「ジェルネイル」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ジェルネイルとは

2019-03-25

anond:20190325230516

ジェルネイルを塗る

付け爪をする

とにかく物理的に噛めないようにするのがいい

金があるなら深爪矯正サロンに通おう

2019-02-28

独身中年おばさんだけど出世したよ!

出世ってほどじゃないんだけどアラサー終盤でやっとリーダー職になって、社会人になって初めてお給料が増えた!ちょーーーうれしい!!

今まではずっと貧乏専門職で、いつもTシャツジーパンスニーカーみたいな恰好のままPCの前でだけ仕事してたけど、立場が変わることにより生活結構変わってきた。

まず、お客さんのところへ行くことがいきなり増えたので、ある程度ちゃんとした服を買わなきゃいけなくなった。今までファストファッション中心のペラペラな服ばっかり着てたから知らなかったんだけど、(物にもよるが)1万円代後半の服って皺がつきにくい!なんか生地がちがう!ピーンとしてる!!あとかわいい!!!

ワンピースなんかは帰宅したらファブリーズ吹きかけて、何回か着たらクリーニング出せばいいから、洗濯物の量が随分減ってラクになった。いつも平日にた溜め込んだ洗濯物を休日にまとめて洗ってたので、土曜日洗濯機回して干してだけで終わる、絶望…ってことが格段に減って嬉しい。あと高い服はかわいいさいこう!!

お客さんに対してもそうだけど、後輩たちにちゃんとした大人として見てもらいたいと思うようになったので、化粧品ちょっとだけ気を使えるようになった。知らなかったんだけどファンデーションって使うと減るんだね。一生使いきれないと思ってた(そもそもほぼ使ってなかった)。

中でも今まで面倒であんまりやってなかったネイルがすごく楽しい。これまですぐにハゲてたのは安いやつばかり使ってたからだったんだ。思い切ってデパートカウンター(これまであんまり縁がなかったから緊張した)で買ってみたら、ムラになりにくいし長持ちもするじゃん、まじかよ。

爪がキレイでぴかぴかしてるって全然気分が違う!仕事中、自分の爪に落ち着いた色のネイルがきちんと塗ってあるのを見ると、自分大人なのだ!しっかりせねば!という気持ちになれていいね。ただジェルネイルメンテが大変そうだからまだ挑戦する勇気がない。

若い頃はそれなりに美容に興味があって頑張ってた頃もあったけど、20代の終わりごろ、自分には「結婚して家族と和やか暮らす」ことが実現できないと気付いてからは、仕事趣味に没頭していて化粧もスキンケアも服選びもかなりおざなりになってた。宝石みたいなデパートコスメやショーウインドーの中の綺麗な服は、どう頑張ったって自分には手に入らないんだから、視界に入っても「私には関係ない」って自動的判断して無視してた。

でもやっと歳相応のメイクファッションに手が届いて「頑張れば自分にも買えるんだ~」と思えるようになてから、目に映るものがみんな自分関係あるんだと思えるようになった。今まで本屋くらいにしか用事のなかった駅ビルに、行ってみたいお店がいきなり増えた。なんかもう、何見てもすんごくキラキラして見える。

すごくいろいろあって結婚子供あきらめたけど、周囲は着々に結婚したり、子どもが産まれたりしている。そんな中私も容姿だけは彼らと同じスピードで着々と中年になっているのに、自分けが幼稚な精神のまま成長せず、周囲から置いてけぼりにされてる気がしてた。

それでも、自分なりにようやく「大人になった」って自覚できるようになれたから、貧乏でも孤独でも約10年間好きな仕事を続けていてよかった。ワープアマジで死ぬほどつらかったけどね…。

独身女は何かと風当たりが強いけど、他人に何を言われようが、私がめちゃくちゃ楽しく生きてればそれでいい。これからも私が楽しく生きていけば、これから歳を重ねてゆく女の子たちがいつか独身中年になる頃には、独り身の女だってもっと生きやすくなってるはずだ。

男も女も、結婚するひともしない人も、病気障害がある人も。みんなが生きやすくて、他人文句なんか言ってられないくらい楽しく生きられればいいのになーーーって言ってるそばから子供産まない女はゴミ」みたいな雑音が毎日毎日目に入るのであった。うるせー!子供育ててないぶん経済に貢献するし、年金も収めるし募金もするし、子供いる友達んちに料理作りにいったりもするわ!!私が結婚子育てしてないぶんのエネルギーでそれなりに世界回してるから!!!そんなことより何より私が!!!!私が幸せからそれでいいんだ!!!!!

とにかく今がいちばん人生楽しい仕事めっちゃやる気だし(普通に客はムカつくよ)、高いお洋服化粧品かわいいでーーーす!!!私が買うからメーカーの皆様も頑張って素敵なものいっぱい売ってください!!!!!!!!以上!!!!!!!!!!!!!!!

2018-05-17

歯医者で思い出した

数年前、歯医者の待合室でぼーっと順番を待っていてふと気がついたら、先に治療をしていたっぽいちっちゃい子を連れたお母さんがお会計をしていた。

子供が泣いていたのかどうかも思い出せないから多分そこまで強烈にぐずってた訳じゃなかった…ような気がするけど、私が記憶してないだけで相当ギャン泣きしてたのかもしれない。

治療が出来なかった?みたいで、お母さんが縮こまってしまってるというか憔悴してるというか何で親なのに…って自分を責めてそうっていうか、まあそんな感じだった。

お金払った後次回の予約の話してたんだけど、受付の人が別に何ともなしな感じで「大丈夫ですよ~よくありますよ~」的な事そのお母さんに言ったらお母さんそこで泣き出しちゃった。

受付の人は別に驚いた風でもなく泣かないでという訳でもなく優しく「大丈夫よ~」って言ってた。

そこそこの大きさの駅の近くのショッピングモールの中の歯医者でいつも結構混んでるし実際ギャン泣きしてる子も違う日に見た事あるし、実際子供泣いちゃって治療をうまく出来ないって事はすごい頻繁にある訳じゃないけど別にそこまで驚く程少ない訳でもないんだろう。

けど歯医者に来たのに治療受けさせられなかったってのはやっぱり思い詰めちゃう人はすごく思い詰めちゃうんだろう。

今考えるともしかしたら虫歯にさせちゃった?のも気にしてたのかも…

受付の人は多分お母さんより少し年上なんだろうなってくらいの人だったしその辺わかるからああやって声かけたのかもなと思った。

子供が泣いちゃったのも治療がうまく出来なかったのもお母さんが泣き出しちゃったのも全部「大丈夫だって事かな。

実際お母さん頑張ってそうだったもんな…お母さん頑張ったって子供は怖いもんは怖いもんなあ…

あの場面でお母さん十分頑張ってるよともそんなに頑張らなくてもいいよとも言わずに「大丈夫」ってのはすごく適切な言葉掛けだったんだろうなと後で思った。

しかしあの歯医者、いつも混んでて評判も良さげだからか時々変な人というか図々しい人?おかしい人?もいる。

何か一週間後位に入院するからそれまでに全部治療してほしいらしく、でもそれを自分からは言わず何とか先生の方からOKと言い出させようとしてるオッサンとか(先生はのらりくらり)、他の歯医者でやったレジン硬化の光がいかに痛かったか(ジェルネイルとかと一緒でUVライトの硬化時に熱が出たのが痛かった…?)いか対応が最悪だったかを本当ずーーーっと語ってる人とか(歯科衛生士のお姉さんがずっと話聞いてた…)、おそらくそんな人たちかわいい方なんだろうけど歯医者さんも大変だな…と思った。

個人的にそういうのより子供が怖くて大泣きの方が予約時間が押しちゃっても理解出来るし納得出来るんで、変に横柄にならなければまあだいたいの人はすごく機嫌よくかは別としてきっと本当に「大丈夫」です

ほんと、スケーリング終わっても絡んでるオッサンより本当に大丈夫から

治療初日とかむしろ心の中でギャン泣きしてる子供同意しまくりで心臓バクバクから

何度行っても最近治療痛くないとわかっていても怖いもんは怖い。

歯医者行くとめっちゃ挙動不審になる。

笑気ガスって使ってくれるのかな?使ってる人見た事ないけど。

2018-01-30

ありがとう追記】僕が新しく始めたい趣味を100位まで考えた。

僕が新しく始めたい趣味100位まで載せました。

※たくさんコメントありがとうございます。教えてもらったのを追記します。順位まで書いたコメントの人ごめんね。

読書ギターDTM、絵を描く、読書語学映画はもうしているため除外。

では、紹介!

1位~10

1 キャンプ

2 ビリヤード

3 ドラム

4 マラソン

5 小説を書く

6 ブログ

7 筋トレ

8 マジック

9 料理

10 天体観測

11位~20

11 百人一首

12 神社巡り

13 作詞

14 ピアノ

15 動物ぽんぽん

16 一人旅

17 ガーデニング

18 ボルダリング

19 カメラ

20 将棋

21位~30位

21 海外ドラマ

22 釣り

23 ウクレレ

24 麻雀

25 数学

26 俳句 

27 プログラミング

28 手相

29 落語

30 動物園巡り

31位~40位

31 サウナ

32 アクアテラリウム

33 水族館巡り

34 音ゲー

35 書道

36 お酒

37 登山

38 囲碁

39 バイオリン

40 ボードゲーム

41位~50位

41 1人カラオケ

42 バッティングセンター

43 トレイルランニング

44 ジャグリング

45 切り絵

46 温泉巡り

47 アマチュア無線

48 コーヒー

49 UFOキャッチャー

50 サイクリング

51位~60位

51 ルービックキューブ

52 美術館巡り

53 バルーンアート

54 スラックライン

55 博物館巡り

56カクテル

57 パワースポットめぐり

58 漬物

59 ワイン

60 ラテアート

61~70位

61 デコパージュ

62 スキューバダイビング

63 モンハン

64 ゴルフ

65 スポーツ観戦

66 人間観察

67 ネトゲ

68 卓球

69 ジオラマ

70 水泳

71位~80位

71 梅酒作り

72 サバゲー

73 オカリナ

74 Ingress

75 ヌンチャク

76 スキー

77 ハーモニカ

78 クイズ

79 折り紙

80 自作PC

81位~90位

81 シュノーケリング

82 ダーツ

83 ダンス

84 歴史

85 格ゲー

86 ヨーヨー

87 鉄道

88 ヌンチャク

89 ドローン

90 ミリタリー

91位~100位

91 スノボー

92 寝台列車

93 お香

94 フルート

95 盆栽

96 レザークラフト

97 バスクラリネット

98 バードウォッチング

99 パントマイム

100スケボ

101位以下(以下、残念ながら落選

101 ラジコン

102 スケート

103 能楽

104 アロマ

105 裁判傍聴

106 あみぐるみ

107 パラグライダー

108 そば打ち

109 消しゴムはんこ

110 ペン回し

111位~

111 編み物

112 社交ダンス

113 チェス

114 射撃

115 ラップ

116 カヌー

117 陶芸

118 羊毛フェルト

119 レース

120 リフティング

121位~

121 燻製

122 フラワーアレンジメント

123 路線バス

124 鉱物収集

125 キャンドル

126 粘土細工

127 切手集め

128 文房具収集

129 けん玉

130 ファービー

131位~

131 ダム巡り

132 パン作り

133 サーフィン

134ミニ四駆

135 クリケット

136 乗馬

137 アラビア書道

138 ジェルネイル

139 フィンランド語

140 アイドル追っかけ

141位~

141 ツーリング

142 プラモデル

143 ジグソーパズル

144 タワー巡り

145 ムックリ

146 利きヨーグルト

147 ボーリング

148 ペーパークラフト

149 カリグラフィー

150 ステンドグラス

151位~

151 水引

152 写経

153 離島巡り

154 趣味を考えること

155 昆虫

156 スカイスポーツ

落選

ラーメン断食

廃墟

パンティー集め

釣りネット上)

保留 

資格収集

自分祖先を辿る

冬が終わったら暖かい春ですね。新しいことを始めましょう。一緒に。

※新しいの教えてくれたらプラスするかもしれません。

2017-06-01

会社もっさりした女オタクが許せなかったのに

私が働いている会社には女性社員100人ほどいるのだけど、

廊下ですれ違うたびに「今日ももっさりしてるな……」と思う数人がいて、

その数人の一人が彼女だった。

おそらくきちんと乾かさずに寝ているだろう髪の毛はなんとなくしっとりし、

先端は肩に当たって不規則にはねている。

肌の感じもぱさぱさしていて口周りは産毛のせいかぼんやりし、

全体的に加齢と睡眠不足を感じさせる顔だ。

そのうえ、控えめに言っても「ぽっちゃり」に分類されるだろう体形のくせに

やたらとフリルレースのついた安っぽい布の服装を好んでいて、

フレアスカートから大根のようにずんぐりした足をむきだしにし、

社内ではリボンのついたスリッパ使用している。

すれ違うだけでも

もっさりしていてやだな……」

「その魔法少女みたいなハートリボンまみれのスマホケース何なんだよ……」

「せっかく美容院に行ったなら毎日ヘアケアもきちんとしろ!」

「30代になってサマンベガカバンを使うな! アニメキャラマスコットもつけるな!」

といった感想がうかんでしま相手と同じチームに配属されたのが、去年の9月。

歓迎会で「あ、増田さんって26歳なんだね。私より2つ下とは思えないくらいしっかりしてるね」と言われて、彼女がまだ20代であることを知り、非常に驚いた。ついつい「先輩こそいつかわいい洋服を着て若々しいので、もしかして私より若いのかも……?とか思ってました(笑)」と思ってもみない返答をしてしまったくらいだ。

言っておくが、私はめちゃくちゃオタクだし腐女子だ。

からこそ、周囲にオタク腐女子であることがバレないよう、そしてバカにされないよう、身だしなみに人一倍気を使ってきた。

努力が功を奏して、オフ人間関係では、休日は一人BLを読みふけりPixivを回遊してはオンリーイベントに出陣しているオタク女だとバレることもなく、「そこそこリア充」ぽく見せることができている。「美人」と言われることはほとんどないが、自分の素材を生かしつつTPO清潔感配慮したファッションを心がけているので、自分よりも土台のいい女の子からかわいい」「おしゃれ」「その服どこで買ったか教えて~」と言われることは少なくない。好きなキャラのグッズを買うことはあるけれど、身に着けていくのはオンリーファンイベントオフ会ときだけ。

今の会社IT系だし、ソーシャルゲーム部署もあるからオタクも多い。比較自由服装OKな気風で、男性エンジニアなどはアニメキャラTシャツで出勤したりもしている。それでもうちの部署比較外回りが発生するし、つねに「会社の一員としてどうみられるか」「年相応の落ち着きを伴っているか」も意識しながら、ヘアスタイルや髪色、日々の服装・バッグ・ネイルの色などを選択している。痛ネイルをしたくなっても、イベントの前の日の施術してもらって、終わったらすぐオフする。彼氏がいるときは、休日服装には彼の好みを取り入れる(ちなみに現在フリー相手地方赴任で遠距離恋愛になってしまった彼氏自然消滅して以来、今のところ彼氏はいない)。毎月の美容院、毎週のジム通いに、毎日スキンケアと、日々のさまざまなメンテナンスも欠かさない。おしゃれは努力なのだ

もちろん、それはあくまで私の自己満足であって、他人押し付けるつもりはない。それでも、隣にもっさりした人がいたら不快感が生じてしまうのまでは止められない。同じチームではあるが直属の上司部下というわけではないから、できるだけかかわらずに過ごそうと決めた。

決めたのだが……その決意はすぐに覆された。なんと、先輩に「増田さん、もしかして〇〇ってアニメきじゃない? この間のオンリーイベント出てなかった?」と私がオタク腐女子であること、ジャンル、そしてオンリー出展していることまで当てられてしまったのだ。そのアニメのグッズを持っているところを見ていたので警戒はしていたが、まさか同じCPだったとは……。

「気づいたにしても本人に黙ってろよ!これだからデリカシーのねえオタクは……」という気持ちはあったが、現場をおさえられている以上否定するわけにもいかない。次のオンリーも出る予定だったし。やむをえず認めたものの、「ぜったいに内緒にしててくださいねランチおごりますから」と念を押し、二人きりで初めてランチを食べることになった。

「えー、〇〇好きな人、うちの部署にも結構いるよ。一緒に話したかったな」

会社で、趣味の話をするつもりはないんです……。すみません

自分スタンスを明確に伝えると、先輩はそれ以上無理には押してこなかったが、「でも増田さんっていつもおしゃれで爪先にまで気を使ってるし、全然オタクだと思ってなかったから、オンリーで見たときはびっくりしたよ。会場ではたしかにいつもよりもラフな格好だったけど、やっぱり周りに比べて垢ぬけてたもん」と私を褒めまくった。

しかも「実は増田さんのところのサークルの本、いつも買ってるんだよね。私が行くときは売り子さんがいることが多かったから気づかなかったんだな。表紙とか装丁もやっぱおしゃれだし、二人の気持ちの流れが丁寧に書いてあって、本当に好きなんだよね……書いている本人といっしょに働いてるなんて、すごいうれしいな」と言う。

「なんだもっさりしてるくせに意外と見る目あるじゃん……」とうっかり調子に乗った私はついペラペラ自分の話をしてしまった。

「見栄っ張りなので、『やっぱオタクからダサいんだ』みたいに見られたくないし、オタクからこそ人一倍身だしなみにも同人誌デザインにも気を使ってますね。彼氏にも、『え、オタクだったの!?』と驚かれることが多いです」

「徹底してるなあ……。私、ここだけの話、ずっと女子校育ちで、彼氏できたことないんだよね。それもあってあまり人の目を気にしてこなかったな。ファッション誌もきちんと読んだことなくって、今まで少女漫画で読んできたかわいい女の子イメージとか、そういうのをごちゃごちゃに取り入れてこの年齢まで来ちゃった。自分全然合ってないのかも……とは思いつつ、オンリーとかライブに行ったら似たような服着てる同年代の人もたくさんいるし、まあいいかな~ってスルーしてたんだ。でも、増田さんの話聞いたら、ちょっと自分もがんばろうかなと思ってきた」

「見ていてかわいい服と、自分に合った服って違いますもんね。もちろん、『自分テンションの上がる格好』も大事だと思うんですけど、『人は見た目が9割』という本もありますし、少しだけ自分の好みを譲歩して人にどう思われるかを考えながら暮らしてみると、思いもよらない反響があったりして、楽しくなりますよ。自己表現は、同人活動ですればいいんですよ」

増田さんすごい……。そりゃ仕事もできるわけだよ」

「いやいや、見栄っ張りなだけなので……」

「ねえ……もしよかったらなんだけど、私の服装についてちょっとアドバイスに乗ってもらったりはできないかな? 実は、最近思い切って婚活アプリ登録したんだけど、全然マッチングしなくて……。素材がアレだからしょうがいかもしれないけど、増田さんの話聞いて、もう少し頑張る余地がある気がしてきた」

まさかの展開である。なんでそんな面倒な頼みを引き受けないといけないんだ……。断ろうかとも思ったが、一瞬考えたすえ「私でよければ……」と応じた。面倒ではあるが、さすがに同じチームの先輩であるオンリーに出ていることも、活動ジャンルCPまでバレている。見栄っ張りの私としては、先輩がそれを言いふらす危険性をできるだけ排除しておきたい。

それに……もっさりしている怠惰人間は嫌いだが、努力して改善しようとする人間は嫌いじゃない。私も、中高時代もっさりしていて、スクールカーストでは底辺オタクグループに入れられていたから。

「その代わり、ちょっと厳しい意見も言うと思いますし、運動とかもしてもらいますよ? お金もかかると思う」

「え、運動?」

ファッションには体形も大切です。今の体形にあった服装を選ぶのでもいいですが、彼氏を作るのが目的なんですから、体形とか髪型とか、ふだんの過ごし方から見直したほうが絶対にいいです!」

「そこまで親身になってくれるなんて……。精いっぱいがんばるよ!」

結論として、先輩はきちんとミッション遂行した。私がいい教師だったということなのだが、この9カ月、ずいぶんと頑張ってくれたと思う。

体重は7kg減ったまま週2のジム通いで維持しているし、髪の毛はすすめた美容院できっちり整え、清潔感のあるボブスタイルにしてもらった。たまのイベントの際に施術していたというジェルネイルも、ゴテゴテしたデザインをやめてもらい、綺麗な塗り方を覚えさせ、自分ピンク系のワンカラーをほどこしてもらっている。メイクも、適当に買ったプチプラ集合体を一つずつやめさせて、年齢に合ったデパコスに置き換えつつ、BAさんから顔に合ったメイクアドバイスを聞くように指導した。

服も、既存の安っぽい服のほとんどはメルカリで売ってもらった。フリルレースのついた服、アシンメトリースカート個性的な柄のワンピースなどが上級者のたしなみであること、サマンベガのバッグはどう考えても年齢に合わないこと、などを丁寧に伝え、休日恵比寿アトレにいっしょに赴いて、シンプルで使い勝手と質のいい服をコツコツと買ってもらった。

きちんとしたプロトータルでアドバイスしたらまた違う結果になるかもしれないが、少なくともこの8年ほど見栄をはりつづけてきた私の基準でも、納得のいく「小奇麗なアラサー」ができあがったはずだ。実際先輩も、前より鏡を見るのが楽しくなったと言うし、つづけている婚活アプリでも、マッチングして食事デートくらいまではするようになっているそうだ。

「ただ、相変わらずコミュニケーションスキルが低いから、結局アニメマンガか、仕事の話しかできなくて、あんまり話が弾むところまではいっていないんだよねえ……練習あるのみかなあ……」

それでも私は知っている。社内の男性社員たちが、先輩を見る目がなんとなく変わっていることを。そして街を一緒に歩いているときの、周囲の男性まなざしも変わってきたことを。肉体とファッション改造をしてもらううちに気づいたのだが、先輩、思ったよりも素材が良かったのだ。私なんかより全然美人である。笑うと、元AKB大島優子に似ている。

自分指導した成果が世間にも評価されていることがうれしい反面、最近、先輩が婚活アプリ出会った男性について話すときに、胸がチクチクする自分にも気づいてきた。つい話をさえぎって、自分からアニメマンガの話を不自然ねじこんだりもしてしまう。先輩が彼氏をつくれるようにサポートしたはずなのに、先輩が男の話を自分からするのを聞くのが、イヤなのだ

この気持ち、一体なんなんだろう。

2016-04-22

マニキュアが塗って4日しか持たないの、私の塗り方が相当下手なのかと思ってたけど、熟練者が爪磨き・ベーストップコートを丁寧にやっても1週間持たすのが限界なんだね。無理、面倒、続けられない。ジェルネイルも、根元から爪が伸びるから持って1カ月弱みたいだし、オフする度に爪が傷んで薄くなるらしいし、「褒められる爪」で居続けるために毎月サロンに足を運んで1回1万円を払い続ける気が、正直言って全然起こらない。手は素爪でも問題ないけど、サンダル履いてるのに足が素爪なのは「残念」らしいから、もうサンダルを履かないことにした。サンダルは靴擦れもしやすいし、季節感など知ったことか。

 

容姿絡みで何に一番関心があるかって、ダントツで歯だ。先週、親知らずを抜歯した。父親20代前半で抜いて、上司20代後半で抜いて、元同僚も20代後半で抜いてる。抜きどきだなと思って私も抜いた。親知らず対応20歳前後から始めるのが理想で、歳をとるほど免疫力ダウン・歯周病罹患などの問題で抜歯創の感染リスクが上がったり、骨や歯肉の回復力ダウンによって抜歯窩がきれいに塞がりにくくなるらしい。歯列矯正も、子供なら顎の骨を広げて抜歯せずに歯を収めることも可能だけど、大人になると顎を広げられないため抜歯するほか無いケースが多いみたい。取り組むのは身体が若ければ若いほど良い。「加齢は選択肢を失っていくこと」というのを感じる。妊娠する・させる能力の減衰についてもそうだね。

 

歯列矯正はとても気になる。出っ歯から横顔が猿なんだよね。鼻の先端から顎にかけてのラインが美しい、剛力彩芽多部未華子嗣永桃子日南響子能年玲奈のようになりたい。出っ歯もださいけど、かといって前歯が凹んでいると、歯を失った老人のようになるみたい。丁度良い美しさというのは難しい。

歯を失うといえば、日本では10代の半数に歯周病の初期症状がみられ、30代で8割の人が歯周病発症しているらしい。老後に歯を失わないため、出来ることがあれば今のうちからしておきたい(乳酸菌オーラヘルスタブレットが気になってる)。インプラントは歯槽骨に金属を植える大工事で、時間もかかるし高額なので、歯を失わないよう予防をしておくのが長い目で見て時短&ローコストになる。

抜歯程度でも3日間は咀嚼に支障が出てたくらいだし、顎の骨を切って小顔にする美容整形手術なんかは、回復するまでが相当大変だと思う。美容整形に対して「ズル」という気持ちは起こらない。神経の麻痺などの高いリスクや、術後の長く続く痛みと苦労に耐えてすごいよ。歯列矯正をしようとしている身としても、(咬合関連症などの不調が無く審美的理由のみで)出っ歯をひっこめるのと、一重を二重に変えるのと、何が違うのかわからない。医療容姿をいじることに何の差があるんだろう。価格リスク差しかわからない。

 

あとは眼鏡邪魔だし、アレルギー性結膜炎持ちだからコンタクトレンズが使えない。普通に生きていくのに近視補正アイテム必須だと、災害などの非常事態で困りやすいだろうし、近視矯正手術にはずっと興味がある。落合陽一が「魔法の世紀」で書いていた眼内コンタクトレンズ(穴あきICL)手術について調べた。近視を矯正出来て80万なら全然安いと感じるけど、眼球にメス入れてリスクが無いわけが無いし、新しい技術なのでまだ臨床例も少なく、角膜内皮細胞の減少など副作用もあるみたいで、まだちょっと手を出せないなと思った。可逆性がある分、レーシックよりは低リスクなのかな?でも眼内コンタクトレンズを入れる手術より取り出す手術の方が大掛かりらしく(当り前か)、やっぱりまだ怖い。調べてみると近視矯正術は失敗報告が多い。失敗すると仕事に非常に差し支えから洒落にならない。裸眼視力が良い人が本当に羨ましい。

 

美容に楽しさを感じなくても、女に生まれた以上、外圧はかかる。「イケてる女性はモサい女性塩対応」というのは学生時代からずっと変わらない印象で、日々接触のある会社員にモサい女性は少なく、モサさが度を超すと友達づくりの土俵にも上がれない(もちろん、こちらが勝手に委縮するというのも大きい)。インターネットでだけは「そもそも友達が要らない」と主張している人を見かけるけど、親しい人間との対面コミュニケーション放棄してコンテンツ消費のみ行っていると、使っていない能力が失われて仕事にまで支障が出てくるから怖い。コミュニケーション相手恋人配偶者一人だけで十分だという考え方に対しても、「リスクヘッジって知ってる?」と思う。コンテンツ消費は最高の体験だ!と強調した上で、それ「のみ」に偏ることには副作用があると言いたい。それに私はどうも、自分けが楽しくて親しい他人への貢献がゼロ状態が長く続くと、生命について根本的な虚しさに襲われるみたいだ。コンテンツ消費ってプロのチームによる上質なサービスを客として受けているだけなわけで、自分を甘やかすのもほどほどが大事だなと思う(厳しすぎると鬱病になる。丁度良さを模索し続ける人生だ)。

 

最近髪型適当になっている。このダサさ貧乏臭さをなんとかしたい。染めるのはリタッチが面倒だから嫌だ。常時日傘サングラスでの紫外線鉄壁ブロックや、L-システインを欠かさず飲むのはちっとも苦じゃないんだけどな。たぶん、美容院が好きじゃないんだ。彼氏が出来たばかりでまだ意欲があった頃にかけたパーマ会社でも評判が良かったけど、パーマを維持して清潔感を保つには「洗い流さないトリートメント」や、日々の勤勉なブローが要った。髪質の柔らかい美人なら素のままのロングヘアでそれなりに見えるけど、私の場合はモサくなる。現にモサい。小学生の頃と違って、ガワを加工しないと新規女性コミュニティ土俵に上がれない。その辺りの空気感理解を示して労ってくれる男性は、自身容姿に気を配った経験がある人が多いように思う。といっても、理解も労いも当り前に求めていいものじゃないよな。私が考えて私が選んで、私の責任において勝手にやってるんだから

 

はあ、切実に友達が欲しい。[必須]同性の。[歓迎]卑屈じゃなくて、コンテンツ好きな人問題解決を目的としない、ただ楽しいだけの、「無為なお喋り」がしたい。

2016-02-25

ホス狂いの友人の最後

初めて会った時は、友人の友人だった。

美容系の専門学生で、将来はメイクアップアーティストになりたいと、キラキラした目で言っていた。

中学生の頃いじめられていた彼女は、高校生になって近所に住んでいた先輩に習ってメイクするようになってから、自信が生まれ、どんどん綺麗になっていく自分が楽しくてしょうがなかったという。

そのメイクを教えてくれた先輩が通っていた専門に入学して、毎日大変だけど楽しいよ、と綺麗に巻かれた茶髪の巻き髪が揺れていた。

共通の友人に連れられて、その日はホストクラブへ行った。私も彼女も初めてで、未知の世界に怯えつつも自分なら絶対ひとりで足を踏み入れられない世界ちょっと酔っていた。

その後は彼女の家へ泊まりホストって思ったよりも怖くないねやすかったしね、マジで客のタバコに火をつけるんだ~って初々しい会話に花を咲かせて眠りについた。

確かに思ったよりは怖くなかったけれど、ネオンに溢れキラキラした店内はどこか吸い込まれる闇をはらんでいるようで、私はそれっきりその世界を忘れて生きていた。

でも彼女は違っていた。

次にあった時は、彼女はひどく酔っていた。なんとなく早起きしてTVを見ていた時に携帯の着信がけたたましくなり、びっくりしながら取ると、ろれつがまわらない声で家に遊びに行っていい?ときかれた。

彼女が今いる場所からタクシーで1500円ちょっと距離にある私の家を、酔っ払いながらも覚えていたらしい。

家に招き入れたこともないから不安だったが、なんとなくほっとくのもきまりが悪いので、家の近くの目印になる建物指定し、彼女が乗ってくるタクシーを待った。

少しふらつきながら降りてきた彼女は、きっちりと盛り髪のヘアメイクをしてあり、着ている私服毛玉だらけで少し汚れているのとひどく対照的だった。アイメイクが少し崩れ、つけまつげが片方なかった。

荷物を少し持ちながら家へと連れて帰った。とりあえず眠そうだけれどシャワーを浴びることをすすめ、着ていた服を洗濯機に放り込んだ。

彼女は専門学生をしながら、夜はキャバクラで働き始めたらしかった。

シャワーからあがった彼女は少し仮眠をとると、今日も授業があるんだとものの15分でメイクを済ませ、お礼を言いながら学校へ飛び出していった。

それから半年ぐらい、その間何回か共通の友人たちと一緒に飲みに行ったり、買い物を共にしていたが、彼女が少しずつ変わっていくのに特に何も言えず時は過ぎていった。

つけまつげは綺麗なまつげエクステに、つけ爪からジェルネイルスカルプチュアへ。いつもばっちりお洒落をしているから、余計にあのときギャップが凄かった。

茶髪クリーム色へと代わり、より一層派手になるメイクとよく似合っていた。元が地味な顔だからメイクが映えるんだよ、って自虐気味に言っていたのを思い出す。

ある日会った彼女は、専門学生からバイト掛け持ちのフリーダーへ変化していた。

別に夢ができて、どうしても専門に通う時間がなくなったから退学したと言っていた。私は驚いた。しかアドバイスできる立場でもなく、そうなんだ、と軽く返事して頑張ってねと告げた。

内容をきくのは怖かった。キャバクラアルバイトから週5回の本業へとレベルアップし、その他空いた時間に昼のバイトをこなしていたらしい。

厚くなったファンデーションから少し見え隠れするクマが痛々しかった。

夢ってなんだろう。

その夢の1つが叶った次の月、彼女とあるマンションから飛び降りて亡くなった。

客の1人が自殺したホストスレは荒れまくり、ついにホスト自身も店から飛び行方不明になった。

あれから彼女キャバクラヘルス嬢、デリヘル嬢、ソープ嬢、企画女優と順調に落ちていった。ヘルス嬢になったところで連絡が途絶え、最後を含めてその後は聞いた又聞きでしかない。

初めて訪れた先で出会ったホスト応援し、その時は新人だったカレを遂にNo.1にまでのしあげる夢をもっていた。

No.1になったら夜の世界を上がって、結婚しようと言われていたらしい。

夢は確かに1つは叶った、しかしもう1つの夢は敵わず彼女は飛んだ。

どう考えても彼女の本当の夢は後者だったことは想像に難くない。

今でもあの町へ行くと思い出す。変わっていく彼女と、変わっていないこの町を。

2015-09-08

皿の面積の8割が「happy birthday Masuda」というチョコペン

カフェとかこじゃれた風のダイニングとか塚田農場とかででてくる、ああいうデザートプレート(実際デザートは鼻くそサイズ)を喜ぶ女がやりがちかつやったらぶん殴りたくなる行動。

1.皿の8割が

happy birthday Masuda」というチョコペン(デザートは鼻くそサイズ)のデザートプレートを顔の横まで持ち上げて写真を撮る。

2.血縁関係はないけど

さらにまだいうて出会って2年弱くらいの年上の人のこともすぐ「お兄ちゃん」とか「町田のねぇちゃん」とか呼ぶ。

3.MAU100万くらいのサービス作ったような

感想Facebookのpostなんだけど、ただ休日プラバンでキーホルダー作っただけ。ものづくりものづくりうるさい。

4.ブスなのに

ネイルをやたら凝る。月1以上でジェルネイルを季節に合わせて変えてくる。

5.「#ご縁 #つながりを大切に」

とかのハッシュタグををただ友達の友達カフェ行っただけでワンプレートのサラダ写真つけまくる。

6.傘を地面に垂直にもったまま腕を振って階段を登る。

2015-01-23

もうネイルなんてしない

ネイルオフって、何かの修行かはたまた拷問か?!ってくらいつらい。

オフ担当したネイリスト

一心不乱にガリガリガリガリやるもんだから

しかけるのもためらって、ただ黙って自分の爪が削られていくのを見てた。

出来上がりはピカピカだったけど、

家に帰ってから地獄だった。

表面が削られすぎて爪が薄くなったみたいで、

風呂のお湯がしみて痛い。

爪があたるとぐにゃりと曲がるのでこれまた痛い。

シャンプーするにも、服を着るのもいちいち爪を意識しなきゃいけない。

二週間たったけど、伸びては割れ、伸びては割れの繰り返しよ。

もうジェルネイルなんてしない。

2013-10-12

ネイルフィギュアみたいなもん

からネイルモテや同性の目を意識してやってる」って風潮がどうしても理解できない。

サロンプロネイルやってもらう→既成品買う

マニキュア塗る→ガンプラ組み立てる(表面処理はするけど塗装はしないレベル

自分ジェルネイルガレキ作る

服に合わせてネイルする→フィギュアの置き方にもこだわる

くらいの感じ。

フィギュアを部屋に置くように、ネイル眺めながら「はーこのネイルまらん」ってなる。

フィギュアを1体買ってしまうと次々と増えるように、ネイルも色々と変えたくなってくる。

最初ねんどろいどぐらいだったのが、だんだんガチフィギュアも増えてくるように、

ネイルも凝ったものや、奇抜なデザインも試してみたくなる。

他人を部屋に招いてドン引きされたらどうしようと思って、置くものを厳選するように、

ネイル大衆受けする大人しめにする。

または自分の部屋だと開き直って、思いっきりこだわって飾るように、

がっつり自分好みのネイルにする。

要はただの趣味

2013-10-06

習作スケッチ

条件:

舞台ルミネ1の5F

16時19分から17時19分までの1時間以内に書きあげる超短編

書く場所ルミネ1の5F、ブックファーストのところの椅子



女子スタバカフェラテを頼む確率は70%を超えてると思う。

けど、いまぼくの目の前でカフェラテを飲んでいるのが女子かといわれると70%の確率男子だ。

ウィッグ、めずらしい?」

高天ケ原くくるはそう言って、茶色カツラをとってみせた。

こともなげに、っていう単語、こういうときに使うんだな、とか思った。

「似合ってると思います

そう言うと、くくるはけらけら笑った。

「だっよねーほんと、だと思ってたー」

くくるはおなじ調子で、蛍光グリーン蛍光ピンクの爪を自慢した。

「これジェルネイルっていって、両手で2万円くらいしてさ。2万円だよ?かわいいけど、かわいい税のっけすぎじゃない?経済なんとか大臣も考えてくれないかな」

黒いメガネに黒いカーディガンに白いブラウス葬式帰りみたいなカッコのぼく。

きれいなパールグレーのブラウスに、ゴージャスな毛皮のマフラーのくくる。

嫌でもくくるが目立つ組み合わせだった。

なんかのコンテストならぼくが引き立て役になって、くくるが優勝まちがいなし。

わずまわりが気になってちらちら目だけ動かしたけど、だれもくくるを見てない。

ぼくだけがキョドったフクロウみたいで、なんかかえって死にたくなった。

新宿ルミネに着てる女子たちにとって、くくるの登場なんてたいした事件じゃないのかな。

それとも、見て見ぬふりをしてるだけなのか。

ほんとに気にしていないのか、見なかったことにしてるのか、おしゃべりしてる女子たちの顔からは分からない。

くくるのくすくす笑いが聞こえてきて、さっと意識がもどってきた。

「えっなに?すいません、なにか言いました?」

ちょっと焦った声を出してしまい、またしても死にたくなった。

くくるは笑いながらカツラかぶりなおし、マグカップを片手に言った。

「飲んだらちょっと歩こ」

「え、まだどっか行くの?」

17時前でしょ、これからが夜のナイトでしょおお~?」

だってぼく中2だよ、おカネ持ってないし」

「わたし21歳で、何もしてない。正確には女子しかやってない」

くくるはそう言って歯をいーっとすると、マグカップをかつーんと置き、旅行かばんみたいに大きなショルダーバッグをかついで、くいくいっと手まねきした。

「行こ、クラブそろそろ開くから

そう言って、くくるはエスカレーターに飛びのった。

青いミニスカートからうそみたいに細い足がしゅっと流れていた。

もう秋で、しかも雨なのに、くくるを見ていると、なぜかいまがまだそういう季節だったような、タイムスリップした感じがする。

なぜか急にいけないことをしてるような気がして、どきどきしてきた。

ただネットで知りあった人とスタバで会ってただけなのに、ほんとは絶対に親や学校内緒にしたらいけないことを、こっそりやってしまったみたいな気がした。

「くくるさん」

ちょっと大きな声を出すと、くくるはエスカレーターからこっちを見上げた。

何も言えないままくくるのそばに歩いていくと、くくるはぼくの手を握った。

からだが思わずきゅっとする。手をふりはらえずにいると、くくるは手に手をのせた。

「つっめたいでしょ、わたしの手」

しかに手は冷たかった。けど、それよりも手のひらが大きいこと、それと、くくるの目がきらきらLEDみたいに光ってることにびっくりした。

「冷たいですね」

小さい声で返事しながら、くくると一緒にいる自分がふしぎに思った。

くくるは――この人は、ふだんからこういうことをしているんだろうな、と思った。

もし誰かがくくるに恋をすることがあったら、その誰かは、この大きな手に何を期待するんだろう。

ぼくの手を握っている手で、どこに連れていかれてしまうんだろう。

ぼくはぱっとくくるの手を払った。

くくるは一瞬アニメっぽく目を丸くしたあと、けらけら笑って、ショルダーバッグをかつぎなおした。

「ごめん、もうやんない」

くくるはそう言い、ぼくは何も答えられない。

エスカレーターの手すりをぎゅっとつかんだまま、くくるの方を見ないよう、自分の安っぽいパンプスを見つめつづけた。



16:58 終了

反省点:

ストーリーがない、よく分からない

→はじめにコンセプトだけではなく、ざっくりとストーリーを決める

・人物が2人しか登場しない

家族、友だち、同僚、犬、恐竜、神、霊、火星人、何でもいいから関わらせる

ストーリーの背後が見えない

出会いきっかけとか、なぜそこにいるのかとか分かるようにする

・ワンシーンのキュートさが活かされていない

→一幕ものルミネであることを活かしまくった方がいい

・結局なんなの、男の娘なの?

→いちばん大事なところが分かりづらかったかも…

2013-05-16

http://anond.hatelabo.jp/20130516230625

私の周りで「女子力いね」って言う時は

発言してる本人は割とどうでもいいと思ってるんだけど

世間一般的にだったり女性誌の世界だったりで女性がしてるといいとされてることを実行してる女性をなんとなく褒める時に使われてるような気がする。

ジェルネイルもそういう意味記号的な女らしさって意味女子力なんだと思う。

ジェルネイル

女子力って聞いて思いだした

ジェルネイルやってると女子力高いことになるの?

女子力を高めないと!」とか言ってジェルネイルすすめられたけど、なんか違うと思う

3週間くらい持つから、その間メンテナンスフリーで楽だけど、

その間爪切れないし、根本は伸びてくる。

かわいいくて楽なのはいいなと思う

でも自分だったら3週間爪切れないのは耐えられん

ジェルネイルやってて、髪がプリンだったり肌が汚い女とか見ると

爪のとこの雑菌が普通の人よりも多いから肌汚いんかなーと思う

女子って大変だ

2013-01-24

ちょうどよくしてください。

大した収入もないくせに1020万するバッグを平気で持ち、

週1でエステに通い、デジタルパーマでゆる巻きをキープし、

野菜ソムリエだのアロマセラピストだの資格を取得して「自分磨き」を自称

ネイルは常に1万円くらいかけたスワロ付きのジェルネイル

みたいな女は男にとって「やりすぎ」でしょう。

やりすぎなのは金がかかるからイヤ。女もファッションオタクの男は嫌い。

一般人のくせにヒゲ脱毛するような男はキモいし、自己愛にまみれて超ムキムキの男もキモいし、

手鏡持ち歩いて四六時中前髪チェックしてる男もキモいし、

ジャケット20万・靴30万みたいな狂った価格帯のアイテムを自慢されるのもキモいし、

ファッション美容関係に異常に詳しくて、

ダサい男・わかってない男についての文句を延々聞かされるのもキモい

 

でも男にとって、逆にマン毛やワキ毛がジャングルになってて、篭もった雑菌が刺激臭を放ち、

腕も脚もボーボー、鼻の下にはうっすらヒゲ

太ろうが吹き出物が出ようが欲望のままに高カロリーものを食い放題、

腹はダルダル、肌はブツブツギトギト、みたいな女は無理なわけじゃん。

同様に「ガチありのまま状態の男」も女はイヤなわけです。

欲望のままにだらしなく生きると、臭くて汚くて醜い状態になるから

からすっぱい臭いがしたり、ワキガ放置だったり、爪が伸びきってて隙間に汚れが溜まってたり、

肌がすんごいブツブツでテカっててグロかったり、髪が脂っぽかったり、太ってたり。

気持ち悪い。汚い。臭い

 

丁度良くしてください。丁度良くするから

2012-09-29

丁度よくしろよ。

大した収入もないくせに1020万するバッグを平気で持ち、週1でエステに通い、デジタルパーマでぬかりないゆる巻きをキープし、

野菜ソムリエだのアロマセラピストだの資格を取得して「自分磨き」を自称

ネイルは常に1万円くらいかけたスワロ付きのジェルネイル…みたいな女は男にとって「やりすぎ」なんだろうけど、

逆にマン毛やワキ毛がジャングルになっとって、篭もった雑菌が刺激臭を放ち、腕も脚もボーボー、鼻の下にはうっすらヒゲが…。みたいな女とか、

太ろうが吹き出物が出ようが欲望のままに高カロリーものを食い放題、腹はダルダル、肌はブツブツギトギト。みたいな女は無理なわけじゃん。

やりすぎなのは金がかかるからイヤなんですよ。女もファッションオタクの男は嫌い。

ヒゲ脱毛するような男はキモいし、自己愛にまみれてウルトラムキムキ状態になった男もキモい

手鏡持ち歩いて四六時中前髪チェックしてるのもキモいし、ジャケット20万・靴30万みたいな狂った価格帯のアイテムを自慢されるのもキモい

ファッション美容関係に異常に詳しくて、ダサい男・わかってない男についての文句を延々聞かされるのもキモい

でも「ガチありのまま状態の男」もイヤなわけです。欲望のままにだらしなく生きると、クサい・汚い・醜い状態になるから

からすっぱい臭いがしたり、爪が伸びきってて隙間に汚れが溜まってたり、肌がすんごい汚かったり、太ってたりね…。

なんで、「ガチありのまま状態の男」や「ガチありのまま状態の女」は、丁度良い状態の同性を見なかったことにするのでしょうか?

やりすぎ状態の人と自分比較して、あいつらは外見ごときに金をつかいすぎ!金をかけて人を騙してる!自分の方が上だ!って必死で主張してる。

いやいや、丁度よくしろよ。

2011-12-03

冬がはじまるよ

今年も彼氏などというツチノコ級の生物を視認することはできなかったのに

ついに不正出血が始まりました~!! パフパフ!!

初潮かと思ったら不正出血だよ!! ニキビかと思ったら吹き出物でしたみたいな?

もう笑えてきちゃって飲み会で速攻ネタにしたよ!! これがガールズトークですね!!

…その辺がダメなんだよ!!

というわけで不正出血について適当にググったら

この年齢に多くストレスホルモンバランスが崩れることによって云々…

とかなんとか都合のよいことが書いてあったんで

最近笑っちゃうくらいアラ閉の上司に怒鳴り散らされるせいにしようと思います!!

あ、ちなみにアラウンド閉経のことです。今決めました。

なんで同世代の女子社員ダントツに怒鳴られるのは私なんでしょう。

他の女子みたいにつけまつげとにジェルネイルしてないせいですか?

メイベリンじゃ足りませんか? 

性格的にズケズケ言ってもよさそうだからって、言われる側が平気ってことはないんですよ?

毎晩胃をキリキリいわしてるの知ってますか?毎朝トイレで下してるのは?

同じ内容でも明らかに言い方のやわらかさが違いますよね? バカですか?

若手男性社員セクハラメールは送れちゃうのに私に普通に呼びかけることすらできませんか?

あと昼に米を食べたかパンを食べたかで機嫌の振れ幅変えるのやめてくれませんか?

それけっこう科学的な根拠があるっぽいですよ?

昔の増田の20年来の辛さがナンチャラって記事で読んだきがしますよ?

ならもう米食ってちゃいけませんよね? 一生ライ麦パン食べるか早期退職するかですよ?

あとフォーとかお粥とかも食べないでくださいね? ゴパンも論外ですよ? 

重いコンダラを投げつけてやりたいと思いつつ、私はげんきです

年々思春期みたく「死ね」って思ったり言ったりすることはなくなっていくのに、

死にたい」は一向に減らないんです。 なぜでしょうね?

サンタさん!! 200万ください!!

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん