「幻覚」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 幻覚とは

2019-04-25

中卒に向いていないタイプ

遺伝的に知能が高かったりすると中卒人生に向いていないのかもしれない。

高卒はともかく中卒は事情ピンキリ

経済的事情で進学しなかった

ヤンキーで進学する気がない

いじめとか精神疾患発達障害などが理由不登校だった

などを筆頭に、親が宗教にハマッっていたり人格障害で荒れていたりすると小学校すらちゃんと通えていなかったりもする。

成人してある程度自由を得ることで、やっと人並みの努力ができる状況になる人もいる。そんな人はとりあえず根性がある。

根っから性格破綻していなければ、常識がなくても世間に揉まれて最低限身につくしコミュニケーションだって人並みに取れるようになる。

そこまで行って軌道修正できた後におかしな方向に進む人もいる。バランス感覚を身に付けることが出来なかったタイプ

経験知識が著しくアンバランスなのが自然体で、それを自覚する機会と縁の薄い生き方をしている。

学歴コンプ原動力とした知識欲なのか、あれこれインプットしては物事拡大解釈する。その先には自己完結

そして、それを仮説にとどめるブレーキが緩い。

学歴コンプがなければ、知識を糧にしようと背伸びして人と摩擦を起こしたとしても、「頭がおかしい」のような事を言われるだけだと見えない評価の予想ができるけど

学歴コンプが強いことで「中卒であることを馬鹿にされている」と受け止める部分があり、反発心妄執で更に知識を求める。

知識欲が自己啓発スピリチュアル心理学に向かうと手が付けられなくなったりする。

「それらは多くの人が年頃に一度は興味を持ったりするもの」という観点が無いのか、救いを求めて手を出しているからか特別視していたりする。当人特別視はしていないつもりで。

そういったもの危険な面を表面的に理解しつつも、経験が伴っていないため安全装置的なカンが鈍く深みにはまる。

学歴コンプを跳ね除けるべく努力した先が、頭でっかち理想家。

ボキャブラリや見聞きしただけの観点ばかり増えてしまい、いわゆる『自分の考え』はほぼ空論

社会他人問題に対して、知的な振る舞いで問題視することが趣味になり、そうして自身の負い目を間接的に慰める。

「言う側」に立つことで精神の安定を保っているのかもしれない、エゴ肥大することを代償にして。

不都合実態他人の目から隠しても、自身はそれと常に付き合っている。

そうして、言行不一致による矛盾が増えては誤魔化すことを繰り返し、普通なら感じる限界の先に行くと巧妙な開き直りを思いついてしまう。

それは麻薬中毒者が幻覚規則性を見抜いた錯覚のようなものだけど、乏しい経験に加わる「発見という経験」は正解に感じやすい。

そんな狂った感性生産的な方法昇華する手段職業的なモノサシでも持っていないと、次のステージに進んだことにも気づけない。

良かれと積み重たものは、妄執に振り回されて行った一夜漬け的な努力の塊で、そこから生み出されるエピソード

頭の中の人形劇に継ぎ足されて、日々複雑化と単純化を繰り返しては時間を奪う。

そうして取り返しがつかなくなってしまったら宗教がとても魅力的に見えてくるのかもしれない。

2019-04-24

ローソンの背後に三菱ファミマの背後に伊藤忠 😱

最近ローソンロゴを見ると背後にうっすらと三菱ロゴが、ファミマロゴを見ると背景にうっすらと伊藤忠ロゴが見えるようになってきた。

実際そんな印刷物看板もあるわけないので、おれの幻覚ってことになると思うけど、なんと説明したらいいかわらないようなこわさというか過剰に萎縮した自分、みたいのを感じるようになった。

それに対して、セブンイレブンミニストップには安心して入れる。

なんなのかこの感覚

2019-04-22

anond:20190422002407

俺は幻覚を見せてくれる触手に捕まりたい。最悪幻覚はなくてもいいけど

2019-04-20

anond:20190420214310

踏んでる足とはなんだ?幻覚でも見ているのか?

見えないものが見えるのは個人問題だ。

2019-04-18

初めて彼氏できた

今まで異性から異性として見られた試しはあるものの、全て所謂ヤリモクというやつで付き合うに至ったことは皆無であった。まあエロいことすんの気持ちいからまんざらでもないしこのまま完全なサセコとして一生を終えるのも悪くはないかと思っていた(自己肯定感低いクソ女ですまん)

そんなある日、飲みの場で出会った一人の男。共通趣味があったので我々はすぐに仲良くなった。お互い最初は異性として見ていなかったはずだが、いつのまにか向こうが好意を抱いてくれたらしい。付き合ってほしいと言われた。マジかよ。この歳でこんなに真っ直ぐな恋愛の入り方あるんだ。今まで従業員通用口から勝手に入ってくる男ばっかだったので、この人は正面玄関から入ってくるなんて…なんと礼儀正しい…。

正直戸惑った。なんでこんな女を??うーん…まあフラれたらフラれたで別にいっか。1が0に戻るだけだし。と思い、二つ返事でオーケーさせていただいた。

それにしてもモテなさすぎて異性に好かれる理由わからんし、実の家族とすらうまくやれなかった身としは、恋とか愛とかかなり早い段階で諦めてた。なので他人と一線を超えた?関係性を築く、その感覚感情もよくわからん相手にかかった謎の魔法幻覚?が解けた日にはあっさりフラれるんだろうなと思っていた。

がフラれるどころか日に日に向こうからの好き好きアタックが増している。すごい。そんなことされたらこっちだって日に日に好きになってしまう気がする。というわけで最近だんだん、今まで知らなかった感情理解し始めている。仕事で遠い場所に行けばあいつと一緒に行きたかったと思うし、うまいパンを食べたらやつにも食わせてあげたいからもういっこ買う。電車に乗って目を瞑るとやつの笑顔や肌触りを思い出し、心の中でふふふと笑う。彼は「私が考えてる以上に、おれは私のことを考えてるよ」と言っていたのだが、その言葉そのまんまお返ししたい(恥ずかしいから言わないけどね!)

しかしながら、やつと会ってもドキドキとかはしない(彼氏ごめんよ)。ドキドキしないけど、気を遣わず思考言葉が脳を経由せず)接することができて楽だし、何言ってもゲラゲラ笑ってくれるからうれしい。会っただけだとドキドキしないけど、触られるとさすがにドキドキする。

触られるといえば、よくゲラゲラ笑いながらセックスしてる。しょうもないのだが、例えば彼氏のアレをめちゃくちゃ舐め回した後、ふとももペロペロオンリーイベントに移行したとする。「………順序逆じゃない!?」と突っ込まれる。二人でゲラゲラ笑う。そんな時間を挟みつつ、おしゃべりしたり抱き合ったりして何時間もだらだらセックスしてる。そのせいで最近寝不足でつらい(彼氏寝不足かつ身体バキバキらしい。ありがとアンドごめんよ)…なんて幸せな悩みなんだ

こんなにモテない人間でもこんな人に出会えるなんて、長生きはしてみるもんだなって思う。10年前の私よ、つらいつらい言いつつ死なずにいてくれてありがとう。君が今まで一人でひたすら趣味に注いでた時間無駄じゃない。その知識のおかげで一人の男と仲良くなり、付き合うことになる。自分が信じたものに、君は救われる。

彼氏ちゃんありがとうって言いたいから、今の自分気持ちを整理して増田を書きました。

2019-04-09

anond:20190409172611

特殊部隊突入して犯人死亡+女性とも何人か死亡

高校生の生き残りの一人「特殊部隊クラスメイト越しにテロリスト射撃していました」

政府発表「女子高生らはストックホルム症候群PTSDによる幻覚を見ている」

2019-04-03

昔いたジャンルでのパクられつれづれ

■初期  

・非絵描きA

支部大手らにコメントを送る熱狂CP信者

私:サイト落書きup

→Aが好意的コメント

→A「ちょっと描いてみました」と支部に初イラストup

→ほぼ私の落書きと構図同じ

大手らの好意的コメントつく

A:続けて「漫画描いてみました」と支部4コマup

→私がサイトにupしていた漫画セリフを変えてオチ部分をパクった4コマ

大手らの好意的コメント

→私:しばらく絵が描けなくなる

私:Aをサイトからブロック

→数ヵ月後

→A「何故か見れなくなってたけどやっと帰って来れました!!」と串刺し強行突破コメント

さらブロック

  

■再開

・人気絵描きB

元々ゆるパク癖あり、言葉遣いパクる

自分漫画ほとんど描けないがパロ漫画を描く、筆が速い

唯一の交流相手

個人誌発行】

B:読んだその日にツイでその内容を一枚絵にして私にリプ

→本の内容を描いた等は明記してない

→リプ絵に反応集まる

私:ツイに特殊設定の漫画up

→B「描いてみました」とツイに漫画up

→設定と服装カラーリング全く同じ

→反応集まる

→Bさらにその設定でイラストup

→反応以下略

B:パクり癖加速

絵描きから気に入った設定をひたすらパクって絵をup、構ってタグも増える

私:らくがきupしなくなる

個人誌2冊目発行】

B:やはり即日一枚絵リプ

サンプルに載せていないネタバレも含まれていた

→私やめてくれとDM

→Bリプ絵を消す

→B「がんばって描いたので見て下さい!!」

DMで一枚絵と差分を送る

→私無理矢理褒める

B:イラストをup

→長年ジャンルにいる大手さんが数年前の本を再版サンプルup

→表紙絵がBのイラスト服装シチュ全く同じ

大手さんもBにパクられていたと気づく

大手さんはBと逆CP

→その後大手さん休止宣言

  

■中期

B:他人の絵柄で描くタグツイート

→反応集まる

→私スルー

→B驚異的な筆の速さで次々絵をup

→私スルー

→B「まだまだ募集してます!!」

→反応集まる

→私仕方なく反応

→直後B「以上で締め切りました!ありがとうございます!!」

→B私の絵柄でイラストup

→B「私さんの絵柄で描いてみたかった!!」

→私Bと距離を置こうと決める

私:web上に絵や漫画のupをやめる

→ツイのプロフ絵文字1つにして鍵掛け

ツイートもやめて放置

→ひっそりツイ垢削除

個人誌3冊目発行】

支部サンプルup

→使ってもらうために描いてる訳ではないと書く

→Bの反応なし

しばらくして支部ブクマが全て1つ減っているのに気づく

→久しぶりにBのツイッター見る

→B「私いらない人なんですね○月○日にツイ支部やめます

フォロワーから吉牛多数

支部プロフが私の鍵ツイプロフと同じ絵文字1つ

→Bの支部ブロック

  

■後期

一切交流無しで本を細々発行

→休止して放置

サイト支部全て削除

  

【その他】

・設定を使わせてくれとコメント来る

海外垢にイラストを無断でツイのヘッダーに使われる

・全く知らない人が「(私のサークル名)風」と私の絵柄で描いたラテアートをup、ツイアイコンにする

海外から百度転載させてくれとコメント来る

  

以上、私が活動していたジャンルでの経験です。

むなしくなってそのジャンル活動はやめました。

描く度に削られて踏み台にされるような思いしかなかったです。

私の絵は底辺レベルです。フォロワー交流も少なかった。

そのため、素材として使いやすかったのだと思います

反応や感想ほとんどもらえる事もなかったのに次々パクられて向こうに反応が行ってしまうのが悔しかった。

自分の頭がおかしくて被害妄想幻覚を見ているのではと疑う日々でした。

何よりSNSの流れの速さについていけなくていつも焦っていました。

他の人の作品を楽しんで見る事も、気軽に落書きをupする事もできなくなって

一体何が楽しくてそのジャンル必死活動していたのかわかりません。

「休止します」と滅多に人の来ないブログに書いた所で当然コメントは一切来ませんでした。笑

本当に何だったんだろう。

今は全く関係のない新規垢で気が向いた時にのんびり創作しています

好意的コメントや反応を時々もらえて、こんな下手くそが描いた作品を見てくれる人がいる事にとても感謝しています

苦しい思いをしながら無理に続けるより、他に描きたいものを見つけて移ってしまうのも一つの方法じゃないかなと思います

パクり騒動を目にしてしまう度に思い出して嫌な気分になるので元号変わる前にもう忘れたい。

2019-04-01

宝島観てるけど

ビリー死亡

幻覚シーンおそろしいな

2019-03-23

とうとうバレてしまった麻薬たばこ飲酒感覚で使えるってことが

まさかあの人が麻薬をやってるなんて!」

ってコメントをみる度、びっくりしている

え?あの人が「やったことない!」なんて思ってる方が逆にすごいって

正直ファンとしては「若い頃はやってたけどねー、今はそんなもんなくってもハイになれる」ってなっていて欲しかった

いかにもやってそうな人が「やっぱりやってた」より

あみえて「実はやってない」って方がやっぱかっこいいもん

でも、20年以上利用していても「やってないようにみえる」ということがとうとうばれてしまった

普通に仕事できて、成功している

見た目も問題ありそうにないし、子供いる

私の周りにも薬物やってる人いたけれど、

みんながみんな中毒になることはない

まれ子供に影響があるんじゃないのかな?なんて思ったこともあったけれど

そんな例は周りではきかないんだよね

そう、たばこお酒と変わんないと思う

中毒度は薬の方がそりゃ酷いと思うけれどさ、

お酒合法なのに、飲み過ぎてアルコール中毒になって死ぬことだってある

うちの旦那なんて、アルコール依存症になって

どんなに禁止しても、夜中に家を抜け出し買いにいくわ、

幻覚見えてわけわかんなくなることもあり、

こんなもん合法にするなよな!って思うこともあった

「酔っぱらっておぼえてません」なんて最悪のセリフだよね

詳しく知らないけれどさ、薬物も一緒で上手く使えば

みんながみんな、おかしくなるわけないんじゃないかな?

だって、現に薬物やってた有名人の方々で今も元気で活躍している人いっぱいいるじゃん

でも、儲けようとする側が、利益重視でたくさん売ったりするから薬物中毒になりやすいんじゃないの?

からさ、とりあえず、売人は無期懲役ぐらい厳しい刑にしてほしい

やっぱりできることな自分家族には利用してほしくはないからさ

手軽に手に入るようにはしないではほしい

別に薬物やりたい人はやればいいけれど、

日本では違法から、見つかった時の責任は取らなきゃいけないと思う

違法からニュースになるのはしょうがいかもしれないけれど、

「吸引に使っていたのは韓国紙幣でした」とか

「ご近所の評判はよかった」なんて

毎日毎日、ずーっと報道するのはちょっとおかし

逆に、薬物やっても廃人になるわけじゃないんじゃん!って

宣伝してるようなもんのような気がするんだよね

2019-03-22

社会不適合限界夢女はオタク彼氏三次)を両立できるのか

はてな投稿

多分私の友人知人の範囲に私の複雑な心境を真剣問題と受け止めてくれる人はいないだろう。(正確に言えばひとりだけいたがそのひとりが今問題人物であるから相談するわけにもいかない)

しかしこの広いネットの海なら共感批判どちらかはさておき真剣問題理解してくれる誰かがいるのではないだろうかと思い投稿してみることにした。

半年ほど前に小学生の頃から10年位1キャラの夢女をし続けてきた大学生(私)(19)に三次(同級生)の彼氏ができた。

優しくて情緒不安定世間から見たら奇妙な言動が多いらしい私に寛容、すぐ疑いがちな私でも不安なく穏やかに過ごせるくらいの愛情をくれて友人も多く優秀で、運動部、異性からアプローチもそこそこ受けてきたらしいどうして私と付き合っているのかよくわからない所謂ハイスペック。私が長年夢女子をしていることもよく知っていて理解を示してくれている。

出会いというか付き合うに至る経緯は彼が私のオタク活動や夢活動に対する愚痴をひたすら聞いてくれていたことだと思う。

私は基本無関心故に温厚にみられがちだが自分の関心のある分野に関しては日に数回単位でキレるタイプの心の狭い面倒くさいオタクだ。

しかし夢女子としてネット上で活動する際には(人によってスタンスは違うだろうが私の場合自分キャラカップリング推してくれる人(所謂固定)を獲得したかたか炎上絶対に避けたかったしスタンスの合わない夢女子にも媚び売りというと大げさかもしれないが♡を送ったりリプを送ったりしていた。(彼は人気が高かったから気を抜くと他担夢女子の彼の固定がわたしでなくなってしまう)

そんな生活をしていると推し推し作品は好きでも正直ネット上での活動は基本楽しくないどころかストレスが溜まる一方だった。しかネット上に吐き出すと万一のことがあった際に面倒であるため私は界隈と無関係かつ文字に残らない状態愚痴が言える場所を求めた。しかしそこでは基本的二次元ガチ恋をすることそのもの理解が得られず愚痴を吐き出しても消化不良になりがちだった。そしてそもそも根が面倒くさい性格をした、推し以外への関心が薄く人間関係を築いてもすぐ壊したくなり、休日は家に引きこもりたい連絡無粋には(一般には理解が得難い)愚痴をひたすら聞いてくれるような友人はいなかった。(

しかし彼はずっと話を聞いてくれるうえにそこに(多分)理解を示してくれていたため界隈で嫌なことがあっても話せば気持ちが落ち着いた。そしてまた何かあると愚痴っていた。(最低)

そのうちほかの話もするようになって気が付いたら彼氏になっていた。

ただ、あれから半年ほど経っても未だにこのまま付き合っていてもいいのだろうかという思いが拭えない。

正直長い間ずっと夢見た二次の彼は今でも誰よりもかっこいいと思う。尊敬できるところもたくさんある。恋愛感情ほとんどなくなった(と信じたい)が元々推し恋人関係であることが苦手?で恋人というより崇める(しか恋愛感情はある)オタクだったため推し、執着、尊敬…etx諸々の感情は以前ほどでないにしろ界隈でオタクとみなされるには十分すぎるほど残っている。一番彼に熱を上げていた頃ほどほかの誰かに愛情を注げるかはまだわからない。しかし今は全力を注ぐことはできていない。

どちらにも全力を注ぎきれない宙ぶらりんのまま付き合っていてもいいのだろうかと思ってしまう。

そもそも私が一番理解できなかった夢女子は「彼氏旦那、(好きな人)がいる夢女」と「複数夢女」だった。(あと「二次元ならありのまま自分を受け入れてくれる♡」とかいう夢女も理解できないが今回の話とは特に関係ないので割愛

愛(狂気?)を注いでも注いでも無反応(ブラインド商法のグッズで推しを引いたりはするけど)で、フィアンセと言いながらも結局自称であるから常に不安が付きまとって、そもそも会えなくて、話したことがないどころか見たこともないといえばない。そんな不安定な中でもほかに目移りしないで浮気しないでアプローチも断って、一途に推しの夢女をしていたらもしかしたらいつか…って思ったりもしていた。

少なくともその過程で心や脳が蝕まれて可笑しくなって、そのうち幻覚かなにかで会えるんじゃないかくらいには思っていたし、だからいっそ自分自分の脳の働きを正常じゃなくそうみたいなこともちょっとしたりしていた。それに彼がいるのに次元違いとはいえ他がいるというのは彼が二次元存在であることを自分自身が認めてしまことなのではないかとも思っていた。二次元浮気し放題とかいう奴らは大嫌いだった。

からそれをしていた上記の夢女達は私には理解不能だった。

しかし今私はまさにその一番理解できない夢女になった。

そして三次の彼に対してもこんな不良品なうえに中途半端な私と付き合っている時間から早く解放していい人を見つけたほうがいいんじゃないかって思う。

上記のように悩むことはあるとはいえ毎日不安定で泣いたりキレたりしつづけていたころに比べると私の精神状態は断然良い。

付き合う前にいろいろいっていたことや私の顔に出やすから想像するに恐らく彼はある程度上記のことも察しているだろうし(おそらくその上で)

私を逃したら私のような子と付き合うどころか知りあいになることさえできないだろうからいつまでも待っている、みたいなことも言ってくれている。

初めて見た種類の人間らしい。彼に限らずよく言われる。

(確かにいかいかはさておき珍種ではあるよね… いや珍しいだけで特にそれ以外に価値はないけどね?しか恋人に珍しさ要る??)

でも別れたいかと言われると個人的には別れたくない。

そもそもこの良すぎる彼氏に対してもこんなに悶々とする程度には彼氏ができるということに抵抗があったタイプ(僻みでも強がりでもなく恋人がほしいという感情理解できなかった)にも関わらず一緒にいたいと思ったから付き合うという申し出を受け入れたわけだから正直に言えば相当好き。

ただ未だに推しを見るとなんだか罪悪感が湧いて複雑な気持ちになったりもするし彼に対しても罪悪感が湧くときはある。

でも長年ずっと大好きだった推しはいつまでも大好き。

から本当は(恋愛感情で)彼氏が好きで、罪悪感なく楽しい気持ち推しに対してオタ活したい。

推しオタクは一生やめたくないしやめられない。ただ見るたびに沸く罪悪感がなくなってほしい。

我儘だとは思うけど、推しを見たときの罪悪感、なくならないかなあ。

推しを見ているのは楽しいけどね、ふとした時に罪悪感が頭をよぎったりするよね。

それに今がしあわせだけど私のキャパは決まっているか推し人生を全振りできないのはすこし淋しいよね。

人生全部賭けて推します!!!みたいな若くて熱のあったオタクだったころが懐かしいくなったりもする。

夢女としてではなく一オタクとしてならまた(以前ほどとはいかなくても)オタクできるんじゃないかなあと思ったりもするし解決したい。

2019-03-17

anond:20190317081534

昭和の頃はたまに重度のシャブ中幻覚見て殺人とかしてたけど最近見ないな。

なんでだろう。

2019-03-10

流行りの?アヤワスカセッションを受けてきた。

文字通りアヤワスカセッションを受けてきた。運営青井硝子さんの主催セッション

やり方等は勝手にググってもらうとして、まずはエフェクトについて。

・閉眼幻覚 面白い。炙りのDMTをやったことがあるんだけど、それを弱くして長くした感じ。目を瞑ってダイブしてしまえばよく見るサイケな模様とキラキラしたあの世界に行ける。躊躇すると失敗するので流れに身を任せてダイブしちゃいましょう。

思考 幻覚の後に思考面白に入る。人生とは、自我とは、愛とは、世界とは、宇宙とは、そもそもDMTとは。この時間がまあまあ長い。

通過儀礼について。

ぶっちゃけつらい。寒気、吐き気、人によってはその他諸々。よくあるドラッグと違って、トビのピークの後に通過儀礼吐き気など)が来るのでヘビードラッグユーザーは面食らうかも。ぼくは面食らいました。

・抜け

意外と早い。人によるんだろうけど90分くらいでシラフに戻る。お代わり可能だったので、もちろんお代わり。しかしこれが失敗。

軽いトビの後に2回目の通過儀礼

お代わりすると吐き気や寒気を2度味合うことになるのであまりお勧めできないかも。だったら最初から倍量飲んだ方が通過儀礼を1回で済ませられるので初回倍量がオススメ

・気が付いたこ

なんせ、セッティングが悪すぎる。硬い床、場所による気温の差、手抜きなDJ、なんのためにいるのかわからないもう1人。食事制限して挑んでいるので食べ物持ち込まないでほしい。あと運営側の人間はもう少し参加者に気を使って欲しい。青井さんはとてもよくやっていたけどその他2人はぶっちゃけ邪魔だし要らない。ロボットの方が良いのでは?DJもまあまあ良かったんだけど、何回かミスって「歌詞のある歌」を流した時に急激に空気が悪くなる。そういう時に限って青井さんがいない。青井さんが居なくなると一瞬で場が悪くなるのでむしろ迎え等を他の人がやった方が良いのでは?

あと運営側のひとは、シャカシャカする服を着て欲しくない。ちょっとした「シャカシャカ」って音でダイブが止まる。急に現実に引き戻されるのでシャカシャカする服はやめてほしい。

・総括

事前の食事制限や薬制限、などが大変すぎる。その割には体験自体ははっきり言ってLSD以下の以下だった。LSDよりも良い点は、違法ではない、って点と、時間が短いかコントロールやすいって点、位かな?あと効きが人によってバラバラなのでお勧めできるかというとお勧めできないかもしれない。人生で一回くらいはやった方が良いとは思うけど、事前準備がかなり大変なので覚悟の上で。

青井さん自体はかなり頑張っているし感謝しかないです。

・今後について

たぶん今後は自分で輸入して自分の家でやると思う。いつかはわからないけど早々に輸入だけはしておくかな。セッションに参加することはないかも。理由はやはり青井さん以外の運営スタッフポンコツすぎてちょっと…。

あと、女性スタッフ入れた方が良いと思います

女性個人参加のひとは知らない男性に介抱されてもよくならない人がほとんどではないでしょうか?

そんなところかしら。

ぼくは個人的には面白かったです。

サイケデリック慣れしているのでどんどん深くまでだいぶできておもしろかったです。

青井さん、ありがとうございました。

参考 http://aoi-do.com

2019-03-07

私が虫を殺せなくなったきっかけの話。

うだるような暑さの、盆の夜である

駅中にあるバイト先のパン屋は、帰省ラッシュの異常な忙しさの一日を終えようとしていた。

列車時間に合わせてお客は押し寄せては退いてを繰り返し、気が付いたら私は閉店作業掃除をしていた。

とにかく疲れた

早く帰りたいのに頭が働かない。

手だけは動かし、イートイン席のテーブルを拭いているが、もはや世界自分境界が分からず、

それは眠りにつく直前のようだった。

私はぼんやりしたままゴム手袋を着け、床掃除に取り掛かる。

別のスタッフが掃き掃除を終えた床に向かって「50倍液」と書かれたスプレーを吹きかけ、雑巾で磨く。

この50倍液は、強力な洗剤を水で50倍に薄めたもので、汚れを削るように落とす代物である

その原液を直に触ると手がボロボロになってしまうらしい。

50倍に薄めたこの液でさえ素手で触らせたくないかゴム手袋は必ず着けてね、と教わった当時、店長が言っていた。

押し寄せては退いていく今日のお客の事を考えながら、汚れた箇所にスプレーしては磨くを機械のように繰り返していた。

ふと少し先を見ると、1センチくらいの黒い汚れがあった。

チョコの欠片が落ちていると思ったが、それは虫だった。

ちまちまと歩きながら私を横切っていく姿をしばらく見ていた。

少し遠くで、他のスタッフが閉店作業をしている音が聞こえる。

私は手に持っていたスプレーを、虫に向かって吹き付けた。

50倍液を浴びた虫は急ぎ足で逃げていく。

また私は虫に向かって吹き付ける。

逃げていく虫を追いかけては吹き付ける。

何も考えてはいない。押し寄せては退いていくお客達の事以外は。

やがて虫が動かなくなるまで、私の手は止まらなかった。

洗剤で溺れ死んだのか、洗剤による成分で死んだのか、さっきまでよりも小さくなった虫を見て、私はゆっくりと立ち上がった。

振り返ると、50倍液で出来た長い道が出来ていた。

虫が生きようとした道である

ここで私は言い難い後悔に襲われ、虫を箒でチリトリに入れた。

ガコンというチリトリの蓋が大きく響く。

私は50倍液を急いで拭き取った。

昔、家の中に現れた蜂に殺虫剤を吹きかけ、殺したはずだったのに、数時間後に飛び回っているのを見た事がある。

当時の私は再び殺虫剤を掴み、構えたのだが、

それは幻覚だったのか、羽音もなく一瞬でいなくなってしまったのだった。

「いやー、お疲れ」

声をかけてきたのは、同じバイトの一つ年上の男子大学生だ。

最近レジ締めを任され、慣れない作業をした為かかなり疲れたらしい。

しばらく彼と話しながらも私は考える。

チリトリの中にいる虫は、

ゴミに埋もれながら傷を癒して、数時間後にまた動き出すのだろうか。

そうなる前にゴミ箱に投げ込まれるのだろうか。

いや、もう死んでいるはずなのだ

私が殺したのだ。

終業の挨拶のために、ホール従業員が集まってきた。

「あ、行こうか」

と言う彼と一緒にホールへ向かう。

そのとき、床に1センチより小さい黒い汚れが見えた。

「あ」

先に歩く彼が何も知らずにそれを踏んだ瞬間、私は肩をびくっと震わせ、

そして深いところにまで突き落とされた気分になった。

何とも言えない最悪の気分で、私は従業員の輪に入る。

こんな気持ちは二度とごめんだった。

最後に見たあの小さな汚れは何だったのか分からないが、ずっと私は深いところから戻れずにいる。

うだるような暑さの、盆の夜である

アルコール外来に行って気が楽になった話(3/8 0時追記

酒の量が1日ビール1リットル突破してきてて「こいつはやべえな」と思った。

手が震えたり、仕事中に酒のんだりはしてない。でも退勤時になると頭に頭痛のような違和感が出てくる。なので酒を買う。そう、酒を買って飲むのだ。体調悪いのに酒を飲むのは依存症状だ。離脱症状幻覚みるとかはないけど、それが我慢できないっぽい。まだ33で、致命的な事態には至ってない。酒で失敗をしたことはないし、記憶もなくさない。だけど、これが10年後、20年後になるとどうなってるか?YouTube依存症末期のひとの動画をみた。手の震えでコップがもてなくなってた。心底ゾッとした。

なのでこれまで何度も躊躇っては行かなかったアルコール外来受診することにした。

まずは電話で予約をいれる。三週間後にきてくれという話になった。電話越しに簡単な問診を受ける。なぜ予約をいれたか、酒で記憶をなくすか、1日どのくらい飲むか、酒が原因の犯罪歴は、ドラッグの服用経験は…。最後の二つは何もないのでなしと答える。三週間後の平日午後に予約がとれた。

当日、仕事を一時離脱して病院へ行く。表通りからはわかりづらい診療所で、精神科と併設だった。そりゃそうだ、そういう分野である。受付を済ませると、初診の問診票を書くことになった。ここでも似たような感じのことを書く。精神科受診経験(数年前に鬱)、アルコール依存症の点数チェック(3点か4点)、身体症状のある病気の有無(なし)、犯罪ドラッグ歴…。

おもしろかった?のは「家系図」を書けという項目。なんで家系図?素直に書くが、書いてるときに気づいた。俺、どちらの祖父も酒飲みだ。片方は暴力振るってそのまま絶縁。もう片方ものんべえだった。うーんこれは。

提出して10分後に診察室へ。先生の問診…ではない! その前に心理療法士?さんとのカウンセリングが待ってた。そこではもう少し深掘りした話をすることに。これまで聞かれたり質問されたことに「なぜ?」が要所要所で挟まり、根掘り葉掘りとはいかない範囲ちょっとした深掘りをされる。仕事がつまらないことや、飲むタイミングが一番高まるのは仕事終わりであること、過去女性関係の話、ギャンブルタバコの嗜好有無(ない)、帰ったら酒以外になにやるか(読書ゲームとネトフリ)。経済状況も聞かれたかな。

それが終わったあとに一時間診察待ち。一時間は長えだろ。精神科医大変だな。居眠りしたりFGOやったりしながら待つ。仕事一時離脱してきてたんだがここまでかかるとは思ってなかったんで午後休の連絡を会社にいれる。

診察の時間が回ってきたので診察室に入る。ふっくらした優しそうな男性だ。これまでと似たようなことを聞かれつつ、肝硬変までのステップ説明、会話でわかる範囲の想定される体質の話(顔が赤くなりにくいので多分アルコール分解要素の片方が少ないかも?みたいな)をされる。

印象的なのはお酒をどうしたいですか?絶ちたい?コントロールしたい?」というもの。正直、辞めたくはない。会社の付き合いもあるし、あと酒飲む以外の場で会う頻度の少ない大事友達がいて、酒断つとそいつと会いづらくなる。あまり素面で舌のまわるほうではないので、気まずくなるのがこわい。あと、おいしいお酒が飲めなくなるとそれはそれで人生の楽しみがなくなる。芳醇な香りと濃厚な味のデリリウムビールピートが強く香りの華やかなスコッチ最近開拓したバーで出てきた薬香の強さと甘みの組み合わせが癖になるアブサン…。絶つとまではいかない。なので断酒はノーと答えた。「そっすか、じゃあその方向で」えっいいの?やめろよと言われるもんだと思ってた。拍子抜け。

その代わり、「コントロールを目指そう。ビール1日500ml、飲まない日を週に何日か」という感じでまず1ヶ月やってみようと言われた。記録紙を渡されて、「断酒ができた日、飲んだ日は飲酒量」を記録するように言われる。あわせて薬も処方された。抗不安薬。あっ断酒薬じゃない!飲むとアルコール吐き気がするとか、飲酒欲求劇的におさえるとか、そういう薬期待してたんだけど。ちょいがっかりした。

「この薬飲んだらお酒飲んだらダメだよ、効果強くなるから」あっわかりました。でもそれアルコール外来に来た人に渡す薬としてオーケーなのか…?絶対飲むでしょ。それ見越して処方せん少な目に書いてるのかね。20分くらい話して、1か月後にまた来ることに。

今日は5日目くらい。初日は薬のむ前に帰りの一杯をやらかして3杯くらい飲んだが、翌日からは薬を飲んだら酒は飲まなくなった。抗不安薬効果なのか。あと、これ「酒NGの薬渡されて我慢できるか」もみてるんだろうな。

昨日の朝はここ数ヵ月で一番スッキリした目覚め。頭のもやがすっかり晴れた感じだ。そう、酒飲まないと頭がスッキリするんだよ。忘れてたこ感覚。まあ酒飲んだらまた忘れるんだろうけど。

とりまアルコール外来レポはこんな感じ。自分ではまだヤバイ段階にいるとは思ってないけど(問診過程質問事項に闇を見た)、コントロールは完全にできてないので、行くのけっこう躊躇ったけど受診してみてよかったと思った。それに、やめなくていいかコントロールを目指せと言われたことで変な負い目が心の中から消えた。あと、会社人間アルコール外来行った話すると酒の無理強い減ったのでそれもよかった。

これ書いた理由は、「海外芸能人ガンガン病気の話してるのいいよな、ああい世界きてほしい」と思ったからです。山口達也はああなる前にアルコール外来に行くべきだったんだよ…。

みんなももっと気軽にアルコール外来に行くべき。気になるひとは行っとけ。

追記:「アルコール外来高そう」というコメント見かけたので値段も書いておく。自分場合は診察費2000円、薬3週間分で2000円。これが高いかいかわからん

追記2:この駄文見て行こうか考え始めてる人をちらほら見るのでもう少し補足。

ビール1リットルが「やばい」の根拠は、医学的に「健康に支障をきたさない1日の飲酒量」が20gだからビールだと500ml。それ以上毎日飲むと健康に影響が出る、と医学的にはされているらしい。そそれをオーバーしてるのは当然よくないし、何より「アルコール依存症かどうか」を酒飲みが冷静に判断できるわけがないのだから。まずは医者にみてもらった方が確実、と思った次第。

2019-03-03

[] #70-3「パンジャム事変」

この学校食堂普通である

何を持って普通と言うべきかなんて知らないが、ともかく普通なんだ。

不衛生というわけではないが、綺麗と評するのには無理がある内観。

カウンターに貼り出されるメニューは、ちょっと離れた場所から見るだけで全部読める。

首を動かす必要すらなく、全てを視界に捉えることが可能だ。

そして料理の見た目は精彩さを欠き、味に至っては繊細さの欠片もない。

栄養バランス

そんなの“自己責任”さ。

食堂を利用する生徒の半分はそう答えるだろう。


そんな食堂の人気メニューも、これまた普通だ。

1位は唐揚げ

2位はハムカツ

3位は細切りフライドポテト

4位は素ラーメン

5位がカレー

揚げ物がトップスリーである

そして察しの通り、この三銃士サイドメニュー

メインの料理とは相互関係にある。

例えば4位の素ラーメンに放り込めば、若者飽食に応える「揚げ物が入ったラーメン」が完成する。

から滲み出た油はスープに溶け込み、そのスープを衣が吸うという循環システム

コショウをかけて麺と一緒にすすれば、別々に食べるより何倍も美味いという幻覚をもたらす。

或いは、5位のカレーに乗せてもいい。

具があるのかないのか良く分からないカレーは、「明らかに具のあるカレー」に生まれ変わる。

飯とルゥの配分に苦戦しながら頬張れば、「1+1=2」という真理に辿り付けることだろう。


だが今回、俺が求めるのはラーメンカレーではない。

パン―――より厳密にいえばコッペパンだ。

生徒の間ではあまり評価されていないが、このコッペパンは割とちゃんとしている。

なぜなら、そこそこ有名なパン工場で作られたものからだ。

甘さも塩気もないが、ほのかに感じる小麦香りは食欲をかき立て、素朴な味は期待を裏切らない。

バターが塗られていないため艶はないが、しっかりと保たれた楕円形によってパンは輝いているように見える。

トッピングは多くないものの、マーガリン生クリームチョコ粒あん、いくつかの惣菜があったりと要所は抑えていた。

更にはサイドメニューで応用が利くので、その可能性は数倍に膨れ上がる。

そんなわけでコッペパンは人気こそ上位ではないが、安定した需要のある公務員だ。

時々、無性に食べたくなってしまう人もおり、かくいう俺もその一人だった。

特に、その日は月に一度あるかないかというコッペパンモード突入しており、加えて空腹にも襲われている。

頭への栄養が不足しているせいもあり、わずかな理性で押さえつけているのが現状だ。

レポートのこともあるし、早くコッペパン補給したい。

俺は焦りを表に出さないよう意識しつつ、平均速度で歩行しながらカウンターに向かう。


とりあえず、たんぱく質が欲しいかハムカツとタマゴは外せない。

それに糖分も欲しいから、シンプル砂糖だけまぶしたやつを……小豆マーガリンもいっておくか。

いや、生クリームチョコカスタードにしよう。

それを口当たりのよい牛乳で流し込めば申し分ない。

近々訪れる未来シミュレートし、自分の口内に唾液が分泌されていく。

早く、この唾液を有効活用してやらねば。

はい、ご注文どうぞ~」

唾液が溢れないよう気をつけながら、俺は注文を口にした。

「オバチャン、コッペパンください」

はいはーい、ちょっと待ってて」

(#70-4へ続く)

2019-02-18

普通の人になれなくて自殺未遂した朝


めっっっっっっっっっっちゃ気持ち悪い。

昨日、家にある色んな薬一気飲みしたけど酷い頭痛幻覚嘔吐だけで、はい、生きてます

恐ろしいほどの倦怠感と吐き気を抱えたままきちんと会社に来ています自殺未遂したあとの朝がひっどい二日酔いみたいなんて10年前は知らなかった。

10年前。中学生の頃、一度だけ同性を好きになった。

思えば思春期友情と恋心の錯覚も少しばかりあったと思うのだけど、全く知識の無い自分自分の心と身体性別が違うのではないか、と疑い、学校に行けなくなった。それが全てのきっかけだった。

感覚気持ち悪くて、1年前に最愛の父を病気で亡くしたこともあり、父親の元へ早く行きたくて自殺未遂自傷を何度も繰り返した。毎日人に迷惑をかけ続ける自分がいればいるほど希死念慮は増していくばかりだ。

精神病棟についてきてくれる母の死んだ顔を見つめたり、首を吊ろうとして泣きながら叔母に殴られるたびに「普通の人」になりたかった。

結局地元から逃げ出し、辺鄙田舎町にある高校に進学した。その高校所謂曰く付き”というやつで、社会に馴染めず地元に馴染めずいじめいじめられ死にかけ命からがら逃げてきた16歳にして社会不適合者の奴らの巣窟だった。

そういった不安定クラスメイト達を見て、あの暗黒の中学3年間をなかったことに出来るかもしれない、と思った。

ここは地元じゃない、自分のことは誰も知らない。だから新しい自分を作り上げればいいんだ。

普通じゃない人たちと一緒に生活をすれば(全寮制でした)普通に戻れるかもしれない、と思ったのだ。浅はかな上から目線である

そこから自分はいたって普通で、ちょっと田舎町で暮らしてみたかった皆に平等で弱さにも理解がある、そういうおせっかいで浅くて馬鹿人間を演じた。

朝、最低な気持ちになってすぐ身を投げたくなる気持ちは「朝が弱い」というと「だらしないな」と返ってきた。

無数の手首の傷跡は「猫をたくさん飼ってて」というと同じく猫を飼ってる人間から共感された。案外、どうにでもなった。

そんな人間10年近く演じてきた、その内演じてることを忘れてそれが根本性格だと錯覚してきた。取り繕うだけの10年間だった。きっと絶望的に悲しいことがあったとき自分はまた中学生の時のダメクズで最悪のゴミに戻ってしまう。それは絶対避けたい。だからあらゆる困難から逃げてきた。揉め事になりそうな時は中立立場にいたし、そもそも作ってる人格しか人と接してなかったので自分意見がなかった。八方美人と噂されても、その後に待ち受ける暗闇よりはマシな方に思えた。

ある日、母親の友人が鬱病自殺をした。

葬儀会場で大泣きしている母は「あんたは普通になってよかった」と抱きしめた。ずっと二人で生きてきた、母親が言うのだったら私は普通に戻れたのだろう!母を見事に騙せていた自分は、誇らしかった。

お母さん、だって私、あれから高校の友人の面倒をみて、大学に行って、就職して、友達もたくさんいて、異性の恋人もいる、普通の人だもんね!やったよ~!!!普通の人になれた!!!!!!

はずでしたが、こうやって上手くいってません。なれませんでした。

高校3年生の時、アイドルオタクになったことが 自分精神の均衡を保っていた。その時からアラサー現在までずっと見つめ

ていた俗に言う”推し”を、自分宗教神様の類のように扱っていた。この世のもので唯一本当の自分と対面しているものだった。その推し恋人との写真を撮られたことが、終わりの始まりというやつだった。嫉妬できて癇癪を起したらどれだけ楽だっただろう。そのことより、推しが1年間休むことな批判を浴び続けていたことが、スイッチを押してしまったのだと思う。言い返せば、倍の黒い塊が返ってきた。推し非難言葉を浴びれば浴びるほど、化けの皮はどんどん剥がれ、八方美人は一方にしか向けず、日常生活は送りづらくなってきた。

いくらの子にも本当の自分を見せなければよかった。

数年が経って、メンバー推しファンアンチ全員がそのことを忘れても自分は全く忘れられなかった。例えば誰か芸能人犯罪を犯して捕まって、その批判や援護を遠巻きから見てるだけで発狂しそうだった。こんなアイドル風情のことで勝手精神病んで病院に行くのなんて馬鹿らしくて、そもそも普通じゃないじゃん。となって病院には行かなかった。

それからずっと上手くいってた人間関係もどうやってこなせていたかからなくなり、どうやって電車に乗っていたのかわからなくなり、どうやって生きていたのかもこの歳になってわからなくなって、昨日。

知らぬ間に人のことを迫害していたようで、そんな「知らぬ間に」なんて経験化けの皮を被ってから一度もなくて、自分が黒い塊を送る側になるなんて考えられなくて、どうしよう、人のことを傷つけるなんて、普通じゃない。

ふと前を向くと、推しうちわの前に置いてある薬箱が目に入った。

朝、死ねてなかったことより、やはり私は普通にはなれないことに、どうしよもない絶望を覚えた。

日本酒飲んだ次の日の朝よりキツい。どうやら、親友電話をかけていたようで親友から最後LINEは「でも死ぬのは逃げだよ」だった。

平気に生きたいな~~~~。とりあえず、次の休み病院に行ってみます

普通、じゃなくなりに行きます

2019-02-10

なんであんなに無様な状態なのに、あんなに喜べるんだろう。

ひどいゴリ押しだ。そんなに余裕がないのか?そんなにサプライズとやらで集客し期待をたかめないと、集金もできない程に古くてガタガタの屋台だって気づいてるんだろうし、これからも搾れるだけ絞るんだろうさ。別にそいつはかまわんが、その出汁彼女を使わないでくれ。

接戦の末負かした連中に混ざって笑う姿があまりもみじめだ。お綺麗な連中だから本人も周りもそんなこと思っちゃいないんだろうが、見る側からすればたまらなく無様でみじめだ。おこぼれで喋って歌まで歌って満足か?あの子は「頑張っていたらいつか不幸でも頂点に行ける」と思っていたんじゃあないのか?泥をすすって生きてきた強みじゃあなくって、突然渡された札束で喜べと?そんなもの求めちゃいなかった。彼女はずっと俺と同じライン二人三脚でいてくれるって信じてたのに、真面目になれば元からあの女は俺とは一切無関係人間だったってことじゃあないか逆境に一緒に耐えてくれると思ってた。派手なゴールで一緒に万歳三唱したかった。現実がつらくてもどこかでこの子も頑張ってると思えばなにくそ根性で耐えられた。

こんな形で奪っていくなんて、ゲームコンセプトの全否定じゃあないか。そこまでして金が大事だったか。俺も大事から気持ちはわかる。お金は何よりも欲しい。俺たちみたいな馬鹿ヲタクはなんて貧層な金鉱だ。

一歩一歩を一緒に歩いてきて、拠り所を突然天上に持ってかれたとき、怒りより呆れがあった。脱力した。ここまでしないと回らないのか?と、そこに彼女を使われてしまって、そんな真似をするならもう金輪際縁を切ろうと思った。アカウントを消した。画像も削除した。あらゆるSNSで、彼女が関わってた部分から逃げた。ここから先の彼女解釈違いの嵐を身にまとうだろうと思って、全力で逃げた。関わり合いになりたくなくて全てを断った。

でも奴らは最低だ。どれだけ身を潜めても活躍が聞こえてくる。サプライズなんてものをありがたがってる妄信者どもが、ゾンビ仲間を作りたくて仕方ない奴らが、どこに行ってもそのご威光を光らせてくださる。そんなに広告下手な運営の為に無償で働いて、いいご身分なことだ。さぞや楽しかろう。外から眺めて嘲笑して気を紛らす程度はできる。そんな考え方が同レベルと言われようが、関わらなければ済む話だった。事実今までは影に怯えつつも平和だった。

多分、逃げ方が半端だったんだろう。結局のところ、彼女はこれから時代を担う客寄せパンダにされてしまったのだ。大勢に響く声で叫んでなんぼ、場末で身を縮めている程度でどうにかなると思っていた俺が間違いだった。これからピエロと化した彼女狂信者イナゴたちに寄ってたかって祭り上げられるのだろう。そのたびに、俺は元からどこにもいなかった「ふたりで頑張ってきた少女」の幻覚勝手自傷するんだ。勝手に信じて、勝手に裏切られて、誰よりも屑なのは間違いなく俺だ。誰も何も間違っちゃあいない。あの女は最高にいい女なんだ、きっと誰より激しく燃え上がる。俺なんかと隣にいるほうが間違いだ。頂点に立てばいい、それだけの器がある。そうして全部燃やし尽くして、何もかもくたばってしまえばいい!世の中はネームバリュー目当ての太鼓持ちで溢れているが、この先あの子はそんなくだらない連中に食らい尽くされるだろう。ざまあみろ、そうなりたかったのはお前自身なんだ!俺の知らないどこかで輝いて失せてくれ。

きっと名前を見ないなんてささやかな願いは絶対に叶うまい。そうしたい奴らの下で働いてるんだから。なにか重篤不具合でも起こしてサ終してくれないかな。身勝手な話、できれば一緒に喜びたかったんだけど、ここまで見てる部分が違うなんて思ってなかった。この世に味方なんていない。

2019-02-07

anond:20190207084125

>君の貼ったurl引用記事はないが?

ありゃ、ごめんね~。https://anond.hatelabo.jp/20190130184657の方だった。

https://diamond.jp/articles/amp/129823?display=b

これね。で、私が「痴漢冤罪の事例が出てるだけで、他の犯罪より性犯罪冤罪が多いとは書いてないよ」と言ったのはhttps://anond.hatelabo.jp/20190130190914

あなたは「痴漢冤罪が横行してる」と言ったの。それを証明するためには、冤罪の事例を挙げるだけではダメ。なぜなら他の犯罪にも冤罪はあるから

「横行」と言うからには、「他の犯罪よりも性犯罪の方が冤罪が起きている」というデータを持ってきて。

そもそも結果のブレが「差別」直結だと考えてる阿呆には何言っても無駄

一般人フェミさんよりずーーっと偉い学者さんが色んなデータを突き合わせて「女性差別」を証明してるわけだけど、「結果のブレが「差別」直結だと考えてる」なんて単純な図式に見えるなら、本当にあなたエビデンス読み解く力なさすぎるよ。

>君しか見えないもの、それを人は「妄想」とか「幻覚」と呼ぶ。

私以外にも見えるはずですが?

>「いうこと聞くまで殴り続けるけど、いうこと聞くのはお前の選択です」ってか。

悪質ないちゃもんと真っ当なクレームを全部まとめて「殴る」と見なすあなたが異常。

>「多いとも知ってる(しかし一人も上げられない」「ちゃんとした批判実例無し」

私の知り合いじゃないどころか絡んだことすらない人だから、無断で引っ張り出すわけにいかないってだけ。

だってもし紹介したら、あなた攻撃しに行くでしょ?迷惑かけられないもの赤の他人に。

そうだな~、私は某映画について、「ストーリーを見てると、最初は○○だったのにだんだん▽▽な描写になっていって、結局女の子が弱くなってくんだよね」っていう批判を見たことがある。ぼかした表現でごめんね~、はっきり言うとその人が誰だかバレちゃうからさ。

その批判はきちんとストーリーに沿っていたし、なるほどと頷けたね。

>毎回フェミに反抗してる人たちもそうだってことは想像すらつかない?

想像つくよ。ただし、ある程度はね。

よく知らないで批判してるフェミさんと、「その見方は誤解だ、見れば分かる」って対抗する作品ファンって構図も、あるにはあるだろうよ。

ただ、私が見る限り作品ファンの方々は「表現の自由だ!」って言えば反論した気になってて、真っ当な批判をしたフェミさんにすら真面目に向き合ってない場面が多いね

>君がフェミニストの思想に触れた瞬間から

うわ、偉そう。

私が生まれるずっと前からフェミニストはいて、少しずつでも活動の成果は上げてたんだよ。そのフェミニストが成果を上げた中での社会に生まれて、物心いたこから「男女は平等だ」とか「女性に対する○○は差別だ」ってことは教えられてきた。

まりね、「フェミニストの思想に触れた瞬間から」と言われると、0歳になっちゃうんだな~。

あなた0歳の赤ん坊にそんなこと要求するの?ひどいね~。

anond:20190207013009

違う違う!私が言ってるのは、あなたの方が↓

anond:20190130182825

ここで出したURL、「痴漢冤罪」についての記事

君の貼ったurl引用記事はないが?

というか君書いた増田でしょこれ。

私は「痴漢冤罪が横行する」と主張するあなたに対して「エビデンスは?」って聞いたよね。そしたらあなたがこれを出したわけだけど、痴漢冤罪が「横行」してる数値らしきものがどこにも書いてないのよ。

しかもこの記事、ほぼエッセイだし。

から私は次の返信で「痴漢冤罪の事例が出てるだけで、他の犯罪より性犯罪冤罪が多いとは書いてないよ」って指摘したの。

そしたらあなたの返信は「フェミに長文で付き合うのはもうやめる」だったわけ。

痴漢冤罪の事例が出てるだけで、他の犯罪より性犯罪冤罪が多い」とは一言もいってないから、こんな頓珍漢な指摘に付き合ってられぬ。

現に物証無視した(そもそも存在しない)冤罪の事例がある以上、痴漢冤罪の警戒は当然。

それでも男には専用車両はない。

もうこの件で、あなたにどんなエビデンスを見せても無駄だってことが分かった。なぜなら記事を正しく読み解けないから。

まあ、例え読み解けたとしても、何を見てもどうせ「女性差別ではない」ことにしたがるだろうしね。

「見せても無駄(見せられない)」ですね分かります

女性差別なんか存在しないから、エビデンスもあろうはずがない。

そもそも結果のブレが「差別」直結だと考えてる阿呆には何言っても無駄

夢じゃないんだよなあ、これが。

まあ、これに関してはSNSをそこまでやってない私が悪いか

しか見えないもの、それを人は「妄想」とか「幻覚」と呼ぶ。

ほら~、都合が悪いエビデンス嘘呼ばわりするんでしょ?

じゃ、嘘だって証明しなよ。あのランキングは相当いろんな数値から出してるはずだけど、頑張って立ち向かってね。

女性優位」は「男女平等」としてスコアを算出するランキング妥当性があると?

フェミさんじゃもっと決められないと思うけど?

法が定めてる。民主的なてつづきを踏んで。

そして表現者はそれに則って表現してる。

フェミはそのボーダーを踏み越えわがまま押し付ける。

取り下げてほしい方は、そりゃ「取り下げろ」と言い続けるよ?

例えばタレントだって必ずアンチはいるだろうし、CMに出ればクレームも来るだろうけど、もしそれにいちいち付き合ってたらもっとめまぐるしくCM差し替えになるはずだよね?でも実際は差し替えなんてそうそう起こらない。それは企業に、アンチの「お気持ち」なんか知らねえよ、って言える強みがあるからじゃん。

今回は単に立ち向かえるほどの強みがなかったんでしょ、ロフト側に。

「いうこと聞くまで殴り続けるけど、いうこと聞くのはお前の選択です」ってか。

やくざ

はいはいフェミさんの「お気持ち」ね。

女性差別はない」と言い張るあなたにはそういうふうにしか見えないんでしょ?

実際に全く何一つ正当な批判など存在しない。

「見えない」ではなく「存在しない」

私はフェミニストの言うことに正当性があると思ってるし、知った上で批判している人が多いとも知ってる。でもあなたはそうは思わないし、ちゃんとした批判を見たことない(見てもそうと分からない)。この点に関しては平行線からもう何を言っても無駄だよ~。

「多いとも知ってる(しかし一人も上げられない」「ちゃんとした批判実例無し」

妄想癖ですな。

あと私が「よく知らない」って言うのはね、フェミさんが話題に出してる作品を、そもそも私が知らないってことがあるんだよ。

その場合は、フェミさんがストーリー批判してるのかそうでないのか自体判断できない。だから口の出しようがないわけ。

何となく「この人は具体的にストーリーを口に出してるな」って分かるときはあるけど。

今回ははぐプリだから口が出せた、それだけのこと。

あっそう。実に都合がいいですね。

毎回フェミに反抗してる人たちもそうだってことは想像すらつかない?


「少ない」って言ったのが見えないのかな?あんまり発言しないんだよ、私。ここだとそう見えないかもしれないけど。

逆に聞きたいんだけど、「今更フェミ批判しやがって」って思うんなら、私いつからしてれば良かったのかな~?

多分、私が生まれる前からフェミニスト」って存在すると思うのよね。私がいくつかは教えないけど。

君がフェミニストの思想に触れた瞬間から

人権侵害肯定する思想賛同する人間が、何を開き直ってる?

2019-01-30

睡眠障害について

下記のような状態なのだけど、病院にいくべきか?現状維持すべきか?で迷ってます

病院行って聞けって言うのはその通りなのですが、書いてみます

ネガティブな面

睡眠全般的に浅くてうとうとしている時間が長い感じがある

・深夜早朝に必ず2回くらい目がさめる

・毎朝、起床時間1〜2時間くらい前に目が覚めて、うとうとしている感じになる

・浅い眠りのときに、入眠時幻覚?のようなものを見て跳ね起きたりすることが珍しくない頻度である

・何年も継続していて改善しない

ポジティブな面

・入眠はやや時間がかかるが(30〜40分)、そこまで問題苦痛に感じていない

対症療法的ではあるが、毎晩起床時間の8時間ほど前には布団に入ることにより、睡眠の質の悪さをある程度相殺できており、日常生活で極端な苦痛は感じていない

(言い換えると、これだけ長く布団に入っていてもベストな体調にならないと言える)

上記のような状況のため、問題を感じつつも、病院に行って薬を処方されたりしたほうが、中長期的によくない結果になるんじゃ・・・という不安があります

何か意見など伺えると幸いです。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん