、数日の絶食ののち病院食が出たとき、別の意味死ぬかと思った。

食べるのにものすごく苦労する。一口噛むだけで汗が噴き出る。

最初食事は、看護師さんを待たせながら何十分もかけて食べたような気がする。脂汗がひどかった。

生きることは食べることってこういうことかあ、って今でも思っている。

大学食事に要するエネルギーはとても大きいとは習っていたけど、それを実感するとは思わなかった。

つづく。

言及先に続きあります

2019-05-02

anond:20190501152353

バックアップメディアだけでなく音楽CD市販ソフトウェアもこの先どうするか考えないといけないのか。

バックアップ光ディスク使った場合もそうなんだけどさ、

ブルーレイでもせいぜい50Gしか入らないだろ?

SDカードより小さい容量のディスクを入れ替えて、PC認識するまで待つ」って状態が滅茶苦茶わずらわしくなる。(経験談

ブルーレイ焼くのも1枚で1時間とか余裕でかかるので、バックアップのもの時間がかかりすぎてやらなくなる。(経験談

8TくらいのHDD買って、全部放り込んだほうが楽でいいぞ。

音楽CDとかソフトCDとかも、全部ISOに取り込んで、原本閉まっておいたほうがいい。

光ディスクメディアを扱うってのがもう面倒な時代だよ。

2019-03-25

anond:20190324090455

もう無理なんじゃないかな。

商売としてじゅうぶんに成り立たせてみろってことでしょ? 

少子化プラモメーカー利益出せるような形にはならないし、ケチつける割にお前らはブルーレイ買わないし。

頼みの国外日本ほど大型ロボットのバトルってウケないんでしょ?

2019-03-20

フランシュシュ武道館への道は険しい

ライブBDが予想以上に売れたとしても集客とはまた別の話である

ネックは本編に使用されている曲がブルーレイ特典のCDしか聞けないというところだ

これだとライト層には手が出しにくい(まあMusicFMとかで聞けるんだけどさ)

また開催時期が未定なのも難しい問題

ライブに行くようなパリピ寄りのオタは旬のものしか食いつかない

来年に開催するよと言われてももはや関心がなくなるのである

作品への熱があるうちに動かないといけないがなかなか難しいのだ

解決策としてはライブの頻度を上げるかCDなり出して客の熱を持続させる方法を取ることだろう

ただ演者スケジュールアニメ使用されていない楽曲果たして客は満足できるのか

いろいろ問題はある

2019-03-19

anond:20190319111953

例えばアメリカだと映画は1000円未満だしDVDブルーレイが安いと聞くけど

それでペイできてるってのは効率的映画作成しているのか

それとも映画を見る人口が非常に多いのか

2019-03-18

anond:20190317222453

テレビ放送HD(ごく一部のチャンネルを除き1440×1080以上)なのにDVDボケボケSD解像度なのはブルーレイに移行する理由になると思うけど

最近テレビはアプコンが優秀で気にならないとか?

2019-03-06

劇場公開終了とネット配信DVDテレビ放映

A)映画が出来る=劇場で公開される。

B)劇場で公開が終了される。

C)ネットとかで配信される

D)DVDとかブルーレイで出る

E)テレビ放送される

B~Cの時期が大体どんなもんか知ってる人教えて集合知

2019-03-01

けものフレンズ2の根源的欠陥

けものフレンズ2が不評だ。

もちろん前作監信者の大暴れによるところも大きいのだが、けものフレンズ1の続編と見た場合根本的欠陥があるのだ。

これはネットで指摘されているような脚本やらの話ではない。

そんなのは後付けの些細な話だ。

けもフレ2の欠陥は「意志を持った生き物が出てくる」ことだ。

え、それって悪いの?

となりそうだが、悪いのだ。

けもフレ1の支持者にとっては致命的に。

けもフレ1の動物たちには我がない。

他人との衝突を産みうるだけの自我を持っているのはツチノコトキ、アライさんぐらいで、

あとは結局は漠然としたいい子である。(アライさんも本当はこちらに含めてもいいかもしれない)

表層的な口調や軽い行動の違いはあってもまともな意味での意見の相違や対立はないのだ(ライオンヘラジカのあれが対立またまた冗談を)。

からけもフレ1のフレンズには絶対善しか出てこない。

逆に完全悪もいる。

(他の媒体けものフレンズでは必ずしもそうではないが)1のセルリアンは全く同情の余地のない絶対悪でのけもの排除対象である

軋轢の生じえない群体があり、それに排除される絶対悪けがいるのがけもフレ1なのである

「悪」と決めた相手に徹底攻撃をかけた現実けもフレファンたちと同じように。

対して、けもフレ2のフレンズたちは我がある。

からカルガモイルカアシカのこだわりは主人公たちを足止めし

ゴリラはワニとヒョウの対立に頭を悩ますし、

チータープロングホーンたちは言い合いをする。

なんという汚い連中だろう?

これではまるで意志を持った生き物のようではないか

さらには絶対悪とは言えない「ビースト」まで出てくる。

フレンズたちが逃げなければいけない危険存在だが、

第1話で巨大セルリアンからキュルルたちを救ったのもまたビーストである

かばんの「あの子たち」という呼称や口ぶりから排除が当然の「絶対悪」ではない 。

なんという裏切り

フレンズたちはまるで自我存在しないがごとき仲良しこよしで、

あとは排除あるのみの絶対悪を叩き潰して気持ちよくなれる、

あの素晴らしいジャパリパークを返せ!

こんなの、けものフレンズじゃない!

ファンたちの怒りはもっとである

からけものフレンズ2のブルーレイは売れないだろうし、これからも叩かれ続けることだろう。

それは残念ながら間違いないことだと思う。

1を買っていない僕は予約したが。

2019-02-22

anond:20190222211938

トルーパーは先日、ブルーレイの発売かイベントかなんかで

声優集結してたよね

そうやって話題作りするってことは

もうリメイク決まってんじゃないの

2019-02-10

anond:20190210204014

ちなみにドイツ今季の同時配信はこんな感じ

https://www.anime2you.de/simulcast/winter-2019/


今や数から言えば公式配信されてるアニメのほうが多いくらいなんだけど、前季はグリッドマンなしだし、今季はコトブキ飛行隊なしって肝心のところを漏らしてるような。

こちらは日本よりブルーレイが安いのであとから買うという手段存在するが。

anond:20190210204717

それ欧州に対する謎の偏見から


本屋には普通にエロ本もある。棚の高い所に置くのがこっち流。ただし上半身だけだとあまりエロと見なされず普通に置いてあることも。

anond:20190122225208

それから家電屋のブルーレイコーナーにもアダルトコーナーはある。日本コンビニレベル分別で厳重な仕切りはない。


もっとFate映画描写原作ゲームほど濡れ場は露骨じゃなくて、せいぜいハリウッド以下のレベルでは。

どちらかというと血を舐めるシーンのほうがすごくエロかったけど。

2019-01-31

anond:20190130201633

ちなみに私の語感ではマックではなくマクドなんですが……『孤独のグルメ』で、新幹線に乗った主人公が乗車前に買った崎陽軒ジェットボックスシウマイ生石灰と水で食べる際に加熱できる)を食べようとして、周囲で「ウ……」「シューマイ臭せェ〜〜〜〜〜〜」「あ……ホント」「誰か温めるシューマイやったんじゃないのォ」と口々に言われる……というくだりがあります。要するに匂いなんですよ。顔も名前も知らない人々が(映画場合はそれに加えて暗闇の中で)閉鎖空間を共有するわけですから、そこは多少は気をつかってもいいところでしょうねえ。家でブルーレイで観るなら、くさや食おうがシュールストレミング食おうが知りませんけど、他者に何か影響を与えているということ、そしてそれに対して他者が物申す権利があるということは言えるんじゃないでしょうかねえ。

2019-01-03

anond:20190103150102

今年は紅白駅伝(往路・復路とも)もリアルタイムで見たけど、正直それらしい雰囲気が楽しめればいいから流していただけで、そんなに真面目に細かくは見ていない。

正月番組の多くは暇潰しのために作られていると思っているので、あまりにも真面目に細かく見ている人は暇すぎるんじゃないかと思う。基本的テレビ番組って集中して見てられない性質なので、紅白とかは録画したけど、二度と見返すことなブルーレイに焼くと思う。ちゃんと見返す人でも好きな歌手のところを録っておきたいとかそういう理由じゃないかな。

そんなもの視聴率を計って右往左往するテレビ局をご苦労さんだと思う。別にわざわざ正月のために新しい番組作らなくても、過去反響の大きかった番組再放送とか、昔流行った映画を一通り流してくれるとかそういうのでいいよと思う。

アダルトビデオはチャプターごとに配信してほしい。

アダルトビデオ違法動画紹介サイトに警告文という記事があった。http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1812/28/news007.html

違法動画は本当に良くない。「気に入った作品もっと見たい」と思ったら、ちゃんお金を払って、「需要があるよ!」というのを意思表示しないと続編は作られない。僕はそういう気持ちで、ちゃんと買うようにしている。

女優さんを気に入っていれば、2時間を超えるDVDブルーレイ)を全部楽しめる。

ただ、性的な嗜好というのは枝分かれしている。気に入った作品でも「このチャプターだけが欲しい」という気持ち生まれる。「この20分が欲しい」という気持ちに応えてくれる公式動画配信サイトは充実していない。(あるにはあるけど、僕が知っているサイトMac対応していなくて結局使っていない)なので、一本のDVD尺の動画を購入するのは、ちょっと考えてしまうのだ.

サンプル画像が充実していて、チャプター500円くらいで、どんなデバイスでも鑑賞できて(DRMフリーが望ましい)、広告がウザくない動画配信サービスがあれば、いい大人ちゃんお金を払うと思う。こんなのはニッチ性的嗜好を持つ僕だけの望みなのだろうか。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん