「単純作業」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 単純作業とは

2018-02-22

最近、頭が痛かった

最近、頭が痛くってさ、早退したり、休日は家でずっとベッドの中で寝ていた。

せいぜい、休みの日に家を出るっていったら、歩いて徒歩5分のコンビニ弁当を買うぐらい。いつもおにぎりサラダを買っている。あわせて300円にもならない食事。そんなことはどうでもいいか

でさ、流石にずっと寝てるから、することが無くて困ってんの。まあ、最近テレビを点けてオリンピックをダラダラ見てるぐらいかな。オリンピックは良いよな。一日中ずっとやってるし。CMも無いから。せいぜい、他の国同士の団体競技をもう少し見たいって思うぐらい。

それがここ数週間の俺の休日

仕事の日はもっと辛い。

ガンガン痛い頭の痛みやときどき現れるふわふわした気分を抑えながら、データ入力をするのが俺の仕事だ。単純作業だけど、正確性が求められるのでこの状態だとかなりキツイぶっちゃけ俺じゃなくても誰でもできる仕事だ。だから、俺が不能だと分かったら、さっさとクビにするだろうな。会社の中で死んだりでもしたらメーワクだから

こんな状態毎日続いていたんだが、どうやら、俺はいわゆる残留思念に取り憑かれているらしい。

説明は難しいが、こう、急に分かった感じがするんだ。パズルピースが嵌ったような気分。もしくは数学概念理解できたような。

とにかく、俺には残留思念のせいでこんな状態になっている。

昨日、快挙と言っていいと思うのだが、残留思念対話することに成功した。対話というより通信のほうがいいかもしれない。よくマンガとかで出てくる「こいつ、直接脳内に……!」みたいなアレ。あれは読者が日本語ベース理解しようとするから日本語で書かれているけど、実際に言語でやり取りはしていない。ぼんやりと分かるようになるぐらい。残留思念は無口だ。これは俺の場合だけどな。

その残留思念通信してわかったのだが、俺に残留思念を送りつけたのが、仕事場所で俺の隣りにいる横田らしいんだ。

横田は勤勉だし、性格も良いから、頭が痛いとぼやく俺のことをいつも心配してくれる。もちろん、他の同僚たちにも気を配る優等生だ。仕事もよくできるので周りの評価も高い。

そんな横田がなぜ、と思ったのが最初感想だ。そこで、横田残留思念を送ってきたのか理由通信した。

しかし、残留思念にも分からなかった。いくら残留思念でも、創造主の頭までは侵入できないのかもしれない。

仕方が無いので、今日出勤してきたときに俺の残留思念の一部を横田に送りつけてみた。ちょっと横田の脳に触れる感じ。

すると、面白いことが起こった。

残留思念の一部が横田の脳に攻撃すると、そこからどんどん別の残留思念が出てくるんだ。耳、鼻や口とか穴の中から出てくるんだ。というか、俺は残留思念を感知できるようになった。

俺の会社では毎日朝礼があって、部長の朝の挨拶の間でもずっと横田残留思念を垂れ流しにしていた。心なしか横田の影が薄くなっているような。でも、みんな横田異変には気づいていない。

おそるおそる、俺は横田に気分が悪そうに見えるが大丈夫かと尋ねてみた。

横田は一目俺を睨んだだけでなにも言わなかった。誰が残留思念を送ってきたのか分かったのかもしれない。

朝礼が終わると、横田はすぐにトイレに向かった。俺もこっそりついていった。

トイレの個室で横田は小さくうめき声を上げた後に、声は止んでしまった。

その後、俺は横田を見ていない。

休みを過ぎても横田は帰ってこなかった。

横田の隣の席の横横田と話していると、ある核心的事実がわかった。

横田は体のほとんどが残留思念でできているってことだ。

なぜそれがわかったって?

横田残留思念に取り憑かれているからだよ。

いったん、残留思念に取り憑かれると空気中を漂う他の残留思念が体に集まりやすくなるようだ。体の許容量を超える残留思念が溜まるとそいつ消滅する。

横田もすでに許容量の半分ぐらいがすでに侵されている。

ふつうは、残留思念が集まるといっても1思念1ヶ月ぐらいのペースぐらいが平均みたいだが、横田は異常なスピード残留思念が集まってしまったと教えてくれた。きっと、社内外問わず広い交流をしていたからに違いない。

残留思念が多すぎるとふとした拍子に残留思念漏れ出てしまうことがあるらしい。それが俺の中に入ってきてしまったというのが横横田の仮説だ。

では、どうすれば残留思念を追い出せるのかと聞いてみたが、それがわからないと返ってきただけだった。一方的に溜まっていくだけで今のところ防ぎようがない。

今は1思念だけなのでまだまだ許容量までには十分余裕がある。

しかし、いずれは自分の体が残留思念でいっぱいになってしまうだろう。

気がつけばここ数週間の頭痛は治まっていたが、別の頭痛の種が発芽してしまった。

田舎まじろくな仕事ねえよ終わってんなパロロロローン

田舎に帰った。仕事マジでない。

介護はやりたくない。やるとすれば前科者になったあと仕事ができなくなった最終手段として残しておく。

薬剤師看護師免許いから無理。

単調な単純作業スキルが身につかない時間の切り売りだから無理。

クリエイティブ系の求人めっちゃ少ない上ブラックしかない。見込み残業45時間とかそんなんばっか。

ゴミゴミゴミゴミ

2018-02-21

最近物事を断片的にしか捉えられない

全体像が把握できなくて、目の前で起こっていることからし判断がつかない

例えて説明しようにも、その例えが思いつかない

何が言いたいのか伝わらないと思うが、以前はこうでなかったので辛いです

人に物を教える仕事から単純作業仕事に変わってから、こうなり始めた

単純なミスも増えるし、やばい

単純に、頭使わなくなって頭の回転鈍ってるっぽい

辛いです

助けて

2018-02-20

anond:20180220215808

いたことがないのか?

徹夜必要なこともある。

内容が高度で誰も変われない知的仕事からだ。

よって給料も高いか労働生産性普通企業に比べ高い。

給料いから夫を養えると思ったってのもある。

単純作業で代わりが見つかるようなものだったら苦労はしないよ。

anond:20180220205925

あと2、30年もしたら、公務員下流の受け皿になるの間違いない

ホワイトカラー仕事なんてとうてい無理なレベル下流を、失業者対策に大量雇用して

わざと業務効率化しないで単純作業増やして月給12万とか15万とか

2018-02-18

メランコリックな夜

羽生くんが金メダルを取った。

感動と興奮とが一気に押し寄せ、それと同時に無事滑り終えた安堵感が綯い交ぜになり、私は感極まってしまった。

彼のファンなら皆、彼の演技を祈るような気持ちで見ていただろう。

私もその一人だ。

ファンではあるけれども、フィギュアに詳しくない私はアクセルフリップの違いもよくわからない。

そんな中途半端な私にも見終えた瞬間に「素晴らしかった」と思える演技だった。

表彰台笑顔で上る彼を見ていて湧き上がるのは感動、興奮、安堵の感情

そして、私はその裏にある自分のもう一つの感情に気づいてしまう。

憂鬱である

彼はソチから4年間、絶対王者としての意地、国を背負うという重圧、様々な葛藤の中で選手としても、一人の人間としても大きく成長し、今日私たちを大きな感動に包んでくれた。

彼の4年間は間違いなく波乱に満ち、また誰よりも努力した濃厚な時間だったことは容易に想像できる。

私の4年間は。

私の4年間、あのソチからの4年間。

あの頃大学生だった私は、今、「自分の夢を追う」という名目フリーターという心細い身分を自ら選択し、人生迷路に絶賛迷い中である

人に誇れるものでもなく、かと言って破滅的というほどでもなく、惰性的に夢を追う若者ありがちな堕落した時間を送ってしまっている。

羽生くんの演技による興奮なのか、自分の不甲斐なさに対する憂鬱からなのか、私は真っ暗な布団の中で時計が深夜3:00を過ぎても眠ることが出来ずにいた。

眠れないまま布団の中にいると、脳内走馬灯のように私の4年間のなかの少し印象的だった出来事や思い出なんかが駆け巡る。

そして、私は一つの出来事を思い出す。

大学進学とともに東京に出てきた私が、少し東京という街に慣れ始めた頃。

私は友達とともに有名大学の文化祭に足を運んだ。

自分大学とは違う、歴史的な校舎の作り等に感心しながらなんとなくお祭り気分を堪能していると、ふと見知った人の顔が目に入った。

Aくんだ。

高校一年生の春から夏へと季節が移り変わる頃、「ねえ、Aくん、増田のこと好きなんだってよ」と人づてにAくんの名前を初めて聞いたのを覚えている。

私はその時、Aくんの名前と顔も一致せず、「誰か知らないし、話したこともないし、なんかの間違いなんじゃない?」みたいな返事をしたのを微かに覚えている。

自分で「間違いなんじゃない?」なんて友達に言っておきながら、私はそのAくんの苗字を忘れられず(Aくんはちょっと珍しい苗字だった)、頭の片隅になんとなくそ苗字が引っかかっている状態が続いた。

次にAくんの名前を聞いたのは、同じ高校に進学した幼なじみからだった。

一緒に文化祭自由時間のんびり過ごしていると「Aくんって知ってる?」と突然聞かれた。

名前だけしか知らないので、「知らない」と答えると、「ジャニーズの〇〇くんにちょっと似てるんだよ。あっ、ほら、あの人」と控えめに指さす。

指の先には確かにちょっとジャニーズの○○くんに似てると言えなくもない男の子が歩いている。

私自身、あまり惚れやす性格でもないため「あの人かー」という感想以外特になかったのだが、それでもやっぱり高校生なのでちょっとキドキしたりして、勘違いかもしれないのに馬鹿だなとか思ったりして――。

でも、なんとなくAくんも私を意識してるような気もして――。

なんだかんだ廊下ですれ違ったりするとき意識してしまったり、今考えても自分の単純さに呆れる。

国語テストの成績上位者の紙で名前前後に載ったり、何度か運命的な(?)出来事もあったりしたものから余計彼を意識するようになってしまったのかもしれない。

ここまで読んでくれた人はこの後、高校時代、私とAくんが付き合う展開が待ってると思うかもしれないが、私とAくんはなんとその後、卒業まで一言言葉を交わさなかった。

現実少女漫画のようにいかないらしい。

そんなAくんがたまたま行った大学文化祭ギターを持って少し目の前を歩いている。

見間違いかと思ったが、向こうも私に気づいたようで、こちらを注視しており、私は謎の気まずさと恥ずかしさとで完全に見ない振り。

私とAくんが通っていた高校東京とは縁もゆかりも無い田舎だった。

そんな田舎高校しかたことがなかったAくんが目の前に、東京に、たまたま来た文化祭にいる。

私も相当に驚いたが、Aくんも相当驚いたのだろう。

しばらく物陰からAくんの視線を感じた。

それでも気付かないふり――。

だって、話したことないもん。

深夜3:00、羽生くんによって開かれた記憶の扉によって、私は一つの衝動に駆られる。

「Aくんが今どうしてるか知りたい!!」

喋ったこともない相手の近況を知りたいなんて、私とストーカーの違いって果たしてなんだろうと一瞬踏みとどまるもやはり衝動はおさまらない。

真っ暗な部屋で布団の中からスマホに手を伸ばす。

Google検索欄に入力しようとして、我に帰る。

「Aくんの下の名前ってなんだっけ?」

国語テストの成績表で私の名前の上にフルネームで載っていたのに……。

なんだっけ……。

正攻法じゃわからないと考えた私は次に検索欄に Aくんの苗字+自分の母校+彼を見かけた大学名 を入力

すると簡単にヒットした。

彼のフルネームがわかったところで、またGoogle検索

すると彼がバンドマンなこと。

ライブをちょこちょこやっていること。

音楽に詳しくない私でも知っている大きなフェスの小さなステージに出たこと。

そんな情報ポロポロと出てきて、「頑張ってるんだな」と笑みを漏らすとともに、湧き上がる一つの感情に気付く。

そう、憂鬱である

Aくんもまた、夢に向かって4年間駆け抜けてきたのだろう。

それに比べて私は――。

言ってしまうと、私も全く頑張っていなかったわけじゃない。

私の夢を叶えるべく、その道のプロとなんとかコネも作ったし、その人たちに評価されようといくつか作品も作った。

でも、プロにかけられた言葉非難の嵐で、私はプロ評価される度に夢に対する熱意、情熱を失い、失速していった。

夢にほんの少し近づいて持った感情希望なんかじゃなく、絶望だと気付いた時、私は精神バランスを崩しやすくなり、自分の弱さにまた失望した。

ここ半年作品を作ることもできず、ただただ漠然とした不安単純作業非正規労働で埋める毎日

そんな自分が情けなかった。

そんな私には最近、昔好きだった、自分が憧れていた作品をもう一度見返す機会があった。

久々に心を揺さぶられた。

もう一度、いや、何度でも自分の夢に再挑戦したい。

そういう気持ちがふつふつと湧いてきたのだ。

僅かな希望を胸に抱いたところで、私の人生のちっぽけさは変わらない。

メダリストとは月とスッポンの差だし、駆け出しのバンドマンの足下にも及ばない。

皆それぞれ、人生をがむしゃらに走っている中で私が歩みを止めてしまった4年間。

その4年間を悔やむとともに、彼らの4年間を讃えたいと思うこの感情を色で表すと、きっと夜明け前のような仄暗く、それでいて深い青と紺を混ぜたような色なんじゃないかと思う。

それぞれの4年間に想いを馳せる夜。

そんなメランコリックな夜が今、明けようとしている。

2018-02-14

自分無能である理由が分かった!

ブレークダウンが下手

 

https://www.weblio.jp/content/WBS

Work Breakdown Structure

WBSとは、プロジェクトマネジメントで利用される計画手法一種で、プロジェクトにおける作業を細かい単位に分割し、階層構造などで管理する手法のことである

 

ルーチン(定型業務)なら得意

 

特技を活かすには、大きな目標ルーチンのような単純作業(やることが明確で迷う要素がない)の塊に変える準備が必要だった。

課題が少し変形できて、「複雑な物事構成要素を観察 → 分解 → 単純化する」という練習を重ねれば、自分の特技を活かせるようになって、無能(結果が出せない、いつも挫折する)を脱却できると閃いた。

良かった。

2018-02-11

https://anond.hatelabo.jp/20180211163103

死にたいという発想が出てきてしま思考の隙間を埋めるために

ソシャゲみたいな永遠にぽちぽち続けられるゲームをして無になる

ゲームでなくても「見る」じゃなくて「単純作業」なことをやる

2018-02-05

面倒だなと思うとき、どう行動する?

何もかもが面倒になるときってない?

仕事も、何もかもが面倒になる。

一つずつコツコツ作業すれば良いってのは分かってるんだけど

どうしても楽なほう楽なほうに逃げていっちゃう。分かってる。

異常に腰が重いんだよね。物のたとえだから痩せるか?ってのは別の話で。

単純作業は好きなのよ。たぶん、工場でチマチマ作業するのに向いてる。

ただ、会社で決められた目標に対しコツコツ4月までにやらないといけない仕事日常業務以外に4つもあって

その目標が全て高すぎていやなんだよな。 そしてやる気が出ず、毎回達成できない。

ダメなのは分かってる。毎回言い訳しかしてないのもわかってる。

でも、どうしたらいいんだ!「やれ!」ってのはわかるんだけど本当にやる気が出ない!

2018-02-03

業務効率化の辻褄あわせるための非効率業務に怒りを覚えずにはいられない

そういうとこなんだよなあ。

息抜きちょっと組んだマクロ結構みんなに好評だったんだけど、社内規定的にグレーな動作があったためそのグレーな部分削除したバージョン作ってみたけど、今度はなんか余計手間かかる挙動なっちゃったのでお蔵入りにした。

ただそのマクロが上の人間の「うちのグループはこんなツール単純作業自動化して業務効率化してます!」アピールに使われているのが情けないし恥ずかしい。

それがとても業務効率化につながるとは思えないがそんなこと上の人間としてはどうでもいいのだろう。けど、そもそもそういう辻褄あわせの積み重ねが諸悪の根元であり、それをつぶすことが業務効率化の目的だったはずだが。

なのにこんな些細なことですらそんな辻褄あわせスタンスなのか。とても悲しい。

「これは使い勝手が悪いのでかえって手間になります」という僕の意見もむなしく「いまね、ちょっと周りの人に使ってもらってみたけど、好評だったよ!」って。部長かがじきじきに「これつかってみろよ!便利だろ!?!?」とか言うならば、そうですね~以外どんな返答があるというのだ。たかマクロに。(そもそも本当にヒヤリングしたのかも怪しい)

そんないたたまれないやりとりが行われてることも悲しいしそれが僕の組んだしょ~~~~~~~~もないマクロのせいなのがなお悲しい。

この出来事自体ももちろん気分悪いけど、根底流れる辻褄合わせマインドのせいでこれまでも散々傷ついたから、ああまたそのスタンスなのね、ああなるほどなるほど、なるほどね、でもこんな些細な出来事にすらそのスタンスなんだなあ。

情けなくなった。やれって言われたこと以外をやるパワーの根元に何があるかということをもっとちゃんと考えてほしい。

2018-01-25

しなきゃいけない仕事があると、結局なにもしなくなる

「やりたいこと」があって、でも「しなきゃいけないこと」があると結局なにもしないことが、ずっと続いてる。

 

なんとかしたいけど、どうしてもやる気にならない。通院もして、薬も飲んだけど結局、お金と通院時間ばっかとられて解決しなかった。別件でガチうつ病になってそっちは治ったので病院じゃ無理そう。どっちも仕事なんだけど、やりたい仕事あんまりお金にならなくて、しなきゃいけない仕事はすぐにお金になる。

 

大局で捉えると「やりたい」仕事をやんないとダメなのは目に見えてるんだけど。「しなきゃいけない」仕事は、需要はあるけど代わりはいくらでもいるし。だけど、「しなきゃいけない」仕事を終わらせないと、「やりたい」仕事に手を付けてはいけない気がする。しなきゃいけない仕事って、もう契約していろんな人もかかわってるし。……でもやりたくなくて、結局、本当に何もしない日々が続いてる。

 

こんな状況が続いてなんとかしたいけど、なんともならならないどころか、日に日に症状がひどくなってる。場所を変えるとか、とりあえずやるって色々なライフハックは試したど。ただの事務作業ならいいんだけど、頭脳労働なのが問題を深刻にしている。でも、ライン工みたいな十分が一時間に感じるただの単純作業はもうしたくないし。

 

甘いのはわかってるけど、小さい頃からこんな性分だからいまさら変えようもない。がんばれることはとことんがんばれるけど、やりたくないなぁと思ったら、とことんやりたくない。でもやんないとダメお金のためって今まで騙し騙しやってきたけど、本当は嫌って心の声が強くでダメになっていく。お金がないと死ぬし、普通バイトよりかはいいのに。やりたくないといっても、中途半端にやりたい仕事と同業種だから、今更ひっこみもつかないし。

 

何か、嫌でもやる方法いかなぁ?

2018-01-17

エンジニアで入ったつもりがExcel作業員コールセンターになってる問題

IT企業コンピュータサイエンス資格学士あるのに、

Excel単純作業テクサポのコルセンに配属される問題ってどうして発生するんだろうか。

2018-01-15

人売りITいたことあるけど何か質問ある?

https://axia.co.jp/2017-09-12

https://anond.hatelabo.jp/20180112170210

ここ見てたらなんとなく昔2ちゃんでやってたみたいに自分語りしたくなったので

■俺スペック

20代半ば

フツメン

文系私大

新卒で人売りITに入ってちょうど1年くらい前に辞めた。今は全く関係ない業界で働いている。リア厨の頃からねらー

東京就職たかったけど、大手から内定もらえずめんどくさくなって人売りIT入社した。その時は人売りなんて言葉しらなかったが、無名零細企業で、面接1回で通過できたりと不自然なところがあったので薄々ヤバいところかなって思ってたが、未経験者歓迎って書いてあったし内定を焦っていたので入ってしまった。

実際入ったら、研修中は給料もらえないとかは当たり前。ネットでよく見るブラック要素のオンパレードだった。「人売りなんだから研修あるだけありがたく思え」ってツッコミはなしの方向で。採用面接がまるで機能してなくて、この研修間中Hello, world」とかプログラミングの初歩的なことすら身につかない人間が何人かいた。そしたら責任者社員2人きりで会議室に入って「君は辞めるべきだ」みたいに退職勧告を1時間くらい続けていた。なかなか戻ってこないので他の社員は呑気に「まだ粘ってるな」みたいなことつぶやくくらいで無関心そうだった。俺もあそこまでできない奴なら仕方ないだろくらいにしか思ってなかったんだが。

研修後すぐに配属された。最初の配属先はうちの先輩社員いるから分からないことがあれば頼ればいいと言われたんで、何も考えずに「客先常駐」した。常駐先に行くと、最初の顔合わせのミーティングで先輩社員がなんの予防線もなく「××社のAです」と違う社名を名乗ったので、俺もとっさに忖度して同じように別の会社を名乗った。求人情報では「一次請けが多い」とのことだったが、いきなり多重派遣案件アサインされた。そういや職務経歴書名前書いたら「名前イニシャルにして」と言われたし、改めて「あー、俺派遣社員なっちゃったんだな」と思いながらも、どうでもいいやと思ってミーティングを続けた。

からわかったんだが、あるベンダー経由で1名とか2名の人手が欲しいと紹介のあった案件プライム(一次請け)と称しているだけで、自社ではまともに要件定義もできてなかった。

残業時間は当たり前のように月40時間オーバーし続けていた。少ないって?具体的に書くと特定されるだろ?ここでも裁量労働制とかなんとか言って残業代は出なかった。勤務時間が決まってるのにおかしいよね。休日出勤ももちろんあった。でも相変わらず俺は無気力だったのでおとなしく従っていた。仕事内容は大半がドキュメント整理だった。いわゆるエクセル方眼紙。図形やフォントちょっとでも違っていたら修正しろって言われるやつ。あとスクショエビデンス客先常駐なので自動化ツール使用許可がおりなかった。数ヶ月で契約終了になって、別案件アサインされたがやはり残業時間は多かった。更に悪いことに、プロマネ技術管理もできないクズで、スケジュールが遅延しそうになると「緊急ミーティング」を開催して何時間派遣社員たちを罵倒する。遅延の原因はだいたい発注元のミスか他社の不手際なんだったんだが。そのくせ自分設計ソースコード問題があっても知らん顔。今思うとなんで辞めなかったのか不思議だが「3年以内に辞めたらどこも雇ってもらえないよ」みたいな脅し文句がきいてたんだと思う。それからもちろん「単独常駐」もやった。他に自社の人間がいないので、仕事内容を指示するのは当然派遣先社員成果物を納品するので請負だと言われたけど、納品する成果物というのが派遣先での勤務時間を記入した書類。どう見ても偽装請負です。本当にありがとうございました

これを読んでる人からは「うちはもっとひどかった。甘えてる」とコメントが来るかもしれないが、実際暴行事件とか過労死とかもっと酷いブラック企業ニュースはいくらでも流れてくるんで知ってるから。あの会社暴行過労死もなかったみたいなのでそういうとこよりはマシなんだと思う。俺はブラック企業の酷さで張り合う気はないんで、とことんブラック企業限界に挑戦して欲しい。

■なぜ辞めたか

こんな感じで酷い労働環境でも反抗することな無気力に過ごしてきたが、同級生は俺よりだいぶ稼いでいるとか、あいつはもう結婚したとかいう話を聞いたりして、1年経ったあたりからだんだん正気に戻ってきた。あと、大企業派遣されると正社員だけの福利厚生制度が目についてかなりみじめな気分になるてのもあった。業務派遣先が変わるたびにリセットされて、単純作業ばっか。昇給も昇格もスキルアップもできない。だが結果として、3年どころか2年で転職できた。実力というより運が良かったのかもしれんが、知り合いはまだ若かったからとか言ってたので、そうなのかもしれない。

■こんなネガティブ情報だらけの人売りITにそれでもなぜ人が入ってくるのはなんでだぜ?

俺は新卒で入ったけど、中途で入ってくる人間もかなり多かった。中途と言っても、ほとんどが20~30代くらいで、しかプログラマ経験だった。この人たちの前職が何かというと、飲食チェーン店店長(いわゆる名ばかり管理職?)とかノルマのきつそうな営業販売員とかフリーターとかで、いかにも将来性のなさそうなとこから逃げてきました、って感じだった。この辺の人達からすれば、言うとおりにしてるだけで給料もらえる今の仕事はるかに良いんだと思う。新卒場合は、たぶん俺と同じようにあんまり将来のこと考えてなかったんじゃないだろうか。辞める人にも2通りあって、1つは研修についていけなかった人とか口では仕事できるアピールするがいざ仕事すると何もできない奴。だいたい1年以内に辞める。2つ目は、真面目で技術力のある職人気質の人(だいたい経験者)や将来の目標がある上昇志向の強そうな奴。このタイプ能力があるんだけど、あの会社じゃろくな仕事ができそうにないからか1~2年くらいで辞める。といっても帰社日以外で顔を合わせることがないので辞めた人間全員を知ってるわけじゃないんだが。なので結果として、ひどいブラックから逃げてきたけど他に行くところのない中途組や、騙されてることには分かってるが辞める勇気のない新卒会社に長く残ることになる。

■人売りITを避けるにはどうすればいいか

人売りITは、求人情報で「自社開発」「自社製品」「直請けが多い」「研修が充実してる」「労務管理ちゃんとしてる」「上流工程へのキャリアアップもありえる」「業績好調(じゃあなんで給料払わないんだ)」みたいな嘘や誇大広告を平気でやるので求人情報はあてにならない。そもそも偽装派遣を「客先常駐」と言い換えてる時点でね。特に新卒場合給料を安くできるし、中途と違って労働法知識もなく、労働環境待遇について質問するのがタブー視されてるので人売りITにとっては格好のエサ。実はコンサルじゃなくて人売りITでしたとか、実は給与ボーナス込みの額でしたとか、残業手当込みの額でしたとか、研修中は給与でませんとか、実は正社員でなく契約社員でしたとかはざらにある。もちろん人売りIT以外のブラック企業でもあるんだが。採用面接に行かなくても簡単にできる判定方法は、最初エントリにもあるように「会社概要から従業員数とオフィスの規模を比較する」のが一番だと思う。社員派遣するんだから自社に社員全員分のデスクを用意しなくてもいい。よって人売りITは高い賃料で都内に広いオフィスを借りたりしない。オフィスが小さな雑居ビルのワンフロアだけなのに、従業員数が数十人とかになってるところは間違いなくクロ。もっと規模の大きい人売りITもありえるけど、そういうとこはネット口コミ情報が流れやすい。最近グーグルマップがあるので現地に行かなくてもオフィスの規模は推測できるが、オフィスの大きさがわからないなら、特徴的な求人情報の有無でわかる。「未経験者歓迎」「勤務地23区内」「就業時間は客先に準ずる」が全部揃ってたらまず間違いない。

anond:20180115135400

個人がやるべきことではないというのは同意する。

俺が気になったのは単純作業機械によって駆逐され、もしそうなったとしても自己責任で片付くと考えてる点だ。

単純作業というのがどこまでの範囲を指すかで意見が合わないかもしれないが、大規模なものになるはずだ。

大規模になれば自己責任では片付かない。

から保守的メディア技術進歩否定的意味で取り上げるわけだ。

anond:20180114130801

まぁこういう人が、将来単純な仕事をしてくれるおかげで、

他の上位の人たちがうまい汁、吸えるので放っておいていいのでは?

所詮他人干渉したところ意味はないし、変な因果がついて刺されるくらいなら、

放っておくのが一番良い。

まぁ、その子が本当にそういうダメ大人になった場合、そのころには単純作業仕事は全部機械がやるので、

おそらく仕事がなくて露頭に迷うことにはなるが、それも結局自己責任だ。

「好きなことをして生きていく」に惹かれる人

かっこいい言い方してるけど、本当は組織の中で生きるのがいやなんだろうな。

ありていに言ったら、人に使われるのが嫌な人。

からブロガーとかYouruberみたいに人に注目されない、単純作業の内職とかでも、生活できるくらい稼げたらよろこんでやってそう。

通学の時期と働く時期は逆の方がいい

学校勉強ってついてこられない子もいる。ということは脳がその勉強理解出来るまでに発達していない可能性もある。そう考えたら、その期間は学校教育による勉強に充てるのではなく、逆に単純作業とかで社会に出て働く方がいいのではないだろうか。なので例えば義務教育間中社会に出て就労して、勉強するのはそれからでもいいのでなかろうか。しか若い時って勉強したくない。むしろ勉強大人になってからしたくなるものだし。そういう諸々の事情を考えれば、学校に通ってから社会に出て働くよりも、社会に出て働いてから学校に行くという過程の方がいいのかもしれない。

2018-01-11

時間と体力をください

社会人になってからというもの自由に使える時間が少なくなり、つらくてつらくて仕方がない。

単純作業でつまらない仕事

仕事押し付けてくる上司

面倒な飲み会に、愛想笑いをしている自分

休日会議面談

そして、要領が悪くて、コミュ障で、頭の悪い自分……。

もううんざりだ。

そもそも会社勤めが自分には合っていない気がする。


疲れて、やっとの思いで家に帰ってきても、もう、かつてのような元気がない。

家に着くまでは、あれやろうとか、これやりたいだとかいろいろ浮かんでくるのに、いざ、家に着いてみたら「飯食って風呂入って寝よう」。

つらい。とてもつらい。


から、絵を描くのが好きだった。ゲームをするのも好きだった。

絵を楽しむために、良いスケッチブックを買って、良いシャーペンを買って、高い技法書を買って、絵が描ける良いパソコンを買った。

ゲームプレイするだけじゃなくて、今度は自分作ってみたいと思った。作成ソフトダウンロードした。

それでもとにかく時間がない。体力もない。

だんだんと絵が下手くそになっていく。(描いてないから当たり前)

ゲーム全然完成しない。

終わってしまう。死んだ目をして会社に行くだけで、一生が終わってしまう。

まだまだ表現したいことがたくさんあるし、絵も上手くなりたいし、いろんなことを知ったり、自分スキルを高めていきたいのに。

作品制作に没頭している自分が最高に好きだったのになぁ。

今は見る影もないけど。


何かがおかしいんだ。

生きていくために、働かなくてはいかないのはわかる。

お金がなければ、まともに生活することが出来ないし、洋服だって食事だって美容院だって病院だって必要だ。

けれども、学生時代よりもお金がある今だけど、ちゃんと生きれていない気がする。



もう嫌だ。

会社なんて、辞めてやる。

私は、生き生きとした毎日を過ごしたいんだ。

ちょっと休んでから自己表現が出来るブログでも始めて、稼いでみても良いかもしれない。

失敗する気しかしないけど、それはまた、失敗した時に考えればいいよね。

2018-01-06

パソコン自動化生活が豊かになるアイデアありますか?

最近マクロなるもの勉強しているのですが、仕事単純作業は確かに楽になりました。

パソコン自動化にはそこはかとないロマンがあります

ですが、まだ仕事しか活用できていません。

マクロを使ってパソコン自動で動かしてプライベートでこんなことしてますよーってアイデアがあったら教えてほしいです。

2018-01-04

https://anond.hatelabo.jp/20180104054237

ネット引用元・参考元を載せないのは、「載せられた側」が「載せた側」より検索上位に来てしまうからだと言われている。

これも、いわゆるSEO対策ブログざっとみた感じであり、大元情報を載せているサイトは探すのが困難だ。

ライバル記事引用して、相手を引き上げる訳にはいかない。

Google検索上位に載るブログ記事は、どれもが「孤島」のようになっている。

引用せず、パクらず、けれど中身を奪って上乗せする形。

かにGoogleが「リンク(引用)された」という情報を重視していた。「かつて」は。

今はどうなのか検証しているサイトなんて、どれほどいるのか。他の検索エンジンはどうなのか。

そういう検証サイトこそハブとして、検索上位に載って欲しいところだが、

難しい面があるのだろう。

検索の難しさは、「キーワードを選ぶ難しさ?」なのだろうか?

キーワードさえ工夫すれば、情報にたどり着くのだろうか?

それなら、本当に検索スキル問題

それとも、検索エンジンの取り巻く状況によって難しくなってしまったのなら、

実は、ネット検索エンジンという道具は昔ほど切れ味や価値なんてないのかもしれない。

情報強者になることは、「重要情報を発信してくれる場所を知る術を持っている」ことが条件だと思う。

検索エンジンから、その術を駆使し、望む結果をひねり出すことはできるのか。

というか、そう簡単にできたら、誰もが情報強者で、相対的に皆強者とは言わないとは思う。

この増田も行ってるように、

情報の取捨選択には、案外、時間判断するエネルギーを割かなければならない。

そして、「キーワードを変えての検索」という単純作業を繰り返さなければならない。

AIがこれをやってくれる余地、十分にあると思う。

ところで、健康に関しては、本も玉石混交で、専門誌の論文に至っても、主張が真逆なんてことはありうる。

そういう状況で情報強者定義をよく考えてみると、

「あるテーマの大体の骨子を、人より労力無く把握できる」ことなのかもしれない。

「ある秘密情報を持って、そのことにより人より優位に立てること」を情報強者というなら、

やはりクローズド場所へ行って、得た情報をやはり「エネルギーを割いてきちんと判断し」、

騙されないよう行動した人じゃないかと思う。

2078年

息子「ばーー!」

娘「わー、ちょっとやめてよ!」

妻「何やってんの、台所から生皮を勝手に持ち出して!」

やれやれ、この機会に差別問題について子供たちに教えてやるか ー

私「おーい、生皮を被るのがなんで駄目なのか知ってるか?」

妻「ちょっと、話終わったら台所に戻しておいてよ!」

息子「え?もったいないから?」

娘「しらなーい」

私「うん、それも理由の一つだ。でも一番の理由はそれが人工生物への差別になるからなんだよ」

息子「えー、ってあのペットみたいなやつ?」

私「うん、確かに大半の人工生物は知能的にも肉体的にもペットぐらいの使い道しかないけど、最近は改良によって我々の単純作業ぐらいはこなせるものも出てきたんだ。数年前のノイマン誕生ニュースはお前も覚えているだろう?」

娘「ノイマンしってるー!」

私「そこで最近は、人工生物にも人権を認めるべきという先進的な議論も活発になり、一部の国では実際に認められるケースも出てきたんだ」

息子「えー、でも大したことできないよ?すぐ死ぬし、あいつら」

私「そういう問題じゃないんだよ、見た目や能力出自によって人権を持つもの差別されるべきでは無いんだよ、だから自分より劣っているからといって見た目を馬鹿にしたりしてはいけないよ?」

息子「はーい」

娘「はーい」

ー 私は居間を後にした。60年ものヴィンテージ生皮をつまみ食いしながら ー

2017-12-14

anond:20171214144409

終身雇用保証なんてしてないし、生涯賃金余所より高いよなんてこと提示してる企業もないし、何を怒ってるのか。

俺にそんなこと怒られても知らんよ。

そもそも誰でもできる単純労働キャリアパスなんてないし、自己都合での退社がデフォ労働にそんなもの求められてないよ。

というか、専門性のない単純作業同業他社なんて概念すらないよ。

ひたすら最低賃金を下回らんように税金上げて補助金ぶっこみ続けるしか低賃金労働者を救う術はない。

それだけの話。

2017-12-13

anond:20171213201505

いや?

ただそれは厳密にいえば苦労とはまた違うんじゃないの?

だって頑張れば頑張るほど自分らの成長につながる充実した期間を苦労なんて言い方するか?

剣豪が山にこもって修行してきたのを、私はとても苦労しましたなんて言い方するやついないだろ?

 

ただの肉体労働単純作業に対してならまさに苦労ということはできるよ

世の中どれだけ頑張っても成長につながらない、成長してもたかが知れてる労働って腐るほどあんのよ

そういうのは派遣バイトやらせるのが大正解でしょ?

なんで若手正社員にそんな成長性の低い労働押し付けるのって話

バイトレベル労働やらせて鉄を打った気になってるから新人がいつかなくなるんじゃないの?

未来のない労働かどうかくらいは新人にも判断できるから

2017-12-12

上司に褒められて嬉しい彼

今、何度かお出かけしたりして、

おつき合いするか?しないか?どうなんだ???お??

状態男性がいる。

 

その人と昨日、居酒屋でご飯を食べていて、

「今年いちばんしかたこと」という話題を振ったのね。

そしたら彼が「上司に褒められたこと」と話していて、とてもハッとなった。

 

私にとって、上司に褒められたり認められるっていうのは、

社会人になってもおう8年ぐらい経つけど、すごく当たり前化していた。

有り難いことに、私はアルバイトからスタートして、

身の丈に合った状態で働いて、それが段々と評価されてスキルアップして……

という階段をかなり順調に上ってきたので、

社会人になってから私はずっと上司に褒められたり評価され続けてきていた。

 

私にとって、上司クライアント感謝されるのは、

(それをテーマ必死で働いていたこともあるけど)とても日常的なこと。

から、「今年いちばん」に上げられてすごくビックリして、

同時に、彼の好感度がすごく上がった。

  

「そうか!褒められるってすごいことなんだ!」

と、感謝されるということの素晴らしさを改めて考えるきっかけになったし、

単純に、この年上の彼のことを「かわいい!」と思った。

 

聞けば、彼は今はスーツで働いているけど、

以前は田舎にいて、現場系の仕事地元工場期間限定社員で働くことが主流だったらしい。

 

らくだけど、流れ作業単純作業が多かったんじゃないかな。

こなす仕事が多かったのかもしれないし、上司と話す機会も少なかったのかもしれないし、

個々の能力評価されることも少なかったのかもしれない。

そこは憶測の域を出ないし、そういう場がダメだとも思わないけど、

彼にとって、今の職場はとても“自分にとって最高の喜びを与えてくれる”場所なんだろうなと思った。

そういう場を自分の力で見つけられたのは、とても素敵なことだと思う。

 

仕事で扱う案件規模や予算が大きい分、

私の方が、収入自己承認欲求が満たされる度合いは高いかもしれない。

 

見方によっては、彼は「私より年収が少なくてキャリアも低い彼」になってしまうんだろう。

それは、ネットなどでは男性の減点対象として語られたりもしているけど、

私は彼の話を聞いてそんな風には思わなかったし、

しろ、彼がお金を稼ぐより、「嬉しい」と感じることの方が

人生を豊かにする上でよほど大事だと思う。

あくま一般的収入があるからこそ言えるのかもしれないけど。

 

彼のたった一言で、すごく大事なことを学ばせてもらったなぁ、

と思ったし、価値観ひとつポンと増えた感じ。

この彼から、これからどんな「ハッ!」が得られるのだろうとワクワクした。

 

なんていうか、上手く言えないけど、年収仕事内容だけじゃないよね。

どうやって、告白しようかな。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん