「宗教観」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 宗教観とは

2019-07-19

anond:20190719130000

冥福 も、その時点で冥界を規定している以上、なんらかの宗教観に基づいていると思います

純粋宗教観無しに言うのであれば、

「あとくされなく、きれいな灰になってください」

でしょうか。

ご冥福をお祈りしますってさ

定型文すぎるのでバリエーションあってもよさそう。

死後たらふくお酒が飲めますように、とか

美味しいご飯が沢山食べられる、とか

犬猫もふもふ天国、とか

美少女ハーレムとか

やっぱだめだな。

宗教観は人それぞれだし

2019-07-15

anond:20190715224318

幸福は実現している。気づいていないだけ。やばい幸福って言葉使うと宗教観半端ない。あの党の罪は重い。

2019-07-13

三体ってSFはてブ凄かったけど

結局三体問題ベースにした意味がなんもない気がするんだけどSF詳しい人解説して欲しい

要するに『幼年期の終わり』のオーバーロード的な存在ありさえすればなんでもよかったんじゃないの?

三体は何回も文明崩壊してるみたいな話になんか意味あるの?

再水化とかって彼らの構築した文明とか宗教観とかと全然関係なくない? なくてもいい設定じゃない?

陽子の話とか突然過ぎて急にどしたん?とか思ったんだけどあれも三体問題とはなんも関係ないの?

重厚SFってのは感じるけど、なんか意味がとれないところたくさんあって困惑してるわ

2019-05-12

イスラム教徒がタトゥを彫ってる件

東京移住させたイスラム教徒友達の話をしよう。

数年前のタイ、僕が国際営業マン仕事サーフィンをしているとき彼はそこにいた。

一見すると彼はロシアの片隅の汚い路地に屯してる不良としか思えない風貌をしている。なぜなら胸から腹にかけてどでかいタトゥをいれているのだ。 

女性が一人でしている光景を思い浮かべてほしい。今、特殊性癖の方はタコを思い浮かべるかもしれないがそこは抑えて世間一般で見られる自慰シーンを思い浮かべる。アレが彫られているのである

そのタトゥはあまりにもリアルで、興奮した。しかし疑問が湧き上がる「なぜそんなタトゥーを?」

僕は彼に話しかけた。なかなか話の合うやつで瞬時に仲良くなった。セルフフェラよりちょろい。

彼は僕の4歳年下で、フィリピンバナナ農場を数十箇所所有しているという大富豪だった。

さらに詳しく聞いていくと、彼は何とイスラム教徒だと言う。

イスラム教徒がタトゥを刻むことは禁止されているはず、と僕の脳は僕に知識をひけらかしてきた。

だが経験上、他人宗教観を探るのはコミュニケーションとして破綻する場合が多い。それぐらい宗教の話はセンシティブディープイストローションな内容なのである。僕はタトゥについて言及しなかった。

その後はすっかり意気投合し彼の別荘に潜り込んだ。彼と3日3晩、ベッドやシャワーすら共にする中でさらに僕たちの仲は深まった。

彼は普通に豚肉も食べてるし1日何回かしらないが崇拝とかもしてないし酒は飲むはタバコ禁煙中だが吸っていたらしいし、本当にこいつイスラム教徒なのか?という疑問が出てきた。

だが僕は聞かなかった。そう、センシティブからだ。

そのうち彼が「○○の国に住むよ」と言い出した。おお、いいんじゃね?と思ってたら帰国するときに本当についてきて本当に日本移住してきた。

これには驚いた。お前、僕と合う前は日本ことなんてスシしか知らなかったじゃん……とも思ったが、こっちでの生活はなかなか楽しいようで何よりだ。

ちなみに未だにタトゥの件は聞けていない。だれか推測してくれないか

イスラム教に詳しい方もしくはイスラム教徒の方、頼む。

2019-05-05

2019年アニメ1話ほぼ全部観たか感想書く その3

2019年春アニメ1話ほぼ全部観たから感想書く その2 からの続き )

 

Fairy gone フェアリーゴーン

 戦争で生まれ兵器再利用。「魔法少女特殊戦あすか」的な感じ。戦争のため、魔法によって生み出された兵器妖精兵」がテーマ戦争が終わり御役御免なっちゃったので新しいお仕事を探す羽目に。存在自体違法扱いになってるところや、体よく利用される姿は「PSYCHO-PASS」みたいな感じ?特に本作は2話から公安職員としていろんな調査に駆り出されるところも刑事ドラマっぽさを感じる。でもあっちは「一般人」と「サイコパス」がグラデーションであるという点で明確に異なる。

 なんかファンタジーモノやりたいねパーティ全員暗黒騎士って面白くね?→でも悪魔邪神)って何なん?→いっそ妖精にしようぜ→じゃあそれで とのこと。グリムガルとの関係でお世話になった十文字青シリーズ構成として参加していたり、劇伴をノーネーム担当していたりする(ちなみに制作はグリムガル:A-1 これ:PA)。作中で挿入歌を流す演出も健在。あれめっちゃかっこいいよね。こないだニコ生ライブ見たけどめっちゃ凄かった。

 世界観はグリムガルと比べてリアル寄り。「妖精にまつわる部分のみファンタジーだけど、それ以外は全部現実と同じにしたい」というコンセプトらしい。一応、ちょい昔の西欧舞台。背景はいものスタジオ・イースター美術監督は東潤一が担当。相変わらず石畳エロいキャラクターデザイン衣装小道具まですべてリアル志向。非常に印象的なのが、ボルトアクションライフルを撃つたびリロードする主人公。ほぼすべての射撃シーンにてリロードモーションまできっちり描かれている。手での操作排出される薬莢も、SEも明らかに拘ってて「ここはファンタジー世界じゃなくて、僕らの知ってる世界線なんだぜ」っていう暗示みたい。

 その妖精だけど、あんまり可愛くない(人間に宿る前は可愛いんだけど)。「あ!こいつあのゲームで戦ったやつだ!」みたいな禍々しいデザインで、それこそ妖精というより悪魔みたい。こいつダクソにいなかった?

 監督が「JOJOの奇妙な冒険」でお馴染み鈴木健一なので、戦闘シーンはスタンド使い同士の戦いに近い。ただ「ダイヤモンドは砕けない」以降に見られるような「主人格の心を反映した能力」みたいなやつではなく(妖精からね)、より直接的な戦闘能力を持ってる。殴るのが強い、衝撃波でぶっ飛ばす、強力な弾丸を放つ、暗殺する、etc。作中で妖精能力は詳しく解説しないので、公式サイトを見てね。JOJOと決定的にに違うのは、人間自身戦闘に参加していること。主人公ボルトアクションライフル、バディは双剣フォーマセルときは+スナイパー、スポッター。3DCGでゴリゴリ動く妖精作画ゴリゴリ動く人間乱闘凄かった。

 公式チャンネルでは解説動画シリーズ「ふぇありーんごー」を毎週公開している。まさかいらすとやコラボである。内容はだいたいあってる。専用新素材もあり、ちょうど素材を切らしていたいらすとやフリークは要チェック。「仮にオーダーメイド素材を沢山使っても、必ず”いらすとや再現してみたシリーズ”みたいな感じになる」という知見を得た。

 

川柳少女

 もう一つの聲の形ショートアニメ制作シルバーリンクとの共同制作でよく見るCONNECT元請けは初?監督は「CHAOS;CHILD」「異世界食堂」とかでおなじみ神保昌登。ちなみに神保さんが来年アニメ「へやキャン」の監督を務める(1期のOP絵コンテ担当たよしみかな)。

 人と言葉で喋ろうとすると「はわわーっ」ってなっちゃうので、「もう一つの声」で喋る女の子お話。「GO!GO!575」よりも575してる。余談だけど先のアニメかぐや様は告らせたい」では何気にセリフを575にまとめてテンポ感を出す演出を多用してたので、チェックしてみてね。

 主人公かわいい。人前でしゃべれない割に575ならめっちゃ積極的になる感じ。あとセリフがないぶん表情で魅せてくる。笑顔かわいい。あのちょっと抜けてるとこが良いよね。声は花澤香菜ファルセットの方)。最近地声増えてきた印象。パンドーラとかよりもいとかはたらく細胞とか五等分とか。声でいうと先輩を演じる矢作紗友里矢作紗友里感が非常に強い。ここ最近で一番ツッコミがキレッキレ。

 毒島くんに限らず、口下手なキャラ主人公の対比良いよね。筆談しか文字制限あり)で思いの丈を全部喋っちゃう主人公が羨ましい。

 

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO 

 はるかから語り継がれるゲーム原作エグゼクティブプロデューサー志倉千代丸。というわけで平行世界舞台にしたSFアドベンチャー制作は去年「ISLAND制作feel.SFモノにご執心なのだろうか。

 「2クール全26話のアニメでは、原作ゲームに出てくる全キャラ、全ルートを描いていく」と公式アナウンスがあった。1話伏線パート。印象としてはそれこそシュタゲみたいなガチガチSFやんのかなー、的な。「もし平行世界干渉すると、何が起こるんだろう」みたいなところを掘り下げていくお話。時空を操る系主人公の中ではトライアンドエラー方式採用してて、よくわかんないけどやってみっか!精神に溢れている。ISLANDのセツナより前のめりな主人公。その割に言い回しクレバーなところが好き。

 feelということで、キャラデザは「この美術部には問題がある!」の人。ジト目かわいい。そして何かとfeel作品と縁のある小澤亜李。この美(主人公)、ヒナまつり主人公)に続き本作で表題ヒロイン役。1話で四散しちゃったけど再登場は暫く先とのこと。

 監督は「ゼロから始める魔法の書監督平川哲生。多分本作も監督シリーズ構成兼任してるみたい。ゼロ魔でも見られるような女の子とノリの良い掛け合いすき。ちなみにゼロ魔並みに涼しい顔して下ネタ自重しないスタイル

 あと2話の「民主主義は手順の政治よ。事後承諾なんてもっての外だわ!」のパワーワード感が強い。先のクール社会派パワーワードを連発したアニメ「えんどろ~!」に引き続き、今期のMVPはこれかも。

 

KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-

 視聴者参加型総合エンターテインメントアイドルたちの青春を描く。そしてジャニーズキンプリとは関係がない。本作はプリティーリズムシリーズ系譜にある作品

・まずTVシリーズプリリズ放送(~3期)

・後継シリーズとしてプリパラ放送(~3期)

現在、その後継シリーズとしてプリチャン(2期目)が放送中。

で、プリリズTVシリーズ内で登場した男性アイドルグループを主人公とするスピンオフ作品がこのキンプリ。元々は劇場公開作品で、2016年劇場版1作目、2017年劇場版2作目、そして現在3作目が公開されている。TV版の内容としては、現在公開されている3作目を再編集したもの劇場1話TV版1〜2話相当?で合ってますか?教えてすごい人。なので、過去作を追いかけるなら劇場版を見ればいいはず。

 そういうわけで、基本的劇場版(とりわけ応援上映)として視聴者が参加することを前提に作られている。冒頭のアレとか。応援上映の様子が0話の中で取り上げられているけど、めっちゃ楽しそう。その気になればTV放送版でも同じことができるので、ライブシーンに出てくる主張の強い観客を参考に叫んでみよう。歓声の内容が具体的で草。

 1話はざっくりこれまでのあらすじを追ってるので、初見でも大丈夫だった。2話はかなりヘビーな人間ドラマになってて、オケ中心のエモい劇伴も相まって見入っちゃう。やっぱり山ちゃんマジすごい。

 すごい。あらゆる飛び道具を駆使して想像の限りを尽くした演出。というかカオス演出は他のプリリズ作品に引き続き京極尚彦(「宝石の国監督等でおなじみ)、乙部善弘、今中菜々。ショーをテーマにした作品だと「レヴュースタァライト」もミュージカル作品だけれど、あっちが舞台少女vs舞台少女オーディションなのに対して本作はショーなので綺羅びやか。2話のショーは、散々悩み倒した末に見出し自己表現するっていうシナリオの流れでめっちゃかっこよかった。

 

なむあみだ仏っ!-蓮台UTENA-

とうらぶっぽい聖☆おにいさん人間に化けて人間界で生活する仏様の日常を描く。そのとき聖☆おにいさんみたいなことが起こった。

 DMMゲーム原作シリーズ構成DMMつながりでとうらぶ(花丸)の脚本担当した吉田恵里香。なんか花丸っぽさがある。

 仏のお仕事を通して描かれる宗教観面白い。仏教勉強してないのでよく分かんないけど、基本は仙狐さんみたいに人間負の感情を祓うお仕事。が、「何でもかんでも祓ってしまうのは良くない」というバランス感覚も同時に描いてて、改めてその宗教観に興味が湧いた。2話では動物園倫理に触れてたり。でもあんまりシリアスに寄り過ぎない感じなので、日常アニメとして楽しめそう。IT音痴のおじいちゃんがいるのはまだしもデイトレはさすがに笑う。てかそのPCつのだよ!

 音楽日常アニメですっかりおなじみ藤澤慶昌。ほぼ寺で日常生活してるだけなのに凄く風情がある音楽は「宝石の国劇伴に近いものを感じる。

 全体的に作画がかなり安定している。それこそとうらぶ動画工房)くらい。制作は旭プロダクション下請けでよく見るとこ)で、年1くらいしか元請け作品が無いようなところなんだけど、実は大手並みにマンパワーのある会社なのかな。最近だとかぐや様の千花ダンス動画で参加してたりする。アクションシーンめっちゃ動くやん。

 

八月のシンデレラナイン

 スマホゲーム原作女子校野球部テーマにしたスポ根まさかの硬式。硬球ってめっちゃかいイメージなんだけど、女子でも持てるんだろうか?

 1話のあらすじ…初心者が初めて野球に触れる→あれ、意外とおもしろい→みんなで同好会つくろ!→生徒会「不許可」→なんでー!? まで。生徒会のくだりまで1話でまとめたあたりに「王道中の王道でやってやりますよ!」という気概を感じる。

 監督は「南鎌倉高校女子自転車部」の工藤進。両作品ともスポーツものとして序盤の流れは割と似てるけど、こっちのほうがガチ感が強い。ゼロスタートな部分は一緒だけど、

みなかま:「スポーツバイクってどういうもの?」という初心者向け(そういう趣旨のCパートもある)。最終目標自転車部としての活動継続。 

ハチナイ:目指せ甲子園

 「野球を楽しもう」という角度で野球部を描く作品ってかなり珍しい気がする。 女子野球といえば「大正野球娘。」だけど、あっちは1話副題「男子がすなるという、あれ」の通り「男がするような野蛮な競技を女がするなんてとんでもない!」とか「今の時代女性学歴なんて必要ないでしょ?」みたいな時代の流れに対する反骨が一つの大きなテーマだったの対して本作はそういう路線ではなさそう。強いて言えばリトルリーグ時代の回想で男子についていけない女の子っていうシチュはあったけど、あれは「自分はみんなほど野球が得意じゃないっていうパーソナリティを持っているんだ、という自覚が芽生えるシーン」という文脈っぽいよね。男vs女という構図はあんまり前面に出さなスタイル。だからこそ敢えて硬式を選んだのかな。それにしても2話エモかった。得手不得手の話とか、自分の得意なモノを優先した結果楽しさを見失ったとか、「楽しい」という理由で集まり始めるメンバーとか。EDマッキーエモい。やっぱりいい曲だよね。先のレイトン教授の娘さんもEDマッキー作曲だったのでこれから徐々に見る機会が増えていく可能性あるかもね。

 

リラックマとカオル

Netflix独占

 癒やし全フリのストップモーション芸術ショートアニメ制作ドワーフ

 社会の中ですり減った心を癒やすリラックマ。仙狐さんで描かれている「リアル社会人(男性)」とこっちの「リアル社会人(女性)」どっちもわかり味が深い。仙狐さんがおばあちゃんなのに対して本作はむしろ立場が逆で、「あんまり言うことを聞かない息子」みたいな感じ。でも憎めない。

 ストップモーションアニメとしてはかなりヌルヌル動いている。公式ようつべ動画メイキング映像が公開されてるんだけど、それによると作品全体で約22万コマとのこと。制作に2年かかったらしい。表情も丁寧に作られててびっくりした。細かいジオラマも良く出来てるし、太陽光線の角度まで計算されている。主人公の表情も相まって夕方のシーンがエモいEDスキップめっちゃすごかった。

 

MIX

 あだち充漫画原作。冒頭からタッチネタバレがあるので注意。タッチでおなじみの高校舞台ではあるけれど、時代の変遷によってすっかり強豪ではなくなった野球部がもう一回甲子園に返り咲くために頑張るスポ根。同じ世界とはいえストーリーガッツリ絡んでくるわけでもなく、あくまフレーバー要素に留めてるみたい。2クールくらい放送するのかな。

 ナレーション日高のり子さん。めっちゃ丁寧な解説が付いてるのでタッチたことない人も安心して観てね。本作における日高のり子さんは「この世界の母」的ポジなので、お母さんに見守られながら描かれる世界全てに優しさを感じる。お母さんかわいいモブかわいい男子女子かわいいキャラデザ。強いて言えば新旧エース対決くらい?

 中の人ネタで言うと、主人公兄弟(兄と妹)を演じるのが内田真礼/雄馬姉弟最近かなり共演する機会増えたよね。自然な(コミカルな声調を抑えた)演技がリアル学生日常っぽくて好き。特に内田真礼ピーキーキャラを演じている作品が多い印象だったのでギャップを感じた。本作は(しばらく)会話劇がメインなんだけど、漫画コマモチーフにした演出時系列を行ったり来たりするシーンとかテンポよく話が進んでいく上に見てて楽しい

 回想シーンで言えば、冒頭の回想シーン。「ここは時系列的に昔の話ですよ」を表現する方法としてよく使われるようになった「16:9→シネスコサイズにアス比を変える演出」に対して、「16:9→4:3にアス比を変える演出」になってるのがエモかった。

 ここに限らず、ちょくちょくタッチリスペクトを挟んでくる。ナレーションメタネタガンガン突っ込んでくるし、吹奏楽部演奏とか(リアル世界ではありふれてる出来事なんだけど)あえてアニメ内でこれをやるっていうのがエモい演奏公式募集をかけている。2話は青学高等部吹奏楽部による演奏)。

2019-03-14

anond:20190314005602

富裕層じゃなくても

「整形費用を捻出でき、かつ自活しているので自己で手術判断できる独身女」

はたくさんいるけどまあおまえらには関係ない話だ。

あきらかに整形してない、万が一してるとしたら、先になおすべきとこが他にあるだろ(ファッションとか清潔感とか宗教観とか)

ってつっこみたくなるような女を探して惚れ込めればいいね、がんばって

2019-01-27

anond:20190127001757

下方婚するかどうかは、その人の婚期までの経験が大きいです。

ただし、大体の家庭で女の子男の子より大事にされる(だいたい父親大事にする(日本場合))ので、

清潔感は外せない(外れない)ですし、そこから来るファッション特に金持ってないと出来ないファッション音楽)なんかは下げない傾向があります

でも、宗教観が入って来る事で下がる(頑張って下げてる)ので。

ワンチャン有り。って締めで納得できますか?

もう10歳若ければ結婚してたんだよなあと後悔する40過ぎ男

2019-01-05

anond:20190105162719

なんか、日本の文化とか宗教観なんじゃないの?

はいけないものです、解脱しなさい・・・みたいな。

よく知らんが。

2018-12-24

キリスト教家庭(?)に生まれたわけだけども

クリスマスからどうしろとかは今までなかったのね。子供の頃に何回か教会はいってみたけど、まあ退屈だしええわって感じで、普通にご馳走とサンタクロースの日だった。

そもそも、うちがキリスト教なのはお婆ちゃんからで、洗礼とか礼拝(?)とか聖書読み込んでるのはお婆ちゃんくらい。親はまあ仏教は違うかな〜くらいで、無宗派寄りのキリスト教レベル。私は神様はいるんだろうね〜って感じ。徐々に薄まってはいるんだろうな。

最近、そのお婆ちゃんが亡くなりまして。これが喉仏です〜言われて、仏でもないんだがなあと思いながら、火葬しました。

でまあ、生誕祭というか、キリスト〜!って感じの日が近いですね。宗教観が固まってるわけじゃないけど、なんかお婆ちゃんだなあって思い出すところはありまして。ああ、やっぱりキリスト教の家に生まれたんだなって思います

天国で愛に包まれてね。初めて祈るけど、神様、お願いします。メリークリスマス

2018-12-17

アサシンクリードオデッセイ古代ギリシャ的な世界基本的にみんなすごい当時の神々に対してとても信心深いのだけど その中で「なんかひどい目にあった結果神を全く信じられなくなり、マフィアのようなものを作ってひどいことをする人」が出てくるんだけど こういった人物海外作品だとよく登場するような気がしないでもない。

これが欧米的な宗教観なのかなあと思う。 「この世界に神は存在しない」というのはまあ事実であるわけだけど、「神はいない!だから何をやってもいい!」という方向に行くことが多いから それを抑えるために宗教があるというところまでがある程度は共通認識としてあるのではないか

日本的価値観では神がいないという事実ショッキングものとして扱うことはないだろう。 でも日本人にとっては「無神論=虚無主義」ではないだけで、虚無的な精神状況になることはもちろんあるのであまり変わりはない。

2018-12-10

anond:20181210090711

実は理性の奴隷なのは君のほうではないのか?

思うに、「開放されるべき」「平等であるべき」というのは、人間本能感情根拠がある。

何が自明かといえば『社会平等であったほうが構成員感情が満足される』ということが自明だろう。アドルノ以前の20世紀哲学思想は、感情無視していたから、平等であるべきなのは自明、という根拠キリスト教宗教観を使っていた。だから君に自明でもなんでもねーだろ、と突っ込まれるような揚げ足が残ってしまっているんだが。しかしじゃあ一方で、自明じゃないか平等である必要なんて実はないよね? 自由な開放も理論的にはされてないといえるよね? というのもアドルノ以前のままだと思う。

この部分は、もっと主観的お気持ちで考えてよい。

感情が満足されたら解放されてるでいいんじゃないのか。

というか、主観的お気持ちしか考えられないということを哲学は重視せねばならないと思う。

2018-11-21

イスラム系増田からひと言

当方なんちゃってイスラム教徒増田です。  

配偶者イスラム教だったため、改宗しました。  

といっても、相手宗教観はそう強くないため豚肉お酒は変わらず口にしてます。  

    

なんとなく、イスラムについて勘違いされやすいことを書いておく。  

豚肉お酒についてである。  

    

イスラムの人が、豚肉お酒を口にしないことはよくご存じだと思うが  

日本人感覚イスラム教徒感覚はかなり違う。  

簡単に言うと、彼らは  

    

豚肉うんこ  

お酒は小便  

    

とほぼ同義に考えていると思ってもらっていい。  

もちろん、人によって捉え方の強弱は違うが。。。  

    

たまにインターネットネタとしてとんかつ豚骨ラーメンを食べるイスラム教徒が出ているが  

そういうのは例外的な扱いだ。  

    

よく豚肉お酒を扱う食事処に豚肉お酒をとらなきゃいいんだよと、  

イスラム教徒を連れて行こうとする日本人がいる。  

味がついたうんこが乗っていた皿で、いくら洗ってあるとはいえ提供された料理想像してみて欲しい。  

うんこが焼かれたり、蒸されたりしてうんこ調理されている厨房でだされた料理を食べたいかということ。  

    

何かの拍子でイスラム系の人と食事することがあれば、こんな考え方してるよと思えば納得できるはず。  

        

ちなみに自分のところの配偶者もゆるいイスラム教徒とはいえ豚肉食べた後のキスはなんとなく嫌がる。  

うんこ食べた後のキスと同じである。  

2018-10-20

anond:20181020213001

現代日本正式国教信仰自由保障されているため存在しないことにはなっているけど、現代日本宗教観儒教の影響は否定しにくいだろうね

2018-10-10

anond:20181010093652

お前らダイバーシティとか思想の自由とかほざく癖にキリスト教宗教観念に完全に縛られてるじゃないか。どんだけ薄っぺらいんだよwミジンコかよ

2018-09-26

日本無宗教だという話はいつも日本人が寛容な多宗教国家だと日本スゴイの話

実態大乗仏教

しか

特定アジア日本中国朝鮮)でしか信仰されてない大乗仏教教徒一億二千万

土着の価値観死生観常識とか当たり前とか普通と決めつけて

ほかの国の宗教を上から正しいか間違いか自分らの価値観が正しい前提で語る尊大宗教観の国

2018-09-25

anond:20180924214113

萩尾望都光瀬龍の組み合わせものとかどうでしょ?百億千億とか。

竹宮恵子も多いよね。「地球へ・・」のラストシーンも数百年後かなぁ

少年キングの2大SFの1つ、「超人ロック」もかるーく1000年超えてたな。

もう一つの銀河鉄道999」もラストに出てくるメーテルが運んだネジ(になった少年)の数かぞえれば1000年クラスかも。

手塚の「火の鳥」・「メトロポリス」とかもそうだろうし。

佐藤史生の「夢見る惑星」もラスト・・・ネタバレになるけど10億年超えかな。

以前、少年ジャンプでやってた「暗黒神話」(諸星大次郎)は56億7千万年(w。

今のジャンプで連載している Dr. Stone も2000年後の世界が今とつながっているというストーリーでいいです。

Dr. Stone を書いてる Boichi日本でのデビューHOTEL も10億年くらいだっけ。

スピリットサークルは、作者の宗教観の結果ではあるけど、これも壮大なストーリーおすすめ骨太です。

ヤングキングつながりなら、六道神士作品結構スケールがでかいエクセル・サーガとかデスレスとか。

あ、「みかルンX」もキリスト生誕からやってるから2000年超えですね。これは小松左京オマージュで多分「果しなき流れの果に」の影響受けてる。

同じキリストネタならば、佐伯かよのの「Quo Vadis」も2000年ものか。ただ面白さで言うなら微妙。同じタイトルのシェンキェヴィチの方を読んだ方が良い。小説だけど。

吸血鬼とかの不死者モノは、「周りが天寿を全うする中、死ねない自分に苦悩」ネタ結構あるはず。

でも、本当に楽しみたいならマンガじゃなくて小説の方がいいと思うよ。

何も作品表現形態にこだわることはないとも思う。

とりあえず誰か一人挙げろ、といったら、萩尾望都マンガ化やってた光瀬龍とかかなぁ。「喪われた都市の記録」とかは電子書籍無理だろwww

2018-07-13

anond:20180713115046

社会が人を殺すべきではない」自体宗教観じゃないかなーと思う

そんなルールルール守って生きてる人に適用されるべきであって、ルール破る奴とか知らねえよってのが日本人的な考えなんじゃないか

死刑廃止論について

社会が人を殺すべきじゃない、という考え方には納得できる。

じゃあ他国ではどのようにして死刑制度撤廃市民に受け入れられてきたのだろうか?

市民革命での、王朝を倒した罪の意識?それとも宗教観が影響?

私自身は、事件凶悪性を考えれば考えるほど、死刑廃止なんてありえない、という気がしてくる・・・

個人感情を超えて、社会における人権の考え方を受け入れるにはまだ早すぎる

死刑制度がない国に、兵役がありません(軍隊もありません)ならまだわかるんだけどなぁ・・・

2018-07-09

anond:20180709004844

死刑賛成派が基本的感情論ってのは間違ってないけど、『論理的に考えれば、死刑制度肯定できるものではない。』これはおかしい。なぜ「論理的」の絶対的基準が「人を殺してはいけない」なのか。

反対派も感情論しかないってのを抜いて語っちゃだめでしょ。冤罪云々に関しては触れられてる通りだが(ロジックとして甘すぎると思う)、「人を殺してはいけない」「無力化された人間は、いかなる理由があろうと殺してはいけない」はそれはそれで感情論じゃないか

宗教観正義感で、人を殺すのが根源的に悪いことだと認識しているのが死刑反対派。日本人はこの感覚が欠如しているので感覚に合わない。内面的な良さ悪さじゃなくて全体が成立するか、周りに迷惑をかけていないかという基準で動く。「和を乱した者は出ていけ」くらいにしか思えないので、死刑賛成派になる。これを「罪の文化」「恥の文化」といいます。「人を殺してはいけない」と「社会が成立しなくてはいけない」という二つの感情論基準にあって、どちらも論理的に考えた結果死刑反対派と賛成派が成立するわけです。

どっちも感情論しかないのにまるで自分たちが正しいみたいに押し付けてくるEUはクソ

素朴な疑問 表現の自由聖戦士にとって「プロパガンダ」とはどういう位置付けなの?

その昔ナチス共産主義国家は

大衆芸術演劇ラジオ音楽を使って

大衆プロパガンダ振りまいてた訳じゃん?

で狙い通り、バカ国民はそれを信じ切ってしまった

 

娯楽メディアには古今東西議論余地なく

大衆を感化させてしま能力がある」のに

アニメ漫画だけは例外だ」と言い切れる根拠はなんなの?

しかアニメ漫画って中高生とかの感受性が一番豊かな時期に触れるもんじゃん)

 

日本人哲学義務教育家族、交友関係宗教観

たとえゲッベルスプロパガンダを食らおうと

中道でいられるほど超高性能なものなの?

 

義務教育の面では

教員ブラック労働とかが問題になってボロボロだよね?

生徒一人のメンタリティに付き合う余裕はないよね?

 

交友関係の面では、ツイッターで色んな交友関係作っても

エコーチャンバー現象で受け取る情報が著しく偏るよね?

 

こんな状況でアニメ漫画の影響力を無効化できるのかな?

2018-07-07

anond:20180706182250

人権問題だなんだかんだ言ってるけど、結局この文章最初から最後まで「冤罪可能性」の話しかしてないよね

・じゃあ100%有罪だとわかっている場合死刑でいいよね?そこに触れないのはなんで?「冤罪可能性がある場合死刑になる場合がある」←なるほど。「だから死刑全廃だ」←なんで?

そもそも冤罪可能性」は本当に死刑反対派の理由なのか?もっと正義感とか宗教観とか倫理観とかの根本的な、直感的な理由ではないのか?感情の話を関係ない理屈に置き換えてるわけじゃないのか?もしそうだったら議論が面倒臭くなる事例の典型からマジでやめてほしい

死刑反対派の理屈ってどうにも胡散臭いし、仮にそれ否定しても別の理屈出すから面倒臭いんだよ 感情の話なら感情の話だって言ってほしいし他の文化押し付けるべきではないし、そもそも日本人には正義感とかないことをわかってほしい

2018-06-11

anond:20180611223347

風俗否定できるのは宗教観からくらいなもんだろ

んで、否定してる国ほど性犯罪が多かったり、女性蔑視が激しいから笑える

2018-05-17

我が母の与え給えし本(謎な奴)

https://srdk.rakuten.jp/entry/2018/05/16/110000

に触発されて。

幼少期の読書体験って、まあまあその後の人生に影響与えると思うんですよ。おかげさまでまあまあ本も読むし、公式趣味読書、と言っていい感じ(増田やら提督業やらとはいいにくいからね)です。SFもつまみ食い程度には読みます

あとはファミコンマンガ禁止ってのはでかかったと思うが、後者はなし崩しになりました。ジャンプ黄金期に追走できなかった嫌いはありますが。しかし、いまだにこの方針をぶち上げた我が母が、何だってこんなもん買い与えた謎な本がある。たぶんこれ以外もあるだろうけど、まあパッと思いつける範囲で3冊。

これで人生が変わったような、変わらなかったような。

エジプトミイラ(絵と文 アリキ)

初っ端からこれだよ。このタイトル絵本というのが意味が解らない。読み聞かせなんてぇ物があったかは覚えていないが、これはそういう絵本じゃないだろう。買ってもらった記憶は当然ないが、いつの間にかあった。ミイラ呪いか。

更に言えば、内容はリアルガチだ。古代エジプト人死生観宗教観に始まって、話はミイラづくりに至る。死んだファラオの鼻の穴にカギを突っ込んで脳みそを引きずり出す、なんてぇ描写ちゃんとある。絵のおかげでそうグロくはない。むしろ「墓をちょっと良くしたら死体が腐って困るようになった」という逸話ダメになった白骨さんが怖かった。あと脳みそ引きずり出し職人も怖いっちゃ怖い。もっとも、こいつらのせいで、長らく脳みそしわのところからほどけてうどん的なヒモ状になると信じていたのであるが、それはまた別の話だ。

エジプト旅行に行く時の入門書にぴったり。後年、本当にわが母とエジプト旅行(父は流石に第三世界に女一人で出すのは気が引けたらしく荷物持ち)に行くことになるのだが、それは10年近く後の話なのである。当時から行きたかったのかな・・・??

続々パイプの煙 團伊玖磨

正確には「与え給いし」ではなく、その辺に置いてあっただけなのだ・・・。家にあった子供読み物が終わった後に、その辺に転がってるからと言って読みだしたのがこれ。高学年とはい消防にゃ早すぎるんではあるが、止めもしなかった。いいエッセイですよええ。このほかにシリーズが何冊かあって、いずれも好きだったけど、なぜか巻が飛び飛びにしかなかった。これとこれもなぜか転がっていた「のらくろ少尉」「のらくろ決死隊長」のおかげで旧字体アレルギーが付かなかったのは幸運か。しかし、我が母、なぜ全巻頭から揃えようとしないのか謎。のらくろは何であったのかも謎で、カバーもないのでページをめくらない限り何の本かわからないという代物だった。どの版だったかも判然としない。今調べりゃいいんだけど。

まあとにかく、こっちの方から昭和戦後エッセイ方面マンボウ・狐狸庵等あだ名つけるシリーズ村上朝日堂あたりまでがその範疇にらんでいる)の攻略に乗り出すのである。ただしこれは血のなせる業か、マンボウ読んでも狐狸庵未読、みたいなずさんな揃え方をするのである

素晴らしく長く憂鬱な一日 椎名誠

ある年の誕生日プレゼントの一冊。中学生入ったかも。ちょっと記憶あいまいで、「わしらは怪しい探検隊」(外で焚火をするのも好きなんです、今もって)を読んでいたので、それで適当作者買いしたのかもしれないが、こっちが先だったのかもしれない。後者ならなんでこんなもんを、との思いが強くなるし、前者だとしてもあんまりだ。内容はというと、やや病的(当時椎名鬱病だったはずである)な男が新宿から帰宅する間に抱える妄想を含めてダダ流ししてある、という代物である文体は後の椎名SFを読むときの抵抗を減らしたような気もする。これとお約束星新一さら小学校にあった謎の子供用SFシリーズ零戦の亡霊が復活して子供教育を始めたり、ソ連!の科学者一家火星移住する話を憶えている)によって、SFつまみ食い癖が付いたようだ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん