「同人作家」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 同人作家とは

2017-11-22

anond:20171122003439

資料としてどちらも購入したことがあるのだけど、正直コンビニ本と専門書店成人向け本の内容の差が分からなかった。ボカシが多いくらい?(当方フェチ男性同人作家)どこかに解説いかな。

2017-11-07

【緊急】宝石の国エロ同人問題

1.穴はあるのか

2.柔らかいのか

3.肌で触れると割れる設定

 

これらを解決しなければ

同人作家が困ってしまうと気づいた

由々しき事態

2017-11-06

マイナージャンル同人作家に対して出来ること

そこそこマイナージャンル

原作アニメが終わって時間が経ち、人が目に見えて減ってきた。

本(同人誌)が全然売れないという愚痴を見るようになった。

イベント出たけど1冊しか売れませんでした、とかもうこのカプ需要ないみたいだから撤退します、とか。

悲しいなと思う。

本買って良かったら極力感想送るようにはしてるけど、

全ての本を買えてるわけじゃないし内容ピンと来なかったら感想も嘘になってしまうので送らない。

感想を1通程度送ってもなかなか響かない人もいる。(毎回送ってると効果が落ちていくのかもしれない)


交流感想モチベになるのは痛いほどよく分かる。

他の人気で人がいっぱいいるジャンルにいけばもっと売れるであろう人も、うちのジャンルでは1020冊程度しか刷ってなかったりするらしい。

それでもこのマイナージャンルに留まってくれて本を描いてくれてありがてぇ〜

もっともっと描いてほしい。読む分には雑食なのでカプは何でもいい。


でも感想を伝えて、読み手としてそれ以上に出来ることが何かあるだろうか?

それをしても作家が留まってくれないのならそれはもう仕方がないことって諦めるしかないのだろうか?

2017-10-31

もはや、同人作家>>商業漫画家なんだな

ネット配信しながら絵を描いてる若いオタクにいろいろ教えてたら「もしかして有名な大手サークルの方ですか?」なんて言われて時代は変わったなと思ったよ

プロの方ですか?」じゃないんだよな

2017-10-12

昨日のねほりんぱほりんで25年間の恋から目が覚めた

昨日のねほりんぱほりん。観た方も多いと思う。

テーマは「元サークルクラッシャー」略して「元サークラ」。

以下、自分語りです。

俺が高校部活の先輩で1歳年上のA美を好きになったのは25年前。

何気なくディタッチとかしてくれるし、噂では「ヤリマン」との事だった。

童貞だった俺は何とかしてA美とエッチして童貞を捨てようとアプローチするがのれんに腕押しだった。

A美には彼氏が居るという噂がある一方で、後輩のB太の童貞を喰ったという噂もあった。

何とかしてA美とエッチがしたかった。

そんなかんだして、A美は高校卒業関係は疎遠になったが、A美の事を忘れることが出来なかった。

ただ、A美は腐女子であることだけは情報を入手していた。コミケに参加していることも入手していた。

俺はA美に逢いたい一心晴海コミケ会場に向かう。晴海に着いた俺は呆然

「何だこの人だらけの会場は」

コミケについて何の予習もしなかった俺は当時でも二十万人は来ているコミケを正直舐めていた。

当然A美とは逢えず。俺はなんとなくセーラームーンエロ同人誌を買って帰宅した。

そして10年。

A美と再会するのはmixi上だった。

A美は結婚し、そして離婚してまた独身になっていた。

俺は何故かそのコミケきっかけに同人活動を初めて同人作家になっていた。

A美はmixi上で俺のサークルスペースに来てくれることを約束した。

コミケサークルスペースでA美を待つ俺。A美に逢えて凄く嬉しかった。

離婚して独身になったが、彼氏は居たが。

それから5年ほど、共通の友人と一緒に遊びに行ったり飲みに行ったりするようになっていた。

ついに15年目にして俺はA美に告白する。

そしてあっさり玉砕する。

それ以降A美とは連絡を取っていない。

で、昨日のねほりんぱほりんを観てふと思ってしまった。

「A美って実はサークルクラッシャーじゃね?」

高校の時もヤリマンだったし、先輩と付き合いつつ、後輩のB太の童貞を奪ってたり。

結婚離婚後もなんやかんやと気持ち翻弄していたし。

そう思ったら、25年(四半世紀)の気持ちが一瞬にして消えた。

残ったのは同人歴25年の古参サークル主としての俺だけだった。

いまだに独身だ。

勘違いした同人作家

同人上がりで寛容なジャンルなのに、

完全に公式に丸パクの小説を発行しておいて、ガイドライン改正されても自分からは何もせず、いざ申し立てが来たら

「内容に卑下するところはない」「こうなったことは残念」という上から目線コメントしかさな同人作家

本当に何か勘違いしている

著作権的にはグレーなことをもともとしていて、売上だって原作があってこそなのに、

完全にグレーどころかブラックな丸パクリをしておいて、反省する様子のひとつもないのは外から見ていて明らかに異様

このままだといけしゃあしゃあと、ちらっと装丁変えたりしただけで売り続けるんだろう

そして「クオリティが高い」とか自負し続けるんだろう

原作のおかげにすぎないのに

もはや滑稽

2017-10-10

anond:20170828155514

10月になっていきなりうまくなった実感がある。

こんなの初めてだったか最初はクソテンション上がったけど、徐々にまだまだ勉強が足りない事に愕然とした。

9月意識たことは好きだった同人作家ピクシブや好きなイラストレーターBehanceを片っ端からチェックしなおして、

自分が好きな線、色、世界観雰囲気再確認して特にお気に入りや参考になりそうなものスマホに参考資料フォルダを作ってストックした。

そして目指す線を何度も意識して引くようにしたら、8月ペン入れ下書きレイヤーを5枚は作ってたのが

なんとか3枚くらいにだいたい収まるようになった。

でも気持ち的にこれは落書きだ、を意識して描いてるからかもしれない。

色の使い方はペールトーンが好きなことと、雰囲気エキゾチックな感じが好きなのが分かった。

問題は描きたいものがあっても何度もデッサンの狂いに気付いてその修正時間が掛かること。

特に上半身の腕と肩まわりが全然からない、背中と胸板の厚み、女性なら胸の付き方とか

これは確実に勉強が足りないんだけどデッサンポーズ集を真面目にやる気が全然起きない。

上半身の動きが素体でわかるけど3DCGじゃないもの、でAVしか思いつかなかった。

しばらくAV見ながらデッサン練習しようと思う。

2017-10-02

2ちゃんねる終わってたんだなぁ

2ちゃんねるが5ちゃんねるに名前を変えたそうだが全然話題になってない

ツイッタートレンドにも入ってこない

全く見なくなって長いがもう完全に終わってたんだなぁと

時代を築いたネット巨人の死亡や時代の移り変わりを感じた

もう今の時代同人作家に「あなた2ちゃんで叩かれてますよ」と潰しにいく芸も意味ないんだろうな「あなた5ちゃんねるで叩かれてますよ」とかさら意味不明な感じだし

2017-09-28

どう考えても『けものフレンズたつき氏が完全に悪く、まともな社会常識が無い

けものフレンズ』は1話を見たきり。あとはネット祭りの経緯を横目で眺めていたオタクだが、たつき監督が外された原因は当初うっすら想像ついていた。

また、たつき氏が例のツイートで取った手段にも懐疑的だった。案の定公式声明では的中していた。

明らかに、たつき氏が関係各社に無断で制作してニコニコ動画YouTube無料公開した12.1 話『ばすてき』の権利関係だった。アウトで当然だ。

一連の騒動過激派たつきシンパ(と恐らく関係各社から警告を受けたたつき自身)が盾にしているこの発言を踏まえたうえで言うが

いくら原案者が吉崎観音氏と言えど、TVアニメで絡む様々な権利を彼が有している訳ではない。

こんなもの飲み会口約束と同じで、社会常識的には「許可を取った」内に入る訳がないのだ。正式契約文書か、せめて制作会社プロデュース会社幹部一同の立会が無ければ認められるはずがない。

しかも言い方から見るに、吉崎氏自身も具体的にたつき氏が何を作ろうとしているのか全く知らされて居なかった模様。

許可を取ったぞ」と言い張りその正当性を訴えるなら、ゲリラ的に独断公開せず最低限吉崎氏には『ばすてき』制作の旨を事前に伝えておくのが筋ではないのか?(無論サプライズ感を出すための協力はお願いしたうえでだが)

普通常識を持ったアニメ監督ならせいぜいツイッターCGイラストか描き下ろしラフを公開する位で留めるから、おそらくそ範囲内を想定してOKを出したのに

まさかOPED主題歌BGM声優アフレコ収録まで完備された事実上の続編アニメ話をまるまる一本勝手に作られるとは思っておらずさぞ驚愕した事だろう。

「ここまで好きにしていいとは言ってない!」と思って後悔したとしても、ツイッターで「たつき神」として熱狂的に祭り上げられている現状を見ると今更下手な事を言って水も差せない。

許可」の範囲一方的に、法にも触れるかも知れない所まで拡大解釈されたあげく、オタク大好き「ネットの力」で物言い封殺された吉崎観音氏もいい被害者だったのではないか

そしてこの状況はアニメ著作権的に甚大な被害を負わされながらネットの狂乱により巨悪に仕立てられたカドカワにもそのまま当てはまる。

せめて無難な1シーンだけを切り抜いたサイレントアニメなら比較的まだセーフだったろうが、例の動画には作品内の主題歌BGMまでガッツリ使ったうえ『けものフレンズ 12.1話「ばすてき」』という副題まで付けているのだ。

ようこそジャパリパークへ」の販売レーベルビクターですよね? 音楽立山秋航氏ですよね? 必要な所から全部許可取ったの? 取ってたら怒られる訳ないよね?

うっすらロゴをぼかす予防線を貼っていた事から、おそらくたつき自身本来ダメな事をしているという自覚はあったと思われるけど(それもアウトだと思うけど)

ツイッターネットでの大反響再生数を盾に全ての関係者泣き寝入りを強いてたんですよね? 

「もう数百万再生されてるんですよ。今更グチグチ著作権がどうとかで削除要請したらファンからヘイトが向かうのはあなた達ですよ?」というプレッシャーを与えてふんぞり返って。

だが、ここで折れたら権利を扱うメディアとしての信用問題に関わるのでカドカワは折れる訳にはいかなかった。水面下での再三の警告をするも、SNSでの承認欲求の虜になったたつき氏は聞く耳持たない。

ネットゲリラ的に動画公開して盛り上げたかけもフレ人気が拡大した」「もはやけもフレは“たつき神”ありきの宗教コンテンツ

そんなものカドカワも百も承知だったがコンテンツ権利を内部から無茶苦茶にするたつき氏を切らざるを得なかった。

たつき氏がけものフレンズ2期から外れるとなれば一大炎上騒動は火を見るより明らかだから、発表のタイミングは各社相談したうえで慎重に様子を見なければいけない。

しかし、SNS中毒たつき氏はそれを全てわかったうえで自分の有利に運ぶために再び1人勝手ツイッターで先回り暴露理由は明らかなのにそこは伏せて、“俺を下ろした敵”だけは名指しという完全に炎上を煽るやり方でだ。

そして唯一神たつき氏の思惑通りに信者暴徒化

カドカワは荒らされ続けて株価にも影響が出て殺害予告まで出て吉崎観音氏にまで危害的な凸が多発する惨状だが、煽ったたつき氏は悲劇ヒーローポジションを勝ち取ってしてやったりとダンマリを貫いている。 

 

 

決して特別でないごく一般的社会常識の元、全てを整理するとこういう図式しか見えないのだが、それでも狂信的に「たつき信じろ」して攻撃性を剥き出しにしているオタク達が信じられない。

オタクだけじゃなくて、あろうことかクリエイターに属する人間までもがたつき氏のツイートだけで一方的カドカワ非難したり、

たつき炎上テロで早急な釈明を強いられた公式から無断利用の経緯を丁寧に説明されても「たつきが悪いという事にするカドカワは悪」と聞く耳を持たないのが出来の悪いSFみたいで怖い。

少なくとも例えば同人作家とか、著作権に少しでも関心のあるオタクなら『ばすてき』に違和感を持つはずだし、吉崎観音氏の口約束があるからOKなどという支離滅裂な主張はしないはずだ。

少なくとも企業同士の組織で動く人間ならば、そこでの重大な決め事を無断かつ公式発表よりも先に暴露するやり方、自分に都合の悪い情報は伏せてカドカワを名指しするというあたか信者非難誘導するようなやり方に嫌悪感を持つはずだ。

幸いにもブシロード社長はまともだったし、他のまともなアニメ監督たつき氏に迎合しなかったのは救いではあるが、

世論がどんどん「ツイッター覇権を取るオタク(たつき氏含む)」の狂騒中心で進み、本来大人として彼らに釘を刺さなければいけない他メディアコメンテーターがどんどん排除されている様子が日増しに強くなってきて気が滅入る。

 

 

結論:世にはビジネス的な大人常識よりもツイッターで神と崇められる事を優先するたつき氏のような承認欲求モンスター存在するから、今後のアニメ監督SNSも素早く釘刺して監視しなきゃいけないね。少なくともまともな企業は今後一切たつき氏とは仕事しないでしょ。

2017-09-27

anond:20170927004524

伸びてるけどこれがtogetterやアフィにまとめられたらコメント欄ニュース映像見た人やリプした人の証言集まっちゃいそう


これはひどい】一人の同人作家が筆を折った理由が悲しすぎィ!

悲報身バレして筆を折った同人作家、○○同人大人気の××か?※ニュース映像あり

やる夫顔「ひどすぎる……お世話になったことがあるだけに残念です」


みたいな

anond:20170927004853

最後「正確にくみ取れている自信がないので」とかしてくれたほうがよかった。(現状、くみとれていないといってひっくりかえされた印象)

それ以外は大体同意

 

商業的グッズについては、イオンレベルよりもっと細かく網をかける必要性を感じているし

迷いなく起訴する事態を予感してると思う。

スマホゲームでは刀剣とFGOは一番くじが出るなど勢いがあって、

しかも人によっては二次創作一番くじでやってるより絵柄がよいものをつくれてしまう。

一度やられたら公式二次創作カブらないように新たなデザインをつくらなければいけない。

本だけで勘弁してくれってとこだろう。

 

あと4万円のエク〇カリバーとかあれは今のとこは一点もの趣味しか言いようがないけど、

量産できなくもない。やられたらほんと困るだろうと思う。というか、今でも困る予感があるだろう。

〇〇さん(同人作家)のサファイア一点ものとまちがえて違う人の真鍮つかまされました、

ツイッターで軽くみただけですけど思い込まされました、詐欺あいました、って苦情かならず公式にまわってくるから

トロの点数や総売り上げ方式もあれ大きいお姉さん向けだからまだ理解してくれるやつで。

FGOくらいまでユーザーが広がり年齢層が下がるとギリギリアウトだろう。

 

宗教具とかも絡むし。

イスラムとか偶像崇拝禁じてるからほんと行動制限かかるレベルなのに

フィクションから遊びだからとごっちゃにしがちで

ユーザー守るのが面倒くさい!

ほんと二次元薄い本)以外での自己規制ルール化が面倒でしょうな。

同人作家若い人のお財布は慎重に絞ろう。

パカーって開けっ放しにしてしまわないように、勘違いさせないように、

若い人を守ってくれるように、ほんとにお願いします。

FGO二次創作ガイドラインについて思う事

あくまでも私の理解なので、参考程度に

あたりまえの事ばっか

ツラツラ書かれていた事を振り返ると、ウンコをした後はお尻を拭きましょうねというレベルの当り前っぷりだった。そりゃそうか。

ゲーム中の画像データ(立絵とかイベントCGとか)をそのままデッドコピーで貼り付けて「ボクの新刊です!」とばかりに頒布するような、そんなのは絶対ダメよと咎めている内容だった。

そりゃそうだ。それがどうしてダメなのかが分からない人は恐らくいないだろうし、そんな意識創作活動に関わって欲しくない。

その他、文章音楽についても同様にデッドコピーをしてはダメですよという内容だ。

ロゴ商標権意匠権も関わってくるので、これまた当然のこと。

ウンコをするなら大便器でやりましょう!お尻を拭きましょう!流しましょう!というレベルのことだ。

同人誌ゲームについて

上記を守るならOKだよ!という声明

漫画小説も書き放題だし、ゲームだって好きに作って良い。

元々が同人サークルだった企業公式コンテンツに元同人作家を登用する企業なだけに優しいなあ…

艦隊これくしょんガイドラインゲームは全部ダメですというお達しが出たのが記憶に新しいだけに、ゲームについても言及してくれるのは、とても嬉しかった。

ということで、誰かジャンヌ三姉妹恋愛をするギャルゲー作ってください。お願いします!

立体物について

その上で少し気になったのは、グッズと立体物についての個別言及があった件。

まずは立体物だ。

立体物は基本は認めません。ただし、ワンフェスのような個別版権申請ができるイベントのみ、例外OKです……という。

ガレキ系・フィギア系の二次創作界隈のしきたりをそのまま持ってきたルールだったので、これまた妥当な内容だったと思う。

どうして立体だけ?という疑問については、グーグルで「立体 当日版権」あたりで検索すると出てくるので割愛

あと、twitterでざわざわしていたのが「ラバーストラップアクリルスタンドはどうなの?」という件についてだが……。

これは分類としてグッズじゃないのかなーというのが私の考えだった。

オフィシャルが出しているアクリルスタンド等と競合する!といっても、絵が全然違うなら競合もクソもないんじゃなかろうか。

言っちゃ悪いが、素人落書き印刷されたプラ板ゴム塊だし。

ただ、ラバストラップ等については別の角度から問題が発生する可能性はある。

つままれ代表されるような、既存の人気製品モチーフとして作ったグッズを「つままれFGOです!」のような形式名前まで借りて頒布した場合は、流石に商標侵害になりそうな気がするので……。

立体物云々の危険性というよりは、商標権侵害に関する危険性だねこれ。

オマージュ元の名前を上手に隠すのも大事ですね。

グッズについて

立体物に続いて個別言及があったグッズ系のガイドライン

グッズについては「商業目的での制作頒布ダメ」と、若干ボカした表現言及をしている。

捉え方によっては「1円でも利益が出たらダメ」という書き方にも思えるが、流石にそれは無いだろう。どうやって検査するんだ。

グッズを作ったサークルに収支報告をさせて精査するワケにもいかないし(そんな作業に人を回す余裕は無いだろう)、コミケの度に御用改の如く抜き打ち売り上げチェックをするわけにもいかない。

制作個数が3ケタ個を超えたらどうなのかだとか、企業に依頼して作って貰ったら駄目なのかとか、売上が5万円を超えるのはどうなんだとか。

あれこれtwitterが騒がしかったが当然誰も答えを知らないのだ。

ちなみに、ニトロプラスガイドラインはこの辺をしっかり数字で出している。

個数200個以下、売上10万円以下だ。もっとも、これは数あるガイドラインの中でもかなり厳しいとされる数字なのだが。

閑話休題

この件についてはボカした書き方をしているけれども、私個人としては「法人化起業禁止」「商業流通ラインに乗るのは禁止」という意味だと捉えた。

法人化すると銀行融資が受けやすくなるので、同人では不可能な規模での流通経路の確保や開発体制の増強が見込める。

そうなると、同人活動とは比べ物にならないくらいの大規模販売可能となる。やろうと思えばイオンだって売れてしまうのだ。

はいえ、FGOキャラ二次創作イラストが描かれたTシャツ製造販売する会社(本件FGO開発とは一切無関係契約締結もマージン支払も無し)があったとして……である

その会社株式の発行や銀行融資資金を確保して何万着もの商品を量産し、問屋に卸し、そんな商品Amazonや近所のイオンでいつでも買えるようになったら……流石にマズいだろう。

流石にそれは公式が許しませんよということなのではなかろうか。

逆にいうなら、そうではない限りはOKなんじゃないか、というのが私の考えだ。

即売会同人誌委託書店、そして個人通販くらいの限られた販路限定しつつ、法人ではない個人趣味として頒布をする限りはセーフ…だと思うのだ。

最近コミケカードゲームグッズや指輪等のアクセサリースマホケースや食器といったグッズを置くサークルも増えてきたけれども、

それらがAmazonで堂々と売られていない限りはセーフじゃないかなあ。

ただし、絵描きに無断でイラストをパクって作ったグッズは論外でダメだ。

あとはニゼグッズ(pixivで後悔されているサンプル画像を元に作った粗悪なコピー品。抱き枕とかに多い)も当然ダメだ。

ガイドライン関係なくイラスト著作権使用許諾の問題としてダメだろう。

回す方のノッブのツイート

そんなガイドラインが出てから少し後に島崎信長氏が「ルールを守るなら二次創作OKだよってことじゃん!すっごく優しい!ファン活動を認めている!ルールを守って皆で創作しよう!(意訳」というツイートを行った。

このツイート、かなりのファインプレイだったと思う。

ガイドライン曲解して「型月は一切合財の二次創作禁止した!終わりだ!ジャンルが死んだ!」なんていう誤解を分かりやす否定したのだから

サンキューノッブ。ナイスノッブ。

最後

そんな感じで、FGOと型月の二次創作ガイドラインを見て思った事をツラツラと書いたのである

あんまり委縮せず、堂々と(けれども前提として権利元のお目こぼし恩恵がある事を忘れずに)創作活動しようぜ!

蛇足だけど

この記事あくまでも筆者である私の思った事であり、ガイドライン制定側の意図を正確に100%粒度で汲みれているか不明なので……。

あくまでも一つの意見、一つの見方としてください。誤解があったらごめんなさい。

2017-09-22

anond:20170922174544

漫画家同士や同人作家同士で結婚している例も多い(有名人結婚ニュースも多いし知人でも見かける)ので、オタク女に需要のあるオタク男は存在する。

オタク男×オタク

非オタ男×オタク

非オタ男×非オタ

夫婦はそれぞれ知っている。

オタク男×非オタ女の夫婦だけ知らない。交際の例すら知らない。

オタク男が余りがちな傾向はあると思う。ただ、すべてのオタク男が余るわけではない。

anond:20170922161306

全てに同意すぎて笑った。

とらのあなの中でも秋葉原男性向けフロア臭いがするよね。もしくはメロンブックス

私も創作したりサブカルに詳しかったり、そういうクリエイティブな人との出会いを期待して行った。

私の周りの女オタクはみんな絵を描いたり本出したり話が上手かったり何かしら面白いモノへのアンテナが鋭い人が多かったから、世間一般オタクに対する認識がズレてたのかもしれない。

ある意味「ただ受動的に消費するってこういうことなのか」って初めて知れてよかった。

女性参加者は私のとき普通だったな。

有名な同人作家さんとかも来てて、「えっ◯◯さんなんですか〜!?知ってます!神〜〜!」とかやって、女同士だけで盛り上がった思い出。

2017-09-21

anond:20170920135025

自分ほとんど同じことをやっている人がいて笑ってしまった。

「その人達商業デビューしたり、同人だけで食えるようになっていくのが」という所までには至れないけど、

出した本を作家さんが記念にしてくれているのがとても楽しい、って感じかな。

自分場合だと――

早割で間に合わせることを条件に5万までの印刷代を出している

お願いする人は指定した期日(早割入稿日少し前)に必ず提出してくれるので、そういう条件は出してない。

というかそういう作家さんにしかお願いしない。締め切りを守って頂ける作家さんかどうかは100発100中で目で分かる。

お金さなきゃ」と言ってくる人に対して「返す金を稼ぐくらいなら漫画を描け」と言っている

これについては自分活動しているジャンル特性上、1回のコミケ書店の初動で印刷代がペイできるので、

こういうやりとりが発生したことはない。

利益になった分はあげるよ」と言ってくる人に対して「要らないから小遣いにして」と言っている

商業デビューさせる方法だけど、編集者気取って内容にケチつけないのが一番なんだよね

内容にケチをつけると作者のモチベーションも減るから

商業デビューとかはないけどこれは本当に同意同人は作者のモチベーションが9割9分9厘。

というか「その作家さんの作品だったらなんでも受け入れる!」という作家さんにしか依頼しないか

内容に注文させて頂くという気分すら湧かない。

元気な女の子スポーツみたいなセックスしてるのを描くのが好きとか、メカを描くのがめちゃくちゃ好きとか

具体的な萌えフェチを持っているヤツに金をだしてる

似たような感じで、萌えネット上で具体的な作品として公開されている作家さんは、

強いモチベーションが成果となって表れているということで安心してお願いさせて頂いている。

あとブコメであった

「興味あるけどどうやって接点持ってるんだろう。」という

作家さんは作品感想が欲しいという名セリフを知らないのかよ。

ネットで公開されている作品にきちんと感想をお送りさせて頂いて、そこからあなたの大ファンなんです」という信頼関係醸造する。

あと自分で一度どんな形でもいいか同人活動をやってみる。

本を作って申し込み、参加まで一通り、ヘタでもいいからやってみると、相手アドバイスを出しやすくなる。何事も経験

自分同人作家になりたかったけど、あまりにも才能がなくて、それでも続けて結局挫折してしまったのだけれども、

こういう形で才能ある作家さんのお手伝いさせていただくことができたり、

作家さんから同人関係質問に、過去些細な同人活動経験が役だったりしていて、

とにかく何も成果が無かった自分同人活動だったけど、こうして意外な形で役に立つことができたりして、

自分過去が少しだけ報われたような気がしてそれもまた楽しい

同人作家投資する奴が居ると困る

こっちは質の低い同人作家粘着して、できるだけ早く断筆させる事を生きがいにしてるのに。

迷惑からやめてほしい。

2017-09-20

anond:20170920204648

Entyで行われていることと違うのん

私が一時期、応援していたEntyのクリエイター同人作家)さんは、月額500円の寄付で、

時々、新刊デジタルデータをもらえるという感じでした。

いつ新刊が完成するかもわからないし、貰えるのはデジタルデータにすぎないので、

作家さんの手間ひまもあまりからない良い仕組みだと思ってました。



(これって、二次創作が完全に固定収入に繋がってるじゃん! という問題はありましたが・・・^^;

同人作家投資している

稀によくいる「絵や話が好みだけどお金がなくて本が出せない人」に対して、

早割で間に合わせることを条件に5万までの印刷代を出している

印刷代の最速は特にしていなくて、

お金さなきゃ」と言ってくる人に対して「返す金を稼ぐくらいなら漫画を描け」と言っている

日給1万の仕事を5日するくらいなら、5日間漫画を書いていて欲しいんだ

そんでその人達商業デビューしたり、同人だけで食えるようになっていくのがとても楽しい

絵や話で力になることはできないけど金さえあれば力になれるんだと考えるととても楽しい

追記

商業デビューさせる方法だけど、編集者気取って内容にケチつけないのが一番なんだよね

内容にケチをつけると作者のモチベーションも減るから

自分が注目しているのは作家フェチとか萌えポイント

元気な女の子とスポーツみたいなセックスしてるのを描くのが好きとか、メカを描くのがめちゃくちゃ好きとか

具体的な萌えフェチを持っているヤツに金をだしてる

好きなことをたくさん書いて強みにして欲しいみたいな

2017-09-18

あーうっぜぇ

匿名からここに書くけど、某同人作家あんたの事なんて何とも思ってないからw

流行りのゲームに手出してイキってるけど、暇人からレベル上がるのは当然でしょw

あんたをフォローして話しかけたのだってたまたま上司名前が一緒だったから。作品なんて一つも読んでない。時代遅れあんたのジャンルなんて正直興味無いし。やたらエアリプしてくるけど、構ってちゃんオーラだだ漏れてんだ。一人で遊んでろよ

2017-09-15

同人作家もそうだけど若手俳優でもいたよね

ブログ物乞いして叩かれた奴

〇〇が欲しいけどまだ迷ってるとか書く

やっぱああいうのって味をしめるんだろうか

一方でいらない差し入れに困ってるアイドルもいたりするんだっけ

同人作家の嫌いなところ

(^^)差し入れなんて気にしないでくださいね、お手紙だけとかで十分ですので!

 

数日後 

(^^)イベント差し入れいっぱいありがとうございました!!

  塩とか調味料はほんと助かる~!!フィギュアくれた方もいらっしゃいました!!

  お手紙ありがとうございました。

2017-09-04

才能のある同人作家生活力の無さで低迷困窮してて辛い

胃之上とかxxzeroとかね。

当人twitterから漏れ出てくる情報によると、資金繰り生活環境や健康状態が凄く悪いみたい。

エロ同人に詳しい人ならこれ聞くとみんな驚くよ。

だってこの人達めっちゃ絵が上手いから。

トップクラス中のトップクラス


でもねー

生活習慣が破滅的な人とか金の回し方がうまく無い人とかは居るんだよね。

これは作家としての能力とは関係無いし、

1度ドツボになると1人で立て直すのすごくむずい。


商業作家でもこういう人いる。

西川秀明とかね。

自分単行本あとがきとかに書いてるけど、

重度の糖尿病なのにだらしない生活が治せなくて、死を待つレベルだったけど、

出版社編集者が「生活を全部預けて下さい」って言って

家の掃除から食事指導からやって立て直して、新しい連載を与えた。


本来そんなの自分でやるのが社会人と言ってしまえばそれまでだけど

人が助けて立て直せばまだ働ける人が

立て直せないまま消えていくのは非常にもったいない

それがとても才能ある作家だったりするなら超もったいない


そこで思い出すんだけど

昔のオタク生態漫画げんしけん』に出てきた原口というキャラが居た。

自分漫画描けないけどプロデューサーのような位置にいて企画マネジメント雑用をやって売上から抜いていく男。


これを『げんしけん』ではとても傲慢な態度の、金に汚い、寄生虫のように描いていた。

しかしあのポジション本来重要仕事であって、現実需要があるのではないか

漫画企画マネジメントと言うとこれは水物だから怪しさもたちこめるが、

それ以前の生活指導ファイナンシャルプランニングのセットは

だらしなくなってしまいがちな孤独フリーランス需要があって、

世のため人のため役に立つサービスになるのではないだろうか。

2017-08-30

オタクは「真木よう子さん炎上」を重く受け留めるべきではないか

はじめに

真木よう子さん炎上について、水龍敬さんがサークル参加者の立場として問題点をよくまとめていらっしゃいます論点は大きく分けてこの4つかと思われます

なので、本炎上の抱える諸問題についての批判を、このブログに対する私見に代えて、以下につらつらと述べさせていただきます

(※ 念のため繰り返させていただきますが、水龍敬さんをディスってるわけではありませんのであしからず

クラウドファンディング金額多寡について

芸能人クラウドファンディングで8万円の印刷費を集めてコミケ写真集を出そうとした」なら(芸能人がなんでそんな金額を捻出できないのかと思われるが)ここまでの批判はあがっていなかったと思うので、やはり「クラウドファンディング」という手段批判しているわけではないように思える。一方で、その金額多寡は一つの原因ではあろう。「商業流通商品頒布してはならない」というのはコミケ公式ルールではあるが、それ以上にコミケには(そして一部のネットユーザーには)商業主義のものに対しての風当たりが強い側面があるのだ。

クラウドファンディング金額が高いのが問題」とは一体全体どういう理屈でしょうか。募集者は出資金額を直接操作できるわけではありません。出資金額が目標金額オーバーすることはしばしばあることです。

サークル参加者のみなさんには、ぜひ身の上に起こる話として想像してみていただきたいのですが、仮にみなさんがクラウドファンディング募集したとして、出資金額が目標よりオーバーした(それこそ800万とかい大金が集まった)らどうしますか?「出資金が予想よりたくさん集まったのでプロジェクトを断念します」と出資者に詫びますか?ありえないでしょう。

芸能人コミケに参加することの是非

一方で、芸能人コミケに参加することの是非もあるだろう。最初にあげた記事中にもあったが、コミケは元々アマチュアのための表現の場である。当然に何のネームバリューもない一般人基本的には参加するものと考えられている。かつてはプロ漫画家が参加すること自体否定的な者もいたし、企業スペースの存在を受け入れることにも是々非々があった。最近では見かけないが、コミケ知名度をあげてプロになった者はコミケ卒業するべきだ、なんて意見を言う者もいた。

芸能人コミケに参加することの是非」なんて、とっくの昔に克服した問題ではないですか。企業コミケ参加するようになって久しいですし、小林幸子さんとか叶姉妹さんとかが参加表明したとき最初は反発こそありましたが、実際に会ってみたらすごく盛り上がりましたよね。会えてよかったって思わなかったのですか。

出品物のクオリティについて

そこにTVに出るようなネームバリューの高い芸能人アイドルが参加すれば、どんな作品を出そうが当然に一般人よりもモノは売れる。一般人一生懸命に描いたフルカラー漫画本より、大物漫画家落書きペラ本の方が、残念ながら売れてしまうのは事実だ。まして芸能人アイドルコミケ写真集CDを出すとなると、それは半ば「握手券」的な意味合いを持ち、その作品クオリティ如何に関わらず、当人バリューを求めて買いに来る人達もいるだろう。それは真剣にモノ創りをしている人達の場では一種の「ズル」に見えなくもない(芸能人写真集が、真剣なモノ創りでないわけではないと思うが)。真木よう子ほどの知名度もあれば、最初から商業流通に乗せてモノ作りをすることも可能なわけで、それができないアマチュアのための場であるコミケであえてモノ作りをする意味が問われるのも仕方のない側面もある。

アマチュアのための場であるコミケであえてモノ作りをする意味が問われている」っていうのは、そのまま自分たちのことでもあるということをちゃんと自覚していますか。わずか16ページのぺらぺらの薄い本が500~1000円とかの値段でさも当然のように取引されていますが、コミケ直前の同人作家Twitter覗くと、どこもかしこデスマでひぃひぃ言ってますよね。みなさんは何のためにコミケに出品していますか?みなさんは本当に真剣にモノ作りをしていますか?それを胸張って真木よう子さんに言えますか?

出品物が「実写モノ」であることの是非

そもそもコミックマーケット」の名前にある通り、コミケ基本的には漫画の祭典である黎明期にはコスプレに対する扱いの是非も問われてたし、さらに実写モノの写真集となると今でも肩身の狭い部分がある。コミケット運営側だって、必ずしも実写モノの文化理解を示してくれるわけではなく、過去には一部のROMサークルが明確にコミケから排除されたりもしてきた。自分コスプレROM等には元から偏見もなかったし、今では自分でもROM撮影してリリースしたりしてはいるが、やはりコスプレイヤーに話を聞くと、そうした人々に拒否感を示す参加者も多いと言う。まして、コスプレでもなんでもない写真集となれば、さらコミケ同人世界では風当たりが強くなる。

「実写モノの表現自体そもそもデリケートな分野」って、そんなことないですよね。「あらゆる表現を受け入れる」、それがコミケのよいところです。「子ども向けアニメ鬼畜エロ漫画はいいが、ふつう写真集二次元ベース創作じゃないかダメ」っていうのは、端的に狂ってます

(あとついでに言うと、「コミケ排外的」っていうのもウソですよね?コミケ歴史的に「コスプレ」も「企業」も「有名人」もみんな受け入れてきました。こういう風に、「オタク」と「世間」とを分断する文脈コミケを語るとき、「○○○について不満を感じてる人がいる」とかい検証不可能な話を引用する記事が多いように感じるのですが、問題は「自分はどう思ってるのか?」です。そこを隠して知り合いの意見引用するのはフェアではありません)

まとめ

結局のところ、真木よう子さんの「ふつう写真集」じゃ抜けないか批判してるわけですよ。だってAKBとか大人声優とかが「ふつうじゃ出版できない過激でドスケベな写真集します」とか言ってたら大喜びでザーメンシャンパン撒き散らしてたでしょう。「クラウドファンディング金額が高い」だとか、「コミケアマチュアのための場でもある」だとか、「本のクオリティ」だとか、「本の中身が二次元ベースじゃない」だとか、あと排外性?だとか、さももっともらしいこと言ってますが、どうせ自分たちちんちん勃起すれば全部お咎めナシだったでしょう。

メディアに対する不信感についてはまったくその通りだと思いますしかし昨今、「オタクに対する謂れのない偏見」も薄れてきていて、一般の人たちにもオタク文化だんだん受け入れられてきているように思います真木よう子さんのコミケ参加表明がその証左になり得たはずでした。でも今回の一件で、「一般人オタクを嫌っている」のはでなく「オタク一般人を嫌っている」というのが明らかになりました。オタクのみなさんはどうかこのことを重く受け留めていただきたいと思います。長文すまんこ

追記:一部の誤字、衍字を修正しました。

2017-08-29

真木よう子「私を倒しても第二、第三のコミケワンチャン芸能人が現れるであろう……」

まあ確実に裏で煽ってるやつの存在を感じる。

小林幸子の時点でニコニコか角川あたりがサポートしてそうではあるし、

叶姉妹にいたってはあれはもう完全に最初から繋がってただろう。あまりにも流れがスムーズすぎる。

とらのあなメロブ同人ショップが、自分とこで専売にしてる作家に対して、

新刊ジャンルを打診してくるなんて話は中堅同人作家の間では常識だしね。似たようなもんだろう。

何にせよ成功例が出てしまった以上、イナゴがやってくるのは避けられない。

今後は「創作絡みならいいんだろ?」って感じで、一時期の品川祐とか矢口真里みたいなのが現れる悪寒

あるいはもしキンコン西野コミケにやってきたら、みんなどんな反応になるのかなあ。

https://anond.hatelabo.jp/20170829201720

今まで自分確認してる人たちは物がある創作系の人が多くて(お笑い芸人オタクさんは一般同人作家として出展してるって今回知ったけど)

真木さんは俳優さんなんで物として残らない創作をやってるイメージが強い。

そういう無意識の前提イメージが影響してる気がする。

何を創作して出すのかわからないっていう。

スポーツとかのレポート系の同人誌つくるとかもあまり想像出来なかったし。

ただ、やっぱり俳優さんは世界違う感じあるかもな。

一部のオタク男性女性か便乗ライバルかは知らん)は被害妄想強いなとは思う。

コミケは人大量に来るので、安全とか導線とか混乱の発生が心配になるのはわかる。

徹夜で並ぶとかも禁止なんだけど客をコントロールするのが難しいからだろうな。

何かあったらイベントがなくなるし、起こした人は晒されるし、来てる人たちの暗黙のルールも多そう。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん