「呉服屋」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 呉服屋とは

2021-07-24

日本人着物信仰キモい

https://togetter.com/li/1749056


他国国旗やら文化やら民族衣装をわざわざ着物に落とし込む意味はなんなんだろう

前にアイヌ模様の和服を作った呉服屋アイヌ迫害した和人衣装アイヌモチーフを使うなんて…って軽く炎上していた

着物にしたら各国の人も喜ぶだろうって思考回路がまじでわかんないんだけどどういう理屈なんだろう

2021-07-23

anond:20210723020413

ほんとな

祖母着物処分してるけど、買うときは100万でも売る時は小遣いにもならんわ

つーか着物着ると着物警察がうざいとか呉服屋でぼったくられるとか色々言われるし、なんか近づきたくない感が凄いわ

極まったオタクしかいない世界がどんどん澱んでくるようなものなんだろうか

2021-04-24

anond:20210424155609

男女用でサイズ別の商品を売れるから

呉服屋陰謀

個別に作らないと高値で売りつける根拠を失う

2021-03-29

anond:20210329235405

図書館普通に駐輪場あるし足腰弱い・怠いなら電動付き自転車くらい買え

 

これ前も書いたけどこう思ってるよ

これは車や地方東京がどうこうではなく、“年収の話なんだな”って理解した

たとえば、これが 『時計』 や 『スーツと靴』や 『ブランド鞄』の話 だったらこうはなってないと思う

 

もう少しだけ具体的に書くと、

 

時計』は億でも数千万でもブッ込もうと思えば幾らでもお金を注ぎ込めるけど、

そこそこいい時計付けてますマウンティングに使われるのは高くてもスズキアルトレベルしかないし、

このレベル時計の維持に車レベル費用が掛かるとか無いし、

興味が無ければ『売ってもいいなら貰うけど?(素)』『へぇスマホApple watch でいいです(素)』ってなる

 

スーツと靴』も同様で、ハイブラでスーツや靴をフルオーダー、一見お断り呉服屋や靴工房でフルオーダー、そういうガチセレブは別として、

高くてもそこそこのロードバイク並みの値段でしか無いし、維持費も要らないし、

興味が無ければ『営業職でも商社勤めでも無いので(困惑)』 『クローゼットに空きがあれば貰うけど、現金スニーカーがよかったな』 ってなる

 

ブランド鞄』も同様で、掛けようと思えばいくらでもお金を掛けられるけど、

そこそこいい鞄を持ってますマウンティングに使われるのは高くてもスズキアルトレベルしかないし、維持費も要らないし、

興味が無ければ『売ってもいいなら貰うけど?(素)』『えっ、売っちゃダメなの?(困惑) じゃあ○○にあげよう』ってなる

 

車が本当に価値観の違いでしかないのなら、エキサイトせずにこのくらいの温度感で終わる話なんだよな

もっとも、この辺の話もブクマカさんみたいな謎の見栄っ張りならスルーして良い話では無さそうだけど

住まい・食・教育・娯楽(スポーツ旅行含む)・貯金お金を振り分けた後に、更にお金が余ればやることだから

この辺にお金を使える人は、”お金を持っていない人では無い“ よね

 

まぁ、ブクマカさん(とブクマカ兼ねてそうな一部の増田) は、ケンタフードコート金持ち選択 (anond:20200910192150) なので、

住まいも食も解決していなさそうだから

から不動産ネタと、高額な購入費と維持が掛かる車の話は、エキサイトするのだろうね

2021-01-08

[]2021年1月7日木曜日増田

時間記事文字数文字数平均文字数中央値
0014415688108.951.5
011261146991.046
02566004107.241.5
0351482794.657
04415207127.041
05122900241.742.5
0629193866.830
0744295467.142
085710033176.028
09100696769.735
101511253783.044
1115515583100.539
122882265278.740
133022217673.443.5
142141422666.535
152121689179.741.5
1618322822124.746
1716322789139.849
182432214091.140
191811326773.346
201511345589.139
211891396573.946
221881517080.751
231831828699.942
1日346331394690.742

本日の急増単語 ()内の数字単語が含まれ記事

W不倫(6), ひっこみ(3), 首チョンパ(3), ムロツヨシ(3), 鍼(3), 武井壮(3), 1月7日(3), 丑年(3), 16年(3), 小料理(3), 呉服屋(3), 会食(30), 変異(13), 緊急事態宣言(48), スクール(17), 性病(10), 保育(10), 性行為(21), 飲食(27), 飲食店(31), 感染者数(11), 虐待(28), 消毒(16), 育児(32), 医療従事者(10), 機関(9), 未経験(8), トランプ(25), 滅(21), ワクチン(17), プログラミング(18), ウイルス(31), 要請(15), 鬼(23)

頻出トラックバック先 ()内の数字は被トラックバック件数

飲食店経営者が緊急事態宣言に思うこと /20210107135201(40), ■人に文章添削されるのが苦手 /20210106220207(30), ■腐女子ですがガチセックスが大好きな女性存在するか知りたい /20210106223212(18), ■SES転職したけどもう生活できないダメポ /20210107184445(18), ■なんで最近漫画は倒すとき首ちょんぱするの? /20210107075259(18), ■バブル時代って地方の人はどんな気持ちだったの? /20210107145247(16), ■育児ブームで明らかになったことって、結婚育児に向いてない人が沢山いるということだよね。 /20210107112655(13), ■ダンジョンものってだいたい西洋風だけど、和風ダンジョンはないの? /20210107052814(10), ■無料プログラミングスクールからブラックSES就職した話 /20210106164243(9), ■ずっと張り付いてるやつさ /20210107000413(9), ■まーた緊急事態宣言だ /20210107182824(8), ■口当たりの良い歴史用語 /20210107180744(8), ■彼女「男の家で男と2人っきりで遊んでたら体を触られた!!」←これ /20210107115006(8), ■いや全然笑えないんだが? → "鬼滅にいちゃもん付けるフェミ界隈が某所で「無産様」と名付けられてて笑った" /20210107130830(8), ■ /20210107204610(7), ■ /20210106092707(7), ■大手企業VTuberオフコラボ自粛 /20210106154248(7), ■ /20210107014603(7), (タイトル不明) /20210107113150(7), ■京アニパクリじゃないっていうなら両方公開して見比べさせて欲しい /20210107155503(7), ■2千人超え /20210107160413(7), ■ウイルスさんの目的はなんなの? /20210105210329(7)

2021-01-07

anond:20210107232343

畳屋が減ったように、呉服屋ももう少し減ってもいい頃合い。

うかうかしてると、ZOZO KIMONOが来るぞ。

anond:20210107233001

呉服屋在庫管理や返品基準とかは全く知らんが、M&Aして規模拡大して大きな倉庫をもったECつくったらいいのにな。

呉服屋が出店するモール形式でもいいか

 

anond:20210107014603

個人的には、自治体成人式をやる気でいたことにうんざりしている

呉服屋貸衣装屋にいくら貰ってんの?

そんなに区長若造マウント(=説教)取りたいのか?

馬鹿馬鹿しい

2020-10-21

[] 想像以上に貧乏人。さすが日本のネットの最下層

これは車や地方東京がどうこうではなく、“年収の話なんだな”って理解した

たとえば、これが 『時計』 や 『スーツと靴』や 『ブランド鞄』の話 だったらこうはなってないと思う

 

もう少しだけ具体的に書くと、

 

時計』は億でも数千万でもブッ込もうと思えば幾らでもお金を注ぎ込めるけど、

そこそこいい時計付けてますマウンティングに使われるのは高くてもスズキアルトレベルしかないし、

このレベル時計の維持に車レベル費用が掛かるとか無いし、

興味が無ければ『売ってもいいなら貰うけど?(素)』『へぇスマホApple watch でいいです(素)』ってなる

 

スーツと靴』も同様で、ハイブラでスーツや靴をフルオーダー、一見お断り呉服屋や靴工房でフルオーダー、そういうガチセレブは別として、

高くてもそこそこのロードバイク並みの値段でしか無いし、維持費も要らないし、

興味が無ければ『営業職でも商社勤めでも無いので(困惑)』 『クローゼットに空きがあれば貰うけど、現金スニーカーがよかったな』 ってなる

 

ブランド鞄』も同様で、掛けようと思えばいくらでもお金を掛けられるけど、

そこそこいい鞄を持ってますマウンティングに使われるのは高くてもスズキアルトレベルしかないし、維持費も要らないし、

興味が無ければ『売ってもいいなら貰うけど?(素)』『えっ、売っちゃダメなの?(困惑) じゃあ○○にあげよう』ってなる

 

車が本当に価値観の違いでしかないのなら、エキサイトせずにこのくらいの温度感で終わる話なんだよな

もっとも、この辺の話もブクマカさんみたいな謎の見栄っ張りならスルーして良い話では無さそうだけど

住まい・食・教育・娯楽(スポーツ旅行含む)・貯金お金を振り分けた後に、更にお金が余ればやることだから

この辺にお金を使える人は、”お金を持っていない人では無い“ よね

 

まぁ、ブクマカさん(とブクマカ兼ねてそうな一部の増田) は、ケンタフードコート金持ち選択 (anond:20200910192150) なので、

住まいも食も解決していなさそうだから

から不動産ネタと、高額な購入費と維持が掛かる車の話は、エキサイトするのだろうね

2020-10-11

anond:20201003223919

江戸時代痴漢がなかったわけがない

ただ、記録に残ってないだけ

大正時代でも、呉服屋などの金持ち召使少女レイプして殺してたらしい

ただ、権力があるから外部には漏れなかったらしいけど

2020-10-10

久しぶりに寄った地元イオン内の呉服屋

店頭にある黒緑市松模様ピンク麻の葉模様の半纏?着せたマネキンキッズが群がっててウワー……ってなったな

2020-10-05

趣味というほどではないけど着物を始めた

高価なものには手を出せないので基本リサイクル着物しか着ないが

多少はいろんなものを見ておこうと友人と若者向けの呉服屋へ行った

店員さんと少し話して店内の気になるものを試着させてもらえることになった

一目惚れともいうのだろうか。黒地に青の名古屋帯

店員さんは普通のお客さんはあまり選ばない。お目が高いと言っていた(もちろんリップサービスなのは分かっているが)

値段を聞いたら15万。表に並んでた帯の中では一番高価。西陣織なんだからそりゃそうだ

数万円なら多少は購入を考えたが断念

セールストークなのは重々承知をしているが「良いもの選びましたね」と言ってくれたのは少し嬉しかった

もし新品の着物を買う機会があればあの店で買ってもいいかもしれない

2020-08-30

経験職種入社したのに過去スキル求められるのいやいやーん

新しい部署ができました。

仮にお料理会社にお裁縫部署ができたとしましょう。

俺、お料理は初めてだったけどやりたかったので、この会社新卒と同じ給料入社しました。お料理でも結果は出してきました。でも前職が呉服屋さんで仕立ての知識と実務経験があるんだよね。

んで、お裁縫部署に異動になりました。給料役職は据え置き。もちろん経験を活かすことを想定されての異動です。ほんとはお料理がやりたいです。

新設部署にはほかにも異動してくる人が数名います

みんなお料理プロです。お料理の先輩としては尊敬しています。みなさん役職は僕より上で、お給料ももちろん上でございます

でも針も握ったことない人たちです。

降格人事ではないので、先輩たちの待遇を据え置きにするために俺より上の役職になると思います。でも教えるのは俺。管理職のようなこともやらなきゃいけなくなると思いますだって効率よく仕立てるためにどこで仕事を区切ればいいかしか知らないもん。

料理がやりたいのも不満の一部ではあるが、職種固執しているわけではなく、待遇を不平等に感じることが不満の中心にある。

この不満が正当なのだろうか?こうしたことはどこででも起きるのか?という迷いがあるのが、

転職or異動を断る、といった判断に至らない理由

気持ちを整理するために書いてみた。

2020-08-23

[]楠永玉秀の謀略

 梟雄、楠永玉秀には押さえがたい野心があった。武威ノ本第3位の勢力である居戸家で家臣の筆頭人になる、いや惣領である小鯨白姫すら超えて下克上を成し遂げることだ。

 そのために彼が愛用した道具は、讒言である

 居戸領内には全光寺と呼ばれる宗教団体が深く根を張っていた。

 信徒もんぺ姿で自分たち統一し、家臣を深く崇める居戸家の外交にまで口を出してきた。この武威戦国時代において勢力拡大に外交は欠かせない。多少問題のある相手でも、それを呑んで資源を交換するのも武略である

 だがしかし、極端に純化された全光寺教徒は居戸家の外交戦略に異を唱え、一揆を起こした。

 これにあわてて彼らを諫めようとした居戸家の家老馬場阿茶局政治に疎い傾奇者ゆえ口を滑らせ「もんぺ姿の狂信者」と言い放ってしまった。失言騒擾は拡大した。その裏には、もんぺ姿に扮していそいそと全光寺に潜入する楠永玉秀の暗躍があったという。

 たまら馬場阿茶局隠居余儀なくされた。

 また楠永玉秀は家中でも讒言を行い家臣を2名ほど隠居させた疑いが後世もたれている。

 居戸家の力を削いだ楠永玉秀は次いで、他の家臣の茶会の翌日、能舞台の前日に、辻説法を行い、涙ながらに自分が居戸家に尽くしながら不遇の扱いを受けており、まったく報われないことを訴えた。

 領主への不信が蓄積し、全光寺勢力意気軒昂だったところに、これは効果覿面であり、領民はたちまち真っ二つに割れた。武威ノ本各地で家政の失敗があいついでいた時流もあった。楠永玉秀は南蛮商人カルロス・某に情報を握らせ、舶来品と同時に風説を流布させた。

 ここで、かねてより楠永玉秀への疑惑を強めていた桜桃みやこ、虫愛軽路、古田三目の居戸三人衆が決起、楠永玉秀と合戦に及び、宗教施設でもあった居戸家の本拠は激しく炎上した。爆発的な上昇気流に火の粉は高く舞い上がり、他家を恐れ慄かせた

 楠永玉秀は得意の変装をもちいて一揆の中に何食わぬ顔で潜り込み、主家への不満を煽ることで多くの領民を味方につけた。そして内乱に荒廃する居戸家を尻目に家臣の一人を誘って出奔民衆判官贔屓と以前の人脈を活かして勢力を急速に拡大していった。

 彼の誤算は居戸家が内乱の勢いのまま滅びず、騒乱の記憶が失われなかったことであろう。滅んだ居戸家を吸収する梟雄の目論見は頓挫した。

 これは居戸家の家臣、鈴木神楽が連日にわたる鉄砲の三段撃ちで前線を支え、意気消沈していた他の家臣が復帰するまで戦線を支えていたことが大きい。

 滅びなかった旧主家に対して楠永玉秀は初心の讒言を忘れず、ついでに新しく関わりをもった他の家中へも讒言を市中に振りまいた。自画自賛を交えながら。

 ここに一人の剣聖が登場する。目にも留まらぬ二連続抜刀術を得意とする彼は楠永の行状を疑い、仲間と共に調査を繰り返していた。

 ある日、楠永を訪れた剣聖は得意の抜刀術披露することになり、古着を着せられた巻き藁相手に抜いた。

「……ふぅ!」

 抜刀の二撃が着物を十字に切り裂き、トドメの突きが古着背中を突き抜けた。その切っ先には何やら札がついていた。

呉服屋帳面屋お得意様 楠永玉秀殿 納入先土倉住所○○○ ○○○ ○○○ ○○○」

「ややっ!こ、これは……!?」

 その土倉は繰り返し扇動讒言を行う者が変装の服を着て出てくることで仲間内に注目されていた土倉であった。無数にある土倉の住所が偶然一致することは考えがたい。少なくとも楠永家中の者が謀略に関わっていることは確実であった。

 剣聖は「であえであえ!」する楠永玉秀の前から血路を切り開き、市中に証拠の品を晒した。自らのしたことの大きさに改めて震えながら。

 楠永玉秀は謀略への関わりを否定したものの、その理路は整然とせず、急速に求心力を失っていった。

 逼塞を余儀なくされた彼は、しかし、まだ諦めていなかった。

こんなこともあろうかと東の幌生家とはよしみを通じておる。今度は飛ぶ鳥を落とす勢いの幌生家と結ぶことで成り上がってくれるわ!

 楠永玉秀がその後、幌生家をも裏切り、壷に火薬を詰めて自爆するのは、また別の話である

この増田フィクションです。実在仮想人物団体などとは一切関係ありません。

2020-07-18

anond:20200718205837

ちな地方在住者やけど紋付のことはしらん。羽織り着流しで街歩いてる妙齢の奥様からはいいわねぇと声かけられ、呉服屋からは帯の結び方は好きにしたらええと言われる自由な感じやで。

2020-07-09

「うちにはお金がない」母の言葉を本気で信じていた

お金持ち」というのは、フィクションバラエティ番組特集に出てくるような、豪邸に住み、ブランド物を身に着け、湯水のように金を使う人達の事だと思っていた。

きっとそういう人たちは、”何億”だとかそういう、学校で習ったけれど想像もつかないような莫大な単位の額のお金を稼いでいる。自分とは違う、遠い世界に住む人たちだ。

人口一万人足らずの町に生まれ公立学校に通い、田んぼに囲まれた片道4キロの通学路の途中で今日の夕飯はなんだろうとお腹を空かせながら考える。休日友達との娯楽と言えば、街の方のショッピングセンタープリクラを撮ること。そんなあまりにも在り来たりな日常を送っていた私にとって「お金持ち」というのは遠い存在だった。

私は田舎町の寺で一人目の子として生まれた。父親大学教授で、母親実家呉服屋専業主婦祖父母は元々教師をやっていたようだ。

私の両親は母親の方がしっかりしていて気が強かった。浪費家で行きもしないスポーツジムに入会したり、テレビショッピングを見てはお腹をぶるぶるするダイエット器具やらフードプロセッサーやらを買い集めてすぐに使わなくなる父に、母は「うちはお金がないんだから」といつも文句を言っていた。父はお金管理が下手な上にお人よしだったのですぐに人にお金を貸したり奢ったりしていた。私が友達と街の方へいかなければならなくなった時には、「鈍行で時間かけていくくらいならみんなで新幹線で行きな、全員分お金だしてあげるから」と言って友達の親を驚かせていたことを覚えている。

父はそんな風だったが、母は元々呉服屋の娘で商人気質ということもありお金に対しては厳しかった。子供に対しても「何でも買ってあげる」というスタンスは取らない。本や楽譜ならいくらでも買ってあげるけれどおもちゃゲームは別。私や弟たちがあれが欲しい、これが欲しいと駄々をこねたとき咎め文句はいつも「うちはお金がないから」だった。

「うちはお金がない」

幼かった私は、たびたび母が口にしていたその言葉を本気で受け止めていた。欲しいおもちゃを買ってもらえなかった時に母はそう言った。テレビショッピングお金を溶かす父を見るたび母はそう言った。

我が家には私のためにプレゼントされたグランドピアノがあった。

家族海外旅行に行った回数は両手の指の数を超えるだろう。

父親外車スポーツカーの二台の車を持っていた。

ファミリーレストランに行ったことがなく、外食祖父母行きつけの懐石料理フランス料理が多かった。

高校受験のために、私は安くない値段の塾に通うことを許されていた。

これだけの状況証拠がそろっているのになぜ気が付かなかったのか、今考えると恐ろしい。だが私はなんと高校卒業するまで、母の言う通り我が家お金がないのだと信じていた。

友達に「○○ちゃんちはお金持ちだもんね」なんて言われても、「でもお母さんはああいってたし」と信じていた。

馬鹿げた話だと思うだろうか。確かに自分の頭で判断することなくただ言われたことを鵜呑みにしていた私が馬鹿だったのは間違いない。

だが、スーパーが町内に一つしかなく最寄り駅までは車で20分、今のようにSNS情報を得る手段もなければ携帯電話も持っていなかった当時の私の世界はとても狭かったのだ。

私は隣町の高校へ進学し、その後県外の大学へ進学して一人暮らしを始めた。一人暮らしを始めると金銭について意識するようになった。もちろん自分家計を成り立たせることもさることながら、周りの人達がどうやって生活を成り立たせているのかも。私は学費家賃も親持ちだったがどちらも自分で稼いでいる人も少なくなかった。アルバイトを始めてみると少し働くだけでは大した足しにならず、学費家賃自分で稼いでいる人はどうやって生活を成り立たせているんだ、と果てしなさを感じた。

今まで自分が得ていた物の値段も知った。例えば旅行友達ちょっと旅行をしようとすれば大した贅沢をしていないのに数万がすぐに飛んでいく。観光客向けの値段のアトラクションなんてそうそう手を出せるものではない。その時にふと自分が今まで行かせてもらった家族旅行のことを思いだした。あの旅行では安い飛行機をわざわざ選ぶようなことはしていなかったし、ホテルだって限られた値段の中で最大限を、といった配慮はしていなかったように思う。中学生の頃リゾート地で船の上のホテルに泊まったことを思い出しながらあれには一体いくらかかっていたんだと宇宙を感じた。そうやって私は実家で得ていたすべてのものの値段についてぐるぐると考えを巡らせた。グランドピアノは確か100万くらいしたらしい。やりたいと頼めばやらせてくれた習い事も決して安いものではないだろう。お父さんが持っていた外車、あれもすごく高いヤツだ。そうやって考えを巡らす中で、小学生の頃に出された「親の職業について調べましょう」というありがちな宿題を思い出す。父は仕事の内容について教えてくれた後、お金価値も分からない私に自分年収を教えてくれた。今ならわかる、その数字は決して「うちはお金がない」家庭で出てくる数字ではない。一般的に言えば高収入だと言われるような数字だった。

成人直前になってようやく私のバイアスは外れたのだ。

私は自分のこのバイアスに気が付いたときにゾッとした。公立中学に通っていた頃、私は自分と同じ家庭環境だけではない沢山の人がいる場所生活をしていたはずなのに、いかに狭い視点世界を見ていたのか。

そして自分バイアスゆえに、他人に対して無神経な言動を取ってしまたことがあったのではないかと恐ろしく感じたのだ。

大学に進学してから、私は今までよりも社会問題に敏感になったと思う。大学法学政治学を学んでいたことも理由の一つだけれど、大学交通アクセスのいいところにあったことやSNSを多く始めたためにに色々な世界を目で見ることが多くなったのも大きいだろう。私は「明日ご飯にも困るくらいの貧困」というのは日本のような先進国には全く関係ない遠い国の話だと思っていたのだが、そういった実態は確かに存在している。「うちはお金がない」と信じていた私は、実際の「貧乏」なんてうちみたいなものなんだろうなと本気で考えていた。もしそれを信じて生きていたら、「貧乏」なんて努力でなんとかできるものだろうと思いこんだまま大人になっていたかもしれない。自分のいる位置を正しく把握できていないがために他人への想像力が欠如したまま社会に出ることになっていたかもしれない。「自分はこうだからそんなの甘えだ」とか「自分だってこうしてるんだからこうすればいいのに」といった考えを持ったまま、本当にどうすることもできない状況にある人のことを想像できないまま生きていたとしたら、恐ろしいことではないか

私はこのバイアスに気が付いたあと、母親に当時のことを聞いてみた。我が家一般的に言えば決して「貧乏」なほうではないだろう。ではなぜ、私たち子供にあのように言ったのかと。咎めるつもりはなく、単純な疑問だった。

母は答えた。「油断をしないためだ」と。

「確かにうちは貧乏じゃないし、一般的に言えば高収入なほうだよね。私たちお金があるから大丈夫って思うんじゃなくて、ちょっとお金がないくらいに思っていた方が節約しようってモチベーションになるでしょ。今の現状に油断せずに引き締めて生きようって気持ちになるじゃない。お父さんは浪費家だったしね」

母は、決してその場しのぎのために「うちは貧乏だ」と言っていたわけではなかった。だが母は、そのあとこう続けたのだ。

「でも私も、最近になってやっと自分は恵まれていたんだなって気づいたんだよね」

私が大学に入ってすぐ父は亡くなった。我が家収入は激減し、遺族年金貯金生活をするようになった。専業主婦だった母は、住職仕事パート生活費の足しを稼いでいる。

最近ドラッグストア化粧品を買うようになって、今まで使ってた化粧品ってこれの5倍ぐらいするじゃん!って。お父さんに買ってもらってた時は物の価値なんて考えたことなかったし、近所の人に『〇〇さんは奥様だから』って言われてもそんなことないでしょ!?って思ってたんだけど、よく考えたらあの時は贅沢していたし恵まれてたのよね。お父さんがすぐお金使うから貯蓄があまりなかったし、”うちはお金があるほう”だなんて思ったことはなかったんだけど」

母は短大を出てすぐに父と結婚し、すぐに専業主婦になった。社会に出て働いていたのは、高校卒業してから社会入学短大入学するまでのたったの数年だけだった。

母もまた、我が家が「貧乏」ではないことに気が付いていなかったのだ。母は、完全にそう信じていたわけではないが、それでもどこかで本気で「うちはお金がない」と思って私たちにもそう言っていたのだった。母が本気で信じていたからこそ私も母の言葉を信じていたのだろう。

父が亡くなり収入が激減したとはいえ我が家明日ご飯に困るようなことはなさそうだった。母親ヨガお茶を今でも習っている。私は奨学金授業料免除を駆使して大学に通い、下の弟2人は私立学校に通っている。父が亡くなってから、私は父の大学関係の伝手から援助を得て半年海外留学に行くこともできた。父親が亡くなったことの影響は大きかったけれど、私たちはやりたいことを諦めなければならないような事態には陥らなかった。それも決して誰でも得ることのできる「当たり前」ではないはずだ。

今まで得ていた物が誰でも簡単に得られるもの努力だけでなんとかなるものではないことに、母もようやく気が付いたようだった。

このエントリを書いたのは、自分の中に長らく根付いていたバイアスの恐ろしさに気が付いたからだ。

「うちにはお金がない」その言葉は、私の認知に歪みを作っていたのだと思う。

母が悪い、と言いたくてこのエントリを書いたわけではない。単に私の思い出語りとちょっとした問題提起のつもりだ。

子供の我儘を窘めるとき、本当はそうではないのに「うちにはお金がないから」「貧乏から」という決まり文句で一蹴してしまうことは、自分が居る位置への認識を歪めてしまうのではないか

そしてそうやって客観的自分位置が分からないことにより、他人への想像力の欠如を生む可能性はないか

「うちにはお金がない」と20歳手前まで信じていた馬鹿な私は、そう懸念している。

2020-05-13

anond:20200512230455

そりゃそっちのほうが企業イメージが良くなるからだよ。

これはZoffになるかハズキルーペになるかどっちがいい?って選択なんだよ?

だいたいねおっさんおばはんジジババ向けに舵をきるとネット受け最悪になる。

中高年高齢者の心に響くメッセージを追い求めると、

日本スゴイ系の歪んだ民族意識バブル期までの西洋白人文化至上主義家長制度に由来し現代ポリコレから乖離した旧態依然価値観昭和に対する退廃的な懐古趣味ニヒリズム権化のようなリベラルの上澄み…

さすずめこんなところに行き着きがち。

まりWebでのマーケティングと中高年以上が対象商品は相性が悪い。真っ当にターゲットの好みに近づけようとすると炎上商法になる。

ハズキルーペ武井咲がケツで踏んでキャって言ってるのも呉服屋が「ハーフの子を産みたい人に。」というコピーを掲げるのも今のアラフィフ以上は気にもとめないしむしろそういうアプローチのおかげで彼らの関心をあつめることに成功していた。

さらに踏み込んでいうと「若者向けの施策」っつうのは「これからWeb広告広報の主戦場から、もうそろそろうちも自前のサイトつくる以外のことで外に向けてもっとなんかやってきたいんだわ」っていうのの言い換えでしょ?

SNS動画でなんかやるための方便として若者ターゲットにしてるんだよ。倒錯してんね。

2020-01-13

結婚相談所

祖父が言いづらそうにしながら何か封筒を持ってきたんだけど、中身は結婚紹介所の案内だった。

自宅の固定電話あて勧誘電話があって、祖父がそれに乗ってしまい案内が郵送されてきたという。

どうやら呉服屋副業でやっているところらしい。まあ着物も売れん時代だし、いいところに目を付けたなとは思った。

会員登録はまだだから、へいへい言いながら放置しようと思っている。

というかうちの場合信仰問題があって一般から結婚相手をもらうのは難しいはずなんだが、祖父はそのへんの意識が薄く、母は時によって言うことが変わるからめんどくさい(一般は難しいと言いながら次の日は「彼女いないの?」とか…)。

それに、どちらかといえばぼくは男性がすきなんだ…

でも本当の気持ち自分でもわからないし、どうすればいいのかな。

成人式の思い出

もう随分昔になるけど、自分成人式ときのことを書いてみる。

それほど裕福な家庭というわけではないけど、せめて晴れ着くらいはと両親は知り合いの呉服屋に頼んで一揃え買ってくれた。大学卒業式の袴も無料レンタルというオプションがあって、それも一緒につけてもらった。今思えば成人式用でそれほどいいものでもないけど、思い出として大切に取ってある。

成人式当日はこれも呉服屋オプション着付け会場が決まっていて、成人式の会場で朝の7時くらいか着付けが始まった。スタイリストさんが言うには「早い子は5時頃からやってる」ということで、あちこちに晴れ着姿や髪だけセットアップしてもらっている子がいた。

その後、成人式まで時間があるので一度父の車で家に帰り、写真撮影大会が開かれる。どこでポーズしてとかそこに立ってろと父母がカメラを片手にバシャバシャ撮りまくる。早起きして眠いのもあり、この時点で結構疲れてくる。

成人式時間になり、再び会場へ向かう。会場には晴れ着姿の女性ばかりで、正直誰が誰なのかわからない。何人か中学同級生を見つけて「久しぶり~!」などと盛り上がる。

会場では中学ごとに席が決められていた。そういえば仲の良かった子が成人式実行委員会やってるとか言っていたなと思い出す。式が始まって、最初こそシーンとしていたが会の進行がかなりグダグダだったため、祝辞などよりも隣に座る旧友との昔話に花が咲いてしまう。一応大人として話を聞こうかとも思ったけど、真面目に何を言っているのかよくわからなかったので聞くことを放棄してしまった。なんか話が終わった後にレクリエーションがあります、みたいなアナウンスがあったけどほぼ参加した人はいなかったようで皆ロビーへ出ていって昔話の続きをしていた。

今思えば敗因は「若い人の手で作るナントカ」というのが流行っていた頃なので若い人に任せた結果、かなりグダグダになったのではないかと思っている。実行委員会というより、それを丸投げした市側にも相当問題があったのではないだろうか。

ロビーでこれまた懐かしい顔に何人か出会う。中でも印象に残っているのが「今お水やってんのー!」と言っていた友人。彼女とはそれきりだけど、今は何をしているんだろう。

家に帰ってくるとお祝いとして親戚を数人呼んで軽い食事会になっていた。この辺は着物に疲れていたのであまり覚えていない。食事会のあと着物を脱いで、ぼやーっと違う自治体成人式に出ている彼氏メールするなどする。

夜はクラス会があるということで参加。仲の良いクラスだったので出席率も90%くらいで楽しい夜だった。高校卒業して働いている奴とか妊娠している奴とかいろいろあって大変な奴とか面白かった。ただみんなこうやってそれぞれの道で大人になって行くんだなと思った。

クラス会の後は自然発生的にカラオケになった。徒歩で行けるカラオケ屋では既に他のクラスの2次会が行われていて、カラオケ屋全体が成人式の2次会のようなものになっていた。そこで中学時代1番仲の良かった友達に再開し、カラオケ屋のロビーアイスを食べながら駄べり、他のクラスの部屋に突入して「久しぶり~!」をかましたり、そんなこんなで駄べり倒したような気がする。

あんなにベタベタした夜はもう二度と訪れないと思っている。冬の寒さだけは身に染みるのに、気持ちだけ子供に返って、でも体はすっかり大人になってしまってそんな子供時代に別れを告る夜。今でもあの日食べたアイスの味は忘れられない。ただのソフトクリームなのに、すごく儚い味がした。ただそれだけ。

2020-01-03

26歳独身貯金なし無職になる

田舎貧乏育ち俺、26歳

両親は最終学歴中卒・高校中退で現トラック運転手水商売の絵にかいたような元ヤン

下に一回り離れた妹、弟がいる。

子どものころは男なのに母のお古を着せられたり、体操服やランドセル日用品の諸々は親戚のお古が当たり前なレベル貧乏だった。

正月にもらったお年玉はすぐさま回収されて子供たちの学費生活費に充てられていたので、お年玉ほしいものを買うとかい経験したことがない。

お年玉で買ったゲームソフトを見せ合う同級生たちがいつも羨ましかったけど家が貧乏なのはわかっていたので、新聞チラシの裏に俺が考えた最強のゲーム主人公を描いたり伝説の剣を作ったりして過ごした少年時代だった。

そうやって成長していったか貧乏の辛さはわかっていたし、将来はちゃんとした企業に入ってふつう生活ができる大人になろうと思ってたけど、貧乏な家に生まれた時点で将来もほぼ決まっている。

高校生で進路を決める時もちろん大学進学を希望したが、貧乏我が家では大学学費用を捻出することは不可能だ。

反対する親に「頑張ってバイトして学費を貯める、入学後の生活費自分で稼ぐ、金のことで迷惑はかけない」と訴えたけど、「そんな金があるなら実家に入れろ、家の状況をわかっているのか、妹と弟のためにも高卒で働け」と押し切られ、俺の大学進学の夢は散ってしまった。

元ヤンの親父はめちゃめちゃ怖くて、口答えすると鼻血が出るまでボコボコにされるからチキンな俺は怖くてそれ以上言えなかった。

同級生たちは将来の夢も決まってないけどとりあえず大学にいく、という奴が大半でそれがひどく妬ましかった。

みんな大学に進学できるという事のありがたさを何一つ分からず、ぬくぬくと親に守られ真っ当な人生を歩んでいく。

今思い返すと笑えるが、当時の俺は世界で誰よりも自分が不幸だと思っていた。

そうやって高校卒業した後は、地元携帯ショップ工場呉服屋などを転々としながら死んだ目で働き続けた。

田舎資格不要高卒可の仕事なので、月給は手取り10~13万ってとこかな。

そこから家へ6万、残りで自動車学校のローン返済や日々の車維持費、食費、日用品費などを捻出すると貯金もなかなか出来ない。

それでも3年ほど掛けて引っ越し代と当面の生活費を貯めて実家から逃げてきた。

それから5年たち、今の俺は26歳独身貯金なし無職だ。

色々あったので簡単に言うと安月給過労で体と心を壊し、先月退職してめでたく無職になったという感じか。

26年間生きてきて、いいことがあったかと言われると何も思い出せない。

親への感謝なんて毛ほども感じないし、大事ものも何一つ作れない人生だった。

唯一の救いは現在実家は若干だが裕福になったようで、妹弟は希望の進路に進み特に不自由なく暮らせていそうなところか。

とにかくもう疲れ果ててしまった。

真っ当に育ってきた人と話すと「貧乏でも努力すれば幸せになれるよ」「死ぬくらいなら頑張れば何でもできる」と言われるが、大体そういう人は家族に恵まれ自分の知らないところで色々な人に助けられて生きてきた人たちだ。

まれてきた環境ですべてが決められてしまうやるせなさや頑張っても頑張っても次々と困難にぶち当たる辛さを知らない。

死ぬ人間は本当に死にたかったわけじゃなくて、すべての事から逃げ出したくて最終的に死という手段しか残されていなかっただけだ。

幸せになれる人間幸せになれない人間最初から決まっている。

俺も幸せになるために、最後の手段を試そうと思う。

2019-11-01

anond:20191101121602

ラノベに書いてあることはすべて現実では起こりえないことだと思うタイプ

心中を題材とした歌舞伎は、1683年(天和3年)、大坂生玉の新町遊廓遊女大和屋市之丞と呉服屋御所の長右衛門による心中事件大坂の嵐座、荒木座、大和屋舞台化したのが最初であるといわれる。」

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%83%E4%B8%AD%E7%89%A9

2019-09-23

ムロに卑弥呼がいた

ムロに大根取りに行くと、普段のすえた匂いではないものを感じた。

奥のちょっと広い空間に稲わらで丁寧に編まれたと覚しい筵があり、そこに片膝を立てて座る女がいた。

義務教育で習った通りの貫頭衣で、部分的に絹があしらわれている。

義務教育で習ったものとは異なり、服は薄汚れシミなども目立つ。

これは宮に籠められ、ほとんど衣服の交換がないことが原因と後で知る。

義務教育で習った銅鏡や珠を装飾として身につける。

女の周りには青白い燐光わずかに散り、時を超えた名残を示す。

筵の手前には幣や火鉢弥生土器!)、鉄器などの祭祀具がある。

何かを焚いており、それがムロのすえた匂いを変えていた。

女は弥生古墳時代日本語を話すものから何が何だかからない。

私もだんだんキレてきて「俺んちのムロは古墳じゃねーんだぞこのタコ助!」と現代語で応酬する。

女は偉そうに食料を要求してくるので、高度経済成長の成果を見せつけてやる。

ペヤングと、家の冷蔵庫にあったスーパー惣菜コロッケ唐揚げ)やごぼうのきんぴらなどとともに、電子レンジて温めた米を持っていく。

やっぱ弥生人には米でしょ! あとでハンバーガーガパオエビチリも食わせてやったが(楽天ペイで)。

ペットボトルお茶と、ドラッグストアで売ってるサンガリアいちごみるく(超うま)もセットだ。

その頃には俺も冷静になって、言葉はわからないけど身分いか漢字わかんないかなーと思って、適当に「卑弥呼」とか「景初三年」とか適当弥生人にトレンド言語を紙に書いて持って行った。

女は驚いて私から紙を奪って、それで書くもの要求した。意地悪して鉛筆渡した。

それで女が卑弥呼だってなんとなくわかったんだけど、あとで詳しく聴いてわかったことには本当は「壱与」らしい。

卑弥呼」は役割で、名前は別。

今は2駅離れたちょっと大きい駅の前で占いして生計立ててるよ。

今でも藁はあるからしめ縄は作れるし、服はシラミもいたので呉服屋にそれっぽいのを設えてもらって、香とか火鉢仏壇屋、亀の甲羅ペットショップで揃えて、勤労の義務について説明したらあとは自分から働きに行ったわ。

ガチっぽいか占い結構人気らしい。

2019-06-21

anond:20190621072427

つーか呉服屋外国人狙ってるし

若い人が着物着なくなってるから

盗用も糞もなく売り込んでるから

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん