「四肢」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 四肢とは

2020-08-12

anond:20200812155636

一度浸透した観念を塗り替えるのは困難だ。

新しい語彙で潰す
ジャンル隠語として流布する
人権問題等で燃やす
形骸化させる

2020-08-04

anond:20200804162754

そもそも女性四肢をじろじろあまり見ないけどほとんどの人はもう剃った後らしいから…

男はモッシャモシャに生えてる人多いからすぐ分かるけど

anond:20200804114215

四肢無駄毛って生えるの?みんな無駄毛剃ってるっていうけど自分四肢に剃る毛がないからいつもふしぎなんだけど…

北米西海岸リベラリズム一言表現すると「努力して自分磨き

日本人が知るアメリカというのは海岸線に近い一部の地域(サンフランシスコとかニューヨークとか)で内陸部のことは知らないことが多いというのは定番ネタだろう

更に言えばネトウヨから出羽守なんて言われている人たちが思想的影響を受けているのは西海岸の一部の地域であることが多いのも定番ネタ

しかしそんな出羽守も実際のところ北米西海岸リベラリズムをよく理解せず、なんだかんだで日本文化尺度北米西海岸リベラリズム解釈してはガチ勢ツッコミ入れられてしまうということが繰り返されてきた

何故そのようなことが起きるのか?

理由は単純で北米西海岸リベラリズムの正体が「努力し続けることによって自分自身を磨き上げ人間レベルを上げようというマッチョ思想であるということを理解していないからだ

北米西海岸リベラリズム個人が置かれている環境の影響によって努力することすらできない者のために努力できる環境を作り上げるということはする

これは言うなればスポーツジム存在しないのであれば高性能なマシンが完備されているスポーツジムを用意する」というやり方であり、当然ながらそのジムマシンを動かして筋力や心肺機能を高めるのは個人自身努力によって行われなければ"ならない"のだ

口を開けていれば降ってくる恩恵なんていうもの北米西海岸リベラリズムからすると資本主義リードするステイツの敵である共産主義でありアカなのである

一緒に努力しよう!努力するアナタは素晴らしい!より一層努力することでアナタ人生は豊かになる!

四肢が欠損していようが、遺伝子異常を抱えてようが、難病罹患してようが、アナタ自身が今できる努力をしてレベルアップしよう!努力するための環境サポートは任せろ!

もちろんその様子はテレビで放映し努力しようとする仲間たちに伝える!アナタは多くの人から称賛を得て名誉を獲得する!(北米の)社会に認められるんだ!

これはスタートに過ぎない、明日もっと高いレベルへ挑戦しよう!!!

北米西海岸リベラリズムは大真面目にこのようなことを考えており、自分努力の結果をFacebookInstagramで公開するのである

からこそ鍛え上げられた引き締まったボディを高く評価し、そこには男女のエロシチズムすら内包する美しさがなければならないし、北米活躍する俳優モデルはそういう人物が選ばれる

北米西海岸リベラリズムの表層に感化された日本出羽守いくら男女平等人種差別反対を訴えようとも表層しか理解していないので(北米西海岸リベラリズム的に)おかしなことを言い始めるわけだ

BLMだってシンプルに考えたら良い。白人黒人努力する権利を奪うなである

なぜ死刑反対なのか?死んだら努力できないかである。それ以上のレベルアップが見込めないかである

北米西海岸リベラリズム努力しない怠惰な者は想定されていない。それは共産主義から

北米西海岸リベラリズムシンパシーを感じるのであれば、アナタ日本社会へ様々な分野のスポーツジムをたくさん作る訴えをし続け、アナタはそのスポーツジムで鍛え続けなければならない

もちろんスポーツジムを作る努力とは別に自己研鑽努力は並行して行うのが北米西海岸リベラリズム流だ

あみんなもマッチョ北米西海岸リベラリズム標榜しよう!

4ヶ月ぶりに彼氏に会った

通話はするけどカメラオンにはしない、zoomもしないで4ヶ月。第2波の中だけどやっと暇ができて会うことになった。

会うと予定を立ててから私は人間に戻るために四肢ムダ毛を全て剃り(ここまで長袖で過ごしていた)、マスクで隠れる顔も全部綺麗にした。そしてマスクから出ている部分を華やかにすべくアイシャドウを新たに調達した。

本当に一大事である。4ヵ月ぶりに会って「老けた?」などと聞かれてはたまったもんじゃない。まるで夏休み明けの学校に行く時のようなドキドキした気持ちで会いに行った。

そして、彼は待ち合わせ場所にいた。「お久しぶりです」という彼は4ヶ月経っても全く変わっていなかった。すごい。4ヶ月経ってもそのままだ。挨拶ついでにつついてみたらきちんと人の感触がする。変わらず生きていて目の前にきちんと存在している、なんと愛おしいことか。これは4ヶ月声だけで関係を持たせていた私(達)にとって堪らないくらいに嬉しいことだった。ちなみに彼には「縮んだ?」と聞かれた。そっちか。

それから2人で街を回った。彼は見慣れない風景の中を楽しげに歩いていたが私はその楽しそうな顔を見ているのが幸せだった。終始緩みきった顔で見ていたと思う、マスクがあってよかった。目と眉のみで顔の情報制限されていたとしても、彼の見せる表情の一つ一つが彼が今ここに生きていることを実感させてくれた。気持ちで言えば5分に1回は表情を撮っておきたかったくらいだった。

たくさん話もした。今、目の前に写っているもの感想を2人で言い合うのも4ヶ月ぶりだ。ラグがない状態で話が進んでいくことが新鮮だった。あまりに楽しくてどこかで一息つくこともせずにただ歩き続けた。いろんなものを見て、その話を2人でし続けた。4ヶ月前と変わらずに話が弾むことに私は少し安堵した。

別れ際、最後からと手を握ったら温かかった。私は生きた彼に会えたのだ。この喜びで胸がいっぱいになって、そしてこの気持ちを忘れたくなくて、駅のホーム階段を踏みしめるように歩いて帰った。1〜2時間、以前よりは本当にちょっぴりの時間だけだったけれど、会えて良かった。

2020-07-31

なろうの病人とか

愚痴です。

  

主人公病人と関わった時点で完治することがほぼ確定しているため、

何の感動も湧かなくなり、さっさと病人の話は終わってくれと思ってしまう。

というのも主人公が「エリクサー」なんてものを所有していることがあり、

これを使えば一瞬で病気が治ってしまうのである医者顔面真っ青である

奇跡のメスで命を紡ぐ、岬に住まう天才外科医存在意義を保てず岬から

身投げしてもおかしくないのではないだろうか。

本間先生ゲラ母親謝罪しつつ

  

病人家族は、完治したこと歓喜主人公にお礼を告げるが、支払えるものが無い

ということだが、ここで主人公は、その笑顔を見れただけで十分ですとか、ではこちらの

お店で食事でもいただけないでしょうかとか宿泊をお願いしたりとか、そんな程度の

見返りしか要求しない事が多い。

このようなことが起こるたびに「ふざけるナァ!」とマイスター主人公ばりに筆者は

不快気持ちになる。

  

エリクサーなんて貴重な物を軽々しく使うので、命も軽々しく感じてしまう。

病人の娘「お母さんが治った!治ったよ!うわーんお母さーん!」

母を訪ねて三千里で感動の母子の再会を何億倍も薄めたような感動がそこに待っている。

  

エリクサーだけでなく、とんでもない回復魔法を扱えることも多い。

するとどうだろう。なんと部位欠損が治るのだ。つまり失われた四肢や眼球やらも再生する。

エリクサーでも同様の事例がある

なんだそれは。人間の体がピッコロ大魔王みたいに再生するわけがないだろう。

栃木県民ですら「(ありえ)ないんだなそれが」とツッコミを入れたくなるだろう。

  

今回は随分とネタに走った愚痴だがエリクサーと超回復魔法の話を見るたびに筆者はツッコミ

入れる癖がついているかである。この話が出ると相当イライラしてしまうようになったしまった。

まりご都合主義過ぎて「不思議な事が起こった」で解決してしまう某ライダーを思い出す。

※ちなみに某ライダーは実際にいきなり血清を作りだした。

  

筆者は今ではこの病人が出てくる話を「病人回」と呼んでいる。

病人回はストーリーに大きな影響を大して残さないため読み飛ばしてもいいのではないかと思うが

何か重大な話が書かれているかもしれないと思いきっちり読み、そして読み終わった後に作品感想を見に行く。

感想「感動しました。良かったですねぇ○○ちゃん。私も涙が止まりませんでした」

  

この感想深読みしてしまい、笑いすぎて涙が止まらないのか?などと思うようになるくらいには

ひねくれてしまった筆者がいる。なろう作品を読み過ぎて心が歪んでしまったのは承知している。

しか病人回を読み続けると、どうせ治ってしまい、しかもあっさりと治るので茶番に感じてしまう。

主人公凄さを強調したいのだろうが、これまで苦しんできた病人はなんだったんだと思う。

チートが狡いなどと言うつもりはないし、エリクサーを手にした主人公は確かに凄いんだろうと思うが

たまには病人が死んでくれないものかと思うようになってしまった。

  

病気については大抵「不治の病」の一言で終わるものばかり。主人公医者ではないので特に何の病気なのか

よく分かっていない事が多い。何の病気なのかと、いつも気になってくる。

稀に「脚気」などの病名が出てくる時があるが、これについては食事を気を付けるように指示して解決する

こともある。しかし、癌などはほぼ出てこない。

天才外科医「無理だ。もう治らん(現実主義)」

なろうの主人公大丈夫だ。俺が絶対になんとかしてやる(絶対なんとかするマン)」

きっとなろうの主人公は癌でもなんとかしてしまうんだろうと思うと、やはり命が軽く見えてしまう。

  

唐突だが、筆者はドクターキリコが好きである

「生きもの死ぬときには自然死ぬもんだ。それを人間けが

という台詞などがとても重い物に感じるからだ。

しかしなろうの世界では、モンスターと戦うなどして命のやり取りをしているにも関わらず、なんだか命の

やり取りをしているように見えず、病気に関しても上記までの通りあっさり治ってしまうので

どうにも感情が揺さぶられなくなってしまった。

からこそ、いつかなろうでも人が死ぬような病人回を見てみたいものだ。

  

最後に、漫画になるが筆者のおすすめは「動物のお医者さんである

是非読んでいただきたい。

  

貴族編  :ttps://anond.hatelabo.jp/20200706225819

王族編  :ttps://anond.hatelabo.jp/20200707102749

奴隷編  :ttps://anond.hatelabo.jp/20200707174539

竜編   :ttps://anond.hatelabo.jp/20200708062743

商人編  :ttps://anond.hatelabo.jp/20200708131233

馬編   :ttps://anond.hatelabo.jp/20200708203845

獣人編  :ttps://anond.hatelabo.jp/20200709092800

エルフ編 :ttps://anond.hatelabo.jp/20200709173538

勇者編  :ttps://anond.hatelabo.jp/20200710134123

ドワーフ編:ttps://anond.hatelabo.jp/20200710201957

神編   :ttps://anond.hatelabo.jp/20200711222724

悪役令嬢編:ttps://anond.hatelabo.jp/20200730063046

猪編   :ttps://anond.hatelabo.jp/20200730172612

2020-07-26

anond:20200726151357

そうだな!後天的四肢を失った人とかは差別されて然るべきだよな!

2020-07-25

シャニマス1.5周年ライブプロデューサー感謝祭感想

シャニマスを初めて3か月、シャイグラフィのCDについてきたブルーレイを見てそのうち感想を書こうと思っていたら明日stライブ映像配信されると聞いたので感情がごっちゃにならないうちにこちらの感想をまとめる

ユニットごとの感想個人ごとの感想

ルミネ

キャラクターリアリティレベルが高いシャニマスの中で、イルミネは割と従来からあるアニメキャラっぽい造形をしている(勉強不足なので異論があるのはわかりますあくまで表面的に)のでこういう2.5次元ライブをする時キャラによせるのが大変だろうなと思った

正直まだイルミネP必須履修科目と言われているコミュを見ていないので、それを見たらまた色んな感情が生まれるんだろうなと思う

真乃

あんなにピョンピョン跳ねて踊りながらあのホワホワした声が出せるのって凄くないですか

ルミネのみならずシャニマス全体のセンター的なポジションでもあるので相当緊張しそうなものだけど全然緊張が見えなくてMe高いなと思った

灯織

表情がマジで「灯織だったらこ歌詞を歌う所でこの表情してるよね」っていうオタク妄想を120%の制度で実現してるから多分マスタリー表情筋持ちのサポート付けてレッスンを受けてる

めぐる

めぐるって一番ビジュアルを寄せるのが難しいキャラだと思うんだけど、そのハンデを物ともしないくらい動きの一つ一つがめぐる。曲終わりの決めポーズとか四肢関節の全てが完全にめぐる。

アンティー

めちゃくちゃカッコよかった

俺がもし天井社長だったら今回の感謝祭MVPはアンティーカにあげてる。DaViVo全方位隙が無い

ほのぼの日常パートからイントロが始まると共に豹変してからの一人ずつのキメの時点でかっこよすぎて俺の頭の中のビジュアルダンス審査員は満足して帰りました。

で摩美々voを食らって完全掌握決められた。

恋鐘

ビジュアル月岡恋鐘に似ているか?と聞かれるとそういうわけでは無いんだけどそんなことは置いといてかわいい

そして彼女もまた月岡恋鐘と同じく「アイドルやらせたら右に出るものはおらん」タイプ人間であり、彼女月岡恋鐘である理由はそれだけで十分なのである。(評論家面)

三峰

サブカル女オーラを出しつつ、「これはアイドルペルソナを被った状態ですよ」っていう演技をしている演技がうまい(?)

あと歌も結構上手かった。意外とドスの効いた低音が出るのも三峰として完璧

霧子

俺は霧子の事を信仰対象として見ているので、人の身にありながら霧子の声が出ているのは奇跡しか言いようがなく、「神託・・・」みたいな事しか考えられなかった。

美々

実写じゃん・・・

Viが高すぎる。ここでいうViっていうのは見た目だけではなく、立ち振る舞い、表情、全てが摩美々のもの

1番のBメロで霧子が唄ってる時の待ち姿すら摩美々なのがヤバい

あと個性が強めな歌声が多いアンティーカの中で一番真っすぐな歌声をしてるんだなぁ・・・って事に気が付いてその瞬間なんだかわからんが涙が出てきた

咲耶

実写じゃん・・・(2回目)

ライブを見る前と見た後で一番推しレベルがあがったのは咲耶さんと愛依でした

歌前の朗読パート感謝祭シナリオだったことを差し引いても存在感がすごかった。

放クラ

放クラは実在しま!!!

元々放クラの曲が一番好きで、どれか1ユニットだけライブが見られるとしたら絶対放クラにすると思ってた

どっちかっていうと放課後サンセットみたいなエモ曲の方が好きだけどやっぱライブだとビーチブレイバーは盛り上がるよなぁ・・・全曲ライブで見てぇ~

果歩

ずっと喉が心配になるくらい果歩してた。

小学生に見えるかといわれると難しいが、そもそもコミュ内でも高校生に間違えられてるくらいだから、見る人がゴリゴリロリコンでもない限りはそこを求めるのは酷だろう。

まぁ僕はゴリゴリロリコンなんですけど。

樹里

すげぇ!本物の樹里だ!ってなった(本物の樹里です)

ちゃんキャラの声のまま唄ってちゃんと上手いみたいなのに弱いオタクなんだからしょうがないだろ

夏葉

ずっと樹里イチャイチャしてんじゃん(至福)

夏葉である事へのストイックさみたいなのが見て取れて、その事が彼女が夏葉であることを補強するという、好循環が発生している

チョコ

チョコ先輩にはかわいいという個性があります!!!!(CV.小宮果歩)

実際あんなかわいかったら無個性なんて悩まないでしょ・・・ってなるくらいにはかわいかったね。

というかカースト最上位層のかわいさだから、俺の中のチョコ先輩像(カーストでいうとTier2あたりで、クラス男子からは表立ってモテてる訳ではないんだけど思いを寄せてる男子は実は結構いる)とは若干解釈不一致すらある。2.5次元ってむずかしいね

凛世

凛世が凛世のまま放クラで凛世してた(凛世のコミュに語彙力を全て吸われたタイプオタク)

シャニPの3大名采配に「月岡恋鐘をセンターにアンティーカを組んだ事」「放クラに凛世を入れた事」「あの3人でアルストロメリアを組ませた事」「あの3人でストレイライトを組ませた事」があると思っているんだけど、本当にこの文学少女が、(本質的な部分はそのままに)年相応な女の子としてはしゃげる場を与えてくれる放クラという場所は素晴らしいんだ。

アルストロメリア

アルストの曲って今まであんまりちゃんと聞いたことが無かったんだけど、こんなに良かったんだ・・・と思ってハピリリもライブで聞きたくなりました。

甘奈

viも高くて歌も安定しててダンス問題なくて、でもどこかに感じる不安感は何だろうか・・・メンタルだぁぁぁ

まれ持ったセンスでそつなくアイドルをこなしているけれど、心の中に爆弾を抱えている感じ完全に解釈一致です(アルスト編成でそんなにメンタル低くて大丈夫?もう一回G.R.A.Dで育成しなおしたら?)

狙ってやってるのかなぁ・・・狙ってやってるなら天才だなぁ・・・それとも演者資質を取り込んでシナリオ書いてるシャニマス脚本天才なのか・・・

甜花

俺は脚フェチから女の子は必ず足から見るんだけど、アルストの中で1人圧倒的に内股なの、めっちゃ☆良かったよ、甜花ちゃん

千雪さん

千雪さんが楽しそうにアイドルしてて良かった・・・(嗚咽)

でもこのライブ、薄桃色とかGLAD編の前ということを考えると、前述のコミュを踏まえて次のライブではどんなパフォーマンスをしてくれるのかがとっても楽しみ

トレイライト

Wandering Dream Chaserって、今あるシャニマスの曲の中で歌もダンスもワンランク上の難しさだと思うんだけど、後述する愛依が歌もダンスも強すぎて凄かった

他のユニットより一年活動期間が短いことを考えるとまだまだ伸びるぞ・・・と思う

あさひ

ゲーム中では天才という位置付けをされていて、ある意味一番ハードルの高いキャラだと思うんだけど、それをものともしないパフォーマンスをしているその事自体あさひとしてこれ以上なく正しくて強い。

俺は元々「あさひって天才とかバケモノって言われるけど実際どんなパフォーマンスをするんだ・・・?」っていうのを想像できていなかったんだけど、今回のライブでなるほどな・・・と思いました

冬優子

先述したようにワンダリングドリームチェイサーは難しい曲で、他の二人に比べて冬優子は若干必死でついて行ってる感があるんだけど、その事自体が冬優子としてはこれ以上なく正しくてエモい

で、じゃあパフォーマンス必死で終わりかっていうとそうではなく、必死ながらもファンを喜ばせたいっていうのも感じられて、そういった様子とゲーム中のコミュを合わせて見ていると、「もしかしてこの必死な姿も計算?」みたいな解釈も生まれてきて虚像現実が入り乱れるトレイライトの一番の体現者にも思えるんだ

愛依

一人だけ限定SSRじゃん・・・歌うっま・・・ダンスもうっま・・・Viも高い・・・強すぎる・・・

他のみんなが特化ステ550くらいだとしたら愛依は一人だけall700くらいのステータスあるよ・・・

この愛依ならwing決勝夏葉にも歌姫の夏葉にもvoで殴り勝てる。Bメロで愛依が歌った瞬間俺の脳内vo審査員は一撃で帰りました

オマケ・全体曲ここ好き

Ambitious Eve

永遠がほら潜んでる」のところで手のひらを見つめる樹里を移すのは「階段の先の君へ」を読んだプロデューサーなら全員泣くやろ

spred the wing

1番のサビ終わり「手を伸ばせば」で皆が客席に向かって手を伸ばす中、宙を見つめ手を伸ばしているあさひが120%解釈一致

その直後「生まれてくる」で妙にマイペースに見える踊りを見せる凛世も好き

2番冒頭「不安は皆同じだね」でめぐるが移った瞬間の数秒間で俺は脳内にチエルアルココミュ走馬灯のように流れて心臓が苦しくなった

翼を広げて(君とどこまでも)あの空の彼方

この歌詞

プロデューサー達が「君とどこまでも」って叫んでるのを聞いてめっちゃ胸が熱くなった。

ここをプロデューサーが歌えるようにしてあるの、なんて粋なんだ・・・

次のライブがあったら絶対行きたい。

とりあえずは明日1周年ライブ配信を見るぞ!仕事からアーカイブになるけど!

https://www.youtube.com/watch?v=7U43JJXcG7g

2020-07-22

推しの全ての可能性と瞬間と感情をずっと観測していたい

増田腐女子などに代表される女オタク発見されて1ヶ月程度だろうか。

私はどちらかと言えば手斧を投げ合うインターネッツの住人なんだと思うんだけれど、昨今のこういったムーブはそのうち去ると思うので、今のうちに便乗をさせてほしい。

既に辟易している増田諸君も多いかと存じますが、増田という海の懐は深いと思うし、そもそもこんな記事はすぐ流れて藻屑になるだろう、どうかお許しください。

何より、自分思考は恐らく異端と判じられることなのだろうなと常々考えていた。

から増田に書き捨てておきたい。

 

かれこれ20年程前から、ずっと好きであり続けているキャラクターがいる。

私がインターネット世界に身を投じる少し前にプレイした、ややマイナーゲーム登場人物だ。

その当時のオタクは、同人誌即売会などの直接的なものを除けば、雑誌への投稿交流の中心だった(10年前の個人サイト、5年前のpixiv現在Twitter等の役割に近い)。

親指の先ほど小さなイラストでも、そのキャラが描かれたイラストが1枚でもあれば、雑誌を購入する理由になっていた(今になってなぜ雑誌スクラップを作っておかなかったかと後悔している)。

学生の頃、それも義務教育の枠内である時分にのめり込んだので、それまでの短い人生の中でも形成されていた嗜好を、そのキャラ存在が塗り替えた。

それまでは分かりやすいくらいの熱血漢で優しさもあるような性格キャラクターが好きだったのだが、

以後は他作品であってもそのキャラに似た、少し長めの黒髪で深い青の瞳、淡々として気難しい性格キャラクターが好みになる。

 

さて、私が好きになったキャラは、前述の通りゲーム登場人物だ。

そのゲームマルチエンディング採用しており、プレイヤーのとった行動によってはそのキャラは死を迎えることがあるが、幸福を得るエンディングもあった。

どのエンディングも余韻や想像余地を残すものであり、創造意欲を掻き立てられるものだった。

20年前当時の私は(そして多分今でも)、このキャラに恋をしていた。いわゆる夢女子である

まったくそういう性格付けはされていないのだが、彼は私にとっての王子様だった。私にだけは優しくしてくれるなどという愚かな妄想をし、どうしたら彼の心を解すことができるかを悩み、

眠りから覚めたばかりで夢と現実境界曖昧ときは『こんなに苦しいならば直接会いに行こう』とさえ本気で思い、そして現実にこの人がいないことに気づいて、我ながら馬鹿すぎると落ち込むのだった。

ゲームで描かれた物語ハッピーエンドベースとして、このキャラを中心とした夢小説をいくつも書いた。

その頃の私は夢女子であったけれど、元々は男女の組み合わせで話を書くのが好きだった。別のゲームとかマンガとかではそういうお話をよく書いていたし、

このキャラが出ている原作ゲームでも他の男女の組み合わせの話を書くこともあった。

でも、このキャラと他の女性キャラクターの組み合わせだけはどうしても苦手で、殊更苦手な組み合わせは目にすることすら苦痛に思うこともあった。

私の思い描く世界幸せになってほしい、というエゴ押し付けた話を量産していたのだ。

しかし、二次創作とはおおよそそのようなものだろうとは思っている)

そして、当時の私は悪い意味で若く、一途ではなく、新しい刺激があればすぐさまそちらに寄っていった。

まり、他の新しい作品に入れ込んで、このキャラ主体二次創作をすることがだんだんとなくなっていったのだ。

新しい世界の扉を次々と開いて、その中で繰り広げられる物語に浸る。

そしてときどき、思い出してはそのキャラのいる世界に戻って、やはりいつになってもこの人は素敵だと幾度となく確認してから、また別の世界へと渡っていく。

どんな世界を覗いても、心を惹かれるのは例のキャラにどことなく似ている人物ばかりで、こんなにも己の内を侵食されているのだと我がことながら呆れもした。

百様玲瓏世界の扉の中には、私のうちの別の嗜好を開く鍵がいくつもあった。

たとえば、それまでは毛嫌いしていた同性同士の組み合わせの話が読めるようになったり、書くようにもなった。

たとえば、性転換や両性具有などといった趣向も持ち合わせるようになった。

たとえば、四肢の欠損や痛がる描写死ぬまでは生きてもがく様にある種の美しさを見出すようになった。

時には、二次創作ではなく全く別の世界に誘われることもあった。

そして時間が流れ、時代平成から令和へと移り変わった。

さまざまに思うところがあり、私はそのキャラ原作ゲーム二次創作を再び始めることにした。

その前に、まだネットの片隅に残っている、そのキャラが出てくる二次小説を片っ端から読み漁った。

存在のものがあり得ないと思っていた同性キャラとの組み合わせの話に感動した。

文字列を見るだけで苦々しく思っていた女性キャラとの組み合わせの話は、むしろ好みになっていた。

そして、以前ならば絶対に思わないことを思うようになっていた。

『バッドエンドの世界線の話を描いてみたい』と。

私は、20年以上も自分の心の真ん中に立つこのキャラクター幸せをずっと祈っている。

どうかできればハッピーエンド世界線でずっと幸せ暮らしていくことを願ってやまない。

だけど、その一方で、この人の苦痛に苛まれて歪む顔、今わの際の表情だってきっと美しく魅力的だろうから、描いてみたいと思ってしまった。

それだけではない、かつては苦手としていた女性キャラとの組み合わせの話も書いてみたい、ありふれているけれど満ちみちた暮らしを手にすることができるのだろう。

同性との組み合わせも書きたくて仕方ない、ガラス細工のように繊細で、そして耽美雰囲気も実に似合うのだ。

もちろん、十数年前と同じように、夢小説も書いていきたいと思う。

どんな形でも構わない、そこに自分の行動の介在ができれば、きっとこの上なく嬉しい気持ちになれると思うが、所詮妄想から叶うはずがない。

否、結局はこの人の存在こそが空想のもので、私がその在り様に一喜一憂しているだけなのだ

そうは分かっていても、このキャラクターいかに他の人物・状況・世界に触れて、何を感じ、どんな表情を見せるのか、そのすべてを見てみたいし、この手でそれらを書いてみたいと思う。

元々がマルチエンディングゲームである、その分岐をすべて観測できる立場に私はある、

ならばいっそ、自分妄想したものでも他の方の手によって描かれたものでも、幸福でも不幸になっても、このキャラのすべての可能性を見れるものならば見てみたい。

自分が好きなキャラクターがただ不幸になるところを見てみたいなど、あまり思ってはいけないし、ましてや見えるところで言ってもいけないことだろう。

これから、このキャラが何かしらの形で苦痛を受けて流血する話を初めて書く。

どういう話にするかは何となく頭に浮かんでいる。これからプロットを立てていく。

その前の儀式として、増田の場を借りて書き捨てさせていただいた。

 

ありがとうございました。

2020-07-21

anond:20200721133335

メンヘラメンヘラ再生産しなくていいぞ

貧乏平等日本においては致命傷になりにくいが、

毒親は致命傷になりやす

 

そもそも四肢問題がなく難病を患っていない場合、「生まれた国」、「地域」を除いたら

「親が毒親であった」かどうかが貧乏・困窮するかを決める


親の経済レベル関係しない、本人の学歴関係しない、なにを基準にしているかは知らないが頭の良さとやらも関係しない



上記コンプしてると常に選択肢と優先度を間違える。間違えても本人が楽しく過ごしたなら素晴らしいことだけど、楽しんでる様子はなくいちいち過剰に傷つく


そして いつも だれかに なにかを強制された と称して当たり散らすよね。自分自身の選択責任が持てない

2020-07-20

anond:20200719202055

元増田は今も化粧やファッション努力を怠っていないように思える。

最近アイメイク情報に関心を持っているではないか

おそらく、元に戻りたくない恐怖に後押しされて、自己研鑽に励んでいるんだろう。

既にこの時点で間違っている

こんなんメンヘラ愛好家のパートナーを見つけない限り、確実に貧乏・困窮しますわ

なぜ自分自身が楽しむ以外の目的美容ファッションにとりつかれているのか?


つか、四肢問題がなく難病を患っていない場合貧乏・困窮に一番関係するのは「生まれた国」、次に「地域

この要素を除いたら「親が毒親であった」かどうかが貧乏・困窮するかを決める


親の経済レベル関係しない、本人の学歴関係しない、なにを基準にしているかは知らないが頭の良さとやらも関係しない



上記コンプしてると常に選択肢と優先度を間違える。間違えても本人が楽しく過ごしたなら素晴らしいことだけど、楽しんでる様子はなくいちいち過剰に傷つく


この増田も該当している。実在すればだけど ↓

とあるブコメに大層傷ついたので書く(anond:20200714013533) = 32歳腐女子自分の子供っぽさに気づいて恥ずかしくなる(anond:20200709170615)

2020-07-11

anond:20200710123029

チンコ(性器)が俺(増田)の行動を決めていると確信を持っているのだから答えられると思うんだが


前回の回答( anond:20200707092754 )

あらゆるものの前にセックスが来ることを経験的に知っているからだよ。


ーー

お気持ち」がどこにあるのか

 ↓

前回の回答( anond:20200707092754 )

不明。単純に肉体と精神は不可分だから

脳味噌にあるかもしれないし、内臓にあるかもしれないし、チンコにあるかもしれない。


ーー

では確信があるは取り消すでいいんだな?

 ↓

前回の回(anond:20200707215812)

いや確信はあるよ。

ただ、誰もがそうであるように、その確信を持つ主体が肉体と可分かどうかなんて分からないというだけ。

別にチンコに限らず、四肢を失ったあとの俺が現在の俺と地続きだとは言えないのと一緒。身体を失ったとき精神は同一でいられるか、みたいな。


ワイも同じことを聞くぞ


チンコ奉仕することが人の生きる意味と設定したのはチンコ(性器)か?

チンコ(性器)を御本尊に設定しているのはチンコ(性器)か?

それとも“わからない”?

増田世界は全て神様が決める曖昧世界でもええぞ

2020-07-10

anond:20200708102632

俺は精神と肉体とを区別してもいないし、可分不可分の判断もしていない。


いいや、不明からない曖昧だって書いてるぞ?

少なくともから精神が肉体(器官)から独立して存在するもの増田はしていないぞ?

現実には、判断力と記憶力と自己認識と肉体(器官)は必ずしも関係していないんだけどな

>『過去自分と今の自分は別人ではなく同じ人間である』という“お気持ち”は、

> チンコが持つの

> 俺(増田)が持つの

    ↓

前回の回答(anond:20200707160008)

チンコと俺とが独立しているかどうかが不明


—-


前回の回(anond:20200707215812)

その確信を持つ主体が肉体と可分かどうかなんて分からないというだけ。

別にチンコに限らず、四肢を失ったあとの俺が現在の俺と地続きだとは言えないのと一緒。身体を失ったとき精神は同一でいられるか、みたいな。

あと、こちらも自分で“わからならない“って書いているぞ?

チンコ(性器)は増田のすべてに影響を及ぼしてい>る気がするが根拠はない

>「言及していない」。

   ↓

前回の回答(anond:20200707163905)

増田世界では俺(増田)がアクションをする際に必ずチンコが入るのか?

あるいは『過去自分と今の自分は別人ではなく同じ人間である』という“お気持ち”は、

俺(増田)が持っているのかチンコが持っているのか曖昧世界なのか?

そんなん誰もわからんやろ。

それは「曖昧さ」ではなく「わからない」とするのが理性的な態度やで。


まり、まとめると、

増田世界はあらゆるもの曖昧でわからなく

けれどチンコによって何かが決められているような気がする

神さまのみ知る世界ってことでいいか

2020-07-07

anond:20200707215812

四肢を失ったあとの俺が現在増田(俺)と地続きだとは言えないのであれば

そもそも過去現在未来増田(俺)は地続きとは言えないのでは?

『同じ川には二度と入れない』とするまでもなく

過去現在未来増田(俺)は物理的に同じではないぞ?

anond:20200707214037

いや確信はあるよ。

ただ、誰もがそうであるように、その確信を持つ主体が肉体と可分かどうかなんて分からないというだけ。

別にチンコに限らず、四肢を失ったあとの俺が現在の俺と地続きだとは言えないのと一緒。身体を失ったとき精神は同一でいられるか、みたいな。

そういう主体の在り処みたいな話は思考実験しかならないつまらない話。

2020-07-05

anond:20200705115043

自覚していないようだがかなり読みにくい。

逐一挙げていくから覚悟して読んでくれ。

まれによくいる。

これはまだ理解できるからいい。ネットスラングでもあるし。

美しい日本語とか読解力とかそういうレベルではない。

おはよう」「こんにちは」で日本語力の限界に達する子。

名前」「氏名」と書かれてて、スペイン語で書いても平仮名で書いても良い。

五感四肢の先天後天どちらかのトラブルであっても、場合によっては知能の問題でも仕方ないと思う。

この辺の主語と述語の混乱がすごい。

この4行それぞれの、主語述語が省略されていない形を自身イメージできるだろうか?

3行目などは、文の途中で主語が切り替わっている。「名前」「氏名」と書かれているのは何?スペイン語平仮名で書くのは誰?「良い」とは何が「良い」のか?

日本語は省略が許されてるしいくらでも省略していいと思うけど、完全な形をイメージしてそれから省略したほうがいい。でないと読み手に混乱をきたす。

それに一般的日本語としてもこれは省略しすぎ。勢いで書いた文を推敲もせずそのまま投稿していないか

そうじゃなくて、ホント日本語がわからない日本人

移民の子にごくたまにいる。東アジアの子では知能が問題なければ見ない。

まれた時から日本にいるのだから日本語くらい覚えそうなもんだが、全く覚えない。

ここもそう。この1行目を見ると特に感じるが、あなたの使う体言止めは、全体的に非常に違和感があって文意もとりにくい。

それは何故かというと省略されていない形が直感的に復元できないからだと思う。

じゃあポルトガル語ペルシア語がわかるかと言うともっとからない。

まだマシなのは日系人グループではコミュニケーションとれてる子。

たいがい母国言葉も知らないが、それでも所属するグループのなかなら日本語くらいわかる子がいる。

この辺は文自体比較的読みやすいと思うが、全体としての文意が全く取れない。

ポルトガル語ペルシア語はわからない」

日系人グループではコミュニケーションがとれる」

母国言葉も知らない【が】、日本語くらいわかる」(この【が】も相当変だ。前後が逆接になっていない)

まりこれらを総合すると、「まだマシな子」はまだマシな子同士では日本語コミュニケーションを取れている、という意味でよいのだろうか?

そうであれば冒頭の「日本語力の限界に達する子」とは違う集団のことを言っているのだろうか?

文中で逆の例を言うことはもちろんありうることだが、この文章でこの位置に反例を出してこられても、シンプルに読者が混乱する以外の効果はないと思う。

めちゃくちゃ問題なのは核家族かつ両親は移民で、子供家族内でしかコミュニケーションがとれない。

義務教育はもちろん受けるが、授業が理解できない。簡易な単語は覚えるが、そこまで。

読み書きが壊滅的。

東京静岡ではそういう子のためのカリキュラムを組んでるとこがあるとかないとか。

ここが主張したいメインの部分なのだろうか?

この「めちゃくちゃ問題な子」の家庭内でのコミュニケーションは何語によって行われている?

ポルトガル語ペルシア語がわかるかと言うともっとからない」のではなかったのだろうか?

このあたり、何か大きな前提が書かれていないように感じてしまう。

そして、今更だが、この辺りでようやく、日系人日本まれの子がうまくコミュニケーションをとれないという問題主題なのかとわかってくる。

タイトルを読んで、本文を数行読んで、「ん?スペイン語??なぜ急に?」ときて、「移民の子」というキーワードが表れて、その上でここまで読んでようやく話の全体像が掴めてくる。

正直、ここまで読まないと全く頭が話に入っていけない。構成を工夫した方がいいと思う。

初めてあなた文章を読む読み手の、何も入っていない頭の中を想像しながら書き進めたほうがいいと思う。

子供日本人社会適応してれば問題ないが、もちろん適応してない。日系人社会でもベトナムフィリピン系の子ブラジルの子いじめられてたりする。

華僑の子ベトナムの子で、俺の方を指差して笑ったり、怒られるのを嫌がってこそこそ隠れたりする。

一行目。日本人社会日系人社会が立て続けに出てくる。

冷静に読めばここの文意は取れるが、親切でない。ここまでの文もそうだけど、近接する文どうしで急に話が変わるのは本当に読みにくい。

もちろん、対比したいとき、強調したいとき、逆接したいとき、隣り合う文の内容が変わることはいくらでもある。だがそういう時のために接続詞はあるのだ。

そして二行目。「俺」が突然登場する。

これは一般的日系人の子問題について語っている文章なのだと思っていたら、急に体験談が出てくる。

かといって今後またしばらく「俺」は登場しない。この文章を、論説・エッセイ体験談のいずれの性格を持ったものと思えばいいのか、この後ずっと混乱が続く。

子供が群れて大人悪口を言う。健全コミュニケーションであると思う。それはそれとして行儀が悪いが。

「誰」のこと?文脈から言って日系人ではない日本の子供たちの話?また説明不足のまま話が変わっている。

日本語のできない移民の子は全く違う。子供同士で話すところを見ない。話せないから。

大人を見るとニコニコ笑って、飛び付いてくる。

子供残酷からいじめをせずとも仲良くはできない。世話を焼きたがる子ほど、感謝要求するから尚更よく怒る。

結果して同年代の子危険存在以外の何者でもないので、隙あらば大人のところへ行く。

彼らは悲しいほどに察しが良い。興味を引くためのイタズラも行わない。

ここはわかる。文脈が繋がっているし、主語統一されているし、これまでの主張から裏切られることもないからだ。

~の子と書いてきたが、成人している子も多い。

「~の子」とは?上で書いている「日本語のできない移民の子」を省略して書いたという解釈なのか?

このような略し方は本当に見たことが無いし、めっちゃくちゃわかりにくい。変な表現を使わず普通に書けば良かったのでは?

働いてる子の評判はすこぶる良い。少なくとも俺へ悪口を吹き込まれるような関係を築いてる子はまずいない。働いてるうちは。

実は「子」ではないんですよ、という話をしたあとにまた「子」。

そしてまた出てくる「俺」。「俺」とは誰?あなたはどういう立場のどういう人間として何を伝えようとしてこの文章を書いているの?

それを最初に開示した方が圧倒的に読みやすくなると思う。

寡黙で人懐っこく、文書が読めないから法外に安く使える。突然のドロップアウトや、誰も原因の把握できない暴力沙汰は多い。

時間を守れない子が圧倒的多数マジで時計理解できない子も多かろうが、恐らくうつかそれに近いんじゃないか

内科外科存在は知ってても(たぶん読めないが)メンタルという単語も知らない。

増田たちの感覚では日本人とは感じないだろうが、国籍はあり住む意思があり日本祖国だと思ってる。

幼い子は突然ふさぎこむ事がある。何かあったのは容易にわかるが、決して言わない。隠す事もできないが話すこともできない。

そして加害者にもよくなる。

ここはまだわかる。

加害者にもよくなる。」は日本語の文として若干の怪しさを感じるけれど、まあわかる。

人権平等ゴミだ。誰かの前に飛び出してかばってくれた事なんてない。

「くれた」の使い方が変。誰かの前に飛び出すのなら、かば対象は「誰か」なのだろうけど、「くれた」は普通自分自分の身内がかばわれることに対して使うと思う。

そしてまた主語行方不明。「かばってくれた事なんてない」のは誰?

直前にある文章は「加害者にもよくなる」だから、これが繋がっていると考える?

それともそのもうちょっと前に出てくる「増田」がずっと隠れ主語として残っているのだろうか?

うーん、どうとっても不自然だなあ。

2020-06-28

3歳の頃に、本棚の下からマチ針で串刺しにされた父親写真を見つけた

四肢貫かれてて

ヤバかった

2020-06-18

anond:20200618215740

ごどもには見せたいけどなあ

生きていると四肢を失うこともあるんだよ、決して浦のおじちゃんも珍しい人じゃない、もののけ見てみなさいて

戦争の時もぎょうさんおったよ

2020-06-16

ろう者は見た目が似ているか優遇されるんだ

と言われてちょっとモヤモヤしたので書いておく。

曰く、視覚障碍者とか四肢欠損とかは見た目で障碍者だとわかるけれど、ろう者は見た目でわからないことが普通ちょっと美人だとメディア露出可能とのこと。

むっと思ったけれど、ろう者ドラマアニメは知っていて、視覚障碍者アニメは知らないことには気づいて何も言えなかった。視覚障碍者が出てくる映画は知っているけれど、主人公は人じゃなくて犬だし。

個人的には目をつぶった状態や暗いときでも文字が読めたりとか、声を出せない状態でも意思疎通できたりとかで点字手話も便利機能として見ているんだけどさ。

最近マスクしてもごもごいうよりは手話使ったほうが何言ってるかわかるじゃんと思ってるけど、手話を知ったきっかけが倉本彩だったのでやはり何も言い返せない。

2020-06-13

anond:20200613200507

俺は母に愛され

母に生かされたが

俺は母を

楔や鎖だと自覚していた

本棚の下の隙間に

イエスキリストのように

マチ針で四肢を貫かれた

父の姿を見た日から

2020-06-11

NNN特定しないでくれ

https://anond.hatelabo.jp/20200611020005

ワイも、いや、ワイは、

『ネコしんでる!』『ウワーしんでる!』とギャーギャー騒ぐ妻と娘から失業中の男に向ける視線のみの要請で、ウチの裏庭の、浴室の窓の下にナゼかワザワザ死んでくれた名も知らぬ猫の死体を、(ほな明日朝ちょうど生ゴミ回収の曜日から家のに混ぜこんで出しそうでとくわ)とやはり無言の諦めと共に勝手に了承して、盛夏の気温の上がる前の早朝だが汗だくで、二重にしたゴミ袋を両腕で拡げ、倒れている死体の下の土ごと持ち上げ、先に集めておいた家庭ゴミの袋の中に上から放りこんだ。

四肢をぴんと突っ張って伸ばしたままで固まった死体は、針金と鋳物でできた剥製みたいな物を連想するくらい、ガッチリと固く重たかった。

・・・ナンマンダブを口の中で呟いたくらいで何の弔いもせず、騒がなかった(死体に気づいていなかった?)息子に後日ちょっとこぼしたくらいで、だれにもどうしたかは言わず、何かあったら自分だけに降りかかるようにしたかったし、覚えていると祟られそうに思ったので、なるべく忘れようともしたのだが。

2020-05-23

パソコンがぶっ壊れて発狂しそうなもう何もやることができない四肢がもがれて何もわけわからんくなっている全てを構築したあのシステムとかも全部一緒にぶっ壊れてしまった問題も手に入れることはできない戻ってくるものはないどうしよう

スマホでも文章入力とか買ったら来てやってらんねーんだよマジで意味わかんねーキーボードでの文字入力はどんだけする早かったのかっていうのを身をもって体験させられてるわマジで辛すぎる何も何もかも発信とかも出来ねえしさんもやってらんねーよクソが

時間を猫が死んだときに常に悲しいはクソは

音声入力はめちゃくちゃでわけわからん言葉になるしよう

ぷるぷるぷるぷるぷる

2020-05-12

安倍内閣って憎み切れないよな

政権モリカケマスク検察とほんとうにしょーもなくて、憂国の士が閣僚どもを八つ裂きにして四肢を全国の景勝地に飾って歩くくらいのことがどうして起きないのか不思議な気さえするんだが、なんとなく総理官房長官の受け答えの史上稀にみる拙さが喋る訓練をさせられたおサルさんのような哀れさというか保護カテゴリー級のアレを醸し出していて、みんな手控えてしまってるんでは思っている。これは両者を操るだれかの狙いなのかという気もしないでもないが、朝日の件でネトウヨミームが態々総理のペーパーに書き付けてあったあたりから情報ナントカ費で雇われたかなり微妙ウヨっぽい人材が精いっぱいがんばってる結果なのかもしれない。

敵は巧妙に隠れてるんではなくものすごく小さくて目に見えないという可能性もある、という話。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん