「女装」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 女装とは

2018-07-16

anond:20180716104557

町田遠いな

若くて女装してる子とかにしゃぶってもらうのが好きなので

新宿ラフレシアとか新橋ビデボとかで会えるならイキたかった

2018-07-15

自分の見た目がかわいくないので

もしかして一生懸命女装すればかわいくなるんじゃないかと思った。

女だけど。


ちなみに中身なんてかわいさのかけらもないクソだよ。

2018-07-14

anond:20180713201353

校長来年から君にメイクの授業をしてもらいたいと思っている。教えられる人がいないので独学になるが頑張ってほしい」

教員「私は男ですしメイクなんてやったことがありません。家庭科先生に頼んでもらえませんか?」

校長「もう頼んだんだが…家庭科と保健・体育を兼任してもう手一杯だそうだ。それにもう50歳なので若い子のメイクは知らないということだ」

教員「……」

校長「新任・非常勤も考えたのだがどこも人手不足人員が確保できなかった。君は教師で唯一の20代だ。君しかいないんだ」

教員「……わかりました……」

  

一ヶ月後

教員校長メイクの授業ですが、男子にもやらせましょう。世の中は男女平等に動いています

校長「そう言ってくれると助かる。実は男子武道教員が確保できていなくて困っていたんだ」

  

10月

保護者A「うちの子友達女装してたんですけどどういう教育しているんですか!」

保護者B「うちの子女子用の服しか着なくなった!下着もですよ!」

保護者C「メイクの授業やる前はこんな事言わなかったんですよ!どうしてくれるんですか!」

保護者D「この女装ユーチューバーってメイク先生ですよね?なんでこんな人にやらせてるんですか?女の先生はいないんですか!?

校長「(どうしてこうなった……)」

2018-07-13

女装して散歩したらナンパされまくった話

女装趣味エスカレートし、ついに外出することになった

 

最初は深夜

巨乳の偽乳を仕込み、ハイウエストの超ミニニーソであざとさ前回の服で歩き回る。

その日は特に何もなかったが1人のおじさんが後を付けてきた。

ある分かれ道で追い越され、私の進みたい方ではない道を行ったおじさんは

一度だけ振り返った。じーっとこちらを見つめるので意味もわからお辞儀をして別れた。

思えば誘われてたんだと思う。家に帰ったあとで少しだけ後悔した。

 

何度か外出をして、転機が訪れた。

「君、女装でしょ?」

チャラそうな男が声をかけてきた。

この人はAという人で、その後長い間お世話になることになる。

 

実はこの時点で個室のトイレに二人で入っているという異常な状況だった

初めてナンパされて嬉しくなった私はAに肩を掴まれるという大失態を犯し、

抵抗虚しくトイレまで誘導されてしまったのだった

 

「凄いね、肩掴んでも全然気づかなかった」

Aは本当に、ものすごく嬉しそうに私の身体をなでた。

「で、何できる?エッチできる?」

無理、とは言えなかった。怖かったのだ。

咥えることはできる、と一度も咥えたことのない勃起したそれを口に含み必死に頭を振る

「あー、やばい。すっげぇー気持ちいい……。馴れてるね、チンポ咥えるの好きでしょ?」

というAの言葉は、今でも忘れない。

 

得も言えぬ興奮が込上がり、脳を溶かすかと思った。

Aは私のアタマを掴み、乱暴に腰を振った末に果てた。私はそれを飲み込んだ。

 

Aとはそれっきりだった。

しばらくして再開し、数度再開した辺りでやっと連絡先を交換することになった。

 

 

何度も出掛けてわかったが茶髪ウィッグ時がもっとナンパされやすい。

そして、服装巨乳・プリーツのミニスカが良い。

生足だとナンパ比率は跳ね上がる(生足の日でナンパされなかった日はなかった)がニーソが好きなので基本はニーソだった。

 

 

ナンパしてくる人は、チャラい人よりもサラリーマンが多い。

よく、終電帰りのサラリーマンがこっそりと後を付けてくるので手頃な電柱の下でスマホをイジるふりをして歩を止めると

 2割ほどがそのまま素通りし、

 3割ほどがチラチラと振り返りながら通り過ぎる。

 

そして、

 残りの5割がナンパをしてくるのだ。

 

深夜、オレンジ色の街頭に照らされた「いかにも」なミニスカ巨乳の女を見れば

多少不自然な体格でも終電帰りでくたびれてるサラリーマンには見分けがつかないらしい。

 

意外と言葉を発さなくても疑わない人は多い。

寧ろ、無言で精一杯女の子らしい動きを意識すると男の鼻の下が伸びるのがよくわかった

足はまっすぐ腰を少し曲げて、小首をかしげる。

 

すると、男もだいたい小首をかしげる。

「どういう意味?」という感じではなく、こちらのジェスチャーを真似ることで接触を図ろうとするのだ

スケベ顔で小首をかしげて、警戒心をなくした男たちは不自然なくらい近づいてきて「何してるの?」と問う。

 

そこでもう一度小首をかしげる。

身体を左右に揺らして、指で唇に触れ、ちょっと考えてから首をかしげる。という動作は、たまらないらしい。

スケベ顔に磨きがかかり「教えてよー」ともっと身体を寄せてくる。

 

ここでい悪戯心を出して男の身体に触れようとすると、だいたい皆数歩下がる

「いやいやいやw」と、スケベ顔であからさまな期待をしつつ数歩下がる。

仕方がないので胸を強調する仕草をすると、男たちはゆっくりと手を伸ばして胸に触れる。

 

 

……ここまでが、テンプレートといっても差し支えない。

あとは状況を見つつだが、結果は2種類。

 

意外とばれないことも多く、この後俺の家で続きをしよう。と誘われることもよくあった。

 

そして、バレる場合

流石にスキンシップを過剰にすればバレることもある。

しかし、そうした時行為を辞める人は驚くほど少ない。

私の腰に腕を回し、小柄なお尻を鷲掴みにしてギンギンに勃起したそれを擦り付ける。

 

息を切らしながら、咥えるように促すその様子がひどく可愛い

 

私は無言より、感想を言ってくれる人のほうが断然好き。

やばい」とか「気持ちいい」「そこ、すごく良い……」や

余裕たっぷりに「変態じゃん」「何本咥えたの?」とこちらを女性と思ってなじる男も大好きだ。

 

 

ファーストキス外国人男性だった

男性は果てた後、私を抱き寄せ酒とタバコ臭いのする舌で強引に私の初めてを奪った。

ファーストキスは、酒と煙草と口内に残った精子の味だった。

骨が軋むと錯覚するくらい強い抱擁に、しつこくマーキングするみたいな濃厚なキス

コレは私が初めて男性に逝かされた瞬間だった。

 

行為を共用されるかと思いきや、男性はあっさり去っていった。

 

 

程なくして私の活動は昼に移る。

平日の昼間、娯楽施設に人の姿は少なく。ナンパも多い。

特にゲームセンターは最高だった。

店員の見回りはほぼ無く、少しだけ薄暗いので誤魔化しもきく。

お尻の肉が見えるくらいのミニスカで店内を歩き、

足を曲げずに腰だけ曲げて機体の説明書きを読む。

 

集まる視線、後ろから声をかけられて見知らぬ男と一日デート、ということもザラにあった。

ここで驚くのはオタク系のナンパが多いこと。

私の服のチョイスがオタク受けするからかもしれないが、行動力は立派だと思う。

そしてオタク女装を見抜く能力があまりない。練習した不自然な女声でも全然ばれない。

ミニスカでボウリングに興じるのが好きなのだが、

奥手で鈍感でむっつりスケベオタク相手でないとコレは出来ない。

 

オタク特有の不慣れなボディータッチ面白い

ボウリング中にハイタッチをするが、すごく不自然ハグ要求する。

映画を見たときなど2時間ずっと太ももに手を置かれた。

そしてオタクエスカレートするから面白い

外を歩く時、羞恥プレイと言わんばかりに左手で胸をつかみ、

右手スカートをめくってお尻を鷲掴みにされた。

「こういうの好きなんだ……?」と馴れない感じに言葉責めされる、最高だ。

そしてやはり、面白いくらいバレなかった。

 

というか、

日中外に出ても女装がバレたのは若い女性にだけだった。

男は本当に気づかない。

おばちゃんも気づかない。

奥様は気づいているのかもしれないし、スルーしてるかもしれない。謎だ。

 

ともかく、楽しかった。

でも今年で大学四年生

7月になり就職活動も本格化。

かく言う私も4月以降はあんまり女装が出来ていなかった。

 

私は今後も女装を続ける。

そのために永久脱毛チャレンジしたい

2018-07-12

バ美肉恋声だとキャッキャしているお前達に告げる

バ美肉恋声だと仮想現実インターネットエンジョイしているお前達、その先にある絶望を知れ。

いか、よくきけ、お前達のなかから、これから一年二年と経つにつれ、どんどんトランスジェンダーが生まれていくだろう。

後天的トランスジェンダーだ、これは予想ではない、予言だ。

お前達は、褒められるだろう。

お前達は、日常的に女として扱われる/扱われているだろう。

お前達は、女であろうと振る舞おうとする/振る舞っているだろう。

お前達は、これこそが本当の自分ではないか認識し始めるだろう。

この先に待つものは何か。

ずばり、性自認の上書きだ。

上書きされた性自認とお前達は戦うだろう。

その戦いに勝てた者は良し。

負けた者は、そこに待つ絶望対峙することになる。

絶望対峙する覚悟はあるか。

無ければこの大波から、一歩下がってしっかりと状況を見極めろ。

この波は、既にインターネットに何度か来ている。

大きな波の例として、

一つは、ネットゲームによる異性キャラロールプレイの波。

一つは、ある同人ゲームファンの間で発生した女装コスプレブーム

他にも波はあるが、これは観測範囲にもよるだろう。

VRによって起こされている現在のこの波は、かなり強力な波だと言える。

VR自身の動きと連動するため、脳が簡単に「これは自分だ」と誤認する。

その内脳は「なぜこのキャラクターが自分ではないのか?」と問答を始める。

「なぜ毛むくじゃらのおっさん現実アバターなのか?」

現実アバターVRの方に寄せられないか?」

「なぜ喉からは野太い男の声が出るのか?」

「どうして毛が生えてくる?」

「どうして?」

「どうして?」

その先にある絶望を知れ。

現実を見極めろ。

---------------------------------------------

こんな事を書いてますが、私はMMOネカマの波によって埋もれていた性自認を引きずり出され、それからいろいろあって女として生活している元男です。

古き良きネットゲーアバターテキストチャットだけで人格ねじ曲げられちゃった位だし、VRとか本気でやばそうだな〜、と、ヒヤヒヤしながら観戦しています

一応解説しておきますね。

バ美肉: バーチャル美少女受肉。 あるVtuberさんのあたりから起こった現象で、仮想現実かわいいキャラの肉体を獲得するぞ!というムーブメント

恋声: 精度の高いボイスチェンジャーアプリなんだとか。(よく知らない)

2018-07-04

anond:20180704183004

言うて精神JDならパッと見ではわからんぐらいのレベル女装してる気がする

身体男の精神喪女なら相当酷い絵面になるかもしらんが

2018-07-03

男の娘とのファーストコンタクト

男の娘っていいよな

からいいなぁって思ってた

女らんまとか境界攻めてるキャラが好きだった

初めてそれに触れたのは、まだ男の娘と言う言葉もない頃だった

当時は女装少年とか言われていたが、すごいニッチジャンルだった

ネットで調べて、そういう同人作家ホームページにたどり着いた

その時の衝撃はすごかった

おギンギンだった

IRCネットの友人に

「すごいの見つけた。ヤバイもうだめだ」と衝撃を生で伝えた。

するとそれを見た友人は、「耐えろよ。おまえ耐えろよ」と僕が越えるのを止めてくれたが

「ふう手が止まらなかった」と僕が言うと「早漏だな」と旅立ちを祝ってくれた。

そこからすぐだ。

ブリジットという男の娘確立するキャラが出て来てジャンルとして定着するようになった。

友人もエロいと認めつつも頑なにシコらなかった。

でも、僕はどうしてマウントしてしまったんだろう。

IRCはいえこういう素直な気持ちを伝えられる親友だったと言える

でも僕に彼女ができてそういう人並みの惚気や悩みを言ってしまった。そこから友人は次第に離れていった。

結婚したときにも連絡はとったが返事は帰ってくることはなかった

またそういう話をできる友人がほしい…

2018-06-27

anond:20180627163413

例えば、車好きの男よりは車に興味がない男の方を好む女は沢山いるし(むしろ車好き=DQNっぽくて嫌だ、って女もよく聞く)

子供もお互い作らない事を望むDINKS夫婦なんかいくらでもいるし

高収入社畜より低収入でも余暇多くて家事育児に協力的な男がいい、って女も多いだろうし

ゲイ好きのおこげという人種もいるし

「金・職・車・家・女・子供」に囚われない男、と言う話が

何で「女装好きのおっさん」まで飛躍するのかさっぱり分からない

そんなにもこの6要素が増田にとっては重要なのか

anond:20180627161830

男女どっちも許容しないだろうそりゃ

テンプレだのステレオタイプにとらわれだのとまあお気軽に口では言うが、そこから外れた存在と聞いていったいどんな男を想像する?

フェミが想定してるのなんざ、せいぜい「ユニセックス女性感情にも理解のある若い美形のゲイ男性が生きやすくなったらいいなぁ~♪」ぐらいなんだろうが、もちろん実際はそんなのばかりじゃないぞ

多様性無責任に持ち上げるというのは、何が好きかわからない、何を考えているのかもわからない、なんなら女装してその辺を歩くかもしれない、そんなおっさんが解き放たれるのとイコールなわけだ

けどそんなん、普通の人らはもちろん、フェミですら不気味でしょうがないに決まってるだろうが

正直になれって

2018-06-25

違うん…違うん…

彼女男の娘系の漫画を所持しているのがバレた。

彼女男の娘…?男の人の女装が好きなの?」

俺「可愛いなら意外と」

彼女ホモ…?」

俺「いいや?」

彼女レズとか好き?」

俺「嫌いではない」

彼女「なんでもいいの?」

俺「いいなと思えるなら」

彼女「男の人同士でのSEXとか好きなん?」

俺「男に入れる穴はないから嫌いです」

彼女「でも、男の娘好きなんでしょ?興奮しちゃうんでしょ?」

俺「漫画は好き。でもお尻は排泄物をひねり出す所です。ありえない」

彼女「…ふーん」

ここで話は終わったが、誤解を招いたままで怖い。違うん…違うん…。

彼の趣味

なかなか厳しいものだった。

休日夕方大事な話があると向き合って言われたから「別れ話か?」と身構えた。

お互いに干渉し合わずに付かず離れずのような関係で、仕事のない休日に一緒にご飯食べに行くくらいだったから、なんで付き合ってんのと友に言われたりするくらい。好きだけどそんな関係なら別れ話も致し方無しと思ったら違った。

「俺さ、アクシーズファムやアマベルとか好きなんだ」

困惑

彼の好きなものを聞けたのは嬉しかった。

しか普段あんまり主張しない彼がこうもはっきりと言うくらいなんだからよっぽど好きなんだろうなと思って、私も年齢的にちょっときついけど少しくらいなら着てやるかとおもったら違うらしい。なんと自分が着たいって。


詳しく聞けば、女装したいというわけではなくて家の中でくらいは可愛い服に袖を通していたいと。なんじゃそら。

家の中で、と言っているしいいよと言ったのが先週。私の名前を使って通販で買って届いたのが3日前。

今は私の家でふりっふりの服を着てる。たまに見えるすね毛がきつい。

本人は満足そう。私も着るべきか?もうすぐ30だぞ?

2018-06-24

anond:20180623181244

経営陣の方は複雑なアルゴリズムなんかはわからなくて、何ができて何ができないのかわからない。そのために利活用が遅れている」

その為の課題例が「女性エンジニアが少ない」であり、それによる生じる問題男性は「いいところを見せたい」というやる気が出ない。そして、女性エンジニアにとっては、女子トークができない。

その解決方法女性エンジニアを増やすではなく、「女性認識できるものがあればよい」であり女装させ機械学習男性ボイスをナチュラル女性ボイスに変換で解決。と

まり女性エンジニア機械学習による変換されたネカマ(中身は男のまま)がいれば女子トークが弾み

男性エンジニア機械学習による変換されたネカマ(中身は男のまま)に「いいところを見せたい」というやる気が出て生産性アップ

と言う事らしいが、如何にナチュラルに変換されるかに腐心していて、課題問題解決に繋がっているかさえ評価していない。

まり、何ができて何ができないのかわからない。

ネタならネタで、失敗でも成功でも落ち(評価)を付ければ良いのにそれさえしない。

女性エンジニアが少ない問題女性の皮を用意すれば解決という、人格性や個性無視した前提がすでに間違っており

アルゴリズム解決できる事と、問題解決できる事に直結していないので、この課題例だとやはり利活用が促進できない。

機械学習による音声変換なら父子家庭による母親ボイスによる赤ん坊への安心感提供とかの方が利活用進むでしょ。

anond:20180624135133

記事は男を女装させて声を女声に変換して問題解決すると言っている

女装して声を女に変換しても

「ここわかんないんですけどぉ〜」って言われてそこで「どらどら」とパチーーーン!と華麗にエンタキー押して「すごぉーい。やっぱり先輩って頼りになりますぅ〜」

という状況にはならないので、元記事はそういう意味ではない

anond:20180623181244

男性エンジニア女性エンジニアに変えるというソリューション自体が、女性軽視であり、男性軽視に当たるという主張だ。

これはよくわからないのだが、例えば、男性から女性に性転換した人は別に男性軽視したことにはならないだろう。

さらに言うなら、おじさんからバーチャル美少女になろうとしているVTuber漏れなく差別主義者になってしまう。

これに関しては発表者が

『ではどのように女体化する男性エンジニアを集めるか?』という部分に触れて無いので何とも言えんのだが

増田が例に出してる人々は自分で好き好んで女体化してるわけである

それはたしかに誰にも差別・軽視されることではない

しかし、職場で『女体化したい男性社員~~~』と募って人は思ったように集まるだろうか?つーか、元発表の問題定義に則すならその人員が『男性社員として女性エンジニアとふれあってやる気を出す』権利は、その喜びはどこにとばされていくの??

プロジェクトから一人女体化要因出してね、なんて上から通達になったら、それはパワハラだし、元からいる少ない女性社員意味不明すぎると思って引くか腐女子がざわついて『詳しくはかけないが弊社合法おっさんずらぶはじめました』とか誇張してTwitter拡散するかのどちらかだろう

中には女装男性社員女子トークする女性エンジニアもいると思うが、機械学習の方にめちゃくちゃ食いついても本当の息抜き的な意味女子トークできる女性社員はいるだろうか。

というか、元々いる女性社員の質によってはむしろこの男性社員逆セクハラの憂き目にあう可能性すらある。

さらにいうとこのソリューションを実行している会社に、新規女性エンジニア就職希望するだろうか?

しろ『本物の』『本来発表者が望むような性質の』女性エンジニアとの触れあいは遠退くのでは?

まあたしかにどう考えてもネタな発表だったんだと思う。ここまでマジレスバトルになるとは~と関係者皆思ってるだろうね

2018-06-23

vtuberの流れで声を差し替えるのがqiitaでも一時トレンドになって、

最終的には女装コンボになるんやろなと想像はしていたのだけど…

最大の過ちを挙げるとすれば、職場環境ダイバーシティ問題が取り沙汰されている現在、絡めるべきではなかった。

女性やる気エンジニアのやつ

についてしばらく考えてたんだけど

やっぱり改造女性素体に男の部下を使うってのがよくわからない

女性軽視とかそれ以前に、女装願望があるわけでもない男性部下にそれ強いたらパワハラっていうか、なんかもうき⚫⚫⚫だろ

しかもそれ出来る容姿男性社員って一定以上の容姿いるだろ?

あいつ数少ない社内の女性社員にちやほやされて気に入らねーって思ってるおっさんが社内の若手男性社員タゲってパワハラセクハラコンボを繰り出してるようにしか思えんのだが。

あと実際講演内容みたいな感じで、女装した自分の部下(男性)がパソコン可愛い声で話してきたとして、男性エンジニアはそれでやる気が出るものなの?

Y社のエンジニア炎上について思ったこと -「女性エンジニア少ない問題

はじめに

「女性エンジニア少ない問題」を解決するために、機械学習で男性エンジニアを女性に変換する

これの記事炎上しているっぽいことがTwitterのTLを見てたらわかったのだが、実際に記事を読んでみても、なぜ炎上しているのかが理解できなかった。こんな事を言うと、「これを読んでなぜ炎上するのかわからないやつはネットやめたほうが良い」とか言われるわけだ。「女性軽視だ」、「性差別主義者」、「エンジニアやめろ」、「発表者を懲戒解雇しろ」的な声が異様に多く言い過ぎ案件だと思ったのだが、具体的に、論理的になぜ駄目だったのかを説明しているアカウントは驚くほど少ない( と思ったら、これを書いている間に書いてくれた人がいた 最後のほうでこの記事について言及する)。マジで誰か解説してほしかったのだが、FFから失礼してリプを送っても、フォロワー数の差で今度は自分炎上する未来が見えたのでやめておいた。

そういう理由で、上記記事のよくある批判ひとつひとつ取り上げ、それに対する反論を書いていこうと思う。ちなみにこのカンファレンスには行ってないので、記事からしかY氏(以下、登壇者をこう呼ぶ)の言葉を読み取っていない。

私の考え

最初に私の考えを書いておく。

・Y氏は差別発言をしていない

・「男性女性がいるとやる気があがる」が、「女性男性のやる気を上げるために存在する」に拡大解釈/誤解された

・Y氏のロジック炎上の危うさを孕んでいることに本人が気づき、やめるべきだった

・Y氏のソリューション自体にはなんら倫理的/差別的問題はない

Y氏概要

Y氏の提案はこうだ。

課題: 女性エンジニアが少ない

課題が生む問題: 女性エンジニアが少ないと、以下の問題が生じる

問題点①: 男性エンジニアは『いいところを見せたい』というやる気が出ない

問題点②: 女性エンジニア女子トークができない

解決方法: 「男性エンジニア女性エンジニアになる」というのを提案する

女性男性のやる気を出すためにいるのではない」という批判

最も多い批判がこれ。

女性コンパニオンじゃねーぞ」「女性エンジニアエンジニアとして見られないのか……」といった批判である

記事から代表的な文を引用する。

そして、これによって生じる問題は、男性エンジニアにとっては、「いいところを見せたい」というやる気が出ない。そして、女性エンジニアにとっては、女子トークができない。これは非常に重要課題だと思います

さて、この批判は、

①Y氏は「職場女性が少ないと、男性エンジニアは『いいところを見せたい』というやる気が出ない」と主張した

②よってY氏は、女性を「やる気を出すための存在」として見ている

ということだと思うのだが、どう考えても①と②の間に飛躍が見られる。

男性女性がいるとやる気があがる」と、「女性男性のやる気を上げるために存在する」では全然違う。本来は前者だったのが、後者解釈がされてしまったのが炎上の主原因だと思っている。

たとえば「家に猫がいないと、俺は『明日も頑張ろう』というやる気が出ない」という人に対して、「お前は猫を『やる気を出すための存在』として見ているのだな」と言うだろうか?

猫が人のやる気を出すのは事実かもしれないが、そこからたかも「やる気を出すため だけ の存在」みたいな解釈は、あまりにもひねくれている。

男性女性意識することで仕事に取り組む姿勢を変える(やる気を出す)」というのは十分ありそうな話で、これは男女を入れ替えても同様の話だ。まさかそのような姿勢の変化は許されないという批判ではないだろう。もしそうだとしても、それなら性差性別を持って生まれ人類特性が悪いことになり、すると性別人類原罪という話になるので、許されざるはY氏のみではなく人類全体ということになる。

女性を猫に置き換えたので別の方面炎上しそうだが(そういう意図はありません)、つまり言いたいことは、「女性が多いとやる気が出るんです」と言った奴に対して、「女性をやる気が出るための存在だと思っているのかこいつは」と考えるのは早計ということだ。

もっというと、私は最初①は「職場女性が少ないと、男性エンジニアは『(女性に対して)いいところを見せたい』というやる気が少ない(あるいは思う機会が(少ない|ない))」と読んだ。だからなんだよなのだが、この辺も読む人によって解釈が変わり、差別だ・差別じゃないの応酬の原因なのだと思っている。

ついでに言うと、Y氏のソリューションによって、女性エンジニアにとっては「女子トークができるようになる」という女性側のメリットも掲げているので、一概に男性本位のソリューションとは言い切れないことを言及しておく。

更についでに言うと、今回のソリューションは、男性女性女装・女声)になることで女性エンジニアの数を増やすというものなので、仮にコンパニオン活動をしなければならない場合(そんな主張は記事では一切していないが)、それをするのは男性である

「『女性エンジニアを1から育成するより、機械学習解決したほうがラク』というのが、女性わずバカにしている」という批判

該当部分を引用する。

ただ、女性エンジニアを1から育成するっていうのは、非常にコストが大きいんですね。これは正確なデータは取りづらいので、短大私立学費卒業するまでにかかる費用にしたんですが、安くても300万、高いと800万といった、数百万単位でかかってしまます。これはちょっと現実的じゃないですよね。

ここでいう「現実的じゃない」は、「職場女性を増やすための手段として、女性エンジニアを社内で1から育成する」ということだと思う。まあ、これは炎上しそうな文ではあるが、以下の2つの反論を用意する。

(1) 気持ちはわかるが、そういう話ではない

(2) そもそも機械学習系のソリューションは大体安上がり系のこれ

(1)については、男性だろうが女性だろうが社内で1から育てるのは大変である。そしてこの文章で腹が立つの共感できる。たとえば私が「男性エンジニアを1から育成するのは現実的じゃない」と書かれた文を見つけたら、「ん?なんで今『男性』をつけた?」とひっかかりを覚えるのは当然だからだ。ただ、今回の場合ではY氏には「女性エンジニア職場に増やしたい」という文脈があるのはわかるので、「女性」という冠がついてもやむなしである。このへんは文脈を汲み取ってもらいたい。

(2)については、機械学習系のソリューションは大体「人を雇うとお金かかるので、機械(またはAI)にやらせましょう」なので、これを否定されると機械学習のもの否定となり、ひいては産業革命否定となる。別に否定してもよいが、Y氏が特別非難されることではない。

「これは男性差別でもある」という批判

男性エンジニア女性エンジニアに変えるというソリューション自体が、女性軽視であり、男性軽視に当たるという主張だ。

これはよくわからないのだが、例えば、男性から女性に性転換した人は別に男性軽視したことにはならないだろう。

さらに言うなら、おじさんからバーチャル美少女になろうとしているVTuber漏れなく差別主義者になってしまう。

「本人に意図はなかったのかもしれないが、私は傷ついた」

加害者は、加害者本人にその意図がなくても、被害者を傷つけるものだ」という文脈での批判(?)である

これはどこまでも正しい。

ただ、このようにして傷つけた場合、それは女性差別になるのだろうか。

炎上しそうなネタ/うかつなネタだ」という意見

技術自体問題ないが、本題とは関係ない掴みの部分にセンシティブテーマを持ってきたせいで炎上してしまっている」「もっと慎重になるべきだった」という声がある。

この見方は正しい。

記事の一文を引用すると、

エンジニア全員が抱えているもっと重要課題っていうのは、言うまでもないと思うんですが「女性エンジニアが少ない」。

と書いてある。

もうこの一文で炎上しそうな要素がてんこもりなわけである。「エンジニア勝手代表するな」「他にも重要なことはあるだろ」「まーた女性エンジニアを取り上げて」といった具合である

たとえそういった意図が一切なくても、炎上というものはするのだ。

炎上アンテナバリ三の人間なら、「女性エンジニア」という単語だけでも炎上匂いを嗅ぎ取り、うかつにその話題を出さない。出したとしても、枕詞や随所に「私は女性蔑視を意図してこのテーマを取り扱っているのではないですよ~」的なニュアンスを挟むのであるが、今回の人は公の場にもかかわらずそれを怠ってしまっていた。

この辺は会社人間がチェックしてそこでストップかければ良かったという声もあるが、それもまあ、結果論しかない。私のような「これの何が悪いのかわからないけど、炎上しそうなネタではありそう」みたいなチェッカーが「何が悪いのかわからないけど、炎上しそうだから却下」とは言いづらく、最終的にGOを出したのかもしれない(結局炎上してるので責任があるのだが)。またあまり神経質になりすぎると登壇者からしてみれば「これでストップかけるのか」という反発も考えられる。

私が思うベストは、「本人自身炎上しそうな話題最初から避ける」。これだ。Y氏自身がこの話題に触れるべきではなかった。

まるで女性エンジニアを腫れ物扱いしているように聞こえるかもしれないが、そのような意図はない。もしそう捉えられたのなら謝罪する。しか申し訳ないが、私からしてみれば自衛のためにはこのくらい慎重にならないといけないと思っている。

再度言うが、たとえそういった意図が一切なくても、炎上というものはするのだ。

「そんなソリューションじゃ何も解決できねえよ」という批判

これはソリューションに対する批判なので、全然あり。

ただネタ度高めで若手の発表なので、そこは汲んであげるべし。

ロジック部分がクソ」という批判

女性エンジニアメリット女子トークかよ」「女性エンジニアカフェの話をしたがっていると思われているのか」などの声がある。

これはまあ、炎上してしまったが故、色んな所に目がついてしまったのではないかと思う。

実際、例は適当でないと思うし、私も「女子トークて」と思った。

これは完全に推測なのだが、おそらくY氏は課題から解決方法までを導いたのではなくて、解決方法(今回の場合男性の声を女性の声に変える」というソリューション)ありきでロジックを組み立てたのだと思う。

そう思う理由は、普通に考えて女性エンジニアを増やそうと思って男性女性にしようとは(真面目には)思わないし、機械学習10ヶ月と言っているので、自分面白そうだと思って作ったものに後付で理由を足したと考えたほうがしっくりくるからだ。

「こんなことで(この程度で | こんな些細なことで)炎上するのか」という擁護

この擁護は危うい(本人はただ呟いただけだと思うが)。

当然、擁護した本人にとっては、そもそも差別発言自体していないもの拡大解釈されて炎上してしまっていることを指して「こんなことで」と表現したという認識なのだが、誤解している人間にとっては、「この差別発言を『こんなことで』って言ってるやつがいる」という誤解を生むからだ。

誤解が誤解を生む典型である

女性エンジニア少ない問題解決する話、の何が問題なのか」の記事に対して

女性エンジニア少ない問題を解決する話、の何が問題なのか

ありがたいことに、よくまとめられた記事を書いてくれている人がいる。

こっちが匿名反論するのはフェアではないのは承知で、この記事に関しても私の意見を述べていきたい。

この記事はどちらかというとY氏批判側の記事で、私のどちらかといえばY氏擁護派とは異なった立場記事であるので、できれば元記事を読んでからこの先を読んでほしい。

文字数制限にひっかかったので、 別記事を用意した。

最後

Y氏はエンジニアをやめなくてよい。

今回のことを教訓に炎上アンテナを張り巡らせ、これからもめげずに精進してほしい。以上。

anond:20180623083045

他に社内に女子はいるのに、お前女装似合いそうだなぁ~~おい⚫⚫さんが女子トークできなくてかわいそうだろ?女子エンジニアなっちゃえよ~~と言われてしゃべることを禁止され女装した自分の代わりに機械音声が男たちのやる気を煽る声を出す。

本人が女性化願望でも無い限り、不当に押しつぶされてるのは若手男性社員男性性ではないだろうか。

2018-06-22

HINOMARU歌詞の最大の問題点

「胸に優しき母の声 背中に強き父の教え」

時代遅れの男女分業論。母も父も父母でよかったはずなのに、わざわざ母と父に節を分けた。自然拡大解釈をすれば、母は強くてはいけない、父は優しくてはいけないと言わんばかりである

しかし反ナショナリズムの人たちが歌詞非難したものの、多くのフェミニスト(もちろん全員ではないが)たちはRADWIMPSを叩くことはなかった。

そして「職場女性が増えたほうがやる気出るし、なんだったら女装とボイスチェンジした男性でもいい」とくだらない発言をしたIT技術者を(女性技術に劣るなどとは一言も言っていない上、女性性的要素ではなくただただ声の高さとかあたりの柔らかさを求めているかもしれないのに)「女性エンジニア性的な目だけで見ている」と拡大解釈して叩くのである理不尽

女性エンジニアがいないとやる気が出ない問題がムカつくので書く

https://logmi.jp/294756

いま燃えてるこの件について


Q. これは性差別なのか?

A. 逆になぜ性差別ではないと思うのかわからん

女性男性性的ものとして扱われる客体である」というのが性差別構造における男女の非対称性の1つとしてあり、「男性エンジニアのやる気を出す」用に女性エンジニアを使う、コンパニオン扱いするというのは明らかに性差別である


Q. 女性も同じようなことやってるだろ(PHPカンファレンスの件とか)

A. 同じことやってるからって許されるわけないだろ

この「どっちもどっち」みたいな論調を持ってくるのをいい加減にやめろ。


Q. 女性がいることによってやる気を出すのは悪なのか?

A. 必ずしも悪じゃないけどおおっぴらに表明すんな

内心の自由はあるが、それを発表に混ぜて、それが当然というメッセージを発するのは悪


Q. 感情的意見が多いのでは。辞めろとか強い言葉を使う必要ある?

A. 人間を怒らせたら感情的になるのは当たり前だろ。怒ってる人間を黙らせようとするのをやめろ。

教育においては強い言葉を使う必要はないと思うがそれはそいつ上司がやるべきことであって、俺たちにそれを求めるな。

だいたい、強い言葉を使わずに甘やかした結果の状況が今のこれなんだろ。

あと、辞めろと言うのが言い過ぎか?についてだけど、こういう状態場所から女性エンジニアは辞めて行く可能性が高いという認識を持ってほしい。相手を辞めさせるようなこと言ってるやつに、辞めろと言うのは強い言葉か??


Q. 研究自体有用なのでは

A. トランスジェンダー異性装をする人たちにとって、声を変更するのは難しかったりもするので、技術自体は興味深いと思った。

でも発表内容の建てつけが完全にクソofクソ。残念ですね。

だいたい、記事でも、女装してるあたりで会場の笑いが起きてるあたり、会場にいた人たちもクソ。

性的少数者蔑視で笑いを取るのをいい加減にやめろ。2018年だぞ


最後

昨日この記事を見て、寝て起きてもやっぱりムカつくので書きました。

俺は女性エンジニア区分される人間です。性別違和があるので自分女性といってしまうのは抵抗がありますが。

多分、男性集団の中にいる女性はわかると思いますが、多かれ少なかれ自分コンパニオン扱いされてる時あるな〜というのはうっすら実感としてあると思う。

そしてそれはとても悲しいことだ。エンジニアとして、お前の技術力を頼りにしているわけではないと言われているということだ。

その状況が無批判で発表の土台になっていることに対してとても腹が立ち、辛く思います


2018-06-17

天才の名をほしいままにした午前4時

特に魔術があるわけでもないが、ただ深き闇に身を委ねるのが惜しくて夜更かしをしている。

小腹がすいたので生贄を買いに久遠を駆ける永久の倉に行った。

旅の途中、傲慢不遜などっかの誰かさんもいない交差点でウォートヴァ・インとの戦いの日々がエクレールのように通り過ぎて行ったような気がした。

気がする、というのは不可視世界混沌に飲み込まれイリュージョンでも見ていた如くにも思えると預言書にも書かれていることだ。

神の声に導かれるままに頂を目指すと、暗闇の雲の切れ間が早くも白んでいる…その可能性を、我々は否定できない。

もうすぐ夏至で…ここに女装必要ななにかがある。

2018-06-13

anond:20180613152413

プリキュアになりたい」男の子ニーズを考えれば限りなく女装に近いかわいいコスになるだろ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん