「社会的制裁」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 社会的制裁とは

2018-06-15

警察の横暴だと話題だが、むしろ公権力に対してはちゃんと異議申し立て・救済の手続きが用意されていていいですよねというお気持ち

民衆私刑社会的制裁にはそんなもの存在しない。

2018-06-11

なぜ日本人批判が苦手と言われるかというのを思い出すんだけど

批判人格批判と捉えられるし、強い批判はすぐ社会的制裁になってリンチ化する。

どうやったら相手尊厳を奪わずに許すのかという道筋が見えない。だから無責任になる。


無責任社会”は無限責任からまれ

https://www.tachibana-akira.com/2011/11/3498

2018-06-05

anond:20180605121643

社会的制裁」という漠然としたものと、

強姦」という犯罪扱いとでは天地の開きがある

anond:20180605121643

高校生妊娠社会的制裁を与えるのは中世ジャップ国の糞みたいな所業ってのがはてなの総意やったはずやが・・・

anond:20180605121327

高校生がそういうことをして

たとえば妊娠した場合に顕著だが社会的制裁もあるし補助がかなり限定されてくる

就職でも割と不安定になってくる

もちろんセックスしただけではかなり小さいが規制がかかってることは間違いない

高校生だけではなく成人においてもそういうことを考えられない人間社会的制裁がある

2018-05-27

インターネット史上最大のリベンジポルノ 伊藤直也 事件

わりと伊藤直也さんをよく知ってる人でも、このブログは読んでいないのでまず必読 →

https://naoyaitoblog.wordpress.com

※最新のもの修正

炎上第一対策ダンマリというけれど、それはあくまでも失言とか、言い訳してもどうにもなんないレベルのものであって、このままダンマリを続けると、先方のブログに書いて有ることだけが全ての真実ということになってしまって伊藤さんは社会的抹殺されてしまう気がするんだけど。このまま表舞台に出ないで嵐が過ぎ去った頃に何事もなかったかのように復帰するシナリオなんだろうか。

id:otsuneときはあれは相手もどうなの?という人だったのでみんな「ホテル代くらい返してやれや」とイジるくらいで笑えたんだけど、伊藤直也さんの場合ガチクズ案件なので誰も擁護できないどころか笑いにもできないという地獄絵図。サイバーメガネとかその周辺の女どもは勝手にやっとれと思ったけど、伊藤直也さんの場合、本当にクズいのでもう誰も何も言えない。事実なら社会的制裁を受けるべき。

そもそも警察に連れて行ったあたりでもうおかしくなってる気がする。ブログでは片方から見た話しか出てこないので想像するしかないんだけど、たぶん奥さんに言い訳してる段階(興信所写真が撮られた段階)で「実はつきまとわれてるんだ」というその場しのぎのウソをついて引っ込みがつかなくなったパターンかなあ。

警察に突き出すとか接近禁止命令を出すとかは本人の意志でやってるとしたらサイコパスすぎて怖すぎる。だって密会がバレたあともそれまで通り付き合ってるし。なのに昨年から警察相談してたとかムチャクチャでしょう。

先日、伊藤直也さんの知人ともこの話が出たけど、やっぱ今のままじゃ誰も擁護できないって。

対応がひどすぎるし、これで相手にもしものことがあったら伊藤直也は本当の殺人者なっちゃうと思うけど、どうすんかね。この子結婚するかはともかくとして、離婚くらいするのが男としての禊じゃないの?

相手有名人でなくてもここまで徹底的な捨て身の復讐はないと思うんだけど、伊藤直也さんも、それを庇うはてなもどうかと思うよなあhttps://anond.hatelabo.jp/20170724080818

2018-05-26

子供は弱くない

子供を狙った事件報道で、子供は「弱い立場」ってよく言われるけど、立場としては強いよね。

子供に手を掛けたら社会的制裁がかなりキツいじゃん。

から子供に手を出すのは止めようよ。

太刀打ち出来ないよ。

そんなんより、会社仕事の出来ない誰にも相手にされないオッサンが1人はいるでしょ?

彼らにはいくらパワハラしたってお咎めなしだよね。

そういう連中になら、合法的支配欲が満たせるよ。

性欲なんてどうでも良くなるくらい…

2018-05-25

anond:20180525110834

残念ながら賛成できない。

最近ハラスメントに対する動きというのは「マスコミ炎上騒ぎを盛り上げ、組織を叩くことによって、社会的制裁を無理やり引き出す」というプロセスで行われており、

そこに法や裁判所というのは全くと言っていいほど関与していないからだ。

物証というのも、炎上を補強し、エンターテイメント性を盛り上げるための材料ではあっても、別に必須でもなんでもない。

法も物証も、この炎上騒ぎの主役ではない。主役の座にあるのは相変わらず、ただ属性属性闘争のみである

加害者が「与党」の「議員」の「オッサン」とか、気に食わない属性から便乗して叩き、被害者が「女性」「若者」といったかわいそうな属性から救おうとする。

ただそれだけの話だ。

そもそも、人というのは感情属性党派性に振り回される生き物である

はあちゅう童貞煽りを「それは今回のハラスメントとは無関係なんだから黙ってろ」と必死で弁護していたような人が、

オタク差別の話になると「お前らは普段の態度が悪いからそんな扱いされても仕方ねえんだよ」と、属性が違えば平気で真逆のことを宣う。

それ自体はある程度仕方がないことだ。

しかし、同情と共感だけで世の中を変えていこうとすると、そんな人たちを相手にし、彼らのご機嫌を取らなければ救われなくなってしまう。

自分がもしハラスメントを受けたら、物証なんかよりも、とにかくカメラの前で人の同情を引く態度を取ることに必死にならなければならないのか?

自分に同情されるような属性があるか、相手に人の気に食わないような属性があるか、必死に集めて回らないといけないのだろうか?

ハラスメントがなくなるべき、という点では100%同意する。しかし、自分は今のシステムに頼りたくないし、実際頼れるとも思えない。

しろ今行われているのは紛れもなく法の軽視であって、属性と狂乱の支配であるようにしか思えないからだ。

2018-05-07

anond:20180507201224

いや、書類送検されてるし起訴猶予になったのは示談して社会的制裁を受けてるからでしょ。

被害者の子をたたいてるのは主にメンバーファンで、不注意だよねって意見は叩いてると言えるかどうか微妙なところだけど。

みんな犯罪だと思ってるし。

2018-05-03

他人感情を盗んではいいか

山口達也暴行事件話題を見ていて改めてそう思った

こういう事件に憤る気持ちの何割かは、被害者関係者感情を盗んだものではないかと思う

例えば、この事件だと山口記者会見の時に自分の復帰について言及した事と、それに対する城島コメント話題になった

被害者に対する謝罪気持ちがあるのであれば、自分の復帰について言及できるはずがない」という城島の指摘は正しいと俺も思う

だがそこに込められた城島感情までは理解できないとも思う

長年苦楽を共にしてきた仲間の裏切りとも言える行為に対する感情は、怒りや悲しみといったシンプル言葉で言い表せるものではないはずだ

それを赤の他人理解できるだろうか?

また被害者である少女に対する批判は論外だが、勝手被害者気持ちを代弁するのもまずいだろう

被害者感情なんて、それこそ他人に分かるものではない

仮に同じ様な経験をした人であっても、それは類似例であって今回の被害者自身感情を代弁する事はできないだろう

他人気持ちなんて分かったと思っても、それはその人の感情の上澄みの部分くらいだ

完全に他人気持ち理解できたと思ったのなら、それは単なる思い込み

上澄みしか理解していないのに、他人感情自分の行動の理由にしてしまう事は、他人感情を盗んでいるのだと俺は思う

盗んだ感情のままに「被害者気持ち勝手に代弁する」「城島コメントの尻馬に乗る形で山口批判する」どれもあまり良い事ではないと思う



仮に被害者城島山口批判してくれというニュアンス発言をしたのであれば、それに同調するのは分かる

しかし今回のケースは早い段階で示談が成立した事からも、被害者側としてはできるだけこの事件大事にしたくないという意向があるようだ

山口社会的制裁を加える事よりも、この事件話題が白熱する事で要らぬ被害を被る(実際、今受けている)のを避けたいのだろう

城島コメントも、その後のメンバーによる会見も、別に山口批判して欲しくてやってる訳でもないだろう

そもそも必要感情的になっている、世間という名の赤の他人の集まりに、今回の事件関係者配慮する必要はない

被害者の救済をどうするかがまず主題であるべきで、山口をどう扱うか事は本来二の次でいいと思う

今回の件に関わらず、犯罪を犯した芸能人芸能界に復帰すべきでない、芸能界はその辺が緩すぎるという意見もある

ならばそういう法律を作る、もしくはせめて明文化された芸能界共通ルールを作るべきだ

法治国家において人の罪を裁くものは、法であって世間感情ではないと俺は思う

2018-05-02

TOKIO会見の違和感!親が悪いだろ!山口制裁はもう充分!

謝罪会見を見た。

泣いて謝るメンバーもいた。

だが、すごく違和感

悪いのは現TOKIOメンバーではない。

山口さんと家に行った女子高生と止めなかった親だ。

山口さんが悪いのは当然として、管理しなかった親が特に悪い。

未成年芸能界という上下関係特に厳しく、イレギュラー危険がつきもの社会に入れておいて、放任して、あげくに2千万円貰いながら許せない?

はっきり言って親はクズだし、まだ幼い子まで使い、それを認めるテレビクズ

アルバイトすら、幼い子は禁止だろうが。

おそらく報道されてないだけで、裏では無理矢理の性交なんか当たり前にあるだろう。

それくらい昔は芸能世界=裏という印象だった。

それを理解せず、子供放置しながら、許せない??はぁ??

親も一緒に謝れよ!

TOKIOの他メンバーが謝る必要ないだろ。

山口さんは一人の社会人で大人からTOKIOメンバー連帯責任負うのはおかしいが、親は管理責任があるだろ。

山口さんは明らかに病気

それを不起訴になった今も報道し、社会全体で叩く風潮もいじめのようで不快

示談して、不起訴になって、謝罪したなら、後は本人と被害者問題で、メディアが騒いで被害者感情を逆なですべきではない。

今は自殺してもおかしくないくら山口さんも追い詰められてる。

それをまだ叩くか?

もう社会的制裁は十分だろ。

キスでそこまで追い詰めるメディア人間TOKIOメンバーの方が怖い。

おそらく身内は庇うより批判した方が社会的に救われる判断もあると思うが、それにしても責める姿勢日本は異常。

松岡さんも、辞表貰って怒るなよ。気持ちは分かるが、憔悴しきってせめてメンバーに先に辞表を出してケジメをつけたい気持ち分かるわ。

あんだけ、戻るなんてありえないとかリーダー言ってんだから

それ聞いたら辞表出すわ。

先に事務所に出さなかったことは山口さんなりの誠意だった気もする。

メンバーに、もうやめました、ごめんなさいだったらかえって嫌だろ。

辞表メンバーに出して謝罪たかった気持ち分かるし、今混乱状態の彼に押し付けすぎだろ。

最後に、未成年に手を出したからここまで非難されているのは否めない。

だが、身体大人の子供達をテレビで売り、ミニスカート履かせて、性的刺激をさせる社会が1番悪い。

2018-04-26

anond:20180424195320

そういった恣意性を疑うのは非常に妥当だと思います

事実、私はSNS上にこういう主張を載せたのは人生で初めてです。

ここって初投稿だと他の方に分かるようになってるのかな?

それはさておき、反論の本旨に対してコメントしますと

凶悪事件」の場合刑事裁判になりますから、最終的に事件審判を下すのは裁判官になります

言うまでもなく裁判官職業訓練を通じて何が有効証拠証言になりうるか判別する能力を身につける事が要求されます

その判断メディア報道によって容易に左右されるものではないと推測します。あくま一般視聴者比較してでの話ですが。

ですので、今回の件とは違う性質のものだと考えます

ただしその場合も、メディア報道抑制的なものでなければ、公正な裁判を経ずに社会的制裁被疑者に加えてしまうといった問題

以前から度々指摘されていると思います

なので私が言わなくても別にいかなと思ってきました。

2018-04-24

財務省事務次官セクハラ疑惑報道に関して、私が問題に思うこと

長めです。

私は普段からいくつかの報道番組を録画して関心のある部分だけざっと視聴するようにしてるのですが、

今回の事柄テレビ報道問題に感じてる事があります。(新聞は読む習慣がないのでテレビ報道のみについて)

端的にいうと報道番組必要な手順をスキップしてないか?と感じます

まず、私達の住む社会セクハラに対して厳しい態度で臨むという選択に全く異論はありません。

一方でそういった事が起こったとされた場合、何が妥当事実かについて十分な調査検証が行われてない段階で、

誰が加害者で、誰が被害者か、何があったかなどを断定的に語られるのは非常に危険だし、公正な態度ではないと思います

特に報道機関においてではです。

一般の人同士が世間話をするのと、要求される社会役割や影響力が全く違います

私は法律専門家でも何でもありませんが、刑事裁判においては「無罪の推定」という原則があるそうです。(推定無罪という言葉の方が一般的ですが)

検索すればその定義がすぐ出てきますが、以下の文を日本弁護士連合会サイトから引用します。

 「無罪の推定」とは、犯罪を行ったと疑われて捜査対象となった人(被疑者)や刑事裁判を受ける人(被告人)について、

 「刑事裁判有罪が確定するまでは『罪を犯していない人』として扱わなければならない」とする原則です。

 (引用ここまで)

法律世界において、一つには刑事裁判の立証責任所在を示す意味もあるそうですが、

もう一つの意味引用文のままで十分理解可能だと思います

今回の事柄は(少なくとも現段階では)刑事事件ではありませんし、民事裁判でもありません。

ですから刑事裁判原則をそのまま法的に適用しようとは全く思いません。

しかしこの原則意図するところは、人と人のトラブルが起こった時には常に留意すべきではないでしょうか。

繰り返しになりますが、特に報道機関においてではです。

被害にあったと一方の側が主張しており他方がその事実否認しており、また提出された証拠妥当性、当時の状況等々に関して

十分な確認検証がなされない内に、「誰が加害者である」「誰が被害者である」といった断定がいくつも見られました。

更には加害者とされた側に対して「事実」を認める事を要求したり、謝罪要求したりする事もありました。(この場合の「事実」は批判する側が想定している事実です)

報道機関においてだけでなく、政治の場において国家議員の方々も同様の言動が見られました。

直接的に「誰某は加害者である被害者である」と言わなくても、「被害にあった女性記者」という表現被害事実であったという事実認定が前提になった言葉です。

セクハラ発言」という表現もある発言セクハラに該当するという事実認定が前提になっています。(「事実認定」という言葉一般的な意味で使っています。私は法律専門家ではないので)

言外のニュアンスといった問題ではなく、ある事実認定が前提になった発言が多々みられました。

「あのような発言はどこで誰に言ってもセクハラである」と考える人いるかもしれませんが、私はそれは状況次第だと考えます

以前読んで個人的に大変参考になったブログ記事を貼ります

http://d.hatena.ne.jp/ohnosakiko/20090218/1234934521

中年男性性的発言に対する嫌悪感から即座にセクハラ認定していないでしょうか。

何が妥当事実かを追求するには様々な可能性を想定し、また様々な事を疑わなければならないのではないでしょうか。それには被害を訴えた側の証言も含まれるはずです。

加害者とされる側に対しては検証を経ない粗雑な断定を下す一方で、被害者とされる側に関しては考えうる可能性を述べる事も「被害女性」を更に傷つける行為だと批判する人もいました。

もちろん私もこの場合被害を訴えた女性がいわゆる二次的な被害に合わないように配慮するのは必要モラルだと思います

しかし、であれば、加害者とされる側についても必要検証が終わるまでは当該の事実に関する推測は控えるべきではないでしょうか?

対応についての批評は含みません。あくまで疑いを受けている事実に関してです。) 

一方の側が配慮され推測も抑制された状態で、他方が様々な推測を述べられる状態報道において連日続けば

視聴者の印象はある方向に導かれるのは必然で、その事によって社会的制裁がなされてしまうのではないでしょうか。

必要検証を経ず、報道機関によってです。

それは私は非常に不公正で危険な事だと考えます

念の為、本当に念の為言いますが、私は疑われている事実などなかったと主張するのではありません。

疑われている事柄事実なら、必要謝罪処置が当然行われるべきです。

しかしそれは、繰り返しになりますが、十分な確認検証の後なされるべきではないかと主張しているだけです。

また言うまでもないかもしれませんが、仮に今後の検証によって、この次官が疑われている事柄が全て事実だと判明したとしても、私が申し上げた論点はやはり問題だと思います

例えば、ある刑事事件において警察犯罪を立証する十分な証拠が得られないので、被疑者自白強要を行い裁判有罪が確定したとします。

この時、その被疑者が実際に犯行を行っていたかどうかに関わらず、この警察の行動は違法であり批判されると思います

後に被疑者が本当に有罪だという証拠が見つかった時、「どの道有罪なんだから問題ない」とは法律ジャーナリズムに携わる方達は決して言わないと思います

そこまで悪質なものかと思う方がいらっしゃるかもしれませんが、報道機関の持ってる影響力、言い換えれば実際的権力を考えればそんなに差のある話ではないと私は思います

最後に、上で述べたような性質発言をする人ばかりではありませんでした。

慎重でバランスのとれた発言もあり、被害を訴えた側について疑いを投げかけた発言もありました。

しかし私の視聴した範囲ではそれらは極少数でした。

一人ひとりの発言引用すると、様々な論点が出てきてしまうのでやめました。

論点拡散してしまうと、私が重要だと思ってる論点が見えづらくなるので。

2018-04-21

anond:20180420235945

ルール違反からね。ギリギリで責めるべきだったのに大幅にアウトした。だから社会的制裁を与えるためってやつ

実際、福田ウィキペディアおっぱい揉んでいい?と言って辞任した人と書かれることになった

めでたしめでたし

2018-04-17

罰せられないならレイプでも人殺しでもやる奴はやる

今でこそセクハラすると社会的制裁を受ける世の中になってしまってるけど、昔は乳だの尻だの触っても何のお咎めもなかったわけで、何のお咎めもなければ乳や尻を触るに決まっている。

次官自分が「罰せられない立場」だと勘違いしただけなのだ。または「自分を罰しない相手」だと勘違いしただけだ。

受験戦争出世競争を勝ち抜いた末に、「自分だけはそういうことをしても許される」と思い込んでしまった。

逆に言えば、事務次官にまでなっても「おっぱい触らせて」の一言すら言ってはいけないうんこみたいな世の中になってしまった。

2018-03-08

anond:20180308162003

はい、そうなのかもしれません。

自分自身アレルギー持ちなので、今後こういうことが起きないように周知をしてほしいというのが願望であり、核です。

そうなると、当然、この老人に対して自分は怒りを感じます社会的制裁を加えてほしいと思っています

 

しかし、攻撃者は攻撃をして終わり、狭い範囲議論して終わりだと思うので、そんなことに躍起になっているネットピーポーを見下しているのかもしれません。

2018-03-06

anond:20180306023008

常習犯になる理由が違うのでは?社会的制裁がショボいか常習犯になるのではなく、一回目の犯行社会的に死んで失うものが無いから二回目三回目をやっちゃうのでは?

2018-02-09

菅野完c71の主張も利用しようとしたが裁判では通用しなかった

菅野氏の「この件を報じた雑誌記事女性の主導によりインターネット上で拡散され、社会的制裁を受けた。慰謝料は5万円以下が相当だ」との主張は、みなさんご存知の通り、c71氏がはてなブログ暴露した「週刊金曜日ステマ騒動のことを指す。

今回の判決によっても、この「ステマ」そのもの問題視する立場は支持されなかったと言えるだろう。そのことを確認したい。

暴力被害者の訴えが軽視された実例はいくつも挙げることができる。だから、性暴力被害者がそれを警戒し、自分告発が最大限のインパクトを与えられるよう公表タイミング拡散について工夫したいと思ってもそれはなんら問題のあることではない。

ただ、そういう運動をするなかで礼儀言葉の行き違いで不信感が芽生えることはある。c71氏が「被害女性に加害を受けた」と主張するに至ったところに問題を見出すことはできる。

しかしその後のc71氏の対応は「被害者から正しいわけではない」ことの好例である本来菅野氏も争っていない性暴力の有無まで疑い出し、菅野氏の方が信頼できるなどとすり寄るに至っては迷走の極みである。こんなにも定見のない人物文章力()だけで謀議に誘い入れたこ自体が最大の失敗であった。

くだんのグループチャット検索すれば今でも見れるが、被害女性とその友人たちがc71氏の檄文を絶賛する中でc71氏が突然「自己評価が低い」との自分語りをはじめ、被害女性の側がうかつにもその語りに乗ったために謀議が崩壊した。その後のc71氏の主張は、細部には論理的整合性が欠けるが、そこは「ケア倫理」の出番である。「フラバでわけがわかんなくなっていたことくらいわかれ。主張の矛盾を突くな」と性暴力サバイバーに反撃されれば、論理を問うことのマスキュリニティを恥じ沈黙するしかない。そのような「場」を形成しつつあったことをc71氏に逆手に取られたとは言えるが、それは同時にc71にも課せられるはずである。性暴力サバイバーによる運動の作り方はやはり課題を残していると言えるだろう。

この悶着を菅野氏も利用しようとしたわけだが、裁判でも菅野氏やc71氏の立場は敗北したことにまずは安心している。

2018-01-20

不倫報道私刑に対してのジレンマ

私刑他者攻撃を減らす効果的な方法が思いつかない。

もう文春砲とか言って持ち上げるのやめよう。不倫報道はなくなるべきだ。

と、こういう意見多数派になっていて少し安心する。

小室哲哉さんの騒動を見ていても、不倫報道辟易している人はますます増えている。

じゃあどうやって不倫報道をなくすのか。現状として、不倫報道は儲かるらしい。需要があって利益が出るからだ。

単純に考えれば、需要ゼロにすればいい。もしくは不倫を扱うことでマスコミマイナスな影響を受ければいい。

そのための戦い方はいくつかあると思う。単純だけど、スポンサーへの抗議とか、不視聴運動とか。

でも、本質はそこじゃないと思っている。不倫報道需要がある理由を考えると。

簡単に言うと、たとえ不倫報道がなくなっても、別の「悪いことをした人」を見つけて、また嬉々として叩き出すんじゃないか?という不安がある。

不倫は悪いことだ→悪いことをした人間には何を言ってもいい、社会的制裁を加えるべきだ という流れこそ、一連の不倫報道を見ていて特に嫌悪感を覚える部分。

この流れは、不倫報道とは別の場面でもよく遭遇する。

テレビ容疑者実名報道してコメンテーター人格否定ネットでは住所が晒され、勘違いにより無関係な人・会社にまで誹謗中傷の声が届く。

必要以上に他者攻撃し、社会的制裁を加えようとする現代に、そして自分もまたそうした世間の一人であることに、本当に嫌気が差す。

前置きが長くなったが、「悪いことをした人を叩く行為」をなくす効果的な方法が思いつかなくて悩んでいる。

ネット私刑はここ数年ずっと問題に挙げられているトピックだ。しかし、それを批判しようとすると、「悪いことをした人を叩く行為を叩く行為」になってしまう。

現状では、不倫報道を倒してもまた次の倒すべき相手が生まれるだけだ。そもそも、何かを倒したいわけじゃない。息苦しさや嫌悪感をなくしたいだけ。

諦めて無視するしかないのかな。とにかくずっと苦しい。何か解決策あったら教えてくださいませんか。

2018-01-13

欧米では」をつまみ食いした #MeTooマウンティング合戦不毛

ハリウッドに端を発する #MeTooで提起されている問題の中核部分が

「ある人物もつ権力濫用人間尊厳という基本的権利侵害し、女性たち(に限定はされないが)に性的被害をもたらした」

であることは、主張者・賛同者一人一人に聞いても「その通りだ」と言ってもらえると思う。

おそらく自由恋愛派のフランス勢もここは否定していない。

まさか、「権力強制力とは関係なく、いやらしいジョーク不快にさせられた」程度のことではあるまい。もしそうだというなら、本家運動と照らし合わせる限り、それは今回の#MeTooとは別のものだろう。

人権侵害ということであれば、個人間の解決を見ない場合法律に訴えるのが筋である

発端となったアメリカ映画界のケースは、"W"なる人物による被害をこれ以上広げないという意思も含めた「緊急避難」として告発を行ったという意味合いもあろかと思う。

法律の外だけで社会的抹殺を行おうという動きではない。きちんと訴訟も行われている。

[ハリウッドセクハラ騒動:ハーベイ・ワインスタインに関する訴訟はどうなっているのか(猿渡由紀) - 個人 - Yahoo!ニュース](https://news.yahoo.co.jp/byline/saruwatariyuki/20171128-00078657/)

メディアを利用した社会的告発に対しては、相手方から名誉棄損などで訴えられる可能性もある。また、復讐心に基づく私刑(リンチ)ではないことを示す必要もあり、訴訟行為は当然と思える。

さらに、現時点の#MeTooは、

https://news.goo.ne.jp/article/asahi/nation/ASL131P4HL13UHBI001.html(「もう終わり」ハリウッド俳優ら、セクハラ訴訟基金設立)

一般社会のケースでの訴訟費用支援話題となっている。#MeTooの結果として相手方から起こされる訴訟も想定しているだろう。

自分の感じ方にすぎないが、本家ハリウッドの人々は自らのアクションに少なから復讐心リンチ性の要素が含まれていることを自覚しており、また「しょせんハリウッドという舞台でのマッチョな人々の内輪喧嘩ではないか、我々の生活とは関係ない」という一般の人々の厳しいまなざしをも感じ取ったうえで、さらなる公益性を目指しているように思う。

本邦の #MeToo

翻って、本邦の#MeTooでは告発者が将来的に払うことになるコスト世間からの好奇の目・加害者から復讐など)の大きさを理由に、これ以上のコストを払う必要はなく、法律の外で加害者社会的抹殺する手法でよいと考えているように見受けられる。

そもそも職場環境内の問題であれば、

日本場合厚生労働省の「お問い合わせ先」がある。

[職場でのハラスメントでお悩みの方へ(セクシュアルハラスメント/妊娠出産育児休業等に関するハラスメント/パワーハラスメント) |厚生労働省](http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyoukintou/seisaku06/index.html)

がある

まずもって、これは雇用された者同士の問題というより、雇用主が解決しなければならない問題である

もし話し合いで済まなかった場合は、まずは訴訟を考えるべきであるメディアを利用した告発とセットでも構わないとは思う。

仮に、話し合いで済んだにも拘わらず、社会的告発をしたいというのであれば、それこそ社会的非難覚悟で行われるべきであろう。

いずれにせよ日本アメリカ同様、法治国家なのだから本来の手順を意識する必要がある。

年末に本邦で見られた #MeTooスタイルは、標的を定めた #HurtYou になる可能性があり、私刑性を否定できない。

日本版#Metooで有名になった方が、

「#metooリンチではありません」と宣言しているが、それは独自解釈であろう。

被害者として名をさらしており、匿名立場から石を投げているわけではないからといって、ただちに私刑としての性質から逃れられるものでもない。

もし、メディアを利用した社会的告発だけで問題が済むというのであれば、少なくともアメリカ発の#MeTooに自らを連ねるのはやめたほうが良いと思う。

もし、法律の外の告発だけでよいとすると、下記のような懸念が考えられる。

  1. 冤罪可能性(そもそも被害を受けたと主張する側が嘘をついていないという保証はあるか)
  2. 時効概念をどうするか(もしこれがないなら、わざと被害を受け、被害を上回る利益が得られるタイミングを選ぶことが可能)。また、過去出来事現在価値観でもう一回評価できてしまうことの是非(現在常識は数年後の非常識になりうる)
  3. 告発された側が受けるべき社会的制裁の程度。また、社会的更生はどのようなものであるべきか。これらについてのコンセンサスがない。
  4. 罪と人の分離問題過去の業績の評価はどうするか。作品仕事個人の分離は可能か)。これについてはハリウッドのほうが深刻かもしれない。
  5. 公益性問題(ある人物社会的告発することに対する社会全体の意義。社会的無名な人を名指しで告発した場合名誉棄損の観点から法的にも危うい)

これらに対して社会的合意形成されない限り、このタイプの#MeToo運動は深刻な問題を起こす。

欧米では」のつまみ食いによる #MeTooマウンティング合戦不毛。これを契機に本邦独自問題として考えたほうが良い。

個人的意見ではあるが、

まず、#MeTooを「アメリカ出羽守」や「フランス出羽守」として我が正義マウンティングに走るより、もっと地べたから考えていくべきであろう。そして、それが#MeTooというハッシュタグのもとに語られる必要は全くない。

セクハラを「力関係濫用」ととらえるか「不愉快行為不愉快言動」まで広げるか(少なくともハリウッドの#MeTooは前者であろう)、本邦ではこの付近こそが争点になっていると見受けられる。それゆえ独自問題系もあるかと思う。

また、#MeTooの周辺問題系としては、過去現在についての個人的救済もさることながら、類似問題を未然に防ぎ、未来に向けてよりよい環境を作ろうというテーマも含まれるように思う。ここについての議論もっと必要なのではないかと感じる。これもまた、本家#MeTooベースで考える必要はない。例えば「就職時のOB訪問のあり方」、「副業解禁による個々人のフリーランス化(新たな上下関係が発生する)」など、具体的な問題をもとに性被害防止に向けたアイデアを出し合うといった、地に足がついた議論があってもよいのではないだろうか。

このことを思うとき、先般の件を受けてD通はどう変わったのであろうか。あくま組織内の問題かもしれないが、社会への還元があってもよいように思う。

anond:20180111175142

まず最初に、異性間でのトラブルが発端で、社会的に不当な扱いを受けるなんてことは、あってはならないことだと思うし、そういうことがあれば声を上げて訴えていいと思ってる。

そういう意味では #MeToo 運動本来意味で良い方向に活用されるのを願ってる。

はいえ、いまの #MeToo 運動ちょっとそれ違うんじゃないか?と思われる訴えがあったり。

単に社会的制裁目的とした書き込みとも取られるものや、さらにはこの運動を利用した売名などもあるので、なんだかなぁと思っている。

>ドヌーヴの全訳のブコメで#MeTooを貶してるような人たちが勘違いしてるのがこれなんだけど、#MeToo運動は今まで「ノー」と言えずにハラスメントを受け続けてきた人が今になってやっと「ノー」と言い始めたという現象であって、それに伴い「『ノー』と言っていいんだよ」「『ノー』と言っても不利益を起こさせないよ」という人権を守る運動に発展したわけで。

それは分かる。

から嫌なことがあったら、わざわざネットで全世界晒す前に、まずは本人に対して『ノー』と言えということでしょ。

物事には順序があるわけで、その順序を全てをすっ飛ばして、各種SNS晒しものにして相手社会から抹殺するってのは、正しいこととは言えないんじゃないかな。

本人にノーって言って良いんだから、まずは本人に嫌だと言え。

それでも収まらなかったり、職場で不当な扱いを受けたなら、まずは社内のそれなりの部署相談しろと。

それでもどうにもならなければ、労働基準局に行けと。

それでも改善しないなら、#MeToo でもなんでもすればいい。

片思いには失敗はつきものから、求愛するにしても、間違った方法だったり、相手が嫌がる方法になったりする。

相手に好かれていると勘違いして、いらないボディタッチをするかもしれない。

相手が喜んでいると思ってしていた事が、実は壮大な勘違いで #MeToo され、それが元で社会的地位を失うとなったら、怖くて社内恋愛なんかできなくなる。

#MeToo 運動結構なことだけども、何年にも遡って過去の過ちをほじくり返され、こんな嫌なことをされました!ってSNS晒して、社会的立場を貶めても、

それはたんなる自己満足しかならないんじゃないかと思うんだよ。

2018-01-05

anond:20180105162043

電通の岸さんと同じで社会的制裁受けたら追撃しないっていう原理はなんだかんだで強い気がする

キモくて金のないおっさんは豚箱にぶち込めないし自分と同じように公道を歩いているからムカつくんでしょうね

2017-12-25

クリスマスから言うけどBuzzFeedが悪いよ

セクハラの奴さ

そもそも調査重ねてんのにこっちのタイミングで発表できなかったって告発者ぜんぜん守れてないじゃない

今回の岸はクレバーから、先に謝って2ヶ月雲隠れして後は無かったことにって態度ですんだけどさ・・・ってアホかー!逃げられとるやないかいー!

わず画面に突っ込んで突き指してもうたやないかー!びっくりして身長下がるわー!猟銃ぶっぱなしてくるタイプセクハラ野郎だったら、はあちゃうの土手っ腹に穴空いとるとこじゃー!

まあ、はあちゅう馬鹿な女だよ。知り合いの首席女の子思い出したよ。褒められたいが行動原理タイプね。だから自分に都合がいいし、都合が悪そうな話は話半分で聞く、でも褒めてほしいから聞いたふりはする。そういうやつでしょ?

でさ、そういう女の子をメインに出すんだったらしっかりスポークスマンたてたり、本人にロジックで説得しなきゃいけない。でもしてない。だからあんなことになる。

正直さ、あのメンヘラ女に頼られて嬉しかったんだろ?それで本当はどうでもいいmetooなんか利用して、公開リンチに及んだんだろ?もうわかりやすいったら無いんだよ。だから未だにMeeTooとはあちゅう紐付けてんだろ?

はあちゅうを守らなきゃが先でMeeTooなんて流行っても流行らなくてもいいでしょ?流行ってBuzzFeed名前が売れたら嬉しいくらいで。

でもはっきり言うが、お前らには、はあちゅうは守れなかった。守れないじゃなくて守れなかった。岸は社会的制裁を浴びたようで実は野放しで、はあちゅうはディスられ続けてる。自分らの売りの記事で守ろうとしてもできてない。なんとか童貞が悪いって陽動してるけど。それだって悪手だ。俺の友達アセクシャルは傷ついた自分が悪いかのように言ってたよ、素直に応援できないって。お前らのやったことはそういうことなんだよ。これが映画だったらドナルド・サザーランドに「想像する中で最悪の結末だ」って言わせて拳銃自殺させるね。アカデミー賞後味悪い部門受賞してるよ。

わかんねえだろ?どうせ本当は人権なんかどーでもいいんだろ?

数ヶ月の取材も本人への質問状なんて、やっちゃいけないことの五本指に入りそうなことやって、まんまと逃げられてんじゃねーか。ボケが。

女にいいとこ見せようと思ったんだろ?

それが、この結末なんだよ。

言っておくがな、お前らのはあちゅうに対する見方は、結局、岸のと変わんねーからな。気弱な頭の弱い女をどうするかでしかない。お前らに与えるメリットが岸とは違ったから、岸とは違って見栄えのいいことをやったけど、はあちゅうに女としての価値しか見いだせなかったらあんたらもセクハラしてたぜ。

から、ここいらで真剣に考えて態度を固めた方がいいぜ。

自分の欲で動いてか弱い女性の一人も守れなかった愚図か

か弱い女性ヒーローになると調子に乗って勝手にこけたアホか

どっちみちどうしようもないのは確かだが、本当にジェンダー大事に思うなら後者を選んで欲しい

ヨッピーは、どうしようもないクズから前者をえらんだけど

まともなメディアなんだろ?頼むよ

2017-12-23

はあちゅうさんの擁護というわけでもないが

まー、考えてみればそうだな、と思った点をひとつ書くと、

セクハラしてきた相手公開処刑して社会的制裁を与え、地獄に送った」

という点では、はあちゅうさんはすでに一定勝利を収め、社会的貢献をしているわけです

セクハラする男性に恐怖を与えた訳だし、無意識であれセクハラはそれなりにやりにくくなると思います

 

では、「男性にとってメリットはないのか?」と言ったら、そんなこともなくて、パワハラも少しはやりにくくなるのではないでしょうか?

(もちろん、希望的観測かもしれないが……ただ、それでもパワハラが猛威を振るっていると思うなら、戦わなければならないのです、はあちゅうさんのように)

敵のメッセージ定番として決まっている訳です「お前達は無力だ、我々の傘下に下れ」

 

その上で、彼女過去童貞弄り問題というのが立ち上がった訳ですが(彼女自分過去の愚かな言動復讐されている訳ですが)、「それはそれ」だと個人的には思います

逆に言えば、「聖女」でなければ、不正告発出来ないのでしょうか?という話であり、彼女童貞問題で追い詰めている人達も、「では、あなた聖人みたいな生活を送ってるんですか?」と聞かれたら怪しいものでは無いでしょうか?

(もしかしたら、堕落しっぱなしの生活を送っているかも知れない)

 

一種の「話のすり替え」が行われている訳です。

「悪か正義か」だけで判断するゼロイチ思考は、困ったことに大人でもそういう人はいますが、子供フィクションならともかく、現実ではそうでは無い訳です

そして、はあちゅうさんは、「私は聖女になれない」ということで、勝負を降りた。

 

別に彼女を「神聖しろ(崇めろ)」ということではなくて、「彼女自身欠点もあるだろうが、それなりの社会的貢献はした」ということは評価しないとフェアではないと思いました

から、「非難している人間土下座して謝れ」ということでもないです

「もしかしたら、あなた丸めまれてませんか?」という話であって、「そうではない」と言うならば、その人なりの信念があるのでしょうから、それはそれで良いとは思います

anond:20171223001037

セクハラパワハラなくしたいなら、親告罪告発できるようにすればいいんだよ。

そういう風に法整備すれば一発。セクハラパワハラしたら社会的制裁でなくて懲役刑

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん