「アイス・バケツ・チャレンジ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: アイス・バケツ・チャレンジとは

2016-07-12

先日のダウン症ニュースで思い出した件

http://b.hatena.ne.jp/entry/www3.nhk.or.jp/news/html/20160703/k10010581391000.html

はてなブックマーク - 胎児ダウン症などと確定の妊婦 97%が人工中絶 | NHKニュース

このニュースで思い出したのが次の件。

http://girlschannel.net/topics/151169/

新型出生前診断で陽性となった妊婦のうち、2人が確定検査受けず中絶…異常ない可能性も

ここで出ている意見の中に、障害が無い可能性も若干あったのに中絶したのは問題とするものがあります

中絶可能にしている理屈は、ある時期までの胎児はまだ人間じゃない、したがって障害の有無にかかわらず中絶殺人ではないということだと思います

障害が無い(かもしれない)胎児中絶には結構反発を覚える人が多いようですが、これも含めて受け入れるというのでなければ、中絶を可としている理屈が少し危うくなるんじゃないかと思いました。

もう一件は直接は関係ないんですがついでに。こちらもガールズちゃんねるです。

http://girlschannel.net/topics/191911/

レイザーラモンRGが亡くなった娘の難病18トリソミー」を明かし、アイス・バケツ・チャレンジに参加

この中に次のような書き込みがあります

46. 匿名 2014/08/28(木) 19:53:12

45

全然うから

56. 匿名 2014/08/28(木) 20:32:33

45・46

別物だけど、全然違うわけでもなく大きな括りとしては近いよ。

既に消えている45は、18トリソミーダウン症とするものです。

しか差別的ニュアンスを感じる煽り口調だったので反発があるのはわかるんですが、穏やかに説明している56も低評価なのは不思議です。

46は差別的書き込みに対する反発ではあるんでしょうが、結果として、18トリソミー21トリソミーダウン症)より上、ダウン症なんかと一緒にするなというニュアンスになってしまっていて、もやもやしたのを思い出しました。

2014-08-25

三木谷浩史乙武洋匡から始まった日本アイス・バケツ・チャレンジ海外とは違いプロジェクトとして始まったということだけはしっかり伝わってほしいね。、

草の根運動じゃなくて、「意図を持って作られたもの」なんだよ、あれは。

海外の動きと一緒にしちゃダメ

2014-08-24

アイス・バケツ・チャレンジ動画Tweetに飛び込んでは水をかぶらないことを強制する奴って何がしたいの?

2014-08-22

バカとの議論

この記事を読んで。

http://topisyu.hatenablog.com/entry/icebucketchallenge


自分アイス・バケツ・チャレンジには賛成の立場

でもだからと言って反対する人をバカだとは思わない。

今回の議論はいわゆる「公共の福祉案件だ。

このページを見るとこう書いてある。

http://kenpou-jp.norio-de.com/koukyou-fukusi-1/

”人が二人以上いれば人権は必ずぶつかる”

今回の議論チャレンジする自由と、そのチャレンジ不快から抑止するべきという自由のぶつかり合いだ。

公共の福祉ってのは基本的自由権自由権のぶつかり合いがほとんど。

ぶつかり合った時、一番建設的な方法はお互いが主張し、理解をし、歩み寄ることだ。

まり、しっかり議論しようという事。

ただ、ブコメにはあまりにもバカが多すぎて、なんというか勝手に一人で萎えた。

もしリアル議論できる場があっても絶対参加したくないと思わせてくれた。

そこでせっかくの機会なので、時間の浪費ではあるけどバカとの議論がいかに大変か記す。

びびるほどの上から目線で。


①相手がバカな時、こちらは説明がめちゃくちゃうまくないといけない

 バカにこちらの主張を正しく理解してもらうためには当然必要スキル

 ただし、このスキルほとんどの人が持ち合わせていない。

 理想池上さん。


②黒板やホワイトボード議論の場に持ち込まないといけない

 バカはすぐ論旨を忘れてしまう。

 でかでかと書いておいて、バカでも忘れないよう配慮必要だ。

 ただし、十分にでかいホワイトボードを持ち運ぶ力をほとんどの人は持っていない。

 ホワイトボードがある部屋を確保するのも難易度が高い。


③圧倒的なヒアリングスキルを持っていないといけない

 バカ自分の考えをその通りに主張する事ができない。

 思っていることと180度違う事を言ってしまったり、

 文脈迷路になってしまうため、類まれなヒアリングスキル必要だ。

 まれに360度違う事を言ってしまう事があるが、この時心の中で「ありがとう」を十回唱える事を忘れてはならない。

 なぜならそれほどの懐の深さがないと議論は続けらないからである

 ポジティブワードポジティブになれるという原理をうまく使う効果もある。



④圧倒的な忍耐力がなければならない

 圧倒的シリーズ


⑤とはいえ適度な強引さも必要

 粘り強く議論をする必要はあるが、長期戦になるとバカ自分の頭の中を整理できなくなる。

 時間をかけ過ぎてはいけない。


他にも読解力やひらめき、豊富な知識が必要とされる。

バカとの議論は与えられた人達しかできないのだ。

これは恐ろしい事実でもある。

相手側にバカが一人でもいた場合、こちらは天才を用意しなければならないのだから

暴力権力で言いなりにすればよいという主張は好きじゃない

※こちらにバカがいた時も、同様にして相手に天才を用意しなければならない


というか、ブコメ社会性に乏しい人が多いように感じる。

文脈おかしい人多いよね。今回は特にそう思った。

そういう人は会話のキャッチボールがうまくできないからどんどん社会性が乏しくなっていく。

地頭はそこまで悪くないと思われる人もいるけど、余計に惜しいと思う。

人間社会的動物から人との関わり合いがどうしても必要で、

そうでないとおかしくなるケースが多い。

そしておかしくなっている事にはなかな気づけない。

実は今回この記事を書いた一番の理由は、

おかしくなってしまっている人におかしくなっている事を気づいてほしいと思ったから。

これはまずいな、と思ったから。

星が多いコメからまずいやつをピックアップしてみる。

※念のため言うけど、「反対 = おかしい」ではない。


効果があるなら何をやってもいいという考え方は基本的テロリストと同じです。”

⇒「効果があるなら何をやってもいいという考え方」ってのは元記事からは全く読み取れない。

⇒むしろ、元記事書いた人は少しスッキリしたと言ってるくらいだからね。。。

⇒頭の中で完全にねつ造してしまっている。やばい


チェーンメールっぽいって批判には応えてないような。指名された人に対して、氷水募金冷血漢のレッテルという3択を突き付けるのは、慈善活動という目的によって正当化されるのだろうか?”

⇒各批判に応えるための記事じゃないってのは一目瞭然。少しスッキリしただけの人になぜそこまで求めてしまうのか。。。


”文句を言う奴はこれより高尚なやり方でこれ以上か同等の金を集めてみろ、というお話。”

⇒どこをどう読めばそうなる。


”「やらないよりやるほうがまし」ってんなら理解するしそうだろうと思うけど「こんだけ金集まってるんだから黙っとけ」っていうのが一番モヤモヤするわw寄付活動はその成果で是非が決まっちゃうなんてヤな世界だわ”

⇒いい加減俺も気づいたけど、みんなあえて元記事とは違う話してるんだよな


”結果じゃなくて手段がイヤなんだから、「いやでも成功したし!」みたいな反論は意味ない。成果があったことぐらい分かってるんだよ。これで本当にスッキリ出来ると思ってるのなら相当おめでたいね。”

⇒これは比較記事を読んだなってのがわかるブコメ

⇒同時に友達いなそうってのをひしひしと感じるブコメ

⇒これさ、価値観を思いっき否定しようってスタイルだけど、こういうのって議論余地がないんだよな。

20歳以上でこういう発言をしてしまう人は社会性が乏しいと思った方がいい。


まあ、たまっていた不満がこの記事トリガーなって溢れたんなら、文脈くそもないのかもしれん。

でも、だとしても文脈関係なくぶちまけてやろうってのはやはりどこかおかしくなってる。

おかしくなっている人はそれに気づいてほしいし、周りにそうなっている人がいたら救ってほしい。

というわけで、最後ちょっといい人っぽく締めてみた。

ALSアイスバケツチャレンジについてもやもやと思うこと

2013年の暮れ頃からアメリカで始まった「ALSアイスバケツチャレンジ」がついに日本にまで押し寄せて、ご覧の通り大流行になっている。

Ice Bucket Challenge - The ALS Association http://www.alsa.org/fight-als/ice-bucket-challenge.html

アイス・バケツ・チャレンジ http://ja.wikipedia.org/wiki/アイス・バケツ・チャレンジ

マー君氷水かぶるチャリティー参加 次に「ももクロ全員」ら指名 http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/08/21/kiji/K20140821008788720.html

氷水チャレンジ」大流行に冷ややかな声 「意味わからん」「強制性が嫌な感じ」… http://www.j-cast.com/2014/08/21213686.html

氷水かぶるALS支援運動モヤモヤしている人が少しスッキリするための図 http://topisyu.hatenablog.com/entry/icebucketchallenge

ネット記事を見ていると、有名企業家スポーツ選手タレントなんかが次々と参加して大盛り上がりな一方で、批判的な意見結構目立っている。「売名だ」「氷水かぶる意味が分からない」「強制的やらせるのがおかしい」「悪ふざけしているだけでALS理解は深まらない」というのが主なものだろうか。「飽きちゃった」というのもある。それに対しては、↑の4つ目のブログでも書かれているようにかなりの額の寄付金が集まったようで、「どんな形でも寄付金が集まったのはいいことだ」という反論がなされている。

ひとまず、仕掛けたALS Associationとしては大成功ということになるだろう。ALS日本語筋萎縮性側索硬化症のことを単に「体が動かなくなる病気」くらいにしか思っていない人も多いかもしれないが、少なくとも今回のキャンペーンで知名度が上がったことは確かだろう。

有名人患者では↑のブログに挙げられたホーキング博士日本人では徳州会病院理事長徳田虎雄氏が有名だろうか。簡単に説明すると、ALSは神経領域の疾患で、有病率は10人弱/10万人。患者の約90%は孤発性で残りは常染色体優性遺伝が指摘されている。症状は、まず指先を使う作業がしにくくなり、躓いたり物の重さを感じることが多くなってきて、発症から1〜2年で筋肉も落ちて腕や脚も使いづらくなり、さらに2年程度で嚥下障害、構音障害(うまく離せない)が出てくる。発症から3〜5年で呼吸筋も動かなくなり、人工呼吸器なしで生きられなくなる。根治療法は今のところ存在せず、進行を遅らせる薬物がある程度で他はリハビリくらいしか手立てがない。人工呼吸器を付けずに死を選ぶ患者さんも多い。先に述べた徳田虎雄氏は、眼の筋肉を使ってだろうか、文字盤を使ってコミュニケーションをとりながら業務を遂行しているという。(Wikipedia徳田虎雄」)

このような難病はもちろん研究に金がかかるわけで、ALS Association も日本ALS協会も寄付金集めに必死になっている。そこで今回の「アイス・バケツ・チャレンジ」を仕掛けて今のところ大成功を収めつつあるわけだが、ネットで言われているような批判もあるし、どうも周りを見てもすっきりしていない人が多いようだ。もやもやと思ったこと、この運動問題点を挙げてみたいと思う。

まず断っておきたい。この記事は「アイス・バケツ・チャレンジ」に参加して氷水をかぶったり、少なくない額を寄付に回したりした個々人の善意を非難する意図は全くない。その寄付金は、ALS Association に寄付されようと日本ALS協会に寄付されようと、ALS患者ALS研究に携わる医療者に役立てられるはずである。その勇気ある善意善行感謝の意を示しておきたい。ありがとうございます

それを差し置いても、今回のキャンペーンにはシステムの上でも、関わった人の心情面でも、そして今後の募金活動に関わる点でも、問題があるように思えてならない。それを述べてみたい。

チェーンメール性を帯びていること

インターネットからこの運動を眺める人の持つ最大の違和感はこれではないだろうか? チェーンメールが(特にインターネット利用者の間で)忌み嫌われてきた歴史を考えると、「指名されたら氷水をかぶって3人を指名」という増殖のさせ方が、ネット民に歓迎されることは考えづらい。寄付氷水といった内容に関係なく、このチェーンメール性だけで違和感を持つ人も少なくないのではないか。

「頭から氷水」は「飽きちゃったので」 「100ドル寄附」を選んだサイバーエージェント藤田社長 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1408/20/news117.html

サイバーエージェント社長は上記のように「指名」をせずに寄附を選んでいるが、インターネットに関わる人間としてチェーンメールのようなものに荷担するのに抵抗があったのではないか、と個人的に感じている。

・半強制的であること、公開制であること

もとから募金活動寄付活動積極的に関わってきた人からすれば、この点は面白くないのではないか。指名された瞬間、その人は「寄附する」か「氷水をかぶった動画を公開する」ことを求められる。いくら強制的でないとはいえ、前の人に動画で指名された以上、何もアクションを起こさなければ「寄附をしない冷酷な人間」か「ギャグに乗れないツマラナイ人」というレッテルが貼られるかもしれない。そうした不安を感じない人はいないだろう。つまるところどちらかの選択肢に決めるしかないのだが、そこに「善意からの寄附」という自由意志ではないものが紛れ込んでしまうことは確かである

また寄附というのは、特に日本では、パブリックに行うものではないという風潮があった。赤い羽根共同募金をはじめとした募金活動に、こっそりとお金を投じた経験を持つ人も少なくないだろうし、Wikipediaジミー・ウェールズの熱意に押されて無名1000円を払った人もいるだろう。これもあくまで心理的な問題だが、「寄附をして善行を積んでいます/運動の手助けとして氷水かぶります」ということを自分から公開することに、そしてそういった人に抵抗を感じているのではないか。

システム問題 --- 善意は枯渇するのではないか

最も大きな問題として考えられているのは、この「公開善行キャンペーンは、関係者善意を枯渇させるのではないか、ということである氷水動画を公開して、少なくない金額を寄附に回せば「善行を積んだ」という気持ちは満たされるし、「善行を積んだ人間」という表示をすることができる。今回の運動で、世界中に「氷水をかぶって多額の寄附をした善人」が大量発生した。それはいいのだが、そう言う人は、そして「少しばかり強制性を感じながらも運動に乗って寄附をした」人は、次に善意からの寄附を求められた時、同じように寄附をするだろうか?私は、個人的には、しないのではないかと思う。「この前寄附したから」でもいいし、「強制的にやらされて不愉快だったから」でもいい、理由はどうあれ、今回の「公開寄附」に参加した人は、これまでのような匿名募金には参加する見込みが下がるのではないか、と思うのである。↑のブログ記事赤い羽根共同募金募金額について触れられているが、今年度、これ以降の他の募金活動がどのような実績を出すか、かなり気になっている。もし今回の運動の結果、日本全体でのその他の活動も合わせた寄付金の額が変わらなかったら、そしてもしくは下がりでもしたら、今回の運動成功だったと言えるだろうか。少なくともALS Association 関係者にとってはそうだろう。しかし、もし「善意の総量はかわらず、使いすぎれば枯渇する」のが正しいとすれば、今回の運動は限りあるパイの配分を変えただけで、無意味である

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん