「潮騒」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 潮騒とは

2018-01-12

バイクで旅に出たい

旅に出たい

旅に出たい

バイクで旅に出たい

今は冬なので仕方なく働いているけど旅に出たい

ビーナスラインいって美術館あたりの寒さに凍えながら絶景みたい

スバルラインいって遅いバスイライラしながら五合目の人混みを見たい

東名海老名であーみんないるなと思いながらメロンパン買う人を横目に見たい

ちくら・潮騒王国鯨肉コロッケ食べたい

アクアラインで朝夕の渋滞に巻き込まれたい

箱根湯本で止めるとこがなくてうろうろしたい

箱根スカイライン芦ノ湖スカイライン伊豆スカイラインを通りたい

伊東マリンタウンで混んでるなーと思いながら足湯につかりたい

奥多摩のジメジメしたトンネルを通りながら水の博物館わさびアイス食いたい

関越出るまで遠いなーとか思いたい

川口PA栄えてるなーとか思いたい

旅に出たい

バイクで旅に出たい

2017-06-28

婚約者から結婚を考え直したいといわれたらどうしますか

「私達ちょっと距離おかない?」の電話は突然に

ついさっき、結婚式の日程まで決めた相手に考え直したいと電話で言われた。

「何か最近ピリピリしてて嫌だ」「急がなくてもいいんじゃないかって」「なんか最近かっこよくない」色々といわれた。

週末には結納が控えていて、両家の両親もくることになってるし会場もあるというのに。

どうすんだよ・・・親になんていうんだよ。どうしてそんな事に・・・パニックである

ひとまず明日仕事は休ませて欲しいと連絡した。無理だ。こんな精神状態仕事なんてできるわけがない。

思い返せば、最近彼女へのLINE適当だったり、きづかいが足りなくなっていたかもしれない。

他に気になる人ができたのかもしれない。告られたとか。

このタイミングまで言い出せないほど、私が追い詰めていたのだろう。心底申し訳ないという思いと、どうしてという思いがぐるぐると頭の中を濁流のようにめぐりゆく。

彼女との出会い

当方40代男性。30代後半の彼女お見合いサービス出会って付き合いはじめた。

プロポーズしたのは半年くらい前。夏の海で潮騒の中で思い切って伝えた。そうだね、結婚しようって言ってくれた。

超えないといけないハードルもあった。彼女のお父さんが他界していて、お母さんは一人娘の彼女がいなくなったら一人になってしまうのだ。

それでも彼女のお母さんにも話して承諾してもらって結婚しなさいって言われた。

一番のハードルは越えたつもりだった。

どうしたらよいのだろう

距離をおきたい」こう言われて復縁した記憶過去に一度もない。こうなったらもう終わりなのだ。心のどこかで「今度は違うかもしれない」そんなことが流れ星のようによぎる。そのたびに自分に言い聞かす。もう無理なのだダメなのだダメなんだっていったらダメなんだよこんちくしょう!!

当方40代ハゲ散らかし系男子である斉藤さんにだいぶ近い。家事全般できて年収も平均よりだいぶある。しかし、もう恋愛は疲れ果てている。新しい恋愛とかもう無理だ。

おいなんだよ。結婚ってこんなにもハードルが高いのかよ。20代・30代の後輩達がまぶしく見えるよ。仕事全然できなくてオロオロしているあいつだって結婚しているというのに何で俺はこの体たらくなんだよ。

もう、一人で生きていくのは嫌なんだよ・・・かいてくれよ・・・

2017-05-10

泣き声

 同じ音しか聞こえない

 でもその音だけで良い


 生まれた時から同じ音しか聞こえない

 でもその音だけで良いのだ


 生まれた時から同じ音しか聞こえない

 多分それは同じ音だ


 楡の木の葉擦れの音

 潮騒

 子供達の声

 学校チャイム

 祭囃子

 泣き声

 歌声

 風の音

 蝉の声

 音楽

 電車がレールを渡る音

 踏切りの警告音

 車のタイヤが立てる音

 足音

 鼻歌

 フライパンの上で魚が焼ける音

 換気扇ノイズ

 朝の鳥の声

 将棋の駒をパチンと置く音

 ラジオ

 ゲーセン喧騒

 キーボード打鍵

 ピアノ

 ピアノペダルを踏む音

 ピアノの蓋を開ける音

 ダイヤトーンスピーカーから流れるクラシック

 心臓の音


 それらは全部同じ

 誰かの泣き声

2016-08-26

High=Rise見てきたでござる。

2ch板のSFスレでたまに目にする作者ぐらいの前知識で行ってから

非常に後悔するパターンだ、コレ。。。

多分意図して映してないのだろうけど、

海鳥の鳴き声と潮騒が絶えない中で

打ちっぱなしコンクリート作りのアパートを建ててる時点で

廃墟になることは宿命づけられていたのだろう。

ヤマト運輸バイトしてたとき

ちょうど豊洲高層マンションを一棟まるごと請け負ってたけど、

ゴミ出しの観点は全く気付かなかった……

今の職場から見える風景も600戸建てのマンションに覆い隠されてしまった。

ベランダに建つ下層階の人たちとガラス越しに目を合わせて、クレームが入って

永遠にシャッター化するのだろう。すでに四方の内の一面で経験たからら良く分かる。

あとから来たくせに。何様だよ、畜生。タワーにすら入れない底辺民だよ、こっちは畜生

廃墟だ、廃墟になれ。東京オリンピックの狂采が終わりを告げたとき、全て滅べ。

2016-06-13

水たまり増田はまる間は田素間にリマ田積(回文

雨ね、

まったく。

足元が悪いからっていつもとは行かない歩道橋を歩いて行ったの。

足も濡れ無くないしね。

で、歩道橋の角の排水勾配が付いてるか知らないけど、

角の部分道幅全体に水たまりになってたの。

歩道橋に水たまりよ!

ありえないわ!

もう、ここまできて引き返すのも負けた感じがするので

潮騒ばりに焚き火を飛び越え来なさい!って

飛び越えようとしたけど、

とてもじゃないけど、

飛び越えられる距離じゃなかったわ。

でも、せいぜい浅い水たまりかと思って、

仕方なく行ったら、

もうくるぶしまでの深さよ!

んもー、歩道橋に水たまりしかも超深いとか!

もう朝から最悪ね。

結局ずぶ濡れになって負けたのは私、

からクッソだわわわ!

すれ違いざまにサラリーマンの人いたけど、

彼もきっとその水たまりにハマってるわ!

この先半端ない水たまりあるわよって教えてあげればよかったわ。

あ、そうそう水ぐもの術使えばよかったわ!

すっかり忘れてた!

にんともかんとも。

うふふ。


今日朝ご飯は焼き鮭定食よ。

サンドウィッチブームも過ぎて今は和食よ!

味噌汁とかも美味しいわ。

セクシーヤミーなゴージャスモーニングよ。

家にも鮭焼き機欲しいわ!

デトックスウォーター

伊藤園量産型麦茶

パックでたくさん煮出して使って作れるからこの時季は重宝するわ。

麦茶美味しいわよ麦茶

果物高いのよね~まったく。


すいすいすいようび!

今日も頑張りましょう!

2016-05-01

寄せては返す白波が、断続的に足元を濡らしている。巻き上げられた無数の真砂は儚げで、清楚な素振りで足の甲を撫でると寸毫の間もなく沖へと帰っていく。

ほんの少し前、水平線に太陽が沈んだ。ぽかりぷかりと黒い雲が浮かぶ空には、消え入りそうなひぐらしの声が響いている。閑散とした砂浜に吹く風は、遠く賑やかな夕餉の気配を微かにまとっている気がする。

寂寥とした晩夏海辺で、私は当て所もなくぼんやりと立ち尽くしている。ポストカード印刷されてもおかしくない風景をただひたすらに見やり続けている。

理由特にない。強いて言うなれば、不意にずしんとした疲労を感じたからであろうか。力強く動かし続けていた四肢が何の前触れもなくうんともすんとも言わなくなってしまい、理由も分からぬまま縋るような心持ちで顔を上げた途端に、自然の魔力に魅入られてしまったのであろう。

私はおおよそ数十分間、砂地に足を突き立てていた。時間の流れ方が緩慢だったのか、甚だしく変化に乏しい景色ではあったのだが、私は飽きもせず両足を波に洗われ続けていた。

きっと途中から魂が身体から抜け落ちかけていたのだろう。半ば自失の域にまで達していた双眸では、沖合の現れた影に気がつくのにしばしの時間がかかってしまった。

つの間にやって来たのだろうか、どこからともなく出現した影は、奇妙な動作をしきりに繰り返していた。一見したところ、溺れているかのような身動きをしている。しかしながら、海面は腰の辺りまでにしか達しておらず、どう考えてみても海底に足が着いている。大袈裟に振り回されている両腕はパントマイム連想させるものがあり、助けを呼ぶ声はおろか水を叩く音さえ聞こえてこないのも真剣味に欠けていた。

一体全体どんな輩がこんな馬鹿なことをやっているのだろうか。逆光のためか顔が見えない人物を興味深く思った私は、一歩だけ海へと近づいた。

「だめだよ」

鋭い叱責が背後から飛んできた。振り返った私は、険しい表情を浮かべた男の子に少し離れた距離から睨みつけられてしまった

突然のことで返す言葉もなく沈黙していると、どういうわけか次第に居た堪れない気持ちがわき起こってくる。警告を無視して再び海に向き直ると、もがいていた影が音もなく岸の方へと接近していた事実に直面した。

顔のない真っ黒な人形が、出鱈目に苦しそうに踊り狂っている。

根拠もなくぞっとした私は咄嗟に陸の方へと駆け出しそうとした。けれどもいつの間に離れてしまったのか、海岸線は随分と遠くに見えている。海面は知らぬ間に腰の高さまで迫り上がっており、水の抵抗にあった逃げ足は遅々として進まない。そればかりか先へ進むごとに海面がみるみる盛り上がってきて、胸が沈み肩が浸かると、さながら急坂を転げ落ちるかのように足が海底に着かなくなってしまった。

狂乱する私は海水でぼやけた視界の最中に、砂浜に立ち尽くす何者かの影を幻視する。息も絶え絶えに声を上げてみたものの、潮騒に紛れた悲鳴彼女には聞こえないだろうと、頭の片隅で気が付いていた。

やがて黒い影と私の輪郭とが完全に一致する。暗い海の底に沈んでゆく私は、揺らめきながら浮き上がってゆく息を見上げながら、もう何度目になるかもわからない暗転を経験した。

2015-08-08

海女キャラ問題点

あれはゆるキャラとかかわいいキャラにすべきで

萌えキャラにすべきではなかった。

例えば、「鉄道むすめ」のように、

実際にアテンダントがいるもの擬人化する場合

これまでは露骨性的ものとしては扱ってこなかった。

 

 

それを、海女自体性的要素を色濃く持った存在として扱われてきたのに

(『潮騒』なんかその最たるもんだよね)

萌えキャラとして性的要素持たれてることを露骨表現したら

そりゃー海女本人は嫌だわね。

 

 

オタクの界隈では「あの程度普通」かもしれんけど

一般的に見たらどうかをもっと考えてほしい。

あれ普通女性から見ても十分気持ち悪いもんだよ。

普通女性から見てああい萌えキャラ気持ち悪いけど

自分に直接関係ないから黙ってるだけ。

それを、自分に直接関係あるようになったら

そりゃ「気持ち悪いからやめてくれ」っていうわな。

 

 

男で言えば、相撲取りBLキャラ相撲公式キャラとして扱われるようなもんだわな。

やたらちんことケツ穴が強調されたキャラ公式って

そりゃ相撲取り文句言うだろうよ。

2014-06-17

三島由紀夫の『潮騒』というホモ小説

 少女は二三歩退いた。出口はなかった。コンクリートの煤けた壁が少女背中に触った。

「初江!」

若者が叫んだ。

「その火を飛び越して来い。その火を飛び越して来たら」

 少女は息せいてはいるが、清らかな弾んだ声で言った。裸の若者は躊躇しなかった。爪先に弾みをつけて、彼の炎に映えた体は、

火のなかへまっしぐらに飛び込んだ。次の刹那にその体は少女のすぐ前にあった。彼の胸は乳房に軽く触れた。『この弾力だ。

前に赤いセエタアの下に俺が想像したのはこの弾力だ』と若者は思った。二人は抱き合った。少女が先に柔らかく倒れた。

三島由紀夫の『潮騒』の有名な一説です。大変美しい文章で、沢山の人が感銘が受けています

が、どーもこの文章そのままで自分的に受け入れられないです。だって三島由紀夫といえば、「ホモセクシャルww」で、そんな

彼がまともに「男女の恋愛小説」なんて書きますかいなwww

モチのロン。。。。

「初江は男です!!」「初江のモデル三島由紀夫本人です」そうなんです!!!焚き火で抱き合ってる二人は男同士なんですwww」

まり。。。

「その火を飛び越して来い。その火を飛び越して来たら」の一文は、「常識という一線を越えて、俺と一緒に男が愛し合う世界やらないか?」って、

新治が誘ってるわけです。。。それに対して、初江こと三島由紀夫はホイホイとついて行ってしまうわけですね。。。

まぁ、新治モデルは、モチのロン阿部高和」さんです。。。

あーーーー

山川純一」で、『潮騒』が漫画化されねえかなwwwモチのロン主人公の二人は男ですww

あとアニメ化したとき新治の声は「いさじ」さんで。。。

追伸

『この弾力だ。前に赤いセエタアの下に俺が想像したのはこの弾力だ』の弾力は、胸ではなくて、男の尻でしょうね。セーターは着れないですけど

2013-10-25

能年玲奈歌声

かっじ〜つドルチェ♪のCMを見た。

歌下手なんじゃね。なんか怖い。

よくわからないけど、怖い。

聞いてはいけない音を聞いてしまたかのように鳥肌が立った。

あまちゃんでの鈴鹿ひ○美に近い、不穏な音程。それに舌足らずさ。

ドラマ潮騒メモリ○を本気で歌ってるときにもちょっと下手じゃね…?と疑いつつだったけど、今回のCMの歌で確信したね。不安定な歌。まさにうつろいやす音程。そしてそれが完璧な下手くそではないところがまた、ね。何なのあれ。

視覚情報だけだとすごくかわいいんだけど、あの歌が入ったことで「ん?これは…」と唸ってしまう。無敵のかわいさまで相殺してしまうのではないかと思うくらいに、不安感がある。

まあ、あのCMは奇異の目で見てしまうよね。かわいいだけに。

※初め「能年玲奈の歌」のタイトルにしようかと思ったけど、それだと能年玲奈の歌っていうのを作詞作曲したのだと捉えられてしまう可能性があったので「歌声」としました。

そしてはてな匿名ダイアリー投稿するのはこれが初めてです。至らないところがあったらすみません

2013-09-14

あまちゃん違和感

あまちゃんでどうしても慣れず、未だに違和感を感じるのは、春子さんが歌える設定なところ。

キョンキョンはすげー可愛いかったけど歌はちょっとない下手さだったし(下手さが愛嬌に転じないような)、むしろ薬師丸ひろ子のが上手かった。

春子バージョン潮騒メロディーが流れるたび、その絶妙な下手さに「いやいやいや…」となってしまう。

2013-08-06

好きな事だけして暮らしたい

ちょっと早起きしておいしい朝食つくって食べて、コーヒー一杯飲んで自転車で透明度の高い海辺を見ながら散歩

自転車20分くらいの所にあるスーパーで昼食と夕食の買い物をして気温が上がってきた頃に帰宅し、クーラーのきいた部屋で仕事する。

午前中はメールをチェックと今日タスクの確認をおやつつまみながらのんびり考える。

お昼ご飯は簡単でおいしいものをつくって、午後から眠くならないように軽めにとる。

サンドイッチかいいよねー。

オサレじゃん?

オシャレ男爵って感じじゃん?

かわいい女の子とか俺の寝室で寝ていて、昼間に起きておいしそうなサンドイッチ用意してあったらもっと惚れてくれるじゃん?

そんでストイック仕事している俺の背中を見て「ねーひまー」とか言って絡んでくるけれど、俺は仕事に集中しているから冷たくあしらっちゃうわけ。

でも夕飯にレストランみたいなイタリアンワインを用意して女の子歓喜。

もちろんキッチンには一緒に立って、一緒に試行錯誤しながらおいしい夕飯作るんだ。

夕飯を食べたらもう仕事はしないしメールも見ない。

ゲームやったり眠かったら早めに寝たり、お風呂にゆっくり入りながらDSでゲームしたりする。

体力が余っていれば涼しい夜道の散歩もいいよね。

潮騒を聞きながら。

寒いの苦手だから沖縄とか海のきれいな南国に住みたい。

時々仕事が嫌になったら一日中飽きるまでガンプラ作る。

ジオラマ材料とか大人買いしてきて、ブラカラーガンダムに着色もしてジオラマ作る。

そういう時は彼女にも誰にも会わないでもくもくと作る。

ガンプラを作るのに女はいらねえ。

なんか温泉いきてーなってなったら適当に気になる温泉宿に泊まりに行く。

なんか海外旅行いきてーってなったら適当に気になる観光地に遊びに行く。

お金糸目はつけない。

心地よさ、快適さ、便利さは全てお金で解決。

海外旅行はいつでも行けるから観光地は何か所も行かないで一か所に留まってのんびりする。

英語も堪能だから海外旅行にはひとりで行っても困らないしむしろ気楽なくらい。

さて明日は何をしようかなーと楽しみながら眠りにつく。

そんな夏休みみたいな毎日を生涯過ごしたい。

2013-04-13

本を捨てると決意すると同時に居座って読み始める俺について

玄関に投げ出した二百七十冊の書籍の山。多いとは言えないが、読むには時間がかかりすぎるその山を俺はいま捨てようとしている。ジャンルはさまざま。モンテ・クリスト伯、虚栄の市、戦争と平和、城、怒りの葡萄ユリシーズ地下室の手記潮騒企業評価と戦略経営パターン認識と機会学習ラング数学を語る、ドグラマグラプログラマのための文字コード技術入門、やさしい人物画、ソドムの百二十日、数学ガール乱択アルゴリズム、死者の奢り・飼育法令用語の常識、新しい交流分析もっとも美しい数学ゲーム理論

読めば、新しい知見を発見するにちがいないが、もはや体力が尽きてしまった。どれもすばらしい本だと思いながらも、どれも読む価値がなく感じる。少なくとも、俺にとってはいさらどうでもいいことだ。

本を捨てるには、まず段ボールに詰めることだ。つぎに、電話をし、そのまま引き取ってもらうことだ。必要になったら買えばいい。もう絶版で手に入らないって?ならもっとけ。回収の車が車での残り3時間、本当に読みたいものが見えてくる、というのは嘘だけど、慰めに1、2冊読んであげるつもりだ。

東京では、本を置くスペースもない。本を読むことが許されるのは、お金持ちの息子と古本屋の娘だけだ。

無人島に本一冊問題なんていうが、本が回収されるまでの三時間一冊問題の方があり得るし、現実なのだ

いま、僕はドグラマグラを読んでいる。(青空文庫で読めるって本当?!)

この本はどうだろう、援交から革命へ。宮台は専門家が読めばいいと思ってる。

スワン家の方へは?

あなたなら?

2011-01-31

現代に潮騒が成り立たない理由 

女が男を試すものなんだろうなと思ってる。

かぐや姫が男たちに無理難題ふっかけた例の簡易バージョンとして、

女のために婚約指輪という無駄銭払う覚悟を問うているのだと。

「その火を飛び越えて来い」

言っていることはわかるけれど

そういうハイテンション儀礼と言うのは

から男へ・個人から個人への要請として成立するものじゃないと思うんです

そこには社会的インフラ整備が不可欠であることにみんなが気付いて欲しい


初江は個人のパワーだけで新治に炎を飛び越えさせたのではな

背後により大きなパワーを背負っていました

これは、成人を迎える部族少年バンジージャンプをさせるのと同じパワーです


少年達が子供の頃から

"それ"が義務であり誇り高いことでもあるのだと教えられていたからこそ

必要な時に年長者や女や子供から片務的な負担を申し付けられても

従容として、時に嬉々として、それを受け入れることができたのです


少年をそのような男に育てるには

子供の頃から少しの特権とそれよりずっと多い義務や責任とを与えて自覚させる必要があります

近代先進国少年はそういう教育を受けていません。

したがって騎士武士や戦士は生まれ得ません。


女の為に宝物を探してきたり火を飛び越えたりする男像は

古い社会に基づくロマンの形です

少女の頃から少年を「殿方」として立てるようなことをしたいなら別です

そうでない、そして実際そんなことをしてこなかった女が

火を飛び越える男を欲してもそれは不当だと思います。

掛けていない年金の給付を受けようとするようなものです


古い社会への回帰を呼びかけているのではありません。

そのような義務規範の身に着いた男を育てる社会コスト・個人コストは小さくなく

からこそ必要なくなった時点でそのシステムは命を失ったのですから


ただ、社会の過渡期と言うのは局地的なズレが多く起きて誤謬を産みます

未だに男は炎を飛び越えるべきだと思っている男女もそうです

その為の特権も名誉も訓練も義務も死も与えられてこなかった元少年

この現代に炎を飛び越える必要は無いと私は思います。


現代、

このようなことを筋道立てて説明できない少年達が

規範のロマンを求めて満たされない女と相互に憎んで対立した結果

スイーツ(笑)」「草食」のような言葉を生み出しました

互いに旧価値観の良く見える部分だけを当然の形として異性に求めているだけで、

これは気付きさえすればすぐ解決できる、ただの誤解です


高額なご飯、流行自動車、高価な婚約指輪、盛大な結婚式

これらは全て飛び越える炎です

名誉社会でない今、飛び越える炎から得る利益はありません。本当は。男女とも。

http://anond.hatelabo.jp/20110131095510

2010-05-18

「好きって絶望だよね」

「……う、ん」

藻屑は渋々、認めた。

沈黙が落ちた。しばらく逡巡してから藻屑は、ものすごく大事な打ち明け話をするように、あたしの耳元に色のない唇を寄せて、小声でつぶやいた。

「ぼく、おとうさんのこと、すごく好きなんだ」

うへぇ!」

「……なに、うへぇって」

「いやなんとなく」

「好きって絶望だよね」藻屑はわけのわかんないことをつぶやいた。

暖かい、夏の終わりの風が吹いた。

絶望

望んだ事が絶えるから絶望

それは、快感幸福がない事を意味するんじゃない

一面の砂漠で死に絶え朽ちて行く何かを見つめ続けると云う事だ

灰暗く蒸した海辺に立つと、遥か水平線の向こうから伝わる大津波潮騒が伝わってきてしまう事だ

それは夕暮れと朝焼けの間にある

それはこちらをじっと見ている

それは音もなく近づく

好きは、絶望

2010-02-26

デリヘル嬢と夢のようなエッチをした

思い切ってホテルに入ってデリヘル嬢を呼んだ

今日が体験入店の子

玄関を開けると、すごくドキドキしているのがわかった

顔もうつむき加減

挨拶をして部屋に招き入れた

少しおしゃべりをした

顔をあげると、スゲーかわいい

プロフィールどおり最高ランクSSS

笑顔自己紹介していたら、安心したのか女の子もしゃべりはじめた

クスっと笑った顔はアイドル 川村ゆきえ

まだ21歳

聞くと大学生

就職活動に失敗してとりあえずお金を稼がないといけないのでこの業界

出身は北陸

今は女子学生アパート住まい

卒業旅行資金のため

就職活動バイトで貯めていた貯金はほとんどなくなってしまったらしい

卒業後はまだ決まっていない

実家に帰っても就職がないとのこと

就職活動中だから、髪は黒のストレート

シャワーのためポニーテールしたらメッチャかわいかった

脱がせてあげた

胸はEカップ 乳輪はピンク 乳首は小さい

聞くと彼氏とは遠距離でこの前別れたらしい

エッチはあまりしていないとのこと

もうこっちは大興奮 息子は起立したまま

初めてのお客さんとのことなので、いろいろと教えてあげた

最初に歯磨きをして、うがいをして、あそこを洗う

こっちはすでにお風呂を浴びていたので、女の子の体をじっくり洗ってあげた

女の子は言われるがまま

風呂場でキスをして、生尺してもらった

フェラはうまくなかった 初めてとのこと

お互いに体を拭いてベッドに連れて行った

ローションとゴムを用意した

じっくり胸をもみ、アソコも嘗め回した

女の子の息が荒くなる

小さく声を出し始めた

最近エッチをしていないとのこと

ローションでアソコをいやらしくした

顔がほてっているのがわかる

恥ずかしいのか、両手を顔で覆い隠していた

両手の中から熱い溜め息が漏れ

女の子に見られながら息子にゴムをつけさせた

ゆっくりと合体

3浅1深

ときどき激しく ときには荒波のように

そして静かな潮騒のようにじっくりと

女の子は目を閉じていた 

腰を入れるとアンっ 動かすとハァアァ 吐息が熱かった 

ゆっくり息子を抜いて

そっと息子のカバーをはずして 生で入れた

アソコも熱い

そしてもう一度はげしく腰を動かした

フィニッシュは中で ドクドク

呆然自失の息子のサヤを抜いて、そっともう一度ゴムをつけた

女の子ゴムをはずしてもらった

2回戦 新しいゴムをつけてもらった

駅弁とバック

白濁した液を奥に押し込む

奥の奥に定着するように空気で押し込む

女の子がピクピクする

携帯メロディーが鳴った

そろそろ終了時間

2回目はゴムの中で出した

一緒にシャワーを浴びた

時間がないので、ササッと終わらせた

この後もお客さんが待っているとのこと

笑顔がまたかわいい

ミスコンには新入生のときに出たとのこと

夢のようなエッチだった

 

遠距離彼氏とオメデタ婚になりますように

2008-06-18

第24次?25次?

釜ヶ崎暴動の潮騒(現状況)をplz!

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん