「丸め」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 丸めとは

2018-11-12

テレビインターネットに関する一考察いかテレビは素晴らしいく

テレビインターネット比較することでテレビいかに素晴らしいか説明する。

1、情報発信者の匿名性について

テレビ:基本的製作責任者名前は小さくクレジットされるか、あるいは全く表示されない。また製作に多数の人が関わる。出演している役者が(正論のような誤ったことを言っても)意見をうまく丸めて、番組全体としてみごとな調和をもたらす。編集結果の責任を取るのは出演者なので製作者は責任を取らずに自由言論可能となる。

インターネット:昨今のインターネット情報殆どアカウントドメインにひも付いている。発言者責任がに伴うため無責任言論しづらい。

よってテレビは優れている。

2、情報信者の手間について

テレビ:テレビ視聴者テレビを観る際になにもする必要がない。わずかなチャンネルの中からみたいものを選ぶだけでよい。

インターネット:インターネットを使う人間は、自分で観るサイトを選んだり、不快ものスキップしたり、自分意志アプリインストールしたりしなければならない。そのような手間を必要とするインターネットは完全なメディアとはいえない。

よってテレビが優れている

3、思想について

テレビ:テレビの言うことが間違っているはずがない

インターネット:玉石混交な様々な情報から正しいものを見分ける必要がある。

よってテレビは優れている

4、広告について

テレビ:広告視聴率に基づいて料金が決まる。テレビを観ない者を省いた完璧数字である。また、効果計測の手法もなく、夢を見ることができる。

インターネット:リーチコンバージョン絶対数で表示され、夢を見ることができない。

よってテレビは優れている。

5、思想多様性について

テレビ:一つの組織に関連する人間だけでコンテンツ作成され、後から編集も行われており統一されている。受信者は悩む必要がない。

インターネット:多様な発信者がおり、様々な思想が混ざる。受信者自分の頭で思想について考えることが要求され、完璧メディアとは言えない。

よって、テレビは優れている。

テレビを讃えよ。

2018-11-10

テレビの下10ガチャ

N 紙玉

N 紙玉

N 紙玉

N 紙玉

N 紙玉(大)

N アルミホイル丸めたやつ

N アルミホイル丸めたやつ

N ペットボトルキャップ

R 甘栗の皮

SR スーパーボール




引きよわ猫助

2018-11-08

サバゲーオタクの言う 「トリガーに指をかけるのはリアルじゃない」 は本当かちょっと調べてみた

まず西部開拓時代

この時代の名うてのアウトロウ、ガンマン一般市民ポートレートを見ると

グリップを握るスタイル拳銃小銃を保持する際、「人差し指が曲がっている」のが殆ど

しろ人差し指を伸ばす人物は少数派だった

これは小銃を持つ際も同様である

この時代に関して言えば、どんなにリラックスしていようが

常にトリガーに指をかけるのが当たり前である

 

次に第一次、第二次世界大戦

各国の兵士を見てもやはりトリガーか、トリガーガードに指がかかってるスタイルがとても多い

昔ならではの問題として、ストックグリップが一体型であるライフル構造も災いし

自然と手の形状が丸みを帯びてしまうというが理由がある

なので、トリガーに指を置いているのか、それともトリガーガード内で休ませているのか

判別できない写真も非常に多い

軍事規律の緩さも考慮すれば、

この時代兵士であろうが、トリガーに指をかけるのは当たり前だったのではないだろうか

 

ベトナム戦争

このころからやっと、トリガーに指をかけないよう、意図的に伸ばしている兵士写真が目立つ

ピストルグリップ付きのARの普及と共に、

指を丸めない姿勢もごく自然と行えるようになったのではないか、と自分は推測する

それでも堂々とキャンプ内でトリガーに指をかけている兵士写真散見する

選抜徴兵制がまだ米国存在した当時、兵士の層を鑑みれば規律の緩さは当然だろう

 

 

 

結論   

ワイルド世界観コスプレなら、むしろトリガーに指をかけろ

 

 

  

蛇足

 

調べていて分かったことだが

兵士ライフルと共に写真を撮られる際には

グリップハンドガードを持って銃を保持するような

典型的兵士風の恰好ポーズをとるより、

いわゆる立て銃の恰好で銃を地面に置き、銃口を上に向けたままの状態

もしくは銃のハンドガード、キャリングハンドルあたりの

重心の中心部分を持つという

至極つまらない、合理的な持ち方をした写真が一番多かった

 

ミリタリーチックなコスプレリアルさを追求したいのなら、

しろ銃は持たない姿勢が良いだろう(疲れるから)

2018-11-02

移民

労働力人口の減少速度に耐え切れず、あれだけ保守的だった移民政策もあっさりと陥落。

役所的には既定路線のなし崩しコースを狙っていたのではないかと勘繰ったりもしますが、いま世界を見渡すとあれだけ強かったメルケルでさえ移民を契機に退場するほどに反移民トレンドです。

ただ世間ではあんまり言われてないけど、日本移民、案外成功するのではないかと思ったりもします。

このまま労働力人口の減少分を補おうとすると20年で1千万人入れないといけないのですが、むしろそんだけ入ると日本人の性格だとなし崩し的に自分を納得させる方向に動きそう。もともと治安だけはやたらといいし、同調圧力の強さでは世界に冠たる日本なので、なんだかんだ丸め込んで仲良くやっていくのではないかと。

実際日本に来るのも、中国のようにお上の言うことを聞くことにはなれてるそこそこ文明国の人や、フィリピンベトナムみたいなやたら人のいい国の人が多いので、EUアメリカ移民問題とはまた雰囲気が変わるのではないでしょうか。

それに最近日本もいい感じに貧乏になってきたようだし、みんな英語も話せないしで、それが適度なハードルになって、日本雰囲気好きな人割合を高めるフィルターになる傾向はあるのではないかな。

以上特にそういうデータがあるわけではないのですが、自分比較的楽観しているという話でした。

2018-10-30

[]劇場版 はいからさんが通る 後編 ~花の東京大ロマン~

劇場版 はいからさんが通る 後編 ~花の東京大ロマン~』を見てきたので感想。いつものごとくネタバレ気にしてないのでネタバレ嫌な人は回避推奨です。あらすじ解説とかもやる気ないので見た人向け。

総評

なんと100点。点数の基準は「上映時間映画料金を払ったコストに対して満足であるなら100点」。とは言え、これ、評価難しい。良いところと悪いところと混在しつつ、今の自分からこの点数なんだけど、ちょっと違う自分だったらこの点数は著しく下がっていたんじゃないかと思う。いつにもまして主観的な点数であり他の人におすすめする自信がない。

アニメとしての出来は良かった。演出音楽なんかも水準以上の仕事をしてたんだけど、キャラデザ脚本声優の3点がそれ以上の出来だった。しかそもそも企画で疑問な点も多々ある。

無茶ぶり企画

大体の話原作マンガはいからさんが通るからして相当ボリュームが大きい作品なのだTVアニメ42話やっても完結できてないのがその証拠で、その原作を100分ちょいx2の前後編にまとめるということが最初から無理難題

から素直に作れば駆け足どころかダイジェスト気味になり、点数なんて30点前後になるのが当たり前だと思うのだ。今回の劇場版は、その問題に対して、脚本とか演出技術とかをぶっこんで善戦してたことは確かなんだけど、それってつまり「ハンデを克服するための戦力投入」に他ならないわけで、100点から先に積み上げていく役に立ったかと言えば難しい。

原作ジャンルは一応ラブコメということになると思うのだけど、原作はいからさんが通る』には実は様々な要素が詰め込まれている。主人公紅緒と伊集院少尉の間のラブロマンスを中心としつつも、大正期うんちくマンガの側面、スラップスティックギャグの要素、膨大な登場人物群像劇、そして女性の自立というテーマももちろん重い。

今回の映画企画では、これを前後編で本当にうまくまとめてある。駆け足感は否めないもの違和感は感じない。このへん優れた原作映画脚本の特徴でもあって、印象は原作に忠実なものの、実を言えば改変は結構大胆にはいってる。

今回映画で例を上げれば、大震災後の炎上する廃墟をさまようのは映画では紅緒、少尉編集長という3人なのだが、原作ではさらに鬼島を入れた四人だ。三角関係描写とその解消をクライマックスの中心に持ってくる構成シンプルに伝えるため、鬼島は退場させてあり当然セリフ再構成圧縮されている。

しかし一方でそういう技術的な圧縮だけでは全く追いつかないわけで、群像劇的なキャラクターを絞り、ギャグパートほとんど捨て去って、映画で残すのは「主人公紅緒を中心とした(はっきり言っちゃえば伊集院少尉と青江編集長との三角関係ラブロマンス」と「大正ロマン期の女性の自立」というふたつの大きなテーマに絞った。その判断は正解だと思う。

正解だと思うんだけど、じゃあそのふたつが現代的な視点で見て満足な出来に達しているかといえば――この部分が評価に迷った原因だ。

ダメピープルどもと光のプラスワン

はいからさんが通る』の原作からそうなので、映画(だけ)の問題点というわけではないのだけれど、個人的見解で言うと登場人物のメインどころのうち三人がダメピープルだ。

初っ端から大戦犯のラリサ=ミハイロフ。ロシア貴族である彼女は、満州出征中に部下を救うために突出して倒れた伊集院少尉を見つけ、その命を救う。しか戦争の傷跡で記憶を失った伊集院少尉に、自分旦那(死亡済み)の面影見出し、都合よく嘘記憶刷り込みして、自分の夫として病気自分の世話をさせるのだった。

いやあ、ないでしょ。どんだけよ。しかも病弱な自分を盾にして伊集院記憶を取り戻したあとも関係強要するのだ。クズでしょ(言った)。一応言葉丸めダメピープル(女性なのでダメンズではない)と呼んでおく。

じゃあ、そのラリサの嘘の被害者たる伊集院少尉主人公紅緒の想い人)はどうなのかと言えば、彼もまたダメピープルなのだった。記憶を失っていた間はまあいいとしても、記憶を取り戻し紅緒と再会したあとも、病弱なラリサの面倒を見るために彼女のもとにとどまり続ける。命の恩人だと言えばそりゃそうなのかもしれないが、周囲の誤解をとくでもなく、未来への展望を示すのでもなく、状況に流されて、紅緒のことが大好きなくせに「他の女性を偽りとはいえ面倒見ている関係」を続ける。続けた上でそれに罪悪感を覚えて、紅緒から身を引こうとする。

それだけなら海底二千マイルゆずってもいいけれど、ラリサが死んだあとは紅緒のもとに駆けつけるあたり、手のひら返し恥知らずと言われても仕方ない罪人である(言った)。っていうか伊集院少尉ラリサ関係は明らかに共依存でしょ。カウンセリング必要だよ。

とはいえ主人公紅緒もけして潔白とはいえない。病気ラリサに遠慮をして、二人の間の愛情を誤解して別れを告げられ、告げたあと、心がフラフラしている時期に、少尉実家を助けてくれた編集長にほだされて交際宣言。他の男性伊集院少尉のこと)を心に宿したまま、編集長結婚式まで行ってしまう。それは伊集院少尉に対してもそうだけど、青江編集長に対してはより罪深い。その嘘はやっぱり問題だと言わざるをえない。

――こういう恋のダメピープルトライアングルが炸裂して、映画の前半は結構ストレスが溜まった(この辺個人差はあると思う)。このダメピープル共が。問題解決しろ

まり北川悦吏子なのだ

両思い恋人がいい雰囲気になって決定的にくっつきかけたところで、理不尽トラブルが起こり二人は引き裂かれる! どうなっちゃうの二人!? 以下次週!! で、次週になってトラブルを乗り越えて、またいい雰囲気になると今度は二人が(独りよがりの)善意から身を引くとか、ずっとお幸せにとかいい出して、誤解のすれ違い。神の見えざる手によってやっぱり二人は結ばれない!

連続ドラマのアレ。アレなのですよ(机バンバン

北川悦吏子だ!」といったけどそれは北川悦吏子女史の発明品というわけではなく、自分の中での代名詞彼女だと言うだけなのだけど。もっと言うのならば、年代的にみても北川悦吏子が『はいからさんが通る』やら『キャンディ・キャンディ』に影響を受けた可能性は高く、むしろ原点はこちらだ。イライラは軽減されないが。

そんなイライララブロマンス時空において癒やしは青江編集長である

光のプラスワンこと青江冬星はまっとうで良い人なのだ。登場時は女性アレルギー(と大正時代的な女性蔑視)があったものの、雇用主として新人編集者である主人公紅緒を導き、支え続ける。その人柄に触れて、紅緒に対する愛情自覚したなら、変にこじれぬように即座に自分の口から誤解の余地のない告白を行う。これ以上イライララブロマの炎症を防ぐその手腕。良いね

しかも「お前の心に伊集院がいるうちは土足で踏み込まない」「いつかその気になったとき思い出してくれれば良い」といって加護者の立場に戻る。見返りを求めず、高潔で、慈悲深い。癒やしのキャラだ。

読めば分かる通り自分編集長推し原作当時からだ)なので、そのへんは差し引いてほしいのだが、ダメピープルの中にあった彼が一服の清涼剤であったのは確かなのだ

この映画のおそらく二大テーマである「紅緒を中心としたラブロマンス」はダメ人間もの間違った自己犠牲イライラするし(加えて言えば、何の罪科もない編集長貧乏くじも納得し難いし)、「大正ロマン期の女性の自立」については、無邪気と言えば聞こえはいいが無軌道体当たり主義の紅緒の迷惑編集長が尻拭いし続けるという構造なので、本当に自立しているのか怪しく、どっちもそういう意味ではスカッとしない。

まりこの映画は(原作込みで)イライラする。

60点。レビュー終わり。解散!!

大正東京の迷い子

でも、そうじゃないのだ。そうじゃなかったのだ。

上映終了後、イライラ&60点だと思っていたら、意外なことに結構穏やかな満足感があったのだ。この気持ちはなんだろう? 不思議気持ちで、言語化時間がかかった。

なぜなのか考えた。

紅緒が可愛いあんだけダメな娘なのに、可愛い

やったことや構造を追いかけていく限りイライラキャラではあるはずなのに、可愛い

やばいことに原作よりも可愛い

現代的に変更したキャラクターデザインと、作画と、なによりその声が印象的なのだ

作中、紅緒は本当によく「少尉」という言葉を口にする。二言目にはそれだ。

このおてんば娘は作中のセリフの大半が「少尉!」なくらい連呼なのである伊集院少尉のいるシーンでは脳内その声でいっぱいなのだ。声の表情というか、演技が本当に良かった。

少尉の事で頭がいっぱいで、東京から満州に行き、馬賊親玉体当たりで話を聞き、少尉を探して駆け巡る。東京に戻ったあとも諦めきれず、その面影を探して、亡命ロシア貴族にまで突撃を掛ける。紅緒は、たしかに、周囲を顧みない行動主義で、無鉄砲なおてんば娘で、そこにはイライラさせられる要素があるにせよ、少尉を求めてさまよう姿は、涙を一杯にたたえた幼子のように見える。

それでようやくわかったのだけれど、結局紅緒は子供だったのだ。

少なくともこの劇場版後編において、紅緒は迷子の子供だった。

愛する伊集院少尉とはぐれて、彼を探すために声の限りにその名を呼ぶ子供だった。

それが胸を打ったし魅力的だった。スクリーンこちから彼女を助けたいと思った。

劇場版 はいからさんが通る 後編 ~花の東京大ロマン~』は迷子の紅緒をハラハラキドキしながら見守り、応援する映画なのだ

大正ロマン期の女性の自立」というテーマに対してイライラするのも当たり前だ。彼女は行動力だけは溢れていて、家を出てしまうわ、死んだ(と思いこんでいた)婚約者実家に行って支える手伝いをするわ、女性ながら出版社就職するわするのだが、どれも力が足りずに周囲に迷惑を掛けてばかりで、そういう意味では「自立」はしきれていない。むしろトラブルメーカーだ。でもそんなのは子供から当たり前なのだ

彼女はその実力不足から失敗してしまうけれど、チャレンジをするのだ。失敗はチャレンジの結果であり、チャレンジをするという一点で彼女の幼さは正しい。

前述したとおり自分推しは青江編集長なのだけれど、彼は作中、何らミスらしきことをしていない。つまり罪がない。罪がない彼が、恋愛において自分の望んだ愛を手に入れられない(紅緒は最終的に伊集院少尉とくっつく)のが納得がいかなかった。その理不尽さにたいして原作読了時は腹がたったのだけれど、今回映画を見終わってしばらく考えたあと、仕方ないのかもと、やっと思うことができた。

なぜなら紅緒は(この映画物語の期間では)未熟な子供からだ。その子である紅緒が、青江編集長という加護者とくっついてしまうと、その保護力のお陰で自立できない。青江編集長は全く悪意はなく、むしろ大きな愛情で紅緒を守るだろうし、その実力がある人だろうけれど、その愛情は空を羽ばたく紅緒にとっては重すぎる。

はいからさんが通る』は紅緒が自立していく物語ではなくて、未熟な子供である紅緒が、自立のスタートラインに立つまでの物語なのだ。だから作中で自立してないのは当たり前なのだ

無鉄砲子供で、何かあればすぐべそべそと泣き、でも次の瞬間笑顔で立ち上がり再び駆け出す紅緒は、この映画の中でとても可愛らしく魅力的だった。

その紅緒は自分の心に嘘をつくという罪を犯し、同じく自分の心に嘘をつくという罪を犯した伊集院少尉と結ばれる。伊集院少尉少女漫画約束として「頼りになる加護者」として登場したが、罪を犯して紅緒と同じ未熟者のレイヤーに降りてきた。降りてきたからこそ「これから自立するいまは不完全な紅緒の同志」としての資格を得た。

青江編集長は同志ではなくてやはり保護者だから、どんなに良い人でも、「これから一緒に成長していく同志」にはなれない。

考えてみれば、紅緒が少尉を好きになった理由は「優しい目で見てくれたから」だった。けっして「助けてくれたから」ではない。彼女にとって助けてくれる(実利)は重要ではなく、ただ単にそのとき自分を見ていてくれれば十分だったのだ。

そういう意味で、青江編集長スパダリであり、伊集院少尉スパダリから降りて結婚相手になったといえる。宮野Win。「立川オワタぁ!」とか「ちゃんちゃんちゃんちゃんか♪」とか言い出さないんで、格好いい主要キャラみたいな演技だったからな。

顔を上げて光に向かって

そういうふうに言語化が落ち着くに連れて、紅緒の親友・環がしみじみと良かったな。と思えた。

「殿方に選ぶのではなく自らが殿方を選ぶ女になるのですわ!」と女学生時代気炎を上げていた彼女大正デモクラシーにおいて「女性の自立」を掲げて紅緒とともに時を過ごした親友である彼女

でも、彼女と紅緒の間にあるのは思想共鳴なんかではなかったと思う。

女性の自立」と言葉にしてしまえばそれはどうしてもイデオロギー的な色彩を帯びざるをえないけれど、本作においてそれは、そこまで頭でっかち教条的ものでもなかったのだろう。

劇場版サブタイトル元ネタはおそらく菊池寛短編小説「花の東京から来ているのだろうけれど、そこで描かれた女性(の自立と言っていいのかなあ)も、現代フェミニズム的な意味でのそれではなかった。どちらかと言えば「どんな環境でもめげずに生き抜いてゆく」という、ただそれだけのことだった。

それはもしかしたら、現代価値観ではむしろ非難される態度かもしれない。なぜなら、男性支配的な社会で「めげずに生きる」というのは、ときその男支配社会迎合しているようにも見えて、原理主義者には利敵行為とされるかもしれないからだ。

でも人間は結局与えられた環境ベストを尽くすしか無い。まだまだ男権社会的な大正社会も、作中クライマックスで描かれる関東大震災崩壊した東京も「与えられた環境」だ。

その与えられた環境の中で酔っ払って肩を組み、愚痴を言い合いながらも諦めずに笑い合う同志として、紅緒と環のコンビ尊い

ことによると、紅緒と伊集院少尉のそれよりも確かな絆があったのではなかろうか?

いつどんなときでも、どんな環境でも、うつむかず、意気軒昂と拳を突き上げて、笑顔で生きていこう! 女学生時代無鉄砲友情のそのままに、二人は大正という時代自分人生を描いた。

女性の自立」と主語をおけば、それは成功したり失敗したりしてしまう。でも彼女たちが持っていたのは、成功したり失敗したりするようなものではない。どんな環境でもくじけうず、へこたれず、転んでも立ち上がって歌を歌いだす。それはイデオロギーではなく心意気の問題なのだ彼女たち二人のあいだにあったのはモダンガールとして時代を先駆ける思想などではない。ただ単に、お互いがかけがえのない友達で、楽しかったのだ。

女の子は元気よく未来に向かって生きる!」。紅緒が愛しく思えたのは、多分その一点だったし、伊集院少尉彼女を愛したのもその一点だった。本作では描写が欠如していた伊集院少尉も、そのテーマに沿うなら、大震災後の東京意気軒昂未来をつくるべきだ。紅緒同様「未熟者の仲間」になった彼はそれが出来るし、その義務もある(でないと編集長はほんとうの意味道化者になってしまう)。

原作を読んだ学生時代には持てなかった視点をみせてくれた。その意味合いにおいてこの映画には100点をつけたく思う。

2018-10-14

使用後の生理用品を包む時、丸めから包む人と 丸めながら包む人、どっちが多いんだろ。

自分丸めからクルクルって転がして包む。そして新しいもの開封する時、勢い余って粘着テープが取れちゃってアッてなる。

2018-10-10

anond:20181010145332

いや~、これまでブコメしたらティッシュに取って丸めゴミ箱に捨てるような感覚だったけど、こんな過酷運命が待ち受けていたんやなぁ。一寸の虫にも五分の魂、アホなブコメにも1mlあたり5千万個の魂や。よう心しておくわ。

洗面所ムカデが出た

最初鏡の上にちらっと見えたときゴキブリかと思って戦慄したけど、

ムカデちょっとホッとした

だってゴキブリ逃げ足はやいからさ

んでムカデのんびり天井のほうに壁を歩いているところをつついて床に落とした

そしたらムカデよっぽどびびったのか気絶してんのwwww

しばらくみてたけどタヌキ寝入りじゃないっぽかったから、さっと居間にいってティッシュ5,6まいとってきて、

手でガッとつかんでぎゅっと丸めトイレに流してやったぜベイビー

これにて閉幕、全て世は事もなし

俺様最強伝説

2018-10-09

実際のところ主張の強い女は皆バカで、大人しい男は丸め込みやすくて好きだと思っているんだから単純なやつだ

とりあえず私をバカにしてからでないと話し始められないのもかわいそうだなと思う

理詰めではそう思えるけど

もう少し心が強ければ、頭がよければ幹部の前で化けの皮が剥がれる瞬間を待てるのに

先に私がダメ認定される方が早そうだ

押しも押されもせぬクソ野郎だということは私が誰よりも知っているのに(付き合ってたからな!)どうにもできない、悔しくて唇から血が出そうだ

死んでくれ〜〜と1日20回は思ってるけど今死んだら家族がかわいそうだから結婚もできず(まあ無理だろ)うだつも上がらず親族遺産相続できず、40年後くらいに孤独死して腐ってから発見されることを切に祈っているよ

2018-10-02

anond:20181002181336

丸めまれるな。

透かしは無断使用したことが分かるように入れてある。

唐揚げ程度なら撮れば済む。訴訟にでもなれば何十万円。

透かし入りの写真素材

社内のお祭りポスター作ってるんだけど、唐揚げを揚げている写真を載せたいんですよ。

ネット検索するとそれなりの写真が出てくるんだけど、どれも唐揚げ屋さんのホームページで、黙って使うわけにはいかない。

他にはアマナイメージ?とかが売っている写真だけど、社内ポスターのために購入する予算は通らないんですよ。

困っていると、若者が「これ、この会社ロゴが透かしで入ってるじゃないですか。そのまま使えばいいんじゃないですかね?」と言い出した。

いやいや、そんなはずはないだろう。と反論するが、

彼は「これは宣伝のために入れているはずだから、このまま使えばむしろ喜ばれるはずですよ。

 売り物のタオルは持っていったらダメだけど、店の名前電話番号が入ってるタオルは配ってるじゃないですか」

と持論を展開してきた。


なんか、使っていいような気になってきたんだけど、俺、丸めまれてる?

2018-10-01

子育て収入を結びつける話の気持ち悪さ

日本世帯年収ってさ30代の中央値は500万円~550万円の間で、20代ではは300万円~350万円くらいなわけ。

(この年代をチョイスしたのはこの年代子供を作るか作らないか考えてるメインの世代だと考えたから)

すげえざっくりと500万から350万円でそのまんなかくらいを425万だとしてみるよね。んでもって、相対的貧困を更にその半分だとする(本当はもっと違う計算なのだけど、ここでは話を丸める。誤差が数百万なんてことはないので)。

とすると年収425万円付近が「結婚&子作り世代普通中央値)」で、425万未満だけど213万以上くらいが「結婚&子作り世代下流だけど相対的貧困ではない」で、213万未満が「結婚&子作り世代相対的貧困層」だということになる。

この辺は別に俺の気持ちや考えの話じゃなくて、今のデータだとこうですよねって話ね。もちろん細かくソースに当たれば数値は変更されると思うけれどかと言って数十万動くことはないんじゃないかな。おおよそこんな感じなのが今の日本の姿。

んでもってさ、「結婚&子作り世代世代普通(425万くらい)」ひとが、子供を作れないってのは、やっぱり国造りとしておかしいよね。おかしい話なんだけど「だから所得を上げろ」ってのがもっともっとおかしいでしょ。だって現実に俺らの収入はそうなんだからさ。

いやもちろん、国に対して「国民所得を上げろ」って要求することそのものおかしくないよ。でも「まともな子作りや子育てできないので上げろ」ってどう考えてもおかしいでしょ。だってその「まとも」っての基準勝手でっち上げてるのは国民側なんだからさ。マッチポンプないいがかりもいいところじゃない。

結論から言うと、いまの子作り&子育て収入結論おかしいのはここで、子作り&子育てハードル一方的に上げて、そのハードルを超えられないとギャーギャー喚くっていう論理の組み立てでさ。

もちろん上を見れば上があるってのは前提の上でだけど、「結婚&子作り世代世代普通(425万くらい)」ひとが子育てしようと思ったら、その収入にふさわしい子育てがあるでしょ。「普通世帯収入の子育て」なんだから、それが「普通の子育て」なんだよ。習い事複数行かせるのとか、毎年海外旅行に行くとか、お金がかかるスポーツやらせるとか、予備校に行かせるとかは「普通じゃない」わけ。もうちょっと下を見れば、いまWeb公表すればネグレクトだと叩かれるような育児(もしくは育児放棄)――たとえば購入する衣類の数が少ないとか、昼間の間子供放置するとか、公教育以外の教育スキップするとかも、それが年収に基づくものであれば「当たり前」だと認識すべきなわけ。年収250万くらいでも子供を作って子育てして、その金額なりに首元がだるくなったTシャツとかで放任教育するのは「やって良いこと」なんだよ。そういうのを汚れた何かのように社会から滅却しようとすれば、子供なんて減って当然なんだよ。

それが普通ではないなんだか暴走した議論の渦中にあるのは、バブルとか少子化によって子供にかける投資が加熱して、それがマスコミWebっていう偏った虫眼鏡で歪んで拡散されたせいで、「これくらいは子供にしてあげるのが普通だよね」みたいな風潮が蔓延したせいだよ。すげえ露悪的に言っちゃえば、意識の高いママ&パパが、うちの子自慢(に見せかけた自分自慢)をする道具として「わが家ではこんなふうに贅沢な子育てしてます」ってのをSNSで発信して、それを見てる側が真に受けちゃったみたいな話だ。SNSグルメ自慢とおなじで、ある人が3000円のランチ写真投稿してたとしても、その人が毎日3000円のランチを食ってるわけではない。のだけれど、なんか、「その程度の生活水準普通」という共同幻想けが肥大して、3000円のランチを食べられない人たちの怨嗟劣等感けが膨らむみたいな話だよ。

「この程度のお金はかけてあげないと子供がかわいそう」「子供の将来に禍根を残します」とかはっきり言ってほとんど全部詐欺でしょ。そらまあ、大学出たほうが生涯年収上がるとか、そういうのはあるよ。あるけれども、そうであるからといって「そうであるのが当たり前で、そうでないものは当たり前未満でマウントして良い」とはならない。夏休みなどの長期休暇で子供旅行特に自然の中に)連れ出してあげないと情操教育上で「問題がある」みたいな触れ込みで、昨今、キャンプスクールとかが流行ってるわけだけどさ。そういうのに申し込みしてお金かけないと子供が劣った何かになるとか、どこの寝言だろう。みんなが大好きな高度成長期をささえた日本人は別段キャンプスクール大学も前提とはしてなかったわけでしょ。回顧ってわけじゃなく、今の時間軸に問題限定したところで他国とそこに差は対してない。

こういうこと書くとWebでは虐待主義者みたいに言われるけれど、子供なんてほっといても育つよ。っていうか、そういう前提で、なおそこから「それでもできること」を積み上げるのが子育てでしょ。そうじゃない限り無限ハードルがあがって、失格両親狩りが繰り返されるだけだよ。まあ、いまそうだから少子化なのだとは思う。

から少子化解決するのに多少援助金を入れたところで意味なんて無い。マウンティング合戦現在状況の本質なんだからお金いれても収入上がっても、無限ハードルがあがっていくだけだよ。今までの歴史海外の状況を見れば「海外留学に行かせるくらいがまともな教育で、それ以下の家庭は子供を作るべきではない」とかすぐにそこまで行くよ(発展途上国富裕層一般的発想だ)。「年収200万円以下は〜」なんてのはまさにその系譜だ。

問題なのは気の狂ったマウンティング欲求と、子育て自己表現(で他所の家庭に自慢する道具)だと勘違いしちゃった両親と、そういうのに煽られて拡大報道しているメディアであって、もっかい「今の日本の実情に沿った、身の丈に合う子づくりと子育て」を考えない限り、何の解決もしないよ。

2018-09-19

カルチャースクール的なやつ

短期講座Aに申し込むくらいには興味があるんだけど、長期講座Bにはさすがに期間長いしその分お値段も……なので申し込む予定がない場合

長期講座Bの無料体験付きの説明会って申し込んで行ってみてもいいと思う?

建前としては説明会に行ってスクール自体雰囲気を見たい。ぶっちゃけると体験レッスンが受けたい

行って丸めまれて申し込んじゃうのはまあアリなんだけど、基本的には申し込むつもりは今のところないので悪いかなーと思って躊躇している

2018-09-09

連れ去りの事例のお話

某所で連れ去りの話について、その後どうなったのかが分からモヤモヤすると言うコメントを見かけたんで、私が見た事例について語ってみる。

もう10年程前の話で、連れ去りではなく、正確に言えば声かけ事案になった話。

ショッピングモール程は大きくなく、建物は数件あるイオンでのお話し。

平日の日中のこと、引っ越して数日だったのでまだ町に慣れてなかったので、イオンをぶらぶらしてた。

映画を見てちょっと買い物をしようと道路を渡る歩道橋の上でそれを見かけた。

歩道橋普段からまり使用者がおらず、使われているのは主に横断歩道なのだが、イオンのそれぞれの建物の2階を繋げている。

それぞれの建物の2階は、駐車場ゲームセンター、それと買い物できる建物の用品店などが主で、広くて屋根がある。

からか、連れてこられた子どもがつまらなくなって遊んだりしているのをよく見かけていた。

その日は平日で、引っ越したばかりだったので、買い物をよくすることになるであろうイオンをぶらぶらしてた。

ゲームセンターの様子を見てから、ついでに本屋に寄ろうと買い物できる建物の方へ行く為に直接渡れる歩道橋に出るドアを開けた。

反対側の広くなっている部分で、幼稚園程の女の子一人がしゃがんでいた。遠目にはしゃがんでいる所しか分かってなかった。

すぐ横に壮年男性が立っていて、最初父親かと思ってた。

ぶらぶら歩道橋の上からもう少しは食べ物屋さんとかないかなーと通りを眺めながらゆっくり歩いていると、対話が聞こえてきた。

「そうか、そうか、じゃ僕と一緒にいこうか」

「ヤッ!」

「一緒に来たら、ケーキを食べさせてあげよう」

「ヤッ!」

え、と思って、あらためてその二人を見ると、女の子体育座りの腰を上げたような状態で丸くなっていた。

顔はよく見えなかったけど、丸めた膝に押しつけるようにして隠してた。

男性の方はフリースを着たいわゆる休日のパパ風味の格好で、のぞきこむように屈んで話しかけていた。

子どもに話しかけているせいか、随分と大きな声だった。

正直、判断はつかなかった。

父親かもしれない(そういう会話をしている家庭なのかもしれない)。

親戚の人かもしれない。

近所の知り合いの人なのかもしれない。

他に事情のある関係なのかもしれない。

そもそも父親喧嘩中なのかも、イヤイヤ期ってきいたことある

色々と浮かんだが、どうしたものかわから心臓がバックンバックン鳴っているのが分かった。

まだ近づききっておらず、男性は夢中になっているのかこっちに気がついてない様子だった。

「あのう……」と声が出てしまい、一瞬びっくりした。

男性はばっと顔を上げて、目に見えてうろたえていたのが分かった。

ただ、それでも確証がなく、どうしたものか、と混乱しながら「道を聞きたいんですけど」と続けた。

こっちはうろ覚えなので、どんな会話をしたか正確には覚えてない。

なんとなくこんな感じだった。

「あ、は、はい

「いや引っ越したばかりで、よく分からなくて、お店なんですけどね、えーっとなんて言ったかな、いやー最近物忘れをするがあって」

という感じで、世間話にしようと、一方的にべらべらしゃべったのは覚えている。

すると、女の子がパッと飛んで(本当に飛んだみたいだった)ダーッと建物の方へ駆けだしていった。

男性はそっちを見た後、こちらを凄い目で一瞬睨んで、「今忙しいんで」と吐き捨てた後、私が来た方へ足早に去っていった。

えって言う間もなかったし、もう心臓が凄いことになっていたから、追いかける気は起きなかった。って言うかそういう発想がなかった。。

っていうか、こういう時どうしたらいいんだ? とか思って呆然として、子ども戻ってきたら話聞いた方がいいのか? とキョロキョロしていた。

多分、5分ぐらいぼうっとしてたんだと思う。

その間誰も通らなかったんだけど、何かした方がいいんだと考え続けて、あ、警察とようやく浮かんだ。

ただ、電話ではなく、交番イオンの一番はずれにあると、思ったので、そっちへ行った。

幸いというか一人警察官がいて、しかしどうしたらいいんだか分からないんで、とにかく事情をはなしてみた。

その時の会話は大体こんな感じだったと思う。

「すいません」

はい、なんでしょうか」

「そこの歩道橋女の子に声を掛けていた男性をみかけたんですが、どうしたらいいんでしょうか」

「え、その人はまだいますか?」

「いえ立ち去った後で、女の子イオンの中に入って、そのまま戻ってこなかったので」

「えーっと、女の子男性はわかれてということでしょうか?」

「あ、はい

「さっき?」

はい

その男性は今どこにとかは?」

「あ、立ち去った後ちょっとぼうっとしてしまったので、そこまで見てませんでした。ゲームセンターの方へ歩いたのは分かるんですが中に入ったのか降りたのかまでは……」

で、その後警察官が男性服装容貌を聞いて、無線で連絡、さらに詳しいお話しをという事で中に入れてもらい、少し待って下さいと言われて、ぼんやりパイプ椅子に座ってた。

多分見廻りの人に連絡したんだと思う。

その連絡をした後、調書(なのかな?)を取り出し、「あらためて詳しいお話しをお聞かせください」と言われて、話をした。

で、「ご協力ありがとうございました、後はお任せ下さい」と言われた。

「えーっと、こう言うのってこれで終わりなんですか?」

はい。もしかしたら、あらためてお伺いする場合もありますが」

「あー、捕まったりした場合ですか」

「うーん、何とも言えないですね。お話しだけだと、それだけで何かできるかどうかと言うのは判断できませんので」

「そうか。現行犯ではないですからね」

「ええ、でもちゃん関係者には注意喚起しますし、警邏中の者も気をつけまから

「そうか-、なにもできなかったんですかねー」

「いえいえ、十分なご協力ですよ」

で、まぁ、こんなやりとりがあって、私個人は終わり。

その後、町内会連絡網の中にこの話が載っているのに、数日して気がついたぐらい。

その後どうなったりしたのかは分からずじまいで、また別の町へと引っ越した。

モヤモヤすると言われたけど、私自身もモヤモヤしてた。

こういうのは捕まったりしない限りは決着はないんだろうなぁ。

そして大抵の場合犯罪要件を満たさないので(連れ去りなどの行為があれば別だろうし、被害者ならもっと話は別だろうが)、通報者程度だとこの程度。

もっとモヤモヤさせたかもしれないけど、まぁこういうお話

2018-09-04

飛び込み営業オッサンに騙されて

父が廂をしたからだけ張り替え工事をした。

からの水の流れやそういうのはなおってない。

道路からから見ると綺麗、そうしたかっただけのようだ、

キャッシュで払ってた。あほだ。

その年からから水が家に逆流してしまってた。

いま台風

それが壊れちゃった

うちに飛び込み営業して酷い工事したオッサン呪われろ。

嘘つき業者呪われろ

ちゃん領収書でてきたからな。

電話した時しらばっくれたオッサン名刺も父の名刺入れから出てきた

しらばっくれて、あなたが父を丸め込んだんでしょうが

亡き父に毎晩首を絞められろ。

2018-09-02

anond:20180902224220

肌を合わせた時のスベスベ/ツルツルもあるし

体温とか汗の匂いとかあるでしょ。

あと男性は力強いから、爪切って先丸め

優しく触ってくれると嬉しいなぁ。

あとは前後の会話も大事

何処をどう触られたら気持ちいい、とかね。

童貞さんはメモ取ってね!

2018-08-20

一年前別れた彼女が今だに夢に出てきて辛い。

それは夢のようではない。正しく夢だった。

優しく微笑む彼女と、普段しないようなにこやかな表情を浮かべている自分

それは正しく夢であったが、確かな感覚でもあった。小さく柔らかな彼女の手の感触。そこから伝わってくる彼女の体温。

夢の内容はあまりよく覚えていない。思い出そうとしても、どこか白い靄がかかってすくい取ることができない。

確か故郷の浜辺を彼女に手を引かれながら歩いていたような気がした。付き合っていた頃には叶わなかったことだ。

「疲れるのが嫌だ」「ヒールしか靴を持っていない」と言って、レジャーの類には一切ノッてこなかったのを覚えている。

逆に彼女が行きたかった旅行は、俺が貧乏なせいで一度も行けなかった。

昨年までの今頃はクーラーの効いた部屋でセミの鳴き声をBGMセックスをするか、気温の下がった夜に祭りへでかけて花火を観ていたっけ。

月曜日の到来を告げるアラームで目が覚める。先ず最初に映ったのは、彼女がいた痕跡はすでに一切なくなっている筈の部屋。

起きてすぐ頬に違和感を感じ、反射的に手が伸びた。俺は、泣いていたようだ。

布団からしばらく動けなかった。体を丸め、数分うずくまっていた。それまでに感じていたもの現実から夢になるのを待った。夢で再会した彼女記憶から消えていくのを眺めていた。

これで何度目だろう。やる気を出そう、頑張ろうと決意した日の夜に限って彼女は毎回夢に現れる。そして俺の気力を奪っていくのだ。

何故だ。彼女にまつわるものは全て処分した筈だ。食器も、シーツも、化粧品歯ブラシも、写真プレゼントも何もかも全部だ。

なのに何故、なぜ…どうして。 つらい

2018-08-19

anond:20180818205715

別に「正確な広さ」をイメージしてもらうための手段として東京ドームを使ってるわけじゃないと思いますよ。

(というか、そういう風にとらえてこんな日記を書いている人がいることに驚きました)

ヘクタール平方メートル表現したって、無味乾燥数字がズラズラ並ぶだけで、その数字だけ見たって、大半の一般大衆はでかいのか小さいのかよく分からんわけです。

(広さを数字単位だけで正確にイメージできる人なんて、あなたが思うよりずっと多くないです)

そのうえ、なにより印象にも残りにくい。

それじゃあ、「デカもの保有してる側」は、マーケティング的にあまり嬉しくないわけです。

記事を書く人も、その記事が指すものイメージしてもらいづらくて嬉しくないわけです。

何より、記事を読んでる人も、「何ヘクタールって言われてもなー」となりやすいわけです。

そこで、「それって結局○○でいうと何個分くらいなの」?という人が出てくるわけです。

誰もが頭に思い描けるような、知名度付きの「でっかいドンブリ」というのは、こういうとき非常に強力に効果を発揮します。

「それ何個分」って書くだけで、正確な単位なんかで書くよりもずっとインパクト単純明快表現やすい。

当然、正確な広さは丸められてわからなくなりますが、細かい数字を気にしてる人が果たしてどれだけいるか、という話。

目的によって手段を使い分けてるだけの話。

しかも、他の施設と比べて何倍違う、という相対的イメージもしやすい。非常に単純明快で便利な単位です。

こういう記事を書く前には、自分価値観だけに照らさず、一拍置いて、広く俯瞰する意識を持つことをお薦めします。

2018-08-17

鼻糞って糞って感じしない

黄色い鼻水の干物みたいのしか出てこないんですけど

これはアレルギー持ちだからなのか

一般的にはもっとうんこっぽいものが出てきてるの?

漫画みたいに丸め飛ばしたりできる?

2018-08-12

シャオラーあああああああああああ

ゴキブリ捕獲したったどおおおおおおおおおおおおおおおおおお

机の裏に逃げる→スプレー電気消す→ガサゴソ→懐中電灯アプリで照らす→裏から出てきてた→新聞紙丸めて叩いて追い回す→ダンボールたくさんおいてある裏にイカれると困るから必死→寝るときに使ってるゴザがたわんだ間に身を潜めて触角を動かしている→慎重に新聞紙叩く→ゴキブリ気絶→ダッシュガムテープもってきて捕獲

ふわああああああああああああああああああああ人類勝利!!!!!!!!!!!!!!!!!

それにしても久しぶりにゴキブリミたけど相変わらず生理的にゾワゾワする見た目と動きをしやがるなこいつ

2018-08-11

自分自傷をするような人間だとは思ってなかったけど、

最近休みの日にぼーっと家で横になっていると、次第に腹のあたりがざわざわして落ち着かなくなってきて、

苦しさ、居心地の悪さが皮膚の一枚下を血と一緒にズルズル這い回って、それがだんだん逃げ場なく膨れ上がっていくような気がして、

その気持ち悪さを爪先や拳を丸めてなんとかやり過ごしながら、「なるほど体を傷つけたいという衝動に襲われる人たちはこういう感覚なを経験しているのだろうか」と他人事のように考えている

自傷をする人間は構ってもらいたいだけ、とか言われているけど、その時は他人ことなんて欠片も頭の中になくて、ただ、『今この瞬間』体を巡る居心地の悪さをガス抜きのように体の外に逃したくて、自分の体を傷つけてしまうんだろう

…なんて、わたしは臆病だからまだ刃物自分の体に向けてはいないわけだが

すべてを忘れてカプリあたりでのんびりしてぇなぁ

2018-08-08

anond:20180808115111

😺判ったニャ!このますだは

「ヲレ、人の見分けがつかないの」

といって女の子をくどいてるニャ!

彼女さんが「どうして浮気するの!」ってきいたら

「あれ?君かとおもってたーアハハ💝俺ってバカだなー」

「あら!それじゃしょうがないわね💝大好き」

🐶うまいこと言うワン!

🐰むぅ…うまく丸められてしまいそうねっ。←それ

2018-08-06

anond:20180806120235

俺も悩んでプロテインはSeria(100均)の液体洗剤の容器に入れることにした。

蓋の部分で計量できるし、一度に多く持ち運べ、液体用だから漏れない。

最初に移すのが手間だが、紙をロート状に丸めて粉を入れている。

あとは食品用の乾燥剤を容器に入れておけば完璧

2018-07-28

うんちを食べ続けて1年が経ちました

きっかけは会社をやめたことだった

会社ではなんの問題もなかった

残業はなかったし、給料もかなり良かった、上司も同僚もいい人たちだった。まさにホワイト企業

しかし、俺は会社をやめた

なぜかというと、うんちを食べたかたからだ

それも、人間のうんち。つまり人糞で、さら女性がしたものでなければならない

女性と言っても18歳から42歳までが対象年齢であることは言っておかねばならぬ

とにかく、俺はうんちを食べるために会社をやめた

やめた時点で貯金は180万円あった 

うんちを1糞5000円で買い取るとすれば360ものうんちを買い取ることができる

まずTwitter人糞界隈に乗り込んだ。この世界は信用の世界

よく考えてみるといい。玄関に見知らぬ男が来た。出てみると男が

「うんちを5000円で買い取らせてもらえませんか?」

といったと想像してみよう

クソが出そうなほど気持ち悪い想定である警察に捕まることを想像するのはクソをするほど簡単である

話が逸れた

Twitter界隈には人糞をこよなく愛するコミュニティ人知れず形成されている

その中には人糞を買いたい男、売りたい女、食べたい男、食べさせたい女、食べさせたい男など……とにかく多種多様人種がまるで羊の群れのように集まっているのである

その中は信頼と実績で成り立っている

糞を食べたいからと言って合って乱暴であるとか、暴言を吐くなどそういったことをした場合コミュニティに即広がり、村八分にされるのである

俺はうんちを1糞5000円から1万円で買い取ることにした

とにかく最初は買い取り、信用を高める

送られてきた糞は多種多様である

完璧なツルツルうんこ。いいものを食べているんだろう

クール便などを使っていないためまるでうんこのように腐っているうんこ

・まるで岩のようなうんこ。何食ったらこうなるんだ?

・犬のうんこ

ボールうんこ丸めたのか?

全部食った

不味いのは言うまでもない。しかし、俺はうんこを食べ続けるのだ

今日でもううんこを食べ続けて1年経つ

彼女には

うんこなんて食べたら病気になるからやめて」

と言われているがそんなことはない

うんこを食べ続けてから肌はツヤツヤ、筋肉もりもり、視力は0.2から0.5に(!)回復していた。糞は最高だ

唯一の懸念はそろそろ資金が尽きそうなことだ。まあ、無くなったら無くなったでいいのだ。その時考えればいい

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん