「自虐的」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 自虐的とは

2019-04-18

祖母のこと

年末祖母が亡くなったんだけどなぜか今頃もう会えないということを実感し始めた。

葬式では周りがワンワン泣く中で涙の一滴も出なくてさ、さすがいつも感情が無いってネタにされるだけあるわって半分自虐的に思ってたんだけど違うね。もう祖母に会うことも会話することも動いてる姿を見ることもないって実感できてなかっただけなんだよね。

祖母は遠くに住んでいたか小学校の頃は毎年遊びに行ったけど中学生になってから全然行けてなくてさ。ここ数年はまた何年かに一回顔出せてはいたけど学生の頃は5年くらい会えてない時もあった。

生きてるうちに会いに行くのが一番って分かっててもさ、交通費とかケチちゃうんだよね。ほんとしょうもない。会いに行けよって昔の自分を殴りたいわ。その時はその時でギリギリ生活してたんだと思うけど。今なら親に借りてでも行けって思うね。

ただ私は孫じゃん。母はもっと会いたかっただろうなぁって思うと本当に申し訳ない気持ちになる。

うちの母は私も兄弟も小さいからってずっと家にいてくれたんだよね。専業主婦だったからずっと甘えて親がいないと何もできない子でさ。きっと祖母に会いに行きたいって何回も思ってただろうなぁ。

亡くなる前もその月に行こうとしてたんだけどちょうど引越ししてバタバタしてるからってその次の月に予定を変更したんだよね。そしたら亡くなっちゃってさ。何の病気もなかったか予測できないし仕方ないとはいえ本当に私が行ってきなよって言ってあげればよかった。

結局何が言いたいんだろうな。わからない。ただ二度と会えない人がいるっていうのが悲しい。人間から仕方ないこととは分かっているし世の中には早くに親が亡くなってしまった人だっているけど。何ならうちの母も学生の頃に父(私の祖父)を亡くしてるけど。

あぁ、だからこそ母には祖母に沢山会いに行ってほしいって思うのかな。

母は強いから、嫁いだ時にもう死に目に会えない覚悟は決めてたって言ってたけどどうやったらそんな強くいれるんだろう。その強ささえ悲しくて申し訳なくなるよ。

終わりどころが見えなくなってきたからやめる。みんな、親は大切にしよう。例外の親もいるけど、好きだと思える親を持っている人は大切にしてあげてください。

2019-04-16

自分の得意を仕事にできている人はどのくらいいるのか

自分の持ち味を生かせる仕事をやった方が全方向的にメリットが大きいけど、どうもそうじゃない人が多い気がする。

適材適所他人に任せることはナンセンスだけど、自分の強みを正確に理解できていると言える人はそれほど多くないのではないか

自虐的に、自分には何も強みなんかない、とかいう人をよく見るけど、いやいや、あんたはあの分野だとどう考えても超強いやんって思うこともしばしば。

ミスマッチを防ぐとか、最近になって言われ始めただけで、実態としては大半の人がミスマッチなんじゃないか想像している。

今のところの見解としては、人の側が悪いというより、強みを生かせるような職種そもそもごくごく狭き門すぎて、大多数の凡人はミスマッチを受け入れざるを得ない職種しか余っていないということ。

結局は、適所にはまるのも激しい競争が前提なんですね。競争に敗れし者は甘んじてミスマッチ職種でほそぼそと生きるしかいからこの現実があるのか。

実際のところはどうなんでしょうかね。

2019-04-15

中の人がいないことを前提にしないのはいいけどさー。

vtuberなんて中の人がいて、配信してるとき魔法がかかってるんだよ。

みたいなこと言われたら萎えるよ。

しかも、自虐的に言われたら、じゃあ、なんで、vtuberになったの?

と、思っちゃうよ。

他のvtuber魔法かかってるんだよ。って明示的に言ってないけどさ。

そう思われるようなこと言っちゃったら、ディスってると思うよ。

悪い魔法にかかってるなら、さっさと解いてもらったほうがいいと思うよ。

2019-03-25

anond:20190325123644

腐女子自虐的にその手の争いを漫画にしてたから目立つけど

男もよくやるでしょ

オタク同士の不毛縄張り争いは性別関係いか

===

ごめん、トゥギャッターでよくみたわ腐女子同士の闘い

漫画じゃなかった、普通に公開でやり合いしてたわ

男も結構よくやってるという感想は変わらず

2019-03-10

ジャップ叩きの人って

https://anond.hatelabo.jp/20190310015542

ジャップの皆さんがどんな現状に置かれてるか、軽率に伺ったことを深く反省しま

劣等民族のみなさんごめんなさい。強く生きてください。死んでもいいです。


https://anond.hatelabo.jp/20190310020017

日本人1億二千人で韓国の皆さんにキムチ永久に作り続けます

から大韓民国さま見捨てないで


増田によくいる自虐的極左だと思ってたんだけど、在日朝鮮人なのか?

増田みたいなとこまで来て日本叩きする感覚がよく分からんのだが・・・

コスパも全く無いだろうに

2019-03-06

インフルエンサーの妻がつらい

妻は出会う前からブロガーでそこそこの読者を持っていたが、結婚出産ツイッター子育て上の愚痴のようなものを盛んにつぶやくようになってからフォロワーが飛躍的に増えた。今では一万人以上いる。インフルエンサーといってもインスタで何万人もフォロワーがついているようなのには及ばないが、ツイッターでは数千RTになることも頻繁にあるうえ、質問箱を開設すればほとんどファンレターのような質問がそれなりにくるし、子育てネットメディアから寄稿の誘いも受けた。

妻は昔からエゴサに熱心だしそれこそふぁぼったー(大変お世話になりました)を見ない日はないタイプだったけれど、フォロワーが増えてからも一層それに熱心になり、ツイッターは基本毎日更新最近はインスタにも力を入れはじめている。

妻がよろこんでるのは悪くないし、私自身妻とはネットを通じて知り合ったので妻のそういう性向否定するつもりはないが、最近つぶやきに小さな嘘が混ざることが気になるようになってきた。

ツイッターでの妻の芸風は、人生における自分選択いかに正しく参考になるものであるかということを、ネット受けしそうな自虐を混ぜることで嫌味にならないように表現するといったところなのだが、結婚当初からである私のこともツイッター上で、時には自虐的、時には自慢気に表現しており私の子緒をおもしろおかしく書くこと自体は構わないのだが、事実に反することを書かれると気になる。

妻のツイッターを見ると家庭内ちょっとしたこともかなり盛って表現していて、妻のことは愛しているか人間性を疑うわけではないんだけど、子供や夫(私)のことでこれ以上嘘が増えるとちょっときつい。

それに、妻がネット自分選択は間違ってなかった(仕事引っ越し結婚子育て方法)と書くときそばにいる私はそれが妻の抱えているいろんなコンプレックスの裏返しであることに気づいてしまった。インターネットに描いた虚像による承認がもしなかったら、妻はどうなってしまうのか。

出会った頃からネットの人だった妻しか知らない私は、それが不安なのかもしれない。

2019-02-28

死にたい死にたい死にたい

いや、死にたいわけじゃないんだけど、まじなんもできねえ、集中力が死んでる、なんもできねえ、文字が読めねえ、物事が頭に入ってこねえ、現実逃避的に増田は読めるのにな、長文だともう読めないけど

金が無くて追い詰められてんのに、どんどんやる気がなくなる

まじ、死ぬ気になればなんでもできるって嘘だよな、実際はなんもできなくなる、余裕がなくなればなくなるほどそれを回避するための手段が打てなくなる、人間ってわけわかんねえな、そこらへんの人刺して金取ろうとかそういうことしか思いつけなくなる

いや、短絡的だってわかってんだけどな、何故か自虐的な行動に走ろうとしてしま

これ俺だけか?俺だけなんか?

病院行けって?行くよ、行くけどな、特効薬なんて金しかないって薄々わかってんだよ

2019-02-23

日本人女子高生アイコンにし過ぎ

スイッチマリオCM女子高生ジャンプで始まるのを観て、ふと思った。

少し古くてメジャーなところだと、東京オリンピック宣伝動画でもメインになってたし、正月ソフトバンクCM、でもメインで使われていたような。

日本人代表的アイコン女子高生になってるよね。

別に自虐的メガネカメラサラリーマン時代に戻せって訳じゃ無いけど、対外的にも内輪でも最も使われてる人的アイコン女子高生って…どうなんだと思う。そんな国他にあるんだろうか。

フジヤマゲイシャじゃないけど、過去のある種オリエンタリズム芸者アイコン現代アップデートされて女子高生になっただけのような扱いはやっぱりなんだか違和感ある。

みんな自然に受け入れてるもんなのだろうか。

2019-02-21

anond:20190221114735

4.旦那病気事故などで働けなくなったり、出世絶望的になったりしても「私が彼を支えよう」という心境になるかどうかは、その女の甲斐性による。仕事バリバリできて気が強くて母性も持ち合わせた女ならわりといる

5.逆に、そういう甲斐性のない女は自分がない分、勤め先や旦那スペック子供マウンティングをするから、気の強いオカンタイプを選べば良いわけで

この辺も違和感あるけど。

甲斐性があって仕事バリバリできて気が強い女はそれだけ上昇志向もある名誉男性タイプが多いだろうから勤め先でマウンティングしたがるだろうし

甲斐性がない女は上昇志向薄い事が多いかマウンティング自体興味なくてマイペースかむしろ自虐的な人多いだろうし

2019-02-19

社畜って言われた。

GvGのゲームしてる

土日出勤で火曜水曜が休日

日曜日残業になるからGvG欠席するって連絡した

そしたらギルドであまり親しくない人に「日曜日なのに社畜…」って言われた

「私、社畜なんだよね」って「私、馬鹿なんだよね」って自虐的に使う言葉だと思っていたから驚いたし少し傷付いた

畜って家畜とか畜生とか、人間様以下って意味なのに

考えすぎ?大して意味も考えないで使ってる?納得いかないけどトラブル起こすのも気が引けるから黙った。悔しいし腹立つ

自分は他の人に対して社畜って言わないようにしようと思った。

2019-02-18

芸術への衝動

この世界で起こっているしょうもないできことを、物腰柔らかな口調で切れ味鋭く皮肉りたい

抽象的なイメージと大胆な色使いで構成された映像を、俺の好きな70〜80年代音楽に載せて巨大なスクリーン爆音で流したい

自虐的言動鬱屈し続けてきた自分の半生を、見た目は綺麗な1枚の絵画中学生でも読めるような平易な文体小説へと落とし込めたい

それらを実現するためのスキルが、俺にはない

世界の片隅のこんな片田舎世界の中心への憧れを数十年燻ぶらせているがもう限界

どうすれば俺のこの思いを世界に発信できるだろうか

どうすれば俺は何者かになれるだろうか

2019-02-16

anond:20190216005348

問題とかじゃなくて一時的自虐的ネタだっただけじゃないですか?

ニートネタとか、ヒロシです的な。

で、飽きたら終わり。

2019-02-09

自殺という選択肢質量

ただのメモです。妥当場所が思い浮かばなかったのでここに書かせてください。

今日の出来事

休日なのにひとりで部屋にいる。

本当は出かけて友人に会うつもりだったけど、体調不良を偽った。

前々からどこに行こうなどと計画をしておいて、わざわざ予定を空けてもらっておいて、このザマである

そもそもわたしはあまり約束を守るほうではなく、遅刻や突然の予定変更を繰り返しがちである

わたしをよく知る友人は心得たもので、今日もきっと呆れた顔をしながら、それでも律儀に気遣いメッセージをくれた。

よくあるやりとりだけど、今日はこの流れが私にひどく無力感を与えた。

たまに自虐的に「わたしは死んだほうがいいのでは?」と考えることはあるけれど、今日の「死んだほうがいいのでは?」は、例えれば大きく暗い穴の縁に向かって歩みを進めるような、現実味を帯びた選択肢となって私の前に現れた。

現在の症状

吐き気に似た焦燥感無力感申し訳なさ、泣きそうな気持ちがないまぜになっている

普通の呼吸がし辛い、どう呼吸をしていたか思い出せないので、深呼吸というか、ため息を繰り返すような呼吸をしている

普段は「死にたい」という言葉冗談として使用できるくらいには実際にそんなことをする気はさらさらないが、今日はあまり書いていると本当に実現しそうであまり書きたくない。

自己分析

思い当たる節はある。ここ何週間か、長距離出張連続し、また、初めて行く場所・初めて会う人たちとのコミュニケーションがあり、ほうぼうからプレッシャーを掛けられ、よく眠れない日々が続いた。

それに、もう一ヶ月にもなるだろうか、毎週末のようにイベント等があり、それはそれで楽しかったけれど、どちらかといえばのんびり過ごすほうが好きな私には負担だったのかもしれない。

自殺選択肢として質量を伴って現れたことの衝撃

この記事主題。先にも書いたとおり、今日のこの選択肢普段とは違った。

これまで自殺に対するイメージは、有り体に言えば、なにか問題を抱えた人や、どうにもならなくなった人が仕方なく選ぶ選択肢として選ぶというものだった。

今日選択肢として出現したこいつは、行動として取りうるだけの魅力があった。

少し落ち着いている今になって思えば、連絡を断って寝続けるとか、ゲームSNSで気晴らしするとか、お茶を濁す選択肢はいくらでもあるはずで、これまでも自殺考える人々になぜそうしないのかなどと考えていた。

けれど、そのときの私には他のどんな選択肢よりも「自殺」という選択肢が、それを選ばせる質量のようななにかと共に、確かにあった。

自殺消極的選択肢ではなく積極的選択肢だったのかということがひどく衝撃で、このメモを書いている。

解がない

もしも自殺をする人がこんな思いを抱いた上に実行に移しているのなら、もしかして我々には止める手立てはないのではと思う。死にたくて死ぬわけじゃないんだろうと思っていたけれど、違う。本当に死にたくて死んでいるんだ。

自分人生を終える人々に、きっと声は届かない。

2019-02-08

辛いです

大学単位が当たり前にとれない

発達障害なのはわかっている 医師からも診断された

その二次障害うつ病発症した 正直しんどい

そして、今日、おそらく僕の留年が決まった

大学三年間で150単位を履修して116単位しかおそらく取れてない私

別に大学をサボっていたわけではない

履修単位からもわかるようにものすごく学校には通っていたし講義もうけていた

しかし、私には当たり前に単位をとることができない

周りの人間は当たり前のように単位をとる

私のような人間は信じられないらしい

それなりの国立大学からだろうか 

しかし、私もそれなりの国立大学学生である

しかし、私に単位を取ることは不可能であった

それなりに私は努力をした

3年前期、履修単位は77単位、周囲は90単位ほど取っており、絶望の中心を入れ替えた私

講義をすべて休まずに最前列で聞くようにした。課題もすべて提出し、過去問も何周もした

しかし、私は単位を取ることができなかった

29単位履修して、8単位おとした

ここで完全に心が折れた

そして、後期になった 

心は折れたが、私の学校では4年時に上がり、卒業研究要件を満たすためには、かなりの単位を取らなければならなかった

32単位履修した

しかし、心は折れたままであ

努力してもどうにもならないことがわかってしまたからだ

後期が始まった頃、もう完全にメンタルがやられて、服もまともに着れないほどの状態になってしまった

駆け込むように大学の保健センターに行った

すぐに大学病院を紹介され、うつ病であると診断された。

発達障害であることも

注意欠陥であることは予想していたので、ADHDと診断されるのはわかっていたが診断されたところでだからなんだである

発達障害精神障害があることを大学に伝えると、大学側は配慮を送ってくれるらしい 合理的配慮というものである

これによって試験レポートに変えてもらったりすることができるらしい

しかし、大学側には私がうつ病であり、発達障害であることを伝えたくない

合理的配慮をしてもらったとき、私は自分自分ガイであると認めなければならなくなる

私は4ヶ月前までは真人間扱いをされており、真人間である自覚していたのである

かに周りに比べると単位は取れない、入試で選別された同じような頭の人間のはずなのに、彼らと同じようなことができない

途中から自虐的になり、彼らと話しているときも、「私なんか..」が増え、彼らの中で完全に遅れていることも自覚してきた

しかし、私は社会の中では真人間仮面をつけていきたいのだ

しかし、もうどうにもならず、後期はおそらく26単位しか取れていない

専門の選択科目の影響により、単位がおそらく2単位たりず、留年する

必修の再履修もまだ結果は出ていないがおそらく落としただろう

うつ病の影響かほとんど頭が働かず、それでもなんとかやってきたがもう無理だった

努力してもなんともならないんだと思ってしまい、勉強に向き合うことも余りできなかった

留年が決まって、もうメンタルは死んだ

真人間仮面留年によって剥がれてきている

卒業はしたいので、なんとかしたいが来年一年何をすればよいだろうか

まとまりのないクソみたいな文章ですが、なにか私にアドバイスをください

よみにくくていかにもあれな文ですが、誰か僕を助けてください

お願いしま

2019-02-01

anond:20190201032719

あと、女は恋愛対象に見られたくない相手無意識自虐的ネガティブなことを言う傾向がある

そんなものはない。会話を避けたり、なるべく当たり障りのない話で済ませようとしたりするだけ

anond:20190201031851

ありがとう、でも自分に自信がないからごめん、君には釣り合う人がいるよ」って角立たないように断っただけで、

「お前みたいなショボい人間と付き合いたくねーよ」

って意味だよ。なんであんたが上だと思ってんの

あと、女は恋愛対象に見られたくない相手無意識自虐的ネガティブなことを言う傾向がある

女は自分より下の相手と付き合ったりしたくないから、逆に自分を下げることで相手恋愛対象外に行けると思うんだろうな

2019-01-30

凡用人型決戦機って呼んだのは俺だけじゃないと思いたい

ずっと「ぼん」ようひとがたけっせんきだと思っていたんだよ。

ボンボンバカボンバカボンボン、てんさーいいーっかだーばーかぼんぼん

ってもう自虐的になるしかないよ・・・

2019-01-22

腐女子カースト底辺同士のマウント合戦~」のこと 2

前回(https://anond.hatelabo.jp/20190122051523)の続きです。

6.欠落は誰にでもある

さまざまな理由から、化粧が出来ない、してくれる協力者もいないという人達に私は会ってきました。

病気怪我治療中の人、あるいは治らない障害を抱えている人が居ました。症状が出ないように薬を飲んでいて、副作用がひどいと教えてくれた人も居ます

発達障害からの注意欠陥、嗅覚・触覚過敏、どれほど頑張っても自分では時間管理ができない人、神経麻痺で手が震えてしまう人、不安障害や、醜形恐怖のために鏡で自分の顔が見られない人も居ました。先天性もあれば事故による後天性もあります

一見しただけではわからない、介助者もいない軽度の人ほど、偏見に晒されてつらい感情を秘めていました。「就活の時期はとても苦しかった」と胸の内を話してくれた人もいました。

それらは対話しなければわかりません。

生きるだけで精一杯の彼女達を外見で判断することは、とても残酷なことだと思いました。

初対面の人へ否応なしに恐怖を抱く人もいます彼女達はあまりにも傷ついてるのです。だけど彼女達も同じもの好きな人なら、親身になって耳を傾けてくれるなら、素直に明るく話せる『普通の』人達でした。

彼女あるいは彼らが、趣味を楽しむことを、ドレスコードもないイベントへ素顔と普段着で行くことを、そのために外出することを、誰が止めて良いでしょうか。

作中では、腐女子の一人のバイセクシャル発言を、言い訳と切って捨てるページもありました。

腐女子仲間の交流という非日常でならカミングアウト出来る人達もいるのです。クエスチョニング(自分性的嗜好がわからない人)も居ます

女性の体で生まれ性自認男性トランスジェンダーであれば、彼もまた女性らしい化粧をひどく嫌がるでしょう。

男性の体で性自認女性の人は、きれいな化粧をしたい彼女自身の願望を世間から嘲笑われて、ひどく悔しがることでしょう。

私自身が、長い間クエスチョニングの状態で、もしかしたら今もそうかもしれません。「雌雄何方でもない究極生命になりたい」などと本気で考えた頃もあります。そうしたキャラクターに憧れたことも。それを中二病黒歴史と切って捨てる気はありません。

その頃に考えた数々の想像は、今の作品作りに役立っています。何がどう人生関係するのかはわからないですし、簡単嘲笑材料にしてはいけません。

そして、結婚して子供もつ腐女子人達カーストの上位に位置すると作品内ではほのめかされていました。

独身の私には、既婚者のまま交友関係を続けてくれる腐女子が幾人かいますが、本人達の多くは決してそんなことを思っていません。

切り詰められた趣味時間一生懸命やりくりしています子供たちが幼く、預けられる人が居なければ、イベントに出ることもできません。離婚経験している人も居ます子供を産めない体の人も居ます彼女達の苦悩を「自虐に見せかけた自慢」などと断定することはできません。

外見に気を使えない分、時間が限られている分、彼女達は会場で迷惑をかけないよう礼儀正しくいようと努力しています

作家さんに送る差し入れを考えたり、相手不快にならないような感想手紙を丁寧に考えてくれます他人の悪意に敏感で、日々変化する対人マナーを注意深く観察しています

賢明な彼あるいは彼女達は、自分がなにか悪いことをしたら、自分を容易く卑下すれば、自分と同じ属性の誰かが心無い偏見を向けられると知っているのです。

自分を奮い立たせなければ、読みたい本を手に入れられないのです。彼女達にとってもイベント会場はまさしく「戦場」なのです。

主人公自身我慢して「普通」を演じてるからといって、どうして不特定多数にもそれを押し付けて、勝手審査してしまうのでしょうか。

腐女子として知り合ったのに、そこでしかできない話があるのに、なぜ、妹や会社の同僚にもできる彼氏の「恋バナ」を主人公はその中でしたいのでしょうか?

誰しもに欠落がありますいくら擬態を頑張っても、つつけば粗が見えることを知っています

見下す主人公よりも、その嘲笑われた「誰か」に共感して悲しみ、怒るのです。これは腐女子一般人も変わりありません。

ここまでくれば主人公の『欠落』は明確に見えてきます恋愛パートナーの有無や、化粧や顔の出来などとは関係のないものです。

物語としては、この欠落を彼女尊敬する『神』の作品で、あるいは腐女子の友人達との交流で埋める方向に少しでも向くと思わせられれば、得る物はあったであろうに、エッセイ漫画として面白くなるであろうに、無視したまま化粧と服装だけに固執し、自分以外の他人嘲笑し苛つきだけ表現して、何処かで見たような「あるある」ネタとしても使い古された、見慣れたエピソードで彩られた孤独な「自分語り」に、なぜ終始してしまうのでしょう?

主人公が妹との会話で傷つくシーンがありますが、それもどこか核心からずれています

描こうと思えばいくらでも描けて、周り込めばそれだけ「面白い」題材になるはずのこの欠落を、なぜ無視して、このように雑に扱ってしまったのでしょう。

作者自身結論が出ていないから?

であれば、必要なのは時間です。自分他人を見つめなければ、表面的な出来事自分内面を掘るだけでページが終わってしまます

結論が出ていてもページ内に収める技術問題

であれば、そのような『制限』を外すべきだったのです。悪意を放り投げてしまうより、収拾可能になるまで、試し読みの範囲伏線を詰めて描くべきだったのです。

そのほうがずっと「面白く」「続きが気になって」読んでもらえるはずです。

その柔軟さと判断力が編集者に無かったとなれば、漫画面白くできなかったのは作者だけの責任には留まりません。

私はそう考えます

7.SNS媒体での発表のリスクについて

ツイッター年齢制限がありません。誰でも登録できます

ツイッター機能として、登録者の興味のある事柄から自発的検索しなくても、プロモーションフォロワーいいねがTLに流れることがあります

日夜ツイッターではプロアマチュアを問わず真の意味で赤裸々な「漫画」が、作り手の欲望善意によって公開されております

読み手は気軽にそれらを楽しむことができます。なんの警戒心もなく、それを読めるのです。

まりツイッターを利用している未成年の、思春期の「腐女子」あるいは「腐男子」達も、この「腐女子カースト」という作品を目にした可能性が高いと言うことです。

今この文書を読んでいるあなたは、どう感じるでしょうか。

腐女子は皆が皆、18禁作品をたしなむ訳ではありません。未成年で、好奇心不安を抱えたまま腐女子世界に飛び込んだばかりの人達現実世界では未来ある学生達がそこにいるのです。

悪意に慣れていない少年少女も当然いますもっと幼くて、ただ漫画というだけで熱心に読む子も居ます。今は内容がわからなくても必ず影響は残ります。『顔芸』と呼ばれる大ゴマをつかって笑わせることは、どんな幼い子供にも通用します。

子供達に対し、自由想像世界に生きる存在であったはずの腐女子達の中に「カースト」が存在するなどと言い含め、ある嗜好を持つだけで現実では最下層の証明になるのだという差別意識を植え付けて、その子たちの無意識に色眼鏡を与え、自尊心を摘み取ってしまっていいのでしょうか。

自分もどうしようもない存在から笑って許して欲しい、などと言う虫のいいお願いを「いい大人」が子供果たしてできるでしょうか?

それとも子供達も自分と同じ目に遭いつらい人生を歩めと言うのでしょうか?

あの時から今もなお続く炎上は、腐女子ひいてはオタク達の怒りでありながら、撒かれた毒を浄化しようという一心不乱の活動でもあるのです。

それが見えない露悪的な人達はこの騒動冷笑しています。私はそれを、昔の自分のように恥じています

これについては個人の快不快に留まる問題ではありません。会社ではなく、一個人があのような悪意を撒いたとしても、彼らは同じように行動するでしょう。

わずかな露悪的な読者層を取り入れるために社会倫理無視して行動したのであれば、そうした会社に集まるのは、いっそう露悪的で短命な漫画ばかりとなってしまうでしょう。

8.倫理と信頼と商売関係

このような感想になってしまいましたが、改めて、私は自由創造性というもの尊重したい側です。

同時に面白くないと思ったもの面白くない、酷いと思えるものを酷い、ノットフォーミー(自分向けではない)な作品はそうだと言える自由もまた有ってほしいと思います

商業作品においてもアマチュアであってもそれはかわりません。ただひとつ願うのは、描き手と読み手企業購入者、互いが互いに優しい形でそれが実現することです。

作品の話になりますが。

今回の騒動を見ていた時に同レーベルの「こじらせブスの処方箋~見た目を気にして病気になりました~」という醜形恐怖を描くエッセイ作品と作者が気になり、こちらは購入しました。

内容は「腐女子カースト」よりも読めました。やりようによっては幾らでも面白くなる題材だと思いました。たった一冊の本では描き切れないはずなのに、始まりから消化不良のまま、読み終わってしまいました。なぜ充分に生かせず、彼女は次々と過激タイトルの新連載に移ってしまったのでしょうか。彼女無料公開している作品を見ていましたが、やはりどこか無理におどけている様な、抑圧されているような、物足りなさを感じてしまいました。

他の主力作品ヘテロ恋愛や性事情を題材にしたものや実録系が多いようです。WEB雑誌系のスポンサー出会い系美容系で占められていることと関係しているのでしょうか。それらへ興味が向くように迎合した作品作りをすることも、おそらく企業戦略としては正しいのでしょう。

しか果たしてそれは、自由創造性でしょうか?

自尊心の低い女性や、夢を求めて来た外国人や、年齢や身体のどうしようもない特徴で偏見に晒された、「世間ちょっとずれた」弱い立場の人々を集めて「見下す対象」を作り抑圧することが、今のレーベルでの狙いなのでしょうか?

そうではないとする証拠が、今回の騒動の中にあったでしょうか?

今連載されている作品達に、作家達に、充分に示せているでしょうか。

そうした雑誌ジャンル伝統的にあることを私は知っています

会社の内部事情について、私は一切知り得ません。

善悪を私が断じることはできません。ユーザー文句をいう事は出来ますが、断罪するわけではありません。

誰かの表現を止めることはできません。

一度出した表現は別の表現で塗り替えることしかできないのです。

多くの人にとって良くなければ、出資するほどではないと思われれば、自然と読者は離れていき、伝統はそこで終わるだけです。


9.おわりに

今回の感想を書く上で、障害者や、性的マイノリティについて書かなければならなくなりました。

それらを教えてくれた人々は、私の大事な読者達です。

私はかつて、仕事をやめたのと同時に、しばらく普通でいることを休もうと思いたちました。世間や周りに合わせようと無理をするのをやめて、家に籠りました。趣味漫画を描くうちに、私は作品を通じてツイッターで人と繋がりました。

読者のフォロワーの一人が、家庭の事で「爆発」し鍵垢で叫んでいた所に遭遇しました。私はその言葉を丁寧に読みました。

私が知り得る知識を総動員して、望んだ人生が歩めない悲しみを、それを他人から非難される恐怖と怒りを一生懸命想像しました。私は彼女問題提起を注意深く見定めようとしました。

リプライではなく空リプで、一緒になって怒り、一緒に笑い飛ばしました。それは一時のSNS上のやりとりでしかないし、実際に顔を合わせる間柄ではないですが、今でも彼女との交友は続いています

上下はありません。私の意見押し付けたわけではありません。

私と彼女は、対等な互いの読者として、信頼する友人として存在しているのです。

彼女理解を諦めて無視したなら、きっとこうはなりませんでした。

信頼関係の構築に大事なのは性格ではありません。ただ己を一度引っ込めて、わからないなら真摯に聴き、調べ、深く考えた上で言葉を使うことが大事だと私は気付きました。彼女が暴れすぎて収拾がつかなくなるほど傷つかないように、考えて行動することでした。

それは自分作品を作る時と同じでした。二次創作で『推し』を見つめて、彼あるいは彼女がどう行動するか考える時と同じでした。

彼女達の苦悩の間に、それでも己自身肯定する言葉があると、パートナー子供を心から愛している気配を見つけられると、私は安心できました。

他人の心の傷を全て想像出来るわけではありません。自分の心の傷に触れられることがあれば、動揺してひどい言葉を投げかけることもありました。ブロックされることもありました。しかしそれは、多くの人がそうなのです。ぶつかり合うことも距離を置くことも恐れてはいけません。本当に知りたいと思うなら、何度でも内省し正しい目で観察すべきなのです。

彼や彼女達が教えてくれた人生エピソードを、私はそのまま作品に描く気にはなれません。自分自身人生すらも。

作品には力があります祈りにも呪いにもなり得ます他人自分幸せにさせられるし、同時に破滅させられます。それほど重く、他人が口出ししてはいけない価値観が誰しもにあるのです。

一度発表したもの簡単に無かったことになりません。丁寧に積み重ねた善意よりも、悪意の一撃の方が取り返しがつかないこともあるのです。

それから私は、世間からちょっとずれた自分感性を、注意深く噛み砕いて、善か悪かも断定しないように、フィクションに載せて描き続けました。自分が好きな作品がどうして好きなのか、どう世間と噛み合わないのか、深く深く悩み、考えました。それを読んだ人達の中に、共感して会いに来てくれた人が何人も居ました。ゆっくり時間をかけてですが、心から対話をすることが出来ました。

世間からちょっとずれた人々にも悲しみがあります。楽しみがあります。それを見下して、ただの自虐的な見世物にして終わってはいけません。

良き人生として昇華すべきなのです。自分自身のために。

漫画を描いている人々、漫画マネジメントする人々、今まさに伸び悩んでいる方に、今一度向き合って頂きたいのです。

「本当に長く愛される作品」というものは何か。

説教ではありません。私自身がまさに悩んでいたから、これからも悩み続けるだろうからこそ、一緒に考えてほしいという願いです。

ただ楽しいから、ただ涙が止まらいから書くというだけでも充分良いのです。書き上げてから、少しだけ手を止めて、考えてほしいのです。一時の利益のために道を見失わないために。


ここまで読んで頂き、ありがとうございました。

ハンドルネームペンネームも、いくらでも変えられる世界です。それは責任放棄することと一緒ではありません。

今回は匿名での投稿ですが、私は私の思ったことをできるかぎり真摯に見つめ、影響を考え、投稿に至りました。それが少しでも伝われば幸いです。

私の活動がいつか誰かの人生と交わることもあるでしょう。

その時には、互いに今より優しくなれていると良いなあと、願っております



追記

これを書いている間に、『COMIC維新りあら』公式ツイッターからお詫び文が出ました。

配信停止までやる必要はなかったかと思いましたが、仕方のない判断かもしれません。

また一冊の本が燃やされたと感じました。

2019-01-19

anond:20190118195727

世界で一番すごくて偉い俺様」みたいなことばかり言ってるやつがいしか実態が全く伴わなかったら当然ネットで叩かれるだろ。

逆に常に自虐的なことを言ってるやつがいても、せいぜい陰気で不快なやつだなと思われて遠巻きに見られるだけで、周りからそう叩かれたりはしないだろ。


俺すごいに賛同しないやつを排除して、自虐的人間を叩いて敵扱いする極端な右翼の性根は、ネガティブ捻くれ左翼よりも腐ってると思うんで自覚したほうがいい。

まあ口が悪くない中道が一番なんだけどな。

2019-01-15

社畜って言葉自虐的に使ってる人って舐めてるよな

家畜育てるのって大変なんだぞ。

毎日丁寧に世話してご機嫌取って上げないと良いお肉はできないんだぞ。

2019-01-11

anond:20190111044932

汚い部屋に住んでるという気持ちが人を殺すんじゃなくて、

自虐的自分が、自分を汚い部屋に住まわせてるんじゃないすかね。

2018-12-27

anond:20181227142902

次点上司の付き合いで行った札幌キャバクラ関東でいうとセクキャバ)で、これもまた、おっぱいも触らず、跨ってもらいもせず下ネタトークに花が咲きすぎた子。

素朴な感じの明るくてちょっと自虐的おもしろJDそのままって感じだった。せっくすんときにどう当たるのが好きかというのをすごく熱く丁寧に教えてくれた。

自分もどういう感じが好きかを熱く語った。

ときどきツッコミを入れるふりして、こっちの股間を触ってきて、「もうひとこえ!」というと「はいはいラムラしちゃったら風俗いってください。ここはキャバクラですよ」といいながらもうひとこえしてくれた。

2018-12-25

足立区ネタにされて思う

僕は生まれも育ちも足立区で少なから足立区愛着がある。

そんな足立を話の中で自虐的に話すこともあった。

でも他人足立のことをネタにしたり、馬鹿にするとき差別的感情も感じられてすごく腹立たしい。

自虐場合、本当は愛着があるから言ってもいいけど、そうじゃない人は差別的から言ったらダメってのはなんだかすごく身勝手な気もするけど、正直な気持ちだ。

書いてしまうと陳腐でありふれた話なんだけど嫌だから書いてみた。

多分、僕も他人の好きなものにこういった言動を少なからずしてるのだろう。

当然のことなんだけど、なにか軽く言っただけだと思ったことが、本当はそうじゃなくて、すごく嫌だと感じる人がいる。

から僕もそういうこというのやめようと思う。

戒めの気持ちで残そう。

2018-12-14

「なろう系」を誤解していた

「なろう系」という言葉を初めて目にしたときからずっと、「narrow(狭い)系」と思っていた。

自虐的に)「視野が狭い」→「ナロウ系」→(さら自虐的バカっぽくひらがなで)「なろう系」 になったと。

最近小説家になろう」の「なろう」から来ているらしいことを知った。

でも、外れていたとはいえTwitterに「実は…」って書けば、100人くらいなら騙せる怪文書が書けそうじゃない?

2018-12-03

キュアアンフィニヤオ

みんなが凄いこと・革新的ことみたいに言ってるからチェックしてみたら完全なヤオだった。

これただの王子様やん。

衣装からも、どうしようもない野暮ったさ、振り切れない奴のダサさみたいなものしか感じられない。

単純にバランスも悪くてかっこわるいしさ。

こんなことしか出来ねえならやるなよスタッフ説教したいレベル


そもそももうさ、魔法少年なんて発想はとっくにあるわけじゃん。

シチュエーション衣装も開発進みまくってるよ。

このご時勢に、プリキュアでこんなヤオドヤ顔されましても。

馬鹿馬鹿しい。

本当に馬鹿馬鹿しいよ。


何がキュアアンフィニだよ。「アンフィニ」って語句にも大した覚悟が感じられないし。

萌えギャグアニメ変化球にすぎないゾンビランドサガのリリィちゃんでもお前よりはちゃんとしてるわ。

なんか「プリキュアが一石を投じる」みたいな感じでこれをやるならせめてデザイン福島鉄平かにやらせろよ。

金髪ハーフ王子様でみたいな言い訳・逃げ道を作りまくってんじゃないよ。

本当にヤオだわ。

ガチ性の欠片も無かったわ。


はてな民もこんなもんで言い争うのは時間無駄からやめろよ。

ていうかそうやって言い争う具にするのは過大評価だよ。

こんな振り切れてないヤオには「画期的」とか褒め称えられるのも「気持ち悪い」とか嫌悪されるのも勿体無いわ。

陣営とも、こういうしょっぱい踏み込みしか出来ないスタッフには「この半端もの雑魚が」という軽蔑目線だけをくれてやるのが作法だよ。


社会情勢に沿うって言うならまずガチガチ貧困家庭ルンペン少女プリキュアとか見せてくれよ。

多少問題抱えつつも根底ハッピーな家、みたいなのばっかなのに社会派ぶるのがすでに滑稽なんだよ。

しるかばうどん漫画に出てくるような女の子プリキュアの力を与えてみろよ。

魔法少年やるならちゃん黒髪言い訳属性のない”普通”の男の子をナマ足出した魔法少年にするんだよ。


わかってるよ、やりたくねえしやる意味もねえよな。

どうせヤオなんだよプリキュアなんて。

大人が真面目に取り合うようなものじゃないわ。



ヤオ」がどういう意味合いで使われてるのかよくわかんないや。一般的用語なのかしら。はてなキーワードに書いてある意味合いなのかしら。

プロレス由来なんだけど、近年の用語で言う「ヤオ」「ガチ」は「ノアだけはガチ」という定型句に端を発すると見てよく、

ノアだけはガチ」という句が生まれ時代には既にプロレスガチ競技でないことはプロレスファンですら認めていた訳で、

そこでの「ガチ」とは「レベルが高い」「本気でやってる」「殺すぐらいの踏み込みでやってる」「覚悟がある」っていうニュアンスになり

ヤオ」はその逆で「レベルが低い」「真剣味がない」「だらけてる」「おあそび」みたいなニュアンスになる。


ちなみにプロレスリングノア世代交代の失敗と次第にたがが外れていった乱脈経営とに圧迫される中でただひとつの売りとなった「ガチ」なプロレス象徴としての危険すぎる首での受身を連発していった結果社長でありエースレスラーである三沢光晴頚椎離断・ほぼ即死というリング禍を招いた。


ノアだけはガチ」というのはあれは総合プロレスが押されてたころに生まれ自虐的ジョークで、四天王プロレス由来のひたすら受ける芸風を本気で賛美した言葉じゃないよ

ノアオタは本気で言ってたよ

ギャグとして回収されたのはその後

もうノアの全盛期なんか思い出せないだろうけど


"男の子をナマ足出した" スネ毛カニ毛の事、お忘れ無く。無かった事にするならば、それこそ増田のいう"ヤオ"だ

毛なんか女にもあるがな

なんやこいつ剃刀無い家で育った童貞か?

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん