「協同」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 協同とは

2021-10-04

差別被害を訴えるより、差別してないと言い張る差別主義者にどうやって対抗するか、協同すべきなのでは

anond:20211004182202

ネットで不満を訴えるだけでは何も変えられない

2021-09-27

共産主義人間自由人間解放って(苦笑

古今東西共産主義なんて人権の抑圧、特権階級搾取しかおきてないだろう

志位:「(苦笑い)これはね…私たち理想名前で、これはもともとはね、玉川さんね、ラテン語でコブニス協同っていうところからきている。人々が力を合わせて生きていこうと。そこからコミュニズムとできてきている。ですから私たちの目指す共産主義っていうのは人間自由人間解放、これをホント目指してる社会ですから大事に使っていきたいと思ってます

2021-08-24

anond:20210824174505

いや残念ながら、お前の発想の先にネオリベがいるんだよな……。

 

協同体のメンバーにならない個人主義福祉サービス提供するものしかない国家……。

2021-07-20

90年代日本サブカル文化いじめ問題

体育会系文化いじめは付き物であるが、

拡散効果や影響は少ないし、

陰湿いじめとは縁遠いものだった。

メディアを介した日本陰湿いじめ問題

背景に90年代サブカル文化が暗躍した説を

私は主張したい。

これは、体育会憧憬した、

決してメインストリームになれない「陰キャ」上がりの当時の業界人メディアを介して間接的なマウンティングを行い「陰キャ」の聴衆が受け入れた結果なのである

実際のところ、小山田過去障害を持つ同級生を虐めたか否かは大した問題では無い、何故なら日本全国で小山田行為類似したいじめはどの年代でもどの地域でも珍しいとは言えない内容だからである

だが、普通はそんないじめ経験は、武勇伝としても自慢話としても公の場で話す類の内容では無い。

何故、小山田は25年前に積極的に悪質な虐めを全国誌で語り、その内容がそのまま出版され、多くの読者が受け入れたのだろうか?

その雰囲気を醸成したのが体育会系文化下位互換としての90年代サブカル文化だったのである90年代サブカル文化は、00年代以降のオタク文化とは似て非なるものであった。

00年代オタク文化はハレとケの、褻に当たる存在であることを自認しており、また、それは属性ではなく役割である。つまり普段は「陽キャ」として振る舞う一般的大学生が熱烈なオタク文化ファンになることも、役割であるが故に成立するのである

90年代サブカル文化においては、これは成立しない、何故ならサブカル文化属性であるが故に、メインストリームになり得ない存在であることが所属と同時に確定するからである

多くの者が成長と共に就職等で、サブカル文化という属性から自然離脱することにはなるが、留まり続ける者もいる。それが、メディアを牛耳る業界人だ。

今でこそ高収入社会的地位が高いイメージだが、当時、サブカル文化属性業界人メインストリームに対して劣等感を抱いていた (※ ハリウッドでも似た話があるので、これは珍しいことでは無い)。

この劣等感金銭的な収入では満たされない感情だったのだろう。社会的地位が上がるにつれてサブカル属性業界人は、メインストリーム体育会系強者匹敵するようなエピソードが欲しくなる。

しかし、人間は正直な生き物なので、完全に空想の嘘は付けない。結果生み出されるのが、90年代に公放送出版物で繰り広げられた下劣いじめ体験談につながった。

これは、小山田だけの問題ではない、小山田経験を自らと同じサブカル属性強者武勇伝位置づけ誇示するように掲載した雑誌関係者、自らと同じサブカル属性英雄の功績として希望を感じた読者は、皆等しく文化を醸成した因子なのである

陽と陰が協調し一つの目的に向かう初めての機会は、学生時代文化である。(※ 24時間テレビが近いと思うかもしれないが、24時間テレビは、テレビ業界所属している者が中心であるためにサンプリングに偏りが生じている)。

五輪はこの文化祭以来の、初の世代を跨ぐメインストリームと非メインストリーム協同作業だったのである

この機会に、90年代サブカル文化代表的な負の象徴である小山田過去が全国規模で炙り出されたことは決して偶然では無い。

2021-06-07

anond:20210607105039

万引なんてしなさそうなやつがなぜか盗むからリアリティあるんだ

ビックリマンに興味もない姉がいきなりビックリマンシールを盗もうと提案したという馬鹿力の投稿ネタがいまも忘れられない

小2の時仲のよかったHと悪ガキの柿崎の3人で僕の家で遊んでいました。Hはたくさんビックリマンシールを持っていて、その日もたくさんビックリマンシールのあるアルバムを持ってきていました。Hが熱心にファミコンをしているときに急に僕の小5の姉が部屋に入ってきて、僕と柿崎廊下に呼んで「あいつのビックリマンシール、ぬすまねえ?」と言い出しました。柿崎はすぐに了承に、僕もHのビックリマンシールは魅力的だったので、こっそり抜き取り山分しました。その後のHtono関係結構普通でした。今不思議に思うのは、なぜビックリマンシールに何の興味もない姉があのとき悪魔のようなささやきをしてきたのかのみです。

スペイン太郎さん)

http://ijuinmania.blog84.fc2.com/?m2=form&no=1258



てかビックリマン子供犯罪者にしすぎ

小学校6年生の頃、その頃はよく甥っ子の年下のR君の家で遊んでいました。その日R君の家で遊んでいるとその頃大流行だったビックリマンシールが大量に出てきました。僕が「へえ、こんなにたくさん持ってるんだ。あ、僕の持っていないヘッドもある」というと、「ヘッド以外だったらダブってるやつあげるよ」と言ってくれ、僕の持っていない天使・お守り・悪魔などをもらいました。そのときはそれで家に帰ったのですが、しばらくしてどうしても欲しいヘッドがあり、必死チョコを買いシールをゲットしていったのですがどうしても出ません。少ししてR君の家に行くと僕の欲しかったヘッドはそこにあります。その夜R君のおばさんから電話があり、「ビックリマンワンダマリアとやらがないんだけど知らない?」と言われました。僕は「知らない。ワンダマリアなんて見たこともない」と言ってその電話は終わりました。ワンダマリアはいまだに僕の宝箱の中に大切に入っています。ちなみにR君の家とはいまだに交流があり、R君はこの番組をきいています。R君、本当にごめんなさい。本当に。

(イクオさん)

5・6年前の小学校ンのときビックリマンが僕ら小学生の間で再びブームとなっていました。休み時間の話は「ビックリマンスーパーゼウスがでない」や「帰りに駄菓子屋協同で箱買いしよう」という話。しかし興味もお金もなかった僕はその話についていけませんでした。ある日教室はいると男子の人だかりができています。なんだろうと見てみると、貧乏でそんなに目立たないS君の手にきらきらしたものがもたれています。そう、それはめったに出ず、店に行くと高額で取引されているスーパーゼウス。僕とS君は貧乏仲間で「俺たちはあんブームには流されない」と言っていたはずなのに。S君はたまたま母親のお遣いでいった買い物のお釣りでかったビックリマンで1発ゼウスを引き当てて一役ヒーローになっています。それにくらべて僕はちょろちょろはえてきたチン毛を風呂場でそったりそらなかったり。そりゃ体育の時間に「腹痛いかトイレいってきます」というフリをして忍び込んで盗みますわ。その後帰りの会で僕が疑われましたが「あいつはビックリマンを集めていないから違う」という理由でシロと断定されました。

フランケンさん)

(上記URLと同じ)

 私は、両親のお金に手を付けた事はありませんが、強いて言えば私が小学校低学年の頃、当時の私の頭の中はビックリマンシールで一杯でした。友達と話す事もいかにたくさんの種類のビックリマンシールを持っているかでした。

 しかし、1個30円とはいえ小学生の私のお小遣いなどで買える数はたかが知れていました。

 そこで結成したのが『ビックリマン盗賊隊』。友人2人とコンビニに入り、パンツの中にビックリマンチョコを忍ばせて出てくる、これを繰り返すおちゃめな隊でした。

 運がいい事に半年ほどやって1度も捕まった事はなく、気を良くした私たちはいしか大胆になっていきました。

 そんなある日、家の近くのこども銀行のお札を「毎度どうも」と言って受け取る老人のお菓子屋さんで、私はいもの行動に出ようとしていました。

 これまでも何度かやった事がある通り、その老人の目を盗み、いつものように物色。パンツに5個のビックリマンを入れ、出口を出ようとしたその時、老人が静かに言った言葉

 「お姉ちゃん今日はいくつパンツに入れたの?今日は見てなかったから教えといて。あとでまた、お母さんの所にお金もらいに行かなきゃならないから。」

 みんな知ってたのかぁ…。

 次の瞬間、老人の前でパンツからビックリマンを出すと、涙をポロポロこぼしながら「でもね、私にも色々あるから…。」と訳の分からない事を言い、近くのほら穴で泣きました。

 (江東区PN:生肉)

http://ijuinmania.blog84.fc2.com/blog-entry-797.html

 あれは私が小学校2、3年生ぐらいの時です。当時私たちが集まっていたら、それはビックリマンシールの交換会でした。学校男子生徒のほとんどが集めていましたが、私とそのT君を含む6、7人ほどのグループが一番熱狂的でございました。

 ある日、緊急招集がかけられ、私は弟を連れてその公園に行きました。そこでT君が皆に見せたのは伝説と化した『お守りシール』でした。その『お守りシール』はうちの学校では誰も持っていない物で、もう船橋市にはないと言われておりました。

 「手、手にとって見せて。」と言う僕に「ああ、いいよ。」T君は迷わず貸してくれました。

 手に取った瞬間、これまでの苦労が走馬灯のように甦りました。バカな噂に流されて隣町のガードを越えたデイリーストアーのレジの横に置いてある箱の右の列の後ろから5番目のチョコを買ったり、そういった事でした。

 そしてその苦労と同時に私の中に1つの考えが浮かんでしまいました。

 「何で、何であんなに苦労した僕が手に入れられなくて、Tは手に入れられたんだ。」

 そう思うや否や、私はそのシールを持って走ってしまいました。

 逃げおおせて、アパート階段の下に隠れて、改めてそのシールを眺めました。と同時に凄い事に気が付きました。

 明日学校に行ったら、T君や他の皆に出会ってしまうじゃないかということです。この疑問は幼い僕を悩ませました。

 そして5分後、今日の夜12時までに取り返されなければ時効だと自分を納得させました。つまり今日1日安全な所にいればいいんです。

 私は家路を急ぎました。

 家まであと数mとなった時、後ろで叫び声が。

 「いたー!追いかけろー!」

 なんと、私包囲網が出来ていたのです。

 後からわかったのですが、その包囲網はT君達5、6人がクラスの皆に声をかけ、この時既に20人ほどに膨れ上がっていました。

 1時間ほど逃げましたが私は逮捕され、窃盗品は押収されました。

 しかしT君は泣いていました。僕も自分が悲しくなったのでしょう、涙を流して「ゴメン、もうしないから、もうしないから」と謝りました。それ以来、「もう人の物は盗らない」と心に決めました。

 僕は心晴れ晴れと家に帰りました。

 しかし、「ただいまー。」元気良く家のドアを開けると、なぜか母親閻魔様の乗り移ったような顔で仁王立ちです。

 「あんた、T君のビックリマンシール盗ったんですって?」と言います

 僕は「お母さんがその事を知ってるわけはない、お母さんがその事を知ってるわけはない」と思い、

 「知らないよ。」

 そう言った瞬間、私は玄関に倒れていました。

 「本当の事を言いなさい。盗ったの?」

 母親の顔はマジです。もし「盗った」と言ってしまったら、もう1発、今度は正拳が飛んできそうな雰囲気でした。幼い僕はもうシラを切りとおすことを選択しました。

 「違ーう!T君のシールを宝物ということにして、皆で軽ドロ、軽ドロをしてたんだ!」

 完璧な話だと思った瞬間、弟が後ろからナイスアシスト

 「違うよ、クラス人達が言ってたよ。お兄ちゃん盗ったんだよ。」

 私は倒れました。

 「あんウソまでつくのかい!あたしがいつこんな事を教えたの?今から一緒にT君の所に謝りに行くんだよ。」

 私はつい20分前に泣いて友情を確かめ合ったT君の家に、また泣きながら謝りに行くという惨めな思いをしました。

 私はこの事件の後、人の物を盗む事・ウソをつく事を絶対にやらないと誓いました。

 (北区PN:スタン大先生)

http://ijuinmania.blog84.fc2.com/blog-entry-794.html

2021-05-15

anond:20210515122927

>>私たちが築きあげ、価値を認めている社会は、ボノボチンパンジーライフスタイルとはまったく相容れない。

>>人間社会は、生物学で言う「協同繁殖」、つまり複数個体が、全体の利益のために協力するようにできている。

>>協力活動可能にするには、すべての男が生殖の機会を持てることが肝要だ。

>>協力に参加する個人的動機、つまり努力の成果を持ちかえってやる家族がないと、男たちは動きないだろう。そして信頼関係も求められる。

ps://note.com/prof_nemuro/n/n501d31b5dfb6

2021-04-08

弱者男性問題はただの貧困問題に過ぎない

しか経済的問題に過ぎないことを認めてしまうとフェミニストに対する当てつけとして弱者男性という概念機能しなくなってしまうので(認めるとむしろフェミニスト協同しなければならなくなる)彼らはシモの話にすり替えたがるのである

2020-07-17

[][]作戦21日目

友軍、到着

E1-2、E4-3、E7-3に、心強い援軍が到着したらしい。




本日の主な戦果

アタイ艦隊の主な戦果は…

2020年梅雨イベ】
《E1-2甲》タシュケント掘り(2人目)&サブ鳥海摩耶レベリング
《E3-2甲掘り周回&海防艦レベリング

2020-07-04

anond:20200704211736

対価システム

≒ 債権債務

  互酬性


http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/post-a1fa.html

”おおむね「これあげるから、それをちょうだい」という交換の原理、「これをされたくなかったら、それをよこせ」という脅迫原理、「友だちだろっ、仲間だろっ、ねっ、ねっ、だから・・・」という協同原理に尽きる”人間関係世間社会

2020-06-24

父の日フェアの売れ残りを横目に退勤する

私はショッピングモールの中に入っている店のひとつに勤めている。

勤めているといっても1日5、6時間程度しか勤務しないパートだけれど。

大型から地域住民しか来ないような小型まで、いくつかショッピングモールに勤めたことがあるが

大体そういうところの従業員従業員通用口を通ってバックヤードを通り出退勤しなければならない。

自分の勤めている店の目の前に外へ繋がる出入り口があったとしても。今まさに私はそういう状況。

とはいえ店の商品のんびり見ながら従業員通用口に向かうのも私は中々好きだった。

化粧品を見ながら帰ったり、贈答用のお菓子を見ながらおいしそうなんて思いながら帰ったり。

しかしここ半月は気が重かった。6月初め頃、もっと前だったかもしれない。母の日が終わったあたりから始まった父の日フェアのせいだ。

私の父は「いい父」だと思う。

よく気が利き、男らしく、力持ちで。

九州男児のような所謂言わぬが花」のような分かりづらいが気付けばじーんとくるような優しさもある。

こう書くと厳格な父親想像されてしまうかもしれないが、おどけてみせたり、お茶目な一面もある。

マイルド九州男児?「九州男児」と聞いてイメージするいい所と、現代若い男性に多い柔らかくて優しいところをどちらも持ち合わせている。

そして背も高く脚が長くて目鼻立ちもはっきりしているし顔もカッコいい。身だしなみのセンスもある。

運転も上手で、人付き合いもそつなくこなす

若くして結婚し、母がすぐに出産。その後から今までずっと家族責任を持って養っている。

とはいえ浮気をしたり、多額の借金を作ったりと母にとって「いい夫」であったかは分からないが。

しかし、子供の頃それらのことには気付かなかったし(上記のことは母から聞いたので)

当時の印象からいって「いい父」であったことは確かだ。

私は兄弟が多く、どちらかといえば貧乏な家庭で育ったが、今日食べるものにも苦労したり

学校必要な経費が払えないなどということはなかった。

仕事愚痴を父の口からいたことはないし、立派な父親だと思う。

しかし私は、今年父の日に父へ何もプレゼントしなかった。

渡しに行こうと思えば1時間あれば渡しに行ける距離に住んでいる。

気持ちについては「罪悪感」7割「やってやった」3割といったところだろうか。

3割の「やってやった」についてここまでの父のことを褒めちぎった文章だけだと私は超絶親不孝娘だろう。

私は父から性的虐待を受けた。

虐待というのだろうか。被害はもう私が成人してからの話だから

実は小学生高学年のあたりから高校生くらいまで兄から性的虐待を受けていた。

それが原因となって私は中高生の頃から精神不安定で、人を心から信頼できず

表面上友人と仲良くすることはできても常に周囲に気を張って生活し、学校に行けば毎朝熱が出た状態で授業を受け

家に帰っても心からリラックスは出来ていなかった。

とはいえ中高生の頃の不安定さについて性虐待が原因だと分かったのはほんのここ数年の話だ。

というより、ここ数年まで自分が性虐待されていたという自覚すらなかった。

それまでは私の個人的性質や、容姿性格が暗いから、悪いから、協調性がないから、空気が読めないから、最低な人間から

そういうのが原因で上手に友人が作れなかったり、本来なら喜ばしいはずの友人付き合いがストレスになるような出来損ないなんだと思っていた。

まあもちろん冷静に考えてそういう原因がゼロではないと言えないのですべてを性虐待のせいにするつもりはないが。

少しでもこういった分野に興味のある人は知っていると思うし、興味があれば調べると思うから

所謂自己肯定力の低さ」と「性被害」や「虐待」の因果関係については長々とした説明は控える。

私がそういった専門のカウンセラーに言われて一番腑に落ちたことを簡単説明すると

性格形成の時期に一番信頼できる身近の存在であるはず(あるべき)家族から酷い扱いを受けたのに外で出会った人間を信頼できるはずがない」

ということらしい。まあ確かに

大人になった今思うと、家族など偶然で協同生活をしている集団しかないので

家族なんかよりよっぽど信頼できる存在は外の世界にいるはずなのだ

私は強く家族に執着していたからなおの事家族については「一番信頼できる身近な存在であるべき」だったのだ。

家族に強く執着していた理由だが「宗教」だ。

私の家族は全員同じ宗教信仰している。

というのも、父と私たち兄弟については生まれた時から親の方針で入信していただけだが。

母は父と結婚タイミングでその宗教存在を知り、今では父よりも熱心な信仰者だ。地域幹部らしい。

その宗教哲学ひとつにかみ砕いて言うと

家族は何よりの宝だ」といったような、要は家族を大切にしなさいねというメッセージ

繰り返し、繰り返し出てくる。

私が生まれた頃にはもう母も父も地域幹部

特に母親は熱心に宗教活動をしていたため、信仰者の会合に連れていかれたり

家で会合が開かれたりする場合もあった。

そして何度も「家族を大切にしなさい」という思想に触れる。

母も私が冒頭で書いた文章のように過剰なほど父を褒め、「うちはい家族だよね」と繰り返す。

今思えばこのとき、父の浮気借金で苦労し、そう自分に言い聞かせたり子供に悟られない様にしてたためかもしれない。

私は、家族を大切にしなければいけない。家族はなにより大切なものだ。悪く思ってはいけない。そう思っていた。

思っていたというか、そう育った。

それなのに自分人間としての権利を侵されたこと、そのことに対して怒りや憎しみを覚えることへの罪悪感。怒りや憎しみを抑え込むストレス

そういったものでどんどんおかしくなっていた。高校生の後半の頃には毎日のように吐いていた。

ただ私は、その時原因が分からないもの学校という環境自分適応できないんだと思い大学への進学を希望しなかった。

家庭が貧乏だとか、まあそもそも勉強もそんなに好きじゃないとか色々な理由はあったが

一番は、もう「学校」という場で同年代人間がたくさんいるところに身を置き、やっていく自信がなかった。

大学勉強しないと叶えられない夢もあったが、私の夢なんてくだらないものと思ったし、その夢を自分が叶えられる自信もない。

私は幸い就職に力を入れている高校に通っていたので難なく就職できた。

しかし、私はその職場を三年で退職した。

めっちゃくちゃ長くなるので割愛するが、やはり前述した人を信頼できないという部分が大きくストレスになったと思う。

他にも職場環境自体の悪さなど、いろいろとあったが。

人を信頼できないというのは、具体的に言うと私の場合

「嫌われているんじゃないか」「使えないやつだと思われている」「いない方がいいと思われている」

と思ってしまう。こういう思いを中学生のころから人と関りを持つたびに感じていた。

学生だったころはまだいいが、仕事となるとこうした不安支配され

頭が混乱し周囲が気になって仕事に集中できなくなり仕事を続けることが難しくなる。

ちなみに、今でもこれはある。

精神病み仕事を辞めて、初めて医療に繋がった。

しかし私はこの時社会生活適応できず精神を病んだと思っているので、もちろん病院で家庭の話などしない。

この頃は実家暮らし昼夜逆転生活をしたり、早朝の三時から五時くらいまで近所の公園でぼーっとしたり

突然意味の分からない理由家族にキレたり、両親に過剰に甘えたり、暴食したり、めちゃくちゃストイック会社員時代契約したジムに通ったり

自覚はなかったが本当に頭がおかしかった。

この「過剰に甘えたり」の部分。

リビングで寝転がってテレビを見ている父の隣で寝転んで一緒にテレビを見ている内に寝てしまった。

その時に性的被害を受けた。私が途中で起きたこと、そしてそれを父も気づき何なら乗り気と思いエスカレートした。

成人しているわけだし嫌なら嫌だといえばいいと思う人もいるだろうし、若い女が自分から異性にべたべたするから悪いと思う人もいるかもしれない。

私ですら今でもそう思う時はある。(娘にとって父親は異性ではないのは確かだが)

まあ、この時なぜすぐに拒絶できなかったのかということや、その後の感情については自分でも今明確でないので

書くのはやめる。薄くもやのかかった状態イメージだ。

ただ同じような被害に遭った人や未来自分のために言うが

悪いのは絶対に100パーセント相手だ。これは私の感情ではなくて事実

この事実と私の感情はちぐはぐで、だからこその7割の「罪悪感」だ。

今は一人暮らしをしていて、精神や身の安全は確保されている。

体調の問題で一日の勤務時間制限され、パートという雇用形態だが、何とか社会復帰もできた。

治療については心療内科への通院と、性暴力被害支援センターでのカウンセリングを受けている。

(ちなみに、初めて病院に行ってから被害自覚するまで1年半ほどかかった)

穏やかな日常で少しずつ自分のことを大事に思える様になり始めた。

しかし、母は兄や父の性虐待を知らないし「家族がなによりも大切」「うちっていい家族だよね」と

思っているので、頻繁に交流を求めてくる。

母についてだが、上記のような思想持ち主でヒステリック自分が一番で負けず嫌い

自分の功績に対するプライドが高く、精神的にも脆い面がある。

自分の功績というのは「いい母」であり「いい妻」であったことだ。

口が裂けてもあなたの息子と旦那に性被害に遭いましたなどとは言えない。

私は実家に帰ったり両親と食事をしたりするたびにちぐはぐな気持ちを抱えて家に帰ると何もできない時間がおとずれる。

父の稼ぎや教育で私が育ったのは事実で、今でも車を出してもらったり困った時に父を頼ってしま自分もいる。

でも、性被害事実なのだ

しかしこんなにお世話になっているのに、被害の部分だけで恨むのは都合がいいんじゃないかとか。そういうことだ。

父の日フェアの売れ残り商品自分が買ってしまいそうで怖い。

ごめん、過ぎちゃったけど~なんて笑いながらプレゼントを渡してしまいそうで怖い。

2020-03-03

リモートワークが始まったんだが社員には全員ノートPC支給されたのに協同者の分はなくて発注してるけど届くの4月以降だってよwww

web会議ヘッドセット社員しかいか協同者は何とかしてだってよwww

2020-02-17

リモートワークでプロパーが来てない

なお協同者は協同者専用フロア隔離されるらしい

リモートは無し

2019-12-01

anond:20191201183950

観念的な質問には観念的に答えるけど、現在においては愚問ではないかと思う。少年漫画が同時に少女マンガとして成立し得るし、現在エポック少年漫画の多くは同時に少女マンガである

・「2010年代において、最良の少年漫画は何か?」「『ちはやふる』」

ちはやふるが「女性作者」が「女性編集者」との協同で「少女マンガ誌」で連載されている現在における「少年漫画らしさ」をホモソーシャルものとして捉えるのはナンセンス

・それはそれとして刃牙は偉大

2019-09-19

anond:20190918220405

もっともだと思うね。でもさ、本来、そういうサラリーマン的に投資が見えるものしかVCは狙わんものよ。

投資がどういうものかを考えたら、期間と費用と想定顧客収益を元に、想定収益を期間、費用で割って求める。

得た収益を元に次の投資につなげていく。

ただ、「ベンチャーブームが起きている産業」だと、想定収益がよくわからなそうだけど高そう。だから投資する。

本当のところは誰も本当の収益なんかわかってないのにね。

さらに、そういうイメージで高い収益を上げられる!というのが口八丁の大言でできるから起業家を名乗る詐欺師も横行する。

むろん、本当に儲かる技術になる可能性があるんだけど、起業家なんて食い詰めてるもんだから足元を見て嫌なことを押し付けたり、騙して低い額で奪う、あるいは、全部奪うことを念頭に入れた金を出す側の詐欺師も横行する。

詐欺師詐欺師というが、詐欺なんてのは騙す意志があったっていう立証と証拠必要なんだが、そんなのしっぽを掴ませなければいいだけ。

若い起業家というけどさ、騙しもテクニックからだんだん本業より騙しのほうがうまくなっていくから若いしか求めてない」というのも相当あるんじゃないかな?

年寄り起業家候補詐欺師が増えてくるから

まあ、実際やってる人間もこういう商品ができれば儲かるだろうというのがあったとする。だけど、顧客側か、商品側か技術的に全部固まってなければ、「騙し」になるなるんだろうけどね。

から起業家出身詐欺師も多いという。まあ、起業家なんてものが大言を持って出来てないものを出来るという職種なのだうからね。

VCが絡むような案件だと、大きく儲ける見込みが必要。とすると、相当な参入障壁もいる。

海外特に中国だったり、すでに成功して財を成した本人の投資であれば参入障壁関係なしに正面から力技でレッドオーシャン投資して総取りで回収みたいな蠱毒みたいなのもありえるかもしれん。

けど、一回の失敗でキャリアがパーになることを考えたらサラリーマンには無理だろうね。

よって、VCなんてベンチャーブームが起きている産業しか存在し得ない。せいぜい、アカデミックポストで先にプロダクトマーケットフィットが満たされるぐらいまで技術顧客を整えた案件か。

起業側も、動き出して数ヶ月で儲けるものしかできない。ハイテクなんか一般市民にはまず無理だ。先にアカデミックポストを得る方法を考えたほうがいい。

まあ、アカデミックポストで有望な技術を開発している先生になれるのならずっとアカデミックで生きていくか、待遇いい大学に移ったほうがいいのかもしれんけどね。

また、儲けが見えてきた段階で適当な産学協同案件で組んでる企業のものになって、アカデミックポスト自分自身は儲からないってこともあるかもしれない。交渉次第だが、大学意向には逆らえないのかもしれないがね。それでも飯を食えるだけマシだ。

必死でやってりゃ、周りも見る余裕がなくなる。騙して他人欲望のために捻じ曲げようなんて奴が平気で湧いてくる。

世界を変えるとか言うよりさ、安定して飯食えて、嫌な人間からは逃げることができて、好きなことと共有できる人間と、好きなことをワイワイ楽しんで、疲れたら休めるぐらいの人生のほうが遥かに幸せだろうさ。

2019-09-06

保育士仕事を侮っている人

保育士仕事を侮っている人は知識を覚える事と実践する事の区別がついていないじゃないかと思う。

例えば下記(実践すべきことの一部だけど)を覚えたからって、簡単実践できる人がそんなに多いのかという話。

想像だが保育士仕事を侮っている人は暗記は出来ても実践は出来ない人も多い気がする。

https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11900000-Koyoukintoujidoukateikyoku/0000160000.pdf

保育士等との信頼関係に支えられて自分自身生活確立していくことが人と関わる基

盤となることを考慮し、子どもが自ら周囲に働き掛けることにより多様な感情体験し、

試行錯誤しながら諦めずにやり遂げることの達成感や、前向きな見通しをもって自分の力

で行うことの充実感を味わうことができるよう、子どもの行動を見守りながら適切な援助

を行うようにすること。

② 一人一人を生かした集団形成しながら人と関わる力を育てていくようにすること。そ

の際、集団生活の中で、子ども自己を発揮し、保育士等や他の子どもに認められる体

験をし、自分のよさや特徴に気付き、自信をもって行動できるようにすること。

子どもが互いに関わりを深め、協同して遊ぶようになるため、自ら行動する力を育てる

とともに、他の子どもと試行錯誤しながら活動を展開する楽しさや共通目的が実現する

喜びを味わうことができるようにすること。

道徳性の芽生えを培うに当たっては、基本的生活習慣の形成を図るとともに、子ども

が他の子どもとの関わりの中で他人存在に気付き、相手尊重する気持ちをもって行動

できるようにし、また、自然や身近な動植物に親しむことなどを通して豊かな心情が育つ

ようにすること。特に、人に対する信頼感や思いやりの気持ちは、葛藤やつまずきをも体

験し、それらを乗り越えることにより次第に芽生えてくることに配慮すること。

集団生活を通して、子どもが人との関わりを深め、規範意識の芽生えが培われること

考慮し、子ども保育士等との信頼関係に支えられて自己を発揮する中で、互いに思い

を主張し、折り合いを付ける体験をし、きまり必要性などに気付き、自分気持ちを調

整する力が育つようにすること。

高齢者をはじめ地域の人々などの自分生活関係の深いいろいろな人と触れ合い、自

分の感情意志表現しながら共に楽しみ、共感し合う体験を通して、これらの人々など

に親しみをもち、人と関わることの楽しさや人の役に立つ喜びを味わうことができるよう

にすること。また、生活を通して親や祖父母などの家族愛情に気付き、家族を大切にし

ようとする気持ちが育つようにすること。

2019-08-18

「世の中も未来も気にする余裕はない、私を今すぐ助けてくれ」

趣味経済社会政治差別人間関係、色んなことが毎日ネット議論されてるけど、ほぼなんの話題についても「世の中も未来も気にする余裕はない、私を今すぐ助けてくれ」と思ってしまう。

議論だと、だいたい正しそうな人って、長期的で、視野広めで、穏健なこというじゃん。

色んな立場協同しないと世の中を動かせない、とか。

ロジック倫理的な公正さを保つ努力をしていないと、将来的には信用度を得られずにいいことがない、とか。

ワンイシュー感情的快楽決断しちゃダメ、とか。

あいうのに対して、

「うるせ~~~~! 世の中全体への配慮苦痛解消だの、長期的なやり方とか知らね~~~! 他人共感したり先のことまで考えてられねえ!!! この私個人の日々のしんどさに即効性のある何かをくれ!」

ってなるんだよな。

社会全体の安定のために私と違う属性の人への手厚い保護を、みたいな話の方が正しいんだろうけど、今愚痴や不満を言って、たとえ誰かが傷つくとしても私がスカッとできるとかの方を優先しちゃう

「将来自分がその保護される属性になるかも」って話あるけど、将来のことまで考えてられない。

そしてこういうタイプって、私だけじゃない気がする。

真善美とか、五年後十年後のこととか、割とどうでもいいって人、かなり多くない?

今の自分利益誘導するための理論武装に使えそうならそれっぽく正しさを語るけど、そうじゃない時はぶっちゃけ見ないふりしまーす、みたいな不真面目な振る舞いが広まってると感じる。

その不真面目さに自覚のない人も多いかもしれんが。

人間はだいたい利己的だよなとは思ってるんだけど、でも十年か二十年か前はもうちょい真面目さが真面目に良いとされてたような……錯覚か……?

まあともかく、世の中全体とか、先のメリットとかを考える気になれんし、お仲間も多い実感があるから、真面目に語ってる人って虚しくならんのかなーって思う。

とか悪ぶってみたけどたまに私もメンタル安定してる時はクソ真面目に自分なりに正しいと思えることを主張したりもする。

2019-06-08

協同するのに向いていない

率先して動いているが、反応なしなのが腹立つなぁ…

二度とやらねー。

2019-05-04

anond:20190503224440

https://www.j-cast.com/2017/11/24314586.html?p=all

山根准教授「(野生のヤマネコから)人のそばで暮らすようになった猫は、数が増えた結果、オスたちは求愛する順番を決める掟を作りました。すると繁殖できない、あぶれオスが増えて子殺しの脅威が高まりました。それに対抗するため、メスたちは協同保育を編み出しました。オスも自分父親場合には我が子を守るために戦う行動をとるようになったと考えられます。これは猫の進化です」


面白い

2019-01-12

寿司丸かぶり恵方巻き)はつくられたもの

山路という海苔屋のおっさんの仕掛けらしい。詳しくはここにある。

https://core.ac.uk/download/pdf/56643945.pdf

ちょっと引用すると、

それでは実際の資料からはどうか。恵方巻は、その由来を鋭明するチラシや新聞記事では「江戸時代の末期から明治にかけて」の時期に誕生したと記述される場合が多い。これは、岩崎がまとめた由来からも分かるが、実際のところ、江戸明治期にこの行事存在したとする資料は今のところ見つかっていない。

これらの事実から推論を試みるならば、少なくとも大正期、戦前にはすでに存在し、大阪のごく限られた地域で行われていた風習であること、寿司屋がそれを利用して、古くから伝統であるという触れ込みで販売促進活動を当時から行っていた、ということはいえるだろう。

その後、太平洋戦争の激化に伴い行われなくなったこ行事は、1949年大阪府鮨商協同組合によって、「土用丑の日のウナギかば焼」に対抗する販売促進手段として復活している。そして、戦後復興が進む1950年代に入ると、戦中の配給統制によって解散余儀なくされていた海苔問屋組合が統制の解除をもって再結成され、その販売促進の手段として、節分巻きずし行事宣伝に参加するようになる。宮下牽の『海苔歴史』には、大阪海苔問屋協同組合1951年の結成と同時に「巻きずし丸かぶり」の宣伝を行い、大きな成果をおさめたという記述がある。この「大きな成果」がどれほどのものだったのかは分からないが、海苔業界復興の旗印として、巻きずし喧伝されていたようだ。

その後海苔問屋協同親告は、すし組合とも連携してこの行事の普及に努める。昭和40年代前半には、協同飛行機チャーターしてビラを撒いたりもしたようだ。しかし、この試みは経費がかかりすぎたために1度で終わっている。

海苔組合の取り組みがより積極的になるのは、岩崎聞き書きによれば1977年昭和52)になってからだという。そもそも1974年頃までは海苔国内生産需要に追いついておらず、韓国産で不足分を補う状況だった。それが、国内生産が増大によって韓国産への依存が減り、1977年にはついに国内産で需要が賄えるようになったのである。これから先、さら生産が増加すれば今度は余剰分が発生する。そこで、これ以降海苔組合は毎年大量のビラを印刷して各地に配布し、さらなる普及へと乗り出すようになった。

そしてこの海苔組合の動きと前後して1976年昭和51)に、「節分チャリティーセール」なるイベントが開始されている。このイベントのメインは、大阪ミナミ道頓堀巻きずし早食いを競うという「巻きずし丸かぶり早食い競争」。一見馬鹿らしいこの競争が、この行事関西における節分定番行事へと押し上げるきっかけとなった。

仕掛けたのは「昭和会」という、大阪商売をしている昭和生まれの海苔販売業者たちで組織された団体だ。その中心人物の一人であった宝海苔本社大阪市中央区)創業者の三男、山路昌彦氏によれば、海苔がたくさん取れるようになって何とか消費を増やそうと思って考え付いたアイデアなのだと言う。「食いだおれの街で早食い競争なんて、いかにも大阪らしくて絵になるし、黙々と巻きずしかぶりつく姿がオモロイやんか」という彼らの発想は見事に当たり、マスコミを引き込んでの一大イベントヘと成長する。海苔組合によるビラでの周知と、マスコミに取り上げられた早食い競争。この相乗効果により、節分巻きずし関西伝統文化として認知されるに到ったのである

また、山路氏は取材に釆たマスコミ丸かぶりの由来をたずねられると、「ずっと昔からやっていたものだ」と答え続けたのだという。「それこそ風習なんてこうやってできていくもんやないの」と語る彼の見解からは、大阪商人が持ち得た巧みな伝統利用の視点を伺うことが出来る。


ということで、商売人の「オモロイやんか」が伝統ということではたしか大阪伝統なのだけれど、そこまで古風なものかというとそうでもなさそうだ。花街に由来することとかその後の伝統としての受け入れられ方とか、原論文はかなり面白いので、増田ブクマカ諸氏にはぜひ読んでほしいと思う。

anond:20190111181738

2018-12-21

産学協同に向いてなかった

受講者は10人ちょいだったか

夕方時間、2~3週に一度社員の前でプレゼンするけどダメ出しが強い 社員夕方学校まで来てプレゼン聴く、生徒は授業終わりにこの精神をすり減らすプレゼンを考えないといけない

“俺たちクライアントアイデアを選ぶ側だから”ってスタンスが常

”きみ○○学科か、なんかこう変わってるアイデア出してくる傾向あるよね〜” 学科レッテル貼られるのも不愉快

あいまいテーマに頭悩ませてアイデア出してもそんな感じだから嫌になって途中受講するのやめた 何年か継続して受講してる特定の生徒が1年の受講者をいじめてたし

そして出来上がる成果物あんまりいいなとは思えなかった

2018-08-16

anond:20180816095431

市長への情報共有も行ってますが、市長は愚直に下からの報告を信じているようで

今、役所保健所警察協同してますんで、という返答でした・・・

2018-07-29

anond:20180729015012

かにムキムキマンには立ち直り反射によって安全姿勢を保つ能力が備わっているため、防御本能を、防御本能でつぶす!!!

屈曲反射を使う。数多くの脊髄反射のうち、痛覚神経を求心路に持つ屈曲反射はすべての反射に優先する。

例えば,脊髄をそれより上部の脳構造から切り離してしまったカエルでも,足先をピンセットでつまむと後肢全体を胴体に向けて折りたたむ運動が起こる。これは屈曲反射flexion reflexと呼ばれるもので,強い刺激を受けた肢を刺激源から遠ざけ,危害を免れようとする合目的的な意義をもっている。われわれが釘を踏んだ足をとっさに持ち上げるのはやはり屈曲反射で,痛いと思ってから意識的に持ち上げるのではなく,脊髄の働きにより無意識のうちに持ち上げられるのである

(世界大百科事典)

落ちれば死ぬと分かっているので必死兵隊でも、火傷するほどの熱湯による強い刺激を受ければ、

『反射はその肢の屈筋全体に広がって屈曲協同運動となり,いくつかの関節がすべて屈曲して,体幹に向って折りたたまれる(ブリタニカ)』ので、めでたくハシゴロープや壁から手を放してしまって自動的に転落である

武器攻撃に耐えられる鎧や覚悟があっても、侵入してくる液体が持つ熱による反射は防げない。痛みにより受け身をさせない。



(母さん)

夕焼けが綺麗だった)

(真っ赤な血の中の飛び散った脳みそは、途方もない時間溜めこまれ精子のようだった)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん