「ファーストキス」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ファーストキスとは

2021-08-24

anond:20210824104358

中学生ときメモやっていまだにウマ娘やっているようなオタクがいる職場で「ファーストキスはいつですか?」なんて新入社員から聞かれる職場恐怖体験すぎるだろ

そんな職場で「大学1年の夏休みすすきのイメクラで」とかいったらどうなるんだよ

マヒャドってレベルじゃねーぞ

マヒャデドス

新入社員達(18~23歳)の男女達とオンライン飲みをした。ちなみに自分からではなく、新入社員からやりましょうと誘われた。

その時に「増田先輩のファーストキスはいつですか?」と質問されて思い出した。

実際には18歳の時公園バイト先の女の子とだけど、あれをファーストキスとしてカウントするのなら、中学生の時に買ったときめきメモリアルに出てきた紐緒結奈とが初めてのキスブラウン管テレビキスしたことを思い出してしまいとても恥ずかしい気持ちになった。


全然関係ないけど、ウマ娘でやたらアグネスタキオンが好きなのは紐緒結奈のせいかと納得した。

2021-07-22

生涯の推しができました。

以前の日記をまとめました。

想いは不滅です。


私はアラサー社会人腐女子である

NLBLGL関係なく恋愛物の漫画小説等が大の好物であるが、実生活ではこれといった恋愛経験はなく、この年になってしまった。はっきりと言うと、耳年増の処女である

そんな私ではあるが、去年の緊急事態宣言前、社内で配るバレンタインチョコ調達しにショッピングモールへ行った際ある再会を果たした。偶然、学生時代バイト先で密かに気になっていたバイト仲間(以下Aとする)とモール内ですれ違ったのだ。向こうから声をかけられ、数年ぶりに言葉を交わすことになった。

話を聞くと、就職が決まりもうすぐこの土地を離れるという。その前に飲み会でもしようという話になり、かつてのバイト先の同僚数人を誘いささやかではあるが飲み会が開かれることになった。

飲み会は和やかに進み、二次会カラオケにも行き(昨年の緊急事態宣言前の話なのでご容赦願いたい)解散となったのは夜もふけた頃であった。

Aが車を出し、皆をそれぞれの家まで送ってくれたのだが最後に車内に残ったのは私とAだけであった。自宅の付近に着き、車から出ようとしたところAに引き留められたため車内でお互いの近況をつらつらと報告しあった。

気が付くとAと手を握りあっていた。己の手汗がすごいことをAに笑われ、仕事でも困ってるんだよね~と馬鹿みたいにへらへらしていた。

正直、実生活での恋愛経験ほぼほぼない私は昔気になっていた相手と深夜の車内で手を握り合うこの状況に頭がショート寸前だった。

まりの気恥ずかしさに俯いていると、Aに前髪をかきあげられ、唇同士が合わさっていた。そう、流れでキスをしてしまったのである

その後数回キスをし、抱きしめあい、お互い励まし合ったところでお別れをした。Aはそれなりに恋愛経験豊富だと人伝に聞いていたし、今思えばあれはAにとっては別れの挨拶のようなものだったのだと思う。

しかし、私は昔気になっていた相手と初めてのキスをしたという事実に舞い上がってしまった。すぐに彼は新天地へ行き、己のことは忘れるだろうに何かが始まるのではないかと期待してしまった。

その日からAの事が頭から離れなくなった。あわよくばAとお付き合い出来ないか、などと頭の片隅で考えるようになった。しかしながら数年ぶりに再開したAと車内でイチャついただけの現状から、どうすれば恋愛関係に発展させることが出来るのか、恋愛経験が0に等しい私に分かるはずもない。

それに加えて、Aは数週間後には就職で遠く離れた新天地へ行ってしまうのである

はっきり言うと、よほどの恋愛上級者でもない限りこの状況からどうにかなるのは無理ゲーである。そんな無理ゲーコロナ禍の中挑むことになった。

ひとまずAと気楽に連絡を取り合える関係になりたいと思った私は、思いきってトークアプリからメッセージを送ってみるのだがこれが間違いであった。

恋愛駆け引きというものにこれまで無縁であった私は初手で躓くことになる。

昨日の飲み会のお礼からまり、和やかに会話が出来れば良かったのだが、私はずっとそわそわしていた。Aから昨夜の車内での出来事についていつ話が振られるのか気が気ではなかった。

Aは昨夜の話をこれっぽっちも口に出さない。Aの中ではなかったことになっているのだろうか。でも私は貴方が何を思ってキスをしたのか知りたいのです。貴方ファーストキス相手なんです。そんなこと口が裂けても言えるわけがない。余計なことを言ってAを困惑させたくはない。

この年になってファーストキスに憧れというものはなかったが、順に段階を踏んでから至る行為だと漠然と思っていた。己とは無縁だと思っていた行為を、数年ぶりに再会したAと飲み会後の車中ですることになるとは夢にも思っていなかったのである

謎の動悸がとまらないし、ずっとそわそわした状態の私がAに送ったメッセージは、まさに酷い有り様であった。今では立派な黒歴史である。Aにも確実に引かれただろうと思う。

ついに、私から切り出した。

「あれってキスだよね」と…。

Aから来た返事は

「ごめん、嫌だったかな」

というものであった。

謝られた。謝罪が欲しいわけではなかった。むしろもっとしたいです。キスに対して謝られた際に返す最適解をポンコツの私が持ち合わせている訳がない。

悩み抜いた私が送った返事は

全然大丈夫!気にしないで!」…。

気にしないで!じゃない!!!

気にしてもらわないと何も始まらない!送った瞬間後悔したが、後の祭りである

Aとは、特に何も始まらなかった。

『気になる相手 遠距離

でググってみたりもしたがどのサイトも参考にはならなかった。恋愛アドバイス系のサイトが全くあてにならないことを知った。

今思えば再会後、Aから連絡が来たのは飲み会の日程確認の一回だけである。その時点で脈は無いに等しかった。

結局、私からAにメッセージを送ったのも今日に至るまで片手で数えられる回数だけである就職し、新生活を始めるAの邪魔になりたくはなかった。もうAは私のことなど忘れているのだろう。新天地可愛い子と出会って、早く幸せになれと時たま思う。

2020年の前半を総括すると、コロナとAであるコロナが猛威を震い始める中Aと流れでキスをし、大したアタックもせずに未練がましくAのことを想い続け、猛暑の中でのマスク生活に死にそうになりながら夏を乗り越え、10月

生涯の推しに、スクリーン出会った。

生涯の推しとなったキャラクターのことは、原作が連載されていた頃から好きではあった。とはいっても主人公であるキャラクターと共にアクリルスタンドを購入し、飾って眺める程度である二次創作支部更新されるものを読むだけであった。

それが、スクリーンで彼の活躍を見た瞬間一変した。世界が変わったといっても過言ではない。(以下Bさんと呼ばせて頂く)

Bさんはすごかった。端正な顔立ち。明朗快活な性格。凄まじい剣技。そして、何よりも尊い高潔な心。

私のちゃちな文章ではBさんの魅力を伝えきれないのが本当に心苦しい。

Bさんに会うために何回映画館に足を運んだか、もう数えきれないほどだ。彼の言葉勇気を貰える。私を奮い立たせる。彼の立ち振舞いを模範にしたいと思う。

彼のようにとはいかないかもしれないが、私も人に恥じない生き方をしたいと、そう思えるのだ。明日を生きるための活力をもらいに通っているといっても過言ではない。

仕事が辛いと感じるとき、彼の言葉を思い浮かべる。そうすると不思議と力が湧いてくるのだ。過去幾度となく辞めたいと考えながら続けていた仕事苦痛ではなくなった。これが私のすべきことだと、そう考えられるようになった。

Bさんのことを胸を張って好きだ!といえるような人間になりたい。そう思いながら、日々を生きている。

Bさんが生涯の推しになって、己の恋愛感も変わった。この年まで実生活での恋愛経験ほとんどないことを、内心恥ずべきことだと思いながら日々生きてきた。性行為経験がないことを産婦人科で軽く引かれたこともあった。昔は心から好きだと思える人に捧げたいと思っていた処女を、どこかでサクッと散らせないかと考えたこともある。

けれども、Bさんのおかげで恋愛は時のご縁だと思えるようになった。心から愛せる人に出会えていないんだから処女でもいいじゃないか。それで生涯独身でも、そういう運命だったのだと今なら受け入れられる。

Bさんへの想いは恋情ではない。憧憬だ。ただただ彼の生きざまに憧れている。

何より私は彼と某キャラクターカップリングが三度の飯より好きなのだ。ついに二次創作まで始めてしまった。

キャラクターグッズをこんなに買い込んだのも、Bさんが初めてである推しに散財出来るのはこんなにも楽しいのだと、初めて知った。貯金しといて良かったと心から思える。


BさんのおかげでAのことも気にならなくなった。時たま元気かな~と考えるくらいだ。曲がりなりにもファーストキス相手なので忘れることはないと思うが、それくらいは許して欲しい。早く幸せになってくれ。

Bさんのおかげで私の人生は一変した。劇場で初めて彼の勇姿を見てから幾分か時が経っているけれども、今でも貴方は私の心の中で光輝いています

Bさん、ありがとう今日も頑張って生きます

2021-07-18

旦那実家帰省するのが本当に嫌だ

長男(1歳)を連れて旦那実家帰省予定なんだけど、甥っ子に会うのが本当に嫌だ

甥っ子は小学校高学年。義姉の子どもなんだけど、私らがいる間はほぼ旦那実家にいる

ノックもしないで私ら家族の部屋に入る

・扉を少し開けて部屋を覗いてくる

パンツ一丁の裸のときベタベタしてくる

トイレのドア開けっ放しで用を足す

・車の中で屁をする、めっちゃ臭い。指摘されると泣く

大人に見えないところで長男キスしようとした(素早すぎて阻止が届かない、見つかったら怒られるとわかっててやってると思う)

長男がまだ授乳期間のとき授乳中の部屋を覗こそうとしてきた。

・私が妊娠中のときお腹を触る流れで私の胸を触った

旦那ノックなしで部屋に入ることは叱ってくれたけど、たぶん"子どものすること"と深刻には思ってない

長男キスの件も旦那に言ったけど「ファーストキスあいつだと将来怒るかもな〜w」とか言ってる

気持ち悪りーんだよふざけんな

姑の前だし義姉の子から叱りづらい

姑も義姉も私に優しいから余計に何も言えない

甥っ子は私のことも長男のことも大好きと言ってくるけど、もう別の意味に聞こえて気持ち悪くて受け入れられない

帰省中ずっと近くにいることが耐えられない

旦那実家はまあまあ田舎で、基本は車移動の環境

家族3人でちょっと出かけようにも旦那実家の車が空いてるかどうかによるから、気軽に外に出られない

出かけるとなると付いてこようとするし

学校休みの間に一緒に遊ぶ友達かいないのか?なんでずっといるんだよ

どうしたらいいかもわからいからこういうところで吐き出すしかない

気持ち悪い気持ち悪い気持ち悪い気持ち悪い気持ち悪い

2021-07-05

anond:20210705172054

そのあとは何もないよ

駅でバイバイしておしまい

相手はそのまま俺の部屋に行っても良さそうな雰囲気を出してたけど経験のない子だからその日は帰らせた

そもそもキスまで半年かかって、しかファーストキスも突然彼女が泣き出してとドタバタ感あったか絶対この流れで最後までやったら彼女も後悔するだろうなと思って

でも次の日コロナが落ち着いたらどこか旅行に行きたいね、ってLINEしてきたからまぁその先はコロナ次第かな?

ちなみに彼女20代前半で俺30ね

出会いは俺(一浪院卒)の会社の同期(大卒から後輩を紹介してもらった

一昨日年下の彼女ファーストキスを奪った

仕事で色々辛い想いをしていたらしく街中で泣き出してしまったので抱きしめてあげてその流れでキスした

そのあと抱きしめる強さが強くなって可愛かった

2021-06-07

記憶の掘り起こし

どういうわけか、起きたときに忘れていた記憶を思い出した。

小学校入学前に、同じ園の女の子空き地に呼ばれてキスをしたのだ。

顔も名前も思い出せないが、あれはたしかに起こったことだった。

きっとあの子も忘れ去っているだろう。

異性と意識してキスをしたという意味ではあれがファーストキスということになる。

2021-05-01

恋愛漫画での「突然の異性との同居」ってファーストキスとか婚約みたい。

もうどうせくっつくんだし手っ取り早くイイナズケになれ

2021-04-29

anond:20210429041008

ええ、今では分かりますよ。

2000年以前には現行法で定められている事がほぼ確立されていなかった。

理性で抑えるのが人間のあるべき姿だと知っている。

しかし焚き付けられたという状況もありましたし

ファーストキスという貴重な経験を失ったのは私も同じなのでおあいこと言う事で赦しては頂けまいか

2021-04-06

暇だから初体験」の思い出でも語るわ

あれは高校二年生の夏休みだった。

夏休み直前に俺から告白して付き合った人生で二人目の彼女高校に入ってからは初めての彼女だった。

当時俺は4月まれから17歳彼女3月まれから16歳。

見た目も超童顔で幼く背もかなりチビだったが胸だけはクラス一の巨乳だった。

俺達は三回目のデートディズニーランドに行く事になった。

ちなみにディズニーランドに閉園までいると彼女の住んでいる地域田舎のため終電を逃すのでその日は俺の自宅に泊まる事になった

親父は仕事でいないが母親と弟は家にいるかちょっと恥ずかしかった。

最寄り駅に着きチャリ2ケツして俺の家へ行った。

家に着いた時刻は0時を超えていた(ディズニーランドを22時に出たため)

とりあえず疲れてるのでお互い布団でゴロゴロした。

彼女携帯ブログ更新するため1日の記事を書き込んでいたり俺の中学の頃の卒業アルバム浦安鉄筋家族というマンガを見てゲラゲラ笑ってた。

俺は携帯プロ野球試合結果を見たりして休んでた。

しばらくして彼女にを先に風呂へ入れその後俺が風呂を入った。

お互い真夏だし汗をかいていたのでサッパリした。そして疲労から睡魔も襲ってきた。

お菓子を食べながらしばらくは話してたが結局寝る事になった。人生で初めて女性と寝る事に俺は興奮していた

彼女「寝顔見られたくないから見ないでよー!」と言ってきた。

俺はわざと寝顔を見ようとし彼女は照れながら抵抗した。

結局しばらく寝ないでじゃれあってた。

しばらくして彼女が手を握ってきた。

童貞である俺はキスしていい?」さりげなく聞いた。 次の瞬間彼女は俺にキスをしてきた。

ちなみに初デートの時にキスをしてるからこれはファーストキスではない。でもやはりドキドキはした。

しばらくして俺は異変に気づいた。なんと彼女は舌をいれてきたのだ!

「舌入ってるよ(笑)俺は頭が真っ白になりこう言った。

彼女「やだ?」と聞いてきた。とんでもない!!!と思い今度は俺から再びキスをした。勿論自ら舌を入れた。俺は17歳にして人生初のディープキスをした。

お互い夢中で抱き合いながら舌を絡ませてた。

キスだけで30分以上してた。勿論だが所々で無言の休憩を挟みつつね。

抱き合ってたため彼女巨乳オッパイは俺に何度も当たる。

もうこの際言ってやった。「胸が当たってるよ(笑)つうか大きいし(笑)と。

彼女別にいいよ、てか触る?」と言ってきた。

俺は彼女の背後に周りブラジャーの上からオッパイを揉んだ。 この時はフルボッキでチンコが爆発しそうだった、そうシコらなくても射精しそうなくらい。

途中で勝手ブラジャーを取り生でオッパイを触った。乳首もつまみまくった。

そしてついに彼女は喘ぎ声を出し始めたのだ!!!

俺は背後から前に移動してついに彼女オッパイを初めて生で見た。

乳首が薄ピンクではない事にやや萎えたが彼女の喘ぎ声に完全にやられて俺は半分壊れていた

もうどうにでもなれと吹っ切れて乳首を吸ったり噛んだりもした。彼女の喘ぎ声はさらに大きくなった。

俺はついに彼女ズボン(スウェット)を脱がしてしまった。

パンツの上から股間を触るとあり得ないくらいビショビショに濡れていて驚いた。

この時まであまり信じてはいなかったが女は興奮するとマンコが濡れるのだと改めて知った。

しばらくずっとディープキスをしながらオッパイを揉んだり乳首をつまんだりパンツの上からマンコを触ってた。

もういいだろうと思いパンツを脱がした。彼女抵抗は全くなかった。

初めて同い年の女のマンコを見て驚いた。幼い顔をしてるがAVで見るのと変わらず普通にマン毛がボーボーに生えてるという事実に。

俺はついにマンコに指を入れる決意をして人差し指をいれてみた。

「温かい・・・・むしろ熱い」真っ先にこう思ったわ。グチャグチャしてて指にキュッと吸い付いてくる、そして温かい

これがマンコなのか・・・と感動した。

その後は指マンをしばらく続けた。

エロ知識を生かして傷つけないようにとなるべく優しく長時間やった。

マンコを舐めてみたくなり初のクンニもやってみたたが口にマン毛が入ったり、しょっぱかったり、

夏だけあって匂いがキツく(尿と汗が混じり発酵したような匂い)萎えのでほとんど指マンをメインに切り替えた。

俺も相当股間が熱くなった。

彼女に再び密着して熱くなった股間彼女の尻の割れ目グリグリ擦り付け

彼女「俺のも舐めてよ」と思わずこう言った。ぶっちゃけかなり恥ずかしい。

彼女笑顔「いいよ~」と言われ俺はズボンパンツを脱がされた。初めて女性勃起してるチンコを見られたため正直死ぬほど恥ずかしかった。

彼女最初舌を使いチンコの先端を舐めてた。次第にチンコ全体を口にくわえ始めた。

思った以上に口の中も温かく唾液がローションのように気持ち良くフェラに感動した。

想像より何倍も気持ち良い。フェラ「にゅるっ!」感覚気持ち良すぎて鳥肌がたった(笑)

もう今夜童貞を捨てるしかないと思い俺は彼女を押し倒して生のままチンコマンコにいれた。

彼女「中には出さないでね(ニッコリ」と言っていた。

俺は念願の初セックスを楽しもうと正常位とバックを何度も吟味した。

ちなみにバックだとケツが覆い被さり穴が見えにくくマンコとアナル位置を間違えそうになってしま彼女から熱い指摘を受けた。

バックだと途中でチンコが抜けたり童貞の俺には難しいため正常位で彼女と抱き着きあいがらキスをしてずっと腰を振ってた。

彼女の喘ぎ声とマンコのグチャグチャ感と温かさ、チンコに吸い付く感覚がとにかく気持ちよくついにムズムズ感が我慢出来なくなり彼女の腹に射精した。

勢いのあまりに精液は若干彼女の顎にまで届いていた(笑)

ティッシュで精液を拭き取り裸のまま抱き合い再びキスをした。

俺が「生だといつ出るか分からいからなんかプレッシャーがかかる、ゴムがあればな~」と言った。

それから話し合い俺達は俺が二回戦に向けて近所のコンビニコンドームを買いに行く事になった。

パッケージが黒くて馬の写真が入ってる三個入りのを買った。

そのまま部屋に戻り二回戦を始めた。俺が二回戦が終わった頃には4時を過ぎていたwwwww

母親も弟もまだ寝てるためこっそりと一階へ行き二人で風呂に入ってイチャイチャした。

一晩にして女の身体を物凄くしった一日だった。

2021-03-15

シン・エヴァで、シンジが最終的に誰とくっついたのか・それは妥当なのか問題について(ネタバレあり)

シンジとくっついたのがマリで納得できるか?って話

自分は深く納得できてるんですが、

それは

結婚してて一緒に子供も育ててる相手が、

小学生の頃に滅茶苦茶好きで結局告白できなかった初恋相手】でも

高校生の頃にファーストキスした初めてつき合った相手】でも

「ない」

ってところに尽きると思っていて

現実なんてそんなもんだけど、現実も悪くないよって思って生きてるわけです。

多分だけど

初恋をこじらせて、その後の人生で異性経験も無く、二次元にハマっていたら

マリとくっつくエンドは絶対に納得できない。

発狂してたと思う。







なお、初恋相手より初めてつき合った相手より、今の奥さんの方が胸が大きいです。

2021-02-26

anond:20210226124437

教員免許取得の定められた実習に介護体験がある(教育実習だけじゃなくなった)。養護学校で2日、社会福祉施設で5日というもの

私はこれで中学生知的障害児が通う養護学校に行った。知的障害のある人と触れあうのは小学生の時以来で、上手く振る舞える自信など全くなかった。実際、養護学校の生徒たちと顔を合わせて怯まなかったかと言えば嘘になる。その時の気持ちを正直に言えば「怖い」だった。

どういう行動をするのか予想が出来ない。

どういう反応をされるのか予想が出来ない。

そういう人に対する純粋な恐怖。差別と言われても仕方ないが、これは生理的な恐怖であって22歳かそこらの小娘が易々と払拭出来るものではない。

しかし、養護ではないとはいえ仮にも教職を目指す者。「知らないから怖いんだ」「まず知ってみよう」と思い直し、なけなしのコミュ力を絞り出して実習中は極めて明るく振る舞ったと思う。おかげで2日目には生徒たちとも打ち解けることが出来た。

彼らの唐突な反応にびくびくすることもなくなってきた頃、一人の男の子が私にぴったりと寄り添って来てくれるようになった。私も嬉しくなり、手をつないで一緒に歌を歌った。その男の子は私の手を引き、にこにこしながら廊下の端の方まで連れて行った。結構な力持ちで、半ば引っ張られるような形だった。

そして彼は私に顔を近づけ、強引にキスをしようとしたのである

ダメ!と言ってもにこにこしたまま口を寄せ続けた。聞こえていないかのようだった。当然、力は彼の方が強い。やられる…!と思った私は教職を目指す者としては最低の行為に及んだ。走って逃げたのだ。

その時の私、22歳で処女ファーストキスもまだ。平均よりも恋愛に夢を持っていた方だろう。

怖かった。やっぱりどうしても怖いと感じてしまった。半泣きで走って(彼は笑いながら追いかけてきた)、養護学校先生のいる部屋に「すみません!○○君が!」と駆け込んだ。助けてもらえると思っていたのだ。

その時の、養護学校先生の反応。

「○○君、キス魔なんだよねー」にこにこ

「私さん適当相手してあげてねー」にこにこ

この時の目の前が真っ暗になる感覚はまだ鮮明に覚えている。障害のある男の子より、先生の反応の方が怖いと思った。先生方は、キスぐらいさせてあげるのが普通だと思っているのか。ブスの実習生貞操なんて福祉の前では守るものでも何でもないのか(今、考えればまさか先生方もいい年してファーストキスだとは思っていなかったとは思う…)。

結局、彼は逃げ続ける私に途中で飽きて、別の実習生について行くようになった。私はそれをハラハラしながら目で追った。ようやく実習が終わった頃には心身ともに疲れ果てていた。ひどく、恐ろしく、長い時間に感じた。

あれから何年も経って普通恋愛をして結婚したが、今でも、旦那さんが相手なのにキスが怖い。教職にはつかなかった。

2021-02-13

実兄と関係があった話

タイトルまま。

今日、某有名作家さんが描いた近親相姦をしていたゲイの人の漫画を読んだ。

それを見て、覚えのあることにもやもやした気持ちがたまり、吐き出したくてここに書くことを思いついた。

別にかに読んで欲しいわけでも訴えたいことがあるわけでもどうにかなりたいわけでもない。本当にただ吐き出したくなっただけでなんの意味もない。

あと、書きなぐりなのでここから先は文に脈略がなくなると思うのでご了承いただきたい。


私は三十代前半の生物学上女である。一昔前の個人サイトでの性別表記みたいな書き方をしたが私はFtXと呼ばれるもので、自分生物学上体が女であるとわかっていても性自認が女ではないのでそう表記した。

必要情報ではないけれど匿名でくらい偽らないでいいかなと思ったので。

本題に入るが、私は実の兄と性的関係があった。とは言っても挿入はしていない。性器を触ったり触らせられたり、口でされたりと、そういうことをした。ファーストキスも兄だった。

上記を書いてる最中気持ちが悪くて胸がムカムカする。そう思うくらいにはトラウマになっている。

当時、私は小学生だった。何も知らない子供だった。兄と性的接触が始まったきっかけは覚えていないけど、確か兄の所有物を借りる代わりとかそんなことで触られ始めたんだったと思う。

兄としていることが人には言ってはいけないこと、そして性的なことであるというのは知っていた。

けれど拒まなかったのは怖かったからとかそんなのではなくて、本当にただただ無知だったのだ。それをすることで後々どんな思いを自分がするのか、全くわかっていなかった。

どのくらいの期間兄とそういうことをしていて、何回くらいしたか覚えてないけど、嫌悪を持った瞬間だけは覚えている。

兄が出したものお気に入りパジャマに付着したのを見た瞬間に、全てが駄目になったのだ。気持ちが悪くて悪くて仕方なくなって、そのパジャマも着られなくなった。

そこからは兄が触ろうとするのを拒むようになり、性的接触はなくなった。

私にとってこの経験は明確な傷で、トラウマで、いまだに夢に見て不快感に苛まれものである

夢の中の私は性的接触をされると怒り狂うか激しく拒絶してくれるので子供の頃のように何もわからず受け入れるということはないけれど、そんなものがなんだって話だ。

気持ち悪いと思っていることがいまだに払拭できずに夢に見る時点で何も良くない。

そしてこれが私にとってどうしようもなく、どうにも出来ず、誰にも打ち明けられない理由なのだが、なんとトラウマになっているにも関わらず私は兄と仲が良いのだ。

どういうこと?と思う人もいるだろう。私もどういうことかわからない。けれど本当に仲が良い兄弟なのだ

兄とよく話すし、食事もするし、出かけることもある。冗談を言ったりふざけたりもする。大事家族だと思っている。

触れられるのが嫌かどうかはその時による。一瞬でも私が性的なふれあいのことを意識すると一ミリも触れられたくなくて避けるが、思い出さなければ肩を抱かれたって平気。

この辺の匙具合がどう働いているのか、これも私にもわからない。


たまに、誰かにこのことを打ち明けたくなる。

兄に触れらることを気持ち悪く思う瞬間がある、兄に性的接触をされていた時期がある。

性的なことをされていたのが本当の本当に不快気持ち悪くて我慢ならなくて嫌で嫌で仕方ないのだと誰かに訴えたいけれど、その相手が実兄であること、そして普段は仲の良い家族であるということが、私の口に蓋をする。

特に仲の良い友人になど絶対に打ち明けられない。

からと言って仲良くない相手なら話せるのかといえばそれも無理で、こんなことがあったのだと知り合いに打ち明けたいけれど、知り合いには打ち明けられない・打ち明けたくないと、矛盾した思いが私を苛む。

そうして結局、今の今まで誰に打ち明けることもなく生きてきた。

いや、一度だけネットで知り合った誰かに打ち明けたことはあるのだけど、その時もついつい誤魔化してしまったのだ。

向こうもこちらも顔も知らない本名も知らない相手だっていうのに、それでも私はありのままは打ち明けられず、子供の頃に性的なことをされたことがあるとだけ言った。

それだけでも十分につらい経験だったと言えるだろうが、そこにある本当の苦しみは伝わらなかった。まあ、言わなかったんだから伝わらなくて当たり前なんだけど。

とにかく、私はこの経験を誰にも打ち明けられないことがしんどい。辛くて気持ち悪い。

けれどやっぱり誰にも、私という人を知っている人には誰にも言いたくない。

偏見の目で見られるのが嫌なわけではない。私と兄の間であったことに他人が介入するのが嫌……というのが近いかもしれない。明確に言葉にできないけれど、そんな感じだ。

だけども、この胸の内を誰かに吐露したい・共有したいとも思うから、ずーっと同じところをぐるぐるし続けている。

多分これは一生解決しない。

私は鬱病を患っており、このトラウマも原因のひとつであるが、誰にも言えないから誰にも私が何に苦しんでいるのか伝わらない。

一人で抱えていくしかないんだなぁと思うとあんまり重くて苦しくてしんどくて、けどどうしようもないので諦めて、そのくせ諦めきれなくてここに書き散らした。

最初に書いた通りこれはなんの意味もない書きなぐりです。

なんの意味もないし、誰かに解決策を求めているわけでもない。

ただ長年誰にも言えなくて、書きなぐる場所もなかったから、こうやって書けたことで少しは満足できました。

書く場所をくれてありがとう。もしもこんな「だからどうした」みたいな文章を読んでくれた人がいたとしたら、その人もありがとう

特に締める言葉もないので、こんなご時世だしみんなあったかい格好して病気しないように気を付けてねとだけ言っておきます


追記

多分縁切りなよとか大事じゃないでしょ系のコメントがつくだろうと思ってたら案の定だったか追記するんだけど、私も第三者だったらそう思う。

けど当事者の私は、性的なことをしてきた兄と家族としての兄を、同一だと思っているのと同時に別物だと切り離してもいる。だから嫌だとも思うし、大事だとも思う。

とにかく矛盾していて、私もその自覚がある。だからこそ他人解決策を求めてない。だって上にも書いた通り、縁切ればって私も思うから。でも切る必要はないと私が思ってる。

意味からないよね、ごめん。

2021-02-11

続々:45歳多重派遣プログラマ退職エントリ

匿名自分ログを世の中に浮遊させ、そして拾って頂けるのは楽しかったです。

長く続けるとバカなので何処かで絶対にボロが出る。なのに書きたくなってしまった。

投稿です。きちんと上がらなかったように見えたので、消してしまって、もうええかと思ってしまったのだけど、

たかったというコメントを見て、少し修正して上げることにしました。こんな駄文ありがとう

45歳多重派遣プログラマ退職エントリ

https://anond.hatelabo.jp/20210130001953

続:45歳多重派遣プログラマ退職エントリ

https://anond.hatelabo.jp/20210131035752

これらの続きです。

====

前回のエントリでずっと4GBのメモリとともに作業していたと書いたが4GB以下が正しい。

最初現場は128MBだった。あと、盾を鉾と書いていた。この誤字脱字と誤用の多さで私のプログラマとしての質の低さもなんとなく察して頂けるだろう。

結婚した話◯

何故か結婚の話が書かれていないという書き込みが幾つかあったので結婚の話から

30歳を越えてから趣味が充実していた事もあって周囲には煩く言われるものの、結婚を考える事はあまりなかったし、結婚分岐に入ることが必ずしも幸福につながる選択肢とは限らないと考えていた。

この考えは今も変わらないが私は運良く幸福につながるほうへ入ったようだ。すまんな。

何せ30歳を越えてからは同じ趣味おっさんの友人たちと焼き鳥屋であーだこーだいいながら企画を練り、イベントを立てたりするのが楽しくて仕方がなかった。

20代があまりにも労働をしすぎた。22歳から28歳までの6年間、年俸制なので一円残業代が出ないのに月300時間勤務を2年半はやったと思う。最初のうちはISDN接続テレホタイムでのネトゲ自分ゴールデンタイムであり、息抜き時間だった。

時代が今なら渋谷凛か風野灯織に貢いでいたことだろう。長い労働時間人生搾取だ。

嫁は異業種の人で、友人のボカロPファンだった。彼のライブに通ううちに顔なじみになり、少しだけ会話をするようになった。

ある時行ったライブが月曜夜の開催ということもあって若い人が多く、ライブハウスの中でスーツを着た客が私と嫁しか居なかったので思い切って「今日スーツ、我々だけですね」と話しかけ、そこから色々な話をしたのを覚えている。いやらしい。

ボカロPライブでの出会い、つまり私が結婚出来たのは初音ミクさんのおかげだ。

30歳になったあたりからようやくIT業界に過残業を何とかしようという機運がやってきた事、そして定時で上がる精神的な胆力がついた事で音楽を作る時間精神的な余裕が出来、人との交流が生まれライブに行く機会が出来たから私のような人間でも結婚出来たのかもしれない。しらんけど。

国勢調査によると35歳を過ぎてから結婚した男性は約3%らしい。私は一生分の運をこれで使った。(正しくは6.8%だと何処かの教授が言っていたが)

自分が居た現場の雑感だと、同じシステム開発現場でも大手SI大手SI子会社のほうが結婚している人が多かったように思う。多重派遣はやはり収入面で結婚に対してネガティブ意見を聞くことも少なくは無かった。

若い頃は親にも親戚にも「そろそろ結婚も考えないといけないだろうから派遣社員辞めないとね」と言われたことを思い出した。SES増田は一度は言われたことがあるだろう。

世間一般的には技術職というイメージよりも派遣社員というメージが強く、収入面も相まって世の中の反応厳しい。

一般派遣請負資本金

普通一般派遣請負派遣の人が混在している現場が多いと思うが、前者は1人でも派遣が出来、上位会社現場リーダーが直接指示をすることが出来るので最近はその方が多いように思う。

ところが、一般派遣会社として登録するには資本金が多くないとダメで、派遣法が改正されたあたりで資本金が少ない会社請負の道を選ぶしかない。

そうすると複数人現場に行き、自社のリーダー仕事の指示をされる形になる。ただ、コレは守られていない現場が多い。

さらに、大手大手子会社取引を直接行うのにも資本金の大きさ・設立してから何年等の条件があったりもする。

資本が少ない会社資本金の多い「別な会社を迂回して」契約する。そこに多重派遣ができる仕組みの1つがある。上位請負営業が◯◯社経由しろという場合利権癒着場合もあるのだろう。

勿論お願いしやす会社という場合もあると思うが。

新人教育を受けれなかった話◯

新人の時、パワハラ教育担当に私が毎日何度も怒鳴られているのが流石にプロジェクト内で目に余るようになったらしく、私はドキュメント整理という新たな仕事を貰う事になる。

炎上プロジェクトの為、全く作られて無かったクラス図をソースからRational Roseで自動生成し、体裁を整えて他の設計書も含め印刷をした。同じものを2部作るのだが、何故か同一性保持という理由で一部はコピー制作。分厚いバインダーに綴じた。

印刷コピーで休憩もせず毎日終電生活をしていた時、PMに「広島の二番バッターみたいだなおまえ」と言われたのを覚えている。コツコツやるけど面白みがない人間だと言われたのだ。

要領の悪い私に休憩のタイミングなんて解らなかった。ましてやパワハラマンに使えないと毎日散々どやされ続けた後なので尚更である

その経験から私は同じプロジェクトに居る若手に「そろそろ1回休んだら?」「いつまで働いているの?増田がそろそろ帰れって言ったって言ってもいいよ」となるべく声をかけるようにしていた。モテそう(モテなかった)

この時、たまたま席が空いているという理由で隣に座っていた方が、のちに難易度が高い事で有名な銀行統合現場の某SIトップになっていた。プロジェクト雰囲気は良くなかったが、いつもにこやかで私のような末端にも優しかったのを覚えている。出来る人は余裕がある。

印刷業務が終わった後、入社してからずっとテストだけをやらされていた1年上の先輩のアベさんと、とうとうプログラム修行に出してもらえる事になった。

新規開発のプロジェクトであるプログラムも一杯書けてラッキーなのではと思っていたのだが、自社の人間はアベさんと私だけで、あとは上位会社PMと、更なる下請け構成されていた。

現場リーダー下請けの人で、この人が私とアベさんの教育係という事になった。

自社の営業初日に来て「この子よろしくね」とリーダーに伝えた所、「任せてください!」と良い返事をしていたが、自社営業が居なくなった翌日から面白いくらい態度が一変することになる。

何を聞いても露骨悪態をつき教えてくれず、技術的な質問も一切受け付けない。

流石にアベさんと自社の営業に伝えたのだが、翌日朝私のところにやってきて「チクったな」「自社の人間でも無いお前らに教える余裕はない」と言われてしまうだけで特に事態改善はされなかった。パワハラ上司の次はこれだ。駅のホームドア大事なので全駅に付けて欲しい。

救われたのはインターネットが使える現場だった事だ。とはいえ、なんせソースレビューも私とアベさんで互に行うので、技術的な進歩がまるで無い。

ある時、私が書いたプログラムメモリを使いすぎてフリーズするようになり、問題になってしまった。他にも技術的に問題のあるプログラムを書いてしまった事が続いたのと、リーダーに対してハッキリとモノを言うことも災いし、PM判断半年プロジェクトを出ることになってしまった。

2つ目の現場で早速クビを経験した。

もっとうまく立ち回る事も出来たように思う。しかし、若造人生経験値が足りなかった。

多重派遣の大きな問題として、現場ガチャにより環境が大きく変わるというのがあるだろう。2~3年も我慢すれば大抵の場合次の現場に行けるのかもしれないが、短い人生の2~3年は少ない数字ではない。

請負ではなく一般派遣扱いで来る技術者の中には新人なのに1人で派遣されてくる人も多い。そんなのは新人教育とは言えないと思うのだが、どこの会社募集要項にも新人教育バッチリと書いてある。

その「新人教育」とやらの実態というのは大抵の場合、外部で行われる初心者研修と、自社の営業が「この子よろしくね」と現場に伝える程度の事でしかない。

社会人としての新生活での不安技術的な不安、誰が教えてくれるのかも解らない不安、定時になっても誰も帰らない・帰って良いとも言われない、作ったもの品質不安、数多くの不安を抱えて過ごさなければならない。ちゃん相談出来る人も現場に居ないのである

技術的な所は勿論、精神的なケア必要な時期だと思うのだが、このような体験20代前半でしないといけないのはどうも無駄な苦労をしているようにしか私には思えない。

インターネットさえあれば、プログラムは書くことが出来る。

ただ、新人が伸びる為に必要なのは経験者によるソースレビューによる指摘」が必要不可欠だと私は思う。レビューを先輩・上司が行い、新人が書いたコード信頼性担保が出来ないと、余計なバグを生み、可読性・メンテナンス性も落ちるだろう。

なによりバグを出してリーダーPM顧客に「こいつ大丈夫か?」と思われるストレスの大きさと自信喪失感は長く忘れられない。

余談だが、最初教育担当パワハラ先輩とはその後別な現場で一緒になった。しかも彼は会社倒産後、上位請の会社転職していたので私に仕事を振る立場として現れたのだ。全く知らなかったので顔を見た時は「ヤバい現場に来た」と焦ったのだが、「あの時は俺の頭がどうかしていた。申し訳ない」とまず謝られてしまった。驚くほど柔和な性格になっていて棘が全て抜け落ちていた。その後一緒のプロジェクトの間はたまに昼飯を一緒に行くまでになった。

約1年一緒に働いたが一度もドヤられる事は無かった。許せるか許せないかは別として、パワハラをするほうにも何かしらの事情や背景があるのだなと一つ学んだ。

派遣会社の自社忘年会

社会人1年目の忘年会ゲイショーパブ観劇だった。そこでアベさんはダウンタウン浜田高校(全寮制男子校)の同級生というママに唇を「むちゅーーー!!」と音が聞こえるような熱烈な口づけをされ、人生ファーストキスを奪われていた。私は隣でただ震えるしかなかった。

二次会は無く、特に他の社員との交流も無く忘年会解散

知人もなく上京してきた為、他の社員交流する帰社日をそこそこ楽しみにしていた私は怒りのあまり社内報若気の至りで”ボロクソ”に書いた所、社長の目にとまり、翌年から忘年会幹事を任されることになってしまった。なにせショーパブ観劇社長要望だったのだ。

そして、普通居酒屋特に弾まない会話をして終了をする忘年会を2年繰り返した。

自社の忘年会を面倒に思うベテラン社員は多く、各現場電話で来てくださいねと念を押して来て貰ったのに参加者全然楽しそうではないのだ。

普段それぞれが別の現場に居る人なのでそれほど同僚感も無く、特に仲も良い訳でもないので会話が弾まないためだ。良かれと思って2時間飲み放題にしたが、本当に盛り上がらない。

「なるほど、これで会話をしなくて良いイベント(且つ社長趣味)がブッキングされたのか・・・」と理解した。

その経験があり、”自社”に缶ビール等の各種アルコールノンアルコール飲料テイクアウト料理を用意し、16時開始、17から随時帰りたい人は帰る。という方式に変えた所、立食(椅子も勿論ある)で仲の良い人の所に居て彼らとだけ話すことも出来るし、色々な人と交流することも可能になった。時間が短いために会話のネタに困ら無い事も功を奏し、思った以上に盛り上がる事が出来た。

子供が出来た今ようやく思うに至ったが、子育て世代も延長保育やパートナーにお願いすることもなく早めに帰れて良かったはず。殆ど17から続々と退社していたが、以前は無かった有志の二次会組もいくつかあったようだ。参加者にも総務部長にも「毎年これで良いね」と言われ、ほっとしたのを覚えている。

何が正解かは解らないが、業務時間内で終わる自社での短い時間立ち飲み椅子席あり)は好評だったので、幹事をやらされがちなSES増田は参考になれば良いなと思う。

理不尽アイデアにブチ切れる〇

基盤まわりの仕事をしていた時、あまりにもプロジェクトメモリ初期化漏れが頻発して問題となり、プロジェクトのお偉いさんが捻り出したアイデアが「”物理メモリ全部を定期的に端から終端まで0で埋める」というものだった。

そしてそれをどう実現するか?という会議に呼ばれたのだ。

指を使い「物理メモリを”端から””端まで”全部、プログラムが動かない時間に定期的に一回ゼロで埋めればいいじゃない?」との説明があった。

これは良いアイデアだとご満悦の上役と、違和感を覚えない他のベテラン参加者達。

「まず、仮にこれが実現出来たとして、サーバーが立ち上がった時点でOSやミドルメモリを利用していますが、どうしますか?OSもミドルも当然落ちます。」

メモリですが、皆さんが普段変数宣言mallocで受け取っているメモリの番地ですが、全て仮想メモリアドレスなのはご存知ですか?」

「我々のような庶民は直接物理メモリアドレスに仕組み上アクセス出来ません」

物理メモリアクセスするにはカーネルプログラミング必要になります

メモリにはユーザープログラミングで触れる事が出来る層と、カーネル層という仕切り、さら仮想メモリ物理メモリという仕切りがある為に、堅牢性を保持している云々」

ここまで伝えても皆ピンときていない。文章にすればまだ解るが所為オタク早口説明なので当然、私の話術にも大いに問題はある。

もしかして自分が間違っているのか?このままだと私がこの対応をやらされる羽目になる。

私は交渉事でうまく立ち回れる技を持っては居なかった。なので、最後の手段に出た。

「だからこんな方法は絶っっ対 実現できないんですよ!!!」と突然のブチギレ。いや、出来るのかもしれんけど。

一同ポカーン。突然のメガンテを使った私に皆パルプンテ状態になり、

増田がココまで言うのなら出来ないんだろう」という事になった。

MPHPと色々なものを失い、平和を保つことが出来た。

正直、高い技術必要ない汎用的なシステムの開発現場のなんてこんなものだ。AWSGitHubも触ったことのない私があえていおう。

最初エントリーに業務時間内に勉強させろと書いたが、目的が無ければおそらく時間があっても、「私は完全に仕事をしています」という顔をしながらvi青空文庫アマチュア小説を読んでいた時間の方が長かったのではないかと思う。

今であればダメ理由説明しますので、別途時間を頂けますか?くらいは言えるはず。若さである40歳位の頃の話だが。

次回、起業の話で終わろうと思います

2021-02-05

腐女子右往左往し、生涯の推し出会い悟りを開くまで2

※文が長くなったので分けました。

2020年の前半がコロナファーストキス相手一色だったアラサー目前の腐女子が生涯の推し出会って生き方を見つめ直した話。



生涯の推しとなったキャラクターのことは、原作が連載されていた頃から好きではあった。とはいっても主人公であるキャラクターと共にアクリルスタンドを購入し、飾って眺める程度である二次創作支部更新されるものを読むだけであった。

それが、スクリーンで彼の活躍を見た瞬間一変した。世界が変わったといっても過言ではない。(以下Bさんと呼ばせて頂く)

Bさんはすごかった。端正な顔立ち。明朗快活な性格。凄まじい剣技。そして、何よりも尊い高潔な心。

私のちゃちな文章ではBさんの魅力を伝えきれないのが本当に心苦しい。

Bさんに会うために何回映画館に足を運んだか、もう数えきれないほどだ。彼の言葉勇気を貰える。私を奮い立たせる。彼の立ち振舞いを模範にしたいと思う。

彼のようにとはいかないかもしれないが、私も人に恥じない生き方をしたいと、そう思えるのだ。明日を生きるための活力をもらいに通っているといっても過言ではない。

仕事が辛いと感じるとき、彼の言葉を思い浮かべる。そうすると不思議と力が湧いてくるのだ。過去幾度となく辞めたいと考えながら続けていた仕事苦痛ではなくなった。これが私のすべきことだと、そう考えられるようになった。

Bさんのことを胸を張って好きだ!といえるような人間になりたい。そう思いながら、日々を生きている。

Bさんが生涯の推しになって、己の恋愛感も変わった。前回の記事でも書いたが、私はアラサー目前の処女である。実生活での恋愛経験ほとんどないことを、内心恥ずべきことだと思いながら日々生きてきた。この年になって性行為経験がないことを産婦人科で軽く引かれたこともあった。昔は心から好きだと思える人に捧げたいと思っていた処女を、どこかでサクッと散らせないかと考えたこともある。

けれども、Bさんのおかげで恋愛は時のご縁だと思えるようになった。心から愛せる人に出会えていないんだから処女でもいいじゃないか。それで生涯独身でも、そういう運命だったのだと今なら受け入れられる。

Bさんへの想いは恋情ではない。憧憬だ。ただただ彼の生きざまに憧れている。

何より私は彼と某キャラクターカップリングが三度の飯より好きなのだ。ついに二次創作まで始めてしまった。

キャラクターグッズをこんなに買い込んだのも、Bさんが初めてである推しに散財出来るのはこんなにも楽しいのだと、初めて知った。貯金しといて良かったと心から思える。

BさんのおかげでAのことも気にならなくなった。(前日記参照)

時たま元気かな~と考えるくらいだ。曲がりなりにもファーストキス相手なので忘れることはないと思うが、それくらいは許して欲しい。早く幸せになってくれ。

Bさんのおかげで私の人生は一変した。唯一の懸念は万が一この駄文をAが目にした場合、Aに私の正体どころか処女であることまでバレるのだが、まぁそんなことは起こらないだろう。

Bさん、ありがとう今日も頑張って生きます

2021-02-02

生涯の推しができました。

以前の日記をまとめました。

想いは不滅です。


私はアラサー社会人腐女子である

NLBLGL関係なく恋愛物の漫画小説等が大の好物であるが、実生活ではこれといった恋愛経験はなく、この年になってしまった。はっきりと言うと、耳年増の処女である

そんな私ではあるが、去年の緊急事態宣言前、社内で配るバレンタインチョコ調達しにショッピングモールへ行った際ある再会を果たした。偶然、学生時代バイト先で密かに気になっていたバイト仲間(以下Aとする)とモール内ですれ違ったのだ。向こうから声をかけられ、数年ぶりに言葉を交わすことになった。

話を聞くと、就職が決まりもうすぐこの土地を離れるという。その前に飲み会でもしようという話になり、かつてのバイト先の同僚数人を誘いささやかではあるが飲み会が開かれることになった。

飲み会は和やかに進み、二次会カラオケにも行き(昨年の緊急事態宣言前の話なのでご容赦願いたい)解散となったのは夜もふけた頃であった。

Aが車を出し、皆をそれぞれの家まで送ってくれたのだが最後に車内に残ったのは私とAだけであった。自宅の付近に着き、車から出ようとしたところAに引き留められたため車内でお互いの近況をつらつらと報告しあった。

気が付くとAと手を握りあっていた。己の手汗がすごいことをAに笑われ、仕事でも困ってるんだよね~と馬鹿みたいにへらへらしていた。

正直、実生活での恋愛経験ほぼほぼない私は昔気になっていた相手と深夜の車内で手を握り合うこの状況に頭がショート寸前だった。

まりの気恥ずかしさに俯いていると、Aに前髪をかきあげられ、唇同士が合わさっていた。そう、流れでキスをしてしまったのである

その後数回キスをし、抱きしめあい、お互い励まし合ったところでお別れをした。Aはそれなりに恋愛経験豊富だと人伝に聞いていたし、今思えばあれはAにとっては別れの挨拶のようなものだったのだと思う。

しかし、私は昔気になっていた相手と初めてのキスをしたという事実に舞い上がってしまった。すぐに彼は新天地へ行き、己のことは忘れるだろうに何かが始まるのではないかと期待してしまった。

その日からAの事が頭から離れなくなった。あわよくばAとお付き合い出来ないか、などと頭の片隅で考えるようになった。しかしながら数年ぶりに再開したAと車内でイチャついただけの現状から、どうすれば恋愛関係に発展させることが出来るのか、恋愛経験が0に等しい私に分かるはずもない。

それに加えて、Aは数週間後には就職で遠く離れた新天地へ行ってしまうのである

はっきり言うと、よほどの恋愛上級者でもない限りこの状況からどうにかなるのは無理ゲーである。そんな無理ゲーコロナ禍の中挑むことになった。

ひとまずAと気楽に連絡を取り合える関係になりたいと思った私は、思いきってトークアプリからメッセージを送ってみるのだがこれが間違いであった。

恋愛駆け引きというものにこれまで無縁であった私は初手で躓くことになる。

昨日の飲み会のお礼からまり、和やかに会話が出来れば良かったのだが、私はずっとそわそわしていた。Aから昨夜の車内での出来事についていつ話が振られるのか気が気ではなかった。

Aは昨夜の話をこれっぽっちも口に出さない。Aの中ではなかったことになっているのだろうか。でも私は貴方が何を思ってキスをしたのか知りたいのです。貴方ファーストキス相手なんです。そんなこと口が裂けても言えるわけがない。余計なことを言ってAを困惑させたくはない。

この年になってファーストキスに憧れというものはなかったが、順に段階を踏んでから至る行為だと漠然と思っていた。己とは無縁だと思っていた行為を、数年ぶりに再会したAと飲み会後の車中ですることになるとは夢にも思っていなかったのである

謎の動悸がとまらないし、ずっとそわそわした状態の私がAに送ったメッセージは、まさに酷い有り様であった。今では立派な黒歴史である。Aにも確実に引かれただろうと思う。

ついに、私から切り出した。

「あれってキスだよね」と…。

Aから来た返事は

「ごめん、嫌だったかな」

というものであった。

謝られた。謝罪が欲しいわけではなかった。むしろもっとしたいです。キスに対して謝られた際に返す最適解をポンコツの私が持ち合わせている訳がない。

悩み抜いた私が送った返事は

全然大丈夫!気にしないで!」…。

気にしないで!じゃない!!!

気にしてもらわないと何も始まらない!送った瞬間後悔したが、後の祭りである

Aとは、特に何も始まらなかった。

『気になる相手 遠距離

でググってみたりもしたがどのサイトも参考にはならなかった。恋愛アドバイス系のサイトが全くあてにならないことを知った。

今思えば再会後、Aから連絡が来たのは飲み会の日程確認の一回だけである。その時点で脈は無いに等しかった。

結局、私からAにメッセージを送ったのも今日に至るまで片手で数えられる回数だけである就職し、新生活を始めるAの邪魔になりたくはなかった。もうAは私のことなど忘れているのだろう。新天地可愛い子と出会って、早く幸せになれと時たま思う。

2020年の前半を総括すると、コロナとAであるコロナが猛威を震い始める中Aと流れでキスをし、大したアタックもせずに未練がましくAのことを想い続け、猛暑の中でのマスク生活に死にそうになりながら夏を乗り越え、10月

生涯の推しに、スクリーン出会った。

生涯の推しとなったキャラクターのことは、原作が連載されていた頃から好きではあった。とはいっても主人公であるキャラクターと共にアクリルスタンドを購入し、飾って眺める程度である二次創作支部更新されるものを読むだけであった。

それが、スクリーンで彼の活躍を見た瞬間一変した。世界が変わったといっても過言ではない。(以下Bさんと呼ばせて頂く)

Bさんはすごかった。端正な顔立ち。明朗快活な性格。凄まじい剣技。そして、何よりも尊い高潔な心。

私のちゃちな文章ではBさんの魅力を伝えきれないのが本当に心苦しい。

Bさんに会うために何回映画館に足を運んだか、もう数えきれないほどだ。彼の言葉勇気を貰える。私を奮い立たせる。彼の立ち振舞いを模範にしたいと思う。

彼のようにとはいかないかもしれないが、私も人に恥じない生き方をしたいと、そう思えるのだ。明日を生きるための活力をもらいに通っているといっても過言ではない。

仕事が辛いと感じるとき、彼の言葉を思い浮かべる。そうすると不思議と力が湧いてくるのだ。過去幾度となく辞めたいと考えながら続けていた仕事苦痛ではなくなった。これが私のすべきことだと、そう考えられるようになった。

Bさんのことを胸を張って好きだ!といえるような人間になりたい。そう思いながら、日々を生きている。

Bさんが生涯の推しになって、己の恋愛感も変わった。この年まで実生活での恋愛経験ほとんどないことを、内心恥ずべきことだと思いながら日々生きてきた。性行為経験がないことを産婦人科で軽く引かれたこともあった。昔は心から好きだと思える人に捧げたいと思っていた処女を、どこかでサクッと散らせないかと考えたこともある。

けれども、Bさんのおかげで恋愛は時のご縁だと思えるようになった。心から愛せる人に出会えていないんだから処女でもいいじゃないか。それで生涯独身でも、そういう運命だったのだと今なら受け入れられる。

Bさんへの想いは恋情ではない。憧憬だ。ただただ彼の生きざまに憧れている。

何より私は彼と某キャラクターカップリングが三度の飯より好きなのだ。ついに二次創作まで始めてしまった。

キャラクターグッズをこんなに買い込んだのも、Bさんが初めてである推しに散財出来るのはこんなにも楽しいのだと、初めて知った。貯金しといて良かったと心から思える。


BさんのおかげでAのことも気にならなくなった。時たま元気かな~と考えるくらいだ。曲がりなりにもファーストキス相手なので忘れることはないと思うが、それくらいは許して欲しい。早く幸せになってくれ。

Bさんのおかげで私の人生は一変した。劇場で初めて彼の勇姿を見てから幾分か時が経っているけれども、今でも貴方は私の心の中で光輝いています

Bさん、ありがとう今日も頑張って生きます

2020-12-12

セックスをしたいわけではないと気づいた話

この間、居酒屋で仲良くなった80ぐらいの婆さんを家まで送ってったらサードキスぐらいを奪われたんですよ。

ファーストキス自体風俗で済ませてたのでギリギリ致命傷で済んだんですけど、気づいちゃったんですよね。

後生大事に抱えてきたこ童貞について、最悪のパターンとして「その年で童貞なのキモーイ」

パートナーにいずれかの段階で言われることを想定していたんですけど、もっと下があるなって。

というわけでこの間お金を払って童貞を捨ててきたんですけど、イケなかったんですよね。

女の子は悪くない。いやむしろ良かった。しかしイケなかった。

で、まあその日はお酒結構飲んでたこともあってまあそういうこともあるかなということで流したんですが。

さっきまた別の子の口およびまんこちんこを挿入してきたんですけど、まあ結果は同じです。

なるほど。と思いました。私が今まで「セックスをしたい」という表現で表していたのは

リンゴが欲しい」といったような明確な欲望よりむしろ

サキュバスベランダから入ってきてぐっちょぐっちょして搾り取って殺してくれねえかな」

といったタイプの願望および妄想を指し示していたのだと。

しかしながら、ですよ。いずれの体験においても私は数万円を支払ったにもかかわらず

そんなに不幸であるとは感じなかったんですよね。

例えばキス気持ちよかったし、裸でのハグはなんとも満たされるものを感じたし、

フェラにせよ挿入にせよイケなかったもの気持ちは良かった。

思うんですけど、これって比較オーガズムに達しにくいとされる女性セックスに対する態度に近いのではないか

私がセックス観とかまし女性セックス観を語るのはちゃんちゃらおかしいのですが、

多分そんなには間違ってないのではないかと。イケなくても満たされるものはある。

唐突に白状しますが、今まで私は女性オナホ視していた部分が少なからずあったのですが、

今回の件でそれは多かれ少なかれ改めることになると思います

多分、私が今まで「セックスをしたい」という表現で示していたのは「穴に棒を入れたい」というよりも

セックスという恥ずかしい行為をさせるほど女性を屈服させたい」ということだったのではないかとわかりました。

で、多分それってトロフィーワイフとかそういう話になっていくと思うんですが、

そういう難しい話はしたい人がしてください。

俺はオナって寝ますお疲れ様でした。

2020-11-16

営業担当女子社員取引から戻ってくるたび、トイレ横の手洗い場で何度もうがいをしている

枕営業強要されて受注と引き換えにあの子社長のちんぽを咥えさせられたのだな、可哀相に しっかりうがいするんだよ」と

脳内勝手妄想しながら彼女イソジンでうがいする姿をじっと見つめ続けるぼく

そういえばファーストキスイソジンの味だったなあ…

そう思いながらぼくの妄想股間は膨張を続けるのであった

 

2020-09-27

ファーストキスそばゆの

17歳の時にアルバイトしていた蕎麦屋の娘さん(22歳)に、

厨房で突然キスをされ、口移しでそばつゆを飲まされた。

それがトラウマそばが嫌い。

2020-08-12

キスのQ & A

Q. キスはくさいですか?

A. 口腔衛生状態が良い人はにおいが薄く、くさくありません。毎食後に口腔内に残ったカス掃除し、歯周・歯茎のコンディションもトラブルがないお口は、不快ではない程度の自然なにおいがします。

においが気になる人は、歯磨きをするときに、歯と歯ブラシがキュッキュッと音を立てて擦れるぐらいには時間をかけて磨くようにすると良いでしょう。また、フロスや歯間ブラシも使うようにしましょう。虫歯など、歯にトラブルのある人はフロスが毛羽立ます歯医者さんで治療し、完治後は3ヶ月ごとに定期検診に行くようにしましょう。

からくるにおいが気になる人は、リーゲインズ (起きてから8時間範囲に一日の食事を分配し、それ以外の時間は水分補給にとどめる) をして、夜間は胃腸を休めましょう。ピロリ菌がいる人は内科で除去すると良いでしょう。保険適用です。

なお、口腔衛生状態が良いと、その分の免疫力内臓のコンディショニングに回されることで、がんのリスクも下げられることが分かってきています。お口は健康入り口ですね。

みなさんの、いつかくるファーストキスハッピーな思い出になりますように。

2020-08-03

anond:20200801222238

痴漢のせいにするな

だってトイレのドアの後ろに隠れていた変質者にいたずらされてファーストキスも奪われたけれど

今じゃちゃんと嫁もいて結婚してるぞ

たまに発展場いくようになってしまったが

2020-05-29

老いた父がいる

私には老いた父がいる。それと姉が一人。

12年前鬱と人間不信早期退職してから

情に厚く博識で義理堅く穏和で長身で逞しくてなんでも出来た父は、引きこもりになった。

今、娘たちは手が離れ父は一人で暮らしている。

私は多忙のために精神的に余裕がなく老いた父を見るのが煩わしくて、半年に一度顔を見ればいいほどだ。

姉が緊急事態宣言解除を受け、久しぶりに父に会ったらしい。

引きこもりの父はすっかり色が白く筋肉は落ちて声帯は衰え、喋るのも歩くのもままならなかったそうだ。

なにより、そんなままならない自分状態に苛立ち、絶望していたのは父だったという。

クローゼットの扉の修理を手伝うはずが立って板一枚支えてすらいられず、青ざめて座り込んだまま宥め促すまで帰れなかったのだ。

姉は長女らしくもっと会ってやらねば、少しでも頼ってやって生きがいを与え、外に出してやらねばという。

まったくその通りだと思う。

人道的にも、世間的にも、父に必要なのは家族理解と支えだろう。

しかし私は、どうにもそれが煩わしく、とてつもなく関わりたくないと思ってしまう。

なんて薄情な娘だろうと思うが、私は早期退職した父の年金だけでは満足に養えないという理由で15歳で家を出た。

それからずっとひとりで生きてきたのだ。

誰にも頼れなくて学費を払えず高校中退して、18歳の春に退学届を出した翌日風俗面接を受けにいった。

ファーストキスは講習をした風俗店のオーナーに、処女クズみたいな風俗の客に奪われた。

こんなもんかと言い聞かせ、血肉を切り売りして生きてきた。

もう10年になる。

実に人生の半分近くをそうして生きていると、一人で生きられない人間自己責任努力不足で甘えてるのだと思ってしまう。

ましてや父など、私より四十数年長く生きている立派な成人男性だ。

時間と気を遣って面倒をみて庇護してやるなど、本当に必要なのだろうか?

父はまだ六十代後半だ、世間の六十代といえばまだまだ現役世代と言える。

病院に通っているのだからケアマネージャーを頼むなりカウンセリングを受け適切な指導を受けるなり、やりようはあるはずなのだ

しかし本人にその気がないのなら、そのまま朽ちてしまうとしても自己責任ではないのか?

父には男手一人で育ててもらった。何かと手助けをしてもらった。

だがまともに共に暮らしたのは物心が付く前の数年間と、母の虐待に耐えられず逃げ込んでからの5年ほどだ。

私の記憶には暖かな家族の姿がない。

いつも何かに怯えて、顔色を伺って、息を潜めていた。

本当に申し訳ないし、情が薄い、薄情で、人の心がない、最低な人間だと思うのだが、

歪ながらもようやく安定した生活時間精神の均衡を崩すとわかっていてまで手を差し伸べられない。

ごめんなさい。

一生懸命、育ててくれたことはわかっている。

並々ならぬ痛苦があっただろう。一人の女に振り回され虐げられ、人生捨てて心を壊して哀れな男だと思う。

父も被害者だ。

ごめんなさい。

ごめんなさい。

ごめんなさい。

2020-04-24

ファーストキスがね、にんにくの味だったんです。でも好きな相手だったから全く気にならなかったんです。でも相手浮気されて別れてから無性に腹が立ってる。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん