「五感」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 五感とは

2020-03-21

街は死にますか?(2) 〜 自己連続性の否定

まったく同一の遺伝子を持つ双子であっても環境出会う人たちによって

発現する遺伝子が変わり性格も変わってしま

それは、 まったく同一の遺伝子を持つアリにも個性があることから自明だが、


クローンペットは、600万から1100万円を超える費用が掛かっても大盛況

[NHK]永遠の命!? 広がる“クローンペット

https://www.google.co.jp/amp/s/www3.nhk.or.jp/news/html/20190712/amp/k10011989001000.html


非常に高額な費用が掛かるので ユーザーの多くは常識的教養があり、

クローン元と同一の存在ではない』ことに自覚的だ (ググった限りでは)


でもこれって、当たり前の話のようで結構すごい話だと思う


同じ遺伝子と肉体を持っているだけでは、クローン元と同一の存在とみなさないって

本質的には、自己連続性すなわち、

自己同一性(identity)否定の話だから


過去自分と今の自分組織からして物理的に違う

記憶だって五感を伴うものから身体組織が違っていれば思い出しても感じ方は違う

(似たような環境で育てたとしても完全に同じ個体にならない理由がまさにそれ)


感じ方以前に記憶インディックスを失い、読み取れなくなるかもしれない


そうなるともう完全に別個体じゃん?

過去自分と今の自分クローンと同様に連続しない “別のなにか” だよね


ただ、“別のなにか” であっても姿形が同じであったり、過去との現在になんらかの共通点を見出せる場合、通常は別人として扱わないよね

また、姿形が変わろうと、呼吸と脳と心臓活動が止まって外部とのコミュニケーションが取れなくなるまで、

“死んだ” とは見做さないし見做したくもないよね



生き物は ”活動停止“ というわかりやす区切りがあるけど、”街” はどうだろうか?

街に寿命はあると思う

どんな状態になったら死んだ状態なのだろうか?


やはり人が1人もいなくなったらなのだろうか?

(例: 松木村)


1人でも残っていればそれは ”死“ ではなく ”変化“ なのだろうか?


だとしたら、ほとんどすべてのことは変化であって、滅多なことで街は死なないのかも知れない


とてもすっきりしたので夕飯にしたいと思います



スッキリした増田


スッキリしなかった増田

( ↑ 答えは出てないよ!世界中分子量子力学視点から研究中だよ)

anond:20200321000108

アナタ凄ェ!

オレは学生のヒマな時分に丸二日しかムリだったよー

そっか体力が下がって五感が鋭敏になるのね(小並感ですまん)

(断食6日)断食はやめとけ。

好奇心でやったが、寝ても覚めても食いもんのこと。Youtube大食い動画ばかり見て胃液ダバダバ。水飲み続けても胃が痛え。

体軽くなるって言ってたけど、そりゃ4キロ減ったら体重減るんだから軽くなる。

鬱のような全身倦怠感、2階に上がるだけで心臓バクバク

ろれつが回らねえ、約束の日間違える、仕事の凡ミス、発疹、耳鳴り

かに寝付き、寝起きは良くなった。でも寝付き良いのは夜遅くまで起きとくだけの体力無くなっただけじゃね?寝起き良いのは腹減ってるからじゃね?

オナニー毎日から3日に1回に。

五感は研ぎ澄まされる。餌を探すために。

背後の音を認知出来るようになった。そして目が良くなった。視力は変わらんが物体認知するスピードが早まった。匂いはもともと敏感だったが、感度が2倍に。街に出るたび油、ガソリン洗濯物、香水下水匂いランダムに押し寄せて、情報過多で吐き気が止まらなかった。森林に逃げたいと思った。

五感認知しても思考には結びつかない。思考を通さずただ感じるだけ。

回復食のお粥梅干しは机ぶっ叩いたほど旨かった。

明日から通常食、長かった。死ぬほど食おうと思う。

いつも思い出すのは、俺が作った飯だった。(ラーメン以外)

作って、食って、幸せを感じて、この苦労を喜ぶ。

これ書いてる今も頭ん中食いもんでいっぱいだ。こんなしんどいことは人間捨てたきゃやれ。

2020-03-19

ロボットの三要件は「センシング・コンピューティングアウトプット

要は人間の体と同じように

五感入力して頭で考えて筋肉に動きを出力する」が原始的ロボット要件なんだが、

人間も結局同じである」って前提を置くと、ウイルスキノコクラゲもすべて生命カテゴライズできるような気がするんだけどどないやろ?

2020-03-10

anond:20200310231607

俺も写真撮影行為に大した価値があるとは思えないんだよね

報道写真とか記録映像のようなものは別だけども

一般人レベルであれば一瞬を美しく切り取る為に時間やカネや労力をかけている暇があったらもっと五感でたくさんのもの自分の脳にインプットした方が楽しい

まあ俺が何か記録したものを見返す習慣が一切ない人間からかもしれないが

美的なことでいうなら人間の手で描く絵画等の方が人間作為(アート)が入り込む分比較にならないくら価値がある

2020-02-29

ぼく厨2病

小さい頃から度々変な現象に遭っていた。

小学校入る前から、度々、目の前に写ってる景色とは別に記憶を思い出す時のように、いきなり映像が出てくる事があった。後々同じ光景が目前に現れるので、仮称デジャヴとする。

目の前の事よりも、デジャヴの方が面白いので、デジャヴばかりに気を取られるようになっていったら、親が自閉症検査を何度も受けさせるようになり、デジャヴは異常なんだと知る。

それ以降、ほぼデジャヴを見るのが少なくなったが、後々の試験問題予想や馬券を当てるのに使えて、数回は得した。

大人になってから、この話を親しい人に言ってみるのだが、だいたいが、なんとなく通った事のある道とか、なんとなく会った事のある人とか、ぼんやりした記憶らしい。自分のは、もっとクリアな、過去を見るような鮮明な未来記憶。同じ体験を持つ人に会った事が無い。

そうこうしてるうちに、霊が見えるという人と知り合いになった。

その人でも、やっぱり不鮮明な未来記憶らしいのだが、あれこれ話しているうちに、徐々に能力感染したのか、居ない筈のものの気配を感じたり、聞こえる筈の無い声が聞こえてきたり、何も匂わない筈の臭いがしたり、妙なもの五感が反応するようになった。

五感の中でも視覚いまいちなのだが、親の死期には黒い影が見えるようになり、とある人物黒い霧のようなものが渦を巻いていたのを見かけ(もやしもん大学教授黒い霧をまとっていたあん映像)、その数ヵ月後、全身転移の癌で死んだのを知った。

黒い霧とは別に神社の奉られてる神や古墳の埋葬者や土偶の持ち主ともコミュニケーション取れるようになってきた。博物館の展示品は、五分五分で、たまにイライラしてるのも居る。


でも、いずれにしても、結局、これらで得する事が無い。使い道のない能力。こういう能力あっても使い道が分からない。おみくじ大吉出しても、それだけじゃ幸せにはならないのと同じ。未来記憶なら使い道あったかもしれないけれど、出し方わからなくなったから、今ほとんど使えない。

同じような人いないでしょうか?

または、これって脳がどうなってる状態なのでしょうか?

副業として、何かに使えないかなあ。

2020-02-17

リベラルとしては貴方意見に反対しま

公共の場所で嫌なコンテンツを見たら目を背ければいい。それだけです。

もちろん、私もポルノグロ映像新宿アルタ渋谷109の大画面で流していいとは考えません。ですがそれはあくまで『判断力の未成熟未成年が見てしまうから』です。

なぜリベラルであることを強調するか。それは、五感の中でも『嫌いなものを見ない』は目を背けるだけで実現できる比較的容易なことであると考えるからです。

聴覚嗅覚はそうはいきません。なので、『見て不快になるコンテンツは見る側に目を背けるという努力をさせるのではなく、不快になる人が見なくて済むように見せる側を規制するべきだ』が受け入れられるならば、『自閉症の人が突然上げる不快な奇声を聞かなくて済むように自閉症の人が公共の場所に出てくるのを規制しろ』『ホームレス悪臭を嗅がなくて済むようにホームレス公共の場から追い出せ』はもっと通ってしまます

リベラルとして、そのようなことは絶対に受け入れられません。

何もあなたホームレス排除論者だと言うつもりはありません。単に『不快にならない権利』の危険さについて無自覚なだけでしょう。

これを機会に、『公共の場所で不快にならない権利』について熟慮されることをおすすめします。

2020/02/17 20:45ブクマレス

id:hate_flag さん。なぜ不適切なのでしょうか? 私が見る限りあのポスター批判している人は元々アニメ絵を嫌っている人だけであり、その点で言うなら『西武ライオンズ選手献血広告に起用されてソフトバンク(orロッテorオリックスor日本ハムor楽天)ファンの私は不快になりました』と同レベルに見えますが。

23:00ブクマレス

id:skrnf さん。『悪臭不快感を与えるホームレス強制収容して正しい身だしなみや生活習慣を身に付けさせるべき。何もホームレスは皆殺しにせよと言っているのではない、公共の場所には相応しくないと言っているだけだ。』『自閉症患者は奇声を上げて不快感を与えるから強制的に入院させて治療するべき。何も自閉症患者を殺せと言っているのではない、公共の場所には相応しくないと言っているだけだ。』 は明らかに人権侵害です。では『このような性的に見られる可能性がありその結果として人に不快感を与える可能性のある絵は公共の場から排除されるべき。何も禁書にせよと言っているのではない、公共の場所に相応しくないと言っているだけだ』は表現の自由という人権侵害ではないのでしょうか?

2020/02/18 16:40ブクマレス

id:Ayrtonism さん。極端な光量、音量などを用いるものは別として『一度見たら半日気分が悪くなる』そんなコンテンツがあるというのは少し想像できません。『テレビの近くで熱心に見ていたら少なくない確率で光過敏性てんかんを起こすコンテンツ』ならば確かに実在しましたが(ご存知ですよね?)、これだってよほど条件が揃って初めて効果を発揮するものです。『一定数が、見ただけで、生活に影響が出るほど気分が悪くなる』ような絵や映像があるならばまず兵器利用されているのではないでしょうか?(ポケモンショックの際、風刺でこのネタを見たことがあります)

anond:20200217111746

2020-02-01

anond:20200201183256

リストアップされて思ったが電流って知感できるけれど五感に入れてもらえてないんだな。

感覚になりうるもの

視覚→光(電磁波)

嗅覚大気中の微細な物質

触覚→圧力温度

味覚→舌に触れた特定物質

聴覚振動

五感って結構手広くカバーしてると思うけど、なんか機械しか観測できない新要素みたいなのってないのかな

科学知識がないか全然思いつかん 赤外線とかは電磁波に含まれからちょっと延長線上感がある もっとこう逆立ちしても人間では感知できない、ラインが違うもの

人間視覚がなかった場合光というもの存在に気がつけるのか?とか考えるとなんかでっかいものを見落としてたりするんだろうかという気にもなる(科学舐めすぎか)

2020-01-31

バーチャルサバカリ

バーチャルサバカリィ(英: virtual sabacurry)とは、サバカレーではないが機能としての本質は同じであるような環境を、ユーザ五感を含む感覚を刺激することにより理工学的に作り出す技術およびその体系。略語としてVSとも。日本語では「人工サバカレー感」あるいは「仮装サバカレー」と訳される。古くは小説絵画演劇テレビなども、程度の差こそあれVSとしての機能を有している。

2020-01-30

anond:20200130225258

ゲーム機相手にやってるのと変わらんのだろ。

Aボタン押せば反応するとか、そういうもんじゃない。

せーかんたいは、大抵は移動する。その日感じても、翌日には別の所が感じる。

オナニーばっかやってる奴は、せーかんたいは固定化される傾向があるがな。

自分五感を使って、相手が感じる場所を探り当てろ。それが第一歩。

2020-01-06

anond:20200106000638

神仏、ってくくられるから同じようなものでは

五感剥奪するあたりが神に近いゆえんなんかな

2020-01-02

anond:20200102123211

実は五感認識できる範囲の外がどうなってるのかは不明だよな

2019-12-17

家まで追いかけてきたり

病院まで追いかけてきたり

耳をつぶせば骨伝道

みたいに

五感をたって逃げても

ベットで骨伝道で話だけでも伝えようみたいに

ストカーに狙われたら

ひきこもりってことにされて

多数派をとられて

ひきこもりをたすける!という大義名分のもと

駅や自治体の力を借りて話しかけるんだろうな 正義はいいな

死んでも一撃で死なないと病院逃げられない常置で話しかけられちゃうから

 

そうやって本当に話をしたい人とはできなくなる。

すばらしい

はなしかけちゃだめなんですね!じゃぁメール・・・

電脳世界からも追い出すんだろうな

2019-12-11

音楽リズム歌詞、どっちが大事

どっちも。

当たり前。

でも、どっちかというと僕は、歌詞だと思う。

リズム飲み物で、歌詞食事

僕たちを復活させているのは、歌詞

飲み物あっての、食事

飲み物は生き物として。

食事は人として、必要

さて、そんな歌詞

例えば、aikoの「カブトムシ」を例にとってみて。

悩み。身体。熱い。指先。凍える。冷たい。

音楽歌詞は、すべて僕たちにぶつかってくる。

そう。

音楽主人公は、あくまで、その音楽聴く僕たち自身なんだ。

歌っている人や作詞者や作曲者ではない。

君。

君なんだ、音楽主人公は。

もう一度。

悩み。身体。熱い。指先。凍える。冷たい。

これら歌詞が、僕たちの五感を刺激する。

ただ音楽を聴いているだけなのに、刹那の中で悩んだり身体熱くなったり指先凍えたり。

カブトムシ歌詞は、まずは僕たちの身体を刺激する。

続けて。

言え。はやく。弱い。死ね。年老いて。大切。

身体ではなく、人間性を帯びてくる。

音楽の中で僕たちは生まれて、身体子ども大人へ。

続けて。

スピードメリーゴーランド白馬。たてがみ。

唐突

急におとぎ話のような。

ここで僕たちの思考は一時停止する。

思考が乱される。

教科書にはない。

教科書にはない。

現実から現実へ。

楽しいことって、まるで夢のようだからね。

続けて。

背の高い。あなた。耳。おでこ。甘い。匂い。誘われた。かぶとむし。

はい王手

おわり。

https://twitter.com/nn_name_n

音楽リズム歌詞、どっちが大事

どっちも。

当たり前。

でも、どっちかというと僕は、歌詞だと思う。

リズム飲み物で、歌詞食事

僕たちを復活させているのは、歌詞

飲み物あっての、食事

飲み物は生き物として。

食事は人として、必要

さて、そんな歌詞

例えば、aikoの「カブトムシ」を例にとってみて。

悩み。身体。熱い。指先。凍える。冷たい。

音楽歌詞は、すべて僕たちにぶつかってくる。

そう。

音楽主人公は、あくまで、その音楽聴く僕たち自身なんだ。

歌っている人や作詞者や作曲者ではない。

君。

君なんだ、音楽主人公は。

もう一度。

悩み。身体。熱い。指先。凍える。冷たい。

これら歌詞が、僕たちの五感を刺激する。

ただ音楽を聴いているだけなのに、刹那の中で悩んだり身体熱くなったり指先凍えたり。

カブトムシ歌詞は、まずは僕たちの身体を刺激する。

続けて。

言え。はやく。弱い。死ね。年老いて。大切。

身体ではなく、人間性を帯びてくる。

音楽の中で僕たちは生まれて、身体子ども大人へ。

続けて。

スピードメリーゴーランド白馬。たてがみ。

唐突

急におとぎ話のような。

ここで僕たちの思考は一時停止する。

思考が乱される。

教科書にはない。

教科書にはない。

現実から現実へ。

楽しいことって、まるで夢のようだからね。

続けて。

背の高い。あなた。耳。おでこ。甘い。匂い。誘われた。かぶとむし。

はい王手

おわり。

https://twitter.com/nn_name_n

2019-12-04

anond:20191204103428

お前の場合で言えば五感がしっかり働いてても知能がなさすぎて意味ないだろ

美味しいものは体にいいだろ、美味しいものが体に悪いとかデブかよw

身体にいいものが不味いのはおかし

人体のもっとも大きな不具合ひとつだろ

良薬は口に苦し じゃあないんだよ 「いいものを得るためには苦労しないといけない」ってクソみたいな価値観がなんで味覚にまで適用されないといけないんだ

いいものうまい、悪いものはまずい っていう振り分けをやるのが味覚の仕事なんじゃねえのかよ

まあマジで身体に悪いものはある程度見分けてくれてる でも「美味しいけど身体に悪そう」みたいなものがあってはならないだろ

この場合「けど身体に悪そう」の部分は味覚じゃなくて知性がやってるし、マジで味覚無能すぎる

五感いちばんまともに働いてないの絶対味覚でしょ

2019-11-26

共感覚での悩み。

共感覚というものはご存知だろうか?

簡単にいうと五感接続が人とは少しズレていて、私は共感覚を恐らくもっている(恐らく、としたのはちゃんとした検査をしていないため)。

私は音や人の声が味で感じる時がある。

冒頭の接続の話で言うと、聴覚→味覚というものである

何を言っているのか分からないだろうが、クラシック(オーケストラ?)を聞くとココアやビターチョコレートのような味がする。そして、私は女優天海祐希さんの声が苦手である(渋酸っぱい感じがする)。

そのため、人混み等のたくさんの物音が聞こえる場所では味がコロコロと変化するため混乱してしまったり、苦手な味を感じるとすこし落ち込むというか、滅入ってしまうのでそのような場ではイヤホン音楽を流して過ごしている。

しかしながら、取引先など目上の方と外食をする時はイヤホンをつけっぱなしにするわけにもいかず、料理や酒の味よりも私の場合は音の味を強く感じてしまうため困っているのだが、何か良い方法はないだろうか?

家族半信半疑ながらも理解してくれていて、家で食事をするときは皆で集まって食べていても1人だけ別室で食べることを許してくれていた。

また、田舎出身のため友達の数も限られていて、昼飯の時はイヤホンをつけていても話せばなんとなくは理解してくれたので気楽だったのだが社会人になり、そのようなわがままを通すのも幅かられる気がしている。

2019-11-12

anond:20191112010636

女にそんな仮定の話しても伝わらないよ

現実に起こってることと五感に感じること以外の思考は女に難しすぎる

たぶんこの本文自体も1/3も伝わってないよ

2019-11-04

守りたかったものは『公共の場所が公共の場であること』です

公共の場所という存在可能な限り多くの人に開かれているべきだ。

これが『不特定多数の人が出入りする私有地(店の中、鉄道駅の中など)』ならばある程度は所有者に決定権がある。

だがそうではない、路上公園といった公共の場所は男性のためでも、女性のためでも、異性愛者のためでも、同性愛者のためでも、日本人のためでも、在日外国人のためでも、オタクのためでも、フェミニストのためでもなく、それらを含む全ての人のための場所であるべきだ。

そしてそのような『公共の場所で許されない物事とはなにか』とは端的に言えば法律条例違反する行為であり、それ以上ではない。

から、『○○のような存在を見たら私は不快になるので公共の場所で使わないでください』は少なくとも『見て不快になるから』だけが理由であるならば通るべきではない。

それを許容し始めると、「同性愛表現を見ると不快になるので公共の場所で使わないでください」「チマチョゴリを見ると不快になるので」「ムスリム(ry」までは紙一重しかない。

公共の場所で不快になる表現は、見なければいい。それだけだ。五感の中でも『見ない』ことは比較的容易な部類に入るだろう。

『大きな声や音を聞きたくない権利』『悪臭を嗅ぎたくない権利』と比べれば遥かに容易な棲み分けであることは自明だ。

(※『どうしても奇声を上げてしま自閉症の人』や『生活習慣や体質的問題悪臭を発してしまホームレスワキガの人』をどこまで公共の場所は排除できるか、となるともっとデリケート問題になる)

まり貴方意図していないだろうが

擁護派たちが擁護したいものがあるその世界を守りたいだけなのであろう。

これはある意味正しい。なぜならば俺たちも公共の一員であり、『見たくない人を不快にする』というよりも重大な他者への迷惑をかけていない限り、公共の場は俺たち“にも”利用できるものでなければならない。

そのような空間を守るために宇崎ちゃんポスター擁護しました。

anond:20191104183140

anond:20191104140009

五感を5感って表記する人間感覚が貧弱すぎるからそういう心配が生じるのであって標準的人間想像を絶するほど豊かな人生を送っているよ。

2019-10-31

anond:20191030193601

メディアコンテンツとして成り立つものは、視覚聴覚によるものが大半なんだな。最近4DXなんかで触覚、嗅覚アプローチしてるけど。料理人が主役の演劇で実際に料理を食べさせる、みたいなのがあったら五感全部を使ったエンターテイメントになるんだろうな。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん