「テイスト」を含む日記 RSS

はてなキーワード: テイストとは

2019-04-25

自分の好きな映画GW中に彼女に見せようとしてるそこの君、女が『ダークナイト』にそっぽを向くわけを合理的説明する

端的に言えば、「リアルじゃない」から

 

こう言ってしまえば「女はリアルものばかり好んで~」

文句言う諸兄もおられるだろうが、実はこれは男も同じバイアスを持っている

 

それは昨今のポリコレによる配役やキャラ属性の転換

(例:女が男より強い、黒人LGBT要職に就くなど)に対する

男の評価を見れば明らかだ

男も「リアルじゃない」モノに対する明確な拒否感を持っている

というわけでそもそも男女ともに、リアリティからかけ離れた現代劇には

一定拒否反応が存在する

 

 

 

ではダークナイトのどこがリアルではないのだろう?

男目に見れば、ダークナイト一見リアリズムを突き詰めた映画のように思える

 

しかし、バットマンという存在を一旦忘れ、現実を見てもらいたい

どんなに鍛えた男でも、悪党銃弾一発で死ぬし、

あんなに周囲から攻撃に耐えられるほど注意力、瞬発力、筋力はない

ラップルガンもバットラングバットモービルも、街中でのフルトン回収システム現実的ではない

ジョーカーのようなテンプレに沿ったサイコパス実在しない、せいぜい中二病を拗らせたソシオパスである

 

かにダークなテイストで粗を隠してはいるが

結局のところ従来のマッチョポルノからは脱し切れていない

社会には概してこの「ハードボイルドマッチョな」物語テンプレコンテクスト存在する

理由もなく主人公が強い」「主役対多人数でも勝てる」「自己犠牲世界を救う」などが

不文律としてハリウッド映画の根幹に設定されている

しかし、女からは当然「リアルではない」と客観視されてしまうのだ

 

なので子供のように、ファンタジーバカげてる世界観でも納得できるご都合主義的な理解

そしてファンタジー世界ハードボイルドさの演出で粗隠ししているという

メタ認知ダークナイトに前置きされない限りは

この映画違和感なく万人に受けることは無いと自分は言い切れる

 

これは昨今のポリコレ配慮した映画拒否反応を起こす

男の映画ファンも同様である

 

どのような映画であれ、前持った理解というのは必要なのだ

2019-04-22

桐矢京介が復活するってマ?????

ジオ全然見れてないんですけど、突如ツイッタートレンドに「桐矢京介」の文字が現れて度肝を抜いた。

同時に、響鬼放送当時の思い出とか、演者に対する想いとかがブワ~~~~~~と溢れて来たので私になりに書き記すことにした。お暇な方はお付き合いください。

最初に言っておく!おれはか~な~り、中村優一ファンだ!!



時系列を追って話をしていく。まず響鬼放送当時のこと。

響鬼放送当時は、まだネットの海の波打ち際で足首付けてパチャパチャ遊んでた頃だったと思う。

当時私は高校生くらいで、ニチアサのメインターゲット層からは外れていたものの、精神はほぼ5歳児だったので普通に響鬼を楽しんでいた。

全然関係ないが何故か当時は、仮面ライダーを隔年で見てた気がする。アギト555響鬼電王…みたいなかんじで。特に意味はないんだけどなぜかそうなってた。多分「もういい歳だしニチアサ卒業しなきゃ…」という気持ちと、「今年の仮面ライダー面白そうやんけ!」という気持ちが行ったり来たりしていた結果だと思う。ちなみに電王以降のライダーは放映中にぽつぽつと見る感じで、あんまり一生懸命追ってない。ごめんなさい。

まあともかく、響鬼1話から最終話までしっかり追ったライダーでした。

響鬼は、ビジュアルも設定も雰囲気も何もかも、これまでの仮面ライダーとは一線を画していました。というのは今更私が言うようなことでも無いと思うんだけど。

作品全体を通した「和」テイスト雰囲気、「音」の演出に見えるこだわり、何よりライダーに変身するのがオッサンそもそもライダーなのかこれは?何にライドするんや??初見時の印象はそんな感じだったかな。マスクも、初見の人が見たらこ仮面ライダーだって思わないんじゃない?みたいなデザインだし。

なんていうのかな、例えるなら、仮面ライダー界のGガンダムとでも言えばいいのか。

設定やビジュアルや、作品雰囲気とかは全部好きなんだけど、これ仮面ライダーじゃなくてもよくない?みたいな。それは今でもたまに思う。

まあそれは置いといて。ともかく、この異色な仮面ライダーを、1話の時点で好きになりました。

ヒビキさんという頼れる大人明日夢くんという等身大私たち存在。魅力的な設定や演出の数々。ドラマとして普通に面白かったのでめちゃくちゃハマってました。

そのまま見続けること約半年

突如として現れた、キョウスケ・キリヤ。

何こいつ?????????????????????

いや誰もが思ったでしょうよ。響鬼というまったり空間に突如として現れた猛獣猛獣

今まで、良い意味で「普通の」登場人物たちが繰り広げていたドラマの中に、突然二次元設定の男が舞い降りてかき回し始めたみたいな。

だって、桐矢京介みたいな人物現実にいる?キャラ濃すぎでしょうよ。金持ちで、俺様で、運動からっきしだけどそれ以外は多彩な才能を持ち合わせて、複雑な家庭事情もあって…みたいな。乙女ゲー攻略対象かよ。スポーツ系のイベントに誘うと急に機嫌悪くなって好感度ガン下がりするやつやろ。知らんけど。

ともかく、「仮面ライダー」の要素以外は普通だった環境の中に、突然変な奴が現れたんですよ。そりゃ浮くでしょ。自分クラスに突然跡部様が降臨したら騒然となるでしょ。

正直に言います。桐矢京介のこと、最初は当たり前のごとく嫌いでした。

こちとら響鬼1話から見ていて、明日夢くんガンバッテ!応援してるヨ!みたいな立ち位置だったわけですよ。そんな明日夢くんを傷つけるようなことを平気で口にし、場を引っ掻き回し、我儘ばかり言う。そりゃ好きになれねぇでしょ。

で、当時はネットの海にそんなに深く使ってるわけでもなんでもないただの一視聴者だったから、スタッフの交代劇とかなんかそういう裏の事情サッパリ知らんわけですよ。だから番組空気の変わりようにマジでどうした?って思ったし、結果的に「桐矢京介が響鬼という作品空気を壊した」という思考になってしまって、それで毛嫌いしてたってのもある。

ただまあそうは言っても相変わらず響鬼自体面白いんで(あと当時は弦楽器師弟推しだった)視聴を続け、結局最後まで完走しました。見ていくうちに京介にもそれなりに愛着みたいなものが沸いて来て、最終回で変身した時は普通に良かったねと思いました。

これが当時の、ほんと素直な感想。そうは言うてもも10年以上経ってるんで、多少思い出補正とか記憶違いはあるだろうけど、おおむねこんな感じ。


そしてその2年後。桐矢京介と再び出会うことに。「仮面ライダー電王」の世界で、「桜井侑斗」と名を変えた彼と。

電王1話からそれなりに見続けていて、まあまあハマってました。そんな中、物語も中盤に差し掛かった頃、突然厳しい態度の口調で、主人公野上良太郎の前に現れる人物

???こいつ見たことあr…桐矢京介やんけ!!!!!!!!!!!

予告の時点で、すーげー厳しそうなというか不機嫌そうな顔で登場した桜井侑斗。また桐矢京介の再来かと思った人は少なくなかったんじゃないかと思います

若干モヤモヤながら視聴した次週の回。

桐矢京介の再来とか思ってごめんなさいでした。侑斗めっちゃ好きです。

桜井侑斗があまりに好きすぎて、その流れで役者ファンになりました。中村優一くん電王の時からずっと好き。

響鬼の時はキャラクターで見ていて背後の役者のことは全然考えていなかったんですが、電王中村優一くん(以下「ちゃんなか」と呼称)を認識して、彼がとても優しくそして繊細な人物であることを知りました。

それと同時に、響鬼当時のちゃんなかに関する情報を見るたびに、「ごめーん!!;;;」と思いました。

響鬼当時、桐矢京介というキャラクターが多くの視聴者に嫌われていたことを、当然ちゃんなかは知っていたようでした。

デビュー作ではないにしろ、まだデビューしたての新人。本格的に作品に関わるような大きな役を貰ったのは、響鬼が初めて。それなのに視聴者からは嫌われる。そりゃあ思うところはあるでしょうよ。

元々嫌われる立場として作られたようなキャラなんだから、嫌われて役者冥利に尽きます!とか言えれば良かったのかもしれないけど、デビューしたてのプルプルボーヤには無理だったようです。ファンイベントで壇上に立つだけで緊張してマイク持つ手がプルプル震えるような人なんで。

視聴者が叩いていたのはあくまで「桐矢京介」であり、役者自身攻撃しているような人はいなかったと思いたいけど、それでも自分の演じるキャラクターがボコスカに叩かれて良い気はしないでしょう。それに、私自身も電王桜井侑斗を見た時に「うわっ」って思ってしまったし。キャラクター≠役者 だとわかっていても、そういう反応をしてしまう。それを受け止めるなんて、10代のプルプルボーヤには荷が重すぎんか??

それでもちゃんなかは、響鬼を、桐矢京介を愛してくれている。彼が仮面ライダーが好きで、電王(というかゼロノス)好きなのは周知の事実だと思う。ブログツイッターでもたびたび話題に出すし、ツイッターアイコンデネブ役の大塚芳忠さんとのツーショだし。その中に時と気、響鬼話題も混ぜてくれるのだ。あれだけ当時叩かれた響鬼の桐矢京介だから黒歴史にしたっておかしくないと思うのに。

数年前に訳有って芸能界を離れたちゃんなか。彼が戻って来てくれた時、本当に嬉しくて泣いた。ファンイベントとかも行った。自分の演じたキャラクターを愛してくれる、本当にいい役者さんです。これから応援する。

まあそんなわけで「中村優一」という役者を知ってから、改めて響鬼を見返した時がありました。

もう一度見ても、「京介クッソムカつくな」という感想はあまり変わらなかったんですけど、私自身が歳を重ねてから再度見返したこともあり、当時は気付けなかった桐矢京介の魅力も再確認することはできたかなと思います

ちなみに、演者ちゃんなかを知ってしまっているので、どんなに京介がイキっていても「ちゃんなかがんばってるな~^^」と良くも悪くも完全にファン目線で見ていたことは否定できません。あとまあこれはファンでも擁護しきれないんですけど、演技は…上手くはないですね…(※響鬼当時の話です)。明日夢くん役の栃原くんの演技が上手いので、比べられるとちょっとアレなんですけども。

しかに京介は嫌なヤツではあるんだけど、ある意味等身大の子ども」でもあった。気がする。見ていた当時は「こんな高校生いねぇよ」と思ってましたが、今にして思うといるわこんなやつ。いやさすがに、文系の才能に優れ語学が堪能で…みたいな人はあんまいないけど、これだけの才能を持っていたら奢り高ぶるのも無理はないと思うし、両親が不在がち(父親死別)という背景があったら性格が歪むのも無理はない。嫌なヤツではあったのだけど、再度見返すと納得できる「嫌なヤツ」だったなあと。

それに、ヒビキさんという仮の父親を得て、どんどん真人間になっていく、矯正されていく京介がいたことにも改めて気付いた。

登場時点では正直どうしようもないヤツだったけど、誤ったことやズルをしたときヒビキさんや周りの大人ちゃんと叱り諭してくれる。最初はその言葉を素直に受け入れることができなかった京介だったけど(多分これも反抗期的なアレ)、だんだんと周りの言葉を受け入れ成長していく。桐矢京介の確かな変化を、私はずっと受け入れてきていなかったんだなあ、と少し反省しました。

響鬼本編を経て、確かに成長していた京介。それは、最終話の「変身」にも、ちゃんと現れていたのだ。

響鬼物語のあと、さらに成長と変化を重ねただろう桐矢京介。

京介→侑斗→数年の休止期間を経て、帰って来てくれた中村優一

この二人のタッグが、ジオウで何を魅せてくれるのか。それが今から楽しみでならないんです。



まあ家に今TVが無いんで、見れないんですけど。

チクショーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

2019-04-21

anond:20190421002009

ラジオオンエアでテイストがカッコいいなと思ったのも確か、テレビ出演の演奏スキルスゲー低いと思ったのも確か。でも嫌いなとこの本質ロック進化させていないから。

anond:20190421180730

ブクマカの朝は早い

新着エントリーを全て確認し、その日の話題になりそうな記事を厳選してブコメを書く。

誰もが思いつきそうなブコメを誰よりも先に書く。

それがブクマカの朝の仕事だ。

昼は朝書いたブコメへのスター状況を確認し、他のブクマカの内容を参考にしつつ、校正を入れる。

校正の有無で集められるスターの数が大きく変わるので、この作業は慎重に行うのが秘訣だ。

昼食後も新着エントリーのチェックは欠かせない。

同時にいろんなニュースサイトをチェックして、新しいブクマを追加してゆく。

粛々とファーストブクマカ仕事をこなす


夜は、その日はてぶでもっとブコメを集めた記事通読し、最新のトレンドを把握する。

熟練したブクマカは、大量にスターの集まった記事へも躊躇することなブコメを書いて、スターを集める。

ここで書くべきブコメは、誰もが思いつくものではなく、独創性に富んだ内容が求められる。

朝と夜では書くべきブコメテイストが全く異なるのがポイントだ。


深夜2時頃、就寝し明日ブクマに備える。

2019-04-17

嘘松を使ってる人たち

嘘松を使っている人こそおそ松さんを見てほしい

1期1話ファンイメージが強すぎて「どうせ腐媚び」という風潮があるけれど、実際はモテないおっさんおっさんに向けて作ったおっさんアニメだよ

特に2期

あの女性人気を受けて、あえて1期の逆張りで作ったからこそ人気が落ちた(ように見える)んじゃないか

今言われている評価女性ファンのものが多いと思うからおっさんが見たらまた違う感想になると思うんだよなあ

2期1話女性ファンへの皮肉増し増しで、(商業的にはともかく)製作陣はもっとおっさんというかお笑いとして純粋に視聴する人たちに見てほしい気持ちがあるんだろうなと感じた

2期のおすすめは「キャンペーン発動!」「戦力外通告2017 クビを宣告された末っ子」「チョロ松事変」「深夜の日松屋

戦力外通告はわけわからんまま話が進むのが好き

今えいがやってるけどあれは映画ドラえもんみたいなやつで、テイストが違うから注意

2019-04-03

【あえて今、初代を批判する】けもフレ2がキュルル(人間サイド)の一方的友情物語だとしたら

これは現実への痛烈なサーカズムって感じがするし

いかに初代けもフレ偽善と表層だけの

自己肯定(笑)に満ち溢れた作品かってことを気づかせてくれる

 

いうなれば、一期は最近アナテイストディズニーのようなもの

 

現実人間動物、両者の関係は言うまでもない

管理される側」と「管理する側」だ

変えようのない主従関係がある中で初代けもフレ

「みんな違ってみんないい」と歯の浮くような奇麗ごとで最後を締めた

そこに動物人間客観的な観方は無い

 

人間サイドは「動物多様性」を一方的に認めつつ

自分たちはさも「あなたたちの事理解してますから」というスタンスを見せびらかす

だが結局のとこ、それは人間内で感動ポルノチックに消化される奇麗ごとに過ぎない

 

テレビでは喋りもしない動物カワイイセリフを吐かせ、ワイプ芸能人が歯をむき出す

ペットショップでは先進国にあるまじき虐待まがいのディスプレイ

猫カフェではストレスを抱えた猫が客をひっかきまくって早死にする

現実は変えようのない搾取関係があるにも関わらず、だ

 

擬人化アプローチも大いに問題ありだ

あれだけアフリカ原産動物がいながら、フレンズの肌の色は

全て真っ白 黄色人種すらいない状況だ 

多様性(笑)自己肯定(笑)を謳っておきながら、人間を模する時はなぜか白人の肌の色「のみを」使う

結局のところはいかに下半身に響くか、という美少女動物なのだ

なんたる欺瞞だろう

 

 

  

だが2は違う

主従関係現実にある 変えようのない事実だ」という

一期への見事なまでのアンチテーゼ視聴者に突きつけた

当たり前のことなのだ 至極当然

動物動物で、人間人間

その溝を無いように扱った一期、それを再確認させた二期

 

あなたにはどっちが「誠実」に見えるだろうか

少なくとも、嘘をついている方は否定せざるを得ないだろう

1への真正から批判を、かばちゃんという虚構を追い出すことで達成したのだ

 

 

 

さて、3期がどうなるかは分からないが

2期でのアンチテーゼと融合したジンテーゼ提示されるはずだ

 

つの価値観理想(1)と現実(2)

この折り合いを付けて、両者が納得いく(まあ一期ファン絶対認めないだろうが)

ラストを望みたい

2019-03-28

アリータバトルエンジェル観てきたけど

先端CGI技術で生み出されたメカニカルな格闘シーンが良く出来ていて面白かった。

登場人物言動や状況が全体的にダークで異常すぎるうえに

B級ショッキングムービーみたいなテイストのシーンが頻繁に入るので

娯楽映画としては万人向けでなく好みで評価が下がりそう。

2019-03-25

今っておもしろネトゲあるのかな?

グラフィックテイストだけでいうとToSは満点だったけど、いろいろ…いろいろダメなっちゃったからなぁ

マビノギみたいなのを今風の絵柄で出してくれないか

2019-03-19

ママ友ガンダムをすすめられた増田です。今ユニコーン視聴中

https://anond.hatelabo.jp/20190318130406

ユニコーンをみていたらこんな時間になってしまった。

10話まで一気にみてしまった。

我ながらおかしいのではと思う。

以下感想

・劇中の音楽が最高すぎでビビる

・豪華なオーケストラとズンドコドンドンドコドコドコドコってビートの相乗効果が素晴らしい。

・サビのところとガンダムが推進力全開にするところ一緒にするのずるい。

ロボット(MSと書いた方がいいのだろうな)は3DCGになっており、逆シャア戦闘表現とはだいぶテイストが違う。

基本的に動きが速い。

・昔、豆腐屋走り屋アニメを観たときは車がチョロQに見えたものだが、ユニコーンではチョロQ感ゼロである

・何が違うんだ?技術予算機械に対する思想

・そしてストーリー大人大人責任果たしていて最高である

逆シャアキモさがかけらほどもない。

ジェネリックシャアみたいなのが出てきたが、髪型が変なこと以外は今のところ大丈夫だ。

・脇を固めているキャラクターもいい。

・ダグザさんとマリーダさんがお気に入りである

・死なないでほしいと思っていたら片方が死んだ。

・悲しい。

ネェル・アーガマ艦長副長もいい味出してる。

ジオンの姫様が地球コーヒー飲んだ店のじいさんもいい。

・みんな長生きしてくれ。

結論として、ユニコーンちょうおもしろい。

こりゃ他のも楽しみだわ。

2019-03-18

anond:20190222233556

あのドラマって、

「皆それぞれ好きなテイストは異なる。他人批判するのではなく、それぞれの幸せを突き詰めよう。そして家族なのだから少しくらい寄り添おう」

って主旨で終わったように感じたが。

2019-03-10

ファッションの主役は自分から

服のテイストミックスしたり、外しを加えたりするのが好き。

キメキメは今の時代フィットしない気がするし。

そうやって工夫すること自体面白い

骨格診断、パーソナルカラー、顏タイプ診断。すべて受けて自分に似合う服は総じて

クール

だった。

(ウィンター/ストレート/クール

他の人は知らないけど、3つの診断の傾向がすべて同じなのには笑ってしまった。

まり、一番似合うのは、上質なスーツなどのカチッとしたデザイン、色はモノトーン寒色系、赤などのハッキリした色、と言った次第。

私がかつて好きだったのは、フリルとかレースとかほっこりフェミニンで淡い色なんだけど、診断を受けて潔くあきらめた。

実際、診断にあわせた服を着ると周りの反応がすごい良かったし、自分も確かによく見えるもの

よく考えると昔は人に嫌わないように、優しい人ぶるところがあった。服もそれに合わせたぶりっこ風。

でも実際は我の強い、ハッキリした性格目力の強さは定評あり。優しくなくはないと思うけど、どうしてもクールに見られがちだったっけ。

自分個性を受け入れる方がおしゃれになる。似合わない服を無理して似合わせる工夫をする方が大変だしね。

ただし、毎日スーツなんてもちろんあり得ないし、仕事柄まず着ない。

フリーランス服装自由なのに、かっちりした服着る筋合いもなく。

ここで冒頭のミックスやはずしテクを使うのだ。

基本的にはきれいカジュアル

ニットタイトスカートシャツなどのプレーンな服をメインに、スニーカーやカゴバック、ロック柄(ロック好き♪)など自分らしさを一匙混ぜるのだ。

元々好きなガーリーな服も、革ジャンとゴツイブーツでハードに振れば程良くクールに締まる。

ポイントは各アイテムの甘さ辛さ度合いを数値化しておくこと。

もちろんざっくりでいい。

組み合わせながら、自分に似合う甘辛バランスの数値に納めていく。

簡単なのは、まず100%甘い(辛い)コーデをして、そこから逆のテイストのものと1アイテムずつ交換していって、ちょうどいいところを鏡の前で見つけること。

たとえば革ジャンと黒スキニー女の子をこないだ見かけたけど、ハードすぎて近寄れない印象。

最近、ちらほら見かけるんだけど、こういう子。はやってる?)

私だったらバッグをファーバックにしたり、インナーレースを合わせたりするかな。

黒革ジャンに黒スキニー自体合わせることはないけど。。

同じはずしアイテムでGジャンをガーリーワンピに合わせるのもあるけど、私にはまだ甘みが強すぎる。。

かわいい系の女子にはすごく似合うんだけどな。

ちなみに、甘辛の見分け方は、男が着てもおかしくないアイテム=辛い、女だけ=甘です。

そんなわけで私の家は、モノトーンブルー系が多く、一瞬男のクロゼット?に見えそうな中、急にピンクのプリースカートや赤のカーで、大きい花柄ワンピが並んでおります(笑)

かっちり、ハッキリしたものが似合うストレートインターには、このくらいの振り幅が必要なよう。

逆に中途半端が一番ぼやけるんだよなぁ。

2019-03-06

どろろ最新話の不満

デザイン一新するのはいいけど元のテイストは残して欲しかった、何でイタチハムエッグからあんな平凡顔に変更した。

憎めない悪党感が激減だ。

ねずみ男を平凡なおっさんにするようなセンスのない改悪だ。

あと最初もっとどろろ両親の武士家族を殺された憎しみをはっきり際立たせてほしかった、今後のどろろイタチ関係との対比としても大事だろう。

あと無惨感が大分と薄い、原作では戦と飢饉で多くの人が餓死して生きて餓鬼のようになった人々がその肉を食らう、父親も我を忘れ肉を喰らいたくなるが妻子に泣かれて耐えるからこそどろろの「地獄ってこんなとこかい?」「もっとマシなとこだ」が映えるのに、戦で死んだ兵隊死体から食料を集めるマイルド描写では薄味過ぎる。

牛車に乗った奥方からどろろへのほどこしの食べ物を「せっかくだがおかえししますぜ、人が餓死している時にうまいものを食ってるのはおまえさんたちさむらいだけだ」と突き返し殺される父親も、因果応報自分が殺した武士の生き残りに殺される展開になってる。

一番引っかかったのは母親が寺で粥を施してもらうシーンが、侍になったイタチから施してもらうシーンに変更になった事だ。

父親が極限の飢餓でも受けず死んだものを、貰いに行く母親にされていたのが嫌だった。

多分脚本家的に子供の為にプライドを捨てて、食べ物を食わせるためになりふり構わないのが親だろう的な気持ちがあったんだろうな。

2019-02-23

anond:20190223180810

思い出しながら書いてたら長くなってしまった。

悪かった点

・人がとにかくとにかくしつこい

メディナ商店街的なところ)だと十メートル置きに「コニチワーwwwニーハオーwww」とか何度も言われる。触ってくるし、立ち止まったら話終わらないし、無視したら罵倒されるし、平気で嘘吐いてくるし(「○○宮殿はこっちだよ」とか全然違う方を指さして勝手ガイドしようとしてくる。グーグルマップあるんですけど、って感じ)、頼んでもないのに道案内してお金をせびる、口説き文句キモいししつこい。あん意味分からんトイレがある国で握手すらしたくないのに、、、と思ってドン引きだった。いきなり写真撮られたりもして本当にイスラム圏の男性が苦手になった。

言い過ぎだろ、落ち着けよ……と思われそうだけれど、これでも言い足りないぐらい

おもてなし」を求めて行ってるわけではないし、お土産屋さんなどで多少の営業?を受けるのは理解できるけれど、”文化の違い”で納得できるレベルを超えて人がウザかった。

あと、女一人でフラフラあんな国に行ったわたし自業自得だけれど、結構ヤバイ目に遭いかけた。

観光客来なくなったら困るだろうに、どうして観光客を目の敵にしてるかのような言動を取るのか理解に苦しむ。ごつめの白人グループかに喧嘩売ってるのを見かけたし、行動原理が謎過ぎた。

歴史的建造物がショボい

!?これ?って驚くくらいチャチかった。前々回の旅行先がローマだったからなおさらそう思った部分もあるかもしれないけれど、わざわざ見に行く価値を感じなかった。

あと、青い街で有名なシャウエンもいざ行ってみるとなんかボロくて、何が人気なのか分からなかった。(まあモロッコ人のおかげで怒り心頭状態だったからかも)

・汚い。衛生面も汚い、口も汚い、金にも汚い。

まー、これは仕方ない。

けど、観光名所とかただでさえショボいんだからせめて綺麗にしようよ、と思った。

良い点

迷路

かに迷路面白かった。まあまあ方向感覚があってグーグルマップがあればなんとかなると思う。

・100円そこらをもらうためにしつこくつきまとってくるような人間ばかりで辟易しているときに、たまーに親切なモロッコ人に遭遇すると超感動する。

(と言っても数メートル道案内してくれた、とかレベルのことだけれど、それでお金請求されなかっただけで、その人がもう聖人に見える)

自然

生えてる植物日本全然違っておもしろかった。植物に興味なかったらどうでもいい点かもしれない。フェズの丘からの眺めとか、アシラー海辺とか良かった。

・猫がいる

どの街にもそこら中に🐈がいる。かわいかった。しか性格モロッコ風なのかして人懐こかった。モロッコなんかに行ったことを旅行中ずっと後悔してたけれど、猫がいたのでなんとか乗り越えられたと思う。

―――

改めてモロッコに行くことはおすすめしない。

遺跡が見たけりゃローマに行けばいいと思うし、買い物ならパリに行けばいいと思う。

あと、欲しいと思えるようなモロッカ雑貨ほとんど見なかった。そもそもあのテイストが私の好みではないことを踏まえても、バイヤーが買い付けたモノを航空券の分の金で買った方がよほど良い買い物ができると思う。

それでも行きたいなら

人が非常にウザいことを覚悟して、建造物に1μmの期待もしないで行ったら意外に気に入るかもしれない。心の準備は大事

あと、女性は一人で夜に出歩かない方が良いと思う。というかそもそも女性一人旅に向いていないと思った。

それから道で話しかけてくる人は95%が詐欺師というかタカ野郎から無視する。道を聞くなら女性に聞いた方が良い。

そして、駅のオフィスとかでも平気で正規料金より多めに言って騙してくるから、常に値段をWebとかでチェックしておく。

物の買い付けに行くならマラケシュとアシラーおすすめ特にマラケシュバス接続グーグルマップに表示されるのでありがたい。バスは一回大体50円という破格の安さ。フェズより売ってるモノが比較的オシャレだった。フェズはお店の客引きがウザすぎてヤバイけれど、マラケシュ比較的まし。そのかわりマラケシュのフナ広場での客引きのウザさはヤバかった。

なんか全体的に悪口みたいになっちゃったけれど、ああいうのが好きな人にとっては楽しいのかも。

知り合った女性に教えてもらったけれど手で牽制するポーズをとって「シュクラーン(shukran、ありがとう)」と言ったらそれ以上しつこくされないらしい。

何回かキレて”GO!!! AWAY!!!”"DON'T TOUCH ME!!!"とか言ったけれど正直全く効き目なかった。

彼らにとって観光客って人間じゃなくて歩く財布なんだろうな

2019-02-17

神にフォローされてしんどい

オタクのしょーもない感情の吐き出し。

以前、文字書きが同じ文字書きを妬ましく思っているブログがバズってたけど、系統としてはそれと同じ。

神だと思っている文字書きさんがいる。

神の作品があって、そのジャンルでの自カプに落ちたも同然だった。キャラの造型も解釈も、作品の展開もどれも好みで、感動したのを覚えている。

支部作品を全部読んで、支部プロフからツイッターに飛んだ。鍵はかかってなかった。ベッターのリンクを見つけて飛んで、支部掲載作品も読んだ。どれも素敵だった。少し迷ったけどフォローさせてもらった。当時はハマりたてでフォロワー0のアカウントだったから、ブロック覚悟したが、外されることはなかった。神以外の自カプのアカウントもいくつかフォローして、ジャンル自体勉強をする日々が割と長く続いた。

ある日、神からフォロバされていた。青天の霹靂とはこのことか。この頃にはフォロワーも増えており、怪しいアカウントの見た目から卒業できてはいたが。まさか。誤フォローだそうに違いない。そう思って挨拶もせずに(フォローも無言でしてた)放置していたが、二日経って三日経って一週間経っても神は自分を外さなかった。どうやら誤フォローではなかったらしい。

自分文字書きの真似事をしているが、自カプでは書いてはいなかった。ツイッターでただ壁打ちしては満足していた。そのうち、神からもファボ(当時)を貰ったりして(これも誤ファボだと思っていた)、神に自カプの者として認められたみたいで嬉しかった。ただただ舞い上がって、自カプの似たような話ばっかして、でも今になって思うと、神からの反応はあってもなくても当時は楽しかった。自カプをちゃんと好きだった気がする。

相互となっても神は神だ。神の呟く自カプの話、神が書いた作品、どれも素敵だった。神はツイッター作品テイストも、自分フォローした時から何一つスタンスは変えちゃいない。だからこれは、自分勝手な心境の変化だった。

神のTLに自分がいることが烏滸がましいと思うようになった。少し経ってそれが恥ずかしいに変わった。もう少ししてからは、辱めのように思えてきた。神と自分では圧倒的に、偏差値が違っている。

分かりやすく言うと、自分の「推し(^ω^)ペロペロ」みたいな呟きと、神の「推しのここの発言社会環境に起因するうんたらかんたら」みたいな呟きが一緒に流れているのだ。神は難しい単語や読めない漢字意味不明カタカナをよく使っている。この一文で自分の頭の悪さを分かってもらえると思うが、『頭が良い人間文章なのだ

頭が良い人間が書いてるんだから神の作品面白いに決まっているし、頭が良い人間考察なんだから説得力がある。対して自分は「推し尊い(合掌)」くらいの中身のないツイートばかりだ。

ここまで来るともう無理で、でも自分なんかが神をブロック→解除するのすら申し訳なく、しばらくはミュートにしたり、神がミュートしてくれてると自分に言い聞かせたり、TLを見ないで壁打ちしたりしてた。でもなんか限界だった。

限界感情責任転嫁というひどい着地点に行き着いた。なんでコイツ自分のことフォローしてんの?頭いいこと自慢したいの?と。そういった感情の時だった。自分には自カプ以外にもお気に入りキャラが居たのだが、神がたまたま話の引き合いに出したそのキャラへの扱いが若干自分地雷だったのものからもう大変。この頃には自カプの、なんだろう、界隈の雰囲気?みたいなのがそもそも自分に合わない(壁打ちにばかりツイッターを使う自分と、空リプ合戦で既に強固な繋がりが出来上がってる界隈の人達)のもあって、結局自分が自カプから離れてジャンルから卒業した。

なんだこれで終わりか?って感じかな。

終わりたかったよ自分も。最近困ったことが起きた。

自分全然別のジャンルに居る。そこでは文字も書いてて、拙い自覚はあるけど頑張ってるつもりだ。あの神に比べたら少しだけど、自分には勿体無いくらいの反応もある。

自分ツイッターアカウントは鍵がかかっている。ある日、鍵のアカウントからフォロー申請が来ていたので気軽に承認し、自分申請を出して、許可された。

そのアカウントホームに行って愕然とした。神だった。名前アイコンも何もかも違うけど、神だった。確信があった。いや本当はもしかしたら別人なのかもしれないが、自分には別人とは思えない。神からフォローされてしまった。

今また同じモヤモヤを抱えながら活動している。神はやはり頭が良くて、作品も素敵で、考察は鋭い。自分がウンウン唸りながらなんとか産み出した作品が幼稚でちっぽけでゴミみたいに見える。

自分が神だと思ってる方にフォローされると、嬉しさとか、喜びとか、優越感みたいなのって誰しも感じると思うんだけど、それだけじゃないんだな。自分は今、どうしていいか分かりません。なんで自分なんだろ…。良質な妄想提供してくれる人なんて他にもいっぱいいるじゃん……。

ブロックすればいいのは分かってるんだけどさ。

2019-02-16

anond:20190216024920

漫画に限ってるからなのか知らんけど、途中がすっ飛ばされてるのが気になるなあ

ゲイ雑誌のコーナーからいきなり「百合」って言葉が普及するはずもなくて、

その間にはポルノ映画セーラー服百合族」(1983年)のヒットが有る

アダルトアニメ元祖とも言うべき「くりいむレモン」(1984年)では

1作目は妹モノだったが、2作目に女子校舞台にしたレズ作品が出ていることから

そういう需要が高いとみなされていたことはわかる

まあ、80年台のOVA等で展開された女の子中心の作品で、本格的なレズ描写があるものほとんどないのだけれど

プロジェクトA子とかガルフォースとかのような感じ)

そのへんの流れで見たら、美少女戦士セーラームーンは、80年台OVAテイスト

少女漫画の皮をかぶせて地上波ゴールデンに乗せたものとも言える

とかなんとか

知り合いが赤毛のアン小公女セーラ百合同人誌描いてたのを見てたか

90年台になってにわか百合ジャンルが現れたみたいな話になるのはどうかなと思って書いてみた

ZOZO面接官は剛力彩芽

「なさそうだけどもし事実だったらちょっと面白い」という都市伝説っぽいテイスト記事

ZOZOは思いっき否定してるし、まあ誤報なんだろうけど、記者の思い付きのデマなのか、「面接剛力がきてたんですよ」と垂れ込んだ人の変な妄想なのかとかいろいろ空想が広がる案件

2019-02-11

ソシャゲカードイラストを描く仕事をしている人間だが

全てのカードイラストを社内で全部製作しているようなメーカーは少ない、基本的メーカーイラスト製作仲介業者委託してる。

メーカー(発注者仕様書・監修)←→仲介業者(イラストレーターの取りまとめ・稀に仕様書から作ることも)←→外部イラストレーター(仕様書の指示にそった絵を描く)

カード製作にはメーカー要望から作った仕様書がありそれを仲介業者が取りまとめて外部のイラストレーターを見繕いイラスト製作するというのがおおよそこういう行程なんだが

そのカード仕様書は新しいイラストを作るに当たってメーカーから指定まりカードイメージ要望が詰め込まれていて、具体的な内容はメーカーによってピンきりなんだけど

既存の他のゲーム作品ピクシブイラストなどネットや他のアプリスクショから拾ってきたと思われる画像が多数貼られていて、このような感じです。見本としてに伝えてくることが多い。

絵が描けない発注者の伝えたいと思われるそれらのイメージを汲んで、それら既存・見本とはまったく違う新しいイラストイラストレーターは製作するべきなので

これら提示した見本のようなイメージですが、全く同じようにはしないでくださいって指定をしてくるメーカー普通は大多数なんだけど、

ごくごく稀に見本と全く同じにしてくれとごねるメーカ仲介業者がいる。ポーズ一つにしたって真似したらパクリになるので嫌ですよとオブラートに包んで伝えても

わかってくれないのがちらほらいる。あまりにも既存ゲームキャラ類似してたり、ツギハギキメラみたいなカードが時々あるのを見るたび

そういった意識の低いメーカーだったかあるいは仲介業者仕事投げたのかな?とも思うんだよね。

売れてるものシステムイラストテイストを似せたゲームがまかりとおる業界ではあるけれど、

いくら星の数ほどアプリゲームがあるとはいえパクリまがいにまで似せたものは、どこにもプレイヤーがいるんだからいつかばれるに決まってるし

絵を描いたと自分名前を出さない代わりに報酬が良い仕事もあるけれど、既存ゲームとまったく同じような絵にしたいならその本家イラストレーターに頼めばいいじゃんって思うし

こちらのオリジナル力を信じてもらえなくて本当に腹が立つわ。

2019-02-08

anond:20190206101742

KYKメロディーは「トライアワーテイスト  フぅ~ん♪」になる前のが聞きたいな

2019-02-04

anond:20190201001118

日本という国が狭いので、広大な世界の中で旅をしていくような作品にはテイストが合わないかもしれないなとは思う。

そういう作品では、日本異文化の一つとして描かれることが多いかな。

2019-02-03

anond:20190203185514

里見八犬伝とかは、単純に当時の人々が西洋世界をあまり知らないからあのテイストになってるんでしょ。

2019-02-01

anond:20190201173428

ピンクBLは内容もギャグテイストなんかな、落ち込んでる時に読みたくなりそう

せつない感じのBL

・スメルズライクグリーンスピリット(永井三郎)

・玉響(ゆき林檎)

ラムプリンガの情景(吾妻香夜)

どうだろう。せつないの定義を履き違えてるかもしれないが、好みに合うといいな

2019-01-30

anond:20190130103323

ベリーは酸っぱめのテイストが加わりますがよろしいですか?』

2019-01-21

マンガの勧め方

同じ作者のマンガで、途中まですごく似たほのぼのテイストで進むけど

片方はハッピーエンド、片方はバッドエンドになる場合

どっちを先に読むのを勧めるのが正解でしょうか?

自分ハッピーエンドから読むのを推奨してしまったけど、一本目がハッピーエンドで油断して読んでたらバッドエンドで落ち込む、って意地悪な勧め方だったかもしれない。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん