「一社」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 一社とは

2018-10-17

世代

失業(自願退職)したので親父にお説教をされたがアルコールが(両方)大分入ってたので自分は学がないので言葉ではなく暴力で返した

親父(農家希望都内大卒育ち)は住宅ローン持ちで大手企業営業定年退職(後で息子に払わせるつもりだったらしい)、自分パートタイマー高卒パー

一社落ちたからってしょぼくれるなよ的な事を言うがいかんせんここは両親が決めた地方は、(薬物依存症で)通院可能な職を探すには良くてパートタイマーで一つ隣の工場の1、2社、唯一の砦は親父に出してもらったフォークリフトやらの5つの習了書

自分は与えられた以上のをされたらそれについて進言する」と言う

「今の現状は時給ありきでそれ以上の働きを要求されるのは当たり前でそれを言ったら遠回しに要求を上乗せされてクビ(自願退職)にされる」

そう言って殴り続け眼鏡を割った(レンズって意外と硬いのね)

そんな時代もあっただろうがそんなの3、40年前の話だ、今は違う

ましてや待遇が上がらず物価ばかり上がる時代高卒待遇についてとやかく言う権利は今にはない

親父、言いたいのは分かるがそれは今の時代に生まれ変わってから言ってくれ、マジで

2018-10-16

新聞社の有料プラン入ってる人ってどのくらい居るの?

朝日新聞デジタルとか、日経とか。

ブコメを見ても、無料で読めない部分の内容=課金しないと読めない部分。に、言及しているブコメは少ない気がする。

実際、どこかに入ってる人の意見が聞きたい&背中を押してほしい。

紙の新聞は取ってないです。

どこか一社契約すると、そこの記事をよく読むようになる気がするのが怖い。

値段メモ朝日新聞以外は加入すれば読める記事数に制限は無さそう。

日経

・月4200円

読売新聞

・月3250円(新聞購読3100円+デジタル150円 紙の購読は必須)

毎日新聞

24時間 100円

・月1000円

朝日新聞

・月1000円。ただし読める記事数は月300本

2018-10-07

無職で余裕がなくさらに鬱だとさ

なんとか応募書類を作って面接にこぎ着けたとしても

日々の暮らしに精一杯で余裕なんて一ミリもないか

「将来のビジョンは」とか聞かれると答えに屈しちゃって何も言えなくなっちゃうな

また一社落ちて悔しいよ。

2018-10-01

[]ブラックオーシャン

競争のない新興市場をあらわす「ブルーオーシャン」、

競争の激しい既存市場をあらわす「レッドオーシャン」をもじって、

一社独占で競争のない市場を「ブラックオーシャン」と呼ぶ。

ブラック深海メタファーで、そこまで潜るのが難しい故に、

真っ先に辿り着けば独占できる、との含意がある。

ただしほとんど定着していない言葉であり、

レッドオーシャンを越えて飽和した市場

ブルーレッドかも分からない市場

など全く別の意味で使われる場合もある。

2018-09-25

anond:20180925102855

「高々一社員が会社代表をしてる」って考え方あるけど

アホなんじゃないかって思う

例えば運転してる時にタクシーに割り込まれたら

そのタクシー会社は使わないって言ってるんでしょ?

意味が解らない

2018-09-20

植松伸夫って

つの間に「作曲家植松伸夫」なんて言われる立場になってたんだ。

ただのスクウェア一社員だったよね?

いや、今は独立してるようだけど

つの間にそんな立場になってたのか…と驚いたんで(FFから離れて久しいか分からん

2018-09-19

院生だがソフトランディングした

自分の例が成功例だとは思わないが、悩んで思い詰めている人の参考にもなるかと思い、書いておく。

私は社会科学系の博士課程に進んでいたが、研究成果が全く上がらない、やる気もないダメ院生だった。査読付きの論文なんか一編もないし、当然学振もなかった(申し込んですらいなかった)。家族のこともあり、いよいよ食い詰めた10年前には29になっていた。どうにもこうにもならず、就職することにした。

と言ってもどうやって就職したらよいのかもわからないので、リクナビとかがやっている新卒第二新卒向けのイベントに行った。出展していた会社に片っ端からエントリーした。30社くらいエントリーした。

自分の中でカッコいいと思ってたコンサルとか金融とかSIerとかは軒並み落とされたが、全く興味のない業種の3社から内定をもらった。その中で、相対的にまともに思えたのが前職の会社。確かスタート年収400万ぐらい。5年間働いて同じ業種で転職したのが今の会社。いまの年収は700万。

就職するとき心配していたのは、再スタートするには遅すぎるのではないか、ということだった。確かに就職して2年ぐらいは年取った新人なのでへんな感じだが、部署異動をしてからは誰も細かいことを気にしない。さらに言えば、転職をしてしまえば、その人が二十代に何をやっていたかなんて事は他の人にとってどうでもよいことになる。つまりは、どこかの会社に入ってしまえば、後は職歴ロンダリングで、院生として過ごした日々はどうとでもなってしまう。

自分ダメ院生だったか一社目の就職は思ったようなところに行けなかったが、理系で、プログラミング数学なんかができる人は就職の口はそれなりにあるのではないかガチ文系は知らん。学習塾かに入社して転職するのがいいのではないか

私のような人間ですら、就職によって失ってしまったものがあると感じるのだから研究でそれなりの成果を上げている人であれば諦めるのは辛いとは思う。とはいえ、毎月給料が振り込まれること、毎年、翌年の心配をしなくていいのは、精神的にすごく楽だ。年金も払っている。健康保険にも入っている。結婚した。子供も生まれた。どれも、あのままのダメな私であれば得られなかったものだ。

もらった給料で好きなように暮らすのは、かつて思い描いた人類全体への知的貢献から得られる生き甲斐とは全く違うが、これはこれで幸福である。思い詰めて死までも考えているのなら少し考えてみてほしい。

2018-09-02

職業の選び方

誰も教えてくれなかったので

今やるならこうやる

 

・長時間それができるかどうか

自分がその職につける能力があるか

業界斜陽産業ではないか

業界の規模は十分か(新しくて目立ってる業界は実は小粒だったりする)

一社が独占していないか(その会社が駄目だったとき詰む)

職業が人気すぎてレッドオーシャンではないか失業やりがい搾取リスクが高い)

・60歳でも平社員で働けそうか

 

なお、これらをジャッジするためには

・どういう職業があるか

業界の規模

業界の推移

・具体的な会社

従業員

を知る必要がある

結構大変

 

キャリアパスほとんどの場合最初から考える必要はない

確率的に一生平社員が一番高いんだから「もし昇進したら」とか考えるのは危ない

ビジネスモデル最初から考えてもしょうがない

大抵同じ職業業界の中で複数ビジネスモデル存在する

「やりたい事」は除いた、そんなの入れなくても勝手に加味されるだろ

 

もちろん全部OKなんてことはないので

幾つかの選択肢の中での優先順位付けという考え方

2018-08-13

十勝毎日新聞社花火大会害悪

毎年8月13日は、私の故郷北海道帯広市で大きな花火大会がある。

近年では全道的・全国的に名の知られるようになった花火大会だ。

タイトルの通り、この花火大会はそれなりに問題を孕んでいる。


凶悪渋滞を引き起こす

開催場所市街地に近すぎて、市内にアホみたいな渋滞引き起こしている。

最近は、札幌からも客を呼ぶので、なんど道東道まで渋滞していると言う。

帰省中の人、退勤者、道東への物流に重大な被害が及んでいる。


近隣住民迷惑

トイレ貸してくれ。と、見ず知らずの酔った人に言われる。大便もある。

とこんな感じ(他にも花火演出がクソださい、花火の前の企業宣伝がクソ長いなども問題がある)なのだが、

最大の問題は、こういう花火大会開催に当たっての問題点や課題が、毎年開催されるにもかかわらずクリアされにくい構造にあるのだ。

その理由は単純で、主催者十勝毎日新聞社と言うこの地域ブロック紙からだ。

十勝地方新聞社は、長い淘汰の歴史を経て、この十勝毎日新聞社一社のみが現在生き残っている。

地域ミニコミ誌経済誌出版文化の低迷により絶滅した。

現在ミニコミ誌は、十勝毎日新聞社北海道新聞社系列誌だ。

すなわち、十勝管内の言論がほぼ一社に占められている。

新聞だけではない。十勝毎日新聞社ケーブルテレビを展開し、観光事業にも手を伸ばし、ホテルやガーデンを系列会社経営している。

十勝毎日新聞社のすごいところは、開拓時代から多角経営していてもう100年もこの地域新聞屋をやっているところ。

この寡占状態ゆえに、だれも地域反論を上げられない。上げるための器がない。

花火大会自体経済効果があるからいいのだが、特に反省がなされることなく、だんだんと規模だけでかくして「来年もやりましょ」的に膨張している。

のしわ寄せを、だれも反対できないし、だれもケアしようとしない。というか、できない(十勝毎日新聞社もただ自分事業を行なっているに過ぎない)。

十勝毎日新聞社ライバルがいないから、深いところまで気にしなくていいのだ。そして実際気にしていない。というか、できない。他社(他者)の眼がないから。

その構造こそが最大の問題点だが、それゆえに解決は難しい。

十勝は昔から農産物生産地で、モノカルチャー雰囲気がある。実は産業だけでなく、観光出版言論もまたモノカルチャーなのだ北海道らしいと言えばらしいのだが。

釧路市苫小牧市なら、こうはならないと思う。

この花火大会が孕む問題はぼやっとしている。だれも地域でそれを認識できない。私も別にいいのでは? と思う気持ちもある。

誰もこれでいいかどうか解らない。誰も問題推し量る尺度すら持っていない。

2018-08-08

anond:20180808093300

支援士、3年で14万円とか維持費高杉!

登録権利持っているけど、実質ステータス維持だけのために馬鹿みたいで、登録やめる。セキュリティ関係に特化した事業しているならともかくも個人では登録しないだろ。ユーザー企業一社に一人のマスコットになるにもコスパ悪すぎる。

2018-07-28

anond:20180728083032

いやだから潰れるべきなんだよ。全国にネジ作れる企業一社だけになったら何が起こる?そう独占だよ。いくらでも単価上げられるんだよ。ミクロ経済学をまなんでくれ。

2018-07-27

GoogleAppleが勝ち続けてるのは嫌

こう

一社がすげー勝ってからニッチ領域でそれが崩されていきやがてクソみたいな大企業になるっていうさ

 

ベンチャー < 中小企業 < 大企業 < ベンチャー

 

みたいな三すくみ理想だと思うんだよ

でも特にGoogleなんかはベンチャーを買っちゃうから、今みたいな感じになるんだよね

2018-07-21

文系女の転職支援サイトレビュー

私:

文系

三年目

転職は初めて

転職理由(本音)は残業60時間越えが嫌なのと今の会社年功序列感がつまらいか

転職したいな〜と思ったけど相談できる人がいなかったのでとりあえず就活の時と同じくサイト登録することを思いついた

転職するか、と思うと世の中は転職サイト広告だらけで迷う

マイナビエージェント

登録してすぐメール電話が来て驚く

転職しよかな?くらいのノリだったので面接に行ったり職務履歴書を書くのは結構ハードル高かった

・ただ担当してくれた人が良い人で、面接しているうちに自分がなぜ転職したいのか整理できた。面接大事だなと思った

・私の志望している業界求人はあまり充実していなかった

リクナビ

メール電話死ぬほどかかってくる、メールが「このままだとサポートできませんけど」みたいなちょっと怖い感じ

マイナビ面接して満足し、連絡を全て無視してしまったので転職活動としては利用していない

◆エン転職

マイナビでうまく志望企業を増やせず登録

企業情報がめちゃくちゃ詳しい。一社ずつインタビューに行っている?この会社に向いてる人・向いてない人 まで書いてあるので志望理由がめちゃくちゃ作りやす

エージェントとかはおらず、とにかく自分で探して応募していく。新卒就活ときと同じ

マイナビで大体の流れを掴んでいたので問題なかったけど、最初にここに登録しなくて良かったなという感じ

メールがたくさん来る、面接確約とか書いてる求人はやばそう

求人情報マイナビと被るのかな?と思ったけど全然被ってなかった。

Wantedly

意識高い

・始めフェイスブッカケのアカウント登録するが、現職の企業アカウントや知り合いから見られているのでは?という恐怖でメアド登録し直す(企業ブロック設定やプロフィールの公開範囲設定もあるのだけど、分かりづらいしアプリwebで設定の粒度が違ったりしてなんかいい加減だった)

文系だしなんかスキルがあるわけでもないので、あまりいいプロフィールを書けない

文系向け求人あんまない

・「まず会社の人と会ってみる」という考え方がよく分からなかった、面接してほしい

DODA

・ここも担当がつくタイプサイトだけど、電話面接ウェルカム(マイナビリクナビは実際に会うの推奨)

何社か選考進めたりして転職理由や志望業種が固まってたので、担当とは電話だけのやり取りで十分だった

DODA担当を通して選考する企業と、こちら側で勝手に応募する企業がある。契約プランが違うらしい。

こちら側で勝手に応募する方は、応募しても履歴書しか届かないらしい。職務経歴書も届けてほしい…

マイナビと被ってる求人情報があり、多分同じ枠とのこと。私はそこを「別の人が決まったから」という理由書類落とされてたのでなんか悲しかった

サイトごとに求人が色々あり、被ってないのが意外だった。企業はどうやって利用するサイト決めてるのかな

2018-06-25

統計という都合のいい言葉

理屈しかない人にとっての都合のいい言葉統計ではなかろうか。

数字こそ信じられるという頑なに変えない主張。

統計を取るのなら様々な方向から取らないと信頼性がないというのに○○から統計で~一箇所が調べた結果が全て正しいと思い込んでて話にならないという。

そんなのがあちこちにいるんだが…確かにね、統計から「あぁそうか」と思う事もある。

だが、いっぺんも疑いなく信じ切るのは愚かだと思っている。

頭でっかちの人は、何かと理論を進めていくと統計がー統計がーというが、そういうのはあらゆる方向から調べていかないとダメだという事に気づいてほしい。

安倍で言うと、新聞社が支持不支持の話が%で評価してることがあるが、あれだって全部の新聞社が平均的にそれかよって話になる

ただ一社新聞社の結果でその数字が正しいと思い込んでいる輩がいる。

そういうのと同じだ。

ろくに調べもしないで統計という二文字を都合よく使うのはホントダメ

2018-06-24

anond:20180622203347

「どこ行ってもそう」って言ってるけど、何社くらいで働いてから言ってるんだろう…??

まさか新卒で入った一社だけじゃないよな?

2018-06-23

女性技術者だけど寂しい

女性比率部署20人中女1人

男性社員は仲良い人同士で飲みに行ったりできていいなあ

学生時代は同性の友達が1人か2人くらいでその人とばっかり遊ぶような友達づきあいをして来たけど、流石に男の人と少人数で遊ぶとかは勘違いのもとになるしなあ

女性比率少なすぎるせいか、他部署女性が隣の男性社員と仲良く話してるだけで「あいつらデキてる」みたいな噂流れてるの聞いたことあるし…

でも他の男性社員同士が楽しそうにキャッキャしてるの見ると羨ましい

部署飲み会とかでもそう言うグループで固まっちゃってアウェー感二次会男性向けの店とか行くし)

私も仕事愚痴とか技術ネタで盛り上がりたいよー

仕事ではちゃん一社員として尊重してもらってるし、贅沢かもしれないけどさ

2018-06-22

anond:20180622203347

2回転職して一社がそうだった

後の二つはそういうの無かった

2018-06-20

奨学金借金1000万、無い内定19卒。希望が見えない就活生の吐き出し

吐き出し。

高校大学奨学金を借りて、返済額が1000万円近くある。

借りた当初は「どうしても学びたいことだったし、これは未来への投資」「就職したら頑張って返していこう!」そんな風に前向きだった。

元々母子家庭で、非常にお金がなかった。

運良く高校無償化の恩恵には預かれた世代ではあるが、制服代、教科書参考書代、その他施設費、そして受験費用……

結局奨学金を借りなくては高校卒業ができないような経済状況の家庭で私は育った。

このような状況なのだからそもそも大学お金がかからない国公立、もしくは行かない選択をするべきだった。

だけれども何を考えたか私立大学へ進学してしまった(今の大学を選んだことは全く後悔していない。質の高い、すごく良い大学だった。でもお金のことを考えるとその点では非常に後悔している)

結果、奨学金の返済1000万円を抱えることとなった。

最初のうちは「どうにかして上位の大学に入れたし、ここで頑張って勉強していい会社に入って奨学金を返そう!」「ちゃん就職したらお母さんも楽させたい」

そんな風に希望に満ちあふれていた。

でも、いざ就活が始まってみると、お祈り、お祈り、お祈り、お祈り……

少し長めのインターンに参加して「ぜひうちに来てください!」「あなたと一緒に働きたい」そう言ってもらえた会社からも当然のように不採用通知が届いた。

内定が欲しいのならより好みせず選考に参加しましょう!」「飲食や小売は狙い目です!」

その言葉を信じて飲食、小売の企業にも応募したが、祈られている。

企業研究だってエントリーシートの書き方だって面接対策だって、どれも一生懸命やってきた

勉強だっていつも頑張ってきた……

でもどれも結局は自己満足しかなかったんだろうな。

だって誰も、どこの会社も私のことを必要としてくれてないんだもん。私という人間は、必要とされない。その程度でしかなかったんだよな。

奨学金1000万円も借りるほどの人間なんかじゃなかったんだ。1000万円を借りてたくさん勉強するべきなのは、私みたいな人間じゃない。もっと価値のある、素敵な人がこのお金を借りるべきだったんだよ……この大学に通うべきだったのも、きっと私なんかじゃなかった……私よりも合格すべき人はきっといっぱいいたんじゃない?

なのに身の程知らずにも奨学金を借りて、大学にまで行って……

私って一体なんなんだろう……

今日、また一社から祈られた実家から通える範囲会社で、ここにもし受かれば実家に戻って、家族を支えながら働けるな…なんて思っていた。

そしてさっき実家の母から祖父がもうダメかもしれないと連絡がきた。

膵臓がだめになってたらしい。膵臓は異常に気づくのが遅くなりがちな臓器で、祖父発見がもう遅かったんだって

そもそもだって体調はよくない。もともと病気がちで、数年前に倒れてしまたこともあった。

そんな祖父や母を、私全然支えられてない……職すらまともに見つけられてない。借金けが残ってる。


奨学金、借りた本人が死んだ場合はチャラになるらしい。

私は機関保証制度を利用しているので、私が死んでしまったとしても親族には連帯責任が行かない……

大好きだったおじいちゃんももうだめかもしれないんだったら、もう私も死んでしまおうかな……

毎日そう考えて、毎日泣いてる。

2018-06-17

漫画の持ち込みに行ったけど…

この前東京漫画の持ち込みに行ってみた。個人的感想だけど、編集者って漫画家育てる気もうないのかな?

最初から上手い人」を求めすぎじゃない?最近の連載ってネットでバズってる人引っこ抜いてくるか、大御所ばっかで新人全然いないよね。

三社持ち込み行ったんだけど、どこから来たの?遠いところからわざわざありがとうとか聞いてくれたのは一社だけ。

基準枠とかノドの位置基本的な間違いを教えてくれたのも一社だけ。

他の二社は、ひたすらキャラと展開と絵の話をしてたけど、その話をしてなんで基準枠の話はしなかったんだろう…と思った。

基本1時間くらいかけて相手してくれたけど、20分で終わったところもあった。

編集者って持ち込みに来る人間初心者はいないと思ってるのかな?「ちなみにこれ何作目?」と聞かれて「2作目です」って言ったら急に驚いた顔して、なーんだ!そうだったんだー!って言ってたけど。

にしても、褒められて嬉しかったりもするけど、交通費アホみたいにかかる上にこんなんじゃもうネットでいいやって感じだ

2018-06-12

エロ漫画国の二次創作大臣ですが

くーねるまるた一社独占状態になっていることを危惧しておりますが、国の宝として保護していきたいと思っております

また、秋子さんについても同様です

2018-06-09

母と弟が泣きながら口論している(私は姉です)

弟、就活

いくつか受けてようやく民間企業一社内定

母は弟の性格的にも公務員を勧めるが、弟は「どうせ落ちるし、結果を待つ時間が嫌だ」といって受験を嫌がる

母の「今まで好き勝手生活してきたんだから、私の唯一の願いだから公務員試験を受けて」という言い分も意味不明だし

弟の「子ども自由生活させないなんて親として終わってる。お前の気持ちなんかどうでもいい」と反論しながら生活のすべてを母に頼り、本当は公務員が気になるのにビビって受けられないところも意味不明

いや、公務員試験を受けるか受けないかは母の希望に関わらず弟が決めるべきだと思うよ

ただ弟の、母にネクタイを締めてもらうどころか制汗剤を脇にスプレーしてもらっていたり、偏食で食事はすべて別メニューを作ってもらったり、就活の予定を管理してもらっていたりするのにそれを棚に上げて偉そうな言動をするところが信じられない

私には入れない二人だけの世界というか、これが二人のコミュニケーションの取り方なんだ、と思うと……それでもリビングでの口論不快だな……

2018-05-31

なにか作れる人うらやましいよな

でも例えば今小学生に戻ったとして

何か作れるようになるために何を始めようかと考えると、特にどれもやりたいと思えないんだよね

 

まり「なにか作れる人たち」という集団全体を指して「羨ましい」わけで

集団の中の一個人になりたいかといえば、ちょっと違うのかもしれない

 

こういうのは会社に対しても起こる

大企業を指して「あの会社良いな」とは思うが、一社員になりたいかといえばちょっと違う

 

理想は一個人でそういう集団レベルの力を持てれば良いんだけど

それはもう偉人すぎるし目指そうと思って目指せるものでもない(ジャンプ主人公みたいだな)

結果的に「いいなあ」が常に正しいし、たとえなにか作れるようになっても「いいなあ」の病気は治らない

 

作曲しようが絵を書こうがプログラムを作ろうがゲームを作ろうが、小説で賞を取ろうが歌で成功しようがブログアクセス数を稼ごうが会社上場させようが有名な芸術家になろうが

どこまでも満たされない

2018-05-29

プログラマー派遣80万の件

https://twitter.com/magicalseven/status/1001019879934251008

俺は間に一社も入ってないSES契約だけど、単価80万で給料は額面25万。

ちなみにC++開発でほぼ1人体制だけど、相場はどの位なんだろうか。

2018-05-23

日本就活のどこがおかしいのか、細かく指摘していく

日本就職活動無意味さに非常に呆れかえっている。

想像以上の非効率さを目の当たりにして、漠然と抱いていた「社会人への憧れ」が粉砕されてしまった。

特に大手企業対応には眼に余るものがあり、入社するつもりだった会社にも幻滅してしまった。

この様子だと入社後の扱いや会社の行く末も知れている。今は真剣に辞退を検討している。

僕が具体的にどういう所に就活の非合理・非効率を感じたのか、記憶が新しいうちに記録しておこうと思う。

マイページ

一社一社個別マイページ登録させられる。

個人情報一切合切を書き込む手間が毎回あり、それだけで一社あたり1020分ほど使わされる。

エントリーシートの締め切りもマイページに書いてある場合が多いので、まだ募集しているかどうかわからないのに登録するハメになる。

そのため登録してみたら実は募集が終わっていました、なんてこともしばしば。

それでいて選考通過のお知らせは電話でよこすのだから意味がない。マイページメールボックス使えよ。


エントリーシート

多くの場合面接ネタにするだけのものである

志望動機学生時代に力を入れたこと、などが鉄板

これの厄介なのは合計1000文字など平気で要求してくるところだ。

もちろん使いまわせるところは使い回すが、同じ「学生時代に力を入れたこと」でも400文字と800文字ならいちいち直さなければならない。

それを20社、30社と出すのだから学生負担は計り知れないものとなる。

無駄に力を入れてユニークな設問を入れてくる会社もある。その場合、また改めてゼロから400文字ひねり出さなくてはならない。

しっかり読み込まれているならまだしも、面接ときの「話のネタ」程度で終わるのがオチである

そのうえ、面接エントリーシートの内容について口頭で説明させることも多い。

御社を志望した理由は何ですか?」と抜かしてくる。

エントリーシートで400文字もの志望動機を書かせたのにも関わらず。

失礼としか言いようがない。

説明

地方学生であってもわざわざ東京説明会に参加しないとその後の選考を受けられない、という場合が多くある。

最近ネット説明会を導入する会社も増えているが、やはり基本的には説明会への参加を強要される。

このインターネット時代に何をやっているのか、開催する方もそれなりの負担があると思うのだが……。

webテスト

対策したもん勝ちである

学力を見たいのなら学歴判断すれば良いのである。もしテスト学力を見たいのであれば、対策のしようがない、自社製のテストを作るべきなのだ

その労力を企業が怠るために、学生はわざわざ本を買ってwebテストに備えるハメになる。

学力テストならまだましで、「精神疾患へのかかりにくさを測るテスト」というもの存在し、実際に大手企業が使っていた。

これがたとえば「がんになる可能テスト」だったらどうだったであろうか。疾患リスク採用候補者を絞るのは完全な差別である

社員仕事うつになった時、自己責任にするような会社なのだろう。

面接

一回あたり30分〜1時間面接複数回行う。

このような面接学生能力人格がわかるとは到底思えないのだが、ご丁寧に日程を分けて3度も4度も行うので交通費時間もかかる。

話す内容は学生時代アルバイトサークルなどでの仕事についてだ。

これは嘘をついたもん勝ちで、一部の本当の努力家か、その人たちの成果を横取りして話した人間突破することができる。

しか企業側もうまく嘘をつける人材が欲しいのかもしれない。そうであれば妥当選考か。

GD

グループディスカッション

協調性論理性など、チームで仕事をする際の能力を見ていると思われる。

これは会社タイプに合わせて対策を変えねばならない。

新卒採用HPの「求める人材」の欄に「協調性」とあれば余計な自己主張はしないのが吉。

たとえ納得できない論理が展開されていても、遠回しに否定するか反論を諦めるかしないといけません。それが会社で求められる能力です。

ちなみに僕はほぼ発言しなかったGDに通過しました。そんな選考やめちまえ。

内定

怒涛のオワハラの開始だ。

オワハラとは「就活終われハラスメント」、つまり内定を出した学生を囲い込むために就活を終わらせようとすること)

そもそも最終面接において、学生第一志望と宣言するかどうかで内定の有無を決めることからしてオワハラだと思うのだが、内定後はさらに酷いオワハラが繰り広げられる。

「他社選考の集中する日程に研修を入れる」「他社は辞退します!と言わせる」など、立場の差を利用してありったけの圧力をかけてくる。

僕はこれがトドメとなって第一志望の志望度がダダ下がりし、内定辞退を検討している。


その他

つらつら書き連ねてきたが、他にも書きたい「企業学生に対する失礼な行動」がたくさんある。

サイレントお祈り勝手に送りつけられるパンフレット圧迫面接などなど……。

大学学業について、「社会では役に立たない」から、とバカにしてくる企業もあったそうだ。

また、周りからプレッシャーにもすさまじいものがあった。

学校コネ入社できるんでしょ」「学歴がいいんだから、いい企業から内定がもらえて当然」「何のためにいい大学に入ったの」

このような心無い言葉に何度傷つけられたかからない。

親がバブル世代であり、就活に苦労しなかったこともあって、無理解や誤解には非常に苦しめられた。

加えて、卒研担当教官からの「早く就活おわらせて学業に専念してね」というプレッシャーも非常に苦しい。

就活が長引けば研究が終わらず、卒業できないリスクが待ち構えている。そうなれば入社がどうこうという話ではなくなってくるのだ。


結局、何が悪いのか

このような事態学生一方的我慢せざるを得ないのは、全て新卒一括採用のせいである。

周りの学生比較して内定が取れていないと焦り、追い詰められてとりあえず適当会社を受けて内定をとる。

入社後、その仕事がちっともやりたくなかったということに気がつく。

やりたくない仕事毎日残業までこなし、転職の余裕もなく、会社で消耗して精神を病んでしまう。

あるいは、自分に合わない業界就職活動をし、内定をもらえないまま夏を迎える。

間違いに気づいた時にはすでに遅く、新卒カードを失った就職浪人生ができあがっている。

翌年あらためて就職活動を行うも、就活に失敗した「劣等生」を採用する会社は少なく、学生の時には無かった苦労を強いられる。

これらは学生自己責任などではない。

新卒一括採用を行い、そこでレールを外れた人間は一生「レールの上」に戻れない。

そのような採用方法がなければ、自分のペースで就職活動を行い、じっくり会社吟味することができるはずなのだ


就職活動を通じて、僕は日本企業に本当に幻滅してしまった。

御社」の内定は辞退し、海外にでも行って働くのがいいのかもしれない。

しかし踏ん切りがつかないでいる。それは僕自身も、この就活を通じてすっかり価値観を染められてしまたからなんだと思う。

まさか就活うつ」を超えた先に「内定うつ」が待ち受けているとは思わなかった。このまま入社すれば「社畜うつ」が待ち受けているのだろう……。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん