「リプライ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: リプライとは

2018-06-23

文句批判をするくらいなら担当ダイマでもしてろ」について

デレステミリシタ(特にデレステ)でのアイドル格差などの批判に対する言及でそれなりに見かける「文句言う暇があるならダイマでもしてろ」「否定的なことを言うより担当ダイマをしたほうが有意義」という意見

そして、それに対するリプライで「本当にそう思います!Pの鑑ですね!」みたいなのもそれなりに見かける。

かにダイマ、応援したいアイドル宣伝アイドルが出番や曲を得るために重要なことである

ただし、デレマスミリオンライブなどではP(ユーザー)のアイドル宣伝というのは、自分担当アイドルの出番などを増やすという目的にとって間接的な影響を及ぼすことしかできないと考える。

なぜなら、アイドルゲームイベントの出番やユニット、曲の選定はほぼ全て運営によって決められ、既に決まった方針判断たかユーザーダイマ程度では変えることは出来ないからだ。

数少ない例外の1つとして総選挙が挙げられそうだが、結果を見ればわかるようにとても全てのアイドル平等にチャンスを得られるなんて言えるようなものではない。

第7回の総選挙からデレステでも投票可能になったことで人気アイドルとそうでないアイドルとの差はますます広がり、総選挙で結果を残すことが特にボイスなしアイドルにとってはさらに困難になってしまった。

そもそも総選挙ですらダイマは別のユーザー自分担当アイドルに票を入れてくれるよう呼びかけるための手段なので直接的に影響を及ぼしているとも言い難い。

また、運営ユーザーダイマを見ることもよほどのことがない限りはないと思われるのでダイマが運営方針判断に対して直接的な影響を及ぼすことはほとんどないというのが現状である

そんな現状でもダイマを頑張っていればいつか変わるなどと言っているのはさすがに夢見すぎなのではないかと思うし、文句を言うくらいならダイしろという意見ユーザー文句批判の背景にある問題点無視し、自分たちにとって都合のいい意見一方的押し付けてるだけではないだろうか。果ては、自分たちにとって悪である意見や考えは全て切り捨てるくらいの意図まで感じてしまう。

コンテンツが抱えている問題に見て見ぬふりをしたり、無理矢理にでも肯定したところでそのコンテンツがこれ以上成長することはないし、むしろ衰退の一途をたどっていくだろう。

アイドル格差は最も大きな問題の1つであると考える。だからこそ、冷遇されているアイドル担当Pだけでなく、それ以外のPもこの問題もっと向き合っていくべきではないだろうか。

無責任綺麗事を偉そうに言わないでほしい。そしてそんな綺麗事賞賛されることを理解することが出来ない。

2018-06-20

幸色のワンルーム批判記事に含まれる二つの誤認

「幸色のワンルーム」は許されるのか~誰が彼女を監禁しているのか? - レインボーフラッグは誰のもの

漫画の内容は実際の誘拐事件とぜんぜん違うし、むしろ誘拐ですらないし、事件作品の発表時期もズレてるけど、誘拐犯は私たちひとりひとりの心の中にいるから恐ろしいね」みたいな主張をしていて、最初に読んだとき漫画擁護しているのかと思ったくらいだが、どうやらこれで批判をしているつもりらしい。

この記事には二つの誤認がある。

一つ。

悪く言えば紋切型であり、ラフ画に近い素人作品がこれほどまでに話題となったのは、実際の事件と人々の無責任憶測追い風になったと言われている。

どこで言われているのだろうか。

この漫画Twitter投稿されたあとの数日で1.7万RTされるほどの話題になっている。

https://twitter.com/koukakunopandor/status/778664647121448960

その最初期(2016年9月中)に作者へ寄せられた300件以上のリプライのなかで「実際の事件モチーフにしているのでは?」という点に触れているのは数名(自分が数えたかぎりでは4名)だけで、もちろんそれは「作品から事件を想起する人がいる」ことの傍証ではあるけれども、「事件を想起させるから話題になった」とは言い難い。

作家瀬川深が「実在事件元ネタにしている」と批判をして(反論されて下手な言い訳をして逃げて)バズったのは年が明けて2017年1月

このときには既に書籍化が決まっていた。

https://togetter.com/li/1070377

瀬川深のツイートを受けて書かれたこちらの批判記事1月であるはてブでバズったのは3月だが)。

http://blog.livedoor.jp/kudan9/archives/50445222.html

というわけで「実際の事件追い風になった」は誤りであろう。

二つ。

この作品事件に似ているのではなく、事件揶揄した数多くの人々の無責任発言に似ている、のである

あるいは、公判責任逃れをする寺内被告言葉と「逃避行ドラマ」は似ている。

記事の核心部分である

さて漫画の内容は、「事件揶揄した無責任発言」に、「寺内被告責任逃れ」に、本当に似ているのだろうか?

当時、寺内被告に同情的な言説で圧倒的に多かったのは、「家出少女寺内被告の家に転がり込んだが喧嘩別れして誘拐犯の汚名を擦りつけた」という邪推であった。

https://wadainews.hatenablog.com/entry/2016/03/31/230041

要するに「ストレス解消で痴漢冤罪を被せるクソ女」に似た妄想であって、幸色のワンルームで描かれる「誘拐犯と被害者は本当は愛し合っていたんだ」というラブロマンスとは随分と毛色が違う。

寺内被告供述についてもミスリードがある。

被害者に「君は家族から見放されている」と言い聞かせたのは、両親に助けを求めないように仕向ける洗脳であると同時に、両親から隔離」させるための処置だったと見るべきで、寺内被告被害者共感していたり、被害者を助け出したと思っていたというようなものではない。

自分と同じく社会から隔離された人間を観察したかった」といった供述は、「誘拐して社会から隔離した女性がどうなるかを観察したかった」というサイコ文脈であり、「誘拐から被害者社会から隔離されていた」と思っていたわけではない。

女子中学生女子高校生誘拐監禁して社会から隔離し、その変化を観察したい」

冒頭陳述などによると、寺内被告は遅くとも平成24年2月ごろからそう考えるようになり、過去誘拐監禁事件洗脳に関する記事書籍を読み、犯行イメージを膨らませていった。

https://www.sankei.com/affairs/news/160927/afr1609270019-n2.html

「昔から誘拐願望があった」と素直に認めているし、「被害者と面識があったわけではない」とも言っている。

寺内被告脳内では誘拐ではなく自己再生ドラマだったかもしれない」などというのは明らかに邪推のたぐいだ。

事件後に寄せられた被害者バッシングのコメントや身勝手な人々の妄想寺内被告の弁明を寄せ集めれば、確実に「幸色のワンルーム」的なドラマひとつ出来上がるということである

まり事件への揶揄寺内被告供述繋ぎ合わせても、「女性拉致監禁したいと思っている危ない男の部屋に家出娘が転がり込んでさんざん世話になった挙句犯罪者として通報する」という殺伐とした話になるだけで、幸色のワンルームは決して出来上がらないのだ。

2018-06-19

そんなに「騙されない俺かっけー」ですか?

地震によって新卒社員7人が一斉に辞めてしまった会社…その原因は部長発言にあった?『“非常時に社員を守れない会社は嫌だ”と連名で退職届が出た』 - Togetter http://b.hatena.ne.jp/entry/s/togetter.com/li/1238760

この件。いやこの件だけじゃないけど。

人の話に寄ってたかって嘘認定したがる人たち、本当に醜悪で見てられない。

そりゃあまあ珍しい出来事かもしれないよ?普通じゃなかなかありえないことかもしれない。

でもどうせこんなの真偽の確認なんかつかないんだし、「はぁ珍しいこともあるもんだ」とか「信じられんことだなぁ」って思っておけばいい話じゃん。

それで何かが減るわけでもないでしょ。

なのにわざわざ「嘘だ」って決めつけたり、「ウソっぽいな」って揶揄するようなことを書く。

それって結局「騙されない俺かっけー」って思いたいからでしょ?

「嘘のことを本当だと信じてしまうかもしれない自分」が恥ずかしいから、

「嘘を嘘と見抜ける自分」がかっこいいと思ってるから、そういうことが気軽に言えちゃうんでしょ?

全然かっこよくないから。むしろプライドを守るために他人攻撃して満足顔してる最低なやつだからな。

人を嘘つき呼ばわりしてるんだよ?半匿名はいえ、それがどれだけ重いことなのか分かってる?

もし本当だったときに、本人がどう思うとか考えないの?人を嘘つき呼ばわりしたこと責任はどう取ってくれんの?

逮捕された人を犯罪者だって決めつけたり、

こんな目に遭いましたって人に嘘だ嘘だってリプライ送ってる奴らと性根は同じだから。これ。

「嘘のことを本当だって言ってしまリスク」に目が向くなら、「本当のことを嘘だって言ってしまリスク」にも目を向けなよ。

それが見えてたらあえて嘘つき呼ばわりなんてできないよ普通アニメイト渋谷の件で学ばなかったのかよ。

2018-06-18

twitter歴7年にして向いてないことに気づいた

ツイッターに苦しめられている方へこの記事が届いてほしい。

私は2011年から7年間、休まずツイートを続けてきた。当時中学生だったので青春時代は全てツイッターに費やした。

初めこそ誰にも迷惑かけないようなたわいないことを投稿していた。

それが高校生になると「私はいらない子」のようなネガティブツイートしまくるようになった。

大学に入ってからアカウント作成、削除、作成、削除…の繰り返し。

エアリプ他人攻撃し始めた。

自分ツイートが伸びないのが嫌だった。構ってほしいことを遠回しに呟いているのにスルーされることに腹が立った。

自分よりフォロワーが多いみんなに嫉妬した。

フォロワーでない友人が自分以外の友人をフォローしていて憎かった。

ツイッターに常に張り付いていたのでストーカー気質になってしまい、フォロワーツイートを全てチェック、フォロワーフォロワーもチェック、とにかくチェックチェック…で1日が終わる。それでもフォロワーの事は全て知らないと気が済まなかった。

彼氏ツイッターで繋がってから元カノも発覚。それから元カノを憎んでいる全く知らないアカウントリストに入れ、その人たちのツイートを見ながら自分の中でも元カノへの憎しみを募らせた。

元カノの削除済みのアカウントも突き止め、友人とのやりとりも出来る限り全て見てスクショした。彼氏リプライも出てきた。

喧嘩の原因は全て私のツイッターでの行いだった。

喜怒哀楽すらもツイッター支配されている生活だった。

自分とは違う意見ツイートに腹を立て、仲が良いはずの友人とはエアリプ喧嘩をした。何1ついい事はなかった。

そんな自分に嫌気がさした。

全ての情報源であったツイッターをやめれば楽になれると思った。


そして、他人迷惑をかけないために先日ツイッターをやめた。

誰とも絡まないアカウントを所持するという方法もあるが、ネットストーカー気質のある私には検索窓が恐怖でしかない。

ついでにインスタグラムアプリも消した。

死ぬほど気が楽だ。

ツイッター世界が好きで結局何度もアカウント復活を繰り返してきたが、本当は大嫌いだと分かってからツイッターなんて見なくても平気だった。

あなたツイッターをやめても周囲の人は全く気にも留めない。

ツイッター人格に影響していると気付いたら、今がやめどきです。

anond:20180617200828

本当にな。こういう人こそ本屋を滅ぼすんだよ。

当の本人永遠に気づかないんだろうな。同意するリプライばっかりでため息でたわ。

中途半端知ったかもムカついた。(児童書高いところに置くのは何もおかしなことじゃない。)

この件でかなりイライラしてたので、同じ風に思ってる人がいてちょっと落ち着いた。言いたいことはこれだよ。ナイス増田ありがとう

これはどういう心理状態なのだろうか

これまでと全くジャンルが違うものを好きになって

周りに趣味の合う友達ゼロという状況になった

その対象を好きな気持ちが溢れ出るのでツイッターブログ

一人で壁打ち状態で呟いたり記事を書きまくっていた

それが少し前にそのつぶやきに反応をくれた人がいて

少しずつリプライとかDMとかでその対象について話すようになった

すごくいい人でコミュ障の塊のような自分の返事にも

いい感じに返事をくれたり新しい話題提供してくれたり

初めてこの趣味のことを話す相手ができてとても嬉しかった

それなのに同時に何故かちょっと息苦しい

一人で壁打ち状態の時は少しさみしい気持ちもあったけど

好き勝手自分の思いをぶちまけることができていた

でも今はその人の反応が気になるしちょっとでも悪いことを

書いてしまうと(その対象について辛口感想を書きたい時もある)

嫌われてしまうのではないかと怖い

せっかく距離を縮めてくれた人ができたのに

アカウントを消してしまおうかと思っている自分に嫌気がさす

実は1年ほど前にも別の趣味で繋がった人たちとの輪にいるのが

だんだん息苦しくなってきて何も言わずアカウントを消した

こういうリセット癖って治らないんだろうな

2018-06-16

アンチ安倍柳下毅一郎山形浩生忠告華麗にスルー

かつての相棒が真っ当な忠告をしてもダンマリ。それどころか他のリプライには揶揄混じりで返す有様。

こんなにあからさまに「安倍政権批判したいだけ」という姿勢を隠さないとは。

これで町山が安倍政権批判をしたら嬉々としてリツイートするんだろうね。

しかし、映画秘宝グループ老害化が著しい。

親玉海外ニュースで得た情報を得意げに横流しして小銭稼ぎ。

映画ばっかり見てきたカルチャー野郎がなぜか自尊心肥大させてあれにもこれにも口を出す。

まぁ、柳下馬鹿の一つ覚えで邦画を腐して小銭稼ぎしている浅ましいやつだから、今さら堕落したわけではないか

2018-06-15

その絵好き

ってわざわざリプライ送ってくれるくらいならちゃんRTしてくれよ

2018-06-12

anond:20180611212751

自分趣味で絵を書くし、本人からリプライもらったりもするけど「明らかに特別扱いされてるあの人みたいに仲良くしたい」って羨む気持ちは変わらないから、チラホラある「じゃあ絵を書けばいいじゃん」は無視していい。

多分元増田が今から絵を猛練習して100Like、1000Likeされようがその気持ちは変わらないと思う。タメにはなるだろうし別な方向で満たされるとは思うけど。

仲良くするのが主目的なんだから、絵がどうと言うより、コミュニケーション主体なのを忘れないでほしい。絵を書くのは距離を詰める一種手段に過ぎないし、そこから何もアクションを取れないなら絵を描けないのと何も変わらない。

2018-06-11

あれだけ好きだったVtuberに冷めてしまった

元々、ただのオタクリーマンだった自分が4月頃にツイッターを眺めてたらキズナアイ動画が流れてきて

そこからVtuber存在を知った。最初は、今でいう大手キズナアイミライアカリ)の動画だけ見ていたが

に〇さんじのVtuberを知り、恥ずかしい話ドハマりしてしまった。可愛いキャラ可愛い声で自分の好きなゲームアニメの話をしてる。ハマるにはこれで十分だった

このサイト見てる人間に若年層は居ないと思いながら敢えて書くけど、自分所謂「ちょwwおまww」(この表現も古いかな)

みたいな人間とは相容れないと思っていたが、コメントしそれにVtuberが返事をくれるのは嬉しいものだった。

そこからはそのVtuberツイッターフォローして、配信がある日は上司に早上がりを願って配信の前にはPCに立つ自分がいた。それだけ興味を惹いていたコンテンツだった。

でも、ある日の配信Vtuberが「〇〇さんって絵描きの方が~」とか、みたいな事を自慢気に話していた。何気なく見ていたが、

心の底で「羨ましいな、自分も絵が描けたら~」くらいの感情が浮かんでいた。でまたふとある日に、Vtuber絵描きと仲良くリプライ飛ばしあってるのを見て

自分の中の黒い感情がハッキリと浮かんでしまった。「絵が描ける奴が羨ましい」これだ。色々オブラートな書き方も考えられたが、多分これが一番伝わりやすいだろう。

そもそも何も生み出さな有象無象の中であるファンの一人を認識しろなんて事は言わないが、やっぱりファンの中で一部の人間とだけ関わってるのを見るとどうしても嫉妬してしまった。

こんな事で嫉妬する自分が情けないと思いながらも、嫉妬心という物はどうしても湧いて出てくる物で辛かった。

じゃあお前も絵を描けばいいじゃんという話だが、自慢じゃないが自分ピカチュウを描いて10人に見せて3人がピカチュウ認識出来るレベル画力なので、ファンアートなんて投稿しようものなら

Vtuberコメントに困りながら「独創的ですね」みたいな気まずい返事をされる事だろうと思い、描けなかった。

その感情が生まれからは、そのVtuberリツイート也でファンアートの紹介やリプライ絵描きと慣れ合うのを見て、辛くなりツイッターフォローも外して見なくなってしまった。

それ以来、Vtuber動画はあまり見てない。こんな日記書いてる時点で未練タラタラだが、辛くなるのが分かってるので見なくなってしまった。

距離感の近いのがVtuberの人を惹き付ける所でもあり、また離れる原因にもなるのだろうか?それともこの感情を持ったのは自分だけなのだろうか。それが知りたくて日記を書いた。

勘違いされたくないので最後に書いておくが、絵描きとだけリプライ飛ばしあうのも、Vtuberの「自身知名度を上げる」という本来目的の一つだろうし何も悪い事はしていないと思う。寧ろ正解である

Vtuberを嫌いになったのではなく、自分が辛くなるから自分から距離を置いただけの話だ。

補足

思いの外反応を貰ったので驚愕している。黙って絵を描く努力しろという意見や、他の創作物で、無産の嫉妬etc等の言及は正直最初から来るだろうなと思っていたし、

それに返す言葉も無い。ごもっとも。

が、「Vtuberになればいい」等の意見が点々あるのを見て驚いた(現実性は兎も角として)。全く自分の中にその考えが無かったし、これもまた的を得ている言及だと思った。

広大な海に手紙を投げてみるものだ。

最後に、自分は"まだ"誰も嫌っていないという事だけ伝えさせて欲しい。強いて言及するならこんな情けない記事を書いている自分くらいのもの

こんな記事書いておいてなんだが、自分絵描きだったらVtuberリプライ飛ばし合ってるだろうと考えるし、そもそも好きなキャラクターの絵を描いている人間を嫌う訳が無い。

彼等はコンテンツの拡大という点において凄まじい貢献をしている。嫉妬憎悪はかなり近い存在だが、本質的には別物と考えている。

(最も、嫉妬から憎悪に変わるのは容易な事なので、冒頭に"まだ"と記述した)

色んな言及を見て、少なくとも負の方向には自分気持ちは向かなかった。感謝の意を伝えたい。

2018-06-07

twitterで「ちょwwお前有名人じゃんw」みたいなのはもう古くて、

今はRTが伸びたツイートに「ちょっとバズってきたので宣伝させてください」みたいなリプライをつけるのがナウい

2018-06-06

クールジャパンに関する私的メモ

ただの資料として

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%91%E3%83%B3


クールジャパン経産省政策文化省や総務省は別の施策を行っている)

クールジャパン目的情報発信海外展開⇒人を国内に呼び込む という3段階が目的

経産省施策のため、文化維持などが目的ではなく基本的には金銭的なもの目的である

コンテンツ輸出は基本儲からない(赤字と言う意味ではなく総額が低いと言う意味

・そのためポップカルチャーの輸出のみでは目的が達成できない

・よって海外展開(アウトバウンド)⇒人を国内に呼び込む(インバンド)が重要点になる

・現時点での実績を鑑みると、複数報道とは裏腹に「結果だけをみれば」クールジャパン政策は"成功"している

・なぜならアニメ海外への輸出額や二次元産業という文化出自体が成功しており、さら日本国内への観光客安倍政権になってから爆発的に増大しているため、情報発信海外展開⇒人を国内に呼び込む という流れは成功している

・ただし、円安誘導はともかく個人的にはやはり経産省組織である海外需要開拓支援機構(クールジャパン機構)そのもの問題を抱えていると思うし、アニメ輸出の成功クールジャパン成功と結びついているとは言いがたい。

※この3段論法2000年代前半に「アニメ海外で儲かりますよ」という誤った認識が流布された際の反省点として改良を加えた論法に見える⇒気のせい?


クリエイター保護経産省ではなく恐らく文科省役割であると思われる。ただし、権力は弱い

・実写とアニメ製作者にも視聴者にも溝を感じる⇒実写界隈の人が無闇にアニメを叩いたり、逆にアニメ側も成長した結果復讐に走る傾向にある。

・これは文化政策を考える上で致命的であると考える。本来は一致協力して政府意見を述べたり圧力をかけるべき

・ただし、実写側もアニメ側も政府基本的に信頼していない傾向にあるように見える

・近年のコンテンツ施策は様々な国で行われるようになっている。アメリカイギリスフランスカナダ韓国中国、またナイジェリア等の新興国でも文化政策としてコンテンツお金を出すようになっている。

・そのため日本でも政府との協力をおこなわなければ大幅に不利な戦いを強いられることになる

・よって個人的には"なんらかの形で"政府の協力を得るべきだとは考える

政府出資した漫画海外全然売れないという話がまとめサイトなどで流通したが、あれは海外で設けられる事業を探るための総務省施策である

・「儲けられるか儲けられないかを判定するために小額のお金出資しまからマーケティングしてきてください」という話である

・その結果東南アジア(の特定の国)で漫画を売るのは現時点では難しい、という結果を得ることが出来た(つまり別に失敗していない)

資料を見るとわかるがラーメン店出展黒字になっており、近年のラーメン海外で受けていると言った日本国内報道はそういった点のフィードバックであると考える。

純粋文化維持政策庵野などが関わっている国立メディア芸術総合センターのみではないか

・⇒そういやアニメたまごがあった、あとは文化メディア芸術祭

・優先度低い企業補助金という報道があったが、これは新興企業ではないから、ベンチャー投資しろということか?

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018051800343&g=soc

個人的には字幕翻訳は最も重要な点だと思われるので間違っているとは思わない

・ただし、クールジャパン機構の設立趣旨からはずれると考える(投資ファンドのため

・この点から目標設定がいまいちチグハグ感覚を受ける

6月末でクールジャパン社長が変わる。⇒官民ファンド10個ほどあるがクールジャパン機構は最も失敗している部類であるため(う~ん

ファッション系の大田社長から音楽アニメ系のソニー・ミュージックエンタテインメント最高経営責任者(CEO)の北川直樹氏へ

投資先が現在の「海外におけるファッション・食・デパート等」から海外における「エンタメ」に大幅に切り替わる可能性?

・実績を踏まえても海外エンタメ系に割り振って、ファッション・食・デパート等はインバウンドで儲けるべきというのは誤ってはいないように見える

・実写が置き去りになっている。⇒ただし、映画都市部でも撮影できるようにするという仕組みを整えようとしている、という施策を進めている

⇒唯一?、会見にHEROSに出てたマシ・オカ浅野忠信等が参加していたと思う

クールジャパン機構と総務省施策文科省施策内閣府直轄でそれぞれ別の施策を打っているように見える⇒縦割り?

統合は無理だろうけど・・・

・純日本だけで海外展開を進めるのは無理という意見がチラホラ出始めている。

・実際アニメクランチロールNETFLIX、bilibili、iYQIYなどの協力なしでは無理に見える。⇒フランスのWakanimはアニプレ参加でしたね

・でもヨーロッパへの輸出額が減っているのが気になる

・米中は大幅に増大しているけどヨーロッパで若干減っているのが気になる⇒クランチロールなどに全部吸い取られている?

toonamiFLCLやったり、アカデミアも放送するみたいだけどテレビ放送は拡大できるだろうか?

バンナムとかイマジカとか最近ついに海外進出を本格化させているように感じる。

少年ジャンプネバーランドノイタミナ進出)と鬼滅(Ufotabel製作)というのは海外受けをきちんと狙っている?

・ヒロアカボンズ製作による日本から見てもアメリカ受けは相当すさまじく見える。⇒アニメPV効果に気づいてきた?

ジャンプアニメピエロばっかはなくなる?

中国マーケットが落ち着いた昨年後半からアメリカ展開が加速しているように見える。

NBAゴクウシューズ流行る、ジョンボイエガ(NARUTOファン)、マイケル・B・ジョーダン、キムカーダシアンなどの相次ぐセレブによるアニメファン告白

 マイケル・B・ジョーダンは「親と一緒に住んで、背の小さい、アニメ好きは情けない」と言うリプライを一蹴する

 ⇒徐々にアメリカアニメ市民権を得つつある⇒ニッチニッチである、ただしその規模が相当拡大してきた

ワンピースアジアで人気

ツインエンジン大人向けアニメ開拓できるか?

 虐殺器官,刻々,ゴールデンカムイ,pet,バビロン,どろろ,ヴィンランドサガ⇒ほぼ大人向けに見える

 ただ、いまのところクオリティはいまいちに見える

2018-06-05

金銭が絡むネット上の相手との音信不通(安否不明

に、ついて悩んでいます

質問サイトかに書くべきなのか、リアル知り合いに相談すべきか悩んだのですが、結局まとまりきらなかったので匿名こちらで。

長いです。

ざっくり言えば、ネット個人相手に買い物してお金払ったけど物が届く前に連絡取れなくなっちゃった、的な話です。

界隈に迷惑かかったら困るので、物については若干ふわっとさせたりフェイク入れたりします。





まず自分はその相手の方の作っているお品物(ハンドメイド的なものとお考えください)がとても好きで、基本その方は作ったものオークションサイトなんかに出していました。

でもたまにフルオーダーも受け付けていて、自分はそのフルオーダーのが欲しくてオークションには参加せずにいました。

その方はリアルの都合で体調を崩しがちになっていたようで、なかなかフルオーダーの募集するのも難しい、と言っており、それも理解していました。


ある時「ちょっとまだ不調でどのくらいかかるかわからないけど、それでも良い、という方のみフルオーダー受付します」と発表がありました。

受付先着順がそのまま製作順になるとのことで、急いで受付したら1番に滑り込めました。

その後受付の人は増え、自分の後ろにあと10人くらい待ちが居る、という状況になりました。

相手の方からもすぐにメールが来て、やり取りを行い始めました。


ルオーダーはメールでの結構しっかりしたやり取りが必要で、参考画像を送り合ったりしながらメールのやり取りをしました。

メール間隔は当日~3日おきくらいで、やり取りは頻繁かつスムーズだった、と思います

一度10日ほど間が空き、心配になってその旨メールしたところ、翌日に「少し体調を崩していた」旨のメールが届きました。

その後オーダーの内容が確定して実作業が開始され、また少しメールの間が空くようになり始めました。

1ヶ月ほど間が空くことがありましたが、待っていたらまたメールが届いたので、何度か体調を崩しているのだろう、心配だけど急かしたくもないしあまり催促のようなメールはしないでおこう、と思いました。

(元々筆不精というか、こういう独り言みたいな文章を書くのは好きなのですが、人と会話するのが苦手な性分なのもありました)

その後も作業が続いていたのは知っていますメールでオーダーの進捗確認をするために現物写真が送られてきていたので。

作業自体にも時間がかかるだろうし、天候にも左右されるものなので、土日に雨が降ったら今週はもう作業出来ない、とかあるだろうとも思っていました。


あるメールを境に、連絡がなくなりました。

前は10日待ったら返事来たし、この間は1ヶ月だったし、少し間が空くのかな、と思い待っていました。

……そのまま連絡がないまま、うっかり1年ちょっと経ってしまいました……。

元々、待つという行為にあまり頓着がないというか、急がないタイプすぎたのが災いしたのか、すっかり……。

というかもうオーダー受付から見れば1年半?くらい?経ってるかも……。


流石に動揺したのと、自分が丁度引っ越しをしたのもあって、オーダー受付からちょうど1年経ったころ一度メールしました。

住所が変わった旨と、また体調を崩したのか心配である、もし読んでいただけたら空メールでもブログでもツイッターでもいいのでお返事をください、と。

確認はしていますが、もしも迷惑メールに分類されたなどで向こうが送信しているのに受け取れなかったとしてもブログツイッターは見ているので)

しかし結局どの媒体でも返事がないまま現在に至ります


その方のブログは、実作業が開始されたあたりに「(自分HN)様のオーダー作業に入ります」という旨の業務書き込みがされたっきりです。

以前のオーダーでもこの業務書き込みはあったようで、どうやらほぼ完成になったとき最終確認画像を貼るような運用をしていたようです。

自分のオーダー品はその最終段階まで(少なくともメールの報告では)完成していないので、不自然に途切れている、という感じではないと思います

ツイッターアカウントフォローしていますが、あまり呟くタイプではないらしく、オークションでの出品時に宣伝ツイートをする程度の運用でした。

こちらも前述の「(自分HN)様のオーダー作業に入ります」のブログ記事を更新した旨のツイートと、その日にいくつかRTをしただけで止まっています

その方のアカウント自分フォローしておらず、またフォローからDMを送ることは出来ない設定のようで、DMすることは出来ません。

リプライ飛ばしたことはありませんが、リプが返って来る望みは薄そうに思います

いいね欄なども動いていないので完全に停止していると思われます


オーダー内容確定の際にこちから料金は振込済みです。

また、その際に送付するものがあったため、相手方の住所と本名携帯番号はわかっています

オーダー確定の際に届いたということも画像確認できていますので、少なくともオーダー確定時(1年ほど前)にそこに住んでいたことは確定だと思います

なので、あと出来ることとすればこの住所に手紙を送るか、携帯電話を掛けるくらいしかないのでは……と悩んでいるところです。

しかネット出会った相手に対してリアル方面で連絡を取る、という行為マナー違反のような気がして何だか気が引けています

というか商品取引用に教えて頂いた住所などに手紙を送るというのも個人情報の不正利用?みたいにならないか……とか……。

もう一度だけメールを送ってみて、そこに「返事がなければ手紙を出します」と書いて、返信がなければにしようか……とか……。


自分としては、どれだけ遅くなろうがいつかは完成するというのなら一向に構いません(元々そういう約束でしたし)。

ただこの状況だと、もしかしたら体調を崩しすぎて入院とか……もしくはその先とか……を想像してしまます

その方にはブログ文章からしてお子さんがいらっしゃるようだったので、恐らく配偶者の方か、ご家族の方が同居とかしているんじゃないかと思っています

なので手紙を出せば、ご本人に何らかの事情で届かなくてもどなたかは見てくれるのでは……とか。

でもその方ってこのハンドメイド活動をご家族の方の理解あってやっていたのだろうか……あまり万人受けするジャンル?ではないので、自分手紙のせいで家族バレして迷惑を掛けたらどうしよう……とか。

しか自分の後ろに10人くらい、恐らく何の連絡もなく待っている人が居るんだろうし、その人たちの為にも連絡を取るべきでは……とか。

待っている方10人ほどはブログHN記載されていますが、それだけでは探しても見つかるかわかりません。

なので、その方たちに訊いてみる、というのも難しそうです。

現状、料金を払っているのは自分だけだと思います(一人の作業が終了したら次の人に、というシステムだと受付時に説明記載されていました)。


自分希望としては、

第一希望相手方が製作続行可能である旨を確認でき、その後どれだけ時間がかかってもいいのでオーダーが完遂し、自分の手元に来る。

第二希望相手方が製作続行不可能である旨を確認でき、製作途中のお品を送ってもらう(メールで届いていた途中経過まででもいいから欲しい)。

第三希望相手方が製作続行不可能である旨を確認でき、払った料金を返金してもらう。

という感じです。

また、可能であればブログツイッター更新してご本人がどういう状況かを書き込んで頂けたらと思います

そしてオーダーを待っている残りの方にも連絡をして頂けたらいいなと思います

(ご本人ならオーダーの際にメールアドレスを受け取っているはずなので連絡が出来るはずです。ご家族だとパスワード等の問題で難しいかも……)


ご本人がご無事でないかも……と思いながら手紙を書くのも非常に失礼なことかと思います

もしご無事でなかった場合、ご家族上記のような要求をつらつら述べるのもまた失礼な気もします。

手紙にも何をどこまで書けばいいのか……単純に「連絡取れないので心配です連絡ください」だけでいいのか……。


まりに長く待ちすぎたのが悪かったのかもしれませんが、本当に、何年でも待てると今でも信じているのです。

連絡さえあれば、お元気だと確認できれば、本当にいくらでも待てるくらい素晴らしいお品なのです。

最初お約束通りどれだけかかっても大丈夫だと、文字通りに信じていたらこうなってしまったんです……。





もしここまで読んでくださった奇特な方がいらっしゃいましたら、どう思うか聞かせて頂けると嬉しいです。

2018-06-04

初めて行ったライブの隣が神絵師だった話

読んであまり気分のいい内容ではない。

数年間、心の端で残り続けてるモヤモヤの話。

学生の時、地方から出てきて初めてのライブに行った。箱で汗だくになるような形の激しいライブではなく、コンサートホールライト振りながらコール少しだけのようなオタク界隈ではよくあるライブだ。

ライブ自体はとても楽しかった。小遣いやりくりして地方から出てきて良かったなという感想

問題ライブが終わってからだ。終わってからツイッターを眺めていると、ライブ感想に混じって注意喚起が流れていた。

今日ライブでこんなことがあったからみんなも気をつけてね!」

という感じのツイートとその内容の画像ツイート主はライブ中に横でちょこちょこ当たられたり、身長差でライトの光が目の前に来て邪魔だったことを挙げ、身長が低めの人には配慮して欲しい、とのツイートだった。

添付された画像に可愛ライブデフォルメハゲで描かれている様子にいくつか身に覚えがあった。今でも70%くらいの確信しか持てないがその不快な輩は恐らく私である

自分でも思うところがあって曲中に話しかけるのはマナー違反かと思ってライブ終わった直後話しかけようとしたら爆速相手は帰っていた……というのは言い訳に過ぎず、この件に関しての非は初めてのライブではしゃいでおり気遣いが不十分だった私にある。今でも反省申し訳なさでいっぱいだ。

ここで素直に謝罪ツイートすればよかったのんじゃないか?と思うかもしれないが相互じゃないとDMは送れない時代だった。ならリプライでいいから送れよいう意見もありそうだが、このツイート主、神絵師だったのである同人イベントにも回数出ており、顔も広く知られていて、私もファンだった。先程の注意喚起ツイートもかなりのスピードRTされており、そこに謝罪ツイートをツリーでつけるなんて、公開処刑もいいところだ。

しかも神絵師ツイートは穏やかだがリプライ欄ではキレており、沢山の「大丈夫ですか?」のような心配のリプにも大丈夫だがハイハイ自分身長が悪いんですよネーーッ!といった感じで不快だったことを返していた。

その注意喚起ツイート半日で消えた。良くあることだ。

絵師ツイートして沢山励ましのリプライを貰ってスッキリたかもしれないが、犯人かもしれない私は、大声で悪口を言われた気分である

正直な感想、私は恐怖しか感じなかった。次またライブでこの神絵師の近くになった場合相手は覚えていて指を指して私の陰口を言っているかもしれない。もしも同人イベントで、この神絵師に気づかれたらどうしよう。そう思うと、もうリアルイベントには行けなかった。恐らく私がこのバンドライブに行くことはないだろう。神絵師安心してライブを楽しんで欲しい。

私はBlu-rayで楽しむから

まぁ何が言いたかたかというと、同じオタクでも神絵師とそうじゃないただのオタクとの間にはとても高いカースト階段があるということだ

子供を怖がらせることが大人対応なのか

今日見かけたツイッタータイムライン

なんかよくわからんけど自称芸人おっさんに、中学生が〇すぞとDMを送ったそうな。

中学生は鍵付きアカウントだったらしいが、プロフィール学校情報とか書きまくってて、友人のリプライ実名が出ており、そいつは鍵なしだから個人情報バレバレですよと、スクショまで貼っておっさんは返信したそうな。

それを見たおっさん取り巻きが、「大人対応ですね!」と評価していた。

俺はそれを見て、大人げないなあと思った。

中学生にとって、〇すぞって言葉おはようございます同義なのに、無視もできずにスクショ取って、わざわざ画像加工して、非公開RTでみんなに見えるように晒しあげて、それが大人対応

いい年したおっさんが何やってんだって感想しかない。

取り巻き取り巻きで、なんでそれを評価しているのか。面白いの?それ。

俺は面白いと思わないし、大人げないと思ったという感想でした。現場からは以上です。

2018-06-03

anond:20180602215944

元増田です

その後勇敢にも、Sさんの悪意のクソリプリプライした方がいました

Sさんへのリプライは、Sさん煽りをたしなめる様なものでした

Sさんクソリプを削除し自身ツイッターにて長々と愚痴っていました

(すべて友人にRTされて流れてきた)

Sさんクソリプを消したようです

なんでもSさんからしたら

クソリプクソリプされた、面倒だから消した」

クソリプネタじゃなく本気でするなんて察し悪い人」

「察しの悪い人間相手するの面倒だから嫌い」

「そんなに察しが悪いと日常生活にも支障でるのでは」

とのことでした

窘められたことがよほど気に入らなかったのか長々と愚痴っていました

 

少し悩んでいましたがこれを見てSさんと友人どちらもブロックしました

二度とこんな形で友人を失わないことを祈る

性的指向性的思想ではない

あるゲイツイッターユーザーツイートちょっと前にに少しバズっていた。内容は次のようなものだ。

『「LGBT当事者の方々、みんなカミングアウトしてください!社員はみんな受け入れますよ!」という会社研修が行われたが、カミングアウトしなければ「いけない」みたいになってて気持ち悪い、自分はそっとしておいてほしい』

このツイートには様々な反応が寄せられていた。その中にあったあるリプライ自分はとても印象に残っている。

LGBTを受け入れろと言ったのはお前らだろ、それなのにそれが行き過ぎたら「やめてほしい」なんて都合良すぎ』というリプライだ。

このリプライをした人はおそらくあまり深く考えず、漠然LGBTを何かしらの"思想的な団体"だと思っているのだろう。街頭で演説してる右翼団体みたいな。

その考え方は、「性的指向」と「性的思想」を完全に取り違えている。

LGBTとはその人の「性質」であり、「思想」ではない。

冒頭のツイートの主は、LGBT当事者からといって、LGBT団体に属しているわけでもなければ、「LGBTを受け入れろ」という運動に参加してもいないのだ。

この「性質」と「思想」を混同する的外れ批判は、LGBTに関すること以外にもいろいろなところで目にする。

ある新聞の投書か何かの欄で、ある若い女性が「女子力という言葉は、女性に女らしさを押し付けていて良くないものだ」というような意見を主張していた。

これに対してネット上の一部の人達は、こう反論した。

「いや、そもそも女子力という言葉を使い始めたのは女だろ、何言ってんだ」(もし投書した女性が「男性が悪い!」というニュアンスを含んでいたらこ反論は最もだが、女性は明らかに女子力」という言葉が使われている日本の状況についてのみ批判していた)

この的外れ反論は、"女性という集団"はある"思想集団"であるという漠然とした感覚からまれたのだろう(これにより、女性男性という対立構造勝手に作り出している)。これも女性という「性質」と女性のなかの一部の「思想」とを混同している。

何か思想的に気に食わない対象を「叩きたい」、「馬鹿にしたい」という欲望からおそらく無意識のうちにこの混同を行ってしまうのだろう。

もし気に食わない思想と出くわしたならば、その思想を持った特定LGBT団体特定フェミニスト女性団体だけを叩けばいいのに。

いや、ひょっとしたら叩いてる人たちは「LGBT」や「女性」という性質を持ったすべての人が気に食わないのであり、それを叩く理由がほしいだけなのかも知れないが。

2018-06-01

元彼がまじで気持ち悪い

元彼と言うのもためらう男がいる。

たまに間違えてSNS新規アカウントとかで、携帯アドレス情報から気づいたら勝手フォローしてたりすると

「あの人からフォローされた、あの女はストーカーだ、気持ち悪い」みたいなこと言ってて

あと、その彼のリプライするようなフォロワーや元共通の友人もそんな事言ってるから

こっちの方が気持ちが悪い。

彼とは高校から大学卒業までの間、付き合ったけれど

とにかくガンダムゲーム仮面ライダーオタク

しかし、 音楽DJサークル趣味にして、

自分はカッコイイオタクと思いながら

三十過ぎの今も、多分、ガンダムオタクきもちわるー

お金の出し方もケチケチしていて、粘着質で、人の悪口しか言わない。

イイところと言えば、「自分のカッコつけ方を知ってる、遊び方を知ってる」ぐらい。

こんな人と子供作らなくてよかった

本当にこんな人と結婚しなくてよかった。

私は来月、とある大手コンサル会社の元社長結婚するんだけど

ケチケチしてないし、収集癖もないし、

アウトドア志向ハンサム

あーよかったーーー!!!!!!

2018-05-27

anond:20180527114851

ネットでくらい話したいと思わない?

Twitterとかで気軽なリプライなら結構話してくれたりする

ここで見かけるようなセクハラ発言してるやつらは即ブロックされてるだろうな

2018-05-23

Twitterの巻き込みリプごめんなさい文化キモすぎる

Twitterで何万リツイートもされているリプライ欄を見ると必ずといっていいほどある巻き込みリプごめんなさいのやりとり。

はっきり言ってキモすぎる。

冗談で「巻き込みリプやめてください(言ってみたかっただけ)」とか寒いこと言ってるやつもキモいが、本気で「通知くるんで巻き込みリプやめてください。次から気をつけてください。」とか言ってるやつ、Twitterやめろや!

フォローしてる人がリツイートしたツイートに飛んでリプ送ろうとしたら初めから巻き込みリプする‘仕様’になってるわけ。

そんなTwitter仕様が嫌ならTwitterやめろ。

そもそも自分リツイートするってことは巻き込みリプされる原因を自分が作っとるやんけ。

てか通知切ればいいだけやんけ。

あとFFから失礼しますも意味わからんTwitterっていうSNS特性上いきなりFF外の人にリプ送れることがむしろ利点であるのに。それを理解した上で使ってるんだから失礼しますも何も当たり前の機能使ってるだけやん。嫌なら鍵かけてるだろ。

2018-05-20

クソリプ云々

ツイッターでの話。

自分に送られたクソリプ非難するのと同じ調子

第三者に送られたリプライ当人問題視してるわけでもないのに騒ぎ立てられるのはなんか違和感がある。

それで「そのリプライけしからん!」って「巻き込み」で送ってこられるとそっちのほうがクソリプではないかって個人的には感じる。

そりゃもちろん毎回毎回リプライに関して「私はこのリプライ問題あるものとは考えておりません」と表明しないといけないルールでもあるのならまだわかるがそんなことは無いわけだし。

「もし自分に送られたら問題あるリプライだと感じる」からといって、全員が全員そう感じているわけでもない。

同じ発言でも人によって、また文脈のその他によって受け取りかたが異なるということをわかってほしいが、最近暴言に関する機械的な判定などの風潮からするとそういうのも認められないということなのだろうか。

2018-05-18

推しと遭遇した

2.5次元ミュージカルが好きで、よく舞台を観に行っている。

長年2次元オタクをやってきた身としては、3次元として五感キャラクターのものを感じられる喜びは凄まじいものがある。

大好きなキャラが目の前で動いていて、こちらを観てくれる時すらあることに、とてもドキドキしている。

今までは、演じられているキャラ自体が好きだった。

だが最近キャスト推しができた。

もともと彼は私が愛してやまないキャラを演じていた。

その延長線上で、彼の雑誌インタビュー記事などを読み、性格もとても好印象が持てた。

知れば知るほど好きだと思った。

何より、自分の好きなキャラのものである彼と近付きたい、そんな気持ちがとても強かった。

彼のことをよく調べ、彼が出ている別の舞台チケットをたくさん取った。

ブログ更新されるたびにドキドキしながら読んだ。覚えてもらえるように毎回必ずコメントをした。

プライベート推しと遭遇した。

会う予感はしていた。その日、同じところに行こうとしている雰囲気ブログから読み取れていた。

でも、本当に会えると思えなかった。

後ろ姿を見ただけで彼だとわかった。「本当にいる…」と枯れた声が出た。

十数帖の空間の中、手を伸ばせば届く距離に彼がいた。

周りには私と同じように、彼の出ているミュージカルが好きなファンが何人かいて、皆ヒソヒソと話していた。

そのうち、ひとりのファンが泣き出した。嬉しすぎて。遠くから、「また舞台を観に行きます」と彼らに伝えていた。

そうすると、彼と一緒にいた別キャストの方が「まだここにいるから」と微笑んだ。彼女は彼らのところへ駆け寄って、写真などを撮ってもらっていた。

私はというと、彼を見ながら悩んでいた。

プライベートに話しかけるのはマナー違反だと界隈では言われているからだ。

でも、彼にこんな近くで会える機会が今後何回あるのか。

彼女みたいに嬉しくて泣けたら良かった。そしたら、そんな風に一緒に写真を撮ることができたのに。

でも、この中で「彼」を好きなのは私がいちばんだ、と謎のプライドを感じた。

そして、もう二度と推しがこんな距離にいることなんてないと強く思った。

から、話しかけた。応援します、と小さな声で伝えた。

彼は帽子を取って深々とお辞儀をしてくれた。

本気で好きだった彼と出会って、一つわかったことがある。

自分現在地だ。

そして、彼に夢を見ることができたのは、自分現在地がわかってなかったからということだ。

彼とは違う場所わたしはいた。

なんというか、距離を遠く遠く感じた。

彼はわたしのことを見ていたけれど、まったく見ていなかった。

彼のことは今も好きだ。そして応援していくつもりだ。

でも今までとは接し方が違う。

毎日リプライを送ることはなくなった。

わたしは私を主張しない、ひとりのファンになった。

anond:20180518124522

このリプライみたとき「なに安倍botマジレスしてんだよ」と思ったけど本当に閣議決定されたというニュースを後から知ってビビった。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん