「美容整形」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 美容整形とは

2017-06-09

主人公権力側のアニメラノベばかりが人気な気がする

レポートなど作業をしている時にアニメなどを垂れ流している。

そうすると、何となく最近アニメというのは主人公権力側にいるのではないかと感じてしまう。

こういう作品消費者に向けて作られている。

まり、今の若者物事の考え方というのが反映されていそうだ。

権力を盲信して、気持ちよくなる。

あぁ、今の若者ではないか

内容的に反権力作品を作るというのは難しいというのもあるのかもしれない。

とりあえず、作り手は戦中のように国家による検閲があるわけでもなく、統制経済下でフィルムを入手するために忖度する必要もないのは確かだ。

自発的権力服従してしまっては将来的にも良くない気がしてならない。

レポートを書き終えて、就職活動云々が来年に迫っていることを深く考える。

慶応に行った顔のかわいい高校の時の同級生は楽して会社に入るのだろうとか思ってしまう。

権力ペットとして楽しく生きてゆける羨ましさが込み上げてくる。

あぁ、彼女時代に上手く適合できる可愛い犬だ。

自分は良くなるか分からない容姿をマシにするために美容整形外科HPを見る。

そして、深いニキビ跡やらを見てどうにもならないのだろうぼやくのだ。

2017-05-23

右傾化は顔が良くて優しい女の子解決しそうだ

世の中が右傾化していると言われている。

自分金曜日に、京都から国会前のデモに行ったのだが良かったと思っている。

右傾化の原因と言うものは、未だに明確な答えが出ていない。

しかし、たしかに言えることはリベラルな可愛くて優しい女の子セックスさせて貰って、自分を労ってくれたら誰だってリベラルになりそうだ。

結局、左傾化させるにはカネと見てくれの良い女から承認だったりするのではないかという結論が出てくるものだ。

しかし、このような個人個人問題ほど救いのないものはない。

自分美容整形外科HPを黙ってみるのだ。

2017-05-09

http://anond.hatelabo.jp/20170509150006

韓国美容整形アゴの形が治ってるけどアレはどこを切ってるんだろう…

2017-04-10

美容整形に失敗したのでブスの先輩方宜しくお願いしま

タイトルの通り美容整形に失敗した、今回の手術で4度目だった。

フェイク等入れてもこの世の終わりのようなブスである私に関心は集まらないので全てありのままで書かせてもらう。

私は21歳の女性関東に住んでいる。

18歳の時に受けた二重の埋没からまり二重切開目頭切開目尻切開グラマラスライン眼瞼下垂術涙袋形成、小鼻縮小鼻中隔延長プロテーゼ挿入、エラボトックス唇顎ヒアルロン酸豊胸リフトアップ等を3年ほどで行ってきた。

これらの整形費用は親又は水商売パパ活やら愛人やら所謂売女から捻出してきた。

元々幼い頃から普通の顔立ちであり、特にブスでも美人でもなかった。まぁ見られるしヤレる顔であったためそれなりに青春謳歌水商売世界へ飛び込んだ。

美容整形は当時働いていたお店で当たり前のように行われており同僚や上司に勧められ行った。術中の麻酔の痛みに驚き、術後ダウンタイム中の顔の腫れに驚きながらも3週間もすれば新しい自分の顔に私は喜んだ。

すごく綺麗になった気がする、化粧もアイプチもいらないし楽になった。何より周りの反応が変わった。今までどこにでもいる代わりのきく女だった私が、少し綺麗目な女へ変化することで男は持て囃し水商売ノルマを達成するのが楽になった。

一度甘いものを知ると辞められないのが人間である水商売給料突っ込み暇さえあれば美容整形カウンセリングに通う日々。仕事手術ダウンタイムを繰り返しいつの間にか費やしたお金は3桁を優に超えていた。

そして私は、美容整形をする度する度に綺麗になれる!もっともっと綺麗になりたい!チヤホヤされたい!楽にお金を稼ぎたい!だから美容整形をどんどん行おう!と言う頭の悪い方程式見出していた。


本題に戻ろう、鼻下縮小術というものがある。人中短縮術とも呼ばれている。術式は各々検索してもらいたいが、この手術はダウンタイムが長く、かつ跡の残りやすい手術であった。今年の1月に私はこの手術を希望した。すると担当医は「この手術はお勧めできない、傷も残るし唇が引き上げられるため顔のバランスも変わる、あなたには似合わないと思う」と苦言を呈したため、頭の悪い方程式女は今まで自分の顔の面倒を見てくれた担当医を捨て別の某クリニックでカウンセリング、手術を行った。

ダウンタイムは今まで行った手術の中ではかなり辛かった。

食べ物が上手く食べられない、笑えない、ストロー使用すると激痛がはしる。何より鼻の下の傷がかなり目立つ。

しかしダウンタイム我慢の時である、今まで馬鹿みたいに手術を受けていた私はこれを乗り越え抜糸を行ない約2ヶ月ほどが経過した。

この鼻下縮小術施術前はそれなりにちやほやされ、美人美人だ、やれ菜々緒似だの桐谷美玲似だの持て囃され、服を買いに行けば店員タレントさんですよねと言われるレベルだった私が、今までどんな美容整形を行っても盲目的に綺麗になっていると感じていた私が、施術後に鏡を見て感じたことは、なんだこの猿顔、ということであった。

容赦無く主張する鼻下の傷、横に広がり潰れた小鼻、歯茎が見えるだらしなく締まりのない口元、縦に長く大きい上唇。

顔の下半分が大変なことになっていた。猿顔の類人猿ブスになっていた。

暫くの間は自分の顔を受け入れられなかった、まだダウンタイム中だからきっとこれから元の綺麗な顔へ戻っていく、と自分に言い聞かせ愛犬とスノウ自撮りしていた。現実逃避である

結局今現在も顔は類人猿ブスのまま元に戻らなかったため仕事を辞め実家に引きこもっている。親に会うときマスクをしている、食事は自室でとっている。

今までこんなにブスだった時期がないからどうしていいのかわからない。街を歩いていて目線をそらされることがなかったからどうしていいのかわからない。

美人から何をしても許されると思っていた、現に許されていた。どうしよう、今後一生この顔で生きていかなきゃならないのか。自業自得ではあるが、今までなら視界にも入らなかったレベルのブスとして生きていける自信がない。

こんな手術しなきゃよかった。美容整形をして唯一学んだことはこの世の中は容姿至上主義である特に女性は。そんな世界からこそ私は整形を重ねていたのにブスになるなんて笑えない。でも美容整形は辞められなかった。痛みや辛さ、高額な費用を工面してまでも美容整形を繰り返したのは一度味わうと忘れられないあのちやほやされること、男どもの私を見る視線、女どもの私を見る視線、圧倒的な万能感であった。

なんで城ヶ崎さんになりたかったのにお金を払ってはまじにならなくちゃいけないんだ。友達彼氏にも会えない。ブスってこんなに辛いのか、ブスは何を楽しみにして生きているんだ。

今日から私もブスの仲間入りですので先輩方教えて下さい。長所マスクさえつければ美人です。若輩者ですが宜しくお願いします。

最後

美人な方や美容整形を今後検討されている方、美容整形がやめられない方はどんどん身を粉にしてお金をかけて美容整形して下さいね。いつか取り返しのつかないことになりますから。私は自分よりブスが増えること、私と同じ悲劇が繰り返されることを祈っています

2017-04-07

みんな自由が嫌いなのかもしれない

イギリスで胃を痛めて1ヶ月以上が経過しているはずなのに、未だに痛みが引かない。

痛いのに、大学の授業は始まるので仕方なく新幹線京都の3流大学底辺学部に向かう。

大学に行くと、自分政治への関心が薄まった気がした。

というのも、東京では政治的関心が大いにあったのだ。

色々と書籍も読んでいた。

自分たちから自由が無くなりそうな気配をとても心配していた。

しかし、頭の悪い大学では女やらが自己実現の為に化粧をしてセックスアピール必死だ。

男はやることしか考えていない。

その様を見て、こいつらは所詮セックス就職のことだけしか考えていないのだと気付いて呆れる。

そして、己の容姿の醜さで胸が締め付けられる。

自分自由になれないと。

ますます自分自由はなくなりそうだ

毎年、春に大学に行くと容姿がいい人間が増えているように感じる。

恋愛主義やらによる淘汰の結果なのだろうか。

自分ますます、苦しくなるのだろう。

容姿就活が全てで、みんな政治なんか興味が無いのだろう。

いや、本来思想やら内心の自由に興味がない。

村で一番になろうとすることしか考えていない。

いや、それが彼ら、私の自由への最短なのだ

自由になるためにはセックスアピール必要なのだ

そして、他人自由が嫌いだ。

美容整形をするには足りる額が口座にあるが、そもそも相談サイト医者が匙を投げるような酷く深い大量のニキビ跡がよくなりそうもない。

また、そもそも顔が大きく、持病で免疫抑制剤を飲んでいる。

政治的無関心自分権利が狭められようとしても平気な見てくれの良い人間を見ると絶望してしまう。

2017-03-30

現代アートって知的アピールをするものになっている気がする

未だに胃がひどく痛む。胃腸炎大学単位を落とさせようとしている。

元はと言えば、イギリスに豚みたいな顔をしたネトウヨイギリスに行ったことである

自分ロンドンでの1日を吐き気我慢しながら、テートモダンかい現代美術館で過ごした。

見応えがあったといえばあった気がする。

しかし、ラウシェンバーグやらは胃の痛みで上書きされてしまっているようだ。

結局、日本人女子大学生のグループが造形を見て「意識たかそうなのが好みそう」とか言っているのが記憶ほとんどだ。

ポロックモンドリアンなんかより、日本人の言ってしまえばクソな言葉記憶に残ったのか。

一つは、日本人女子大生の高度な被服や化粧のテクニックが異国の地で浮き上がり一種コンセプチュアルアートになったのかもしれない。

現代美術というものは、別に好きな奴が好きと言ってりゃいいものだ。

しかし、何というか知的アピール材料となっているのではないか

現代美術に高額な値札が貼られる時代だ。

そんな中で、「バカ」作品文脈理解できないなかで「自分」が理解出来ると差別化しようとする人間が出てきてもおかしくない。

ヒトラー革新的な絵を嫌ったのを基にして、革新的ものが好きだとアピールしていることが一つの「分かっている」になるのではないか

まぁ、別に好きな奴が見ればいい。

ご注文はうさぎですか?」が好きならそれでいいし、嫌いでも何も悪くないのと同じだ。

それだけのことである

ただ、自分女子大生言葉に対してもう一つ思ったことがある。

彼女言葉や行動、姿が全てなのかもしれないということだ。

皆で馴れ合い容姿を磨いて、楽しく過ごすべきなのだ

自分だってなんだかんだわからないのだ。高尚なものなんか理解できない。

自分は俗な人間だ。

容姿がよくなって楽しく過ごしたいだけなのかもしれないと胃を抱えて思う。

腎臓の持病で現状できそうにない美容整形やらに期待せざるえない。

ひどく深いにきび跡やらが大量にある大きな顔を見ていると胃痛がひどくなる。

そして、美容整形といえば現代美術ではオルランかいう人がいたのを思い出す。

2017-02-28

趣味も考えも合わない人間イギリスに行った

二週間ほどイギリスに行ってきた。

久々の海外であり、初ヨーロッパであった。

寒かったし、水も油も体に合わずに帰りの飛行機嘔吐しっぱなしで素敵とは言えない。

旅を共にしたのは高校時代に仕方なく一緒にいた豚みたいな顔をしたネトウヨ批判するネトウヨである

彼とは趣味も考えも微塵も合わず自分から話して口論になったり別行動が多くなった。

旅程の都合で彼と戦車博物館に行った時は、苦痛だった。

彼の趣味で行ったのだが破壊兵器戦車が好きではないし、そんなもののために田舎に連れてこられて疲れていたのだ。

実際に乗ればいいじゃんと彼に言うとそれは違うといい、それなのに戦争万歳的な考えであるのに呆れた。

他にも女王陛下が乗っていた船やらの見学の時には、立憲君主制を維持するか云々で口論になる。

システムを持たせるために云々という。

正直顔が悪くてマクロ的なものに走るものほど虚しいものはない。

一番呆れたのは、ホテル野党は緊縮がーとか言い始めた時だった。

彼は財政緊縮意味はあまりわかってなさそうだし、大好きな党が何をやっているか直視していない。

結局は自民党が好きで、あれこれ理由をつけていたとしか思えない。

肉屋を支持する豚である

最終的には、食事をしているところが家畜食事をとっているようにしか見えなくて不快であった。

なぜ、自分がこんなに考えが合わないやつと旅行に行ったかといえば、自分の顔がひどく醜いからだろう。

容姿が悪いもの同士でいるだけなのだ

自分が顔がよければ、こんなやつと旅行に行かないで済んだし自分もっと楽しく過ごせるのだろう。

お顔がよく生まれマナカちゃんは慶応大学に通いながら自己実現に専念してペニスをしゃぶり楽しく過ごせたりするのだろう。

あぁ、自分も顔がよくなりたい。

美容整形外科では自分免疫抑制剤を飲んでいるという理由から断られた。

もう、彼とは連絡を取ることはないだろう。

2017-02-14

地方から鈍行で美容整形の為に上京している道中で

Amazonで数十円で買ったフランツカフカの「変身」を読んで行ったんだけど、我ながら体を張ったシュールギャグだったと思う。

みんなに言いたいけど言えないのでここに書く。

2017-02-04

政治運動よりも整形をしたほうが幸せになれる

政治運動をするよりも美容整形でもしたほうが幸せになれる。

政治というものに一々気にするよりも、自己実現をしたほうが正直幸せになれる。

おそらく、負けている人間政治と言うものを気にするのだろう。

高校の時、同級生だったマナちゃんやらは綺麗な顔をしていて慶應義塾大学にご進学された。

風の噂に聞く限りは、大変楽しく大学生活を送っていらっしゃるようだ。

彼女たちは結局のところ、権力という肉棒をしゃぶって上手く立ち回るのだろう。

そして、最終的に政治世間というのは日頃から政治活動を行っている人間よりも、彼女たちの為に動く。

政治世間というもの若い女やら見てくれの良い物に正義感を発揮するのだ。

政治活動よりも整形でもして、楽しく毎日を過ごし、必要ときバンザイした方がいいのだろう。

そっちのほうが楽しくなれそうだ。

2017-02-01

ネット現実解決策ではなくて説教が多い

最近は、如何にもな解決策ではない説教が溢れている。

どれも、大抵は読んでいたら腹がたってくるものだ。

ごく稀に素晴らしいと感じるものがあるが、大体はクソな説教ポエムだったりする。

そんなものは、自分はいらない。

多くの人間がいらないことは、テレビでもネットでもわかるのだ。

人々の強烈な体験からくる叫びが聞こえてくる。

そんな声から解決策を希っているのがわかる。

自分が感じたことも、誰かが感じたことも他人説教で何かなるほどのものではない。

体験は強烈なのだ

街中で、iPhoneから目を離すと美男美女の楽しそうなカップルが闊歩しており、自分グロテスクな顔がウィンドウや防犯用の鏡に映る。

何かに組み込まれた美しさという概念が呼び起こされ、自分が醜いということを理解させられる。

そして、息苦しくなる。

ウェブでも現実でも説教でどうにかなることではないのだろう。

持病のために服用している免疫抑制剤のために美容整形を断られた。

自分容姿をマシにする方法を探している。

自分の内側から、この見てくれが苦しいという叫びが聞こえる。

2017-01-17

顔に怪我をした

酔ってすっ転んで顔が血まみれになった。傷が残りそう。嫁入り前なのにどうしよう。美容整形とか数十万かかるぽいし。傷跡残らない治し方~

2017-01-12

知識なんか要らない

自分は大抵の知識不要だと思っている。

上手く大学入試に通り過ぎて、難易度の高い大学に入ることが大切なのだ

そして、他者よりも良い立場について優越感を得るのがいいのだ。

別に知識が何か役に立つというよりも大学に入ることだろう。

慶応大学にご進学された、高校の時の同級生の顔が可愛い女の子幸せなのだろう。

知識というのは大抵の場合、多くの人間にとって不要だし、彼女たちにだって不要だ。

ペニスでもしゃぶったり、キレイに立ち回ったりして上手くこなすのだ。

一番大切なのは容姿よく生まれことなのだろう。

自分は頭が悪くて、大した三流大学の四流学部しか入学できなかったが自分は益々知識など要らないと感じることが多い。

結局は、ウェイウェイして楽しく過ごせることが大切なのだ

それはお顔がよく生まれることが必須だ。

別に高江でヘリポート建設されようが、人々の自由が狭められそうな状態でも彼らは楽しそうだ。

別に同級生の女や彼らは上手く立ち回れるから良いのだろう。

自分だってそうなりたい。

自分容姿が心底醜いから、世間からサンドバッグにされたり濡衣を着せられるリスクが高い。

そして、孤独だし惨めである

知識もどきをつけて、なんとかしようとしている。

それはとても虚しいし、容姿がよくなりたいと欲するのだ。

持病の治療薬で酷いニキビ跡やらがついて、美容整形外科では服用している免疫抑制剤で断られた。

自分は虚しくニュースでも見て、見てくれの良い人間を見て泣く。

2017-01-07

消費者が賢くなりすぎた

実家本棚を整理しているとバブルの時の雑誌やらが出て来る。

残り香がある90年代のものもドサドサ出て来る。

果たして、今のような現状は見えてきたのだろうか。

金融情報産業が拡大して、効率化を重視した世の中になりエゲツない時代になるとは思ってはいなかっただろう。

今の求人というのは、まぁ福祉や小売のような労働集約産業人手不足で増えているだけな気もしなくない。

貧乏になったのか、原理主義も台頭している。

格差は広がる。

バブル本棚を漁ると、まぁ品がない感じがする。

あんまり考えていない感じがなんとも言えない。

ただ、現代情報化社会において様々な情報に振り回される消費が楽しいのかというのも考えものである

モノを買う前に情報集めが必須であり、間違えることができない。

それはあまり良いことではない気もしなくないのだ。

現代は皆が賢くなりすぎた。

その割には、憲法改正やらといった大きな問題はどうでもよく如何に個人がうまくやるかばかりを考えるから酷い。

そんなこんなで、大変な状況になっている気もしなくない。

そして、科学技術やらも行き詰まり下品さもなくて気持ち悪いものけが残ったような面もあるのだろう。

ただ、自分の持病の治療法は2010年代くらいにマシになり始めてきた。

それを考えると今生まれ比較的マシなのだろう。

持病の薬やらの副作用で酷いニキビ跡やらで酷く、プロポーションも最悪な顔でかである自分はどう生きていけば幸せになれるか分からない。

服用している免疫抑制剤理由美容整形外科から断られたりもした。

しかし、薬を切ることができる可能性もでてきた。

自分の見てくれも未来、世の中もよくなると信じたい。

2017-01-06

貧富の格差より深刻な愛の格差

世間というのは、経済格差については比較的深刻に論ずる。

確かに、経済格差というのは非常に深刻な問題であるし、それすら解決できないのかということである

しかし、国を変えれば格差が少なくなるなどと言った個人による自由がまだある。

別に貧困に苦しむ人間自己責任ではなく、周りもどうにかこうにか出来るという選択が必ずある。

しかし、誰かに愛されるという格差というのはどうなのだろうか。

現代において、愛する対象というのは自由である

誰がどのくらい愛されるかという格差が当然出てくる。

最近、笑ってしまうくらい格差が反映されたものと言えば某広告代理店に勤めていた高学歴で見てくれが良い若い女が自殺したということへの世間の反応である

高齢者や男が自殺しても大抵の人間は気にも留めない。

それなのに、この見てくれが良い若い女には皆が妙な正義感を発揮している。

この女性の件で、悲しみ物事を考えているのでは世の中は良くならないのだろう。

大企業富裕層に金を流して、ボトムまで潤わせようとしたトリクルダウンと同じである

結局、上層部が肥え太っただけで終わったが愛の格差だって同じである

大抵、優しくしたい人間は誰かも優しくしたい。

愛の格差というのは大体は性別容姿で決まるというのが自分経験だ。

自分の通う大学でも一生懸命に愛を得ようとしている。

恐らく、愛の格差社会で勝てれば自由制限されても平気なのかもしれない。

憲法改正やら共謀罪なんかどうでもいい。

自分は愛の格差社会で敗北している。

持病の薬の副作用で肌がニキビ跡だらけだ。

そして、顔が大きかったりとプロポーションが悪く醜い。

どうすればいいのか。一生底辺でいろということなのだろうか。

美容整形外科に行けば、服用している免疫抑制剤のために断られる。

愛の格差というものには絶望するだけなのだろう。

ただ、免疫抑制剤をなくすことが可能かもしれないという。

あぁ、愛の格差社会で勝ちたいのだ。

2016-12-22

勝ち組政治に関心なんか持たない

多くの人は格差が拡大しても、自由権利に制約がかかっても平気なのかもしれない。

現在内閣支持率を見ても非常に高い水準である

投票率が低いが、若者の多くは自民党を支持しているようだ。

そして、大学を見回しても大抵は如何に自分勝ち組になるかというのを気にしている。

頭の悪い大学学生なりに如何に上層に気に入られるかというのばかり考えている。

バカそうな女は化粧と男から食事を奢ってもらうことや取り繕って公務員試験やら銀行やらを受けるのだ。

より見てくれが良けりゃ、マスコミに入りたくてミスコンやらに出場して様々なところから肯定を受けるのだろう。

見てくれが良ければ大抵楽しんでいる。

政治経済なんか気にしない。

いや、彼らが政治を気にしたところで現状肯定で碌でもない選択をするだろう。

からそのままでいい。

ただ、野党候補が素晴らしいかと言うとそんなことはない。

恋愛格差というものにおいて勝ち組シングルマザーに有利な政策を訴えても響かない。

しかしたら、多くの人間経済格差なんかよりも恋愛格差というものを感じているのかもしれない。

から野党も大した争点を打ち出せないのだ。

恋愛格差というものは、政治では解決できないしシングルマザー勝ち組となったり複雑である

大抵の問題容姿だろうから、もはや政治経済ではないのかもしれない。

原子力発電所を止めても、札を刷りまくる経済政策をやめても容姿は良くならないのだ。

そして、自分もなぜこんなにも不自由を感じるかと言えば容姿が醜いからだ。

正直、政治経済に興味を持っても自分の持病の薬に副作用で出来た酷いニキビ跡やら汚い容姿はどうにもならないのだろう。

見てくれの良い輩との格差は縮まらないのだろう。

とりあえず、現在服用している免疫抑制剤理由美容整形外科から断られたが可能なところを探していくつもりだ。

ディストピア小説でも、現代日本の状況を言い表せている作品はない。

あったら教えて欲しい。

2016-12-20

リベラル寄りだけど女に厳しい」と言われた

友人から「お前ってリベラルっぽいけど女には厳しいよな」と言われた。

自分は日頃から右や左は特別意識したことはほぼない。

ただ、まぁ沖縄基地というのは無くなるべきだと思っているし安保法制に対しても反対である

格差の拡大に対しても、食い止めるべきであると思っている。

最近は、某公共放送奨学金生活費が僅かである人間がいるということを偉そうに報じていることに腹が立っている。

まぁ、自分に何か災難があったというのをご賢察いただければ結構だがオカシイものはオカシイ

貧困に対して同情しているように見せかけて、貧しい人々から受信料を掠め取る。

そして、職員が高給を貰って貴族っぷりを満喫しているのだ。

まぁ、革新よりではあるのだろう。

最近はバーニーサダースの「Our Revolution」を読んでいるのもあるだろう。

そして、自分は女に厳しくしているというわけではない。

あくまでも見てくれがよく特権階級に属しているような輩が気に入らないだけである

それが女性に厳しく見える原因なのかもしれない。

リベラル的だろうが保守的であろうが、容姿がいい人間が得するもの基本的に反対である

自分容姿が醜いのだ。

持病の治療の薬の副作用で酷いニキビ痕が顔中にある。

えぐれてたり、深い穴が大量にあり、綺麗な肌を見ると泣きだしそうになる。

他にも全体的に汚い。

マシにしようと美容整形外科相談したら、今現在服用している免疫抑制剤で断られる。

いつも、自分政治の考えというのは容姿リンクしているのかもしれない。

あぁ、政治容姿はどうにかならないのだろう。

そして、見てくれがいい自分大学の輩は本なんか読まないし順調に楽しく生きるのだ。

とにかく容姿がよくなりたい。

どうすればいいのかわからない。

2016-12-17

女性容姿だけで価値が決まる社会

私の学生時代の頃を、ふと思い出した。

もう16年程前になる。

心の底に蓋をして閉まってあった、古い心の傷が、ようやく今になって癒えてきたみたいだ。

匿名blogにやっと言葉にして話せる時がきたみたい。

私の学生時代は、(男性からの)女性への容姿差別が酷い時代で、ブスだと壮絶に苛められた。

ブスは女性ではない。ブスはブスで、人間としての扱いはなかった。

その時代はまた、整形手術が大ブームになった時代で、

私はブスを理由の苛めで悩み、リストカットを繰り返していた。なので醜形恐怖の苦しさから逃げるようにしてプチ整形を行った。

当時は、整形した人間犯罪者のような言われようだったので、後ろめたい感情の伴う勇気がいる行動だった。

だけど、リスクカットを繰り返す辛さと比べたら、たいした勇気必要なかった。

学生時代だったので、バレる人にはバレていたのだろうけど、

今思うと、思いきった行動への感覚というのは、虐めという日常の中では麻痺していたのだと思う。

整形は傷が残ってしまって、それもショックで、私の人生は終わったと思った。

多くの女性は、この時代プチ整形など

行ったのではないか?と私は思っている。その当時、美容整形外科は大もうけをしていたから。

そして、その後、数年してから、ある話題が起きた。

整形を隠して結婚した妻に、慰謝料請求して離婚する事ができるか?という裁判が起こったのだ。

判決は、"慰謝料請求して離婚できる"だった。

通常、整形というのは心の傷と密接に繋がっているので簡単カミングアウトできるものではない。辛い過去で蓋をしているトラウマから

整形のカミングアウトは、怖くて言えない。ブスだと差別される恐怖と、犯罪者としての非難ダブルでされることになってしまうから

私の、結婚への願望は完全になくなってしまった。

私のように秘密を抱えている女性は世の中に多いと思う。

けれど、整形の問題がなくても、社会に出てから男性の心の醜さにはうんざりしてるので、結婚はできなかったと思う。

男性既得権の死守の為に、女性への差別差別差別連続だ。

本当に醜い。頭の中にあるのは、女金名誉面子。心の成長が小学生で止まっている男性ほとんどだ。

40~50代の年齢になっても女性内面では見れず、容姿しか判断できないのだ。

そんな段階は女性1020代卒業している。

顔だけではなく、胸が大きい小さい、形がどうだこうだともよく言っていた。

私の人生計画は、結婚する気はいっさいなく、社会で自立して女一人で生きるつもりだった。

小学生レベル精神年齢なのに、経済力があるというだけで男が上というのは、

私の性格では我慢できなかった。

けれど、社会進出を望んだけれど

ガラス天井があまりにも強固で突き破れそうにない…。

女性差別発言を息をするように吐く男性に、正直、強烈な憎悪を抱いてしまう。同じ空気を吸うのも我慢できない。

胸をかきむしりたくなるほど、憎さで気が狂いそうになる。だから気軽に差別発言をするのを本当にやめて欲しいと思う。

2016-12-15

http://anond.hatelabo.jp/20161215011703

「持病の副作用」って意味不明だなあ。

免疫抑制剤って、ネオーラル?

ネオーラル飲んでると美容整形できないの?

知人の女性免疫抑制剤服用中は妊娠できないからっていって自己判断で服薬中断してたな(良い子は真似してはいけない)。

その人はたまたまそれで何も起こらずに、そのあと妊娠出産、今も免疫抑制剤は服薬していないけれど。

自己判断で服薬中断って決して褒められたことではないけど、目標を定めて一直線に行動する力はすごいなと思った。

友人が告白されたらしく激しい怒りが湧いてくる

エロゲー好きなネトウヨの友人から、去年くらいに大学の女に告白されたという話を聞いた。

色々と考えてしまい今現在NHK放送している極東軍事裁判について永遠と話し続けた。

自分の心の中は怒りが湧き上がっていた。

仕方がないし、やることもないかマルクス関係の本を読んでいる。

自分経済が好きだし、その関係学部に行くべきだったと感じて後悔する。

通う大学レベルが低いからか、みんな性的闘争に励んでいる。

頭のいい大学でも、やっぱりセックスアピールを励んでいる輩ばかりらしい。

アジア太平洋戦争戦争責任というのに、女性は問われることは無かった。

ただ、次の日本が行う戦争男女平等国民主権であるから女も言い逃れできないはずだ。

まぁ、そんなのどうでもいいのだろう。

以前は戦争が終われば米兵ペニスをしゃぶった。

次も上手いように下半身国際交流やらを駆使して世渡りしていければいいのだろう。

結局、自分政治経済に関心が向かうのは見てくれが悪いかなのだということだ。

自分は持病の治療薬の副作用やらで酷いニキビ跡がへばりついたりと醜い容姿だ。

清潔感以前の問題なのだ

この容姿はどうすればいいのか。

ある美容整形から自分が飲んでいる免疫抑制剤理由に断られた。

自分は苦しんでいる。

格差というのは、資本だけではない。

容姿資本なのだ

どうすればいいのか自分は分からない。

2016-11-23

喜んで資本体制に組み入れられるのが、流行りらしい

ヤマンバギャルとかが流行っていた時代があるそうだ。

自分には分からないが、あれらというのはとてもフェミニズムというか自立性に充ちた自己実現ものなのだろう。

周りに媚びたくないためにやっていたように感じる。

実際はどうなのかわからない。

現在自分は頭の悪い大学に在籍している学生からだ。

そんなとき赤ん坊だった。

とりあえず現代において、頭がスッカラカンな感じの授業中に煩い女たちは自立性がどこまでもなさそうだ。

なんというか、どこか男に媚びているし、資本体制に喜んで組み入れられたがっている。

ペニスのしゃぶり方と、周りから好かれる化粧を大学では学んでいるのだろう。

教習所にいる女子大生らしきやつらもそんな感じだ。

ある映画流行っているが、この糞女たちは次の国民主権の基で行われる戦争にバンザーイして、負けたら自分は悪くないといいそうだ。

アジア太平洋戦争とは違い、次の戦争国民主権男女平等から庶民な女もキチンと責任を問われるが分かっていないのだろう。

まぁ、何を見ても資本体制に取り込まれようとしている人間ばかりである

フェミニズムを叫んでいるウェブ人間というのも、自立とか自由よりも如何に権力に取り込まれ勝ち組になるかというものばかり考えているように見える。

それが現代流行なのだろう。

そして、そんなものが「能力」だとかふざけたようなことを言いやがる輩がいる。

自分も勿論勝ち組になりたい。

鏡を見て、もう勝ち組にはなれないのだろうなということが分かる。

酷く深いニキビ跡やらが大量にベッタリとデカイ顔にへばり付いている。

勝ちたいけれど、勝てなそうだ。

容姿が醜いのだ。

見てくれがいい特権階級を見ると泣き出しそうになる。

自分は、闘いかたを知らない。

持病のために飲んでいる免疫抑制剤美容整形外科には断られた。

本当は容姿が良くなりたいだけなのだ

2016-11-15

金があっても駄目なのだろう

世界がどんどんとプリミティブになっているようだ。

自分教習所での路上教習も補習が追加されてカチきれそうでそれどころではない。

それでもパリは燃えているかが流てきそうな世界情勢であるそうだが、まぁそうなのだろう。

そんな世の中でもっても大事なのは見てくれだろう。

大学の中を見渡せば、そんなのよく分かる。

プリミティブな奴らばかりである

猿山という比喩が一番であるが、アカデミックな感じにプリミティブと言っているだけだ。

どいつもこいつもセックスのことくらいしか考えていなそうだ。

一生懸命、見てくれに拘る。

美容整形外科の付随の美容皮膚科免疫抑制剤を飲んでいるために施術は無理というメールが来たのがまだ響いている。

カネがあっても、たぶん容姿はどうにもならないのだろう。

日頃の猿山やらでの湧きあがる痛みだけが原動力だ。

持病の治療のためについた大量の酷く深いニキビ跡をどうにかするために別の病院やらを巡るのだろう。

2016-11-14

美容整形外科から断られた

朝、ある美容整形外科からメールでのカウンセリングの返事が来ていた。

どうやら、自分は持病のために免疫抑制剤を飲んでいるために施術は出来ないという内容だった。

出来る限り面倒なものは避けたいということなのだろう。

ただ、そんなに問題視されている薬ではないから出来るというマトモそうなところを探すしかないのだろう。

持病の治療のためについた大量の酷く深いニキビ跡をどうにかするのが、大変なのは予測できている。

見てくれが醜いとどうしてこんなにも苦しいのかというのをヒシヒシと感じている。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん