「五感」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 五感とは

2019-03-07

でもさ、実際目と耳だけ騙した状態でこれが仮想現実でございなんて言うのおかしくない

五感のうち半分も騙せてないじゃん

せめておっぱい感触は味わえるようにしてよ

anond:20190307105831

実際に香りを漂わせてはいバーチャル!ってそれはズルいやろ

グローブ以外の触覚もあるし、脳に電極ぶっ差し五感電流再現する以外にはないぞ

2019-03-02

たつきみたいな作家は誰か居るかな

例えば「目が見える」ことの感動を目が見える人に伝えるにはどうすればいいか

それは目が見えない人の物語をきかせてやればよい

 

このような手法、ヘレンケラー方式とでも言うだろうか

そんな手法たつきはとっている

 

よくやるのは「知る」と言う行為

あとケムリクサでは五感もやってる

 

こういう手法ってこんなに有効なんだ、って改めて発見して面白かったんだが

これあまりやる人いないナ?

 

と思ったが、今期同じくやってるどろろがそれか

あれも五感失ってる

2019-02-16

健常者ってなんだろう

自覚を持って「自分は健常者だ」と言える人はどのくらいいるのか

そしてそう言える彼らは本当に健常者なのか、そもそも健常者の定義とは?


正確に健常者の定義を決めるとして、どこまで細部までを求めるのか

身長体重五感の正常性?精神社会的地位

ご飯シチューかけて食うやつは健常者から弾き出されるか?


そうやって突き詰めていくと、健常者ってのは日本1%もいない気がする。

婚活でよく求められる理想ハイスペックなお相手いるじゃん?

あれで求めているのって実は健常者を求めているだけなんじゃあないのか?

2019-02-11

電磁波攻撃って喰らうとこんな感じか

ワイはテレビが待機状態か電源オフなのか、隣の部屋でもわかるという、実にしょーもない能力の持ち主なのよ。

実はワイが統合失調おじちゃんで、外れた予測を都合良く忘れてる可能性もあるけどな。

想像するに、音じゃないかなと思ってる。

音楽聴いたり動画観てるとまるでわからんし、かなり聴覚過敏だし。

聞こえるか聞こえんかの音が耳に違和感として届いてるんだろうな。

さっき猫背改善ストレッチしてたら、壁に頭ついたんだ。

そしたら、テレビスイッチオンの気配が伝わってくる。

自宅の消してるから、たぶん隣のやつの気配なわけだ。

テレビ自体の音は聞こえないし、具体的に音声が耳に届くわけでもない。

でもテレビの気配はビンビンよ。ワイの朝のように。

人間五感って結構想像力に頼るらしい。

メンタルおかしくして、聴覚過敏に知らずになったらどう感じるか。

急に良くわからん気配をバリバリに感じるわけだ。

これ電磁波攻撃っぽくね。

たぶんワイの感じ取れない気配って街に溢れてるわけで、そら街中でわーわー喚きますわ。

聞こえんけど感じる圧力はしゅごいぞ。

重厚音楽重厚さだけ聞かされたような感じ。

擬似体験させてやりたいが残念だ。

2019-02-05

五感の中で悪いと最悪なもの

は圧倒的に嗅覚だろ

本当にやばい匂いは反射的に反応してしまうから

触覚も味覚も触れなければいいわけだし、視覚もなんとかなるだろう

だがクセーのは絶対ムリ

避けられない

彼氏スメハラ対策

彼の部屋が臭い anond:20190204172151

これどうやって臭いことを伝えるか?考えるよね。

 

男が女から指摘されるときシチュエーションを考えてみた。

  1. 家族ならストレートに言ってもらってOK。「臭いからシャワー浴びろ」とか。
  2. カッコつけたい女の前ではプライドを傷つけられたくないから、ワンクッション置いた言い方の方がありがたいかも。

 

自分好みのスタイルにして欲しいとおねだりするパターン

イケメンになって欲しい」→改善応援するという体で、いろいろ要求してみる。

匂いだけじゃなくて、服装言葉遣い仕草などを含めて、「こうして欲しいなー」と、甘えた感じでかわいくおねだりしてみる。

お金がかかるとハードルが高くなるので、あくまでも安く済む方法または無料方法提案する。

様々な提案の中に、匂い関係の変更点も潜り込ませておく。

=本当は匂いだけを変えてくれれば良いんだけど、それだと本当の狙い(臭いから変えて欲しい)がモロバレなので、他の要求も織り交ぜて、本当の狙いを分かりにくくしておく。

五感要求視覚聴覚・触覚・味覚・嗅覚)をそれぞれ混ぜて、要求していく。

好きな音楽、好きな飲み物食べ物、などをシェアする形で、相手自分の色に調教していく。

 

いよいよ嗅覚要求を繰り出していく。

部屋の中のアイテムをチェックして、趣味が良いとほめたり、これはちょっと変じゃね?と批評してみる。

本丸は布団とホットカーペットの交換なんだけど、その前にいろいろと自分好みに変えさせておく。

いろいろ変えたり、プレゼントした中の1つとして、いよいよ布団やホットカーペットに着手する。

くんくん匂いを嗅いで「この匂いきじゃないなー」「こういう方が好き」と言ってみる。

ポイントは「この匂いが嫌い」という言う方(否定表現)じゃなくて、「他の匂いのが好き」という言い方(肯定表現)で、アサーティブコミュニケーションをとること。

 

まあ、こんな遠回りするのは面倒ですよね?

だけど親密になっていく過程で、ギブアンドテイク=自分相手要求を飲んだりお願いすることになるので、ちょっと順番を変えてみるだけの話ですよね?

簡単要求からスタートして、徐々にハードルの高い要求に移行していく。

  1. フット・イン・ザ・ドアテクニック:小さなお願いかスタートして、徐々に大きなお願いに移行していく方法
  2. ドア・イン・ザ・フェイステクニック最初に大きなお願いをして、それが無理なら小さなお願いにしてもらう方法。A「1万円貸して」B「今5000円しかない」A「じゃあ1000円でいいや。貸して」B「いいよ」

 

自分が臭くなって相手に指摘させる

香水とかガンガンに付けて、自分スメハラ状態になる。(周りに匂い迷惑をかけている状態

彼氏に「ちょっと香水付け過ぎじゃない?」と言わせる。

それで「あ、ごめん~。次から気を付けるね」とかわいく謝る。

その次は貴女が攻める番です。

「私も匂いを変えるからあなた匂いを変えてくれない?」と要求する。=お互い様、という形にしてあるので、男も要求を断りづらいだろう。

  1. デオウをプレゼントする。https://jp.rohto.com/mens-deou/
  2. 他の匂い関係も変えさせる。コロンとか?
  3. そしていよいよ本丸の布団やホットカーペットも変えさせる。

これならいいかな?

布団は「臭いから」という理由じゃなくても、「煎餅布団で硬いから」という理由で、他のに変えさせることもできるね。

 

できる男は匂い対策もやっている。

彼氏仕事成功して欲しいから、という理由ビジネス本を何冊かプレゼントする。

できれば自分でも読んでおいて、共通話題にできると尚可。

渡したい本は、スメハラ対策匂い関係ビジネス本。

これだけをいきなり渡すと、本音臭いから嫌い)がモロバレなので、他のベストセラー本の中に混ぜておく。

 

ついでに彼氏をできる男に育てよう。

など。

2019-02-03

anond:20190202201220

やってみるとわかるが、紙で記録を取る方が圧倒的に記憶に残る。

物理的に存在するというフィジカルな実感が、脳をちゃんと刺激するらしい。

PC作業一辺倒だと似たようなファイル経験が多すぎて、メモがそこにあるということすらそのうちに忘れてしまう。

忘れてしまうと見返すことさえできない。

受験の時英文は「音読した方が覚えられるよ」と言われたが、

そのころは似たようなことを思ってた。

黙読の方が圧倒的に手っ取り早いやん、って。

だが触覚でも聴覚でも、五感をフル活動させた方が記憶やすいのは、どうやら真実のようだ。

2019-01-12

男に父性を求めるとか実際は無理オブ無理案件だと思ってて。

幾ばくかの快感と共に放出した排泄物紆余曲折を経てヒトのカタチを得ると知り頭で理解したとしても愛情を持てだの嫁を置いて出かけるなだの言われても腹の底では絶対からないと思う。

女の身体子宮に命が宿った途端、全ての優先順位が「腹」になる。自分経験ではそうだった。脳のケーブルが全く違う回路に繋ぎ直される感じだ。いきなり基盤を取り替えられたような気さえする。妊娠前のオリジナルの考え方はどこかへ消えて、赤ちゃんを守りたい><それだけ><botになる。髪も、血の一滴も、皮も、五感も、自分の全てのリソースが腹の中に割かれるように感じる。</p>

でもそんな女だって誰か自分以外の他人とのセックスのあと他人身体に残った自分の体液が十月十日後にはホモ・サピエンスになりますと言われていきなりその他人自分人生プライオリティを捧げられるだろうか。

まあ、無理だろうなあと思う。

女が頑張るしかない。

悲しいけどこれ、戦争なのよね。

例の大吟醸さんの旦那さんもそんなに叩かれることではないのでは、とは感じる。飲み会に行かず家にいたとして俺に何ができんねんて考えてそう。まあしゃあない。し、本当に愛せる女になら側で支えてあげられるタイプの男もいるので、赤い糸でなかったってことで中絶離婚いいんじゃないかな。産みたくないと感じる子を無理くり産んで、数十年慈しむ必要性に駆られる状態になる方が悲劇だ。

そんな感じで少なくとも十月十日は埋められない溝があって、溝を男性身体で肩代わりしてもらうことはできない以上、性差を認めて社会を作っていくしかないんじゃないのかなあ。とは思うイチ母親なのでした。

男女平等少子化解消が両立する世界なんてどこにもなさそうだ。

2018-12-26

メリークリスマス

まだ実家に住んでいた頃、クリスマスの晩に楽しみにしていたことがある。

夕食を終えると待ちきれずに、わたしベランダに出る。

わたしの住む団地に、聖歌隊がやってくるのだ。

つの建物に囲まれ中央公園で、聖歌隊ろうそくを灯し、静かに歌いだす。

さな炎は瞬き、凍える空気は、聖歌で満たされていく。

五感で感じる特別時間、これがわたしクリスマスだ。

そして現在

わたしは、聖歌に満たされているであろう団地から、遠く遠く離れたところにいて、

パパが家出しました の日以来、震え続ける心を抱えながら、今日日記を書いている。

なぜか日記を書くと、心が安らぐ。

わたしわたしに、わたしなりの聖歌を歌おう。


聖歌隊は短いコンサートを終え、団地を去っていく。

ベランダで震えているわたしに、手を振って、祝福してくれるのだ。

メリークリスマス!」


父は、

母は、

今夜も聖歌を聞いただろうか。


どうか聖歌隊よ、

父に、

母に、

祝福を。

2018-11-28

anond:20181128183919

聖地巡礼モチベーションとしては、たとえば、作品世界五感体感できたり、キャラクターパースペクティブをありありと想像できたりする、というのはある

まり現実を通して架空世界を味わってる

自分が大好きな世界をそこに感じられるというのはとても幸せなことだし、聖地巡礼という表現も大げさではない

実際にキャンプやったり軽音やったりというのにも似たような効果はあるけど、これは、自分好きな人がやってるから自分もやってみるか、というようなわりと一般的モチベーションでもあると思う

あとはまあ、聖地巡礼に行ったりとかとか実際にキャンプやる動力経済力のある奴は、普段からいろいろやってるとは思う

2018-11-21

久しぶりにコロンを食べた

かつては習慣として毎日一箱のコロンを食べていた。コロンを食べない日など無かった。むしろコロンしか食べない日があったくらいだ。

けれども、コロン代謝の良い若かりし日には、身体に入るコロンと出るコロンバランスは取れていて問題なかったのだが、

いつしかコロン代謝は悪くなり、気づいたらぽっこりコロン腹。コロン100箱分は体重が増えていた。

さすがに危機感を覚え、それからずっと禁コロン生活を続けていた。

それがこの度、ようやくコロン60箱分の減量に成功したので、自分へのご褒美にってことで、コロン解禁。

久しぶりのコロンはかつて食べたのと同じものか?ってくらい美味い。美味すぎてしゃっくりが出た。

舌の上で溶かすように食べるあの贅沢な食感。快感が我が身を包み込む。忘れていた人間らしさが蘇り、鈍っていた身体五感は研ぎ澄まされる。

でも調子に乗って頬張って快楽死してしまうのは御免なので、半分残して引き出しのコロンスペースにそっとしまった。

コロンしまわれた引き出しを見つめ、カチコチと鳴る時計の音に耳を傾けていた。

また明日が来てコロン出会える。今日よりずっと美味いと信じて。

おやすみコロン

2018-09-16

電磁波超音波 どちらが最も我々の行動を制限するか

いずれも、シナプス情報伝達閾値操作し、我々の行動を制限させる

以前から電磁波攻撃集団的に行われて我々は不活性化されていることで話題となっていた

しかし、その情報は表に出ることが少なくなり、その話が出るのは我々の間くらいだ

代わりにホットトレンドになっているのが無線wifiであったり、超音波

特に超音波地下鉄デパートコンビニ入り口に設置されており、世間では「モスキート音」と言われている

しかしあれはモスキートではなく、超音波だ。モスキート音本来聞こえない層にも聞こえているのがその現れだ

電磁波超音波の違いは、我々の五感で感知できるかについて最も大きな違いがある

感知させることによって、その場所に近付かないと言う意味超音波は我々の行動を支配している

と言うと、超音波喧騒の類と一緒と思うかもしれないが、きっちり無意識下でも行動をコントロールする点、たちが悪い

ただ、超音波のそのような質を知っていることが肝心で、知識はよい防御になる

なので結論としては、超音波五感にも触れる上に無意識下で行動をコントロールする点で我々にとって脅威だし攻撃性は極めて高い。そのような質を知っているとむしろ音の出る超音波は避けやすく、音の出ない電磁波は、五感で感知できず避けようのない点が非常に厄介である

2018-09-15

anond:20180915045059

生きているという実感どころか、五感を全て失った状態で一体どんな意識が残るのか、想像することすら難しい。

anond:20180915034654

ゲーデル不完全性定理

自分自分自由意思があるかどうか究極的には判断できない

2値論理True/False)では「自己言及」に関して、論理の構築ができない、というだけの話では?

「私は嘘つきです」といった場合、正直でもあり、嘘つきでもある。True/Falseの2状態の他に「未定」などの状態も含む3値論理もっとたくさんの状態を扱う多値論理を使えば、論理構築できる。

様相論理学の発展とともに、論理記述できる事象が増えた。

そもそも論理的には矛盾していても、現実には存在しているものもある。現実矛盾に満ちている。

まり、「経験」>「論理」>「感情」という順番で、確実性が強固になっている。

まり自由意思は、論理的に矛盾していても、現実には存在している?

自分が「生きている」という実感は、五感以外からは得られていないのですか?

もしも他人と半径5mの人間五感を共有する世界だったら

人間生活はどうなってしまうの?

恋人家族はより親密で幸福人生を送れる?

それとも身体や心の怪我が共有されることを恐れて、孤独人生を送ってしまう?

2018-09-11

新卒看護師ホスピスで働き始めて燃え尽きた話

身バレが怖いので具体的な話はほとんど書いてない上に長文です。

看護師になり、ホスピスで働き始めてもう半年になる。

同期が出来ていることが全く出来ず、優しかった先輩がだんだん呆れ顔になってきた。

大学時代から気付いていたが、はっきり言って要領は悪いしミスも多い。患者とのコミュニケーションも下手だ。

新卒ホスピスという選択自体無理があったかもしれない。

しかしそうした点ではなく、もっと根本的な部分で医療者に向いてないなと思い始めた。

一つ、患者に対して興味が持てないこと。

そしてもう一つ、どうしても患者に対して「生きていることそれ自体が無条件で尊い」とは思えないことである

こんなことを言うのもみっともないが、高校時代の成績から言えばどこかの医学部に入れたと思う。

それでも「五感を使って患者さんをアセスメントし、医者とは違う側面から患者さんの生活を支えるクリエイティブ仕事」という看護師像に憧れ、親族の反対を押し切って看護師の道を選んだ。

患者さん一人ひとりが自分らしい死を迎えられるように手助けしたい」と思ってホスピスで働くことを選んだ。

しかし実際に看護師になってみると、患者に対してケアをすることに全く喜びを見出せない。

患者の病状が良くなろうが悪かろうが感情が動かない。

一つ一つのケアがただの業務に成り下がっており、勉強する意欲も失ってしまった。

から経済的な面や安定性を求めて看護師になったのであればそれでも耐えられるのだろうが、高い志を持ってこの仕事を選んだ(つもりだった)ために余計に辛い。

医学自体は嫌いではない。

基礎研究をしている研究者の話を聞くと楽しそうで羨ましくて仕方がなく、選択を誤ったという思いが強い。


そしてもう一つのなのだが、もし良ければリンクで紹介する記事を先に読んで欲しい。

ホスピスケアを中心として活動されている新城拓也先生がお書きになったものだ。

「生きる価値のない病人」という発想はどこから生まれるのか

この記事趣旨はこうだ。すなわち、

医療従事者が『こんな生産性のない病人には生きている価値がない』と考えるのは未熟と無知によるバーンアウトが原因であり、十分な教育があればそのような考えには至らない」

というものである

本当にそうなのだろうか?

実は私は大学時代から生産性のない病人を生かすことに社会的価値があるのだろうか」とずっと考えていた。

生産性がなくても、生きていてほしいと誰かに思われているのなら医療は全力を尽くすべきだろうとは思う。

では、例えば長いこと寝たきりで、家族にも嫌われないまでも重荷だと思われているような場合はどうだろうか?

そんな事を考えてしま自分が嫌で、きっとホスピスに行って現場を見ればそんなことも考えなくなるだろうと思っていた。

しか現場に出てみてもその疑問は解決されないばかりかますます私の頭を圧迫している。

それでも救うべきだ、と断言できる人間けが臨床には必要とされている。

新城先生の言う「教育」とはコミュニケーション技法なのだと私は解した(もちろんそれだけではないと思うのだが、具体的に大きなウェイトを占めるものコミュニケーション技法だろう)。

しかしその解釈場合、「コミュニケーションが取れない人間は生きている価値がない」という思想を持つ植松聖の凶行は止められなかっただろう。

なにせ患者コミュニケーションが取れないのだから

真に必要ものは「医療倫理が善しとする方向に感情を向ける技術である

患者がどのような状況であっても善行・無危害原則に則って行動し、患者権利擁護することに専念するための感情操作技術

それでもダメなら、もう終末期医療には携わらないしかない。

医師しろ看護師しろ介護士しろ、終末期医療にはそういう燃え尽きてしまった人間を弾く制度必要なのではないか(「医療」という枠とはまた別で)。

少なくとも医療という世界に限れば、それくらいのことが許されると思う。

最近良く祖母葬式を思い出す。

普段祖母を嫌うような言動をしていた両親と兄とが沈痛な顔をして座っていて、もしかするとここにいる誰も祖母の死を悲しんでいないのではないかと思った。

それ以来、死んでも誰にも悲しまれない人間というもの存在するのではないかと思うようになった。

今も見舞いに来る家族に対して「この人は本当に患者に死んで欲しくないと心から思っているのだろうか」と疑問に思ってしまう。

私がやがて死ぬ時、心から悲しんでくれる人はいるだろうか?

もし将来家族がいないか家族に疎んじられていたら、働けなくなった時点で自殺したい。

とりあえず、ホスピスで働くのはもうやめようと思っている。

患者のためにも私のためにもならない。

出来ることな大学院に行き、看護系の基礎研究をしたい。

少しだけ提言染みたことを言うならば、コミュニケーション技法教育というのは本当にしっかりやったほうが良いと思う。

アレをただの情報収集技術だと思って大学時代まともに聞いていなかった私は大馬鹿だった。

そうした技術論は患者パターン化しているように思えて、一丁前に不誠実だとも感じていた。

熱いハートさえあれば十分だと思っていた。

どうやらそうではなかったらしい。

国試に出るだけの空虚理論だと思っていたら私のように完全に燃え尽きてしまうかもしれないぞ。

2018-08-05

anond:20180804215900

写真日記から見返して楽しむために撮る。とはいえ物凄いこだわりがあるわけじゃないから撮るの10秒で終わるし五感を楽しむことの妨げにはならないって考え

2018-07-24

2018夏アニメ1話ほぼ全部観たか感想書く その1

 アニメ感想の言い合いっこを夢見つつ感想を書き溜めていたら、夢は醒めないまま8月を迎えそうなので、増田に書いてみた。まだ観ていない作品もあるけれど、このままだと一つも完走できなさそうなので切り上げる。風呂敷の広げ過ぎはやっぱり良くない。それっぽく並べてあるけど、作品の優劣は付けてない。容赦して。

2018夏アニメ1話ほぼ全部観たから感想書く その2

2018夏アニメ1話ほぼ全部観たから感想書く その3

配信情報について

 ~独占…対象サービスしか配信してない

 ~のみ見放題…対象サービスでのみ全話見放題。その他のサービスでは有料配信

 ~のみ最新話無料対象サービスでのみ最新話見放題。その他のサービスでは有料配信

 言及なし…複数サービスで全話見放題/最新話無料

 

 私はTVアニメを観ない(BS見れないし、TOKYOMXもAT-Xも受信できないし)ので、配信情報はこれ以外の手段について書いている。

 なお、囲い込みをしているサイトの中ではAmazonPrimeVideoがゆるいみたい。他サイトでは有料配信しているか放送後しばらくしたら見放題になったりする事がある。

感想(上の作品ほどモチベ高め)

はねバド!

 特殊アクション作画スポ根アニメOPだけ既に10回以上見てるかも。ストーリー高校バド部を舞台にした群像劇で、「灼熱の卓球娘」や「響け!ユーフォニアム」に似てるけど、本作のバド個人競技として描かれてる側面が強く、先の2作品とは違うキツさがある(灼熱の卓球娘は部内でランクマッチしてたけど)。また、主人公がとても卑屈な性格なのも輪をかけて強烈なストーリーに仕上がっている。そんな彼女らを含むバドの子達がバドミントンを通じて変わっていく姿を描く作品。3話のエレナすごい良かった。バド部と関係ないメガネちゃんは、その「変わらなさ」が対比関係になってるのかな。

 本作のアクションシーン(バドミントン)のクオリティが異常。バド独特のスナップを効かせた打ち方、ジャンプをする時の太もも筋肉隆起、まるで実写のような(バストアップではなく)全身の動き、バレットタイムと3DCGを駆使して描かれるバドシャトル等。インタビューによると、本作の作画工程

1.大まかな試合の流れを絵コンテに起こす

2.リアルバド選手同士の試合を録画

3.それを参考にしながら作画ロトスコープみたいな感じ)

とのこと(バドミントンは独特の動きが多く、想像だけでアクション作画をするのは限界があったため、実写を取り入れたらしい)。結果、まるで実写のような生々しい動きでありつつ、作画特有の柔らかさがある特殊映像になっている。特に2話Bパート試合コマ数も非常に多く、「なにこれヤバイ」という感想しか出てこない。OPアクションアニメーターが3人クレジットされていることからも、相当ガチの模様。

 また先のアニメ宝石の国」では、作画アニメが得意な演出と3DGCアニメが得意な演出の違いがちょっと話題になっていたけれど、本作ではそんな3DCGアニメが得意としていた「カメラが回り込むような演出」を作画でちょくちょくやってて、これがめちゃくちゃすごい。宝石の国が「作画アニメの良さをうまく取り入れた3DCGアニメ」とすると、本作は「VFXロトスコープ)の良さをうまく取り入れた作画アニメ」という感じかも。

 あと、全体的に映画のような仕上がりになってるのが好き。強めの陰影や風景描写を使って心情を表現したり、オケ主体BGM効果的に使ってたり。加えてキャラデザがすごく好き。上記アクションを綺麗に表現するための体格だし、加えて群像劇シリアスさをうまく強調してる。

 

はたらく細胞

 - 私が、聖地だ - でお馴染み日常系お仕事アニメ。体の中で起こっていることをエンタメ風に紹介していく内容。人の体は概ね、平和かつ物騒だった。

 とにかくキャラデザが良い。メインの舞台は血管なので、白血球赤血球血小板血液の45%くらいがこの3種)が主要な登場人物なのだけれど、赤血球静脈にいるとき動脈にいるときで服の赤味が違うという謎のこだわり。白血球マンガアニメ過程で着色されない(何故か肌の色も白)というデザイン返り血で彩るというすげえ発想、そして血小板ちゃんかわいい血小板1話で何をするわけでもないのに非常に作画熱量が高く、すごく惹き込まれた。自傷行為血小板にいたずらしたい。それぞれの大きさは概ね、赤血球は7-8μm、白血球10-15μm、血小板は2-4μmなので、その大きさも反映したデザインだとすると非常に3キャラとも完成度が高い。

 そして、思った以上に専門用語オンパレード特に1話冒頭の「血管内皮細胞がぁあああああ」が好き。ただし作中で文字付き解説に加えて能登さんのナレーション容赦なく入ってくるので、たとえ白血球が雑菌と殺し合いをしていてもあの声でナレーションがすべてを持っていく。エンタメとしてとても面白い高校生物を習っていればもうちょっとしかったのかな。

 また、体というのは誰でもある程度関心のある分野なので、私も「あれをアニメでやってくれないかなぁ」がたくさんある。ガンとかアルコールとかインフルエンザワクチン)とか骨折とか。

 

ヤマノススメ サードシーズン

 これまでの集大成スタッフは2期のチーム。夏は終わっても山を登るお話

 これまでのストーリー踏襲しながら進んでいく物語にグッと来た。教室での編み物とか、富士山の話とか、ロープウェーを普通に乗るとことか。筑波山頂のシーンなんかBGMが「スタッカート・デイズ」のアレンジったりしてすごく良かった。山の風景も引き続きムクオスタジオの綺麗な絵が見れるので、この先も非常に楽しみ。

 

少女歌劇 レヴュースタァライト

 「メイドインアビス」でおなじみキネマシトラスによる、闇のアイカツミュージカル科に通う女の子たちの物語2017年から同名のミュージカルライブ?)が行われている、アイドルアニメ

 アイドルアニメ殆どたことがないのだけれど、こういう登場人物が多い作品は、なるべく早い段階で各キャラの印象を視聴者に与えるため「ほぼ全キャラ自己紹介パートを設ける」とか「各キャラ同士の関係性を描くため、楽屋みたいなところでやいのやいのする」という描き方が多いのだけれど、その辺りの演出がとても控えめ。名前を言う流れも、表示する白文字フォントもすごく良い。また「メインのストーリーをメインキャラ同士の会話で進めながら、音声なしの映像でその他のキャラ同士のやり取りを描く」等、声だけではなく身体表現によるキャラ紹介がすごくうまくて、各キャラを覚えるのが楽だった。

 同様に、心象風景や陰影表現を使ってキャラクターの心の機微を描くというか、行間を読ませるような演出がすごく決まってて、まるで映画みたい。キャラ紹介に尺を取られるとこういう演出が難しいので、ほんとすごい。特に東京タワーから落ちるシーンとかほぼ静止画だし、演出の引き算がめちゃくちゃ優れた作品になっている。

 演出の緩急が優れているといえば、特に1話ラストミュージカルシーン。あそこまで劇的な転調は殆どたことがないかも。「輪るピングドラム」とか「天元突破グレンラガン」くらい?このパートでは、リアルミュージカルを観ているときに感じる「五感が全て奪われるような不思議な魔力のようなもの」を、非常に高い作画熱量によって見事に映像化している。起きている事自体ファンタジーだけど、実際ミュージカルって超現実的体験なので、もし映像化するなら本作のような感じが一番近いのかもしれない。マジですごい。

 本作の音楽担当するのは、「宝石の国」「宇宙よりも遠い場所」でお馴染み藤澤慶昌。題材が歌劇なので、劇的なオケがメインなのだろうか。もう劇伴だけでご飯3杯はいける。

 

天狼 Sirius the Jaeger

Netflix独占

 100年くらい前の日本舞台にした、殺し屋家業日常アニメヨルムンガンドみたいな?ゴリゴリP.A.Works作品

 まず戦闘シーンの熱量ヤバイ京アニ作品境界の彼方」の戦闘シーンくらいすごい。純粋アクションがぬるぬるというのもあるけど、加えて出血表現がめちゃくちゃ美しい(境界の彼方出血表現れいだよね)し、SEが圧倒的にヤバイ。一撃を防いだ三節棍の音とか、マシンガン弾丸石畳に刺さる音とか、横転した車が鉄橋のフレームにぶつかる音とか(やっぱり音響効果小山恭正だった)。挙げるとキリがない。ヨルムンガンドやGGOみたいに純粋な銃撃戦ではない(強いて言えば異能バトル系)ので、色々な戦闘音が発生する。これはこれで耳が幸せ横山克音楽も最高にかっこいいし、とても戦闘シーンの中毒性が高い作品

 また、舞台となる大正昭和の町並みがめちゃくちゃ丁寧に描かれている。東京駅からまり看板建築の町並み(ということは震災後。新聞を見る限り1930年頃っぽいけど)、和洋入り混じった街ゆく人々、自動車路面電車主人公たちの向かった邸宅も和洋の融合した、時代を感じる日本邸宅ちゃん道場和室洋室洋風庭園など網羅していて強いこだわりを感じる。その後出てくる、街灯に照らされた夜の町並みも非常に美しい。背景美術担当しているのはスタジオなや(有限会社GREEN解散後、事業継承した会社)。モブで言えば、特に日本警官の描き方がすごい活き活きしててめちゃくちゃ好き。あと邸宅の主人も、葉巻に火をつける仕草がすごく良いのでぜひ見てほしい。

 

ハッピーシュガーライフ

AmazonPrimeVideo独占

 いろんな愛の形を描く、狂人の手記。ガンガンJOKERという雑誌は魔境かなにかなのだろうか。子煩悩主人公が愛のためにあらゆる受難と戦う話なので、概ねハートウォーミングなストーリー久野美咲(先のアニメひそねとまそたん」では甘粕ひそねを好演)のグロい演技もあってしおちゃんマジ天使

 1話ではヤバイ主人公バイト先のヤバイ店長を打ち負かす話なので、ともすれば勧善懲悪ならぬ勧悪懲悪、ダークヒーローみたいな話っぽい?のだけれど、ちゃん1話のなかで「その限りではないからこその狂人であることが描かれているのが好き。

 狂人の話でいえば「殺戮天使」も狂人の話だけど、あっちは狂人であることに対して自覚的登場人物の話で、ディケンズ短編狂人の手記」も『実は私、狂人だったんです!』みたいな話。対して本作は無自覚狂気を描く作品なので、めちゃくちゃ怖い。また彼女は非常に器用な女の子なので、あらゆる困難を自力で乗り越えてしまいそうな悪寒があって非常に良い。主演の花澤香菜といえば、物語シリーズではヤンデレちゃんこと千石撫子を演じていて、あっちも後者無自覚)の話だけど、物語シリーズが「恋に恋する女の子の話」に対して、本作は「愛に目覚めた女の子が、愛の力で頑張る話」みたいな、ステージの違うヤンデレ物語になっている。どっちも好き。

 主人公の心にフォーカスを当てた、とても静かな演出が印象的。彼女の感じた穏やかさ、満たされた感じ、燃えるような敵意が、とてもかわいいキャラデザ演出によって描かれているのでなおさら強烈に仕上がっている。

 制作のEzo'laは初元請けっぽいので、ぜひうまく行ってほしい。

 

殺戮天使

AmazonPrimeVideoのみ見放題

 アニメで観るOUTLAST。原作脱出ゲームシナリオ踏襲したストーリー。とはいパニックホラーでもなく(1話結構その気があるけど)、主人公の心情を丁寧に描いている。また「主人公けがマトモ」ではなく全員やばい人なので割とツッコミ不在のブラックユーモアボケ合戦みたいになってる。

 ストーリーの縦軸はフロア移動→その階のやべーやつに気をつけながら謎解き→フロア移動なのでやや単調になりがちだけど(ずっと室内だし)、全体的に凝った演出が多いのでずっと緊張感があるし観ていて飽きない。OUTLASTみたい。ゲーム雰囲気をそのままに「主人公視線」をうまく映像化していて好き。音作りが岩浪美和小山恭正なので、バトルシーンもとても良い。大鎌がシンク金属板に刺さる音とか。

2018-07-16

VR尿意に勝てない

ゴーグルをつければ視覚は騙せる。

ヘッドホン聴覚を騙してくる。

視覚から入ってくる情報が安っぽいコントローラーと画面の連動に対する違和感を打ち消していく。

嗅覚はその存在を忘れ去られ、今や五感の全てが別世界にいる自分認識する。

しかし、尿意は……尿意けが誤魔化せない。

喉の渇きも飢えも、前もって満たしておけば半日程度はただの違和感に留められるが、尿意便意だけはバーチャル世界に没入したはずの体の内側からやってくる。

意識存在意義もVR空間の中に入り込み、もはや現実は捨て去られたはずなのに、尿意けが最後リアルとして生き残る。

せいぜい4時間限界だ。

それ以上は尿意によって幻想が砕かれる。

股間に響くかすかな違和感と少しずつ強くなる小さくて鈍い痛みがハッキリと教えてくる。

お前は未だリアルにあるのだと。

そして自分実態が3Dモデルでもアカウントデータでもなく、リアルにおける肉体に宿っているのだと実感させられるのだ。

尿意こそが、尿意こそが人をアナログ世界に閉じ込める最初の楔なのである

2018-07-09

人間五感は関心事の目標との誤差を検出するためのもの

精神崩壊すると感覚もなくなるのは関心事が消失したり歪んだりするからだと思う

2018-07-08

3次元女性の優位な点

つらつらと考えたんだけど3次元女性2次元女性に勝てるところは

臭いことじゃないか

体臭

これはかなり大事発見のような気がする

五感臭覚というのはこれまで2次元ではないがしろにされていたところだから

使用済み下着がほしがるひともその目的臭いだろう

体臭は忌み嫌われているようにみえ重要だしその重要性はこの先けっこう馬鹿にならんのじゃないかなあと

2018-06-29

夢の中で読書してる人いる?

自分としては当たり前のことだと思ってたんだけど

他の人にとっては当たり前じゃなかったシリーズっていうのが色々あって

特に衝撃的だったのが「誰も睡眠中に読書なんかしない」という事実だった

高校生ぐらいまで睡眠読書というのは皆やってるんだと思っていたので

普通に友達に「寝てるときどんな本読んでる?」って質問したら

何いってんだこいつみたいな感じでアホだと思われてしまたことがある

そんな経験から人は寝ているときはただ寝ているんだということを知った

そんな当たり前のことを知ったのが高校生というのは我ながら鈍感すぎるなあとは思う

ここからが本題なんだけど

自分以外にも夢の中で読書をしている人がいるのかどうか知りたい

リアルでそういう質問ちょっと恥ずかしくてできないのでここで質問する

正直自分以外全くいないってこともないんじゃないかと思っている

とりあえず自分はどんな睡眠読書をしているか書いておく

自分はまず読みたい本の内容を丸暗記する

丸暗記というのは文字通り写真のように記憶するということ

パラパラとページをめくれば自然と頭に記憶される

(ちなみに本を丸暗記できない人がいる事実最初は衝撃だった)

でもこの段階では本の内容を理解できているわけじゃない

ただ単に記憶しただけなので後でちゃん脳内で読まなければいけない

(たまにネット広告で見るような超速読法みたいのは自分には無理だった)

でも一度脳内記憶すると普通に読むよりも早く読めるようになった

仕組みはよくわからないけど紙媒体よりも体感で3倍程度は早回しで読めた

小学校高学年ぐらいの頃にはこの習慣がそこそこ身についており

脳内に常に10冊程度ストックしておき暇な時に読むということをやっていた

そんなあるとき明晰夢というもの存在を知った

これを応用すれば夢の中で読書ができるんじゃなかろうか

起きている時間に加えて寝ている時間も本が読めるなんてヤバそうだな

わりと安直にそう思った

かい過程はめんどくさいので省略させてもらうけど

半年ほど試行錯誤した結果無事に目的を達成したのだった

明晰夢の中の読書というのは普通読書とは色々な点が異なっていて

まず起きているとき以上に早く本が読めるようになった

起きているときは体の色んな所にリソースを割いてるからか知らないけど

よりいっそう読書に集中できている感じがある

そしてイマジネーションも起きているとき以上のものがあって

読んでいる本の内容が映像として眼の前に浮かぶことも多々ある

これこそ夢の夢たるところというか

現実だとVRゲーム感覚ちょっと近いのかもしれない

でもVRゲーム以上に感覚を総動員してるというか

起きてるとき読書以上に感覚をフル活用してる感じがある

調子がいいと五感全部をちゃんと使って読書ができる

アホみたいな表現だけどそうとしか言えない

正直言って起きてるときより寝てるとき読書のほうが好きになった

楽しみにしていた本ほど寝ているときに読んでいる

睡眠読書すごいおすすめ

マツオツラヤバ

2018-06-26

発達障害の僕が「食える人」に変わった すごい仕事術』 感想

①一章「自分を変えるな道具に頼れ」

かばブッコミ

 →ひらくPCバッグ、僕も買いたいと思った。しかし、持ってるだけで発達を疑われそうw

  

バインダーもりもり作戦メモができない

 →evernoteのほうが良いのでは。

  

さらば片付け地獄本質ボックス

 →モノが散らかるのは、物を置く場所が決まってないと考えているので、ボックス鉛筆置きを大量に買っているが。本質ボックス結構いいアイディアだと思った。

  

・「手が付けられない」を解決する儀式

 →個人的には、『if-thenプランニング』に似ていると思った。「50分になったら→勉強を始める」のように、条件によって開始行動を行うことで行動確率が上がるというメソッドだ。借金玉さんは、机のモノを全部落とすということがハマるらしい。

  

・なぜあなたは「休む」のが下手なのか

→休む日をあらかじめ決めろとのこと。う~ん、これで休めるなら苦労しない。いつも日曜の夜に切迫感で夏休みの宿題みたいなことバカリですね。

  

②第二章 全ての会社は「部族である

  

部族のおきてを知ろう

→「部族の掟」という認識がまさにしっくり来た。発達から理解できない理屈ではない掟というものがある、というのは感覚的には理解していたが、言葉にされて、まさにその認識はこの言葉だと思った。

  

・見えない通貨「ほめあげ」、「挨拶」、「面子

→ここまで分かりやすく体系化してくれてありがたい。通貨だという認識自分にはなかった。それなりにコミュ力(というか国語力)でごまかしてるが、ごまかしてる理屈理解していないので、この通貨という認識によって、より誤魔化しがバレにくくなるように思った。

  

・褒め上げ

→褒め上げを通過として払う、というのは正直バカバカしいしムカつくのだが、これが通貨ならショーが無い。払うかという認識になった。ほめ方のレパートリー自分で把握してないし、練習してないが、そこそこナチュラルにできていたが、これからはより一層払いに行こうと思った。

  

面子

→これも本当にバカバカしいし、ムカつく。意味がないじゃないかと思う。しかし、払わなくてはいけないらしい。メンツというのはナチュラル理解できているが、守のが難しかったが。面子を気にした動きをどうすればいいのか、借金玉さんはあまり書いていない。借金玉さん自身は、面子より数字世界に行ってハッピーだと書いてある。おいおい、解決方法書いてよ。

  

挨拶

→「挨拶しても挨拶を返さない先輩」というのにも、「挨拶を支払え」というのは、気づかなかった。自分挨拶がいらないなら挨拶しないパターンだったので、びっくりした。これは勉強になった。また、周りが挨拶してないのに、自分だけ挨拶するというのも理解不能なパターンとして自分にはあるんだが、そのあたりは解説してくれていなかった。挨拶理解自分は低いのでもう少し厚く解説してもらいたかった。

  

飲み会はしゃべらず乗り切れ

自分でも、飲み会に限らず、「兎に角しゃべらない、同意や相槌や共感だけやっとく」というハックにたどり着いていたが、「飲み会は得に危ない」という注意の仕方は、ありがたい。飲み会の時はより一層頑張る。飲み会後の「今日疲れたな」はセーフ「今日はしゃべり足りない」はアウト、という反省の仕方を教えてもらえたのもよかった。

  

雑談はりぴーとしろ

自分はできている。ここのハックで、「なるほど」を使えと出てきていたが。僕の業かいでは、「なるほど」、「確かに」は相手バカにしてるようだから使うなというのがもっぱらの評判。「はい」でいいらしい。

  

共感は、苦労と努力しろ

→「奇妙な共感」という概念がしっくり来た。一般人のその感覚意味不明だから、「意味不明なんだよ」と言い切ってもらえてすごく納得した。

→「苦労と努力」に共感してもらえると「理解者」になって、手放せなくなる。という心理理解できないが、そういうものらしいと教えてもらえた。これはいいハック。

  

茶番センサーを止めろ

自分的には、「この世は9割プロレスセックスもお互い感じたフリだが、それを言い暴くのでなく、プロレスを楽しむしかない」と思っていた。だから茶番センサーというのが働いている状態だった。

→具体的に茶番センサーを止めるためには、ある程度突っ込んでサンクコストに溺れる必要があるという解決まで示してもらえた。

→「くだらないけど、簡単じゃないこと」という認識の持ち方は知らなかったのでありがたい。

→「やりたくない上にナメてたら、やれない」という認識モテた。

  

③第三章 朝起きれなくて夜寝れない人

・「普通」に捕捉されるな

→「寝れない状態でもパフォーマンスだせることもある」という認識は確かにその通りだと思った。余り熟睡で完璧普通の人を目指すとパラノイアになると思う。

  

・眠れないあなたがやることはただ一つ

睡眠薬医者でもらえとのこと。しかし、精神科心療内科に行ってしまうと、通院歴がつくのが怖いという人も多いのではないだろうか?

→「不眠は死に至る病」という認識はその通りだと思う。

  

・起きるのではなく、「飲み物を飲む」

個人的には、寝る前に水をたくさん飲んでる、ボディービルダーなんかは3時間に1回プロテイン飲むためにそれで膀胱パンパンにして強制的に起きるらしい。

飲み物を飲むってのは、僕には難しい。その意志力すらない。おしっこ強制的に起きる。

→飲みすぎで、中途覚醒もしてしまうが、しょうがないとあきらめてる。

→ちなみに、自分は、睡眠時間が足りなかろうが起きれる。正確には起きれないが、「体だけ職場に持っていく」という技術完璧に身についており、意思関係なく朝起きれる。

  

・身だしなみは「リカバリー

→開くPCバックに剃刀や歯ブラシを入れるライフハックは是非真似したい。

ベルト5本、シャツ20枚と分量が書いてあるために非常に参考になる。これくらいやるべきだ。

  

セルフモニタリング

自分調子自分で分からないのは僕もそうだ。

→だから把握できるように仕事量と時間を書き出せとのこと。

→一応evernoteTODO管理し、処理を終えたTODOエクセルの「終わった仕事」の欄に毎日ぶち込んでいる。しかし、自分の体調は管理できていない。

  

④厄介な友「薬と酒」とどう付き合うか

自分は薬も酒もやらないので読んでない。

  

⑤ぼくが「うつの底」から抜け出した方法

うつは無いと思うのであまり読んでいない。

リラックス方法として、「休日ビジネスホテルで何もせず適当に過ごす」というのはこれはありだと思った。個人的地方仕事するときに泊まるアパホテルなどの、「次の日に向けて完璧ホテルを過ごせる」という環境が大好きなので、これは是非やりたい。

  

やばいうつ集中」と「過集中」

→ムチャクチャ分かる、「ハム将棋がやめられない」という状況。どうでもいいのは分かってるのにやってしまう。

→「タイマーで30分」というのは『if-then』メソッドで行動確率を上げるのに近いと思う。個人的には、「20:10になったら→勉強する」みたいに、別の行動に移ることで解決している。

  

・蒸気アイマスクヘッドホン五感を断ち切る

個人的に、休むのがムチャクチャ下手くそなので、この五感を断ち切るライフハックは是非やりたいと思った。

  

自己肯定感根拠はいらない

→無根拠自分肯定するには、無根拠他人の生を肯定することそのもの

他人を見下して笑った指先は自分を突きさす

普段から他人を無根拠肯定していれば、自分を無根拠肯定するのは簡単

→このハックは本当に僕の自己肯定感の全てに近いと思った。

→僕が自分卑下してしまうのは、他人を見下すからかもしれない。

→ずーっと馬鹿にされて過ごしたので、「相手より確実に優越していること」で他人に「支払い」を求めてきたのかもしれない。

馬鹿にされてきた恨みは消えないが、他人肯定しなきゃ自分キツイことを理解できた。

人生に何回かこの思考には自力でも到達できたが、自分本質からずれてるので受け入れられなかったが、今回他人言葉で言われて初めて受け入れられた。

  

⑥終わりに「少しずつでも発達している」

→この感覚は僕も近いものを持っている。発達でも、ライフハックなどで人生が少しずつうまくいくようになっている。普通の人よりかなり劣っているが、工夫で疑似的に普通っぽく振舞えている。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん