「五感」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 五感とは

2018-04-16

先週のある日

子供友達公園に遊びに行った。

久々の静かな午後。スマホ生放送動画を付けっ放しにしたまま、一人でソファで寝てしまった。

寝落ちからどれ位経ったろうか。配信主の鼻歌が聞こえて来た。気を抜いた感じの、リラックスしたハミング。目を閉じたまま、ゆっくり脳みそ覚醒していく。

ヘッドフォンで聞いてたから声をすごく近くに感じる。歌声は私を包み込むような温かさで、とても心地良くて懐かしい。このまま目が覚めなければ良いと頭の奥で鈍く願った。でも軽い違和感がある。

このリビングに成人男性の声がする事は数年無かったから。夫が居た時も、彼は自室にこもりっぱなしだったけど。

重い瞼を時間をかけて開き始める。別居中の夫が近くにいるみたいに錯覚しそうになったのだ。あの人もよく、こんな風に呑気に、間延びした感じで、デタラメな歌を陽気に歌ってたな。

もう多分、言葉すら交わす事もないだろうし、夫は今や本物のガチクズと化してしまった。私達の作った家庭は、とっくの昔に無残に壊れて砕け散った。

声の質は全然似てないが、明るくて繊細なニュアンスが夫のそれとどこか似通っていた。この歌声でかつて愛があった頃の夫の感触五感で蘇ってきてしまった。夫の腕の中で目が覚めたような感覚が、微かに

あの空気に一瞬引き戻されて、胸の傷が疼いた気がした。瞼を完全に開いてのっそり体を起こし、ヘッドフォンスマホから抜くと、歌声は私しかいないリビングに響いて、暫くして配信は終わった。

じゃあね、と配信者が優しい声で告げる。そして静寂。私はこれからどう生きるのかな。

2018-04-07

anond:20180401223048

最近若い方の傾向ですね。

頭で考えすぎ、結果を推測しすぎ。

未来はほぼその通りにならない。

行動して、五感で感じて、その瞬間に対応するのが人間

失敗を恐れてるだけ。ネット未来予測しすぎ。

さして人間進化していない。

正倉院展行ったらわかる。

2000年近く前の人も同じ悩み。

ifはない。

行動と結果のみである

実践して行けば、必ず正解に行くのが真理。

信頼できる人のアドバイスを頂き、

その通りやってみて下さい。

からないことは、わからないものです。

2018-03-26

anond:20180326025146

改めて返答感謝純粋に話ができて楽しいですw

あるとすれば人の数だけ死後の世界はある。

こんな教義宗教はないけど。

コレ実は、矛盾しない余地もあると思います

生物学者のユクスキュルが提唱した『環世界』という概念をご存知でしょうか?

同じ空間認識していても、その認識者の認識機能差異によって、脳や心に創り上げられる世界千差万別で、

同じ空間認識し・生きながらにして、全く異なる世界認識し・生きているという考え方です。

まり言ってしまえばこの現世だって、人の数だけ異なる世界があるのです。

まして恐らく、あの世では現世の五感とは異なる認識機能によって観測するのだろうから、現世以上に環世界差異が大きい可能性も大。

加えて、教祖あの世観測した世界教義に記す能力と、教祖あの世世界複数あることを観測する能力はまた別ですから

例えば「あの世には野球部があったぞー!」という教義真実でも、その教義に従っていれば将来その野球部に入部できるのは真実だとしても、

あの世には野球部以外にサッカー部もあるという事実認識できたか…というのはまた別の話で、だからと言って野球部教義は嘘にはならない。

私は科学教の信徒(ともいえる)なので、ここは「ない」と断言しちゃう

この認識ならば一切口を挟む余地はないです。

実際以上に科学で判明している事を過大評価した科学事実云々ではなく、科学技術信仰のような人の信仰自体自由ですので。

この世に影響を与えてないものが、人の魂(コア)を動かす、ってところ。

これも矛盾しない余地はあると思います

先の環世界的な話でもあるのだけれど、例えば、人の認識機能3次元な訳ですが、超弦理論などでは実際には10次元だそうです。

そして、蟻の認識機能はこのうち2次元だけとも評されるように、人間認識機能もこのうち3次元だけで、

(嘘か真か、盲目数学である者ポントリャーギンは「5次元図形を視覚的に思い浮かべることができた」なんて話もありますし)

実はあの世というのはこの世の4次元目以降にすぐそこに存在し、別に魂が動かされるとかそんな大層な話ではなく、

脳による認識機能が失われて初めて認識できる環世界あの世があると考えれば、何も矛盾しないのではないのでしょうか。

それこそ、その認識機能が特異的に鋭敏な人がいたら、その人が教祖としてそうやって微かに観測できた世界教義に残した…

なんて仮定すれば、先の複数ある死後の世界を一つと錯覚した件も含めて、諸々矛盾しないことになると思います

…因みに言うまでもないとは思いますが、私も個人的宗教観などは貴方に近いです。が、ここはあくま論理的思考実験としての話ですのでw

要は「死後の世界宗教教義簡単否定できる程の認識能力材料を私達は持ち合わせているのか」って話です。

では、その時喋った私は一体誰なんでしょうか?

面白いですね。凄く興味深いですね。

ただ、麻酔は確か飛行機の飛行原理と同じく、科学的にはその原理が解明されていない事柄ですから、断定的なことはやっぱり不明でしょうね。

単純に済ますのであれば記憶を失った酔っぱらいと同じ状態なのかもしれません。

もしあえて漱石枕流っぽくロマンを追求するならば、擬似的に脳(の電気信号)を失ったことにより、

先の4次元目以降の世界観測干渉できていた…かもしれないこともあるかもしれないw

2018-03-25

anond:20180325001944

ふむ、私の主張としては「結局あの世実在しようがしまいが、心の作り上げる世界には関係ないのだw」なんだけれど、

それはいったん置いておくとして、もう少し詳しく解説をお願いしたい。

・「極楽浄土があるとすると矛盾する」とは具体的にどういうこと?

単に極楽浄土という定義自体矛盾?それとも所謂「死後の世界」という概念全般が抱える矛盾

・「他の人は幻になってるのはやっぱりヘン」とはどういうこと?

「心は脳に依存している」というのは全くその通りで、例えば人の視覚物体のものを映し出している訳ではなく、

観測しているのはあくまでも光の波長で、脳がそれを元に勝手に着色作業などを行って架空世界を作り出し認識させている訳で、

実際の世界が、その色が、私達の心に映し出された通りのものである保証など何処にも無い訳で、

それこそこの世界ゲームの中の世界でない保証など、映画マトリックス』みたいに幻の夢を見させられていない保証など無い訳だけれど、

それを踏まえて「他の人が幻になる」のってそんなにヘンなこと?現世も似たようなものでは?

・「脳が消えればそれもなくなるから無くなる」は確かに一理あると思います

が、逆に脳があるからこそ遮られるものがある可能性は?

例えば、視力を失った人はそれを補うように聴覚などが鋭敏になるもの

同様に、脳という五感認識機能を失ったからこそ、大量の電気信号による情報の波に圧し潰されていた第六感的なもの顕在化する可能性は?

ブラックホール量子力学世界などでは私達サイズ世界での物理法則通用しないと言われているけれど、

そんな風に死後の世界では私達の認識メカニズム法則通用せず、全く別の法則によって成り立っている可能性は?

2018-03-21

anond:20180321181816

からその女の中身を五感で感じる方法を聞いてんだよタコ

物事ありのままに見つめる方法

例えばエロ画像を見た場合、それは女の体表しか見ていないことになります

人間は風船ではないので、中身もあります

 

解剖学を学び、体内には骨・筋肉内臓・神経、ウンコやオシッコなどがあることも理解しましょう。

本屋に行けば医学コーナーに解剖学の本やDVDがあるので、分かりやすものを選んでみてください。

可能であれば、五感を使い、実物で確認させてもらったら良いと思います

 

肉体の全部の構成トータルで見ることができるようになれば、レオナルド・ダ・ヴィンチのように、肉体を正確に観察することができるようになるでしょう。

 

https://anond.hatelabo.jp/20180321115614

2018-02-25

さらPDCA時代はOODA

OODAループは「観察(Observation)・情勢判断(Orientation)・意思決定(Decision)・行動(Action)」の4段階からなる。

最初の観察では五感を駆使して現実をあるがままに直観し、暗黙知的に知覚する。

最新の脳科学でも知覚的な情報ほとんど身体が吸収し、脳はそこからしみ出る一部の情報認識していることが判明している。

次の情勢判断では、過去経験自身資質、身についた文化など自らが蓄積してきた暗黙知と新たに知覚した情報をもとに判断する。

そして、対応策を意思決定し、行動に移す。

OODAループ対照的なのがPDCAサイクルだ。「計画(Plan)・実行(Do)・評価(Check)・改善Action)」のプロセスのうち、計画(P)はOODAループ意思決定(D)に相当する。

富士フイルムホールディングス古森重隆会長は、PDCAサイクル見直し、See-Think-Plan-Do(STPD)というサイクルに改良したが、この前段階にあたる「See-Think(観察・判断)」の重要性を訴えているほどだ。

2018-02-04

anond:20180203213633

服が軽くて柔らかくて暖かくて美しくて気持ち良いだとか、オーディオの音が良くて気持ち良いだとか、

車の走行性能と座り心地と静音性が高くて気持ち良いだとか、毎週末好きなところに出かけて気持ち良いだとか、そんなことだよ。

五感を満足させるのに金をかける(あるいは金がかかる)のが贅沢というやつなので、

満足させるべき感覚欲求を持っているようなら、そこに金を突っ込めば「贅沢の楽しさ」は理解できるはず。

ないならたぶん理解は難しい。

2018-01-02

風俗反省

言語化されない感覚を忘れがちな未来自分へのメモ

風俗に行って、性交してわかったこと。

  • 緊張による不感を自覚せよ。女性を前にするとAV鑑賞のようにはどうやったって興奮できない。巨乳もクビレも陰部も心に響かない
  • 自分の陰茎に触れられたって、鬱状態自慰したときのような不快な刺激を感じるだけなので虚しい

− ただし、女の子身体を触られるのは独特の満足感がある。秘部であればなおさらのこと


自分よ、もういい加減こりて風俗無駄な金を使わず自慰行為で済ませてほしい。その金は何か別の有意義なことに使ってほしい。

ところで、自分酒鬼薔薇聖斗世代なのですが、アラサーになって彼の手記を読み正常な方法では性欲を解消できない人がいるというのを知りました。

しか、彼の手記の中では射精に伴って激しい痛みを伴うと書いてあった気がします。それは、彼は性的欲求を満たすため社会的に許さいない行為をしてしまう遠因になったと。彼自身射精に関する悩みというものがあったとたしか書いてありました。

風俗に行ったあとで、全く普通の人と異なる方法しか興奮できない自分の有様をふりかって酒鬼薔薇氏のことをふと思い出したのでした。幸い、自分は悩むほどでなはい結婚するつもりも、たくさん性交するつもりもないので)わけですが、この世の中には性欲のカタチで深く悩む人もいるのだろうと思っています

2017-12-29

私と彼との出会いはつい最近のように感じる。

なのに共に過ごした時間はとても長かったように感じる。

これからもとても長くなると思う。彼はもうこの世にはいないけど。

つらかった、おつかれさま、さようなら。と彼は遺書の末尾に書いた。

残念ながら私は外国語が読めないのでツイッター遺書の訳を読んだ。

わかるわけないのに、私は彼の気持ちがわかった。

私は近親者をうつ病自殺で失った。

毎週毎週、連れられて話をしに行った。

「がんばれって言ったらだめ」と言われ、それ以外の言葉で励まし続けた。

それは中学生から高校生まで続いた。

ある日、庭の木に首を吊って亡くなったと連絡が来た。

見つけた家族が、急いで下ろしたとき、体は未だ温かかったらしい。

それでももうこの世には帰ってこなかった。本人の意思だと思う。

悲しい気持ちが無かったわけではないと思うけど

「やっぱり」死んでしまったんだと考えていた気がする。

そのときも、彼が死んだ日のように寒かった気がする。

あのときのことはあまりよく覚えていない。でもこわくはなかった。

彼はずっとつらかった、それに耐え続けたのは健気だったでしょ、と書いた。

さいごまで真面目な彼らしいなと思った。キュートジョークだ。

私が観てきた彼は、どんなステージでも最高に輝いていた。

その素敵な彼を構成する要素のひとつ悲壮感はあったかもしれない。

もともと器用なタイプではないとはじめは思っていたけど

持って生まれた才能と性格が、歌声表現を磨きあげた。

彼のすべてを魅力に変えた。ステージを観る私たちはそう感じたし、

天才努力を誇った。彼の儚さを愛した。

でも、彼にとっては違った。

彼のすべてが彼を追い詰めたのかもしれない。

皮肉なことに彼の周りには多くの愛情しかなかったのではないかと思う。

自身の欲を満足させたい、そして周りの愛に応えたい、心からそう思っていたからこそ

今、ここで、この瞬間に別の道(たとえばスポットライトが当たらない生活)は

彼の中に存在していなかったんじゃないだろうか。

結果、至らない自分に遭遇したとき、逃げ場がなくなる。

さらに強い向かい風、追い風だったかもしれないけど、自分意図しない形で流行ニーズ

ビュービュー吹く。

時間の濁流の中で、彼の愛した音楽オセロみたいにひっくり返った。

拠り所になっていたはずの大好きなやさしい音楽が、一番きつく彼を締め上げた。

全然関係の無い話をする。

はじまりは、いわゆる『ガンギマった』感覚になる。

風が吹くじゃないけれど情報がビュンビュン自分の周りを走り抜ける。

疲れを感じないしアイデアが沸いて止まらない。五感が冴える。

年齢のせいではないかもしれないけど、最近その感覚がまったくない。

年齢なんて関係ないという言葉基本的にはうそだ。

死ぬことはこわくないけど、年をとることはこわい。

自分が弱いことを知っているので年を重ねていくことに明るい展望が持てない。

もうあの時の最高の感覚でモノを作れる日は来ないんじゃないか

これは彼の話ではなく、私の話だけど。

逃げたい、死にたいという人と話をしていると、強い力で引っ張られる。

はじめは死んでほしくない気持ち対話に臨む。

なのに、相手のつらい気持ちを考えると考えが変わる。

考えが変わることは、とてもつらい。

私も今では立派な死にたがりになった。不眠症だし、病院に行ったら

病名がつくと思う。どうでもいいことだ。

彼はお疲れ様って言ってよって、言う。だから、言ってあげたいと思う。

つらかったんだって。そうなんだね。おつかれさま。

これまで貴方をずっと見守っていたけどずっと素敵だった。

あとはもう好きにしてよくなったみたいだよ。

遠慮なく好きなところに好きなだけ逃げるといいよ。

真面目だからどこにいってもまたつらくなっちゃうかもしれないけど…

追って死んでしまいたいほどつらい気持ちになる。でも、

彼は今までずっとつらかったそうなので、これからは私がそのつらいを持とうと思う。

つらいを持って、生きれるところまで生きてみようと思う。

今はまだ直視できないけど、彼の残してくれたものがたくさんあるし。

死後の世界国境があるかわからないけど、死んでもパスポートを取ろう。

私は彼の所に行きたいと思うし、行くと思うし、おそらくそとき

パールアクアグリーンファンライト持って行くと思う。

それはまったく彼の意に反していることわかってるんだけど、どうしても応援がしたい。

あとなんとなくだけど、いつもみたいにかわいく微笑んでくれるような気がするんだよね。

から彼には先に待っててもらうことにする。

彼は別に待たなくてもいいんだけど。私が努力すればいい話だ。

きちんとごはんを食べて、つらいをもった自分におつかれさまってしよう。

寄り添ってくれてありがとう。おつかれさま。

2017-12-27

人生物語はい

思うに人間理解能力ってのはあんまりにも小さくて、何かを受け止める事が本当にできない。

それは、いわゆる小説的なテキスト理解する能力人間によってはびっくりするほど低いってことだけじゃなくて、現実世界で起きてる様々なことを咀嚼して取り込む理解力根本的にかけているということこそが中心だ。

ごく一般的人間は、何か事件が起きた場合、その理解をするために、相当に圧縮をかけて、派手な見出しをつけて、感情移入ポイントマーキングして――もっと粗忽に言うのならば脚色して戯画化しないと、それを理解することができない。

たとえばマスコミニュースだ。国の政策予算という、基礎的な情報が全部オープンになっていて、それに対する研究論文が溢れていて、ほとんど正解といえる説が定まっていることでさえ、仕分けだとか節約だとか国民一人あたりの借金だとか、そういう次元に落とし込まないと理解が出来ない。そして当然戯画化されたその理解は、現実理解としては粗悪品なので道案内としても役に立たない。人間理解能力は、本当に限定的だ。びっくりするほど限られたテンプレートの、個人感情ベースのことしか人間は受け取ることが出来ない。

人間は様々なことを理解できないし、その最たるもの自分人生だ。自分気持ち自分いちばんよく分かるとか、自分人生自分自身理解できるとか、まるで嘘っぱちだ。人間五感入力された情報を99%廃棄しないと理解できないし、それ以上に何か起きた物事をあるがままに受け止める精神的な強靭さにかけている。

ブッサイクに生まれた男がいたとして、その原因は遺伝子とか節制とかあるだろうが、「そう生まれなければならなかった理由」なんてものはない。他でもないその男がそのような顔に生まれつき、そのことで傷つき、劣等感を抱え込まなければいけない理由なんてものは(宗教的には前世因縁とか解説されるが)存在しない。

人間社会で起きることの大半は、大きな意味で言えば偶然で、要するに運だ。俺が日本人として生まれてきたのは運だし、50年代ではなく70年代に生まれたのも運だ。そういう意味でいまスマホを持っているのも運だし、個人用の飛行車を持っていないのも運だ(もう50年もすれば所持できるかもしれない)。富裕層である場合もそうでない場合も運だ。もし俺が、まだ65歳なのに寝たきりになってしまった要介護父親を抱えているとして、それもまた運でしかない。でも、ただそれだけのことが、多くの人間にとって正面から受け止められないほどの苦痛を伴う。

人間はそういう世界とか摂理とか人生とか運命の有り様を、本質的には受容できる能力がない。

から普通人間物語の中でしか、つまり物語という形に希釈した現実しか、生きられない。納得できない何かを納得して生きていくためには物語必要だし、そもそも物語がなければ人間現実把握能力はおそらく犬猫レベルしかない。脳という解釈機関を搭載している以上、すべての人間物語の中を生きていくしかない。

そして他人理解するためにも物語必要だ。自分人生ですらまともに飲み干せないのに、他人のそれなんてとてもじゃないが手に負えない。ダイジェストダイジェストにして、初めて人間他人人生に触れることが出来る。あるいはそれはあんまりにも恣意的抜粋で、もしかしたら相手気持ち無視したストーカー妄想のようなものしかいかもしれないけれど、人間はそういう形でしか他人人生共感することが出来ない。

そういう虚構虚構を塗り重ねたような先で俺たちは社会を形作ってるのだけれど、その社会がないと現代において人間人間として生きられない。

人生物語必要だ。「人生物語必要ないという物語」でさえ必要だ。

唯一の救いは、おそらく俺以外の全員も、つまり人類がその程度のポンコツだということだ。同病相哀れむとお互い様の間で、よろめきながら存在できるというのは、多分最悪よりはかなりマシな状況だと言えると思う。

2017-12-26

メスイキかどうかよくわからないものについて

数年前に催眠乳首前立腺あたりを浅くかじったものの手間の割には徒労感が大きくて最近は面倒であんまり触っていないんだが、たまに不思議状態になることがある。

意識ぼんやりして微睡んでいる時にエロ妄想をしていると、その感覚がじわりじわりと自分のものに近づいていることがある。

催眠が上手い人は五感を完全に騙せるのかも知れないが自分場合はそこまでできず、せいぜい極限まで思い込めているというか思考から現実五感認識意識して取り去っているというか、そんな感じ。だから現実の俺の男の肉体を動かすと妄想の中の女の肉体が気持ちよくなって、女が喘ぐ。喘ぎ声はしょうがいか裏声を頑張ってどうにかする。俺は大の巨乳フェチなんだけど自分に乳がついたことはないからそこを意識すると妄想が粗すぎてボロが出て萎えから忘れる。お気に入りエロ台詞なんかも言ってみるとなかなかどうして性感が刺激される。俺の声のくせに。

そんなことを続けているとやがて妄想の中で女が絶頂する。すると自分身体自然と持ち上がってビクビクと痙攣する。頭が真っ白というわけではないんだけども全力で喘いでビクビクするとまぁ雰囲気だけでも気持ちよくなる。しか射精と違って脳が醒める賢者モードがないから同じことがまたできる。さすがに3時間繰り返すと脳が先にくたびれて微睡みを維持できなくなった。おもむろに尻に触れてみると一切触ってないのに腸液でぐっしょりしている。男性の肉体にこんな機能があることが驚きだ。

この感じも心地よいとは思っているんだけども、メスイキがこんなもんじゃなくてその先にあるものならその境地を見てみたくもある。

2017-12-21

活字は本で読むのが楽しい

活字電子書籍よりも本で読む方が好き。 紙の手触り、匂い、紙の色、インクの色、何もかもが電子書籍よりも味があると感じるから特に手触り、この感覚読書に与える影響が大きい。そして指で紙をめくる。一見するとこの作業読書とは無関係だが、いや、大いに関係がある。指の動きは確実に頭で読むことに連動している。例えばこれが指を使わず自動めくられるようになったら、読書感覚は大いに変わると思う。つまり物足りない。読書とは頭と匂いと指と、それこそ五感をフル活動させるような作業なのだ

恋愛講座ってなんだよ

森川友義とかい早稲田大学国際教養学部教授がやった恋愛講座の話

理系大学にて行われたのだがどうやら内容はほかの大学でも同じらしい

冒頭にて

「(某)大学学生のような人間日本を滅ぼしている!!」

このような発言をその当人の前で発言する時点でまともな精神の持ち主でないことは明らか

秘書問題において「離散数学より証明!」

数学言葉を巧みに使っているように思ってるのだろうが実際は全然使えていないので滑稽の極み

他にも

五感をフルに使って異性に接近せよ」

視覚で=相手を見て

 聴覚で=相手の話の内容を聴いて

 嗅覚で=相手のにおいを嗅いで

 触覚で=触れて

 味覚で=キスしろ

というセクハラ教唆も甚だしい内容を連発したり

男性にとって恋愛セックス

 女性にとって恋愛結婚

などという偏見に満ちた意見の垂れ流し

早稲田大学ハラスメント防止対策窓口に連絡を取ったがお茶を濁されたので誠実な結果は期待できないと感じここに墓標を建てておく

最後一言

こんな話聞き流してれば卒業できるんだな早稲田大学国際教養学部

自分入学すれば良かったよ

2017-12-14

永遠が成立する仕組み

永久に変化がない状態ってのは、変化が止滅した場合にの可能

アートマンプラクリティ干渉から離れて、独存に至った場合に変化をコントロールできる。時間は変化から生じている。変化が一切ない状態では時間の経過が発生しない。

日本人が真我独存を体得できないのは、その前にヴェーダ世界観を知らないから。とりあえずWikipedia勉強してみては?

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%A4%E5%AD%A6%E6%B4%BE

サーンキヤ学派は厳密な二元論を特徴とし、その徹底性は世界思想史上でも稀有のものである

 

世界はある一つのものから展開し、あるいはこれが変化して形成されるという考え方をパリナーマ・ヴェーダ(転変・開展説)といい、原因の中に結果が内在するという因中有果論であるが、ヴェーダウパニシャッド一元論や、プラクリティ根本原質)から世界展開を主張するサーンキヤ学派はこれにあたる。

精神原理であるプルシャは永遠に変化することのない実体である、とし、それに対し物質原理であるプラクリティ第一原因とも呼ぶ。

プラクリティには、サットヴァ(sattva、純質)、ラジャス(Rajas、激質)、タマスtamas、翳質・闇質)という相互に関わるトリ・グナ(tri-guṇa、3つの構成要素, 三特性三徳)があり、最初の段階では平衡しており、平衡状態にあるときプラクリティは変化しない、とする。

 

しかしプルシャの観察(観照、関心)を契機に平衡が破れると、プラクリティから様々な原理が展開(流出)してゆくことになる。

プラクリティから知の働きの根源状態であるブッディ(Buddhi, 覚)またはマハット(mahat, 大)が展開され、さらに展開が進みアハンカーラ(Ahaṅkāra, 我慢または我執, 自我意識。アハンは「私」、カーラは「行為」を意味する)が生じる。

アハンカーラの中のトリ・グナの均衡がラジャスの活動によって崩れると、これからマナス(意, 心根、Manas、思考器官)、五感覚器官(Jñānendriya、五知根、目・耳・鼻・舌・皮膚)、五行動器官(Karmendriya、五作根、発声器官・把握器官(手)・歩行器官(足)・排泄器官・生殖器官)、パンチャ・タンマートラ(五唯または五唯量、Pañca Tanmātra、五微細要素, 五つの端的なるもの)が展開して生じる。

パンチャ・タンマートラは感覚器官によって捉えられる領域を指し、声唯(聴覚でとらえる音声)・触唯(皮膚でとらえる感覚)・色唯(視覚でとらえる色や形)・味唯(味覚でとらえる味)・香唯(嗅覚でとらえる香り匂いである

この五唯から五大(パンチャ・ブータまたはパンチャ・マハーブータ(Pañca Mahābhūta)、五粗大元素)が生じる。

五大は、土大(Pṛthivī, プリティヴィーもしくはBhūmi, ブーミ)・水大(Āpa, アーパもしくはJala, ジャラ)・火大(Agni, アグニもしくはTejas, テージャス)・風大(Vāyu, ヴァーユ)の4元素に、元素存在運動の場を与える空大(Ākāśa, アーカーシャ, 虚空)を加えた5つである

 

プルシャはこのような展開を観察するのみで、それ自体は変化することがない。

この記述体験を通じて観察しない限り、理論だけでは理解できない仕組みになっている。

自分意志で変化をコントロールできない人間は、不変の状態永久)を得ることはできない。

 

※せっかちな人もいるだろうから警告。単純に死ぬだけでは真我独存の状態に至れないか勘違いしないように。自殺では変化をコントロールできるようになりません。

2017-12-07

ワイン情報を消費する。

グルメはどれもそうか。

味覚やらの五感情報レバレッジをかけるんだな。

2017-11-21

https://anond.hatelabo.jp/20171120235424

反対意見多いけど、わりと難しい問題だと思う。

芸術表現として作品性があるものや娯楽は、もともとポリティカルコレクトネスと相性悪いし、実際、まだそこまではPC求められてないと思う。竹久夢二デブも描け、比村奇石貧乳も描けってのは無茶でしょう。アニメ美少女だけでもまだ許される。作品から。娯楽だから

表現を良いものと感じる感覚、娯楽を楽しいと感じる感覚は、受け手五感とか欲望と直結していて、欲望対象って(メディアによって作り出される部分はあるとしても)個人個人それぞれ限定されるものだし、特に、その中でも性欲は芸術や娯楽のフックとしてはとても協力である一方、生殖に直結するから厳選されてて当然であり、もしも老若男女属性わず欲情する人間がいたら相当特殊だと思う。

一方、企業自治体や国やメディア芸術表現や娯楽を提示する時には、それが大きければ大きいほどに公共性とか社会的責任が発生して、ニュートラルな感じ良さが求められ、偏りが出ると差別ってことになる。清潔感があり普通っぽく性的でないものでないと叱られる。「のうりん」はアニメなら問題ないけど、観光協会キャラになるとダメ、みたいな感じ。あるいは単体の作品なら問題なくとも、それらから何らかの賞に選定するイベントが発生した場合には公共性が求められたり(映画賞ノミネートされるのが白人主演ばかりだと炎上する)、業界全体で発売される商品群に明らかな偏りがあると批判される(ゲーム勇者は男ばかり、けしからん、など)

で、元増田の話に戻すと、ヴィクシーのカタログもショウももともと「ヴィクシーっぽさ」みたいな世界観があって限りなく作品性が成立してたよね。元増田は、モデル多様性を持つことで作品としての魅力が失われたことに嘆いているだけで、レイシストとは違う。

でも、ヴィクトリアシークレットはすでに相当に大きい国際企業であり、公共性を求められる立場になってしまった。そうなるとカタログもショウも作品や娯楽ではなく公共物だ。細い白人だけなのは自然だしおかしい→人種や体型を多様にしましょうというところになるのはやむを得ない。

そして、それを突き詰めると今度は「女体持ちだけなのは差別」「若くて健康人間だけなのは差別」となって来てもおかしくない。実際、きれいなランジェリーを着用したい男性一定数いるのだし。80代のモデル身体欠損のあるモデル存在する。

この方向を推し進めていくと、公共特定属性押し出しブランドイメージ表現すること自体が許されなくなるだろうし、広告も掲示物もあらゆる企業企画が、無数の属性提示された中から自分の好きな属性だけを自分なり編集者なりAIなりが編集してそれだけを見るようになって、自分用にチューンされたVRの中で生きることにならざるを得ないよね。それはそれで面白そうだけど。

追記

あるいは公共性を帯びたもの=つまらないもの と思って最初から諦めるという方向もありそう。「バンドは売れるとくだらなくなる」みたいな価値観は昔からあるし。

2017-11-12

anond:20171112152306

発達障害(ASD/ADHD/LD)に対する理解がもう少し必要定型か非定型かにかかわらず、相手理解しようとすることは大切。

コミュニケーションにコツがある。

例えばだけど、注意されるときに「ちゃんとしろ!」とか「なんで○○しないの!」とか言われて育った人は、友だち同士でもそういう伝え方をする。でも、非定型の人は具体的な行動を言われないとうまく理解できないことが多い。

「○○の席はここだよ」と伝えよう。

「どけよ」じゃ伝わらない。

「ここ俺の席なんだけど」でも伝わらない。

自分の席もわかんねーのかよ」でも伝わらない。

あと、理由も聞こう。「俺のこと好きすぎて間接ケツチューしたかったの?」とか。

お互いに誤解の少ない方法コミュニケーションを工夫する必要があると思う。

あと、五感が研ぎ澄まされすぎてて、情報過多のパニック状態の中で生活してる。人によるが。

感情的になったり攻撃的になりやすいのは、パニック状態での防衛本能なことが多く、本人にはコントロールが難しい。クラスメイトで一番ストレス多いのはたぶん本人だよ。

発達障害の子に多い特徴は、局地的に集中力が強い、概念的な思考能力が高い、規則に厳しい、勘が鋭い、記憶能力が高い、親切すぎる、などなど、真似できないような良い面もたくさんあるんだ、ボタン掛け違えてるだけで。良い友人になれると思うよ。

そもそも、なんで健常者様が二等市民障害者に気を使わなきゃなんないんだって思った?

ならそれでもいいけど、俺は弱ったときに助けてもらえる社会の方が好きだから発達障害のことを調べていろいろ工夫することをお勧めするよ。

2017-11-11

ペペロンチーノニンニクオイル作ってニンニク捨てる奴はペペロンチ

明日人と会う?じゃあペペロンチーノ自体食うな

カリカリした食感が邪魔?じゃあ潰してホクホクにしろ

ペペロンチーノニンニクパスタを塩でむさぼり食うメシだ

明日を投げうって大量のニンニクをほおばり200グラムパスタを流し込む

乳化がどうとかベーコンの旨みがとかフザケン

味わう行為ペペロンチーノに失礼

一瞬で作って一瞬で食って一瞬で片付けて一気に五感情報をに流す

最後にあらわになる無様な自分を認めてやる

こういう日もあるさ

これがペペロンチーノ

焼き飯食パンダメだ、詰まらせてマジで明日を捨てちまう

ペペロンチーノけが正義なんだ

2017-10-11

うつ病などの精神疾患含む病の遺伝子要因の考察

うつ発症は、遺伝的要因も大いにあるのではないかと言われている。

仕事うつを抱えている方と接する機会が多いのだが、生育歴を辿る中で祖父母や親戚 両親や兄弟発症歴がある方 もしくは疑いのある方は半数程度である

学術医学的に基づいた見解ではなく、あくまで私の考察なのだ

精神疾患含む病気などの好ましくない遺伝は、DNAの誤解による継承だと思っている。

生物の最大の目的

「生き抜き、生き残る事」

それに付随し、種の存続と繁栄がある。

人間そもそも持ち合わせている「本能」と呼ばれるもの遺伝 とは呼ばない。

まれたばかりの赤ちゃんが誰に教わるわけでもなく、当然のように母乳の吸い方を知っているのは、遺伝子に組み込まれ生存本能であり

家族という群れ、学校という群れ、社会という群れを成し生きるのは、人間という種が生き残る為の生存本能である

それらの群れから弾かれる=生き残れない というような強い恐怖心を持つのもごくごく自然本能であると同時に

群れの中の異分子排除しようとするのもまた、人間本能である

本能は、生き抜き 生き残る為に最も継承される必要のある生存戦略だ。



PTSD(心的外傷後ストレス障害)とは、命の安全を脅かされるような出来事によって 強い精神的衝撃を受ける事が原因で起こる著しい苦痛生活機能障害をもたらすストレス障害である

生命根本的な目的である「生き抜く 生き残る」という土台が覆される出来事の衝撃は

今後、生き抜き生き残る為に必要情報として遺伝子に深く刻まれ必要がある。

二度と生命危険晒すことのないよう学習する必要があるのだ。

PTSDは、「記憶の凍結」が起こると言われている。

PTSDの元となった場面に少しでも近い状況、近い雰囲気を察知すると、冷凍保存された記憶がありありと蘇ってくる。

俗にフラッシュバックと呼ばれる現象だ。

しかも、少しでも似たような場面に出くわせば出くわすほど恐怖心は拡大され、倍増していくと言われている。

記憶の凍結と、恐怖心の拡大。

これは、生命の「生き抜く 生き残る」という最大の目的が二度と脅かされることのないよう

その時見た景色、その時感じた匂い、その時聴いた音 感覚... 五感をフルに使い記憶に焼き付け凍結させ

同じような状況 場所を避けようとする為の生存本能である

また、同じような状況において著しく恐怖心を煽り 安全場所に逃避させようとする為の生存本能である

本能は生き抜き 生き残る為に最も継承される必要のある、生存戦略だ。」

そう考えると、生き抜き 生き残る為に伝承される必要があるものとして選ばれた事柄の中に

精神疾患含む様々な病もあるのではないだろうか。



例えば、遺伝的な要因が大きいとされる身近な病気代表として「アレルギー」がある。

私自身にも幼い頃は卵アレルギーがあり、今現在ハウスダストや猫のアレルギーがある。

ギャグみたいな話だが、私の遥か遠い祖先は誤って毒を口にした経験があるのだと思っている。

毒を摂取してしまった時に起こったPTSDと二度と同じ過ちを繰り返さない為の記憶の凍結。

それにより、似た物質に対する過剰反応継承される中で拡大され 身体的症状として「アレルギー」となったのではないか



では、うつ場合どうだろう。

これは特に冬季うつ病が分かりやすい。

冬季うつ病とは、冬になると気分が落ち込み

具体的な症状として、倦怠感 過食 過睡眠などが挙げられる。

カロリーを蓄えた後、生命活動セーブする事によって、命を温存する為のいわば「冬眠」だ。

急な気象変動などによる食糧不足生活環境の著しい変化により、生命活動を極端にセーブさせ生存期間を伸ばす為の戦略である

冬季うつ病以外のうつ病の症状も、生命活動セーブという観点でいうと共通している。



一般的なうつ病も引き金として、環境の変化や 適応しにくい状況での過剰負荷による睡眠不足ストレス過多が挙げられる。

遥か遠い祖先、急な天変地異などに見舞われた際の生命活動セーブさせるという生存戦略

その際のPTSD記憶の凍結。

生き抜き 生き残る為に必要生存戦略として深く遺伝子に刻まれ選択され継承された記憶

継承される中で、似た環境に対する過剰反応と拡大されていく恐怖心の中で昨今

環境の変化や 適応しにくい状況での過剰負荷による睡眠不足ストレス過多に見舞われると、凍結された記憶遺伝子の中で呼び起こされ

生命活動セーブ=「うつ病」と呼ばれる形で再現されているのではないか


人類は「生き抜く 生き残る」という最大の目的があるにも関わらず

生命を脅かすような遺伝的な病は数多くある。

私は精神疾患含む病気などの好ましくない遺伝は、DNAの誤解による継承だと思っている。

何十世紀にも渡る個人歴史の中で、生命安全を脅かされるような危機的状況の中、起こった記憶の凍結。

元々は生き抜き生き残る為の戦略として必要だった記憶は、恐怖の拡大により形を変え

今や必要のないはずのもの遺伝という形で更に継承され続け

本来目的とは真逆の、生命を脅かす病として個人を苦しめている。

うつ病などの精神疾患始め、遺伝的要素を含む病は

遺伝子レベルでの改革必要なのである

元々は己の命を守る為の戦略であった事

凍結し拡大され、形を変えて今もなお継承され続けるほどの恐怖を味わったという事

だが、今はもはや必要のない情報であり

科学生活環境に伴う人類自体進化により

それほど怯え恐れる状況下には陥る事はそうそう無いという確信

それらをひとつひとつ丁寧に理解し、遺伝子に説得する必要があるだろう。

2017-10-10

黄金聖闘士の技って今思うと…

牡羊座スターダストレボリューション←光線技。ゴールド聖闘士っぽくて凄い。

牡牛座グレートホーン←ただの体当たり

双子座アナザーディメンション相手異次元に送る。文句なしに凄い。

蟹座:積尸気冥界波←冥界送りの即死技。文句なしに凄い。

獅子座ライトニングプラズマ←ただの早いパンチ。速度は光速といわれているが…

乙女座:天舞宝輪←相手五感を奪う。文句なしに凄い。

天秤座:盧山百龍覇←盧山昇龍覇をパワーアップさせた技(笑)

蠍座スカーレットニードル最初から15発目を打てば凄そうなんだが…

射手座黄金の矢←人によって技が変わりすぎるためこれをチョイス。要所で役に立つ。

山羊座エクスカリバー←それただのチョップだよね?

水瓶座オーロラエクスキューション←絶対零度とか文句なしに凄い。

魚座ロイヤルデモローズ←毒攻撃。場面によっては非常に有効

4人に一人は役立たずが混じってんな。ブロンズにつけこまれるわけだわ。

2017-08-29

断捨離流行っているけど自分は物が好き

物っていい。触れて物体を実感できるということが嬉しい、楽しい、大好き。手で触ること、匂いを嗅ぐこと、いろいろと五感活動させることが楽しい。古いものも好き。味がある。味があるという感覚がまた楽しい。物を排除するということは自分にとって健全ではない。

2017-07-31

やっぱり物はい

デジタル社会だけど、やっぱり手に触れられるということは心身ともに充実する。何か物に触れていたい。触れると安心するし実感がある。指先から伝わってくる感触とか、五感と言われる感覚から得る感触って、人間必要ものなんだと実感している。例えばメール手紙メールを書くことを1とすると、手紙は5だ。手紙の方が労力が多い。動員する感覚が多い。至る所の感覚を使って手紙を書く。文字のハネや間隔、行間などを気にする。メールでは自動から気にしない。アナログ自分で処理する作業が圧倒的に多い。こういう五感を駆使することって人間必要デジタルになってそれらの感覚を使わなくなることは退化に繋がると思っている。

メールだって指で打つんから感覚使ってんじゃねーかって?確かにそうだな笑 でもアナログより様々な作業量は格段に少ない。道具は使わないと錆びていく。人も同じだ。使わなければ退化していくんだ。

2017-07-10

今日よくわかったこと

バカサヨクは本当に自分の都合の良いところしか見ないという特殊五感を持っている

ゆえにまともに話し合いをしようとしても無駄

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん