「うごメモ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: うごメモとは

2020-09-11

[]2020年9月10日木曜日増田

時間記事文字数文字数平均文字数中央値
0012313148106.937
0145411891.539
02344592135.152
03152252150.169
0451550310.09
05273066113.637
06232655115.466
0777746997.054
08123869070.736
0910910934100.336
101381360998.645.5
1194772482.241.5
121891800895.334
131771286872.734
1410914342131.631
1587706881.241
169311254121.045
17115830372.242
18132933070.735
1914315388107.642
201821789998.342.5
2113817209124.738.5
2213318050135.743
2310822045204.165
1日2419251571104.039

本日の急増単語 ()内の数字単語が含まれ記事

チーズ牛丼(7), ロ座(9), コモロ(7), 口振(6), りそな(6), ドコモ口座(41), 口座振替(12), セメンヤ(4), うごメモ(3), ドコモ(73), 蟲師(3), 認証(22), 銀行(50), 口座(26), いらすとや(11), セキュリティ(18), ロック(16), パスワード(11), ファミレス(9), 無数(6), 不正(14), 番号(10), エアコン(9), ログイン(8), 犯人(16), ネタバレ(8), 非モテ(14), 加害(14), 企画(12), ちんぽ(12), 被害(31), 被害者(30), 創作(18), IT(20), 痴漢(18)

頻出トラックバック先 ()内の数字は被トラックバック件数

■新調したエアコンIoT機能で、家庭に(勝手に)不穏な空気が /20200909234839(31), ■その年になってまともに食券買えないのはどうなの /20200909174939(30), ■ /20200910090452(12), ■3大「季節限定でなく年中売れや」食べ物 /20200910180518(12), ■はてな見続けて結婚意欲無くなった人わりといそう /20200909200720(12), ■ケモナーじゃないけどケモノアニメだけ見ていたい /20200909235528(10), ■30歳になっても食べ放題で量見誤る /20200910004405(10), ■男性の未婚がそんなに問題なら /20200910183818(9), ■ITエンジニアやってる彼女結婚後のことでケンカして本気で相手がへこんで罪悪感をちょっとだけ感じている /20200907221550(9), ■1日に玄米4合と、味噌と少しの野菜を食べる /20200909201057(8), ■おパ中島みたいなの教えて下さい /20200909222155(7), ■人は切れない包丁とかなんで作らないの /20200909181450(7), ■妻にゆうちょから資産引き上げを提案するも失敗に終わる /20200910132822(7), ■ドコモ 「最初は、口座の名義の一致すら条件にしてなかった」 /20200910165107(7), ■腐女子お気持ち文書いてみたい /20200910105134(6), ■anond20200908192259 /20200910121910(6), ■ケンタッキー初心者指南 /20200908192259(6), ■みんなの痛い話を聞きたい /20200910144528(6), ■ADHD21歳女、そろそろ死にたい /20200910163955(6), ■どうしても思い出せないアニメタイトル /20200909211620(6), ■母が陰謀論・Qアノンに侵されてしまった /20200909192901(6), ■悪いのは犯人でしょ /20200910085543(6), ■はてブ意味わかんねえよ!!!! /20200910165303(6)

2020-09-10

お前ら増田創作でいつも年齢とか設定間違えるから貼っておくな

はてなメディアガイド(2020年7-9月版)

 

はてな ユーザー72% が30歳以上。おっさんおばさんメディア
年代男性 女性  感想
104%   4% おれって異端
20代22%   30%  うごメモ(DS3DS)の生き残り。20代の設定の創作が増えそう
30代⭐️38%   36%  最多ユーザーblogといえば “はてな” 、エンジニアといえば “はてな” を知る世代・作った世代
40代27%   21%   blogといえばエンジニアといえば “はてな” を作った世代
50代以上 9%   9%   40代と同じく作った世代だけど意外と少ない。盛っていないガチでおハイソな方々が多いイメージ

 

はてな ユーザー50%が未婚者、 既婚者は43%、子なしがマジョリテ (・・・の割には年がら年中騒いでるよな)
割合   感想
未婚⭐️50%  -
既婚:子有29%  ブクマカイメージ
既婚:子無14%   -
未回答・その他7%   多様性

 

はてな ユーザーは 1ヵ月に5万円以上自由に使える人が多い
金額割合   感想
50,000円以上⭐️31%   子なし多いし、こんなもんだろ感
40,000〜49,999円11%   -
30,000〜39,999円11%   -
20,000〜29,999円19%   -
10,000〜19,999円15%   -
0〜9,999円13%   -

 

はてな ユーザーの 約50%世帯年収600万以上 (ファミレスとかケンタッキーブクカは 盛り上がってるのに???)
年収割合   感想
1000万以上15%   世帯年収なら違和感ないけど、未婚者多いメディアなんだよなぁ・・・😒
800万以上 1000万円未満13%   年収でも違和感はない
600万以上 800万未満19%   エンジニア多いのでこんなもんだろ感
400万以上 600万未満⭐️25%   エンジニア多いのでこんなもんだろ感
200万以上 400万未満19%   -
200万未満9%   -

 

 

  

ーーー 

追記 1:

ファミレスとかケンタッキーブクカは 盛り上がってるのに???

・・・について別増田書きました。既婚 子あり世帯さん(29%) 発言 をご確認ください ↓ 

ブクカ「世帯年収600万以上でもサイゼリアには行くしケンタッキーは好きだろう。美味しいもん。 」 (anond:20200910192150)

 

ーーー 

追記 2:

増田例外なく、

MMMO (M 無教養で M 無能で M 無収入な O オタク) か

MMMM (M 無教養で M 無能で M 無収入な M マン) ですが、

増田が喜ぶ話題と『増田ブクマするブクマカ』が喜ぶ話題が違うことに気付いて頂けると幸いです

次のポイントに注目してみてください

 

○ 3つの注目ポイント
・ そのエントリートラバがいくつ付いていますか?
・ そのトラバは ほぼ縦だけに 伸びてますか? (自演ではありませんか?)
・ そのトラバは 無数に横にも 伸びてますか? (増田でも盛り上がってるようですね)

2020-05-19

anond:20200519135304

それiモード時代からだろ

増田場合まとめサイトネットウォッチ記事で取り上げられる事が増えてからバカが増えた感じ

日本死ねもあったし

あと任天堂コラボうごメモ)して子供層が増えた時もあった

2020-04-18

擬人化漫画が好きだったオタク現在

擬態して一人で狂い続けたオタクなので、周囲に話せる人がいない、SNSにもいない。なのでここに書き残していく。

20代オタクオタク歴はうごメモからまり10代はずっと国擬人化漫画に狂ってた。

オタクとして趣味でやったことは、最初原作を繰り返し読み、ピクシブという文明を知り、ニコニコMMDを漁り、絵をちょっと描くくらい。本当に末席のオタク

だけど、リアルちょっと違った。高校世界史を極め、英語受験英語のみだけど)も極め、国際系の学部入学ちょっとレア第二外国語をやっている。ここまでは結構、某漫画に狂ったオタクはやってそう。ガチ海外仕事したりしてる人もいてすごい)。留学生と仲良くなるサークルも入って、わんちゃんかににの家の友人がたくさんできた。

突然だけど、某漫画はどんなキャラの組み合わせでも、史実とかと絡めてとても楽しく見られるものだと思う。私はその中でもアルと菊のコンビが好きだった。

で、急に話は戻るけど、彼氏海外の院に行くことになった。なんと、アルの家の。私は日本に残るので、国際遠距離になる。

推したちと同じ体験ができた。二次創作で見る、時差にやきもきする状況が、久しぶりに会えた楽しさが、手紙ちょっとしたプレゼントを送りあう喜びが、まじで現実体験できた。ここゼミでやったところだ、ってずっと思ってたし今も(国際遠距離継続中なので)思っている。

一人で漫画を読んでいたオタクが、こんな体験できるなんてすごいことなんじゃないかと、ぼーっとずっと思っている。

いろんな国にたくさんの友達ができた。勉強環境も整いまくってる大学の整いまくってる学部に入れた。今は漫画とはかすりもしないテーマ勉強している、とても楽しい漫画の影響でアグレッシブに他にも色々していたので、就活でも興味を持って聞いてもらえる。いろんな土地旅行に行った。日々のニュースに敏感になった。ついでに推しと同じ(?)体験ができた。

すごい、私はこの漫画出会えて本当に良かった。

2019-09-03

うごメモって覚えてるよね?

現在大学生なんですが、生まれから初めて触れたインターネット上のコミュニティうごメモはてな(うごメモシアター)でした。

当時買ってもらったDSiは私にとってゲーム機ではなく、最高のインターネット端末であり、うごメモDSiブラウザばかり使っていました。

うごメモシアターの主な利用者小中学生だったせいかコメント罵詈雑言も大したこともなく、個人情報ばんばん晒している子ども(住所や漫画風に加工された顔写真など)も大きな被害にあったとは聞きません。また、性的ネタ下品ものばかりでそこまでエグいものは無かったと思います。(腐女子オタク自称して痛いこと言っている子は自分を含めて結構いました)

の子どもばっかりの空間は今思うと不思議に醜く、楽しかったなあ 今の子は何を使うんでしょうか?私の世代アメーバピグ小学校の時にかなり人気がありました。

2019-06-04

anond:20190604192956

子どものいるゲームってたいていそんな感じだし、はてなが厳しくなったのもうごメモ以降でしょ

2018-09-11

anond:20180911184802

精神年齢っつーか、実年齢が低いんじゃ…

はてなうごメモとか流行ってる時は普通に小学生多かったみたいだし

今でも少しはいるだろうし

2018-06-26

anond:20180626045447

これな。

ある人が「半分仕事から」と打たれ強く受け答えしていた。

そこに誤った形で癒しを見出す無職やら学生やらとにかく暇を持て余した存在がいて、癒しを奪われまいとしがみつく。

小人閑居してってやつ。

 

人をいやすはいいことだ、で膝枕耳かきとか女性寿司職人とかを作ると狙われる。

セキュリティ専門家でもたまたま犯人の近くであった福岡リアルに顔出しすればそこを狙われる。

そしてみんなが余計に厳重に対処をする。

あやまった癒しを求める暇人は余計に孤立する。

本来壮大な自業自得だよな。

平成ってのは昭和試行錯誤の成果がつみかさなってこうなってんだ。

おまえらの上の世代にいる、増田も知らないような無敵の人のせいで

すでに世の中はこうなっちゃってるのだ。

 

 

はてなでは増田はてラボ内の試験的な場所とされている。ちなみにはてなが今まで実装数年後に捨ててきたサービスは優に10を超える。モノリスボトルうごメモ・・・セリはまだあるっけ?https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%AF%E3%81%A6%E3%81%AA%E3%81%AE%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9%E4%B8%80%E8%A6%A7#%E7%B5%82%E4%BA%86%E3%81%97%E3%81%9F%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9

で、犯罪予備軍の温床の増田明日消えたらみんなどこでその起因となった犯人への恨みをつぶやくんだろう?

奪われないとおもいこんで犯人気持ちもわかるわかるいってるけど。

おまえらの首を絞めたのは犯人なんだ。ネットにあるやさしさ資源は全部自分ひとりのために使えと暴力で叫んだのが犯人だ。

明日から増田がなくなればもっとわかる?俺は癒しの場を奪われた?そして犯人のかわりに本社襲撃でもするのか?テロ集団だな。

増田は今はなくなっていないが、短い間に2回目がおきたらまあまずなくなる。

そういう論理の通じない無敵の人をゆるやかに「わかる~~」「やさしさが~」「リンチ~」なんてつぶやいてる場合じゃねえよ頭つかえ。

  

「まだなにもしていない」小人?そんなのにかけるやさしさ資源なんて必要か?

敢えて言うならそんな小人にも、ビットコインマイニングアフィリエイト程度でもいいからやることがないとダメなんだろう。

それか、リベラリストのいうようにこの日本人間は全員「生活保護」を受けているのだという認識から始めるとか。

ほんとに命綱切るカンダタみたいなバカっているんだな。

2018-06-17

anond:20180617212603

見てるだけだったけれど、うごメモ、楽しかったよ。

面白いのもあって、なごめたなぁ。

連絡を取りたいわけじゃないけど近況を知りたい相手っているよね

私の場合は、10年近く前にネット上で仲良くしていた人達

当時はDSiの「うごくメモ帳」というゲームで、メモ帳へのコメント機能活用してちょっとしたチャットをしていた。今使っているはてなIDもその時使ってた物。日記投稿したりチャット専用メモコメント欄に深夜まで居座ってチャットしたり。当時まだ中学生だった私はいろいろ拗らせてたから、荒れてるコメント欄に飛び込んで好き勝手遊んだりとかもしてた。

そんなことを繰り返してると何となく顔なじみ(顔は見えてないけど)になる人も当然出てくるわけで。偶然どこかのコメント欄で遭遇すると挨拶して雑談する程度の仲にはなった。

うごメモユーザーの中には、仲良くなった人にTwittermixiを教えてうごメモ外でも交流するって人もいた。けれど私はネット上でもコミュ障を発揮して、仲良くなった相手にもうごメモ外のアカウントは教えず、こちから聞くこともしないでいた。

そんなうメモ生活を続けるある日、はてなからうごメモサービス提供終了を告げられた。ゲーム自体は残るけど、投稿サイトが無くなる。今まで投稿したメモも無くなる。今まで残したコメントも無くなる。コメント欄でしかしたことのない人達との繋がりが無くなる。

そんな状況になっても私は外部サイトでつながろうという提案すらできず、仲の良かった人達コミュニケーションを取る場所は無くなった。

せめて、いつか誰かが気づいたらいいなという微かな希望を抱いて、はてなIDプロフィール欄にTwitterIDを載せた。まあ誰からフォローが来てないのでもう忘れられているってことなんだろうね。

10年近く経って、たまに当時のことを懐かしむようになった。そして一緒に思うのが、あの時会話していた彼らの現在のこと。

向こうはもう私のことを忘れているだろうから、わざわざ探してまた話したいなんて思わない。けれど、いま何しているのか、そもそも生きているのかくらいは気になる。

彼らもはてなIDを持っていたことは確かだから増田を見ながら「この中にあの人たちがいるのかもしれない」なんて想像を膨らましている。

2018-05-27

とあるVtuberにハマっている

名前はヤミクモリン

ケリン - YouTube

ニコニコランキングに上がってるのを見て知った。

Vtuberなのにニコニコ?と思われるかもしれない(最近はそんなに珍しくないけど)。

しかもそのランキングカテゴリが「例のアレ」だった。

例のアレVtuberランキング入りしてるときはだいたいMADだったりするが、彼は違った。



例のアレが本編だった。


うそれだけで面白くてちょっとハマってしまった。

気づいたら本編を全部見ていた。どれも2〜3分の短めの動画でサクっと見れて面白かった。

本人が参考にしている作品に「BB先輩劇場」、「でんじゃらすじーさん」、「うごメモのたぁくみ」を上げていたが、このどれかが好きな人ならきっと楽しめると思う。

自分でんじゃらすじーさんが大好きで、ケリンテンポよく進む動画構成が刺さった)

根が真面目なのか、動画過激ネタはやるが超えちゃいけないラインはきちんと考えて作ってるんだろうなという感じが好感度高い。すこだ…


暇な時とかカップラーメン作って待ってる時とかになんとなくでいいから一度見て欲しい。

刺さる人はものすごく楽しめると思う。



リン面白いと思ってくれる感性の人が、ケリン動画出会ますように(後方爆薬面)


(いろいろ好きなところを羅列しようと思って書き始めたけど最終的に「かわいい」の言葉にまとまってしまうのでやめました。ケリン、すこです)

2018-02-03

中学の頃

あの頃はうごメモやってたな………………

しかったな……初めてのネット……

親のフィルタリングすり抜けて、DS勝手ネットに繋げて………なりきりなんてやっちゃって………

おちゃめ機能コーラ振ってみたと……もすかうなんてもあった……懐かしい………

あとはニコニコ友達と二人で二人して運動しないのにコーラポテチアメリカンデブスタイルで見て、イメソン集覚えてカラオケいって、お金ないのに、梅田ダンジョン迷いながらまんだらけにいったりして、楽しかったな〜〜

Twitterの使い方を知らなかったあのころ

戻りたくないけど戻りたいな🙃🙃

2018-01-24

クラス不適合者の自分語り夢小説あとがき風味~

どうも。

私はとある中高一貫女子校に通っていました。

クラスの人数はちょっと少なめ。大体20前後かな。一番少ない時は17人。

クラスに付き物の「派閥」なんてものはありません。というか派閥が出来るほど人数がいません。

このような少人数クラスでは、「派閥」ではなく「生贄」を作り上げます。(※あくまでも私のクラス場合)

私はその「生贄」でした。

これから私の生贄としての日々を、拙い文章ですが匿名ブログに綴って行きたいと思います

何でかって?そりゃあ卒業するからだよ。卒業文章にちょろっと書いたぐらいじゃ足りないからよ。

どうでもいいけど、私ははてなが初代うごメモ運営してた時代人間から、今こうしてはてなブログ書いてるのが懐かしくて結構楽しいです。

試しに昔のアカウントログインチャレンジしたら出来たんだけど、小学生の時の痛いブログが出てきて速攻ログアウトしました。

古の女オタクから文章書いても夢小説あとがき風になるし最悪すぎる。

きっとわかってくれる人はいるはず…うん。

2017-08-29

https://anond.hatelabo.jp/20170828173453

この増田が役に立ったと思う人はブクマを。

役に立ったと思わない人はスターをお願いします。

この承認欲求の集め方、遥か昔にはてなうごメモやってた頃に小学生が"スターください"とやってたのを思い出すな。

まあなんというか投稿者若いということは分かる。

黎明期からネットにいたおっさんにとってはこんな反響の集め方、恥ずかしてとても出来ないよ。(インターネット老害会)

2017-04-28

はてなに現れだした子ども達へ

とき私たちゲス増田や突発的に降り立つ増田文学ウンコがもれただの世の歪みを文字に乗せたりブクマで己の主張や切り口を見せびらかして楽しんでいる。

その時、私たちが想定している見せびらかし対象は知らずのうちに同年代や近しい階層になっているし、それははてなという集団にとって暗黙のうちに当然のこととなっているように思う。

ところが最近、どうやら多感な時期を過ごす若年層もそれなりの数でこの場を見ているのでは?と感じることが続いた。

でも何も不思議なことではないよね、別にはてな界隈選民的なサロンではないし、最近幼稚園児ですら情報機器に対して凄まじい適応を見せるのだから10代後半の人たちが色々な知見のひとつとしてこんな所をチェックしていても、何もおかしくはない。

からといって、はてな界隈の人たちが何か己を律する必要はもちろん無い。むしろ彼らは大人達の本音がもしかたらこんなものなのかもしれないと楽しんでいるのだろうと思う。

ただ、彼らがここの何かに僅かな希望を持ち、彼らの拙い思いを投げかけてくることも増えてくるのではないかと思う。

私の知る限り、そういう時のはてな民は総じてあたたかい。それは素晴らしいことだと素直に思う。だからこそ、今まで場違いでは?と躊躇しているそこのあなた若者よ、こんな所でいいなら何でも吐き出せ。

ゴミクズのようなレスポンスもあるかもしれない。それがあなたを傷つけたなら、こんな無責任日記を書いている私のせいだし、私のせいだがこんな場なので責任は取らないwww

でも、あなたにとって役に立ったり支えになったりするレスポンスも、ウンコみたいなレスボンス以上にあるのではないかな、と思う。

多少いびつ特性人口が多いのかもしれないが、どのような集団であれ、未来若者のものだ。ガキから老害まで全てのはてなーに幸多からんことを。

追記

そうかーうごメモ残党かーそうなのかもね。

出自が何にせよ、彼らを大切に思うのはご指摘どおり、おとうさん増田からです。うちの子他所の子も、みんな輝いて見えるので、いちおっさんとしては楽しみで仕方ない。

いくつかのブコメで指摘される通り、大人ガチ論破されるのも、次の世代にとっては得難い経験かと。それもはてな流。

ともあれ色々なご意見有難うございました。

もう一度、全てのはてなーに幸多からんことを。

2017-03-17

自分では何も出来ないという話。

思えばずっと甘やかされて育ってきた。

以下、かなり長い自分語りが続くので注意。

先に今現在の話をしておく。

現在私は大学の2回生で、2回生とは言いながら単位を落としすぎて留年した身であるクズと言っても差し支えないだろう。実家田舎のため上京して都会の大学に通っている。具体的金額は伏せるが、親には割と多めの金額仕送りとして貰っていた。

私は長男として生まれた。結局2人目以降は出来なかったので、1人っ子として育った。

不自由ない生活をしてきた。

幼稚園の頃から愛情たっぷりに育てられた。

特に母は本当に私に優しく接してくれた。

私が幼い頃は父と母がよく夫婦喧嘩をしていて、父がよく大声で怒鳴っていたし、母が私にその愚痴を漏らすことが時々あったので、幼少期の私の両親に対する印象は、母が優しい人で、父は怒らせると怖い人、という印象であった。

当時の親や周囲の私の印象は「我の強い子」であったらしい。思い通りにならないと直ぐに癇癪をおこしたそうだ。記憶する限りでは、水泳の授業が嫌いで、水泳のある日は玄関先でこれでもかと言うくらいに抵抗していた。

母は躾はしっかりしていたので、例えば服を脱げば洗濯機に入れるとか、食べた後の食器は台所に運ぶとか、そういうことはきちんと私に教えたし、私も素直に聞いていたらしい。

私が小学校に通うようになると、色んな人と関わる機会が増えた。他の友達の家に遊びに行くようになった。遊びに言った感想は、「何だかちゃごちゃしている」といった感じだった。恐らく共働き家庭だったり、親があまり片付けたりしないような家庭だったのだろう。もちろん綺麗な家庭も、恐らく3割くらいはあったと思うのだが、子供心に「他所の家庭はもっと雑」という印象が残った。そういう余計な影響を受けて、これまで躾られて出来ていたことをしなくなったらしい。これは結局高校卒業までしていないことになるので、相当である

関係あるのかどうかは分からないが、この頃に学校でも奇行が目立つ。喧嘩が弱い癖に、喧嘩をよく吹っかけた(そして返り討ちにあっていた)。小学校低学年だからまだ許されたのだろうが、かなり過激なことをやった。クラスメイトスカートを捲ったりもした。当然学年中の女子から嫌われた。馬鹿である。当たり前のように友達は居なくなった。落書きをよくするようになった。友達ほとんど居なくなったが、ノートにでかい絵を描いて(というか落書きをして)それを見せびらかしたり、長い迷路を書いたりして、周囲の興味を引こうとしていた。健気と言えば健気である。「友達が欲しい」とよく言っていたそうである母親に泣きついたりしていた。

母親も、この時期は何故かかなり厳しかった。もちろん素行が悪くなったこともあるが、他にもゲームの件がある。私は幼稚園卒業するころあたりからゲームが好きだった。あまりにも没頭するので、「1日に30分まで」という制限を課された。が、それを素直に受け入れるわけもなく、毎日のように文句を言ったりして親子喧嘩をした。思えばなぜあそこまで熱中していたかは分からないが、ゲームは今でもかなりやっている方だと思う。とにかくゲーム人生のようなものだった。多分尋常じゃないくらいのハマりようだったのだろう。

そんな小学校低学年を送った。

中学年(3年生)くらいになると、流石にさっきのような奇行はなくなった。が、失ったものはそう簡単には戻らない。相変わらず孤独生活をしていた。この頃になると、いわゆる「クラスの人気者」に対して逆恨みから喧嘩を吹っかけていたような記憶がある(そして返り討ちにされる)。まあとにかく、喧嘩が絶えなかった。そんな時味方でいてくれたのはやはり母である。母は相変わらずゲームに関しては厳しかったが、学校での対人関係では味方でいてくれた。おそらく私の悪い点はちゃんと指摘していたのだろうが、それでも当時の私からすれば無条件の私の味方だった。

悲しいことに、それでも自分の思い通りにならないことがあると癇癪をおこして親に暴言を吐いたりしていたらしい。

高学年になると、県内進学校目指して中学受験勉強をするようになる。低学年の頃から学力の高さには自信があり、塾ではほぼ成績1位であった。まあ、自主的勉強していたわけではなく、自宅での勉強は母が付きっきりだった。しかし、受験しようと言い出したのは私自身であり、親としては別に受験はしなくてもいいという意見だったそうだ。負けず嫌いだったのもあり、勉強苦痛だったが我慢してやれていた。

この頃になるとわりと多くの友達が出来ていたように思う。まあ、親友と言えるほど親しい相手は数人なのではあるが。

小学校通して、友達が少ないという割には活発で、よく色んな人と遊んだ矛盾しているように聞こえるが、要するにそんなに仲良くない人にも突っ込んで遊びに誘っていたわけである友達を人数で計って多い方がいいと言う単純な発想で、家に1度に多くの人が遊びに来た方が偉いという考えである。今思えば極端すぎるが…まあ、自分の好きなもの優先なので、病院に行く予定があるのに勝手に遊びに行く約束を重ねてそちらを優先しようとしたりとかしていた。自己中心的の極みである。まあ、当然親に怒られるのだが…

そしてついに女子からの評判は最悪のまま小学校生活を終えた。まあ、妥当である。ことあるごとに私のことが嫌いという態度を取るので(一種いじめである。いわゆる「〇〇菌がうつる」とか、席替えで隣になった女子が机を離すとかは日常茶飯事)、こちらも腹が立ってよく喧嘩を吹っかけていた。今思うと馬鹿であるが。女子というものは口達者で、特にそういうところが嫌いだった。女性なんて信用してなるものか、女性というのは陰湿で口達者で陰険で裏表のある連中だ、と子供心に思った。

無事志望校合格して中学生になった。この頃からコミュ障を発揮し始める。元々喧嘩を売るしかコミュニケーションの取り方を知らないのだから仕方がないのかも知れない。人との距離の取り方が分からない。友達が出来なかったわけではないが、そんなに多くはなかったと思う。この頃ラノベにハマる。オタク路線まっしぐらである…かと思いきや、意外とドライであった。色んなラノベ漫画を読むのではあるが、一つの作品キャラにどっぷりハマることは無かった。グッズなどはあまり買わなかった。

相変わらずゲームが好きだったし、その事で母と揉めていたのも相変わらずである。ただ、褒められる機会は減ったような気がする。相対的に怒られることが増えた。この頃になると、私にとっての母の印象はただ怒る人になってきていた。

この頃「うごメモ」に出会う。当時DSiパラパラマンガアニメーションを作れるソフト配信されていたのだか、これが使いこなすと結構クオリティの物が作れる。これをインターネット投稿出来るのだ。凝り性な私が作ったうごメモ一定の評価を得た。そのジャンルではそこそこ名の知れたという程度の作者にはなった。どハマりしたのは言うまでもない。やはりそこでも母との対立であるクオリティの高い作品を作りたいのに、時間制限(しかもかなり短い)を課してくる母が憎かったのは覚えている。

まりにやめようとしなかったので、ついにそのDSi永遠に没収された。突然の引退である。同時にゲーム禁止令を出され、これが4年間続くことになる。うごメモ続けたかったのに。

一方で生活面ではさながら幼稚園児かというレベルでの親への甘えっぷりが続いていた。至れり尽くせりである。何でも母がやってくれるのである。この頃から生活面での親へ依存から全く抜けられていない。要するに親離れ出来ていないのだ。この時点で母も対策すべきだ思うが、甘やかしてこのまま放置されていた。

中2のとき初恋をした。クラスの中でもかなり可愛い子であり、要するに私は面喰いだったわけである。先述の女性不信の癖に、「この子だけは純粋無垢で優しくて大丈夫」とかい根拠の無い自信があった。ハマるととことんハマって思い通りにならないと嫌な我の強い性格がここにも発揮されたのか、とにかく追いかけ回す、その勢いまさにストーカーと言っても差し支えない。当然嫌われる。だが、その子は優しいので直接的に迷惑と言わない。告白してもフられるものの、嫌いだとハッキリ言わない。そういうわけなので、私は「ワンチャンある」と3年間くらい信じ続けるハメになるのだ。

そのくせ、何故か他の女の子にもアタックした。いや、アタックしたというか、ただ手当りしだいに告白してただけである。その人数たるや7人である。たぶん誰でも良かったんだと思う。誰でもいいから、異性に好かれたかったのだ。女性不信のくせに。結果は全滅である。当然といえば当然。まあ仲のいい女子なんてひとりも居なかった。関わる機会が無かったわけではないはずなのだが…部活女子の方が多いのだが、部のほかの男子女子と仲いい癖に私はなんとなくその輪の外にいたような感じだった。私だって女子と仲良くしたかったのに。ずっと決まった男子とつるんでいた。間違いなくスクールカースト下層だった。

こういう学校のことは、親にはあまりさなくなっていた。なんだか恥ずかしいのである。なんというか、学校生活、つまり小学校より成長した感じを両親に見せたくない。ずっと小学生のままで居たいような感覚である。要するに甘えてるのだ。この期に及んで。一丁前に恋なんかしてる姿なぞ死んでも見せたくなかった。

高校でもこんな感じである。この頃にはすっかり物事に対するやる気というものをなくし、宿題すらやらなくなって行った。学校に行ってる間は授業はそこそこ真面目に受けるのだが(人並みである)、自宅では全く勉強しない。面倒くさいし、自主的勉強してる姿を親に見られるのが何より気持ちいからだ。

まあ、塾に行っていたのと、学校での授業はそこそこ真面目に聞いていたお陰で、わりといい大学には合格したのだが、自習はほぼ全くしていない。勉強する習慣も皆無である部活も、文化部ではあったが、練習は真面目にやらなかった。努力らしい努力をしてない。この頃にはもう何かを頑張ると言うことをほぼしなくなっていた。何故だろうか…。

ずっと家でこっそり買ったゲームをしたりとかしていた。

そういえば中高生とき携帯スマホの類は親が買ってくれなかった。理由は明白である。まずゲームの件があるから電子機器を与えるのはまずいし、トラブルを引き起こすことも多くメールなどさせたくなかったのだ。一方私としてはそういう電話とかメールとかLINEかいう繋がりから自分が疎外されているのが嫌で、またそれが原因で輪に入れないのが嫌でやはり抗議した。そして親子での衝突は絶えなかった。

そして大学一人暮らしである

親に甘え続けスネをかじり続けた結果、ろくに身の回りのこともしないクズ大学生の出来上がりである。面倒くさいので次第に出席すらしなくなり、面倒くさいのでテスト勉強はせず、部屋の片付けもせず、洗濯は週1回、辛うじて風呂にだけは入るという堕落しきった生活である自炊などもってのほか仕送りは遊ぶ金(しかも大概一人で遊ぶのである友達もほぼ居ない)に消える。自分自身酷いと思う。

少しは書いたが、高校までの私の親に甘えきった生活も改めて書くと、

着ていた服を洗濯機に入れるなどせずに脱ぎ散らかす

食べ終わった食器放置

偏食が激しく母にはわざわざ別メニューを作ってもらう

部屋の片付けも母担当、の癖に母の片付けにいちいち文句を言う

風呂入る順番と時間文句を言う(入りたい時間に、1番目に入りたいのである)

などなどまあ酷いものである。下二つは文句を言って結局喧嘩になるのだが上三つは本当にそうであったのだ。ちなみに偏食の件、最初は本当に偏食であったのだが今は大体の場合「親の前でだけ食べられない」感じである。親がいないと普通に食べるものも多い。

まりに酷いので私自身が高二あたりの時に「小さい頃甘やかしすぎたからこうなった」みたいな事を親に言ったら「私の育て方は間違ってない、あんたが勝手にそんなクズになっただけだろ」と言われた。でも親に甘えちゃうから自分から直す気がないあたりが私のクズっぷりである喧嘩ばかりしてきているし親は嫌いだ。でも親に依存している。

最近は「努力ができたらなあ」と切に思う。目標があっても、そのためになにもしないので何も変わらない。面倒くさいからだ。何か行動を起こし継続して努力出来れば、とよく思う。でもできない。自分の好きなことにすら努力出来ない。

ただ、人にちやほやされたいだけ。承認欲求の塊である過去孤独からだろうか?親の愛情は少なくとも幼少期はたっぷりに受けてきたはずだ。自分に自信が無い。どうしてだろうか。虚栄心ばかりだ。まるで山月記の李徴である。臆病な自尊心尊大羞恥心の獣である。変なプライドだけはある。

さて、どうしようか。

2016-11-23

増田の長文が好きだ

あの意味のない長いだけの長文が、あの意味ありそうで意味のない長文が好きだ。

俺も増田に長文を書くため、はてなユーザー登録した。

うごメモブームだった頃にも登録していなかったはてなに、増田のために登録した。

今はまだ短文だけど、がんばって長文を書いていきたい。

長文を書くぞ。がんばって長文を書くぞ。

もしくは内部告発するぞ。

はてブはまだ使わないでいよう。

2016-06-02

はてなユーザーの一日

B!KUMAガールズ達とはてなランド暮らしていたら、無数のモノリスが飛来してくる夢で目が覚める。

<script>「こんにちはこんにちは!」</script>、そうはてなハイクにつぶやいた。今日セキュリティは万全だ。

Rimoを見ながら朝食を取る。リングドーナツいわし、それとエスPresso。いつもの定番メニュー

腹を壊した。トイレに駆け込み大チェッカー脱糞ネタ増田投稿

仕事開始。はてなロクロに向かう。うちの家計うごメモHatenarとして活動する息子のスター収入依存している。私も頑張らねば。はてなキーワードRSSで旬の話題アンテナを張り、はてなwordlinkで発想力を鍛える。

集中が途切れてきた。がんばる私に、ちょっと一息。外出する。私の世界はてなワールド。平面で無機質なところが気に入っている。

ぺらぺらのしなもんの皮をかぶったjkondoが何か話している。

浜辺には大量のボトルが流れ着いていた。

帰宅。「One,One」久しぶりに飼い犬が戻っていた。無数の犬小屋転移しているらしい。

はてなグラフをチェック。はてな株の含み損最近心が苦しい。人力検索質問する。 QuyoQuyoせず運動瞑想を行うとよいとのこと。

仕事再開。依頼された記事を、同じセリフをコピィして次々とブックマーク増田スパム投稿

そのたびに、私のココロは死んでいく。生きていくため、長いものにはMackerel、そう決めたのに。

夕食にはてなグリースモンキー脳みそをすすった後、プロフィールアイコンを変更する。いつまでたっても反映されず、死を考える。「死ねばいいのに」余っていたはてなポイントをフレンドに送信

今日終了するカウント。私の人生 000日

私はブコメ非表示にすると、はてなTシャツを引き裂いて作った輪をぶらさげて、そこに首を入れた。

2015-05-29

http://anond.hatelabo.jp/20150529120610

× ブクマをたくさんしている人が有利

△ ハイクでたくさん書いている人が有利

○ うごメモでたくさん描いていた人が有利

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん