「リストカット」を含む日記 RSS

はてなキーワード: リストカットとは

2018-06-15

本気で死のうと思った結果、何事にも準備が必要ということに気付いた

ここ数日本気で死のうと思っています

 

 

出来る限り迷惑の掛からない死を模索していました。

それとなるべく綺麗に死にたいと思っています

 

 

そのために考えなければならない事

・綺麗に死ぬ方法

迷惑の掛からない死に方

・死後に掛かる迷惑を最大限に薄くすること

 

おおざっぱにこの3つかなと思いました。

迷惑の掛からない、綺麗な死に方について検討しました。

 

首吊りリストカットも考えましたが痕が残るのが嫌なので止めました。

 

そうなると服毒になりますが、市販薬、処方薬で苦しまずに

綺麗に死ぬことは難しいと判断しました。

死ぬとしても吐しゃ物を詰まらせて死ぬことになりそうです。

いから嫌です。

 

服毒で次に考えたのは会社から劇薬を持ち出して飲む方法ですが、

これは思いっき会社迷惑をかけるのでNGです。

今の会社は好きなので、絶対迷惑を掛けたくありません。

 

ということで、オーソドックス練炭選択しました。

 

練炭使用する場所について考えました。

自宅の浴室が一番簡単で便利な場所ですが、

これは賃貸会社大家迷惑をかけてしまます

今の部屋はとても好きなので事故物件にはしたくないのです。

 

次に考えたのが車です

レンタカーダメです、迷惑です。

じゃあ車を購入して適当場所で、と考えましたが

これは遺族に負担をかけてしまます

車の廃車って結構面倒なので没としました。

 

場所公共の場で、テントを張れる場所にしようと考えつきました。

密室性の高いテントを購入して

人目の少ない公共の場でゆるきゃん△することにします。

 

これがぼくの考え得るベストな死に方となります

公園テントを建て練炭を焚き死ぬ

公園テントを張っていれば両日中には発見されると思いますし腐ることないと判断しました。

 

 

次に死後に掛かる関係者への迷惑の軽減です。

それに必要もの結構大変そうでした。

遺書

これはマストです。

遺書現在作成中ですが、こちらのブログにも

公開できる部分は公開するようにします。

 

 

遺品整理

これが結構大変です。

部屋にある衣服書類家具などの整理です。

分かりやすく言えば「断捨離してミニマリストになる」

死ぬ前にミニマリストにならなければならないことに気付きました。

めちゃくちゃアホらしいです。ですが、遺族の負担を最小限に抑えるためには必須です。

現在衣服を最低限の量まで減らしました。

家具食器の整理もしなければなりません。

これがかなり億劫死にたい気持ちに鞭を打って頑張っています

骨が折れます。すでにこころが折れているので、骨が折れると満身創痍です。

 

 

契約物の解約

クレジットカードや各種会員などの解約手続きです。

事情ネット最後まで使用する必要があるため、家ネットのみ解約して

携帯は遺族に頑張ってもらうことになるかもしれません。

かいい案がないか検討中です。

DMなどの停止も行っています

契約物で大変なのが「雇用契約」と「賃貸契約」です。

どちらも検討中ですが、基本的には会社は辞めようと思っています

賃貸契約についても更新時期に改めて更新なしと連絡をしようと思います

しかし、更新なしの場合更新日よりも1か月は前に死なないと遺品整理が出来ません。

その辺も考慮して死ぬ時期、引っ越すか否かも考えます

 

 

 

遺産の整理

遺産の整理についてですが、死後に口座から現金を引き出すのが難しくなると

いたことがあったので、全額引き出して金庫にタン貯金することにしました。

これは死ぬ数日前に行えばいいかなと考えています

1点遺産で難しい点があります仮想通貨です。

この点がまだ未確定なのでこの辺は遺書に書こうと考えています

出来れば遺族に運用してほしいと思っています

・遺族、関係者への連絡

遺族へは警察から連絡がいくので大丈夫だと思いますが、

友人へ連絡が難しいなと思っています

TwitterfacebookLINEでのお知らせになるかと思います

この辺は大変申し訳ないですが、友人に協力してもらいたいと考えています

本当に申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

葬式・墓について

ぼくは葬式についてはしなくて良いと思っています

ぼくの死で発生する金銭のやりとりは遺産譲渡のみにしたいです。

香典やその他についても一切なしにしてもらいたいと考えています

この点については遺族に負担をかけてしまますが、最低限の負担はこれかなと思っています

墓については母方の祖母と同じ墓に入れてほしいです。

でも墓に入れるのってお金かかるんですかね、ぼくの遺産でまかなってください。

賄いきれない場合は共同墓地でも畑でもいいです。

検討しているのはだいたいこんなところです。

本当は今週中にでも死にたかったんですが

これをやりきるには数か月くらいかかりそうです。

これをやりきる頃に死にたくなくなっていればいいですけど・・・・・

とりあえず、死ぬ準備は進めていこうと思っています

2018-06-11

anond:20180611115150

そういう風潮があるから嘗められてたまるかとネットカフェは30代男だったし

リストカットや親殺しを侮辱する世間から今後そういうの増えるんだろうな

制服を着てる役人だって安全じゃないわな

しろユパを倒して名を上げようと対象にされる可能性が増えた

突発的な急襲なら相手師範でもぜったい勝てないってわけでもないだろう

2018-05-30

リストカッターは半袖が着られない

最近悪癖が再発したので日記を書いてみる。

リストカッターとは、読んでそのままリストカットをする人のことである

リストカットとは、カッターや剃刀等の刃物で手首を切る人のことである

所謂メンヘラと呼ばれる人がする行為であると言って差し支えないだろうが、

世間的にはその印象は二つに分かれる気がする。

一つは「構ってちゃん」、

もう一つは「自殺未遂である

Twitterで「リスカ」もしくは「リストカット」と検索すると、

いかにも自己顕示欲の強そうな、殺しても死にそうにないSNOW盛り盛りの女の自画撮りか、

病んだ雰囲気の絵ばかりが出て来る。

そして幾つか種類はあるが、その元絵ほとんどが同じもので、

転載している人間勝手に付けたと思しき

違う意味メンタルがやられている言葉が追加されている。

本物のリストカット画像ほとんど出て来ない。

まりTwitterにわんさかと居る、鍵も掛けずに「リスカした」と呟く奴らは大体前者に当たるだろう。

もう片方の「自殺未遂」だが、これには少し誤解がある。

本当に死のうと思ったときリスカで死のうと思う人間はあまりいないのではないかと思う。

何故なら確実性が限りなく薄いからだ。

包丁で縦一千に血管を掻き切ればまだしも、剃刀で横に一筋線を入れただけではまるで死ねない。

なので、リスカをしている人間に「自殺したいほど辛かった」と思うのは間違っている、と私は思う。

私は自殺願望がある精神科通院者だが、リストカット自殺願望とは全く関係がないと思っている。

勿論人によって違うので、死にたいと思って手首を切る人も居るだろうが、それは恐らく衝動だろう。

考え抜いた末に「手首を切って死のう」と思う人はほとんどいないはずだ。

それなら首を吊った方が遥かに確実だと思う。見た目は汚くなるかも知れないが、それはそれだ。

まぁこ記事を書いているからには私もリストカッターな訳だが、切る理由はその時によって様々である

ただ、何故切るに至るかというと、八割が「我慢」、残りの二割は「癖」だ。

先に「癖」について説明しておくと、これはもう単に、腕を切ることが癖になってしまっているだけだ。

大なり小なり理由はあるにしろ、一度切ってしまうともういいかと言う気分になり、傷が増えていく。

完全に悪癖である

私の場合、ここ4年ほどその悪癖は鳴りを潜めつつあったのだが、三十手前にもなって今更再発してしまった。

一年に一回程度はしていた気もするが、ここまで腕が傷まみれになったのは久し振りである

一番病んでいた高校生の頃以来かも知れないし、もしかしたらそれ以上かも知れない。

閑話休題

さて、ここからは、腕を切るに至るまでの八割を占める「我慢」についてを話そうと思う。

切る理由は様々だと先ほど書いたばかりだが、正直に言って、「切ろう」と思うまでの、

全ての感情が「我慢」に繋がるので、切る理由もまた「我慢」なのかも知れない。

私には、病み始めた小学生高学年の頃から一番病んでいた高校生の頃、

果ては三十手前になった今に至るまで、常に存在していた衝動があった。破壊衝動である

ただ、それを他人にぶつけるのは憚られた。

私は元々体が小さく、武器を持ってもいなかったためである

武器など買えば良かったのかも知れないが、何故だか買わなかった。

そして、私はかなり早い段階で破壊衝動他人に向けることを諦め、

自分に向け始めた。それが自傷の始まりである

本来他人にぶつけたい衝動を、自分にぶつけることで、どうにか逃そうと苦心していたのだった。

殺したいと思うほど憎い他人に直接ぶつけるべき衝動を、

何故自分の体を傷つけることで解消しようとしたのかが今の私にも分からないのだが、

幼く馬鹿な割に、人を傷つけてはならないと考えたのではないだろうか。

今思えば涙ぐましい努力である

まぁ、それも、今思えば、というだけであって、切り始めた中学生当時は、

恐らく「構ってちゃん」要素が多分に含まれていた。

親しい友人に傷を見せてみたりもしていた。

余談だが、この友人は「へー」というだけで心配など何もしなかった。

幸いなことに今も友人なので、機会があったらあの時の馬鹿な私について訊ねてみたい。

それは置いておき、最初は「破壊衝動我慢から始まったリストカットは、

今、「何らかの感情我慢」に変わっている。

範囲が広がっただけだとも言えるが、実はそれは、「切るに至るまでの理由が増えた」ということでもある。

この年になって、と思わなくもないが、苛々の我慢自分に対する怒りの昇華、時には眠気を我慢する意図でも

腕を切るのだから、まったくもって救いようがないと思う。

からまり何が言いたいかと言うと、リストカットをやっている奴は全員紛れもなく面倒なので関わるな。

間違ってでも力になりたいと思うな。

構ってちゃんであろうが本気で死にたい奴だろうが癖でやっている奴であろうが、全員間違いなく面倒だ。

リストカット依存した後はあなた依存するかも知れない。

からリストカッターからは頑なに逃げろ。

具体的に言えば、夏に長袖を着て暑そうな素振りをするのに決して脱がない奴だ。

そういう趣味嗜好の人だとしてもそれはそれで頑固で厄介だから逃げた方がいい。

忠告は終わったので近況を書きます

もうすぐ夏ですね。暑くなりますね。

私は今年、半袖が着られません。

2018-05-27

anond:20180527183756

自傷行為(じしょうこうい、self-harm、以前はself-mutilation)とは、意図的に自らの身体を傷つけたり、毒物摂取する事であり[2]、致死性が低い点で自殺とは異なる。リストカットライタータバコで肌を焼く(根性焼き)、髪の毛を抜く、怪我をするまで壁を殴るなどの行為がある。虐待トラウマ心理的虐待及び摂食障害、低い自尊心完璧主義と正の相関関係があると考えられている。また抗うつ薬や、他の薬物などが自傷行為を引き起こすことが知られている。

自分ルール自傷行為って定義で語られても。

本来意味曲解して正当化しようとしてる時点で、弱者攻撃しても良いってマイルール脳内に作ってるのだなと理解したよ。

なるほど、精神病んでる人の思考というより犯罪者に近そうだね。

良かったじゃないか

君はかなりの異常で特別存在だ。

2018-05-19

リストカット被害者はかわいそうと素直に思えないもんなのか

から傷つけられて自分が嫌になってリスカしてそれを見た人からカマッテちゃんだとさらに追撃される

宅間守加藤自然発生したのではなくて日本社会が作っている

現代切腹リストカット

武士人口が8パー程度だったそうだから、ちょうど夏場に半そでの時期に手首を隠してる人の割合と一致する

2018-05-16

親の前で自殺未遂した話

親の前でマンションベランダから飛び降りようとした。

軽く勢いをつけて手すりに登ろうとしたけど、泣きすぎで力が入らなくてうまくいかなかった。

三回目のジャンプで親に手を引っ張られてよろよろと室内にころげこんだ。未遂未遂くらいで終わってしまった。

希死念慮は昔からあった。小学生の頃からずっと。その度に「読んでいるシリーズ新刊が読めなくなるのは残念だから」とかなんとか理由をつけて先延ばしにしてきた。

リストカットしたことがない。しようとしたことはあるけれど。小説で「手首を切ってもうまく死ねない」と読んだことがあったし、うっかり生き残ったら跡を誤魔化すのが大変そうだと思っていた。

高校生の頃、クラスメイトの今から思えばちょっとメンヘラ中二病が入った子と「どうしてもっと前に死んでおかなかったんだろうって思うよね、早く死にたい」と意気投合したことがある。私は表面的には今日明日ハッピーです、という体をとっていたので、その数分間が私の学校生活で唯一希死念慮を表に出せた経験になる。

正直17歳くらいで自分死ぬんだろうなと思っていた。酒が飲めないうちに死ぬのは惜しいなとも。

大学に入った直後高校時代よりも楽しく、開放的で、死にたいと思うことは少なくなった気はする。

それも居酒屋ホテルバイト疲弊するまでの間だったが。無能力感でバイト帰りに川を見て、「ここから飛び込んだら深さがないから頭から飛び込んでどこかに打って気絶して溺死かな」と考える日が続いた。

まりにも仕事ができなかったのでADHDを疑い、通院が始まる。ADHDではないものの極度のあがり症と診断され、通院し続けるようになった。

その後いろいろあって至る現在就職活動ストレス買いで作った借金を親に詰られ、死のうと思った。

ベランダから見る地上には全く恐怖を抱かなかった。履いていたスリッパを放るように脱いでしまったので揃えてから決行しようと思っているうちに止められた。

親にはずっと死にたいと思っていたことを泣きながら話した。親はピントのずれた返ししかしなかった。

自分の無価値感についても話したし、期待に添えない子供でごめんなさいと繰り返した。「そんな期待なんかしていない」と言われた。

飛び出すように家を出て、半日考えた。

私は「価値がない子供でもいいから生きていてほしい」と言われたかった。「死のうとなんてするな」と言って欲しかった。

親の期待やら何やらから逃れたくて、自分が親の思い通りに動く人形じゃないと証明したくて親が嫌がるとわかっているオタク趣味に夢中になったのかもしれない。でも結局逃れられなかった。親はそれを「正しい」方向にしようとし、私を「正しくない」と糾弾し続けた。

事実借金してまで買い物をするのは異常なのだとわかっている。でも止められなかった。自分の無価値から目をそらしたかった。

でも逃げさせてくれなかった。大学自主休講したこと就活を(私はそれなりに頑張っているつもりだが)頑張っていないこと、大学に行く時だけ電車に乗ると吐き気がすること(実際は楽しいことがあった後でも吐き気がするし、大学自体に恐怖心を抱いて家から出られなくなり、それを治療していたこともわかっているはずである)。

私はもう耐えられない。生きていくことに耐えられない。親に生きてくれと言われたら生きるつもりなんて、何でもかんでも親に依存しているのだろうか。でも親にさえ生きてくれと言われなかったらどうしたらいいのだろう。私にはもう、死なない努力をする精神力が残っていない。

カウンセリングにでもかかれば変わるだろうか。今更もう何もかもどうでもいい。

これから私は身辺整理をする。親が望む通りに物を減らして片付けをし、部屋を綺麗にする。

無駄遣いをせず私がしてしまった借金を返し、3〜50万くらいの現金を作っておく。

葬式に来て欲しい人のリストアップをする。遺書を書く。

それが終わったらなるべく迷惑をかけない形で命を終えようと思う。

1年もあれば準備には十分かなと見積もっている。それまでに生きる気力が沸くようなことがあればその時考え直す。

簡単な賭けだ。十分な金を稼ぐまでに生きる気力が沸くかどうかの賭け。

考えてわかったのは「やっぱりもっと早くこの決断を下すべきだった」ということ。

せめて大学に通う前に決断していれば、私大の決して安くはない学費を親に浪費させずに済んだのに。そのお金で老後資金の足しにできただろうにと思ってしまう。

お父さんお母さん、お金時間を私みたいな不良品に使わせちゃってごめんなさい。

ももうすこしで、マイナス100をプラスにはできないけど、マイナス50くらいにはできるように頑張ってバイトするからね。

私の生涯最後一年くらい、苦労や心配をかけないで済むように、私頑張るから

2018-05-14

自分自分の腕をカッターで切りつけるようになって早7年、手慣れたものだけど、友だちがリストカットに手を出したと聞いたら平静ではいられなくなってしまった。

そんなになるまで思い詰めてたのかという心配もあるけど、一番はリストカットってめちゃくちゃ癖になるから友だちがその癖にはまり込んでしまわなければいいんだけど、という思い。癖になるとなかなか止められず「また切ってしまった…」と自分を責めてまた切りつけるのを繰り返して全くメンタルに良くないからなあ…

2018-05-08

統一教会二世信者に生まれた話


結論から言うとめちゃくちゃ精神を病んだ、

という話。

統一教会、というのはご存知の方も多いと思いますがざっくり言うとキリスト教ベースにした新興宗教です。同じキリスト教系でいうとエ〇バとか、仏教系で言うと創〇学会とか、その手の怪しくて迷惑集団の親戚みたいなものですね。統一教会も怪しくて迷惑集団です。

具体的な活動としては、韓国北朝鮮統一のためにデモ運動やビラ配りをしたり、男女数千人が集まって教祖(お父様と呼ばれる)もしくはその代理(数年前に教祖が死んだので組織の偉い人もしくは教祖の子孫)から「祝福」と呼ばれる儀式を受けて合同結婚式をしたりする、そういう集団です。教祖(北朝鮮人)は「イエス・キリストの生まれ変わり」という設定になっています

その辺りをなんとなく踏まえて頂けるとわかりやすいかと思います

私が生まれる十年ほど前、両親が統一教会合同結婚式結婚しました。

両親が何を思ってその時期(信者統一教会から抜けさせるために監禁行為すら行う被害者の会存在した時代)の統一教会に入ったのかは分かりませんが、とにかく、彼らの唱える真実の愛とか何とかに救いを求めたようで、そして「祝福」の儀式を受け、引き合わされて結婚しました。

この場合結婚相手というのは信者が選べるわけではなく、上の人が適当に決める相手になります

両親もその時に初めて出会い結婚しました。

私は生まれた時から信者でした。

毎週日曜日になると「礼拝」と言って、教祖(とその子孫や上位の信者)の出版した本を読み、我々のなすべきことは統一教会による宗教統一教祖を中心に据えた世界平和である、みたいな話を聞くために「教会」に集まります。大抵が古いビルオフィステナントを借りて改装した、怪しい感じの場所です。

私のような二世信者、もしくは親が入信したために一緒に礼拝に連れて来られる子供のために、子供向けの礼拝も行います

教会には教祖を祀る祭壇があり、その方向を向いて礼拝を受けます

まず、神様教祖を讃える歌を歌います

キョンべーと呼ばれる土下座のような韓国式の礼をします(略式の立礼で行う場合もあります)

盟誓を唱えます(私は統一教会人生を捧げます、という内容の定型文です)

君たちはこれから世界統一教会のために変えていくんだという教えを受けます

そして、教会に来ない人はサタン(人間堕落させた悪魔)に支配されている哀れな人だ、などの批判をひとしきり聞いた後、君たちはそういう相手を救う存在にならなければならない、という話を聞きます

お祈りをします。(教えを踏まえ、今後自分がどのように変わっていくか、行動していくかを誓うことが望ましい)

献金します。(収入の1割が望ましいとされる)


子供向けの場合は、聖書の内容を勉強したりもします。多少統一教会風にアレな解釈はされていますが、だいたい創世記からイエス・キリストの復活くらいまではざっくり教わります

それと同時進行で、教祖イエス・キリストの生まれ変わりであり神の子だ、という話と、教祖の生い立ちも勉強します。まあ多大に美化された話ですが。

そういうわけで、我々二世信者ほとんどが、小学校くらいまでは割と素直に統一教会を信じています洗脳ですね。

あと時々、韓国にある総本山的なところまで行ったりもします。儀式バンバン全身を叩かれたり、床で寝起きしたりする過酷な感じですが、行くと「凄いね」「偉いね」と言われるし、あの極限の生活の中で何かを見出す人も多いようで割と皆さんよく行ってます。私も何回か連れていかれました。体調を崩しました。


恐らく統一教会でない人から見れば結構な異様感があると思いますが、私には、教会の教えも礼拝もすべてが普通のことでした。そして、二世信者の大抵がそうであるように、私も「この世」(統一教会でない、世間一般社会のこと)と統一教会とのギャップに戸惑いました。

統一教会では、恋愛、化粧、お洒落服装、遊びに行くこと、世の芸能人に興味を持つこと、教会勉強以外のことに時間を割くことが基本的禁止です。信者以外の子と遊ぶこともあまり良いとされていません。

学校では皆が話している内容についていけず休みの日に遊びに誘っても乗ってこない、そういう子がクラスでどういう扱いを受けるかは考えなくてもわかりますね。私もそうでした。




さて、困った私は、嘘をつくことを学びました。

小学校では恋愛の話になるので、クラスの誰々くんが好きだと言い、家に帰ったら、そんなこと考えたこともない!それはいけないことだって教会で学んだよ!と言いました。

バラエティは見せてもらえませんでしたが、親が許可した子供向けのアニメは見せてもらえました。テレビの話は、中学年頃までそれで乗り越えることができました。

友達が喋っている芸能人の話は一切わかりませんでしたが、たまに見る写真を覚えて「○○かっこいいよね」と言ったり、なんとなく話を合わせていれば、なんとかなりました。

家に帰って、親に「お友達の誰々ちゃん芸能人の○○が好きなんだって!」と言うと嫌な顔をされたので、「今日は誰々ちゃんポケモンごっこをしたよ!」と作り話をしました。

子供向けアニメに出てくるような、些細な恋愛描写にすら母親が冷たい目をするのが怖かったので、知らないふり、わからないふりをしました。

それでいいんだな、これからも両方に嘘をつき続けていけばいいんだなあ、と思っていました。

ですが、嘘ばかりついて他人とまともなコミュニケーションを取ってこなかった私は、中学生になる頃には典型的な「空気が読めない子」になっていました。

中学生になると、空気が読めないということが命取りになりますね。まともに育った子でも修羅経験するような年齢ですし、その時期であっても嫌われる程度で済んだのは本当に幸運だったと思います。結局私は、クラス40人のうち30人には嫌われているが隅のほうにいる3~4人のグループに入り常に固まって行動する、みたいな中学時代を送りました。

あと私の中学ビーバップハイスクールみたいなところだったので、誰も根暗ときに興味を持つ理由がなかったのかも知れません。隅のほうにいる根暗悪口なんかより、校舎内に原チャで乗り込んでくる同級生の話ほうがよっぽど刺激的ですし。

統一教会のほうでは、小学校時代よりも本格的に洗脳教育が強くなりました。

普段礼拝に加えて、STFと呼ばれるエリートコース選抜されるためにハーフマラソンを走らされたり教祖出版物を読んでレポートを書かされたりしました。

また「将来立派な職業につき、高い献金を納め、その地位でたくさんの人を勧誘できるように」という理由で、良い成績を取ることも求められました。

教祖の子孫や、組織幹部来日(基本的朝鮮系なので)した時のために歌やダンスなどの見せ物の練習もするようになり、平日の晩まで教会に行くようになりにました。

このハーフマラソン過酷で、中学生の未発達な体なのでまれに死人が出ます。それでも、それが「神様のため」「教祖のため」だと信じて走るのです。そう信じるように、上が指導します。

断食します。大人になると40日くらいやったりします。これもときどき死人が出ます

また、二世信者には「祝福」を受ける義務があります

恋愛をせず、女は処女で男は童貞のまま、統一教会儀式によって引き合わされた相手結婚をする義務があります純潔教育というやつです。

恋愛沙汰の多くなる年代になったこともあり、純潔教育は一層苛烈になりました。簡単に言うとセックスは罪、セックスすることは堕落、ということですね。セックスに対する罪悪感をめちゃくちゃ植え付けていく感じです。

恋愛は罪、化粧は悪魔を誘惑する悪いものカラオケゲーセンなどの学生の遊び場は悪魔がいる場所、そういってほとんどの娯楽が制限されました。学校の友人から遊びに誘われることは、悪魔の誘惑とされました。

その年代の子供が楽しむこと全般制限されるようになりました。




この辺で、学校統一教会を両立することが辛くなってきました。

学校でも、教会でも、嘘をついて話を合わせることに限界が近くなっていました。日曜日友達の誘いを断る理由説明出来ないし、教祖出版物を読んでも心から信じているわけではないかレポートが書けないし、成績も良い数字を維持できなくなりました。頑張っても頑張っても「もっと頑張れ」と言われることに気が遠くなりました。

このままいけば、「祝福」を受けることになるだろう、ということも嫌になりました。少なくとも両親は統一教会出会って結婚したこと幸せだったようには見えなかったので、両親のようにはなりたくない、と思いました。

統一教会とは世間一般から見て異端で、気味の悪い存在なのだと分かったのもこの頃でした。


中学の終わり頃、景気の悪化父親借金を重ね、ついに首が回らなくなり、昼はサラリーマン、深夜は新聞配達、土日は警備員アルバイトをする三重生活をするようになりました。

統一教会の末端信者は、大抵が低所得層です。私の両親も例に漏れ低所得層で、三重生活になる以前から家賃光熱費を滞納したり、金のことで両親が揉めたり、両親の貧乏コンプレックスを日頃から聞かされるくらいのことはありました。この後、それが霞んで見えるほどの地獄を見ることになりますが。

私が高校に上がった頃には、父親は毎晩深夜2時に起きて真っ暗な中で「神様!!!」と狂ったように叫びながら身支度をして家を出ていき、新聞配達バイトを済ませて朝六時頃に帰宅、仮眠をして昼の仕事をして何かをブツブツ呟きながら青黒い顔で帰宅、夜9時に就寝、という生活をしていました。

母親転職ストレスで、大量に食材を買い込んでは放置して腐らせ、家中異臭をさせていました。

父親が就寝する夜9時前になると、両親は教祖の書いた本を声を合わせて音読し、祈りをささげ、キョンべーをします。(家でも各々で礼拝しましょう、というのが推された時期でした)

真っ暗な中で発狂したように叫ぶいい年の男性と、異臭がして近寄れないリビング想像してください。めちゃくちゃゾッとしますね。それに家の中で礼拝が行われることも加えると、この家に自分の味方は誰もいないのだと絶望した気持ちになります

ついでに言うと両親の暴言も酷かったですね。神を信仰している、平和を願っている、統一教会による真の愛を世界に広めていこうと言ったのと同じ口でまあまあの暴言が飛んできます。そして、それを二世信者相談すると皆「うちもそう」だと言っていました。

何が正しいかからなくなりました。

そういう経緯で、幼少期から洗脳によって培われたはずの私の信仰心はマイナスになりました。

この時期、家が悲惨な状況部活人間関係が合わなかったストレスもあって、精神に不調をきたして胃液を吐くようになりました。

リストカットもするようになりました。常日頃から「お前の体は神様教祖様にもらった大切な体だ、お前が粗末にしていいものではない」というような教えがあったので、自分の体がボロボロになっていくのは最高の仕返し感がありました。ざまあみろ、と本気で思っていました。

私は高校に上がって以降ほとんど礼拝に行っていないので、最近の教えの方向性ほとんど知りません。

ただ伝え聞く限りでは、2005年頃には「2008年には統一教会世界に認められている!」と言い、2008年頃には「2012年には統一教会による平和世界が実現する!」と言い、2012年には「2015年には以下略!」と言っていたそうなので、今もまた同じことを言っているのではないかな、とは思っています。もう2018年ですね。

さて、精神に不調をきたした高校のあたりから、私は「統一教会自体が間違いである、よってその結婚で生まれた私は存在自体が間違いである」と考えるようになりました。

ハンガーストライキのように食事をとらなくなり、やせ細ると、母親は私が食事を食べられるようになるようにと「祈願書」というものに手を出しました。お願いごとを書くと、教祖やその周辺の人が神様に届けてくれる紙だそうです。ン万円します。

まり書くと個人的な憎しみが前面に出そうなので控えますが、マッチポンプとはこのことかと思いました。あくま個人の感想です

そのあたりですべてが嫌になって、男の家に家出し、処女を捨てました。16歳でした。






その後は水商売で働いて一人暮らしをし、夜で稼いだお金短大を出て、今は昼の仕事をしています

両親から統一教会から離れるために、私はたくさん抵抗をしました。

統一教会信者として生きていく気はないことを何年も言葉で伝え続けましたし、分かってくれないなら死んでやるとも脅しましたし、親が泣くまで責めたことも数多くあります。既に純潔でないことも、夜の商売自傷行為で体がボロボロなことも伝えています。生まれてこなければよかった、とも言いました。

それでも伝わらないことに、両親が私に「祝福」を受けさせるのを諦めていないことに、もう疲れました。

今、私は毎朝晩、数種類の精神薬を飲みながら働いて一人暮らしをしています精神調子を崩すと過呼吸を起こしますし、どうしても、普通環境に生まれ普通に育つことができた人に対する劣等感があります。少なくとも統一教会でなければ良かったとずっと思っています

カルトマルチなど、「異様な集団」の気配を察知すると過呼吸を起こします。宗教話題が出ると頭が真っ白になります統一教会育ちであることがバレて周りに軽蔑されないか、ずっとずっと不安です。

そういう後遺症のようなものが、統一教会を離れて何年も経つ今になっても残っています


二世信者には精神を病む人や自殺をする人が多いと聞きます

自分の育った環境が異常であると気づいてしまうこと、

外の社会での生き方を教えてもらえないこと、

若い頃に恋愛、化粧、年相応の娯楽の一切を制限されること、

死ぬまでずっと生まれや育ちに劣等感を抱えて生きていかなければならないこと、

それがどれほど、普通の人の中で生きることを困難にさせているのか、きっと親世代信者は知らないのだと思います。言ったところで伝わることはないのかもしれません。

きっと統一教会信者のすべてが、私の両親のような人ではないのでしょうし、もしかしたらとても人格のできた人もいるでしょう。

教えにしても、もしかしたら本当は間違っていないのかもしれません。教会を離れた私の判断がすべて正しかったと言い切ることもできません。

ですが、幼少の頃から社会と相容れない信仰を植え付け、世間の「普通」と自分の「普通」とのずれを味わわせることを、正しいと言うには疑問があるのです。

それでも統一教会を選んだ二世信者もいます

選べなかった私のような二世信者もいます

せめて、外の世界の人に、私が見てきたものを知って欲しい気がして、当エントリを書きました。

私の意見二世信者代表というわけではありませんが、もしも、共感して頂ける二世信者がいれば嬉しいです。こういう子供がいたのだと、知ってくださる外の世界の方がいればもっと嬉しいです。


普通でない環境で育ってしまった、すべての人に幸あれと願っています

2018-04-22

同性の恋人に振られた話

タイトルのままです。レズビアンの要素を含むので苦手な方、嫌悪感をお持ちの方はブラウザバックお願いします。

※追記:わんわん泣きながら衝動のままに書きなぐったので文章めちゃくちゃだわ

半年近く付き合ってきた彼女に振られました。唐突距離を置きたいと言われたのが2週間前の話で、だけどその時点で別れるのかと不安がる私に「別れるかどうかは分からないけど、それを考え直す期間だから悲観的にならないで欲しい」「出来れば私も別れたくないと思ってるよ、だから距離を置くの」と伝えてくれたのでなら私に出来ることは信じて待つことだけだと思って、待っていたんです。

彼女とは、具体的な同棲の話も、結婚の話もしていて、早ければ来年にもお互い今の家から引っ越し同棲スタートするかという状況で、気軽に会うには少し遠い距離に住んでいる私たちは、月に一度のデートがやっとだったので、私は彼女との同棲をすごく楽しみにしていました。今年頑張れば一緒に住める、今のお仕事を頑張ってお金を貯めなくちゃって。

一昨日、?一昨昨日、?分かりません、彼女に、「私のことまだ好き?」と聞かれました。もちろん大好きに決まってるじゃないですか。

すきだよって答えた私に「そっか」って返事をくれた彼女に。嫌な予感がしました。

私と彼女は元々毎日頻繁にLINEで会話をし、空いた時間があれば電話をし、可能な限りの時間をお互いに使って来ました。私はそれがすごくすきで、幸せで、何より安心できて、例え早寝の彼女がそうそうに寝落ちて寝息だけが聞こえる通話になってしまっても、寂しいけど、でも、そんな穏やかな時間幸せだなぁなんて思っていました。私のあげられる限りの時間も、愛情も、全部全部彼女にあげたくて、彼女の為に生きていたくて、彼女いるから頑張れて、彼女がいてくれるから幸せでした。私の中の一番はいだって彼女で、少しすぎたワガママに困っても、それでも叶えられる限りは叶えたいと思えていました。友達大事にする彼女に沢山たくさん嫉妬しました。私の中の一番はいだって彼女なのに、彼女の中には大事ものが沢山あって、あくま恋人として大事なのは私でも、私が一番ではなかったから。そういうところで嫌と言うほど疲れさせちゃったんだろうなって思います。付き合ってた時は、面倒くさいことを言う私に面倒くさそうな反応をする彼女に「面倒くさい?」と聞くと「面倒くさい、でもいいんだよ、それで嫌いになったりしないから」って言ってくれてたのに。でも嫌いになったとは言われてないから嘘ではないのかな。

距離を置いて、関係を、自分気持ちを、見直した結果、彼女の中で私は恋人ではなくて友達だったらしいのです。友達の方がしっくりくる、疲れちゃった、恋愛感情とは違う、でもあなたのことは嫌いになったわけじゃないから連絡取れなくなるのは嫌だ、これまで通りLINEしたりあって遊んだりしたい、友達として付き合っていきたい、あなたの望むような恋人にはなれない、おはようおやすみも言わなくても私は平気なくらい薄情だったから別れようと思った、エトセトラエトセトラ、。

距離を置かれ初めてLINEの頻度が減った時点で、正直私はいつも通りを保てなくなっていました。

いつもならすぐに返事が返ってくる時間に全く返事がない、返ってきても返信までに今までに比べたら長い時間が空いている、毎日電話がない、「すき」と言われない、負担になるのが怖くて「すき」と言えない。文章にしてしまえばたったこれだけなのに、依存している自覚はあります彼女が好きだと言っていた曲がシャッフルでかかって泣いて、何もしていないのに気づいたら泣いていて、通知もないのにLINEを開いては泣いて、通知音に過敏に反応しては彼女からの連絡でないと泣いて、やっと来た彼女の返信がなんであれ泣いて、返信をしながら泣いて。もう何年も辞められていたリストカットに気がついたら手を出していました。泣きながら切ってはそんなことをしている自分が情けなくて、自己嫌悪に襲われて泣いて。眠りたいのに眠れなくて、食欲も無くて、ずっと胃がきしんでは少し気持ち悪くて。それでもたまにでもくる彼女からLINEが、おはようおやすみも言い忘れられていても、「うん」とか、「そっか」だけでも嬉しくて嬉しくて、信じて待とうって、ボロボロだけど、頑張ろうって、待ってました。

結局改めて恋人を辞めたいと告げられて、腐ったことばかりしか言えない私に「そういうのがストレスだった」「そういうところに疲れちゃった」なんて言われて、最後には「もういい、全部終わり」「あなたとのことを嫌な思い出にする気はない」「付き合えて楽しかったよ」「今までありがとう」。その後仕事に行った彼女からの返信はまだありません。2週間前のあいだ、気づいたら泣いているような、ぽろぽろと細くわずかな涙なんかじゃなくて、今も画面がよく見えない涙でいっぱいです。私まで今までありがとうなんて言ってしまったら本当に全部終わっちゃう気がして言えなくて、悔しくて、やるせなくて、しんどくて、つらくて、当たり散らすみたいに嫌なことだけLINEで送ってしまった私がいます。ごめんね、ごめん、本当に大好きなんです。大好きだったなんて言いません、大好きなんです、今後もずっと友達としていたいという彼女に「どんだけ残酷なんだよ」と思わず送ってしまったけど、「あなたはいいよね、」なんて調子のことしか言えてないけど、切り捨てられたんだなって思ってしまってるけど、それでも世界で一番大好きなんです。

付き合い始めたときに、「私の生涯を貰って下さい」って私、言ったよね。ずっとずっと、本気でした。私なんかいつ振られてもおかしくない、付き合ってもらえてるのが奇跡だって思う反面、あなたとならこのまま歩んでいけると、私の生涯をかけて愛したいひとだと、この先もずっとあなたといるのだろうと思っていました。伝えるのが下手だと前置きした上で、だけど愛されるより愛したいからきっと私の方がすきだよと伝えてくれたあなたが、だいすきで、付き合ってすぐの頃にはもう本気で同棲考えてる、重いよね、なんて言ったあなたに、酷く安心したのを覚えてる。だって、私、めちゃくちゃ重いもん。もらう愛も、重い方が嬉しくてたまらない私だよ、ネット友達オフで会うのを嫌がったあなたと揉めながら、結局わがままを聞いて私予定をキャンセルしたよね。あなたが喜んでくれるならそれでいいやって本気で思ったの。あなたがいてくれたら私はそれで充分幸せなのに。ごめんね、友達としてじゃ嫌なの、わがままだよね、わかってる、だけど、だってわたし、私のこと彼女にしてくれたあなたのことを一番知ってる。すきだよって言ってくれて、戯れにキスをして、はにかんで笑うあなたを知ってる。友達になったら、そんなあなたはもういないんだよ、。ゆっくり2人だけで過ごして幸せだねって笑って揃いの指輪を嵌めた手を繋いでカメラを構えたら私の肩に頭を預けて寄せてくれるあなたは、友達じゃなくて、恋人あなたでしょ。

ごめんね、ごめんね、たくさん疲れさせて、苦しい思いさせちゃったね、愛情って言葉で縛り付けて、自由を奪う選択肢を選ばせちゃってたね、たくさん愛してくれたのに、ずっと不安な私でごめんね、欲張りで我儘な私でごめんね、だいすきです、ずっと、今はまだ声を上げて泣くのが精一杯だけど、もう少し落ち着けたら、その時はたくさんありがとうって言わせてください。

2018-03-15

初めて実際に手首にカッターを当ててみた

20代前半 専門職

職場飲み会の帰り道どうしようもない気持ちになったので家に帰ってからカッターを手首にあててみた

この半年ほど、手首を切ったら何かが変わるのか、変わらないのか、考える機会が増えていた

前までどんなに死にたいと思おうがなんだろうが自傷というところには至っていなかった

それが仲の良い友達から実は昔リスカをしていたことがあるという話を聞いて以来、鬱々した気持ちになった時に手首を切ってみたいと思うようになった

が、調べてみると後処理とか結構めんどくさそうだし、そもそもまり血が得意ではないので調べたことを読んでいるだけで血の気が引いた

これは向いてないなと、やめておこうと思ったけど数日経つとやっぱり切ってみたいという気持ちになった

その日は久しぶりにわりと飲んでいた

若いメンバー中心で飲みに行ったため、仕事について熱く語りあったり愚痴を言い合ったり励まし合ったり恋愛の話をしたり、特段病むような内容ではなかったはずなのに電車に乗った時にはもう死にたくて仕方がなくなっていた

盛り上がって飲みすぎたのかもと思ったけれど、自我ちゃんと持てていた(はず)

家についてお風呂に入って水分取って、台所に立ったところで手首を切ってみようと思い立った

とりあえずやってみよう!と

なんなら少しワクワクして明るい気持ちだった

実際に切ろうとしてみてわかったこ

思ってた以上に力がいる

血が出るほどの傷を作るとなると本当に思い切ってざっくりいかないと難しい

わたしは実際カッターを持ってあてるところまでは何とも思わなかったけれど、上手いこと思い切ることができなくて血が出るほどの傷は作れなかった

自分のできる最大限の力でシュッと切るとうっすら白くなったあと赤くなる

血は出ない

少し時間を置くとなんとなーく傷が浮き上がる

結局これじゃ物足りないと思って数回上からなぞってみたけどしっかりした傷にはならなかった

痛みは指を紙で切った時以下

だいたいの人がこんなの屁でもないと思う程度のもの

しかも次の日にはやった本人でも正確な場所がわからいくらいにまで傷が薄まっていた

人間の皮膚って切れにくくてこの程度の傷なら寝れば治るのか…なかなかしっかり出来ているんだな…とちょっと感心した

それが先週のこと

切ってみて、というか刃先を当ててみて

たぶん毎日でもできる

これくらいなら全然できる

ちょっと楽しい

自分しかからない、わたしこんなことしました病んでます自分に酔うためにするお遊びという感じ

この程度で少し気持ちが軽くなるなら毎日でもやりたい

反面着々と慣れてきている

痛みにもこの行為にも

このまま習慣化するといつか血が出る日が来るだろうと思う

かにバレるならそれはそれで正直嬉しいという気持ち仕事に支障が出そうだからパッと見てわかりやすい傷は作りたくないという気持ちがせめぎ合っている

(とりあえず切るにしても絆創膏で隠れそうな大きさまでしか切らないと決めて入るけど)

やってみてわたしにとっては思っていたより意味のある行為だった

自傷と言えばリストカットという単純すぎる考えでやってみたことだし、なんなら手首を切るという文化(?)があってそれを知っていたからやってみたに過ぎないのだけれど、それなりにやる意味ややりたくなる要素はあるんだなと思った

肯定する訳でも、増してやすすめるわけでも無いけど全然

でもありですこれ

ただ自己肯定感が低いタイプの人とか毎日自己嫌悪してますみたいな人が至りやすものだなとは思う

職業的によろしくないので大きな傷は作りたくないけど、こんな程度で自分の気が済むなら続けていこうかなーと考えてます

したことないにも程があるくらいのかすり傷で鬱憤が晴れるならね

以上手首にカッターをあててみた感想メモでした

2018-03-12

髪の毛を食べてしま

アラサー女だけど、10歳くらいの頃から無意識に髪の毛を抜いて、たまに食べてしまう。

小学生の頃、私の机の周りだけ異常に髪の毛が落ちていて、同級生によく気持ち悪いと言われたが、どうしても抜くのを止められなかった。

食べるのは毛根鞘が残ってる部分が多い。根元のぷにぷにがついてるとこ。

おいしいとかそういうのじゃなくて衝動的に口に入れてしまっている。

ぷにぷにを噛んだときの歯ごたえが好きなのかもしれない。

小学生にして明らかに頭の頂点がハゲしまい、心配した親が皮膚科に連れて行ったが、精神的なものから…と言われてそれで終わった。

親は精神的な病気理解がないので、その後何もしてくれなかったし、自分自身でもこれが精神的な病気とは思ってなかった。

歳をとるにつれて、気づいたら抜くのを止めてハゲが治り、そしてまた数年後突然再発し、また治り…を繰り返して今また再発している。

頭の頂点は目立つので、耳の後ろとか目立たないところを抜くようになったので少しだけマシなんだけど、これいつ治るんだろう。

ちなみに高校とき受験ストレス過呼吸を起こして倒れた。

新卒で入った会社ブラックで、また倒れた。それ以降目眩がひどくなり、何故か左耳が難聴になり、そのまま聴力は戻らなかった。その後鬱になって二年くらい抗うつ剤飲んで、今は社会復帰し、普通に問題なく働いてるんだけど、ストレス耐性が無いのかなあ。どうすりゃいいんだ。セロトニンが足りてないのだろうか。希死念慮もずっとあるので、髪を抜くのはリストカットみたいな自傷癖の一つに近いのかな。とか色々考えたらしんどくなって、また髪の毛が薄くなるのであった

殺されたい、殴られたい

すみません、頭(頬あたりじゃない)殴られたい欲求ってなんでしょうか。自分が痛覚的に痛い目にあいたい欲求ってなんでしょうか。殺されたい。

血を見るのは大の苦手だからリストカットはできないです。

2018-03-06

誰にも迷惑をかけずに死にたいだけなのに

なぜ自殺をしてはいけないのだろう。

少なくとも本人は「死んだほうが楽」と思うほど苦しい状況で、そんな相手に「死ぬな」というのは暴力ではないだろうか。

自殺をするにあたって大きな問題となるのは

という点だ。

まず悲しむ人がいる点については「死んだほうが楽」なほど苦しいわけで、周りの人には諦めてもらうしかない。

どのみち助けてもらえないほど状況が悪化しているのに「あなたが死んだら悲しい」と言われても困るだけだ。

残りの人生を全て引き受ける覚悟があるなら止めてもいいが、そんなことは親でも無理だろう。

(以前ツイートされていたが、10億円くれれば思いとどまる人は結構いるようなので、どうしても止めたい人にはおすすめだ)

さて今回の本題は残りの2点について。

自殺をする際に「迷惑をかけない」「苦しみたくない」この2点をクリアするのは非常に難しい。

自殺ダメ」の一点張りで、だれも幸せにならない仕組みが不毛すぎる。

まず「迷惑をかけない」自殺方法だが、もうこれがほとんど存在しない。

首吊りリストカット、飛び込み、飛び降り一酸化炭素中毒、どれもこれもハタ迷惑ものばかりだ。

誰かが自殺した家に住みたいと思う人は少ないだろうし、外で死ぬ不特定多数迷惑がかかる可能性が高い。

比較迷惑度が低そうなのは、崖からダイブ、船を漕ぎだして入水、樹海首吊り道路脇で車内練炭あたりだと思うのだが、条件が難しいし迷惑には代りない。

これで更に「苦しみたくない」となると、本当に難しい。

まりしまないと言われているのは首吊り一酸化炭素中毒だが、これさえも「自殺ダメ」の精神からか、実は苦しいのだと脅す人がいる。

悲惨なのは「苦しみたくない」に重点を置くと、電車飛び込みが候補の上位に挙がってしまう点。

比較的苦しむ時間が短そうで、失敗も少なく、飛び込む瞬間に勇気を振り絞るだけでよいのは魅力的だ。

ものすごい数の人を巻き込んだ挙句、遺族に多額の賠償請求が届くという非常に迷惑自殺方法だが、一定数が電車飛び込みを選んでしまうのも、現状を考えると仕方がないことに思える。

以上を踏まえた上で提案

自殺を受け入れる施設がほしい。

医療機関のような場所契約書にサインをし、渡された薬を服用して眠るように死ぬ

遺体はそのまま処理できるから、余計な手間もかからない。

臓器の提供など多少はメリットがあるかもしれない。

施設職員がどのような心持ちで働くことになるのか、想像がつかないので申し訳ないが。

将来的にはオートでの処理が理想ではある。

もちろん本当は死にたくないのに追い込まれしまう人もいるし、かまってアピールの果てに引けなくってしまった人もいるだろう。

そういう人のために、自殺相談の窓口があることは大切だと思う。

でも、もう決意が固まってしまった人には意味がないし、そういう人を引き止めた所で苦しめるだけだ。

いざとなれば自殺すればよい、という逃げ道が確保されていたほうが開き直れる人だっているだろう。

望みはそんなに大きなものじゃない。

なるべく他人迷惑をかけたくないだけ。

つらい思い、苦痛から逃れたいだけ。

人ひとりが死ぬ。そんなに大したことだろうか。

みんなが、もう少しだけ穏やかに過ごすための、ちょっとした提案のつもりなのだけれど。

2018-02-15

自分語り

私は30代の喪女だ 高齢処女

いい年して恋人いない歴=年齢の人は人として何か問題があると世間では言われているらしい 私に関しては実際そのとおりでさまざまな問題を抱えている

簡単理由ひとつ言うとキモイ男の性処理の道具にされて傷つくのが嫌だと思う 自分キモイスババアのくせに 誰からも選ばれないようなバカでブスでぼっち貧乏ババアの癖にだ

自己愛が強すぎるとかプライドが高すぎるとか身の程をわきまえろとか言われると思う おっしゃる通りだ

ただ私は自信がない 人と会話、雑談すらできない 人といっしょにいてしゃべって楽しいということがわからない ヒトと会話して親しくなるということがわからない あいさつをするのも恥ずかしい 職場お疲れ様ですとおはようございますを言うのも苦痛だ 居ないふりをしていたいのに飲み会参加を強要されてしんどい 母親に「何事も慣れ!」と言われるが慣れるために挑戦することから逃げる 学校でも職場でも、幼稚園から孤立してきた 友達いたことがない そんな人間はいるはずないとみんな思っている 私だけなのかもしれない 人間関係を受け身でしか捉えられない 上下関係しか捉えられない 自分他者主体的に関われるという感覚がない 親は一方的搾取してくるばかりだった そんな間違った考えを正せるチャンスが得られなかった 尊敬できる大人にひとりも出会えなかった ただ家と学校の往復するだけの生活で楽しみは母が買ってきてくれる少女漫画雑誌恋愛への無駄な憧れは育んでしまい人気のある男子が気になったりしているブスだった 今にして思えば恋愛結婚出産というのは、女性が性というもの、男というものとの付き合いで主体性を持つための手段方便なのだろうと思う 経験ないけど

妹と弟がいて4つ下の弟は重度の知的障害を伴う自閉症児だった 弟はい言葉をしゃべるようになるのといつも母にしつこく聞いた そのたびに、年長さんになったらかな、1年生になったらかな、2年生になったらかもねと言われたが、ある日一生しゃべるようにはならないと教えられた それからしばらく経って学校の授業で、今は少子化問題になっているか子供を3人産むお母さんは偉いんですよと教えられた(とんでもねえな)でも私はうれしかった その日家に帰って母に「わたしやっぱり子供産むよ!」と言ってびっくりさせてしまった記憶がある 小4ぐらいのことだ しかそれから初潮が来て毎月血が流れるようになってもそれがなんなのかどう扱えばいいのかよくわからなかった ただ大きくなったのにオムツナプキン)しておもらししないようにするのが大変みじめで汚く蒸れるし臭いしかゆいし汚すと失敗したとか言われるのであっておもらしは恥ずかしく激怒を伴い叱責されるような失敗でとにかく不快生理が来るので死にたいと思ったが勇気がないので死ねなかった 冷たいものを食べ過ぎると下痢をする、歯を磨かないと虫歯になる、人とは会話をしないと友達になれないということに中三ぐらいでようやく気がついた 周りの子は女らしく胸がふくらみ彼氏がいて経験も済ませもう大人みたいでそれがおそろしかった 女同士が仲良くなる手段ひとつで、男の話をすることだ 漫画キャラでも良い あたしたち男好きどうしよね、ということでしかつながれないのだ(男の場合猥談) だけどわたしはそれが恥ずかしくてできない 異性に限らず本でも音楽でも自分の好きなものを話すとか選ぶということが恥ずかしくてたまらない 幼稚園のころからそれで両親と教師に叱責される 他のことでも怒りと嘲笑を買うばかりの毎日だった

発達障害だとかなんとか診断されたくない あきらかに親のせいだ 障害児が産まれるのも親がおかしいからだと思う 長女の私に介護をさせる気しかないのでどうしようも自殺するしかないが勇気が無い カウンセリングに行ったらあなた女性メンヘラから風俗やってたでしょ!と何度も面会したのに決め付けられた 他の女性メンヘラといえば、リストカット摂食障害親の言うことをきくよいこで過呼吸の発作が風俗で働きました親に殴られました産まなければよかったってゆわれましたみたいなみんなテンプレが同じでなんだかんだ媚びたり甘えたり恋愛したりするのが得意な女性らしい健常なきれいなメンヘラ女性ばかりで結局そういう人は結婚出産を済ませ一人前面できるのであってそこでも疎外感 一人暮らしをしてみてもコミュニティに入り自分の居場所を築けなければそれは精神的自立とはいえない

人間プライドが低くないと友達恋人もできないしバイト面接に受からない 私は自分の殻に閉じこもり一生ひとりぼっちだ 疲れた がんばりたくない 部屋が片付けられない ずっと寝ていたい 死ぬしかないけど死ぬ勇気がない いい年をしてちゃんとした大人人間社会女性になれない自分が恥ずかしくなるために努力しない自分が怒られるので消えたい このまま生きていると未婚で子無しで恋愛経験なしの老婆とかいうありえない存在として子持ち主婦ばかりのパート先で働かなければならなくなるのだろうか どんな顔してそんな場所にそんな人間(?)として居座ればいいの? それとも採用されずホームレスになるのだろうか どうやって死んだらよいのだろうか 首 朝が来るのが嫌なので寝たくない 毎日半日も拘束 他に行くとこない

2018-02-04

風俗に年間50回くらい行ってるが、あまり記憶が無い

風俗、週に1,2回使ってる。

しかし、どんな女の子とやったのか、余り記憶が無い。

時間程度、ちょっと話してセックスした程度じゃ何も記憶に残らない。

  

印象深かった女の子ランキングで上げてみる。

  

1位 児童養護施設職員志望の短大生19歳

物凄くあたりだった。

顔は詳しくは思い出せないが、相当ハイレベルな可愛さだった。

乃木坂レベルだった。

自分では、「下の下」と自分の顔を言っていたが。

彼氏は1人しかいたことないとのこと。

メッチャ性格よくて、「来年から児童養護施設ママになるんだ~」と。

僕のことも、「清潔感あってゼンゼン付き合えるよ」とのこと。

アニメ好きで、夏目友人帳とか好きだとか。

「お母さん」っていうと、「バブみってやつでしょ~いいよー」と受け入れてくれた。

で、そんな子に、アナル舐めさせた。思いっきアナル舐めさせた。

こんなカワイくて性格いい子にやらせてるという興奮で、第一位

多分こんなカワイイ子とは僕は一生付き合えない。風俗しか無理だろう。

そのマックス値をたたき出したという感動。

  

2位 高身長メンヘラ19歳

マ〇コがとにかく汚かった。多分軽度の知的障害だと思う。

でも、見た目はかなり可愛かった。

僕が、「ブサメンから生きてる意味が無い、僕は医者なだけしか取り柄が無い」と言うと、

「私もお母さんがすべてだったけど、お母さんが死んじゃって。もう生きてる意味が無いなと思ったけど。生きてるよ」とのこと。

感動してしまったね。この子は、そんな人生のよりどころを失っても強く生きている。

セックスはしなかったが、心が癒された

  

3位 バツ1子持ちの美容師35歳

5回くらい通ったと思う。

リストカットあとがあり、夫がドキュンで子持ちのまま別れたとのこと。

妖怪ウォッチとか子供に買ってあげたりするらしい。

「僕のことブサメンだと思ってるんだろ!」と劣等感叩きつけまくった。

「そんなこと無いよ、好きだよ」と慰めてもらえた。

疑似的なママになってくれた

  

  

もうこっから先の女の子記憶はホボ無い。

ゼンゼン覚えてないものなんだなあ。

2018-01-23

anond:20180123143738

女のプライドって、男のプライドと傾向・性質が違うよね?

女じゃないから、正直よく分からない部分もあるけど、観察してみる限り、「悲劇のヒロイン」=自己憐憫に浸って、セルフエスティームを高めようとする構造がある?

 

自傷癖も、自分を傷つけることで、自分価値を確かめようという試み、心理があるのではないか

嫌な気持ちをかき消すために、リストカットの痛みで、ごまかし/上書きしようとするのは、悪手(ダメ解決手段)でしかないと思う。

 

女はもっと自立して、たくましくなって欲しい。

男も女の自立、成長を支援すべきである

2018-01-20

今年はやけに童貞喪失相手を思い出す

13年前の出来事です

まあ去年日雇いバイトで会った気がするが気のせいだろう

まあ13年前1回だけ会った相手特定出来る訳が無い

とは言え身体つきと声はぼんやり

上腕付近であるリストカット跡は

相変わらず綺麗なんでしょうね

現場からは以上です

2018-01-17

イかれたメンバーを紹介するぜ!!

顔声仕草全てが横澤夏子に似てる中堅の女!

隙あらばあまり美味しくないクッキーを焼いて持ってくる我営業所ステラおばさんこと係長

彼氏結婚するまででいいから付き合ってよ」複数の女社員に送っていたLINE流出!隣の課の40代男!

乳がでかすぎてスーツの上着が弾け飛ぶ!新人のブス!

遅れてきた中二病一人称俺が治らない中堅の女!

「俺も若い時は遊んでたけど今は嫁と子供可愛いんすよね」見た目はホストウザすぎるイクメン自慢、中堅のお兄ちゃん!

酔ったのをいいことにさりげなくお気に入り女子の腰を抱く二枚目サイレントキラー!隣の部長

ハゲ

職場備品がみるみる消える!疑惑ゴッドハンドパート韓国人

フリル全開!首元にリボン!冬はドピンクコートアラサーデブ

新人歓迎会で突然号泣リストカットメンヘラ新人

メンヘラ新人に本気で恋をした!歳の差30歳!バツイチ子持ちの部長

日本語不自由KYクレーマー御用達アスペ俺!

異常だ!!!

辞めたい

2018-01-06

リストカット、薬物依存精神錯乱

重い精神障害を患った彼女との日常を描いた青春ストーリー

「ねえ、昨日どこいってたの?」

2018年7月3日 公開

ー 君は縄 ー

2017-12-08

もし体が2つあったら

一つは傷跡の隠しようが無いくらボコボコになるまでリストカットして気持ちよくなりたいしさらにそれをTwitterに乗せて自己顕示欲を満たして自己陶酔に浸ってもっと気持ちよくなりたい。もう一つは綺麗なまま保管して人前で堂々と半袖を着れるようになりたい。

体が2つってだけじゃいろんな解釈ができちゃって良くないですね

2017-11-23

自殺へのカウントダウン

あと、男性と肌を重ねる感覚気持ち悪いですね。

この付きまとう感覚を超えためにそれ以上の感覚である『痛み』を得ようとして「リストカット」する子もいます

https://locafra.com/2017/08/13/fuzokujyou1/

2017-11-14

白石容疑者 「俺も悩んでた」とリストカットの傷見せ誘った

 ターゲットに定める女性に、特徴があったとする証言は少なくない。歌舞伎町スカウトをしていた頃の知人はこう話す。

アニメ好きの地味めな女性を狙っていましたよ。『バッグにアニメグッズをぶら下げている子は、スカウトに応じてくれやすい』と語っていた」

http://news.livedoor.com/article/detail/13884624/

殺人アニメが利用される気分はどうだ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん