「はにゃ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: はにゃとは

2020-08-26

同級生に「はにゃ?」だの「にゅ〜」だの抜かすバカ女がいたか20休み運動場引きずり出してボッコボコにしたった

2020-04-23

はにゃ

起源って、pixiv辞典だと「『オンゲキ』の公式1コマ漫画『いちげき!』その24」が発祥と書かれてるけど、

個人的には『あずまんが大王』が最古。

もっと古い使用例があったら教えて。

2019-12-18

一生でこんなにかわいいって言われたのはじめて。

女、20歳大学生。顔はにゃんこスターに似てる。おっぱいcカップ普通体型。わたし普通に生きてきました。普通ってなんなのか分からないけど。真面目な家庭に育ち、特に大きな事件怪我もなく、平穏に過ごしていました。とにかく真面目が取り柄な家族でした。お金にも困っておらず、三食決まった時間に食べて、ピアノ習字武道、塾にも通わせてもらいました。兄はその甲斐あってか、有名大学へ進学、いい会社にも就職しました。私は、あんな風にはなりたくない、勉強では敵わないと、小さな反抗で、高校から美術専攻へ。好きなことをして生きようと思いました。

 特に苦労することもなく、美術系の大学へ進学しました。実家を出て一人暮らし。まわりのみんなはアルバイトをしている。大学生の四年間でなにも社会に出ないのもどうなの。ということでアルバイトを始めようとした。

アルバイトサイト彷徨うこと5日目。夏休み真っ最中だった。大学生夏休みは長い。実家にも帰らなかった私は、ずっとずっとずっとひとりでいた。睡眠とおナニーを貪る毎日で辿り着くのはエロサイトエロ同人誌、エロ動画風俗求人。「風俗より稼げる!3万円!」本当なのか、3万円って。正直、お金はある。仕送りも十分すぎるほどもらっていた。

そのサイトセクキャバ女性コンパニオン?喋るのが苦手でもおっけー。髪型、化粧が苦手でもおっけー。容姿も気にしません。忙しいので採用100パーセントです。との売り文句に惹かれた。私でもできる、したい。やりたい。"xxxなお店"って何だろう。何されるんだろう。キャバクラじゃないのか?

私は人とのコミュニケーションが苦手で、とくに喋るのがめちゃくちゃ苦手だ。喋れなさ具合は、たぶんこれ、病名付く奴。3人以上人が集まると喋るのをやめる。思考停止頭の中が真っ白になる。何も思考が浮かんでこない。何かの病気とか障害だと思ってインターネットで調べたら場面寡黙症の症状に当てはまった。怖かった。ああ病気だったんだって。どうすれば治るのかとか、インターネットにはのっていないし、大人になれば治るって。社会に出れば大人になれると思った。

とにかく、セクキャバ簡単ウェブ応募。それからすぐにメールが返ってきて面接日時と場所確認をしたら、もうあとは面接とんとん拍子すぎる。その日がきた。足を踏み入れたことのない繁華街。夜の街。キラキラしてて、足を踏み入れるのも躊躇う。そこは天国みたいだった。

そんなお店に女ひとりで入るのなんて無理。でもここで行かなきゃ。行かなきゃ、行かなきゃいかなきゃ。ってお店の前をうろうろうろうろうろうろうろうろ10分程度。遅刻ちゃう。ああああああああああああああ、あああ店へ突入。ここって男しかはいらないところだよね、18禁のところだよね。エレベーター三階。扉が開く。一瞬聞こえたとんでもなくうるさい音楽、薄暗い照明、煙たいタバコ匂い。無理無理無理無理、怖くてエレベーター閉じるボタン連打それでも、もう一度開く扉、ボーイさんが立ってた。「面接で来たんですけど……」ボーイさんが慌てた様子でとりあえず下で待ってて。と、再び下へ。おろおろ。すぐに店長さんが来た。一階のバー面接。この店長がまた、めっちゃ優しい。大丈夫だよってさりげないボディータッチめっちゃ女の子の扱い慣れてる。「どうしてこの仕事を?」と志望理由みたいなの簡単お話仕事の詳細の説明。「セクキャバって何するところか知ってる?」とても基礎的なところから。お触りアリのキャバクラってとこですかね…?「そうそう、うちはおっぱい触られて、舐められて、下も触られて指入れもアリです。大丈夫そう?」頷くことしかできなかった。たぶん、顔が強張ってたと思う。他にも挨拶する時のダウンサービスの仕方、指名についての説明。時給について。そのくらいだったかな。ほんとに最低限の事項だけだった。まあいいのか。「タバコ吸う?」あ、はい、吸います。ってわたしの顔に似つかわしくないヤニに店長爆笑してた。ギャップだねーって。タバコ一本もらって吸った。雑談しながら、すごい。めっちゃ笑う店長それから源氏名を決めてもらった。自分で決めてもいいし、店長につけてもらってもいいよ、って。「好きな芸能人かいる?」好きな人名前を借りて、まゆ。

「今から働ける?」面接終わってからすぐさま体験入店へ。今日のぱんつ可愛くないし、生理だしあわわわわってなったが、それはもうここまで来たら逃げられない。がんばるがんばる。って店内へ。

慌ただしく女の子たちが出入りする待機室へ。とても狭いへやだった。ようやく人がすれ違えるくらい。うがいをする水道と、製氷機と、小物置き場と、座るところ。女の子7人くらい座れるのかな。

モンダミンで口をすすぐ、股をふく、ローションを塗る、見たことのない女の子たちがいた。目まぐるしく待機室へ流れてくる女の子にまゆですって店長に紹介してもらう。そして、先輩女の子バトンタッチギャルのお姉さん、これに着替えてね〜って渡されたのメンズワイシャツ。Lサイズ、だぼだぼ。「えっと、正直にいうね。下着とか全部脱いでね。ストッキングとかアクセサリーは外してね。」ってあーださいパンツの上にワイシャツ1枚。えっちだ!えっち!!!!着替える。もうどうにでもなれ。そのあとはお店のロゴけが入った真っ白な名刺を渡されて、ここに名前書いてねーって。数十枚ほど油性ペンで描き描き。まゆ、まゆまゆまゆまゆまゆまゆ。かけたらお客様のいる表ステージへ。と言っても、狭い一室内に2人がけのソファが15席ある程度。セクキャバ 特有の目隠しの壁は一切ない。だだ見え。

オープンすぎる席の一番隅っこへ連れて行かれる。先輩女性スタッフに教えてもらう。名刺の渡し方、消毒の仕方。ハッスルタイムの動き方、お客様の膝の上に座るんだ。はい。「大丈夫?」何度も聞かれた。怖かった。顔が強張ってるらしい。まだ怖い。ずっと怖いと思う。隣に座って来たえっちなお姉さん、「だいじょーぶだよー。なんとかなるよー」ってゆるーく話しかけて来てくれた。なんかめっちゃきれいなお姉さん。安心できた。

それで、ここから接客本番なんだけど覚えてない。お客さんとキスしたら頑張ったねって言ってもらった。基本的にはお話だけで終わるのが多かった。セクキャバ1日目。面接からのいきなり体験入店パリピ音楽に乗せて「まゆちゃんリストバックよろしくー」リストバックは接客終わりの合図。帰っておいでの救いの言葉

タバコ臭い、私の匂いが変わっていく。

営業が終わって、一万とななひゃくえんもらった。

キス、手マンキスキスキスキス、おつぱいおっぱいおつぱいと、手マンアナルも触られる、お話からの手マン。俺は何もしないよって言いつつ手マンリストバックで席を抜けてボーイさんの言われる、ありがとう意味はなんだ。ものだ。わたしは物だと。ものになる瞬間と、ものとして扱われる瞬間、何かが死んでいくのが分かった。減っていく。確実に減っていく。ものはモノでしかないんだ。

一生でこんなにもかわいいって言われたのはじめて。

それから1ヶ月。20万円たまった。週2出勤。コンビニで500円越えの買い物が当たり前になった。スイーツチョコレートたべるようになった。ニキビが出来た。ボディークリームちょっと高いシャンプー歯磨き粉を買った。なんの迷いもなく化粧品をカゴに入れた。香水を買った。週に一本だったタバコ毎日吸うようになった。股が痒くなった。乳首を舐められた感覚が残ってたけど、気づかないふりをした。たまに、にちゃにちゃのお刺身を食べて、キス感覚を思い出して、泣きそうになった。美味しーお刺身美味しーね。お客さまに似ている人を街で見かけてきもちわるくなった。

友達にも家族にも言えない。嘘をつく回数が増えた。

後ろめたい気持ち今日エレベーターで三階へ上る。

今夜も女の子扱いされてこよう。

2019-12-10

anond:20191210172520

犬はわんわん、猫はにゃあにゃあ みたいに日本語では 同じ言葉を2つ並べる習慣があって、

おぱんぽんはその習慣に合っていないので定着しなかったんだよ。

もし教育委員会が、 「おまんまん」を採用していたら、今では普通に おまんまん と呼ばれていたんじゃないかな。

2019-11-22

娘が猫となにを話してるのか分からない

半年前、キジトラの猫もらってきた来たとき犬がいいと怒ってた中1の娘。仲良くなるといいなって思ってたんだけど、全然一緒に寝たりしないし猫じゃらしで遊んだりもしない。

でも、たまに猫の前にしゃがんで耳元にボソッと何か言うのよ。なに言ってるのか分からない。猫の方もホゲーって感じで聞いてるのか分からない。娘はニヤリと笑ってどこかに行く。

何話してるの?って聞こうと思ったけど、娘の世界観みたいなのを壊してはいけないと思ってスルーしてる。

昨日は食事中に猫と目を一瞬だけ合わせてニヤリ。猫はにゃんって鳴いた。

なんなの、あの秘密コミュニケーション

2019-11-14

キーワード

飼いたくなって、近所にいないか検索しても引っかからない

譲渡会 〇〇市

何か良い検索ワードはにゃもの

ウンコでないときはにゃあ~っていきみながらしてごらん。するとほら

2019-11-06

猫とヘチマ

いつも庭にやってくる野良猫がいて、ネコたろうって名前もつけているんだけど、

そいつが、いつもやってきてはにゃーにゃー鳴きやがる。

庭っていっても、猫の飼育禁止されているハイツの1階ってだけで、

別に自分の一軒家ってわけじゃーね。

しかも、大家は猫嫌いときたもんだ。

ところで、働き方改革あおりで平日に代休を取ることがたまにある。

先月のある水曜日、前の土曜日に出社した代わりに休んで、昼間っからストロングゼロを飲んでいたら、

ネコたろうがやってきやがって、ニャーニャー鳴きやがる。

あぁ、こりゃしかたねーなと思い、肴のチーカマを窓をあけてやっていたら、

運悪く大家さんがその様子を外から通りかかっていた時に見られてしまったじゃねーか。

増田さん、野良猫に餌付けはやめてくださいね!!」


大家さん、こいつは違うんです、こうやってね、ネコをチーかまで気をひきつけておいて……』

そうやって、なぜか床にころがっていたヘチマたわしで、チーカマをペロペロ食べているネコたろうのひたいをぼぐっと殴ってやった。

ネコ太郎は「ぎゃっん」と小さく鳴くと、走って逃げていった。

『ほらね、こうやって、野良猫が来ないように躾けておりますんで』

「わかりましたが、とにかく、餌付けはしないでくださいね!」

大家さんは人の話を聞かない人だ。

そしてそれからネコたろうはうちの庭には来なくなった。

2019-09-02

はにゃるらになれなかった。

読んだ。「 にゃるら絵日記2話「とにかくアニメを全て観続けていこうとする黄金精神」|にゃるら @nyalra|noteノートhttps://note.mu/nyalra2/n/n77f8a059fcd0

らきすたハルヒ放送する最も輝かしい季節にオタクになった俺だが

気づけばアニメを見ないくせに態度だけはオタクキモいおっさんとなっていた。

日々に忙殺されているわけではない、幻想への恋心が消え失せたわけでもない。

ただ生きることに慣れすぎてしまったのだろう。

ひとたび生きることに慣れてしまえば、酸いも甘いも全自動となり、ただ一切は通り過ぎていく。

もう麻薬の売人に頼る必要はない、思い出の中に埋没することで安寧を得ることができる。

狂乱と倒錯の中で生きることを選べなかったことは寂しく思うが、きっとこれが正しい姿なのだろう。オタクはいずれ卒業するべきなのだから

毎週欠かさずアニメを見てオタクを自負するお前らは「あいはにゃるらになれなかった」と後ろ指をさして俺を嗤うがいい、先を歩いているのは俺だから

2019-06-29

浄土るる「鬼」は過大評価だと思う

にゃるらのツイートで一気にバズった浄土るるの「鬼」という作品。絵はかなり下手だが逆にそれが味があると見れなくもないし、話としてはなかなか好きな漫画だった。こういう話はオタク受けもいいと思うので、話題になるのは分かる。

「鬼」で描かれるのはありふれた「現実」であり、その現実を描いた作品も「鬱映画/漫画/小説」などで検索すれば山ほど名作が出てくる。現実創作、どちらにしてもよくある話だ。

だがネットの反応は「怖い」「ここまで救いなく作れるのはすごい」といったものばかりで違和感を覚えた。作者がかなり若い人なので「この年齢でこれを描いたのはすごい」という事かもしれないが、それにしても絶賛されすぎているな、と思った。そしてこの作品に恐怖を感じる人間は、幸福人生を送ってきたのだろうな、とも。羨ましい限りだ。

探せば自分と同じように過大評価だと感じている人もいて、中にはにゃるらとの間に金銭が発生しているのではないかと言う人もいた。自分はそこまでは分からないが、それに対する「にゃるらはオタクコンテンツ精通しているといっても、美少女萌え系以外には疎いんじゃないか」という意見の方はなるほどと思ったし、絶賛している中にもそういう人が多いのかもしれない。

2019-02-22

猫の日っていうけど、おまえら猫の日から今日はにゃんにゃんしょうにゃん!とか言って獣臭い行為をするんだろ、どうせ!

2018-12-22

レズ風俗に行ったレポ

今年の10月の終わり、私は池袋駅南口半年間付き合いのあった彼氏と別れた。

性格の不一致だった。

泣きながら北口耳かき専門店に行き、耳かき撫子相手にビャンビャン泣いた。きっと撫子としては相当迷惑だったと思う。

そしてここまで来てしまえば後は勢いだと、前々から興味があったレズ風俗電話することにした。

週末の夜、突然電話したものからキャストの在籍確認が取れるまで少し間があった。10から15分程して折り返しの電話があり、あと30分程待てば来るという。私は一も二もなくオーケーを出した。

キャストを待つ途中、「待ち合わせ?出会い系?」という通りすがりのおじさんの質問必死に「違います」と拒否したのはよく覚えている。

やがて来たのは小柄で可愛らしい女性だった。「にゃあ(仮)です」と自己紹介された時、私はあまり可憐さに目眩がした。歩きながら話をしてコンビニで酒とつまみを買った。にゃあさんに「外人さんが来るのかと思いましたよー」と言われた所で漸く緊張が少しずつ解けてきた。

安いホテルの一室で支払いを済ませ照明や有線の設定をした後、お決まりのように彼氏と別れたという話をした。彼は最後まで優しかった、けれど私が彼の優しさを踏みにじってしまったという後悔と懺悔を吐くとにゃあさんは優しく「二人は交わらない運命だったんですよ。最初から決まっていたんです」と。そこで私はふっと心が軽くなった。出会って間もない他人言葉に救われたのだ。

ここでも私は少し泣いて、それから産毛を剃っていない事を思い出し慌てて風呂場に駆け込んだ。にゃあさんは「そんなの気にしなくていいのに」と笑っていたが私が気になって仕方なかった。ボッサボサの産毛を剃りつるつるになった所でにゃあさんを呼んだ。にゃあさんの身体は白く薄くすべすべで股にすら毛の一本も生えていない人形のようだった。対して私は良く言えばむっちり悪く言えばデブ。それでもにゃあさんは胸や柔らかな体を褒めてくれた。

さていよいよと。

ベッドに入った。最初女子同士のノリで触れ合うだけだったが、やがて完全にマグロになった私ににゃあさんが乗ってきてキスをし始めた。キスの時ににゃあさんの長い髪が私の肌に触れるのが新鮮で、その後も何度かキスをせがんだ。

クンニは正直気持ちが良いと言うより生暖かいという感想が勝った。それよりもGスポットを開発されている私にとっては指入れからの腹部圧迫が一番気持ちよかった。

逆転して、私がにゃあさんの脚の間に収まる。小さなクリトリスを刺激し指を中に挿入する。薄い体が傷付いてしまいそうで恐ろしかったが、にゃあさんは私の拙い愛撫でも酷く善がってくれた。

にゃあさんを責めている時点で終わりを告げるタイマーが鳴った。それから二人でまたお風呂に入ってホテルを出て池袋駅までの短い距離を歩いた。終わってしまうのが寂しい、そう伝えたら、にゃあさんは酔っ払いのノリでハグをしてくれた。

「また宜しくお願いしますね」

「機会があれば是非」

その応酬最後に、私はにゃあさんに見送られ池袋駅を発った。不思議と寂しさは無く、何とも言えない満足感のような感情が私を満たしていた。

そしてまた、そのお店のサイトぼんやりと眺めている自分がいる。

21000円で買った90分は、確かに私を幸福にしたのだ。寒くなってきたこの季節に、もう一度、あの暖かな幸福を手にしたいと思う。

2018-05-26

はにゃ~んカーン

次の検索結果を表示しています: ”ハマーンカーン

元の検索キーワード: ”はにゃ~んカーン

はにゃ~んカーン

約 60 件 (0.35 秒)

2018-04-30

anond:20180430122855

これではにゃって言ってるだけの人間の女ではないか

猫を名乗る意味が全くないではないか

2018-02-28

一ノ瀬志希考察しようかな SSR[アイロニカル・エントランゼ] デブ

どーも、デレステやってる志希Pです

フェス限志希、出たのでそのセリフ確認少しするよ。ヒマな人はどうぞ。

まず、私が注目したセリフでも挙げておこうか

ルーム特訓前

  「ヒューマンエラー人間の揺らぎが、実験研究の最大の敵なんだよね」

ルーム特訓後

  「達観するのにも飽きたからさー。人生、楽しまなきゃソンだよ」

ホーム特訓前

  「この街並みを見てるとさー、もしかして、全部夢なのかなーって」

  「思いだすな―、あの頃。あの頃は…どんな頃だったっけ。どうでもいっか」

良いセリフもいっぱいあった。特に、今回の志希は非常に落ち着いている。

誰かとの反応ではない、”一ノ瀬志希”そのままの輝き。彼女個人で持っている魅力…

…話がそれた。

とりあえず気になったのは、ここら辺。

で、まずは

ヒューマンエラー人間の揺らぎが、実験研究の最大の敵なんだよね」

これから行こうか。これは、私のこじつけに近いけどね

まず、この発言事実を述べたもの。「人間の揺らぎは実験研究の敵」という事実

志希は感想を述べたり、質問したりはよくある。

でも、事実を語るのは少ない。なくはないけど。

その少ない例は「志希が直接経験した事」の割合が多い。

志希がアメリカから帰ってきた理由は「飽きたから」

昨日まで楽しかたことが急に楽しくなくなることは少ない。

幾つかの要因が積み重なって徐々に興味が薄れて、何かのきっかけで完全にやめる、という事が多いと思う。私は。

幾つかの要因の一つか決定的な何かかは知らないけど、志希はおそらく「人間の揺らぎ」で苦い思いをして、そして研究をやめた。

「似たもの同士で反発」「父親はぶっ飛んでいる」との事なので、私が言いたい事はこうなる。

志希の父親可能性は二つ。

「非常に合理的な考えを持っていて、当時の志希にはあり得ない冷酷な答えを出す事もある大人」→「人間の揺らぎ」を起こしたのは志希

俗物的で金や名誉大事にするような考えで、志希にとってはあり得ないくら子供」→「人間の揺らぎ」を起こしたのは志希の父親

どっちでも意味は通る。私は後者が好きだけどね。

よし、一つ終わり。

それでは次、「達観するのにも飽きたからさー。人生、楽しまなきゃソンだよ」やろうか。

この文章から、志希は「達観していた」「人生は楽しくなかった」とわかる。

私の思う達観は、言い換えれば「妥協を覚える」「諦める」が近いかな?そこまで悲観的じゃないけど。これ補足ね。

かるーくまとめる。

以前の志希は明るく無くて、いつもつまらなそうな顔をしていた。

そして、「達観していた」。周囲の大学研究者からみたらどう見える?

”此方を見下した、頭は妙に回るガキ”だと思われるんじゃないかな?

ついでに、二宮飛鳥と長くお喋りしてた件。この話が正しければ、飛鳥を気に入るのも簡単にスジが通るよ。

以前の志希と飛鳥は、「対人」が共に死んでいる。

コイツ馬鹿だ」と思えばもう、相手に敬意どころか気遣いも無し。

まり二人は似た者同士!

あ、私は志希も飛鳥も好きだよ?なんだかんだ二人は前向いて歩いてるから

じゃ、ここまでで「志希は飛鳥過去自分を見て、それで気に掛けている」説終わり。

よし、次。

この街並みを見てるとさー、もしかして、全部夢なのかなーって」

「思いだすな―、あの頃。あの頃は…どんな頃だったっけ。どうでもいっか」

内容が一緒だから、纏めていこう。

まず、上。「全部夢なのかも知れない」

こんな事が頭に浮かぶのは、ボンヤリとしている時ぐらい。

真剣にコレを考え”続ける”ことは難しく、志希なら一瞬で終わります。詳しくは「胡蝶の夢」でググって

街並みを見た時の「楽しそう」「五月蠅い」といった感想とは違うね。

この感想は、「現実味が無い」私はそう見る。

続けて、下。「あの頃の事は、別にどうでも良い」※見栄を張っている可能性は少ないです、自分に語るような声音だったので

志希はギフテッド、才ある者として生まれた。

なら、その高い能力から多くの経験を積んできたはず。印象的なこともたくさんあった。

なのに「どうでもいい」?

この二つから、分かった。

志希はもう、現世に未練が殆どない。引き留める人がいなければ世間一般で言う”失踪”をするだろうし、少し生きづらくなれば「面倒なことはゴメンだね」と簡単自殺もあり得る。

Twitterで誰か志希Pさんが「志希は気がついたら幻のように消えてしまいそう」と言っていて、私も結構共感していた。

その危うさが、志希の魅力を引き立てていたから。

…これで「幻のよう」が一気に加速した。いやー凄い。私正直、公式にここまで出来るとは思ってなかった。

この魅力を出すなんて。


なーんか中途半端な気がするけど、ここまでかな?

後は、前回のコメント返し。まともな人だけ。(約一名)

モバマス台詞も見ろよ ←この人

コメントありがとう

一応ね、度々セリフ集の確認とかはしてるよ。最近ドラマチックシナジーも。

だけどね…あれは考察には挟めないや。

だって志希がにゃはにゃは笑ってる以外、何もない。可愛かったけど。

Pをよほど気に入ってる事しかからなかった。

島村卯月が「頑張ります!」と笑顔で言っていた頃、私は卯月がどのくらいの情熱を持っていたか知らなかったよ。

彼女アイドルへの憧れ、彼女自身の在り方への悩みなんて知らなかった。

人の本質は何かにぶつかった時に見える、私はそう思ってる。

ぶつかり傷つき、その壁から逃げ出すのも良い。

一旦壁から逃げて見れば視界が広がる。壁と会うことが無い道もあるだろうし、壁を超える方法が見つかるかもしれない。

傷つかなかったら? その姿はとても格好良い。それもまた個性

ただし、より高い壁とぶつかった時どうなるのかは神のみぞ知る。

まあつまり、そういう理由モバマスは使わないよ。少なくとも今は。

確認は時々してるから、使える時は使う。そんな感じで。

                                                      終わり

                          見てくれた人ありがとう

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん