「マセガキ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: マセガキとは

2019-05-05

"マセガキのマスカキ"

2 件 (0.21 秒)

2019-05-03

的場梨沙への逆風

最近広く報道されてる「父子相姦で父親無罪」の事例、一番迷惑被ってるの的場梨沙だと思う

父親大好きのパパっ子」って言っても「まあ12歳、小学生からまだそういうのも微笑ましいよね」というキャラ付だったし、オタクヘイトを買いがちなマセガキ生意気女児を「まあ、なんのかんのいってまだ子供だし一生懸命背伸びしてるんだな」とわかりやす理解していただけるためのおもてなし属性として「パパ大好き」だったはずが、事件のせいで全然微笑ましく受け止められなくなってしまった。「パパとデート」が趣味っていうのも「娘と父親セックスしても無罪」とされた今では、まったく洒落にならない。

漫画とかアニメならストーリーが進むごとにキャラは成長していくから「パパよりプロデューサーさんやファン大事」みたいに方向転換もできたかもしれない。

でも、ゲーム場合、何年たっても小学生だし「今どきのマセガキファンのことはロリコン呼ばわりするガチファザコン」ってキャラ付けからは大きく外れられない。総選挙のこのタイミングで思わぬ逆風が吹いたなって思ってる。まあ順位はどうあれ結城晴とのセット売りで声ついてユニット曲も出るだろうけど。

2019-03-24

無職転生って

転生要素最初だけでその後はただのエロマセガキ英雄(笑)じゃん

タイトル詐欺も大概にしてほしいわ

2019-03-07

お笑い芸人芸名キャラを考えたよ

 キャラ作りに模索する芸人さんや、宴会芸を考えている人など、どなたでもご自由に利用してください。

アリスとテレス

 ギリシア哲学ネタにするコンビ。得意ネタは、ソクラテス式問答法による論破業界大御所にもソクラテス式問答法を用いたら怒られてしまったので、仕事を干されている。

安全第一漫才

 ヘルメット作業服を着たコンビ。「ゼロ災で行こう、ヨシ!」の掛け声から工場作業員ネタを始める。ネタ以外でも安全にうるさいので、落とし穴ドッキリは安全帯を装着したうえで行われた。

御珍々 敏々丸(おちんちん びんびんまる)

 戦国の世より現代によみがえった落ち武者、という設定のピン芸人童貞のまま死んでしまたことに未練を残しており、客席などに若い女(おなご)がいると男性器が勃起してしまう。興奮をしずめようと腕立伏せや背筋運動をするが、それによる陰部の刺激で果ててしまう。

久野 一(くの はじめ)

 くノ一(女忍者)姿をしたピン芸人忍者あるあるネタにするが、ネタをしゃべりすぎると(秘密を言いそうになると)自害する。舞台が暗転して切腹や爆発の音がすることで、自害表現する。その後、何事もなかったかのように再登場し、「あやつは影分身。拙者は不死身だ」と締めくくる。

多糖 過多(たとう かた)

 加藤鷹モノマネ芸人メタボリック体型なので外見は似ていない。チョコボールが好物。

力のパワーと技のテクニック

 ゴリマッチョと細マッチョコンビ。「Today今日も観客のオーディエンス笑顔スマイルディストリビュートして広めて、このワールド世界で一番トップ」という挨拶からまり英語日本語重言を力技(力業)でネタにする。まるで二か国語放送のようだが、当然のように英語話者には伝わらない。

電電 みかか

 音響プラの声マネポケベル暗号ネタにする女ピン芸人。「みかか」という名前意味若い人に通じないことでジェネレーションギャップを感じている。

破邪太郎(はじゃ れいたろう)

 1980年代流行した伝奇小説主人公モチーフに、霊能力陰陽道などをネタにするピン芸人。「そうか、鬼門の方角か」が口癖。フリートークでも「鬼門の方角」と言いすぎるために「鬼門から離れろ」と突っ込みを受ける。それでも本人は、「鬼門から離れよと…? ハッ! それすなわち裏鬼門!」とボケ倒す。

Man near the window

 スタイリッシュエリートビジネスマンを装うが実際は窓際族社員、という設定のピン芸人不要書類優雅シュレッダーに入れる。文字入力するわけでもないのにキータイピングする。手帳名刺入れを意味深に開け閉めするなどして、時間をつぶしている。

万年 豆一(まんねん とういち)

 大豆化身を演じるピン芸人。「〇〇は大豆が原料って、知ってるかい?」(〇〇…豆腐味噌など)という大豆うんちくは定番ネタ人類は一万年近くも大豆を食していることと、大豆栄養価の高さが食品ナンバーワン(自称)であることが、万年豆一という名前の由来であるネタの終盤には「すでに人類は我が支配したのも同然だ」と高笑いをする。しかし、直後に崩れ落ちるように倒れてしまい「なぜだ、なぜ、どの国家民族も我を主食とせぬ」と最後に言い残す。大豆といえども、世界三大穀物(コメコムギトウモロコシ)には敵わないようだ。

わんわん腕白小僧

 坊主頭兄弟コンビ夏休み中の小学生のように、半ズボンと白のランニングシャツを着て、虫取り網や虫かごを持っている。とにかく腕白で元気。コンビ名の名付け親は、少しは謙虚になるようにと五十音順最後になるような名前を付けた。兄の愛読書コロコロコミックだが、マセガキの弟はコミックボンボン

2019-02-14

赤ちゃん言葉好きな人に聞きたい

なんで好きなの?

人によっては、付き合っても無いただの知り合い程度で「だっこちて(はぁと」とか言い出すよ。(俺男だぞ?男に言って何の得が…

赤ちゃん言葉好きなのって、男が多い気がする。

おっぱい星人も男が多いと思う。

本能なのかな。甘やかされたいのかな。

女はマセガキになるのが早いというか、男と比べて早く大人になるというし

何が言いたいのかわからなくなってきたわ。じゃな。

2018-08-18

お父さん、インポかいね!

お父さんは身長のわりに短足だ。

私もそれを受け継いだ。

ダックスフントマンチカンなら可愛いのに

人間になると「短足wwww」ってなるのが解せぬ。

小学校高学年の頃、父親が歩く歩幅が大きかったため

「お父さん、一歩デカイネ!!」

とはしゃぐように言った。

お父さんは「インポデカ!?」っと聞き返してきた。

外だったけど、夜で人がいないのが救いだった。

「いや、一歩……歩幅……」

普通に返したけど、インポ意味は私も知っていた。

マセガキだったので、なぜか知っていた。

もしやあれはお父さんなりのギャグだったのか?

それとも私に対するセクハラだったのか?

相変わらずお父さんのことは好きだから関係ないけどね。

久々に実家に帰り父親を含めた家族旅行に来たため、ふと思い出した。






ちなみに、お父さんのはデカイ。

小学校高学年の時に見たけど

通常時がバイブ並みに大きかった。

2018-08-11

ぼくらの七日間戦争SMシーンあったよね?

確か、親がSMプレイしててそれを子供通報するみたいな

読んだ当時は小学校高学年か中学生だったと思うんだけど、そのシーンでなぜかSMプレイして通報された親の方に同情したんだよね

今考えると、思春期で多感な時期だと親が性行為してるとか気持ち悪いと思ったりするもんだと思うんだけど、当時の私には他人事過ぎたんだろうな

自分の親は寝室別だったし。自分の事として考える、ってことが出来なかったんだろう。

てかこのシーンを覚えてるあたりマセガキだったんだな……

2018-06-04

ロリコン対象年齢は?

いくつなんだろうか。

なぜ「ショタコン」が話題にならず、「ロリコン」が話題になるかと言うと

女は入れられる立場からというのが大きい。

素人が書いたと思われる漫画同人誌?)では

幼女(6歳未満)を孕ませるとか、嫌がっているのに突っ込むとか

もう色々と突っ込みどころありまくりだった。

正直、小学校6年生くらいまでは性の知識が一切無く

大人に憧れる時期」だ。

おじさんに騙され、おじさんの前でオ○ニーさせられることだって実際にあった。

触られた事だってある。最悪だ。

目の前にある餌を前に、我慢することが出来ないことも多い。

「欲しいものを買ってあげる」とか常に「欲しいものをくれる」相手だったりすると心を許す可能だってある。

性の知識が無く、性行為に至った場合子供が出来る危険性、病気になる危険

死ぬ危険性。その他についてきちんと考えられないうちは無理だと思う。

子供大人に憧れて背伸びするから。実際大人は良いものでも無いけど。

オシャレしたマセガキが増えたのも、子供モデルが増えたのもそう。

ロリコンが許されるとすれば、「未成年から親の同意を得る」ことから

親が居ないのだとすれば、「性の知識危険性について全て理解して」からだと思う。

ロリコン異論は無いな?

2018-05-28

anond:20180528100428

女のこの方が精神的に成長するの早いから。(※ マセガキとも言う)

2018-04-21

きぐるみとの接し方

テーマパークとか、ショッピングモールかにいるきぐるみへの対応が変わって、大人になったなーと思った話。

小さい頃はいわゆるマセガキだったから全く相手にしなかったし、近づいてきたら「中身おじさんでしょ!」ってちょっと邪険に扱ってた。

大人になってからは「あの中には今まさに頑張って働いてる人がいるんだよな…」という感情が働いて、頑張っていろいろ話しかけるようになった。

いつか自分子供ができたら、中の人一生懸命働いていることを正しく教えてあげたいと思う。

ショーに出ているきぐるみの中身はおじさんよりもダンスとかやってる若くて可愛い女の子のほうが確率高いよってことも含めて。

2018-03-24

anond:20180324142902

小学生とき東京から地方へ転校したら、

転校先のマセガキに「東京の人って"コーヒー"って言えない("コーシー"になっちゃう)んでしょ?」といわれたことがあるのを思い出した。

2017-03-14

http://anond.hatelabo.jp/20170314210936

食べ物好き嫌いは幼稚に見える

「カッコつけてる奴」でも「マセガキ」でもなく「幼稚」

コーヒー大好きだけどプラスアルファが大嫌い

コーヒー大好き。超美味しいしあったまるし最高is最高。

でも僕は牛乳と甘いものが苦手なので、ブラックしか飲めなくて辛い、って話。

なんで辛いかっていうとコーヒーのものが好きなので、僕の知らないコーヒーの一面があるってのが辛い。でも飲むと吐く。カフェオレとかダメ。吐く。

あと18歳という年齢もあり、ブラックしか飲めないというと年の近い人には「カッコつけてる奴」、年の離れている人には「マセガキ」と呼ばれ非常にしんどい。

2015-02-27

心に牛乳を注ぎ続けて死にたくなってきた

やっぱりお葬式にたくさんの人が来てくれてそこでたくさん泣いてもらえるような人生を送りたいよねとカズくんは言っていて私はそれにニッコリとそうだねと答えたけれど嘘だった。自分が死んだ後のことなんてどうでもいい。そこで性格悪かっただの男に色目を使っていただの人の好感度ばかり気にしていただの言われたとしてもどうでもいい。事実だし。いやもしも事実じゃなかったのだとしてもやっぱりどうでもいい。だってうそ世界に私はいないし。だから私がそれを聞いていたいけな心を痛めることもないし、暴力とかをふるわれて実際に痛みを覚えることもない。いや、あこれ葬式悪口言われるわ、と思いながら死んでいくのはやだよ? よーし騙しきった―っていう清々しい気持ちのまま死んでいけたとしたらの話ね。それならそのあとでなにが起きようが、それこそ実は嫌われすぎてて死体ゴミ捨て場キャベツの芯とかゴキブリの死骸とかおっさんが使ったコンドームとかと一緒に火葬されようがどうでもいい。自分の知らないことはないことと同じだ。

みたいなことを小学生の頃お母さんに言ったらすごく悲しい目をされて、ほんとうのことをほんとうのまま口にすると誰かを傷つけることになるって知った。世界ウソとほんとうがちょうどいい割合ブレンドされていて、それを吸ってみんなは生きている。だからウソパーセントもほんとう百パーセントも、きっと人間には毒なんだ。そんなふうに原因を勝手解釈して、じゃあこれからちゃんとそのルールを守って生活しないとな、と、なんとなく人生方針が定まったのが中学生に入ったくらいのころだった。

開き直ってしまえばあとは楽で、ほんとうのことしかなかったはずの私の言葉ウソを混ぜるのは簡単作業だった。ちょちょいのちょい。カロリー消費ゼロダイエットにすらならないくらい。でも一つ問題もあった。それは、ウソとほんとうが水と油みたいに、混ぜても分離するようなものだったらよかったんだけど、実際は水と牛乳みたいに、一緒にしたら簡単に混ざってしまってもとに戻すことができないものだったことだ。だからうそから私の心に透き通った水が返ってくることはなかったし、水と牛乳が混ざったそれは薄白く濁っていて、とても綺麗と言えるものではなかった。汚い水。さいてー。それだったら、と思った私は、そこに大量の牛乳を注ぐことにした。ドボボボボー。嘘、嘘、嘘。最初に水が入っていたから飲んでみるとちょっと薄いけれど、見た目は完全にただのきれいな牛乳になった。なら誰にも飲ませなければいい。それで大丈夫。私は綺麗でいたいんだ。それが水でも牛乳でも、綺麗であればそれでいい。私は私を守る。

とか固く決意していたのに恋っていうのはホントやばい。飲ませたいんだもん、カズくんに。私の心を。バレちゃうのに。でも薄い牛乳だなあなんて思われるのは嫌だから、かと言って飲む前に汚い水って思われるのは一番嫌だから、私はどんどんさら牛乳を注ぎまくることにした。毎日毎日。そうすりゃいつか敏感じゃなきゃ気づかないくらいの濃さの牛乳になるでしょ。お願いカズくん! バカ舌であって!

なんて言ってわかってないふりをして自分ごまかしているけれど、ホント最初からどんどん水を注げばよかったんだ。ちょっと牛乳を入れて混ざっちゃった、元に戻らなくなっちゃった、って気づいたらすぐに、毎日毎日、水を注げばよかった。あーあ。間違えちゃった。でももう戻れないし。ってな感じで後悔しながら、でもカズくんは手に入れたいか毎日牛乳を注ぎ続けている。しにて~。なんつって。めっちゃ生きたい。けどつらい。どうしよ。こんなふうになってる人なんて世の中にたくさんいるんだからそんなことでギチギチ悩むなとか言われそうだけど黙ってろ。私は私の人生なんだから私のことはおおごとなんだよ。部外者はどっかいけ。かっこカズくん以外。

カズくんと初めてセックスしたのは去年の秋頃のカズくんの部屋だった。そこからズルズルセフレみたいな感じで続いている。とはいっても正彼女に近い位置取りのセフレだもんね! はーあ。な~にやってんだか。ばか。愛されてー。まあホントカズくんって名前じゃないし実際はさすがに小学生で悟ったとかそこまでマセガキじゃなかったけど、おおむねそんな感じで私は生きている。似たような女の子頑張れ、なんてことは全く思わないけど、男の性欲って醜いんだな、とは思います結論それ?

2015-01-22

http://anond.hatelabo.jp/20150122210808

そんなのはどうでもいいよ。一般庶民の集まりだもん。

ただし、声優志望の分際で大御所名前一つも覚えられない芸能事務所所属公人性高いはるかぜちゃんのほうが何倍もマズい。

一般庶民の集まり公人侮辱するのは何ら問題ないが、公人が多数の一般庶民の思い出を穢すのは超大問題

個人的には、もともと不愉快マセガキだったんで、アカ削除ざまあとしか思わんな。

親なら低能ザマアとしか思わん。どっちにしてもザマアw

2014-11-05

彼女が欲しいと初めて思った。

今まで、そこそこモテる人生を生きてきた。

初めての彼女が出来たのは小学生の頃というマセガキエピソードからまり

ちょこちょこ途切れつつも継続して彼女がいた。

二股などは行わず大学に入るまでにの10人ほどの女性とお付き合いをし、

大学時代から付き合った彼女と長く付き合い同棲までした。

 

しかし、その彼女に振られた。

未練が残る形で振られてしまい、

また、仕事にも没頭していたのでここしばらくずっと彼女がいない。

 

今までは、何もせずとも出会いがあり前述したようにそこそこモテていたのだが、

社会人という生き物はどうやら自分で求めないと出会いというイベントが発生しないようだ。

(もちろん発生する職業の方もいる)

また、今まできちんと考えたことがなかったのだが、

私は彼女という存在がいた方が精神的に安定しより良い人生を歩むことができるタイプのようだ。

 

ああ彼女が欲しい。

彼女というプロセスを通じて、心から愛する人が欲しい。

突然死んでしまったとしても、その際にそいつの顔だけ思い浮かべながら死んでいけるような対象が欲しい。

幸せなことが会った時に、「あいつに教えてあげよう」と思える対象が欲しい。

辛い時に、「それでもあいつのために頑張りたい」と思える対象が欲しい。

 

今のわたし、そこそこお買い得ですよ。

2014-07-23

http://anond.hatelabo.jp/20140723124004

いや、「賢すぎる」んだよ。賢すぎてリアリティがない。

マセガキさらに上を行く賢さ。飛び級あればとっくに大学卒業してそうな賢しさ。

釣り認定されても不思議じゃない。

2014-06-09

ゆとり新入社員ゆとり新入社員に思うこと

入社2ヶ月と数日の私が同期のゆとり新入社員に思うことを書きます

普遍的な話とかゆとり世代の話とか同期に限った話とかが十把一絡げになっているのでその点ご注意ください。

会社での振る舞い

良くも悪くも就活マニュアル本の延長線上的な振る舞いが散見される。

良く言えば、礼儀に関しては最低限の知識があり大きく間違うことはなく、模範的で平均的な社員である

悪く言えば、かしこまらなくていい時でもマニュアル通りに振る舞い、先輩や上司とくだけた話をするのは苦手である

その原因は、敬語に対する恐怖心や失礼なことを聞いてはいけないという思いだと思う。

例えば、おふざけを言った先輩社員に軽いつっこみやいじりをするということができないということがある。

敬語フランクになってしまうことへの恐怖心と失礼にあたるのではという躊躇いがそうさせているのではないだろうか。

また、そういう場合に彼らは「あ、、ええ、、、そうですね」のような不自然な返答や困った表情でただ言葉をつまらせているケースが多い。

彼らの振る舞いはどことなくぎこちなく歯がゆいである

なぜそういう振る舞いになってしまうか

私たちゆとり世代というのは失敗することを非常に嫌う。

言葉を換えれば、リスクをとってまで挑戦しない傾向が強いのだ。

成功して得ることより失敗して失うことを避けたいと考えているといってもいい。

そう考える背景について

失敗して道を外れた人たちが再び元の道へ戻ってくることができないのが日本社会であり、厳しい現実だと教育者(両親・親戚や、テレビパソコン等の情報も含む)から日常的に刷り込まれてきたことが背景にあると感じている。

刷り込まれた情報代表例として、雇用状況の悪化、平均年収の低下、節約生活ブーム、学歴差別世代批判、SNSにおける個人への誹謗中傷、が考えられるが、こうした情報日常生活を通じて身体に染み付いてしまったのである物心つく前からケータイとともに成長してきたマセガキ自分達がこうした情報に右へ倣えで育ってしまうのは必然ではないだろうか。

(親御さんへ、インターネッツは怖いところです。なんて脅しぐらいでは子供は余裕でネットに浸りますよ。リテラシーを教えましょう。)

いちゆとり社員として

生まれ育った環境が悪かったんだ!もっと優しくしてよ!なんて微塵も思わない。

ゆとりというのはこういう傾向がある、と参考にしていただければいい。

あくまで参考であって、世代という言葉定型化することはあまりに無謀であり乱暴な話なのだ

決めつけて扱うのはやめてください。お願いします。

ゆとり社員

マニュアル本に頼っているうちは補助輪付きの乳母車のようなものだろう。

そんなものに乗ってる奴を誰が大人として扱うのか。

言葉遣いを注意されたらすぐ直す努力しろ

失礼な態度をとってしまったら2度目はしないよう心がけろ。

お前たちと同じゆとり世代として生きる私の歯がゆさを考えろ。

ふう、、、

2012-11-04

http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20121103

未だにこんな陳腐な話するか?と少し腹が立ってブコメ非公開だったので酒の勢いで殴り書きしてみる。

なんて言うか現役電機メーカーエンジニアたる俺からしたら、決定的に現場の状況を知らない。

最近絶不調の電機業界論に決定的に欠けているのが、エンジニア視点だと思うわけですよ。

フラッシュメモリ竹内先生とか、発言するエンジニアが居ない訳じゃないけれども、

彼の言説も、『ポジショントークか?』と思える部分が多々あって。

東芝出身で、今現在企業と共同研究をしている竹内氏が現場を知らないはずがないし、

自分自身、NEセミナーや、講演等を通して部分的に氏を知っているだけに違和感を感じる。

大前提としてエンジニアにはパブリックな場で発言するとと会社不利益をもたらす情報

多々あるわけで大手メーカー意志決定できるポジションにいる人の話は絶対に出てこない。

と言うことで、勝手ながら評論家たちよりは真実を知っている折れ様が

サイレントマジョリティたるエンジニアを代表して現場視点を述べてやる。

経営重要性なんて、偉そうに言ってるけど、すでにみんなよく知っているって。

俺が大学生をしていた10年くらい前からすでに経営重要性が説かれていたし、

産学連携イノベーションセンターみたいなのも流行で、うちの大学にもあった。

で、選択科目として、MBA的な授業もやってた。

東洋経済とかダイヤモンドとかが愛読書だったマセガキの俺は、

おもしろがってたくさん履修してたもんだ。単位取りやすかったし。

HDDインチダウンにおける破壊イノベーションとか、

当時出たばかりの任天堂DSソニーPSPを題材にした、枯れた技術の水平思考とか、

ユニクロを例にとってSPAとか水平分業とか。フラット化する世界とか。

そんなトピックスをやってたね。

そんな俺が電機メーカー入社して、事業部で知った事実は、評論家たちの意見とは違う。

ビジョンがないとかグローバリゼーションに乗り遅れたとか、そんな大げさな問題じゃなくて。

結論から言うと、

純粋現場の開発能力が落ちて、まともなものが作れなくなってきてる。

それも、ここ数年で急激に。

台湾企業のODMを増やしているのも、コストや水平分業とかじゃなくて、

プロパー設計よりもレベルが高いから。とか。あまり書くと問題になるかもしれんな。

他のメーカーにいる友人たちといろいろ話して感じたコンセンサスがこれ。

AppleSamsungはすごい企業で特別なのかもしれない。

勝てないのは仕方ないのかもしれない。だけど、LGやAcerといった所にも勝ててない。

経営ダメでも、技術が今でも一流なら、さすがにこのあたりとは良い勝負が出来るのじゃないのか?

90年代だってMicrosoftIntelにはかなわなかったけど、今より良かったわけで。

技術立国日本(笑)

その開発力の原因は何かというと、一つには開発現場のいびつ人員構成に構造的な問題があるんじゃないかと思うわけで。

まず、2000年代半ばの好景気時に大量採用で入った人間が多いこと。総じて彼らのスキルは低い。

年代韓国台湾エンジニアよりかなり低い。(折れもその世代なのであまり偉そうなことは言えないが。)

彼らも30歳前後の年齢となり、ここ2,3年で発売された家電のかなりの部分にこの世代が関わっていると言うこと。

次にその製品開発の統括をしているリーダーバブル世代40代が中心になっていると言うこと。

さらに、彼らが大学で学び、若手としてスキルを磨いた時の知識が時代遅れになっていると言うこと。

そして、そんな現場をかろうじて支えているのが氷河期世代の30代。

デジタル家電普及の過渡期に入社し、技術の発展と共に育ってきた世代

リーダーの補佐から若手の尻ぬぐいまで、この世代がいなければ現場破綻する。

ただし、人数が少なく、常に激務。あらゆる所から引っ張りだこ。

いかスキルがあろうとも、細部まで目が行き届くわけではない。

この世代が他の世代のフォローに回れば回るほど、製品完成度は少しずつ下がっていき・・・

余談だけど、地味に響いていると思うのが、社内文章の電子化

自社開発の製品設計資料は電子化されているが、セキュリティ対策で、社外から参照できなかったりする。

ベテランエンジニアが飲みの席で『おれば若い頃は図面を持って帰って勉強したものだ』

とか言うけれど、最近はこんな事は出来ない。

しかもなぜかアクセス権の問題で、入社前に作られた製品ドキュメントが読めなかったりとか。

書き出すときりがないけれども、眠いし終わらないので中途半端だけどここまで。

気が向いたら、明日続きを書くかも。

2011-05-02

福島児童問題、児童自身はどう考えている?

  福島児童問題で、文部科学省教育委員会PTAや放射線医療関係者

  ケンケンガクガク議論をしているが、肝心の主体が議論に加わっていない。

  ずばり、児童そのものはどう感じているのか?

  今回の件で一番ストレスを感じているのは、誰あろう児童自身である

  低学年ならまだしも、高学年になれば、なんとなく

  「自分達の健康について、経済性等と天秤を掛けた議論が展開されている」

  ということに気付くはずである

  ネットリテラシーが高い児童であれば、「20ミリシーベルト危険」というサイトを自力で見つけ、

  その見解を親や先生に直接ぶつけるだろう。

  その際、教師は「安全だから安心してね」という政府公式見解しか話することができない。

  となると、児童は「先生の言うことだから、安全なんだ」と正直に信じるだろうか?

  恐らく、過半数の児童は、「先生のいうことはタテマエで、実は危険なんだけど言えないんだなあ」という

  「大人の事情」を察することになる。

  そのまま「大人の事情」を察したマセガキになって事が収まるか、

  それとも「大人なんてウソツキだ、先生ウソツキだ」として反抗児童になるか、

  いずれにしても「教師への全幅の信頼性が瓦解する」ことになる。

  あるいは親はどう話すか?

  この場合政府見解どおり「安全だから安心して」と話す親もあれば、

  「実は危険だけど、家の事情で避難できなくて・・・」と話す親もいるだろう。

  で、「安心して」と話した家の子供と「実は・・・」と話した家の子供同士で情報交換して、

  見解の相違がわかって更にひと悶着が発生する。

  小学校高学年だと兎も角、中学生ならそのまま非行まっしぐらになりそうだ。

  ということで、あまり議論されていないのだが、

  「子供自身がこの件をどう捉えているか」という視点で見つめ直すと、

  福島児童の「大人への信頼感」が瓦解する瀬戸際になっていることが良くわかる。

2010-07-13

http://anond.hatelabo.jp/20100713215803

恥ずかしい?そりゃあ射精してしまったところを周りから見られでもしたら、恥ずかしいんじゃない?

自分人生を振り返ってみて、射精射精だと納得したのはいつごろかなあ。俺はその白いものが精液だとは分からなかったなあ。

精通する前、直後から「これは精子で僕はオナニーをしている。これはまずいことだ」なんてわかってるのはよほどそっちに関心があるマセガキじゃないとありえないと思うけどなあ。

2008-07-15

http://anond.hatelabo.jp/20080715191525

俺も恋してないなぁ…、最後に人を好きになってから何年くらい経つだろ。


俺はね、小学校のとき死ぬほど好きだって思える子がいたんよ。

出会いは小4の時に、自分がその子のいる転校してきた。

最初はなんとも思ってなかった。そもそも女の子に対する変な意識とかもなく、

普通にただの友達だった。

ある日、その子がいじめられた。

引込み思案な自分は、そのとき何も出来ずに傍から見てるだけだったけど、その子の涙を見て思っちゃったんだよね。

「守ってやりたい、助けてやりたい、ずっと傍にいてやりたい」って。

赤い実が弾けちゃったんだろうな。

たぶんこのときの気持ちがきっかけで好きになったんだと思う。

それからかな。ホントにその子の目をまっすぐ見れなくなった。

怖いとかそういうのじゃなくて、ホントに恥ずかしくて。

見てたらニヤケちゃうんじゃないか、バレちゃうんじゃないかって変な勘ぐりがあったのかもしれない。

だけど話はしてたんだよね。前みたいにしょっちゅうじゃなくなってたけど。


それから3年くらい経って…中学に入ってからかな、変な噂を流された。

俺がその子のことを好きだって。

「メチャ事実やん。」

って、そのときの俺はとにかく焦った。

今の自分ならそれをきっかけにお近づきになろうとか思うかもしれないけど、

中学生だぜ?ましては最近マセガキじゃなくて超シャイボーイの俺だ。

そのときの俺にはそんな勇気なかった。

その事件がきっかけで話すこともなくなり、確実にその子にとっての俺の存在は“その他大勢”になっていった。

…いや、もとからその他大勢だったのかもな。

結局、中学卒業まで一言も話かけることも出来ず過ごして、

最後に告白する…って思ってたけど、肝っ玉の小さいブサ男の俺には無理だった。

この頃、どれだけ自分のこと嫌いになったか、もう思い出したくもない。


そしてお互い高校は違う高校に。

って言っても行き帰りの電車で見かけるくらい近くの高校だった。

やっぱり近いからか、駅のホームで意外と簡単に見かけちゃうんだよね。向こうは気づくはずないのに。

っていうかきっと自分が無意識に探してたのかもしれない。

何度も見かけた。…けど、一度も話しかけれなかった。

夏休みが近づいたある日、その子の横には知らない男がいた。

すごい笑顔で話すその子。。。

その日は朝方まで泣いてたな。

それからかな。その子を見かけなくなったのは。

たぶん探さなくなったんだと思う。

それ以降、高校卒業するまで一回も見かけることはなかった。


それから8年くらい経ってからかな。小学校同窓会での話。

…ホントマジありえないよ。ホントありえない。

飲み屋の席で横に誰か座ったなぁって思って横見たらその子だぜ?

マジでありえない。血の気引いたもん。

デート誘っちまったよ。

映画行って、カラオケ行って、水族館行って…

でも相変わらず目は見つめられなかった。


それから2年半。

俺ももう20代後半。夢を追って東京仕事してる。

そしてその子も大阪で夢を追って仕事してる。

たぶん今、その子には彼氏がいると思う。綺麗な子だったし。

今になってもそんなこと考えると胸が痛くなる。

だけど、それでもその子が幸せになってくれればいいなって思うようになってる自分がいる。

たぶんその子が笑顔でいてさえなってくれれば。



…なんか書いてたら辛くなってきたから終わりにするけど、

最初に書いたとおり俺はそれ以降赤い実が弾けるような恋はしてないと思う。

彼女もいたことあるけどさ、何か赤い実とは違う気がするんだ。

てかさ、もしかしたら赤い実って意外と見つからない物なんじゃないかな?

だから無理に探さなくてもいい気がするんだ。

赤い実が探したかったら探してもいいと思うけど、決してその先に必ず幸せがあるってわけじゃないと思うんだ。

俺みたいに辛いことばっかりってのもあるしさ。

だから、せっかく今が幸せなんだから、今ある幸せを真剣に取りに行ってもいいんじゃないかな?

そんなことを思う増田でした。

※最後まで読んでいただけた方、長文・駄文・乱文でごめんなさい。

2007-08-23

http://anond.hatelabo.jp/20070823180058

そうでしたね、これは失敬。

うぜーーーーーーーーーーーーーー

マジレスすればまともな奴だと思われるとでも思ってるのか。

なんんでこいついつもいつもこんなむかつく書き出しなんだ!マセガキかなんかか!

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん