「便箋」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 便箋とは

2021-05-19

たまに見る「感想貰えないので筆を折る」にモヤるという話

またの名を、昨今の「感想絶対送るべき! 送ろう!! ていうか送れよ!!」風潮にもモヤるという話。

う〇こです。とぐろが巻けるほどの凄く長いう〇こです。読むならそのつもりで。

  

前提として。

私は某ジャンル腐向け二次創作をしている字書きだ。イベントは諸事情で参加していないが、年に2~3冊ほど新刊を出しては自家通販をしている。また、オフだけでなくオン活動もやる。

それなりに同人女歴の長くなってきたBBAなので、ありがたいことに、部数・発行スパンが大したことない割には、そこそこの頻度でご感想をいただいている。

そしてこのご感想は、本当にいつも大変うれしく頂戴している。絶対に何かしらの形で御礼をするようにしているし、次の作品への大きな原動力にもなっている。ありがとうございます

書き手であると同時に読み手でもあるので、自分比較的よく感想を送る。「萌えた!」「性癖です!」「たまんねぇ」などを拙い語彙力をどうにか駆使して書いているのだが、結構喜んでいただけるのでこれも嬉しい。

  

で、そうやって、感想をいただく側でも送る側でもあるから、思うのだ。

たまに見かける「感想貰えない、つらい。かく意味がないので筆を折ります」っていうかき手に、とても露骨な言い方をすると「は? お前何言っちゃってんの?? 何様のつもり???」と。

  

いや、感想貰えたらうれしいし、いただけるものならぜひいただきたいし、貰えなかったら「あーウケなかったのかなぁ」って地味に凹むのもわかる。凄くわかるけど、わかるからこそとてももやもやする。

  

理由は次の通りだ。

まず第一に、書き手立場から。例えば同人誌として有料頒布したものなら、「お代を払ってまで自分作品を手に取ってくれた」、それだけで充分に対価は受け取れているんじゃないのか。印刷負担という建前とはいえ、訳わからんアマチュアの本にお金払ってくれてるんやぞ? そのお金がなかったらオフ活動続けられんのやぞ? 充分ありがたいだろうが??

その本を手に取ってもらう対価としてその金額を設定したのだから、それ以上のもの要求する、というか、「それ以上のもの(≒感想)も貰えるはず」みたいに考えるのは何だか筋違いだと思うのだ。はっきり言って図々しくないだろうか。

もちろん、無配やオン作品はこの限りではないけれど、でも、これだって作品を読むことに対価を設定しない選択をしたのはあなたでしょと思う。閲覧数が伸びるだけで少なくとも誰かには届いているし、ブクマいいねがつけば御の字じゃないんだろうか。ブクマは「また読もう・後で読む」とか「お気に入り」とかの証みたいなもんだし、いいねなんて「いいね!」だぞ。いいねだぞ!? 悪いねじゃないんだぞ!?!?

  

そしてこの第一を踏まえて、第二に、今度は読み手立場から

あのね、感想を送るのって、ぶっちゃけボランティアみたいなもんなんですよ。いやそうじゃない??

別に送ったからって、同人誌と違って便箋代を払ってもらえる訳じゃないし、いやそんなのいらんけど、だったらせめて神のモチベーションに少しでも繋がれば……と思って送っても、次作が保証される訳でもない(どころか、迂闊なこと書けば逆に筆を折ってしまいかねないというリスク付き)。

場合によっては返事も貰えず、喜んでいただけたか、最低限ご迷惑ではなかったかもわからないことだってざらにある。

下手をしたら「作品への感想が来ない」こと以上にリターンが少ない行為、それが「感想を送る」なんだってことを、「筆折り宣言」をするかき手はわかってるんだろうか? と思う。

そんな、自分の神がワンチャン喜んでくれる(かも知れない)以外には読み手にとって何のメリットもない感想を、無償で書いて寄越せっていうのは、普通に考えて割に合わない話だとは思わないか? それこそ「愛がなきゃできない」ことだ。

  

割に合わないと言えば、送る以前の問題で、多くの人は「感想を書く」段階で物凄いハードルがあるんだということも、かき手は理解しておいた方がいいと思う。

漫画にせよ小説にせよ、同人作家は「表現する」ことに慣れているから、感想を書くくらい何てことはないかも知れない。だが、多くの読み専門の人はどうやらそうじゃないと聞く。「いい……」「神……」「萌え……」「やばい……」だけでもよいとかき手は言うが、そんなつまんねぇ言葉を己の神にかけられるか? というのは、神を神と崇める多くの読み手普遍的な悩みではないだろうか。いや無理だわ。神には祝詞を捧げなきゃと思うだろ。

ところがそれで「語彙力がなくて悔しい、申し訳ないです」の言葉が出てくるならまだ語彙力がある方で、感想って、どんなに感動してたって書けない人には本当に書けないんです。マジで

まり、「感想を送れない・書けないからと言って、感想が『何もない』訳ではない」場合も往々にしてあるということ。そこを、かき手はわかっておく必要がある。

愛があってもできないことはあるんよ……。鳥じゃない私に空は飛べないし、身体を揺すっても鈴みたいな綺麗な音は出ないの。(突然のみすゞ)

  

感想はほぼ好意100%ボランティアで、ましてや「義務」でなどある訳がない。加えてしたためるにはかなりの時間と労力がかかる。だから、「感想は貰えて当たり前のものじゃない」「むしろ来ないことの方が普通」。

  

というかまず、感想が来ないから筆を折るという人は、本当に自分とその作品感想を貰うに値すると思っているんだろうか? 感想を貰えるだけの、全ての努力手段を尽くしたんだろうか?

まずは作品の出来。巧拙という話ではなく(それもあるけど)、そのジャンルやカプでウケる作風と内容か? どんなに上手くても、シリアスがウケないジャンルシリアス絶望的に読まれないし、萌え絵がウケるジャンル劇画風は評価されない。そういう、読み手ニーズは掴めてますか?

そもそもの話、あなたジャンルやカプに人はいますか? 斜陽ジャンルマイナーカプでかいてたって、感想はおろかまず読まれ確率からして低いんだけどそこのところはご承知でしょうか? あと、界隈が感想を頻繁に送るような雰囲気かどうかも結構関係しているよ?(マイナーゆえに感想が盛んとかいう界隈もあります

感想が欲しいことは主張していますか? 絡みやすそうな雰囲気ツイッターで醸していますか? 鬱ツイートばっかしてる奴に絡もうとはなかなか思わないからな? 交流してると義理だとしてもお友達から感想いただけるようになるけど、来る者拒まず的な交流してます? 感想を送りやす匿名ツールはわかりやすいところに置いてる? 毒マシュには一応気をつけような?

  

感想欲しけりゃジャンル移動しろとか、媚びたものをかけとか言いたい訳じゃありません。のであしからず

そういう作風ジャンルやカプ、作家としての芸風(?)で活動しているなら、感想が貰えないのもやむを得ないと自覚しような? そこんとこわかっておこうな? と思うんです。という話です。

  

そうやって、かき手としての自分の身の程も弁えず、感想をくださる読み手さんの事情や心境も酌まずに、「感想が貰えないので心が折れた。筆折ります」と言う人は、申し訳ないけど、じゃあ折れば? って感じ。(過激派

  

私は、同人即売会に「お客様はいない、かき手(サークル)も読み手一般)も等しく「参加者である、という話がとても好きです。

かき手と読み手は対等な立場読み手がかき手を神と崇めるなら、私は読み手さんにも神読者はいると思う。感想をくださる人。言葉はなくとも毎回本を手に取ってくださる人。オン作品ブクマいいねをしてくださる人。ていうかまず読んでくださる人。それだけで神!

感想をいただけることは普通じゃないんですよ。めちゃめちゃレアケースなんですよ。神と崇めてくださる方こそ類稀なる神なんだよ!

  

あと、とばっちり的な関連の話題として、「感想は送れ。ぜひとも送れ、絶対に送れ」みたいな最近の風潮もあまり好きではない。

さっきも言ったけど、感想を書くのって凄く労力と時間がかかるものから。そりゃかき手としては、貰えたら嬉しいけど、読み手さんの大切な生活必要以上に削ってまで欲しいとは思わない。申し訳なさ過ぎる。

感想は、熱い思いが溢れて書けちゃったならぜひ送ればいいと思うけど、義務でも何でもないし、同人誌と同じで「書きたければ書く、送りたければ送る」でいいと思うんだよな。

感想は書くべきムード、息苦しい。

  

感想は、送るも送らぬも自由

受け取るも受け取らぬも自由

内容も自由、それを読んでどう思うかも自由

それで折れるような心と筆ならそこまでの話。どーぞどーぞ折れてください。

  

というのは、実はでも、半分は自戒です。

日新刊を出したんだけど、前と比べてサンプルのブクマは伸びないし、頻繁に感想をくださってた神読者さんも今回はまだ何もくださってないし……で、あーこれはやっちゃったパターンかな……もう書くのやめよっかな……と図々しくも凹んでしまったので。

てめぇはそんな、感想貰えて当たり前みたいなタマかよ!? 身の程を知れ身の程を! とセルフ往復ビンタのつもりで書きました。あーすっきりしたぁ。

  

って、今更「感想来ない 筆を折る」でググったら、似たようなブログ記事とか色々出てきて、こんなん私が書くまでもなかったか……って思いました。まる。

  

言いたいこと言ったらすっきりしたって、マジう〇こじゃん。

だし、めっちゃ長いな!? 読んでくれた人ありがとう感想はどうぞご無用にてお願いいたします。

2021-05-14

就活終えるから振り返る

 とりあえず第一志望だけどろくろ業界研究もしてないし職種が合ってるかも分からん

 あちこちにある適職診断みたいなやつやっておけば良かったなって思う どうせクリエイター向きって出そうだけど

 今は内定ブルーってやつに陥ってると思う 今更新しくエントリーなんて出来ない(時期的にも気持ち的にも)けど職種にも勤務地にも自信がなくなってきている

 さて就活の話

 大学知名度ゼロ偏差値は高くもなく低いってほどでもない

 SPI系は一切対策しなかったけど試験落ちはゼロ そこまで成績が良い方でもないので職種か?

 性格診断系は若干の見栄と嘘は必要じゃない?

 しか性格診断は答えに困る質問たまにある 友達にどう言われるとか そんな話せんわみたいな

 説明会結構参加したけどそのままエントリー忘れてることが多すぎて実際エントリーできたの10もないと思う 愚か!

 履歴書手書き ユーキャンボールペン字講座やってて良かったとこれほど思ったことはない 実際手書き書類落ちはゼロ

 アホなので送付状を便箋ではなくただの白い紙で送ってしまったが特に問題はなかったと思う 封筒も茶封筒問題ないのでは

 大したエピソードが捻り出せる人生でもなかったが趣味はまあまあ長いこと続けてたのでそれを書いた 微妙希望職種と擦ってて良かった というより無理やりこういうところが活かせると思います!って近づけた

 志望度が高い企業は当然早く申し込むが、すると面接慣れゼロで立ち向かう羽目になる これは罠 一次面接で通るようになったのは3回目以降(特に受け答えの内容は変化してない) この辺からあんまり緊張しなくなる

 目を大きく開き口角を上げハキハキ喋る これは本当に訓練で誰でも出来る ただし数ヶ月を要することもある 昔齧ってて良かった

 にこやかに自信を持って 声をでかめ

 ジェスチャーもあるといいと言われるが元々ジェスチャー過剰なタイプだったのでむしろ手を落ち着けておくのに苦労した

 相手の相槌は期待せずに質問されたら用意した答えを丸ごとぶつけること 相槌前提で話してると言いたいこと言いそびれる

 「大丈夫ですか?」「はい!」ではなくはいで答えられる質問でも何かしら付け足す

 逆質問が本当に困る 本当に聞きたいことは聞いてはいけないって何?

 企業ホームページ死ぬほど読み、書かれていないことの粗捜し

 よく言われる役員になるには~ご活躍のコツは~みたいな質問は心底興味なかったのでしなかった

 実際余裕のある人はここで企業の様子を探るべきなんだろうけど前述の通り持ち駒が極端に少なかったのであまり踏み込めず

 オンライン面接って本当に楽 出向かなくていいか時間交通費もお得

 その分対面マナーが疎かになってて初の対面の時は焦った でもまあ一般常識範囲対応して問題なし

 対面の時の10分前に来社みたいなマナーどうやって時間潰せばいいんだろうな 一般道で佇む不審就活生になってしまったんだが トイレとかも困るし

 圧迫っぽいのは1回だけあった クソムカついた

 就活用のノート1冊使いきるつもりだったけどまあまあ余った 困ったな もう見返したくもないし

2021-03-09

手紙を書くのに没頭する5歳児

5歳になる娘はここ1か月、手紙を書くことに没頭している。食事youtubeを見る以外はすべて手紙をしたためることに時間を費やしている。

手紙の送り先は幼稚園クラスメイト先生、同じマンション友達習い事友達先生祖父母祖父母の飼っている猫、最近は炭次郎やねずこにも書いている。

最初折り紙の裏に書いていたが、それがA4コピー紙になり、今は100均で見つけたお気に入り便箋に書いている。

幼稚園運動会でもらった鉛筆を使って今日の出来事空想世界相手への思いなどを幼い文体でつづっている。

字や内容は年相応のものだが彼女文字というコミュニケーションツールを使って自分の考えや気持ち表現するのが大好きなんだろう。

彼女言葉をしゃべるのが人より遅かったし、今でも苦手だ。口頭で私と話すとき彼女の姿は英語会議をしているときの私を連想させる。

その彼女が見つけた気持ちのいいコミュニケーションツール手紙だ。自分の想いや考えを自分のペースで考え表現する。

手紙というツールを使うまでは彼女はヒトに自分気持ちを伝え、共感してもらえることの喜びを十分に感じられなかったのかもしれない。本当に親として申し訳ない。

だが彼女は得たのだ。自分なりの表現方法を。親としてはこの技能を伸ばして将来は、なんて考えていない。別に将来のことなんてどうだっていい。

いまこの瞬間彼女が考えていることを書きたいことを書いてほしい。そう思いながら私は彼女が書き損じた紙をきれいに伸ばして日付を入れスキャンする。

彼女が書き物にぼっとするように私も彼女成果物を保存していく。彼女と比べなんと非生産的か。しかしこれが楽しいのだ。

彼女の成長していく姿を実感することが私の一番の楽しみなのだ

2021-03-04

anond:20210304111534

 ほぼ毎月!? そんなに頻繁にやってたとは知らなかった。私はうっかり母と行っちゃった一回こっきりしか行けなかった。中学生から大人まで幅広い年齢層の人達がいて、同人誌ほとんどコピー本で、グッズはグラデ便箋ラミカ、縫製してない布を身体に巻き付けただけのようなコスプレとか、ハンドメイド感すごくて自分にも背伸びすれば手が届きそうな間口の広そうな世界ですっげー! 私もやってみたい! ってなった。親同伴とかメンタルチキン過ぎて、友達にはハブられてしまったけど……。

2021-01-24

手紙書けました

文字通り生きることが死ぬほどしんどくなってここで吐き出したことがある。書いてる間に自分なりに気持ちの落とし所を見つけ死なずに済んだ。ただ凄い文字数になった。文章を書くことが苦手な私にとっては史上最長だ。若干引いた。

こんな素人の書いたじめじめとした長文なんて誰も読まないと思った。私なら絶対に読まない。けれど誰に向けて書いたものでもなかったので構わず投稿することにした。暇で暇で仕方なのない誰かが1人でも読んでくれたら良かった。

結果ブクマは100を超えた。驚いた。反応はタイトルしか読んでいないと思われるもの茶化すような内容も多々あったけれど、匿名しか吐き出せない自分の暗部ないし恥部他人が雑に受け流し笑ってくれることは痛快だった。クソみたいな自分のこれまでの人生を多少なりエンタメ昇華できた気がした。

予想に反して全て読んでくれた人も少なからずいた。陰気な自語りにほかならない代物を創作と受け取る人もいてこれも面白かった。

そして文章が好きだと言ってくれた人が何人かいた、これには非常に驚いた。死にたい死にたいと喚く人間に対する慰めなのかもしれないけれど、それでも人に褒められた経験の少ない私にとってその言葉は小さな喜びだった。最も苦手としていた文章を書くという行為肯定してもらえたことは自信となった。感謝している。

それ以来人に文字で想いを伝えられるようになった、あれ程書けなかったファンレターもついに出すことができた。

生で観た舞台感想便箋に綴って投函できた時は嬉しかった。馬鹿だと思われるかもしれないけれど涙が出るほど嬉しかった。100均ではない店で買った綺麗な青色封筒宛名を書いてスティック糊で丁寧に封をした。それをスマホ撮影してしばらく眺めた。

自分気持ちを形にできた喜び、それを大好きな推しに伝えられる喜び(読まれるか分からないけど)、そして何より普通のことを普通にできた喜びが込み上げた。薄々気付いてはいたのだけれど、私は多分人が普通に出来ることが普通にできない、これが自分の生き辛さの全ての原因なのだと思う。

それをひとつ乗り越えることが出来た。大好きな人手紙を書くことができた、投函することができた。私はずっと人に手紙で想いを伝えられる人たちが羨ましかった。妬ましさを覚えるほど羨ましかった。羨ましくて羨ましくて仕方なかったのだ。けれどそれができた、夢が叶った。

からあの時コメントをくれた増田たちには本当に感謝している。

手紙、書けました。調子に乗らせてくれてありがとう、生きることが少し楽しくなりました。

2021-01-23

おもいでのはなし

中学生の頃さぁ、いろんなクラス学級崩壊しとって、とある新人若い女先生いじめられて休みがちになっとったんよ。

家庭の事情不登校気味やったわいはその事情をあまり知らんで、たまたま先生廊下ですれ違ったとき、オモムロに「先生の車かっこいいなぁ!」って言ってしまったんよ。

先生は当時セリカ(5代目やったかな)乗ってて実際かっこよかったんよ。

なんでか知らんけど、すれ違ったとき咄嗟にそのこと伝えてしまったんよ。

先生はよく知らない奴に話しかけられたことにビックリしたのか、今終えば、イヤなこと言われると思って身構えたのか一瞬ビクッとしてたけど、すぐに少しニコッと笑って「ほんとー?」と返してくれたんよ。

先生と交わした会話はそれだけなんよ。

その1ヶ月後くらいに、とうとう先生学校にぜんぜん来られなくなって、やめてしまったんよ。

噂では鬱病だとかで、学校に来ると吐いたり倒れたりしてしまうらしい。

それから1年くらいたって、わいが高校入学するとき、わい宛に手紙が届いたんよ。

封筒に入った手紙貰うのなんて初めてだったんよ。

差出人はあの先生だったんよ。

きれいな字で、便箋3枚くらいに、あのときわいに声をかけられてどれだけ嬉しかたか、どれだけ励みになったか書いてたんよ。

わいは正直、えっ?たったあの1言だけで?あんなどーでもいい内容で?と不思議やったし戸惑ったんよ。 

から返事の手紙も、お世話になりましたとか高校がんばりますとか、そんなぼんやりした内容しか書けなかったんよ。

そのあとも年賀状くらいはやりとりしてたけど、だんだんとぎれとぎれになって、今はなにもやり取りがなくなった。

あのとき、どんな返事を書けば良かったんかなぁ。

いまでもわからんわ。

街中でかっこいいクルマ見かけて思い出したんよ。

最近ボケてきて物忘れはげしいから忘れんように書いておくわ。

2021-01-17

1/16

いとこに絶縁状を書こうとしたんだけど、便箋ムーミンしかないのと、ポストまで行くのが面倒すぎて親に言伝を頼んでおいた。親もラインブロックしたのでこれから何かあれば手紙を送ってもらうようにする。

睡眠薬を3日分飲んでも少しの時間しか眠れない。いちおうODになるので水をたくさん飲んでたくさんトイレに行った。

親の期待に応えようとして自分自身自分虐待して鬱になったという漫画を読んで、なるほどこういうこともあるのかと思った。わたしは本当は出世欲なんてないけど、家族やかつての同級生に「今何してる?」と聞かれた時に絶対負けたくなかっただけなんだ。家族やかつての同級生たちと縁を切ってしまえば、楽になって、本当にやりたいことが見えてくるのかもしれない。

とにかくすごく疲れたけど、家族との縁が切れて本当にすっきりした。大変な日だった。

朝はほうれんそうを乗せたパン、昼は抜き、夜はキムチ鍋

また後で他のことを思い出して、書きたくなったら書こう。

2020-12-26

純正レターセットで四つ折りにさせる意味

レターセットを買ったら大概は便箋二つ折りで封筒に入るサイズだと思うやん?

今日使ったレターセットは封筒四つ折りにしないと入らなかったよ……

枚数たくさん書いたのに四つ折りにしないといけなくなったからゴツい手紙になったよ……

大きめの別の封筒に入れようかと思ったけどもうすでに封筒宛名書いてたからそのままペアで使ったよ

平成一桁生まれの私が小学生ときに買った古いレターセットだったから色々と洗練されてなかったわ

平成初期の文房具ってこんなもんか

2020-12-13

フェニミスト協会グローバル本部という宗教法人バイトをはじめてから2週間くらいたつ。仕事内容はそんなに難しくなくて、書類の整理が多い。PCを使うのは会員名簿を見て発送作業をするときくらいで、あとは古い書類仕分けをすることが多い。

30年以上経った古い書類個人情報に気をつけてシュレッダーにかける作業を先週はしていた。埃だらけのドキュメントボックスにはやたらと古い手紙が入っている。昔は団体会報人生相談みたいなコーナーがあったらしく、そのときに会員から本部に寄せられた手紙らしい。

ほとんどの便箋にはホッチキスで別の紙がついている。同じ人の筆跡で、かすれた青い文字で書いてある。見たことはないけど、これはたぶんカーボン用紙でとった昔のコピーなのだと思う。相談員代表(?)が相談に答えた手紙オリジナルは箱の中に入っていない。たぶん印刷のために写植に回ったのかもしれない。

手紙はたくさんあったので全部は内容を覚えていないけれど、廃棄後もまばらに記憶に残っているやつがある。たとえば、1983年12月付で、20代女性らしい人から来た手紙だ。80年代っぽい丸文字で書いてある。

親愛なる総長

いつも陽の光のような愛につらぬかれて生きていきたいと思っているのですが、最近は心に思い悩むことばかりが多く、また、ちょっとビロウお話ですけれど、おトイレにばかり行きたくなるんです。それで、大きいほうがたくさん出てしまうのです。気にしていると余計、一日に何度も行きたくなってしまます。まるで私、大きい方を作り出すだけの機械になったような気がして、苦しい思いです。気にせずに過ごす方法はないものかとますます思い悩むばかりです。

別紙で回答(?)がついていた。


迷えるフェニミの子

お腹毎日張って苦しいことでしょう。また、みずからの「思いなし」に囚われていることも同様に苦しいものです。そのようなときにはなによりも、つねに私達とともにある唯一神フェニミの教えを思い出すことをお勧めしたいと思います。すべては太陽の如き神の愛に貫かれ、フェニミの意志によって設計されているのです。種から芽を出し、天に向かって伸びる花は、神の意志に沿って作られた機械なのです。あなたもまたその機械の一部であり、巡り巡る物質摂取し、産み出すべきものを産み出す機械なのです。あなたは大きいものを産み出す機械であり、子を産む機械であることに気づくでしょう。神の意志に沿って、神の愛を感じて生きるとは、機械の動きのままに生きることなのです。そうすればおのずから心も安らかになってくることでしょう。毎日しっかり食べ、しっかり寝て、どんどん産み出していきましょう。

2020-12-07

センスがない、ということの罪

自分がメインにしているカプに、とても精力的に活動している人がいる。仮にAとしよう。Aの個人誌は分厚いし、Twitterにも作品を頻繁に上げたりしている。

それだけではなく、Aは企画をするのが好きで、20人以上参加する合同誌やアンソロ、カプのウェブオンリーとかも主催している。リアルでのプチオンリーもやりたいんだと。

この界隈はそんなに規模が大きいわけでもなく、そういう全体を巻き込んだ企画をやる人は他にいない。そうして界隈を盛り上げてくれるような企画をやってくれるのは、それだけで見れば確かにありがたいことなんだと思うんだけど。

ここで、タイトルが効いてくる。壊滅的に、ないのだ。センスが。

合同誌、神絵師が手がけた表紙絵はいいがそこに載るタイトルダサい。中のメニューとか後書きとか、そこで使っているフォントデザイン優先なのか可読性が低くて情報が入ってこない。ウェブオンリーサイト、これもダサいバナーに使っているイラストはお友達に描いてもらったみたいでそれは可愛いんだけれど古の同人便箋よろしくな背景グラデもダサければロゴも合ってなくてダサい。とらにウェブオンリー申請したそうだけどそこに送ったバナー解像度が低かったのかジャギっていた。令和の時代にそんなもの見ることになるとは。しかも自カプのウェブオンリーで。そしてサイト自体もとても見にくい。#444ぐらいの微妙なグレーに白文字、というデザイン問題だけではなく、参加要領とか当日の企画とか、説明文章そもそもわかりにくい。参加者への連絡も、何をしていいのかわかりにくかったり要望が多かったり。

さっきからダサいしか言ってなくて文章だとやっかみにしか聞こえないと思うが、本当にダサいのだ。自カプのオンリーがこれだと思うと悲しくなってくる。逆カプ(地雷)のオンリーや別カプ(地雷)のオンリーロゴがオシャレでサイトも見やすくて羨ましくなってしまう。デザインって愛だと個人的に思っているから、この企画主催さんは本当にカプのことが好きだし、参加する人に対しても誠意を持ってるんだな、って思ってしまう。翻って、自カプ。自分の色眼鏡なんじゃないかと別ジャンル友達に聞いてみたりもした。結果、意味はなかったけれど。

じゃあお前がデザインすれば?と言われもするだろう。そりゃしていいならするわ。頑張るわ。でもA、自分センスを疑うということをしないし、外にデザインを頼むということもしない。企画遂行することをなんだか生き甲斐にしているようで、何でも自分でやりたがって人に頼まない。頼まれてもいないのに「デザインやりますよ!」と言える程の関係性でもなければ図々しさもない。

じゃあお前が企画すれば?と言われもするだろう。いやでもこんだけ頻繁に企画立ち上げられていつやる隙があるの?と思う。Aは「他にやってくれる人がいればな~」的なことを言っていたそうだがこんな頻度で企画されたらなかなか他の人は手を挙げづらいし当てつけのようにもなるし参加する方も大変だ。普通即売会だってあるし。

最近この界隈も人が減ってきた。閉鎖的なのが原因だと思うけど、それをAは嘆いているらしい。でも、この界隈を「村」みたいにして「村長」やってるAがそれを嘆くのはなんだか愉快だな、と思う。自然(自カプそのもの)の魅力しかない村は過疎っていくよね、やっぱり。しかも閉鎖的なら尚更だ。

センスがないことは、それ自体は罪じゃない。自分創作だったら自分センスで好きにしたらいいと思う。

でも、他人や界隈を巻き込むなら話は違ってくる。オンリーアンソロは言わばそのカプの「顔」のようなもので、界隈の外から見た時に「このカプってこうなんだな」と思われてしまものから純粋にかっこわるい。それがしんどい

きっと今度やる企画もそうなんだろうな。企画生き甲斐っていうけど、自カプ利用しないでくれよ~~~~と思ってしまった。自分創作生き甲斐にしてくれ、頼む。

いやもうほんとにダサいだって!見てもらえるもんなら見てもらいたいレベルダサいだって!!(泣)

追記

そいつのせいで界隈を去った人も何人もいるし一番の推し作家が去ろうとしてるから本当に癌。

2020-11-05

あまった封筒どうする問題

TKIMKさんの一番最初販売されたデザインピンクガーリーレターセットを持ってるんだけど(廃盤)

便箋を使いきり、封筒が四枚余っている…TKIMKさんデザインバレエレターパッドに手紙を書いて代用してるんだけど、大きさがあってないので便箋を四つ折りにしていれてる。

なんか申し訳ないなーでもこうしたらTKIMKさんピンクコスメ柄の封筒バレエシューズチュチュ便箋で柄や色合いは合ってるんだ。

かわいい封筒を使いきりたい…封筒を切ってリメイクして一回り大きい封筒を作れる工作技術が私にあれば良かったのに

最近、YYUさんのレターセットを買ったのだが便箋8枚、封筒4枚のセットで試しに使ってみたら

1通の手紙に5枚の便箋を消費して封筒が余る未来が見えた。

YYUさんのレターセットは池袋東急ハンズで買ったのだが、インターネットで買うと便箋を多目にして買うことができる。でも封筒が必ずついてくる…封筒はもういらないのに……

かわいい封筒から使いきりたいのに

どうすればいいの

それぞれの封筒にあった色がついた無地の便箋を買おうかと思ったけど封筒がド派手なのに中の便箋が地味だとなんか物足りない

あまった封筒処分してしまうのももったいない

この間友達お金を渡す機会があったんで余った手紙封筒を渡そう!と張り切って封筒をチェックしたのだがあくま手紙を入れるための封筒お金を入れることを想定していないものから色んな意味全然あわなくて普通事務的な長封筒お金を入れて渡しました。

何かを他人に渡す機会に余ったレターセットの封筒を入れるっていうアイデアあるけど、札を折ることになるし、なんかアンバランスな組み合わせが嫌で私には受けいられなかった

余った手紙封筒はみんなどうしてますか?

2020-09-23

実家同人便箋を使いきってやりたかった

昔の私は小学生とき手紙を書くピークを迎えて、中学生20代前半までは手紙との接点が少ない生活だった。

アラサーときから手紙を書く習慣ができた

最近文通も始めて、今現在人生もっともたくさん、頻繁に手紙を書いている

結婚して家を出た。実家自分の部屋にあった紙ものを整理した

アニメ漫画好きなオタクだったからそういうオタクグッズがたくさんあり、ポストカード同人便箋処分してしまった

アンパンマンポストカードはちいさい子にあげた

あのとき処分をしていた私にはポストカードやら同人便箋やらの使い道が思い浮かばなかった

しかし、今の私なら、今までの人生で一番手紙を書いている今の私ならあのポストカード同人便箋たちを使えたかもしれないのに

同人便箋OK文通相手を探しだして文通とかやってたり、オリジナルキャラ同人便箋とかならファンレターに使ったりだとか

色々と使えてたかもしれないのに

オタクグッズとかほしい人に譲れたかもしれないのに

本来与えられた役目を果たせずゴミ箱行きになったものたちの無念さを考えると悲しい本当に

あぁぁ……

今の私は知り合いに手紙出すしファンレターたくさん書くし文通もやってるし

存在手紙魔に近いんだ

今の私ならあの同人便箋たちに本来役割を果たさせることができたかもしれないのに

実家から見つかった子供ときに買ったレターセットを今ほそぼそと使ってる(もちろん目上の人には使ってないよ。)

小学生とき自分がわくわくしながら買ったときの思いを大人の私が昇華しているようで、役目を果たしている昔のレターセットを見ていると気持ちがいいんだよね。自己満足だけど

同人便箋たちには申し訳ないことをした。

なんていうか、トイ・ストーリー子供が昔買ったおもちゃを成長するともう必要としなくなるみたいな切ないシーンあるけど

文房具はね…よほど状態が悪くなければ大人になっても使えるから

同人便箋文通たかったなぁ…

2020-09-20

ファンレターを渡せなかった

今日同人イベントで用意しておいたファンレターを渡せなかった。

直前でビビってしまった。

大好きな小説作家さんに宛てた便箋4枚とファンイラスト1枚。私は文才が無いから。数日前から何度も推敲して書いた。本当に大好きだったから、その気持ちを伝えたい一心だった。零細ジャンルから余計に気持ちがこもった。

でも私は同人活動をしている訳でもなく、名乗る名はないし、絵も下手。ツイッターすらしてない。

いきなりただの読者である赤の他人が「あなたファンです」と言って長文の感想と奇妙な絵を渡すのは、なんだか凄く不気味なんじゃないかと思えた。

実際に作家さんを目の前にすると色んな考えが頭の中をグルグルして、結局本を受け取るときありがとうございます…を絞り出すのが精一杯だった。

私はその人の書く小説特別に大好きだったのに。

せめてどうして、本を受け取るときそう言えなかったんだろう。後悔してやまない。

2020-09-15

自殺しようとしたのに踏みとどまった話

こんにちは。私は某県内の専門学生である

この度は、私が道具を揃えてまで自殺を試みたもののなんと今まで生きてしまってる話を簡潔に書こうと思う。

最初に警告しておくことがある。この記事には人並みなことしか書いていない。あなたにとって気休めになるかもしれないし、余計に腹立たしくなったり、「綺麗事だ」と鼻で笑う記事になるかもしれない。あなたがこの記事を見て、どう思っても私には責任は取れない。それは、私があなたと同じ人間でも、あなたわたしで人が違うからである

実際に起きてからそれ程時が経っていないので、もちろんフェイクマシマである学校県内ですらない。

まず、私は度重なる世の中の理不尽や、何をしても上手くいかない自分絶望している。これは今でも変わらない。

なぜそんな思いをしてるかは、適当に綴っていく。興味が無い人は、何となく記号が羅列しているところまで飛ばすと良い。

課題も出来なければテスト対策も上手くいかない。

やりたくないし、理解も出来ない。

筆記試験対策(SPIと呼ばれているようで、要は計算が速くなるように鍛えなければいけないもの)なんて目も当てられない。

中学高校バカなままギリギリライン卒業した私には苦行以外の何物でもなかった。

実技も酷いもので、文字通り落ちこぼれのまま前期を過ごしてきた。

そんな中、担任教師が考えたチームメンバー課題をこなし、それを発表する機会があった。

今まで学んできたことを必死に駆使し、元からサボり癖とも懸命に付き合い、自分なりに本気を出した。

それでも失敗した。私よりもっと大変な立場の他メンバーに私の負担を追わせてしまった。

それが申し訳なくて、自分の不甲斐なさが憎くて、私は発表が終わった途端に泣いてしまった。

そして、この後のことはあまり詳しく語れないが、そんな私に追い打ちがクリーンヒットしたのだ。

ここまでが、私のきっかである

読んでくださった方はありがとうございます

読み飛ばした方もこの先を読んでくれるのですからありがとうございます

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

まだまだ未成年の私だが、生きてきた中で一番の絶望だったのではないかと思う。

もう全てが憎かった。教師も、親も、友人も嫌いになった。

通学路にある川に身を投げようかとか、終電まで時間を潰してそこで死のうかとか、とにかく死ぬことを考えた。

しかし、人に迷惑をかけてはいけない。元から人に気を使いすぎる性格である故、ここでも何故かそこだけは脳が働きたすかった。しかしここからの考えが愚かだった。

頑丈な縄やベルトを持って、樹海死ぬべきである。もしくは自室で死ぬべきである

そう思った私は、何を思ったかまずは残される人達に少しでも呪いをかけたくて、遺書のようなものを書いた。

好きな曲をランダム再生して、紙の端に「Playing:曲の名前(アーティスト)」なんて書いていた。どこまで風評被害を広めたかったのだろうか。

百均に売ってるルーズリーフに、100円以下の青インクボールペンで「ありがとう」とか、「大好きだよ」とか「ごめんね」なんて書いたが、用紙を追加するに重ねて

「死にたくない」「でもこれでやっと皆と会わずに済む」「嫌いで嫌いで気が狂いそう」なんて呪詛に早変わりしたのだ。

本当に、書いてるうちに自分が何を思っているのかわかってくる気がするのだ。

私は、死ぬしかないなんて思ったが、本当は死にたくないのだ。

そして本当に死にたい人は、こんな記事を見てくれないのだ。

そのまま、何も残さずに消えてしまう。

考え直す余地もなく、一直線に死を迎える。

そういう人はもう誰にも救えないのである。例えその人の母でも、好きな人でも、絶対に救えないのだ。もし救えたのなら、その人は「もう遅い」時期には達していないのである

人間は考えることを辞めると死ぬことを躊躇わなくなるのだと、思う。

この記事を見てる人は、まだ考える余地がある。

あなた自殺を考えているということは、なにか理由があるのだと思う。

それはもうどうしようもないことかもしれないし、まだ手の打ちようがある事態かもしれない。

それを私に推し量ったり、どうにかしたりすることは出来ない。

から私が言えることだけを伝えておく。

まず、どんな手を使ってでも1500円貯めよう。

まずは500円玉を握って、百均に行こう。

あなたの好きな用紙や便箋と、好きなペンを買おう。

私はダ〇ソーで万年筆を買った。ルーズリーフはもとから学校で使うために買っているものだ。

そして、家に帰ったら遺書を書こう。

遺書と言っても、手順を踏む必要がある。

まず、とにかく自分に関わった人の名前を書いて、感謝の念を伝えたり、先に死ぬことを詫びよう。

ペットでもいい、数年前に別れた恋人でも、嫌いな担任にも嘘でいいから「ありがとうございます」と書こう。

そして2枚目から、本当の自分気持ちを書こう。

憎い家族、上辺でしか付き合ってない友人、いいように使ってくるバイト先、話を聞いてくれない担任呪詛を吐くのだ。

「これがメディアに出た時、痛手を受けるだろうなぁ」と思いながら思いを込めてペンを持つのだ。

次第に、「なぜそんなヤツらのために自分が死ななくてはいけないのか」と考えるようになってきたら、もう少しである

もしここでそう思えなかったら、非常に悲しいことだが私にはあなたを救えない。時間無駄にさせてしま申し訳ない。

「なぜ死ぬのか」を、「死にたくない」に変換出来ないだろうか。

だって、本当に何故あなたが退かなくてはいけないのか、私にはわからない。

あなたボロボロ身体と心に鞭を打ち戦う義務があるかも私にはわからない。

本当はそんなことはないのではないだろうか。

そう思えたら、もうあとは残りの1000円で近くのコンビニスーパー自分の好きな飲み物食べ物を買おう。上手くいくと、少し贅沢しても7品くらい買える。

帰ってきたら、それを飲み、食べながらもう一度遺書を見よう。

闘志のようなものが湧いてこないだろうか。湧いてこないようなら、もう1000円追加して、ガ〇トの一番高いパフェを食べて見てほしい。決して回し者ではない。

闘志が湧いてきたら、まずは休もう。

学校しろ会社しろ、居なくても良いが、ベストなのはあなたの信頼出来る人と一緒に電話をかけることだ。

あなたが苦しい思いをしたことを伝えて欲しい。

それをわかってくれたら、あとはその人の指示に従って適度な休息をとることであなたは救われると思う。

問題なのはあなたの苦しさを理解できないバカでクソでゴミカス人種である

うそいつらは救いようがないバカである死ぬべきはそいつである

もうこうなってしまった以上、非常に癪だがあなたも同じ土俵に立つと勝負ができる。

無断欠勤である

学校会社遺書を送り付けたり、拠点の前にばらまいたりして、できる限り遠くへ出掛けよう。

電車で2時間以上が良い。そこで時間を潰し、のんびり帰ろう。

帰る頃には大騒ぎになっているはずである。なっていなかったらもうダメだ、それも私には救えない。



長々と書いてしまったが、とにかく贅沢をして闘志を沸かし、それを糧に敵に思い知らせてやることである

あいつらは人の命をなんだと思っているのであろうか。あなたのたったひとつの命で倒産する恐れもあるのに、何をのほほんとしているのだろうか。

あなたの苦しみをなんだと思っているのだろうか。

それを解らせてやってほしい。

私は、戦う人も戦えない人も、戦う気がない人も全て応援します。

こんな私の長ったらしい文章最後まで読んでくれたあなたには、まだ生きてほしいと思います

見てくれてありがとうございます

あなた生活に余裕が生まれますように。

あなたがこの記事のことを忘れて、日常の苦しみを何となく「まぁいいか」で済ませられる程、豊かに暮らせますように。

2020-09-05

anond:20200905164359

自分の為に使う」でもいいなら、ちょっとした日記代わりとか、いわゆる幸せ貯金とか用に使ってもいいか

便箋とかメッセージカードとか好みのやつ見つけるとテンション上がるよね

一筆箋について

一筆箋という存在を知ったきっかけはむらかみかずこさんである

むらかみかずこさんのことを私は勝手に「手紙神様」と呼んでいる。

短いちいさな便箋 気軽に使えるお手紙として一筆箋は魅力的に見えて、さっそく文房具屋で一筆箋を買った私であるが、未だに一筆箋を一冊も使いきれていない

レターセットやレターパッドはいくつか使いきったことがあるのに一筆箋は枚数が多い上に(お得で良いのだが)私の生活では出番が少ないので、なかなか使いきれない

から、たまに一筆箋を使ったとき快感半端ない。絵柄が私のお気に入りのため、やっぱりこれ買って良かったなぁと実感する。

山ほど持っているレターセットやレターパッドに比べて、一筆箋は三冊しか持ってないのにこの一筆箋たちは一生分かもしれないと思って大事に使っている。

それにしても出番が少なすぎる。一筆箋のスペース程度の文章他人に郵送するならはがきで良いということに気づいてしまったし。

一筆箋は私にとって何かもの他人に送るときの添え状としてしか出番がないため、使用頻度が少ないんだ。

お店で素敵な一筆箋を見ると買いたくなってしまうけど死蔵するのは悲しすぎるから買えない

今ある一筆箋を早く使いきって新しいものを物色したい気持ちがむくむくと

一筆箋をたくさん消費してる人がうらやましい

2020-08-31

8月31日

8月の終わりが近づくたびに思い出すことがある

8月31日の朝、ラジオ体操が終わった後に近所の団地の公園に行くとあの子がいる

違うクラス同級生で、笑うと黒目がちになる女の子

普段は話すことも遊ぶこともないけど、いつのから8月31日だけは朝から日が沈むまで二人で遊んだ

近所の駄菓子屋に行ったり、公園の生ぬるい水道で足を冷やしたり、別の公園の滑り台を滑ったりしているうちに

さっきまでは焦がすほど熱かった風が涼しくなり、公園の灯がともり始めるころには、団地の公園に夕餉の匂いが漂い始める

二人で並んでブランコに座って、何を話すでもなく、ただゆっくりと揺れるブランコの上で8月31日が終わることを惜しむ

の子ブランコを降り前に立ち、黒目がちの笑顔で「じゃあね」と言う

続いてブランコを降りながら「うん、またね」と小さく応える

走って帰って行くあの子背中を見ながら、また来年かなと帰路についた

次の日、2学期が始まった学校へ行き、廊下の突き当たりにあるあの子クラスの前を不自然に行き来する

覗き見た教室に姿を見つけられず、どうやら今日はいないようだと戻る廊下で「えみちゃん引っ越したんだってね」と話す声が聞こえた

直感的にあの子だと気づき、初めて知った名前のあの子引っ越したことを知る

どこへ引っ越したのかも、そもそも団地の子だったのかも知らないが、もう会えないと思うと悲しくなった

9月中旬長野県安曇野から手紙が届く

の子からだった

けろけろけろっぴ便箋には、引っ越しの日、最後にどうしても遊びたかったと書いてあった

出発を夜にして欲しいとおかあさんに頼んで、友達見送りもないまま長野へ出発したそうだった

知らない土地から届いた手紙には期待したような言葉はなく、なんて返事を書けばいいのかわからないまま、机の小さな引き出しに忍ばせていたその手紙もどこかへ行ってしまった

数年前の8月31日にfacebook友達申請が届いた

見覚えのない名前に誰だろうと通知をクリックすると、思い出のあの子によく似た子供と映る、あの黒目がちの笑顔があった

2020-08-11

どらやきを半分こしよう。

いとことの会話は平和だ。

お互い一人っ子だったこともあいまり喧嘩することなく仲良く遊んできた。

どら焼きが残り一個だったとき、半分こしよーと二人で割っておいしいねぇとにこにこしながら食べていた。四人兄弟で育った母は小学生幼稚園生なのに平和すぎて驚いたと言っていた。

いとことの体格差がひどかった。

四歳差であるはずなのに同じ120パジャマを着ていたことをおぼえてる。今じゃ40cmも違う。

どれだけ大きくても 、四歳下。中身は幼稚園生なのでまだまだ甘えたの時期

ねぇね!抱っこして!といいながら自分よりデカイいとこがにっこにこしながら飛んできたのを覚えてる。骨折れるかと思った。

「知ってるか!きりんの鳴き声きっりーーんって言うんだぜ!」と変なことを教えたこともあった。

少しビビりで後ろをついてきたり、横並びで遊んだかわいいかわいい弟だった。

全力で遊んで山に繰り出して農作業する私とは反対に室内で遊ぶことを好み構造がどうなってるかわからない折り紙をきっちりしっかりと折っていた。山で遊ぶときは私が教え、折り紙で遊ぶときはいとこが教えてくれた。

ふたり揃ってわりと有名な頭のいいところに進学したが、部活にだけ明け暮れてた私は専門学校に転がり落ちてしまった。それを悔やむわけでは全くないが祖母がうちの孫はふたり揃ってすごいんだぞーと言わなくなったことだけが少し悲しい。叩き上げで平社員からトップにおどりでた人の話ばかりするのが悲しい。残念だったなと同情して励ましてくれるのが悲しい。残念だとは思っていないのに悲しい。悲しいというか単純にメンタルがごりっごりに削れる。

いとこは進学先よく知らないこともあいまって私の卒業時には独学とは思えないほど達筆な字で祝いの書を書いてくれた。私と違って頭も良くて手先が器用でものすごく芸達者なのだ。きっと優しいから知っていたとしても祝ってくれただろう。

お礼に誕生日ガラスペンで書いたお手紙をおくったら喜んでくれた。いとこのように字が綺麗なわけではないけど便箋三枚びっしりこころを込めて書いたから許してもらおう。

母方の親戚同士が不仲になるのもみてきた。その不仲に巻き込まれることもあった。すごく辛かった。だから、でき損ないなねぇねでも不仲になることなくにこにこしながら半分こしてくれたらうれしい。

もうすぐ私は20になる。大人になる。

それでもきっと来年も「じゃーねー!ばいばーい!またあそぼうね!!」と十何年も続けた別れの挨拶をして大きく手をふりながら実家をあとにするのだ。

一筆箋めったに使わないな

レターセットやレターパッド、便箋の類いは文通をしたり、ファンレターを書いたりする習慣がある人間なら出番が多いので使いきることが可能

しかし、一筆箋はめったに出番がない。先日前の職場の人がかわいい猫の絵柄の一筆箋でメッセージを書いてくれたので私も嬉々として自分の一筆箋にメッセージを書いて送った。

気に入って買った一筆箋なので書き上げた後「はぁ…やっぱりかわいい」と思い

そして持ち主の私が一筆箋をなかなか使わないことによりその一筆箋のページがなかなかこの世に出回らないことが惜しいなぁと思う。せっかく買った一筆箋なのでじゃんじゃん使っていきたいのに

世の中にはそえぶみ箋というもの存在してちょっとしたブームになるくらい一筆箋がメジャーな道具であるはずなのに、実際には一筆箋の出番が極端に少ないのなんでなんだろ

私の今の生活環境では手持ちの一筆箋たちの活躍の場が少な過ぎるよ

2020-07-28

手紙の書き方出し方は保育園幼稚園で教えるべきでは?

私は郵便オタクなので普通の人よりも郵便のことを考えている。

からタイトルの考えに至った

私がいつ手紙はがきの書き方を教えてもらったのか覚えてないのだが年賀状を出す文化があったため、郵便物を送るとき切手必要だということは小学生ときからわかっていた。

ふと、YouTubeを見ているときに「おや?」と思う動画に遭遇した。子供に人気のYouTuberに届いたファンレターのうちの一部がむちゃくちゃだった。おそらく小学生から届いたファンレターだと思う。はがきの表裏を間違えて書いてあったり、封筒切手を貼らずに投函したり、めちゃくちゃだ。すべての子供がそうではなく一部のファンのことであるYouTuberは手紙の書き方をちゃんとお父さんお母さんに聞いてと優しく諭していた。

親が知らないうちに子供が家にある封筒便箋を使って手紙投函するということはありえる。

親の見てないところで全ての行為がなされてしまった場合しょうがない。

こうなってしまう前に私は幼稚園保育園先生子供手紙はがきの書き方出し方を教えるべきだと思う

私は手紙オタクなんで自分の子供にははがき手紙の書き方を教えるつもりだが、

最近保護者ポストに入れる手紙はがきなんか書かないという人も多いと思う。手渡しの手紙は書く機会はときどきあるだろうけど。

年賀状の枚数も年々減ってます

親が手紙はがきに興味がない人間だったら子供に書き方を教えることもないだろう。小学生国語時間手紙の書き方を勉強するのだろうが、何年生のときに教わるのかは知らない。どこまでの知識を授業で教えるのかもわからない。

手紙はがきの出し方って国語というよりは家庭科でやるべきなんじゃないかと思えてきた……

切手の料金とかはがきの買い方とかレターセットの買い方とか手紙の折り方や入れ方って国語じゃなくて家庭科の内容ではないか!?

国語でどの程度郵便物の知識を教えるのか知らないが手紙はがき知識幼稚園保育園先生子供に教えるべきだと思う。そうしたら子供自分の大好きなYouTuber宛の手紙はがき切手を貼らずに投函することを少しは防げると思う。

最近大人でも郵便物の常識的知識を持っていない人が多い。

親じゃなくてきちんと子供教育知識がある教育プロ幼稚園保育園先生が教えるべきだと思う

2020-07-27

好きな作家さんに感想を渡した話

最近SNS感想について色々話題になっていたので、ふと思い出した出来事を書いてみました。

思い出した順に書き出しているので読みづらい文章になっていると思いますが、ただの長い独り言なので流していただけるとありがたいです。

多少フィクションを混じえています

私には長くファンをしている作家さんがいます

私がその作家さんを知ったのは十数年前で、その頃は同人文化もよく知りませんでした。きっかけは、たまたま漫画新刊勘違いして手にとった、その方の個人誌でした。

その本がきっかけで同人世界を知り、自分漫画を描くようになり、そのおかげで趣味友も増えました。その方は、自分にとって人生の楽しみを増やしてくれた恩人であり、絵描きとして尊敬している神様のような人です。その方みたいな絵が描けるようになりたいと、色使いや線の描き方を勉強して、絵の練習をしたりしていました。

そして数年後、同じジャンルにハマり、今度のイベント新刊を出すというミラクルハッピー出来事が起こりました。

転職し、余暇時間が増えイベントに参加できるようになったタイミングだったので、会場で神様に会えて新刊も買えることがもう嬉しすぎて、神様の呟きを仕事の休憩中に見てはイベントのために稼ごう…と日々生きる気力をもらっていました。

調べた中でよく「差し入れでもらって一番嬉しいのはお手紙です!」と話される作家さんが多いので、もし感想が苦手な方でなければ、自分も今までの感謝も込めてお渡ししたいな...と思い、神様の呟きを検索しました。調べた結果、感想はなんでもうれしいタイプだったことが判明し、前日の夜にようやく手紙を渡す覚悟を決めました。

仕事帰りにレターセット3つと差し入れ用のお菓子を買い、ソワソワしながら帰宅手紙を書く準備をしました。

どの本について感想を書くか、色々悩みましたが、今まで集めた本すべてが好きだから選べないな、せっかくお会いできるならと、今までゲットした本すべてについて感想を書くことにしました。

感想同人誌1冊につき少し小さめの便箋1枚に収めるように詰め込みました。(普通レターサイズだとめちゃくちゃ嵩張るし重いし怖いと思われたくなかったので...)(それでも全部で十数枚になっちゃったんですけど)。

そして、元々文章を書くのが苦手なのも相まって、感想手紙はかなり苦戦しました。

うわ、テンション上がるとすぐ右肩上がりに...ああ〜字間詰めすぎた、インクで手が汚れてカードについちゃう...!封筒止めるシールは何が良いんだろう?とワーワー騒ぎながら、神様の本を読み返して、やっぱりこの人の描くお話が好きだなあと改めて再確認し、気合いを入れ直してなんとか最後まで書き上げました。

差出人がわかった方が分厚くても引かれないのでは?という友人のアドバイスを参考に、最後自分ID名を記入し、カード1セット分を犠牲にしてようやくそれなりにまとまった手紙が書けたのは深夜3時。家を出るのは6時。ここでエナジードリンクをキメました。

イベント当日の朝、コンディションは最悪でしたが、見た目を普段の倍以上に時間をかけて整え、手紙差し入れをしっかり確認してドキドキしながら家を飛び出ました。

会場に着くまでに何度も神様のスペースを確認し、地図でスペースまでの行き方をシュミレーションし、手紙を渡すときセリフを何度も練っていました。この段階では神様にお会い出来る嬉しさで眠気吐き気は吹っ飛んでいました。

移動中に見守ってくれた友人にお礼と手紙を無事に書けたことを報告。

枚数を聞いた友人「いや多...くない?引かれないように気をつけてね。」

一気に不安が加速する私、時間通り目的地に着く電車、駅改札に雪崩こむ歴戦の戦士の方々。

もう後には戻れないと覚悟を決め、

「こんな楽しい世界を教えてくれた感謝を伝えたいだけで、読んで合わない感想だったら捨ててくださいって書いたし大丈夫!砕けてくるね!!」

とヤケクソなテンションで返信し、改札を出ました。

完全に憧れの先輩に告白してくるテンションでしたね。今思い返すと。

潮風にセットした髪を乱されつつ会場に入った途端、緊張が高まり耳の近くで鼓動が聞こえるように。落ち着きたいのに、呼吸は完全にあがってました。軽い酸欠状態です。まだ神様にも会えてないのに。何で好意を寄せる人の前だと1番ダメな部分が出てしまうんでしょうか…

どうにか意識を保ってシュミレーション通り、神様のスペース近くまで行き、ついにポスターが見えた瞬間。

神様らしき方がスペースにいらっしゃるのを見て、気持ちが一気に高ぶってしまい頭が真っ白になりました。

あっこの状態で話しかけるの無理!!!!(キモくなる自信しかない)

そう瞬時に判断し、先にイベント参加されているフォロワーさんのスペースを回って気持ちを落ち着かせる作戦に出ました。フォロワーさんの新刊を買い、差し入れを渡し、元気をもらったところで再度神様のスペースへ。

この時点でお昼近い時間帯だったので、スペース前の列もだいぶ落ち着いていました。

他にも差し入れお話をされてる方がちらほらいたので(好きな作家さんが人気で嬉しいな〜とニコニコしつつ)、タイミングを掴めず島を2~3周して新規開拓をしながら様子を伺っていました。

そうしている間に、ついに人の波が途切れたので深呼吸しながらスペース前に向かいました。

新刊をしっかりゲットした後、震える手でバックから手紙差し入れを取り出し、意を決して話しかけました。

「あの、今日感想手紙に書いてきたのでよかったら、いや苦手とかでなければ、その…どうぞもらってください!」

言えた!だいぶどもって挙動不審だし恥ずか死にそうだけど言えた!!手の震えがまだ止まらないしなんか冷や汗も出てるけど言えた!!!

神様「わ、感想嬉しいです〜!お手紙ぜひ読ませていだだきますね!差し入れまでありがとうございます

とても優しくスマート対応神様に、緊張と感動からさらにあわあわとテンパってしま自分(消えてしまいたい)

「あ、あの…じ、字が汚いかと思うので、読みにくかったら捨ててください。あ、あと新刊とっても楽しみにしてたので手に入れられて嬉しいです!!」

まっっったくスマートじゃない言い逃げをぶちかまして会場を脱出し、帰りの新幹線で席に着いた瞬間イベントでの醜態を思い出しては1人反省会死ぬほど悶えてました。アイス駅弁もいつもなら完食するのにこのときは出来なかったな…なんかもう胸も頭もいっぱいいっぱいで…足もいつの間にか盛大に靴擦れしてたし…

イベント会場でその日の体力知力精神力を全て使い果たしたので、家に着いた瞬間力尽きてそのまま床で寝落ちしました。こんなに寝つきがよかったのは人生初くらいに、秒で意識を失いました。

次の日は仕事だったのでバキバキの体でなんとか出勤。仕事中はイベントしかったなぁ…いい思い出になったなぁと思い出を反芻して幸せ気持ちでいっぱいで、クレーム対応も定時間際の理不尽な指示も笑顔でこなせるくらい気持ちが穏やかでした。

クタクタになった仕事帰り、電車に揺られながら友人と作業イプの予定を立てていたら、突然DMの通知が。

フォロワーさんかな?と思いながら開くと神様アイコンが、

周りが気ならない場所で落ち着いて読まなきゃ!という気持ちで急いで駅を出て走って家に帰りました。

震える手で通知を開くと感想についてのお返事が書かれていました。

内容は今まで出した本の感想をこんなにたくさんもらえて嬉しくて泣いてしまたこと、ぜひ楽しく同人を続けて欲しいこと、原稿のお供にお手紙を何度も読んで元気をもらっていることなどとても優しく丁寧なお返事をいただきました。

ずっと好きで尊敬している作家さんから突然お返事をいただいて、とても単純な私は「よかった!作家さんの力になるようなお手紙になれてたならほんとによかった!嬉しい〜〜!!私もこの方みたいな素敵な本をたくさん作りたい!!!」とスマホ片手に狂喜乱舞しました。

それから神様新刊を出す度に既刊の感想をお渡ししたり、自分イベントに参加したりと自分なりに同人活動を楽しんでいたところ、2回目からは顔を覚えてくださって、こちらがお渡しする前にお礼を言われたり、自分投稿した漫画を褒めてくださったりと嬉しい出来事が次々増えました。

名乗る前から名前を言って声をかけてくださるので、沢山の人から感想差し入れをもらっているのに、まさか自分まで覚えていただいているとは思わずとても驚いたのを覚えています

普段手紙差し入れをお渡ししたら、他のファンの方々の邪魔をしないようにすぐに去っていたので、引き止められてめちゃくちゃ動揺してしまい、作家さんのスペースで500円玉をばらまいたあげく、作家さんに拾うのを手伝ってもらったことは叫び出したくなる忘れたい過去です。(お手を煩わせてしまって本当に申し訳ない…)

そんなこんなで少しずつ神様イベントで会話を交わすことが増え、色々あっていまでは相互フォローになりSNS上でもお話したりする関係になりました。

昔、別の作家さんに感想のお手紙を渡した時は、欲しかった感想はこれじゃない自分の描いた内容を違う意味に読み違えていて腹が立ったなどとDMでお叱りを受けたことがあり、感想を渡すのが怖くなった時期もありました。

自分の読解力が不足していたせいで作家さんを不快気持ちにさせて申し訳なかったな…とかなり落ち込んだのですが、ある程度年数がたったらまー合わなかったならしょうがない!そういうこともあるよね!とすっぱり諦められるようになったのでまた図太く手紙を書くようになりました。

まぁ、単純にいつまでも気が合わなかった人の事を考える暇がなくなったので、その分好きな作家さんやコンテンツに割く時間大事にするようになったことが大きいと思います

好きな作家さんに感想を書いて渡すのは、私の場合かなり時間も手間もかかるので、この人の絵が漫画が好きだから応援したい、続きがもっと読みたいという欲望がよっぽど強くないとほんと〜〜〜に気力が続かないくらい、1つ書き終わると消耗して1日中横になったりするほど体力と集中力必要作業です。脱稿直後の感覚が1番近い気がします。

それでも作家さんの次の新刊が読みたい下心が圧倒的に強いので、気力を振り絞って感想を書き続けています

DM感想を送るより、やっぱり手書き手紙の方が個人的に達成感があって相手リアクションが良くも悪くもすぐ分かるので、私は直接お手紙を渡す方が好きです。SNSでは考える時間がある分ためらってしま感想も、会場では勢いで伝えられたりするので、1日も早くリアルイベント参加が気兼ねなく出来るように祈っています



とりあえず、神様にお会いするまでに自粛太りをなんとかしたいので、筋トレも頑張ります

2020-07-26

ファンレター封筒勝手処分するなあああ

私はファンレターをよく送るし、ファンレターのことをよく調べるのだが

どきどきファンレターの残念な情報を目にする。

たとえば漫画家漫画の連載終了後に出版社からファンレターを受け取ったという話

ファンレターは嬉しいけど連載中に受け取って、仕事の糧にしたかった。漫画の連載中にファンレターを読みたかった」と当然のことを言ってて

漫画編集部担当かよくわからんファンレターのチェックをしている人間は人の感情想像できない酷い人間なんだと思った

世の中の多くのファンレターは滞りなく送り先の表現者に送られていると思うが中にはこういう悲しい事例が存在する。

今日漫画家が「ファンレターが届いたけどファンレター確認する人がファンレター確認後に手紙封筒処分してしまって中身だけ受け取った。それで住所がわからなくてファンレターの返信ができない」と言ってて自分は「はぁぁぁぁぁ!?💢💢💢」と怒りが沸いてきてしまった。

私はまったくの無関係人間なんだがムカついた

ファンレター漫画家のもので、中傷が書かれていたわけでもないのに何で勝手処分していいと思っているんだろう。他人のくせにファンレター所有権自分にあると錯覚しているのかな?読者がレターセットを使う人だったら便箋封筒デザインもこだわりがあるものを選んでそれを両方見てもらいたいと思っていたかもしれないのに。

世の中にはファンレター表現者が結び付いて幸せときがたくさんあるのに。ファンレターには少数ながらこういう悲しい出来事が起こってしまうのか

本当に悲しい

2020-07-16

感想に狂わされる腐女子

ジャンルを移動する時には毎回何かしらの理由がある。

例えば最終回を迎えていくらか経ち供給が尽きて冷めてきたり、私生活が忙しくて創作する時間が作れずついていけなくなったり。

そのうちの一回に、感想に振り回されてのジャンル移動をした経験がある。

とあるジャンルにて

そのジャンルでの私はABとCB、二つのカプにハマっていた。ABはそのジャンルでも上位人気のカップリングCB書き手は少ないが読み手はなかなか多いカップリングであったと思う。

その日の気分で変わることはあれど、基本的には二つのカップリングのことを同じくらい好きだった。

どちらも本を定期的に出した。大体誕生日席で、それなりの冊数を手にとってもらえていた。単純に自分の描いたものを手にとってもらえるのは嬉しかった。

だけどそれを繰り返していくうちに気付いてしまったのである

つのカプの読み手の反応の違いに。

ABとCB

AB本もCB本も、毎回同じくらい手にとってもらっていた。

しかし、読み手の反応の差はカプごとに全く違っていたのだ。

例えばあるAB本に対して、20件ほど手紙マシュマロ感想を貰ったとする。

それに対して、同じぐらいの冊数が売れているCB本に対する感想はというと。

1件。

最初は、自分の力量不足だと思った。

ネタ選びであったり作画であったりページ数であったり、ここまで差が出るのは自分の出した本が単純にダメだったのだと思った。感想を書くに至らない話だっただけの話だ。同人描きあるあるだと思うのだが、描いてる途中にこれは他人が読んでも理解してもらえるかといった不安がいつも押し寄せる。この本はその不安通り、他人が読んでもわからない本だったのだと、そう思った。

そうして自分力不足として受け止めて、次こそはわかってもらえるといいなと呑気に思った。AB本にもらえる感想はすごく熱量がこもっているものが多く、自分はそこまで下手じゃないんだ、たまたま今回のCB本がダメだったんだと思い込むこともできた。

しかし、それからAB本もCB本も数冊出していくが、CB本に対する反応のなさはたまたまでは済まなかった。

感想の多いAB本も感想のないCB本も、売り上げ自体は変わらないままであった。AB本はむしろ感想が増えた。だが、CB本に関しては相変わらず。本を出した後の反応はないが手にとってはもらえる。

正直意味がわからなかった。感想がもらえるのが当たり前ではないのはわかってる。だけど、同じジャンルの同じB受け、同じくらい売れる本でこんなに反応が違う理由自分にはわからなかった。わからいからこそ不安だった。悪いと言われることもなく、良いと言われることも滅多になく。

山田さん

それでも、自分CB本に感想をくれる数少ないなかで、一人熱心な読み手さんができていた。本当にこの方は自分にとっての救いであった。

呼びにくいのでこの方のことを山田さんと呼ぶことにする。

山田さんは毎回可愛らしい便箋手紙を書いてくれた。私の描いたCBCBにハマったと綴られてた。前回のCB本の新刊について長々と感想を書いてくれた。

どんどん自分の描いているCBに対して自信のなくなる私にとって、山田さんの手紙は本当に楽しみであり支えであった。AB本にたくさん頂ける感想もそりゃうれしかったが、山田さんから手紙を読む時のそれは嬉しいの一言でおさまる感情ではなかった。この方が読んでくれて、わかってくれるのなら、まだこのカプで本を出し続けていいのだと思えた。だって私はABもCBもどちらも好きであったのだ。CBは前述したとおり読み手に対して書き手の数が少ない。単純にCB本がもっと増えますようにという思いもあったしネタも尽きなかったからできるだけ出したかった。感想の数は少なくとも、こうして毎回感想をくれる山田さんがいるなら、自分は全くわからない話を書いているわけじゃない。だからこれからも出し続けようと、この時点ではそう思っていた。

しかし、読み手というのは描き手よりあっさりジャンル移動するのが常だ。

ある時のイベントからぱったり、山田さんが自サークルにくることはなくなった。山田さんはCBが好きだが私の描くまABも読んでくれていたから、新刊がABであろうとCBであろうとイベントには必ず来てくれていた。

手紙にはツイッターアカウントIDが書いてあったし、何度かツイッター上でもお話したことがあったかフォローはしていないものアカウントはわかっていた。覗いてみた。

流行りの、全然違うジャンルの話でいっぱいだった。プロフィールには自ジャンル文字はもうなかった。何度か直接お話もしてたし、山田さんの人柄も好きであったから、単純に元気で楽しそうで良かったなとそっと自身ホームに戻って、そうしてしばらくぼんやりしたあと、もうCBで本を出すのはやめようかなと思った。

これから出すCB本は、誰かの気まぐれがない限り、きっと誰にも反応をもらえない本になると気付いてしまたから。

だってその方以外のたまに感想をくれるほんの一握りの方々は、毎回感想をくれるわけではない。

まだ描きたいネタはあった。CBのことはもちろん大好きだった。でももう、売れるだけで反応のない本を描きたいとは思えなかった。描けなかった。承認欲求云々もあるけど、自分の話にわかるよと言ってくれる誰かがいなければ、本を出した後にこの本大丈夫だったかな、とずっと不安になってしまうから仕事を終えて睡眠時間を削って、そうしてやっと本を出したって、出した後の時間のほうが地獄だなんて耐えられないと思ったから。

それから

そうして自分はAB本しかさなくなった。

毎回たくさん感想を頂いて、それを読んで次の本も頑張ろう!とやる気を出す。二つのカプを描いてる時よりかは気持ちがずっと楽になった気がしていた。

それからしばらくは楽しくAB本を出していた。CBに関しては本にせずツイッターに軽い漫画を載せたりしていた。

だが、ここでおかしなことが起きた。

CB本を出さなくなった私に対して、それまで私のCB本を読んでいた読み手の人が突然、発行して一年近く経つ私のCB本に対して感想を送ってくるようになった。一人ではない。何人も。マシュマロで送られてくることもあれば、ABスペースでAB本を出す私にわざわざ差し入れ手紙を渡してくる人もいた。

内容は大体こうだ。

あなたCB本が〜で〜で好きだった、またあなたCB本が読みたい、もうCB本は出さないのですか、といった内容ばかり。

正直、正直だ。

今更?と思った。

感想言葉は嬉しい。勿論嬉しい。

でも、それが欲しかったのは今じゃない。

貰ったCB本に関する感想を読むにつれ、もうなんだか、馬鹿らしくなってしまった。

ただの本製造機。CBの大半の読み手からはそう思われていたのだろうと解釈した。定期的にCB本を出すサークルの一人。それが突然ぱったり出さなくなったか読み手はどうしたのだと初めて声をかけてきた。つまりはとっととCB本を描けと催促されているわけだ。

どっと疲れてしまった。

CBは好きなままなので、CB本を出したくないとマシュマロに対して返事することはしづらい。だからと言って、こうして感想をようやく貰ったところで、CB本を出そうという気にはなれなかった。だけどこれからABで本を出すにあたり、もうCB本を出しませんと明言しない限りずっとCB本は?という言葉が付き纏う気がした。どん詰まりだ。

何もかも面倒になって、自分はそのジャンルでの活動をぴたりとやめた。

新しいものにハマるのは得意じゃないから、それから一年くらいかけてようやく次にハマれるジャンルを見つけた。今のジャンルでは初めからずっと感想をたくさんもらえる。イベントに行けない世の中になっているが、それでもマシュマロDMでたくさん熱く感想をくれる人がいる。締め切りがなくても頑張ろうと思える。どれだけそのカプを好きで、自分が描きたいと思って描いているものであったって、長い話を一つ完成させるのは大変な作業だ。頑張れも良かったも貰えないと、正直ずっと辛い。

感想はほしい

自分だって自分感想を言わなくても誰かしらからこの方は似たような感想を貰ってるだろうと思うことはある。

自分の語彙力のなさに頭を抱え、小学生の作文か?と送るのを躊躇うこともある。

でも、良かったですの一言でも、面白かったですの一言でも、エロかったですの一言でも、もらえたらめちゃくちゃ嬉しいのだ。やったー!と飛び跳ねる。実際にそういう一言感想はたまにくる。嬉しい。読んだ後本を閉じておしまいではなく、何か一言送ろうと思ってくれたことが嬉しい。エロかったです、の一言だとそんなにエロかったか!って嬉しくなるし面白かったですの一言だと今回の話考えるの大変だったからなあと勝手に嬉しくなる。

たった一言二言で描き手の感情を揺さぶる。感想は描き手を狂わせる。

自分はこれから読み手に踊らされる馬鹿腐女子をやめられないのだと思う。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん