「AtCoder」を含む日記 RSS

はてなキーワード: AtCoderとは

2019-10-10

面接時のフロントエンドエンジニアコーディングテストについて

採用フローに「コーディングテスト」と書かれていても、実際何をするのかイメージがわきづらいなと思ったので、見聞きした範囲メモ。若手レベルの内容かと思われます

※ 内容に関しては私に関連する企業とは一切の関係がありません。テスト内容は企業求人によって変わるため、あくまで参考程度で。

① 実務に近い機能実装

ReactやVueといったフレームワークインストールして、何かしらの機能実装させる。

機能の内容はテストしたいスキルによって変わるが、実務に則したUIコンポーネントである場合が多い印象。

大抵は、わからなければググる事も許可されている。

主要なブラウザエディタの入ったPC(基本Mac)が貸与される。

制限時間は1〜1.5時間程度で、終了後に面接官のエンジニアと一緒にレビューをして、思考過程を口頭で説明する。

オンラインテスト

事前にメールURLが送られてくるので、期日内の好きな時間受験する。

内容はatcoder的な問題計算正規表現など)。サービスによってはコーディング過程も記録されるので、コピペはやめましょう。

制限時間は1時間程度で、設問は3問程度の印象。

③ 口頭試問

お題が与えられ、ホワイトボードに書き出したり、画面をプロジェクターで映し出しながらコーディングするパターン説明能力要求される。

アルゴリズムのような知識に関する質問が出る場合もある。

最低限のスキルチェックだけならFizzBuzzを書かせて終了、という場合もあります

採用は、する側もされる側も大変ですね。

他にこんなテストがあるぞという方がいればコメントで教えて下さい。

2019-09-30

プロをやってみた感想

転職エントリ言及されることが多かったのでAtCoderというサービスをやってみた。

無料で遊べるオンラインゲームだこれ…という感じ。楽しむにはプログラミングスキル必要なのでハードルは高いが、AtCoderサービスとそれを取り巻く環境が楽しすぎて見事にハマった。同時期に始めたFortniteと同じくらい遊べているので実質メタスコア80台ある。

面白いポイントを箇条書きにしていく:

といった感じ。こうしてみると、長短さまざまなスパンコンテンツができていることが持続的に楽しめる要因かも。

すでに毎週5000人くらいが参加している規模なので、今後もっと社会的に注目される可能性もある。そうなると(レートや色の価値が保たれれば)更にスキルとしての評価は上がると思うが、クラスタに向けられる目線も変わってくるので、差し引きでどういう趣味になるかが気になる。

ちなみに自分の色は今は茶色で、緑にはなれそう。水色は厳しそう…このへんの見極めも楽しいが、辛み(AtCoder天才以外お断りクイズ大会か?)の方が勝ってきた感覚もある。

あとネトゲ全般そうかもしれないけど、ハマりすぎるとこれ中心で生活が回るようになってくる。どちらかというと良い影響の方が大きい(高パフォを出すために毎週体調を良くして臨みたくなる)けど、あまり続くとこれはこれで闇だと思う。

他にも、ここが面白いよ競プロ的な点があったら(AtCoder以外でも可) コメントで教えてください。

2019-09-24

anond:20190924082455

0点の記事だな

お前chokudaiのツイート読んでないの?

atcoderやってんのに

彼はこういってんだよ

通常のシステム開発において競技プログラミングで役に立つか、という意見ですが、まぁこれは諸説分かれるでしょう。

システム開発と言っても色々あるので判りませんが、プログラムの全体を素早く捉える抽象思考必要もの漏れなく列挙する論理思考、この2つは共通して役に立つのではないでしょうか

まりお前の言い分である

プロはやっぱり業務で使えない

ってのは、あくまでお前のしてきた業務の狭さを物語ってるだけなんだよ

わかったらタイトルにつけた主語のでかさを反省してろ

プロはやっぱり業務で使えない

職業プログラマシステムの開発保守をやってるんだけど、色んな人が競技プログラミングにハマっているのをみてatcoderを始めてみて一ヶ月が経った。未だにF問題が解けなくて実力の無さを痛感してるけど、これ、たしかめっちゃ面白いアルゴリズム考える力もつくし、これからも続けようと思う。

それと同時に、やはり競プロ業務では使えないって思いが強くなった。「アプリを作るのが好きで、趣味で競プロもやってます」って人であれば面接で速攻でとると思う。問題となるのは「競プロ青色なので、プログラミングは得意です」という言い方をする人。その時点で俺なら落とす。

普段仕事プログラムを書いていると可読性とか保守をどうするとか、ほとんどの時間はそういうことを考えてコードを書いている。幸いそのお陰で、自分の関わるシステムは5年以上開発を続けても苦もなく保守できる状態が保たれている。しかし、atcoderに参加してみて、競プロ中は普段と全く関係のない知識を使っていることに気がついた。いや、使っているではない、使わざるを得ないのだ。

例えば、普段の開発では単体テストを必ず書くが、atcoderでは提出時間が早いほうが有利なため、簡単問題では単体テストが完全に無駄だという思いが脳裏に浮かんだ。システムを作るときには絶対にあってはいけない発想だ。回答を通す、という目的けがはっきりしているのも問題だ。参加中は可読性を上げるために変数名をつける、読みやすいようにリファクタリングする、などの行為がすべて無駄と感じられてしまった。回答を通すためだけに、 ad-hoc な if 文がどんどん付け足されていく。そして、回答が通った時点ですごく達成感が出てしまい、完成したコードにはまったく興味がなくなってしまった。atcoderに参加しただけで、普段システム開発をしている自分の頭がそのような発想に至ることがあるなんて全く想像していなかったので、恐ろしくもあり、競プロマインドシステム開発とは全く違うと痛感させられる経験だった。

こんなマインドプログラミングを覚えた人間は、絶対にまともな開発はできない。ひどい手癖が染み込んでいる上に、そこに自信を持ってしまっているのが非常に恐ろしい。ずぶの初心者よりももっと悪いと思う。

2019-09-11

AtCoder代表取締役ってISUCONと深いかかわりがある人なのだろうか

いきなり自分比較して自分の方が大変だから甘えるな的な発言してるし、

自分ビジネス化するという話もしてるし。

ISUCONの立ち上げかかわったり、出資とかしてる人なのだろうか。

競技プログラミング好きだけどAtCoder社と界隈が嫌いになって困っちゃった

界隈は同じくくりで見られるのが嫌って気持ちの方が大きいけど会社嫌いになるのはやってらんねー

2019-09-03

anond:20190903224255

汎用フレームワーク作るのって超すごいから、それ ポートフォリオアピールすればいけると思う。

でも最低限の情報工学知識アルゴリズム系)は問われると思うからatcoder的な所で鍛えておく必要はありそう。

2019-07-12

anond:20190712215745

回答ありがとう

一応応用は持ってる。セキュリティなんかは応用受かったくらいじゃ全然安心できないねセキスペとかネスペとか受けた方がいいのかなあ。

アルゴリズム不安があるからAtCoderとかやってはいるけど、成果が出るのに時間かかりそう。

ITに疎い人たちにいかITについて理解してもらうか、ということにかなりの時間を割いています

IT系の辛さはそこだよね。そこを面白みと捉える人もいるかもしれないけど…

やっぱ転職かなー。

2019-07-03

AtCoderヤマトコンペの裏で静かに話題

譲渡可能権利をすべて召し上げられるSIGNATEの武田薬品コンペにChainer開発者が参加したらどうなるのっと

ヤマト運輸プロコンだけどさ

別にヤマト運輸AtCoder擁護するつもりは無いけどさ~、

これについて「やりがい搾取」だの「賞金が安い」って批判してる奴ら競プロ界隈の人なん???

主催者側と競技者側が互いに納得してるなら別にいいでしょ。嫌なら別に参加しなくていいわけだし。

ドヤ顔でギャーギャー騒いでる奴らは、やりがいがあって高額賞金を出せるプロコンを提供できる訳でもないし、

ヤマト運輸の抱える問題解決できる訳でもないし、別に競技プログラマでもないんでしょ?

何の利益も生み出せない外野が、せっかく育ちそうな芽を始まる前に摘もうとしているようにか見えないんだよねー。

[B!] ヤマト運輸プログラミングコンテスト2019 - AtCoder

2019-06-30

AtCoderだかKaggleだかって何だか知らないけど、自分の専門分野でインパクトファクターが一番高いジャーナル自分ファースト複数パブリッシュされててもまともな就職なんてできんかったよ

医学博士号のザルofザルな現状とか仄聞するに怒りがこみあげてくるけど、いってしまえばバイオなんてどこの国でもそんなものなのだろうしSTAPやディオバン事件みたいなのが特別ってことでもなかろう

2019-06-29

anond:20190528180849

以下は15年くらい経験のあるWebエンジニアとしての個人的意見

ただし、GitHubプロフィール/WebアプリURLについては、就職活動のための個人情報が含まれている可能性があること、宣伝すべきでないことから、ここで公開をすることはありません。

仕方がないけど成果物を見てみないとレベル感がわからいかアドバイスしにくいなと。

良さそうな会社はたくさんあったものの、応募資格の時点でほとんど諦めることになりました。

だとしても応募してよいかと。求人サイト経由より直接応募の方が目にとまりやすいかも。最近ITベンチャーなら大抵は現場エンジニアが直接面接することが多いし、そういう会社であれば

GitHubで、Issueを立てたりPull Request(数行程度)を送ってmergeされたりした経験が合計で10

この辺のリンクを貼っておけば見てくれるかもしれないし、内容によってはちゃん評価してくれるかと

面接官の誰一人にもモダンJavaScriptといったもの理解してもらえなかったのが辛かった

そんなところで働くべきではないよ。時間無駄

あとはJSが好きならそれ系の勉強会とかでLTするなりすれば名前売れるし、応募時にもスライドURLが成果として使えるね。

ここでは社名とか書けないけどもしうちに応募してきたとしたら門前払いはないか

もし時間が有り余ってるならAtCoderとかで競技プログラミングとかやってみたりするのもいいかもね。そういうのも実務経験以外での実力を証明する手段の一つかと。

2019-05-29

偏差値65くらい

100人中7人。これが30年生きてきて感じている天井

それなりの上場企業から任意に集められた人間で同じ課題を行っても明白に他の人よりも優れた成果を出せる。大企業である弊社からは取り組みや業績に対して優秀賞も頂いた。経験のない機械学習でも時間をかければKaggleで銀メダル複数とれた。AtCoderでも青色になった。自分の専門分野の中だけであれば研究者ともディスカッションできる。

ただ、世の中には70や80、GM赤色人間大勢いる。研究室時代にも大勢いた。数学物理計算科学の全ての知識を持ち活用できる助教の方、何日も悩んでいた課題を一瞬で解け斬新な論文を出す助教の方、あげればきりがない。そんな本物にあって、そんな本物にはなれない自分を知って自分の全能感は消え去った。研究者の道は諦め企業へと就職した。今そのような優秀な人間研究者ベンチャーや一握りの大企業にいるのだろう。今の会社では東大京大旧帝大出身大勢いるが、なぜか命をかけて勉強している人は少ない。趣味勉強プログラミングする人は少ない。だから偏差値65の自分業務外の勉強時間だけで勉強熱心でバイタリティにあふれるアイディアマンのように振る舞えてしまう。でも自分は二、三流だ。一握りの人が考えたアイディア論文から実装できても、そのアイディアを出すことはできない。一握りの人が作ったシステムを使いこなすことができてもそのシステムを思いつき設計することはできない。偏差値65の人間は一流の人から与えられるアイディアを食べて生きていくしかない。

30歳年収600万。激務な割に給与は少ないがこれも偏差値65くらいだろう。今800万から1000万もらえている年代になる頃には年功序列崩壊給与が上がらないかもしれない。偏差値65の人間GAFAやPFNには転職ができない。

2019-05-20

AtCoderってなんで他人が提出したコード見えるんだ?

普通にコピペしてそのコード提出できちゃうし。

スコアとかレーティングとかの意味なくないか

AtCoderに詳しい増田、なんでこういう仕様なのか教えてカモン!

2019-05-13

晴れて無能の仲間入り

最近知ったのだが、「良い人間」というのは、他人誕生日は覚えているが年齢は覚えてない人間のことを言うらしい。

その理論で行くと、年齢だけ覚えてる俺は一体どうなるんだろうか?

人生で初めて留年というものをした。大学じゃない。高校2年でだ。

今は休学届を出して半ニート生活をしている。

経緯は色々あるが、ざっくり話すと

小学生不登校youtuberよろしく学校行きたくねぇななんて思ってたらあっと言う間に出席不足」

といったところだろうか。

最初は週1回程度の休みだった。

自分でもどうして学校行きたくないのか分からない。が、学校に行くと尋常ではないほど疲れる。

そんな感じだっただろうか。

このまま3年まで持つかな~と気楽に構えていたが、1ヶ月もかからない内にそれが2日になって、3日になった。

学校に行って、翌日は死んだように眠る。14時間とか。そして動悸を頭痛を抑えながら学校に行って、また休む。

で、気が付けばエブリイサンデイ状態

1ヶ月くらいは死んだように過ごしていただろうか。

色々なことを考えた。学校に行くメリットに、言い訳、んで今後。

それで結局、毎日学校行った方が良い」という結論に行きついてネットを見る。勿論学校に行くとまた精神科のお世話になるから行かないが。

これは不登校しかからない感覚だと思うが、「学校に行きたい」というよりかは「「学校に行く」をしたい」という感情がふつふつと湧き上がってくる。

翻訳すると、「そこに存在するだけで価値があると見なされる状態になりたい」といったところだろうか。

学校に行くと、それだけで「何もしていない」という虚無感から逃れることができる。

学校に行っていた頃は考えもしなかったが、今考えるとこれが学校の一番大きな役割なんじゃないかと思う。

まぁ、そこまで分かっていても、学校には行けない。日に日に増す虚無感に苛まれる一方で、この心の平穏恋しくてまらない。

学校に行っていた頃の死んだような生活よりかは、今はよっぽど手に命を掴んでいる感触がする。

感情的だと笑い飛ばしてもらって構わない。理性で動けたらそもそも学校なんて休んでないからな。

周囲からも、「良い子だったのに、どうして?」と言われる。

勉強はしていなかったが、成績はそこそこ良かった。

その言葉を聞くたびに、自分でもどうしてだろうなと不思議に思う。

大人しく学校に行ってればもっと可能性は広がっただろうに。

そして同時に、「これからどうするの? 大学行くの?」とも聞かれる。

その質問に、素直に「はい」と答えられないのが辛い。

大学に入った所でまた同じ様に引きこもりになったらと考えると、勉強する手も自然と止まってしまう。

結局、何がダメだったのだろうか。今もその答えは分からない。

何をするべきなんだろうか。理系だしAtCoderでも始めてみるのが良いんだろうか?

いや、普通に勉強しろよ。

そんなことを書いていたら、もう空が夜に濁っている。

昼に食ったファミマスティックパンがまだ腹の中で煩い

動いていないから腹が空かない、その事実がどうしようもなく苦しい。

どうやら俺はこのまま無能として腐っていくみたいだ。

ここまで書いて気付いたことがある。

「良い人間」ってのは年齢を覚えていない訳じゃない。年齢を把握した上でそれより低く言う人間のことだ。

これを覚えれば俺も少しはランクアップできるだろうか。

2019-04-07

Google転職したくて今頑張ってる

AtCoderTOEICとその他諸々

35歳でも雇ってくれるかしら?

2019-02-16

プログラミングコンテストハードウェアシミュレーションする系ってありませんか

ハードウェアシミュレーションするの技術を身に着けたいんですけど、

そういうプログラミングコンテストってありませんか。

習得したいことは

C++で、

メモリメモリロケーションとかガーベジコレクションとか

CPUアセンブラ命令を与えてCPU挙動シミュレートしてみるとか

ハードディスク→保存・削除を何万回実行する、とかディスクフラグメンテーションとか

このあたりを実装してシミュレーションしたいのです。

自分作ってみたりはしてるんですが、どうも抜けや漏れがあるだろうし、

コンテスト形式動作確認ができるのであれば利用したいのですが・・・

AtcoderとかTopCoderとかって数学とか計算機科学とかで

Kaggleは機械学習だし、AI系のコンテストはわりとあるんですが・・・

どうもハードウェアシミュレーションする系がないので。

誰かご存知ありませんか?

2019-01-17

anond:20190117180145

paizaあんまり数学っぽい問題はない印象だけど。

atCoderはすごい数学っぽい印象。

2018-12-08

AtCoder

競技プログラミングAtCoderに興味をもって見てみたけど、レベル高すぎだな。

プログラミング問題をといて、解く時間や実行速度を競うらしい。

110分で5問の問題がでるけど、一問目の問題意味理解するだけで一時間かかりそうな難易度だったわ。

2018-12-06

NTT新卒で落ちました

NTT退職エントリ流行っているようなのでそもそも入れなかった人の話でも書きます

といっても1X年前の話です。

増田はどんなひとか

1980年台前半生まれ

リーマンショック直前の超売り手市場新卒4月初頭というゴールデンタイムNTT系列何社も受けて全滅したアホ。

趣味プログラミング。ICPFCとか参加したり小さいツールを書いたりしてた。

大学の専攻は数学日本ではやたら偏差値の高いらしいT大学に現役で入ってそのまま修士卒。

どこを受けたのか

NTT株、NTTD、NTTS、NTTH、NTTCなど。略称がどこを指すかは適当に考えてね。

部落ちてます4月はこのせいでお祈りされまくり、結局決まったのはNTT以外で夏ごろで。

なぜNTTに応募したのか

電話がとても好きだった。高校ぐらいのときモデムから高速リダイヤルをかけるアプリとか、

公衆電話の番号を探すツールとかを書いていた。PHS携帯が普及しだしたこから

そもそも仕様があまり手に入らなかったので興味を持てなくなった。113はよくお世話になった。

就活ときそのへんのことを思い出したのと、プログラミングが好きだったのでNTTなら

なにかできるんじゃないだろうかと思いたくさん受けた。

なぜNTTをそんなに落ちたのか

当時はプログラマというもの地位ものすごく低い時代だったと思う。

そんな時代に「プログラミングやりたいです。ICPFCとかめっちゃ楽しいです。」という割に

基本情報すらとっておらず、コミュ力も非常に低い上に専攻が純粋数学とか落ちて然るべき。

更にNTTがどういう人材を欲しているのかという企業研究もろくにしていなかったため、

自分御社にどういう貢献ができるのかを説明できず、ただやりたいことだけを喋っていたた。

また純粋数学研究内容の説明がしにくいというのはわかりきった話だったので、それは対策するべきだった。

面接でどんなこと聞かれたのか

NTT

3分研究内容を話すというプレゼンSPIがよかったらしく1次面接免除という連絡をいただき

喜んで2次面接に望んだところ純粋数学研究発表で、「この研究社会的意義はなにか?」という質問をされ無事死亡。

NTTD

書類審査で通過できず。

NTTS

社名にソフトウェアなんてついてるぐらいだからプログラミングガッツリできるんだろうと思い、

CPU命令セットの素晴らしさとその効率的エミュレータ実装について熱く話す。

面接官の「そんなことにしか興味ないんですか?」という返事は今でも覚えている。

NTTH

グループディスカッションで落ちる。コミュ力とか見られてたきがするが審査員は見てただけなので詳細は不明

NTTC

面接前に社員雑談する謎の時間があり、「T大の人、ぜひ来てほしいんですけどNTTDとかNTT株に

取られちゃって蹴られてしまうんですよね…」という話を聞く。その時点でDには落ちていたので苦笑いして面接へ。

当時盛り上がっていたNGN関係の話で面接官と盛り上がるも俺が考える最強の通信スタック実装法を

熱く語ってしまドン引きされる。

結局どこにいったのか

NTT系列はだめだったので結局某SIer就職年収は300万弱から5年ぐらい在籍しても500万弱ぐらいだった。

最初は流石に年収低すぎということで某Rエージェント転職活動をするもリーマンショック真っ最中

在籍も1年とかだったため「君なにしにきたの?」オーラがすごかった。その時点での転職は失敗。

SIerによくある通り仕事コードというものほとんど書かず、ExcelWordがメインであった。

ただ仕事自体は暇だったので、合間にひたすらProject Eulerをやっていた。

今は何してるのか

今はお仕事が変わり、AI関係ソフトウェアエンジニアみたいなお仕事をしている。

相変わらず面接ではコード書きたいですとかAtCoderとかの競技プログラミングの話しかしていないのだけど、

10年前に比べると反応がとてもよくなったと感じる。年収都内に何の不自由もなく暮らせるぐらいまでは

もらえるようになった。プログラマ地位は相当向上しているのではないだろうか。

個人的にはAtCoderTopCoderで黄~青ぐらいのプログラマ社会的地位10年で年収400万から1000万ぐらいまで上がった感じがある。

結局NTTにいったほうがよかったのか

退職エントリ読んでみると、NTT株は行ってみたかたかも。

ブコメへの回答

anond:20181206084718

今は1000万!と言いたいところですが、うまい棒5万本分ほど足りません。一本行けるように今後も精進します。

ただ今都内ソフトウェアエンジニアバブルといってもよく、かなり年収水準が上がっている気がします。

ですので多少は夢を持ってもよいのかなと。

回答追記

anond:20181206104025

キリの人も入社時は優秀だったんだと思います。あともし採用されるポテンシャルがあったとしても

ちゃん業界研究しないのはだめかと。いろいろな意味で私はだめでしたね。

id:ueno_neco

1990年代はまだ固定電話の古い交換器や緑・ピンク電話などが残ってた時代で、電話面白い挙動

NIFTY-SERVEフォーラム等で盛り上がっていた時代でした。そのため当時は同じような人が結構いました。

id:sny22015

うけてません。NTTの社風に合わないと全滅する可能性もあった(そして実際そうなった)ということで、

ある意味リスク管理ができていなかったとも言えます

id:shinobue679fbea

最近NTTDのOSS関係へのコミットは凄まじいですね。あの部隊尊敬しています

あのへんのコミッタ方たちはどういうルート採用されたんでしょうね?

id:ockeghem

大学時代XSSバイナリ解析に興味があったはずなのですが、就活ではその道は選びませんでした。

忘れていたというのもあるのですが、その数年前に日本セキュリティ系の団体ちょっともめてしまった

というのがあるのかもしれません。日本セキュリティ業界ちょっと前までアングラっぽい雰囲気

漂っていました(世界的にそうだっただけな感じもします)が、そんな方たちも某FF○Iとか某NAとか

ホワイトハッカー側で大きく活躍されてるようで、もしセキュリティ業界に身をおいていたら

そういう変化も楽しめたのかなぁとは思います

あ、徳丸さんのブログはいつも楽しく拝見させていただいています

id:Lumin

あの某NAのLuminさんでしょうか。当時はとても落ち込みましたが、今では楽しくやれているので

人間万事塞翁が馬というところかなと思います

2018-07-01

Atcoder全然できるようにならない

BeginnerContestで

半年ぐらい取り組んでいるけど、


C問題が解けたり解けなかったり。

本番ではDを解いたことがない。


勉強法もひたすらCとかDを解くとかしているけど、

どうも実力が上がっているようには感じられない。

今日もC問題が解けなかった。

でも解ける人はパッパッと解けているように思える。

どうしよう。

2018-06-30

Atcoder 53 c サイコロ問題なんですけど

X=7 の時 答えが2なんですけど、

どう転がしても2回で7にすることができません。

反対側の数字の和が7だから

7にするには3回転がす必要がありませんか?


ご存知の方、教えていただけますか。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん