「IoT」を含む日記 RSS

はてなキーワード: IoTとは

2017-12-06

農業IoTボトムアップ

「もうからないのが一番の問題だ」 IIJが語る“農業IoT”の課題 - ITmedia NEWS

http://b.hatena.ne.jp/entry/www.itmedia.co.jp/news/articles/1712/05/news092.html

 

まあ、これはこれで良いのかも知れないが、「儲かる・儲からない」の話にするならば、例えば、家庭菜園用の農業IoTキットを売り出すとか、

目的論的にやるのでは無く、趣味的にやらないと上手く行かない気もする。

民間企業を巻き込むなら尚更、勝算のある戦いでないと巻き込めないと思う。

 

プログラムにしても、"Hello world"の表示から始める訳で、小さなことから始めて応用発展させて実用に耐えうる物を作っていく、

という流れの方が収益化は早いと思う。

もちろん、寄り道したり、ステップを踏んだ発展をするので、時間はかかると思うが(なので、目的論的な研究必要だとは思うが)、

まず米農家問題解決よりも先にビニルハウス野菜問題を先に解決しよう、的なスタンスもありではないかと。

穴埋め問題のように楽な所から問題解決する。

 

今までの研究の流れというのは軍需産業からトップダウン的に降りてくる物が多かったが、これからもっとボトムアップ的なやり方を

有効に利用するべきではないかと思う。深センの流れにしても、ボトムアップ的に技術が育ちやす土地からという面は大いにあるあるだろうし。

 

セールしている下の本も似たようなことを言っているのではないかと思うが(ステマという訳ではない)

 

シビックテックイノベーション 行動する市民エンジニア社会を変える (#xtech-books(NextPublishing))

https://www.amazon.co.jp/dp/B075Y93Y67/

2017-12-04

スマートスピーカー用途

自分スマートスピーカーは買っていないし、買った人もピンと来ている人はあまりいないようだが、今更かも知れないが、さっき彼らの意図何となく分かった

多分、IoTとのインターフェースになるという話ではないか

 

布団から出ずに、

グーグル、今何時?」

グーグル今日の天気は?」

グーグル、お湯を沸かして」

グーグルコーヒーを作って」

グーグル風邪薬……パブロン買ってきて」

グーグル風邪引いたからかかりつけの医者の予約をして」

グーグルお粥作って」

グーグル家庭菜園プチトマトに水やり」

みたいな?(持ってないからよく分からないが) 

 

ということは、家電などとも繋がってくる、という話になるのかなと

ということは、家電スマホアンドロイドみたいにグーグルが規格(仕様)を決めることになるのか、なるほど

アマゾン製の方が便利という話もあるし、ソニーも出してたな

 

まあ、最終的にはスマホとも繋がって、出先からコントロール出来るという話だろうしな

 

パナソニック日立大丈夫なのだろうか、IoTに力を入れるとか言ってはいるがw

状況を理解しているのかな?

2017-12-01

皆がAmazonDashに夢中になった理由

今更理解できた

 

類似のパーツを使って何かしようとしたところ、思いの外パーツが高くてびっくりした

原価について調べている記事を見たら数千円(少なく見積もっても2000円)とのこと

なるほど・・・そりゃ夢中になるわけだ

 

しかしたったあれだけのIoTでも数千円しちゃうってのが何か残念だな

あのくらいは200円くらいで実現したい・・・あと5年は無理か

2017-11-27

東芝を笑ってられない

この前、昇進試験面談を受けた

その場で聞かれたのは

おたくの研究開発部門にはかなりの投資をしているんだがなぜ成果がでてこないのか」

「成果は特許論文の数なのか?商品化されて売り上げに繋がっていないと意味がないのでは?」

といった内容だった

今の部門に来る前は全く別の技術部門で、2年前に配属になった

一応、スピード感が足りないとかニーズの把握ができていないとか当たり障りないことを答えつつ

業績に関しては部門としては売り上げなどの明文化していないが、自分としてはしっかりと売り上げに貢献していきたい、みたいなことを言っておいた

まぁ反応が良くなかったので多分落ちただろう

受け答えをしているうちになんとなく思ったのだが自分はこの手の管理職に向いていないんだと思う

彼らが行なっているのは結局のところ事実となっている数字を並べてそれらをきっちりと計算して答えを出す、という単純作業から

確実に成功する事業投資するか、成功する確率数字として示されているものしか興味がなく

成功するか分からない、その確率も分からないということを最も嫌っている

理系人間日本企業で偉くならない理由もなんとなく分かった

日本理系を選んでいる人間は頭が良いというわけではなく、「分からないことを知りたい」人たちだから

研究熱心な人が理系を選びがちで、分かりきった単純作業はしたがらない

から特に日本管理職になってもただ雑用が増えるだけで自分のやりたいことは何もできない

例えば今の部門部門長になったところで、大成功はしなくともそんなに失敗しない研究に与えられたお金を回すだけだし

事業方針も突拍子もないことではなく世間一般で「成功しそう」と思われているAIIoTに合わせるだけだ

そこに自分の考えや「分からないことを知りたい」という思いはほとんど入らない

今まではそれでも技術者低賃金に耐えて社会を支えて来たが今後はそうもいかない

少子化が進んで優秀な人は目に見えて減っている

それでも入社した人には「出世しないと給料が上がらない」「出世したら仕事面白くない」という現実を見せられる

どうして年寄りの方が給料が高くないといけないのか

どうしてマネージャーの方が給料が高くないといけないのか

プロ野球選手お笑い芸人果たしてそうなっているだろうか

上司からは多分来年昇進試験を受けろと言われるだろうが全くやる気が起きない

恐らくもうしばらくすると、日本企業から技術ほとんどが消滅する

それを考えると、これはババ抜きなんじゃないかという気がしている

東芝を笑ってられない

この前、昇進試験面談を受けた

その場で聞かれたのは

おたくの研究開発部門にはかなりの投資をしているんだがなぜ成果がでてこないのか」

「成果は特許論文の数なのか?商品化されて売り上げに繋がっていないと意味がないのでは?」

といった内容だった

今の部門に来る前は全く別の技術部門で、2年前に配属になった

一応、スピード感が足りないとかニーズの把握ができていないとか当たり障りないことを答えつつ

業績に関しては部門としては売り上げなどの明文化していないが、自分としてはしっかりと売り上げに貢献していきたい、みたいなことを言っておいた

まぁ反応が良くなかったので多分落ちただろう

受け答えをしているうちになんとなく思ったのだが自分はこの手の管理職に向いていないんだと思う

彼らが行なっているのは結局のところ事実となっている数字を並べてそれらをきっちりと計算して答えを出す、という単純作業から

確実に成功する事業投資するか、成功する確率数字として示されているものしか興味がなく

成功するか分からない、その確率も分からないということを最も嫌っている

理系人間日本企業で偉くならない理由もなんとなく分かった

日本理系を選んでいる人間は頭が良いというわけではなく、「分からないことを知りたい」人たちだから

研究熱心な人が理系を選びがちで、分かりきった単純作業はしたがらない

から特に日本管理職になってもただ雑用が増えるだけで自分のやりたいことは何もできない

例えば今の部門部門長になったところで、大成功はしなくともそんなに失敗しない研究に与えられたお金を回すだけだし

事業方針も突拍子もないことではなく世間一般で「成功しそう」と思われているAIIoTに合わせるだけだ

そこに自分の考えや「分からないことを知りたい」という思いはほとんど入らない

今まではそれでも技術者低賃金に耐えて社会を支えて来たが今後はそうもいかない

少子化が進んで優秀な人は目に見えて減っている

それでも入社した人には「出世しないと給料が上がらない」「出世したら仕事面白くない」という現実を見せられる

どうして年寄りの方が給料が高くないといけないのか

どうしてマネージャーの方が給料が高くないといけないのか

プロ野球選手お笑い芸人果たしてそうなっているだろうか

上司からは多分来年昇進試験を受けろと言われるだろうが全くやる気が起きない

恐らくもうしばらくすると、日本企業から技術ほとんどが消滅する

それを考えると、これはババ抜きなんじゃないかという気がしている

2017-11-24

少子化対策=逆転の発想

少子化対策子どもを増やすことじゃなくて、少ない人数でも余裕で回せる社会を作ること。

ドイツインダストリー4.0もっと突き進めた自動化社会の到来が日本を救う。

量子コンピューターAIロボットIoT国家予算を全額betすべき!

anond:20171124210032

少子化問題の今後について、

 

良い点としては、恋愛ありきだった団塊Jr世代と違って、

不況が長引きすぎたせいもあって

少なくとも今の20代前半の人で結婚についての意識

生活するために結婚するという人がちらほら出始めてるらしい。という点

 

逆に良くない点では

AIドローンIoT仕事取られるので

人間必要いから産まないという点

 

さて今後どうなるやら

2017-11-17

anond:20171117210420

AIは動かすの意外と大変なんよね。ちょっと触ったけど超面倒い

というかAI必要数学文系出身には辛い

まあドローンとかIoTと組み合わせたら

未来が凄いことになりそうって期待はしてるけど

 

あと教育も今中国AI使った試みが行われてるし

子供も従来の体制のままでも完全にいなくなるわけじゃない

コレ以上増やす為の行動をする必要があるのかが疑問

現状でも多いとすら思ってる

 

ときどき思うんだけど

他人の子供になんで〜」っていう文句だけじゃなくて

未来に対する予想が少子化対策派と

そうでない人で違ってるのも結構大きな問題な気がする

2017-11-11

30人の壁・50人の壁を見上げるイチ社員つぶやき

会社が成長するにつれ起きる主に人事関連で起きる問題象徴的に表す言葉で「●人の壁」というのがあります

その30人の壁・50人の壁を体験している社長さん側の語りは見たことがあるのですが、社員側の意見を読んだことがないなと思い、筆を取りました。

ちなみに特に結論みたいなものはありません。「ふーん」と読んでくれればと思います

しばらく前になりますが、六本木の安い居酒屋ベンチャー社長たちと飲んでいるとひとりの社長が語り出しました。

いまちょうど30人の壁のようなものにぶち当たっている気がするのがけれど、何がいけないのかわからない。会社は順調だし、ブラックでもないし」と。

数億の資金調達をし、界隈ではそこそこいけている感じの会社だったと思います

自分は少し前に独立したのですが、話を聞いた時はこの社長とは別のベンチャー社員でした。30人の壁とやらで辞めたうちの一人です。

30人の壁を前に、そして真っ最中に、どういうことか起きるか、起きたかを羅列してみたいと思います自分は辞めた側なので当たり前にマイナスなことが中心になります

ちなみにこの壁とやらが30人で起きるのか50人で起きるのかは会社によるのですが、簡単言葉で言うと『社長の器による』という印象です。20人で起きている場合も、50人でも平和のものという会社もあります

そして、ここ重要ですが、「社長はこう思ってるんだよ」「イチ従業員の君たちにはわからないだろうが」というのは当たり前ですが一切抜きでいきます

30人の壁を見上げる者、また後方から眺める者としての一方的意見です。

会社の動きとそれによるマイナスな影響】

1、フラットに近かった関係性に「組織」という概念生まれる。人事に納得のいかない社員がつまらない思いをする。(自分はこれです)

2、縁故採用だけではなく、一般採用が急激に増え、コミュニケーション不足による不協和音が発生する。

3、サービス認知の拡大により1→10のフェーズに入り、これまでヒーローとされていたゼロイチが得意なメンバー営業チームに押され、プライドが傷つく。(自分はこれです)

4、社長ブログパワーアップして胸焼けする。(自分はこれです)

で、この中で、2や3は社長さんたちのブログなんかでよく見かけるので(でも的外れ意見だったりするとは思う)、1についてやや深堀りし、4についてはもっと深堀りたいと思います

繰り返します、社長さんたちの思いはスルーしますよ。

まず1の組織化ですが、全員が納得する人事なんてあるはずもなく、自分もっと良いポジションにあるべきだという(自分のような)人は、よっぽどその会社に恩義を感じていたり、給料が良かったりしない限りは俄然やる気が消滅します。そして当たり前のように「会社やめよっかな〜」と言う考えが脳裏をよぎるようになるのです。

何せここは引き抜きが横行するベンチャー界です。しかも今は大型資金調達成功が続き、経営者たちは西にIoTプログラマーがいればウチならもっと唯一無二の開発ができるよと口説きに走り、東に死ぬまで売りまくる営業がいればビジョンと涙を垂れ流して獲得に行く、そんな時代ライバル企業メンバーを堂々と引き抜きにかかる猛者もいます人材流動性の高いベンチャー界においては人事は諸刃の剣となることはいうまでもなく、「このポジションでしばらく我慢してくれよ」と言っている間によそから引き抜かれてもしょうがないのです。

自分場合でいうと、辞めた会社では一桁台の入社で、自分能力会社を支えてきた自負がありました。技術方向性会社事業マッチしている。自分が開発したものが売れて、人の役に立っている様子はとても嬉しかった。みんな忙しいだろうなとひとり仕事を抱えたことも数知れず。でもベンチャーってそういうもんなんだろうなと思っていたので頑張ってました。

でも人事で自分の上に立ったのは、自分より後から入ってきた「人に仕事を渡すのが上手い人」。技術者として自分よりいい仕事をしているとは思わない。お恥ずかしながら勝手に感じていた社長との信頼関係はないものなのだと感じ、人事発令から2ヶ月で、辞めますよと(slackで笑)辛い時期を支え合った総務のメンバーに伝えました。

「情けないな、次の人事で上に行くように頑張ればいい」という、自分大人気のなさを諌める自分も出てきて一瞬悩みましたが、その時間ももったいないと思い、すっぱり辞めることにしました。

そもそも管理職になりたいのかというとそうでもない。ただ、会社行方には口は出したい、そんなわがまま気持ちがあることもここで気づかされました。

出した退職届はそれなりの引き止めののち受理され、いま自分独立してひとりで仕事をしています。誰かを雇うなどは考えていません。めんどくさいので。

さて、僕のしみったれた話はこの辺にして、次に、4の社長ブログについて。

そもそも壁とか関係なく社長ブログを好まない社員も多いと思います自分も嫌でした。

以下、社長ブログを書いている会社社員に聞いてみた、社長ブログで「まじ勘弁」と思っていることベスト3です。(3人しか聞いてませんが。プラス自分

1位 読んでることが前提なこと(勝手に発信して読んどけ感出すな。)

2位 すべてに感謝感謝みたいな内容(マジでやめてほしい。恥ずかしい。イタイ。 ※20代拒絶反応

3位 名前は出さなくても社員の誰のこと書いてるかわかる批判自分のことだなっていう内容を書かれたあとどういう反応したらいいかからない)

壁とどういう関係があるのかというと、やっぱり組織化すると雰囲気変わるんです。ブログちょっとより社長っぽくなる。

辞めるまでの2ヶ月、組織ってどう変わるんだろうと思って見てたんですが、それぞれがそれぞれっぽくなるんです。

総務がめちゃくちゃ厳しくなったり。営業でそれまで自由にやっていた子がなんかパワー半減してたり、その上に行った人はキリッとしてたり。「俺通して」感出るんですよね。

それが耐えられなかったんですよね。なんか。子どもですね。自分がそこに混れなかったからかもしれませんが。

前の会社は入った時から組織ができていたからなんとも思わなかったんだと思うんですけど、みんなが窮屈そうになったのがなんか嫌で。もう自由になろうと決めました。

社長ブログはよりラブ&ピースになり、以前からあった特定の誰かを示唆する内容がより増えました。僕以外にも人事に抵抗しつつ残っている人はなんかかわいそうなくらい書かれていました。あれって、社員には言い返す場がないんですよね。ずるいよ。

いきなりですが、ネガティブ気持ち書いてたら疲れてきたのでここらで締めます

結論はありません。では。

2017-10-29

はてなハードウェアエンジニアが少ない件

エンジニア一言で言っても星の数ほどのジャンルがあるが、その中でも代表的なのはハードウェアエンジニアソフトウェアエンジニアだと思う。

まりに広範囲区分けだが、敢えて定義はしないでおく。

さて、自分新米ハードウェアエンジニアで、ソフトウェア趣味人間である

はてなにはソフトウェア記事(及びブックマーク)が多く、日曜プログラマ自分にとって大変有益である

大抵の悩みは検索をかければ解決するし、自分では想像し得ないようなユニーク記事もあり毎日が発見連続だ。

特にユーザコメントが好きで、皆の関心が伺える“はてなはいくら見ていても飽きない。

ただ、ハードウェアに関する記事が少ないことが残念でならない。

エンジニアカテゴリを覗いても、ハードウェアに関する記事が上がっていることは稀である

たまにラズパイIoTキットに関する記事があるだけで、デジタル回路におけるインピーダンスシミュレーションとか、高速差動信号の放射電波対策とか、そういった踏み込んだ記事はほぼ無いと言っていい。

当然アナログ回路のGNDレイアウトに関する記事は皆無だし、ソフトウェア寄りと言えるRTLコーディング記事さえ見当たらない。

ハードウェアエンジニア守秘義務なのだろうか?

・・・・・・

・・・

ソフトウェア技術日進月歩

イマイチ盛り上がらないハードウェア業界比較して、ソフトウェア業界の隆盛は火を見るよりも明らかである

コーディング環境、つまりPCがあればその先には広大な世界が広がっている。

語弊を恐れず言うが、アイディア次第ではその日のうちにスターダムにのし上がることも可能かもしれない。

当然、アマチュアを含めたエンジニア人口を見るとソフトウェアエンジニア人口は突出しているだろう。

なので記事数の多さは人間性質に依るものではなく、単純に人口の違いだろう。

ハードウェア面白いのに、何故手を出す人が少ないのだろうか。

ロボコンなんか見ていると、胸に込み上がるものがあると思う。

ハードウェア自然界の物理法則の下で成り立っているため、主に電磁気学電気回路電子回路勉強するだけでいくらでも応用が効く。

言うなればソフトウェアよりも参入障壁は低いはずで、高校物理で習ってきたこである程度の回路が組める。

FPGAなりでハードウェアアクセラレータ自作し始めると計算機科学知識必要になるが、ここはむしろソフトウェアエンジニアの方が得意な領域だ。

・・・・・・

・・・

こんなことを言っておいて、自分ハードウェアを始めたのは社会人になってからである

学部修士時代の専攻は材料物理学だったため、工学とは全く縁が無かった。

ここから自分ハードウェアの道に進んだきっかけを書こうと思う。

新人研修の昼休み、あるフラクタル図形を高速描画するハードウェア記事が目に留まった。

当時の自分にはその偉大さが理解できなかったが、2年もの間寝食を忘れて没頭できるその世界に心が惹かれた。

人生を変えることになる出会いだった。2012年の春である

早速オームの法則から復習し、使ったこともない半田ごてやテスターを買ってきて4bit CPU製作に取り掛かった。

ALU(算術論理演算回路)以外はディスクリート部品で組んだため、デバッグ含めて完成までに6ヶ月も掛かってしまった。

その後FPGA存在を知り、8bit CPUを載せてみた。

機械語勉強し、命令デコーダ設計して1年後、自分の考えたプログラム動作したときは嬉しかった。

上述した記事追体験しているようで、仕事を忘れて没頭していた。

続いてFPGAマイコン+汎用ROMの組み合わせでプリント基板を起こしてみた。

目的は勿論、あるフラクタル図形の高速描画である

ここでレベル変換やリセットシーケンスなど、デジタル回路の基礎を身に付けることができた。

基板レイアウトの考え方は専門的であるものWEB簡単情報が手に入ったし、殆ど電磁気学世界なので理不尽ものは無かった。

苦労したのがマイコンプログラムだった。

機械語論理的な手順をコード化するだけだったが、組み込みC言語はそのルールが難解だった。

言い方は悪いかもしれないが、人間の考えたルールだろうと理不尽に思える理論もその設計思想を調べもせず暗記で済ましていた。

メモリリークが発生した場合ハードウェアのように現象を観察して仮説検証することが難しく、ダンプなどのデバッグ手法も知らなかった。

そんなとき、社内でセキュアプログラミングなる研修があったため同期と潜り込んでみた。

参加資格の無い自分が参加できたのは、配線だらけの汚い自作CPU子供のような目で見てくれた上司の厚意だった。

そして1年後、自分モニタの中で鮮やかに描画されるフラクタル図形を眺めていた。

上述した研修講師に1年間師事し、半ばマンツーマン計算機科学を教えて頂いていた。

大学講師の方だったため、C言語ルールではなく命令処理系としての働き、ハードウェアとの関連を核にして叩き込んでもらった。

・・・・・・

・・・

紆余曲折を経て、ハードウェアエンジニアとして働いている。

こういう部署では多少なりともソフトウェアができると光るものである

ただ組み込みC言語以外はサッパリのため、日々独学の毎日だった。

そこで出会ったのが“はてな”だった。

そこにある記事はどれも眩しくて、「ある疑問の解決法」を検索するだけでは決して出会えない珠玉記事の宝庫だった。

きっとハードウェア世界にも、自分では想像し得ないような発見があるはずだ。

それこそあのフラクタル図形のような驚きが。

・・・・・・

・・・

今は仕事の傍ら、奇しくもプロになってしまった自分義務として細々とハードウェア記事を書いている。

残念ながら驚くような技術ではないが、誰かにとって小さな発見があれば嬉しい。

これを読んだ人がハードウェアに興味を持ってくれたらと思う。

2017-10-28

anond:20171028141246

新しい、分野というかシステムを創ることだと思う。

新しいIoTというか、ドローンが出来たことで、新しい雇用も産み出されると思う。

現在・おじいさんおばあさんなどの人手で、やっている仕事機械代替なら、新しい雇用に繋がりそう。

2017-10-21

anond:20171021002927

VRとAI, IoTの組み合わせたアルファラブドールゼロの出現によって、東京オリンピックの頃には、風俗嬢仕事が奪われてしまうかもしれないな。

2017-10-18

ioT」をずっと「LoT」と勘違いしてた

Noto許せん

現実世界で「ロット」と発言してしまった

2017-10-14

anond:20171014150943

IoT自動運転AIを言い出して10年くらいあっと言う間に過ぎそうな雰囲気しかない。特にAIなんて何年目なんだろう。

人口減少でイノベーションが起こるなんて政治家詐欺師くらいしか言ってない。

2017-10-09

anond:20171009173851

本邦の産業政策IoT人工知能自動運転を繰り返すだけのbotと化してるじゃん

anond:20171009170227

プログラミングIoTwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

日本が本当に技術後進国だとしたら

技術と言われてそんな薄っぺら単語しか思いつかないお前みたいな奴がいるからに決まってんだろ

日本発展途上国入りして良かったね!

いやーよかったよかった!

毎回周回遅れを続けまくった結果、無事技術後進国になれました!

今更プログラミングとかIoTとか言い出しても遅いッス!

あざした!

2017-10-06

SE辞めたい

別によくある長時間労働とかデスマとか偽装請負とかが嫌で辞めたいわけじゃない。

しろ幸いなことにその3つには縁のない生活を送っている。

やることやってりゃ定時に帰っても有給使っても何も言われないし、上司は有能すぎるくらい有能だし、業界平均から見てかなり恵まれてる方だと思う。

でも仕事がつまらない。

毎日毎日エクセルにらめっこ。たまにパワポ。極たまにワード

ここ最近で一番役に立った言語javaでもpythonでもなくエクセルVBA

それでも1、2年目のうちは仕事の進め方とか、周囲から学ぶことも多くて嫌でも成長する機会はあった。

でも3年目にもなるとそういう「自動的な」成長は終わって、勉強会出たり趣味で何かやったりしないと何も身に付かない。

でも絶望的に興味がない、

機械学習にもディープラーニングにもIoTにも興味ない。ていうかそもそもITに興味がない。

仕事から必要に迫られた時にググったり研修受けたりはしてるけど積極的に関わりたくない。

AIブロックチェーン

それが今の案件に何の役に立つの?って思ってしまう。

このままだと、業務知識()やマネジメント力()で勝負するとか言っちゃう似非SEか、

企画職とは名ばかりの管理部門で燻ってる有象無象に加わるしかない。

それは嫌だ。

そういう人達特別スキルを持たないまま歳だけとって、若者ポジション取られて居場所を失っていくのを何人も見てきた。

客観的に見て、

現状に不満があるくせに、勉強するのも嫌だ、

なりたくないものはいっぱい言えるのに、

なりたいもの特にない、

って、めちゃくちゃわがままだと思う。

ももSE稼業で「こうなりたい」っていうのが見えないんだ。目標もないか努力もできない。

辞めるしかないよなあ。

地方大学教員即戦力となる人材育成だけしてればいい

https://news.yahoo.co.jp/feature/766

毎年この時期になると必ずトピックに上がる話題である、「アカデミズム危機」だけど、もういい加減地方大学は諦めた方がいいと思う。

過去10年以上にわたり日本論文数は増えも減りもしなかった。なぜなら、人口増加、経済成長科学予算のすべてが横ばいだからです」

これが全てを物語ってる。

科学技術どころか、経済成長も横ばいだ。

それもそのはず。

インターネットが発達し、グローバル化が進んだ。

今では電話だけではなく、あらゆる家電製品ネット接続している。

一方でこの10年で、日本の周りは新興国が台頭した。

しかも、このグローバル化の波に乗るように成長してきた。

そんな新興国は新しいもの対応するスピード日本よりも速い。

しかも、日本人だけではなく、アジア人は皆真面目である

日本が他の国に勝てるメリットはもうないのだ。

そして残念ながら、日本はこのグローバル化の変化に対応できてない。

しろ、このアカデミアの話題が上がるたび思うが「昔は良かった」という思想アカデミアに蔓延っているとしか思えない。

少子高齢化が進む以上、日本科学技術にかける費用は横ばいにならざるを得ない。

それどころか、減らされてもおかしくはない。

現状少子高齢化対策に早急に必要なのはIoTAI自動運転と言った、IT関連の整備とそのセキュリティ対策だろう。

これらも現状、他の国よりも遅れているし、これらを活性化させない限り、日本経済も上昇しないだろう。

アカデミズム問題優先順位が低い。

なぜなら、余裕があってできる、自己実現欲求に相当するものだ。

日本がその欲求を支える土台が脅かされていることに気づかなければならない。

一部の日本トップ大学に集中的にお金を落とし始めてから10年、論文数は伸びなかった。

しかし、福祉に力を入れざるを得ない日本は今後も大学お金を使うことはないだろう。

さら経済も伸び悩んでいる。

とすれば、どうすればいいのかは自明である

大学企業即戦力となる人材を育成すればいい。

具体的には学部の3年くらいまでは専門知識を身につけさせ、学部の3年後期から企業スポンサーとなって、大学内で学生が参画できるプロジェクトを立てて、仕事をさせればいい。

就職活動もその企業にそのまま就職してもいいし、他のところへ「転職」しても構わない。

もっと産学が連携して、社会貢献できることを増やしていけばいい。

というよりもうすでに一部の大学では、有給インターンシップという名前で始まっていることではないだろうか?

会社も、入社して必要長期間研修もなくなるだろう。

もう、終身雇用で勤め上げる時代ではない。新しいことに対応する必要がある。だから、今は転職しても使える人材必要である

地方大学悲惨である

でも、これを機にそういう方向転換をしないと、統合、もしくは廃止にさせられてもおかしくないだろう。

2017-09-23

IoT全然いらない!って考えていたが…

最近Felicaアプリで開けられるスマートロックが付いた施設を使い、意外にいいかも、と考え直した。

以前からコンビニカフェなど近所のちょい外出時にいちいち鍵かけるのが面倒で、導入しようかなと思い立ち検索

だが、スマートロック本体価格が2-3万円。

しかもドアの相性があったり(国内カバー率8割らしいが)、

電池切れになれば普通の鍵がやっぱり必要だったり、

そのレベルに2-3万円かけたくないと萎える。

ふと、ドアの開閉の通知さえしてくれれば用を足すじゃん、

近所外出用だし(マンション廊下には防犯カメラもある)、

もっと安いのありそうと思い立ちそういう機器検索

ベンチャーっぽい数社がヒット。

本体はなんと3000円程度。安い!

ところがネット経由でLINEなどに通知するにはゲートウェイ機器さらに9000円くらいで

さらに月額1000円くらいの契約しないとダメとのこと。

そっか、サーバ経由で通知するなら当然必要だもんな。うーん。年額1.2万円か。

せめて月額300円くらいにしてくださいよー。

と、ここでHomeKit対応機器検索にひっかかる。

おお、月額契約いらない!なぜ?

そっか、「iPhoneを探す」の時点でそういうネット経由の仕組み前提か。

よし、と思いさらに調べると、HomeKitのハブ機器必要で、いま持っている古いAppleTV(第三世代)は非対応と知る。

第四世代か、発売されたばかりのAppleTV 4K必要

4K版で約2万円。

(HomeKitハブiPadでもいいらしいが家に置きっぱにする余ったiPadがない。そして近所でお茶する時にiPadは必需品。)

うーん。これはAppleTV買い替えタイミングか?

HomeKit方式なら月額がいらないからすぐ元はとれそうだが…ここまでで数時間経過。調べ疲れた

冷静に判断できない。今日注文するのはやめよう!

結論としてはIoTで照明つけるとか、エアコンつけるとか全然、欲しくないと思っていたが

ホームセキュリティ系はそこそこ需要ありそうだな、と思った土曜日の午後。

2017-09-19

anond:20170919144819

1.一刻も早く職場や自宅をIOT化して在宅、地方での仕事可能職種を増やす

2.一刻も早く再生可能エネルギーの小型電力発電を配備してエネルギー自給自足型に変える

3.一刻も早く男性産休取れるようにする

 

少なくてもこの3点がされない限りは熊の生息範囲が広がり続ける

 

地方人口減少していく最大の原因は仕事がないか

地方でも高給トリの仕事できる環境にしたら全部解決する

2017-09-17

製造業を捨てろと叫ぶ

営業映えする技術にすぎなかったIoTAIに騙されるはてなー

虫の息である工作機械業界や素材業界にとどめを刺すだろう。

残った自動車業界はてなーには電機メーカーと同じ扱いなので潰れても自己責任である

2017-09-14

同じプログラマでも違う

2017-09-01

IoT黎明期のLPWA事業と法 その3

このダイアリーはPart1と2が存在します。 特定事象について細かく書きますので、以前のダイアリーを読まれていない方は、是非とも一度お目通し下さい。

Part1 → https://anond.hatelabo.jp/20170707132857

Part2 → https://anond.hatelabo.jp/20170721113552

  

さて、最初記事を書いてから約2ヶ月が経過しました。つい先日、2017年8月1日時点での登録電気通信事業者の一覧が公開されましたので、それによるアップデートを見ていこうと思います

登録電気通信事業者一覧→http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/field/tsuushin04.html

  

  

NTTネオメイトが全国を業務区域とした登録電気通信事業者

想定の範囲内でした。これについてもLPWA絡みで、福岡LoRaWANの提供事業者になるということで間違いないでしょう。(参考:http://www.city.fukuoka.lg.jp/keizai/kagakugijutsu/business/lorawan.html

想定の範囲内と書きましたが、業務区域が全国というのは想定外で驚かされましたね。彼らも全国に進出するんでしょうか...

  

  

KDDIによるソラコムの子会社化と登録電気通信事業者

これでようやくPart1から続いた話に決着がつきましたね。あの玉川さんの奥歯に物が挟まったような言い訳も全てKDDIによる子会社化へ繋がっていたのかと思うと、本当に残念です。

結論を先に話すと、登録電気通信事業者になる2017年7月5日までに営まれたLoRaWANゲートウェイ共有サービスは、電気通信事業法違法第9条違反のれっきとした違法電気通信事業です。

  

この匿名ブログで何度か玉川さんにコメントでやりとりしましたが、玉川さんは嘘をついてはいません。ですが、いかにも以前から合法であったかのような誤認させる会話でした。

Twitterで私の記事都市伝説だと揶揄したり、総務省とやりとりをしている旨を書いてみたり(ただしOK貰っているとは明記しない)、本当に上手な方です。

もう黒であった事が分かりましたし、これ以上とやかく言うつもりもないので、この話はこの回で終了したいと思います

お疲れ様でした

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん