「前略プロフィール」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 前略プロフィールとは

2018-07-26

子供産みたくない

収入自体はそんなに悪くないし

会社自体出産育児サポートが充実してるところに運良く入れたけど

子供産みたくない。

まれた時からスマホが、PCがあって、

tiktokやらYouTubeがあって、

お手軽にクラウドファンディングできて、お手軽にメルカリできちゃうようなこんな世界自分の子供産み落としたくないんだ…。

なんでもインターネッツ禁止令はおかしいと思うけど、でもなんでもOK絶対に駄目だと思うんだ。

自分ミクシィやら前略プロフィールやらを禁止されてたか

自分の子供にもさせてあげたいと思うんだ。学校社会を生き抜くために。

2chの「半年ROMってろ」的な洗礼を受けないままインターネッツに放流するのも嫌なんだ。

ある種現実社会インターネッツがここまで一体化してる社会子供産み落としたくないんだよマジで

さら大学早慶上智以上、東大京大一橋らへんに入らないと実質就職で詰む。これはガチ

中学受験経験者だから自分の子供に中学受験させたくないんだよ。

でも結果的にこの辺の大学入るには中学受験ある意味近道なのも事実なんだよ。

あー、しんど。

子供産みたくない。やめやめ。

2018-07-14

1.釣りアカを作ります。例としてツイッターしましょうか。
2.特定層、もしくはオタク全体、あるいは男性女性のどちらかの性別ターゲットヘイトになるような事をつぶやきます
3.バズるまで続けます。バズったらクソリプ飛ばすイキり共のアカをいくつかリストアップしておきます
 ここで重要なのは、明らかに香ばしい子やガキ特有の怖いもの知らずを選ぶことです。俺は気にしてないけど~的なツイからウダウダと持論述べてるのもいいですね。
4.リストアップしたアカツイートやアップ画像を片っ端から調べますIDHNも虱潰しにググります。おや?何やらその人間像・活動区域・評判が絞れてきましたね?おっと、晒しスレ名前が挙がってたり、他コミュニティ若さゆえのイタい事もしてますね?
 ブログやってたらかなりの前進です。前略プロフィール爆サイにほぼ実名書いてたりしてたらガッツポーズしましょう。
5.大体特定できたので、その情報が合ってるか合ってないかは置いておいてデータとしてリストアップします。
6.おっと手が滑ったー(ネヲチ系の掲示板にそのデータポロッ)

応用として、ダミーブログ等を用意しするのもいいでしょう。訪問者のIPとかアカをたどれます

さあ、レッツ・トライ

2017-06-27

初恋女の子が家の近くに越してきた

最近といってもおそらく2年くらい前から、家の近くに初恋女の子引っ越してきた。

彼女社会人なので、通勤のために実家から通っている。僕の方は取りこぼした単位を拾う為に今期から真面目に1限に出席するようになって、そのおかげで朝の電車が同じになることがたまにある。今までは1限なんかにとてもじゃないけど出席することもなかったから、まさか1限に出ることで同じ電車のしかも同じ車両になることがあるなんて思いもしなかった。

確かに地元は一緒だったし、なんだったらどの辺に住んでいるのかも知っていたから、僕の最寄り駅にも自転車を使えば通えないこともない。彼女大学高田馬場から東西線で一駅のところだったか車両の一番後ろに乗ることを知っていて、僕の方は西武新宿で乗り換えて中央線に乗っているので、一号車に乗る。だから思いもしなかったっていうのはさすがに言いすぎかもしれない。ただ同じ車両になるというのはひどく窮屈だ。緊張しさえする。こちらとしては彼女の姿をこの目に収めておきたいのに、羞恥心邪魔をしてしまう。職場青山にあるというので大江戸線に乗りたいのだろう、彼女中井で降りる気配を感じる。夏目漱石こころiPhoneインストールしているkindleで読み直しているけど、様子が気になって内容がちっとも入ってこない。

こんなことになるなら、引っ越すとしても元の家から徒歩で15分くらいのところじゃなくて、もっとこう"シティ"な感じのところにしてくれたら良かったのに。パパが僕たちの地元を大変お気に召しているのだろうけど、大したもんはココにはない。ジョギング中の夫婦が「ヨーロッパに来たみたい」なんて言っていたのを聞いたことがあるけど、僕は地元に"ヨーロッパらしさ"を感じたことは一度もない。ヨーロッパらしいってしかアフリカっぽいと同じレベル感なのがグッとくる。フランスドイツスイスフィンランドも"ヨーロッパっぽい"のだろうか。

それにしたって彼女は気まずくないのだろうか。もしかしたら彼女の方は全く気にしていないどころか、僕なんかに微塵も興味を感じていないのかもしれないけど、それにしたって不都合だ。朝の通勤時間小説ビジネス本を読むような彼女には東横線か、あるいは田園都市線がお似合いだと思う。青山広告代理店パリッとクリエイティブ仕事をしているのなら、意外と二子玉川武蔵小杉なんかも良いかもしれない。トレンディがある。そんな彼女住まいが閑静なローカル線住宅街で僕の家から走って2分だなんて。


初恋女の子が僕の通っている小学校引っ越してきたのは4年生の時だ。

学芸会の準備で役を決める際に視聴覚室か何かに学年で集まる機会があって、僕はその時三組だったから、二組に転校してきたその子を見かけるのはそれがはじめてのことだった。僕は一目惚れをした。

控えめにいって、ものすごく可愛かった。もしかしたら可愛くないのかもしれないとかそういうことを思うことなんか一切ない。疑いのない可愛さ。とにかくものすごく可愛かったのだ。広末涼子のような清涼感にしかしどこか影のある、もしかしたら深田恭子かもしれないようなミステリアスさ、とまではいかないけど、こう、幸の薄そうな、アンニュイな佇まい。目が合っているようでどこか僕よりも遠くを見ているようなそういう雰囲気のある女の子。きっと心臓に包帯を巻いているに違いない。

そんな少女の横顔を偶然にもあの場で拝んでしまったその日から、僕の好みの女性タイプ確立してしまった。確実に言える。初恋というのは実に恐ろしいものだ。

僕は地元の公立中学に進学することを決めていたし、彼女が日◯研かどこかの塾に通っていてそれで女子中学校受験するというのは友達から聞いていたから、中学に上がったらこの思いも終わってしまうんだなと思っていた。金輪際のお別れになるんだろうなって思った。なんでかわからないけど、また会えることを期待したお別れであったり、悲しさのようなものを感じないまま中学生になった。今思えば、そういう感情が終わってしまうということが当時の僕にはよくわからなかったのだと思う。小学生の頃の僕たちはただ誰が好きだ誰と両思いだとかそういう秘密を"バクリョー会"と名付けたなんだかよくわからないグループでこっそり共有しあって、それでその子廊下ですれ違うたびに肘で突き合うといった交友関係を楽しんでいただけだったのかもしれない。一度も話したことのないにも関わらず、これは初恋なんだって確実に言えるそれは小学校卒業と共にお別れしたかのように見えた。


高校1年生のとき、僕たちの間で前略プロフィール流行った。

僕もその当時ノリノリでプリクラプロフィール写真に設定し、好きな異性のタイプのところに「幸薄い子」って書くくらいにはエンジョイしていた。

今でいうTwitterのようなタイムラインは「リアル」と呼ばれていて、幼稚園同級生だったモデル女の子は「りさのりある」とかいって人気を博していた。

「ぼくのりある」もささやかな人気を誇っていて、"ねっとりとした"自分語りますだおかだ岡田のような芸風がウケて意外にもいろんな人に見てもらえていた。

ゲストブックというのが前略プロフの中の機能にあって、そこに知人がコメントを残すことが出来るようになっている。そのときに現れた nさんが話題になった。彼女は僕のゲストブック=足跡ミルクキャラメルが欲しいと言った。

僕が高校にあまりいかず(行ってなかったことはしらないだろうけど)近くのコンビニバイトをしていたことを彼女は知っていた。

彼女の言うミルクキャラメルがうちのお店にあるかどうかの話を聞かれて、多分あるとかい適当な返信をしていたのを覚えている。そのうちみんなが僕とnさんのやりとりに興味を持つようになって、学校に行くと「あのn ってだれ!?ww」とか言われるようになった。

僕とnさんとのやりとりが130件を越えたあたりで、nさんはバイト先に来た。

僕は度肝を抜いた。まさかこんなことがあるのだろうか。あの女の子だった。

バイト中にも関わらず連絡先をその場で交換した。夜勤のお兄さんと一緒に夕勤に入っていたのだけど、事情説明したら怒られなかった。むしろ茶化された。

そこから僕たちは小学校卒業してから今までの4年弱を埋めるかのようにメールをした。

当時の携帯は文字数制限というのがあり、1万字を越えると入力ができなくなるのだけど、僕たちは文字数いっぱいになるメールを1時間半かけて50~100つのトピックを会話した。

たとえばニコ動面白いとか、彼女御三家クラス女子校に通っていたので、自然とヲタ趣味を持ちやすいのだと思うけど(偏見)、時かけMADがあーだとか、あるいは東京事変だどうだとか、そういう話もした。彼女軽音部で、家にはドラムセットが置いてあって、透明人間コピーしたりしていたらしい。椎名林檎が好きな女の子だった。高校1年生にしては早熟しているという感想がある。


次第に僕達の仲は縮まっていき、バイトから上がって、電話がかかってきて。僕は彼女から気持ちを伝えられた。僕はそれには返事をしないままデートに誘った。





正直にいって、僕は彼女に対して劣等感があった。先程も言ったとおり、羞恥心なのだ彼女は1時間半かかるメールをしながら、僕が必死入力している時間勉強をしていたのだ。大学入学に向けて自主的勉強をしているような子だった。

僕は偏差値が50もない都立高校に進学して、あまつさえ学年ワースト10の人間だったから、そういう天上人の姿を目の当たりにして惨めな思いがした。

勉強なんて、くだらない」

「どうせやったって役にたたない」

学校先生馬鹿に見えて仕方がない」

僕はみんなが僕と同じようにそう思っているに違いないと思っていたから、ボイコットと言えるような授業態度を取ることもあったし、それがきっかけで停学になることもあった。そういう人間なのだ。そういう貧困家庭文化資本の微塵もない人間が彼女のような幸福に溢れる少女と関わるなんてこと、あってよかったのか。

僕は気持ちに応えたかった。けど、自分の無様な境遇を誰よりも理解していたからこそ、彼女気持ちに応えることもなく、返信を止めてしまった。


「あの時いったこと、なかったことにしてください」

これが彼女から送られてきた最期言葉だった。







そういう経緯もあって、高校二年生にあがって、ひょんなことで自分大学進学ができることを知ってから、たまら勉強をしてみたくなった。

早大学院が家の近くにあって、その高校に幼馴染が進学していたこともあって、高校に行っていなかった時はもっぱら学院の子たちと遊ぶようになった。

もう一人、学院にいったバスケ部の友人が僕に言ったことがある。

「ココにはお前みたいなやつがいっぱいいるぞ!」

僕の居場所はきっとこっちなんだろうなって思った。

僕は変に尖っていたから、東大は無理だけど早慶ならやればイケると思っていた。だから学校で受けることになっている模試志望校には早稲田法学部慶應法学部を必ず書いた。当時の僕は文系最難関は法学部だと思っていた。偏差値は30台だった。

僕が勉強に対してひどいコンプレックスを抱えていたのは、進学した環境へのミスマッチもあったけど、それよりも大きかったのはきっと彼女へのコンプレックス勉強に向いていたからだと思っている。僕はそうやってここまでやってきたのだ。

幼馴染いわく、彼女はAO推薦で早稲田国際政治学科に入学したと聞いた。

ものすごくモテるけど、性格が奇抜らしく、恋愛に発展することはそう多くなかったらしい。

彼女は3年生になって、イェール大学に1年間留学した。留学費用は親から借りて、社会人になった今、親に返しているって言っていた。

そして今、外資系広告代理店に努めている。

彼女はきっと大学ケインズハイエク勉強するような感じではなかっただろう。

きっとホロコーストに関心を持って西欧政治史勉強していたのだろう。ハンナ・アーレントのようなそんなイメージがある。"アンシュルス"という響きが彼女形容する。留学ではどんなことを学んだのだろう。

僕の方はどうだっただろう。

見えない格差に悩まされないことはなかったし、この断層をどうにかして上り詰めてやろうと思った。もしかしたら届かなかったかもしれないし、もしかしたら届いたかもしれない。

でも、ある種の上流に来て思った。僕は平面的な世界しか見ていなかった。ここには奥行きがあって、階層が同じになったように見えても、生きる世界が交わることがないのだと。

彼女の生きてきた歴史を僕が覗くことが出来ないことが、たまらない不安となる。彼女の見える世界と僕の見える世界ブラウン管に映るカサブランカと最新液晶で見る君の名はくらい違うに決まっている。


努力というのは貧しいもの必要とされるものであってほしい。

まれた家庭に生まれ、愛され、そうして社会になんの疑問を抱くことなく生きてきたのであれば、どうかそのまま幸せになってほしい。

社会人になって、通勤中にビジネス本を読んだり、コピー勉強をする必要なんてきっとない。いつかきっと、おそらく今も付き合っているであろう彼氏や職場の人と結ばれて、2児の母になって、幸せになっていってほしい。

彼女のそれはエリートに他ならないではないか

彼女政治経済学部に進学したように、僕も政治経済学を学んできた。

彼女広告代理店就職したように、僕も卒業したらネット広告生業とするだろう。

どこかで交わってもよかったはずの世界が、どんなに類似共通する点があっても交わることのないこの世界の片隅で僕はまこと勝手に息苦しさを感じている。



おそらく10月までに引っ越すことになるだろう。

僕が24年間生きてきた思い出深い地元を出た時、僕と彼女を結ぶ共通点がついに無くなる。

それは小学生ときにはわからなかった別れのような感情を僕に芽生えさせるのか。

あるいは僕の眼前を照らす原動力として、ずっとこころのどこかに仕舞われたまま生きていくことになるのだろうか。

国境の南、太陽の西という小説がある。あの主人公気持ちが分かるような気がしてしまう。もし30歳とかそのくらいの年齢になって、島本さんのように現れてしまったら、僕はどうすれば良いのだろう。

一度空いた穴が塞がることはないのだろう。

僕も彼女に穴を空けてしまったこと、もう一度ゆっくり話してみたい。

2016-12-07

2016年9月30日前略プロフィールが死んだ。

訃報はいつも突然だ。人間世界においては。

けれど今回、前略プロフィールは、死去の2ヶ月前に「9月30日をもってサービスを終了します」と、言うなれば「死亡予告」とでも呼ぶべき知らせをくれた。

心の準備をする時間をくれた前略プロフィールには、感謝すべきなのだろう。

 

前略プロフィールは……いや、こんな形式ばった呼び方はよそう。私や周りのみんなはいつも君を「前略」と呼んでいた。私たち平成1ケタ台生まれは、「前略」と聞けば「草々」ではなく「プロフ」を思った。ちなみに「道の上より」を思うのはオッサンかオバサンだ。

 

前略、君は単なるプロフィールサイトではなかった。現在ではツイッターが「バカ発見器」の名を欲しいままにしているけれども、元祖バカ発見器とまではいかなくとも、バカ判別機の役割を担っていたのは君だった。

私たちは【性別】の欄に「パコられる方??ワラ」、【嗜好品】の欄に「↑何て読むか分からン??」と書いてあるのを見て、関わってはいけないレベルバカ判別していた。

兎に角主張したいこと】の欄に「ゲスブ荒らすな〓怒」と書いてあるのを見て、「ゲストブックを荒らしているのは明らかに機械的存在なのに(当時botなどという言葉は知らなかった)、荒らすなと書いたくらいで収まるわけがないだろう」と呆れていた。

 

【住んでいるところ】の欄に

「一商/二工/三高/右商/左工/中高/東商/西工/南高/北高……」

なんてずらりと近隣の学校名を記し、少しでも多くプロフ検索に引っかかろうという意思(当時SEOなどという言葉は知らなかった)を見せていた出会い厨も、

ここだけの話】の欄に「ぅちが悪いんですヵ??笑」と書き、「恋愛面で何かしらのトラブルがあり、納得できずやや立腹している」ことを遠回しに伝えていたギャルも、みんな君の死を悲しんでいるに違いない。

みんなお菓子の「カラムーチョ」を食べる度に、【絡むーちょ】という微妙にスベっていた項目名を思い出して切なくなるはず。

 

君の仲間たちも駆けつけてくれたよ。@peps!、モバスペ、decooリアルCROOZブログデコログ……。みんな、突然の報せに驚き悲しんでいる。

フォレストページさん、mixiさん、GREEさん、モバゲーさんからは弔電が送られてきたよ。

ちなみにモバゲーさんの会社上司は今とても多忙で来られないと言われていますが、落ち着いたら出どころ不明な長い文章を書いて寄こしてくれるそうです。いかがでしたか

それからTwitterfacebookも弔文を送りたかったみたいだけど、断っておいたから。だって前略がこうなってしまったのは、あいつらの責任でも……、やめよう、こんな話。ごめん……。

 

前略が遠くへ行ってしまったことは、2ヶ月経った今もまだ受け入れられない。でも、しょうがないんだよね。永遠なんてないと分かっているはずなのに、インターネット上のコンテンツにはつい永遠を求めてしまう。

君のことは一生忘れない。「前略」と言えば「プロフ」を思い出す世代がオッサンやオバサンと呼ばれるようになっても。老人になって、カラムーチョが食べられなくなっても。

息を引き取るその瞬間は、「人生の中で、“兎に角主張したいこと”って何だったかなあ……」と考えながら君の待つあの世へ向かおう。

 

前略で始まる文章は世の中にたくさんたくさんあるけれど、前略で終わるのは君に宛てた文章だけだね。

さようなら、前略。

<終>

2016-01-21

ブログTwitterロックをな生き方をしてる/したいみたいなプロフのやつで

いやだから、言ってしまえば ギャル曽根、超えるレベルプロフですら見たことがない。大食いというジャンルにああいう感じで革命起こしたぐらいの感じですら、出せないのにネットだけでロック?みたいな。だめじゃん、全然。お前らのプロフ前略プロフィールかよっていうさ。

2015-06-16

今年23になったわたしのインターネット史【年表】

[インターネット][23歳][1992年]




1992年

生まれる。


1999年

南半球へ渡る。


2000年

21世紀!?よくわかんないけどなんかすごいんだな!?という思いでテレビを見ていた。


200?年

侍魂とか面白フラッシュ倉庫とか見てた。

あと「いろぶん」っていう面白い文房具の紹介をしてるサイトがすきだった。


2004年

デスノートきっかけでBL二次創作を知る。


2005年

日本帰国

中学入学と同時にケータイを買ってもらう。直後にパケ死して3ヶ月ぐらい没収された。

銀魂を知る。超マイナーカップリングにハマる。


2006年

すきなカップリングがあまりにも供給がなかったためにWordホームページを作ろうとする。

前略プロフィールを知る。mixiを知る。

mixiは本当はだめだけどみんなやってた。友達に招待してもらって、一応15歳だか18歳っていう設定でやってた。)


2007年

V系にハマる。ニコニコ動画登録する。

中高一貫女子校から脱出するために受験を決意。

しかこの年に初めて「ネット出会った人」と友達になる。オフ会パンダ柄のニット帽を被って行った。

5年後ぐらいにめちゃくちゃバカにされた。


2008年

公立ダメだったので滑り止めの私学に入学

全然オタクがいなくてギャルヤンキーばっかりで超びびってた。ナマモノ同人を知る。

FC2ホームページ上に自分ホームページを作る。フォレストページにケータイサイトも作った。(V系ナマモノ

それとは別にmixi前略プロフリアルケータイ用のブログのことね)、写メ日記をやってた。alfooとか、chip!とか。

みんな「だれでも見れるリアル」「10人ぐらいしか見れないリアル」「親友()しか見れないリアル」を持っていた。


2009年

初めて彼氏ができて、脱オタク脱バンギャして、「JK」をやってた。

mixiコミュを見て回って、リアル更新して、プリクラ撮ったら前略を更新して、リアル更新して、の繰り返し。

初めてセックスして、「なんか思ってたんと違う...」ってなる。BLファンタジー


2010年

彼氏Twitterを教えてくれた。

とりあえず登録したけど全然面白さが分からなくてしばらく放置

だんだんmixi友達Twitterに移っていってしまったので、わたしもモバツイTwitter見てた。見るだけ。


2011年

奇跡的に大学に現役合格

センターの直前に「大丈夫だ、問題ない」のMADを頭がおかしくなるほど見てた。たぶん頭がおかしくなってた。

高校卒業式の次の日が震災だった。布団の中でひたすらTwitterを見ていた。

たくさんの情報RTで回ってきた。

サーバーの下敷きになって死にそうみたいな某氏自演って当日だったっけ?見た記憶あるよ)

Twitterすごい!って感動した。

たくさんの情報自分からさなくても自分の目に届くということは、わたしにとってすごくすごく新鮮なことだった。

入学式が1ヶ月伸びた。

その間に同じ大学入学する人とmixiで知り合い、会って遊んで、Twitter交流するようになった。

ある男の子ChromeThunderbirdを教えてもらった。

まだdocomoにはiphoneがなかったのでガラケーガラケー機種変。(後でめちゃくちゃ後悔する。)

大学入学して初めて自分パソコンを持つ。MacBook Air

Twitterばっかりやってた。デマパクツイまとめブログRTしまくってた。

同じ教室にいた人をTwitterで見つけて(というかわたしが見つかって)、なんやかんやあって付き合う。

ギークだった。

その人に教えてもらってUSBメモリUSBとは言わなくなったし、Wikipediaウィキとは言わなくなった。

その人がやってたかはてなを知った。登録した。

以来、お気に入りお気に入られほとんどないけどはてな毎日見てるよ。すきだよ。


2012年

なにしてたかなぁ

どうでもいいことがめちゃくちゃにつらかった記憶がある。

プログラミングできない(Ruby配列で躓いた)事とか、サービスアプリを作れない自分価値がないと思ってた。

つらい時はインターネットが見れなかった。

そういえばたまにやきとんオフ行ってた。


2013年

めちゃくちゃに精神を病んでた。

インターネットは見れなかった。プリキュアシリーズ見た。

一度だけはてなブログに思いの丈をババババーッ!と書きなぐった。

ホッテントリ入りした。ブコメ否定的だった。

それでちょっとだけ冷静になって、次第に元気になっていく。


2014年

Twitter出会い厨したりした。得るものがなかった。(jizouさんではない)

BLをまた読むようになった。商業BLおいしいです!


2015年

色々あったし、今も色々あるけれど、生きててよかったー!って思うし、

こうして増田にこの記事を書いていることがとてもとても楽しいよ。

2011年頃と比べると全然Twitter投稿しなくなった。けど見てはいる。

とうらぶ二次創作おいしいです!pixivも今年に入ってから使うようになったし、

同人を取り巻く環境ってめちゃくちゃ変わったんだなと実感している。

彼氏がいない。社会人出会いはない。薬研藤四郎を養いたい。

2014-10-31

ネットが普及した今には

不特定多数の人にちやほやされたいというきもちがあるさ

いまや子供は親の監視下に居ないんだもの

親が過干渉なのが良いというわけでは決してないが

最近の子は小さなから放って置かれすぎだ

どこでもかしこでも連れて行ってるように見えて

ガキを放置して迷惑をかける親ばっかりだ

ツイッター有名人も使っている

子供たちは関わりがどうというよりフォロワが、ほしい

フォロワの数をまず気にしている

有名人と同じツールを使うわけだから

そりゃあ有名人ごっこもしてみたいんだろう

漠然と人の注目を求めるけど

不特定多数の人に囲まれてちやほやされて何か満たされるだろうか

グリーモバゲー前略プロフィール

一時期子供たちの間ではやりましたけど

これもどれだけ、〝友達〟の数が多いかなんだろう

子供たちにとっちゃ、それは称号なんだ

自慢を一生懸命拾い集めて虚栄を張る背中を見て育てば

子供一生懸命リボテを作るようになる

ツールが作った“友達登録機能”“フォロワ”“いいね”が彼らの自慢なんだ

しかインターネットの画面の向こうに

自分と同じように人がいることをわかってない子もいる

インターネット特有炎上も、初めは大したことがなくても、

炎上させる方がおかし場合も、このただひたすら暗号のように並ぶ

フォントでは人の感情がわからなくなる

人は興奮している人をより見下す性質があるため静かに近づく足音にみな大きさを揃えてついて

行ってしまうのだろう。集団コントロール力のなさに拍車をかけている 不確定な事実

同じ人が何べんも同じことが言えるし、本気なのか、嘘なのかわからない。

うたぐっているうちに、子供現実でのコミュニケーション能力は確実に下がっている

子供たちは、インターネットの上で存在する自分と、本当の自分を見てもらいたいという気持ちだろう

大体の子供たちが、現実の友人などがお互いアカウントを知っているからだ

ツイッターの話になっちまうが(一番例えやすかった)

ただひたすら ツイッターでたくさんリツイートが欲しい フォロワがほしい

という理由で始めるのならば、現実友達とは分けて考えたほうが良いだろう。

パフォーマンス公害は確実に違うからだ。

見事分裂し、インターネット上の自分を選んだ子供たちは、冷蔵庫に入ったりパトカーに乗っかったり醤油便を鼻に刺したりする

んではないだろうか。

衝動的に構われたい!人気者になりたい!と子供たちに思わせてしまうのでインターネットを早くからつかわすことはまあ良くないんだろう

そしてそのツールが、今まで不特定多数への配信を行うことのなかった民族が手にしたことによって

絵を描くわけでもなく何かの研究に日々時間と体力を費やすわけでもなく

彼らは好奇心自己顕示欲と簡単なツールにのっとられて良からぬことを考える。

まりこの長文は一言でまとまってしまうのだ。

インターネットものを発信する動機が不純だと痛い目を見るってか幸せになれないということだ。

2014-10-09

かつてネット炎上させていた「vipper」はどこにいったの?はてな民にいるの?

さて、昨今「炎上」が話題ですよね。「ツイッター」は「バカッター」なんて呼ばれる。

馬鹿なことをやって、ネットでそれを書く。なんてことは最近出てきたことではない。以前からありました。

2006年に「イジメ動画ブログに上げて炎上」ということが起こりました。ちなみに北海道高校です。

前略プロフィール」だったかな? そこで高校教室男子生徒が同級生から蹴られた(殴られた)動画がアップされていたのです。

それからも度々にvipper達は炎上ネタを仕入れてきては学校電凸したりと炎上させていた。

それを見つけたvipper2ちゃんねるVIP板スレを立ててあっという間に広がり、ニュースにも取り上げられました。

ふと、思ったのは、この頃「祭り炎上)」に参加していたvipperはまだ2ちゃんねるにいるのだろうか?

今は2ちゃん以外にもツイッターフェースブックがあるし、もう辞めた人もいるだろう。

2ちゃんも人が減ったらしいし、どこに行ったのかな。はてなーにいる?

2013-08-28

ハゲデブが女をゲットする方法自己紹介としての駄文、または射精

ぼくはデブだ。180センチ、120キロ

10人中7人はデブと言い、2人は巨漢と呼ぶ。

では、残りの1人はぼくのことを何と言うか?

そう、ハゲと呼ぶのだ。 ツルッツルッではないが、年々髪の毛が薄くなっている。

20代中盤から、前髪がある一定ラインから伸びなくなってしまったのだ。

デコ最前線今日も前進中だ。

こんな男は嫌だ!ランキングを見ると、たいていデブハゲランクインされている。

おお、なんてことだ。

これではモテるはずがない。

そんなデブハゲなぼくだが、女には苦労していない。

19歳(現在30代)から彼女がいなかったことがないくらいだ。

もっといえば、2股3股としていたこともあるくらい。

ちょっと、待て。さっきモテないと言ったではないか!」

だって

舌の根も乾かないうちに2股3股とはどういうことだ!

と、世界の中心で叫びたくなるのもよくわかる。

ただ、ぼくの「モテ」とあなたの「モテ」の感覚が違うだけかもしれない。

ぼくが思う「モテ」とは、その場にいるだけで、女のコの目がハートになる状態のことだ。

わかりやすくいうと、キムタクだったり、福山雅治だったり 、小栗旬だったりの色男のこと。

あなたのまわりにもいるだろ?そういう男。

鼻っ面に猫パンチしたくなる気持ちもよくわかる。

そういう何もしなくても女が寄ってくる状態のことを、ぼくは「モテ」と呼んでいる。

まり、どう転んでもぼくやあなたは「モテからは外れるわけ。

モテから大きくコースアウトしてしまった、デブハゲなぼくがどうして女に苦労しなくなったか・・・

それは、インターネットの海を上手く泳いでいるからだ。

いやあ、ムスク香りをさせたサーファーモテますよ。

古くは、「前略プロフィールからはじまり、「モバゲー」に「gree」に「mixi」と時代は変わり。

今では「アメブロ」だったり、「Twitter」だったりを狩り場にしている。

インターネットナンパなんてめんどくさいなあ。

と、思ったあなた!いや、「思えた」あなたと言い直しましょう。

おめでとうございます

あなたは99パーセント確率で、男性の上位50パーセント以上の外見を持っています

どうぞ、ブログを読むのをやめて、街に出てナンパしてください。

その方が手っ取り早い。

ぼくが書くのは、下位50パーセント以下の方が、女に苦労しなくなる方法です。

どうあがいても街でナンパしても、まったく相手にされないような人向けなわけ。

上位50パーセントは、街でナンパした方が話が早いので、そちらのスキルを磨いてください。

インターネットにそういうノウハウはたくさんありますので。

http://takaishi-hirosuke.com/

http://d.hatena.ne.jp/qqille/

http://d.hatena.ne.jp/clubtropixxx1/

http://vippers.jp/archives/6705614.html

この辺がおすすめです。どうぞ。

さて、長くなり、到底「自己紹介」 とは呼べるものではなくなってきました。

なので、今日は一度、このくらいで筆を置こうと思います

続きは⇒また後日。

2013-08-06

NewSphereって

変な見出しニュースサイト。なぜかブクマされる事が多いのだが、全く理由が判らない。

前略プロフィールとか、占いサイト作ってるネット企業がやってるらしい。

記事に署名もないし、元にしている新聞社に許可取ってるんだろうか?

2009-02-02

twitterって

なんか昔よく女子高生とかが携帯ホムペとか前略プロフィールとかにのっけてた「リアル」ってやつと似たようなサービスだよな

昔って言うか最近でも良く見かけるけども

なんかダイアリーとは別にリアルタイムでつぶやいたりしてるやつあるじゃんミニブログというか

 

ミニブログとかやる層ってああいう携帯で個人ホムペとかやってる女子高生とかスイーツとかメンヘラ系女子とかが多いイメージだったから

こうやってtwitterがまあまあ日本でも(一部で)流行って

はてな界隈にいる人たちみたいなギークっぽい人たちが結構どっぷりやってるの見るとなんか不思議な気分

2008-11-05

前略プロフィール

前略ってなにさ!

時候の挨拶を略すことじゃないの

つまりプロフィールを読むことによって、その人の自己紹介を略して付き合えるってことかな・・・

ってそれがプロフィールの役目だろうが!自己紹介そのものだろうが!

前略ってつける必要はないよねー。

あと「リアル

スラダンの人の漫画?って思ったら、自分の内面とか心情をこっそり言うところらしい

まぁそれはいいんだが、みんなの前でいつもはアーパーだけど、一人で影ではこんな(シリアスなこと)考えてます

なんてちょっとナルシーすぎない?影じゃない。全然影じゃないよ。自己顕示欲の塊じゃないですか。

みんなの前にさらけだす一人の時の自分wなんという矛盾

そんなに承認されたいの?孤独な自分っていうポーズを公開してどうするの?

それはその時点で自分の、自分による、自分のための独白が、

独白を装った自己アピールに変わっちゃう。陳腐化しちゃう。

そんなに承認されたいの?そんなに一人じゃダメなの?

まあね、書いてることなんて「授業ウゼー」ぐらいだけどね。

携帯は18才未満禁止にするべきだったと思います

2008-08-19

自分のソフトバンク携帯からgoogleモバイルアクセスすると、

ページを編集してトップページコンテンツを追加できるようになっている。

そこで注目キーワードR25.jpの記事と一緒に

痛いニュース2ちゃんねるレスを取り上げたブログ)も

追加できるようになっていたので、ちょっとびっくりした。

痛いニュースってサイトは、在日外国人関連や性差の問題、中国への批判等を

激しい論調で、時には一方的なレス抽出して紹介する傾向があると思ってたから。

(もちろんそんな記事ばかりではないし、

良い議論の場にもなってるのかなーとも思うけど。)

自分くらいの年齢ならそういう記事も客観的に見れるんだろうけど、

もし中高生がなんかの拍子にアクセスして、丸ごと影響されちゃったら……

とか思うと心配になる。

なんていうかこう、「インターネットの中の大多数」の意見にふれて、

しっかり考えたり確かめたりしないまま自分の意見にしちゃいそうで。

もしそうなったとして、途中で本人が変わっていけばいいんだけど、

自分と違う意見を「擁護乙」「本人乙」で片付ける大人も実際にいるから怖い。

自分だって人には見せられないようなサイトも見るから偉そうなこと言えないし、

エロが見たいとかワロスwwwとか騒ぎたいのはわかるんだけど、

大人が自分の正しさを確信しながら、他者に対する嫌悪を丸出しにしてる場を

子供に見られるのはなんか恥ずかしい。

それが正しい意見だと思われるのは更に恥ずかしい。

「お願いだからもうちょっと大人になってからまた来て」って言いたくなる。

今やパソコンだって一家に一台の時代だし、あらゆるところにパソコンがあって

それこそ2ちゃんねるだってエロサイトだって増田だって見られるんだけど、

中高生小学生も含まれるのかはわからない)にとっての携帯

今や一つの文化みたいなものだと思うんだよね。

モバゲーとか前略プロフィールとか学校裏サイトとか、恋空とか、

10代の子の多くに広がったものは、やっぱり携帯で見ることを前提にしてた。

そういう状況で、大手検索サイトであるgoogleモバイルサイトから

大人がざわ…ざわ…してるサイトを簡単に見れちゃうことに驚いた、という話でした。

2007-10-25

http://anond.hatelabo.jp/20071025174140

>日本人ネットで自分が見える形で表現したがらないのが多い。

んー。同意しかねるなぁ…

同じニコ動で言っても歌ってみたシリーズはかなりアップされるし、その他でいっても

ネットラジオなどのツールもそれなりに盛り上がってるし。

後は、顔が見えるって部分でいうと前略プロフィールでは自分の顔が入ったプリクラとかバンバンアップしてる人も多いわけだし、

日本人ネットで自分が見える形で表現したがらないのが多い。」って感覚は割と古いものだと思うなぁ…

10年前はたしかにそんな感じだったかもしれないけどね

2007-09-06

http://anond.hatelabo.jp/20070906103038

自己レス

よく考えたら、これってただの前略プロフィールだよな。

なんかこう匿名を利用しつつ、知りたい人だけ知れるみたいな仕組みできないかなぁ。

2007-06-01

仮想現実

WWW仮想現実ではなくて現実の一部なんですがね。WWWを利用した仮想現実を作るのは構わないけれど、WWW自体はあくまでただのメディアであって。ウェブサイトホームページと呼ぶことに反対する一番の理由は、「仮想現実に建てた家」と誤解する人が出てくるということ。もしWWW仮想現実ホームページが家なら、「窓から入らないでください!」は至極真っ当な主張だと思うが……。

あと、散々がいしゅつだけど、開かれているということを忘れている人も多すぎる。前略プロフィールとかで顔、学校名、ねんくみなまえ、携帯メールアドレスなんかを自ら晒してタバコ万引きの話を書いてvipperの餌食になるあほな中高生が後を絶たないけど、テレビラジオ新聞で同じことをやる馬鹿はいないよね! いないよね!

で、そういう誤解や無理解を助長しているのはマスコミ。全てはマスコミ陰謀だ。マスコミWWWの力が大きくなると情報操作ができなくなって困るから、WWWに混乱を引き起こして「WWWは危ない」というイメージを作ろうと必死なのだ。ウェブサイトホームページと呼んでいるきみはマスコミの片棒を担いでいる!!!!!

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん