「合唱」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 合唱とは

2017-07-26

ホモソーシャルと言うか

https://anond.hatelabo.jp/20170726161251

結局、女ホイホイ使い捨てにして、愛人セフレ作りまくり妊娠したら中絶させるような連中は偉くて、童貞とか非モテは屑だとかいうのに、その手の男だけじゃなくて、女まで考え染まってるんでしょう。

そういう連中が大合唱して、「責任」を「弱者男性」にだけ押し付けてるんでしょうな。

2017-07-20

わたし峯田和伸さんのファン

朝ドラに峯田が出ている。峯田とは峯田和伸さんのことで、彼はGOING STEADYまたは銀杏BOYZボーカルとして知られている。現在俳優としても活躍し、その活動の幅を広げている。

今期のNHK朝の連続ドラマ小説ひよっこ」で、峯田和伸さんは、消息不明になった父親を追い上京する有村架純さん演じるみね子のおじ、宗男役で出演している。宗男茨城の片田舎マッシュルームヘアーバイクに乗り、ロックンロールをこよなく愛する農家のおじさんで、いつも人を笑わせている。

だがその笑顔の裏には戦争の影が……というキャラクターで、先々週、宗男上京過去がつまびらかになるビートルズ来日編が終わった。わたしはその録画を昨日見終わって、すごくよかったなと思ったので妹にLINEをした。感想を打ち込んでいるうちにわたしは昂ぶってしまい、真っ当な感想からは外れた見当違いな見方をしていることに気づき、はっと我に帰った。

***

時は2005年中学1年生として迎えた冬に銀杏BOYZアルバム君と僕第三次世界大戦恋愛革命」と「DOOR」が同時発売された。

北海道新聞日曜版のCDアルバム売れ筋ランキングの4位と5位にランクインしていて、聞きなれないアーティスト名に、なんだろう?と思った。BOYSではないのか?

それからすぐラジオで「青春時代」が流れだして、彼らが小学生ときに一回だけ聴いたことのあるGOING STEADYであることを知った。お小遣いで急いで「君と僕第三次世界大戦恋愛革命」のほうを買って聴き込み、いたく傾倒し、「DOOR」もそれからちょっとして買った。

当時のわたしは、Mステに出ないようなバンドラジオで聴いてCDを買うことがカッコイイと思っていた。お恥ずかしい話、今もその気持ちはあまり抜けていない。当時全盛だったMDプレイヤーを持っていなかったわたしは、ラジオカセットテーププレイヤーが一緒になったかさばるガジェットを常に持ち歩いていて、銀杏BOYZをいつも聴いていた。

中学生だったということで免じて許してほしいが、当時のわたしにはセックスなどとはいった歌詞が衝撃的だった。というか性とか焦燥感とかみじめな気持ちを歌にして世に出していいとは知らなかった。だから峯田和伸さん、もとい峯田は本当のことを歌っているなという気がして、信じられると思って好きだった。

友達にもたくさん貸したし、カラオケでも歌った。もしタイムマシンがあったら、おいおい、やめてAKBとかにしておけ!と言いに行きたいが、当時のわたしは今よりもなお浅はかだったので、カラオケで皆の前で銀杏BOYZを歌い、セックスなどと口にし、ぐにゃりと曲がったような気まずい空気になるのが好きだった。

***

以前、大学生ときに友人に

カラオケ銀杏BOYZとか歌うの正直やめてほしいんだよね」

と言われた。友人にとっての色々な思い出が詰まったバンドなので、目の前で歌われると複雑な気持ちになると言う。

その時は正直

「は?」

と思った。だが今のわたしもまた、自分よりかわいい女の子の口から銀杏BOYZ」という言葉が出るとムカつくのだった。

肌がきれいだったり目が大きかったり彼氏がいたり毎日充実していそうな自分より幸せそうな女の子が、ひとたびでも峯田と言おうものなら腹がたつ。お前に峯田の何がわかるんじゃい!なんぼのもんじゃい!と思う。何人たりともわたしのまえで銀杏BOYZの話、および峯田の話をしないでほしい。ライブに行った画像をインスタに上げないでほしい。わたしの知る限り峯田のことを一番身近に思っているのはわたしでありたい。そんな自分勝手な思いが溢れて止まらなくなる。

自分でもおかしな考えだということがわかっているので、皆さまにはどうぞ好き勝手銀杏BOYZの話をしていただきライブに行っていただき、インスタに画像を上げていただき朝ドラを見て峯田って人いい演技するな〜!などと思っていただきたいのだが、心の奥底で、やめろ〜〜〜と叫びたがっている卑小な自分がいる。

***

そんな折、先々月の銀杏BOYZライブ東京ロック好きの集まり」に行った。これだけ勝手なことを言っておいて恐縮だが、実は初めてだった。戦争反対ツアー実家の近所のペニーレーン24に来ていたはずだと手元にあるフライヤーにはあるが、当時はまだ室蘭に住んでいた頃だったので行けなかった。それからも本当はちょくちょく札幌に来ていたのかもしれないが行っていない。全裸になり書類送検されたことをヤフーニュースで知ったり気がついたらメンバーが峯田以外全員変わっていたりしたがよく知らない。

わたしのなかでだんだん銀杏BOYZはあまり触れちゃいけない過去へと変わっていて、ライブも気軽に行ける感じではなかったのだ。

ももういい加減成人したし、処女でもないし、峯田は朝ドラに出ているし、いくばくかの郷愁とともに軽い気持ちライブを楽しむことができると信じていた。

***

峯田が出てきて初めて生で峯田を見た途端に涙がボロボロ出てきて止まらなかった。ステージには本物の峯田がいて、すぐにモッシュダイブがはじまって峯田の靴がどこかへ飛んで行き、演奏が止まりやり直しになった。そしてまたモッシュ対バンのnever young beachがさっきまで作り出していた平和西海岸熱海の浜辺のような景色はいずこへ?「ネバヤン初めて聴いたけどいいね〜」などと言って、からだを揺らしていたギャルは?そんな疑問が解消されるはずもなかった。

峯田は10年以上前に作った曲を、目をかっぴらいて歌っていた。あっという間に大合唱になる。わたしも全部歌えてしまい、そのことをきっかけにまた涙した。峯田〜〜〜!!!と泣きながら叫ぶ人があちらこちらにいた。四肢がちぎれそうなほど暴れる人がいた。嗚咽しすぎて座り込んでしまう女の人がいた。さながらカルト教団様相であった。だがわたしもまた、全身の水分が出きってしまうのではないかというくらい涙が出てきてしまい、ボロボロボロボロ泣いていた。

峯田が目の前で10年以上前に何度も何度もカセットテープが伸びきってしまうくらい聴いた曲を歌っている。それだけで絶望的なほど悲しかった。恥ずかしい話だが、わたしはその時、中学生の時に部活無視されていたことをありありと思い出していた。クラスにも同じ部活の人がいたので無視がそのまま派生して、教室でも居場所がなくなって昼休みはずっと本を読んでいた。アンブシュア(口の位置であること)を変えようとして失敗して全然トランペットを吹けなかったこととか、天然パーマなので髪型が本当にきまらなくてどうしようもなかったこととか、人に話すまでもないみじめな思い出とその時の感情がありありと思い起こされ悲しかった。もう少し上手くやれただろう、という気持ちと、でも今も上手くやれないしな、という諦めの気持ち10年前と今を強く結びつけた。その中心に峯田がいた。

***

思うにわたしは、つらかった時に銀杏BOYZを聴きすぎていたのだろう。どれもありふれた大したことないつらさなのだが、そのせいで感情と峯田がほつれてからまり、ひき離せなくなっていた。わたしのつらい気持ち、悲しい気持ち自分のことが嫌で消えてしまいたい気持ち擬人化したものが、峯田その人だと認識してしまっているようだった。

峯田は、本当にしんどい時に自分もまたそうだと言って肩をさすっていてくれていた親友であり、同じようにみじめな姿をさらけ出してくれたキリストであった。少なくともわたしはそのように認識していた。勝手に。そしてライブ会場で嗚咽が止まらなくなっていたり、暴れていたり、自己コントロールが効かなくなっている人たちもまたそうなのだなと思った。

峯田、もとい峯田和伸さんは、本当は自分のやりたい音楽は、代官山シャレオツカフェで静かにギター弾き語りをするようなものだと言っていた。だが、求める人がいる限り求められる音楽をするとも言っていた。それが本気かどうかはわからない。だが最近の曲をやってもウケはイマイチで、対して10年ほど前の曲をやると客は熱狂していた。

客は皆、峯田を前にして自己憐憫におちいっていたのだと思う。つらかったとき、苦しかったとき、悲しかったとき、さみしかったとき銀杏BOYZの曲を聴いて、勝手に癒され勝手肯定された気持ちを手放したくないのだ。

もし峯田が出てこないで、ステージには代わりに峯田の3Dホログラム投影され、バックでCDをかけられていても、皆変わらずギャンギャン泣いたと思う。皆、過去に囚われていた。皆にとっての峯田はつらかった過去のものであり、みじめで変えようがない過去自分のものでもあった。

から皆、銀杏BOYZを好きな他者を認めることができない。その当時の自分をどうにかしてくれなかった人間に「銀杏BOYZいいよね」とか言われてもムカつくのだ。お前に何がわかる、と思うのだ。峯田は限りなく私的個人的存在だった。

***

そんな峯田が朝ドラである。天下の日本放送協会だ。自分の苦酸っぱい異臭を放つような過去が、大きな顔して朝ドラである。初めて知った時、もう、まともな気持ちはいられなかった。

でも「峯田」とわたしが名づけていた人格はこの世には本当は存在しなくて、この世には峯田和伸さんしかいなかった。峯田和伸さんは、最近映画舞台に引っ張りだこだったので、ちゃんと素晴らしい演技ができるのだった。わたし過去に囚われている間に、峯田和伸さんは大活躍していたのだった。というか銀杏BOYZの時点で既に大成功していたのだった。

そして今や母親や妹を含む日本中の人が峯田和伸さんをテレビで見ている。今では自然なことに思えるけれども中学生わたしに伝えたらびっくりすると思う。裏切られたと思うかもしれない。でももしかしたら、誇らしく思うかもしれない。なんとなく、そうであってほしいなと思う。昔の自分には、ホッとしてもらいたいなと思う。

宗男イギリス兵に助けられた命を大切に生きていて、その象徴ビートルズだと言う。ドラマを見ていると宗男は峯田そのものしか思えない。あくまでも峯田和伸さんではなく、峯田である

わたし勝手に作ってしまっていた峯田というパーソナリティが、お茶の間をにぎやかし人々に受け入れられていった(ように見えた)ことは、わたしを救った。峯田和伸さんその人とはかけ離れているかもしれないが、わたし勝手に作り上げ支えてくれたわたしのなかの峯田が、まるで時空を超え戦争すら経験しどこか浮世離れした人間となり、最後に全てを包み込むように、「だから笑って生きることに決めたんだよ」と言ったことはある種のセラピーだった。

「だから笑って生きることに決めたんだよ」の言い方はあまりにも芝居がかっていて、プロ俳優さんだったら絶対にこんな言い方はしないだろうと思ったが、とても優しく耳に響いた。わたしはこのシーンの録画を消していない。また何回も聴くと思う。それこそテープがすりきれるまで。

***

そんなこんなで銀杏BOYZ武道館公演のチケット当選しました。またボロボロ泣いてしまいそうなので誰と行くかはまだ決めていません。楽しみです。

2017-07-18

マックうんこを漏らしそうになって人生が変わった

 それは昼下がりのマクドナルドでのことであった。

 わたしがいつものように夏の暑さとセミの音と夏休み乱交合宿の打ち合わせにはしゃいでいるヤリサ学生どもを呪いつつマンゴースムージーをすすりながら次の次の次くらいのどうでもいい会議書類に目を通していると、どこからか甘く懐かしいささやき声がひびいてきた。


「……すだちゃん。ますだちゃん。増田ちゃん? 聞こえる?」


 そ、その声ーーあなたうん子!


「よかった。おぼえていてくれたのね。忘れられちゃったかもと思ったけれど……」


 忘れるわけはない。

 わたしとうん子は小さいこから親友だった。

 うん子はうんこ精霊であるうんこに関するあらゆる事象を司り、時に歴史の流れを決定づけるほどの暗躍を果たしてきた。

 カエサルナポレオン徳川家康コロコロコミックドナルド・トランプ……偉人たちの便意と決断の裏には常に彼女の姿があったといっていい。

 わたし人生においても、常にうん子の助力があった。そう、幼稚園でのお遊戯時間うんこを盛大に漏らしてから、小二の給食、小五の運動会、中一の合唱会、高一の塾合宿ーーずっとわたしとうん子はいっしょだった。

 唯一の友達だったといってもいい。

 心無い同級生からうんこ」「うんこ漏らし」「下痢便カレー」「うんこに愛されし子」「ザ・うんこ」「進撃のうんこ」「逢うんこうんこ園(ジャンプ打ち切りマンガにちなんだあだ名は他にも30ほどあった))「うんこ界の稲尾和久(約三日に一度のペースで漏らしていたため)」などと残酷あだ名をつけられ、うんこにちなんだいじめを散々受けていたわたしに近づくものなどいなかった。

 だが、気にしなかった。彼女と一緒にいたころは、うんこを漏らすことがはずかしいことだなんて微塵も思っていなかった。

 パンツを茶一色に染めたことで母親からものすごく叱られて、ひとり部屋で泣きはらしていた夜にも彼女は現れ、

うんこを漏らすことをできるのは、選ばれた子どもだけなのよ」と、励ましてくれた。

 うん子さえいれば、わたしは他に誰もいらなかった。


 だが、いつのころからだろう。おとなになるにつれて、わたしには彼女の姿が見えなくなり、彼女の声が聞こえなくなった。

 大学生から社会人になる過程で段々と「ほんとうはうんこを人前で漏らすのははずかしいことなんだ」という意識が芽生えるようになり、今の職場面接を受けるさいの「うんこを漏らしたことはありますか?」というよくある質問にも平然と「ありません」と答えた。

 そして、毎月給料をもらい、ちゃんとトイレを便座に座ってやるようになると(ウォシュレット存在を知ったのもこのころだ)、うんこ精霊うん子の存在も忘れ去ったーー。


「落ち着いてよく聞いて。これから十数秒後にものすごい勢いで貴方うんこをもらす」

 再会の驚きをふっとばすうん子のことばにわたしはことばを失った。


 漏らす?

 このわたしが?

 立派な社会人であるこのわたしが?

 この増田??????


 わたし恐慌に陥った。

 今ここで漏らしたらどうなる?

 隣の席で互いに性的視線を送りっているヤリサーのブスどもは持ち前の野生の勘で間違いなくうんこのにおいを嗅ぎつけるだろう。そして瞬時にそのにおいの発生源を特定するだろう。

 彼らはわたしをゆびさして嘲笑し、周囲の客たちもわたし汚物を見るような視線を投げるだろう。

 そうだ、わたし汚物になるのだ。

 うんこ漏らした汚物ニュースはたちまちその日のトップニュースとしてローカル局報道され、会社にも伝わり、わたし面接ときについたウソをとがめられ(「おとなになってうんこを漏らすような人間が、以前にもうんこを漏らした経験がないはずがないよな?」)、おりもののついたナプキンがごとき扱いで会社から、そして地域社会から追放される。借りているマンションも追い出されるだろう。実家からも縁は切られる。

 それからは宿無し生活だ。行く先々でこどもたちから「いたぞ! うんこだ! マックうんこをもらした早打ちマックとはあいつのこと!」とはやしたられ、石を投げられる。

 額に投石を受けて、地に倒れ込んでも、わたしは「しょうがないんだ」と自分に言い聞かせなければならない。それだけの罪を犯したのだから……と。


「あきらめないで増田ちゃん!」

 うん子の声がクソみたいに悲惨未来予想から現実を取り戻す。

わたしがーーこのうん子がどうにかするわ。あなたうんこなんて漏らさせない。絶対あなたを助けてみせる」

 ほんとうに? と絶望するわたし疑念を口にしかけるが、できる、ほんとうに彼女なら可能なのだとおもいなおす。 


 なにせ彼女うんこ妖精。便意など思いのままだ。


 だがーー。


 あなたはそれでいいの、とわたしは言う。

 うん子にはうんこを漏らしたときしか会えない。

 今は声しか聞こえない彼女だけれど、わたしが「実」をこの場で出せば、その姿を現前させられる。


 あの愛らしい、あの懐かしい、

 わたしのたったひとりの友だち。


 会いたい。

 眼から涙が溢れ出していた。

 会いたい。会いたい。会いたい。

 うん子にもう一度会いたい。

 この十年間、十五年だっけ?

 ほんとうにいろいろあったんだよ。

 あなたに話したいこといっぱいあるんだよ。

 あなたから聞きたいこと、いっぱいあるんだよ。

 話したい、お話したい、

 三ヶ月溜めた便秘を吐き出すように私の話を聞かせたい。

 三時間つづく下痢便のようにあなたの話を聞いていたい。


わたしあなたに会いたい」

 とうん子は言う。

 だったら、漏らしたってわたしはーー

「でも、ダメあなたはおとなになったのよ、増田うんこを漏らすことをできるのは子どもあいだだけ。おとなはうんこをもらしちゃだめなの。わたしと会っちゃ、ダメなの」

 わたしマックの硬いソファの上で恥も外聞もなく駄々をこねた。いやだいやだいやだ私はうんこを漏らすんだ。

 だってそうすれば、あなたにまだ言ってないこともーー。


 うん子の「ふふっ」という笑い声が虚空のかなたか漏れた。戸惑うような、愛情の篭った吐息だった。

「ごめんね。ありがとうさようなら増田



 ブリブリブリブリブリイジギュルリルリイリブリッブッブッブッブーブリリリリィ!!!



 盛大に漏れる音がした。

 尻に湿ったものほとばしった。

 この感触

 十年間ずっと忘れていたこのなまあたたかさ。


 終わった、と思った。


 だが、不思議とヤリサーたちが異臭に気づいたようすはない。わたしにもにおいはわからない。自分の便だからだろうか?

 うん子の気配もどこかへ失せていた。

 わたしは平静を装って席を立ち、トイレへと向かった。

 便座に座って下を脱ぎ、解脱した僧侶のような心持ちパンツを見つめる。買ったときには真っ白だった、清純と純潔の象徴のようなパンツ……。


 白いままだった。

 夏空に浮かぶ背の高い雲、この前観た『メアリと魔女の花』に描かれていた積乱雲のように晴れやかな白だった。

 茶色い粘った汚れなど、かけらもついていない。


 わたしは漏らしていなかったのだ。

 だとしたら、あの確実に三リットルはぶちまけたような大きな排便音はいったいーー?


 トイレから出て、席に戻ろうして、店内がやたら騒がしいことに気づいた。

 ヤリサーどものあたりである。彼らの阿鼻叫喚が聞こえてくる。

「テメーおまえウンコなんか漏らしやがって」「マジふざけんな」「これからおまえの名前はウンコノミクスだ」

 わたしはそのまま席に戻らず、店外へと出た。

 雲ひとつない、パンツはいていないお尻のように清潔な空に、純白の肛門にも似た太陽が燦々と輝き、けがれのない世界をつつんでいた。

https://anond.hatelabo.jp/20170718154728

「加害性を分かってない」は大合唱されてないでしょ。

されてるされてる

oka_mailer ここへきてやはり「加害」というもの理解してない疑惑

リンク2017/07/15 Add Starinterferobserver20ririankou

http://b.hatena.ne.jp/entry/341858085/comment/oka_mailer

このブコメ一つとっても

20人が星をつけてる

20人ぐらいの人が同調してるんだから

君の引いた大合唱定義である大勢」は満たしてるでしょ

はい残念


で、人気コメントしか見てないの? ちゃんとコメントすべてに目を通したの?

それくらいは明言してほしいな。

俺は人気コメント以外も目を通してるけど

仮に回答が「人気コメントしか見てない」だとなんか君にとっての勝機が見えるの?

君が問題文読めずにズレまくって自滅した挙句に「大合唱」の定義で見苦しく食い下がるみっともないマンである事実はくつがえらなくね?

もはや君が何に活路見出して食い下がってるのかわからん

https://anond.hatelabo.jp/20170718152327

いやなぜただの「非難」にすり替わってんだよ。

「加害性を分かってない」は大合唱されてないでしょ。

自分発言を都合よく改変するなよ。

で、人気コメントしか見てないの? ちゃんとコメントすべてに目を通したの?

それくらいは明言してほしいな。

https://anond.hatelabo.jp/20170718151556

ツイート主を非難する人が数名しかいないなら「大合唱」を満たさないけど残念ながら大勢いるね

悪あがきはそれでおしまい

https://anond.hatelabo.jp/20170718151329

俺はブコメ全体の論調趨勢がどうとかどっち優勢かなんてことについて一言も書いてない

ツイート主に「加害性をわかってない」の大合唱ぶつけるだけで具体的な説明皆無。

がっ‐しょう〔‐シヤウ〕【合唱】 の意味

出典:デジタル大辞泉

[名](スル)

1 大ぜいの人が声を合わせて歌ったり、同じ文句を唱えたりすること。「賛美歌合唱する」「万歳合唱が起こる」

https://anond.hatelabo.jp/20170718145415

いや、こっちの主張をちゃんと理解してくれよ。

ブコメ論調とは乖離した認識をしているのが不思議だけど人気コメントしか見てないの?」というのが俺の主張。

まり「『加害性を分かってない』なんて言ってるのoka_mailerとtikani_nemuru_Mくらいであとは『加害性ってなんだよ』の大合唱だけど何を見てるの?」という話をしている。

完全に脊髄反射トラバしてるあたり、ブコメもやっぱり人気コメントだけ見て脊髄反射してる疑惑が高まったんだけど、反論があるならどうぞ。

結局「加害性」って具体的になんだよ?

http://b.hatena.ne.jp/entry/twitter.com/dokuninjin_blue/status/885638116387676160

ツイート主に「加害性をわかってない」の大合唱ぶつけるだけで具体的な説明皆無。

経験的にはこういうのときって実は誰も答えを持ってない。

2017-07-09

はてな民は底の浅い偽善者差別大好き集団だよ

わかるわかる

処女には○○(なんらかの未熟や欠陥やマイナス示唆するカテゴライズ)が多い」

っていったら漏れなく大炎上だよね

逆に「非処女には○○が多い」も絶対ダメだし炎上する

・(二十歳こえて)処女にはブスが多い

・(十代で)非処女には母子家庭が多い

・あの歳で処女なんて絶対どこかに問題がある

・その歳で非処女なんていやらしい、だらしない

etc.


そりゃそうだよね、人間を性体験の有無でカテゴライズするなんて非知性丸出しで差別意識丸出しだ

そしてはてな民はそのような未開でけしからん言動を漏らした人間を決して見過ごさず

ピラニアのように飛びついていって火刑主催するタイプ人間の群れ


であるのに

lapk 童貞にはコミュ障が多いという当たり前すぎる話に童貞が反応しまくってホッテントリしているという構図

リンク2017/07/08

これは大量の星を集めたうえに誰にも咎められてないね


いつもいつものことだけどはてな民のあっさいあっさいポリティカルコレクトネスには辟易とする

ようするに質の悪い勉強法と同じで、「アウトなもの」を棒暗記してるだけなんだよね

から女性とか障害児とか外国人とか「いかにも」なものへの差別にはピーンて反応して「いーーーけないんだ!」の大合唱

でもそういう「いかにも」に登録されてない事例については全然反応できない


テストのためだけに勉強してて、一夜漬け暗記でなんにも身に着いてない奴の感じ

この場合テストってのは世間進歩的ポリコレ完備の人として感心して貰うこと」であり

何が身についてないかというと本来必要な公正さや知性や思いやり」


要は、差別的な心からはまるで決別できてないんだよ

ポリコレ的な部分に意識が高い割りにね

からポリコレ対応な分野の「怒られずに差別出来そうなチャンス」には涎たらして飛びつく

普段無理して差別反対の振りしてるから差別していいチャンスでは溜まってた本性丸出しになっちゃ


童貞だけじゃなくて

上手く誘導してやるといろんなものへの差別心まるだしのブコメ欄になって面白いよw

田舎者とかバカとか低学歴への侮蔑差別も大好きだし

あと「差別した悪い奴」と認定された人物クラスタへの攻撃も歯止めがなくなる


このわかりやすい2面性のある底の浅い偽善者集団よりは

ポリコレ嫌いを公言して差別的書き込みもする2chの奴等の方が清潔であるような気すらする

よいこぶるのが癖になっててよいこの仕草は板に着いてるけど内面全然伴ってない真面目系クズ

https://anond.hatelabo.jp/20170709080616

2017-07-03

はてなユーザー老害すぎないか

何か変更があるたびに改悪だ、元に戻せの大合唱

俺は、はてブトップページも、新しいユーザーページも、どっちも便利に使ってるよ。

というか今さら過ぎて笑うよね。

新しいユーザーページが出来たのって何万年前だ。

原始時代からタイムスリップしてきたのかよ。

「弓矢がないかマンモスを狩れないじゃないか」って騒いでいるみたい。

柔軟性なさすぎじゃない?

そんな余裕もないのか?

あばら屋に安住せず、文明の利器に慣れろよジジイども。

2017-07-02

インターネット正論と抑圧と

最近正論に易癖している。

煙草は体に悪いから吸わない方がいい。

障害者は健常者と全く同じように過ごせるべきだ。

企業は何かあったら即座に謝るべきだ。

LGBTは認められるべきだ。

静かな住環境が守られるべきだ。

不正決算は認められない。

ゴミはちゃんと持ち帰るべきだ。

あぁ確かに全て正論だ。

だけどちょいと行きすぎてないかい?

インターネット意見を言いやすくなったし見られるようになった。

それは良いことだけど、2ちゃんの悪意以上に正論善意という武器を振りかざして暴れるのはどうなのか。

喫煙所は無くなり煙たがれ、

理想は分かるがそこに勤めている人やコスト無視した誹謗中傷

慣れが必要な期間に差別だの大合唱

騒音だと祭りは開けず、

砂浜で音楽はかけられず、

バーベキュー禁止

公園子どもは遊べない。

マナーを守れと怒られ良いこに育てられ、

何もかもが制限されて、

みんな自分が損をしたくないから、

ちょっとでも気に入らないことや

他人が逸脱すると全力で叩きにかかる。

それも直接言えないかネット正論で数の暴力で。

そしてまたルールで縛って抑圧されて、

歩きスマホで周りの人なんかお構いなく、

ネットに篭って自分以外の何かを叩きに行く。

個人社会のつながりは希薄になり、

自分に都合の良いところだけ自己責任だ、社会が悪いといいながら、

正論理想論善意による悪意はネットで加速し、

会社倒産するまで、

個人個人情報特定され社会的抹殺まで叩かれる。

挙句良い事を喧伝しても気持ち悪いと叩かれる。

なんかこんな世界まらない。

リアルディストピアはビックブラザーではなく個人による監視社会なのかもしれない。

市民貴方幸福ですか?

2017-06-18

ちょっと男子ぃ〜、マジメに合唱練習やってよ〜

いやマジで

バンド男性ヴォーカル、下手なやつ多すぎないか女性場合はそんなに気にならないんだけど。

そもそも歌えてないやつが多い。

ただ叫んでるだけじゃん、とか。ノド開いてない苦しそうな歌い方とか。

平井堅とか槇原敬之みたいな、いかにも歌ウマで売ってますみたいなヴォーカリストはともかく。

それって小中学校ときの「歌をマジメに歌うのがはずかしい」という男子特有の照れが原因なんじゃないか

2017-05-29

映画ピーチガールセックスシーンはあるのか

最近山本美月バラエティゲスト出演しては宣伝しまくってる映画ピーチガール」。CMも打ちまくってるよね。

なんで20年前の少女漫画が今更映画化するの?

って、少女漫画なんて読んだことのない俺が何故このタイトルを知っているのかというと、

パトリック・マシアスというアメリカ人オタクライターの書いた「オタク・イン・USA」というアメリカアニオタ事情解説した本の中でアメリカを騒がせた作品として紹介されているからだ。

しか2001年頃だったと思うが、

あるアメリカ夫婦は、小学生の娘が図書館から借りてきたMANGAを見て大変なショックを受けた。

そのMANGAは図書館ティーン向けの棚にあったというが、中身は見るのも憚られるセックスシーン満載のポルノしか言い様の無いシロモノだった。

大人の私ですら、吐気がするくらい正視できない内容なのに、こんなもの子供に見せるなんてとんでもない!」

怒り狂った夫婦は、事の顛末新聞社告発する。

その夫婦が怒り狂った漫画とは、英語翻訳された「ピーチガール」だった。

ググったらソースもあった。

http://d.hatena.ne.jp/juice78/touch/20060915/p1

さて、この夫婦告発新聞に載ると、テレビニュース番組も挙って取り上げ、

アメリカでは「ジャパニーズマンガ」の一大バッシングが巻き起こった。

日本アメリカの子供をポルノ洗脳しようとしている!日本漫画アメリカから追放しろ日本漫画を許すな!」の大合唱に、

当時のアメリカアニオタ達は「もうアニメが輸入できなくなるかも」と戦戦恐恐したそうだ。

だが、当の図書館ピーチガールの廃棄を発表してからは、この話は下火になり

アメリカオタク達はホッとしたという。

まあ、セーラームーン上陸の際も「ポルノだ!女性差別だ!」と騒いだ国だから大袈裟かもしれないが

当時の少女漫画は「今時の少女漫画セックスシーンが無いと売れない」と言われ、どんどん過激化していたのも事実

俺はピーチガールを読んだことはないので、セックスシーンがどれだけ過激かは知らないが、ネットレビューでは中々ドロドロとしたストーリーであるとの評が多い。

で、話は変わるが、俺の周りの男達は全員、山本美月が好きだという。

どんな美人女優アイドルでも、男が集まれば「あんなの好みじゃないよ」と言い出す男が必ず一人はいるのだが、山本美月否定する男には出会ったことがない。

オタクからDQNまで、全員理想の好みの女性だと言う。

まり日本人男なら誰もが見とれてしま美女なのだ

もちろん、俺も大好きだ。

まり、そんなアメリカを大騒ぎさせたセックス漫画実写映画の主演を

日本人男の理想である山本美月が演じるのである

これは男として期待せずにはいられないのである

2017-05-28

http://anond.hatelabo.jp/20170528022344

そうだな.普段から著作権にうるさいオタクの皆様がちゃんと「著作権的には正当な引用かもしれないが,私たちにとっては不快なのでやめてほしい」と言っていたら法律じゃなくて倫理の話になってたな.

現実には無断引用禁止だの事前許可必要だのという大合唱だったけどな.

2017-05-17

子供の頃のエロ体験の影響

ネットメディアが発達し、自慰する際のお供には良い時代になった。

しかし、未だにメインは妄想である妄想というか、体験の反芻というか。

子供の頃のエロ体験が数十年経った今でも未だに抜け切れない。

小学二年の時、音楽時間合唱するのに並んでいたら、隣だった女の子に突然「ねえここ触ると気持ちいいの?」とちんこを掴まれ、揉まれた時。

ませた子の悪戯だったのだと思うが、腰が砕けるくらい気持ち良かった。あれで性に目覚めたといっていい。

小三の時、友人の家に泊まりに行った時、プロレスごっこの延長でくすぐり合いをしてたら、美人で(今思えば)色香抜群の友人の母が参戦してきて、友人に抑えられて友人母に身体をくすぐられた時。

くすぐったいというより、信じられないくらい全身に快感が走った。びっくりしてその時は確か泣いてしまった。

やはり小三くらいの時、友人とちんこの話で遊んでて、何故かお互いのちんこでチャンバラをする事になり、短いちんこをぶつけ合った時。

気持ちいいというより凄い興奮してしまった。

それくらいの時って友情恋愛感情区別ついてないから、その友人との擬似セックスみたいな感じだったのだと思う。

これらの事を思い出しつつ自慰をする訳ではあるが、では性癖としてくすぐりが好きとか着衣でもまれるのが好きなのかというとそうではない。

イメクラ風俗で満たせるかというとそうではなく、行ったらむしろコレジャナイと落胆するだろう。

ませたクラス女の子に突然揉まれる、ちょっと憧れていた友人の美人母親にくすぐられる、当時の感情で仲の良かった友人だからいいのであって、取り戻せるものではないのだ。

トラウマというほどではないけど、今の自分に多大すぎる影響を与えている。

他方、子供の頃に性的トラウマを植え付けられたら、そのことの前に不快感が先立ち、嫌悪してしまうであろうなと思う。

自分の周りで話を聞く限り、やはり兄や父から、また近所の大人からそういう経験をしてる女性結構割合でいる。

大人子供にどのように健全体験をさせるかが重要なのであろうなと思う。

2017-05-15

[]5月14日

○朝食:なし

○昼食:味噌ラーメン

○夕食:ポップコーン

調子

はややー。

今日おやすみでした。

今日は色々なことをしよう、と思っていろんなことをした。

ゲームじゃないのも含めて次から○で区切って紹介。

○SCOOP

昨日借りたレンタルDVD

「悪いやつ」の映画って苦手なんだけど、これは面白かった。

ただちょっと、ふわーっとした部分が多くって、のめり込めない部分もあった。

特に中盤からヒロインがどんどん仕事が楽しくなっていくところが、のめり込めなかったかな。

だけど、終盤の急降下は抜群だった、すごかった、めっちゃ印象に残った。

○麺場田所商店

ラーメン屋さん。

味噌ラーメン専門店らしくて、味噌ラーメンだけで10種類ぐらいあった。

今日北海道味噌らーめん味噌ラーメン美味しいなー、味噌ラーメンすきー、また行こう。

○散髪

近所の散髪屋さんはシャンプーときにブラシでゴシゴシしてくれるんだけど、それがすごい気持ちいい。

今日気持ち良かった、髪の毛切るとさっぱりするし良いね

○SING

映画館行ってきた。

映画館久々だったから楽しかった。

音楽」「群集劇」って要素だけでもう、面白そう! とテンションあがっちゃったので、

なるほどこういう映画ね! と理解した瞬間から一気にのめり込んだ。

こう、ちょっと表現が難しいんだけど、

「あーはいはい、こういう映画ね、ってことはつーまーり?」って感じの期待感が一切裏切られない良い映画だったと思う。

ただ、これは不満というよりは、僕が方向性勘違いしてたってだけなんだけど、

最後合唱じゃないの!? とはなった。

いやうん、これはしょうがないんだよね、別に「チーム」のお話ではないもんな。

そこを微妙に読み違えてたのが、痛かった。

もちろん、映画としてはちゃんと落ちてると思う。

あの壁が崩れて最初オペラと同じ満月が見える、って落ちはもう完璧だと思う。

主人公三日月によく乗ってるのが前振りなんだよね)

思うんだけど、あれちょっとだけ違ったや、とはなったかな。

言い方が難しいんだけど、キャラクタ相互作用的な面じゃない感というか、個々のスペックが優れているというストーリー

個々のスペックの掛け算のストーリーではなかったのかなあ?

という、僕の読み違いはあったものの、とにかく見てて気持ちよくて楽しい作品だったから、DVD買いたくなるや。

続編も作ってるらしいので、楽しみにしてよう。

3DS

ポケとる

ドンカラス解放、そして捕獲

これにて、全悪ポケ捕獲への道は完了です!

長かった、長かったけど、次は未解禁の

ベトベトン(A)、ニャース(A)、ペルシアン(A)、アクジキングの四匹のために、ログインは続けよう。

いやー、長かった、めちゃくちゃ長いことプレイしてたね。

バッジとれ〜るも終わったし、愛するメガヘルガーが本編で解禁されたことだし、

そろそろ、第7世代の対戦をやり始めようかな?

iPhone

コマスター

ログボのみ。

コマスターも良い加減ケリをつけないとなあ。

2017-05-13

極端な人間になってしまった。もう無理

甘えだと言われてしまうのはわかってる。現実から逃げてるのもわかってる。でももう生きていける気がしない。普通になれない。ボロボロで恥ずかしい。

中学とき、真面目すぎるあまり周りにドン引きされた。でもそれしか自分アイデンティティが無かったのでその努力評価して貰うために必要以上に頑張っては色んな意味ボロボロになるということを繰り返していた。体育祭ダンスで異常に張り切ったり合唱オーバーに歌ったりしていた。笑われてもなぜか手を抜くことなくやり通した。

高校では私を見かけるたびにみんなが笑っていた。クラスメイトはいつもニヤニヤしながら馬鹿にしたように私に話しかけてきた。高校では目立たないようにしていようと思っていたのに目立ってしまっていたようだった。中学からの癖もあっただろうし、世間知らずだったので女子高生にしては変な振る舞いをしていたと思う。さすがに辛かったので散々普通になろうと容姿やら挙動発言に気をつかっていたが最後まで普通の人とは見てもらえなかった。ストレスがかかりすぎて逆に感情がなくなっていた。

大学に入ってから人間関係で散々トラブった。私が我慢できないことが原因であることが多かった。まだ挙動おかしいのか後輩に笑われたりもした。何にも馴染めなかった。

他人に認めてもらえなかったか自己否定感と承認欲求が入りまじっていてどうしようもない。自分を守るために怯えたり自己顕示したりと極端なことしかできなくて結局何にも得られない。

人を信用できない。人が怖い。だから気に入られるように謙虚無難に接しようとするが、素の自分を認めてもらいたいという欲求が勝って嫌われてしまったりする。私はおかし人間だ、普通にならなきゃという気持ちと、どれだけ努力しても普通になんてなれなかったと投げやりになりありのまま認めてもらいたいという気持ちのせめぎ合いだ。

どうしたら認めてもらえるのか。病的なほどに人の顔色を伺って自分を抑えて周りに適応しようとしたけれど駄目だった私は、逸脱することでさらに認められることから遠ざかっていく。中学時代に逆戻りだ。あの頃は普通でいることに関心がなかったけれど今はもう普通に生きて認められたいという気持ちが大きいから前よりもっと苦しい。このままただでさえ異常な承認欲求肥大していけばもっともっと私はどうしようもなくなるだろう。私はどうすればいい。

2017-05-12

はてなユーザー高齢化が著しい

http://anond.hatelabo.jp/20170510230513

http://b.hatena.ne.jp/entry/anond.hatelabo.jp/20170510230513

このブコメとか「何言ってんだ!子供最高だろ!子供は全てに優先するんだ!子供こそ正義子供子供子供子供子供子供子供子供子供!!!!!!!」の大合唱である

まりユーザーの多くがそういう世代になったのだ。真の理由は色々あるだろうが、とにかく子供を持ってしまたから、あとは子供最高という価値観自分を変えていく(あるいは既に変更完了)以外無いのだ。

こういう、いかにもという感じの画一的視野狭窄で余裕の欠片もない脳味噌になりたくないか子供が欲しくない、というのはかなり大きい。

2017-04-22

世の中にいろんな音楽がある中で好き好んでガキの合唱なんか聴く

自分の子供が歌ってるとかならわかるが、音楽ジャンルとしては正直全然きじゃない

というかぶっちゃけ嫌いだ耳障りだ

あれが好きな奴っていったいどういう耳してんだよ

2017-04-21

枝野普通団体対象にならないことは、どう答弁しようが、条文で」

国会ウォッチャーです(名乗るの忘れた。どうでもいいけど。)

 階、枝野、山尾、逢坂と、民進党エース級をそろえて、完全に共謀罪ロックオンしてますね。がんばってくださいね

階猛議員対応は圧倒的に正しい

 階議員今日かなりエキサイトしていましたが、支持しますよ。今日鈴木淳司法務委員長は、職権で法務委員会を開催して、かつ林刑事局長を答弁者に登録することを採決したみたいですが、昨日も書きましたが、委員会政府参考人登録することそのものはおそらく、否定できないと思いますよ。でも、前例ほとんどないはずと思ってたけど、一回もなかったみたいだけど。枝野さんが、「民主党政権時代にも、答弁が不安定大臣というのはいたが、こんなことはしなかった。今までの大臣の中で、金田さんが一番能力がないといわれてるようなもんなんだから、怒るか逃げ出すかするしかないはずだ」といっていましたけどね。まぁ恥の問題ですよ。でも鈴木委員長が、基本的な事項について、質疑者が指名できるはずの答弁者をここまで露骨に林局長指名しているのは階議員が指摘したように、衆議院規則違反だろ、というのはそのとおりですよ。露骨過ぎるんですよ。一太委員長とかも、結構助け舟を出すけど、たとえば、総理指名されてても、「まず局長、その後総理行きますから」とかぐらいは言いますよ。鈴木委員長はかなりダメですよ。一応ほめておくと、今日の国交委員会西銘恒三郎委員長は、同じ時間使うでも、質問の整理をして答弁を促したりしっかりと議事進行されてましたよ。だから基本的な事項について、委員長局長指名してきたら、質疑を取りやめるよ、という対応は支持します。鈴木委員長は来週あたり不信任動議されるんじゃないですかね、このままだと。

そもそも=基本的発言を引き取らされた林局長哀れすぎる

 山尾さんです。これはまぁ大事な話なんだけど、山尾さんの質疑を見て。とにかく総理大臣がニヤニヤしながら、「失礼だとおっしゃられましたが、これは事実でございますから」とか言いながら山尾さんをおちょくってた(しかもどうやら嘘か勘違いっぽい)ことの帳尻を林局長に取らされてるのはマジで意味不明。もちろん安倍さんの行動が意味不明質問主意書だしていいよ。総理が調べた辞書はどれだったのかって。山尾さんにはいつもやり込められてるから仕返しのつもりだったんだろうけど、ちゃんとほんとに調べてなかったのならこんなくだらないことでも虚偽答弁だよ。どこまでもどこまでも国会をなめきってんだよ。

一方枝野さんは今日も地道に林局長と仲良くなっていた

 枝野さんと林さんのやり取りは、今日面白かった。林局長もやり取りをする中で、公式見解をまとめてきていたので、枝野さんも一歩前進したと評価されていた。個人的な予想に過ぎないけど、枝野さんの方針はなんとなく読めてきた気がしました。林局長が、今日まとめてきた公式見解を出すことを予想した上で、実務的にどうやって、担保するのか、過去の例で、公式答弁がどうあろうが、条文上読めなかったら、裁判ではこう扱われてきたんだぞ、っていう路線に進めていくんだろうことを予感させる終わり方でした。枝野さんの質疑はこれだから面白いんだよ。いや共謀罪面白がってる場合じゃないけど。

局長によりまとめられた公式見解と思しき箇所と枝野さんの反論

 長いからまとめちゃうけど、こないだの、違法性認識のところをはっきりつめてきて、犯罪構成要件としての故意認定違法性認識の差を明確にしてきました。組織的犯罪集団構成員として認定されるには、結合の目的が、別表に掲げられた罪を犯すことは知っていないといけない。(それが罪であることは知らなくてもよい)

局長

違法性の意識は、故意との関係で論じられます刑法第38条3項にございます。その際に違法性の意識がいるのかいらないのかが論じられている。そして今回の組織的犯罪集団の結合の基礎としての共同の目的が、別表第3に掲げる罪を実行することにある、といえるために構成員が当該行為違法であることを認識していることを要するか否か、については、故意問題とは別の問題でございます構成要件に該当する客観的事実認識して実行すれば、違法性の意識がなくても犯罪が成立する以上、犯罪構成要件に該当する事実認識した上でそれが結合関係の基礎としての共同の目的になっているのであれば、それは組織的犯罪集団に当たりうると考えます。ただ、もっとも、ある団体の結合関係の基礎となる共同の目的犯罪を実行することにあるといえるか否か、これは故意問題とは別の次元論点でした、個別の事案での集団の結合の目的が何であるかという認定問題となりますと、当該犯罪行為を反復的に実行しているが、当該行為違法性の意識がなく、それを認識した後に、結合し続けることがない、といえるような場合には、集団の結合関係の基礎となる目的とは認定されないと考えられる場合もあることから故意認定違法性認識必要ではないが、組織的犯罪集団認定においては、かなり大きなファクターを占めるといえる」

枝野

「ようやく、何を言っているのかを整理していただきました。その限りの考え方は、ひとつの考え方だと、なおかつ一歩前進かもしれないと私も認めます。確かに違法性の意識必要ない。別表3の行為違法だということを知りながらみんなでやることは必要ない、ただし、違法だとみんなが知ったら、コレはもうやめるよね、というのならば、結合の基礎ではない。これは非常にわかます。つまり後で使う例ですけども、ある合唱団が、一枚だけ楽譜を買って、あとはみんなでコピーして使うんだと。コレは著作権法違反です。これは違法なんだと気づいてやれば当然結合の基礎に当たりうるというか、大変な問題だけど、違法だという指摘をされたなら、やめますと、いうことであるならば、結合の基礎ではない、こういうことですよね。」

枝野摘発されて、摘発されたら、”あー違法だったんですか、気づきませんでした、でも違法だと知っていたらこんなことやらなかったよね”と。これ社会的にもあるいは裁判実務においても、これ許してもらえるんですかね。というのが私はこの論点ではないかと思う。普通犯罪の成立には違法性認識必要ありません。(略)個人著作権法違反既遂罪は、違法だと知らなくても処罰されるんです。で、みんなで結合して、コピーして、合唱練習しようという共謀をしたら、これは違法性を知らなければ、組織的犯罪集団ではないという。コレ、摘発されて、どうやって知らなかったと証明するんですか。供述をどうやって信じてもらえるんですか。これはこういう問題です。」

親告罪共謀罪は何だという再度の問い合わせについて、捜査機関が、別途知りえた共謀を被害者に知らせて告訴を依頼することがありうるから、存在しうるという反論をする林局長。(国会クラスタが書き起こししてることに言及して、我々をざわつかせる枝野)これ口滑ってる認識はないんだろうけど、要は別件逮捕するために、使えるからだよね、

さらに、金田答弁で「正当な目的で集合なら処罰されない」とかいってたけど、アマチュア合唱団が、著作権法違反はまぁ大体認識してるけど、合唱自体は正当な目的でしょ、と。林さんは楽譜コピーが結合の目的とはなかなか認定できないから、ふつう認定されないとかいって、枝野さんがまた、じゃあテロリストが取る暴力的手段目的乖離しているが、これらの例をどうやって区別するのか、条文上区別できないじゃないか、と「普通の人には関係ないとはまったくいえない」と押しまくる枝野。かっこいい。

治安維持法目的運用に触れはじめる枝野

 組織的犯罪集団認定において、既遂重要意味を持つでしょ、としたうえで、「普通集団が、自分たちの主張が通らないから、一回だけ暴力行為をして、やってみようっていうのと、合唱団が、集まってみたけど、金がないから、著作権法違反だと知ってるけどコピーしてやろうというのは、いったい何が違うのか」という例を出して、既遂は確かに重要だし、「一変した」ということについての何らかの外形的なか行為必要だという答弁をさせて、過去に同種の犯罪を何度も既遂しているなら、すでに既遂してるわけだから共謀罪必要ないし、一回もやっていないんだとすると、綿密に普通団体監視しないと取り締まれないだろ、どうやって普通団体監視に着手するんだと、役に立たないだろと詰める枝野。かっこいい。

 枝野「(合唱団楽譜コピー事例が、絶対共謀罪に該当しないということがどこで担保されるのかと)法律というのは、刑事法というのは、(答弁で)いくら入りませんといったって意味ないんですよ、答弁が。

(略)戦前治安維持法をね最後のほうではやってかなきゃなぁと思っているんですが、これ治安維持法というのは、(条文の上では)国体の変革を求めるもの私有財産制度否認する、戦前共産党、これが取締り対象だったんですが、公明党さんちゃんと聞いてくださいね、わかってらっしゃると思うけど。治安維持法が、それにくっついた枝葉の要件はいろいろつきましたが、最後までその対象だったんですが、1943年7月6日創価学会初代会長牧口さんと、創価学会の二代会長さん、戸田さんは、治安維持法違反不敬罪逮捕をされて、初代会長の牧口さんは、獄死をされている。この法律目的取締り対象国体の変革と私有財産否定だったんですよ。創価学会国体の変革を目指してたんですか、私有財産否認していたんですか、違いますよね。法律上絶対入らないという担保がとれないと、刑事はいけないんです。そういう意味では今日の答弁は、前進した部分もあります。認めます。あ、ここは入らないということもありました。しかし、普通団体が、これは入らないということが担保できる条文にはなっていないということを申し上げて今日質問は終わります。」

ほんとに言って欲しい方向に行く枝野、うれしいよ。数で通っちゃうなら意味ないんだけどうれしいよ。

2017-04-19

日本は何の影響力もない国になっている

国内中国が〜韓国が〜と吠えるだけの連中が増えていて、現実的に彼らに影響を及ぼせるようなパイプを持っている人間日本からは払底している。

昔は北朝鮮にすらつながりを持つ政治家もいたけど今はいない。

から北朝鮮でどれだけ問題が持ち上がっても何もできない。

ひたすらアメリカ様のやることに追従していくだけの、犬になっている。わんわん。

経済の停滞がつづくうちに中国にどんどん引き離されるし、国際的地位も影響力も低下する一方。

そうなればそうなるほど、国内では日本偉いの大合唱蔓延する。

外の現実に目を向けなければなけなしのプライドも保てるさ、という情けない引きこもり国家と化しているのが今の日本現実なんだね。

2017-04-11

MIDI合唱ってどうやんの?

FFでいうところの「塩酸しめじヒラメ★出目金★」とかの部分。

あれほどなんらかの言葉を話している必要はなく、アー程度の音でいいんだけど、あれってなにか市販音源があるの?

MIDIで壮大なクラシック曲作ってる人はどうやってあのコーラスっぽいなにかを作ってるのか気になる

2017-04-08

今思うと お前は安らぎじゃなく重荷、ストレスしか思えないって振られるんだったら面白おかしく振られることにすれば良かったな。

別れるの嫌だってメソメソしていやーな声出されるよりも笑ってくれたかもしれない。

ゆかりの地を巡ったり、出会った頃別れる時歌おうってふざけて笑ったあずさ二号を合唱し、卒業証書授与式してバイバイするような

卒業旅行しようよって言えばよかった

わたし面白いところが好きって言ってくれた人の大好きだった腹からの笑い声をもう一度聞けたかもしれない。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん